趣味として写真や動画の撮影を本格的に始めたい方におすすめのカメラが「ミラーレス一眼」。スマホでは困難な状況でも高画質な写真や動画を撮影できることに加えて、レンズ交換によって多彩な表現が楽しめるのが魅力です。

ただし、各カメラメーカーがさまざまなミラーレス一眼を発売しており、初心者の方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、ミラーレス一眼の特徴や選び方を踏まえておすすめのモデルをご紹介します。

ミラーレス一眼とは?

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼とは「レンズ交換できるコンパクトな高画質カメラ」のことです。一昔前まで、本格的な撮影に使用するカメラとしては一眼レフが人気でしたが、大きく重いのが難点。そこで一眼レフの弱点を克服し、高画質な撮影をより気軽に楽しめるように開発されたのがミラーレス一眼です。

ミラーレス一眼は一眼レフと同等以上の画質を備えながら、大幅な小型・軽量化に成功しているのが特徴。普段のお出かけや旅行にも気兼ねなく持ち歩けるので、いつでも高画質な写真や動画の撮影が楽しめます。

スマホやコンデジと違って、ミラーレス一眼は撮影したい対象やシーンに応じて使用するレンズを換装できるのもポイント。広大な風景をダイナミックに切り取れる広角レンズや、背景を大きく美しくボカせる単焦点レンズなどの多彩な交換レンズを駆使することで、より自分のイメージに沿ったこだわりの作品撮りが楽しめます。

ミラーレス一眼と一眼レフの違い

By: canon.jp

ミラーレス一眼と一眼レフの違いは内部の構造にあります。一眼レフは本体内部に名称の由来にもなった「レフレックスミラー」という反射鏡構造を搭載しているのが特徴。ファインダーで構図を確認したり、AF(オートフォーカス)を作動させたりするのに必須の構造ですが、専用のスペースが必要になるためカメラが大型化するのが難点です。

一方、ミラーレス一眼には反射鏡構造は非搭載。構図確認には液晶モニターや電子式ファインダーを使用したり、AF作動をイメージセンサー上で直接行ったりができるため、反射鏡構造を必要としません。

反射鏡構造を搭載しない分内部のスペースを省けるため、カメラ本体の厚みを半分以下に、重量を3〜4割ほどに小型・軽量化できるのがポイント。携帯性や取り回しのしやすさを重視したい方にミラーレス一眼はおすすめです。

一眼レフについて詳しく知りたい方はこちら

ミラーレス一眼の選び方

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼はサイズと重さが特に重要。当然ですがカメラは携帯しなければ撮影できません。あまりにもカメラが大きく重いと持ち運ぶのが難しくなるので、せっかく購入したミラーレス一眼も宝の持ち腐れになってしまいます。

気軽に持ち運ぶためには普段使用しているバッグへ簡単に収納できるサイズのモノを選ぶのがおすすめ。なお、ミラーレス一眼では交換レンズが必須になるので、その分の収納スペースも考慮しておきましょう。

携帯性を重視する場合、重量としてはカメラ単体で400g前後、キットレンズとセットで600g以下になる組み合わせを選ぶのがポイント。500mlペットボトルと大差ない重量のため、軽快なフットワークで撮影が楽しめます。

初心者ならオートモードの性能をチェック

By: canon.jp

初めてミラーレス一眼を使用する場合はオートモードの充実度も重要。フルオート機能を使えば、対象にカメラを向けてシャッターボタンを押すだけで最適な明るさや色乗りの写真が撮影できます。カメラ操作に不慣れな方でもきれいな写真が簡単に撮れるため、初心者には欠かせない機能です。

風景・人物・スポーツ・マクロなどの撮影シーンのアイコンを選ぶだけで、対象ごとの最適な設定で撮影できる「シーン機能」もポイント。さらに、一部のモデルはシーンの判別と選択を自動で行える機能も備えています。オートモードの使いやすさを重視したい初心者の方などにおすすめです。

