最近はスマホで手軽に写真撮影するユーザーが増えていますが、よりクオリティの高い撮影を求める方にはデジタルカメラがおすすめです。とはいえ、一眼レフやミラーレスなどはレンズを交換する必要があるので、ズーム機能を求める際には望遠レンズを用意する必要があります。

一方、あらかじめズームレンズが備わっているデジタルカメラであれば、1台でさまざまなシーンをカバーできて便利です。そこで今回は、高倍率ズームデジカメのおすすめモデルをご紹介。SNSで映える写真を撮りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

高倍率ズームデジカメのメリット

By: amazon.co.jp

コンデジなどのレンズ一体型デジカメにはズーム機能が付いていますが、より遠くの被写体を撮影するには、ズームの倍率が高いレンズを搭載した高倍率ズームデジカメが便利です。

写真の画質はカメラに搭載されているイメージセンサーの大きさによって変わりますが、ほとんどの高倍率ズームデジカメは面積の小さな1/2.3型を採用。カメラのなかではセンサーサイズが小さいため、価格も比較的お手頃な製品が揃っています。

どんな撮影をしたい方におすすめ?

By: amazon.co.jp

旅行や運動会など、持ち運びをメインとするなら軽量なコンデジがおすすめ。手の届きやすいエントリーモデルはもちろん、最近は各メーカーの技術革新に伴って高級モデルも多数ラインナップされています。なお、夜景モードが搭載されていたり、防水に対応していたり、撮影した写真を加工できたりと、製品によって搭載されている機能が異なるので、予算と求める性能を考慮して選ぶようにしましょう。

一方、運動会など遠くの被写体や動きのある被写体を撮影するなら、やや大きめの高倍率ズームデジカメがおすすめ。見た目は一眼レフやミラーレスと似ていますが、レンズが一体となっており、汎用性が高いのが特徴です。

高倍率ズームデジカメの選び方

ズームの倍率で選ぶ

高倍率ズームデジカメの倍率は製品によってカバーする範囲が異なり、20倍程度のモノから100倍を超えるモデルまでさまざまです。本体サイズは倍率が高いモノほど、重く大きくなる傾向にあるので、目的に応じて倍率と持ち運びしやすさのバランスを考慮して選びましょう。

高倍率ズームデジカメは一眼レフやミラーレスと異なり、レンズ交換ができないため、搭載されているレンズの焦点距離を確認することが重要です。高倍率のコンデジにおいては24〜26mm程度のレンズが標準ですが、この値が小さければ小さいほど広い視野角で撮影ができるため、風景を撮りたいときや室内撮影に適しています。

一方、望遠レンズであれば、より被写体にズームした撮影が可能です。スポーツの試合を観戦する場合や野鳥を撮りたい場合は、遠距離撮影ができる望遠レンズ対応のモデルを選んでみてください。

F値(絞り)で選ぶ

カメラレンズの明るさを表す指標がF値。F値が小さいほど、明るいレンズといえます。ズームデジカメのF値は、F3.3〜F6.9などと表されるのが一般的。小さな数値が広角端の明るさを、そして大きなほうが望遠端の明るさを示しています。

超望遠撮影ができる高倍率ズームデジカメでは、F値3〜6が主流。なかには、広角〜望遠全域でF2台という明るいレンズを搭載したモデルもあります。なお、明るいレンズを搭載している機種は高価格な傾向にあるので、リーズナブルなモデルを探している方は注意しましょう。

本体サイズで選ぶ

高倍率ズームデジカメは、片手に収まるコンパクトタイプからカメラを両手でしっかりとホールドするタイプまであり、サイズや重量は多岐にわたります。

倍率の高いデジカメを選べば、レンズが長くなり必然的に本体サイズも大きく重くなるモノがほとんど。逆に持ち運びをメインに考え、できるだけコンパクトな高倍率ズームデジカメを選ぶと、レンズのズーム倍率や撮影した写真の明度が下がる場合もあります。その点は留意しておきましょう。

高倍率ズームデジカメのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは東京の大田区に本社を置く総合映像機器メーカーです。一眼カメラやコンパクトカメラを始め、プロ向けシネマカメラやプリンターなど映像関連の機器を幅広く展開。特に、カメラ部門では業界トップクラスのシェアを有しています。

