原音通り正確に再生する「モニタースピーカー」。DTM(デスクトップミュージック)や楽器演奏、コーラスを録音して出来栄えをチェックする際に欠かせないオーディオ機器です。しかし、さまざまなモデルがラインナップされているので選び方が分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのモニタースピーカーをご紹介。選び方も解説するので、本格的に作曲したい方や、これから始めたいと考えている方はチェックしてみてください。

モニタースピーカーとは?

By: amazon.co.jp

モニタースピーカーとは原音を忠実に再現し、細かい音までバランスよく聴くことができるオーディオ機器です。

一方、CDを鑑賞する際などに使われるスピーカーは、リスニングスピーカーあるいはオーディオスピーカーと呼ばれます。リスニングスピーカーの場合、メーカーやモデルによっては低音を強調する、高音を伸びやかに再現するなどのアレンジが加えられることもあり、必ずしも原音通りとは限りません。

モニタースピーカーを利用すれば、DTMなどで音楽アレンジやサウンドエフェクトを行う際に、狙い通りに意図した音を作り出せます。DTMはもちろん、リマスター作業でも便利に使えるアイテムです。

モニタースピーカーの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーはサイズや形状によって、「ブックシェルフ型」「トールボーイ型」「フロア型」に分けられます。

ブックシェルフ型は「本棚に置ける大きさ」の小型スピーカー。設置位置の自由度が高く、モニタースピーカーでは主流のサイズです。最近では、幅や高さが20cm程度でデスクの上にも置ける卓上タイプもあります。パソコンを使ってDTMを行う際も邪魔になりにくく便利です。

トールボーイ型は、幅や奥行きなどの接地面積はブックシェルフ型とほぼ同程度で、背を高くして低音域を強調したスリムタイプのスピーカー。設置のしやすさからホームシアターなどで使われることが多く、モニタースピーカーではあまり採用されていません。

フロア型は大きなスピーカーユニットを搭載した大型のスピーカー。トールボーイ型同様に、モニタースピーカーでは採用されていないサイズです。

ウーファー(ウーハー)の大きさで選ぶ

ウーファーとは、低音域を出力するスピーカーユニットです。低音の再生能力は、振動させる空気の量に比例します。そのため、ウーファーの大きさがスピーカーの低音再生能力の目安になるので、ウーファーの口径を確認しておきましょう。また、大きな音量で聴くことが多い方はスピーカーの許容入力を表すワット数も併せて確認しておくと安心です。

出力をチェック

By: amazon.co.jp

モニタースピーカーの出力数を表す単位には「ワット(W)」を用います。ワット数が大きいほど大音量で鳴らせますが、自宅で音楽の再生やDTMを楽しむのであれば、40~70W程度で十分です。

ただし、ワット数が小さすぎるとモニタリングしにくくなるので、注意が必要。また、ワット数の大きさは音質のよさを表すものではないので、必要以上に数値の高いモノを選ぶ必要もありません。

そのほか、低音域から高音域までの再生可能な範囲を表す周波数特性も確認しておきたいポイントです。単位は「Hz」で表します。好みの音域は人によってさまざまなうえ、曲のジャンルによっても適切な周波数帯域が異なる点は留意しておきましょう。制作したい曲やよく聴く曲の傾向にあったモノを選んでみてください。

入力端子の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

アンプなどと接続してスピーカーへ入力するケーブル端子にはいくつかの種類があります。なかでも一般的なのが「RCAプラグ」で、赤と白2本のケーブルそれぞれで左右の音声を入力するのが特徴です。

また、「フォーンプラグ」は1本のケーブルで接続します。RCAプラグよりノイズに強いのがメリット。ヘッドホンやカラオケマイクなどでも使われているプラグです。

「XLR(キャノン)プラグ」は高音質でノイズに強いのが特徴。ケーブルが長いステージマイクといったハイクオリティなマイクなどで主流の端子です。

エンクロージャーの方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーの箱の部分をエンクロージャーもしくはキャビネットといいます。エンクロージャーの構造によってさまざまなタイプがあり、主流なのは「バスレフ型」と「密閉型」です。

