羽がなくても快適な風を生み出す「羽なし扇風機」。回転部が露出していないので、安全性が高いのが特徴です。また、スタイリッシュな見た目で、インテリアで映えるアイテムとしても人気を集めています。

そこで今回は、羽なし扇風機のおすすめ機種をご紹介。あわせてメリットや選び方についても解説します。

羽なし扇風機のメリット

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機のメリットは安全性が高い点です。普通の扇風機のように回転する羽が露出していないので、従来の扇風機のような巻き込み事故のリスクを軽減できます。小さな子供やペットがいる家庭では大きなメリットです。また、従来の扇風機よりもムラの少ないスムーズな風を生み出すという特徴もあります。

さらに、置き場所に左右されず汎用性が高いことも魅力です。羽なし扇風機はおしゃれでインテリアにも映えるデザインに仕上がっているモノが多く、自宅はもちろん、オフィスなどでも違和感なく設置が可能。なかには、縦長の製品やスリムさ、コンパクトさに重点を置いた設計のモノもあります。

羽なし扇風機の仕組み

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機は、外観からは見えず触れない場所に送風機能を搭載しています。例えばダイソンは、羽なし扇風機の核となる土台部分に羽とモーターを内蔵。また、土台にあいた吸引口から空気を吸い込んで、隠れた羽とモーターによって上部に風を送ります。

羽のない輪の中空部分から送風されているように見えますが、内側の後部に1mmほどの細い隙間(スリット)があいていて、ここから風を放射。気圧差で周囲空気を巻き込んで風を増幅して送り出しています。

羽なし扇風機の選び方

タイプで選ぶ

タワータイプ

By: amazon.co.jp

タワータイプの羽なし扇風機は、細長いスリムな形状をしています。スリムファンやタワーファンとも呼ばれ、シンプルでインテリアに馴染みやすいスタイリッシュなデザインが特徴。狭いスペースに設置しやすく、およそ30cmのスペースを確保できれば置くことができます。

リビング用としてはもちろん、キッチンや脱衣所などにも設置可能。縦に長いぶん風が広範囲に広がりやすく、立った状態で涼みたいシーンでも活躍します。置く場所を頻繁に変更したい場合には、設置場所のスペースにくわえて重量も要チェック。持ち手が付いているモデルなら、持ち運びしやすく便利です。

卓上・壁掛けタイプ

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機のなかには、コンパクトなデザインで卓上や壁掛けで使える製品も販売されています。狭いスペースに設置したい場合におすすめのタイプです。生活感を出さず、スタイリッシュな部屋作りを楽しんでいる方にも適しています。

角度を調節できる壁掛けタイプなら、高い位置から心地よい風を送れるのもメリット。就寝時に自然な風に当たりながら休みたいときにも役立ちます。卓上・壁掛け兼用タイプもあり、設置場所や用途に合わせて使い分けでき便利です。

ハンディ・首掛けタイプ

By: amazon.co.jp

持ち運んで使える羽なし扇風機を探している方には、ハンディタイプがおすすめです。外出先で手軽に涼めるのが最大のメリットで、必要なときにバッグから取り出して風に当たれます。軽量で携帯しやすく、子供に持たせることも可能です。

ハンディタイプを選ぶ際は、給電方式をチェック。USB給電式なら予備の電池が不要で、モバイルバッテリーがあれば急な充電切れにも対応可能です。なかには、卓上スタンドが付属し、テーブルの上などに置いて使える卓上兼用モデルもあります。

モーターの種類と静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機のモーターには、ACモーターとDCモーターの2種類があります。ACモーターの風量調節が強・中・弱など3段階程度である一方、DCモーターは細かな風量調節が可能。超微風やおやすみモードを搭載したモデルなら、強い風圧が苦手な方にもおすすめです。

静音性に優れているのも、DCモーターの特徴。就寝時や赤ちゃんが寝ている場所に設置する際は、ACモーターよりDCモーターのほうが適しています。運転音はdBで表示されており、40dB以下がおすすめの目安。40dB以上だと話し声程度の大きさの運転音で、就寝時の利用で気になる場合があります。

さらに、DCモーターは消費電力を抑えられるのも魅力です。電気代をなるべく節約したい場合に重宝します。ただし、DCモーター搭載モデルは高機能なぶん、ACモーター搭載モデルより高価格な傾向がある点には留意しておきましょう。

そのほかの機能で選ぶ

首振り機能

By: amazon.co.jp

羽なし扇風機を選ぶ際には、首振り機能を搭載しているかをチェックしておきましょう。とくに、リビングなどで広い範囲に風を送りたい場合には必須です。設置場所と、風を送りたい範囲を考慮して、首振り角度も確認しておくのがおすすめです。なかには、本体は首振りせず、内部のルーバーがスイングするタイプもあります。

