日本の大手電機メーカーである「ソニー」が販売するイヤホンは、優れた品質と快適な使い心地で、幅広い層から高い人気を得ています。製品数が豊富なのも特徴のひとつ。普段使いからスポーツ、プロの現場に至るまで幅広いニーズに応えられる豊富なラインナップが展開されています。

そこで今回は、おすすめのソニーのイヤホンをタイプごとにご紹介。特徴や選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ソニーのイヤホンの特徴

エントリーからハイエンドまで豊富なラインナップ

By: sony.jp

ソニーのイヤホンは、数千円で購入できる低価格なモデルから、プロの現場でも使用される高価なハイエンドモデルまで幅広く揃っています。ハイレゾ音源の再生に対応したモデルも豊富です。

用途や性能ごとにシリーズ分けされているので、自分に合ったモデルを見つけやすいのもポイント。例えば、「EXTRA BASS」シリーズは、迫力のある重低音が特徴で、ロックやEDMを好んで聴く方に適しています。

「SPORTS」シリーズはその名の通り、スポーツやトレーニングをしながらでも快適に使用できるモデル。防水性能が高く、雨や汗に強いのが特徴です。そのほか、豊富なカラーバリエーションが揃う「h.ear」シリーズや、原音を忠実に再現する「モニター」シリーズなどがラインナップされています。

老舗メーカーならではの高いクオリティ

By: sony.jp

ソニーは1946年に創業した日本の大手企業です。テープレコーダーやトランジスタラジオを日本で初めて開発するなど、創業当初からオーディオ機器の製造や開発を数多く行ってきました。

そのなかでも1979年に販売が開始された「ウォークマンシリーズ」は、世界中で高い評価を得ている人気の製品です。1982年には、世界初のインナーイヤーヘッドホン「MDR-E252」を発売。直接耳に引っ掛けるという画期的なアイデアはまたたく間に世界中に広がりました。

以降、さまざまなメーカーがイヤホンを販売。現在では数えきれないほどの製品が世に出回っており、選択肢は豊富です。老舗メーカーならではの信頼性とクオリティの高さから、現在でも根強い人気を誇っています。

高性能な最新機能が満載

By: sony.jp

便利な最新機能が搭載されているのもソニーのイヤホンならではの特徴です。ほかのメーカーの製品にはない最新技術の導入にも積極的。特にワイヤレスモデルは機能が豊富なので、高い利便性を求める方におすすめです。

例えば、イヤホンを外さなくても周囲の環境を取り込める「クイックアテンションモード」は、とっさに話しかけられたときや電車のアナウンスを聞きたいときなどに役立ちます。高音質技術「DSEE HX」はCD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の音質にアップスケーリングして再生可能です。

また、同社から販売されているウォークマンやXperiaシリーズのスマホを使用している方は、機能をフルに活用できます。

ソニーイヤホンの選び方

ノイズキャンセリング機能をチェック

By: sony.jp

イヤホン内の特殊なマイクで集めた騒音に逆位相の音をぶつけることで、邪魔な騒音を軽減できる「アクティブノイズキャンセリング機能」。ソニーのワイヤレス製品の多くに搭載されています。

人の話し声や環境音などの雑音を聞こえにくくするので、より音楽に没頭できるのがメリット。通勤通学中の電車の中や人が多く行きかう場所などで重宝します。ただし、ノイズキャンセリング機能を有効にしていると、より多くのバッテリーを消費するので注意が必要です。

ソニーは独自にノイズキャンセリングプロセッサーを開発するなど、積極的にノイズキャンセリング機能を導入しています。性能の高さにも定評があり、より快適なリスニング環境が得られるのも魅力です。

スポーツでの使用なら防水性能をチェック

By: sony.jp

電気製品の防水性能を表す際に多く用いられる「IP規格」。「IP56」などのように表記され、1ケタ目の数字が防じん性能を表し、2ケタ目の数字が防水性能を表します。

防じん性能は0~6まで、防水性能は0~8までの等級が用意されており、数字が大きくなるほど高い防じん・防水性能を発揮。どちらか片方が未対応の場合は「IPX8」などのように、「X」が用いられます。特にスポーツをしながらでの使用を検討している方は、IP規格に対応したモデルがおすすめです。

「IPX8」相当の高い防水性能を有していれば、水中での使用も可能。ソニーからも防水性能に優れたイヤホンが複数販売されており、主に「SPORTシリーズ」にラインナップされているモデルが対応しています。

