スマートフォンの普及によりカメラ市場の縮小が叫ばれるなか、貴重な成長分野として各メーカー共に力を入れているのがミラーレス一眼カメラです。一眼レフカメラと同等以上の写真画質をコンパクトボディで楽しめることから人気を増しています。

しかし、ミラーレス一眼には豊富な種類があり、難しい専門用語も多く見られるので、初心者にはどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで、今回はミラーレス一眼の選び方を解説しつつ、おすすめの機種をご紹介します。

ミラーレス一眼とは?

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼カメラとは「反射鏡(レフレックスミラー)を内蔵しない一眼カメラ」のことです。一昔前まで主流だった一眼レフカメラでは、光学ファインダーでの構図確認やAF(オートフォーカス)の使用のために反射鏡の搭載が構造上不可欠でした。

しかし、近年の技術革新により反射鏡なしでも構図確認やAFの使用が実用的なレベルで可能になったことで、内部構造に反射鏡を持たないミラーレス一眼が誕生しました。一眼レフと同等以上の高画質を小型軽量なボディで手軽に楽しめることから人気を博しています。

また、一眼レフと同様にレンズ交換によって多彩な写真表現を楽しめるのも魅力。スマートフォンのカメラでは不可能な大きく美しいボケ味がある写真やきれいな夜景の写真、遠くの被写体を大きく引き寄せた写真も、レンズを使い分けることで簡単に撮影できます。

ミラーレス一眼と一眼レフはどっちがよい?

By: fujifilm.jp

ミラーレス一眼と一眼レフはそれぞれに得意分野があります。そのため、撮影したい被写体やシーンに応じて最適なシステムを選ぶのがおすすめです。

ミラーレス一眼は一眼レフに比べて小型軽量で取り回しに優れているため、スナップ撮影や荷物を減らしたい旅行での撮影に適しています。AFの精度も高く、一眼レフのようにミラーショックが起こらずブレが発生しにくいので、高精細な風景の撮影にも有利。加えて、顔認識や瞳認識機能を搭載している機種も多く、ポートレート撮影にも重宝します。

一方、一眼レフは動体撮影が得意。光学ファインダーは表示の遅延がないので、高速かつ不規則に動く被写体を追う際に重宝します。また、望遠レンズを使用する際に大きくがっしりしたグリップでホールディングが安定するのもポイントです。

ミラーレス一眼の選び方

重量やサイズをチェック

By: olympus-imaging.jp

持ち運びを楽にしたい場合や軽快なフットワークで撮影を楽しみたい場合は、本体重量が400g前後の機種がおすすめ。重量が400gほどのミラーレス一眼に軽量のレンズを組み合わせれば、500mlペットボトルと同じくらいの重さに抑えられます。

また、バッグに入れて持ち運ぶ際はサイズにも注目しましょう。ミラーレス一眼の本体は一眼レフと比べると薄く小さいので持ち運びしやすいですが、レンズの部分が出っ張っているので意外とかさばります。コンパクトに収納したい場合は、使用時以外は鏡胴を縮められる沈胴式のレンズを使いましょう。

センサーサイズをチェック

フォーサーズ

By: panasonic.jp

フォーサーズはサイズが横17.3×縦13mmのイメージセンサーです。主にオリンパスとパナソニックが製造するマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼に搭載されています。

現行のミラーレス一眼のなかでは最も小さいセンサーサイズですが、その分カメラ本体やレンズを小型軽量化でき、機動性に優れているのが特徴です。大きいセンサーサイズのミラーレス一眼では、中望遠域以上になると一眼レフと変わらない大きさのレンズが多くなってしまうのが難点ですが、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼では全焦点域で軽快な撮影が楽しめます。

センサーの端まで無理なく光が届く設計なので、画像の隅々まで高画質なのもポイント。また、手前から奥までピントが合いやすいので、風景撮影などでパンフォーカスを狙いたいときにも重宝します。加えて、レンズはフルサイズ換算で2倍の望遠効果が得られるので、鉄道や野鳥などの望遠撮影にも有利です。

APS-C

By: fujifilm.jp

APS-Cはサイズが横23.6×縦15.8mmのイメージセンサー。フォーサーズとフルサイズの中間に位置するセンサーサイズで、携帯性と画質のバランスが取れているのが特徴です。

マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼と比べると機材はやや大きくなるものの、暗所での画質やボケやすさが向上しています。また、レンズはフルサイズ換算でおよそ1.5倍の望遠効果が得られるのもポイントです。

なお、APS-Cのセンサーはデジタル一眼レフで主に採用されていましたが、ソニー・富士フイルム・キヤノンのミラーレス一眼にも搭載されています。

フルサイズ

By: sony.jp

フルサイズはサイズが横36×縦24mmのイメージセンサー。銀塩フィルムとほぼ同じサイズであることからフルサイズと呼ばれていますが、フォーサーズの約3倍、APS-Cと比較して約2倍の面積があります。

