高画質な静止画や映像を撮影できる「ミラーレス一眼」。コンパクトで持ち運びやすく、旅行や映像制作などのシーンで大活躍します。エントリーモデルからハイエンドモデルまで、さまざまな製品が存在。価格だけでなく、機能性や利便性を考慮して選ぶことが大切です。

今回は、ミラーレス一眼のおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ミラーレス一眼とは?

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼とは、一眼レフにあるミラーや光学式ファインダーを内蔵していないカメラのことです。センサーが目の前の光景を映像データに変換し、電子ビューファインダーやモニターに映し出します。

レフ機能がない分、コンパクトなボディを実現。また、一眼レフカメラと比べて軽量設計なのもポイントです。携帯性に優れているため、旅行や散歩など、シーンを選ばずに使用できます。

ミラーレス一眼と一眼レフの違い

By: fujifilm-x.com

ミラーレス一眼と一眼レフの大きな違いは、ボディ内の構造です。一眼レフのボディ内部には、光を反射させるためのミラーがあります。ミラーの反射がペンタリズムを通り、直接ファインダーに届く仕組みを採用。見たままの景色を映し出します。

一方、ミラーレス一眼は、名前の通りミラーがありません。捉えた光景を映像データに変換する仕組みを採用。設定した明るさや色味が反映された状態で、電子ビューファインダーやモニターに映し出します。

一眼レフよりもミラーレス一眼の方がコンパクトサイズなのも特徴。一眼レフはミラーを内蔵している分、ボディに厚みが出てしまいます。携帯性を重視するなら、ミラーレス一眼レフがおすすめです。

ミラーレス一眼のメリット

By: olympus-imaging.jp

ミラーレス一眼は、撮影をサポートする機能が充実しています。一眼レフに比べてオートフォーカスの範囲が広いモデルもあり、画面の端までしっかりとピントを合わせられます。いわゆるピンボケ状態を防げるため、決定的瞬間を捉えやすいのが魅力です。

また、ミラーレス一眼のなかには、人や動物の瞳を認識してピントを合わせる「瞳AF」を搭載した製品も存在。瞳を追従しながらピントを合わせ続けられるので、表情の変化を捉えやすいのもポイントです。

さらに、多くの製品でシャッター音を出さない機能を搭載しているのもメリット。連写や接写を快適におこなえます。

一眼レフのメリット

一眼レフはミラーレス一眼よりも、交換レンズのラインナップが豊富です。撮影の状況に応じて使い分けられるので、ポートレートや風景など、さまざまなシーンで活用できます。

ボディサイズの大きい一眼レフは、安定性に優れているのもメリット。握りやすさを重視するために、大きなグリップを搭載した製品も多く、被写体を正確に捉えながら撮影に臨めます。

一眼レフについて詳しく知りたい方はこちら

ミラーレス一眼の選び方

本体のサイズ・重量をチェック

By: sony.jp

携帯性を重視するなら、本体サイズと重量をチェックしましょう。コンパクトかつ軽量設計の製品は携帯性に優れているので、旅行や散歩など、気軽に持ち運べるのが魅力です。また、ポーチやバッグにも収納しやすく、必要なときにカメラだけをサッと取り出して撮影ができます。

小型軽量のミラーレス一眼を求めているなら、ボディとレンズの重量を把握しておくことも大切。ボディが軽量でもレンズが大きければ、携帯性は劣ってしまいます。なかには、ボディと標準ズームレンズ合わせて500g以下におさまる製品も登場しているので、ぜひチェックしてみてください。

初心者はオートモードをチェック

By: nikon-image.com

オートモードとは、撮影状況に応じてF値やシャッタースピードを自動調節する機能です。人物・夜景・動物など、シーンや被写体を認識し、適したモードで撮影できます。カメラ初心者や、細かい操作が苦手な方におすすめです。

なかには、撮影をカメラにまかせられる「プレミアムおまかせオート」機能を搭載したモデルも存在。思い通りの写真を撮りたい方は、自身の撮影をサポートするオートモードが備えられているかどうか、購入前にチェックしてみてください。

