スタイリッシュにこだわるiPhoneユーザーが音楽を楽しむには、高音質なスピーカーを用意したいものです。特に最近はスマホとペアリングして使うBluetooth対応のスピーカーが普及しており、音質やサイズ感にこだわる方も増えてきています。

そこで今回は「iPhone対応スピーカー」のおすすめモデルをピックアップ。選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

iPhone対応スピーカーとは?

By: amazon.co.jp

iPhoneシリーズではiPhone 7以降、イヤホンジャックが廃止。理由は諸説ありますが、ワイヤレス接続が可能なBluetoothが普及したほか、カメラやバッテリー性能の向上にユーザーニーズがあり、端末のスペースを有効活用するためといわれています。

iPhone 7より前のモデルやiPhone SEであれば、イヤホンジャックが付いているため、ステレオミニプラグ経由でスピーカーと繋げることが可能ですが、iPhone 7以降のモデルではLightning経由のUSB接続で対応するか、Bluetoothでペアリングする必要があります。Bluetoothスピーカーの場合は、iPhoneが対応しているAACコーデックに対応しているかどうかもチェックしましょう。

iPhone対応スピーカーの選び方

スピーカーの音質で選ぶ

By: iriver.jp

iPhone対応のスピーカーを選ぶ際は、音質をチェックしましょう。低音を重視したい方は、大口径のドライバーを搭載したモデルがおすすめです。また、大音量で鳴らしたい方は、アンプの出力が大きいモノを選びましょう。

iPhone対応のスピーカーはサイズが小型で持ち歩きやすいスピーカーも多くラインナップされています。据え置き型と比べると、やや音量や音質が低くなりがちですが、屋外での音楽鑑賞用途に設計された高音質かつ大音量なモデルも展開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetoothとは、イヤホンやヘッドホンはもちろん、利便性の高さからスピーカーなどのオーディオ機器にも普及しているワイヤレス接続の規格のことです。Bluetooth接続は伝送時にデータの変換があり、音質面では有線接続に劣るのが懸念点ですが、コードが必要ないのでスマートに機器同士の接続ができます。

Bluetoothはバーションとクラスが分かれているのがポイント。バーションは通信規格のことで、より数値が大きいモノのほうが高性能です。

クラスは電波強度を規定したモノで、数値が小さいほど出力は高く、到達距離が長くなっています。例えば、Bluetoothの「Class 1」は出力が100mWで、到達距離は100m。「Class 2」は出力が2.5mWで、到達距離は10mと違いがあります。

AirPlay接続

AirPlay接続とは、Apple製品とAppleの許諾を受けた機器のみが対応している独自の接続規格のこと。Bluetooth接続と同じく無線でiPhoneとスピーカーを繋ぐことが可能です。

Bluetooth接続とは異なり、音質の劣化が起こりにくいのが魅力。一方で、Wi-Fi環境がないと接続できないので、注意しておきましょう。

有線接続

By: logicool.co.jp

有線接続は、機器同士をケーブルで繋ぐ接続方式で、アナログ接続とデジタル接続の2種類があります。アナログ接続は、伝送時のノイズが乗りやすいものの、手軽で普及度が高い方式。デジタル接続はノイズが少なく高音質な一方、対応製品数が少なくやや高価です。

iPhoneはアナログではイヤホンジャック接続、デジタルではUSBおよびLightning接続に対応。iPhone 7以降では本体にイヤホンジャックが搭載されていませんが、Lightning端子を3.5 mmヘッドホンジャックに変換するアダプターを介することで、イヤホンジャック接続のスピーカーを使えます。

USB接続スピーカーでは、iPhoneに対応しているかを機器ごとに確認しましょう。なお、iPhoneをUSB接続するには、Lightning端子をUSB端子に変換するアダプターを別途用意する必要がある場合があります。

駆動方法で選ぶ

バッテリー

By: jbl.com

スピーカーを室内だけでなく屋外でも使用したい場合は、持ち運びに便利なバッテリー内蔵型アイテムがおすすめです。バッテリーのスタミナは連続再生時間が7〜8時間が目安。10〜15時間あれば余裕があり、20時間もあれば十分です。

また、バッテリー駆動のモデルの場合は、充電時間も要チェック。頻繁に屋外に持ち歩く方は、充電時間がどのくらいかも併せて確認しておきましょう。

電池

電池タイプの製品はバッテリータイプ同様、屋外での使用に適しています。電池が切れる度に取り替えなければならないのは手間ですが、予備の電池を用意していれば、電源がないところでも再び使用できるのがメリット。