音質にこだわるならハイレゾ対応モデルを選ぼう

By: sony.jp

ハイレゾは「ハイレゾリューションオーディオ(High-Resolution Audio)」の略で、CDを超える情報量をもった高解像度な音楽データのことです。原音をデジタル化したときの情報量が多いほど高音質になり、音源にもよりますがハイレゾはCD音源の約3~6.5倍の情報量を有しています。

フォーマットには「FLAC」「WAV」「ALAC」などを用い、高音質な分、1曲あたりのデータ容量が大きいのも特徴のひとつ。ハイレゾ音源を本来のクオリティで再生するためには、ハイレゾ対応の再生機器を使用する必要があります。

ソニーはハイレゾ音源の再生に対応したイヤホンを数多くラインナップ。より原音に近い空気感や臨場感がハイレゾの魅力です。また、同社の高音質技術「DSEE HX」に対応したモデルであれば、ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で音楽が楽しめます。

ワイヤレス接続では対応コーデックをチェック

By: sony.jp

ワイヤレスイヤホンをスマホなどのデバイスと接続するときに用いる無線通信規格のBluetooth。Bluetoothで音声データのやり取りをする際の圧縮方式を「コーデック」といい、音質と遅延に関わる重要な要素です。受信・送信側ともに全てのBluetooth機器は、基本となる「SBC」というコーデックに対応しています。

SBCのほかには、主にAndroid端末で使用される「apt-X」や、iPhoneなどのiOS端末で使用される「AAC」などが存在。apt-XやAACは、SBCよりも高音質かつ低遅延でデータの転送が可能です。ただし、性能を発揮するためには、受信、送信側ともに同じコーデックに対応している必要があります。

購入前にイヤホンと接続するデバイスの対応コーデックを確認しておきましょう。また、さらに低遅延でのデータ転送が可能な「apt-X LL」やソニーが独自開発した高音質コーデック「LDAC」なども存在します。

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

高性能なワイヤレス製品を多くラインナップする「1000X」シリーズの完全ワイヤレスイヤホン。同社独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」を搭載し、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を誇ります。幅広い帯域のノイズを低減するので、集中して作業したいときなどに便利です。

人間工学に基づいた耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用。物理的にもノイズを防ぎ、安定して外れにくいのが特徴です。さらに、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り入れる「クイックアテンションモード」を搭載しており、音楽を聴きながらも会話を楽しめます。

ハイレゾ相当の高音質を実現する「DSEE HX」に対応。CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完し、迫力のある音質を楽しめます。大容量のバッテリーも魅力のひとつ。本体と充電ケースを合わせれば約24時間使えるので、こまめに充電するのが面倒な方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホンWF-XB700

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホンWF-XB700

雨や汗に強い防滴性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。IPX4相当の優れた生活防水により、外出中の突然の雨やスポーツやダンスで汗をかいても、安心して音楽を楽しめるのが特徴です。

また、迫力のある重低音とクリアな高音を両立した「EXTRA BASSサウンド」も魅力のひとつ。本体の左右側それぞれがプレーヤーからのBluetooth信号を同時に伝送することで、高い安定性を実現します。

最大9時間の連続使用が可能な大容量バッテリーもポイント。充電ケースで充電すれば合計18時間使用できるので、外出先でバッテリー残量を気にする必要がありません。また、10分の充電で最大60分使える「クイック充電」にも対応。コンパクトで持ち運びもしやすいので、ランニングなどスポーツをする方におすすめです。

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

ソニー(SONY) h.ear in 3 Truly Wireless WF-H800

ハイレゾ級の高音質が楽しめる高性能な完全ワイヤレスイヤホン。「DSEE HX」の搭載により、CDやMP3などの圧縮音源、音楽や動画などのストリーミングも音を補完して高音質を実現します。

本体の左右側それぞれにプレーヤーからのBluetooth信号を同時に伝送する「左右同時伝送方式」を採用。接続の安定性が向上し、動画の遅延なども大幅に低減します。

本体だけで最長8時間使える大容量バッテリーを搭載。充電ケースで充電すれば最大16時間バッテリーが持続するので、外出先でもバッテリー残量を気にせず使えます。さらに、ツートンカラーが特徴的な5つのカラーバリエーションも魅力のひとつ。男女問わず違和感なく使えるので、幅広い層から人気を集めています。

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP800N

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP800N

迫力ある重低音を楽しめる防水対応スポーツモデルの完全ワイヤレスイヤホン。独自のノイズキャンセリングを搭載しており、余計なノイズをカットしてスポーツに集中できます。

