スマホで動画・音楽・ゲームを楽しんでいる方におすすめなのが「スマホ用スピーカー」。スマホの内蔵スピーカーと比べて、迫力のあるサウンドを堪能できます。

有線タイプのスピーカーもおすすめですが、Bluetoothタイプならば断線の心配がなく、スマートに使えます。そこで、今回はBluetooth製品を中心に、高音質で人気のスマホ用スピーカーをご紹介します。

スマホ用スピーカーとは?

By: amazon.co.jp

スマホ用スピーカーはスマホ内蔵のスピーカーと比べて大口径&高出力のため、高音質なサウンドを楽しむことができるのが特長。基本的に外部入力対応のアンプ内蔵スピーカーならば、スマホ用スピーカーとして使うことが可能です。

おすすめはBluetoothでのワイヤレス接続対応機。有線タイプと比べて価格はやや高めですが、範囲内ならば自由に移動できるのが魅力です。

スマホ用スピーカーの選び方

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホ用、Bluetooth対応に限らず、スピーカーの音質を左右するのはスピーカーユニットの大きさ(口径)と、筐体の大きさ(容積)、そして内蔵アンプの出力です。簡単に言うと大きいスピーカーはより低い音を出せて、出力が大きいと大音量が出せます。

デジタルアンプの登場によって小型でも大音量を出すことはできるようになりましたが、重低音に関してはカバーしきれない部分もあります。より迫力のあるサウンドを求めている方は、低音域を増幅・補強する「パッシブラジエーター」機構を備えた機種がおすすめです。

Bluetooth対応機での選び方

By: amazon.co.jp

Bluetooth対応スピーカーを選ぶ際は、音声圧縮技術を意味する「コーデック」に注目。すべての機種に対応するSBCコーデックは高圧縮のため、あまり高音質とは言えません。iPhoneで標準装備のAACコーデックは高音質ですが、スピーカー側の対応機が少なめ。Androidでは送信対応が多いaptXが高音質・低遅延でおすすめです。

また、ソニーのスマホで使われているLDACコーデックに対応したスピーカーも有力候補。ハイレゾ音源のクオリティの高いサウンドが楽しみたい方は要チェックです。

スマホ用スピーカーのおすすめ|大音量タイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go SRS-HG1

高音質と多機能を備えた人気の大音量スマホ用スピーカーです。35mmのフルレンジスピーカーユニットを採用。LDACコーデックに対応しているので、Bluetooth対応スピーカーでありながら、ハイレゾ音源を再現することが可能です。

内蔵アンプは12W+12Wの合計24Wのハイパワー。据え置きのスピーカーにも引けを取らない大音量の再生もできます。音質を重視する方におすすめのスマホ用スピーカーです。

アンカー(Anker) Premium Stereo Bluetooth Speaker

モバイルバッテリーで有名なアンカーのスマホ用スピーカーです。リーズナブルな価格でありながら、10Wのスピーカーを2個搭載しているのが特長。キャンプやパーティーなどのシーンでも、気軽に高音質のサウンドを再生できます。

また、重低音をサポートするオーディオ技術「MaxxBassテクノロジー」を採用しているのもポイント。ベース音が強化されるので、重低音を楽しみたい方におすすめです。連続稼働時間は8時間。1回の充電で約160曲分の再生ができます。

ジェイビーエル(JBL) JBL XTREME

大音量&ワイドレンジのBluetooth対応スマホ用スピーカーです。20Wの高出力スピーカーを2つ搭載。防水仕様なので、海水浴やプールなどのアウトドアシーンではもちろん、キッチンや浴室などの水回りでも使用できます。

バッテリーは10000mAhの大容量サイズ。連続で15時間のワイヤレス再生ができます。また、USBポートを搭載しており、モバイルバッテリーとしてスマートフォンやタブレットを充電することも可能です。

ビーアンドオープレイ(B&O Play) BeoPlay A1

コンパクトながら120Wのスピーカーを2つ搭載したスマホ用スピーカーです。音が360度広がる「True360オムニディレクショナルサウンド」システムを採用。複数の人で音楽コンテンツを楽しみたい方におすすめです。

必要な時だけアンプに電力が供給される省エネ仕様。また、音声通話用のマイクが内蔵されているので、気軽にハンズフリー通話ができます。デザイン性と高機能を両立させたスマホ用スピーカーです。

スマホ用スピーカーのおすすめ|重低音タイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー 重低音モデル SRS-XB20

ソニーによる重低音重視Blueoothスピーカー「XBシリーズ」。小型機から大型まで幅広くラインナップされていますが、本機は適度な大きさと価格のバランスで扱いやすいのが魅力です。

直径42mmのフルレンジスピーカーユニットを2つ搭載。また、低音を強化する「EXTRA BASS」ボタンによって、コンパクトなサイズながらクオティの高い重低音が出ます。スピーカーの前面が音楽に合わせて光る「ライティング機能」もポイントです。

本製品は10台まで連動できる「ワイヤレスパーティーチェーン」に対応しているので、さらに低音アップも可能。屋外でも本格的なサウンドを楽しみたいという方におすすめです。

ボーズ(Bose) Bluetoothスピーカー SoundLink Mini Bluetooth speaker II

世界的なオーディオメーカー「ボーズ」の人気モデルです。薄型のスリムデザインでありながら、パワフルな重低音を再生することができます。本体は680gと適度な重さがあるので設置したときに安定感があります。低重心設計を採用しているので倒れにくいのもポイントです。

SoundLink Mini IIは「高性能トランスデューサー」を搭載しており、一般的なスピーカーユニットと比べて2倍の空気を振動させます。サウンドが力強く広がるので、普通のポータブルプレイヤーではモノ足りないという方におすすめです。

ハーマンカードン(Harman Kardon) Bluetoothスピーカー AURA STUDIO 2

オブジェのようなデザインが特徴的なBluetooth対応スマホ用スピーカー。本体側面に6つの40mm径フルレンジドライバーと、底面に112mm径のウーファーを採用しているのが魅力。部屋のどこにいても高音質なサウンドを楽しむことができます。

Bluetooth接続で2台まで端末をペアリングして、交互に音楽を流すことができる「ソーシャルモード」を採用。ホームパーティーやキャンプなど、さまざまなシーンで音楽を楽しみたい方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) JBL CHARGE3

50mm径ドライバーを2つ搭載。6000mAhの大容量バッテリーによって最大20時間もの長時間駆動できるBluetoothスピーカーです。高さを設けることで、床面からの反射音を低減。低音だけでなく、メリハリのあるクリアな音質が楽しめます。

また、「JBLコネクト」機能を搭載。同機能を有したスピーカーを2台ワイヤレス接続して、同時に音楽を再生できます。IPX7対応の高い防水性によりアウトドアシーンだけでなく、お風呂やキッチンなどの水回りでも安心して使えます。いつでもどこでも音楽を楽しみたい方におすすめです。