羽根つき扇風機より省スペースでスタイリッシュなタワーファン。羽がなく安全に使えるので子育てファミリーやペットを飼っている家庭にも人気を博しています。最近は凝ったデザインやおしゃれな色使いのタワーファンも登場しているので、インテリアにこだわる方にもおすすめです。

今回はタワーファンの人気モデルを紹介します。あわせて選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

タワーファンとは?

タワーファンと扇風機の違い

By: amazon.co.jp

タワーファンは内部に搭載されたシロッコファンをモーターで回転させて風を送る仕組みです。対して、扇風機は大きな羽を回して風を出すので、構造そのものが違います。

もう1つの違いは風を出す面の広さ。タワーファンは縦の送風面積が広いですが幅が狭いので送風口の面積も狭い傾向にあります。扇風機は羽の部分から送風するため、送風面積は羽の大きさと同じなので、タワーファンよりは広いのがポイントです。

また、本体価格を比較すると、構造が複雑な分タワーファンの方が高価な傾向にあります。扇風機はごく単機能なモデルを選べば3000円以下でも購入が可能。タワーファンは見た目もおしゃれに作られているため、5000円以下のモデルは種類が限られてしまうので注意しましょう。

タワーファンの特徴

By: amazon.co.jp

タワーファンは、通常の扇風機とは異なる細長いデザインと、縦長の形状による省スペースが最大の特徴。部屋が狭くて扇風機が置けない方にもおすすめです。

扇風機は羽の部分を首ふりさせるためにさらに広いスペースが必要ですが、内部スイングのタワーファンを選べば首振りのための余分なスペースが不要。タワーファンの底面部分が置けるスペースさえあれば問題なく設置できます。

また、タワーファンは送風口の幅が狭く首振り角度も小さいモデルが多いので、部屋全体に風を対流させるのではなく特定のスポットに送風する目的で使用できるのもポイント。

自分がいつもいる場所に向けて風を送る使い方に適しており、特に送風口の縦幅が長いので、立って作業するキッチンでの使用に向いています。

扇風機の特徴

By: amazon.co.jp

扇風機は安定した風量で風を広範囲に送れるのが特徴。広い部屋にいる複数の人に風を当てて使いたい方におすすめです。

上下に角度を変えて左右に幅広く首ふりができるので、エアコンの冷房や暖房を部屋全体に対流させて効率的に湿度調整をすることも可能。弱風では物足りない方にも強風運転が可能な扇風機がおすすめです。

扇風機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

タワーファンのメリット・デメリット

タワーファンのメリット

By: dyson.co.jp

タワーファンの最大のメリットは見た目のスタイリッシュさです。扇風機を置くと、どうしても生活感が出ておしゃれなインテリアに合わないと感じる方におすすめ。スリムで都会的なデザインのモデルが多いため、置くだけでおしゃれな空間を演出できるのも魅力です。

また、タワーファンは底面部分が置けるスペースがあれば設置できるので、扇風機が置けない狭い場所でも設置可能。トイレや書斎、子供部屋や脱衣所などの小さな部屋の隅にもスッキリ収まります。

くわえて、タワーファンは本体裏側のフィルターにホコリがたまる仕組みになっており、ファンそのものにホコリがたまりにくいのもメリット。扇風機のように羽が見えないため、小さな子供が誤って手を入れてケガをするリスクも軽減できます。スリムな本体は収納にも便利。タワーファンの幅と高さのスペースがあればすっきり片付けられます。 

タワーファンのデメリット

By: amazon.co.jp

タワーファンは通常の扇風機に比べて音が大きいモデルが多いのがデメリット。年を追うごとに静音性は向上していますが、扇風機に慣れていた方が使うとかなり音が気になる場合もあります。モデルによってはルーバーの角度を上下に動かせないのも難点。左右にしか風を送れないモデルは送風範囲が狭くなります。

また、扇風機は本体を分解して羽や枠を洗えますが、タワーファンは構造的に内部を分解できず掃除がしにくいので注意しましょう。扇風機のように羽がむき出しではないのでホコリが付きにくい設計ですが、長期間使用すればホコリがついてしまうので、綺麗に掃除をしてから使いたい方にとっては不満点です。

なお、スリムでコンパクトに設計されているモデルは、地震や接触で倒れる可能性もあるので要注意。モデルによっては重量が重いモノもあるので、小さな子供やペットがいる家庭では倒れてきても問題のない場所に設置した方が安全です。

