壁に取り付けできる「壁掛け扇風機」。狭いスペースにも設置できるため、キッチンや脱衣所など通常の扇風機を置きにくい場所で涼めるのが魅力です。ただし、DCモーターとACモーターの違いや、リモコンの有無、羽の枚数などモデルによって異なるため、どのように選んだらよいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、おすすめの壁掛け扇風機をご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

壁掛け扇風機のメリット

By: rakuten.co.jp

壁掛け扇風機の最大のメリットは、壁に取り付けて省スペースに設置できること。床に置く扇風機とは異なり、動線の邪魔になることがありません。子供がコードに足を引っ掛ける心配もなく、羽を触るイタズラも予防できます。

高い位置に設置できるため、部屋の空気を循環させるサーキュレーター代わりとしても活躍。エアコンと併用すれば、電気代を節約しながら効率的に涼しい空間を作れます。最近では、デザイン性に優れたおしゃれなモデルも多く販売されているのでチェックしてみてください。

壁掛け扇風機の選び方

操作方法をチェック

リモコンタイプ

By: rakuten.co.jp

壁掛け扇風機のなかには、リモコンで操作できるモデルもあるのでチェックしておきましょう。とくに、手の届きにくい壁の高い位置に設置したい場合は必須。手を伸ばして操作する必要もなく、離れた位置から電源のオンオフや設定の切り替えができるため便利です。

風向きや強弱などを離れた位置から調節したい場合にも活躍。リビングに設置すれば座ってテレビを観ながら操作でき、寝室に設置すれば寝たまま操作できます。身長の低い方や子供がいる家庭におすすめです。

引きひもタイプ

By: amazon.co.jp

引きひもタイプの壁掛け扇風機は、手動でひもを引っ張って電源のオンオフや強弱を切り替えます。とくに、脱衣所やキッチンなど限られたスペースでの使用に便利です。

引きひもタイプなら、リモコンをなくしてしまったり、置き場所が分からなくなったりといった心配もありません。狭い場所ではリモコンを手に取るより、ひもを引いたほうがすばやく操作できます。リモコンでの操作にわずらわしさを感じる方にも最適です。

また、引きひもタイプはリモコンタイプより安価なのも魅力。電池交換の手間もないため、コストパフォーマンスを重視したい方にもおすすめです。

羽の枚数やサイズをチェック

By: low-ya.com

壁掛け扇風機の羽の枚数やサイズは風の質や回転音などに影響するため、チェックしておきましょう。羽の直径が大きいモデルほど少ない回転数で風を発生させ、効率的な運転が可能になります。

なかでも、40cmクラスの羽を搭載したモデルは遠くまで風を送れるため、リビングなど広い部屋に設置したい場合におすすめ。羽が大きいほど回転音も静かになるので、寝室に設置したい方や赤ちゃんのいる家庭にも適しています。

羽の枚数はモデルによってさまざまですが、枚数の多いほうが柔らかい風を送れるのが特徴です。一般的に3~5枚羽のモデルが多いですが、7枚羽など枚数の多いタイプもあるのでチェックしてみてください。

モーターの種類をチェック

DCモーター

By: low-ya.com

DCモーターは直流モーターとも呼ばれており、直流電流で作動するタイプです。メリットのひとつが風量を細かく設定できること。超微風にも設定できるため、肌当たりの強い風が苦手な方に適しています。効率的な運転で無駄な電気代を節約できるのも魅力です。

高性能な分だけ価格が高いのがデメリット。ただ、使用頻度が多い場合は少ない消費電力で電気代を抑えられるため、結果的にお得になります。使用頻度が少ないと購入コストを上回る効果を期待できない場合もあり、使用頻度と価格のバランスを考慮することが重要です。

また、DCモーター式はメーカーの上位モデルに採用されているほか、スタイリッシュなモデルが多いのも特徴。インテリアとの調和を重視したい方やプレゼント用としても最適です。

ACモーター

By: amazon.co.jp

交流モーターで作動するのがACモーター式の壁掛け扇風機です。リーズナブルなモデルが多いのがメリット。キッチンや脱衣所など、限られた場所のスポット用としておすすめです。風量調節は強・中・弱など3段階程度なので、シンプルな操作性を求めている方に適しています。

こまめな調節ができないため、長く使用すると電気代がかさんでしまうのが難点。リビングで1日中運転し続けるような用途には向いていないので、留意しておきましょう。

必要な追加機能をチェック

風量調節

By: low-ya.com

壁掛け扇風機を選択する際は、風量を何段階で調節できるかも重要です。一般的に3~5段階で調節するタイプが多いですが、さらに細かく調節できるモデルもあるのでチェックしてみてください。

モデルによっては「弱」より弱い「微風」に調節できるタイプもあり、扇風機の強い風が苦手な方や赤ちゃんをやさしい風で寝かしつけたいときにおすすめ。一気に涼しくできる「ターボ」モードなど、「強」より強めに調節できるかも確認しておきましょう。