イメージセンサーの面積が大きい分、より多くの光を一度に取り込めるので、全般的に高画質なのが特徴です。大きく豊かなボケ味が得られることや暗所でもノイズの少ない高画質が得られるほか、厳しい光線状況でも白とびや黒つぶれしにくい写真が撮れることから人気を博しています。

センサーサイズがフルサイズのミラーレス一眼は、レンズが大きくなってしまうので、マクロフォーサーズやAPS-Cに比べると携行性にはやや劣るのが難点。しかし、フルサイズでしか得られない高画質があるので、画質にこだわりたい方におすすめです。

なお、フルサイズのセンサーはソニーを始めとして、ニコン、キヤノン、パナソニックの高級ミラーレス一眼に搭載されています。

機能をチェック

可動式モニター

By: fujifilm.jp

ミラーレス一眼に搭載されている液晶モニターにはさまざまな種類があります。本体に埋め込まれた固定式、上下に動かせるチルト式、そして上下に加えて左右にも動かせるバリアングル式(フリーアングル式)の3種類です。

上下方向に可動するチルト式の液晶モニターは、観光地で人混みの上から高い位置を狙うときや、子供・ペットの視線に合わせて低い位置から撮影するときなどにおいて、無理な姿勢をとらずに撮影できるので便利。液晶モニターを180°回転できる機種もあり、自撮り撮影もスムーズに楽しめます。

加えて、上下左右に可動するバリアングル式の液晶モニターはより自由なアングルからの撮影が可能。ビデオカメラのように液晶モニターを横開きにもできるので、手持ちでの動画撮影時でも姿勢が安定して手ブレしにくいというメリットがあります。

手ブレ補正機能

By: olympus-imaging.jp

手ブレは、初心者が写真撮影を失敗してしまう最大の原因です。シャッターを切った際に手首や腕から生じるわずかな振動がカメラへ伝わることで、画像に残像が現れて不鮮明になるため、手ブレ写真が撮影されてしまいます。ミラーレス一眼にはこの手ブレを抑制して高精細な画像を撮影できる手ブレ補正機能が搭載されているモデルもあります。

手ブレ補正機能にはボディ内補正方式、レンズ内補正方式、そして両方を組み合わせたハイブリッド方式の3種類が存在。特に、ボディ内補正方式はレンズ内補正方式と違って全てのレンズで手ブレを高精度に補正してくれるため、カメラの操作に不慣れな初心者にもおすすめです。

Wi-Fi・Bluetooth連携

Wi-FiやBluetooth接続に対応したモデルであれば、撮影後に画像をスマートフォンへ簡単な操作で転送可能です。スマートフォン側のアプリにはSNSへのシェア機能も搭載されているものもあります。

また、スマートフォンをリモコン代わりにしてシャッター操作や各種設定の変更も可能です。また、三脚に固定したカメラを遠隔で操作することもできるため、夜景撮影時のように極力手ブレを抑えたい場面でも重宝します。

メーカーをチェック

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼カメラはほかのカメラと同様に、各メーカーによってさまざまなモデルが発売されています。オリンパスは機動性に優れたマイクロフォーサーズのミラーレス一眼を開発しており、女性向けデザインの「PEN」と防塵防滴性能を持つ本格派の「OM-D」の2シリーズをラインナップ。レンズの種類も充実しており、強力な手ブレ補正と豊富な特殊撮影機能で初心者でも手軽に高度な写真表現が楽しめます。

ソニーはAPS-Cとフルサイズのミラーレス一眼をラインナップ。特に、2013年にほかに先がけてフルサイズミラーレスを発売したこともあり、フルサイズのカメラとレンズが全メーカー中で最も充実しています。リアルタイム瞳AFや動物瞳AFなど先進技術の採用に積極的なのも特徴です。

キヤノンもAPS-Cとフルサイズでミラーレス一眼を展開しています。フルサイズミラーレスの「EOS R」は中級者以上が対象ですが、APS-Cミラーレスの「EOS M」は初心者向けのシンプルな操作性が魅力。また、人肌を健康的に描写できるので、ポートレート撮影で人気です。

富士フイルムはAPS-Cのミラーレス一眼「X」を展開しています。フィルム時代から80年以上に渡って色表現の研究を進めてきたこともあり、印象的な色合いの写真が楽しめます。また、クラシックカメラのような質感の高いデザインでも人気です。

2019年おすすめのミラーレス一眼

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α6400

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α6400

α6400は一眼レフに匹敵する高性能AFを搭載したAPS-Cミラーレス一眼です。プロのスポーツカメラマンにもユーザーがいる最上位機α9にも搭載されている先進の高性能AFが、わずか400gほどの小型軽量ボディで活用できます。