高倍率ズームデジカメとしては光学25〜65倍程度の機種をラインナップ。また、超広角からズームがスタートする機種が発売されており、超望遠撮影だけではなくダイナミックな風景撮影や集合写真の撮影にも活用できます。Bluetooth機能を搭載しており、スマホとの連携が簡単にできるのもポイントです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京の港区に本社を置く総合電機機器メーカーです。カメラやスマホ、オーディオ機器、ゲーム機器などを手掛けており、Made in Japanを象徴する高品質な製品は世界各地で高い人気を有しています。最近のカメラ市場ではフルサイズミラーレスで躍進を遂げていることでも有名です。

高倍率ズームデジカメのシリーズとなる「Cyber-shot HX」は、光学28〜50倍程度の機種をラインナップ。また、ズーム倍率は25倍と少なくなるものの、大型の1インチセンサーを搭載することで、画質が向上した機種も発売しています。4Kなどの動画撮影性能が高いのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは大阪の門真市に本社を置く総合家電機器メーカーです。冷蔵庫やエアコンなどの生活家電を始め、テレビやパソコン、住宅設備など電機機器全般で事業を展開。カメラ分野では2001年から「LUMIX(ルミックス)」のブランド名で多彩な人気機種を発売しています。

高倍率ズームデジカメとしては光学30〜60倍程度の機種をラインナップ。また、大型の1インチセンサーを搭載した機種やプロユースの動画撮影機能を持つ機種も発売されています。4K動画を応用して決定的瞬間を切り出す「4K PHOTO」機能を搭載したモデルも魅力です。

高倍率ズームデジカメのおすすめモデル

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot SX740 HS

小型軽量ボディで倍率40倍に対応する人気の高倍率ズームデジカメです。約299gの軽さながら35mm換算で24〜960mmの幅広い焦点距離を使用が可能。簡単に収納や持ち運びができるので、旅行用のデジカメとしてもおすすめです。

上側に180°開けるチルトモニターを搭載しているため、旅行先でのローアングル撮影や自撮りも快適。メニュー表示で「やさしい」を選べば、各機能をイラストで簡単に把握できるので、初心者でも楽しく使えます。

高画質な4K動画の記録にも対応しているのもポイント。撮影した4K動画からは静止画の切り出しも可能です。Wi-FiやBluetoothでスマホと連携すれば、画像の自動転送やカメラの遠隔操作も利用できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot SX70 HS

快適に超望遠撮影が楽しめる倍率65倍の超高倍率ズームデジカメです。重さ約610gのボディながら35mm換算で21〜1365mmの焦点距離をカバー。運動会で活躍するのはもちろん、ダイナミックな風景から遠くに佇む野鳥まで多彩な被写体に1台で対応できます。

超望遠撮影をサポートする「フレーミングアシスト」機能も搭載。あらかじめ被写体にロックオンしておけば、被写体を見失わないようにカメラが自動でズーム操作するので、初心者でも簡単に野鳥や飛行機などの超望遠撮影が楽しめます。

手ブレ補正機構が充実しているのもポイント。多様なアングルからの撮影が楽しめるバリアングルモニターや、晴天下の撮影で重宝する電子ファインダーも搭載しています。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G3 X

フィールド撮影に重宝する高画質な倍率25倍の高倍率ズームデジカメです。暗闇に強く美しいボケ味も楽しめる大型の1型センサーを搭載。加えて、35mm換算で24〜600mmまでの画角が1台で使えるので、風景から野鳥まで幅広いジャンルの被写体がワンランク上の高画質で記録できます。

重さは約733gで機動力に優れているのも特徴。さらに、剛性のあるボディの各所には防塵防滴構造を採用しているため、登山やハイキングなどアウトドアシーンでの撮影にもおすすめです。

ハイアングル・ローアングルからの撮影が楽な姿勢で行えるチルトモニターも搭載。タッチ操作にも対応しているので、カメラ操作に不慣れな方でも直感的に扱えます。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-WX800

小型・軽量ボディで軽快に撮影が楽しめる倍率28倍の高倍率ズームデジカメです。35mm換算で広角24mmから超望遠720mmまでの幅広い焦点距離をカバー。重さ約233gと軽くコンパクトでポケットにも簡単に収納できるので、旅行用のカメラとしてもおすすめです。

光学式の手ブレ補正機構も完備しているのもポイント。また、カスタムキーを押すだけで自動的にズームアウトし、離すと元の焦点距離まで戻る「ズームアシスト」機能を搭載しているため、遠くの被写体も見失わずに撮影できます。