自然の風のように強くなったり弱くなったりする「リズム風」モードを搭載したモデルもおすすめです。

タイマー機能

By: low-ya.com

タイマー機能を搭載しているかをチェックしておきましょう。入・切タイマーを搭載したモデルのほか、どちらか片方だけのタイプもあるので確認が必要です。設定できる時間もモデルによって異なるため、ライフスタイルに合わせてチェックしてみてください。

就寝時や洗濯物の部屋干しでタイマーをセットするなら、長時間で設定できるモデルが便利。切タイマーを搭載していれば、消し忘れて無駄な電気代がかかるのを防げます。入タイマーを活用すれば、暑くなる時間に合わせてセットしておくことも可能です。

徐々に風が弱くなる「おやすみモード」を搭載したモデルも就寝時に便利なので、チェックしてみてください。

首振り機能

By: rakuten.co.jp

壁掛け扇風機を選ぶ際は、上下左右の首振り機能の有無も重要です。左右に自動で首振りし、上下は手動で角度を調節するタイプが一般的。なかには、上下の角度を調節できないタイプもあるので注意が必要です。調節できる角度や可動域もモデルによって異なるのでチェックしておきましょう。

とくに、リビングなどの高い位置に設置する場合、上下の角度を調節できないと広い範囲に風を送りにくく不便。空気を循環させるサーキュレーターとして活用したい場合は、左右に加えて上下にも首振りするタイプがおすすめです。

壁掛け扇風機のおすすめモデル

テクノス(TEKNOS) 壁掛け扇風機 KI-DC479

テクノス(TEKNOS) 壁掛け扇風機 KI-DC479

高効率な運転を実現するDCモーターを搭載した壁掛け扇風機。40cm羽を5枚使用しており、リビングなど広い範囲に風を送りたいときにおすすめのモデルです。風量は4段階切り替えで超微風も選択可能。こまめに切り替えれば、消費電力を抑えて電気代を節約できます。

リズム風やおやすみ風など、快適に過ごせる機能を搭載しているのもおすすめポイント。リモコンが付属しており、座ったままや寝たままで操作できるのも便利です。就寝時に役立つ、最大7.5時間までの切タイマーも備えています。

山善(YAMAZEN) 壁掛け扇風機 YWX-K305

山善(YAMAZEN) 壁掛け扇風機 YWX-K305

4段階で風量を細かく調節できるDCモーター搭載の壁掛け扇風機です。弱より弱い微風運転が可能。肌当たりの強い風が苦手な方におすすめのモデルです。

リモコンが付属しており、左右の首振りを離れた位置から切り替えできるのも便利。角度調節は手動で上下40°の範囲で調節できます。切タイマーに加えて入タイマーも搭載。1・2・4・6時間から設定できます。

タンスのゲン 壁掛け扇風機 25800075 00

タンスのゲン 壁掛け扇風機 25800075 00

木目デザインを採用した壁掛け扇風機。部屋の雰囲気に馴染みやすい、おすすめのモデルです。DCモーター式で、風量を8段階で調節可能。こまめに調節すれば、無駄な消費電力を抑えて電気代を節約できます。

そよぐ風のような超微風を選択できるほか、ナチュラルな風を実現するリズム風も搭載。左右上下の首振りは、付属のリモコンで入切できるため便利です。静音性に優れているのもポイント。37.7dBと、深夜の郊外レベルの静かさを実現しています。

boltz DCモーター扇風機

boltz DCモーター扇風機

DCモーターを搭載した壁掛け扇風機。7枚羽できめの細かい柔らかな送風を実現しており、肌当たりの強い風が苦手な方におすすめです。風量を9段階で細かく調節できるのも魅力。無駄な消費電力を抑えて電気代を節約できます。

首振りや風量調節など、ほぼすべての動作を切り替えできるリモコンが付属。離れた位置から操作したいときに便利です。表示パネル部は1分間操作しないと発光が半分に弱まる消灯機能を搭載しており、就寝時など灯りが気になるときに重宝します。

シャープ(SHARP) 壁掛け扇風機 PJ-J3AK

シャープ(SHARP) 壁掛け扇風機 PJ-J3AK

独自のイオン化技術「プラズマクラスター」を搭載した、ACモーターの壁掛け扇風機。浮遊しているカビ菌を除去する効果があると謳っており、部屋干しした衣類をなるべく早く乾かしたいときにおすすめのモデルです。また、ソファーなどに風を当てることにより、染み付いたニオイを消臭する効果も期待できると謳われています。

就寝時に便利なおやすみモードを搭載しているほか、自然の風のようなナチュラルな風を実現する「リズム風」も搭載。付属のリモコンで離れた位置からの操作も可能です。入切タイマーを搭載しており、1・2・4・8時間から選択して設定できます。

