旅行やお出かけなどのシチュエーションに役立つ「自撮り向けデジタルカメラ」。持ち運びに便利なコンパクトサイズのモデルから、機能性を重視した高性能モデルまで、さまざまな製品が存在します。

今回は、自撮り向けデジタルカメラのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

デジタルカメラで自撮りをするメリット

By: sony.jp

デジタルカメラは、高画質撮影を実現するセンサーやレンズを搭載しているので、スマートフォンよりも高画質かつ高コントラストの静止画や動画を撮影できます。

コンデジやミラーレスカメラは、イメージセンサーが大きいのも特徴。背景ボケを使って被写体を強調したり、暗い場所でも顔を明るく写したりできます。

また、デジタルカメラは周囲の環境や好みに合わせて、カメラ設定を細かく調節可能。ISO感度・シャタースピード・F値などを変更しながら、より高画質な自撮りを楽しめます。

自撮り向けデジタルカメラの選び方

液晶が可動式のモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

写り方をチェックしながら自撮りをするためには、可動式の液晶モニターを選ぶことが大切です。コンデジやミラーレスカメラで採用している可動式液晶モニターは、チルト式とバリアングル式の2種類。それぞれ操作方法や利便性が異なるので、あらかじめ特徴を把握しておきましょう。

チルト式は、上下方向に液晶モニターを動かしながら構図をチェックするタイプ。バリアングル式に比べてモニターを開くまでの工程が少ないので、すばやく撮影に臨めます。ローアングルからハイアングルまで、さまざまな構図で撮影をおこなえるのが特徴です。

バリアングル式は、上下と横方向に液晶モニターを動かしながら使用するタイプ。チルト式よりも可動範囲が広く、縦向きの撮影にも対応しています。全身を写しながら自撮りをするときにもおすすめです。

手ブレ補正の性能が高いモデルがおすすめ

By: sony.jp

カメラを高く持ち上げて撮影したり、片手でシャッターを押したりするときは手ブレが発生しやすいので注意しましょう。安定した写真や映像を撮影したいときは、手ブレ補正性能に優れた製品がおすすめです。

デジタルカメラのなかには、回転軸補正・水平回転軸補正・縦回転軸補正・上下補正・左右補正の「5軸手ブレ補正機能」を搭載した製品も存在します。さまざまな方向のブレを低減できるため、歩きながら自撮りするときや、不安定な姿勢で撮影するときにも便利です。

小型・軽量なモデルを選ぼう

By: sony.jp

快適に自撮りを楽しみたいなら、片手で操作しやすい小型かつ軽量な製品を選びましょう。携帯性に優れたモデルは、Vlogや旅行などのシーンでもアクティブに使用できます。

ミラーレスカメラはセンサーサイズが大きく、コンデジと比べて持ち運びに不便な傾向があるので注意が必要。レンズを含むサイズや重量をチェックしておくのがおすすめです。

レンズの焦点距離は24mm程度がおすすめ

By: canon.jp

自撮り対応のデジタルカメラを選ぶときは、35mm換算で焦点距離24mm程度のレンズを選びましょう。広角レンズほど、より広範囲にピントを合わせやすく、背景と人物を鮮明に撮影できます。また、複数人で自撮りするときにも便利です。

デジタルカメラを持ちながら自撮りするときは、カメラと人物の距離を合わせにくく、顔だけが大きく写ってしまう傾向があります。背景と人物を同時に写したいときは、広角撮影に対応したレンズがおすすめです。

スマートフォン連動機能があると便利

By: sony.jp

利便性を重視している方は、デジタルカメラとスマートフォンを連動できる製品を選びましょう。

専用アプリを使うことで、デジタルカメラとスマートフォンの連携が可能。撮影データをスマートフォンやタブレット端末に転送したり、遠隔地からシャッターを押したり、さまざまな機能を活用できます。リアルタイムでSNSに写真や動画をアップロードしたい方にもおすすめです。

その他の機能をチェック

顔検出・瞳オートフォーカス

By: sony.jp

オートフォーカスとは、カメラが被写体を認識して自動でピントを合わせる機能です。マニュアルフォーカスと比べて簡単に被写体を捉えられるため、カメラ初心者でもクオリティの高い写真や動画を撮影できます。