バスレフ型は、エンクロージャーにダクトまたはポートと呼ばれる穴が設けられているのが特徴。低音域の特定周波数を搭載したダクトから放射するので、スピーカーユニットからの音と合わせて小型スピーカーでも量感のある低音を出力できるのがメリットです。

密閉型は、エンクロージャーが完全に密閉されたスピーカー。低音のボリュームはバスレフ型に劣りますが、シンプルな構造なのでバランスよく音を出力できるのが魅力です。

タイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

モニタースピーカーには大きく分けて「アクティブ・スピーカー(パワードタイプ)」と「パッシブ・スピーカー(ノンパワードタイプ)」の2タイプがあります。

アクティブ・スピーカーは、本体の中にアンプが内蔵されているので、モニタースピーカー単独で音の出力が可能。電源をつけるだけですぐに使用できるので、初期費用を抑えたい方におすすめのタイプです。

また、パッシブ・スピーカーは、スピーカーとアンプを組み合わせて自分好みにカスタマイズできる上級者向けのタイプ。アンプが搭載されていないので、本体重量が軽いのも特徴です。ただ、アンプを購入する手間と費用がかかる点に注意が必要。スピーカーとアンプの相性なども考慮する必要があるので、オーディオ知識に自信のある方におすすめです。

モニタースピーカーのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハは静岡県浜松市に本社を置く総合楽器メーカー。数多くの事業を手掛けるヤマハですが、厳密には楽器や音響機器の製造販売を行う「ヤマハ」とバイクや運送用機器などの製造を行う「ヤマハ発動機」の2つに分かれています。

モニタースピーカーは、複数のサイズから選べる「HSシリーズ」をはじめ、スタジオ向けのモデルなどもラインナップ。簡単なミキシング機能を搭載したモデルもあるので、さまざまな用途で使用できます。

ジェイビーエル(JBL)

JBLは、1946年に設立されたアメリカ発の音響機器メーカーです。さまざまな革新的な技術を開発し、家庭からコンサートホールや映画館まで、あらゆる場所でJBLのスピーカーが活躍しています。現在は、コンシューマー向けの「JBL」とプロフェッショナル向けの「JBL Professional」という2つのブランドが存在。

モニタースピーカーは、豊富な製品数が揃っています。手ごろな価格で購入できる比較的リーズナブルなモデルもラインナップ。また、Bluetooth接続に対応した便利なモデルも取り扱っています。

DTM向けのモニタースピーカーおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) パワードスタジオモニター HS5

コスパがよく、ジャンルを選ばず使用できるオールマイティなモニタースピーカーです。新開発のスピーカーユニットと厳選された音響部品を搭載することで、精確な再生能力とフラットなサウンドが実現されています。

エンクロージャーの構造はバスレフ型で、トータル出力は70W。1インチ径のツイーターと5インチ径のウーファーを搭載し、内部にはツイーター用・ウーファー用にそれぞれ2台のアンプを内蔵しています。高出力なので、大音量で鳴らしたい方にもおすすめです。

入力端子にはフォーンプラグとXLRプラグを搭載。ボリュームノブなどのコントロール類は背面に搭載されています。

ジェイビーエル(JBL) パワードモニタースピーカー 305P MkII

人気モデル「LSR305」に改良を施した後継モデル。低域・高域ともにバランスがよく、音の再現性能に優れています。フラットなサウンドが特徴で、原音を忠実に再現。大音量で連続して鳴らし続けても音質の変化が少ないのもメリット。

本体背面には、設置環境や用途に応じて周波数特性を調節できるEQスイッチや、21段のクリック付きボリュームノブを配置。入力端子にはフォーンプラグとXLRプラグが搭載されています。本製品は5インチサイズの低域ドライバーを搭載していますが、6.5インチサイズの「306P MkII」と8インチサイズの「308P MkII」もラインナップ。部屋の大きさや用途に合わせてサイズを選択できます。

比較的安い価格で購入できるのも魅力のひとつ。モニタースピーカーを初めて購入する初心者の方から買い替えを検討している中・上級者の方まで、幅広いユーザーにおすすめの1台です。

KRK ニアフィールド・モニタースピーカー CLASSIC 5

50Wの「Class-ABパワーアンプ」を内蔵したモニタースピーカーです。1インチ径のソフトドームツイーターと5インチ径のグラスアラミド・コンポジットウーファーを搭載。35kHzまでの自然で明瞭な高域とクリアなミッドレンジ、タイトな低域が実現されています。

