日本の大手電機メーカーであるソニーが販売するイヤホンは、優れた品質と快適な使い心地で、幅広い層から高い人気を得ています。製品数が豊富なのも特徴のひとつ。普段使いからスポーツ、プロの現場に至るまで幅広いニーズに答えられる豊富なラインナップが展開されています。

そこで今回は、おすすめのソニーのイヤホンをタイプごとにご紹介。特徴や選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ソニーのイヤホンの特徴

エントリーからハイエンドまで豊富なラインナップ

By: amazon.co.jp

ソニーのイヤホンは、数千円で購入できる低価格なモデルからプロの現場でも使用される高価なハイエンドモデルまで幅広く揃っています。ハイレゾ音源の再生に対応したモデルも豊富。

用途や性能ごとにシリーズ分けされているので、自分に合った最適なモデルを見つけやすいのもポイントです。例えば、「EXTRA BASS」シリーズは、迫力のある重低音が特徴。ロックやEDMを好んで聴く方にも最適です。

「SPORTS」シリーズはその名の通り、スポーツやトレーニングをしながらでも快適に使用できるモデル。防水性能が高く、雨や汗に強いのが特徴です。そのほか、豊富なカラーバリエーションが揃う「h.ear」シリーズや、原音を忠実に再現する「モニター」シリーズなどがラインナップされています。

老舗メーカーならではの高いクオリティ

By: sony.jp

ソニーは1946年に創業した日本の大手企業です。テープレコーダーやトランジスタラジオを日本で初めて開発するなど、創業当初からオーディオ機器の製造・開発を数多く行ってきました。

そのなかでも1979年に販売が開始された「ウォークマンシリーズ」は、世界中で高い評価を得ている人気の製品です。1982年には、世界初のイヤホン「MDR-E252」を発売。直接耳に引っ掛けるという画期的なアイデアはまたたく間に世界中に広がりました。

以降、さまざまなメーカーがイヤホンを販売。現在では数えきれないほどの製品が世に出回っており、選択肢は豊富。老舗メーカーならではの信頼性とクオリティの高さから、現在でも根強い人気を誇っています。

高性能な最新機能が満載

By: sony.jp

便利な最新機能が搭載されているのもソニーのイヤホンならではの特徴です。ほかのメーカーの製品にはない最新技術の導入にも積極的。特にワイヤレスモデルは機能が豊富なので、高い利便性を求める方には最適です。

例えば、イヤホンを外さなくても周囲の環境を取り込める「クイックアテンションモード」は、とっさに話しかけられたときや電車のアナウンスを聞きたいときなどに役立ちます。高音質技術「DSEE HX」はCD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の音質にアップスケーリングして再生が可能。

また、同社から販売されているウォークマンやXperiaシリーズのスマホを使用している方は、機能をフルに活用できます。さまざまな独自の機能や最新技術が採用されているので、本記事の以下の項目やソニーのサイトで確認してみてください。

ソニーイヤホンの選び方

接続方法をチェック

完全ワイヤレス

By: amazon.co.jp

左右のイヤホンがケーブルなどで繋がっておらず、完全に分離しているタイプのワイヤレスイヤホンです。充電用のケースが付属するので持ち運びに便利で、ケースに収納することでイヤホン本体の充電が可能。

ケーブルを気にすることなく使用でき、断線の心配もありません。現在主流となりつつあるので多くのメーカーから次々と新製品が販売されており、価格帯もさまざま。ソニーでは、多くの機能を搭載した高性能なモデルを複数ラインナップしています。

また、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンは、ワイヤレスながらもハイレゾ音源の再生に対応しているのもポイントです。専用アプリも用意されており、スマホからさまざまな機能のカスタマイズが可能。シーンを選ばず快適に音楽を楽しみたい方におすすめです。

一体型・ネックバンド型

By: amazon.co.jp

左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプのイヤホンです。首の後ろにケーブルやネックバンドをかけて使用します。使用しないときは首からぶら下げておくことが可能です。

完全ワイヤレスイヤホンよりも紛失のリスクが少ないのもメリットのひとつ。ランニングや人が多い場所でも安心して使用できます。また、比較的低価格なモデルが豊富で、気軽に購入しやすいのも魅力です。

