スタイリッシュにこだわるiPhoneユーザーが音楽を楽しむには、それなりのスピーカーを用意したいところ。特に最近はスマホとペアリングして使うBluetooth対応のスピーカーが普及しており、音質やサイズ感にこだわる方も増えてきています。

そこで今回はiPhone対応のスピーカーのおすすめモデルをピックアップ。選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

iPhone対応スピーカーとは?

By: anker.com

iPhoneシリーズではiPhone 7以降、イヤホンジャックが廃止。理由は諸説ありますが、ワイヤレス接続が可能なBluetoothが普及したほか、カメラやバッテリー性能の向上にユーザーニーズがあり、端末のスペースを有効活用するためと言われています。

iPhone 7より前のモデルやiPhone SEであれば、イヤホンジャックが付いているため、ステレオミニプラグ経由でスピーカーと繋げることが可能ですが、iPhone 7以降のモデルではLightning経由のUSB接続で対応するか、Bluetoothでペアリングすることになります。iPhone対応スピーカーを探す際は、自分が使用しているモデルを必ず確認しておきましょう。

iPhone対応スピーカーの選び方

スピーカーの音質で選ぶ

By: iriver.jp

iPhone対応スピーカーの選び方は基本的に通常のオーディオスピーカーと変わらず、違いがあるとすればサイズ感などのポータビリティや充電方法、防水対応などです。

音質に関しては低音を重視したければ、大口径のドライバーとそれに見合った容積が必要になります。製品を選ぶ際にはアンプの出力が大きいモノがおすすめです。

接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetoothとは現在ではイヤホンやヘッドホンはもちろん、その利便性の高さからスピーカーなどのオーディオ機器にも普及しているワイヤレス接続の規格のこと。

Bluetooth接続は伝送時にデータのカットがあり、音質面では有線接続に劣るのが懸念点ですが、コードが必要ないので、スマートに機器同士の接続ができます。

なお、Bluetoothにはバーションとクラスが分かれているのがポイント。記載は製品やメーカーによってまちまちですが、いずれも数値で表示されています。

バーションは通信規格のことなので、より数値が大きいモノのほうが優秀。クラスは電波強度を規定したもので、数値が小さいほど出力は高く、到達距離が長くなっています。例えば、Bluetooth(BR/EDR)の「Class 1」は出力が100mWで、到達距離は100m。「Class 2」は出力が2.5mWで、到達距離は10mと違いがあります。

AirPlay接続

AirPlay接続とは、アップル製品とアップル許諾を受けた機器のみが対応している独自の接続規格のこと。Bluetooth接続と同じく無線でiPhoneとスピーカーを繋ぐことが可能です。

特徴としてはBluetooth接続とは異なり、音質の劣化が起こりにくいのが魅力。一方で、Wi-Fi環境がないと接続できないので、その点は注意して起きましょう。

イヤホンジャック接続

オーディオ機器との接続方式で昔からあるのが、3.5mm径ステレオミニ接続による有線タイプです。

最近人気のBluetoothワイヤレスタイプと違い、コードの煩わしさが弱点。しかし、Bluetoothのように伝送時に音のデータをカットしないので、原理的に高音質なのが魅力です。

駆動方法で選ぶ

バッテリー

By: amazon.co.jp

スピーカーを室内だけでなく、屋外でも使用したい場合は持ち運びに便利なバッテリー内蔵型アイテムがおすすめ。現在発売されているBluetooth・AirPlay接続に対応している製品はほとんどがこのタイプです。

バッテリーのスタミナの目安としては連続再生時間が7〜8時間が基本。10〜15時間あれば余裕があり、20時間もあれば十分です。ぜひ確認して起きましょう。

電池

電池タイプの製品はバッテリータイプ同様、屋内外での使用に適しています。電池が切れる度に取り替えなければならないのは手間ですが、用意さえしていれば、充電が切れてしまってまったく使えなくなる状態は避けられます。

USB給電

USB給電タイプの製品は、iPhoneシリーズの場合Lightningケーブル経由の接続になりますが、音質劣化の要因となるノイズの混入がないため、原理的にサウンドクオリティはまずまずです。

ただし、iPhoneのバッテリーの充電具合によってスピーカーの連続時間も変わってくるので、その点は注意しておきましょう。

iPhone対応スピーカーのおすすめモデル|Bluetooth・AirPlay接続

ボーズ(Bose) SoundLink Mini Bluetooth speaker II Limited Edition

約180×59×51mm、約655gと軽量でコンパクトな重低音スピーカー。低音を効果的に増強する「デュアル・オポージング・パッシブラジエーターⅡ」を採用することで、小型ながら充実したサウンドを鳴らします。

