テレビを視聴する際の音質を向上させたい方におすすめなのが「センタースピーカー」です。大画面テレビで中抜けになりがちな正面中央付近の音を補強できるので、視聴位置を制限されず臨場感の高い音響効果が楽しめます。

しかし、センタースピーカーには魅力的な機種が各メーカーから発売されているため、どれを選べばわからない方も多いはず。そこで今回は、センタースピーカーの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめの機種をご紹介します。

センタースピーカーとは?

By: amazon.co.jp

センタースピーカーとは、テレビの正面中央付近にある音場を改善するための機材です。通常は接続時にアンプなどの機材を必要とします。

大画面テレビのスピーカーは本体の左右に搭載されていることが多く、臨場感豊かなサラウンド音響が楽しめるのが特徴。その反面、左右スピーカー間の距離が開くほど正面中央付近の音が中抜けになって定位(音が聞こえてくる際の正確な方向や距離感)がわかりにくくなるという弱点があります。

正面中央から離れた位置で視聴するほど定位は不明瞭になり、特にニュースや映画のセリフが聴き取りにくくなりがち。しかし、センタースピーカーを導入すれば正面中央付近の音を補強できるので、通常は埋もれがちな人の音声がテレビ画面の両端からでも明瞭に判別できるようになります。

センタースピーカーの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

センタースピーカーを選ぶ際はサイズに注意。スピーカー本体の横幅がテレビの横幅よりも大きくなると、正面中央の音場が強調されすぎて左右スピーカーの音が埋もれてしまう場合があります。そのため、テレビの横幅よりも小さな機種を選ぶのがおすすめです。

置き場所に適したサイズを選ぶのも重要。センタースピーカーは通常、テレビ画面の中央下やテレビ台のスペースに配置します。しかし、スピーカー本体があまりにも大きいとテレビ画面の一部に重なって視聴がしにくくなったり、テレビ台に収納できなかったりするので注意。置き場所のスペースに最適なサイズを選びましょう。

色、材質で選ぶ

By: .amazon.co.jp

色や材質もセンタースピーカー選びでは重要です。センタースピーカーはテレビ画面の下に置くモノなので、テレビの視聴中も目に付きがち。赤色や金色など派手な色合いや、金属など光沢の目立つ素材が外装に採用されていると、スピーカー本体が際立って番組や映画の視聴に集中できなくなる場合があります。

映像の世界により深く没頭して楽しむためにも、黒色や茶色など落ち着いた色合いの機種や、木目模様など光沢が目立ちにくいデザインの機種を選ぶのがおすすめです。

スピーカーユニットの数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

2WAYスピーカー

2WAYスピーカーは、中音域と高音域の2種類を別々にカバーするスピーカーユニットで構成されるタイプ。センタースピーカーを含むオーディオスピーカーの大半はこのタイプを採用しており、バランスの取れた音響効果を楽しめるので単体使用にもおすすめです。

基本となる中音域を補強するスピーカーに加えて、高音域を専門に担当するユニットであるツイーターが搭載されているのが特徴。映画中でたまにある声の小さなセリフやボーカル曲の高音表現なども明瞭に聴き取れるようになるので、より充実した音響環境で映画や音楽が楽しめます。

3WAYスピーカー

3WAYスピーカーは、低音域・中音域・高音域をそれぞれ別々に担当する3種類のスピーカーユニットで構成されるタイプ。各ユニットが専門の音域を受け持っているため、低音域から高音域まで質の高いサウンドが楽しめます。

特に、低音域の表現に優れているのが特徴。打楽器の重低音や映画中にある爆発シーンの音などが大迫力に響き渡るので、より高い没入感で音楽や映画の世界にのめり込めます。価格はやや高めですがハイクオリティなサウンドを体感できるため、臨場感や高音質にこだわる本格派の方におすすめです。

センタースピーカーのおすすめメーカー

ダリ(DALI)

By: rakuten.co.jp

ダリは北欧を代表するAudio Nordグループが手掛ける高級スピーカーブランドです。1983年にデンマークでピーター・リンドルフによって設立。入念に仕上げられた高級ブランド家具を彷彿させる高品位な外観と、厳選されたパーツの性能を最大限に発揮する高い技術力には定評があり、欧米ではハイエンドスピーカーブランドとしての地位を築いています。

ダリのセンタースピーカーは、原音に近い高音質を楽しめるのが特徴。ドライバーユニットとネットワーク回路が完全にマッチングするよう一体となって開発されているので、結果的にサウンド伝送時の音質劣化が低く抑えられています。また、インピーダンス特性がフラットでアンプに優しい設計なのもポイントです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: rakuten.co.jp

