大画面テレビの普及とともに、注目されている「センタースピーカー」。大きな画面で映画を見る場合でも聴こえる音の方向とバランスが崩れないので、より臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

しかし、センタースピーカーは各メーカーからさまざまなモデルが発売されているため、どれを選べばいいか迷ってしまうことも。そこで今回は、選び方を踏まえたうえでおすすめのモデルをランキング形式でご紹介します。

センタースピーカーとは?

センタースピーカーとは、テレビの中央直下に設置するタイプのスピーカーのこと。テレビ台にある棚のなかに格納したり、壁掛けテレビの真下に置いたりするなどして使用します。

50インチ以上の大画面テレビには、左右のスピーカーが離れて搭載されていることが多く、テレビから聴こえる音声が中抜けしやすいのが難点。センタースピーカーを設置すると音の聴こえる方向が自然になるので、より臨場感のあるサウンドで映画やゲームが楽しめます。

センタースピーカーを設置すると、ドラマや映画のセリフをより聴き取りやすくなるのもポイント。センタースピーカーはセリフの明瞭な再生を主に担当しているため、テレビ内蔵のスピーカーだけを使用する場合と比べて、ストーリーにより深く没頭できます。

センタースピーカーの選び方

スピーカーユニットの数で選ぶ

2Wayスピーカー

2Wayスピーカーは、低音域を担当する「ウーハー」と高音域を担当する「ツイーター」からなる2種類のスピーカーユニットで構成されているのが特徴です。センタースピーカーでも主流のタイプとなっており、各メーカーから多くのモデルが発売されています。

2Wayタイプのセンタースピーカーは、フルレンジスピーカー単体を搭載するモノと比べて表現できる音域が広いのが魅力。また、一般的なモデルであれば価格は1〜5万円と比較的手頃なので、音質にこだわりつつもリーズナブルなセンタースピーカーを探している方にもおすすめです。

3Wayスピーカー

3Wayスピーカーは、低音用のウーハーと高音用のツイーターに中音域を増強する「スコーカー」を追加した、3種類のスピーカーユニットで構成されているのが特徴です。製造には高度な技術が必要になるため、センタースピーカーでも高級モデルで主に採用されています。

3Wayタイプのセンタースピーカーは、各音域を専用のスピーカーユニットがそれぞれ担当するため、低音から高音まで満遍なく高音質で出力できるのが魅力。価格の相場は20万円前後と高めですが、家庭のテレビでも臨場感のある映画鑑賞を堪能したい方などにおすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

センタースピーカーを選ぶ際は、サイズも重要です。テレビ画面に対してセンタースピーカーの横幅が大きすぎると、正面から聴こえる音が強調されすぎて、音の方向やバランスがかえって崩れやすくなるので注意。せっかくのセンタースピーカーが無駄にならないように、テレビの横幅に収まるサイズのモデルを選ぶのがおすすめです。

画面下に収納しやすいモデルを選ぶのもポイント。センタースピーカーの高さがありすぎると、テレビ画面に重なったり、テレビ台に収納できなかったりする場合もあります。購入する際は、事前にテレビ周りの寸法を確認しておきましょう。

出力音圧レベルをチェック

センタースピーカー選びでは「出力音圧レベル」も重要なポイントです。出力音圧レベルとは、スピーカーシステムが持つ効率を示すスペック。単位に使われるdBの数値が高くなるほど出力に対して効率がよくなり、音量をあまり上げなくても明瞭で聴き取りやすい音声を出力できます。

テレビで使用する場合には、最低でも75dB以上の出力音圧レベルに対応するセンタースピーカーがおすすめです。ホームシアターシステムに組み込んで、より高音質な映画鑑賞を堪能したい場合は、85dB以上のハイスペックモデルを選びましょう。

接続端子をチェック

By: amazon.co.jp

使用するテレビの規格に合った接続端子が搭載されているかも、センタースピーカー選びでは重要です。テレビ側の出力ポートとスピーカー側の入力ポートで対応する接続端子の種類が異なると、接続できない場合もあります。事前に双方の接続端子が一致するかを忘れずに確認しておきましょう。

