スマホさえあれば、外出先でも動画や音楽などが手軽に楽しめるようになりました。しかし、自宅などで音楽を楽しむ際には、別途スピーカーを用意した方がより迫力あるサウンドを楽しむことができます。

そこで活躍するのがスマホ向けスピーカー。スマホと接続することで、大幅に音質アップできる優れものです。今回は、手軽に楽しめるBluetoothでのワイヤレス接続タイプを中心に、スマホ向けスピーカーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

スマホ向けスピーカーの選び方

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーの音質は、内蔵アンプの出力と品位、ドライバーユニットの口径と質、スピーカーボックス部の容積などが組み合わさって決まります。ただ大きければよいというほど単純でもありません。

目安として、アンプ出力は10W以上、手のひらサイズは避け、できれば音の広がりの面で大きなアドバンテージのあるステレオタイプがおすすめです。低音については重低音を効果的に増幅できる「パッシブラジエーター」機構を持つモデルに注目しましょう。

新興メーカーを中心に数千円程度のモデルも増えていますが、ホームオーディオに長年の実績のあるソニー、ボーズ、JBLといった大手メーカーが音質設計技術に優れているのでおすすめです。

接続方法で選ぶ

Bluetoothワイヤレス接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth対応のスマホとコードレスで接続できる便利な仕組みです。コードの煩わしさがないので、飛躍的に普及しています。特にイヤホンジャックのないiPhoneにおすすめの接続方法です。

標準コーデックのSBCでは音源データを大きくカットするため、音質が劣化するのがデメリット。より音質のよいAAC、aptX、さらにはハイレゾ相当の伝送にも対応したLDACコーデックを使うことでカバーできます。

接続設定がワンタッチで可能なNFCや、複数機器と接続ができるマルチペアリング対応であればより簡単かつ便利に使えます。

しかし、Bluetoothは信号処理の関係上、入力よりも音が遅れる「遅延」が避けられないので、動画、ゲーム用には適さない点にも注意してください。 

ステレオミニ端子による有線接続

By: amazon.co.jp

Bluetoothを使わない接続方法として、イヤホンジャックを備えたスマホとの有線接続があります。基本的にAndroidスマホにおすすめですが、イヤホンジャックのないiPhoneでも付属アダプターを使えば接続可能。スピーカー側がBluetooth接続にしか対応しない場合は接続できません。

有線接続はBluetoothと違い、音源を圧縮しないので原理的に高音質なのがメリット。ただし、スマホ側の再生回路の音質に左右される面があるうえ、コードが煩わしいのもデメリットです。iPhoneでは操作性や利便性を損なう可能性もあります。

しかし、Bluetoothのような遅延や音の途切れがないので、動画やゲームの音を聴きたい場合には有線接続がおすすめです。

そのほかの接続

By: amazon.co.jp

スマホとの接続方法は基本的にBluetooth接続とステレオミニ端子によるアナログ接続が主ですが、他の機器とも接続して幅広く使いたい場合は、USB、Wi-Fi、DLNAでの接続方法もあります。

他にも、iPhoneを含むiOS機と高音質でワイヤレス接続できるAirPlayや、テレビなどと高音質接続できる光デジタル接続などがあり、これらは主にAC電源専用の据え置き型の装備です。

音量で選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーの音量は、アンプ出力とユニット口径が大きいほど最大音量が上がります。これにより、大きなホームオーディオであればかなりの大音量を出せますが、Bluetooth接続メインでポータブル使用にも対応するスマホ向けスピーカーではそうはいきません。

スマホ向けスピーカーでは、効率のよいD級アンプを使用したり、響きのよい本体にしたり、さらには電力確保をAC電源対応にするなどで大音量を実現可能。同じモデルを2台以上同時接続することで音量を稼ぐモノもあります。

一般的には出力20W以上のスピーカーであれば、得られる音量は十分。なお、屋内での使用を考えているのであれば、AC電源対応機から選ぶのがおすすめです。

使用シーンに合わせて選ぶ

屋外で使用するならバッテリー駆動時間を確認

By: amazon.co.jp

屋外で使用する方はバッテリーの連続駆動時間を確認しておきましょう。車内やキャンプ地などに置いて音楽を楽しむ場合は、途中で電池が切れてしまわないように長時間駆動するスピーカーがおすすめです。

連続して10時間程度駆動するモデルが一般的。より長時間駆動するモノもありますが、アンプへの出力を抑えて長時間駆動を可能にしている場合もあります。駆動時間の長いモデルを選ぶ際は音質が低下する可能性があるのでその点も考慮して選びましょう。

水濡れの可能性がある場合は防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

キッチンや浴室周辺など、水回りで使用する場合は防水性にも注目しましょう。防水機能のついているモノなら、万が一水がかかってしまった場合も安心です。そのほかにも海の近くやキャンプで使用する方や屋外で雨に濡れる可能性がある方などにも防水機能付きのモデルがおすすめ。