手ブレ補正機能をチェック

By: fujifilm-x.com

手ブレ補正とは、手持ちの撮影で起こる振動を軽減する機能です。大きく分けて「ボディ内手ブレ補正」と「レンズ内手ブレ補正」があります。

ボディ内手ブレ補正を搭載した製品は、使用するレンズに関係なく手ブレ補正を適用できるのが特徴。特に、「5軸ボディ内手ブレ補正機構」を備えたモデルがおすすめです。焦点距離が長いほど起こりやすい角度ブレや、シフトブレなども軽減できます。暗所撮影でも高精細な写真や動画撮影が可能です。

オートフォーカス(AF)機能をチェック

By: olympus-imaging.jp

オートフォーカスとは、カメラがピントを自動的に合わせる機能です。通常、オートフォーカスはシャッターボタンの「半押し」で作動させ、「全押し」でシャッターを切ります。

オートフォーカスの種類は、製品ごとに異なるので購入前にチェックしましょう。ハイエンドモデルのなかには、被写体の動きを追従する「リアルタイムトラッキング」を搭載している製品もあります。予想できない動きをするペットの撮影や、表情を際立たせたいポートレート撮影にもおすすめです。

センサーサイズの種類と違いを知ろう

フルサイズ

By: panasonic.jp

多くの情報を取り込み、高画質での撮影を可能にするのがフルサイズセンサーです。場合によっては、35mmフルサイズセンサーとも呼ばれます。

センサーサイズで違いが生まれるのは、主に画角・ぼけ量・階調・暗所性能・サイズ・重量です。フルサイズは、より広い範囲を写せるのが特徴。イメージセンサーが大きいほど光を多く取り込めるので、夕景などのグラデーションも豊かに表現できます。また、夜空や夜景などの暗所も、細部までしっかり写せるのが魅力です。

フルサイズは、中上位モデル以上のミラーレス一眼に搭載しており、APS-Cと比べて価格が高い傾向があります。

APS-C

APS-Cは、35mmフルサイズセンサーに比べて撮影範囲は狭いものの、被写体を大きく写せるのが特徴。同じ範囲を写す場合、フルサイズよりも「ぼけ量」は少ないのもメリットです。ちなみに、APS-Cセンサーで「ぼけ量」を増やしたい場合は、F値の小さいレンズを利用します。

また、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、ラインナップが豊富なのもポイント。フルサイズよりも低価格の製品が多いので、入門編としておすすめです。

マイクロフォーサーズ

By: panasonic.jp

APS-Cよりも小さいセンサーとして存在するのがマイクロフォーサーズ。パナソニックとオリンパスが策定したオープン規格であり、携帯性と機能性のバランスを追求しているのが特徴です。

パナソニックが手がけるマイクロフォーサーズカメラには、4K動画はもちろん、秒間60コマの撮影を実現したハイエンドクラスの製品もあります。写真だけでなく、動画撮影機能を重視している方にもおすすめです。

スマホ連携機能があると便利

By: olympus-imaging.jp

ミラーレス一眼で撮影したデータをスマートフォンに送りたいなら、Wi-FiやBluetoothと接続できる製品がおすすめです。わざわざパソコンを繋いで写真や動画を転送する必要がないので、外出先でも共有可能。旅先で撮影した写真や動画を、素早くSNSに投稿できます。

ミラーレス一眼のなかには、スマートフォンを通じてシャッターを切るなど、遠隔操作に対応した製品も登場。スマートフォンの画面で被写体や構図をチェックしながら撮影に臨めます。

ミラーレス一眼のおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は日本の総合電機メーカーです。エントリーモデルからハイエンドモデルまで、製品ラインナップが豊富。フルサイズミラーレス一眼は、プロからも支持されています。

例えば、プロフェッショナルの要望に応えた「α9 II」は、広角から望遠までをカバーするミラーレス専用設計レンズを複数用意。撮りたいシーンに合わせ、さまざまなレンズを使い分けられるのが魅力です。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

