音楽を聴いたり、動画を視聴したりする際に欠かせない「イヤホン」。なかでも、ソニーのイヤホンはラインナップが多く、機能性の優れたモデルや音質の優れたモデルなど幅広く展開しています。

そこで今回は、おすすめのソニーのイヤホンをピックアップ。特徴やシリーズごとの魅力なども解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ソニーのイヤホンの特徴や魅力とは?

エントリーからハイエンドまで豊富なラインナップ

By: amazon.co.jp

ソニーのイヤホンの魅力は、ラインナップが豊富な点。エントリーモデルからハイエンドモデルまで揃っており、初心者の方や音質にこだわりたい方でも自分の用途に適したモノを見つけやすいのがメリットです。

また、ケーブルレスで快適に使用できるワイヤレスモデルや、音質の優れた有線モデルなども存在。価格差も幅広いので、予算に合わせて選ぶのもおすすめです。

老舗メーカーならではの高いクオリティ

By: amazon.co.jp

ソニーは、1946年に創業した老舗の総合電機メーカーです。オーディオ機器である「ウォークマン」の製造などで培った技術を活かし、老舗メーカーならではの高いクオリティを実現しています。

比較的リーズナブルな価格で購入できるエントリーモデルであっても、一定のクオリティを備えており、優れた音質をリスニング可能。ハイエンドモデルに関しては、プロも納得するような高音質なサウンドを楽しめます。

高性能な最新機能が満載

By: amazon.co.jp

ソニーのイヤホンは、高性能かつ最新機能を搭載したモデルを多数ラインナップ。さまざまな便利機能が存在するため、自分の用途に適した機能を備えているかチェックしましょう。

快適性を重視したい方は、周囲のノイズを低減してさまざまな環境で音楽に集中できる「ノイズキャンセリング機能」や、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「外音取り込み機能」などがおすすめです。

また、音質にこだわりたい方は、圧縮音源をハイレゾ相当の高音質でリスニングできる独自の「DSEE Extreme」を備えたモデルが適しています。

ソニーのイヤホンの人気シリーズ

ノイズキャンセリング機能を搭載した「1000Xシリーズ」

By: amazon.co.jp

機能性を重視したい方は「1000Xシリーズ」がおすすめ。1000Xシリーズは、業界でも最高クラスの「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているのが特徴です。

MP3やCDなどの圧縮音源を高音質でリスニングできる「DSEE HX」や「DSEE Extreme」を備えているのも魅力。さらに、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現できる「LDAC」コーデックにも対応しています。

機能性を重視したい方や音質を重視したい方におすすめのシリーズです。

迫力のある重低音が魅力の「EXTRA BASSシリーズ」

By: amazon.co.jp

迫力ある重低音を楽しみたい方は「EXTRA BASSシリーズ」がおすすめです。重低音とクリアな高音を両立しているのもポイント。また、完全ワイヤレスイヤホン・左右一体型イヤホン・有線イヤホンなど、幅広くラインナップされているのも魅力です。

ドライバーユニットから鼓膜までの気密性を高めて、正確なリズムの重低音を感じられる「ベースブースター」を備えたモデルも存在。なお、防水性能に対応したモデルなら、スポーツシーンでもパワフルなサウンドを楽しめます。

バランスのよいサウンドが楽しめる「XBAシリーズ」

By: amazon.co.jp

バランスのよいサウンドを楽しみたい方は「XBAシリーズ」がおすすめ。高価な有線イヤホンに多く、優れた高音質サウンドをリスニングできるのがメリットです。

ダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュア・ドライバーを合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を採用。さらに、ハイレゾ再生にも対応しており、原音の音色も忠実に再現できます。

音質にこだわりたい方はもちろん、細部まで鮮明にリスニングしたい方にもおすすめです。

ランニングにおすすめの「SPシリーズ」

By: amazon.co.jp

ランニングやジムトレーニングなどスポーツシーンで使いたい方は「SPシリーズ」がおすすめ。SPシリーズは、防水・防塵性能を備えているモノが多く、汗や雨に濡れても安心して使用できます。

安定した装着感を得られる「アークサポーター」を搭載しており、激しく動いても外れにくいのがメリット。また、周囲の音が聞き取りやすい「インイヤー(開放型)」を採用したモデルも展開しているため、ランニングなど屋外で使う頻度が多い方はチェックしてみてください。