入力端子にはRCAプラグ・フォーンプラグ・XLRプラグを採用。本体には、それぞれ4段階で調節可能な高域・低域のレベルコントロールと、-30dBから+6dBレンジのボリュームノブを搭載しています。

フロントには、豊かな低域の再生をサポートするバスレフポートを配置。比較的リーズナブルなうえにサイズもコンパクトなので、初めてモニタースピーカーを購入する方や狭いスペースで設置したい方などにもおすすめです。

リプロデューサーオーディオ (reProducer Audio) アクティブスタジオモニタースピーカー Epic 5

2015年にドイツで設立された気鋭のブランド「リプロデューサーオーディオ」から発売されているモニタースピーカー。本製品は、モニタースピーカーのスタンダードモデルになることを目指し、3年かけて開発されました。フラットで正確なサウンドと美しいデザイン、リーズナブルさを兼ね備えているのが魅力です。

底面にパッシブラジエーターを搭載した特徴的な形状をしており、使用時には付属のアルミ製スパイクを装着。底面のパッシブラジエーターは低音の増強に役立ち、小型ながらもしっかりとした低音を出せるのがメリットです。

フロント面が少し上向きになるように角度が付けられているのもポイント。高音と低音が耳に届くまでのスピード差をなくし、より正しいサウンドをモニターできるように設計されています。

アイケーマルチメディア(IK Multimedia) コンパクトリファレンスモニター iLoud Micro Monitor

「世界最小クラスのリファレンス・モニター・システム」を謳う、軽量コンパクトなモニタースピーカー。本体重量は2台合わせて約1.7kgなので、機材用のカバンなどに入れて気軽に持ち運べます。

スピーカーユニットには、3/4インチのソフトドームツイーターと3インチのウーファーを採用。トータル出力は50Wで、前面にはバスレフポートが搭載されています。ツイーターとウーファーをそれぞれ独立したアンプで駆動するバイアンプ設計により、正確でリニアな周波数特性を実現。DTMでの作業をより快適にします。

3つのEQスイッチを備えているので、設置する環境に合わせてサウンドの最適化が可能。底面のスタンドは2段階の角度で調節できるほか、本製品をマイクスタンドに取り付けることもできます。入力端子にはRCAプラグと3.5mmステレオミニジャックを搭載。さらに、Bluetooth接続にも対応しています。

コスパ最強のモニタースピーカーおすすめモデル

フォステクス(FOSTEX) アクティブスピーカー PM0.1e

リーズナブルかつコンパクトなモニタースピーカーです。自然な響きを生み出す木製のエンクロージャーを採用。スピーカーユニットには、5.5cm径のグラスファイバー振動板フルレンジスピーカーを搭載しています。

リアバスレフ方式が採用されているので、コンパクトながらも迫力のある重低音を実現。また、スピーカーにブーストマグネットを搭載することで、小音量時でもしっかりとした低音再生が可能です。

入力端子にはRCAプラグを搭載。付属のオーディオケーブルを使用すれば、スマホや音楽プレーヤーなどとも簡単に接続できます。そのほか、角度調節用のゴム足も付属。DTMや音声モニターでの使用に加え、音楽リスニングやテレビ視聴などの用途にも適した1台です。

タスカム(TASCAM) パワードモニタースピーカー VL-S3BT

リーズナブルながらもBluetoothによるワイヤレス接続に対応したモニタースピーカー。パソコンだけでなく、スマホやタブレット、音楽プレーヤーなどとも気軽にワイヤレスで接続できるのがメリットです。

本体サイズはコンパクトなので、デスク上の限られたスペースにも設置できます。有線接続も可能で、入力端子にはRCAプラグと3.5mmステレオミニジャックを搭載。出力は14+14Wです。

コンパクトながらも、80Hz~22kHzと幅広い周波数特性を実現しているのもポイント。バスドラムなどの低音域から、ハイハットやシンバルなどの高音域までクリアにモニターできます。また、小音量時でもしっかりとモニタリングできるので、大音量再生ができない夜間などに使用したい方にもおすすめです。