「デジタル・シグナル・プロセッシング」と呼ばれる信号処理により、小音量時にも低音が聴こえやすいように自動調整してくれるのもポイント。シンプルで落ち着いたデザインで、操作が簡単なのも魅力です。

ボーズ(BOSE) SoundLink Revolve Bluetooth speaker

幅82×高さ152×奥行82mm、重量660gと持ち運びにも便利なBluetoothスピーカー。コンパクトなサイズながらも360°に広がるパワフルで高音質なサウンドが魅力です。

最大で12時間の連続駆動が可能なリチウム式電池を搭載。長時間使用しても充電がなくならないのもポイントです。また、シームレスなアルミボディは堅牢性に優れ、防水仕様なので水に濡れても安心。プールサイドやキッチンなど、水周りでも音楽を楽しめます。

ボーズ(BOSE) SoundLink Micro Bluetooth speaker

重さ290gのBluetoothスピーカー。サイズも幅98×高さ98×奥行35mmと非常にコンパクトです。小型ながらも、クリアでバランスのとれたサウンドを発します。

USB供給式を採用しており、コンセントだけでなくパソコンからも充電可能。また、1回の充電で最長6時間連続で使用できます。ボディは耐久性に優れるシリコン素材を採用。IPX7準拠の高い防水仕様で、アウトドアでも大いに役立つアイテムです。

アンカー(Anker) SoundCore mini Bluetoothスピーカー

重さ約215gのBluetoothスピーカー。本体寸法は幅67×高さ67×奥行き67mmとコンパクトサイズで、持ち運びに便利です。小型ながらも、5Wのオーディオドライバーやパッシブサブウーファーを搭載しており、クリアでパワフルな音を体感できます。

1度の充電で約15時間の連続再生も注目ポイント。価格は2000円台とリーズナブルなので、初めてスピーカーを購入するという方におすすめのアイテムです。

アンカー(Anker) SoundCore 2

最大で24時間、500曲の連続再生が可能なBluetoothスピーカー。大容量リチウムイオンバッテリーが内蔵されており、屋外での使用におすすめの製品です。同期したiPhoneから電池の残量を視認することが可能。IPX5防水対応で、汎用性も良好です。

本体の重量は約414g、寸法は幅167×高さ47×奥行56mm。高音質ステレオと重みのあるバスサウンドで、クオリティは良好です。価格も4000円台とお手頃。スタミナ十分なiPhone対応スピーカーを探している方におすすめです。

アンカー(Anker) SoundCore Pro+

重量感あふれる高音質サウンドが魅力のBluetoothスピーカー。4つの高性能ドライバーとデジタルシグナルプロセッサーによってカバーする音域が広く、高音質を発します。

本製品は1回の充電で、最大18時間連続で使用することが可能。音楽を流しながら充電をすることもできるので、使い勝手は良好です。また、モバイルバッテリーとしても使用でき、同期しているiPhoneを充電できます。性能の高いスピーカーを探しているという方は、ぜひチェックしてみてください。

アンカー(Anker) SoundCore Sport XL

IP67という高水準の防水&防塵規格をクリアしているスピーカー。1回の充電で最大15時間連続で駆動するリチウム電池を内蔵しており、サイズは175×78×43mm、重さは約600gです。

Bluetoothでの接続方式を採用しており、最大20mの距離でもワイヤレス接続が可能。また、スピーカーとしてだけではなく、iPhoneを充電するモバイルバッテリーとしても使用できるので、外出時のバックアップ電源としても使えます。価格は4000円台と良心的。コスパ重視でiPhone対応スピーカーを選びたい方は要チェックのアイテムです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10

幅20cmのコンパクトボディに同メーカーの音質技術を詰め込んだスピーカー。パッシブラジエーターを前後に2基内蔵することにより、クオリティの高いサウンドを再生することが可能です。

また、強力な磁気回路により低音がクリアなのもポイント。内蔵デジタルアンプは24Wとハイパワーです。バッテリー駆動ながら大音量再生に対応できるほか、音源再生、スピーカー再生周波数ともにハイレゾ仕様。LDACコーデックにも対応します。

MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE HX」機能も搭載。あらゆる音源を高音質再生できるおすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB10

人気のモノラルスピーカー。本体サイズ75×91×75mm、重量260gのコンパクトボディに46mm口径のフルレンジスピーカーユニットを搭載し、本体底面には「パッシブラジエーター」を配置。小型ながら重低音が充実しています。