また、コードでの充電を要しないので、なるべくコード類を少なくしたい方にもおすすめです。

iPhone対応スピーカーのおすすめモデル|Bluetooth・AirPlay接続

アップル(Apple) スマートスピーカー HomePod

iPhoneの発売元であるAppleが開発したスピーカー。iPhoneをはじめとするiOSデバイスや、Apple社が提供するサービスとの連携性の高さが特徴です。

Appleが開発したAIアシスタント「Siri」を搭載しており、ニュースや天気予報の確認、アラームのセットなど、さまざまな操作を音声で行えます。また、AppleのAirPlay機能を使って、Wi-Fi接続機器からの音楽をCD同等の高品位で再生できるのもポイント。 さらに、Bluetoothでのワイヤレス接続にも対応しています。

音楽ストリーミングサービス「Apple Music」を利用しての再生が可能なのも便利です。内部には7基のツイーター、天面にはウーファーを内蔵し、ワイドレンジなサウンドを鳴らせます。なお、各種設定にiOSデバイスが必須なので、Apple製品以外で使用する場合は注意が必要です。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10

高音質が魅力のポータブルBluetoothスピーカー。Bluetooth入力は、iPhoneで採用されている高音質で低遅延なAACコーデックに対応しており、ハイクオリティなワイヤレスリスニングが楽しめます。

また、iPhoneとの接続にも対応したUSB入力を採用しているのもポイント。CDを超えるハイレゾ音源の再生も可能です。MP3をはじめとする圧縮音源をハイレゾ相当に変換して再生する「DSEE HX」機能も搭載。さまざまな音源を高精細なサウンドで再生できるのも魅力です。

内蔵バッテリーで約12時間再生が可能。ハンズフリー通話や音楽操作、Siri対応などiPhoneとの使用で便利な機能も搭載しています。幅20cmほどのコンパクトボディなので、屋外に持ち歩いて使用するのも便利なスピーカーです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB12

46mm口径のフルレンジスピーカーユニットを搭載したBluetoothスピーカー。直径74×高さ92mm、重量約243gと、コンパクトで軽量なのでさまざまな場所に設置可能です。

グリル開口部の大きさと配置を工夫することで、重低音とボーカルなどの中高域を際立たせたサウンドを聴かせられます。iPhoneとの組み合わせで高音質伝送が可能なAACコーデックに対応しているのもおすすめポイントです。

内蔵マイクでスマホでのハンズフリー通話ができるほか、本体のボタンで接続機器の音楽再生操作ができるのも便利。 さらに、IPX7相当の防水性能で水にも強く、内蔵バッテリーで12時間再生できるので屋外使用にもおすすめです。

ボーズ(Bose) Bluetoothスピーカー SoundLink Mini Bluetooth speaker II

Bluetoothスピーカーの人気モデル。小型化と豊かな低音再生を両立する独自の「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」により、サイズを感じさせない迫力のある音が鳴らせます。

独自の音質チューニングにより、音量に関わらずバランスのよいサウンドを聴かせるのもポイント。また、ハンズフリー通話と音楽再生の各種操作も可能と、iPhoneとの使用に便利な機能も充実しています。

充電式の内蔵バッテリーで連続10時間再生でき、屋外での使用にもぴったりです。BluetoothではSBCコーデック、有線ではステレオミニ接続が可能。汎用性の高いおすすめのコンパクトスピーカーです。

ボーズ(Bose) SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

全方位に広がりのあるサウンドを鳴らせる360°スピーカーの人気モデル。2基を向かい合わせに配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」を内蔵することで、重低音再生を強化しているのが魅力です。

イヤホンジャックとUSBの両方の有線接続に対応しているのもポイント。また、充電式の内蔵バッテリーで12時間駆動でき、水の飛まつに対して保護できるIPX4相当の防滴仕様も備えているので、屋外に持ち出して楽しめます。縦に長い円筒形で置き場所を取らないため、デスクトップ用としてもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー FLIP4

ワイヤレスによる接続性の高さが特徴のBluetoothスピーカー。2台用意することで、専用アプリを用いてステレオ再生できるので、より音の立体感に優れたサウンドも楽しめます。スマホやタブレットなどを2台同時にBluetooth接続し、音楽を交互に再生することも可能です。

また、「JBLコネクトプラス」機能を搭載しているのも魅力のひとつ。同機能を搭載したJBLのスピーカーを100台以上を同時に接続可能です。広い空間で複数台用意すれば広範囲に音を届けられます。

