国内はもちろん、海外でも高い評価を得ているソニーのオーディオ機器。イヤホンにおいては幅広い価格帯のアイテムを取り揃えており、エントリー機からプロ仕様のハイエンドモデルまでラインアップが豊富です。

ソニーのイヤホンはワイヤレス接続可能なBluetoothや高音質のハイレゾなどの最新規格にも対応している製品が多く、いずれも業界最高レベルの技術と性能を誇っています。そこで今回は、おすすめイヤホンを特長別に整理してご紹介します。

ソニーのおすすめ高音質イヤホン

ソニー(SONY) ハイレゾ対応 カナル型イヤホン XBA-N3

商品価格 ¥ 32,468

ハイレゾ対応のXBA-N3はソニーを代表する高音質イヤホン。バランスド・アーマチュア(BA)型ドライバー1基とダイナミック型1基によるハイブリッド構成で、再生周波数は3~40000Hzの超ワイドレンジをカバーしています。

外磁型磁気回路を採用することにより、ハイクオリティな低音を再現できるのが特長。液晶ポリマー振動板による細やかなサウンドは秀逸です。コンパクトボディかつ装着性のよさも好評。満足度の高いアイテムを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) バランスド・アーマチュア型イヤホン XBA-100

商品価格 ¥ 6,820

XBA-100はBA型ユニット1基の高音質イヤホン。独自開発したリニアドライブバランスド・アーマチュアによって、透明感のある中高音が特長です。不要な振動を抑制する真鍮ハウジングも相まって、心地よいサウンドを楽しめます。

光沢のある真鍮ボディをシンプルなデザインで仕上げた逸品。卓越したボーカル帯域を誇るアイテムなので、歌詞の音色に酔いしれたい方は要チェックです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン ケーブル着脱式 MDR-EX1000

商品価格 ¥ 36,605

MDR-EX100はクオリティの高いダイナミック型イヤホン。ソニーが培ってきた技術やノウハウを注ぎ込んだ逸品です。独自開発した液晶ポリマーフィルム振動板を採用し、原音に忠実なサウンドが堪能できます。

大口径16mmドライバーユニットにより幅広い音域にも高レベルで対応。マグネシウム合金ハウジングにより、大きめのサイズ感ながら8gと軽量です。耳かけ部も装着性と肌触りのよさも好評。自然なサウンドかつ、長時間の使用でも聴き疲れしにくいのもポイントです。

ソニーのおすすめBluetoothイヤホン

ソニー(SONY) ハイレゾ Bluetooth LDAC 対応イヤホン MDR-EX750BT

商品価格 ¥ 20,300

MDR-EX750BTはBluetooth対応ながら、クオリティの高い音質を誇るイヤホン。スムーズにデータを伝送できるLDACコーデックやハイレゾを存分に堪能できる40kHz再生周波数にも対応しています。

外磁型磁気回路を採用したユニットによって、力強さの中にも緻密さを感じるサウンドが楽しめます。また、装着性のよいネックバンドも好評。使用していない時は首からぶら下げることができる点もポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン 防水/スポーツ向け MDR-XB80BS

商品価格 ¥ 13,560

MDR-XB80BSは水洗いができるほどの防水性を誇るBluetooth対応のイヤホン。通勤通学はもちろん、ランニングなどのスポーツシーンでも高音質のサウンドを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

フレキシブルイヤーフックと、ケーブル長調整アジャスターを備えた耳かけ式による強固な装着性により、激しい動きでも外れにくいのが特長。LDACコーデックやAAC、aptXにも対応しているので、汎用性の高いアイテムを探している方は要チェックです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン 防滴/スポーツ向け MDR-XB50BS

商品価格 ¥ 6,753

Bluetooth対応ながらリーズナブルな価格が魅力のMDR-XB50BS。CCAWボイスコイルを採用した大口径12mmドライバーによる高品質の重低音が特長です。

安定した通話を可能にするHD Voiceによって、ハンズフリー通話機能もストレスなく使えます。AACコーデックにも対応するのでiPhoneとの相性も良好。汗で濡れる程度の防滴にも対応します。

ソニーのおすすめハイレゾ対応イヤホン

ソニー(SONY) ハイレゾ対応 カナル型イヤホン h.ear in MDR-EX750

商品価格 ¥ 6,840

ハイレゾ対応のエントリーモデルと言えるMDR-EX750。独自開発した小口径9mmダイナミック型ドライバーや振動板の形状などにより、ハイレゾ対応の広帯域をカバーしています。

また、アルミニウムハウジング採用による質の高い明瞭なサウンドを楽しめる。ハイレゾを気軽に聴いてみたいが、イヤホンにはそこまでコストをかけたくない方におすすめです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応 カナル型イヤホン XBA-300

商品価格 ¥ 22,510

3基のBA型ユニットを搭載した高品質イヤホン。振動板にアルミニウム合金を採用したHDスーパーツイーターにより、BA型でハイレゾ対応40kHz再生に対応しています。