ヤマハは静岡の浜松に本社を置く、1887年創業の楽器・音響機器メーカーです。楽器のトップブランドであり、特に主力であるピアノ製造では世界首位のシェアを持っていることでも有名。また、楽器以外にもスピーカーなどの音響機器や防音室なども幅広く手掛けています。

ヤマハのセンタースピーカーは、楽器やボーカルなどの音楽表現に強いのが特徴。特に、中級機以上の機種はハイレゾ再生にも対応しているので、音質に強いこだわりのある方も満足できます。また、同社のグランドピアノと同じ「黒鏡面ピアノフィニッシュ」が施されている高品位なデザインも魅力です。

オンキヨー(Onkyo)

By: rakuten.co.jp

オンキヨーは大阪の中央区に本社を置く、1946年創業の音響機器メーカーです。現在ではスピーカーやアンプなどの音響機器をはじめ、ホームシアターシステムやポータブルプレイヤーなども製造しています。

オンキヨーのセンタースピーカーは、ホームシアターシステムの一部として販売されているのが特徴。同社の対応スピーカーを追加すれば、ホームシアターシステムの構築も可能なので、段階的に音質を向上させていくのに向いています。まずはセンタースピーカーから始めて、将来的にはより臨場感豊かなシアターサウンドを楽しみたいという方にもおすすめです。

センタースピーカーのおすすめランキング

第1位 ダリ(DALI) SPEKTOR VOKAL

北欧デザインが光る、高性能な2WAYタイプのセンタースピーカーです。高級家具を彷彿とさせる美しい外観が魅力ですが、内部の構造にも工夫が施されています。

ウーファーの振動板にはDALIのトレードマークともいえる「ウッド・ファイバー・コーン」を採用。コーン自体からの不要な共振を最小限に抑え、良好な低音域の表現を実現しています。また、「シルク・ドーム・ツイーター」の搭載によって、中音域に近い高音域部分の音を美しく再現できるのも特徴です。

スピーカーのスイートスポットが広く設計されているのもポイント。正面中央から外れた場所でも十分に明瞭なサウンドが得られるので、複数人で映画を見る際にもおすすめです。

第2位 ヤマハ(YAMAHA) NS-C210

コスパの高さで人気のセンタースピーカーです。安い価格のエントリーモデルにも関わらず、ツインドライブ構成のアルミコーン型ウーファーを搭載。明快でレスポンスのよい中低音域再生を実現しているので、映画のセリフや楽曲のボーカルもはっきりと聴き取れます。

さらに、バランスドーム型のツイーターを搭載しており、ワイドレンジ再生にも対応。入門用のセンタースピーカーとしてもおすすめです。

置き場所を選ばないスリムでコンパクトなデザインも特徴。サイズは幅34×奥行き13.2×高さ10.5cmで、省スペース性に優れると同時に、最新の薄型テレビにマッチする高品位なデザインも楽しめます。

第3位 オンキヨー(Onkyo) D-109XC

本格的なシアターサウンドをコンパクトボディに凝縮した、2WAYタイプのセンタースピーカーです。上位機種D-309シリーズにも採用されている独自の「N-OMFコーン・ウーファー」をサイズダウンして搭載。リーズナブルな価格にも関わらず、上位機種並みの高音質と臨場感で映画やスポーツ観戦が楽しめます。

ツイーターには定評のあるバランスドーム型振動板を採用。80kHzという人の可聴領域を超える超高音域まで再生できるので、オーケストラ演奏なども空気感まで堪能できます。

キャビネット前面には高品位なピアノ仕上げを採用。幅27.5×奥行き12.8×高さ10.2cmの小型デザインなので、置き場所に困らないのも魅力です。

第4位 ソニー(SONY) SS-CS8

癖のない高音質が楽しめる2WAYタイプのセンタースピーカーです。振動板に独自素材の「MRC」を採用した100mm径ウーファーユニットを搭載。自然で滑らかな中音域と力強くクリアな低音域を実現しています。

25mm径ソフトドームツイーターは、エンクロージャー周辺で発生するディフラクションの影響が抑えられているのも特徴。人の会話音も濁りなくクリアに再生できるので、映画やドラマのセリフもしっかりと聴き取れます。

