小型かつ軽量ながら高画質撮影を楽しめる「ミラーレス一眼」。おしゃれなモデルが数多くラインナップしており、初心者の方にも人気があります。ただし、製品ごとに機能性や操作性が異なるので、あらかじめ特徴をチェックしておくことが大切です。

そこで今回は、ミラーレス一眼のおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ミラーレス一眼とは?

By: fujifilm-x.com

ミラーレス一眼とは、カメラボディ内にミラー機構を搭載していないカメラです。レンズが捉えた目の前の景色を映像データとして変換し、電子ビューファインダーや液晶モニターに映し出す仕組みを採用しています。

また、レンズを通った光がセンサーに直接届くシンプルな構造を採用。そのため、コンパクトかつ軽量なモデルや、デザイン性にこだわったモデルが多いのも魅力です。

ミラーレス一眼と一眼レフの違い

By: sony.jp

ミラーレス一眼と一眼レフの違いは、ボディサイズとミラーの有無です。ミラーレス一眼はミラー構造がなく、コンパクトサイズかつ軽量化を実現。撮影したいと思った瞬間に取り出してシャッターを押せます。

一眼レフよりも小型かつ軽量な製品が多く、スポーツ・アウトドア・Vlogなど、さまざまなシチュエーションで活用できるのもポイントです。一眼レフと比べて動作音が小さいのも魅力。静かな環境でも撮影を楽しめます。

また、光学ファインダーを用いた一眼レフと比べると、バッテリー消費が早いのも特徴。長時間撮影をおこなうときは、予備バッテリーを準備しておくのがおすすめです。

一眼レフについて詳しく知りたい方はこちら

ミラーレス一眼の選び方

本体サイズ・重量をチェック

By: fujifilm-x.com

ミラーレス一眼は、装着するレンズによって本体サイズや重量が異なります。焦点距離が長くなるほどレンズサイズも大きくなるので、レンズを含めたサイズや重量をチェックしておくことが重要です。

Vlog撮影やアウトドアシーンで使用するなら、持ち運びやすい小型かつ軽量なモデルがおすすめ。小型・軽量のカメラは操作しやすく、撮影したいと思ったときにカメラを取り出してシャッターを押せるのが魅力です。

初心者の方は操作性にも注目

By: sony.jp

初心者の方がミラーレス一眼を選ぶときは、操作のしやすさもチェックしておきましょう。用途に応じて重視する項目は異なりますが、撮影モードと液晶モニターの種類は確認しておきたいポイントです。

シャッターを押すだけで綺麗に撮影できる「かんたん撮影ゾーン」を搭載した製品が存在。周囲の明るさ・色合い・シーンなどを判断して、カメラが自動で設定を調節するので、クオリティの高い撮影を楽しめます。

液晶モニターの種類は、バリアングル液晶とチルト式液晶の2種類。バリアングル液晶は、チルト式液晶よりも自由度が高く、ローアングルからハイアングルまで対応します。

また、液晶モニターを回転させると、自撮り撮影も可能。撮影のバリエーションが広がるため、静止画だけでなく動画撮影も楽しめます。

手ブレ補正やオートフォーカスなどの性能をチェック

By: amazon.co.jp

写真や動画の仕上がりにこだわりたい方には、手ブレ補正やオートフォーカスなどの性能に優れた製品がおすすめです。手ブレ補正は、ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正の2種類。ボディ内手ブレ補正は、ボディ内のセンサーがブレを検知して補正する機能です。ブレと反対方向にセンサーを動かすことで安定感を保つ仕組みを採用しています。

もう一方のレンズ内手ブレ補正は、内部の補正専用レンズを動かしてブレを低減するのが特徴。ボディ内手ブレ補正を搭載している製品なら、さまざまなレンズで手ブレ補正性能を発揮します。

また、オートフォーカスとはカメラが自動で被写体を認識してピントを合わせる機能です。顔や瞳にピントを合わせて追従する製品も存在。ピントが外れにくいので、動きの速い被写体を撮影するときも便利です。

