運動中でも汗などの水分を気にせずに使える防水イヤホン。防水イヤホンの耐水性はモデルによって異なるうえに、製品ごとにさまざまな機能があるため、自分の好みに合わせて防水イヤホンを選ぶのはなかなか大変です。そこで今回は、防水イヤホンの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

防水イヤホンの選び方

利用シーンを考えよう

By: amazon.co.jp

防水イヤホンの耐水性は製品ごとにさまざまです。本体が丸ごと水没しても故障しない完全防水のモデルもあれば、雨や汗などの水滴程度までしか耐えられない製品もあります。もし、完全防水ではないモデルを水泳中に使用した場合、イヤホンが故障してしまいます。

そのため、防水イヤホンを選ぶ際には、利用するシーンを考えたうえで、対応できる防水性をもつモデルを選びましょう。

防水性能をチェック

防水イヤホンの多くは、防水性能を示す等級として「IPX」が表示されています。「IPX4」のように「IPX+数字」の形で表現され、数字が大きいほど防水性能が高いことを示しています。

なお、イヤホンの中には「IPX+数字」の代わりに、「IP+数字2つ」で表現されるIPコードが付いたモノもあります。IPコードの数字のうち、1つ目は防塵性、2つ目は防水性を示しており、それぞれの数字が大きい製品であるほど高い防塵性・防水性を持ったモデルです。

できるだけ防水性能が高いイヤホンを探している方は、IPXやIPの右側にある数字が大きいモノを選びましょう。

有線かワイヤレス(Bluetooth)

By: rakuten.co.jp

防水イヤホンには、有線タイプやワイヤレスタイプのモデルがあります。有線タイプのイヤホンであれば、イヤホンを紛失するリスクを軽減でき、ワイヤレスタイプのイヤホンの場合は、ケーブルが体に引っかかったり絡まったりする煩わしさがありません。

そのため、防水イヤホンを選ぶ際には、有線とワイヤレスそれぞれのメリット・デメリットを考慮したうえで決めるとよいでしょう。

音質をチェック

By: rakuten.co.jp

防水イヤホンの中には、ノイズキャンセリングを搭載して通話時の雑音を軽減できるモノや、高音質な音楽が楽しめるハイレゾ再生に対応したモデルもあります。そのような製品であれば、ランニングなどの運動中でも高音質で音楽を楽しめ、通話機能を使う際も、クリアな音質で相手と話すことが可能です。

そのため、イヤホンの音質にこだわりたい方は、モデルごとの音質やノイズ削減などの特徴もぜひチェックしてみてください。

防水イヤホンのおすすめ人気モデル

Hallomall IPX7完全防水 4.1Bluetoothカナル型スポーツイヤホン GL05

ケーブルを首にかけて使用するBluetooth対応イヤホン。IPX7等級の完全防水仕様なので、プールやお風呂でも安心して使えます。また、イヤーフックを備えているので、激しいトレーニングで使用しても外れにくいのがポイントです。

本体にマイクを内蔵しており、着信があった際にそのまま通話もできます。また、大容量のバッテリーを搭載し、フル充電1回で約13時間の連続通話が可能。音楽を聴く場合は、約12時間の連続再生ができるのも魅力です。右側のイヤホンに操作用のボタンを備え、片手で簡単に操作できるため、今まで防水イヤホンを使ったことがない方にもおすすめです。

GRDE IPX4防水 4.1Bluetooth片耳ワイヤレスイヤホン

片耳につけて使用するタイプのワイヤレスBluetoothイヤホン。IPX4等級の防水性を備えているため、雨や汗などの水しぶきを気にせずに使用できます。90mAhの充電池搭載により、フル充電で最大10時間の音楽連続再生、もしくは最大12時間の連続通話が可能。そのため、長時間のトレーニングなどでも充電を気にせず使いやすいのが特徴です。

スマホなどのBluetooth対応機器に、最大2台まで同時にペアリング可能。通話機能も搭載し、音楽を聴いているときに電話がかかってきても、ボタン1つですぐに通話モードに切り替わります。付属のUSB磁気充電器で充電するため、ケーブルに接続する手間がかからないのがメリット。さらに、S・M・Lと3サイズの交換用イヤーピースも付属し、自分の耳にフィットさせやすいのも魅力です

SHOWKOO IPX7防水規格 Bluetoothイヤホン HP5498

左右のイヤホンが1本のワイヤーで繋がっており、耳にかけて使用するタイプのBluetoothイヤホン。IPX7等級の防水保護性能を備えた製品なので、汗や水しぶきなどの水分や砂・ホコリなどにも耐えられます。さらに、30分程度なら水に入っても問題なく、水洗いも可能なため、いつでも清潔に使えるのがメリットです。

イヤーフックの素材に柔らかいシリコンを採用しており、自分の耳にフィットするように形を自由に変えられます。これにより、激しいトレーニング中に使っても外れる心配がありません。また、通話用のマイクも備えており、ハンズフリーでの通話が可能。CVC 6.0ノイズキャンセル技術が採用されているので、周りの雑音を抑えつつ快適な通話が楽しめます。

Temdan ip68防水 Bluetooth片耳イヤホン M770

国際防水保護等級IP68を獲得している片耳用の完全ワイヤレスイヤホン。ランニング中の急な雨やシャワーを浴びるときの水しぶきでも故障の心配がありません。さらに、ホコリや砂、塵などにも強いうえに、水の中に長時間入れても耐えられるのもメリットです。

また、ボタン1つで音楽の再生・停止や着信時の通話開始・終了を簡単に操作できるため、機械操作が苦手な方にもおすすめです。ノイズキャンセリング回路とステレオ高音質を採用したことにより、雑音や音の遅れを軽減。音質のよい音楽や通話を楽しめるのも大きなポイントです。