IPX7等級に準拠した防水性能を有しているため、水深1mに30分間水没させても動作に支障をきたさないと謳われているのもポイント。12時間のロングバッテリーを有しており、アウトドアで活躍できるおすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothスピーカー CHARGE4

海や山でアクティブに活動する方におすすめのiPhone対応スピーカーです。7500mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴。約4時間の充電で最大20時間の連続再生が可能です。コンセントのない屋外でも、好きな音楽を思う存分楽しめます。

USB出力ポートを備えており、スマホの充電が切れた際にはモバイルバッテリーとしても使用可能。最大2台のデバイスが同時接続できるため、友人のスマホに保存している音楽も簡単に再生できます。

また、IPX7等級の防水性能を搭載。プールサイドなど水濡れの危険がある場所でも安心して使えます。耐久性に優れたファブリックとゴム素材を使用しているので、さまざまな場所へ気軽に持ち出せるのも嬉しいポイント。信頼性の高いiPhone対応スピーカーを探している方にもピッタリのモデルです。

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) ワイヤレススピーカー Beoplay M5

円筒形状で全方向に音を放射する360°スピーカーです。本体サイズ165×185×165mmのコンパクトボディながら、3つの発音ユニットと130Wの大出力アンプにより、再生周波数37~22000Hzのワイドレンジ再生が可能です。特に低音の伸びに優れているため、フルオーケストラやロック、EDMなどの音楽を迫力たっぷりに楽しめます。

また、テキスタイルのカバーと天板のアルミのコントラストが映えるデザインも魅力。オプションでカバー交換できるのでインテリア性を高められます。加えて、Bluetooth・AirPlay・Wi-Fi・LAN・3.5mmステレオミニに対応する入力の豊富さもポイント。高価ですが、高機能かつ高音質な1台です。

アンカー(ANKER) SoundCore 2 A3105

高性能なモバイルバッテリーで有名なアンカーのBluetoothスピーカー。同社はハイコスパなBluetoothスピーカーを多数ラインナップしていることでも人気があります。

本製品は大容量バッテリーを内蔵した最長24時間の連続再生が魅力です。内部には6W出力の高性能ドライバーを2つ搭載し、クリアなステレオサウンドを再生可能。さらに、独自の「BassUpテクノロジー」を採用しており、充実した低音性能を有しています。

重量は414gで持ち運びにも便利。また、IPX7準拠の防水性能を備えているため、水回りやアウトドアにも対応できます。iPhoneでハンズフリー通話が可能なマイクを内蔵しているのもポイント。幅広い用途に対応できるおすすめモデルです。

アンカー(ANKER) Soundcore Icon Mini

IP67の防塵防水性能を備えており、自宅はもちろんアウトドアシーンなどでも安心して使えるBluetoothスピーカーです。水洗いできるため、お手入れも簡単。背面にラバー素材を用いることで、傷や汚れが付きにくいのも魅力です。

コンパクトながら、迫力のあるサウンドを鳴らせるのもポイント。本体を2台用意してステレオサウンドを鳴らす「ワイヤレスステレオペアリング」にも対応しており、より臨場感あふれる音が楽しめます。約3時間の充電で最大8時間の再生が可能です。

アンカー(ANKER) Soundcore Motion+

最大30Wの大出力が可能なiPhone対応スピーカーです。50Hz〜40kHzの広い周波数帯域に対応しており、曲の細部まで充実に再現することが可能。さらに、「BussUpテクノロジー」を搭載することで、体全体で感じられる力強いサウンドを実現しています。AUXケーブルで接続できる機器であればハイレゾ音源の再生が可能なので、高音質を求める方にもおすすめのモデルです。

「ワイヤレスステレオペアリング機能」を搭載しているのも本モデルの特徴。2台をワイヤレスで繋ぎ、ステレオスピーカーとして利用できる便利な機能です。リビングや寝室など、場所を問わず迫力あるステレオサウンドが楽しめます。IPX7等級の防水性能を備えているので、キッチンや脱衣所といった水回りでの使用も安心です。

また、カスタマイズ性に優れているのもポイント。専用のアプリを利用して自分の好みに合ったセッティングに変更できます。

EWA Bluetoothスピーカー A106

価格の安いiPhone対応スピーカーが欲しい方におすすめのモデルです。高性能ドライバーとパッシブサブウーファーを搭載しており、低価格ながらクリアなサウンドが楽しめます。また、内蔵バッテリーで約6時間の連続再生が可能です。