フィルターやカラーモードをチェック

By: fujifilm-x.com

印象的な作品づくりを楽しみたい方は、フィルターやカラーモードの種類をチェックしましょう。ドリーム・ポップ・モノクロなど、好みのフィルターを選択するだけで、独創的な表現を楽しめます。電子ビューファインダーや液晶モニターで仕上がりを確認しながら撮影できるのもポイントです。

また、パラメーターを用いて質感や色合いを細かく調節できる製品は、より理想的なイメージに近づけられます。

センサーサイズの種類と違い

フルサイズ

By: amazon.co.jp

フルサイズは、大きめのセンサーサイズです。「35mmフルサイズセンサー」の名称で親しまれています。標準で約36.0×24.0mmとセンサーサイズが大きく、広範囲を撮影できるのが特徴です。

センサーサイズが大きいほどボケ量が多く、豊かな諧調表現を楽しめます。多くの光を取り込めるため、暗いシーンでも低ノイズかつディテールを捉えた撮影が可能です。ただし、通常よりも本体サイズが大きく、重い傾向がある点には留意しておきましょう。

APS-C

APS-Cは、フルサイズよりも小型のセンサーサイズです。フルサイズより撮影範囲は狭くなるものの、被写体を大きく写せるのが特徴。被写体を強調したいシチュエーションにおすすめです。

また、比較的リーズナブルな価格帯を実現しているので、購入しやすいのもポイント。コンパクトかつ軽量化したモデルが多く、持ち運びにも便利です。

なお、APS-Cカメラはフルサイズ用のレンズを使用できますが、フルサイズカメラはAPS-C用のレンズを使用できません。今後フルサイズに移行する可能性がある場合は留意しておきましょう。

マイクロフォーサーズ

By: amazon.co.jp

マイクロフォーサーズは、小型のセンサーサイズです。小型・軽量ながら高画質を実現しているのがメリット。コンパクトサイズのレンズを装着することで、気軽に撮影を楽しめます。

フルサイズやAPS-Cよりも画角が狭いのも特徴。マクロレンズや望遠レンズとの相性がよく、被写体をクローズアップしたいときにも活躍します。

ISO感度をチェック

ISO感度とは、レンズから入る光をカメラ内で増幅させる性能です。カメラに入る光の量は絞り値とシャッタースピードで決まり、光量に合わせてISO感度を調節します。

光量を確保しにくい屋内や夜景撮影をするときは、ISO感度の上限が高い製品を選んでみてください。一方で、ISO感度の数値を上げるほど明るく写りますが、電気的に光を増幅するので、ノイズが発生しやすい点には注意しましょう。

スマホ連携機能があると便利

ミラーレス一眼のなかには、スマートフォンとの連携機能を搭載した製品が存在します。専用アプリをインストールすると、スマートフォンとミラーレス一眼の連携が可能。撮影したデータをスマートフォンに転送したり、リアルタイムでSNSを更新したり、さまざまな機能を活用できます。

遠隔操作に対応した製品は、離れた場所からシャターを押せるのがポイント。集合写真や定点カメラの撮影も快適におこなえます。

動画撮影ができるか

By: sony.jp

動画撮影を楽しみたいなら、記録画質・フレームレート・連続動画撮影時間などをチェックしましょう。ミラーレス一眼のなかには、4K120pや8K30pの動画記録に対応した製品が存在します。高精細な映像に仕上がるので、現場の臨場感や壮大感をリアルに届けられるのがポイントです。

また、製品ごとに連続動画撮影時間が異なります。長時間撮影に対応した製品であれば、インタビューやドキュメンタリーなどの撮影が楽しめるので購入を検討してみてください。

ミラーレス一眼のおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

キヤノンは、日本の大手精密機器メーカーです。映像機器・プリンタ・デジタルマルチメディア機器などを手がけています。

キヤノンのミラーレス一眼は、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、製品ラインナップが豊富。初心者向けの「EOS Kiss」シリーズは、撮影モードやオートフォーカス性能が充実しているので、手軽にクオリティの高い写真や動画を撮影できます。ミドルモデルからハイエンドモデルは、静止画と動画ともに優れた機能性を発揮。最大8.0段の手ブレ補正を搭載した製品も存在します。

