運動中でも汗や雨などの水濡れを気にせず使える「防水イヤホン」。防水イヤホンの耐水性はモデルによって異なるうえ、製品ごとにさまざまな機能があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、防水イヤホンの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

防水イヤホンの選び方

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

防水イヤホンの耐水性は製品ごとにさまざまです。水没しても故障しない完全防水のモデルもあれば、水滴程度なら対応できる製品もあります。

屋外での使用を想定している方は、雨に濡れてしまうことを考慮して防水性・耐水性に優れたイヤホンがおすすめです。なお、完全防水ではないモデルを水没させた場合は、故障してしまう可能性があるので使用シーンを考慮したうえでイヤホンを選びましょう。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

防水性などの保護等級を確認する場合は「IP+数字2つ」で表現されるIPコードをチェック。IPコードの数字のうち1つ目は防塵性、2つ目は防水性を示しており、それぞれの数字が大きい製品であるほど高い防塵性・防水性を備えています。

防水性だけを備えている場合は「IPX+数字」と表記。IPX7の場合、水深1mの水槽に30分間浸けていても、機器に浸水しないことが規格の条件です。

できるだけ防水性能が高いイヤホンを探している方は、IPXやIPの右側にある数字が大きいモノを選びましょう。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンは音声データを一度圧縮した後、再びオーディオ側で展開して音楽を流す仕組みです。「音声圧縮変換方式」または「コーデック」と呼ばれ、音質を大きく左右します。

コーデックの種類は、大きく分けて3つ。標準的な音質で汎用性の高い「SBC」、iPhoneなどに搭載されている高音質な「AAC」、Androidなどに搭載されている「aptX」です。aptXは、3つのなかでは最も遅延が少なく高音質なので、音質重視の方や動画視聴などをする方に適しています。

ただし、コーデックの特徴を活かすには、イヤホンとオーディオ端末の両方が同じコーデックに対応していなければならない点に注意しましょう。

Bluetoothの規格をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothには規格があり、Bluetoothの後ろに付いている数字が大きいほど新しく、接続の安定性などが改善されています。安定してワイヤレス接続するためには、より新しい規格の防水イヤホンがおすすめです。

ただし、Bluetoothが新しい規格に対応している場合でも、オーディオ端末が対応していなければ古い規格で通信が行われます。安定してスムーズに接続するために、イヤホンとオーディオ端末両方の規格を確認しておきましょう。

防水イヤホンのおすすめモデル|完全ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

ワイヤレスでハイレゾ相当の音質を伝送できるLDACコーデックに対応した、IPX4相当の防水イヤホン。ワイヤレスでも音質にこだわりたい方におすすめです。さらに、独自の「DSEE Extreme」にも対応しており、圧縮音源を臨場感のある音質で楽しめます。

「360 Reality Audio」認定モデルなのもポイント。対応コンテンツを再生すると、周囲を音で囲まれているかのような迫力のある体験が可能です。また、周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」も採用。屋外でも安全に使用できるほか、イヤホンを装着したままでも自然な会話をサポートします。

独自のプロセッサー「V1」による、高性能なノイズキャンセリング機能も特徴。そのほか、耳から外すと音楽を停止する装着検知機能など、便利な性能や機能を数多く搭載しているのも魅力です。

ソニー(SONY)ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N

スポーツやアウトドアに適したIP55相当の防塵・防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。汗や雨の心配を軽減して使用でき、汚れが付着した際は軽く水洗いすることも可能です。

また、ノイズキャンセリング機能と外音取り込みモードの両方を搭載しているのもポイント。室内ではワークアウトに没頭し、外では周囲の安全に配慮することが可能です。さらに、ユーザーの行動や場所を検出して、あらかじめ設定したモードに自動で切り替える便利な「アダプティブサウンドコントロール」機能にも対応しています。

EXTRA BASSサウンドによる迫力のある重低音も魅力。グルーブ感のあるサウンドを体験できるため、スポーツやワークアウトをより楽しめます。そのほか、本体のみでもバッテリーは最長で13時間、ケースの併用で最長26時間の連続使用ができるのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

イヤホン本体に4GBのメモリを搭載した防水イヤホン。約920曲の楽曲を保存できるため、スマホやプレーヤーなしでも音楽を楽しめるのがメリットです。IP65/IP68相当の高い防水性能を備えているので、普段使いだけでなく、雨の中や水中、スポーツシーンなどでも安心して使用できます。