最近のセンタースピーカーでは、接続端子に光デジタル端子やHDMIを採用している場合がほとんど。音質をカスタマイズしたい方には、バナナプラグ対応のセンタースピーカーもおすすめです。

センタースピーカーのおすすめメーカー

ダリ(DALI)

By: amazon.co.jp

ダリは1983年にデンマークで設立されたハイエンドスピーカーの専門メーカーです。現在は北欧を代表するAudio Nordグループのスピーカー製造・販売部門として事業を展開。北欧ならではのおしゃれなデザインと確かな技術によって培われた音質は、世界中のオーディオファンを魅了しています。

ダリのセンタースピーカーは部材に良質な木材が使われており、オーディオ装置の存在を感じさせない自然で豊かな音響を体感できるのが特徴。ヨーロッパの伝統に培ったHi-Fiサウンドが堪能できます。また、入念に仕上げられた高級ブランド家具を彷彿とさせるスタイリッシュなデザインも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハは静岡県の浜松市に本社を置く1897年創業の老舗音響機器メーカーです。世界有数の市場シェアを誇るピアノ・ヴァイオリン・エレキギターなどの楽器製造で有名ですが、スピーカーシステムやAVアンプをはじめとした高音質なオーディオ機器も幅広く手掛けています。

ヤマハのセンタースピーカーは、新設計のA-PMDユニットを搭載するなど音質面で優れているのが特徴。ハイレゾ音質での再生に対応したモデルも多く発売されています。また、同社のグランドピアノと同じ仕上がりの「黒鏡面ピアノフィニッシュ」を採用しており、音質だけではなく外観デザインが美しいのも魅力です。

ソニー(SONY)

ソニーは東京都の港区に本社を構える、1946年設立の総合電気機器メーカーです。最近ではデジタルカメラや家庭用ゲーム機などでよく話題になっていますが、スピーカーやホームシアターシステムなどのオーディオ機器も幅広く展開。日本の高い技術力を代表するメーカーとして海外でも高く評価されています。

ソニーのセンタースピーカーは、セリフやボーカルの再現に特化した設計が施されているのが特徴。高品位なオーディオパーツを採用することで、高音質を実現しています。また、コスパの優れた低価格モデルや、映画館のような立体音響が体感できるサウンドバータイプのモデルなどを発売しているのもポイントです。

センタースピーカーのおすすめランキング

第1位 ヤマハ(YAMAHA) センタースピーカー NS-C210

セリフもボーカルもくっきり再現できる2Wayセンタースピーカーです。新開発の「アルミコーンウーファー」を採用することで、低価格ながら明快でレスポンスのよい中低域再生が可能。入門用のセンタースピーカーとしてもおすすめです。

エントリーモデルながら、出力音圧レベルが86dBと充実しているのもポイント。また、同じ「210シリーズ」のホームシアターシステムと連携することで、臨場感あふれる5.1chサラウンドで映画を楽しめるのも魅力です。

キャビネットは幅34×奥行き13.2×高さ10.5cmとスリム設計なので、薄型テレビの下に設置しやすいのも特徴。入力端子はネジ式のバナナプラグにも対応します。

第2位 ソニー(SONY) センタースピーカー SS-CS8

優れたコスパで人気のある2Wayセンタースピーカーです。上位モデルにも搭載されている高品位なオーディオパーツを採用。価格も手頃なので、初心者向けのセンタースピーカーとしてもおすすめです。

スピーカーユニットには、25mmソフトドームツイーターと2基の100mmコーンウーハーを搭載。ウーハーにはソニー独自素材の「MRC(発泡マイカ)」が採用されており、映画などのセリフを立ち上がりよく明瞭に表現できます。

出力音圧レベルが86dBと高音質ながら、幅43×奥行き22×高さ14.6cmとコンパクトなのもポイント。専用の大型ターミナルはバナナプラグやYプラグに対応しており、接続作業がしやすいのも魅力です。

第3位 ダリ(DALI) センタースピーカー SPEKTOR VOKAL

自然で豊かな音響がリーズナブルな価格で味わえる、2Wayセンタースピーカーです。エントリーモデルながら、最新の技術とノウハウを惜しみなく投入しています。

スピーカーシステムに25mmツイーターと2基の115mmウーハーを搭載しているのもポイント。ウーハーの振動板にはダリのトレードマークともいえる「ウッド・ファイバー・コーン」が採用されており、深みのある低域再現も楽しめます。

