最近はスマホで手軽に撮影するユーザーが増えていますが、よりクオリティの高い撮影を求める方にはデジタルカメラのほうが有利。とはいえ、一眼レフやミラーレスなどはレンズを交換する必要があるので、ズーム機能を求める際には望遠レンズを用意する必要があります。

一方、あらかじめズームレンズが備わっているデジタルカメラであれば、1台でさまざまなシーンをカバーできるので便利です。そこで今回は高倍率ズームデジカメのおすすめモデルをご紹介。SNSで映える写真を撮りたい方はぜひチェックしてみてください。

高倍率ズームデジカメのメリット

By: amazon.co.jp

コンデジなどのレンズ一体型のデジカメにはズーム機能がついていますが、より遠くの被写体を撮影するには、ズーム倍率が高いズームレンズを搭載した高倍率ズームデジカメが便利です。

写真の画質はカメラに搭載されているイメージセンサーの大きさによって変わりますが、ほとんどの高倍率ズームデジカメは面積の小さな1/2.3型を採用。カメラのなかではセンサーサイズが小さいため、価格も比較的お手頃な製品が揃っています。

どんな撮影をしたい方におすすめ?

旅行など持ち運びをメインとするなら、軽量なコンデジがおすすめ。手の届きやすいエントリーモデルはもちろん、最近は各メーカーの技術革新に伴って高級モデルも多数リリースされています。なお、夜景モードが搭載されていたり、防水に対応していたり、撮影した写真を加工できたりと、製品によって搭載されている機能は異なるので、予算と求める性能を考慮して選ぶようにしましょう。

一方、運動会など遠くの被写体や動きのある被写体を撮影するなら、やや大きめの高倍率ズームデジカメがおすすめ。見た目は一眼レフやミラーレスと似ていますが、レンズが一体となっているので、汎用性が高いのが特徴です。

高倍率ズームデジカメの選び方

ズームの倍率で選ぶ

高倍率ズームデジカメの倍率は製品によってカバーする範囲が異なり、20倍程度のモノから100倍を超えるモデルまでさまざまです。本体サイズは倍率が高いものほど、総じて重く、大きくなる傾向にあるので、目的に応じて倍率と持ち運びしやすさのバランスを考慮するようにしましょう。

高倍率ズームデジカメは一眼レフやミラーレスと異なり、レンズ交換できないため、搭載されているレンズの焦点距離を確認することが大切。コンデジにおいては28〜50mm程度のレンズが標準ですが、この値が小さければ小さいほど広い視野角で撮影ができるため、風景を撮りたいときや室内撮影に適しています。

一方、400mm以上の望遠レンズであれば、より被写体にズームした撮影が可能です。スポーツの試合を観戦する場合や野鳥を撮りたい場合は、遠距離撮影ができる望遠レンズ対応のモデルを選んでみてください。

F値(絞り)で選ぶ

カメラレンズの明るさを表す指標がF値。F値が小さいほど、明るいレンズと言えます。ズームデジカメのF値は、F3.3〜F6.9などと表されるのが一般的。小さな数値が広角端の明るさを、そして大きな方が望遠端の明るさを示しています。

超望遠撮影ができる高倍率ズームデジカメでは、F値3〜6が主流。なかには、広角〜望遠全域でF2台という明るいレンズを搭載したモデルもあります。なお、明るいレンズを搭載している機種はそれに応じて高価格帯となっているので、リーズナブルなモデルを探している方は注意しておきましょう。

本体サイズで選ぶ

高倍率ズームデジカメは片手に収まるコンパクトタイプからカメラを両手でしっかりとホールドタイプまであり、サイズや重量は多岐に渡ります。

倍率の高いデジカメを選べば、レンズが長くなり必然的に本体サイズも大きく重量も重くなるモノがほとんど。逆に持ち運びをメインに考え、できるだけコンパクトな高倍率ズームデジカメを選ぶと、レンズのズーム倍率や撮影した写真の明度が下がる可能性もあります。その点は留意しておきましょう。

