夏の風物詩とも言える白物家電の「扇風機」。シーズナルなアイテムではありますが、ラインナップは豊富に取り揃っており、機能性の高いモノからインテリアとしても映えるタイプまでと、さまざま製品がリリースされています。

そこで今回は扇風機のなかでもおしゃれなモデルをご紹介。印象的で目を引くスタイリッシュなプロダクツをピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

スタイリッシュな扇風機のおしゃれモデル

ダイソン(dyson) ファンヒーター ホットアンドクール AM05

涼風と温風に対応したダイソンの羽なし扇風機。高さは57.9cm、幅と奥行きがそれぞれ20cmと、スマートなフォルムにまとまっているのが特徴です。

風量は10段階で調節が可能。首振り機能は左右に約70°で、上下にも10°の角度調整ができます。なお、「転倒時自動停止機能」が搭載しており、安全性にも配慮。使い勝手とおしゃれさが両立したおすすめモデルです。

ダイソン(dyson) テーブルファン エアマルチプライアー AM06DC30WS

ダイソンの卓上用扇風機です。サイズは幅35×高さ55×奥行き14cm、重量約1.83kg。コンパクトな扇風機を探している方におすすめです。

モーターは低消費電力で静音性に優れたDCモーターを搭載。従来モデルのテーブルファン「AM01」に比べて約40%の省エネと最大75%の静音化をしており、消費電力わずか21Wと経済的なのもポイントです。

テーブルやデスクにおいてもオブジェのようなデザイン性の高さも魅力。風量は10段階調整ができます。手軽に使えるダイソンの羽なし扇風機としてぜひチェックしておきましょう。

パナソニック(Panasonic) 扇風機 創風機Q 首振りスタンドセット F-BM25T

球体デザインを採用したパナソニックのユニークな扇風機です。サイズは幅25×奥行き25×高さ33cm、重量約2.8kg。コンパクトなフォルムでテーブルやデスクなどに設置することもできる汎用性の高さが魅力の製品です。

首振り角度が60、90、120、180、 そして360°と多様なのが特徴。ボディは強力な気流を発生させるために流体力学の面から導かれた形状を採用しており、吸気口から吸入した空気をターボファンで高圧化して吹出口から噴出します。噴出された気流はパワフルで直線的に進むのもポイントです。

動力は省エネ性に優れたDCモーターを採用し、消費電力が最小4.1W。風量は5段階切り替えが可能。定番の扇風機とは似ても似つかないデザインを採用しているので、インテリアとしても映えるアイテムを探している方は要チェックです。

ダイソン(dyson) ピュアホットアンドクール HP03WS

涼風、温風、そして空気清浄機能を備えたダイソンの扇風機です。サイズは幅22×奥行き22×高さ63cm、重量約4.01kg。PM0.1レベルの粒子を99.95%除去すると謳う製品で、花粉やウイルスなどもカバーできる空気清浄能力の高さが特徴です。

空気の状態をモニターして風量を自動調整する「オートモード」を搭載しているのもポイント。また、LED表示を暗くして静音で運転する「ナイトモード」も便利で、就寝時でも快適に使えます。

さらに、専用アプリ「Dyson Linkアプリ」と連携していることもメリット。スマホやタブレットから遠隔操作して、帰宅前に外出先からあらかじめ作動させておくことも可能です。

従来モデルと比べて活性炭を約3倍に増量しているのも魅力。ハイスペックな扇風機を探している方におすすめのモデルです。

ドウシシャ(DOSHISHA) カモメファン 扇風機 25cm FKLR-251D

カモメの羽にヒントを得て、柔らかい素材の7枚羽を採用している扇風機。羽がしなることで風量を増やすとともに、柔らかい風を生み出すのが特徴です。

動力はDCモーターを採用。最小時約7.5dBの静音性が高い運転音と、1.6~15Wという低い消費電力がポイントです。

自動オンオフのタイマーは1、2、4時間。幅29×高さ75×奥行き26cm、高さは最大90cmまで伸ばせます。重量約2.1kgと軽量なのもメリット。風の質にこだわったおすすめの扇風機です。

レトロな扇風機のおしゃれモデル

パナソニック(Panasonic) リビング扇風機 リント ウォールナット F-CWP3000-TX

高級チェアやテーブルの素材として用いられ、世界三大銘木といわれる高級木材「ウォールナット」を使用したパナソニックの扇風機。7枚羽根は伝統工芸で用いられる「べっ甲色」、土台部分は「漆黒」という和のテイストを取り入れています。