手ブレ補正の性能をチェック

By: amazon.co.jp

腕や身体の微細な揺れが、シャッターボタンを押す際にカメラへ伝わって画像全体がぼやけてしまう現象を「手ブレ」と呼びます。室内や夜景などの暗いシーンや、望遠レンズで遠くにいる動物や乗り物を撮影する際に起こりやすいのが特徴です。

ミラーレス一眼の手ブレ補正機構を活用すれば、観光地などの三脚が使えない状況でも手持ちで安定した構図の撮影が可能。手ブレ補正の性能は「シャッター速度換算で最大3段分」といった文言で表記されますが、4段分以上の補正効果を持つモデルがおすすめです。

なお、手ブレ補正には至近距離から中距離までの撮影に強い「ボディ内補正」、遠距離での撮影がしやすい「レンズ内補正」、両方の長所を兼ね備えた「ハイブリッド補正」の3種類があります。撮影したい対象やシーンに適した補正方式に対応するモデルを選びましょう。

センサーサイズと特徴をチェック

By: olympus-imaging.jp

フルサイズ

フルサイズとは短辺24×長辺36mmのサイズを採用するイメージセンサーのこと。スマホやコンデジと比較して約30倍の面積を持っています。

膨大な光情報を一度に取り込めるため、光量の乏しいシーンでもノイズを抑えた高画質な撮影が可能。また、ピントが合った部分以外は大きくボケるので、豊かなボケ味を生かした表現も積極的に楽しめます。

フルサイズセンサーを搭載するミラーレス一眼は、特に専用の交換レンズが大きく重くなりがちなのが難点。システム全体の価格も高価なので、良い写真や動画のためには予算や体力を惜しまない方におすすめです。

APS-C

APS-Cとは短辺15.8×長辺23.6mmのサイズを採用するイメージセンサーのこと。スマホやコンデジと比べると約13倍も大きな面積を持っています。

APS-Cセンサーは画質と携帯性のバランスに優れているのが特徴。また、普及価格帯のミラーレス一眼でも広く搭載されているので、初心者から人気のあるモデルも多くあります。

APS-Cセンサーを採用するモデルでは交換レンズの焦点距離が1.5〜1.6倍化するのもポイント。望遠撮影が有利になるため、スポーツや乗り物の撮影などにもおすすめです。

フォーサーズ

フォーサーズとは短辺13×長辺17.3mmのサイズを採用するイメージセンサーのこと。スマホやコンデジと比較すると約8倍の面積を持っています。

フォーサーズセンサーは3種のなかでは最も小型のため、カメラ本体も交換レンズも小さく軽く設計できるのが特徴。優れた機動性によって軽快に撮影が楽しめるので、旅行用カメラとしても人気があります。

交換レンズの焦点距離が2倍化するのもポイント。400mmを超える超望遠撮影も軽快に楽しめるので、野鳥や飛行機の撮影などにもおすすめです。

なお、「マイクロフォーサーズ」とはカメラとレンズの装着部分であるマウント規格の1種。フォーサーズセンサーを搭載するオリンパスとパナソニックのミラーレス一眼で採用されており、両社のカメラとレンズは相互に取り付けが可能です。

可動式モニター搭載モデルが人気

By: amazon.co.jp

多彩なアングルからの撮影を快適に楽しみたい方には可動式モニターが便利。モニターを開いて動かすことで、人混みの上からのハイアングル撮影や、地面すれすれからのローアングル撮影が無理のない姿勢で行えます。また、180°回転させれば自撮りも可能です。

ミラーレス一眼で採用されている可動式モニターは、上下方向にのみ動かせる「チルト式」と、左右方向にも開閉できる「バリアングル式」の2種類。コンパクト性を優先したい場合はチルト式、スマホ用動画の撮影などで縦位置構図も積極的に使用したい場合は、より可動領域の広いバリアングル式がおすすめです。