タワーファンの選び方

静音性を意識するならDCモーターをチョイス

By: dyson.co.jp

タワーファンには交流で羽を回すACモーターと、直流で羽を回すDCモーターを搭載したモデルがあります。DCモーターは制御が簡単できめ細かに風量を調整可能。さらにモーターそのものが静音設計なので、運転音が気になりにくいのがメリットです。

就寝中や赤ちゃんのいる部屋や就寝時など、音を気にせず送風したいなら、DCモーターを搭載したタワーファンを選びましょう。

風の向きを変えられるかをチェック

By: amazon.co.jp

タワーファンを購入する前に必ずチェックしたいのが、上下への風向切り替えが可能かどうかという点。安いモデルの中には上下のルーバーを動かすことさえできないモノもあり、広範囲に風を送れません。上下ルーバーを手で調節できるか、または自動で調整可能かどうかをしっかりチェックしましょう。

左右の風の向きについては、どのくらいの角度まで首ふりできるかをチェック。タワーファン本体が左右に動くモデルは比較的広範囲に首ふりできますが、内部の送風ファン部分だけが回転するタイプは左右の首ふり角度が狭い場合があります。

人によっては、送風中に本体そのものが動く首振り動作が気になる場合もあるので、よく確認してから購入しましょう。

電気代をチェック

タワーファンの仕様書に明記されている消費電力は、一番ワット数の高い強風時の消費電力が記載されていることがほとんどで、30~40Wが標準的です。消費電力が40Wであれば、1日24時間連続で使っても26円ほど。30Wなら1日の電気代は約19円です。少しの差でも毎日積み重ねると電気代に差が出てくるので、電気代を抑えたいなら消費電力をしっかりチェックしましょう。

冷暖房に対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

タワーファンのなかには水や保冷剤を入れて冷風扇と同じように使えるモデルや、ファンヒーターとしての暖房機能を持つモデルがあります。どちらの機能も簡易的な冷暖房ですが、特定の場所を集中的に冷やしたり温めたりするのに効果的です。

タワーファンを冷風扇や電気ファンヒーターのように使う可能性があるかをよく考えてみましょう。別々の機器を2台購入する可能性があるなら、最初から冷暖房機能がついたタワーファンを買った方が経済的です。

その他、機能をチェック

安全機能

By: dyson.co.jp

高さのあるタワーファンは軽くぶつかっただけでも倒れる可能性があります。小さな子どもやペットが下敷きになる可能性があるため、安定感のある倒れにくいモデルを選びましょう。

転倒すると自動で電源がOFFになる「転倒時自動電源OFF機能」も重要。特にファンヒーター機能があるモデルは倒れたまま運転すると危険なので、必ず電源を自動で切れる機能が搭載されているかをチェックしましょう。

リモコン

By: amazon.co.jp

タワーファンのなかにはリリモコンがないモデルもあるので要チェック。離れた場所から風量や向きを変える際にはリモコンがあると便利です。リモコンでどこまでの操作が可能かもチェックしましょう。

風量や風向きしか変えられないモデルもあるので、自分の使い方に合ったリモコンが付属されているモデルを選んだほうが便利に使えます。

温度センサー

By: dyson.co.jp

運転開始時から室温が下がったことを認識して、自動的に風を弱められる「温度センサー」を搭載したモデルもあります。冷やし過ぎと電気の無駄を防止できるのが魅力です。

ただし、温度センサーが搭載されていても、液晶画面に室温を表示するだけに留まるモデルもあるので注意が必要です。温度センサーにどこまでの機能を求めるかをよく考え、自分に合ったタワーファンを選びましょう。

タワーファンのおすすめランキング

第1位 ダイソン(Dyson) タワーファン エアマルチプライアー AM07

ダイソン(Dyson) タワーファン エアマルチプライアー AM07

スタイリッシュなデザインと高性能を兼ね備えたダイソンのタワーファンです。送風用の羽を見えない部分に格納した「エアマルチプライアー」技術を用いており、中空部分から風が出てくる不思議さも相まって人気を集めています。

本製品は、効率のよいブラシレスDCモーターが空気を取り込み、パワフルでスムーズな高速気流を生み出すことで強力な送風性能を持つのも魅力です。10段階の風量調節、上下左右の首振り、タイマー、リモコンなど便利な機能も搭載しています。

また、ヘルムホルツ共鳴の現象を応用することで、機器内部の空気の流れをスムーズにして動作音を減少させているのもポイント。従来機「AM01」より最大75%の静音化を実現しています。タワーファン特有の運転音が気になる方におすすめです。

