スマホよりも高画質な写真を手軽に撮りたい方におすすめなのが「ミラーレス一眼カメラ」。大型センサーによってきれいな夜景やボケ味の写真が簡単に撮影でき、レンズ交換で多彩な描写も楽しめます。

しかし、初心者にとってミラーレス一眼カメラは価格の面でハードルが高いイメージもある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ミラーレス一眼カメラの特徴や選び方を踏まえた上で、レンズを含め10万円以下に収まるおすすめのモデルをご紹介します。

ミラーレス一眼カメラとは?

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼カメラとは、レンズ交換のできるコンパクトなシステムカメラのこと。一眼レフカメラと同じようにレンズを換装できるのが特徴で、被写体(撮影対象)やシーンごとに最適な条件での撮影ができます。

最近は2眼や3眼のカメラを搭載するスマホも増えてきました。しかし、ミラーレス一眼カメラでは、スマホには搭載されていないマクロレンズや超望遠レンズなども含む、10〜30以上の交換レンズが用意されているので、より多彩な描写が楽しめます。

また、ミラーレス一眼カメラは同じレンズ交換式の一眼レフカメラと違って、内部の反射鏡がなくてもAF(オートフォーカス)の使用やファインダーでの構図確認ができるのも特徴。反射鏡の設置スペースを省略したことで小型・軽量化を実現しており、高画質をより手軽に持ち運べるようになったのも魅力です。

10万円以下のミラーレス一眼カメラの選び方

手軽に撮影できるオートモードをチェック

By: amazon.co.jp

初心者や細かな操作が苦手な方は「オートモード」が充実したミラーレス一眼カメラを選びましょう。オートモードを使えば、カメラを被写体に向けるだけでカメラが自動で最適な設定に調節するので、撮影者はシャッターボタンを押すだけできれいな写真が撮影できます。

特におすすめなのが「シーン自動認識機能」を搭載したモデル。被写体の色や形からカメラが自動でシーンを判別して、風景や、人物、スポーツ、マクロなど複数のシーン設定から最適なモノを選択するので、オートモードだけでも精度の高い撮影が可能になります。

本体の大きさや重さをチェック

By: fujifilm-x.com

ミラーレス一眼カメラは小型軽量とはいえ、スマホと比べると大きさや重さが目立つのが難点。重くかさばるモデルを選ぶと携帯するのが億劫になってほとんど使わなくなってしまうこともあるため、カメラの大きさや重さを事前に確認しておきましょう。

目安としては本体の重量が400g以下のミラーレス一眼カメラを選ぶのがおすすめ。また、意外と盲点なのがレンズの重量で、初心者向けの小さなレンズでも100〜200gほどの重さがあります。

軽快に撮影を楽しみたいのであれば、重くても本体とレンズ合わせて600g以下に収まる組み合わせを選ぶのがポイント。ちなみに、キットレンズに不使用時は内部に短く折り畳める沈胴構造のモノを選べばかさばらないので、バッグへの収納も簡単にできます。

手ブレ補正機能をチェック

By: olympus-imaging.jp

初心者が撮影で失敗してしまう主な原因の1つが「手ブレ」です。暗い場所などで撮影すると、腕や体の微細な振動がシャッターボタンを押した際にカメラへ伝わり、画像がぼやけたように不鮮明になる現象をいいます。

ミラーレス一眼カメラには手ブレを軽減する「手ブレ補正機能」が搭載されているのがポイント。初心者でも手ブレによる失敗を抑えつつ、高い確率で撮影に成功できるのが魅力です。

なお、手ブレ補正機能には「レンズ内補正」と「ボディ内補正」の2種類があります。初心者の場合は装着する全ての交換レンズで補正効果が得られる「ボディ内手ブレ補正」に対応するモデルがおすすめです。

センサーサイズをチェック

By: panasonic.jp

イメージセンサーとは?

レンズから通した被写体の色や形などの情報を受け取ってデジタル画像を生成するカメラで最も重要な部品が「イメージセンサー」。センサーのサイズが大きくなるほど画質は向上しますが、一方でカメラやレンズが大きく重くなりがちです。

なお、初心者向けのミラーレス一眼カメラで採用されているイメージセンサーのサイズは、「APS-C」と「マイクロフォーサーズ」の2種類があります。

APS-C

「APS-C」とは縦16.7×横23.4mmの面積を持つイメージセンサーのこと。スマホカメラに搭載されているモノと比較すると面積が約13倍も大きいので、ノイズを抑えた鮮明な夜景の写真や大きな背景ボケの写真が簡単に撮影できます。

また、APS-Cセンサーは画質と携帯性のバランスが取れているのも特徴。製造コストも比較的安いので、ミラーレス一眼カメラでは廉価な入門機にかぎらずさまざまなモデルで採用されています。