ソニーでも同様に、価格が抑えめなエントリーモデルも豊富に取り扱っています。気軽にワイヤレスで音楽を楽しみたい方におすすめです。加えて、ソニーでは完全ワイヤレスイヤホンにも劣らない多機能で高性能なモデルもラインナップされています。

有線

By: sony.jp

有線タイプのイヤホンは接続端子に「3.5mmステレオミニプラグ」を備えた製品が一般的。気軽に購入できる低価格なモノから、数十万円を超える高価なモノまで多種多様な製品が販売されています。ワイヤレスとは違い、遅延を気にする必要がないので、リズムゲームのプレイや動画の視聴にも最適です。

また、人混みなどで電波が干渉して接続が不安定になることもなく、充電の必要もありません。完全ワイヤレスイヤホンと同価格帯の製品であれば、有線タイプの方が選択肢も豊富で、より高音質な製品を購入できます。利便性よりも音質を追及したい方にもおすすめです。

ソニーが販売する有線イヤホンは、非常にラインナップが豊富。普段使いに最適なリーズナブルなモデルからプロ仕様のモデルまで、幅広い価格帯の製品が揃っています。ミドルクラス以上の製品はケーブルが着脱式になっているモノも多く、交換することで音質の変化を楽しむことが可能です。

ノイズキャンセリング機能をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホン内の特殊なマイクで集めた騒音に逆位相の音をぶつけることで、邪魔な騒音を軽減できる「アクティブノイズキャンセリング機能」。ソニーのワイヤレス製品の多くに搭載されています。

人の話し声や環境音などの雑音を聞こえにくくするので、より音楽に没頭できるのがメリット。通勤通学中の電車の中や人が多く行きかう場所などで重宝します。ただし、ノイズキャンセリング機能を有効にしていると、より多くのバッテリーを消費するので注意が必要です。

ソニーは独自にノイズキャンセリングプロセッサーを開発するなど、積極的にノイズキャンセリング機能を導入しています。その性能の高さにも定評があり、より快適なリスニング環境を提供します。

スポーツでの使用なら防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

電気製品の防水性能を表す際に多く用いられる「IP規格」。「IP56」などのように表記され、1ケタ目の数字が防じん性能を表し、2ケタ目の数字が防水性能を表します。

防じん性能は0~6まで、防水性能は0~8までの等級が用意されており、数字が大きくなるほど高い防じん・防水性能を発揮。どちらか片方が未対応の場合は「IPX8」などのように、「X」が用いられます。特にスポーツをしながらでの使用を検討している方は、この規格に対応したモデルがおすすめ。

汗や突然の雨などからイヤホンを守るので安心して使用できます。「IPX8」相当の高い防水性能を有していれば、水中での使用も可能。ソニーからも防水性能に優れたイヤホンが複数販売されており、主に「SPORTシリーズ」にラインナップされているモデルが対応しています。

音質にこだわるならハイレゾ対応モデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

ハイレゾは「ハイレゾリューションオーディオ(High-Resolution Audio)」の略で、CDを超える情報量をもった高解像度な音楽データのことです。原音をデジタル化したときの情報量が多いほど高音質になり、音源にもよりますがハイレゾはCD音源の約3~6.5倍の情報量を有しています。

フォーマットには「FLAC」「WAV」「ALAC」などを用い、高音質な分、1曲あたりのデータ容量が大きいのも特徴のひとつです。ハイレゾ音源を本来のクオリティで再生するためには、ハイレゾ対応の再生機器を使用する必要があります。

ソニーはハイレゾ音源の再生に対応したイヤホンを数多くラインナップ。より原音に近い空気感や臨場感がハイレゾの魅力です。また、同社の高音質技術「DSEE HX」に対応したモデルであれば、ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で音楽が楽しめます。

ワイヤレス接続では対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンをスマホなどのデバイスと接続するときに用いる無線通信規格のBluetooth。Bluetoothで音声データのやり取りをする際の圧縮方式を「コーデック」といい、音質と遅延に関わる重要な要素です。受信・送信側ともに全てのBluetooth機器は、基本となる「SBC」というコーデックに対応。

