運動中でも汗や雨などの水濡れを気にせず使える「防水イヤホン」。防水イヤホンの耐水性はモデルによって異なるうえ、製品ごとにさまざまな機能があるため、自分好みの防水イヤホンを選ぶのは大変です。

そこで今回は、防水イヤホンの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

防水イヤホンの選び方

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

防水イヤホンの耐水性は製品ごとにさまざまです。水没しても故障しない完全防水のモデルもあれば、水滴程度なら対応できる製品もあります。完全防水ではないモデルを水没させた場合、故障してしまうので、使用シーンを考慮したうえでイヤホンを選びましょう。

防水性能をチェック

防水性などの保護等級を確認する場合は「IP+数字2つ」で表現されるIPコードをチェック。IPコードの数字のうち1つ目は防塵性、2つ目は防水性を示しており、それぞれの数字が大きい製品であるほど高い防塵性・防水性を備えたモデルという意味です。

防水性だけを備えている場合は「IPX+数字」と表記されます。IPX7の場合、水深1mの水槽に30分間浸けていても、機器に浸水しないことが規格の条件です。

できるだけ防水性能が高いイヤホンを探している方は、IPXやIPの右側にある数字が大きいモノを選びましょう。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンは音声データを一度圧縮した後、再びオーディオ側で展開して音楽を流す仕組みです。「音声圧縮変換方式」または「コーデック」と呼ばれ、音質を大きく左右します。

コーデックの種類は、大きく分けて3つ。標準的な音質で汎用性の高い「SBC」、iPhoneなどに搭載されていて遅延が少なく高音質な「AAC」、もう1つはAndroidなどに搭載されており3つのなかでは最も遅延が少なく高音質な「aptX」です。音質重視の方や動画視聴などをする方にはaptXが適しています。

ただし、コーデックの特徴を活かすには、イヤホンとオーディオ端末の両方が同じコーデックに対応していなければならない点には注意しましょう。

Bluetoothの規格をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothには規格があり、Bluetoothの後ろに付いている数字が大きいほど最新で、接続の安定性などが改善されています。安定してワイヤレス接続するためには、より最新規格の防水イヤホンがおすすめです。

ただし、Bluetoothが新しい規格に対応していても、オーディオ端末が対応していなければ古い規格で通信が行われます。安定してスムーズに接続するために、イヤホンとオーディオ端末両方の規格を確認しておきましょう。

防水イヤホンのおすすめモデル|完全ワイヤレス

ヤマハ(YAMAHA) 完全ワイヤレスイヤホン TW-E3B

自然で聴きやすいサウンドを実現する、完全ワイヤレスタイプの防水イヤホンです。音量に応じて音のバランスを補正する、ヤマハ独自の「リスニングケア」を搭載しているのが特徴。音量を上げても耳への負担を軽減できます。

IPX5相当の防水性能を備えており、汗や雨などの水滴に強いのも魅力のひとつです。軽く水洗いして汚れを落とすことも可能。また、高い密閉性を実現しており、音漏れしにくいのもうれしいポイントです。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもぴったり。見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

バウワース&ウィルキンス(B&W) True Sound 完全ワイヤレス・インイヤーヘッドホン PI7

高級感のあるデザインが魅力の、完全ワイヤレスイヤホンです。ドライバーユニットには9.2mmの「カスタム・ドライバー」を搭載しており、優れた音質を実現。外出先でも音楽に没頭できます。

高音質かつ低遅延を実現した「aptX Low Latency」コーデックに対応しているのも魅力のひとつ。音楽のリスニングにはもちろん、動画視聴やゲームプレイも快適にできます。AACコーデックにも対応しているので、iOS端末でも高音質・低遅延のリスニングが可能です。

IP54相当の防塵・防水性能を備えているのもポイント。運動中の汗や砂埃を気にすることなく使用できます。高性能なだけでなく、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ジャブラ(Jabra) 完全ワイヤレスイヤホン Elite 75t

