羽がなくても快適な風を生み出す「羽なし扇風機」。回転部が露出していないので、安全性が高いのが特徴です。また、見た目もスタイリッシュなので、インテリアで映えるアイテムとしても人気を集めています。

そこで今回は、羽なし扇風機のおすすめ機種をご紹介。あわせてメリットや選び方についても解説します。

羽なし扇風機のメリット

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機のメリットは安全性が高い点です。普通の扇風機のように回転する羽が露出していないので、従来の扇風機のような巻き込み事故のリスクを軽減できます。小さな子供やペットがいる家庭では大きなポイント。従来の扇風機よりもムラの少ないスムーズな風を生み出すのも魅力です。

また、羽なし扇風機はおしゃれでインテリアにも映えるデザインに仕上がっているモノが多く、リビングや寝室などのプライベートな生活空間はもちろん、オフィスなどでも違和感なく設置可能。なかには、縦長の製品やスリムさ、コンパクトさに重点を置いた設計のモノが多いので、置き場所に左右されず汎用性が高いことも魅力です。

羽なし扇風機の仕組み

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機は、どこにも羽がないというわけではなく、外観からは見えず触れられない場所に送風機能を搭載しています。例えばダイソンは、羽なし扇風機の核となる土台部分に羽とモーターを内蔵。また、土台に空いた細かな吸引口から空気を吸い込んで、隠れた羽とモーターによって上部に風が送られます。

羽のない輪の中空部分から送風されているように見えますが、内側の後部に1mmほどの細い隙間(スリット)が空いていて、ここから風を放射。気圧差で周囲空気を巻き込んで風を増幅して送り出します。

羽なし扇風機を選ぶ際の注意点

市場シェアはダイソンが牽引

By: dyson.co.jp

羽なし扇風機は、イギリスの家電メーカー・ダイソンが「エアマルチプライアーテクノロジー」技術により、世界で初めて製品化したモノです。画期的な扇風機としてシリーズ化されており人気を集めています。

日本国内の扇風機およびサーキュレーターの市場シェアは、パナソニックや日立などの大手家電メーカーをはじめ、山善やアイリスオーヤマなどが競合していますが、羽なし扇風機に関しては特にダイソン製品が人気です。

価格は高め

羽なし扇風機の価格は、普通の扇風機と比べて高額です。羽根つき扇風機は安くて数千円から、人気モデルの価格帯も1万円台が多いのに対して、羽なし扇風機の現行ラインナップ機は3~6万円という価格帯であることは留意しておきましょう。

空気清浄機能は考慮

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機のなかには、空気清浄機能が搭載されたモデルもありますが、専用機とは違うので同等の性能を求める方は注意が必要です。高性能なフィルターを採用しているので機能性は十分ですが、清浄機能の適応畳数における許容範囲が、市場に流通している空気清浄機よりも狭い場合があるので、考慮しておきましょう。

電気代と騒音

By: rakuten.co.jp

羽なし扇風機の消費電力は多くても50W程度と、羽つきの扇風機とほぼ同等です。電気代を抑えやすいDCモーターを搭載しているモデルならばさらに電気代を抑えることができます。駆動音については、従来の扇風機と比べるとやや大きめ。寝室に置く場合は静音タイプがおすすめです。

羽なし扇風機のおすすめ人気モデル

ダイソン(dyson) Pure Hot + Cool Link HP04 WS N

1台で全ての季節に対応できるダイソン人気の羽なし扇風機です。夏は扇風機として、冬はヒーターとして使えるのに加え、空気清浄機能が付いているので1年を通して使用できます。気になるニオイやPM0.1レベルの汚染物質を除去する効果が期待できるのもポイントです。

「Dyson Link」アプリを使用すれば空気の状態や湿度が可視化でき、スマホからのコントロールはもちろん、SiriやAlexaを使用した音声操作も可能。350°まで首が振れるので、部屋全体に風を届けられます。

そのほか、LCDディスプレイが減光し、静音運転に切り替わるナイトモードも搭載しているので、睡眠中の使用も快適です。インテリアに馴染みやすいシンプルかつおしゃれなデザインも魅力。価格は高めですが、ハイスペックな羽なし扇風機を求めている方におすすめです。

ダイソン(dyson) Pure Cool Me BP01

一人暮らしの方におすすめの羽なし扇風機です。本体サイズ約24.5×24.5×40.1cmとコンパクトで省スペースに設置が可能。上部のドームを手でスライドさせるとピンポイントの方向に風が送り出せるのに加え、約70°の首振り機能で広範囲に風が届けられます。

円筒形の本体内部にはグラスHEPAフィルターと活性炭フィルターを搭載。全方向から有毒ガスや気になるニオイ、汚染物質などを取り込み、クリーンな空気を排出できると謳われています。重量約2.8kgと軽いので、空気が汚れやすいキッチン、花粉やPM2.5などの汚れが侵入しやすい玄関への移動も容易です。

デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きファン Clean & Cool CFX85WC

長時間の使用による冷えすぎを緩和できる羽なし扇風機。物体に沿って空気が流れる「コアンダ効果」により、左右から発生する風が本体前面でぶつかり、広範囲に広がるやさしい気流を生み出します。直線的な風ではなく、体全体を包み込むような風を放出するので、部分的な冷えを感じにくいのがおすすめのポイントです。

