原音通り正確に再生する「モニタースピーカー」。DTM(デスクトップミュージック)や楽器演奏、コーラスを録音して出来栄えをチェックする際に欠かせないオーディオ機器です。しかし、各メーカーからさまざまなモデルがラインナップされているので選び方が難しく、高価というイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、モニタースピーカーのおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので、本格的に作曲したい方や、これから始めたいと考えている方はチェックしてみてください。

モニタースピーカーとは?

By: amazon.co.jp

モニタースピーカーとは原音を忠実に再現し、細かい音までバランスよく聞くことができるオーディオ機器です。

対してCDを鑑賞する際などに使われるスピーカーは、リスニングスピーカーあるいはオーディオスピーカーと呼ばれます。リスニングスピーカーの場合、メーカーやモデルによっては低音を強調する、高音を伸びやかに再現するなどのアレンジが加えられることもあり、必ずしも原音通りとは限りません。

モニタースピーカーを利用すれば、DTMなどで音楽アレンジやサウンドエフェクトを行う際に、狙い通りに意図した音を作り出せます。DTMはもちろん、リマスター作業でも便利に使えるアイテムです。

モニタースピーカーの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーはサイズや形状によって、「ブックシェルフ型」「トールボーイ型」「フロア型」に分けられます。

ブックシェルフ型は「本棚に置ける大きさ」という名前の由来どおり、小型のスピーカー。設置位置の自由度が高く、モニタースピーカーでは主流のサイズです。最近では、幅や高さが20cm程度でデスクの上にも置ける卓上タイプもあります。パソコンを使ってDTMを行う際も邪魔になりにくく便利です。

トールボーイ型は幅や奥行きなどの接地面積はブックシェルフ型とほぼ同程度で、背を高くして低音域を強調したスリムタイプのスピーカー。設置のしやすさからホームシアターなどで使われることが多く、モニタースピーカーではあまり採用されていません。

フロア型は大きなスピーカーユニットを搭載した大型のスピーカー。トールボーイ型同様に、モニタースピーカーでは採用されていないサイズです。

ウーファー(ウーハー)の大きさで選ぶ

ウーファーとは、低音域を出力するスピーカーユニットです。低音の再生能力は、振動させる空気の量に比例します。そのため、ウーファーの大きさが、スピーカーの低音再生能力の目安になるので、ウーファーの口径を確認しておきましょう。また、大きな音量で聴くことが多い方はスピーカーの許容入力を表すワット数も併せて確認しておくと安心です。

入力端子の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

アンプなどと接続してスピーカーへ入力するケーブル端子にはいくつかの種類があります。なかでも一般的なのが「RCAプラグ」で、赤と白2本のケーブルそれぞれで左右の音声を入力するのが特徴です。

また、「フォーンプラグ」は1本のケーブルで接続します。RCAプラグよりノイズに強いのがメリット。ヘッドホンやカラオケマイクなどでも使われているプラグです。

「XLR(キャノン)プラグ」は高音質でノイズに強いのが特徴。ケーブルが長いステージマイクといったハイクオリティなマイクなどで主流の端子です。

エンクロージャーの方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーの箱の部分をエンクロージャーもしくはキャビネットといいます。エンクロージャーの構造によってさまざまなタイプがあり、主流なのは「バスレフ型」と「密閉型」です。

バスレフ型は、エンクロージャーにダクトまたはポートと呼ばれる穴が設けられているのが特徴。低音域の特定周波数を搭載したダクトから放射するので、スピーカーユニットからの音と合わせて小型スピーカーでも量感のある低音を出力できるのがメリットです。

密閉型は、エンクロージャーが完全に密閉されたスピーカー。低音のボリュームはバスレフ型に劣りますが、シンプルな構造なのでバランスよく音を出力できるのが魅力です。

タイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

モニタースピーカーには大きく分けて「アクティブ・スピーカー(パワードタイプ)」と「パッシブ・スピーカー(ノンパワードタイプ)」の2タイプがあります。

アクティブ・スピーカーは、本体の中にアンプが内蔵されているので、モニタースピーカー単独で音の出力が可能。電源をつけるだけですぐに使用できるので、初期費用を抑えたい方におすすめのタイプです。