本体は軽量薄型設計で優れたフィット感を実現。さらに、イヤーピースの位置を2か所から調節できるほか、安定感を高めるためのアークサポーターと左右のイヤホンを繋げられるリーシュコードも付属します。場所や環境を選ぶことなく使用できるおすすめのイヤホンです。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo 2

片耳約6g、充電ケースと合わせて約59gの軽量設計を実現した防水イヤホンの人気モデル。軽量かつコンパクトな設計のため、携帯性も良好です。

コンパクトながら充電ケースと合わせて最大40時間再生できるのも魅力。また、わずか10分の充電で約2時間の連続再生が可能な短時間充電に対応しています。ワイヤレス充電が可能なのもメリット。さらに、片方のイヤホンを充電しながら片耳で音楽を楽しめる「モノラルモード」の搭載もポイントです。

IPX7の高い防水性能を備えているので、雨や汗などを気にせずに音楽を楽しめます。イヤホン本体にボタンを搭載しているため、運動中でも手軽に操作可能です。リーズナブルながら高性能なので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life P2 Mini

軽量かつコンパクトなデザインが特徴の防水イヤホンです。大型10mmドライバーを搭載しており、コンパクトながら迫力ある低音をリスニングできるのがポイント。また、3つの音質チューニングから好みに合わせて選べます。

AIノイズリダクションを搭載しており、クリアな音声通話ができるのも魅力のひとつ。また、片耳だけの単独使用にも対応しています。IPX5の防水規格に対応しているので、屋外での使用にもおすすめ。アウトドアシーンや急な雨に降られた場合でも安心して使用できます。

充電ケースと合わせて最大32時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのもメリット。10分の充電で約1時間の音楽再生を実現しています。

サウンドピーツ(SoundPEATS) 完全ワイヤレスイヤホン Truefree 2

IPX7の防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。人間工学に基づいて設計されたイヤーフックを搭載しているので、トレーニング中やスポーツ中でも使えます。歩いたり首を傾けたりしても落ちにくい、快適なフィット感が特徴です。

安定した動作と高速転送に対応するBluetooth5.0の採用もポイント。多数の通信機器の電波が飛び交う場所でも音が途切れにくく、快適に使用できます。

両耳で音楽を聴けるのはもちろん、片耳だけを装着して音声を聞けるため、シーンに応じて使用可能。内蔵マイクでハンズフリー通話やテレワークにも活躍します。

イヤホンには誤操作しにくい物理ボタンを搭載。充電ケースには汎用性の高いUSB Type-Cポートを採用しています。コストパフォーマンスに優れた、おすすめの防水イヤホンです。

タオトロニクス(TaoTronics) 完全ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 92 TT-BH092

軽快な装着感と開放的なサウンドが特徴のインナーイヤー型を採用した防水イヤホン。防水性能はIPX7に対応しています。イヤホン本体には、指で触れるだけで操作が可能なタッチコントロール機能を搭載。音楽再生の基本操作からハンズフリー通話まで、さまざまな操作をスマートに行えます。

途切れにくい接続性能や低遅延を実現した、Airoha社の「MCSync」技術を採用しているのもポイント。iOSデバイスとAndroidデバイス の両方で高性能を実感できるのがメリットです。

フル充電で最大5時間再生が可能。付属の充電ケースを使用すれば最大30時間再生可能なロングバッテリー性能も魅力です。

ジャブラ(Jabra) Elite Active 65t 100-99010000-40

IP56の防水・防塵性能を備えている防水イヤホン。汗に強く、スポーツシーンにおすすめです。

専用アプリでサウンドのカスタマイズが可能。イコライザーで好みの音質に調節できます。外音取り込み機能にも対応しており、装着したまま周囲の音を聞き取りたい場合にも便利です。

バッテリー性能にも優れており、1回の充電で最大5時間連続して使用でき、付属の充電ケースを使えば、さらに10時間使用できます。長時間の外出にもおすすめです。

パッドメイト(Padmate) 完全ワイヤレスイヤホン PAMU SLIDE

接続品位と高音質を追求した防水イヤホン。通信が安定したBluetooth 5.0とLDSアンテナを採用しており、安定性に優れた接続が可能です。コーデックは高音質のAACとaptXに対応しており、ハイクオリティな音楽を楽しめます。

