テレビで迫力あるサウンドを楽しめる「テレビ用スピーカー」。テレビのスピーカーだと物足りない方におすすめのアイテムです。スリム設計で設置しやすいサウンドバータイプや、立体感のある音を楽しめるマルチスピーカータイプなど多くの種類が展開されています。

そこで今回は、おすすめのテレビ用スピーカーをご紹介。テレビにスピーカーを付けるメリットや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

テレビにスピーカーを付けるメリット

By: amazon.co.jp

テレビにスピーカーを付けるメリットは、テレビ自体のスピーカーでは得られにくい迫力や立体感を味わえるところ。特に薄型テレビでは、薄型化が進むにつれてスピーカーに使える面積が少なくなり、テレビの音声が弱い傾向にあります。

テレビ用スピーカーを取り付けることで、テレビの音声を強化して聞き取りやすくできるのが利点。自宅を映画館のような環境に近づける「ホームシアター」の構築にも必須のアイテムです。

高性能なモデルを選べば、音質を向上させられるのもメリット。ただし、スピーカーの種類によって特性が異なるので、自分の求めている環境に適したスピーカーを選んでみてください。

テレビ用スピーカーの選び方

スピーカーのタイプで選ぶ

サウンドバータイプ

By: amazon.co.jp

サウンドバータイプは、テレビ用スピーカーのスタンダードなタイプで、スリムなデザインが特徴。液晶テレビの下に設置でき、スペースもあまり取らないので、目立ちにくく手軽にホームシアター環境を構築できます。薄型テレビのスタイリッシュさを残しつつ、迫力あるサウンドを楽しみたい方におすすめです。

また、ラインナップが豊富で、選択肢が多いのも魅力のひとつ。デザインや音質などさまざまな観点から自分に合ったモノを選べます。初めてテレビ用スピーカーを購入する方もチェックしてみてください。

セパレートタイプ

By: amazon.co.jp

セパレートタイプは、低音の再生をメインとするウーファーと、中高音の再生をメインとするスピーカーが分かれたタイプのモノ。サウンドバータイプに比べて、より強い低音や臨場感を味わえるのが特徴です。

ただし、ウーファーを設置するスペースを確保しなければいけない点は注意が必要。サウンドバータイプだと迫力が物足りない方は、セパレートタイプの購入検討してみてください。

マルチスピーカータイプ

By: amazon.co.jp

マルチスピーカータイプは、複数のスピーカーを使用して音を再生するタイプです。スピーカーの数が多い分、音の定位感や立体感などを表現しやすいのが特徴。映画やライブ映像などを臨場感たっぷりで楽しみたい方におすすめです。

ただし、複数のスピーカーを使用するため、設置するスペースを確保しなければいけない点に注意。また、配線や設定もややこしくなるので、ある程度知識のある上級者の方に適しています。

台座タイプ

By: amazon.co.jp

台座タイプは名前の通り、テレビの下に敷くように設置するタイプのスピーカー。ほかのタイプよりもスペースを取らず、スマートに設置できるのが特徴です。一人暮らしなど設置スペースが限られている方におすすめ。テレビと一体化したような外観になるため、インテリアに馴染みやすいのもメリットです。

台座タイプはテレビを乗せるので、安定感や耐荷重を事前にしっかりチェックしましょう。テレビのサイズに適したモノを選ぶことも重要です。

チャンネル数をチェック

By: amazon.co.jp

テレビ用スピーカーを選ぶ際はチャンネル数に注目。チャンネル数とは、スピーカーやウーファーの数を表したモノで、2.1ch・5.1ch・7.1chなどの種類があります。チャンネル数が増えるほど立体的なサウンドを楽しむことができ、臨場感あふれるリスニング体験が可能です。

2.1chは、2本のフロントスピーカーにサブウーファーが付いたモノ。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

