スマホでイヤホンを使わずに音楽を楽しめる「スマホ用スピーカー」。デスク上に置けるコンパクトタイプから大音量で出力できるパワフルなモデルまで、用途やシーンに合わせて選べます。

しかし、仕様や機能の異なるさまざまなモデルが販売されており、どれを選択したらよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのスマホ用スピーカーをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

スマホスピーカーの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス接続

By: amazon.co.jp

ケーブルを使わずにスマホと接続できるのがワイヤレス接続のスマホ用スピーカーです。Bluetooth接続により、外出先でもスマホと接続可能。無線LANの環境がなくても使用できます。ある程度離れた場所から音楽を再生できるのもメリットです。

Wi-Fi接続に対応しているモデルなら、Bluetooth接続より高音質なサウンドを再生可能。自宅やオフィスに無線LAN環境を構築していれば、Amazon MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスを存分に楽しめます。

ただし、ワイヤレス接続モデルは、外出先で充電が切れてしまうと使えなくなる点に留意しておきましょう。

有線接続

By: amazon.co.jp

ケーブルを使ってスマホと有線接続するモデルもあります。ワイヤレス接続と異なり音が劣化しにくいのが特徴。Bluetooth接続のように音源を圧縮しないため、高音質なサウンドを安定して再生できます。音が遅延したり途切れたりせず、迫力のあるサウンドで快適にゲームや映画鑑賞を楽しめるのもメリットです。

ケーブルの長さだけしかスマホと離せないので、スマホを携帯したまま場所を移動したい場合には不向き。長いケーブルがわずらわしく感じることもあります。また、対応している端子の種類も要チェック。端子が合わない場合には、別途変換プラグが必要です。

ワイヤレスで音質を重視するなら「対応コーデック」をチェック

By: amazon.co.jp

コーデックとは音源を転送する際の圧縮方式。すべてのBluetooth接続に対応可能な標準コーデック「SBC」のほか、「aptX」や「AAC」などさまざま種類があります。なかでも、「LDAC」や「aptX LL」などは高音質で遅延が少ないコーデックです。高音質なサウンドを楽しみたい方はチェックしておきましょう。

ただし、「AAC」はApple端末のみに対応しているなど、端末によっては対応していない場合も。スマホと接続する場合は、スピーカーとスマホの対応コーデックが合っているかを確認することが重要です。

複数ペアリング対応モデルもおすすめ

By: amazon.co.jp

スマホ用スピーカーには、同型機種2台をBluetoothでペアリングできる製品があります。左・右ペアのステレオスピーカーとして利用できるのが特徴。より臨場感のあるサウンドを求める方におすすめです。

そのほか、対応する製品であればより多くのデバイスを接続できるモデルなども販売されています。広い部屋でも大音量の音楽が楽しめるため、大人数で盛り上がるパーティー用途にピッタリです。

サイズや重さをチェック

By: amazon.co.jp

外に持ち出す機会が多い方は、サイズや重さをしっかりとチェックしましょう。どれだけ音質がよいスピーカーでも、重くてかさばる製品は気軽に持ち歩けません。できるだけコンパクトで軽量なモデルがおすすめです。

スマホ用スピーカーのなかには、カラビナやループを搭載している製品なども。リュックやベルト通しへ吊り下げたり、指に引っ掛けたりと持ち運びがしやすいので便利です。アクティブに行動したい方は、ぜひチェックしてみてください。

大音量で楽しむなら「出力(W数)」をチェック

By: amazon.co.jp

スマホ用スピーカーは出力の大きいモデルほど大音量で再生できます。出力はW数で表示されており、数値が大きいほどパワフルなサウンドを再生可能。音量を上げても音割れせず、高音質なサウンドを楽しめます。

サイズの大きなモデルほど、出力が大きい傾向があるのも特徴。デスク周りなど狭いスペースに設置したい場合には、3~5W程度のコンパクトなモデルがおすすめです。オフィスやリビングに設置して大音量で楽しみたいなら、15~25Wのパワフルなモデルが適しています。さらに高出力なモデルもあるので、周囲に気兼ねせず音楽を楽しめる環境がある方はチェックしてみてください。