首振り機能にくわえて、リズム風を搭載しているとさらに快適です。首振りと風の強弱の組み合わせによって、心地よい風に当たれます。左右だけでなくルーバーが上下に動くタイプもあり、より効率的かつ広範囲に風を送れるのでチェックしてみてください。

タイマー機能

By: amazon.co.jp

寝室に羽なし扇風機を設置する際には、タイマー機能を搭載しているかをチェックしておきましょう。眠りにつく頃を想定して切タイマーをセットしておけば快適に眠れます。設定できる時間はモデルによってさまざま。1時間単位で設定するモデルが主流ですが、細かく設定できるタイプもあります。

タイマー機能をうまく活用すれば、無駄な消費電力を抑えて節電に役立つのもポイント。切り忘れが多い方におすすめです。

空気清浄機能

By: amazon.co.jp

コンパクトな部屋に設置する場合は、空気清浄機能が搭載されているタイプがおすすめです。涼みながら部屋の空気を循環できるのが特徴。別途、空気清浄機を購入する必要がないのも魅力です。とくに、ペットや小さな子供のいる家庭など空気の汚れが気になる場合に適しています。

ただし、フィルターの掃除を定期的におこなう手間がある点に留意しておきましょう。フィルターが劣化して交換が必要になる場合には、ランニングコストもかかります。また、高性能な空気清浄機と比べて性能が劣る場合も。シンプルなモデルより高価格になりがちな傾向もあります。

サーキュレーターやヒーター機能

By: amazon.co.jp

サーキュレーターとしても使用できる羽なし扇風機は、部屋の空気を循環させるのにも役立ちます。とくに、エアコンと併用する際に活躍。エアコンの冷気や暖気を部屋の隅々まで行き渡らせて、省エネにもつながります。

ヒーター機能を搭載したモデルも要チェックです。冬の暖房器具として使用できるため、1年を通じてメインの空調機器として活躍します。季節の変わり目に出し入れする手間を省けるのもメリットです。

羽なし扇風機のおすすめモデル

ダイソン(dyson) Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーター HP04 N

1年を通じてフルに活用したい方におすすめ

1台3役をこなす羽なし扇風機です。夏は扇風機として、冬はファンヒーターとして使用可能。空気清浄機能も搭載しており、1年を通じてフルに活用したい方におすすめのモデルです。おしゃれでインテリアに馴染みやすいスタイリッシュなデザインを採用しています。

350°の首振り機能により、部屋の隅々まで風を行き渡らせることが可能。専用のスマホアプリを活用すれば、室内と屋外の空気の状態をモニターしてリアルタイムに知らせます。静音運転に切り替えると同時にLCDディスプレイを減光する「ナイトモード」は就寝時に便利です。

ダイソン(dyson) Pure Cool Link 空気清浄タワーファン TP03

涼みながら空気をきれいできるアイテム

空気清浄機能を搭載した羽なし扇風機です。従来のフィルターと比べて活性炭を3倍に増やした「グラスHEPAフィルター」を採用。PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去すると謳っており、涼みながら空気をきれいにする効果が期待できるモデルです。

室内の空気の状態をモニターして風量を自動調節する、オートモードも便利。無駄な消費電力を抑えて節電につながります。付属のリモコンで離れた場所からでも各種切り替えや設定が可能。アプリで運転予約もでき、忙しい方におすすめです。

モダンデコ(Modern Deco) AND・DECO 冷暖タイプ スリムタワーファン

省エネ性に優れ1年中快適に使えるアイテム

細長い外観が印象的な羽なし扇風機です。高性能DCモーターを搭載しており、消費電力を抑えられるのがポイント。設定温度に合わせて運転を自動でオン・オフする自動温度調節機能も搭載し、省エネに役立つおすすめモデルです。

セラミックヒーター機能も搭載し、1年を通じて使えるのも魅力。冷風と温風の切り替えは付属のリモコンで簡単に操作できます。最大風速約240m/分の優れた送風性能で、帰宅直後の体を一気に冷やすのにも便利。過熱を防ぐ温度調節装置や主電源スイッチ、転倒オフ機能なども備えた安全性の高さもポイントです。

シャープ(SHARP) スリムイオンファン PF-HTC1

プラズマクラスターを搭載し、空気を浄化・消臭する効果があると謳っている羽なし扇風機です。涼みながら部屋の空気をきれいにしたい方におすすめ。部屋干しした衣類の気になるニオイや、カーペットやソファなどに付着したニオイも消臭するとしています。部屋全体の空気をきれいに保ちたい方にぴったりの製品です。