快適な音声通話が可能な完全ワイヤレスタイプの防水イヤホンです。高品質な通話が可能な「4-マイクテクノロジー」を搭載しているのが特徴。周囲が騒がしい環境や風が強い場所でもノイズを低減して、クリアな音声を相手へ伝えられます。

イヤホン単体で約7.5時間、充電ケースと併せて約28時間の再生が可能。外出先でもバッテリー残量を気にせず音楽に没頭できます。コンパクト設計で装着しやすいだけでなく、持ち運びしやすいのもポイント。IP55相当の防塵・防水性能を備えているので、汗や雨、砂埃からイヤホンを保護し、スポーツやアウトドアシーンで活躍します。

音声通話をする機会が多い方におすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A10T

比較的リーズナブルに購入できるコスパに優れた完全ワイヤレスタイプの防水イヤホンです。IPX5相当の防水性能を備えており、トレーニング中の汗や雨に強いのが特徴。汚れても水洗いが可能です。

非常にシンプルな形状ながら耳にしっかりフィットするのも魅力のひとつ。耳元のワンボタンでボリューム調節や音楽の再生・停止、曲送り・曲戻しなどの操作がおこなえます。高磁力ネオジウムマグネットにより、パワフルでクリアな、高音質サウンドを楽しめるのもポイント。

できるだけ費用を抑えて防水イヤホンを購入したい方はチェックしてみてください。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro MV6Y2PA

スタイリッシュなデザインが魅力のスポーツシーンに適した防水イヤホンです。「Apple H1ヘッドフォンチップ」を内蔵しており、Apple製品との相性のよさが特徴。耐汗耐水仕様で、スポーツ中の汗や雨、水しぶきに強いのも魅力です。

イヤホン単体で約9時間、充電ケースと併せて24時間以上の再生が可能。もしバッテリー残量がなくなっても、わずか約5分の充電で約1時間半の再生ができる「Fast Fuel機能」を搭載しているので、屋外へ持ち運んでもバッテリー残量を気にせず使えます。

充電にはiPhoneなどにも使われる、Lightning端子を採用。iPhoneユーザーであれば、Lightningケーブルひとつ持ち運べばiPhoneもイヤホンも充電できます。イヤーフックを備えているので、激しい運動中でもイヤホンが外れにくいのもポイントです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life P2

IPX7相当の高い防水性能を備えた完全ワイヤレスタイプの防水イヤホンです。ランニング中の汗や突然の雨はもちろん、お風呂で使いたい方もぴったり。アウトドアシーンやスポーツシーンで使いやすいモデルを探している方にもおすすめです。

「cVc8.0ノイズキャンセリング」を搭載しており、周囲のノイズを低減してクリアな音声を相手へ伝えられるのも魅力のひとつ。グラフェン採用のドライバーを搭載しているため、正確かつクリアなサウンドを楽しめます。

イヤホン単体で最大7時間、充電ケースと併せて最大40時間の音楽再生が可能。高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

タオトロニクス(TaoTronics) SoundLiberty97 TT-BH097

高音質・低遅延なaptXやAACなどのコーデックに対応した、防水イヤホンです。Android端末でもiOS端末でも快適に使用可能。Iイヤホン本体は、IPX8相当の高い防水性能を備えているので、大量の汗や雨からイヤホンをしっかり保護します。

「cVc8.0ノイズキャンセリング」に対応しており、周囲が騒がしい環境でも、クリアで相手に聞き取りやすい音声通話ができるのも魅力のひとつ。Bluetooth5.0に対応しているので、音飛びの少ない安定した通信が可能です。

コンパクト設計ながらイヤホン単体で約9時間、充電ケースと併せて36時間以上再生できる大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

アニマ(ANIMA) 完全ワイヤレスイヤホン ACO-ANW01

カジュアルに音楽を楽しめる完全ワイヤレスタイプの防水イヤホンです。高音質・低遅延のコーデックAAC・aptXに対応しており、iOS端末でもAndroid端末でも快適に音楽を楽しめるのが特徴。また、アプリ内で音質プロファイルをダウンロードすることで音質をカスタマイズできる「Persona Tune」を搭載しています。