一方、部屋の中でのみ使用する場合は防水機能のついていないモノでも問題ありません。防水機能の有無で価格が前後する場合もあるため、使用シーンに合わせて適切なモデルを選びましょう。

スマホ向けスピーカーのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズはアメリカ発のオーディオ機器メーカーです。業務用スピーカーから家庭向けのアクティブスピーカーまで幅広く展開しています。個性的なデザインのモノが多く、ラインナップも豊富にあるためデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

音質は高音を包みこむような深みのある低音が魅力。バランスをとった音作りが特徴です。特に大音量の再生に優れており、広い場所でも快適に使用できます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

音響機器に限らずさまざまな分野で活躍する日本でも有名なメーカーです。高い技術とスマートなデザインから根強いファンが多いのが特徴。

ソニーはラインナップの豊富さも魅力です。ワイヤレス接続が可能なモデルも多く展開しており、BluetoothでPCやスマホと手軽につなげます。音は重低音を重視した作りのモノが多く、高いサウンドクオリティを感じたい方におすすめです。

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

アンカーはモバイルバッテリーやイヤホンなど、ガジェット系で高い人気を集めているメーカーです。低価格のスピーカーが多く、音質もある程度よいため入門としてもおすすめ。

バッテリーのよさに定評があり、10時間以上使用できるモデルもあります。シンプルなデザインでチープさを感じさせないのも魅力。コストパフォーマンス重視の方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

世界的にも有名なアメリカの老舗音響メーカーです。JBLのスピーカーは数多くのコンサートホールや映画館などで使用されており、スピーカーに関して熟練の技術を持っています。

特に低音域に定評があり、ディテールを損なわずに迫力ある低音を響かせられるのが魅力。特にジャズファンなどから熱狂的な支持を受けています。

マーシャル(Marshall)

By: amazon.co.jp

マーシャルは世界的にも有名なイギリスのアンプメーカーです。まるでギターアンプを小さくしたかのようなデザインが魅力。インテリアとしても楽しめます。

もちろん見た目だけでなく音質も優秀。アンプメーカーとして培った高い技術力を生かして設計されており、低音も十分に感じられます。ヴィンテージな見た目とは裏腹にワイヤレス対応しているモデルもラインナップ。特にロックファンから高い人気を誇るメーカーです。

スマホ向けスピーカーのおすすめモデル|大音量タイプ

ジェイビーエル(JBL) IPX7防水Bluetoothスピーカー FLIP4

手頃な価格とサイズながら、大音量も実現したスマホ向けスピーカーの人気モデルです。ジェイビーエルはアメリカの世界的スピーカーメーカーで、迫力のあるサウンドを得意としています。

本機も最大出力は8W×2とほどほどですが、巧みな音質チューニングによって迫りくるようなパワフルサウンドを実現。音量を上げても音割れしにくいのも魅力です。

本機を2台使ってのステレオ化、さらには最大100台接続して同じ音源を流せる「JBL Connect」機能も装備。さまざまな大音量再生にも柔軟に対応します。広い空間で、複数の場所から同じ音源を鳴らしての大音量再生にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレススピーカー 重低音モデル SRS-XB60

ソニー自ら「大音量Bluetoothスピーカー」と謳うモデルです。130mm径の大口径ウーファーを2基、50mm径のツイーターを2基搭載。これに響きのよい木製筐体を使用し、圧倒的な大音量と大音圧を実現。内蔵アンプも150Wと強力です。

コーデックはSBC、AACに加え、LDACにも対応しています。サイズは264×552×272mmで重量8000gと、スマホ向けのポータブルスピーカーとしては少し大きめですがバッテリー駆動も可能なのでキャンプや屋外イベントにもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ワイヤレススピーカーシステム SC-UA7-K

合計10基のスピーカーと1100W出力のアンプを内蔵し、大出力を実現したBluetooth接続対応のワイヤレススピーカーです。

大きさは260×744×295mm、重量約14kgとホームオーディオサイズ。電源もAC専用です。置き場所と大音量に問題がなければ、その空間をコンサート会場さながらに演出できます。ホームパーティーからイベントまで活躍できる優れものです。

スマホ向けスピーカーのおすすめモデル|高音質タイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go SRS-HG1

高音質なスマホ向けスピーカーの代表モデルです。独自開発の35mm口径フルレンジスピーカーユニットを搭載し、60Hzの低域から40kHzの高域までの広帯域再生をコンパクトな筐体で実現。ハイレゾ音源にも対応しています。

ハイレゾ相当のBluetooth伝送に対応するLDACコーデックに対応するほか、CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に変換再生できる「DSEE HX」も搭載。Wi-FiやUSB入力にも対応し、DSD音源にも対応するハイスペックです。