各所に高品位なオーディオパーツを採用しているのもポイント。アンプから入力された音声信号を損なわないように設計されているため、ありのままの音楽表現を楽しめます。

第5位 ジェイビーエル(JBL) JBL Bar Studio 2.0

センタースピーカーとしても使えるジェイビーエルのサウンドバー。テレビの画面下に設置しやすい薄型デザインを採用しているのが魅力です。サイズが幅61.4×奥行き8.6×高さ5.8cmとコンパクト設計なのが特徴。

本体には38mm径ツイーターと50mm径ウーファーが2基ずつ搭載されており、世界中の映画館やコンサートホールでお馴染みの迫力のあるJBLサウンドが手軽に楽しめます。

HDMI ARCに対応しているのも特徴。アンプを必要としないため、規格に対応するテレビであれば、1本のHDMIケーブルで映像と音声を同時に伝送できます。ケーブル周りをすっきりと整理させたい方におすすめ。また、主要ブランドのテレビリモコンで操作ができるように設計されているのもポイントです。

第6位 デノン(DENON) SC-C37

上質なサウンドが堪能できる、ミドルクラスの2WAYセンタースピーカーです。中高音域を担当する「ソフトドームツイーター」と、幅広い音域をカバーする「D.D.L.コーン・ウーファーユニット」を搭載。さらに、「P.P.D.D.」方式によってダブルウーファー特有の高調波の歪みが相殺されているので、高品位な重低音でオーケストラやライブなどのミュージックビデオが楽しめます。

キャビネットの仕上げは2種類。「ピアノブラック・フィニッシュ」で仕上げた黒色モデルと、天然木突き板を「セミグロス・フィニッシュ」で仕上げた木目調モデルのなかから、部屋のインテリアに合ったデザインを選べます。

第7位 オンキヨー(Onkyo) D-309XC

本格的なサウンドをこだわりの音質で楽しめる、2WAYタイプのセンタースピーカーです。ウーファーユニットには自社開発の「N-OMF振動板」を搭載し、ノイズを抑えた量感豊かな低音再生を実現しているのが特徴。さらに、中央に「砲弾型イコライザー」を装備することで中高音のクリアさが向上しているので、映画も音楽もより高品位なサウンドが堪能できます。

最先端技術による「リングツイーター」を搭載しているのもポイント。ウーファーの低音に見合った質の高い高音域の再生を実現しています。

本機はホームシアターシステムを構成する「D-309X」シリーズの一部。同シリーズのスピーカーやウーファーを追加することで、より臨場感の豊かなサラウンド音響が楽しめます。

第8位 デノン(DENON) SC-C17

低価格ながらハイレゾ再生にも対応する、人気の2WAYセンタースピーカーです。安い価格で購入できるエントリーモデルにも関わらず、CD音源ではカバーしきれない高音域や細かな音も忠実に再現できるので、より上質な音楽鑑賞が楽しめます。

中高音域の艶やかな音声を再生する「ソフトドームツイーター」と、広い音域を正確に表現する「D.D.L.コーン・ウーファーユニット」を搭載。映画やドラマでセリフが聴き取りやすくなるのはもちろん、オーケストラ演奏なども迫力のある音響が堪能できます。

サイズは幅25×奥行き13×高さ7.5cmで、置き場所を選ばないコンパクトデザインも特徴。キャビネットには高品位な「ピアノブラック・フィニッシュ」が施されています。

第9位 ヤマハ(YAMAHA) NS-C500

ハイレゾ再生にも対応する、スタイリッシュな2WAYタイプのセンタースピーカーです。並行面を少なくした台形フォルムを採用しているのが特徴。音像の歪みを抑えることでクリアな再生音を実現すると同時に、本体を小型化しています。

ヤマハ伝統の木工技法「総三方留め構造」で作られた、「黒鏡面ピアノフィニッシュ」仕上げのキャビネットも特徴。高性能ユニット群の素性を生かせる構造なので、音の響きと静けさを絶妙にコントロールできます。

専用設計の新型「A-PMDウーファー」と「DC-ダイヤフラム方式ドームツイーター」を採用。ボーカル帯域を含む情感豊かな中音域を中心に、バランスの取れた高音質を実現しているので、音楽鑑賞にもおすすめです。

第10位 パイオニア(Pioneer) Theater Black SP-C22

こだわりの映画作品を本格的なサウンドでじっくり鑑賞したい方におすすめの、2WAYタイプセンタースピーカーです。本製品はホームシアターの本場であるアメリカで映画ファンのために開発された「Theater Black」シリーズの一部で、クラスを超えたパワフルな音響効果で映画鑑賞を楽しめます。

