最近では、スマホで旅行や運動会を撮影する方が多くなってきました。しかし、いくらスマホの性能が上がったとは言え、デジカメに比べると画質が劣ってしまうのは事実です。せっかくのイベントであれば、近くの被写体も遠くの被写体もしっかりキレイに撮影できるデジカメを選びましょう。

そこで今回は、遠くの被写体でも大きく撮影できるおすすめの高倍率ズームデジカメをご紹介します。旅行や運動会だけでなく、お子さんの発表会、スポーツ観戦など遠くの被写体を撮影したい方におすすめです。

高倍率ズームデジカメのメリット

By: amazon.co.jp

ほとんどのデジカメにはズーム機能がついていますが、より遠くの被写体を撮影するには、ズーム倍率が高いズームレンズを搭載した高倍率ズームデジカメが便利です。

レンズが交換できるデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼などは望遠ズームレンズに交換することで、遠くの被写体を撮影できます。一方、高倍率ズームデジカメはレンズ交換ができませんが、高い倍率のズームレンズを搭載しているので、デジカメ1台で近い被写体から遠くの被写体まで撮影が可能です。

搭載しているイメージセンサーの大きさによって画質は変動しますが、ほとんどの高倍率ズームデジカメは面積の小さな1/2.3型を採用しています。しかし、これは一般的なデジカメと同じサイズのイメージセンサーなので、そこまで画質に影響はありません。

また、サイズが大きくなるほど価格も上昇しますが、サイズが小さいため価格もお手頃です。さらに、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼に比べ、本体サイズが小さく軽いので、持ち運びにも便利。

どんな撮影をしたい方におすすめ?

高倍率ズームデジカメの見た目は大きく分けて2種類のスタイルがあります。ひとつは、普通のデジカメのようなスタイルで、コンパクトかつ軽量であることが特徴です。

もうひとつは、一眼レフカメラのようなスタイルで、少し大きく重いですがカメラを構えた時のホールド性が高く、手ブレしにくいのが魅力。また、一眼レフスタイルの高倍率ズームデジカメの方が、倍率の高いデジカメが豊富です。

旅行など持ち運びをメインとするなら、軽量コンパクトな普通のデジカメと同じようなスタイルの高倍率ズームデジカメ、運動会など遠くの被写体や動きのある被写体を撮影するなら一眼レフカメラのようなスタイルの高倍率ズームデジカメがおすすめ。また、純粋に撮影のみ楽しみたい方は一眼レフスタイルの高倍率ズームデジカメの方が、機能が豊富で撮影の幅が広がります。

高倍率ズームデジカメの選び方

By: canon.jp

高倍率ズームデジカメでは、「F値(絞り)」「ズームの倍率」「本体サイズ」の3つが製品を選ぶ際にチェックするべきポイントです。

F値は絞りとも呼ばれ、絞りの値によりピントが合う範囲や、そのためのシャッタースピードなどが決まります。一般的には、F値の数字が小さいほどレンズを通す光が多くなることで、明るい写真を撮影可能。

ズームレンズには広角側の最小F値(開放値)と望遠側の最小F値が決まっており、F値の数字が小さいほどレンズの口径が大きくなり、それに合わせて本体サイズも大きくなります。

倍率の高いデジカメを選べば、レンズが長くなり必然的に本体サイズも大きく重量も重くなるモノがほとんど。逆に持ち運びをメインに考え、できるだけコンパクトな高倍率ズームデジカメを選ぶと、レンズのズーム倍率や撮影した写真の明度が下がる可能性もあります。

このように「F値」、「倍率」「本体サイズ」は密接な関係にあるので、何を1番重視するか決めてから高倍率ズームデジカメを選びましょう。

高倍率ズームデジカメのおすすめ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX500

約236gの軽量コンパクトボディが魅力のソニーのデジカメ。広角24mmから望遠720mmの光学30倍ズームで幅広い撮影領域をカバーしています。高倍率ズーム時に起きやすい手ブレを補正する機能も搭載しているので、安心してズーム撮影が可能。

その他にも、快適に自撮りができる180°可動式モニター、1度の充電で約400枚の撮影が可能なバッテリーなどを搭載し、旅行のお供におすすめの高倍率ズームデジカメです。

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-TZ90

光学30倍ズームで4K撮影に対応したパナソニックの高倍率ズームデジカメ。4K画質で30コマ/秒の連写ができる「4Kフォトモード」、撮影後に好きな場所でピント合わせが可能な「フォーカスセレクト」、ピント位置が違う画像を合成し、ピントの合った範囲を広げた写真を作成する「フォーカス合成」など多彩な撮影ができます。旅行や運動会での動画撮影でも活躍するデジカメですが、普段から手軽に写真を取りたい方におすすめです。

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-HX90V

光学30倍ズームのソニー高倍率ズームデジカメ。1820万有効画素、24mm~720mmの焦点距離、F3.5〜F6.4のF値と「DSC-WX500」と基本機能は同じですが、より本格的な撮影ができる機能を搭載しています。