レンズの焦点距離が1.5倍(キヤノン機では1.6倍)になるのもAPS-Cセンサーの特徴。遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影できるので、鉄道・スポーツ・動物の撮影などでも活躍します。

マイクロフォーサーズ

「マイクロフォーサーズ」とは縦13×横17.3mmの面積を持つイメージセンサーのこと。APS-Cに比べると一回り小さいですが、スマホカメラのモノに比べると約8倍も大きいため、本格的な作品撮りにも対応できるだけの高画質が十分に得られます。

極めて携帯性に優れるのがマイクロフォーサーズセンサーを採用するミラーレス一眼カメラの特徴です。レンズも含めてシステム全体が小型・軽量なので、長時間の撮影でも疲れにくいのがポイント。旅行や取材用のカメラとしても人気があります。

レンズの焦点距離が2倍になるのもマイクロフォーサーズセンサーの特徴。APS-Cよりも優れた望遠効果が得られるので、野鳥や飛行機の撮影を身軽に楽しみたい方にもおすすめです。

初心者なら操作性もチェック

By: fujifilm-x.com

初心者の方はタッチパネル対応の液晶モニターを搭載するミラーレス一眼カメラがおすすめ。ピント位置の選択をはじめ、明るさ・色の鮮やかさ・背景のボケ具合などの設定も液晶モニターを使って、タッチやスライドの操作で直感的に調節できます。高画質な写真撮影がスマホ感覚で気軽に楽しめるのが魅力です。

「ガイド機能」が搭載されていればなお便利。モニター上で各撮影モードの効果を作例写真やイラストを交えつつ優しい言葉で解説するので、カメラ操作に関する知識や技術がない初心者でも、ガイドに従って操作するだけで頭の中のイメージをより忠実に再現した撮影ができます。

スマホ連動機能付きならSNSに簡単シェア

By: panasonic.jp

撮影した画像をスマホに転送したい場合はWi-Fiを内蔵するミラーレス一眼カメラがおすすめ。カメラとスマホを直接ワイヤレスで連携できるので、パソコンを介さなくても手軽に画像を転送でき、SNSへの投稿もスムーズに行えます。

Bluetooth接続にも対応していればなお便利。一度ペアリングするだけで常時連携状態になるので、連携の度にいちいち接続の設定をし直す手間がかかりません。

また、スマホ連動機能を活用すれば、カメラのリモート操作が可能になるのもポイント。カメラから離れて撮影したい集合写真や、手ブレを防ぎたい夜景写真の撮影にも重宝します。

10万円以下のミラーレス一眼カメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京の港区に本社を置く総合電機メーカーです。2010年に同社初のミラーレス一眼カメラ「α NEX-3」を発売して以来、研究と開発を続け、現在では世界首位のキヤノンとしのぎを削る存在にまで成長を遂げています。また、カメラの心臓部でもあるイメージセンサーを内製しているのもソニーの特徴です。

ソニーのミラーレス一眼カメラ「α」には、APS-C機とより大きなセンサーを搭載するフルサイズ機の2種類がラインナップ。初心者の場合は画質・携帯性・価格のバランスが取れたAPS-C機の「α6000」シリーズを選ぶのがおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

オリンパスは東京の八王子に本社を置く光学機器メーカーで、カメラのほかに内視鏡などの医療器具も開発しています。カメラ事業では80年を超える伝統と実績があり、小型軽量で高画質なカメラを作るというオリンパスの設計思想は、長い間にわたって多くのファンを獲得してきました。

オリンパスのミラーレス一眼カメラはマイクロフォーサーズ規格を採用しており、高画質なだけではなく携帯性も優れているのが特徴。ラインナップとしては、おしゃれなデザインが女性を中心に人気の「OLYMPUS PEN」と、電子ファインダーでじっくりと撮影に没頭できる本格派向けの「OM-D」の2種類があります。

キヤノン(Canon)

By: canon.jp

キヤノンは東京の大田区に本社を置く映像機器メーカーです。創業80年を超える老舗でもあり、カメラのほかにプリンターやプロジェクターなど映像機器全般を幅広く手掛けています。また、一眼レフ・ミラーレス一眼・コンデジ全てのシェアで業界首位に君臨しており、世界各地で多くのユーザーがいるのも特徴です。

キヤノンのミラーレス一眼カメラには、APS-C規格の「EOS M」シリーズとフルサイズ規格の「EOS R」シリーズの2種類がラインナップ。EOS Mシリーズは価格の安いモデルが多く、手頃な価格のレンズも充実しているため、初心者やファミリー層を中心に強い人気があります。

10万円以下のミラーレス一眼カメラのおすすめ

ソニー(SONY) α6000

一眼の高画質が手軽に入手できるコスパの優れたミラーレス一眼カメラです。2014年発売のロングセラーモデルですが、キットレンズ込みでも安い価格で購入できるのが魅力。写真を楽しむのに十分な画質と機能を現在でも持っているので、できるだけ導入コストを抑えたい方におすすめです。