バッテリーの持続時間をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続モデルを選択する際は、バッテリーの持続時間をチェックしましょう。外出先で充電が切れるとスピーカーを使えなくなるので、連続再生時間が10時間以上のモデルがおすすめ。毎日充電する手間を省きたいなら、一度の充電でより長く再生できるモデルを選んでみてください。

ただし、バッテリー容量が大きくなるほど、本体サイズも大きくなる傾向があります。バッグに入れて持ち運ぶ機会が多い場合は、本体サイズや重量を確認しましょう。また、外出先での充電切れが心配なら、モバイルバッテリーを活用するのもおすすめ。短時間である程度充電できる高速充電機能を搭載したモデルもあるため、チェックしてみてください。

キャンプやプールで使うなら防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

スマホ用スピーカーを屋外に持ち出して使用するなら、防水性能をチェックしましょう。防水性を備えていないと、水しぶきや雨で濡れてしまった際に故障の原因になります。防水性能は「IPX7」など、表示されている数値で確認可能です。

プールやお風呂場など水に濡れやすい環境で使うなら、IPX7以上の防水性能を備えたモデルがおすすめ。突然の雨にも対応できます。キッチンや洗面所などの水回りなら、IPX4程度でも使用可能です。

スマホスピーカーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

東京都港区に本社をかまえているグループ企業です。CMOSイメージセンサをはじめとするハードウェアや映画・音楽などのソフトウェア、ゲーム機器など幅広く製品やサービスを展開しています。

スマホ用スピーカーのラインナップも豊富。小型で気軽に携帯できるモデルから、自宅やオフィスで迫力のあるサウンドを楽しめるモデルまで数多くの製品を発売しています。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカのカリフォルニア州に本拠を置く音響機器製造会社です。スピーカーを中心にヘッドホンやホームシアターシステムなどを手掛けており、美しいデザインと高音質な製品はプロ・アマを問わず高い評価を受けています。

スマホ用スピーカーも、携帯に便利なコンパクトモデルからパーティーに適した高出力モデルまで幅広くラインナップ。水辺でも安心して使用できる、防水性能が優れたモデルも多数発売しています。

アンカー(ANKER)

By: ankerjapan.com

Google出身の数名で2011年に設立されたハードウェアブランドです。スマホやタブレット向けモバイルバッテリーの開発・発売を手掛けているほか、ワイヤレスイヤホンやスピーカーなどを展開しています。

低価格ながら多機能でコスパに優れたスマホ用スピーカーをラインナップ。バッテリーの持続時間が長いモデルや、屋外で安心して使える防水性能の高いモデルなどを発売しています。

スマホスピーカーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB33

ダイナミックなサウンドを楽しめる、おすすめのスマホスピーカー。IP67の防水防塵のほか、錆びの発生を防ぐ防錆にも対応しているので、海で使いやすい点が特徴です。表面には汚れや傷に強い独自のファブリック素材を採用しています。

SBCのほか、iPhone向けの高音質コーデックであるAACにも対応。LDACもサポートしているため、ワイヤレスながらハイレゾ相当の音質を楽しめます。また、圧縮の過程で失われた高音域を補完する「DSEE」に対応しているのも魅力です。

マイクが搭載されている点も特徴のひとつ。音楽や動画、ゲームなどの音声を楽しむだけではなく、ハンズフリー通話も行えます。

ソニー(SONY) ワイヤレススピーカー SRS-RA5000

音に包まれるような体験を楽しめる、おすすめのスマホスピーカー。「360 Reality Audio」に対応している点が特徴。対応の音楽配信サービスの曲を再生すると、目の前で演奏しているような臨場感を体験できます。また、高音域を補完しながらサンプリング周波数やビットレートをハイレゾ相当まで高める「DSEE HX」も利用可能。Spotifyのような配信サービスの曲も高音質で楽しめます。

対応しているコーデックは、SBCとAACの2種類。NFCも搭載されているため、対応スマートフォンを近づけるだけでペアリングできます。オーディオケーブル端子が搭載されているので、Bluetoothだけではなく有線接続も可能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23

