ちょっと立ち寄った喫茶店での1枚から旅行先の風景まで、いまや日記を書くような感覚で手軽に楽しめる「写真撮影」。スマホのカメラでも十分綺麗に撮れますが、デジカメを使えばより高画質に仕上がります。そこで今回は、コンデジやミラーレス、一眼レフなど、デジカメの種類や性能を解説しながら、最適な機種の選び方とおすすめ製品をご紹介します。

コンデジ・ミラーレス・一眼レフの特長

デジカメにはコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)・ミラーレス・一眼レフの3種類があります。「コンデジ」は、その名の通りコンパクトで携帯性に優れているタイプ。見た目がおしゃれな機種を多く揃えています。操作が比較的簡単なので、とにかく手軽に撮影したいならコンデジがおすすめです。

一方、手軽さとクオリティを両立させるなら「ミラーレス」がおすすめ。コンパクトなボディながら、コンデジよりも高画質な写真が撮影できます。機能性の高い機種が各メーカーから数多くリリースされており、デザインがおしゃれなので女性にも好評。レンズの交換が可能なため、本格的なカメラライフを始めたいビギナーに最適です。

また、ハイクオリティな写真を撮りたいなら、やはり「一眼レフ」は秀逸。被写体をしっかり捉えることができ、肉眼に近い1枚に仕上げてくれます。写真を興味がある方は、ぜひトライしてください。

コンデジ

コンデジは軽量で持ち歩きやすく、機能がシンプルなので初心者でも扱いやすいのが特長です。一眼レフと違いレンズの交換ができないものの、ズームレンズを搭載することで視野をカバー。10倍以上の高倍率ズームレンズを採用しているモデルもあるので、ミラーレスや一眼レフに劣らない迫力ある写真が撮影できます。

防水・防塵仕様を採用していたり、手ブレを補正してくれたりと、機能性の高いモデルも数多く存在。気軽に写真撮影を楽しみたい方におすすめです。

ミラーレス

一眼レフは、レンズから取り込んだ光を本体内部のミラーに反射させ、その映像をファインダーで見る仕組み。ミラーレスはこの「ミラー」をなくして、液晶モニターで電子的に映像を見る設計になっており、その分ボディの軽量化しています。一眼レフと同じようにレンズの交換ができるため、コンデジよりも本格的な写真撮影が可能です。

一眼レフと比べて持ち運びやすい点も魅力。カメラ初心者でも扱いやすいため、無理なく楽しめます。「性能の高いカメラが欲しいけれど、重くなるのは避けたい」という方に最適です。

一眼レフ

旅先の景色などでベストショットを撮りたいなら、一眼レフが有力候補。ピント合わせの精度やシャッタースピードの早さをはじめ、一眼レフの優位性は機能面で抜きん出ています。

種類も豊富で、ラインナップには一眼レフ本体より高額な製品も存在します。装着するレンズ次第で表情の異なる1枚が撮れるため、さまざまな表情の写真を撮影したい方は一眼レフを選びましょう。

コンデジ・ミラーレス・一眼レフの違い

コンテジは、本体とレンズの一体型でコンパクト。ポケットやバッグなどに入れて気軽に持ち歩けます。価格が他と比べてリーズナブルなので、カメラ初心者の方でも手が届きやすいのが魅力です。ミラーレスはコンデジよりもボディが大きく、本体とレンズは別売り。一眼レフよりも軽量でありながら、本格的な写真が撮れます。

一眼レフはコンデジやミラーレスと比べて、とにかくレンズの種類が豊富。本体ひとつあれば、レンズを交換するだけでさまざまな撮影ができます。一眼レフ専用のバッグがあったり、撮影時に光を補うストロボがあったりと、備品が充実しているのも一眼レフのポイントです。

コンデジ・ミラーレス・一眼レフのメリット・デメリット

コンデジのメリットとデメリット


コンデジのメリットは、本体のサイズがコンパクトで価格が安いこと。写真撮影に特化した性能のよいレンズが標準搭載されており、基本的なカメラの機能が揃っているので、わざわざストロボやズームレンズなどを買い揃える必要がありません。その反面、一眼レフのようにレンズの交換ができないので、撮影範囲や写真クオリティにはある程度考慮する必要があります。

ミラーレスのメリットとデメリット

ミラーレスはレンズの交換が可能なので、コンデジと比べると本格的な撮影が楽しめます。一眼レフよりも軽量で持ち運びやすく、価格も比較的リーズナブル。光学系の簡単な構造なので、故障が少ないものポイントです。操作もわかりやすくので、コンデジからステップアップしたい方におすすめします。

デメリットは、一眼レフよりもピント合わせの速度にストレスを感じること。さらに、電子ファインダーを介して液晶画面に被写体を写すため、一眼レフの光学ファインダーと比べると若干のタイムラグがあります。なお、レンズの種類はラインナップが限られているので、その点は留意しておきましょう。

一眼レフのメリットとデメリット

ピントを合わせる速度が早いうえに光学ファインダーを搭載しているため、スピード感のある写真撮影が楽しめる一眼レフ。液晶モニターを使わずに、接眼窓を直接覗き込むため、消費電力が少なくて電池持ちが比較的良好です。また、一眼レフはミラーレスよりもレンズの種類が多いので、被写体に合わせて自由に変えられます。

一方、カメラ本体が大きくて重いのがデメリット。レンズも合わせるとかなりの重量になります。また、一眼レフ本体とレンズはいずれも高価格帯。購入を検討する際は、メンテナンス費用や備品の費用なども視野に入れておきましょう。

カメラの種類と画質について

画質の良し悪しは、カメラ本体の性能というよりも、光を電気信号に変える「画像センサー」とレンズのスペックによって大きく変化します。そのため、カメラを選ぶときは画像センサーの大きさで決めるという選び方もおすすめです。

センサーが大きいと光をたくさん集められるので、画質が向上。弱い光でもしっかりキャッチしてくれるため、暗い場所の写真を綺麗に撮れます。いわゆる"ボケ感"も秀逸です。

本体が大きければ画像センサーも大きいというのが一般的なので、画質のよさを重視するなら一眼レフを選ぶのがおすすめ。なお、ミラーレスやコンデジでも大型の画像センサーを備えているモデルがあるので、製品スペックはしっかりチェックしておきましょう。

カメラ選びのポイントは?