イヤホンの強度を保ちながらも内径を拡大するために真鍮製音導管を採用。これにより、クリアで伸びのある中高音を堪能できます。ワイドレンジという可聴帯域内の充実が、このイヤホンの特長です。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応 ハイブリッド3ウェイイヤホン XBA-Z5

商品価格 ¥ 59,860

ドライバーに16mm径のダイナミック型ユニット1基とBA型2基を採用したハイブリッド型のイヤホンXBA-Z5。アルミニウムコートLCP振動板により、エフェクトを抑えた高音質を実現し、スーパーツイーターの効果で40KHzのハイレゾにも対応します。

耳の裏にコードを回して引っ掛けて装着するハンガータイプのイヤホンは好き嫌いが分かれるところですが、イヤーピースには発泡シリコンを使用しており、安定した装着感と遮音性はポイントです。

ソニーのおすすめノイズキャンセリングイヤホン

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

商品価格 ¥ 6,435

ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetooth対応のワイヤレスイヤホン。騒音を分析して最適な騒音低減を自動選択するAIノイズキャンセリング機能により、周囲からの騒音を約98%もカットします。

ワイヤレスとノイズキャンセリングを兼ね備えたイヤホンながら、1万円を下回る価格帯は魅力。使い勝手のよいエントリーモデルをお探しの方におすすめです。

ソニー(SONY) ノイズキャンセリングイヤホン h.ear in NC MDR-EX750NA

商品価格 ¥ 17,406

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載したハイレゾ対応のイヤホン。ヘッドホンの内側と外側のセンサーが周囲のノイズを集音し、騒音を打ち消す効果のあるサウンドを発する機能がウリです。

EX750NAは3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適した周波数を自動で選択。街中やカフェなど異なるシーンの騒音を変化に応じて処理してくれるので、常に最適な環境でクリアなサウンドを楽しめます。

ソニーのおすすめ重低音イヤホン

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-XB50

商品価格 ¥ 3,000

リーズナブルな価格帯ながら重低音をケアしたイヤホン。振動板の動作を最適化したベースブースターと高磁力ネオジウムマグネット、ロングボイスコイルを採用することにより、メリハリのあるサウンドが楽しめます。

低音と高音を際立たせたテイストに仕上がっているので、ロックなどのミュージックサウンド重視の音を手軽に楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-XB70

商品価格 ¥ 4,725

重低音に寄ったサウンドを発するMDR-XB70。12mm径のダイナミック型ユニットや独自のベースブースター、切削アルミニウムハウジングの大型化によって深みのある低音とクリアな中高域を楽しめます。

耳の穴の角度を意識したアングルドイヤーピース方式を採用することによって、奥までしっかり装着できる点もポイント。高音質と装着感を両立しつつも、リーズナブルな価格帯が魅力のイヤホンです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン XBA-40

商品価格 ¥ 12,958

4基の小型ドライバーを搭載したイヤホン。低音から高音まで幅広い音域をカバーするサウンドクオリティはもちろん、ノイズブロック構造により音漏れも低減してくれるのが特長です。

また、2種類のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースもポイント。芯の部分は硬く、外側はやわらかくすることで快適な装着感が持続します。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは言わずと知れた世界的大企業。オーディオ分野では「音楽を携帯して聴く」という革新的なリスニングスタイルを確立した「ウォークマン」がメーカーを象徴するアイテムとして知られています。

市場に流通している数多くの製品ラインナップが象徴しているように、ソニーが培ってきた技術やノウハウは脈々と継承され、現在に至っています。

ソニーの特長

By: amazon.co.jp

歴代のソニー製品を思い返してみると、「世界最小」や「最軽量」、「世界初」などセンセーショナルなキャッチコピーが数多く登場します。技術革新が著しいソニーの揺るぎないブランド力は、名実ともに信頼度の高いクオリティを保っています。

現在でもそれは変わらず、海外メーカーが消極的なハイレゾにもソニーは邁進しており、オーディオ業界を牽引する存在感の大きさはブランド力の高さを象徴しています。

イヤホンにおける特長

By: amazon.co.jp

現在のソニーのイヤホンの特長にはハイレゾが大きく影響しています。対応する製品の中にはハードルの高い40kHz再生という規格をクリアしているものが多く、きめ細やかさとワイドレンジ性を両立したハイレゾサウンドを存分に堪能できるアイテムをユーザーに届けています。

また、ハイレゾ相当の情報量を伝送可能なBluetoothコーデック規格・LDACを独自に開発。音質劣化が課題だったBluetoothを一気に高音質化しました。ソニーの技術が注ぎ込まれたLDAC内蔵イヤホンも大きなアドバンテージです。

ソニーがおすすめなユーザって?

By: amazon.co.jp

ソニーはハイレゾやBluetoothなどの規格にも積極的に対応しています。また、イヤホンはワイドレンジな高音質の割に本体が小さめなのも特長。イヤホンが大きくなるほど装着の違和感は増すので、軽快な装着性は重要なポイントです。

ユーザーの需要に応える形でエントリー機からハイエンドモデルまで豊富にラインナップが揃っているのがソニーの特長。イヤホンに対して品質や最新のトレンドに見合った製品を求めている方は特におすすめです。