スリムで取り回しやすい、おすすめのスマホスピーカー。円筒形のデザインを採用しており、縦置きと横置きの両方に対応しています。縦置きでもしっかりと音が広がるように設計されているため、ボトルホルダーに入れた状態でも快適に使用可能です。

SBCとAACのほか、LDACをサポートしている点が特徴。iPhoneと接続しても高音質な音楽を再生できるほか、LDAC対応機器と接続した場合はハイレゾ相当の音質を楽しめます。また、アプリを使用すればイコライザーのカスタマイズも可能です。

ストラップが付属するのも魅力。フックに引っかけたりカバンにぶら下げて持ち歩いたりなど、自由な使い方ができます。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB13

コンパクトながら広がりのあるサウンドを体験できる、おすすめのスマホスピーカー。本体が非常に小型なうえ、ストラップも付属しているので、さまざまな場所に引っかけて使用可能です。防水防塵にも対応しているため、水回りでも安心して使用できます。

上部に向かって音が拡散される構造により、広がりのあるクリアなサウンドを体験可能。底面にはパッシブラジエーターも搭載されているので、ダイナミックな重低音を再生できます。

ジェイビーエル(JBL) FLIP6 JBLFLIP6

アウトドアでも活躍する、おすすめのスマホスピーカー。一般的な500mlのペットボトルに近いサイズなので、気軽に持ち運び可能です。カバンに入れやすいのはもちろん、種類によっては車や自転車のドリンクホルダーなどにセットできます。

ウーファーとツイーター、デュアルパッシブラジエーターを搭載した、2wayスピーカー構成が特徴。スマートフォンやタブレットなどの機器を最大で2台まで接続できるほか、複数のスピーカー同士を接続できる「PartyBoost」にも対応しています。

IP67に準拠した防水防塵も魅力のひとつ。水回りはもちろん、ビーチのような砂ぼこりが気になる環境でも使用可能です。バッテリー容量も約4800mAhと大きく、最大約12時間の連続再生を実現しています。

ジェイビーエル(JBL) Clip 4 JBLCLIP4

豊富なカラーバリエーションが魅力的な、おすすめのスマホスピーカー。楕円形の本体には大型のカラビナが搭載されています。コンパクトに設計されているので、ベルトやカバンのストラップにカラビナを通して持ち運び可能です。

小型ながら奥行きのあるサウンドを楽しめる点が魅力。高音域や中音域を綺麗に再生できるのはもちろん、パンチのある低音も再生できるため、バランスのよい引き締まった音を体験できます。

IP67に準拠した防水防塵に対応しているのもポイント。プールサイドやビーチ、山などでも安心して使用できるので、登山やキャンプのようなアウトドアシーンに適しています。

コンパクトながらバッテリー持ちにも優れており、最大で約10時間の再生が可能です。

ジェイビーエル(JBL) CHARGE5 JBLCHARGE5

高音質を楽しめる、おすすめのスマホスピーカー。IP67に準拠した防水防塵に対応している点が特徴です。お風呂やキッチンのような水回りで使いやすいのはもちろん、キャンプ場やビーチなどの砂ぼこりが舞う場所でも故障のリスクを抑えながら使用可能です。

2wayスピーカーの内蔵による、高音質が魅力のひとつ。大口径のウーファーやデュアルパッシブラジエーターなどが搭載されており、ダイナミックなサウンドを実現しています。また、複数のスピーカー同士をワイヤレスで接続する機能も利用可能です。

最大約20時間の連続再生が可能なほか、USBケーブルでスマートフォンと接続すればモバイルバッテリーとしても活用できます。

ジェイビーエル(JBL) Partybox 110 JBLPARTYBOX110JN

音だけではなく見た目も楽しめる、おすすめのスマホスピーカー。内部にLEDライトが搭載されており、音楽に合わせて点灯します。スマートフォンアプリを使用すると、ライティングカラーやパターンなどをカスタマイズ可能です。

臨場感のあるサウンドも特徴。パワフルな低音を再生できるので、迫力のある音で音楽を楽しめます。また、USBメモリを接続して保存してある曲を再生したり、AUX端子経由で有線接続したりも可能です。