Vlog用なら動画撮影機能をチェック

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼をVlog撮影でも活用したい場合には、記録解像度・フレームレート・連続録画時間の3つに注目しましょう。記録解像度はフルHDと4Kの主に2種類。SNSに投稿する分にはフルHDでも十分ですが、大事なイベントなどをできるだけ高画質で残しておきたい場合にはより高精細な4Kが重宝します。

フレームレートは動画で1秒間に記録されるコマ数のことで、fpsの数値が高くなるほど動きの速いシーンも残像感を抑えて滑らかに表現が可能。通常はテレビ番組と同じ30fpsで十分ですが、スポーツなどを撮影する場合は60fps以上が選べると有利です。

通常のデジタルカメラでは連続録画時間が30分未満に制限されていることが大半。しかし、30分以上の連続録画や時間無制限録画に対応したモデルを選べば、収録時間を気にせずVlogの撮影に集中できます。

ミラーレス一眼のおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、東京の港区に本社を構える1946年創業の総合電機メーカーです。2013年に世界初のフルサイズミラーレスを発売しており、ミラーレス一眼では業界2位の市場シェアを保有。フルサイズモデル「α7・α9」とAPS-Cモデル「α6000」の2シリーズを展開しています。

ソニーのミラーレス一眼「α」は、AIを活用した先進のAF機能と優れた動画撮影機能が特徴。初心者でも動く子供や動物に簡単操作でピントを合わせられるほか、本格的な動画作品の撮影にも挑戦できます。さらに、APS-Cとフルサイズの両系統で、入門用からプロ用まで交換レンズのラインナップが満遍なく充実しているのも魅力です。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、東京の大田区に本社を構える1933年創業の総合映像機器メーカーです。ミラーレス一眼の分野では最後発組ですが、現在では市場シェアで業界トップに君臨。初心者向けAPS-Cモデル「EOS M」と中上級者向けフルサイズモデル「EOS R」の両シリーズで高い人気を有しています。

キヤノンのミラーレス一眼は、初心者に優しい操作機能が充実しているのが特徴。スマホのようにモニターのタッチ操作で各種項目を調節できるので、初めてカメラを扱う方でも直感的に操作が可能です。

また、人肌を健康的に写せるのも魅力で、人物のポートレート撮影を生業とするフォトグラファーからも人気があります。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

オリンパスは80年以上の歴史を有する老舗カメラブランドです。現在はオリンパス株式会社から独立した新会社OMデジタルソリューションズがブランドを継承。ミラーレス一眼では第3位の市場シェアを有しており、おしゃれなデザインの「PEN」とアウトドア撮影にも活躍できる「OM-D」の2シリーズを展開しています。

オリンパスのミラーレス一眼はフォーサーズのイメージセンサーを採用しているため、交換レンズを含めたシステム全体が小型軽量なのが特徴。優れた機動力を生かして旅行や野鳥などの撮影も軽快に楽しめます。

また、遡って記録できる超高速連写や、芸術的なデジタルフィルター効果など個性的な機能が満載なのも魅力です。

初心者向けミラーレス一眼のおすすめモデル

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α6400

先進のAF機能が体感できる人気のAPS-Cミラーレス一眼です。AIを活用した被写体追尾AF「リアルタイムトラッキング」を搭載。さらに、構図が変わっても人間や動物の瞳を捉え続ける「リアルタイム瞳AF」も利用できるため、家族ポートレートから運動会まで多彩なシーンの撮影で活躍します。

9種類のシーンからカメラが自動で最適な設定を選ぶ「シーンセレクション」機能を搭載。また、タッチ操作にも対応するので初心者でも手軽に扱えます。チルトモニターは上方向に180°の回転も可能。旅行先での自撮りも簡単に楽しめます。