DCモーター搭載による低消費電力と静音性もポイント。風量を細かく設定でき、微風からパワフルな送風まで、シーンに合わせて調節できます。左右方向に4段階で送風角度を設定できるほか、上下方向にも5段階で調節可能。部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても役立ちます。

山善(YAMAZEN) ハイポジションスリムファン YSR-WD901

高さ約86cmのハイポジションタイプの羽なし扇風機です。送風口が広く、風の当たる面積が大きいため、立ち作業時に涼みたいときにおすすめ。左右50°の首振り機能を搭載しており、広い範囲に風を送れます。幅22×奥行22cmとスリムなデザインで、限られたスペースにも設置可能です。

温度センサーを搭載し、設定温度に合わせて電源を自動でオン・オフ。効率的な運転で無駄な消費電力を抑えます。静音モード時の運転音33dBの静音設計により、就寝中に音が気になりにくいのもポイント。本体にリモコン収納ポケットを備え、紛失を防げるのも便利です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン TWF-C73M

やさしく落ち着いた風合いの木目調デザインが印象的な、羽なし扇風機です。洋室・和室問わずインテリアに馴染みやすく、デザインを重視したい方におすすめ。省スペースに設置できるモデルながら、左右65°の範囲での首振りが可能で、パワフルな風を広範囲に送ります。

設定パネルを本体の天面に設けた、タワーファンならではの操作性も魅力。立ったままでの操作が可能なほか、離れている際には付属したリモコンでも操作ができます。また、最長4時間まで設定できる切タイマーを備えており、就寝時に便利です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン TWF-C82T

左右45°のスイングと上下可動ルーバーによる「立体送風」が特徴の羽なし扇風機です。送風口が52cmと広く、部屋の隅々まで送風できるのが特徴。風速と風量のどちらも優れているモデルを求めている方におすすめです。

パワフルなモデルながら、重さ3.6kgと軽量。持ち手も付いており、移動しながら使いたい場合に重宝します。サーキュレーターとしても使えて、冷房を合わせて部屋を急速に冷やしたいときに便利。部屋に馴染みやすいスリムなボディとシンプルなデザインも魅力です。

日立(HITACHI) スリムファン HSF-DS500C

DCモーターを搭載した羽なし扇風機です。高効率なDCモーターならではの低速回転により、うちわで扇いだような穏やかな微風を実現。風量をシーンに合わせて6段階で細かく調節できるなど、風圧の強い風が苦手な方におすすめのモデルです。

本体が回転しない約55°の内部スイングを採用。首振り動作が気にならないのもポイントです。室温に合わせて風量を自動調節する温度センサーを搭載しており、効率的な運転で無駄な消費電力を抑えます。就寝時に役立つ減灯&消音機能を使えば、夜間利用時も快適です。

デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きファン Clean & Cool CFX85WC

DCブラシレスモーターによって、快適性と省エネ性を両立している羽なし扇風機です。物体に沿って気流が流れる「コアンダ効果」を応用した設計が特徴。全身に対して均一に風を届けることにより、部分的な冷えを軽減します。風量を10段階で切り替えできるなど、さまざまなシーンに合わせて風を微調節しやすいおすすめモデルです。

パワフルな空気清浄機能を搭載している点にも注目。独自の構造で部屋に入り込んだ花粉を90分で99.9%キャッチすると謳っています。交換式フィルターを本体上部に配置しており、お手入れや交換がしやすいのも便利です。

ライフマート(life_mart) タワーファン

DCモーターを搭載したスリムタイプの羽なし扇風機です。狭いスペースに設置できるほか、重さ約1.75kgで持ち運びやすいのも特徴。持ち手も付いており、家事や作業をする場所に合わせて移動させたい方におすすめのモデルです。風量を8段階で細かく調節できるのも便利。ランダムな風を送るリズムモードも搭載しています。

また、マイナスイオンモードを搭載しているのもポイント。ボタンひとつで簡単に切り替えができ、快適な空間作りに役立ちます。左右65°の首振り機能により、広い範囲に風を送りながら、高い省エネ性能で電気代の節約も可能0.5~12時間まで設定できる切タイマーを活用すれば、さらに消費電力を抑えられます。

Vanlent タワーファン

高濃度プラズマイオン発生器「イオニシモ」搭載の羽なし扇風機です。気になるやニオイを抑制すると謳っているのが特徴。涼むのと同時に部屋の空気をきれいにする効果が期待できるおすすめモデルです。

また、DCモーター搭載による効率的な運転性能も魅力。シーンに合わせて風量を9段階で細かく調節できます。風量レベル1の運転音は約41dBと小音量で、ペットや小さな子供がいる家庭でも安心して使用可能。さらに、羽に触れられない安全設計も採用し、ケガにつながりにくいのもポイントです。