連続再生時間は、約12時間。水が跳ねたり濡れた手で触れたりしても故障しにくい、IPX4の防滴にも対応しています。

アンカー(ANKER) Soundcore 3 A3117011

スタンダードな性能で使いやすい、おすすめのスマホスピーカー。大容量バッテリーが搭載されており、最大で24時間音楽を再生可能です。充電用のポートには、USB Type-Cを採用しているため、スマートフォンやタブレットとケーブルを共有できます。

8Wドライバーを2基内蔵しており、深みのあるサウンドを再生可能。低音を強化する、デュアルパッシブラジエーターも搭載されています。また、スマートフォンアプリを使用すると、イコライザーを選択したりカスタマイズしたりも可能です。

IPX7に準拠した防水にも対応。水深約1mの環境に30分間水没しても操作できると謳われているので、プールやお風呂のような場所でも高音質なサウンドを楽しめます。

アンカー(ANKER) Soundcore Boost A3145013

シンプルで使いやすい、おすすめのスマホスピーカー。万が一水に濡れたり水没させたりしてしまっても故障しにくい、IPX7の防水規格に対応しています。キッチンやお風呂、プールサイドなどさまざまな場所で使用可能です。

チタニウムドライバーの搭載による、高音質が特徴のひとつ。スマートフォンアプリを利用すれば、イコライザーもカスタマイズできます。また、2台のスピーカーを用意すると、スピーカー同士をペアリングしてステレオ再生も可能です。

バッテリー持ちは、最大約12時間。本体にはUSB Type-Aポートが搭載されており、スマートフォンやタブレットなどを接続すると、モバイルバッテリーとしても活用できます。

アンカー(ANKER) Soundcore Mini 3 A3119011

マグカップ程度のサイズが魅力的な、おすすめのスマホスピーカー。片手で楽に掴めるほどのコンパクトなサイズを採用しています。指を通したりフックに引っかけたりできるストラップも搭載されており、自宅でも外でも便利に使用可能です。

独自の「BassUpテクノロジー」の採用が魅力のひとつ。コンパクトながら低音をしっかりと響かせられるので、迫力のあるサウンドを楽しめます。また、スマートフォンアプリを使用すれば、好みに合わせて4種類のイコライザーを切り替え可能です。

小型ながら十分なバッテリーが搭載されており、最大で約15時間連続で音楽を再生できます。充電用のポートには、USB Type-Cを採用。裏表の区別がないため、スムーズにケーブルを着脱できます。

エレコム(ELECOM) ミニサウンドバースピーカー behav SP-PCBS01U

2通りの接続方法に対応した、おすすめのスマホスピーカー。Bluetoothのほかステレオミニプラグによる接続にも対応しているので、使用しているスマートフォンの種類に合わせて接続方法を選びながら使用できます。

縦置きのほか、付属の専用スタンドを使用する横置きの両方に対応している点も特徴。スペースに応じて、設置方法を臨機応変に変更できます。また、横置きした場合は、スタンドの上で本体の向きを変えると指向性の調節も可能です。

内部には、2.5Wのアンプと43mmのドライバーを2基搭載。パッシブラジエーターも搭載されているため、スリムな形状ながらしっかりと低音が響きやすく、臨場感のあるサウンドを体験できます。

デノン(DENON) ポータブルワイヤレススピーカー Envaya Pocket DSB-50BT

コンパクトながら深みのあるサウンドを再生できる、おすすめのスマホスピーカー。電源を入れると自動でペアリングモードになり、スマホから設定するだけで簡単に接続可能です。最大8台のペアリング情報を記憶できるため、複数の機器を使い分けている方にも適しています。

コーデックは、SBCのほかにAACもサポートしているので、iPhoneと接続しても高音質で再生可能。また、aptX LLにも対応しているため、音楽を高音質で楽しめるだけではなく動画コンテンツも遅延を抑えて視聴できます。

IP6X相当の防塵とIPX7相当の防水にも対応。水濡れや砂ぼこりを気にせず使用できるので、キャンプのようなアウトドアシーンでも活躍します。

マーシャル(Marshall) Stanmore II ZMS-1001903

おしゃれかつ高音質な、おすすめのスマホスピーカー。木製のフレームや真鍮のプレートなどを使用したクラシックなデザインを採用しており、おしゃれな雑貨のようにインテリアとしても楽しめます。