プロも使う「モニターシリーズ」

By: sony.jp

本格的なサウンドを楽しみたい方は、プロも使用する「モニターシリーズ」をチェック。ありのままの原音を忠実に再現しやすいのがメリットです。

プロのステージやスタジオなどでの使用に適しており、優れた耐久性を実現しているのもポイント。繊細な音をリスニングできるイヤホンを探している方におすすめのシリーズです。

ソニーのイヤホンおすすめモデル|完全ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

優れたノイズキャンセリング性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。飛行機やバスなど幅広い帯域のノイズを低減できるのが特徴。さまざまな環境下で音楽を楽しみたい方におすすめです。

ワイヤレスながらハイレゾ音質で楽しめる「LDAC」コーデックに対応しているのもメリット。さらに、圧縮音源をハイレゾの高音質で再生できる「DSEE Extreme」も搭載しています。

イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込める「外音取り込み機能」を備えているのもポイント。また、高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、高品質な通話が可能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-XB700

迫力ある重低音とクリアな高音を両立した「EXTRA BASSシリーズ」の完全ワイヤレスイヤホンです。高い接続安定性を実現できる「左右同時伝送方式」を採用。映像と音のズレも低減可能です。

IPX4相当の防水性能を備えており、汗や雨に強いのも魅力のひとつ。人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しており、安定した装着感を実現しています。

イヤホン単体で9時間、充電ケースと合わせて18時間再生できるロングバッテリーを内蔵。また、10分の充電で60分再生できる「クイック充電」に対応しているので、バッテリー残量を気にせず音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N

スポーツシーンに適した「SPシリーズ」の完全ワイヤレスイヤホンです。量感のある重低音を正確なリズムで再生できる「EXTRA BASSサウンド」に対応。アプリと連携することで、自分好みの音質にカスタマイズできます。

音に包まれるかのような「360 Reality Audio」に対応しているのも魅力のひとつ。加えて、ノイズキャンセリング機能・外音取り込み機能を備えているので、屋外でのランニングや屋内でのトレーニングなど幅広いシーンに対応できます。

IP55相当の防水・防塵性能を備えており、汗や雨で濡れても安心。激しく動いても外れにくい「アークサポーター」を搭載しているので、安定した装着感を実現しているイヤホンを求めている方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット LinkBuds S

小型・軽量設計で長時間でも快適に音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。耳の凹凸に干渉しにくい「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用。優れた装着安定性と快適性を実現しています。

優れた性能の外音取り込みモードを搭載しており、「ながら聴き」できるのも魅力。また、ノイズキャンセリング機能も備えているので、さまざまな環境で音楽に没入できます。

ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめる「LDAC」コーデックの対応や、圧縮音源をハイレゾ音質で楽しめる「DSEE Extreme」の搭載など高音質機能が充実。コンパクトで使いやすい高音質モデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-C500

低音域から高音域までバランスの取れた音質を実現できる完全ワイヤレスイヤホンです。圧縮音源の失われがちな高音域を補完できる独自の「DSEE」を搭載。自然で広がりのあるサウンドを再生できます。

コンパクトかつ軽量設計を実現しており、長時間快適に音楽を楽しめるのが特徴。また、重量約35gと充電ケースも軽量なので、持ち運びしやすいイヤホンを探している方におすすめです。

ソニーのイヤホンおすすめモデル|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

優れたノイズキャンセリング機能を搭載しているネックバンド型イヤホンです。周囲が騒がしくても音楽に集中しやすいのが特徴。また、周囲の状況を把握しながら音楽をBGM感覚で楽しめる「外音取り込み機能」も備えています。

ワイヤレスながらハイレゾ音質を実現できる「LDAC」コーデックに対応しているのも魅力のひとつ。加えて、さまざまな圧縮音源を高音質にアプスケーリングできる「DSEE HX」も搭載しています。

ダイナミックドライバーユニットとバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載。低音から高音までワイドレンジ再生を実現しています。音質・機能性の優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-XB400

迫力ある重低音を楽しめる「EXTRA BASSシリーズ」の左右一体型イヤホンです。重低音に加えて、クリアな高音を再生できるのが特徴。さらに、iPhoneなどで高音質・低遅延を実現できるAACコーデックにも対応しています。

最大15時間連続で再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。10分の充電で60分再生できる「クイック充電」に対応しているのも嬉しいポイントです。