また、パッシブ・スピーカーは、スピーカーとアンプを組み合わせて自分好みにカスタマイズできる上級者向けのタイプ。アンプが搭載されていないので、本体重量が軽いのも特徴です。ただ、アンプを購入する手間と費用がかかる点に注意が必要。スピーカーとアンプの相性なども考慮する必要があるので、オーディオ知識に自信のある方におすすめです。

DTM向けのモニタースピーカーおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) パワードスタジオモニター HS5

初心者でも安心の「YAMAHA」のアクティブ・スピーカー。エントリーモデルでリーズナブルに購入できるため、予算をあまりかけたくない方の導入機としてもおすすめです。YAMAHA独自のツイーターとウーファーを搭載しているので、原音を忠実に再現できます。

共振を低減する効果のある「エンクロージャー設計」も魅力のひとつ。低音から高音までフラットな音色を再現しているため、DTM作業にピッタリです。初心者の方でどれを買おうか迷っている方は、ぜひ検討してみてください。

マッキー(MACKIE) モニタースピーカー CR3

DTMだけでなく、リスニングなどマルチに活躍するモニタースピーカー。スタジオモニター並みの音質を実現するために、プロフェッショナルグレードのパーツを採用しており、自宅で本格的なDTMを楽しめます。

クリーンで原音に忠実なステレオサウンドを実現する50Wのパワーアンプを搭載。別途アンプを購入する必要もないため、初心者の方にも安心です。また、AUX接続やBluetooth接続に対応しているので、スマートフォン等の音源もすぐに再生できます。

フォステックス(FOSTEX) アクティブ・スピーカー PM0.3H

高音質なハイレゾ音源にも対応したモニタースピーカーです。DTMはもちろん、テレビでのステレオやリスニングスピーカーなどとして使用可能。低コストで高音質なスピーカーを探している方におすすめです。

入力端子にはさまざまな機器との接続に対応した「RCAピン」と「ステレオミニ」を搭載。スマートフォンや携帯プレーヤーを接続して高音質な音源を手軽に楽しめます。モニタースピーカーとしてだけでなく、映画鑑賞などマルチに使用したい方におすすめのスピーカーです。

ジェイビーエル(JBL) パワードモニタースピーカー 305P MkII

人気オーディオメーカー「JBL」が販売するアクティブタイプのモニタースピーカー。大音量で迫力のあるサウンドを楽しめるモデルで、音量が大きくても音質が劣化しにくいのが特徴です。

高域ドライバーには、ボイスコイルの冷却と制動の2役を担う磁性流体を採用しているので、立ち上がりの鋭い音や繊細な音の変化も忠実に再現できます。低域ドライバーも磁気構造を見直すことで、正確なピストン運動を実現。入力信号から振動への変換精度が高まり、原音を崩さずクリアに表現できます。

アイケーマルチメディア(IK Multimedia) iLoud Micro Monitor IP-ILOUD-MMW-IN

コンパクトなサイズ感が魅力のモニタースピーカー。リファレンス用モニタースピーカーとしては最小クラスの設置面積を誇り、持ち運びも便利なモデルです。プロジェクトスタジオやホームスタジオなど小規模スタジオにピッタリなサイズ感なので、部屋の反響や低域のレスポンスなども加味すると、限られたスペースで音楽制作する方にも適しています。

また、小型ながらサウンドを環境に合わせて切り替えができるのもポイント。3つのスイッチで簡単に切り替えられるので、持ち運んで使用する方にもおすすめです。RCA接続や3.5mm端子に対応しており、Bluetooth接続も可能。機種を選ばずさまざまなシーンで使用できるのもうれしいポイントです。

コスパ最強のモニタースピーカーおすすめモデル

タスカム(TASCAM) 2ウェイパワードモニタースピーカー VL-S3BT

小型ながら本格的なサウンドが楽しめるモニタースピーカー。110×170×138mmとコンパクトサイズで、設置しやすいのも魅力です。2WAY構成とバスレフポートによる80〜22kHzのワイドな周波数に対応。重みのある低音からクリアな高音までバランスよくリスニングできます。

また、RCA接続だけでなく、Bluetooth接続が可能なため、接続できる端末が豊富な点も魅力のひとつ。低遅延・高音質の「aptX」や「AAC」などのコーデックに対応しているので、DTMだけでなくリスニング用としても楽しめます。高性能でコスパよいので、予算を抑えたい方におすすめです。

