最近はスマホで手軽に撮影するユーザーが増えていますが、よりクオリティの高い撮影を求める方にはデジタルカメラのほうが有利。とはいえ、一眼レフやミラーレスなどはレンズを交換する必要があるので、ズーム機能を求める際には望遠レンズを用意する必要があります。

一方、あらかじめズームレンズが備わっているデジタルカメラであれば、1台でさまざまなシーンをカバーできるので便利です。そこで今回は高倍率ズームデジカメのおすすめモデルをご紹介。SNSで映える写真を撮りたい方はぜひチェックしてみてください。

高倍率ズームデジカメのメリット

By: amazon.co.jp

コンデジなどのレンズ一体型のデジカメにはズーム機能がついていますが、より遠くの被写体を撮影するには、ズームの倍率が高いレンズを搭載した高倍率ズームデジカメが便利です。

写真の画質はカメラに搭載されているイメージセンサーの大きさによって変わりますが、ほとんどの高倍率ズームデジカメは面積の小さな1/2.3型を採用。カメラのなかではセンサーサイズが小さいため、価格も比較的お手頃な製品が揃っています。

どんな撮影をしたい方におすすめ?

旅行など持ち運びをメインとするなら、軽量なコンデジがおすすめ。手の届きやすいエントリーモデルはもちろん、最近は各メーカーの技術革新に伴って高級モデルも多数リリースされています。なお、夜景モードが搭載されていたり、防水に対応していたり、撮影した写真を加工できたりと、製品によって搭載されている機能は異なるので、予算と求める性能を考慮して選ぶようにしましょう。

一方、運動会など遠くの被写体や動きのある被写体を撮影するなら、やや大きめの高倍率ズームデジカメがおすすめ。見た目は一眼レフやミラーレスと似ていますが、レンズが一体となっているので、汎用性が高いのが特徴です。

高倍率ズームデジカメの選び方

ズームの倍率で選ぶ

高倍率ズームデジカメの倍率は製品によってカバーする範囲が異なり、20倍程度のモノから100倍を超えるモデルまでさまざまです。本体サイズは倍率が高いものほど、総じて重く、大きくなる傾向にあるので、目的に応じて倍率と持ち運びしやすさのバランスを考慮するようにしましょう。

高倍率ズームデジカメは一眼レフやミラーレスと異なり、レンズ交換ができないため、搭載されているレンズの焦点距離を確認することが大切。コンデジにおいては28〜50mm程度のレンズが標準ですが、この値が小さければ小さいほど広い視野角で撮影ができるため、風景を撮りたいときや室内撮影に適しています。

一方、400mm以上の望遠レンズであれば、より被写体にズームした撮影が可能です。スポーツの試合を観戦する場合や野鳥を撮りたい場合は、遠距離撮影ができる望遠レンズ対応のモデルを選んでみてください。

F値(絞り)で選ぶ

カメラレンズの明るさを表す指標がF値。F値が小さいほど、明るいレンズと言えます。ズームデジカメのF値は、F3.3〜F6.9などと表されるのが一般的。小さな数値が広角端の明るさを、そして大きな方が望遠端の明るさを示しています。

超望遠撮影ができる高倍率ズームデジカメでは、F値3〜6が主流。なかには、広角〜望遠全域でF2台という明るいレンズを搭載したモデルもあります。なお、明るいレンズを搭載している機種はそれに応じて高価格帯となっているので、リーズナブルなモデルを探している方は注意しておきましょう。

本体サイズで選ぶ

高倍率ズームデジカメは、片手に収まるコンパクトタイプからカメラを両手でしっかりとホールドタイプまであり、サイズや重量は多岐に渡ります。

倍率の高いデジカメを選べば、レンズが長くなり必然的に本体サイズも大きく重量も重くなるモノがほとんど。逆に持ち運びをメインに考え、できるだけコンパクトな高倍率ズームデジカメを選ぶと、レンズのズーム倍率や撮影した写真の明度が下がる可能性もあります。その点は留意しておきましょう。