APS-Cセンサーを搭載しながら重さ約403gと軽量コンパクト。さらに、動画性能も優れており、最高で4K 30fpsの動画記録にも対応します。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS Kiss M2

初心者におすすめのAPS-Cミラーレス一眼です。バリアングルモニターを搭載しながら重さ約388gと軽量コンパクトなのが特徴。女性の手にもほどよくフィットし簡単に持ち運べるので、普段使い用のカメラとして重宝します。

画面の広範囲で高速・高精度なピント合わせができる「デュアルピクセルCMOS AF」を採用。さらに、動く子供や動画の撮影でも瞳を検出し続ける瞳AF機能も備えているので、運動会や学芸会などの大事なイベントの撮影にもおすすめです。

初心者に優しい操作性も魅力。シーン自動認識によるフルオートモードや、モニターのタッチ操作で背景のボケ具合・明るさ・鮮やかさなどを直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」などの機能を搭載しています。
▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼カメラ PEN E-PL10

洗練されたおしゃれなデザインが女性に人気のマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。重さ約380gの軽量な本体には、下開きで自撮りも楽しめるチルトモニターを搭載。各種調節やピント合わせもタッチパネルで操作可能なので、初心者でもスマホ感覚で扱えます。

芸術的なフィルター効果を追加できる「アートフィルター」もポイント。16種類と31タイプから好みのフィルターを選ぶことで、インスタ映えするような写真が手軽に楽しめます。新機能「ファインチューン」を使えば、フィルター効果の強弱も調節が可能です。

コンパクトながら3.5段分の補正効果を持つボディ内3軸手ブレ補正機構も搭載。薄暗いシーンの自撮りでも安定した見やすい写真や動画が撮影できます。レンズキットの価格が安いのも魅力です。
▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX G100

これからVlogを始めたい方におすすめのマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。モニターを回転させて「動画自撮りモード」を起動するだけで、ピントや明るさを自動調節した見やすい動画が手軽に撮影可能。録画中はモニターの周辺部が赤枠で囲まれるので、カメラを回し忘れるミスも防げます。

「ノキア」と共同開発した高音質な内蔵マイクシステム「OZO Audio」を採用。顔認識と連動することでシーンごとに最適な指向性で音声記録が可能なので、外付けマイクを用意しなくても臨場感あふれる音声を動画に添えられます。

電子式のボディ内手ブレ補正機能を搭載しているのも魅力。レンズ側の補正ユニットや付属のハンドグリップと併用することで、より安定した状態で撮影が可能です。

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-A7

印象的な美しい色合いの撮影が手軽に楽しめるAPS-Cミラーレス一眼です。重さ約320gの本体には3.5型の大型バリアングルモニターを搭載。色合い・明るさ・ボケ具合・縦横比などもスマホのようなタッチ操作で直感的に調節できます。

優れた顔・瞳認識AF機能を備えるのもポイント。人肌を明るく滑らかして健康的に写せる「美肌モード」も備えているので、家族や友人のポートレートはもちろん、自撮りでもイメージ通りの美しい写真が簡単に撮影できます。

レトロな色彩美が楽しめる「フィルムシミュレーション」機能も魅力。フィルムの色合いを再現した11種類の仕上がり設定が簡単操作で選べます。本体のかわいらしいデザインも魅力のおすすめミラーレス一眼です。
▼撮影イメージ

ミラーレス一眼のおすすめモデル

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α7C

フルサイズの描写力が軽快に持ち運べる軽量仕様のミラーレス一眼です。フルサイズセンサーを内蔵しながら重量が本体単体で約509g、キットレンズを装着した状態でも約676gと軽いのが特徴。ファインダーを右端に置くフラットデザインを採用しているので、バッグへの収納も簡単に行えます。

コンパクトながら最先端のAF性能が使えるのもポイント。AIを活用した被写体追尾AF「リアルタイムトラッキング」や、人物と動物の瞳に対応する「リアルタイム瞳AF」を備えているため、スナップからポートレートまで多彩なシーンで活躍します。