高周波熱プレスで成型されたキャビネットは、ラウンド形状を採用。回折効果による音の濁りを除去し、自然な音場を実現しています。

100mm径のウーファー2基と、25mm径の「高効率ソフトドームツイーター」を搭載。さらに、別売りのイネーブルドスピーカーと組み合わせることでDolby AtmosやDTS:Xにも対応するので、映画館並みの立体音響が楽しめます。

第11位 ジェイビーエル(JBL) JBL Stage A125C

プロモデルに迫る高音質と優れたコスパを兼ね備えた、2WAYタイプのセンタースピーカーです。独自のHDIホーン技術を採用した25mm径「アルミドーム型ツイーター」 と、2基の133mm径「Polycelluloseコーン・ウーファー」を搭載しています。

高音域から低音域に至るまで豊富な音楽情報を再現できるので、原音に近いピュアなサウンドを体感できるのが特徴。また、「HDIホーン技術」によって広い範囲で一定の音質が保てるように設計されているため、リスニングエリアのどこにいても鮮明かつ自然な音響効果が楽しめます。

木製ツートンカラーのユニークなデザインも魅力。対応スピーカーを追加すれば、ホームシアターシステムの構築も可能です。

第12位 ダリ(DALI) OBERON/VOKAL

高品位なサウンドが堪能できる、2WAYタイプの高級センタースピーカーです。世界的な成功を収めた「ZENSOR」の後継となる「OBERON」シリーズのひとつ。対応するスピーカーを追加することで、極上のサウンドが楽しめるホームシアターシステムの構築もできます。

29mm径の「ソフトドーム・ツイーター」と、130mm径のSMC内蔵「ウッドファイバー・コーン・ウーファー」を搭載。クリアでより豊かな細部表現で、映画やコンサートのサウンドが楽しめます。

カラーバリエーションが豊富なのも特徴。キャビネットカラーは4色、グリルカラーは2色が用意されているので、部屋のインテリアに調和するカラーを選びやすいのも魅力です。

第13位 バウワース・アンド・ウィルキンス(Bowers & Wilkins) HTM61S2

オーディオマニアからも高い人気のある、3WAYタイプの高級センタースピーカーです。本ブランドは、1966年にイギリスで誕生した世界的な老舗ブランド。最上位機の「800」シリーズにも搭載されている技術が本機にも採用されているので、オーディオ上級者でも満足できる高性能を有しています。

3種類のスピーカーユニットを搭載しているのもポイント。中音域を担当するケブラーコーンのミッドレンジスピーカー、高音域を担当するツイーター、低音域を担当するアルミコーンベースのウーファーで構成されています。

3WAYスピーカーは各音域のコントロールが難しい側面もありますが、高い技術力によって絶妙な音響バランスを実現。自然で調和の取れた音響効果を求める方におすすめです。

第14位 ヤマハ(YAMAHA) NS-C901

極上のハイレゾサウンドが堪能できる、2WAYタイプの高級センタースピーカーです。130mm大口径の新開発「New A-PMDウーファー」を2基搭載しているのが特徴。中低域のレスポンスと透明感、ローエンドにかけての量感がより向上しています。

さらに、30mm径の「DC-ダイヤフラムツイーター」によって高音域も広範囲にカバー。緻密な情報量と高音域に向けての伸びやかさを実現しているので、ハイレゾ音源の楽曲も忠実に再生できます。

キャビネットにはヤマハグランドピアノと同等の「黒鏡面ピアノフィニッシュ」仕上げを採用。また、同じ「NS-901」シリーズのスピーカーやウーファーを追加することで、ホームシアターシステムへとグレードアップもできます。

第15位 ボーズ(Bose) Bose Solo 5 TV sound system

お気に入りのテレビ番組が良質のサウンドで楽しめる高性能なサウンドバー。センタースピーカー代わりに活用ができ、テレビのスピーカーでは再現の難しい繊細な音もクリアに再生が可能です。「ダイアログモード」を使うと中高音域がより強調されるので、ニュースやトーク番組のスピーチが聴き取りやすくなります。

アンプを用意する必要がないので、テレビとの接続はケーブル1本と簡単。付属のユニバーサルリモコンでは低音域のコントロールができるほか、テレビやブルーレイレコーダーなどの操作もまとめて行えます。

Bluetooth接続に対応するのもポイント。スマホやタブレットとワイヤレスで連携できるので、端末内に保存した楽曲やストリーミングサービスの音源が高音質スピーカーで楽しめます。