暗所での写真撮影は、フラッシュを使用せずに写真を撮ると、「ブレた」「暗過ぎて何が写っているのかよく分からない」「画質が粗くなる」といった失敗があり、なかなか難しいものです。

そんなときに活躍するのが「高感度カメラ」。今回は、おすすめの高感度カメラをご紹介するとともに、選び方のポイントについても解説します。

高感度カメラとは?

一般的なデジタルカメラは最高ISO感度がISO6400までのモノが多く、それ以上の感度を持つモノを「高感度カメラ」と呼びます。ただし、ISOの数値が高ければよいわけではなく、映像素子のサイズ・演算処理・ノイズ除去でも画質が変わってくるので要注意。ISO感度を中心として、それ以外のスペックが暗所での撮影に適しているかも確認するようにしましょう。

適正露出とは?

By: amazon.co.jp

写真を明るくきれいに撮影するためには、光を映像素子に当てる「露出」が適正かどうかが重要です。適正露出となるように調節するためには、シャッタースピードと絞り値(F値)を変更する必要があります。

絞り値とは、F1.4、F2のように「F+○」で表記される値です。Fの後ろの値が小さいほどレンズを通る光が多くなり、大きいほど少なくなります。また、シャッタースピードはシャッターが切るまでの時間のことです。シャッターを速くすると光が撮像素子にあたる時間が短くなり、遅くすると長くなります。

たとえば、動いている被写体をピタっと止めて撮影したい場合はシャッタースピードを短く絞り値を小さくする、動きを表現したい場合はシャッタースピードを遅く絞り値を大きくする、などシチュエーションごとに変えて使用することが重要です。

オート撮影時は、絞り値とシャッタースピードをカメラ側が自動でコントロールして適正露出に調節しています。

ISO感度とは?

ISO感度とはカメラが光をとらえる能力の数値のことです。ISO100、ISO200のように表記され、数値が大きいほどより多くの光を受けられます。たとえば、ISO100からISO200に上げると映像素子に当たる光の量が半分で済むため、同じ絞り値であれば2倍速いシャッタースピードで撮影可能です。

ISO感度を上げればシャッタースピードが短く済み、被写体ブレや手ブレを防ぐ効果があるので便利。ところが、デジタルカメラの場合ISO感度を上げると電気信号とノイズも増幅してしまい、画質がザラつくというデメリットもあります。

高感度カメラの選び方

映像素子のサイズで選ぶ

映像素子とは、イメージセンサーや画像センサーなどとも呼ばれる、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品のこと。デジタルカメラの画質はこの映像素子の大きさとレンズの大きさで変わってきます。

レンズは交換ができますが、映像素子は後から交換できないので、カメラを購入する際にしっかりと確認しておくことが重要です。

フルサイズ

By: rakuten.co.jp

35mmフルサイズと呼ばれる大きさの映像素子。より多くの光を取り込み処理できるため、上位モデルに採用されています。ニコンのカメラではFXフォーマットと呼ばれていますが、他メーカーのフルサイズと同じサイズのモノです。

フルサイズを搭載したカメラは高画質な写真を撮影可能で、レンズの性能も発揮できますが、カメラが大きく重い機種が多いため、本格的に写真を撮影したい方向けといえます。

APS-C

By: amazon.co.jp

APS-Cはフルサイズに比べると面積が40%程度の大きさですが、リーズナブルな価格帯で初心者の方でも購入しやすいのが特徴です。

なお、同じレンズを使用した場合、APS-C機はフルサイズ機と比べて写る範囲が変わってくるので要注意。たとえば、焦点距離50mmのレンズを装着した場合、フルサイズ機はそのまま50mmですが、APS-Cサイズのカメラでは1.6倍の80mmとなり、写る範囲が狭くなる場合があるので、画角重視の方は気をつけておきましょう。

