暗所での写真撮影は、フラッシュを使用せずに写真を撮ると、「ブレた」「暗過ぎて何が写っているのかよく分からない」「画質が粗くなる」といった失敗があり、なかなか難しいものです。

そんなときに活躍するのが高感度カメラ。そこで今回は、おすすめの高感度カメラを選び方のポイントと共にご紹介します。

高感度カメラとは?

適正露出とは?

そもそも、写真を明るくきれいに撮影するためには適切な光の量を映像素子に当てなければいけません。これを露出と言い、写真の明るさが適正になることを適正露出と言います。この露出を決めるのはシャッタースピードと絞り値(F値)です。

絞り値はF1.4、F2のように「F+○」で表記され、Fの後ろの値が小さいほどレンズを通る光が多くなり、大きいほど少なくなります。

また、シャッタースピードはシャッターが開いている時間のことです。シャッターを速くすると光が撮像素子にあたる時間が短くなり、遅くすると長くなります。

たとえば、動いている被写体をピタっと止めて撮影したい場合はシャッタースピードを短く絞り値を小さくする、動きを表現したい場合はシャッタースピードを遅く絞り値を大きくする、などシチュエーションごとに変えて使用するのが重要です。

オート撮影時は、この絞り値とシャッタースピードをカメラ側が自動でコントロールして適正露出にしています。

ISO感度とは?

ISO感度とはカメラが光をとらえる能力の数値のことです。ISO100、ISO200のように表記され、数値が大きいほどより多くの光を受けられます。例えばISO100からISO200に上げると映像素子に当たる光の量が半分で済むため、同じ絞り値であれば2倍速いシャッタースピードで撮影ができるようになります。

ISO感度を上げればシャッタースピードが短くて済み、被写体ブレや手ブレを防ぐ効果があるので便利です。ところが、デジタルカメラの場合ISO感度を上げると電気信号とノイズも増幅してしまい、画質がザラつくというデメリットもあります。

高感度カメラとは

By: amazon.co.jp

一般的なデジタルカメラは、最高ISO感度がISO6400までのモノが多く、それ以上の感度を持つモノを「高感度カメラ」と呼びます。ISOの数値が高ければ高いほどいいというわけではなく、映像素子のサイズ・演算処理・ノイズ除去などで画質が変わってきます。

高感度カメラの選び方

映像素子のサイズで選ぶ

映像素子とは、イメージセンサー・画像センサーなどとも呼ばれる、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品のこと。デジタルカメラの画質はこの映像素子の大きさとレンズの大きさで変わってきます。

レンズは交換ができますが、映像素子は後から交換できないので、カメラを購入する際にしっかりと確認しておくことが重要です。

フルサイズ

By: amazon.co.jp

35mmフルサイズと呼ばれる大きさの映像素子。より多くの光を取り込み処理できるため上位モデルに採用されています。ニコンのカメラではFXフォーマットと呼ばれていますが、他メーカーのフルサイズと同じサイズのモノです。

フルサイズを搭載したカメラは高画質な写真を撮影可能で、レンズの性能も発揮できますが、カメラが大きく重い機種が多いため、本格的に写真を撮影したい方向けといえます。

APS-C

By: amazon.co.jp

APS-Cはフルサイズに比べると面積が40%程度の大きさになりますが、リーズナブルな価格帯で初心者の方でも購入しやすいのが特徴です。

なお、同じレンズを使用した場合にAPS-C機はフルサイズ機と比べて写る範囲が変わってくるので注意が必要。例えば焦点距離50mmのレンズを装着した場合、フルサイズ機はそのまま50mmですが、APS-Cサイズのカメラでは1.6倍の80mmとなり、写る範囲が狭くなる場合があります。

APS-CサイズはニコンではDXフォーマットと呼ばれています。初めて一眼カメラを楽しんでみたい方におすすめのサイズです。

マイクロフォーサーズ

By: amazon.co.jp

APS-Cサイズよりさらに一回り小ぶりな大きさの映像素子です。使い方におけるメリットはAPS-Cサイズのモデルと変わりません。APS-Cサイズの一眼レフカメラより小さく持ち運びに便利なモデルが多いため、ファミリーで使いたい方、結婚式などで美しい写真を気軽に撮ってみたい方におすすめです。

カメラの大きさで選ぶ

一眼レフカメラは、中にある鏡(レフ)にレンズから入ってきた像を反射させ「光学ファインダー」を通してそのままの景色を見ます。中にレフが入っているため構造的に大きくなってしまいますが、そのままの景色をファインダー越しに確認できるので撮りたい瞬間にシャッターを切れることが最大のメリットです。動くモノを撮影したい場合などに便利です。

ミラーレス一眼はレフを取り除いてサイズを小さくしたモノです。レンズから入ってきた景色を映像に変換し「電子ファインダー」や「液晶モニター」に映して仕上がりを確認しながら撮影できます。

レンズやアクセサリーで選ぶ

採用されているマウントによって使用できるレンズが変わってきます。基本的に同じメーカーのレンズを使用することになりますが、同じメーカー内でもマウントが違う場合があるので注意が必要です。

使いたいレンズがある方、のちのちレンズを買い足していきたい方は対応するレンズがどれくらいあるかもチェックしてください。アクセサリーも同様で、モデルによって使用できるアクセサリーが変わってきます。

高感度カメラのおすすめ人気モデル

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G7 X Mark II

1.0型センサーを採用したコンパクトカメラです。コンパクト機ながらISO感度は125~12800に対応。さらにキヤノンの映像エンジンDIGIC 7によるノイズリダクション性能により、バルブ撮影も可能です。シャッターボタンを押している間、露光し続けられるため花火や夜景の撮影を楽しめます。また、この機能はテクスチャーとノイズを高度に判別。ノイズのみを除去することで高感度撮影時でも解像感の高い写真が撮れるのでおすすめです。