「キヤノン」は、カメラやビデオをはじめとする日本の大手精密機器メーカーです。APS-C・フルサイズのミラーレスカメラを手がけています。

ミラーレス一眼ならではのコンパクトかつ軽量設計を採用したエントリーモデルなどを展開。携帯性に優れており、旅行や普段使いのカメラとしても楽しめます。また、自由なアングルで撮影できるチルト式モニターや、スマートフォン連携機能を搭載するなど、利便性の高さを重視した製品が多いのも特徴です。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

「ニコン」は、日本の光学機器メーカーです。フルサイズミラーレスの製品が充実しているのが特徴。特にZシリーズは、静止画・動画の撮影に優れたオールラウンドタイプとして人気です。

なかには、高速連写性能を加速した画像処理エンジン「デュアル EXPEED 6」を採用したモデルも存在。オートフォーカス機能も優れており、ポートレートや動物、鉄道など、動く被写体を逃さずに捉えます。

ミラーレス一眼のおすすめ|安い初心者向けモデル

ソニー(SONY) α6000 ILCE-6000

APS-Cサイズのセンサーを搭載したミラーレス一眼です。背景を自然にぼかし、被写体を際立たせた印象的な写真を撮影できます。画像処理エンジン「BIONZ X」の採用により、細部の質感描写が大幅に向上。繊細な解像感でナチュラルな立体感を実現しています。

撮影に大切なAFの速さを追求しているのも特徴。0.06秒の高速AFにより、動きの速い被写体も捉えられます。動きの読みにくい動物の撮影や、一瞬の表情の変化を撮影したいときにも便利です。さらに、179点像面位相差AFセンサーを採用しているため、広範囲にピントを合わせられます。

カメラにまかせて撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能も搭載。人物・夜景・逆光など11シーンを自動で判別し、被写体や撮影場所に適したカメラ設定で撮影をおこないます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M10 Mark IV

コンパクトかつ軽量設計が特徴のミラーレス一眼です。下開きモニターと自分撮り専用の撮影モードを搭載。片手でカメラを持ってセルフィーを楽しめます。また、持ちやすいグリップや誤操作を防ぐ背面ボタンを配置するなど、細部までこだわっているのが特徴です。

シーンや被写体に適した設定で撮影できるSCNモードを搭載。6つのテーマから自分好みの設定を選んで撮影できます。液晶モニターには撮影方法をテキストで表示。カメラ初心者でも操作しやすいのもポイントです。

5軸手ブレ補正により、手持ちでも安定感のある動画を撮影可能。4Kにも対応しているので、映像制作用のカメラとしてもおすすめです。さらに、静音モードを搭載しているのも魅力。発表会やコンサート、子供の寝顔を撮影するシーンにも便利です。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) PEN E-P7

ボディ単体で337gと軽量なミラーレス一眼です。標準ズームレンズと組み合わせても500mlのペットボトルより軽いので、気軽に持ち歩いて撮影を楽しめます。ボディの右側には操作しやすい2つのダイヤルを配置。絞り値・シャッタースピード・感度などをコントロールできます。

優れたボディ内5軸手ブレ補正を搭載。瞬時にカメラを構えてシャッターを切るときでも、手ブレを軽減した高画質な写真を撮影できます。また、高精度にピントを合わせる顔優先・瞳優先AFも採用。横顔やうつむいた状態、顔の一部が隠れたときも被写体にピントを合わせられます。

クリエイティブな写真表現ができるカラープロファイルコントロール機能も搭載。12色の彩度やシェーディング、ハイライトなどを細かく調節し、自分好みの作品仕上げられます。専用アプリ「OI.Share」と連携すれば、撮影した写真をスマートフォンに転送可能です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC-G8

ブレを軽減した写真・映像を撮影できるミラーレス一眼です。高精度ジャイロセンサーとボディ内手ブレ補正機能により、5軸・5段の補正性能を実現。手持ちでも安定した撮影をおこなえます。

接合部や操作部材には、シーリング構造による防塵・防滴設計を採用。優れた堅牢性で幅広い撮影シーンに対応します。

4K動画撮影・4Kフォトモードに対応。フロントケースにマグネシウム合金を使用することにより放熱性を高めているため、4K撮影時の温度上昇も軽減できます。機能性と実用性に優れたおすすめのモデルです。