アレル物質や有害物質を素早くキャッチし、キレイな風を送り出す効果が期待できる空気清浄機能も搭載。空気の状態は点灯ランプで容易に確認できます。フィルターは本体上部を開けるとすぐに取り出せるので、お手入れや交換も簡単です。

日立(HITACHI) スリムファン HSF-DS500B

幅約28cm、高さ約94cmのスリムな羽なし扇風機です。約55°の範囲で可動する内部スイング構造を採用。本体が回らないため動作が気になりにくく、最低限のスペースに設置できます。微風から強風までシーンに応じて6段階の風量調節が可能。指で触れるだけのワンタッチ操作で簡単に切り替えられます。

また、低い回転数で運転できるDCモーターを搭載しているのもポイント。風量最大運転時でも18Wと消費電力が低く、通常のACモーター扇風機に比べ静音性に優れています。液晶表示が暗くなり操作音が消える「減灯&消音」機能やチャイルドロックも搭載しているので、小さい子供がいる家庭にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) スリムファン YSR-J802

風量調節・首振り・タイマー・リズムの基本機能を備えた羽なし扇風機。風量は弱・中・強の3段階から調節でき、首振りは約70°の範囲で可動。リズム風は3パターンから選べ、1・2・4時間でタイマーの設定が可能。くつろいだまま操作できるリモコンも付いています。

幅約22×奥行24×高さ80.8cmとスリムながら、広い送風口で風が当たる面積が大きいのが魅力。重量約2.9kgと軽く、本体背面に取手が付いているのでラクに持ち運べます。フィルターは取り外し可能なためお手入れも簡単。シンプル機能で使いやすいおすすめの羽なし扇風機です。

モダンデコ(MODERN DECO) DCスリムタワーファン

シンプルかつスタイリッシュな羽なし扇風機です。落ち着きのあるマットな質感で部屋に馴染みやすく、インテリアに調和するおしゃれなデザインが魅力。幅約23×奥行23×高さ96.5cmのスリムなタワー型で収納や設置が省スペースに行えます。

また、微風から強風まで9段階の風量調節に加え、最大風速約240m/分の大風量を送り出す「ハイパワーモード」を搭載。シーンに応じて細かく設定できるのがポイントです。リモコンは磁石式で本体上部に収納可能。機能性とデザイン性を両立したおすすめの羽なし扇風機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン ベーシック TWF-C73-W

コスパ重視の方におすすめの羽なし扇風機です。リーズナブルな価格ながら風の到達距離約6mのパワフルさが魅力。約41.5cmの送風口と約65°の首振りで、立体的に風を送り出します。動作音は閑静な住宅街や図書館よりも低いとされる約37dBで、静音性に優れているのも魅力です。

就寝用に風量を調節した「おやすみモード」や、強弱をつけて自然に近い風を再現した「リズムモード」も搭載。羽根に触れにくいセーフティ設計のため、小さい子供がいる家庭での使用も安心です。本体背面にはリモコンが収納できるホルダーも用意されています。

パナソニック(Panasonic) 創風機Q F-BP25T

サーキュレーターとしても使える羽なし扇風機です。自然に近いゆらぎのあるやさしい風を再現しているのが特徴。風の刺激が気になりにくく、長時間の使用も快適です。

直線的でパワフルな風が部屋の空気を大きく動かして、効率よくスピーディーに循環。専用の首振りスタンドを使用すれば、最大360°のスイングも可能です。

幅約25cm、高さ約33.6cmとコンパクトなので、卓上など狭いスペースでの使用や、部屋間の移動にも便利です。また、珍しいボール形状のデザインでインテリア性が高いのも魅力。おしゃれな羽なし扇風機を探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) スリムイオンファンHOT&COOL PF-JTH1

独自の空気清浄機能「高濃度プラズマクラスター」を搭載した羽なし扇風機。浮遊するカビ菌やウイルスの除菌効果のほか、ソファや衣類に付着した気になるニオイの消臭効果が期待できます。

また、暖房機能を搭載しているのもポイント。夏は扇風機、冬はファンヒーターと季節に応じて使えます。上約60°、下約40°の上下スイングと、約15・30・60・90°の左右スイングが可能。DCモーターの採用により、送風運転時の1時間の電気代が約0.5円と安く、家計にやさしいのも魅力です。

ヒロコーポレーション ブレードレス扇風機 タワー型 HT-1011

DCモーターを搭載した羽なし扇風機。幅約23×奥行23×高さ96cmのスリムなモデルで、設置面積をとらずスマートに送風できるのが魅力です。

約90°の左右首振り機能を備えているのが特徴。風量調節は9段階で設定でき、好みやシーンに応じて適切な風を送れます。また、1~8時間で設定できるタイマーも搭載しているため、睡眠時の使用でも安心です。

タッチセンサースイッチと付属のリモコンによる操作に対応しており、誰でも簡単に使用可能。スタイリッシュでコンパクトに設置できるモデルを探している方におすすめです。