暗所での写真撮影は、フラッシュを使用せずに写真を撮ると、「ブレた」「暗過ぎて何が写っているのかよく分からない」「画質が粗くなる」といった失敗があり、なかなか難しいものです。

そんなときに活躍するのが高感度カメラ。今回は、おすすめの高感度カメラを選び方のポイントと共にご紹介します。

高感度カメラとは?

一般的なデジタルカメラは最高ISO感度がISO6400までのモノが多く、それ以上の感度を持つモノを「高感度カメラ」と呼びます。ISOの数値が高ければよいというわけではなく、映像素子のサイズ・演算処理・ノイズ除去などで画質が変わってきます。

適正露出とは?

By: amazon.co.jp

そもそも、写真を明るくきれいに撮影するためには適切な光の量を映像素子に当てなければいけません。これを露出と言い、写真の明るさが適正になることを適正露出と言います。この露出を決めるのはシャッタースピードと絞り値(F値)です。

絞り値はF1.4、F2のように「F+○」で表記され、Fの後ろの値が小さいほどレンズを通る光が多くなり、大きいほど少なくなります。また、シャッタースピードはシャッターが切るまでの時間のことです。シャッターを速くすると光が撮像素子にあたる時間が短くなり、遅くすると長くなります。

たとえば、動いている被写体をピタっと止めて撮影したい場合はシャッタースピードを短く絞り値を小さくする、動きを表現したい場合はシャッタースピードを遅く絞り値を大きくする、などシチュエーションごとに変えて使用するのが重要です。

オート撮影時は、この絞り値とシャッタースピードをカメラ側が自動でコントロールして適正露出に調節しています。

ISO感度とは?

ISO感度とはカメラが光をとらえる能力の数値のことです。ISO100、ISO200のように表記され、数値が大きいほどより多くの光を受けられます。例えば、ISO100からISO200に上げると映像素子に当たる光の量が半分で済むため、同じ絞り値であれば2倍速いシャッタースピードで撮影ができるようになります。

ISO感度を上げればシャッタースピードが短く済み、被写体ブレや手ブレを防ぐ効果があるので便利です。ところが、デジタルカメラの場合ISO感度を上げると電気信号とノイズも増幅してしまい、画質がザラつくというデメリットもあります。

高感度カメラの選び方

映像素子のサイズで選ぶ

映像素子とは、イメージセンサー・画像センサーなどとも呼ばれる、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品のこと。デジタルカメラの画質はこの映像素子の大きさとレンズの大きさで変わってきます。

レンズは交換ができますが、映像素子は後から交換できないので、カメラを購入する際にしっかりと確認しておくことが重要です。

フルサイズ

By: rakuten.co.jp

35mmフルサイズと呼ばれる大きさの映像素子。より多くの光を取り込み処理できるため、上位モデルに採用されています。ニコンのカメラではFXフォーマットと呼ばれていますが、他メーカーのフルサイズと同じサイズのモノです。

フルサイズを搭載したカメラは高画質な写真を撮影可能で、レンズの性能も発揮できますが、カメラが大きく重い機種が多いため、本格的に写真を撮影したい方向けと言えます。

APS-C

By: amazon.co.jp

APS-Cはフルサイズに比べると面積が40%程度の大きさになりますが、リーズナブルな価格帯で初心者の方でも購入しやすいのが特徴です。

なお、同じレンズを使用した場合にAPS-C機はフルサイズ機と比べて写る範囲が変わってくるので注意が必要。例えば、焦点距離50mmのレンズを装着した場合、フルサイズ機はそのまま50mmですが、APS-Cサイズのカメラでは1.6倍の80mmとなり、写る範囲が狭くなる場合があります。

APS-CサイズはニコンではDXフォーマットと呼ばれています。初めて一眼カメラを楽しんでみたい方におすすめのサイズです。

マイクロフォーサーズ

By: rakuten.co.jp

APS-Cサイズよりさらに一回り小ぶりな大きさの映像素子です。使い方におけるメリットはAPS-Cサイズのモデルと変わりません。APS-Cサイズの一眼レフカメラより小さく持ち運びに便利なモデルが多いため、ファミリーで使いたい方や結婚式などで美しい写真を気軽に撮ってみたい方におすすめです。