高コスパモデルながら、出力音圧レベルが87dBとハイスペックなのも魅力。幅43.5×奥行き20.4×高さ15.2cmとコンパクトなので、テレビ画面下にも収納しやすいアイテムです。

第4位 デノン(DENON) センタースピーカー SC-C17

エントリーモデルながらハイレゾ再生にも対応できる2Wayセンタースピーカーです。出力音圧レベルが82dBと高めなのが特徴。低予算で自宅のテレビの音質を改善したい方におすすめです。

スピーカーシステムには艶やかな高音を再生する「20mmソフトドームツィーター」と、広い音域にわたって正確なピストンモーションを実現する「D.D.L.コーン・ウーハーユニット」を搭載。さらに、ウーハーを2基備える「P.P.D.D.方式」によって、重低音も高品位に再生できます。

外寸サイズは幅25×奥行き13×高さ7.5cmとスリム設計なので、設置面積を多く取らないのもポイント。また、外装には「ピアノブラック・フィニッシュ」が施されているため、優雅な仕上がりの外観を楽しめるのも魅力です。

第5位 ヤマハ(YAMAHA) センタースピーカー NS-C500

明快なサウンドで映画や音楽が楽しめる2Wayセンタースピーカーです。新型の「A-PMDウーファー」2基と「DC-ダイヤフラム方式ドームツィーター」を搭載。特にボーカル帯域の質感にこだわった中域とボリュームのある低域に加えて、伸びやかな高域もバランスよく聴き取れます。

「総三方留め構造」など、ヤマハ伝統の木工技法によって製作された高剛性キャビネットを使用することで、音の響きと静けさとを巧みにコントロールしているのもポイント。また、外装には同社のグランドピアノにも採用される「黒鏡面ピアノフィニッシュ」が施されています。

外寸サイズは幅44.5×奥行き15.9×高さ15.9cm。出力音圧レベルが87dBとハイスペックなのも魅力です。

第6位 ダリ(DALI) センタースピーカー OBERON VOKAL

ダリが手掛けるミドルクラスの2Wayセンタースピーカーです。2011年に発売した人気モデル「ZENSOR」の後継で、同社のHi-Fiスピーカーとしては比較的手頃な価格なのが特徴。音質にこだわりつつ、コスパを重視したい方にもおすすめです。

29mmツイーターと2基の130mmウーハーを搭載しているのもポイント。ウーハーのドライバーにクラスで初めて「SMCテクノロジー」を採用しており、中高域の歪みを低減しています。

外寸サイズが幅44.1×奥行き29.5×高さ16.1cmと省スペース設計なのもポイント。接続端子のポートが前面に配置されているため、ラックのなかにも設置できます。

第7位 ジェイビーエル(JBL) ホームオーディオ ラウドスピーカーシステム A125C

木製ツートンカラーのキャビネットがおしゃれな2Wayセンタースピーカーです。JBLが独自開発した「ハイデフィニション・イメージング・ウェーブガイド・デザイン」のスピーカーシステムを搭載。再生サウンドを自然なままグレードアップできます。

「25mmアルミドーム型ツイーター」がリッチで躍動感あふれる高域再生を実現しているのも特徴。さらに、「203mmウーファー」がJBL独自の力強く高品質な低音域を生み出すので、映画も音楽も迫力のサウンドで鑑賞が可能です。

出力音圧レベルが88dBとハイスペックなのもポイント。また、外寸サイズは幅46.9×奥行き22×高さ19cmとコンパクトなサイズ感です。木ならではのあたたかみを感じる高品位な外観デザインも魅力があります。

第8位 ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

包まれるような三次元の立体音響を体感できる、サウンドバータイプのセンタースピーカーです。前面左右のフルレンジスピーカーに加えて、2基のサブウーファーを内蔵。パワフルな低音を加えた2.1chサラウンドサウンドで、迫力のある音響が楽しめます。