デジタルカメラのなかには、人物の顔や瞳を認識して被写体を追従する機能を搭載した製品も存在。動いている被写体にピントを合わせ続けられるので、歩きながら自撮りをするときも表情を鮮明に撮影できます。

美肌モード

By: canon.jp

デジタルカメラのなかには、人肌の色合いを補正する機能や、美肌効果機能を搭載した製品が存在します。美肌モードは、ナチュラルで美しい見た目に仕上がるのが特徴。違和感の少ない自然な肌質を表現できます。

あらかじめ美肌モードを選択するだけで、カメラが自動で補正をかけてくれるのが魅力。わざわざ動画編集ソフトで加工したり、フィルターを使ったりする必要はありません。

防水機能

デジタルカメラをアウトドアシーンで使用するなら、防塵や防滴性能に優れた製品がおすすめです。精密機器は砂埃や水の影響を受けやすく、故障するケースも珍しくありません。

防塵や防滴設計を施していると、屋外でもアクティブに使用できます。ボディ表面だけでなく、操作ボタンやダイヤルの防塵防滴性能もチェックしましょう。

自撮り機能付きデジタルカメラのおすすめ|コンデジ

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ RX100VII

コンパクトサイズながら高画質性能を搭載したデジタルカメラです。チルト可動式の液晶モニターを搭載しており、ローアングルやハイアングルなど、さまざまな構図で自撮りを楽しめます。タッチしたポイントに自動でピントを合わせられるのも便利です。

AIを活用した「物体認識アルゴリズム」を採用。瞳・顔・色などを認識して、動く物体を自動追従します。人物の瞳を認識してピントを合わせる「リアルタイム瞳AF」を搭載しているので、表情の変化を撮影しやすいのもポイントです。ほかにも、自撮りだけでなく、ポートレート撮影にも活躍します。

専用アプリ「Imaging Edge Mobile」をインストールすると、スマートフォンと連携が可能。Bluetooth経由で位置情報を取得したり、撮影データを送ったり、さまざまな機能を活用できます。また、スマートフォンを使ってシャッターを押せる「スマートリモコン」に対応しているのも魅力です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ VLOGCAM ZV-E10

Vlog撮影に特化した機能を搭載したデジタルカメラです。構図に合わせて自由自在に動かせるバリアングル液晶モニターを搭載しており、画角をチェックしながら撮影に臨めます。人肌の色合いを補正する機能や、肌を明るく撮影する「美肌効果」モードを使用することで、より美しい自撮りを楽しめるのが魅力です。

「背景ぼけ切り換え」や「商品レビュー用設定」など、Vlogで多用する撮影モードを搭載。「背景ぼけ切り換え」では、背景にぼかしを加えることで、被写体を強調できます。セルフィーやポートレート撮影にもおすすめです。ほかにも、「商品レビュー用設定」は、顔と商品のピント移動をスムーズにおこなえます。

また、動画撮影用の電子式手ブレ補正機能「アクティブモード」も搭載。優れた手ブレ補正を発揮するため、手持ちでも快適な撮影をおこなえます。Wi-Fiを使用すると、撮影したデータをスマートフォンに転送することも可能です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G5 X Mark II

小型軽量ながら高画質撮影を実現したデジタルカメラです。上下に可動するチルト式液晶モニターを採用。ローアングルからハイアングルまで、さまざまなシチュエーションで撮影を楽しめるのが魅力です。液晶モニターはタッチパネル式のため、初心者でも直感的に使いこなせます。

コンパクトサイズながら高精細な4K動画撮影が可能。「4Kフレーム切り出し」にも対応しており、4K動画のなかから静止画を切り出せます。動画撮影時に発生しやすい手ブレを低減する「5軸手ブレ補正」を搭載しているのも魅力です。手持ちでも安定した映像を撮影できます。

専用アプリ「Camera Connect」をインストールすると、スマートフォンとの連携が可能。撮影したデータをスマートフォンやタブレット端末に転送したり、カメラ設定を調節したり、さまざまな機能を活用できます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ DC-TX2

広角撮影から望遠撮影まで楽しめるデジタルカメラです。本体重量は約298g。コンパクトサイズかつ軽量化を実現しているので持ち運びやすく、気軽に自撮りを楽しめます。液晶モニターは静電容量式タッチパネルモニターを採用しており、オートフォーカスの切替えやシャッターを押せるのもポイントです。初めての方でも直感的に使いこなせます。