SBCのほかには、主にAndroid端末で使用される「apt-X」や、iPhoneなどのiOS端末で使用される「AAC」などがあります。apt-XやAACは、SBCよりも高音質かつ低遅延でデータの転送が可能です。ただし、性能を発揮するためには、受信・送信側ともに同じコーデックに対応している必要があります。

購入前にイヤホンと接続するデバイスの対応コーデックを確認しておきましょう。また、さらに低遅延でのデータ転送が可能な「apt-X LL」やソニーが独自開発した高音質コーデック「LDAC」なども存在します。

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

普段使いに最適な「h.ear」シリーズにラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンです。左右のイヤホンがそれぞれ同時にBluetooth信号を受信する「左右同時伝送方式」が採用されているので、遅延や音飛びの少ない高い接続安定性を実現。CDや圧縮音源などをハイレゾ相当の音質で再生できる「DSEE HX」にも対応しています。

本体の連続再生時間は約8時間。10分の充電で約70分使用できる急速充電にも対応しています。カラーバリエーションが全5色と豊富なのも魅力のひとつ。充電ケースがこれまでのモデルよりも小型化されているので、ポケットやカバンに入れてより気軽に持ち運べます。

価格も抑えられており、初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入すつ方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ソニー(SONY) WF-1000XM3

高性能なワイヤレス製品が揃う「1000X」シリーズにラインナップされているフラグシップモデルの完全ワイヤレスイヤホンです。同社独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」が搭載されているのが特徴で、省電力ながらも高性能なノイズキャンセリング性能を発揮します。

装着時に耳の3点でイヤホン本体が支えられる形状になっているので、高い密閉性と安定した装着感を実現。ノイズキャンセリング機能とともに、外からの雑音の軽減にも役立っています。イヤホンを装着したままでも外音を取り込める「クイックアテンションモード」は、電車のアナウンスを聞きたいときや突然話しかけられたときなどに便利です。

「DSEE HX」にも対応しているのでハイレゾ相当の音質で音楽が楽しめます。連続再生時間はノイズキャンセリング機能をオンにした状態で最大6時間。オフにすれば最大8時間の連続再生が可能。本体はタッチ操作に対応しており、専用アプリ「Headphones Connect」から機能の割り当てなどのカスタマイズができます。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセットWF-SP900

ソニー(SONY) WF-SP900

「SPORTS」シリーズにラインナップする高性能なスポーツ向けモデル。IP65/IP68相当の高い防じん・防水性能を有しています。普段使いだけでなく、プールや雨の中などでも使用可能です。

また、本体には4GBの内蔵ストレージが搭載されています。スマホや音楽プレーヤーと接続しなくても本製品単体で音楽が楽しめるので便利です。イヤホン装着中でも周囲の音を聞き取りやすくする「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も搭載しています。

付属品として、より安定した装着感が得られる「アークサポーター」と左右のイヤホンを繋げられる「リーシュコード」が同梱。紛失の防止に役立つ便利なアイテムです。さらに、従来のイヤ―ピースに加え、水泳用イヤーピースも付属します。

ソニー(SONY) Xperia Ear Duo XEA20

ソニー(SONY) Xperia Ear Duo XEA20

ソニーが独自設計した耳をふさがないイヤホンです。音楽と同時に周囲の音を聞くことが可能な「デュアルリスニング」を実現。周りの人と話しながらでも使用でき、電車のアナウンスなどを聞き取りやすいのが魅力です。

従来の完全ワイヤレスイヤホンとは異なる独特な形状をしているのも特徴で、人間工学に基づいて設計された「下掛けスタイル」を採用しています。音漏れの低減にも工夫がされているので、電車内やオフィスなどでも安心して使用可能です。

先端のノズル部分が特殊な形状のため従来のようなイヤーピースではなく、本製品専用の「リングサポーター」が付属しています。カラーはブラックとゴールドの2色がラインナップ。従来のイヤホンとは異なる個性的な製品を探している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

ソニー(SONY) WF-SP700N

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載したスポーツモデルの完全ワイヤレスイヤホンです。周囲の音を気にすることなく、トレーニングやスポーツにのめり込むことが可能。IPX4の防滴性能も有しているので、突然の雨や水しぶき、汗などにも耐えられます。