また、「外音取り込みモード」に変更することで、周囲の音も聞ける安全設計です。さらに、IP55相当の防じん・防水性能を採用。スポーツ時に汗や雨に濡れても安心です。

ノイズキャンセリング機能OFFの場合、最大13時間の連続使用ができる大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。充電バッテリーと合計すると最長26時間バッテリーが持続します。10分の充電で最大60分の再生が可能な「クイック充電」にも対応しているので、充電をよく忘れてしまう方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900

防水かつ本体にストレージを搭載した高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。カラーバリエーションが豊富でブラック・ホワイト・イエローの三色から選択可能。さまざまなファッションに合わせやすいため、幅広い層から人気を集めています。

IP65/IP68相当の防じん・防水性能を備えているので、雨の中や水中でも安心して使用可能。本体をつなげる「リーシュコード」が付属しているため、着用時の紛失を予防できます。

4GBのストレージを内蔵しているのも魅力のひとつ。本体だけで約920曲を取り込めるので、オーディオプレーヤーがなくても手軽に音楽を楽しめます。また、屋外のランニング時に便利な「外音取り込みモード」を搭載しているのもポイント。ON/OFFで切り替えられるので、集中したいときなどシーンによって使い分けられます。

ソニーのワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C310

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C310

リーズナブルながら上質なデザインを実現したワイヤレスイヤホン。最大15時間の連続再生に対応した大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴です。

また、10分の充電で最大60分の音楽再生が可能な「クイック充電」にも対応。充電し忘れてもすぐに使えるので便利です。首回りのバランスがよい形状で安定した装着を実現。イヤー部分にマグネットが搭載されているので、肩にかけている際の紛失を予防できます。

「光沢加工ハウジング」で上質な質感を再現。4色のカラーバリエーションから選べるのでファッションに合わせやすいのもうれしいポイントです。ケーブルには、絡まりにくい「フラットケーブル」を採用。持ち運んで屋外で使いたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2

ハイレゾ対応で高音質を楽しめる多機能なワイヤレスイヤホンです。同社独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」と「ディアルノイズセンサーテクノロジー」の採用により、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を実現。低音から中音まで幅広い帯域のノイズを大きく低減するため、作業に集中したい方におすすめです。

また、LDAC対応でワイヤレスながらハイレゾの再生ができるのも魅力のひとつ。DSEE HXの搭載により、CDやMP3、ストリーミングなどさまざまな圧縮音源もハイレゾ級の高音質で楽しめます。

最大10時間の大容量バッテリーを内蔵しているのもうれしいポイント。長時間の外出でもバッテリー切れしにくいのが魅力です。10分の充電で80分の再生が可能な「クイック充電」機能により、充電し忘れにも対応できます。コンパクトな収納ケースも付属しているので、持ち運んで使用したい方にもピッタリのモデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

ソニー(SONY) ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

音楽を聴きながら会話も楽しめるリーズナブルなワイヤレスイヤホン。オープンイヤー型で耳を完全に塞がないため、通勤・通学中に友人と会話をしつつ自分だけのBGMを楽しめます。本体重量が25.5gと軽量設計な点も魅力のひとつ。ネックバンドも柔らかく、首にかけていても疲れにくいので、長時間使用する予定の方におすすめです。

最大7.5時間の連続再生に対応した大容量バッテリーも魅力のひとつ。長時間の外出でもバッテリー残量を気にせず使えるので非常に便利です。また、イヤー部分は多くの耳の形にフィットする「下掛けスタイル」を採用。耳への負担も少なくメガネとの干渉が少ないのも利点です。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C200

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C200

最大15時間のリスニングが可能でコスパ良好のワイヤレスイヤホンです。10分間の充電で60分の連続再生が可能な「クイック充電」に対応。充電を忘れがちな方でも安心して使用できます。

また、首回りのバランスがよい形状で安定した装着感を実現。耳に沿うハウジング形状により耳にフィットしやすいので、ウォーキング時も外れにくいのが特徴です。

イヤー部分にはマグネットが搭載されており、イヤホンをまとめられるので携帯時に便利です。首元には簡単操作ができるリモコンを搭載。首元のボタンで音楽再生や一時停止、電話の受話や終話の操作ができます。リーズナブルなので、手軽に購入できるモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-XB400