4K 30fpsやスロー&クイックモーションなどの撮影が可能な優れた動画機能も搭載。また、フルサイズモデルながら価格が比較的リーズナブルなのも魅力のおすすめ製品です。

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α7 III

バランスの取れた性能で根強い人気を持つフルサイズミラーレス一眼です。重さ約650gのボディには、描写力に定評のあるフルサイズセンサーを搭載。また、1/8000秒の高速メカシャッターが使えるので、明るい単焦点レンズも積極的に活用できます。

2種類のAF方式を併用することで、動く対象にも高速・高精度なピント合わせが可能な「4Dフォーカス」に対応。さらに、対象を捉えながら最高10コマ/秒の高速連写も可能なので、スポーツや乗り物の撮影にも活躍できます。

最高5段分の補正効果を持つ「光学式5軸ボディ内手ブレ補正」や、SDカードのダブルスロットなどの便利な機能も充実。大容量バッテリーの採用によって、1度のフル充電で最大710枚の撮影ができるのも魅力です。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS RP

フルサイズ入門機としてもおすすめのミラーレス一眼です。重さ約485gの軽量コンパクトボディに、フルサイズセンサーとバリアングルモニターを搭載。小型の交換レンズと組み合わせれば、軽快なフットワークで本格的な作品撮りも楽しめます。

視覚的に各撮影モードの効果が学べる「ビジュアルガイド」や、タッチ操作で背景ボケ・明るさ・鮮やかさなどを調節できる「クリエイティブアシスト」も魅力。初めてミラーレス一眼を使う方でも直感的に撮影の楽しさを味わえます。

「デュアルピクセルCMOS AF」によってピント合わせも快適。手ブレの補正方式にはレンズ内補正を採用していますが、カメラ側との協調制御や動画用電子補正の併用によって高い補正効果が得られます。また、価格がリーズナブルなのもおすすめポイントです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS R

堅実な使いやすさで定評のあるフルサイズミラーレス一眼です。重さ約660gのボディには、プロ機に匹敵する描写力を持つ有効約3030万画素のフルサイズセンサーを内蔵。暗い場所での画質や速写性でも優れているため、あらゆるシーンで活躍します。

本体上部には撮影中の設定変更がしやすい表示パネルを搭載。また、背面の「マルチファンクションバー」では事前に割り当てた3種類の機能がスライド操作と、左右のタップ操作で調節できるので、音が発せられない動画撮影でも重宝します。

4K HDR動画や、フルHD 120fpsのハイフレームレート動画にも対応する高性能な動画機能もポイント。カメラとレンズが協調制御する5軸手ブレ補正によって、手持ちでも手ブレを抑えた見やすい動画が撮影できます。
▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 Mark III

アウトドアシーンでも軽快に撮影が楽しめるマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。重さ約414gと軽量コンパクトながら、防塵・防滴・耐低温などの耐候性に優れています。過酷な環境でも気兼ねなく使えるので、登山や旅行用のカメラとしてもおすすめです。

カメラ単体で最高5.5段分の補正効果を持つボディ内5軸手ブレ補正の搭載もポイント。夜景撮影はもちろん、手持ちでの4K動画撮影でも高い補正効果が得られるため、夜間の観光地でも三脚不要で軽快に高画質な撮影が行えます。

高度な撮影技法が手軽に楽しめるのも魅力。「ライブコンポジット」を使えば、光跡の流れを簡単に記録できるので芸術的な星空や夜景の撮影が可能です。さらに、「プロキャプチャーモード」では花火が満開になる瞬間の撮影にも挑戦できます。
▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 Mark III

優れた機動性で本格的な超望遠撮影にも活躍できるマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。対応レンズとの協調で最高7.5段分の補正効果を有する手ブレ補正を搭載。超望遠レンズ装着時でも安定する大きなグリップを備えているので、スポーツ・野鳥・飛行機の撮影にもおすすめです。