水回りでも使えるIPX5相当の防水性能や最長約16時間再生できるバッテリーを搭載しているのもポイント。持ち運びに便利なストラップなど、ポータビリティも良好です。カラーは6色をラインナップしています。

ジェイビーエル(JBL) FLIP4 Bluetoothスピーカー

IPX7の防水性能を備えたBluetoothスピーカー。3.5時間の充電で約12時間の連続再生が可能なので、スタミナ十分な点もおすすめです。

独自技術の「VoiceLogic(ボイスロジック)」を搭載。周囲の騒音を排除し、音声だけをクリアに抽出する機能で、音楽再生だけではなく音声会議やハンズフリー会話にも適した1台です。また、SiriやGoogle Nowにも対応して、スマホ接続時の利便性も魅力。カラーは7色をラインナップ。アクティブシーンでも気兼ねなく使えるおすすめモデルです。

タオトロニクス(TaoTronics) TT-SK09

IPX4相当の防水機能を備えているBluetoothスピーカーです。ポケットサイズで持ち運びに便利なのも魅力。耐久性が高いのもポイントです。

microUSBでの給電方式を採用しており、最長で10時間連続での音楽再生が可能。耐水性と耐振動性を両立した構造になっており、多少濡れても問題なく使用できます。キッチンやお風呂などの水気が多い場所や、アウトドアシーンにおすすめのアイテムです。

3時間の充電で最大10時間連続再生できるため、スタミナもまずまず。音質は価格相応ですが、内部には6Wのドライバーを搭載しており、特にボーカルの抜けのよさが魅力です。

バウワーズ&ウィルキンス(Bowers&Wilkins) Zeppelin Wireless

イギリスのオーディオブランド「バウワーズ&ウィルキンス」のスピーカー。AirPlay接続に対応しており、音質が劣化することが少ないのが魅力です。スピーカー側の操作を一切必要とせず、iPhone側のみの操作で簡単にペアリングできるのもポイントです。

本体サイズは幅660×高さ188×奥行183mm、重さ6500gの据え置きタイプ。シームレスの洗練されたデザインになっており、インテリアとしてもおすすめです。価格はやや高めですが、機能性や音、デザイン性に優れているおすすめのアイテムです。

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) Beoplay A9 mkII

デンマークのオーディオブランド「バング&オルフセン」からリリースされているAirPlay対応のスピーカー。ワイヤレスとは思えない澄んだ音を奏でます。

AirPlay以外にもBluetoothに対応していたり、USBやアナログRCAなどの有線接続に対応していたりと、さまざまな方式で音楽を再生できるのもポイントです。

スタンド設置時のサイズは幅701×高さ908×奥行415mm、重量は約15kg。モダンクラシックデザインを採用しており、インテリア性も良好。価格としてはかなり高価なので、満足度の高いハイエンドクラスのスピーカーを探している方は候補となるアイテムです。

iPhone対応スピーカーのおすすめモデル|イヤホンジャック接続

ジェイビーエル(JBL) USB/DAC内蔵バスパワードスピーカー Pebbles

コンパクトで高性能な重低音スピーカー。低音放射能力を高める独自の「スリップストリーム・ポート」を備えていて、コンパクトながら豊かな重低音を再生することが可能です。高効率なデジタルアンプを内蔵するので、低消費電力ながら音のパワフルさも備えています。

縦置き、横置き双方に対応するので置き場所を選びにくいのもポイント。アナログ有線接続に加え、USB端子によるデジタル入力にも対応しています。

クリエイティブ(Creative) USB電源アクティブスピーカー Pebble SP-PBL-WH

球状デザインが特徴的な分離型ステレオスピーカー。スピーカーユニットを45°の上向きに配置し、サウンドの広がりとダイレクト感に配慮しているのが特徴です。スピーカー背面にパッシブラジエーターを搭載し、低音再生も強化。なお、入力はステレオミニ専用です。

USB電源方式なので、モバイルバッテリーと併用すれば屋外や車での使用も可能。リーズナブルな価格帯も魅力です。コスパ優先で重低音スピーカーを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

IRIVER LS150

3.5mmステレオ端子に対応しているイヤホンジャックスピーカー。Wi-FiやAirPlay、Bluetoothにも対応しており、さまざまな方法で音楽を再生することが可能です。シンプルで洗練されたデザインになっており、インテリア性も良好です。

本体サイズは幅350×高さ117×奥行179mm、重さは約2.98kg。コンパクトながらも高音域用ツイーター×2、中音域用ミッドレンジ×2、低音域用ウーファーの3ウエイ5スピーカー構成になっており、迫力のあるサウンドが楽しめます。

iPhone対応スピーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

iPhone対応スピーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。