独自のサラウンド技術である「Vertical Surround Engine」や、「S-Force Pro Front Surround」を搭載しているのも特徴。ドルビーアトモスやDTS:Xなど最新の音声フォーマットにも対応しています。従来のサラウンド音場で中心となる前後左右方向だけでなく、高さ方向の表現力を加えた三次元のリアルな音響空間を味わえるのが魅力です。

外寸サイズは幅約89×奥行き約9.6×高さ約6.4cmと省スペース設計なので、薄型テレビとの相性も良好。Bluetoothによる音楽のワイヤレス再生にも対応します。

第9位 ヤマハ(YAMAHA) センタースピーカー NS-C700

ハイレゾ再生に対応する本格派の2Wayセンタースピーカーです。A-PMD振動板を採用した130mmウーハーと、100kHzまでの高域再生に対応したドームツイーターを内蔵。優れた基本性能によって、セリフやボーカルの厚みを損なうことなく忠実に再現できます。

ヤマハ伝統の「総三方留め構造」によって製作された、高剛性キャビネットを採用しているのも特徴。さらに、「曲げ練り」の技法によって天面をラウンドフォルムに仕上げることで、スタイリッシュな外観デザインとクリアな再生音を実現しています。

出力音圧レベルは89dBと、臨場感豊かなシアターサウンドが味わえるのも魅力。外寸サイズは幅50×奥行き17×高さ17cmで、接続端子はネジ式のバナナプラグに対応しています。

第10位 ジェイビーエル(JBL) センタースピーカー STUDIO 625CW

世界中の映画館やコンサート会場でも用いられているJBLサウンドを、自宅で手軽に堪能できる2Wayセンタースピーカーです。最高レベルの品質を持つ「133mm PolyPlasウーファー」を2基搭載。映画館やライブコンサートのような、正確で迫力のある重低音再生が可能です。

ツイーターには、JBL独自の「ハイデフィニション・イメージング・ウェーブガイド・デザイン」を採用したコンプレッションドライバーを搭載しているのもポイント。JBLならではの正確な方向性と明るく明瞭なトーンを持つサウンドが響きわたります。

外寸サイズは幅44×奥行き19×高さ19cmで、部屋のインテリアと自然に調和する優雅なデザインを備えているのも魅力。出力音圧レベルは85dBと高性能なので、充実した高音質で映画鑑賞が楽しめます。

第11位 エラック(ELAC) Uni-Fi SLIM センタースピーカー CC U5

ワンランク上の高音質が堪能できるドイツ発の3Wayセンタースピーカーです。40年近いキャリアを持つ優れたスピーカーエンジニア、アンドリュー・ジョーンズ氏が設計。比較的安く3Wayシステムが入手できるので、コスパ重視のオーディオファンにもおすすめです。

本来であれば、非常に高いコストがかかる同軸ユニット「Uni-Fi COAXドライバー」が採用されているのも特徴。周波数に余裕を持たせつつ、ベースウーハー・ミッドレンジ・ツイーターが各音域を担当するので、全音域を滑らかな繋がりでバランスよく出力できます。

出力音圧レベルは85dBと高効率なのもポイント。キャビネットには、不要な振動を抑えて自然な響きをもたらすMDF材を使用しています。また、幅49.8×奥行き29.3×高さ17.8cmとスリムなデザインです。

第12位 ヤマハ(YAMAHA) センタースピーカー NS-C901

ボーカル帯域の忠実再生に卓越した能力を発揮する、ハイエンドモデルの高級2Wayセンタースピーカーです。高度な「絞り」の技法で一体成型された、口径30mmの「DC-ダイヤフラムツィーター」を搭載。緻密な情報量と伸びやかな高域表現を実現しています。

ハイレゾ音源への対応力を強化した130mmの「New A-PMDウーファー」を2基搭載しているのも特徴。中低域のレスポンスと透明感を向上しつつ、ローエンドにかけての量感も増強しているため、音楽ライブの映像鑑賞にもおすすめです。

出力音圧レベルが90dBとトップクラスなのもポイント。外寸は幅50×奥行き27.1×高さ17cmで、外装にはグランドピアノと同じ仕上がりの「黒鏡面ピアノフィニッシュ」が施されています。