高倍率ズームデジカメのおすすめ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-HX400V

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-HX400V

光学50倍ズームを搭載し、手ブレ補正機能で静止画も動画も快適に撮影できる高倍率ズームデジカメ。広角24mmから望遠1200mmのズーム時まで、2群防振手ブレ補正で安定したフレーミングが可能なほか、握りやすいデザインを採用しているのも特徴です。

フルHD動画撮影時は垂直・水平・回転・上下・左右の5軸方向を、電子式手ブレ補正でサポート。さらに、動画時はロックオンAFに対応しているので、子どもの運動会やスポーツ、ペットなど動きの速い被写体にもしっかり捉えることができます。

パートカラーやイラスト調など13種類のエフェクトを内蔵しており、その内の7種類は動画でも使用が可能。周囲の景色を360°撮影できるパノラマにも対応しています。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX800

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX350

4K動画が撮影できるタッチパネル操作に対応した30倍ズームデジカメ。焦点距離24〜720mmの幅広い撮影領域に対応するほか、手ブレ補正能力が高いのがメリットです。

素早くピント合わせできる上に鮮明な画像を撮影することが可能。約0.09秒という高速なオートフォーカス性能も魅力で、秒間最大10コマの連写にも対応します。

同社デジタル一眼カメラα7シリーズに採用されている「ファストインテリジェントAF」を搭載しているのもポイント。シャッターボタン半押しの前からカメラがピントを予測し始めるので、半押しすると同時にピントが合うのも便利です。

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX350

ソニー(SONY) サイバーショット DSC-WX350

164gの軽量ボディに25~500mmの光学20倍ズームを搭載したモデル。全画素超解像ズームを使用すると最大40倍まで解像感を保ちます。光学式手ブレ補正に対応しており、高倍率ズーム時も安定した撮影が可能です。

メカニカルシャッターによる10コマ/秒の高速連写で、動きの速い被写体をしっかり捉えるのもポイント。「プレミアムおまかせオート」ではISO最大12800に対応しているため、暗い場所や逆光時でもブレを軽減したキレイな写真が簡単に撮れます。

1回の充電で約470枚撮影できるスタミナを備えているため、観光や旅行など長時間の撮影におすすめ。Wi-Fiにも対応しており、撮ったその場で家族や友人とシェアできるため使い勝手も良好です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

見た目は一眼レフのようですが、24~3000mm相当の超望遠光学125倍ズーム機能を備えた高倍率ズームデジカメ。本体重量は1415gとやや重さは気になりますが、望遠撮影でも手ブレを軽減するために、補正効果5段という高い性能の手ブレ補正機構を搭載しているのが特徴です。

角速度センサーで検知した手ブレ情報に加え、ブレの方向と量の情報という2つの情報を基づいて手ブレを補正しているのがポイント。シャッタースピードを上げた際に適正露出が得られない、あるいは高感度になり過ぎるといった、従来の欠点を改善しています。

被写体を見失いがちな超望遠撮影で便利なのが、「クイックバックズーム」機能。ボタンを押すと一時的に広角側にズームバックするので、被写体を捉えやすいのもメリットです。

なお、動画も超望遠で撮影可能。4KUHDで被写体の細部までクリアに撮れます。最長撮影時間も29分と長く、ステレオ音声付き動画の撮影が可能なので、汎用性の高いデジタルカメラを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) COOLPIX B500

ニコン(Nikon) COOLPIX B500

チルト式液晶モニターを採用し、さまざまなアングルから自撮りができるデジカメ。焦点距離は22.5〜900mmで、広角撮影できるのがメリットです。デジタルズームの「ダイナミックファインズーム」を利用すれば、倍率80倍まで拡張できます。

ピント合わせに要する時間はわずか約0.17秒で、シャッターボタンを押してから実際に撮影するまでの撮影タイムラグも最速で約0.2秒と短いのも特徴。連写性能は最大画像サイズで約7.7コマ/秒とシャッターチャンスに強いカメラです。