重さ21gと軽量設計なため、快適な装着感を実現しているのもメリット。また、比較的リーズナブルな価格なので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP500

スポーツシーンでの使用に適した「SPシリーズ」の左右一体型イヤホンです。「インイヤー(開放型)」を採用しており、周囲の音を聞きながら音楽を楽しめるのが特徴。イヤホンを装着したまま人とコミュニケーションを取ったり、安全に配慮して使用できたりします。

IPX4相当の防滴性能を備えているため、汗や雨に強いのもメリット。また、耳に合わせた形状のイヤーチップを採用しているので、激しい運動下でも外れにくく、快適に音楽を楽しみたい方におすすめです。

最大8時間再生できるバッテリーを内蔵。さらに、iPhoneなどで高音質・低遅延を実現するAACコーデックに対応しているのもポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C400

最大20時間連続再生できるロングバッテリーが魅力のネックバンド型イヤホンです。ケーブルの長さを調節できる「ケーブルマネジメント」に対応。使わないときはストッパーでネックバンドに収納できます。

高磁力ネオジウムマグネットを搭載しており、クリアな中高音とパワフルな低音を再生できるのもポイント。また、音漏れに配慮された設計なので、周囲に人がいる環境でも気兼ねなく音楽を楽しめます。

スマホの着信を振動で知らせてくれる「バイブレーション機能」を備えているのもメリット。外出時にバッテリー残量を気にせず、イヤホンを使用したい方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C200

比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパの優れた左右一体型イヤホンです。1回の充電で連続15時間再生できるロングバッテリーを内蔵。わずか10分の充電で60分再生できる「クイック充電」にも対応しています。

パワフルな低音とクリアな中高音を両立する高磁力ネオジウムマグネットを搭載しているのもメリット。また、ハウジングが耳にフィットするデザインなので、快適な装着感を実現しています。

イヤホンにはマグネットを備えており、使わないときはネックレスのように首元で固定可能。加えて、周囲のノイズを低減できるマイクを内蔵しているので、高品質なハンズフリー通話ができます。初めてワイヤレスイヤホンを購入する方にもおすすめです。

ソニーのイヤホンおすすめモデル|有線(1万円以下)

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55

迫力ある重低音サウンドをリスニングできるソニーの有線イヤホンです。小型かつ高感度な独自開発の12mmドライバーユニットを搭載。さらに、高磁力ネオジウムマグネットを備えているため、歪みの少ない再生を実現できます。

ドライバーユニットから鼓膜への気密を高めつつ、低域の振動板の動作を最適化する「ベースブースター」を搭載。重低音を正確なリズムでダイレクトに感じられます。

耳の奥までしっかり装着でき、優れた遮音性を備えている「アングルドイヤーピース方式」を採用。また、絡まりにくいセレーションケーブルを搭載しているので、快適に持ち運べます。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX15LP

シンプルながら基本性能が充実しているソニーの有線イヤホンです。空気の通気量を調節する孔を小さくした構造で、音漏れしにくいのが特徴。周囲を気にせず音楽を楽しめます。

高磁力ネオジウムマグネットを搭載しており、クリアな中高音やパワフルな低音を再生可能。また、絡まりにくいセレーションコードを採用しているので、快適に持ち運べるのもメリットです。

豊富なカラーバリエーションをラインナップしているのもポイント。比較的リーズナブルな価格のため、初めてソニーのイヤホンを購入する方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX255AP

リモコンにマルチファンクションボタンとマイクを内蔵した、ソニーの有線イヤホンです。スマホを取り出さずにハンズフリー通話や音楽再生などを操作できるのが特徴。Xperia専用の「SmartKeyアプリ」を使用すれば、リモコン操作を好みにカスタマイズできます。

独自開発の12mmドライバーユニットを搭載しており、バランスの取れたサウンドを再生できるのもメリット。加えて、音漏れを低減できる仕様なので、外出先でも周囲を気にせず音楽を楽しめます。

4サイズのイヤーピースを同梱しているので、自分好みのフィット感にカスタマイズできるのもポイント。また、優れた装着感と高音質を両立できる「アングルドイヤーピース構造」を採用しています。

ソニー(SONY) ステレオイヤーレシーバー MDR-AS210

スポーツシーンでの使用に適したソニーの有線イヤホンです。激しい運動中でも外れにくい「ループハンガー機構」を採用。耳の形状にフィットするように調節できるため、耳への負担も軽減できます。