5.1chはフロント2本、センター1本、サラウンド2本のスピーカーにサブウーファーを加えたモノ。ホームシアターの主流で、本格的なサラウンドサウンドを楽しめます。

7.1chは、5.1chに後方2本のスピーカーを加えたタイプ。より臨場感が増し、自然なサラウンドを体感できます。スピーカーが増えるほど価格も高くなり、必要な設置スペースも広くなるので、自分に適したチャンネル数を選んでみてください。

接続方法をチェック

有線接続

By: amazon.co.jp

基本的にテレビ用スピーカーは有線接続が採用されており、最も多いのがHDMI接続。「ARC(Audio Return Channel)」に対応したテレビとスピーカーなら、ARC対応のHDMIケーブルを1本用意するだけで、音声信号をスピーカーに伝送できます。ブルーレイレコーダーなど複数の機器に接続する場合は、HDMI端子を複数備えたモデルがおすすめです。

また、ARCに対応したHDMI接続なら機器連動ができます。機器連動とは、テレビのON・OFFに合わせてスピーカーの電源をON・OFFする機能で、便利に使用可能です。

なお、ARC非対応のテレビと繋げる場合は、HDMI接続に加えて光デジタルで繋げることも必要。現在販売されているテレビのほとんどがARCに対応していますが、古いテレビで臨場感あふれるサウンドを楽しみたい方は、光デジタルのケーブルも用意してみてください。

Bluetooth

By: amazon.co.jp

Bluetoothに対応したテレビを持っている方は、Bluetoothで接続ができるスピーカーも要チェック。ケーブルが不要になるため、配線がすっきりしてスタイリッシュに設置できるのが特徴です。

また、テレビだけでなく、スマホやタブレットなどのBluetooth対応デバイスも接続できるので、音楽だけ楽しみたいシーンにもぴったり。汎用性の高さを求めるなら、有線接続とBluetooth接続の両方に対応したモデルも検討してみてください。

テレビ用スピーカーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、オーディオ機器をはじめ数多くの製品を手掛ける日本の総合電機メーカーです。ポータブルオーディオ機器「ウォークマン」を発売したことでも有名。テレビ・イヤホン・ヘッドホンなど幅広い製品をラインナップしています。

テレビ用スピーカーは、サウンドバーをメインに、リーズナブルなモデルからハイエンドなモデルまでラインナップが豊富なのが特徴。CD以上の情報量を持つハイレゾの再生に対応したモデルもラインナップしています。自分の用途や予算に合ったモデルを見つけたい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハは静岡県に本社を置く、世界的にも有名な楽器メーカーです。ピアノやギター、ドラム、ヴァイオリンなど多くの楽器を生産。イヤホンやスピーカーなどのオーディオ機器の製造にも力を入れています。

テレビ用スピーカーは、コンパクトかつリーズナブルなモデルから、音声アシスタント「Amazon Alexa」を内蔵した機能性に優れたモデルまで幅広く展開。複数のスピーカーを設置しなくても擬似的にサラウンドサウンドを楽しめる「バーチャルサラウンドシステム」機能を搭載したモデルもラインナップしています。

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

デノンは、オーディオ機器をメインで手掛ける日本のメーカー。本格的なサウンドを楽しめるため、音質にこだわりたい方から人気を集めています。

テレビ用スピーカーは、比較的安く購入できるサウンドバータイプから、高性能なハイエンドモデルまでラインナップ。シンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力なので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

テレビ用スピーカーのおすすめ|サウンドバータイプ

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

コンパクトながら迫力ある低音を楽しめるテレビ用スピーカーです。本体中央にデュアルサブウーファーを搭載しているのがポイント。また、高さ方向の音を表現できる「Vertical Surround Engine」と前後左右方向の音を表現できる「S-Force Pro Front Surround」により、立体的なサウンドを実現しています。

Bluetooth接続に対応しているため、テレビだけでなく、さまざまなデバイスと接続できる汎用性の高さも魅力。HDMI端子を搭載しているので、有線接続も可能です。