ボタン1つのシンプルな操作系を採用しているのも本モデルの特徴。押す回数によって再生・停止・曲送りができ、簡単に扱えるので重宝します。

さらに、携帯性に優れているのもポイントです。コンパクトなボディは175gと非常に軽量なので、ポケットに入れて容易に持ち歩けます。付属の専用ケースに収納すれば、リュックや自転車に吊るすことも可能です。

また、IP67相当の防塵・防水性能を備えています。さまざまな場所へ気軽に持ち出せるiPhone対応スピーカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

iPhone対応スピーカーのおすすめモデル|有線接続

ロジクール(Logicool) ステレオスピーカー Z120

イヤホンジャック接続スピーカーの定番モデルです。左右のスピーカーが分離しており、間隔を離すことで広がり感を高めたステレオ再生を楽しめます。

88×110×90mmと場所を取らないコンパクトなサイズながら、140~18000Hzのワイドな再生範囲を実現。総合出力1.2Wのアンプで迫力のあるサウンドを鳴らせます。

USB給電方式なので、モバイルバッテリーがあれば屋外で使えるのも便利です。スピーカー正面に電源スイッチとボリュームを搭載しているので、操作も簡単。リーズナブルな価格もポイントです。

ジェイビーエル(JBL) USB-DAC内蔵バスパワードスピーカー Pebbles

イヤホンジャックとUSB端子の両方の接続に対応したスピーカー。PCの脇に置いて使うことを想定したPCスピーカーの人気モデルですが、iPhoneでも使用可能です。

電源はUSB端子からの供給なので、iPhoneで使用する場合は、PCやUSB-A to Cアダプター、USBモバイルバッテリーなどを別途用意する必要があります。

コンパクトでも迫力のあるサウンドを鳴らすためにデザインされた、カタツムリのような形状が印象的です。本体右側には回転式ボリュームを搭載しており、見た目だけでなく、実用性も備えています。横置きも可能なので自由なセッティングが可能です。

高解像度再生できる50mm径フルレンジドライバー、高効率なデジタルアンプ、独自ポート構造による豊かな低音など、老舗スピーカーメーカーであるJBLの技術を活かした高音質が魅力のモデルです。

クリエイティブ(Creative) USB Type-C給電採用アクティブ スピーカー Pebble V2

球状デザインが特徴的な分離型ステレオスピーカー。スピーカーユニットを45°の上向きに配置することで、音の広がり感とダイレクト感を高めています。また、スピーカー背面にパッシブラジエーターを搭載し、低音再生を強化しているのもポイントです。

USB Type-C端子からの給電に対応。USB Type-Cポート搭載機器からの給電では、最大16Wの大出力で迫力のあるサウンドが楽しめます。USB C to A変換アダプターも同梱しており、従来のUSB機器やモバイルバッテリーからの給電も可能です。

電源のオン・オフを見ただけで判別できるLEDライトを備えているのも便利です。なお、入力はステレオミニ専用。インテリアとしてもおすすめのスピーカーです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ポータブルスピーカー SP-A55-S

乾電池駆動が可能なイヤホンジャックスピーカー。外出先などで電池がなくなっても調達しやすいのがメリットです。50mmの大口径スピーカー2基と、1W+1W出力の内蔵アンプの組み合わせにより、バランスがよく広がりのある高音質を聴かせます。

単3乾電池4本で最大40時間の長時間使用が可能です。音声に連動して自動で電源が切れるので、電池の無駄遣いも予防できます。本体直出しのイヤホンジャックケーブルは5mと長めなので、iPhoneと離れた場所で使いたい方にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) マルチメディアスピーカー Z213

低音再生専用スピーカーであるサブウーファーを別筐体にした「2.1chスピーカー」の人気モデル。サブウーファーは低音再生するために、ある程度の大きさがありますが、低音には音の出所がわかりにくいという特性があるため、置き場所の自由度が高いメリットがあります。

聴く場所の近くに置く必要がある高音用スピーカーは小型で済むので、小型スピーカーのように使えます。本製品は4インチドライバーを搭載したサブウーファーによる豊かな低音が魅力です。

音量のコントロールやヘッドホンジャックを備えたコントロールボックスが付属し、手元で操作できるので便利。サブウーファーの置き場所を確保できる方はぜひ検討してみてください。

iPhone対応スピーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

iPhone対応スピーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。