高速かつ不規則に動く対象にも高い捕捉力を発揮する「121点オールクロス像面位相差AFセンサー」も特徴。対象にピントを合わせまま最高18コマ/秒の超高速連写が可能なほか、「プロキャプチャーモード」を使えば鳥の飛び立つ瞬間も手軽に捕捉できます。

本体の重さは約580gと軽く、防塵・防滴・耐低温などの耐候性を備えているため、アウトドア撮影にもぴったり。手持ちで星空撮影に挑戦できる「星空AF」や、三脚不要で超高解像撮影が可能な「手持ちハイレゾショット」などの便利な機能も充実しています。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX GX7 Mark III

街角でのスナップ撮影に没頭したい方におすすめのマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。重さ約450gと小型軽量なので、簡単に携帯が可能。また、最高4段分のハイブリッド手ブレ補正「Dual I.S.」にも対応するので、使用する全ての交換レンズで安定した撮影が楽しめます。

チルトモニターに加えて、上方向に90°動かせるチルトファインダーも搭載。日射しの強いシーンでロー&ハイアングル撮影をする際にも無理のない姿勢で構図作りに集中できます。ファインダーを覗いたままでもボタン類の操作がしやすいのもポイントです。

充実したモノクロ撮影機能も特徴。ハイコントラストながら味わい深い細部描写の「L.モノクロームD」など3種類のモノクロモードが使用可能です。さらに、「粒状モード」でフィルム写真のような質感を追加できるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX G99

優れた動画機能で動画クリエイターからも人気のあるマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。最高解像度の4K 30fpsでも時間無制限録画が可能なのが特徴。Vlogはもちろん、長時間のインタビュー動画や1カット映画の撮影にもおすすめです。

AFシステムには独自の「空間認識AF」を採用。静止物だけではなく、動きの速い対象も粘るように捉え続けるのでスポーツや動物などの撮影にも活躍します。暗いシーンにも強く、「星空AF」を使えば星のような微小な光源にも簡単にピント合わせが可能です。

重さ約536gのボディには、望遠域でも高い補正効果を発揮するハイブリッド手ブレ補正「Dual I.S.2」を搭載。また、防塵・防滴設計を採用しているのでアウトドアシーンでも気兼ねなく撮影が楽しめます。

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-S10

印象的な色合いの写真撮影が軽快に楽しめるAPS-Cミラーレス一眼です。最高6段分の補正効果を持つボディ内5軸手ブレ補正を搭載しながら、重さ約465gと軽量コンパクトなのが特徴。持ち運びが簡単にできるため、旅行用のカメラとしてもおすすめです。

フィルムのような懐かしくも印象的な18種類の仕上がりが堪能できる「フィルムシミュレーション」にも対応。各フィルムではトーン・明瞭度・粒状感などを細かく調節できるほか、フィルター効果との併用も可能なので自分好みの仕上がりを追究できます。

フィルムの色合いを再現した4K 30fps動画の撮影も可能。フルHD時は240fpsでの記録もできるため、最大10倍のスローモーション効果も得られます。

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-T4

高い信頼性で過酷な環境でも高画質な撮影が行えるAPS-Cミラーレス一眼です。重さ約605gの軽量ボディには防塵・防滴・耐低温などの耐候性が充実。最高6.5段分の補正効果を持つボディ内5軸手ブレ補正も内蔵するので、アウトドアシーンでも気兼ねなく撮影に没頭できます。

高速・高精度なピント合わせが可能な像面位相差AFを採用。標準モードでも最高約15コマ/秒で撮れる超高速連写機能と併用すれば、動きの激しいスポーツや動物もしっかりと捕捉できます。また、顔瞳AFも備えているのでポートレート撮影にもおすすめです。

ミラーレス一眼カメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ミラーレス一眼カメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。