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-XB400

迫力ある重低音を楽しめる高性能なワイヤレスイヤホン。量感の重低音とクリアな高音を両立する「EXTRA BASS」により迫力や臨場感をダイレクトに味わえるサウンドを実現しています。

最大15時間の再生が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。ロングスタミナで外出時もバッテリー残量を気にせず使用できます。

スマートフォンやiPhoneと接続すればハンズフリー通話も可能。首元にあるリモコンを使えば、電話の受話や終話がワンタッチで行えるので便利です。イヤー部分には紛失を予防するマグネットを搭載。ケーブルにも絡まりにくい「フラットケーブル」を採用しているので、持ち運んで使用する方にもおすすめです。

ソニーの有線イヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-Z1R

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-Z1R

100kHzの超高音域まで再生可能なハイレゾ対応のステレオ有線イヤホン。従来のインイヤー型では感じることが難しかった広大な音場と臨場感を味わえるのが特徴です。音が伝わる経路を綿密に調節した「リファインドフェイズ・ストラクチャー」の採用により、楽器やボーカル本来の音色を再現し、音の分離感を実現します。

低音域から中高音域、高音域、超高音域と割り当てられた帯域の異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた「HD ハイブリッドドライバーシステム」を搭載しているのも魅力のひとつ。幅広い音域を楽しめるため、ハイレゾの高音質を最大限に引き出します。価格は高めですが、高性能で音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ステレオイヤホン IER-M7

ソニー(SONY) ステレオイヤホン IER-M7

原音を正確に描き出す高音質を再現した、高性能ステレオ有線イヤホン。各バランスド・アーマチュア・ドライバーユニットがそれぞれの役割を持ち、補完し合う新しい「マルチBAシステム」を搭載しているのが特徴です。再生された音が最適化された経路を通ることで、ドライバーユニットのもつ自然な高音をそのまま聴けます。

また、ボーカルや各楽器のバランス、リズムの立ち上がりなどを正確に把握できる再生能力も魅力のひとつ。高い遮音性も備えているので、ライブステージにおけるモニターに適した音を実現しています。さらに、ハードケースも付属しているため持ち運びも便利。外出中でも高音質サウンドを楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホン IER-NW510N

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホン IER-NW510N

周囲の騒音を低減しハイレゾの高音質に対応した高性能有線イヤホンです。リーズナブルながら「デジタルノイズキャンセリング機能」と「外音取り込み機能」を搭載しているのが特徴です。独自のノイズキャンセリングにより外音のノイズを効率よくカット。スポーツや作業に集中したいときに便利です。

また、外音取り込みを有効にすれば、音楽を聴きながら会話も可能。屋外で使用する際も環境音を聞けて安全に使用できます。

小型高感度ハイレゾリューションオーディオ対応6mmドライバーを採用しているのも魅力のひとつ。ノイズをカットしつつハイレゾの高音質をクリアに楽しめます。ウォークマンの純正イヤホンとして開発されており、ウォークマンとの相性も良好。ウォークマンで使う有線イヤホンを探している方にピッタリです。

ソニー(SONY) ステレオイヤホン STH50C

ソニー(SONY) ステレオイヤホン STH50C

スマートフォンとダイレクトに接続し、ハイレゾの高音質が楽しめるステレオ有線イヤホンです。高速なデータ転送が可能な「USB Type-Cプラグ」の接続に対応しており、USBオーディオ出力ながら高音質なハイレゾ再生が可能。デバイスと直接接続して使用するので遅延が発生しにくく、ストレスなく再生できます。

高感度9.7mmドライバーを採用しており、広帯域の再生に対応。小型ながら鮮やかな音楽を楽しめます。また、2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。しっかり耳にフィットするので、長時間でも快適に装着できます。

ただ、USB Type-Cプラグに対応していないデバイスでは使用できないため、購入する際はよくチェックしておきましょう。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-EX15AP

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-EX15AP

リーズナブルでシンプル機能を搭載したカナル型有線イヤホン。5色のカラーバリエーションから選べるので、さまざまなファッションに合わせやすいのが特徴です。

スマートフォンと連携した「ハンズフリー通話」やリモコンでの音楽操作などが可能。ノイズキャンセリングやハイレゾ再生などの機能はありませんが、必要十分な性能を備えています。

サウンドとしては「400kJ/m3高磁力ネオジウムマグネット」を採用。音の解像度を高め、クリアな中高音と重厚でパワフルな低音の再生ができます。スマホで通話用としてイヤホンを探している方や予算をできるだけ抑えたい方におすすめのモデルです。