第2位 山善(YAMAZEN) タワーファン YSR-J802

山善(YAMAZEN) タワーファン YSR-J802

多くのタワーファンを展開する山善のなかでも人気のロングセラーモデル。3段階の風量調節、首振りON/OFF、タイマー設定可能、リズム風といった、基本的な機能を一通り搭載しています。送風口が広く、風の当たる面積が大きくなるため、広範囲で心地よい風が受けられるのも魅力です。

また、インテリアに合わせやすいシンプルなデザインと、ムダのないフォルムなので置き場所も選びません。わかりやすくシンプルな本体操作部と、薄型カード式リモコンで使いやすさも抜群です。ほこりがつきにくく、取り外しやすいフィルターで手入れも簡単。初めてタワーファンを購入したい方にもおすすめです。

第3位 日立(HITACHI) DCモーター搭載 スリムファン HSF-DS500A

日立(HITACHI) DCモーター搭載 スリムファン HSF-DS500A

送風専用のタワーファンのなかでも、多機能で高性能なモデル。電力効率に優れたDCモーターを採用し、最小で5.5W、最大でも18Wと省電力なので電気代も節約できます。温度センサーにより、自動で省エネ運転できるのもポイントです。

「微風(うちわ風)」から「強風」まで、6段階から風量を選べ、シーンに合わせた好みの涼み方ができます。タッチするだけで切り替えできる「風量キー」も便利です。チャイルドロック機能が搭載されているので、子どもが不意に触ってしまっても誤動作を防げます。

また、首振り時に本体が回らない内部スイング機構を採用しているため、本体が動くタワーファンは煩わしいという方にも最適です。表示には暗い場所でも見やすいバックライト付き液晶を採用。タイマー機能もあるので就寝時にも便利です。

暖房や空気清浄機能を持たない分、安価で高機能なおすすめのタワーファンです。

第4位 デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きスリムファン Clean&Cool CFX85WC

デロンギ(DeLonghi) 空気清浄機能付きスリムファン Clean&Cool CFX85WC

空気清浄機能を搭載したタワーファン。空気清浄機としては、本体上部に空気清浄フィルターを搭載する独自の構造で、PM2.5・花粉・ハウスダストなどの有害物質を99%除去すると謳われています。

タワーファンとしては、風のもつ渦やうねりをなくし、均一で適度に弱い空気の流れを生み出す「3Dコンフォート・エアテクノロジー」を搭載しているのが特徴。やさしく疲れにくい風を送ってくれるのが魅力です。

DCモーターを採用しているため、10段階のきめ細かい風量調整が可能なのもポイント。オブジェのようなスタイリッシュなデザインも魅力のおすすめタワーファンです。

第5位 テクノス(TEKNOS) メカ式タワーファン TF-820-W

テクノス(TEKNOS) メカ式タワーファン TF-820-W

リーズナブルでシンプルな見た目が魅力のタワーファン。3段階の風量調節と首振りのON/OFFだけと機能もシンプルなので、機械が苦手な方にもおすすめです。

幅22×奥行22cmの程よいサイズ感で、リビングや寝室といった幅広い空間で活躍できます。AC電源タイプのタワーファンとしてはもっとも安いクラスの価格も魅力。初めてタワーファンを試してみたいという方におすすめです。

第6位 山善(YAMAZEN) 水タンク着脱式冷風扇 FCR-BWG40

山善(YAMAZEN) 水タンク着脱式冷風扇 FCR-BWG40

冷風扇機能付きのタワーファン。冷風扇とは、タンクに入れた水が蒸発する際の気化熱を利用して、涼感のある冷風を発生させる送風機のことです。本体内蔵の水タンクは着脱式で手入れも簡単。タンクを外気の影響を受けにくい2重構造にすることで、暑い部屋でも涼しい風を送ってくれます。

風量は5段階調節可能。室温に合わせて自動で風量を切り換えて運転するセンサー機能を搭載しているのも魅力です。また、「リズム風」で風速をランダムに変化させ、自然に近い風を送り出します。やさしく心地よい涼風なので、エアコンが苦手な方にもおすすめです。

第7位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン 木目調タイプ TWF-C71M

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン 木目調タイプ TWF-C71M

リーズナブルな生活家電を得意とするアイリスオーヤマによるハイコスパモデル。3段階の風量調節・首振り・タイマー・リズム風といった基本的な機能に加え、リモコンも搭載しています。

縦横に広く風を送れる立体送風と縦に広い送風口により、高さと幅のある風で心地よく涼めるのも魅力です。木目調の落ち着いたデザインは高級感があるので、インテリアにもマッチします。3kgの本体重量も持ち運びやすいのもポイントです。