マッキー(MACKIE) モニタースピーカー CR3-XBT

Bluetooth接続に対応したアクティブモニタースピーカーです。スピーカーユニットには3インチのウーファーと0.75インチのツイーターを搭載。スピード感のある低域と明瞭感のある中高域の再生が可能です。

入力端子にはRCAプラグとフォーンプラグが採用されているので、Bluetoothを含めて合計3系統の接続に対応しています。グリーンの縁取りとブラッシュドメタル加工のフロントパネルを採用した、おしゃれなデザインも魅力のひとつ。

フロントパネル下部にはヘッドホン出力端子が搭載されています。また、DAWソフト「Pro Tools | First」とプラグインライセンスが付属するのも嬉しいポイント。ソフトとモニタースピーカーをまとめて入手できるので、これから音楽制作を始めたい方にもおすすめです。

小型のモニタースピーカーおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) モニタースピーカー MSP3

20Wのパワ―アンプを内蔵した、自宅やホームスタジオなどでの使用におすすめのモニタースピーカー。10cmウーファーと2.2cmツイーターを搭載した2ウェイバスレフ方式が採用されています。

パワーアンプはスピーカーの特性に最適化されており、よりナチュラルでクリアなリファレンスサウンドを実現。本体重量は約4.4kgと比較的軽量なので、可搬性にも優れています。また、モニターやテレビとの干渉を防ぐ防磁設計が施されているのもメリット。場所を気にせず設置できます。

入力端子にはRCAプラグ・フォーンプラグ・XLRの3系統を搭載。設置場所などのモニター環境に合わせて音質を調節できるトーンコントロール機能も備えています。本体底面にはM5ネジ穴が開いているので、別売りのプラケットと組み合わせて、壁や天井に吊るすことも可能です。

ジェイビーエル(JBL) フルレンジモニタースピーカー 104-BT-Y3

プロ向けの製品群が揃う「JBL Professional」ブランドから発売されているモニタースピーカー。本製品は、同社の人気モデル「104-Y3」にBluetooth接続機能を搭載したモデルです。

スピーカーユニットは、低域ドライバーの中央部にスペースを設け、その中に高域ドライバーを配置する「同軸構造」という特殊な構造を採用しています。低域から高域までの音を一点から放出できるので、すべての音をズレなく正確に再生可能です。

Bluetoothに加え、3.5mmステレオミニジャック・RCAプラグ・フォーンプラグと豊富な入力端子類を備えているのもメリット。コンパクトかつ利便性の高いアイテムなので、音楽リスニングなどの普段使いにもおすすめです。

フォステクス(FOSTEX) モニタースピーカー NF04R

アルミダイキャストボディを採用した、コンパクトかつ堅牢なアクティブモニタースピーカー。「4インチHR形状ウーハーユニット」を搭載することで、コンパクトサイズながらも充実した低音が実現されています。

また、「UDRタンジェンシャル・エッジ」と「プッシュプル・ダンパー」を採用することで、レスポンスのよい中低域も再現。リスニング環境に合わせて音圧レベルを調節できる機能が搭載されており、低域特性の音圧レベルを-2dB・ -4dB・-6dBに、ツイーターの音圧レベルを-2dBに調節できます。

さらに、外部オーディオ機器の出力レベルに合わせてゲインを0dB/+10dBで切り替えることが可能。入力端子にはXLRプラグとフォーンプラグが搭載されています。

フォステクス(FOSTEX) かんすぴツーウェイスピーカー P802-S

インテリアにマッチしやすい落ち着いた色合いのモニタースピーカーです。スピーカーユニットを専用設計された木製のエンクロージャーに搭載。小音量でも高音質で再生できるように設計されています。

ツイーターには「UFLCソフトドーム振動版」を採用。周波数特性は150Hz~40kHzで、ハイレゾ音源の再生にも対応しています。コンパクトながらも十分な低音が出るので、幅広い音域でリスニング可能です。

本製品はパッシブスピーカーなので、別途アンプを用意する必要があります。中・上級者向けのアイテムではありますが、好みのサウンドにカスタマイズしたり、さまざまなアンプと組み合わせて音の変化を楽しんだりできるのがメリットです。

モニタースピーカーのAmazonランキングをチェック

モニタースピーカーのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。