落ち着いた雰囲気で、インテリアに合わせやすいのがメリット。機能面では細かい風量調節が可能で静音性が高いDCモーターを採用しているので使い勝手は良好です。

家電品というより、もはや高級家具に近いデザインが魅力。その分価格はハイエンドクラスですが、プレミアムな扇風機を探している方にとっては候補となる製品です。

ドウシシャ(DOSHISHA) メタルテーブルファン FDT-251

レトロでカラーリングがおしゃれな卓上扇風機。自動首振りに対応していたり、風向きを上下に調節できたりとベースとなる機能は備わっており、自室のテーブルに置くのはもちろん、会社のデスクに置いておく扇風機としてもおすすめです。

扇風機本体にアロマケースが搭載されているため、アロマの香りを楽しみながら涼みたい方はぜひチェックしてみてください。

バルミューダ(BALMUDA) グリーンファン EGF-1600-WK

バルミューダの人気扇風機「グリーンファン」。最小運転時は消費電力わずか1.5W、しかも13dBと静音性が高いのが特徴です。

独自形状の二重構造の羽根がポイント。速い風と遅い風を作り出すことによって、従来の扇風機のような直線的な風ではなく、自然な風を生み出すのが魅力です。

なお、本製品はコードレス仕様。専用バッテリーを使えば、最大20時間運転できます。省エネ性や静音性、そして扇風機としての能力の高さなど、トータルバランスの優れた扇風機を求めている方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) シーズンズ ハイポジションタイプ R30J-DV

扇風機機能とサーキュレーター機能を兼ね備えた三菱の扇風機です。高さ1020mm、重量約5.8kg。静音性と省エネに優れたDCモーターを搭載しています。

さらに静音性を高めるために羽根の形状に独自の「エクストラウィングレットファン」を採用。羽根の先端部を風上側へ湾曲させることによって、騒音の原因となる風の渦の発生を軽減して、静音化を図っています。同機能は航空機の低騒音化対策でも採用されている技術で、「強運転」時でも30db、「サイレント風」時は12dbという高い静音性が魅力です。

搭載されている「3D立体首振り」も注目ポイント。上下と左右の動きを組み合わせて動くほか、左右の首振り角度は、50°と90°、そして180°とワイドで、上下も50°と100°の2段階を選べて、真上方向にも送風が可能です。風量調節は5段階。チャイルドロックやメモリ機能もついた使い勝手のよい扇風機です。

タワー型扇風機のおしゃれモデル

ダイソン(dyson) タワーファン ピュアクール AM11IB

ダイソンのタワー型扇風機です。サイズは幅19×奥行き19×高さ108cm、重量約3.58kg。最小運転音が14.6dbと静音性が高いのがメリットです。

有害物質PM0.1を99.95%除去できると謳う空気清浄機能を搭載。8畳間なら25分ほどで対応することができます。夏は扇風機として利用できるほか、空気清浄機やサーキュレーターとして活用することも可能。シーズンを問わず使える汎用性の高さが魅力です。

風量調整は10段階。15、30、45分、そして9時間まで1時間単位で設定できるスリープタイマーと基本機能も充実。デザインもスタイリッシュなおすすめの扇風機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン 木目調タイプ TWF-C71M

木目調デザインがおしゃれなタワー型扇風機。風を縦横に広く届けられるのが特徴です。風量が3段階で調節できる他、モードもリズム・おやすみ・連続の3種類あるため、自分好みの心地よい風で涼めます。

ボタンが本体上部に付いているので立ったままでもスムーズに操作が可能。価格が5000円以下とリーズナブルな点も魅力なので、デザインとコスパで扇風機を選びたい方は要チェックです。

山善(YAMAZEN) ハイポジションスリムファン YSR-PC110

山善のスリムタイプのタワー型扇風機です。112.5cmの高さながら、幅と奥行きはともに33cmとコンパクトで場所をとらないのがポイント。重量は約4.2kgです。

左右の首振角度は4段階で調整できます。角度は60、90、120、そして360°。最大360°と全方位に風を送れるので、広い部屋でも利用しやすいのがメリットです。

風量は3段階調節。1時間から8時間まで1時間ごとに設定できる電源オフタイマーがついています。広いリビングルームでも使いやすいおすすめの扇風機です。