「星空モード」も搭載。「星空夜景」「星空軌跡」「星空ポートレート」「星空タイムラプス動画」から撮影モードを選べ、「星のピント調整」を選択することで難しい星空のピントを合わせられ大変便利です。「星空夜景」では通常は自分で決めるシャッタースピードもカメラが自動で決定し撮影するという驚きの機能です。

「星空タイムラプス動画」ではあらかじめ設定した15秒/30秒間隔で連続撮影し、画像をつなぎあわせて一つの動画を作成できる機能で、バッテリーの残量がなくなるまで連続撮影ができます。星空撮影時は三脚も必須ですのでそちらもあわせて検討しましょう。

日常の風景だけでなく夜景や星空の高感度撮影もお手軽に楽しみたい方におすすめの高感度カメラです。

オリンパス(Olympus) デジタルミラーレス一眼カメラ OM-D E-M10 Mark III

付属充電池とメモリーカードを含めても本体重量が410gという軽さが魅力のミラーレス一眼カメラです。

オートISO感度は標準時のLOWで100~6400までですが、200~25600まで基準感度・上限感度を変更できます。5軸手ブレ補正をボディ内に搭載しているため、夜景や暗い屋内での撮影など手ブレが発生しやすいシーンにも対応。画像処理エンジンTruePic VIIIは高感度撮影時においても高画質での撮影が可能です。

しっかりとホールドできる手持ちグリップは安定した撮影を可能とします。また、バッグからサッと取り出してすぐに撮影したいときにも便利。高級感のあるクラシックデザインも魅力的です。

専用アプリOI.Shareをしようするとスマートフォンとの連携もでき、スマホをリモコン代わりにできます。設定もカメラに表示されるQRコードを読むだけという手軽さもうれしいところ。

コンパクトカメラやスマートフォンより高感度撮影に強いカメラが欲しいけれど一眼レフカメラのように重いモノは持ち運べない、気軽に高画質な写真を撮ってみたいという方におすすめの高感度カメラです。

キヤノン(Canon) デジタルミラーレス一眼カメラ EOS Kiss M

一眼レフカメラでおなじみの「Kiss」の名を冠したミラーレス一眼カメラです。イメージセンサーはAPS-Cサイズで約2410万画素。通常のカメラでは常用ISO感度が6400までというモノが多い中、このモデルはなんと常用ISO感度25600、拡張でISO51200まで対応しています。

背面モニターはバリアングル式を採用しているため、さまざまなアングルからの撮影にも対応でき、タッチパネルを採用しているため初心者にもおすすめ。小型ながら電子ビューファインダーも搭載され、ファインダーを覗きながら撮るという一眼ならではの撮影も楽しめるコスパに優れたモデルと言えます。

専用アプリ「Camera Connect」を使用すれば、撮影と並行してスマホへ画像を自動送信でき、SNSへの共有も簡単。小さくて軽いうえに、夜間撮影もオートで高感度撮影が可能なため、手軽に持ち運びたい方や一眼入門機として初心者の方におすすめの高感度カメラです。

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7III ILCE-7M3K

ベーシックモデルの中でも特に高感度なミラーレス一眼カメラです。ソニーには上位のプロ向けモデルもありますが、本機は価格面から見てもコスパに優れた一般向けミラーレス一眼カメラです。

約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを採用し、ISO感度は最高で51200まで対応しています。さらに、光学式5軸手ブレ補正で手持ちの夜景撮影もしっかりサポートしてくれます。

約236万画素の有機ELファインダーを搭載し、星空の撮影時には覗きながら実際の画像をシミュレーションして確認が行えます。さらに、本機では4K・30fpsの動画の撮影が可能なため、高感度の美しい写真と動画が撮影できます。

本体重量が約565gというミラーレス機ならではの軽量さも魅力。フルサイズ機を初めて購入する方はもちろん、他のフルサイズ機からの乗り換えにもおすすめの高感度カメラです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

常用のISO感度51200を誇るニコンの高感度一眼レフカメラ。暗所での撮影時も、鮮明でノイズの少ない美しい写真が撮影できます。

フォーカスポイントを153点搭載しているので、被写体をしっかり捉えることが可能。約10コマ/秒の高速連続撮影と連続撮影時でも見やすいファインダー像を実現しているので、動きの速い被写体も撮影ができます。

プロの要望にも応えられる高画質な「4K UHD」に対応しているのもポイント。また、フルHD・HD動画の撮影時には電子手ブレ補正、白とび・黒つぶれを抑える「アクティブD-ライティング」などの機能を備えているため、高画質な映像を撮影できます。

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ APS-C KP

最高ISO感度819200を誇るペンタックスのデジタル一眼レフカメラ。光の少ない場所での撮影に最適です。同社のハイエンドモデルと同じ画像処理エンジン「PRIME IV」を採用。CMOSセンサーと合わせて高感度撮影時のノイズを抑えます。APS-Cセンサーを搭載し、画素数は2,432万画素です。

また、高い補正効果をもつ「ボディ内手ブレ補正SR II」を搭載。ボディの67箇所にシーリングを施しているので、防塵・防滴性能が高いのも魅力。好みに合わせて交換可能なグリップも装備しています。連写速度は最高で7コマ/秒、視野率も100%と使いやすい一眼レフです。

本体重量も約643gと、ミドルクラス機としては扱いやすいおすすめの高感度デジタル一眼レフです。