マイクロフォーサーズ

By: rakuten.co.jp

マイクロフォーサーズは、APS-Cサイズよりさらに一回り小ぶりな大きさの映像素子です。使い方におけるメリットはAPS-Cサイズのモデルと変わりません。APS-Cサイズの一眼レフカメラより小さく持ち運びに便利なモデルが多いため、ファミリーで使いたい方や結婚式などで美しい写真を気軽に撮ってみたい方におすすめです。

カメラの大きさで選ぶ

一眼レフカメラは、中にある鏡(レフ)にレンズから入ってきた光を反射させ「光学ファインダー」を通してその像を見ます。中にレフが入っているため、構造的に大きくなってしまいますが、そのままの景色をファインダー越しに確認できるので、撮りたい瞬間にシャッターを切れることが最大のメリット。動くモノを撮影したい場合などに便利です。

ミラーレス一眼はレフを取り除いてサイズを小さくしたモノ。レンズから入ってきた景色を映像に変換し「電子ファインダー」や「液晶モニター」に映して仕上がりを確認しながら撮影できます。

レンズやアクセサリーで選ぶ

採用されているマウントによって使用できるレンズは変わってきます。基本的に同じメーカーのレンズを使用することになりますが、同じメーカー内でもマウントが違う場合があるので注意が必要です。

使いたいレンズがある方や、のちのちレンズを買い足していきたい方は対応するレンズがどれくらいあるかもチェックしてください。アクセサリーも同様で、モデルによって使用できるアクセサリーが変わってきます。

高感度カメラのおすすめ人気モデル

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100V

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100V

高画質な夜景撮影も楽しめる手のひらサイズの高級コンパクトカメラです。重さ約299gと小型軽量なボディには、通常のコンデジやスマホのモノよりも約4倍も大きな1型のイメージセンサーを搭載。さらに、24-70mm F1.8-2.8の大口径ズームを搭載しているので、光量の少ないシーンでも鮮明な画像が撮影できます。

イメージセンサーには裏面照射型構造を採用しているので高感度撮影に強いのも特徴。常用感度でISO 125〜12800をカバーしています。

動く被写体の撮影が得意なのもポイント。画面の約65%をカバーする像面位相差AFセンサーと、AF・AE追随で最高約24コマ/秒の超高速連写ができるので、活発に動く子供やペットも難なく撮影できます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX LX100II

パナソニック(Panasonic) LUMIX LX100II

ミラーレスカメラと同等以上の高画質撮影が可能な高級コンパクトカメラです。フォーサーズセンサーと24-75mm F1.7-2.8の大口径ズームレンズを搭載しているのが特徴。風景から人物まで幅広いシーンの撮影で美しい写真が撮れます。

重さは約392gと軽量コンパクト。持ち運びが簡単にできる小型ボディながら、高感度MOSセンサーの採用によって常用感度はISO100〜25600まで選択が可能なので、暗いシーンでの撮影にも十分対応できます。

「星空AF」を搭載しているのも魅力のひとつ。通常のカメラでは困難な星や街灯などの小さな点光源にもスムーズにピント合わせができます。さらに、「ローライトAF」によって星明かりの下でピント合わせができるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) LUMIX GH5S

パナソニック(Panasonic) LUMIX GH5S

マイクロフォーサーズ規格で美しい超高感度撮影を実現したミラーレス一眼カメラです。動画クリエイターに人気のGH5をベースに高感度特性を強化させた機種で、有効画素数は約1020万画素と控えめなものの、常用感度は最高でISO 51200まで選択が可能。同社の開放F1.7通しの超大口径ズームレンズと組み合わせれば、高い機動力を生かした超高感度撮影ができます。

シネマカメラにも採用される「デュアルネイティブISOテクノロジー」が搭載されているのがポイント。イメージセンサーに低ISO感度用と高ISO感度用という2系統の専用回路を実装することで、ISO 6400を超える高感度でもノイズがほとんど見られない美しい描写を実現しています。また、プロユースの4K動画撮影が可能なのも魅力です。