富士フイルム(FUJIFILM) FUJIFILM X-M1

APS-Cサイズの「X-Trans CMOS」センサーを搭載したミラーレス一眼です。光量の少ない夜景や、高感度撮影を必要とする室内の撮影でも、ノイズの少ないクリアな写真を撮影できます。

撮影シーンに適したカメラ設定をおこなう「モードダイヤル」を搭載しているのも特徴。「アドバンストSRオート」では、シーンに合わせた撮影条件をカメラが自動で設定するため、初心者でも簡単に印象的な写真を撮影可能です。

また、快適な操作性を追求するために、ボタンやダイヤルをカメラ背面右側に集約。指1本で絞りやシャッタースピードなどを調節できます。

ミラーレス一眼のおすすめモデル

ソニー(SONY) α7S II ILCE-7SM2

圧倒的な高感度と広いダイナミックレンジを実現した、フルサイズミラーレス一眼です。最高ISO感度409600の、35mmフルサイズ「Exmor」CMOSセンサーを搭載。暗所でもノイズの少ない高画質撮影を楽しめます。静止画はもちろん、階調豊かな動画撮影も可能です。

4K動画の本体内記録に対応。ピクチャープロファイルやガンマ表示アシストなど、プロフェッショナルの映像制作をサポートする多彩な機能を搭載しています。P・A・S・Mの露出モードを利用した場合、光量に合わせて露出コントロールが可能。背景をぼかしたり、明るさを調節したりと、クリエイティブな映像を撮影できます。

「NFC」に対応するスマートフォンやタブレット端末にワンタッチするだけで、写真や動画を簡単に転送できる「ワンタッチシェアリング」が可能。カメラと携帯端末の操作や通信機器を用意せず使えるのもメリットです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7c ILCE-7C

約509gの軽量ボディを実現したフルサイズミラーレス一眼です。コンパクトサイズながら、「α9 II」をはじめとするハイエンドモデルに搭載している「4Dフォーカス」に対応。動き回る被写体にもピントを合わせられます。

大容量バッテリー「NP-FZ100」を採用。液晶モニター使用時で740枚、ファインダー使用時で680枚の撮影が可能です。また、最大4個のバッテリーを収納できる「マルチバッテリーアダプターキット」にも対応するなど、長時間撮影をサポートする機能も充実しています。

焦点距離12mmから1200mmまでをカバーする、豊富なレンズを使い分けられるのも魅力。高解像度と美しいボケ感を両立した「G Master」や、忠実な色再現が得意な「ツァイスレンズ」にも対応しています。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α9 II ILCE-9M2

35mmフルサイズ積層型CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼です。画素領域からの読み出しスピードは「α7 II」に比べ、約20倍以上の高速化を実現したと謳っているのが特徴。電子ビューファインダーの表示タイムラグを軽減するなど、利便性も向上しています。

撮影領域のほぼ全面をカバーする、693点の像面位相差検出AFセンサーを搭載。ピントが抜けやすい小さな被写体でも、精度高く捉え続けます。ソニー独自の物体認識アルゴリズムにより、色・模様・距離・顔・瞳などの情報を高速処理。スピーディーにピント合わせができるので、動く被写体の撮影も簡単におこなえます。

大容量Zバッテリー「NP-FZ100」を採用しているのも特徴。1回の充電で約690枚まで撮影できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS R

35mmフルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 8」を搭載したミラーレス一眼です。RFレンズの描画性能との連携で、被写体の細部や肉眼では捉えられない繊細な色彩のグラデーションを忠実に再現します。

ISO感度は静止画で100〜40000を実現。夜の街並みや薄暗い室内など、光量の少ないシーンも鮮明に写します。また、高感度撮影と長秒時露光撮影をサポートするノイズ低減機能を搭載。長秒時露光撮影・高感度撮影ごとにノイズの強さは調節できます。

撮影者一人ひとりに合わせたカスタマイズが可能。コントロールリングと2つの電子ダイヤルで、使用頻度の高い機能を操作部材に割り当てられます。また、ロー・ハイアングル撮影を快適におこなえるバリアングル液晶を採用しているのも特徴です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) Z 6II