モーターはDCタイプではありませんが、消費電力は27Wと、省エネ性能に優れるのも魅力。 羽根に触れない設計なので、子どもやペットがいる家庭にもおすすめのタワーファンです。

第8位 モダンデコ(MODERN DECO) タワーファン AIR SLIM

モダンデコ(MODERN DECO) タワーファン AIR SLIM

温かみのある見た目が魅力のタワーファンです。側面の木目が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。和室とのマッチングも良好です。他にも4種類のカラーがあり、リビングや洋室にもスタイリッシュに溶け込めます。

高性能な日本メーカー製DCモーターを搭載し、8段階もの細かな風量調節が可能。省エネ性能や静音性が優れているのもポイントです。12時間無操作で運転し続けた場合、自動で送風OFFになる安全機能も備えます。

運転モードには連続風以外にも、自然風に近い「リズム風モード」や就寝時に適した送風の「おやすみモード」を搭載。タッチ可能なデジタル表示パネルの他、リモコンでの遠隔操作も行えて便利です。

第9位 ダイソン(Dyson) 空気清浄機能付タワーファン Pure Cool Link TP03

ダイソン(Dyson) 空気清浄機能付タワーファン Pure Cool Link TP03

空気清浄機能付きのタワーファン。PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%捕らえると謳われている「360°グラスHEPAフィルター」によって高度な空気清浄機能が特徴です。

また、羽が見えない部分に格納された「エアマルチプライアー」技術による、高性能な送風性能が魅力。くわえて、Wi-Fi機能を搭載しているので、スマホ用専用アプリ「Dyson Link」を使って、部屋の空気状態のモニタリングや遠隔操作ができます。タワーファンと空気清浄機の機能を1台にまとめられるので、置き場所を取らない点もおすすめです。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スリムタワーファン TWF-M73

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スリムタワーファン TWF-M73

ハイコスパなアイリスオーヤマのタワーファンのなかでも、特にリーズナブルなモデル。リモコンを省き、メカ式本体スイッチの採用することによってコストを抑えつつ、タワーファンとしての性能や機能は上位同様というお得さが魅力です。

3段階の風量調節・首振り・タイマー・リズム風機能を搭載。65°の広い首振り角度と、強運転時に約8m先まで到達するパワフルな風により、広い部屋でもすみずみまで風を届けます。弱運転時には図書館より静かな37dBの動作音なので、就寝時の使用にも最適。

タワーファンならではの快適さを手軽に体感できるおすすめの人気モデルです。

第11位 ダイソン(Dyson) 空気清浄・送風機能付ファンヒーター Pure Hot + Cool HP04

ダイソン(Dyson) 空気清浄・送風機能付ファンヒーター Pure Hot + Cool HP04

タワーファン・空気清浄機・ファンヒーターの機能が搭載された1台3役をこなせるモデル。毎秒290Lの空気を送り出せる強力な性能と350°の広角な首振り機能により、部屋全体の空気が均一になるよう室内の空気を効果的に循環できるのも魅力です。部屋のどこにいても快適に涼めます。

30分で9畳の部屋を空気清浄できると謳われている優秀な空気清浄機能もポイントです。ファンヒーターとしても出力1400Wとハイパワー。送風性能の高さも加わって、部屋を早く、均一に温めてくれます。設定温度に達すると自動でOFFになる機能があるので、温めすぎの防止や安全性も万全です。

部屋の空気状態のモニタリングが可能なディスプレイを本体に搭載しているのもポイント。従来のようにスマホから確認する必要がなくなりました。1台あれば、常に快適に過ごせる優れもののタワーファンとしておすすめです。

第12位 山善(YAMAZEN) ハイポジションスリムファン YSR-WD901

山善(YAMAZEN) ハイポジションスリムファン YSR-WD901

幅22cm×奥行22cmと置き場所に困らないコンパクトなタワーファン。DCモーターを使用することで、細かい8段階の風量調節が可能です。最弱モードでは、机上の紙が飛ばないぐらいのやさしい風を送れます。また、運転音が33dBと静かな静音モードで就寝時も快適に使用可能です。

任意の設定温度で運転を自動でOFFにしてくれる温度センサーも搭載しているため、冷え過ぎを防げます。温度がひと目で分かる室温表示機能も便利です。

組み立てと片付けがラクな設計もポイント。シンプルを追求したデザインなので、さまざまな空間に溶け込みます。DCモーターを採用し、リモコンが付属していながらリーズナブルな点も魅力です。