本体はIPX6相当の防水性能を備えているため、汗をかきやすいスポーツ時にもおすすめです。イヤホンの形状は、耳に挿す部分が楕円形に設計されており、しっかりフィットするのもポイント。再生時間は最大約10時間で、充電ケースを併用すれば最大約60時間まで使用できます。

スライド式の充電ケースには、ワイヤレス充電バッテリーを搭載。無線充電対応のスマホも載せるだけで充電できます。機能性に優れた、おすすめの防水イヤホンです。

ヌアール(NUARL) 完全ワイヤレスイヤホン N6 sports

aptX Adaptiveコーデックに対応する防水イヤホン。aptX Adaptive送信対応機器と組み合わせることで、より高音質なサウンドで音楽が楽しめます。

また、低遅延なワイヤレス通信ができる「ゲーミングモード」を搭載しているのも特徴。音ゲーやFPSなどのゲームも快適にプレイできます。

IPX7の防水性能に対応しているうえ、自然なフィット感で激しい動きでも脱落しにくいイヤーループを備えているので、スポーツ時の使用にもおすすめ。また、遮音性が高い音楽鑑賞向けと、外音も聴き取れるスポーツ向けの2種類のイヤーピースが付属しています。

独自のチューニングを施したダイナミックドライバーを搭載しているのも魅力。トレーニングからeスポーツまで幅広く活躍する、おすすめのアイテムです。

防水イヤホンのおすすめモデル|左右一体型・ネックバンド

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP510

IPX5相当の防水性能を備えたネックバンド型イヤホン。急な雨に見舞われても安心して使えるので、ランニングやウォーキングにもおすすめです。また、使用後には軽く水洗いできるため、清潔感を保ちながら使い続けられます。

首にフィットするネックバンドとアークサポーターを採用することで、ハードな運動でも外れにくい高い装着性を実現。本体の重量はわずか約30gと軽量なので、長時間の使用にもおすすめです。

音質面では、パワフルな重低音が楽しめる「EXTRA BASSサウンド」に対応。低音のビート感を捉えることで音楽に没頭しやすいのが魅力です。

左右のヘッドに磁石を内蔵したマグネット式で、使用しないときにはヘッド同士をまとめておけるのもメリット。また、手元の本体ボタンで音楽の再生や電話応対などの操作ができるのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン NW-WS623

IPX5/8相当の高い防水性能を備えているネックバンド型のワイヤレスイヤホンです。お風呂やシャワーはもちろん、海水にも対応しているので、プールや海水浴などさまざまなシーンで使用できます。

本体にメモリを内蔵し、単体で音楽を楽しめるのも特徴。4GBのメモリには最大880曲の音楽をインストール可能。また、本体メモリの再生のほかに、Bluetoothによるワイヤレス再生もできます。汎用性の高いおすすめのモデルです。

最長12時間以上再生できるロングバッテリー仕様も魅力のひとつ。身軽に音楽を楽しめる防水イヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) ワイヤレスイヤホン Soundcore Life U2

重量わずか33gと軽量で、長時間でも快適に音楽を楽しめるネックバンド型の防水イヤホン。ネックバンドは軽量かつ柔らかいシリコンで作られており、肩にフィットしやすいのが特徴です。

IPX7の高い防水性能を備えているのもメリット。雨や汗で濡れたり、飲み物をこぼしてしまったりしても安心して使用できます。また、左右のイヤホンにマグネットを内蔵し、未使用時にぶらつかないのもポイント。バッグに収納する際もかさばりにくく、整理整頓に役立ちます。

「cVc8.0ノイズキャンセリング」機能を備えており、クリアな音声通話が可能。比較的リーズナブルな価格で購入できるため、コスパを重視したい方にもおすすめのモデルです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life NC

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した防水イヤホンです。通勤・通学時の電車内や航空機内など、周囲の雑音が気になる場面でおすすめ。音楽を楽しみたいときはもちろん、語学学習で集中したいときにも活躍します。

イヤホンを取り外さず周囲の音を取り込める機能も便利。緊急時の重要なアナウンスなどの聞き逃しを防ぎ、移動しながら使いたいときの安全性にも配慮されています。

「Soundcore」アプリを活用すれば、アプリ上でイコライザーの調節やボタン機能のカスタマイズも可能です。IPX5の防水性を備えており、雨や汗で濡れても安心して使用できます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン Q35HD