第13位 エラック(ELAC) CARINA センターチャンネルスピーカー CC241.4

ドイツの老舗スピーカーメーカーによる新シリーズの3Wayセンタースピーカーです。世界有数のスピーカーマイスター、アンドリュー・ジョーンズ氏が、エラックの名ドライバーを組み込んで設計。オーディオビジュアルアワードのVGPで金賞を受賞した高音質を、比較的手頃な価格で味わえます。

高域を担当するツイーターには、伝統の構造を現代に合わせて再構築した「JET folded ribbon」を採用しているのが特徴。従来の「JETトィータ」が持つ高い基本性能を損なうことなく、コストを抑えています。

背面のスピーカーターミナルは上級モデルと同様のバイワイヤリング接続に対応しており、低域と高域を分けて接続できるのもポイント。出力音圧レベルも87dBと高効率を誇っています。

第14位 ソニー(SONY) センタースピーカー SS-NA8ESpe

外観の美しさと高音質を兼ね備えた、プレミアムモデルの2Wayセンタースピーカーです。エンクロージャーの素材には、独特の澄み切った響きが得られる北欧産のバーチ合板を採用。外観にはピアノ塗装も施されているので、インテリアとしても楽しめます。

25mmソフトドームと2基の19mmドームからなる合計3基の広指向性ツイーター「I-ARRAY System」を搭載しているのも特徴。同じ帯域を3つのツイーターで再生するため、セリフの明瞭度を上げながら、より自然でクリアな音声を出力できます。

外寸サイズは幅49×奥行き32.5×高さ20.5cm。出力音圧レベルが88dBとハイスペックなので、ホームシアターシステムに組み込むのもおすすめです。

第15位 デノン(DENON) センタースピーカー SC-C37

奥行きを抑えたミドルクラスのセンタースピーカー。艶やかな音声を再生するソフトドームツイーターを搭載しているのが特徴です。柔らかくて繊細な音表現に対応しています。

「D.D.L.コーン・ウーハーユニット」により、広い帯域にわたって正確なピストンモーションを実現。さらに、高品位な重低音を再生する「P.P.D.D方式」を採用しており、クリアながらも迫力のあるサウンドを楽しめます。

サイズは幅32×奥行き17.8×高さ10cmとコンパクト。設置に場所を取りにくく、快適に使用できます。また、ピアノブラックと天然木突き板仕上げの外観も魅力。高級感を保ちながらも比較的安い価格で購入できるので、コスパ重視の方にもおすすめです。

第16位 ダリ(DALI) センタースピーカー EPICON VOKAL

「Crystal Clear Sound」をテーマに開発されたハイエンドの高級2.5Wayセンタースピーカーです。30年以上にわたる研究開発の集大成として、デンマーク本国の熟練職人によってハンドメイドで製造されています。

SMCドライバーを採用した2基の165mmウーハーを搭載しているのもポイント。アンプ並みの歪特性を実現しています。29mmソフトドームと10×55mmリボンの2基からなる「ハイブリッド・ツイーター・モジュール」も採用。ツイーターの大型化によって、より低域の再生が可能になり、ウーハーとの音の繋がりがより自然に感じられます。

外寸サイズは幅81.6×奥行き34.9×高さ24.7cm。自宅に最高峰のホームシアターシステムを構築したい方におすすめです。

第17位 ソニー(SONY) サウンドバー HT-S200F

テレビのステレオスピーカーに埋もれがちな低音域を補強できる、サウンドバータイプのセンタースピーカーです。サブウーファーを内蔵しているのが特徴。手軽に2.1chサラウンドスピーカーが設置できるので、映画を迫力のサウンドで楽しみたい方にもおすすめです。

外寸サイズは約幅58×奥行き9.5×高さ6.4cmとコンパクトなのもポイント。薄型テレビの直下に置いても画面の邪魔になりにくいので、設置スペースが限られている場合でも楽に設置できます。

接続端子にはARC対応のHDMI端子を搭載しているため、テレビとはHDMIケーブル1本で簡単に接続できるのも魅力。また、Bluetooth対応なので、スマホやPCから音楽をワイヤレス転送して再生も楽しめます。

センタースピーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

センタースピーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。