画像処理エンジン「デュアル EXPEED 6」を搭載したミラーレス一眼です。処理能力に優れており、高速連続撮影が可能。動きのある被写体を捉えられるため、ポートレート・ネイチャー・鉄道撮影などを快適に行えます。

素早くピントを合わせるハイブリッドAFを搭載。273点のフォーカスポイントが広範囲をカバーし、細部まで精細に映し出します。また、ボタンを押している間のみ被写体にピントを合わせ続けられる「ターゲット追尾AF」も便利です。

動画性能に優れているのも特徴。フルHDでは1秒120コマのハイフレームレートでの撮影が可能です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) Z 5

有効画素数2432万画素を実現したミラーレス一眼です。高解像と高感度性能のバランスに優れた、ニコンFXフォーマットCOMSセンサーを採用。豊富な光量を得られる大口径ショートフランジバックのZマウントにより、迫力のある解像感と被写体を際立てる大きなボケ感を楽しめます。

273点のフォーカスポイントで画像の隅までカバーするハイブリッドAFを採用。光の少ない状況でも、被写体を捉えられます。さらに、人物または動物の瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF」も搭載。構図や狙ったタイミングで写真を撮影できます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M5 Mark III

携帯性と機能性を両立できる、マイクロフォーサーズの魅力を引き出したミラーレス一眼です。フルサイズミラーレス一眼よりもひと回りコンパクトボディながら、階調表現や解像力に優れた高画質撮影が可能。防塵・防滴に加えて-10℃耐低温設計なので、厳しい環境下での撮影にも対応できます。

5軸手ブレ補正ユニットを搭載することで、高い補正効果を実現。レンズ内手ブレ補正と組み合わせれば、より安定した撮影をおこなえます。望遠撮影やマクロ撮影はもちろん、手ブレが起こりやすい暗所撮影にもおすすめです。

フォーカス機能が優れているのも特徴。像面位相差AFシステムにより、動く被写体を捉えて精細な撮影をおこなえます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) DC-G9

有効画素数2033万画素を実現した、ハイエンドクラスのミラーレス一眼です。ローパスフィルターレス設計により、イメージセンサーが持つ解像度性能を最大限に引き出しています。細部まで捉えられなかった野生生物のリアルな質感や、植物の細かなディティールを再現できるのが魅力です。

手ブレ補正機能「Dual I.S.2」により、シャッター速度6.5段分の補正効果を実現。撮影が難しい暗所での撮影もサポートします。また、動画撮影時の手ブレをに対応する「手ブレロック」を搭載。手持ちでの動画撮影時に安定した構図を保てます。

本体天面部分には、カメラの設定値などを表示するステータスLCDを搭載。さまざまな情報を簡単に確認できます。

パナソニック(Panasonic) DC-S5

過酷な状況下でも撮影に臨める、堅牢性に優れたミラーレス一眼です。ボディ素材には、衝撃に強くて軽量なマグネシウム合金フレームを採用。防塵・防滴設計により、さまざまなシチュエーションで撮影できます。

また、センサークリーニング実行時に付着したゴミやホコリを自動的に払い落とす「ダストリダクション機能」を搭載しているのも魅力です。

精度に優れたリアルタイム認識AFを搭載。「顔・瞳認識」や「人体認識」に加え、「頭部認識」を追加したことにより、撮影者の表現意図に合わせて被写体を追従します。人や動物の躍動感や、自然な表情を捉えられるのも魅力です。

6.5段の手ブレ補正を実現しているのもポイント。大型のモニターにより、ローアングルやハイアングルなど、アグレッシブな撮影もサポートします。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) DC-GH5

Live MOSセンサーを採用したミラーレス一眼です。高解像度で精細な写真を撮影できます。大自然の遠近感や、野生動物のディティールなどをリアルに表現できるのが魅力です。

マイクロフォーサーズのコンパクトなボディながら、4K/60pを実現。決定的瞬間を捉えられるのはもちろん、自分の目では認識できない被写体の美しさも撮影できます。

ミラーレス一眼カメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ミラーレス一眼カメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。