第13位 ドウシシャ(DOSHISHA) デスクタワーファン Pieria FTT-301

ドウシシャ(DOSHISHA) デスクタワーファン Pieria FTT-301

サイズが幅12×奥行12×高さ30.5cmとコンパクトなタワーファン。デスクトップや卓上でも使えます。電源コードも1.8mの長さがあり、引き回ししやすいのもポイントです。

風量3段階調節・上下風向調節・OFFタイマーなど機能も充実。30°の首振り機能は常時作動するので、広い範囲に風を届けてくれます。DCモーター非採用ながら、16Wの低消費電力で電気代もお得なおすすめモデルです。

第14位 コイズミ(KOIZUMI) ハイタワーファン ホット&クール KHF-1291

コイズミ(KOIZUMI) ハイタワーファン ホット&クール KHF-1291

コイズミの「ホット&クール」シリーズは、送風ファンとしても電気ファンヒーターとしても使える1台2役のモデル。冬は温風、夏は送風と、1年中活躍できます。

送風時に16段階の細かな風量調節と強い風が一気に吹き出す「ターボ機能」によって、強い風から弱い風まで好みや利用シーンに応じた涼み方が可能です。

上下の吹き出し口に送風、温風それぞれ独立したファンを搭載。冬は足元から温めてくれるので、快適に過ごせます。イスやソファに座っても全身にまんべんなく風が届くハイタワー設計もポイントです。

また、人の動きを感知して自動的に電源のON/OFFを切り替える「人感センサー」と低消費電力のDCモータの採用しているため、省エネ性も良好。年中、置きっぱなしで使えるタワーファンとしておすすめです。

第15位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン TWF-C82T

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タワーファン TWF-C82T

パワフルな風と送風範囲の広さが特徴のタワーファン。本体内の空気の流れをより効率的に改良し、10m先まで風を到達させられます。また、上下可動ルーバーを独立して2枚搭載。風の向きを上下へ最大90°まで自由にコントロールでき、必要なところへ風を届けることが可能です。

立ったままでも操作できる天面操作部とリモコンが付属しているので使い勝手も良好。本体サイズは幅26×奥行26×高さ79.3cmとやや大きめで、強風中心の使い方を想定しています。室内の空気を循環させるサーキュレーターとしても使えるおすすめタワーファンです。

第16位 山善(YAMAZEN) スリムファン YSR-UD903

山善(YAMAZEN) スリムファン YSR-UD903

多機能なDCモーター搭載タワーファン。風量調整6段階調節・左右首振り・リズム風などを本体のタッチスイッチで操作できます。また、前回運転終了時の状態で運転を開始するメモリー機能が搭載されているので、毎回設定をいじる必要がないのも便利です。

一般的なOFFタイマーに加えて、オンタイマーを搭載しているのもポイント。起床時にも自動で送風してくれるので、寝室での利用に適しています。トールスピーカー基調のインテリア性のあるデザインも魅力です。

DCモーター搭載機としても際立つ16Wの低消費電力も特徴。1日8時間使用しても電気代はわずか約3.5円で、1か月で約104円のランニングコストの安さからもおすすめのタワーファンです。

第17位 アピックス(APIX) スタイルタワーファン アロマ対応 AFT-636R

アピックス(APIX) スタイルタワーファン アロマ対応 AFT-636R

アロマオイルに対応したタワーファン。好みのアロマオイルをセットできるトレイ付きで、香りと涼風を一挙に楽しめます。多面体のダイヤカットデザインがおしゃれなので、インテリア性も良好です。

リーズナブルながらリモコンが付属するのも便利。3段階の風量調節・首振り・OFFタイマー・リズム風など一般的なタワーファンとしての機能も一通り搭載しています。

背面のカバーを外せば掃除機でゴミやホコリを簡単に掃除でき、手入れがラクなのもおすすめポイントです。

第18位 ドウシシャ(DOSHISHA) 大風量タワーファン Pieria FTU-904

ドウシシャ(DOSHISHA) 大風量タワーファン Pieria FTU-904

風量の強さと風を届ける範囲にこだわったタワーファンです。高さ91cm、重量5.1kgの大型ボディを活かした大風量が特徴。首振りが最大270°までできるので、遠くの広い範囲まで風を届けられます。

また、首振り角度は30・60・90・180・270°から選べるので、風が届く範囲をきめ細かく調整できるのも魅力です。上下の風向き調節もでき、立体的に風を送れます。消費電力は63Wと大きく、運転音も大きいので、風量優先の方におすすめのタワーファンです。