有効約2430万画素のAPS-Cセンサーを搭載。AF速度も速く、2種類のAF方式を組み合わせた「ファストハイブリッドAF」で動き回る子供もしっかりと捕捉できます。また、高画質なフルHD動画の撮影も可能です。

初心者に優しい操作性も特徴。11のシーンを自動判別する「プレミアムおまかせオート」や、モニターを見ながらダイヤルで背景ぼかし・明るさ・鮮やかさを調節できる「マイフォトスタイル」を搭載しています。

ソニー(SONY) α6100

AF性能により磨きがかかったエントリーモデルのミラーレス一眼カメラです。α6000の後継モデルで、先進のAF技術が搭載されているのが特徴。キットレンズとのセットでもギリギリ10万円以内で購入できるので、コスパも優れています。

目玉機能が「リアルタイムトラッキング」。狙いたい被写体を指定してシャッターボタンを半押しするかモニター上をタップするだけで、AFポイントが被写体を高精度に自動追尾します。また、「リアルタイム瞳AF」を使えば、構図を変えても人間や動物の瞳にピントを合わせ続けるので、人物ポートレートやペットの撮影にもおすすめです。

4K動画の撮影に対応したのもポイント。また、モニターは上方向に180°回転できるチルト式なので、自撮りの撮影も簡単に楽しめます。

キヤノン(Canon) EOS M200

かわいいデザインが魅力のコンパクトなミラーレス一眼カメラです。重さ約299gとコンデジ並みの小型・軽量ボディなので、片手でも手軽に撮影が可能。また、上方向180°の回転が可能なチルトモニターで自撮りも快適に楽しめます。

初心者に優しい操作性も特徴。各撮影モードの効果が写真やイラストを交えて視覚的に表示される「ビジュアルモード」や、スマホと同じようにモニターのスライド操作で背景ボケ・明るさ・鮮やかさなどを直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」などの機能を搭載しています。

スマホへの画像転送がスムーズに行えるBluetooth接続機能も搭載。加えて、別売で10種類のデザインを持つ専用レザーフェイスジャケットも用意されており、洋服とのコーディネートも楽しめます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss M

運動会や家族旅行の撮影にもおすすめのミラーレス一眼カメラです。初心者やファミリー層から根強い人気のある一眼レフカメラ「EOS Kiss」シリーズのミラーレス版。安い価格が魅力で、標準と望遠のズームレンズ2本含めても10万円程度で購入できます。

有効約2410万画素のAPS-Cセンサーを搭載。「デュアルピクセルCMOS AF」を採用によって常に高速・高精度なピント合わせが可能です。連写速度も最高約7.4コマ/秒と速いので動き回る子供も楽々捕捉できます。

重さ約390gと軽量コンパクトな本体にはタッチ操作対応のバリアングルモニターを搭載。自在にアングルを変えられるので、人混みの上から狙うハイアングルや、地面すれすれの位置から狙うローアングルの撮影が無理のない姿勢でできるほか、自撮りも簡単に楽しめます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X-A5

日常をあたたかな色合いで切り取れるコスパ良好のミラーレス一眼カメラです。シンプルなデザインが女性を中心に人気のあるエントリーモデルですが、キットレンズを含めても10万円の半額程度で購入できるのが魅力。お散歩用のカメラとしてもおすすめです。

重さ約361gの本体には有効約2424万画素のAPS-Cセンサーを搭載。また、ピント合わせやズーミングをタッチ操作で行えるチルトモニターも搭載しており、上方向に180°回転できるので自撮りも手軽に楽しめます。

「フィルムシミュレーション」機能も魅力。昔懐かしいフィルムの色彩表現を再現した11種類の色合いがモードを変えるだけで簡単に楽しめます。また、4K動画の撮影も可能です。

富士フイルム(FUJIFILM) X-A7

印象的な写真がスマホ感覚で簡単に撮影できるミラーレス一眼カメラです。X-A7の後継モデルですが、標準ズームレンズとのセットでも10万円以下で購入が可能。また、毎日持ち歩きたくなるようなおしゃれなデザインも魅力です。

直感的な操作性もポイント。3.5型のタッチパネルモニターを使って、色合いや明るさ、背景ボケなどの撮影項目をスライド操作で簡単に調節できます。また、モニターは自在に動かせるバリアングル式。顔/瞳AFや美肌モードを駆使すれば、魅力的な自撮り写真が手軽に撮影できます。

優れた高感度耐性を持つので夜景の写真も高画質。暗いシーンでもAFが使用できるほか、「スーパーiフラッシュ」を使えばパーティー会場での集合写真も程よい明るさで撮影できます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X-T200