IPX8相当の高い防水性能を有しているイヤホン。汗や雨を気にすることなく使用できるのが特徴です。

本体にはスポーツ式の滑り止めイヤーフックが搭載されており、安定したフィット感を得られるのがポイント。長時間装着していても痛くなりにくく、装着しながら激しい運動なども可能です。

ドライバーユニットには、大口径10mmダイナミック型ドライバーを搭載しています。高音質なaptXコーデックに対応しているのもポイント。低音から高音まで迫力のあるサウンドが楽しめる、おすすめのモデルです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン Q30 HD

フィット感に優れた左右一体型ワイヤレスイヤホン。IPX7の防水性能も備えているので、雨天時のランニングなどにもおすすめです。

大口径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載しており、パワフルな重低音を再現できるのも魅力。aptX HDコーデックをサポートするので、aptX HD送信に対応した端末と組み合わせて高音質な音楽が楽しめます。

バッテリーの連続駆動時間は最大約14時間。ハウジング部分にマグネットが搭載されており、使わないときは首元でまとめておけるのも便利です。

タオトロニクス(TaoTronics) ワイヤレスイヤホン SoundElite 71 TT-BH071

iPhoneでもAndroidでも高音質な音楽が楽しめる防水イヤホン。AAC・aptX・aptX HDのコーデックに対応し、幅広いデバイスで高音質な音楽を再生可能です。6mmダイナミックドライバーにより、伸びやかな中高音域を実現します。

最大18時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを搭載。飛行機や新幹線などの移動時にも余裕を持って使えるほか、映画鑑賞や動画鑑賞、ゲームプレイ時などにも安心して使えます。また、IPX7の高い防水性能に対応しているのもメリットです。

通話用ノイズキャンセリング機能に対応しているのもポイント。周囲のノイズを抑え、クリアで快適な通話環境を実現しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-ET800BT

撥水基板コーティングにより、IPX5相当の防水性能を備えた左右一体型ワイヤレスイヤホン。汗や雨などに強いのはもちろん、使った後はそのまま水洗いも可能。より清潔な状態で使用できます。

さまざまな耳のかたちや大きさにフィットする回転構造のピボットモーションサポートにより、高い装着性を実現。汗や雨などで濡れても外れにくい素材を採用しているので、音楽を聴きながらスポーツを楽しみたい方におすすめです。

本体には、高磁力ネオジウムドライバーユニットと低域再現性能に優れた密閉構造を採用。高音質な音楽が楽しめます。内蔵バッテリーで最大約9時間の連続使用が可能。左右一体型ながら約17gの小型軽量ボディも魅力です。

アビオット(AVIOT) WE-BD21d-pnk

ハイブリッド型ドライバーを搭載した左右一体型の防水イヤホンです。ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型ドライバーの両方を搭載しているのが特徴。解像度と忠実度の高い音質を備えています。

また、著名なミュージシャンであるピエール中野氏が、仕様やデザインを監修しています。音楽ジャンルを問わずに楽しめる完成度の高いサウンドも魅力。バランスの取れたサウンドが好みの方や音質にこだわりたい方にぴったりのモデルです。

高音質・低遅延のコーデックAAC・aptXに加えて、ハイレゾ相当のサウンドを楽しめるaptX HDに対応しているのもメリット。また、IPX5相当の防水性能を備えているので、ワークアウト中の汗からイヤホンを保護します。高級感のある外観もおすすめのポイントです。

 

ショックス(Shokz) 骨伝導イヤホン OpenMove

IP55相当の防塵・防水性能を備えた骨伝導ワイヤレスイヤホンです。耳を塞がないため、周囲の音に気を配りながら使用できるのが特徴。ランニングやジョギングなど、スポーツシーンで安定した装着感を得られるのもポイントです。

本体重量わずか約29gと軽量設計を実現しており、長時間でも快適に使用可能。1回の充電で6時間の連続再生が可能なので、長時間のランニングはもちろん、通勤・通学などさまざまな場面で使用できます。

ノイズキャンセリングマイクを搭載しているため、高品質なハンズフリー通話も可能。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

防水イヤホンの売れ筋ランキングをチェック

防水イヤホンのランキングをチェックしたい方はこちら。