ペンタックス(PENTAX) PENTAX K-70

ペンタックス(PENTAX) PENTAX K-70

夜間のキャンプや星空風景の撮影も楽しめるコスパの優れたAPS-C規格の一眼レフカメラです。初心者でも入手しやすい安い価格のエントリーモデルながら、防塵・防滴・耐低温-10℃と高い耐候性を持っているのが特徴。急な悪天候に見舞われることが多いアウトドアシーンでも気にせず撮影が続けられます。

高性能ノイズ処理技術を実現した独自の「アクセラレーターユニット」を搭載しているのも魅力のひとつ。常用感度で最高ISO 102400が使用でき、ISO 25600を超える超高感度でも高画質な写真が撮影できます。

「アストロトレーサー」機能に対応するのもポイント。別売の専用GPSユニットを装着すれば、長時間露光しても星が流れずに点像として描写できるので、星空の撮影に重宝します。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α6600

ソニー(SONY) α6600

暗いシーンだけではなく本格的な動体撮影にも対応できる高性能なAPS-C規格のミラーレスカメラです。高速処理に磨きをかけた独自設計のイメージセンサーを採用することで、常用ISO 100〜32000という幅広い感度領域で低ノイズな高画質を実現。また、高性能なボディ内手ブレ補正機構も内蔵しているので、夜間などでも手ブレを抑えた鮮明な写真が撮れます。

動く被写体の撮影が得意なのも特徴。プロ向けのスポーツ撮影機にも採用され、画面全域で高速・高精度・高追随なAFが可能な「リアルタイムトラッキング」を搭載しています。さらに、最高約11コマ/秒で撮影できる超高速連写と組み合わせれば、被写体を高い確率で捕捉が可能。スポーツや鉄道、飛行機、野生動物、野鳥など幅広いジャンルの動体撮影で活躍できます。

ペンタックス(PENTAX) PENTAX K-1 Mark II

ペンタックス(PENTAX) PENTAX K-1 Mark II

超高感度でも高画質な画像が撮影できるアウトドア向けのフルサイズ一眼レフカメラです。有効約3640万画素のフルサイズセンサーを搭載。さらに、冬山登山やジャングルにも対応できる優れた耐候性を持つので、アウトドアシーンで高画質な風景や生物の撮影に挑戦したい方におすすめです。

新開発の「アクセラレーターユニット」を内蔵しており、常用感度は最高でISO 819200に対応。ISO 51200を超える超高感度でもなめらかで美しい画像が入手できるので、ベースキャンプでの夜間撮影などにも重宝します。

超高解像撮影機能「リアル・レゾリューション・システムII」を搭載しているのもポイント。連写合成することで解像度をさらに高めた画像が手持ちでも撮影できるので、風景や夜景がより高精細に撮影できます。天体追尾撮影に役立つ「アストロトレーサー」を内蔵しているのも魅力です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α7S II

ソニー(SONY) α7S II

夜間のスナップや夜景の撮影におすすめのフルサイズミラーレス一眼カメラです。暗所に強い特性を持つ独自設計のフルサイズセンサーを搭載。有効画素数は約1220万画素と控えめですが、最高で常用感度ISO 102400に対応しており、超高感度域でも低感度時と大差ない高画質が入手できます。

本製品は高感度撮影に強いだけではなく、描写できる明暗の幅が広いのも特徴。太陽や光源などの逆光が強いシーンでも暗い部分と明るい部分の双方を飛ばさずしっかりと描写できるので、夜間の風景撮影はもちろん、舞台撮影など通常は困難な光の状況でも難なく対応できます。

強力なボディ内手ブレ補正機構の搭載によって手ブレ対策もバッチリ。本製品はプロユースの4K動画が撮影できることも人気ですが、フルサイズ機のなかでは比較的安価なので、導入しやすいのも魅力です。