高倍率ズームデジカメのおすすめ

キヤノン(CANON) PowerShot SX740 HS

キヤノン(CANON) PowerShot SX740 HS
旅行におすすめな小型軽量の高倍率ズームデジカメです。レンズの開放F値は広角側F3.3・望遠側F6.9と標準的ですが、ポケットサイズのボディにも関わらず40倍のズーム倍率(24〜960mm)で撮影可能です。

画像処理エンジンに最新の「DIGIC 8」を搭載しているのも特徴。加えて、裏面照射型のイメージセンサーを採用しているので、光量の少ない夜景や室内でも高画質が期待できます。

光学式の手ぶれ補正にも対応。さらに、動画撮影時は電子式の5軸手ぶれ補正が可能なので、写真も動画も手ぶれを抑えた鮮明な撮影ができます。価格が約4万円と安いのも魅力。コストパフォーマンスが高いので、初心者の方にもおすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX A1000

ニコン(Nikon) COOLPIX A1000
手のひらサイズのボディに多彩な機能を備えた小型軽量の高倍率ズームコンデジです。レンズの開放F値は広角側3.4・望遠側F6.9と普通ですが、35倍ズーム(24〜840mm)を搭載。また、レンズ先端から約1cmまで近づけるクローズアップ撮影も可能です。

小型軽量ボディにも関わらず電子ビューファインダーを装備。運動会など強い日差しによる反射で液晶モニターでの確認が難しい場面でも確実な構図作りが可能です。目を近づけると自動で表示が切り換わるアイセンサーも搭載しています。

タッチパネルを採用したチルト式液晶モニターの搭載もポイント。スマホ感覚で簡単にメニュー操作や再生時の画像送りが可能なほか、モニターを下側に180度回転できるので自撮りも手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-HX400V

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-HX400V
1台で写真も動画も鮮明に記録できる50倍(24〜1200mm)の高倍率ズームコンデジです。重量は約660gとやや大きめですが、その分レンズの開放F値が広角側F2.8・望遠側F6.3と明るいのが特徴。暗い室内や夜景も綺麗に撮影できます。

「2群防振手ブレ補正」と呼ばれる光学式の手ぶれ補正機能が採用されており、望遠時の手ぶれを抑えて安定した撮影が可能です。

ブレのないフルHD動画が撮影できるのも特徴。動画撮影専用の電子手ぶれ補正を併用することで、走る子どもやペットを追いかけながら撮影しても、より自然で鮮明な動画が撮影できます。ビデオカメラの代わりとしても使えるので運動会にもおすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ85

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ85

コストパフォーマンスに優れた高倍率ズームデジカメです。重量は約616gで、ズーム倍率は60倍(20〜1200mm)に対応。特に、広角側は肉眼よりも大幅に広い範囲を撮影できるため、旅先で出会う広大な風景も丸ごとダイナミックに切り取れます。

夜景が高画質に撮影できるのも特徴。広角側の開放F値がF2.8であることに加えて、裏面照射型センサーや「2次元ノイズリダクション」機能の搭載により、暗い場所でもノイズを抑えた撮影が楽しめます。

撮影した4K動画から静止画を切り出す「4K PHOTO」機能もポイント。画素数は約800万画素になるものの、30コマ/秒の超高速連写で狙った瞬間を逃さず撮影できます。価格が約3万5000円と安いのも魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot SX70 HS

キヤノン(CANON) PowerShot SX70 HS

精度の高い超望遠撮影が手軽に楽しめる65倍(21〜1365mm)の高倍率ズームコンデジです。レンズの開放F値は広角側F3.4・望遠側F6.5と控えめですが、その分重量が約610gに抑えられているのがポイント。野鳥の撮影も軽快なフットワークで楽しめます。

野鳥などの撮影では被写体を見失いやすいのが難点ですが、本機は機能が充実しており、初心者の方でも撮影しやすいのが特徴。たとえば「フレーミングアシスト」機能を使えば、被写体を見失わないように、カメラが自動でズーム操作・追尾をして撮影をサポートしてくれます。

バリアングル液晶モニターを搭載しているのがポイント。ローアングル・ハイアングルからの撮影が楽な姿勢で行えるほか、自撮りも手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX B600