音量・低音・高音を手動で調節できるコントロールノブの搭載もポイント。指先の感覚による、直感的な操作を実現しています。また、専用のスマートフォンアプリにも対応。イコライザーを調節したり、2台のスピーカーを接続してステレオ再生したりもできます。

aptXに対応しているため、遅延を抑えやすい点も魅力のひとつ。また、ワイヤレスだけではなく、3.5mmのステレオミニプラグによる有線接続にも対応しています。

トライビット(Tribit) XSound Go

コストパフォーマンスに優れた、おすすめのスマホスピーカー。外装にABSやTPUといった耐久性に優れた素材を多く採用しています。指紋や傷が付きにくいように陽極酸化処理も施されており、長期間綺麗な状態で使用可能です。

8Wのドライバーを2基内蔵し、高品質なサウンドを実現。ボリュームを上げても音割れしにくく、ダイナミックな低音を大音量で楽しめます。また、マイクも搭載されているので、ハンズフリー通話にも活用可能です。

ボーズ(Bose) SoundLink Micro Bluetooth speaker

コンパクトながら耐久性に優れたおすすめのスマホスピーカー。本体にはソフトな質感のシリコンが採用されているので滑りにくく、落下の衝撃も和らげられます。ストラップを利用すればカバンや自転車のハンドルに取り付けられるため、簡単に持ち運び可能です。

専用に設計されたトランスデューサーやパッシブラジエーターを内蔵。コンパクトながら深みのある低音を再生できるので、場所を問わずに臨場感あるサウンドを体験可能です。

バング・アンド・オルフセン(Bang & Olufsen) Beosound A1 2nd Generation 1734001

シンプルながらおしゃれなデザインの、おすすめスマホスピーカー。本体がIP67の高い防水防塵に対応しているほか、耐水加工が施された本革ストラップも付属しています。シンプルながら高級感のあるデザインなので、見た目を重視する方におすすめです。

2つのドライバーが内蔵されており、360°全方向に均等に音を拡散可能。低音域から高音域まで、バランスのよいサウンドを再生できます。また、Amazon Alexaにも対応しているため、ハンズフリーで操作が可能です。

ROUNDS スマホスピーカー RSSP-01

イヤホンジャックに直接接続して使用する、おすすめのスマホスピーカー。スピーカー本体にステレオミニプラグが直付けされているため、スマートフォンに直接繋げて使用可能です。手の平に収まるほどコンパクトなので、気軽に使用できます。

本体裏面に電源ボタンを搭載。接続後に電源を入れるだけですぐに使い始められます。コンパクトながらしっかりとした音量を確保できる点が魅力のひとつ。自分1人で楽しめるのはもちろん、友人や家族と音楽や動画を楽しみたい場合にもおすすめです。

電源は充電式。USBポートが搭載されているため、ACアダプターやモバイルバッテリーなどから簡単に充電できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 防水・防塵対応Bluetoothワイヤレススピーカー MM-SPBT3BKN

携帯性に優れた、おすすめのスマホスピーカー。本体が幅142×奥行き70×高さ46mmと片手で掴めるほどのコンパクトサイズなので、自宅でも外でも場所を選ばずに使用可能です。

コンパクトながらダイナミックなサウンドを再生できる点が魅力のひとつ。3Wのスピーカーが2基搭載されているほか、背面にはパッシブラジエーターも用意されているため、響くような重低音を体験できます。

また、最大で約10m程度離れていても通信可能です。Bluetoothのほか、有線接続に対応しているのもポイント。microSDカードスロットも搭載されており、カード内に保存した曲の再生もできます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothウェアラブルネックスピーカー MM-SPBT4BK

首にかけて使用するタイプのおすすめのスマホスピーカー。耳に直接触れずに音声を聞けるため、長時間使用した際の耳への負担を軽減できます。IPX5の防水にも対応しているので、汗や軽い水濡れも気にせずに使用可能です。

スピーカーユニットが内側に角度を付けて搭載されているため、耳に向かってダイレクトに音が届きます。また、高感度マイクが搭載されているのも特徴のひとつ。音楽や動画を楽しむだけではなく、ハンズフリー通話も可能です。