ソニー(SONY)

ソニーは、日本の総合電機メーカーです。デジタル一眼カメラだけでなく、オーディオ・記録メディア・パソコンなど、さまざまな製品の製造と販売をおこなっています。

ソニーのミラーレス一眼は、優れたオートフォーカス性能を発揮するのが特徴。「ファストハイブリッドAF」は、高速かつ正確にピントを合わせます。「リアルタイムトラッキング」機能を搭載した製品は、被写体の顔や瞳にピントを合わせて追従するので、動き回る被写体を捉え続けられるのがポイントです。

また、ミラーレス専用レンズのラインナップも豊富。シチュエーションに合わせてレンズを使い分けられます。

ニコン(Nikon)

ニコンは日本の光学機器メーカーです。カメラ・双眼鏡・望遠鏡・顕微鏡などの製品を手がけています。

ニコンのミラーレス一眼は、高画質性能と使いやすさを追求しているのが特徴。8K30pや4K30pの動画撮影を実現した製品も存在します。専用アプリ「SnapBridge」をインストールすると、スマートフォンとミラーレス一眼の連携が可能。撮影データの転送やリモート撮影もおこなえます。

富士フイルム(FUJIFILM)

By: amazon.co.jp

富士フイルムは、日本の精密化学メーカーです。カメラだけでなく、医薬品や医療機器の製造と販売もおこなっています。

富士フイルムのミラーレス一眼は、小型・軽量ながら優れた手ブレ補正機構を搭載しているのが特徴。最大7.0段のボディ内手ブレ補正を実現した製品も存在します。なかには、防塵・防滴・耐低温を発揮するモデルも。耐久性と堅牢性に優れているので、過酷な環境でもアクティブに使用できます。

ミラーレス一眼のおすすめランキング|初心者向け

第1位 ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α7C ILCE-7CL


持ち運びに便利なコンパクトサイズかつ軽量化を実現したミラーレス一眼です。「タッチトラッキング」を採用したバリアングル液晶モニターを搭載しているので、被写体をタッチするだけでピントを合わせられます。液晶モニターを回転すると、自撮り撮影も可能です。

動画撮影時は高速かつ正確にピントを合わせる「ファストハイブリッドAF」機能を搭載。カメラが自動でピントを合わせるので、カメラ操作が苦手な方もイメージ通りの映像を撮影できます。

「マイダイヤル設定」は、頻繁に使用する撮影モードを3つまで登録可能。カスタムキーを押すだけで、すばやく撮影モードを呼び出せます。撮影のたびにモードを切り替える必要がないので、すばやく撮影に臨めるのが魅力です。

ソニーが展開するミラーレス専用設計レンズとの相性がよいのもおすすめポイント。広角から望遠まで、用途に合わせて使い分けられます。

第2位 ニコン(Nikon) ミラーレス一眼カメラ Z fc


高画質と使いやすさを兼ね備えたおすすめのミラーレス一眼です。ISO感度ダイヤル・シャッタースピードダイヤル・露出補正ダイヤルなど、基本的な操作部をひと目で確認できる設計を採用。撮影シーンに合わせて簡単に設定を変更できます。

また、ドリーム・モーニング・ポップなど20種類の「Creative Picture Control」を搭載。好みのフィルターを選択するだけで、簡単に印象的な作品を撮影できます。「ライブビュー情報表示の消灯」機能は、アイコンや撮影情報などを非表示にするため、画角いっぱいに被写体を表示させて構図をチェックできるのが特徴です。

ニコンの専用アプリ「SnapBridge」をインストールすると、スマートフォンとミラーレス一眼の連携が可能。撮影した静止画や動画を転送したり、スマートフォンをリモコンとして遠隔操作したり、さまざまな機能を活用できます。

▼撮影イメージ

第3位 キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS Kiss X10


カメラ初心者でも快適に使いこなせる操作性を実現したミラーレス一眼です。コンパクトサイズかつ軽量化を実現しており、持ち運びながら気軽に撮影を楽しめます。シャッター速度や絞り値などの設定をカメラが自動で調節する「かんたん撮影モード」を搭載。シャッターを押すだけで、綺麗な静止画を撮影できます。