ニコン(Nikon) COOLPIX B600

小型軽量・高機能・低価格と3拍子揃った60倍の高倍率ズームコンデジです。広角側の焦点距離は24mmと標準的ですが、約500gの小型軽量ボディにも関わらず望遠側は1440mmまで使用が可能。さらに、レンズ前約1cmまでの接写にも対応します。

撮影機能も充実。超望遠ズーム時に被写体を見失っても、ボタン1つでズームバックして捉え直せる「ズームサポート機能」が搭載されています。また、夜景などで画像の明るい部分だけをカメラ内で合成できる「比較明合成」も可能なので、通常は設定の難しい車の光跡や星の軌跡の撮影が手軽に楽しめます。

約3万5000円と価格が安いのも魅力。Bluetoothによるスマホとの連携機能も備えているので、画像転送やSNSへの画像シェアも簡単に行えます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC-FZH1

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC-FZH1

幅広いズーム域で高画質な撮影が可能な高倍率ズームデジカメ。ズーム倍率は20倍(24〜480mm)とこれまで紹介してきた機種と比べると低めですが、レンズの開放F値が広角側F2.8・望遠側F4.5と明るいのがポイントです。

加えて、通常のコンデジと比較して4倍も面積が大きな1型のイメージセンサーを搭載。レンズの明るいF値と組み合わせることで、夜景などの暗いシーンでも一眼カメラに近い高画質で撮影できます。また、背景がボケやすいので、人物の存在感を際立たせて撮影するのにも有効です。

「4K PHOTO」が使えるほか、フル画素のまま12コマ/秒での高速連写にも対応。重量が1kg近いのが難点ですが、本機ではプロユースの4K動画の撮影も可能なので、写真も動画も高画質に記録したい方におすすめです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX10M4

野鳥や飛行機の撮影に人気の高倍率ズームデジカメです。レンズのズーム倍率は25倍(24〜600倍)で、開放F値は広角側F2.4・望遠側F4.0と大口径。さらに、1型のイメージセンサーを搭載しているので高画質が期待できます。

本機にはミラーレス一眼カメラの中級機以上に搭載される像面位相差AFを採用。野鳥など動きの激しい被写体も約0.03秒の高速AFで高精度に捉えられるほか、AFポイントが画面の65%をカバーするので自由な構図でピント合わせもできます。

連写性能も優秀。最高約24コマ/秒の超高速連写(AF・AE追従)を行っても最高249枚までの記録が可能なので、画像の記録処理のために撮影が中断されて被写体を撮り逃す心配がありません。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot G3 X

キヤノン(CANON) PowerShot G3 X

アウトドアや登山の撮影におすすめな高倍率ズームコンデジです。レンズのズーム倍率は25倍(24〜600mm)で、開放F値は広角側2.8・望遠側F5.6。加えて、広角端5cm・望遠端85cmまで近づけるので、花や昆虫の撮影にも重宝します。

1型の大型イメージセンサーを採用。また、レンズに搭載された9枚羽根絞りによってボケの形が真円に近くなっているため、人物や花の背景を印象的にぼかせます。

防塵・防滴構造を採用しているのも特徴。本体の各所に水滴や埃の侵入を防ぐゴム状のシーリングが施されているので、小雨が降る森や強風が吹く高山などでも故障を気にせず携帯できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

望遠鏡のように天体撮影が楽しめる超高倍率ズームコンデジです。本体の重さは約1415gとかなりの重量級ですが、125倍という驚異的なズーム倍率を実現。望遠端3000mm(開放F8)という一眼カメラでは不可能な超望遠撮影ができるので、野鳥や月などの天体を画面一杯まで拡大した迫力のある写真が手軽に撮れます。

ステレオ音声付きの4K動画の撮影も可能。また、レンズ鏡筒に搭載されたコントロールリングにはよく使う機能を割り当てられるので、メニュー画面を頻繁に開く必要がなく撮影に集中できます。

RAW形式での画像記録に対応するのもポイント。通常のJPEG画像と違って撮影後にパソコンで画像の明るさや色合いを変えても画質劣化が少なく済むので、自由に編集して写真を仕上げられます。

▼撮影イメージ