最速クラスとなる0.02秒のAF速度に加えて、画面のほぼ全域となる約84%をカバーしつつ動く被写体を確実に捉え続ける「リアルタイムトラッキング」を搭載しているため、子供やペットはもちろん、鉄道や飛行機などの速い被写体も撮影可能です。

また、従来モデルから進化した瞳AFも特徴。AF-Cでも使用でき、動きのあるポートレート撮影でも簡単・確実にモデルの瞳にピントを合わせ続けられます。また、瞳AFが動物に対応するアップデートが行われるのもポイントです。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 X-T30

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 X-T30

小型軽量ボディに上位機並みの高画質と高速AFを詰め込んだミラーレス一眼です。フラグシップ機X-T3から多くの最新機能を継承。一方で、X-T3に比べてサイズは一回り小さく重量も約383gと軽いので、軽快なフットワークで撮影が楽しめます。

独自の画素配列を持つ有効画素数約2610万の新型APS-Cセンサーと第4世代の画像処理エンジンを新たに搭載。質感の高いモノクロ描写のAcrosやシネマフィルム調のEternaなど、使用できるフィルムシミュレーションの種類も増えています。

AF性能がパワーアップしているのもポイント。画面のほぼ全域をカバーする高速・高精度AFに加えて、人の顔を撮り逃さない「顔セレクト」に対応した顔検出・瞳AFが搭載されています。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼 EOS RP

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼 EOS RP

EOS RPは初心者向けのフルサイズ入門機としてもおすすめのミラーレス一眼です。最小・最軽量クラスのボディに大型のフルサイズセンサーを搭載。フルサイズの高画質が手のひらサイズで手軽に楽しめるのが魅力です。

初心者向けの撮影サポート機能が充実しているのも特徴。視覚的に撮影方法を解説してくれる「ビジュアルガイド」や、背景のボケ具合や明るさなどをスマートフォン感覚で調整できる「クリエイティブアシスト」が搭載されているので、複雑なカメラ用語を知らなくてもイメージ通りの写真が撮れます。

唯一の難点は登場したばかりのシリーズのためレンズの種類が少ないこと。しかし、付属のマウントアダプターを本体に装着すれば豊富なラインナップの一眼レフ用レンズも使用できるので、対応レンズ不足を気にせず多彩な表現を楽しめます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7Ⅲ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7Ⅲ

α7Ⅲはα7Ⅱの後継機で、基本性能と使いやすさがよりブラッシュアップされたミラーレス一眼。α9などの上位機にも搭載されている数々の先進機能が20万円台で入手できるので、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

パワーアップしたAF性能も本機の特徴。被写体の瞳を自動検出する瞳AFがAF-Cにも対応したことで、動きのあるポートレートでも安定して瞳にピントを合わせ続けてリズムよく撮影できます。また、近日中に瞳AFが動物にも対応する予定なのもポイントです。

バッテリー容量もα7Ⅱの2倍に増量されたので、フル充電で最大710枚の撮影ができます。また、USB給電にも対応したので、長時間露光中にモバイルバッテリーで充電も可能です。

▼撮影イメージ

初心者におすすめのミラーレス一眼

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼 EOS Kiss M

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼 EOS Kiss M

EOS Kiss Mは小型軽量なボディと初心者に優しい操作性が魅力のミラーレス一眼。デジタル一眼レフでファミリー層に人気があるEOS Kissシリーズのミラーレス版です。大きなAPS-Cセンサーを搭載しながらも、本体重量が約390gと軽く持ち運びが苦にならない特徴があります。

シンプルな操作で高画質な写真が撮れるのも魅力。「シーンインテリジェントオート」を使えば、シャッターボタンを押すだけでカメラがシーンや被写体を自動認識して最適な設定で撮影できます。

また、撮影のサポート機能も充実。撮影方法を写真や図でわかりやすく解説する「ビジュアルガイド」や、背景のボケ具合・明るさ・鮮やかさをスライド操作で直感的に調整できる「クリエイティブアシスト」が搭載されているので、カメラの操作に不慣れな方でも安心です。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M10 Mark III

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M10 Mark III

OM-D E-M10 Mark IIIは簡単操作で気軽に高画質な撮影が楽しめるミラーレス一眼です。ボディ内にあらゆる種類の手ブレを抑制する強力な5軸手ブレ補正機構を搭載。三脚を使わなくても夜景が手持ちで撮影できます。

オート機能が充実しているのも特徴。フルオートと6種類のシーンモードのほか、多重露出などの高度な撮影手法を簡単に楽しめる「アドバンストフォトモード」が搭載されています。また、「アートフィルター」を使えば何気ない風景も印象的な写真に仕上げられるのも魅力です。