また、NFCでの簡単接続や各種音楽配信サービスを楽しめる「Google Cast」など、スマホとの連携性のよさも魅力。バッテリーも搭載しているので、屋外でも高音質を楽しみたい方におすすめです。

ボーズ(Bose) SoundLink Mini Bluetooth speaker II

ボーズがこだわる「小型でも高音質」を具現化したスマホ向けスピーカーです。独自の振動板とネオジウムリングマグネットを使用し、動かせる空気量を増やすことで中高域をクリアに鳴らします。

低音を効果的に増加できる「デュアル・オポージング・パッシブラジエーターⅡ」により、180×59×51mmのコンパクトサイズからは信じられないほどの重低音が特徴です。

また、音量に関わらず、聴きやすい音域バランスに整える技術もボーズの魅力。機能性と使いやすさを兼ね備えています。ポータブル使用にも対応しており、完成度の高さが光る逸品です。

アンカー(ANKER) ポータブルBluetoothスピーカー SoundCore

アンカーはモバイルバッテリーで有名な世界的メーカー。ここ数年はハイコスパで高音質なスマホ向けスピーカーでも注目されています。

大手メーカーの製品と同等の内容・音質ながらリーズナブルな価格が魅力。本モデルも独自のデュアルドライバーと特許取得のらせん状バスポートにより、ひずみの少ない高音質を実現。

バッテリー駆動で24時間再生可能なのも魅力です。アンプ出力は3W+3Wとほどほどなので、近くに置いて楽しむのに適しています。手頃で高音質なワイヤレススピーカーとしておすすめです。

ビーアンドオープレイ(B&O PLAY) ワイヤレススピーカー BeoPlay M5

360度スピーカータイプとして品質の高い高音質モデルです。ポータブルスタイルが主流の360度スピーカーとしては異色の据え置き専用モデル。AC電源専用とすることで、出力に余裕を持たせた高音質設計を採用しています。

165×185×165mmのコンパクトボディに5インチウーファー1基、1.5インチミッドレンジ1基、3/4インチトゥイーターを3基も搭載。再生周波数帯域は37~22000Hzと、360度スピーカーとしては驚異的なワイドレンジです。

テキスタイルと呼ばれる生地で覆われたデザインはインテリアに溶け込む柔らかさ。リビングで活躍できる高音質スピーカーとしてもおすすめです。

スマホ向けスピーカーのおすすめモデル|重低音タイプ

ジェイビーエル(JBL) IPX7防水Bluetoothスピーカー CHARGE3

重低音再生に優れたスマホ向けスピーカーの人気モデルです。50mm径ドライバーを2基搭載し、総合20W出力のアンプで力強く駆動。低音を増強させるパッシブラジエーターも搭載しています。

6000mAh大容量バッテリーによって最大20時間もの長時間駆動が可能なのもポイントです。Bluetoothスピーカーとしては最高レベルのIPX7防水性能も装備。屋外の水回りはもちろん、アウトドアでも活躍できるスピーカーです。

ボーズ(Bose) SoundLink Revolve Bluetooth speaker

360度スピーカータイプではトップクラスの重低音が魅力のモデルです。2基のパッシブラジエーターを向かい合わせに配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」と効率のよい発音ユニットを搭載。コンパクトながら充実した低音を再生します。

NFCでの簡単ペアリングにも対応。スマートフォンアプリ「Bose Connect app」を使用して、本機2台によるステレオ再生や同時再生も可能です。IPX4防水、12時間再生可能なバッテリーなど屋外でも使用できる性能も備えています。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー 重低音モデル SRS-XB20

ソニーのワイヤレススピーカーは、小型から大型まで数多くラインナップしていますが、本製品は価格、大きさ共にバランスの取れた人気モデルです。

重低音再生に優れた直径42mmのフルレンジスピーカーユニットを2つ搭載。さらに、低音を強化する「EXTRA BASS」ボタンによって、パンチのある低音を楽しめます。最大10台まで連動できる「ワイヤレスパーティーチェーン」にも対応しているので複数台設置での低音強化も可能。

スピーカーの前面が音楽に合わせて光る、ライティング機能を搭載しており、パーティーやキャンプでの雰囲気づくりにもおすすめのスピーカーです。

アルティメットイヤーズ(Ultimate Ears) UE MEGABOOM WS900

重低音に定評のある「UE BOOM」の上位モデルです。アンプ出力18W×2で、ユニットは50mm径のフルレンジ2基、105×47mmのパッシブラジエーター2基を搭載。これにより、パワフルでダイナミックな重低音を強化しています。

専用スマホアプリで電源ON/OFF、アラーム機能、イコライザーなどを設定可能なので好みのサウンドに調整できるのが魅力です。IPX7相当の防水性能と、最大20時間の連続再生も特徴。83×226×83mm、重量877gとやや大きめですが機能面に優れた製品です。