テレビで臨場感あふれるライブ映像や映画を楽しみたい方や、ゲームで使用したい方もチェックしてみてください。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S100F

デジタルアンプ「S-Master」を搭載したテレビ用スピーカー。原音に忠実な音を再生できます。加えて、臨場感のあるサラウンドを実現する「S-Force フロントサラウンド」を搭載しているのもポイントです。

便利な機能が充実しているのも魅力。再生するコンテンツに合わせて音設定を自動的に切り替える「オートサウンド」機能や、シネマ・ミュージック・スタンダードから選べる「サウンドモード」を搭載しています。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-A7000

1本で7.1.2chの本格的なサラウンド体験ができるテレビ用スピーカーです。イネーブルドスピーカーを搭載し、天井からの音の反射で高さ方向のサウンドを実現。また、リモコンを操作するだけで天井と壁までの距離を計測し、理想的な音場に自動調節されるのも特徴です。

Bluetoothに対応しており、スマホなどさまざまなデバイスに接続できるのもポイント。また、8K HDRに対応しているため、8Kテレビでも性能を発揮できます。

サブウーファーやリアスピーカーを別途購入して拡張することで、より自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-109

高さ53mmの薄型ラウンドフォルムを採用したサウンドバータイプのテレビ用スピーカーです。非常にスリムなため、スタンドが低い薄型テレビの下にも設置可能。シンプルかつスタイリッシュなデザインなので、インテリアに馴染みやすいのもポイントです。

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているため、高さ方向の音を表現できるのも魅力のひとつ。臨場感あふれるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。また、Amazon Alexaを内蔵しており、話しかけるだけでさまざまな操作がおこなえます。

Bluetooth接続に対応しているので、テレビだけでなく、スマホやタブレットなど複数のデバイスと接続可能。汎用性の高いモデルを探している方はチェックしてみてください。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S216

本格的なサウンドをリスニングできるテレビ用スピーカー。バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、2.1chを実現しています。また、2基の75mmサブウーファーを搭載しているので、力強い重低音を楽しめるのもポイントです。

横幅が890mmとコンパクトなため、目立ちにくくスマートに設置可能。さらに、Bluetoothに対応しているので、スマホやパソコンなども接続できます。

ハイセンス(HISENSE) サウンドバー HS214

バーチャル5.1chサラウンドを実現したテレビ用スピーカーです。Movieモード・Musicモード・Newsモードの3つのモードを備えており、コンテンツに合わせたサウンドを再生できます。また、78mm口径サブウーファーを内蔵しているので、迫力ある重低音サウンドをリスニングできるのも魅力です。

ARC対応のためHDMIケーブル1本で簡単に接続できるのもポイント。Bluetoothにも対応しているので、スマホなどに繋げることも可能です。

幅65×高さ6.15×奥行9.5cmのコンパクトサイズで、スタイリッシュに設置できます。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) サウンドバー SN7CY

まとまりのあるサウンドを実現できるテレビ用スピーカーです。デュアルアクションバスを搭載しており、迫力のある重低音サウンドで没入感を高められるのも特徴。Dolby AtmosとDTS:Xに対応しているので、立体感のあるバーチャルサラウンドサウンドも楽しめます。

AIサウンドプロにより、コンテンツに合わせてサウンドが調節されるのも魅力のひとつ。さまざまな接続に対応しており、Bluetooth・光ケーブル・HDMIで繋げられます。

スタイリッシュなデザインなので、インテリアに馴染みやすいのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB200

コンパクトなデザインのテレビ用スピーカーです。幅450×高さ51×135mmと小型なので、テレビの画面を隠さず、省スペースに設置できます。

コンパクトながら80Wの迫力あるサウンドを実現できるのも魅力のひとつ。また、Bluetooth接続に対応しているので、テレビだけでなくスマホなどさまざまなデバイスと接続できます。

HDMI-CECに対応したテレビなら、テレビのリモコンで簡単に操作できるのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) BAR 2.0 ALL IN ONE JBLBAR20AIOBLKJN