"何を撮影したいか"を想定しておけば、カメラの選定はある程度絞れてきます。子どもの運動会を撮りたいという場合は、写真だけでなく動画も撮りたいのかどうか、あるいはシャッタースピードにこだわるのかどうかで選び方を変えることが可能。アウトドアでのアクティビティを撮影するのが目的なら、画質やスピードよりも、耐久性や防水の有無などが重要です。

各メーカーごとに特色のある魅力的な機種が数多くリリースされていて、同じメーカーでもモデルによってそれぞれに強みや特長があります。利用目的に合ったモデルを選んで、カメラライフを充実させましょう。

コンデジのおすすめモデル

ニコン(Nikon) COOLPIX S7000

51epwf8egwl

商品価格 ¥ 21,680

おしゃれな薄型ボディのコンテジ「COOLPIX S7000」。光学20倍ズームレンズを搭載していて、遠くの被写体を鮮明に写せます。撮影素子「MOSセンサー」の感度がよいため、フォーカス性能が優秀。手ブレ補正機能を備えているので、屋外の使用でも安心です。

「タイムラプス動画」機能を使えば、静止画を自動合成して約10秒のスライドショーとして流せます。また、Wi-Fiを内蔵しているのでスマホとのデータのやり取りが簡単にできるのもポイントです。

キヤノン(Canon) IXY 180

商品価格 ¥ 11,858

デザインと機能が充実している「IXY 180」。ズーム倍率を自動で被写体の人物に合わせる「オートズーム機能」を搭載しています。カメラを向けるだけで、被写体がひとりなのか複数人なのかを即座に判断して適切なズーム倍率に合わせてくれるので、使い勝手が良好です。

手ブレや被写体ブレを抑える「デジタルISモード」や、周りを暗くぼかしてレトロに仕上げる「トイカメラ風モード」、夏にぴったりな「打ち上げ花火モード」など多彩な撮影モードを揃えているので、利用シーンに合わせて使い分けましょう。

オリンパス(OLYMPUS) STYLUS TG-870

41lctbqoxjl

商品価格 ¥ 32,966

防水・防塵仕様のコンデジとして名高い「STYLUS TG-870」。超広角21mmレンズを採用していて、雄大な景色を丸ごと撮影できます。左右どちらの手でも使える特殊なデザインなので扱いやすいです。液晶モニターを上方向に裏返せるため、自撮り写真が簡単。13種類のフィルターを備えているほか、静止画を繋げる「タイムラプス動画」に対応しているので、汎用性の高いアイテムです。

ミラーレス一眼のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7W

41pogrjpwl

商品価格 ¥ 46,500

パナソニックのミラーレス「DMC-GF7W」。ふたつの顔が近づくとシャッターを切る「フレンドリーシャッター機能」を搭載しているので、友だちと一緒に自撮りをするときにおすすめです。そのほか、肌を美しく見せる「美肌モード」や、スリムに見せる「スリムモード」などを搭載していて、綺麗な写真を残せます。元気に動き回るお子さんを撮影するときは、被写体のブレを抑える「キッズモード」を活用しましょう。

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M1 MarkII

51do8zim6rl

商品価格 ¥ 211,890

連写とオートフォーカスが高性能で、一瞬を逃すことなく高精細に切り取るミラーレス「OM-D E-M1 MarkII」。防滴・防塵仕様に加えて、耐低温性にも優れているため、アウトドアシーンでも安心して使えます。また、4K動画の撮影にも対応しているので、満足度の高い写真はもちろん、美しい映像も残せるおすすめの1台です。

ペンタックス(PENTAX) ミラーレス一眼 Q-S1

41rs3bwrg2l

商品価格 ¥ 26,180

豊富なカラーバリエーションが魅力のミラーレス「Q-S1」。普段のファッションに合わせて、カメラもおしゃれなモノを使いたいという方におすすめです。ISO感度が12800と高いため、ノイズのない綺麗な1枚が撮れます。暗い場所でシャッタースピードを落とさずに撮影できるのも魅力です。

被写体の前後を自動でぼかしてくれる「ボケコントロール」や、写真の表情をガラリと変えてくれる「スマートエフェクト」など、充実した機能が揃っています。

一眼レフのおすすめモデル

キヤノン(Canon) EOS Kiss X7 KISSX7-WKIT

51ujztxl2ml

商品価格 ¥ 47,200

キヤノンの一眼レフ「EOS Kiss X7」。一眼レフとしては価格がリーズナブルで、ボディもコンパクトなため扱いやすいです。大型CMOSセンサーを搭載しており、人の肌の質感まで自然に表現できます。約4コマ/秒の連続撮影でシャッターチャンスも逃しません。「全自動シーンインテリジェントオート機能」を使えば、夜景も綺麗に撮影することが可能です。

ニコン(Nikon) D5300 D5300LK18-55VR2BK

41chzm95wl

商品価格 ¥ 49,006

ニコンの一眼レフ「D5300」。2416万画素のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載していて、被写体をくっきりと立体的に描写してくれます。さらに、最高5コマ/秒の高速連写が可能。心地よいシャッター音によって気分を高めてくれるおすすめの1台です。