Tiumso Bluetooth防水イヤホン

両耳に付けて使う耳掛けタイプのモデルであり、IPX7等級の完全防水性を持つイヤホン。フィット感を重視したイヤーフックにより、水泳などのスポーツ中でも耳から取れにくくなっています。また、スマホやタブレットといったBluetooth対応の電子機器に対応可能で、最大2台まで同時にペアリング可能なのも特徴です。

セラミックアンテナとCSR Bluetoothチップ搭載により、高音質の音楽を楽しめるうえに、音漏れを軽減。図書館などの公共施設や電車の中でも音漏れを気にせず使用可能です。なお、マイクも搭載しており、優れた音質での通話ができます。フル充電で最大8時間の連続通話と音楽連続再生が可能です。

UiiSii IPX4防水 カナル型イヤホン DT200

有線タイプのカナル型イヤホン。運動中でも耳から外れる心配をせずに使用可能です。IPX4等級の防水性能を持つモデルであり、小雨や汗などにも耐えられます。本体ケーブルの素材としてTPE材質と無酸素銅が使われており、ケーブルが絡まりにくいうえに断線しにくく、高温にも耐えられるのが特徴です。

ボタン操作1つで音楽の再生・停止や通話の応答・終了などを操作できるため、機械が苦手な方にもおすすめ。S・M・Lと3サイズのシリコン型イヤーチップも付属しており、自分の耳にフィットさせやすいのも嬉しいポイントです。また、ダイナミックドライバーとBAドライバーの採用により、優れた低音と高音を楽しめるのも魅力のひとつです。

GRDE IPX7完全防水 Bluetoothワイヤレスイヤホン GL01

左右の耳に掛けて使用するBluetooth対応イヤホン。IPX7の完全防水性能を備え、スポーツ時の汗に耐えられるのはもちろん、お風呂やプールでも問題なく使用できます。ケーブルの長さを調節するアジャスターと耳にフィットしやすいイヤーフックが採用され、ランニングなどの運動中でも外れにくいのが大きな特徴です。

内蔵のマイクを使用すれば、スマホを取り出すことなく通話が可能。音楽を聴いているときでも、本体のボタン1つで通話モードに切り替えられます。バッテリーの容量が大きく、2時間の充電で最長8時間の連続通話や音楽連続再生が可能。そのため、充電できない場所に長時間いるときでも、バッテリー切れを心配せずに使用できます。

CVC6.0ノイズキャンセリングを採用し、aptXコーデックにも対応しているので、音の遅延や雑音を抑えつつ、高い音質を実現。イヤホンの音質にこだわりたい方にもおすすめできるモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) IPX5対応完全ワイヤレスBluetoothイヤホン HA-ET900BT

両耳に装着して使用する完全ワイヤレスタイプのBluetoothイヤホン。3点指示構造で設計されており、あらゆる耳の形にフィットしやすいのが大きな特徴。IPX5対応の防水仕様で、水しぶきや汗で濡れても故障の心配がありません。さらに、水洗い可能なため、清潔な状態を維持しつつ使い続けられるのも嬉しいポイント。汗をかくスポーツだけでなく、お風呂や水泳などでも問題なく使えます。

付属の充電ケースによる充電と本体のバッテリーにより、最大9時間音楽を聴き続けることが可能。また、無料のスマホ用アプリ「JVC Headphones Manager」を使うことで、イヤホンのサウンドモード切り替えやバッテリー残量確認などが手軽にできるのも大きなメリットです。

イヤーピースはS・M・Lの3種類と低遮音イヤーピースが2個ずつ付属しており、自分の耳や好みに合わせてイヤーピースを選べます。

TAROME IPX7完全防水 Bluetooth 完全ワイヤレスイヤホン X4T

Bluetooth 4.2+EDRが採用された完全ワイヤレスイヤホン。スマホなどのBluetooth対応機器へのスムーズなペアリングが可能です。IPX7の高い防水構造で作られているため、雨が降る日のランニングや水泳、お風呂などでも故障の心配なく使用できます。

付属の充電ケースは5200mAhの大容量バッテリーを内蔵し、約25回イヤホンをフル充電可能。さらに、スマホなどの端末も充電できるため、充電ケースをモバイルバッテリーとして使えるのも魅力です。

左右のイヤホンに1つずつあるボタンを使うことで、音量調整・曲飛ばし・音楽の再生・停止などの操作をスムーズに行えます。CSRチップの無線技術が取り入れられており、内蔵のマイクを使ってクリアな音声での通話が可能なのも魅力です。

タオトロニクス(TaoTronics) 防水Bluetoothイヤホン スポーツ仕様 TT-BH035

人間工学を基にデザインされたイヤーフックを採用したBluetoothイヤホン。激しい運動でも耳から取れにくいのが特徴です。さらに、重量約16gの軽さと柔らかめのイヤーピースにより、長い時間付けたままでも耳への負担が少なく、付け心地が快適なのも魅力のひとつ。IPX4の防水保護等級を持つため、雨や汗などの水に濡れても壊れる心配はありません。

本体付属のリモコンを使えば、音量の調節や曲の選択などをスムーズに操作できます。また、通話機能も搭載しており、スマホを手に取ることなくハンズフリーで通話が可能。本体にマグネットが採用されており、使わないときは首に掛けておけるため、落としにくいうえに持ち運びしやすいのも大きなメリット。充電1.5時間につき、最大7時間の連続使用が可能で、何度も充電する煩わしさがないのも嬉しいポイントです。