上方向に180°開いて自撮りにも重宝するチルトモニターも搭載。フル充電で約370枚撮影できる大容量バッテリーに対応するのも魅力です。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-HX99

コンパクトながら操作性が充実した倍率28倍の高倍率ズームデジカメです。重さわずか約242gの軽量ボディながら35mm換算で24〜720mmの幅広い撮影領域に対応します。

ポップアップ式の有機ELファインダーを搭載。晴天の日中など液晶モニターが見えにくい状況でもクリアな画面で構図や仕上がりの確認ができるので、運動会や家族旅行でも重宝します。

レンズ根本のコントロールリングにはズームや絞り、シャッター速度など使用頻度の高い機能を割り当てが可能。さらに、14段階の焦点距離がピッタリ選べる「ステップズーム」にも対応するため、中級者以上の方も満足できる高度なマニュアル操作が楽しめます。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-HX400V

フルHDビデオカメラの代わりとしても活用できる倍率50倍の高倍率ズームデジカメです。重さ約660gのボディながら35mm換算で広角24mmから望遠1200mmまでの幅広い画角をカバー。遠くで活躍する子供の表情も臨場感たっぷりに記録できるので、運動会の撮影などにおすすめです。

動画撮影性能が優れているのもポイント。解像度はフルHDですが60fpsのフレームレートに対応するため、動く被写体も残像感の少ない滑らかな映像で記録できます。また、手ブレ補正機能も充実。走る子供やペットを追いかけながら撮影しても安定した動画が撮影できる「動画手ブレ補正」も搭載しています。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

動く被写体の超望遠撮影できる、倍率25倍の高倍率ズームデジカメです。重さ約1050gのボディに大型の1インチセンサーと、35mm換算で24-600mm F2.4-4の大口径ズームを搭載。十分な光量を取り込んだ上で高速シャッターが使用できます。

優れたAF性能も特徴。2種類のAF方式を組み合わせた「ファストハイブリッドAF」を搭載しており、画面の広範囲で超高速・高精度なピント合わせができます。さらに、AF・AE追従で最高約24コマ/秒の超高速連写が最高249枚まで継続できるのも魅力。スポーツ・乗り物・動物・野鳥などの動く被写体を撮影するのにおすすめです。

液晶モニターはタッチ操作にも対応。加えて、高画質な4K動画の撮影も楽しめます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M3

広角から超望遠まで高画質で記録できる倍率25倍の高倍率ズームデジカメです。1インチセンサーと35mm換算で24-600mm F2.4-4の大口径ズームを搭載しています。

「ファストインテリジェントAF」による高速AFなピント合わせと、AF・AE固定で最高約14コマ/秒の高速連写が可能。「ファストハイブリッドAF」ほど強力ではありませんが、運動会や発表会など一般的な用途であれば十分に活躍できます。

4K動画や最高40倍(960fps)のスーパースローモーション動画の記録にも対応。タッチパネルやBluetoothは非搭載ですが安価で購入できるので、コスパ重視の方におすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX DC-TZ95

多彩な自撮りが楽しめる倍率30倍の高倍率ズームデジカメです。重さ約328gの軽量コンパクトなボディながら、35mm換算で広角24mmから超望遠720mmまでの幅広い焦点距離をカバーしています。

自撮り機能が充実しているのも特徴。チルトモニターを上方向に180°回転すると「自分撮りモード」に切り替わるので、モニターのタッチ操作でカウントダウン秒数や美肌効果などを調節しながら、印象的な自撮りが直感的に楽しめます。

4K動画から静止画を切り出す「4K PHOTO」を応用した機能も搭載。決定的瞬間の表情をピンポイントで切り取れる「4Kセルフィー」や、背景を広く取り込める「広角4Kセルフィー」が使えます。

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX DC-FZ85

リーズナブルな価格で超望遠撮影が楽しめる倍率60倍の超高倍率ズームデジカメです。安い価格ながら35mm換算で20〜1200mmの焦点距離をカバーしているので、コスパを重視する方を中心に強い人気があります。

ミラーレス一眼にも採用されている「空間認識AF」を搭載しているのもポイント。距離を瞬時に算出して遠くにいる被写体にも高速・高精度なピント合わせが可能です。秒間30コマ相当の超高速連写が可能な「4K PHOTO」と組み合わせれば、動き回る子供やペットの貴重な瞬間も簡単に記録できます。