アンカー(ANKER) Premium Stereo Bluetooth Speaker A3143

アンカーの重低音強化機のなかでも10W+10Wのアンプ出力を実現したハイエンドモデルです。さらに低音再生を向上させる独自のMaxxBassテクノロジーとデュアルサブウーファーを組み合わせており、迫力とスケール感のある重低音サウンドを響かせます。

10mの接続範囲が可能なBluetooth4.0により、離れていてもスマホからの音楽を流せるのも魅力です。サイズは210×60×60mmとやや大きめですが、バッテリー内蔵なので屋外への持ち出しにも対応できます。高性能ながら比較的安価なコストパフォーマンスに優れたスピーカーです。

スマホ向けスピーカーのおすすめモデル|長時間稼働タイプ

ビーアンドオープレイ(B&O PLAY) Beoplay A1

フル充電で最大24時間連続再生できるスピーカーです。600gと軽量なので、カバンに入れて手軽に持ち歩けます。防水や防塵機能も備えており、耐久性も優秀。屋外での使用にもおすすめです。

全方位に音を届けるTrue360°BANG & OLUFSENサウンドも魅力。モノラル再生ですが、パワフルに全方向へ音を再生できます。付属のUSBを使えばPCとの有線接続も可能です。

また、専用のBeoplayアプリでサウンドのイコライジングができます。Bluetoothに対応しており、2台同時接続やステレオ再生も可能。さらに、スピーカーフォンや全方向に対応したマイクも内蔵しているため、ハンズフリー通話にも便利です。

暖かみを感じさせるシンプルなラウンドデザインも魅力。さまざまなインテリアになじみやすいモデルです。カラーも豊富に用意されているので自分好みのモノを選べます。デザイン性にも優れ、さまざまなシーンで活躍するスピーカーです。

アンカー(ANKER) Anker SoundCore 2 A3105

最大24時間連続再生できるスピーカーです。最大20mまで接続できるBluetooth4.2規格を採用しており、庭やビーチなど広い範囲でも手軽に音楽を楽しめます。マイクを内蔵しているため、ハンズフリー通話にも便利です。

また、2つの6Wドライバーを搭載しており、クリアなサウンドが楽しめます。他のモデルに比べて音質は劣りますが、深みのある低音をベースとしたバランスのよいサウンドです。

さらに、IPX5の防水性能を備えているのも本製品の魅力。海やキャンプなどアウトドアシーンでも活躍します。片手に収まるコンパクトサイズで、持ち運びも簡単なスピーカーです。

スマホ向けスピーカーのおすすめモデル|防水・防塵タイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスピーカー 400-SP069R

IP55相当の防水性と防塵性を備えたスピーカーです。耐久性が高いため、キャンプやプールなどのアウトドアシーンにおすすめ。丸洗いできるため、汚れやすいキッチン周りやビーチなどでも活躍します。

片手で持てるコンパクトサイズなのも魅力。軽量で持ち運びにも便利です。ストラップ用ホールがあるため、カバンなどに吊るしても持ち歩けます。

背面には低音域を増強するパッシブラジエーターを搭載。安価ながら低音もしっかりと再生します。Bluetoothに対応しているほか、microSD再生や3.5mmステレオミニケーブルとの接続も可能です。

ただ、バッテリー持ちの悪さが難点。2~2.5時間の充電で約3時間しか駆動しません。しかしUSB充電に対応しているため、手持ちのモバイルバッテリーで手軽に充電できます。

アンカー(ANKER) Anker SoundCore Sport A3182511

IPX7の防水性能を備えたスピーカーです。耐久性が高く、砂や水の中へ一定時間入れても故障しにくいのが特徴。アウトドアシーンやお風呂場などでの使用におすすめです。

連続再生時間は最大10時間。バッテリー残量をペアリングしているスマホから確認できるため、突然切れる心配もありません。マイクを内蔵しているため、ハンズフリー通話にも便利です。

また、3Wドライバーオーディオとパッシブ型のサブウーヴァーを採用しており、クリアなサウンドを楽しめます。特にアタックの強い低音が魅力のスピーカーです。

タオトロニクス(TaoTronics) Bluetooth スピーカー TT-SK09

IPX4の防水性能を備えたスピーカーです。耐衝撃性も備えているため、アウトドアにおすすめ。万が一落としても故障しにくく、海やキャンプなど水に濡れやすいシーンでも安心して使用できます。

内部には3Wのアンプを2つ搭載。音質は価格なりですが、クリアなサウンドが楽しめます。連続して最大10時間再生できるのもポイント。NFCに対応しており、ワンタッチで簡単に接続できます。

3.5mm端子が付属するため、Bluetooth非対応機器への接続も可能。234gと軽量で大きさもポケットサイズなので持ち運びにも便利なスピーカーです。