スポット1点AF・+追尾優先AF・ゾーンAF・1点AFなど、多彩なAFモードを内蔵。カメラが自動で被写体にピントを合わせるので、ピント合わせが難しい動きの速い被写体もすばやく捉えられます。カメラ操作が苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

また、バリアングル式の液晶モニターを搭載。自由自在にモニターを動かせるため、ローアングルからハイアングルまで、さまざまな構図で撮影に臨めます。撮影スタイルは光学ファインダー撮影とライブビュー撮影に対応しているので、使いやすさに合わせて切り替えられるのもポイントです。

▼撮影イメージ

第4位 富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-S10

本体重量約465gの軽量化を実現したミラーレス一眼です。小型軽量モデルながら5軸6段の防振性能を実現。角度ブレ・シフトブレ・回転ブレを検出するため、手ブレの少ない安定した撮影を楽しめます。

ハイエンドモデル同等のアルゴリズムを採用しており、優れたAF性能を発揮するのも特徴。0.02秒の高速AFで被写体を捉えます。トラッキングAFでは、動き回る被写体にピントを合わせ続けられるのが魅力です。マニュアルフォーカスにも対応しているため、狙った場所にピントを合わせるこだわりの撮影を楽しめます。

スタンダード・ビビット・シネマなど、18種類のフィルムシミュレーションを搭載。自分好みのフィルムを選択するだけで、印象的な世界観を表現できます。また、調整パラメーターはシャドウの質感や色の深みなどを変更できるため、理想的なイメージに近づけられるのもおすすめポイントです。

▼撮影イメージ

第5位 キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS R10

本格的な撮影をサポートするおすすめのミラーレス一眼です。ダイヤルを合わせるだけで綺麗な写真を撮影できる「かんたん撮影ゾーン」を搭載。専門的な知識や技術がなくても印象的な作品に仕上がります。集合写真・ポートレート・手持ち夜景など、さまざまなシチュエーションで使用可能です。

動画と静止画ともに高性能なオートフォーカス機能を搭載。最大651分割の測距エリアにより、画面中央から周辺に移動する被写体も捉えられます。人物・動物優先・乗り物優先など、多彩なオートフォーカスモードを採用。人や動物の目にピントを合わせる「瞳検出」により、動き回る被写体も補足できます。

キヤノン専用アプリ「Camera Connect」をインストールすると、スマートフォンやタブレット端末との連携が可能。撮影データをスマートフォンに転送したり、リモートライブビュー撮影をしたり、さまざまな機能を活用できます。

▼撮影イメージ

ミラーレス一眼のおすすめランキング|ミドル~ハイエンドモデル

第1位 ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α7 IV ILCE-7M4

有効約3300万画素の35mmフルサイズCOMSセンサーを搭載した、おすすめのミラーレス一眼です。臨場感あふれる高画質映像を実現。映像製作やライブストリーミングなど、さまざまなシチュエーションでハイクオリティの映像表現を楽しめます。

自由自在に角度を変えられるバリアングル液晶モニターを採用。モニターを確認しにくいローアングルやハイアングルでも、リアルタイムで画角をチェックしながら撮影に臨めます。5.5段のボディ内手ブレ補正を備えており、高画質かつ安定した撮影をおこなえるのもポイントです。

また、ST・PT・NT・SE・BWなど、全10種類のクリエイティブルックを搭載。好みのプリセットを設定するだけで、独創的な作品を表現できます。コントラストや色彩など最大8項目から仕上がりを調節可能です。プリセットはカスタムルックとして登録できます。

第2位 キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS R7

APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼です。多彩な撮影モードにより、静止画と動画ともに優れた機能性を発揮するのが特徴。電子シャッターでは最高約30コマ/秒の高速連続撮影を実現しており、スポーツ・野生動物・モータースポーツなど、アグレッシブな動きをする被写体を鮮明に捉えられます。

IS機構を搭載したレンズを装着することで、最大8.0段の手ブレ補正効果を発揮。手持ちでも安定した映像を撮影できます。高感度撮影にも対応しているため、夜間撮影や屋内撮影も可能です。