汗や雨などからイヤホンを保護できる防滴仕様で、安心して使用できるのも魅力のひとつ。さらに、スポーツウェアなどにコードをとめておけるクリップを付属しているので、運動中でもコードが邪魔になりにくいのもメリットです。

ソニー(SONY) スマートフォン対応密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX650AP

スマホで快適な操作性を実現しているソニーの有線イヤホンです。ハウジングと音導管に真鍮を採用。不要な振動を軽減でき、鮮やかなサウンドを再生できるのが特徴です。

ハウジング上にポートを設けており、振動板の動作を最適化する「ビートレスポンスコントロール」を搭載。正確なリズムで低域をリスニングできます。

ハンズフリー通話ができるマイク・音楽操作ができるリモコンを備えているのもメリット。スマホを取り出さず、さまざまな操作に対応できます。

高音質と快適な装着感を両立できる「アングルドイヤーピース方式」を採用。真鍮の採用により高級感があるので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ソニーのイヤホンおすすめモデル|有線(1万円以上)

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-Z5

バランスのよいサウンドを楽しめる「XBAシリーズ」の有線イヤホンです。16mmのダイナミックドライバーユニットと、バランスド・アーマチュア・ドライバーユニット2基を組み合わせた「HDハイブリッド3ウェイドライバー」を採用。ワイドレンジにわたってハイレゾ音源特有の空気感を再現できます。

空間表現を忠実に再現できる「360 Reality Audio」に対応しているのも魅力のひとつ。また、耳にあわせて形状を自由に変えられる「アジャストフリーイヤーハンガー」を採用し、快適かつ安定した装着感を実現できます。

振動や電気的な干渉を低減して繊細な高音を再生できる「高音質ネットワーク回路」を備えているのもポイント。加えて、持ち運びしやすいキャリングケースを付属しているので、外出先で使う機会が多い方にもおすすめです。

ソニー(SONY) インイヤーモニター MDR-EX800ST

プロ向けに開発された「モニターシリーズ」の有線イヤホンです。大口径16mmダイナミックドライバーユニットを搭載しており、スタジオ品質のモニタリング性能を実現しています。

耳の形状に合わせて調節できる「フレキシブルイヤーハンガー」を備えているのもメリット。優れた装着性を実現でき、長時間でも快適に使用できます。

最大500mWの高耐入力を備えており、ライブステージなどハードな使用に耐えられるのもポイント。原音に忠実なサウンドを求めている方におすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-N3BP

原音の音色をそのまま再現できるソニーの有線イヤホンです。9mmダイナミックドライバーと、バランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載。高解像度な高音域はもちろん、低音域から中音域にかけたバランスも優れています。

クリアな中高音再生を実現できる「真鍮音導管」を採用しているのもポイント。さらに、重低音のリズムを正確に再現できる「ビートレスポンスコントロール」も備えています。

優れた遮音性と快適な装着性を実現できる「トリプルコンフォートイヤーピース」を採用しているのもメリット。汚れても水洗いできるので、清潔な状態をキープしやすいイヤホンを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-Z1R

スタイリッシュなデザインが印象的な有線イヤホンです。素材にジルコニウム合金を採用しているのが特徴。さらに、高級時計にも用いられる「ペルラージュ加工」が施されているので、高級感のあるデザインが好みの方にもおすすめです。

優れた音の分離感を実現できる「リファインドフェイズ・ストラクチャー」を備えているのもメリット。また、3つの異なるドライバーを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載しており、沈み込む低音域と繊細な中高音域を両立しているのが魅力です。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-M7

4基のバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを搭載した有線イヤホンです。それぞれのドライバーが低音域・中音域・高音域をカバーするため、ボーカルや楽器のバランスなども正確に把握できます。

自然な高音を忠実にリスニングできる「オプティマイズドサウンドパス構造」を採用しているのも魅力のひとつ。さらに、伸びのある中高音を再生できる真鍮を音導管に使用しています。

ノイズブロック構造を採用しており、優れた遮音性を実現しているのもメリット。周囲が騒がしい環境でも高音質サウンドをリスニングできます。また、13種類のイヤーピースを同梱しているので、自分好みのフィット感にカスタマイズ可能です。

ソニーのイヤホンの売れ筋ランキングをチェック

ソニーのイヤホンのランキングをチェックしたい方はこちら。