シンプルで使いやすいテレビ用スピーカーです。幅614×奥行き90mmとコンパクトなサイズのため、テレビの前のスペースにもすっきりと設置可能。壁掛けスタイルでの設置にも対応しています。

ARC対応なので、HDMIケーブル1本で手軽に接続可能。Bluetoothにも対応しているため、スマホやタブレットなどさまざまなデバイスと繋げられます。

新開発の楕円形ドライバーユニットを搭載しており、聴き取りやすい自然なサウンドを実現しているのも魅力です。

テレビ用スピーカーのおすすめ|セパレートタイプ

ソニー(SONY) ホームシアター HT-G700

「ナイトモード」を備えたテレビ用スピーカー。深夜など小さい音量で再生する際も、はっきりとした音を聞き取れます。映画などのコンテンツを臨場感たっぷりで楽しめるのも特徴。また、バースピーカーの中央部分にセンタースピーカーを搭載しているので、セリフや人の声を聞き取りやすいのもポイントです。

高さ方向のサウンドを実現する「Vertical Surround Engine」を備えているため、音に包まれるかのような空間を楽しめるのも魅力。そのほか、Bluetoothに対応しているので、さまざまなデバイスを接続できます。

スタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ホームシアター HT-S350

大出力アンプとサブウーファーにより、迫力あるサウンドを楽しめるセパレートタイプのテレビ用スピーカーです。サブウーファーはワイヤレス接続できるため、自由に設置場所を選べます。独自のデジタル音場処理技術により、前方のスピーカーだけで擬似的にサラウンドサウンドを実現できるのが特徴です。

ARC対応のHDMI接続に対応しているため、ケーブル1本でテレビと繋げられるのも魅力。有線接続だけでなく、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応しているので、スマホやウォークマンなどに保存した音楽も再生できます。

セパレートタイプとしては比較的リーズナブルに購入できるため、予算を抑えたい方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

音声でさまざまな操作がこなせる「Amazon Alexa」に対応したテレビ用スピーカー。操作ボタンにはタッチセンサーを搭載しており、軽く触れるだけで音量の調節や電源のON・OFFなどを切り替えられるのが特徴です。

また、HDMIや光ケーブルによる有線接続のほかに、Bluetooth接続も可能。スマホやタブレットに繋いで音楽を楽しめるのも魅力です。そのほか、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているので、高さ方向のサウンドも実現できます。

優れた質感とデザインで、インテリアの雰囲気を崩さず設置できるのもポイント。見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S316

2.1chを実現したセパレートタイプのテレビ用スピーカーです。中音域と高音域それぞれに専用のドライバーユニットを搭載。サウンドバーは高さ54mmとスリムなデザインなので、テレビの画面を遮らず設置できます。

サブウーファーはワイヤレス接続ができるため、設置場所を自由に選べるのも魅力。テレビとの接続は、HDMIケーブルか光デジタルケーブルから選択可能です。Bluetooth接続にも対応しているので、スマホやタブレットとも接続できます。

深夜など音量を控えめにして視聴する際に適した「ナイトモード」を備えているのもポイントです。

ポークオーディオ(Polk Audio) SIGNA S4

3.1.2chを実現したセパレートタイプのテレビ用スピーカーです。上方向のサウンドが加わり、迫力のある音場を楽しめるのが特徴。コンテンツやシーンに合わせてサウンドを選べる「サウンドモード」や、声の音量を聞き取りやすいように調節する「Voice Adjust機能」を搭載しているのも魅力です。

また、大口径のサブウーファーを備えているため、臨場感豊かなサウンドを楽しめます。サブウーファーはワイヤレス接続できるので、部屋中の好きな場所に設置可能です。

サウンドバーは高さ60mmのスリムなデザインのため、テレビの下のスペースにも設置できます。壁掛けにも対応しているので、壁掛けスタイルでテレビを設置している方にもおすすめです。