4K動画の録画にも対応。パンやズームイン・アウトなどの映像効果を後から加えてフルHD動画として再出力できる「4Kライブクロップ」も搭載しています。

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX DMC-FZ300

フィールド撮影でも活躍できる倍率24倍の高倍率ズームデジカメです。35mm換算で25-600mmの焦点距離をカバーしており、ズーム全域で開放F2.8が使用できるのが特徴。望遠側でも高速シャッターが使えるので、スポーツや乗り物、野鳥など動く被写体の撮影で重宝します。

「空間認識AF」によって、ピント合わせが早く、精度が高いのもポイント。さらに、有機ELファインダーは応答速度が速く、最高6コマ/秒の高速連写や「4K PHOTO」時でもタイムラグを感じさせないため、被写体の動きをしっかりと捉えられます。

重さ約640gのボディは防塵防滴設計なのもポイント。アウトドアシーンでも気兼ねなく撮影が楽しめます。

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX DMC-FZH1

写真も動画も高画質で記録できる倍率20倍の高倍率ズームデジカメです。重さ約966gのボディに、大型の1インチセンサーと35mm換算で24-480mm F2.8-4.5の大口径ズームを搭載。本格的な映像制作にも活用できるので動画クリエイターにもおすすめです。

ズーム時でもカメラ全体の重心が変わらず、像揺れや像飛びを抑えて安定したズーム操作ができるのが特徴。スタビライザーなどの映像機材に使用する場合でも迅速かつスムーズな撮影が可能です。

通常の4Kよりも画面の横幅が広いシネマ4Kでの記録にも対応。広角端から望遠端まで30秒かけてズーミングを行う超低速ズームや、シャッター速度固定での適正露出が取りやすくなる内蔵NDフィルターなどを搭載しており、多彩な動画表現が楽しめます。

ニコン(Nikon) コンパクトデジタルカメラ COOLPIX A1000

こだわりの作品作りが楽しめるスタイリッシュな倍率35倍の高倍率ズームコンデジです。重さ約330gの小型軽量ボディながら、35mm換算で広角24mmから超望遠840mmまでの幅広い焦点距離をカバー。光学式手ブレ補正機構も搭載しています。

上下にチルト可能なタッチパネルモニターを搭載。スマホ感覚で各種操作が直感的に行えるほか、モニターを下方向に180°開けば自撮りも楽しめます。視認性の高い電子ファインダーも搭載しているため、日差しの強い屋外でも構図確認が可能です。

RAW形式での画像記録にも対応しているのもポイント。現像時に画質劣化を抑えつつ露出やホワイトバランスの調節が可能なので、よりイメージに合った作品の制作が楽しめます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) コンパクトデジタルカメラ COOLPIX B600

迫力の超望遠撮影が手頃な価格で楽しめる倍率60倍の超高倍率ズームデジカメです。安い価格ながら35mm換算で24-1440mmの広大な焦点距離に対応するので、1台で多彩なシーンの撮影がカバーできます。約500gと軽量コンパクトなのも特徴。光学60倍ズームが気軽に持ち歩けて、旅行や野鳥観察などにもおすすめです。

シーンモードに「月モード・鳥モード」を搭載するのもポイント。広角側のズーム位置で画面内に表示されるフレームに被写体を捉えてOKボタンを押すだけで、一気に最望遠側までズーミングできるので、初心者でも月や野鳥などを見失わずに撮影が可能です。また、光学式の手ブレ補正機構を搭載しているため、手持ちでもシャープに記録できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) コンパクトデジタルカメラ COOLPIX P1000

未体験の領域へ挑戦できる倍率125倍の超高倍率ズームデジカメです。35mm換算で24-3000mm F2.8-8という高スペックの大口径ズームを搭載。重さは約1415gと重量級ですが、遠くを飛ぶ野鳥や飛行機はもちろん、夜空に輝く月のクレーターも高画質で記録できます。

シャッター速度換算で最高5段分の手ブレ補正効果を持つ「デュアル検知光学VR」を搭載しているため、写真がブレにくいのもポイント。また、超望遠撮影時に被写体を見失った場合でも、レンズの根元にある「クイックズームバックボタン」を押せば一時的に広角側にシフトするので、被写体を捉えやすいのも魅力です。

コントロールリングには、露出補正やISO感度など使用頻度の高い機能を割り当てが可能。さらに、本格的な作品作りに欠かせないRAW形式での画像記録にも対応しています。

▼撮影イメージ