イメージセンサーには有効画素数約1605万のフォーサーズセンサーを搭載。チルト式のタッチパネル液晶モニターに加えて、大きく見やすい電子ファインダーを搭載しているので、強い光のなかでも構図作りが快適にできます。

▼撮影イメージ

コスパ重視の方におすすめのミラーレス一眼

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX GX7 MarkIII

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX GX7 MarkIII

LUMIX GX7 MarkIIIはストリートでのスナップ撮影に特化したミラーレス一眼です。ローパスレス仕様となる有効画素数約2000万のフォーサーズセンサーと、強力なハイブリッド方式の手ブレ補正機構により、街角で遭遇した何気にない瞬間も印象的な作品に仕上げられます。

味わい深いモノクロ表現が楽しめるのも本機の魅力。新機能の「L.モノクロームD」を使えば、街中の明るい場所と暗い場所を強調しつつ細部まで絶妙に描写できるので、高品位で記憶に残るモノクロ撮影が楽しめます。また、粒状感を追加してフィルム写真のような仕上がりを楽しめるのもポイントです。

コストパフォーマンスが高いのも本機の特徴。ドイツの名門カメラメーカーであるライカが太鼓判を押す高画質な広角単焦点レンズとのキットが約12万円で購入できます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII

OM-D E-M5 MarkIIは小型軽量ながらも作品撮りにも対応できる本格派のミラーレス一眼です。ボディ単体で5段分の補正効果がある5軸手ブレ補正機能と、豪雨や吹雪のなかでも動作する強力なタフ性能を持っているので、難しい環境下でも撮影に挑戦できます。

有効画素数約1605万のフォーサーズセンサーは、A3プリントにも対応できるので十分に高解像。加えて、「ハイレゾショット」を使えばフルサイズセンサーの解像度に匹敵する4000万画素相当の超高解像撮影ができるので、風景や夜景、静物の撮影に重宝します。

コストパフォーマンスに優れているのも本機の魅力。広角から望遠まで1本でまかなえ、旅行でも活躍する高倍率ズームレンズとのキットが10万円以下で入手できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7Ⅱ

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7Ⅱ

α7Ⅱはフルサイズならではの高画質がリーズナブルに楽しめるミラーレス一眼です。有効画素数約2430万のフルサイズセンサーを搭載しており、豊かなボケ味とノイズの少ない美しい夜景撮影が楽しめます。

一般的なフルサイズミラーレスは高価で敷居が高いのが難点ですが、本機は標準ズームレンズとのキットが約16万円という安い価格で購入可能。廉価なレンズもラインナップが充実しているので、フルサイズの入門機としてもおすすめです。

最高4.5段分の補正効果がある強力なボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載するのも特徴。小型センサー機に比べてブレの影響が顕著に現れやすく撮影難易度の高いフルサイズでも、手持ちで高精細な画像が手軽に撮影できます。

▼撮影イメージ

女性におすすめのミラーレス一眼

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 PEN E-PL9

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 PEN E-PL9

PEN E-PL9は初心者に優しいシンプルな操作性と上質なデザインが魅力のミラーレス一眼です。ボディ全体には手に馴染みやすい革調素材がバランスよく配置。洋服のコーディネートや普段持ち歩く小物とマッチするので、ファッション要素としても楽しめるミラーレス一眼です。

チルト式液晶モニターは下方向に180°回転が可能。「eポートレート」と「タッチセルフィー」を使えば、肌をきれいに撮れる自撮り撮影がタッチ操作で簡単にできます。

Wi-FiおよびBluetooth連携に対応しているので、スマートフォンへの画像転送もSNSへのシェアもスムーズ。10種類以上のフィルター効果が楽しめる「アートフィルター」も搭載されているので、SNS映えするような画像も思いのままに撮影できます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 X-A5

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 X-A5

X-A5は高品位なデザインとフィルムの色合いを再現した温かい色味が楽しめるミラーレス一眼です。クラシックカメラをベースにしたデザインを革調シートで包んだおしゃれなモデルなので、ファッションアイテムとして持ち歩くのも楽しくなります。

フィルムシミュレーションが搭載されているのも魅力。SNSでも映える高彩度のVeliviaや優しい肌色再現のAstiaなど、フィルムならではの印象的な色合いを簡単操作で楽しめます。

180°回転するチルト式のタッチパネル液晶モニターを搭載。瞳AFや自動美肌モードを使えば、ポートレートレベルの高クオリティな自撮りが簡単に撮れます。キットの標準ズームレンズは最短約5cmの接写もできるので、花や小物のテーブルフォトにもおすすめです。

▼撮影イメージ

ミラーレス一眼カメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ミラーレス一眼カメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。