キヤノンが提供するクラウドプラットフォーム「image.canon」をインストールすると、撮影データを外部ストレージに自動転送したり、YouTubeと連携してライブ配信をしたり、さまざまな機能を活用できます。カメラの性能だけでなく、撮影後のデータ管理や連携サービスの使いやすさにこだわっているおすすめモデルです。

▼撮影イメージ

第3位 ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ ボディ単体 α9 II ILCE-9M2

約2420万画素の積層型CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼です。高解像度かつ低ノイズを実現する画像処理エンジン「BIONZ X」を内蔵。「ディティールリプロダクション技術」を採用しており、被写体のディティールをリアルに再現できます。「エリア分割ノイズリダクション」のはたらきにより、暗部や高感度撮影時にもノイズの発生が少ないのもおすすめポイントです。

また、撮影領域の約93%をカバーする像面位相差検出AFセンサーを搭載。画面中央から周辺部まで精度高くピントを合わせます。ピントが外れやすい小さい被写体を捉え続けられるのも魅力です。

被写体の顔・瞳・色などを検出して自動追尾をおこなう「リアルタイムトラッキング」機能により、動き回る被写体も撮影できます。最大100Mbpsの4Kフォーマットに対応しており、フレームレートは24pと30pから選択可能です。

第4位 ニコン(Nikon) ミラーレスカメラ ボディ単体 Z 9

プロフェッショナルのニーズに応える高性能な機能を搭載したミラーレス一眼です。ファインダー像の消失を防ぐ「Real-Live Viewfinder」を採用しているので、被写体の動きを表示できるのが特徴。ダイナミックAFと組み合わせることにより、決定的瞬間を捉えやすく、イメージ通りの撮影がおこなえます。

人物・犬・猫・鳥・車など全9種類の被写体を検出する技術を採用。カメラにピント合わせを任せられるので、構図を確認したりシャッターチャンスをうかがったり、撮影に集中できるのがポイントです。人物検出では瞳を捉えてピントを合わせるので、表情の変化なども撮影できます。

高画質動画撮影を実現する8K30pの撮影モードを採用。10bitの記録にも対応しているので、カラーグレーディングにこだわりたい方にもおすすめです。

▼撮影イメージ

第5位 富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ ボディ単体 X-H2S

裏面照射積層型2616万画素センサーを搭載したミラーレス一眼です。ディープラーニング技術を用いた「被写体検出AF機能」を内蔵。人物・動物・鳥・バイクなどをカメラが自動検出して自動でピントを合わせます。ピント合わせをカメラに任せられるので、構図の確認やシャッターチャンスに集中できるのも魅力です。

6.2K30pの動画撮影を実現。高精細な映像を撮影できるため、本格的な映像製作をする方にもおすすめです。最大7.0段のボディ内手ブレ補正機能を搭載しており、手ブレが発生しやすいスポーツシーンや暗所でも安定した撮影ができます。

カメラボディは79点のシーリングを施しているのが特徴。防塵・防滴・耐低温−10℃を発揮するため、過酷な環境でもアクティブに使用できます。大型グリップのデザインを採用しているので、大口径レンズを装着しても取り回しやすく、操作性も良好です。

▼撮影イメージ

ミラーレス一眼のおすすめランキング|Vlog・動画撮影向け

第1位 パナソニック(Panasonic) 一眼カメラ DC-G100K

持ち運びに便利なコンパクトサイズかつ軽量化を実現したミラーレス一眼です。付属レンズを装着したときの重量は約412g。撮りたい瞬間に即座に対応できる機動性を実現しているので、Vlog撮影にもおすすめです。動画撮影中は画面に赤枠を表示するため、記録中と待機中をひと目で把握できます。

5軸ハイブリッド手ブレ補正を搭載。手ブレが発生しやすい手持ち撮影や、歩きながらの撮影でも安定した映像に仕上がります。

音声記録は、オートモード・サラウンドモード・フロントモード・トラッキングモード・ナレーションモードの5種類。撮影シーンに適した音声を記録できます。画質だけでなくサウンド性能にこだわっているのも魅力です。