CLEESINK スリムタワーファン

Bluetoothスピーカーを搭載している羽なし扇風機です。スマホと連携して、好きな音楽を聴きながら涼みたいシーンにおすすめ。作動音わずか35dBの静音設計を採用し、スピーカーの音もしっかりと聞こえます。

幅約10.2×奥行約10.2×高さ約32.6cmとコンパクトなモデルで、卓上扇風機として活躍。USB給電式でパソコンの横に設置するのにもぴったりです。

また、左右60°の範囲でスイングして部屋の広範囲に風を送れるのもポイント。風量は強・中・弱の3段階切り替えで、ボタンを押すだけで簡単に操作できます。

Pro Breeze タワーファン

縦型のスリムなデザインの羽なし扇風機です。幅24×奥行24cmで狭いスペースに設置したい場合におすすめ。2.97kgの軽さで持ち手が付いており、さまざまな場所で使いたい場合にも活躍します。

高性能なACモーター搭載によるパワフルな送風力も魅力。風量を強・中・弱の3段階で切り替えできるほか、自然のような心地よい風で涼めるリズムモードを搭載しています。4段階で切り替えできる切タイマーは最長7.5時間後に設定可能。切り忘れを防止したいときや就寝時に便利です。

ダイソン(dyson) Pure Cool 空気清浄テーブルファン DP04

同社のラインナップのなかで、比較的コンパクトなサイズの羽なし扇風機です。床置きのほか、卓上扇風機としてもおすすめ。ナイトモードを搭載しており、LCDディスプレイを減光すると同時に静音運転に切り替わります。寝室に設置したい場合にぴったりです。

空気清浄機能も搭載し、涼みながら部屋の空気をきれいにする効果が期待できるのもポイント。密閉性の高いグラスHEPAフィルターによって、PM0.1レベルの微細な粒子を除去すると謳っています。首振り角度を45°・90°・180°・350°の4段階で調節可能でき、部屋全体の空気を循環させたい方におすすめです。

ジーショップ(GShop) 羽根なしミニ扇風機

卓上扇風機として使えるコンパクトな羽なし扇風機です。本体サイズ12.4×9×30cmと非常に小さく、限られたスペースに設置できます。重さ581gの軽さで持ち運びやすく、家事や仕事する場所に合わせて移動するのも簡単です。

風量は3段階で切り替えができ、自然風モードも搭載。各モードをLEDインジケーターの色で確認できます。2500mAhバッテリー内蔵のUSB充電式で、1モード風量で3時間の使用が可能。部分的に涼みたい方におすすめの製品です。

toponeba ミニ扇風機

ハンディタイプの羽なし扇風機です。携帯しながらパーソナル扇風機として使いたいシーンにおすすめ。重さ128gの軽量モデルで、バッグに収納しやすく持ち運びも楽々です。おしゃれでスタイリッシュなデザインも魅力。羽がないため髪の毛が絡まったり、子供がケガしたりなどの心配なく使えます。

USB充電式で、約4時間の充電で最大8時間の連続使用が可能です。スタンドが付属しており、デスク上に置くなど卓上扇風機としても活躍します。また、水で直接お手入れ可能なのもポイント。衛生面での不安がある方にもおすすめのモデルです。

TORRAS 首掛け扇風機 FSFA20A

首にかけるネックファンタイプの羽なし扇風機です。ハンズフリーで使用できるため、手が離せないときに便利。作業中や通勤時、スポーツ観戦などさまざまなシーンで活躍するおすすめモデルです。ブラシレスDCモーターを搭載しており、振動を最小限に抑えられると謳っています。

4000mAhの大容量バッテリーを内蔵したUSB充電式で、最長9時間の連続使用が可能。自宅のパソコンで充電できるほか、モバイルバッテリーを用意しておけば外出先で突然充電が切れても安心です。上下に風が出るタイプで、頬のあたりと首周りを同時に冷却。効率的に温度を下げられて、快適に過ごせます。

Joyhouse 首かけ扇風機

ヘッドホンのように首から掛けて使用する羽なし扇風機です。歩きながらや作業しながら涼みたいシーンにおすすめ。ネック部分は柔軟性が高く、360°自由な角度に調節可能です。そのため、立てられるようにして形を変えれば、枕卓上扇風機としても活躍します。

操作は簡単で、3段階の風量をボタンで切り替えるだけ。羽がないため髪の毛を吸い込んで絡んでしまう心配がなく、小さな子供でも安心して使えます。USB充電式でパソコンや車載USB充電器で手軽に充電可能です。