また、迫力のある重低音が楽しめる「EXTRA BASS sound」にも対応。街中でのランニングや周囲に気を配る必要がある場面で役立つ「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も搭載しています。

付属品として、より高い装着性を実現する「アークサポーター」が同梱。激しい運動をしながら使用したいときなどに重宝します。カラーバリエーションは豊富な4色がラインナップ。便利な機能が満載で、普段使いからスポーツまで幅広い用途で使用できるおすすめ製品です。

ソニーのワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

ソニー(SONY) WI-1000XM2

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を謳うネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の搭載により、幅広い騒音を軽減できます。ネックバンドにはシリコン素材が採用されているので、柔らかく軽量なのも魅力。また、高音質コーデックの「LDAC」に対応しているのもポイントです。

手のひらサイズの専用キャリングケースも付属します。コンパクトに丸めて収納ができ、気軽に持ち運べるので便利。左側のケーブル部分には、音量の調節や通話の受話、終話などの操作ができるリモコンが搭載されています。

また、リモコンのカスタムボタンには、専用アプリ「Headphones Connect」から好みの機能を割り当てることが可能。連続使用時間はノイズキャンセリング機能をオンにした状態でも最大約10時間。一日中バッテリーを気にせず使用できます。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-XB400

ソニー(SONY) WI-XB400

「EXTRA BASS」シリーズにラインナップされている迫力のある重低音が魅力の製品です。カラーはブラックとブルーの2色がラインナップ。最大約15時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを搭載しているのも魅力のひとつです。

また、10分の充電で約60分使用できる急速充電にも対応しています。本体重量は約21gと軽量なので装着感も良好です。ハウジング部分にはマグネットが内蔵されているので、首にぶら下げておきたいときや持ち運びの際に重宝します。

操作は首元のリモコンから簡単に行うことが可能です。また、取り回しやすく絡まりにくいフラットケーブルが採用されているのも嬉しいポイント。価格が抑えめなので、少ない予算でも購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンです。

ソニー(SONY) オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D

ソニー(SONY) SBH82D

耳をふさがないオープンイヤースタイルのワイヤレスイヤホンです。音楽を聴きながらでも会話を楽しめ、外出先でも一日中身に着けていられます。

ソニー独自の音導設計により、耳をふさがない構造ながらも音漏れが軽減されるように工夫されているのもポイント。本体重量は約25.5gと軽量で、柔らかいネックバンドはコンパクトにまとめて収納ができます。

カラーはブラック・グレー・ブルーの3色を展開。どのカラーも落ち着いた色使いなので、さまざまなファッションやシーンにマッチします。また、耳をふさがない構造なので、長時間快適に使用できます。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N

ソニー(SONY) WI-C600N

同社独自開発の「高感度6mmダイナミックドライバー」を搭載したモデルです。圧縮された音源の表現されにくい高音域を補完する「DSEE」機能が採用。ノイズキャンセリング機能も搭載しており、周囲の環境に合わせて3つのモードから選択できる「AIノイズキャンセリング」に対応しています。

シリコン製の柔らかいフレキシブルネックバンドは首まわりに快適にフィット。また、ハウジング部分にマグネットが内蔵されており、使用しないときはそのまま首にぶら下げていられるので便利。連続使用時間は約6.5時間で、ノイズキャンセリング機能をオフにすれば約7.5時間の連続使用が可能です。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」にも対応しているので、イヤホンを外さずに人の声を聞きたいときや周囲に気を配りたいときなどに役立ちます。コーデックはSBCに加え、AACとapt-Xに対応。iPhoneとAndroid端末の両方で低遅延かつ高音質な音楽再生が楽しめます。

ソニー(SONY) 2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C

ソニー(SONY) SBH90C

BluetoothとUSB接続の2通りの接続方法に対応した製品です。USB Type-C端子を備えた専用のイヤホンケーブルで有線接続が可能。有線接続であれば、USBオーディオ出力によるハイレゾ音源の再生が楽しめます。

また、イヤホン端子が搭載されていないスマホと有線接続をしたいときにも便利です。さらに、USB接続であれば、スマホからの給電が可能なので、バッテリー切れを心配することなく使用できます。