具体的には収納式有機ELファインダーを搭載しており、撮影スタイルによってファインダーと液晶モニターの自動切替、マニュアル操作を快適に行えるコントロールリングなどを搭載。また、撮影場所の位置情報や移動した軌跡を記録できるGPS機能も搭載しているので、旅行におすすめのデジカメです。

ニコン(Nikon) COOLPIX A900

約299gのコンパクトサイズに光学35倍ズームを搭載した高倍率ズームデジカメ。広角24mmから望遠840mmのレンズは、被写体に1cmまで近づけるマクロ撮影にも対応しています。

また、静止画用と動画用の手ブレ補正を搭載しているので、歩きながらの撮影やズーム撮影でも安心。便利な機能として、超望遠時に見失った被写体をすぐ捉え直すクイックバックボタンがあります。

自撮りが可能な180°回転する液晶モニターは、下方向にも最大90°可動するので、一般的なチルト式液晶モニターよりさまざまな目線で撮影が可能。コンパクトなので旅行での撮影にもおすすめです。

キヤノン(CANON) PowerShot SX730 HS

高倍率ズームコンデジの中でもトップクラスの光学40倍を誇るデジカメ。約300gの軽量ボディで広角24mm~望遠960mmまで撮影できます。

ボタンを押すことでズーム倍率を一時的に下げ、被写体を見失うことなく撮影できる機能や、被写体が近づいても離れても自動でズーム倍率を変更し、同じ大きさで撮影できる機能も搭載。

さらに、Bluetooth接続でスマホとの常時接続に対応し、スマホで画像の確認やリモコンとして使用できます。また、スマホのGPSから撮影データに位置情報を付加することも可能。これ1台で旅行にも運動会にも活躍できます。

キヤノン(CANON) PowerShot SX430 IS

一眼レフのようなデザインの高倍率ズームデジカメ。焦点距離は24mm~1080mmに対応し、光学45倍のズームレンズを搭載しています。顔や光の加減など32のシーンを判別して、カメラが自動設定を行うので誰でも簡単にキレイな写真を撮影可能。

また、シーンに合ったブレ補正もカメラが自動で78パターンの判別が可能です。キヤノン独自のグリップと高精度な手ブレ補正で、超望遠撮影時でもキレイな写真や動画が撮影できます。重量約323gと一眼レフデザインカメラの中でも軽量です。

富士フイルム(FUJIFILM) FinePix S9800

開放値F2.9の光学50ズームレンズを搭載した高倍率ズームデジカメ。広角24mmから望遠1200mmの撮影が可能で、被写体に1cmまで近づけるマクロ撮影ができ、これ1台であらゆるシーンをカバーできます。

本体が約670gと重いので、旅行など移動が多いシーンには不向き。機能に比べ実売価格が安いので初めて高倍率ズームデジカメを買う方におすすめです。Wi-Fi通信機能は搭載していません。

パナソニック(Panasonic) LUMIX DC-FZ85

光学60倍ズームレンズを搭載した高倍率ズームデジカメ。他の高倍率ズームデジカメは広角が24mmですが、このデジカメは20mmとより広がりや奥行きのあるダイナミックな写真撮影ができます。

望遠1200mmまでの撮影と、マクロ撮影が可能です。また、開放値はF2.8と他の高倍率ズームデジカメと比べ明るいのが特徴で、4K写真や4K動画にも対応。重量約572gと少し重いですが、旅行や運動会などあらゆるシーンの撮影におすすめです。

ニコン(Nikon) COOLPIX B700

光学60倍ズームレンズを搭載したニコンの高倍率ズームデジカメ。「DC-FZ85」と同じ光学60倍ですが、広角が24mmなので望遠1440mmまで撮影できます。

おすすめの機能は「先取り撮影」。これはシャッターを半押しすると約15コマ/秒で連写し、全押しする直前に最大5コマと全押し後の15コマを撮影する機能。これによりベストショットを逃す心配がないので、運動会など動きがある撮影におすすめです。

キヤノン(CANON) PowerShot SX60 HS

キヤノンの高倍率ズームデジカメ。広角21mmから望遠1365mmまでの光学65倍で、開放値はF3.4~F6.5です。おすすめの機能はマクロ撮影で、他の高倍率ズームデジカメが1cmなのに対し、本モデルは0cmを誇り、これ1台で広角から超望遠、接写などの撮影が楽しめます。

被写体を逃さない「フレーミングアシスト機能」や電源を切る前のズーム位置を記録する機能など、ズーム撮影を多用する方にとって便利な機能が満載です。

ニコン(Nikon) COOLPIX P900

ニコンの高倍率ズームデジカメ。コンデジ内でも特に倍率が高い、光学83倍ズームレンズで広角24mm~超望遠2000mmまでの撮影ができます。開放値はF2.8~F6.5、1cmのマクロ撮影、月や野鳥に特化した撮影モード、強力な手ブレ補正など撮影機能が充実していますが、なかでもおすすめはGPS機能です。

写真に撮影地の情報を記録するだけでなく、移動ルートなども記録します。移動ルートは電源がOFFの状態でも一定間隔で位置情報を取得。約899gと重いですが、旅の記録カメラとしておすすめです。