被写体をタッチするだけでピントを合わせられる「タッチAF」を搭載。直感的にピントを合わせられるので、スムーズに撮影できます。

第2位 ソニー(SONY) ミラーレス一眼カメラ VLOGCAM ZV-E10

Vlog撮影に特化したミラーレス一眼です。持ち運びに便利なコンパクトサイズかつ軽量化を実現。取り出してからスムーズに動画を撮影できます。旅行や街歩きなどのシチュエーションにもおすすめです。

背景ボケ切り換え・商品レビュー用設定・美肌効果など、さまざまな撮影モードを搭載。「背景ぼけ切り換え」は被写体を強調できるので、印象的なポートレート撮影を楽しめます。また、動画専用の電子式手ブレ補正機能「アクティブモード」により、安定した手持ち撮影が可能です。

小型軽量設計ながら、4Kの高精細な動画撮影を実現。常用ISO感度は最高32000まで設定できるため、高感度撮影時でもノイズの少ない映像に仕上がります。専用アプリ「Imaging Edge」をインストールすると、スマートフォンとの連携が可能。撮影データをスマートフォンで編集できます。

第3位 パナソニック(Panasonic) 一眼カメラ DC-GH6

映像クリエイターのニーズに応える動画性能を搭載したマイクロフォーサーズ一眼カメラです。高解像度と高速性能を実現する「25.2M Live MOSセンサー」を採用。5.7K60pや4K120pの動画撮影をおこなえます。主要記録モードは10bitに対応しているので、カラーグレーディングにこだわりたい方にもおすすめです。

高精度のジャイロセンサーにより、5軸7.5段のボディ内手ブレ補正を発揮。手持ちでも手ブレの少ない静止画や映像を撮影できます。手ブレ補正は中望遠から望遠域までカバーするのも魅力です。

カメラボディは耐久性と堅牢性に優れた設計を採用しており、過酷な環境下でもアクティブに使用できます。フレーム表示・セーフティーゾーンマーカー表示・タリーランプなど、撮影をサポートするアシスト機能が充実しているのも特徴。動画性能や画質だけでなく、使いやすさにもこだわっています。

第4位 ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α7S III ボディ単体 ILCE-7SM3

本格的な映像製作を楽しめるデジタル一眼カメラです。高性能なイメージセンサーと画像処理エンジンのはたらきにより、4K120pの高精細な映像撮影を実現。スローモーションなどの印象的な映像表現を楽しめます。「プロキシー記録」にも対応しているので、動画編集をするときにパソコンにかかる負担を軽減できるのもポイントです。

高速かつ正確に被写体を捉える「ファストハイブリッドAF」を搭載。ワイドなフォーカスエリアにより、画面中央から周辺部までピントを合わせられます。被写体の前に障害物が横切ったときでもピントを外しにくいのが特徴です。

手持ち撮影をサポートする「光学式5軸ボディ内手ブレ補正」を搭載。4Kを含むフォーマットで安定した撮影をおこなえます。バリアングル液晶モニターを採用しているので、ローアングルからハイアングルまで対応可能です。

第5位 キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ ボディ単体 EOS R3

静止画と動画性能を追求したフルサイズミラーレス一眼です。独自開発の裏面照射積層CMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」を搭載。6K60pのRAW動画記録にも対応しているので、本格的な映像製作をする方にもおすすめです。また、4K120pの記録もできるため、ハイフレームレートを活用した印象的なスローモーション表現を楽しめます。

最大6時間の連続記録を実現。ドキュメンタリーやワンカットなどの長時間撮影にも対応しています。動画電子ISのはたらきにより、手持ちや歩きながらの撮影でも安定した映像に仕上がるのもポイントです。

高精度なAFトラッキングを実現する「デュアルピクセルCOMS AF II」を搭載。1点AF・領域拡大AF・フレキシブルゾーンAFなど、8種類のAFモードを選択できます。カメラにピント合わせを任せられるので、撮影に集中できるのも魅力です。

ミラーレス一眼のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ミラーレス一眼のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。