パナソニック(Panasonic) 壁掛け扇風機 F-GA303

パナソニック(Panasonic) 壁掛け扇風機 F-GA303

さわやかな水色の30cm5枚羽がおしゃれなACモーター式壁掛け扇風機です。リモコン付きで離れた位置から風量や首振りの入切を切り替え可能。手の届かない高い場所に設置できるため、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしてもおすすめのモデルです。

上下の調節は手動で下向き63°の範囲で調節可能。1・2・4時間の切タイマーを搭載しているほか、前回の運転状況を記憶するメモリー機能も搭載しています。

トヨトミ(TOYOTOMI) 壁掛け扇風機 FW-S30JR

トヨトミ(TOYOTOMI) 壁掛け扇風機 FW-S30JR

人感センサーを搭載しているACモーター式壁掛け扇風機。人を感知して自動でオンオフするタイプで、切り忘れを防止したい方におすすめのモデルです。リモコン付きで風量は4段階で調節可能。リズム風モードやおやすみモードも搭載しています。

7枚羽には空気抵抗の少ない形状のサイレントファンを採用しているのもポイント。ACモーターながら静音性に優れているのも魅力です。

ユアサ 壁掛け扇風機 YTW-383YFR

ユアサ 壁掛け扇風機 YTW-383YFR

2.1mのロングコードを採用している壁掛け扇風機。設置場所から電源コンセントまで遠い場合に重宝するおすすめのモデルです。風量調節は4段階切り替えで、弱よりやさしい風に当たれる微風も選択可能。リズム風やおやすみ風も備えており、強い風が苦手な場合にも適しています。

左右の首振りは付属のリモコンで操作できるのも便利。最大6時間までの入切タイマーを搭載しているほか、8時間自動オフ機能も搭載しています。

フィフティ(Fifty) 30cm壁掛扇風機 FLE-KR305

フィフティ(Fifty) 30cm壁掛扇風機 FLE-KR305

30cm羽を5枚搭載したACモーター式壁掛け扇風機です。風量調節は強・中・弱の3段階とシンプルな仕様。首振り機能やリモコンも付属しており、低価格ながら使い勝手のよいおすすめのモデルです。

首振り左右70°、角度調節は下向き35°の範囲で設定可能。切り忘れ防止や就寝時に便利な1・2・4時間切タイマーを搭載しています。

テクノス(TEKNOS) 壁掛け扇風機 KI-W289

テクノス(TEKNOS) 壁掛け扇風機 KI-W289

30cm羽を6枚搭載したACモーター式の壁掛け扇風機です。リーズナブルな価格でスポット用として最適。キッチンや脱衣所、寝室など限られたスペースにおすすめのモデルです。約38.5cmの引きひもを備えており、高い場所に設置しても引きやすくなっています。

最大3時間まで設置できる切タイマーを活用すれば、切り忘れの心配もありません。風量は強・中・弱の3段階のシンプルな仕様で、ひもを引くごとに切り替わります。左右の首振りもひもを引いて入切可能。上下の角度は手動により、上下約43°の範囲で調節できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 壁掛け扇風機 PF-404WA

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 壁掛け扇風機 PF-404WA

5枚の40cm羽により、空気を細かく分けてやさしい風を送れる壁掛け扇風機です。左右首振り機能を搭載しており、90°の広い可動域が特徴。リビングなど部屋全体に風を送りたいときに便利なおすすめモデルです。

引きひもタイプで風量調節は強・中・弱の3段階、上下は手動で40°の範囲で角度を調節できます。リーズナブルな価格も魅力。キッチンや脱衣所などでの使用に適しています。

東芝(TOSHIBA) クリップ式扇風機 TLF-18CL22

東芝(TOSHIBA) クリップ式扇風機 TLF-18CL22

設置したい場所に挟んで固定するクリップ式の扇風機です。厚さ2~3cmの棚や机などに取り付けるタイプで、賃貸住宅でなるべく壁に穴をあけたくない場合におすすめ。付属の壁掛け金具を使用すれば、壁掛け扇風機としても使用できる2WAYモデルです。

コード部に中間切り替えスイッチを設けており、強と弱の2段階で風量調節可能。メッシュ仕様の前面カバーを採用しており、小さい子供やペットがいる家庭でも安心です。

広電 壁掛け扇風機 CAT251WMA

広電 壁掛け扇風機 CAT251WMA

25cm羽を3枚搭載したシンプルな壁掛け扇風機です。オールブラックカラーとアルミ製羽を採用したレトロな外観が印象的で、ガレージや作業場などの設置におすすめ。アルミ素材は、薬品や油が多い場所で使用する際に羽を守る役割も果たしています。

上下左右に大きく首振りする「ラウンドムーブ」送風機構がポイント。円を描くように動く首振り機能により、広い範囲に風を送れます。