Bluetooth接続のコーデックはSBCに加え、高音質で低遅延なAACとapt-Xにも対応。iPhone・Androidを問わず快適に使用できます。NFC対応のスマホであれば、ワンタッチで素早く接続が可能。シーンや環境に合わせて接続方法が切り替えられるおすすめの製品です。

ソニーの有線イヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB75AP

ソニー(SONY) MDR-XB75AP

小型ながらも高感度な「12mmドライバーユニット」を採用した有線イヤホンです。量感のある低音を実現する「ベースブースター」が搭載されているので、低音のグルーブ感をダイレクトに感じられます。

ケーブルは絡みにくく取り回しやすいフラットタイプを採用。持ち運びにも便利でストレスなく使用できます。イヤーピースには、2種類のシリコンを組み合わせた同社独自開発の「ハイブリッドイヤーピース」が付属。快適な装着感と高い遮音性を実現しています。

ケーブルにはリモコンが搭載されているので、音楽やハンズフリー通話の操作が可能。Xperia専用のアプリ「SmartKey」を使用すれば、リモコンのマルチファンクションボタンに好みの操作を割り当てられます。EDMやロックなどを迫力のある低音を楽しみたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) インイヤーモニター MDR-EX800ST

ソニー(SONY) MDR-EX800ST

ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発したモニターイヤホンです。16mm径の大口径なダイナミックドライバーユニットが搭載されています。ステージやスタジオでの使用を目的に作られたモデルなので、味付けのない原音に忠実なサウンドを鳴らします。

もちろん、音楽リスニングや動画視聴などの普段使いも可能。また、激しいパフォーマンスにも耐えられるように堅牢性にも優れています。ケーブルの耳にかける部分には「フレキシブルイヤーハンガー」を採用。耳の形に合わせて形状が変えられるので、安定した装着感を実現します。

本体に刻印された文字やラインが赤色と青色で分けされているので、一目で右と左を見分けることが可能。ケーブルの長さは、通常にイヤホンより少し長めな1.6mになっています。音楽制作などの用途で使用する方やモニターライクなサウンドを求めている方におすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-N3

ソニー(SONY) XBA-N3

9mm径のダイナミックドライバーと、バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載したハイブリッド型のイヤホン。原音の再現度も高く、高音から低音までバランスよく再生します。

また、ケーブルの配線材には、より滑らかな高音を実現する「銀コートOFCケーブル」を採用。ケーブルは着脱可能なので断線しても交換できるので安心です。ほかのケーブルに付け替えれば、さらなる高音質や音の変化を楽しめます。

イヤーピースには高い遮音性と快適な装着感を実現する「トリプルコンフォートイヤーピース」が付属。表面に細かい溝がある「セレーションケーブル」が採用されているので、絡みにくく取り回しも良好です。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-Z1R

ソニー(SONY) IER-Z1R

ダイナミックドライバー2基とバランスド・アーマチュア・ドライバー1基を搭載したハイブリッド型のイヤホンで、「空気感までも描き尽くす高音質」がコンセプトのフラグシップモデルです。

サウンドだけではなく外観にもこだわっており、フェイスプレートには高級腕時計にも用いられる鱗模様の「ペルラージュ加工」が施されています。ハウジングには「ジルコニウム合金」を採用。傷や錆にも強い優れた耐久性を有しています。また、金属アレルギーが起こりにくく、人の体に馴染みやすいのも特徴です。

製造は日本国内の工場で行われ、厳格な品質管理のもと、熟練の作業者が手作業で丁寧に組み立てます。耐久性の高いハードケースや4.4mmバランスケーブルなど付属品も豊富。高価な製品ではありますが、ソニーが手がける最高峰のサウンドが体験できます。

ソニー(SONY) USB Type-C(TM) ステレオヘッドセット STH50C

ソニー(SONY) STH50C

USB Type-C端子を採用したイヤホンです。USBオーディオ デジタル出力によるハイレゾ音源の再生に対応。9.7mm径の高感度ドライバーユニットは、メリハリのある低音を再現します。高いフィット感と音質の向上にも役立つ「ハイブリッドイヤーピース」が付属しているのもポイントです。

ケーブルにはボリュームの操作や通話の受話、終話が可能なリモコンが搭載されています。マイクからSiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントの呼び出しも可能。イヤホン端子を備えてないスマホなどでの使用にも最適です。