プリソーナス(PRESONUS) モニタースピーカー Eris E3.5

高性能ながらリーズナブルなモニタースピーカーです。「低質量シルクドーム・ツイーター」や「低域トランスデューサー」を採用しているため、タイトな低音からクリアな高音を原音に忠実に再現。また、「レスポンシブなクラスA/Bアンプ」や、800Hz未満の帯域のレベルを指定の量でカットできる「音響調整コントロール」を搭載しており、多機能ながら極めてリーズナブルに購入可能です。

サイズもコンパクトなため、DTM作業を行う方にもおすすめ。音楽スタイルに合わせてサウンドをコントロールできるのも特徴です。さらに、安全性能も高く「過熱保護機能」「電流出力制限」「サブソニック・フィルター」などの保護性能を搭載しているのもポイント。コスパよく安全性能の高いスピーカーを探している方におすすめのスピーカーです。

フォステクス(FOSTEX) アクティブ・スピーカー PM0.1e

低価格ながらバランスのよい高音質を楽しめるモニタースピーカー。長い間プロからも愛用されている人気メーカー「FOSTEX」が販売しているコンパクトでリーズナブルなモデルです。音質・デザイン・スタイルをベストバランスで融合しており、心地よいオーディオ環境を実現できます。

5.5cm口径の「グラスファイバー振動板フルレンジスピーカー」の採用により、クリアなサウンドを実現。エンクロージャーには木の素材を用いることで、自然な響きも楽しめます。また、「リアバスレフ方式」により、コンパクトながら迫力ある重低音を再現。映画鑑賞などにも使える高音質スピーカーを探している方におすすめです。

小型のモニタースピーカーおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) モニタースピーカー MSP3

20Wのパワーアンプを搭載したコンパクトなモニタースピーカー。パワーアンプを内蔵しているので、別途アンプを購入する必要がなく、初心者の方にもおすすめです。144×236×167mmとコンパクトなので小スペースに設置したい方にも適しています。

コンパクトながら高音質サウンドを実現。「10cmウーファー」と「2.2cmツイーター」を搭載した2WAYバスレフ方式を採用しているため、クリアなサウンドを楽しめるのも特徴です。さらに、設置場所やモニター環境に合わせて音質を調節できる「トーンコントロール機能」を搭載。重さも4.4kgと軽量設計なので、持ち運んで作業したい方にもおすすめです。

プリソーナス(Presonas) Eris4.5

ミュージシャンなどプロのニーズに合わせて制作されたモニタースピーカーです。プロフェッショナルな音響調節コントロール・レスポンシブなクラスA/Bアンプ・低域のトランスデューサー・低質量のシルクドーム・ツイーターを搭載。極めてクリアで自然なリスニングが可能です。プロとしてDTMを制作したい方にもおすすめです。

また、163×241×180mmのコンパクトサイズながらも「4.5インチKevlar低域ドライバー」と「25mmのシルクドーム・ツイーター」により迫力のあるサウンドを実現。音響コントロール機能もあるので、モニター環境などに合わせて音質の調節もできます。

フォステクス(FOSTEX) かんすぴツーウェイスピーカー P802-S

コンパクトながら迫力のある重低音を楽しめるモニタースピーカー。見た目はインテリアにマッチする落ち着いた「木製2ウェイ方式リアバスレフ型エンクロージャー」を採用しており、落ち着いた雰囲気を演出します。また、40kHzの高域周波数を実現し、ハイレゾの高音質にも対応。重みのある重低音から伸びのある高音など、幅広い音域を楽しめるのも魅力です。

なお、パッシブ・スピーカーのため、別途アンプを購入する必要がありますが、自分好みの組み合わせを見つけてカスタマイズできるメリットがあります。上級者の方で細かく音を調節したい方におすすめのスピーカーです。

ヤマハ(YAMAHA) HS7

利用環境によって最適なサウンドに調節可能なヤマハのモニタースピーカーです。高性能専用パワーアンプを内蔵しており、高域と低域のそれぞれの帯域を増幅するバイアンプ方式を採用。どの帯域でも音質が劣化しにくく、原音に忠実なサウンドを実現しています。

共振を低減するエンクロージャー設計により、ノイズを減らしてDTMにおいても正確なリスニングが可能。低音から高音までバランスのよいスピーカーを探している方におすすめです。