IPX7相当の高い防水性能を備えているのも魅力のひとつ。スポーツシーンでも快適に使用できます。イヤホン単体で約6時間、充電ケースと併せて約15時間の再生が可能。バッテリー残量を気にせず音楽に集中できます。

スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900

IP65・IP68相当の高い防塵・防水性能を備えた、完全ワイヤレスタイプの防水イヤホンです。水中でも快適に音楽を楽しめるのが特徴。イヤホン同士を繋げられる「リーシュコード」が付属しているので、水中でもイヤホンを失くしにくくなっています。

また、イヤホン本体に4GBのメモリを搭載しているため、約920曲の音楽をイヤホン単体で手軽に楽しめるのも魅力のひとつ。ランニングや水泳などスマホを持ち運びにくいシーンでも快適に使用できます。

イヤホンを着けたまま周囲の音を聞ける「外音取り込みモード」を搭載しているのもおすすめポイント。電車の中で使用する際、アナウンスを聞き逃しにくいので、移動の多い方におすすめのイヤホンです。

バング&オルフセン(BANG&OLUFSEN) PLAY Beoplay E8 2.0

スタイリッシュなデザインが魅力の完全ワイヤレスタイプの防水イヤホン。独自設計の5.7mmダイナミックドライバーを搭載しており、聴き疲れしにくいバランスの取れたサウンドをリスニングできるのが特徴です。

IP54相当の防塵・防水性能を備えているため、ジョギングや水回りの家事など、さまざまなシーンで使いやすいのも魅力のひとつ。優れた装着感とフィット感を実現しているので、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

タッチインターフェースにより、本体をタップするだけで音楽コントロールや電話の応答などさまざまな操作をこなせるのもおすすめポイント。利便性だけでなく、デザインにこだわりたい方もチェックしてみてください。

防水イヤホンのおすすめモデル|左右一体型・ネックバンド

アンカー(ANKER) SoundBuds Slim A3410

IPX7相当の高い防水性能を備えた左右一体型の防水イヤホンです。汗や突然の大雨に強く、お風呂やアウトドアでも使いやすいのが特徴。6mmドライバーを搭載しており、パワフルなサウンドを体感できます。

1回の充電で最大10時間の連続再生ができるロングバッテリーも魅力のひとつ。屋外でもバッテリー残量を気にせず使用できます。また、ケーブルに内蔵マイクと3つのコントロールボタンを搭載。スマホを取り出さずに、通話や曲の選択などのさまざまな操作がこなせます。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

タオトロニクス(TaoTronics) TT-BH07 MK2

高音質・低遅延なコーデックである、AACに対応した左右一体型の防水イヤホンです。iPhoneなどのiOS端末でも高音質で楽しめるのが特徴。比較的安く購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

また、最大20時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。IPX5相当の防水性能を備えているので、トレーニング中の汗からイヤホンを保護します。Bluetooth5.0に対応しており、接続安定性に優れているのもポイント。音切れや音飛びが少なく、快適に音楽に集中できます。

シンプルデザインで、男女問わず使いやすいのも利点。汎用性やコスパが高いモデルを探している方はチェックしてみてください。

AVIOT ワイヤレスイヤホン WE-BD21d

ハイブリッド型ドライバーを搭載した左右一体型の防水イヤホンです。ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型ドライバーの両方の特性を備えているのが特徴。フラットな音質なので、音楽ジャンル問わず楽しめます。

高音質・低遅延のコーデックAAC・aptXに加えて、ハイレゾ相当のサウンドを楽しめるaptX HDに対応しているのも魅力のひとつ。また、IPX5相当の防水性能を備えているので、ワークアウト中の汗からイヤホンを保護します。

バランスの取れたサウンドが好みの方、音質にこだわりたい方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life NC

周囲のノイズを低減できる「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載した、ネックバンド型の防水イヤホンです。周囲が騒がしい環境でも音楽に集中できるのが特徴。イヤホンを外さずに会話などが楽しめる「周囲音取り込み機能」を搭載しているのも魅力です。