テレビ用スピーカーのおすすめ|マルチスピーカータイプ

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-PA41

映画や音楽などを臨場感あふれるサウンドで楽しめる5.1chのテレビ用スピーカーです。フロントスピーカー・サラウンドスピーカー・センタースピーカーを同梱。フロントスピーカーには、2.5cmバランスドーム型ツィーター1個と7cmコーン型ウーファー2個を搭載しており、幅広い音域を高音質で再生します。

ノイズの原因となるポート両端での気流の乱れを抑制できる独自の「ツイステッドフレアポート」をウーファーに採用しているのも魅力。クリアで忠実な低音を実現できます。

設置スペースの確保が必要ですが、インテリアに馴染むスタイリッシュなデザインなのもポイント。本格的にホームシアター環境を構築したい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) サラウンドスピーカーセット NS-P41

バランスのよいサウンドを実現したテレビ用スピーカーです。長時間でも快適に聴けるので、映画視聴にもおすすめ。5.1chの臨場感あふれるサウンドを楽しめるのも特徴です。

ノイズを低減してクリアかつ忠実な低音を実現できる独自の「ツイステッドフレアポート」をウーファーに採用しているのも魅力。また、薄型テレビにマッチするスタイリッシュなデザインもポイントです。

サラウンドスピーカーとセンタースピーカーは壁掛けも可能。設置の自由度が高いマルチスピーカータイプのモデルを探している方はチェックしてみてください。

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

低域から高域までバランスよく再生できるようにチューニングが施されたテレビ用スピーカー。フロントスピーカーはサウンドバータイプのようにテレビとスタンドの隙間に設置できます。

さまざまなリスニングモードを搭載しているのが特徴。バランスのよい「ステレオモード」をはじめ、「ニュースモード」や「映画/ゲームモード」など、視聴するコンテンツに適したモードを選べます。

HDMI接続はもちろん、Bluetooth接続できるのもポイント。簡単に操作できるリモコンを付属しているため、初心者の方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) Lifestyle 650 home entertainment system

360°サラウンドを実現する全方向性スピーカーを搭載したテレビ用スピーカー。高級感のあるガラストップ仕上げの「Acoustimassベースモジュール」を採用することで、映画やドラマも迫力のある重低音サウンドで楽しめます。

BluetoothやWi-Fi接続、Apple AirPlay 2、HDMIなどさまざまな接続に対応しているのも魅力のひとつ。テレビ以外にスマホやパソコンなどのデバイスとも接続できます。

「Amazon Echo Dot」などAlexa対応機器を用意してセットアップすれば、音声認識でさまざまな操作をこなせるのもポイント。高級感のある高性能モデルを探している方はチェックしてみてください。

テレビ用スピーカーのおすすめ|台座タイプ

パナソニック(Panasonic) シアターボード SC-HTE200

省スペースでも2.1chの迫力ある重低音を楽しめるテレビ用スピーカーです。キズが付きにくいガラス天板を採用しているのが魅力。また、Bluetooth接続に対応しているので、テレビだけでなく、スマホなども手軽に接続できます。

6つのサウンドモードを備えており、試聴コンテンツに合わせて楽しめるのもポイント。シンプルなデザインなので、さまざまなインテリアに馴染みます。

ソノス(Sonos) ワイヤレスサウンドベース Playbase PBASEJP1

映画やドラマなどを迫力のあるサウンドで楽しめるテレビ用スピーカー。大きな効果音などを抑えてセリフの音量を一定に保つ「スピーチエンハンスメント設定」を備えているのが特徴です。

深夜など音量を抑える場面でも視聴しやすい「ナイトサウンド設定」を搭載しているのも魅力。対応するスピーカーを購入すれば、あとからサウンド環境を拡張できるのもポイントです。

接続は電源ケーブル1本と、光ケーブル1本で行います。専用アプリをダウンロードすれば、すべての手順がガイドされるので、初心者の方もチェックしてみてください。