カメラの大きさで選ぶ

一眼レフカメラは、中にある鏡(レフ)にレンズから入ってきた光を反射させ「光学ファインダー」を通してその像を見ます。中にレフが入っているため、構造的に大きくなってしまいますが、そのままの景色をファインダー越しに確認できるので、撮りたい瞬間にシャッターを切れることが最大のメリットです。動くモノを撮影したい場合などに便利です。

ミラーレス一眼はレフを取り除いてサイズを小さくしたモノ。レンズから入ってきた景色を映像に変換し「電子ファインダー」や「液晶モニター」に映して仕上がりを確認しながら撮影できます。

レンズやアクセサリーで選ぶ

採用されているマウントによって使用できるレンズは変わってきます。基本的に同じメーカーのレンズを使用することになりますが、同じメーカー内でもマウントが違う場合があるので注意が必要です。

使いたいレンズがある方や、のちのちレンズを買い足していきたい方は対応するレンズがどれくらいあるかもチェックしてください。アクセサリーも同様で、モデルによって使用できるアクセサリーが変わってきます。

高感度カメラのおすすめ人気モデル

キヤノン(Canon) フルサイズミラーレス一眼 EOS R

キヤノン(Canon) フルサイズミラーレス一眼 EOS R

キヤノン初となる、注目のフルサイズミラーレス一眼です。有効画素数は約3030万画素で、常用ISO感度は100〜40000。拡張すればISO感度50〜102400の設定ができます。フルサイズデジタル一眼のミドルモデルEOS 5D MarkⅣと同様に、ISO感度が広い高感度カメラです。

ファインダーのドッド数は約369万ドット、液晶モニターは3.15型と大きめで、約210万ドット。ともに高精細なのがポイントです。液晶モニターは設定自由度の大きいバリアングル式を採用。ボディは頑丈なマグネシウム合金製で、レンズと併せて防滴防塵構造を採用しています。

ただし、レンズマウントに新開発RFマウントを採用しているため、キヤノンデジタル一眼用EFレンズやEF-Sを使用するには、別途アダプターが必要です。残念ながらEOS Kiss MなどのAPS-Cミラーレス機で使用されているEF-Mレンズは装着できないので、その点は考慮しておきましょう。

ニコン(Nikon) APS-Cデジタル一眼 D3500 18-55mmVRレンズキット

ニコン(Nikon) APS-Cデジタル一眼 D3500 18-55mmVRレンズキット

有効画素数2416万のAPS-Cイメージセンサーを搭載した、ニコンのデジタル一眼。エントリーモデルながら、ISO感度100〜25600と感度域が広いのがメリットです。焦点距離18-55mm、F3.5〜5.6のVRレンズが付属しています。

ボディに、上位モデルD5600と同様のモノコック構造を採用しているのがポイント。その結果、バッテリー・SDカード込の重量が415gと、ミラーレス一眼並みに軽量です。また、3型液晶モニター右側に操作ボタンが集約されたことにより、操作性が向上。本体が軽いので、グリップを握ったまま親指だけで操作できます。

フル充電時の撮影可能コマ数が、前モデルの約1200から約1550へと大幅に向上しているのもポイント。通信はBluetooth4.1に対応しています。スマホに同時転送すれば、撮影した写真をSNSでシェアするのも簡単。初心者はもちろん、中級者以上の方が気軽に持ち運べるサブカメラとしてもおすすめです。

ペンタックス(PENTAX) フルサイズデジタル一眼 K-1 Mark II 28-105WRレンズキット

ペンタックス(PENTAX) フルサイズデジタル一眼 K-1 Mark II 28-105WRレンズキット

ペンタックスのフルサイズ一眼フラッグシップ機です。最高常用ISO感度819200。デジタルカメラ最高クラスの高感度です。有効画素数約3640万のイメージセンサーは、ローパスフィルターレス設計。ディテールも極めて細かい描写が可能です。

画像処理エンジンは最新の「PRIME IV」を搭載。高度なノイズ処理に加え、ディテールを自然に表現できます。さらに、アクセラレーターユニットを新採用したのもポイントです。イメージセンサーの出力信号をあらかじめ処理することによりノイズを軽減。高感度での色彩再現性や解像感が向上しています。

シャッタースピードは最高1/8000秒、連続撮影は4.4コマ/秒と良好。手ぶれ補正機構は最新のSRIIを搭載しています。角度ぶれ・シフトぶれ・回転ぶれの5軸補正に対応しており、補正効果はシャッター速度換算で5段と優秀。防滴・防塵構造なので、アウトドアでも使いやすい超高感度カメラです。