ハイレゾ対応の12mmドライバーを搭載しているのもポイント。臨場感豊かなサウンドを楽しめます。IPX5相当の防水性能を備えているため、汗や雨、水しぶきなどの水濡れに強いのも利点。約10時間連続再生できるロングバッテリー仕様なので、バッテリー残量を気にせず使用できます。

外部の音を低減してクリアな音声を相手へ届けられる「ノイズリダクション機能」を搭載。音声通話やビデオ会議などを頻繁に利用する方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones

スポーツシーンに適した防水イヤホンです。イヤーチップに独自形状を採用しており、耳にしっかり固定できるのが特徴。激しい運動時でも外れにくく、安定した装着感を実現します。

ボーズらしいパワフルなサウンドを実現しており、運動中でも迫力ある高音質サウンドをリスニング可能。IPX4相当の防滴仕様なので、運動中の汗からイヤホンをしっかり保護します。1回の充電で約6時間の再生が可能なバッテリーを内蔵。音量に関係なくバランスの取れた音響特性を実現しているのも魅力です。

スポーツシーンで使いやすい、音質に優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP500

IPX4相当の防滴性能を備えた、左右一体型の防水イヤホンです。1回の充電で約8時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵。1日中バッテリー残量を気にせず使えます。

また、耳の入り口に引っ掛けて装着する開放型を採用しており、イヤホンを着けたまま周囲の環境音に配慮できるのも魅力のひとつ。音楽を聴きながら周囲の人とコミュニケーションが取れます。

ハンズフリー通話にも対応しているため、通話やビデオ会議などをする機会が多い方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SONICSPORT ATH-SPORT90BT

IPX5相当の防水性能を備えた防水イヤホンです。本体に4GBメモリを内蔵しており、イヤホン単体で音楽を楽しめるのが特徴。トレーニング中にスマホを持ち運ぶ必要がありません。

さまざまな耳の形にフィットするイヤピースやイヤフィンを4種類ずつ同梱しているのも魅力のひとつ。耳の穴が小さい人でも好みのフィット感を得られます。イヤフィンは、サングラスを着用する際も使用可能です。

首のうしろでコードを絞れるコードスライダーが搭載されているので、運動中にコードの揺れが気になることもありません。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン NW-WS623

本体に4GBのメモリを内蔵した防水イヤホンです。スマホを持ち運ばずにイヤホン単体で音楽を楽しめるのが特徴。Bluetooth接続にも対応しているので、スマホの音楽も再生できます。

IPX5/8相当の高い防水性能を備えているのも魅力のひとつ。海水にも対応しているため、海水浴やプール、シャワーなど水に濡れる環境で使用する機会が多い方にもおすすめです。最長12時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのもポイント。バッテリー残量がなくなっても、わずか約3分の充電で約60分再生できる「クイック充電」に対応しているので安心です。

周囲の音を聞ける「外音取込み機能」を搭載しているのも利点。多機能なモデルを探している方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) XX HA-XC30BT

約15時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵した防水イヤホンです。IP55相当の防塵・防水性能を備えており、汗や雨はもちろん、砂埃などにも強いのが特徴。スポーツやアウトドアなどアクティブなシーンでも使いやすいモデルです。

低音再生能力を高めることで、パワフルな重低音サウンドをリスニングできるのも魅力のひとつ。ハウジングにマグネットを内蔵しているので、首に掛けてネックレスのように持ち運べます。

軽量設計で長時間着用しても疲れにくいのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

AfterShokz OpenMove 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

骨を通して音を伝える仕組みの骨伝導イヤホンです。ネックバンド型を採用しており、首にしっかり固定できるのが特徴。鼓膜を塞がないため、イヤホンを着けたまま人と会話ができるのもおすすめポイントです。

IP55相当の防塵・防水性能を備えており、スポーツやアウトドアなどあらゆるシーンで使いやすいのも魅力のひとつ。重量もわずか約29gと軽量設計なので、長時間着用しても耳が疲れにくい仕様です。

1回の充電で約6時間使えるバッテリーを内蔵。耳を塞がない分音漏れしやすい設計のため、人混みや公共の場で使用する際はボリュームに注意しましょう。