超望遠ズーム時に見失った被写体を捉え直すクイックバックズームボタンや、シャッターボタンに指を置いたままズームできるサイドズームレバーなど操作性が充実しているのも魅力。スマホやタブレットに対応アプリをダウンロードすれば画像の転送も容易です。

人肌や夜景を美しく撮影する機能も備わっているので、機能性の高いモデルを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot SX70 HS

キヤノン(CANON) PowerShot SX70 HS

焦点距離21〜1365mm撮影ができる光学65倍ズーム搭載の高倍率デジカメ。デジタルズームの「プログレッシブファインズーム」を利用すれば130倍まで拡大できます。有効画素数が約2110万画素と多いので、高精細な写真を撮影できるのが特徴です。

初心者に便利な機能が「フレーミングアシスト」。あらかじめ被写体の撮影範囲を設定しておけば、被写体の大きさをキープしながらカメラが自動で撮影してくれます。オートフォーカススピードが約0.16秒と高速なのもメリット。毎秒約10.0コマと連写性能も良好です。

また、Bluetoothでリモート撮影できる「ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1」が付属しているのもポイント。カメラの5m以内からリモートで撮影できるので、自撮りはもちろん、集合写真を撮る際にも便利です。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot SX740 HS

キヤノン(CANON) PowerShot SX740 HS

小型ながら高倍率で高画質な撮影ができるモデル。焦点距離は24〜960mmに対応しているほか、光学40倍ズームと約80倍の「プログレッシブファインズーム」を採用しており、きれいな解像度のまま遠くの被写体の細部まで映し出せます。

また、上側約180°に可動するチルト液晶は多彩なアングルで自撮りが可能。自撮りモードでは背景がしっかりとボケるほか、肌質の質感調整が簡単に行えるのも特徴です。

4K動画撮影にも対応しているのも魅力。「ショートクリップ動画」では約4・6・8秒の短い動画をつなぎ合わせることができるので、ショートムービーも容易に作成できます。

専用アプリをダウンロードすればスマホへの画像送信も簡単にできるほか、撮影モードが豊富なのもポイント。自撮りモードのほかに料理モードなどを搭載しているため、SNSで映える写真を頻繁にアップしたい方におすすめです。

▼撮影イメージ

キヤノン(CANON) PowerShot SX620 HS

キヤノン(CANON) PowerShot SX620 HS

軽量コンパクトな高倍率ズーム対応のデジカメ。持ち運びに便利なのが特徴です。倍率は光学25倍とやや控えめですが、焦点距離は25〜625mm相当の範囲をカバー。高性能のデジタルズーム「プログレッシブファインズーム」を使えば50倍(1250mm相当)まで距離が伸びるので、遠くの被写体もしっかりと捉えることができます。

価格は1万円台とリーズナブルながら、レンズF値が3.2と明るいのがポイント。1920×1080画素のフルハイビジョン動画撮影ができるほか、Wi-Fiにも対応しています。

重さは約182g、幅は96.9mmとスリムなので使い勝手は良好。難しい設定をしなくてもカメラが32シーンを認識して、キレイな写真が簡単に撮れる「こだわりオート」も搭載しているのも魅力です。カメラ初心者はもちろん、コスパ重視で旅行用のデジカメを探している方にもおすすめのモデルです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC FZ300

パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC FZ300

焦点距離25〜600mmのライカ社製DCレンズを装着した光学24倍ズームのデジカメです。広角〜望遠全域に渡ってF値がF2.8と明るいレンズを装着しているのが特徴。サイズは幅131.6×高さ91.5×奥行き117.1mm、重量約691gで、ボディはホールドしやすい形状を採用しています。

シャッターチャンスを逃さず撮影できる便利な機能が「4Kフォトモード」。「4K連写」時には、毎秒30コマの速さで、連写速度を落とさずに最大約30分間まで連写できます。さらに、アスペクト比(縦横比)が4つあるのもポイント。アスペクト比4:3、3:2、16:9、1:1の撮影ができるので、被写体や構図によって選べます。子どもの運動会やイベント時の撮影など、決定的なシャッターチャンスを逃したくない方におすすめの製品です。