落ち着いて撮影に没頭したい方におすすめのミラーレス一眼カメラです。重さ370gの小型・軽量ボディには、タッチ操作対応のバリアングルモニターと高精細な電子ファインダーを搭載。晴れの日中のようなモニターが見えにくい状況でも構図の確認が容易にできるので撮影に集中できます。

イメージセンサーに銅配線を採用したことで高感度撮影時でも高画質を維持できるのも特徴。月明かりの下でもピント合わせができるので、日没後のキャンプや夜景の撮影にもおすすめです。

長年にわたる富士フイルムの色作りが堪能できる「フィルムシミュレーション」も搭載。「アドバンストフィルター」を使えば芸術的なフィルター効果も楽しめます。また、見た目に近い明るさのバランスで高画質に記録できる4K HDR動画の撮影も可能です。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-PL9

ワンランク上の写真が簡単に撮れるスタイリッシュなミラーレス一眼カメラです。金属フレームに革調素材をバランスよく配した高品位なデザインが女性を中心に人気を集めています。レンズ込みの価格が10万円を大きく下回るため、コスパを重視する方にもおすすめです。

6つの撮影テーマから被写体ごとに最適な設定を手軽に選べるシーンモードを搭載。加えて、優れた補正効果が得られるボディ内手ぶれ補正機能を採用しているので、初心者でも手ブレを抑えた高精細な写真が簡単に撮影できます。

Instagramのような16種類の芸術的なフィルター効果が使える「アートフィルター」も魅力。モニターは下方向に180°回転できるので自撮りも手軽に楽しめます。加えて、Wi-FiやBluetoothでスマホへの画像転送もスムーズです。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-PL10

よりイメージに近づけた撮影が楽しめるおしゃれなミラーレス一眼カメラです。外観デザインや基本的な撮影性能は前モデルのE-PL9とほぼ同じですが、使いやすさがよりブラッシュアップ。一方で、レンズキットが10万円以内で購入できるのが魅力です。

全16種類、31タイプから効果を選べる「アートフィルター」を搭載。さらに、新機能「ファインチューン」を使えば、アートフィルター効果のかかり具合をモニターのスライド操作で調節が可能です。日常の写真をより自分好みの仕上がりで演出できます。

無音撮影ができるサイレントシャッター機能の使い勝手が向上したのもポイント。寝ている子供やペットもより簡単に自然な表情を撮影できます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M10 Mark III

多彩な撮影機能を備えたクリエイティブなミラーレス一眼カメラです。有効約1605万画素のマイクロフォーサーズセンサーを搭載しており、重さは約410gと軽量コンパクトなので携帯性は良好。加えて、標準と望遠のダブルズームレンズとのセットが安い価格で購入できるのも魅力です。

強力な補正効果が得られる5軸ボディ内手ブレ補正機能を搭載。装着した全てのレンズで補正効果が働くので、日常や家族旅行の撮影はもちろん、望遠レンズを多用する運動会の撮影でも重宝します。顔・瞳AFにも対応するので人物のポートレート撮影も快適です。

高度な撮影技法が手軽に楽しめる「アドバンストフォトモード」も特徴。例えば比較明合成機能の「ライブコンポジット」を使えば、星空や車のライトなどの光跡もモニター上で簡単に合成撮影できます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX GF10

自撮り機能が充実したフェミニンなミラーレス一眼カメラです。エレガントで上質なデザインが女性を中心に人気で、重さも約270gと軽いので気軽に持ち歩けるのが特徴。レンズキットの価格も安いので、普段から常用できるおしゃれで安いカメラを探している方におすすめです。

自撮りに役立つ「Wシャッター」の採用がポイント。モニターを上方向に180°回転させると「自分撮りモード」が起動し、本体左側の「Fn3」ボタンがもう1つのシャッターボタンに変わります。通常の撮影と同じように右手でも快適に自撮りが可能です。

パナソニック(Panasonic) LUMIX GX7 Mark III

本格派の方も満足できるストリートスナップに特化したミラーレス一眼カメラです。重さ約450gの小型・軽量ボディに有効約2030万画素のマイクロフォーサーズセンサーを搭載。レンズ込みの価格が10万円以下ながら上級機に匹敵する高画質が堪能できます。

垂直にチルトできる電子ファインダーを搭載。ファインダーを覗いたままでも指先の感触だけで操作できるようにボタン類の形状がデザインされているので、街角で遭遇する決定的瞬間にも迅速に対処が可能です。また、夕方や夜間のスナップ撮影に重宝するボディ内手ブレ補正機能も搭載しています。

充実したモノクロ撮影機能も魅力のひとつ。コントラストを強調しつつ細部の質感を向上した「L.モノクロームD」などを使えば、芸術的なモノクロ写真が手軽に撮影できます。フィルムのような粒状感を追加できるのも魅力です。