ペンタックス(PENTAX) APS-Cデジタル一眼 K-70 18-135WR レンズキット

ペンタックス(PENTAX) APS-Cデジタル一眼 K-70 18-135WR レンズキット

ISO感度100~102400と高感度なペンタックスのAPS-Cサイズのデジタル一眼です。有効画素数は約2424万画素。オートフォーカスはペンタックス初のハイブリッドAF方式を採用しています。合焦精度が高いコントラストAFと高速な像面位相差AFを組み合わせたことにより、素早く正確なピント合わせが可能になりました。

約6コマ/秒の高速連写が可能で、最大40枚まで連続撮影できます。また、最高シャッター速度は1/6000秒と高速。さらに、アルゴリズムを改善した77分割測光を採用しているのもポイントです。画面内を細かく分割したことにより、よりきめ細やかな露出制御が可能になっています。

光学ファインダーは視野率約100%・倍率約0.95倍のガラスペンタプリズムを搭載。視野の周辺部に至るまで収差が少ないため、マニュアルフォーカス時にピント合わせしやすいのがメリットです。

パナソニック(Panasonic) マイクロフォーサーズコンパクトデジカメ LUMIX LX100Ⅱ

パナソニック(Panasonic) マイクロフォーサーズコンパクトデジカメ LUMIX LX100Ⅱ

パンソニックのレンズ一体型コンパクトデジカメの上位モデルです。マイクロフォーサーズのイメージセンサーを採用しており、有効画素数は1700万画素。35mm判換算24〜75mmの、ライカ製3倍ズームレンズを搭載しています。ズームタイプながらF値1.7〜2.8という明るい大口径レンズです。

常用ISO感度は200〜25600と、感度も良好。マクロモードを備えているのもポイントです。広角端なら3cm、望遠端でも30cmまで被写体に近づいてマクロ撮影できます。連写性能も約11コマ/秒と高速。高画質の4K動画も撮影できます。通信はBluetooth4.2に対応しており、スマホとの連携性も良好です。 

ファインダーやモニターで明るく表示する「ライブビューブースト」機能を搭載しているため、暗い場所でも確認しやすいのがメリット。そのほかにも、「星空AF」機能や、22種類のフィルター機能を備えた多機能なコンパクトデジカメです。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX100IV

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX100IV

2010万画素のソニー製コンパクトデジカメです。イメージセンサーが画素・信号処理回路、さらにメモリーが一体の、積層構造となっているのが特徴。従来センサーに比べて、5倍以上のデータ読み出し速度を実現しています。その結果、最大960fpsの40倍という、スーパースローモーションでの動画撮影が可能。プロのような映像表現ができるのがメリットです。

高速連写で定評があるソニー製品らしく、最高約16コマ/秒と連写性能が優秀。レンズは広角24mmから中望遠70mmまでカバーする、ツァイス バリオ・ゾナーT*レンズを搭載。F1.8〜2.8の明るいレンズです。最短約5cmのマクロ撮影もできます。ISO感度は125〜12800です。

また、高コントラストかつ高精細の235万ドット有機ELファインダーを内蔵。黒を忠実に再現できるほか、細部までしっかり確認できます。ファインダーはポップアップ式を採用しており、使わない時は本体内に収納可能です。

オリンパス(OLYMPUS) デジタルミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 MarkII 14-150mmレンズキット

オリンパス(OLYMPUS) デジタルミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 MarkII 14-150mmレンズキット

有効画素数1605万マイクロフォーサーズサイズの、オリンパスミラーレス一眼。ISO感度は100〜25600と高感度です。連続撮影速度は最高10.0コマ/秒で、最大約19コマまで連続撮影できます。

ボディー内5軸手ぶれ補正機構を備えており、角度ぶれ・シフトぶれ・回転ぶれを効果的に補正。補正効果は5段と優れています。動画撮影時は、電子手ぶれ補正を組み合わせることにより、さらに強力な手ぶれ補正効果を発揮することが可能。内蔵ステレオマイクは風切り音低減・録音レベル調整機能を搭載。静止画に最長30秒の音声アフレコを記録できます。

防滴・防塵構造を採用した本体重量は約417gと軽量。焦点距離14〜150mmのコンパクトな高倍率ズームレンズも付属した、トータルバランスに優れたミラーレス高感度カメラです。