高速かつ正確なオートフォーカスを実現する「空間認識AF」を搭載。マクロから望遠までスピーディーにピントを合わせます。動き回る被写体にも追従するため、子供や動物の撮影にもおすすめです。

ポップ・レトロ・モノクロームなど、22種類のフィルターを搭載。撮影時に好みのフィルターを設定するだけで、クリエイティブな写真を撮影できます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ DC-TZ95

広角24mmから望遠720mmまでの撮影を楽しめるデジタルカメラです。「超解像iAズーム」を採用しており、高解像度を保ちながらズーム撮影を楽しめます。本製品は、上方向に約180°可動できるチルト式タッチパネルモニターを搭載。構図を確認しながら自撮りをおこなえます。

人の顔や瞳を認識してピント合わせができるのも魅力。カメラ操作に慣れていない方でも印象的な写真を撮影できます。パナソニック独自の「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載しており、手持ちでも安定した映像に仕上がるのもポイントです。

専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすると、スマートフォンやタブレット端末と連携可能。撮影データを転送したり、遠隔地からシャッターを押したり、さまざまな機能を活用できます。機能性だけでなく、使いやすさにこだわっているのも特徴です。

▼撮影イメージ

自撮り機能付きデジタルカメラのおすすめ|ミラーレス

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α7C ILCE-7CL

コンパクトサイズかつ軽量化を実現したフルサイズミラーレス一眼カメラです。バリアングル液晶モニターを採用しているので、構図に合わせてモニターを自由自在に動かせるのが特徴。モニターで画角をチェックしながら自撮りを楽しめます。

ハイエンドモデルでも採用している「4Dフォーカス」を搭載。撮像領域の約93%をカバーするAFセンサーにより、被写体を瞬時に捉えてピントを合わせます。また、被写体の瞳を認識して追従する「リアルタイム瞳AF」を搭載しているのも魅力です。

操作ボタンやダイヤルには、防塵や防滴に配慮した設計を採用。水滴や砂埃の影響を受けやすい環境でもアクティブに使用できます。ボディにはフルマグネシウム合金を使用するなど、コンパクトサイズながら優れた堅牢性を発揮するのもポイントです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS M6 Mark II 3612C004

高画質性能と利便性を兼ね備えたミラーレスカメラです。チルト式液晶モニターを採用しているので、上下方向にモニターを動かせます。ローアングルからハイハングルまで対応。液晶モニターで映り方をチェックしながら自撮り撮影を楽しめます。

キヤノン独自の映像エンジン「DIGIC 8」を搭載。オートフォーカスや高速連写などの性能も優れています。シーンインテリジェントオート・プラスムービーオート・クリエイティブフィルターなど、快適な撮影をサポートする機能が充実しているのもポイントです。

専用アプリ「Camera Connect」をインストールすると、スマートフォンとミラーレスカメラの連携が可能。撮影した写真や動画をその場で共有できるため、SNSのアップロードもスムーズにおこなえます。「GPSモバイルリンク」にも対応しており、Bluetooth経由で位置情報を得られるのも特徴です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS RP 3380C001

約485gの軽量化を実現したフルサイズミラーレスカメラです。前後と水平に可動するバリアングル液晶モニターを採用しているので、ローアングルからハイアングルまで撮影できます。モニターで画角をチェックしながら自撮りを楽しめるのも魅力です。

手ブレ補正機能「デュアルセンシングIS」を搭載。レンズだけでなくボディ側でもブレを補正するため、ブレの少ない写真を撮影できます。暗い場所で撮影したり、シャッタースピードを遅くしたりするときにも便利です。

キヤノン独自のAF技術「デュアルピクセルCMOS AF」を採用。動きのある被写体も鮮明に捉えられます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) 一眼カメラ DC-G100

持ち運びに便利なコンパクトサイズかつ軽量化を実現したミラーレスカメラです。本体のみの重量は約345g。携帯性に優れているため、散歩や旅行にも活用できます。タッチパネル搭載のフリーアングルモニターを採用。ハイアングルでもモニターをチェックしながら自撮りを楽しめます。

「5軸ハイブリッド手ブレ補正」機能を搭載。微細な手ブレまで補正するため、手持ちでも安定した映像を撮影できます。動画撮影時には液晶モニターの周辺を赤枠で囲うので、録画中・待機中を確認しやすいのもポイントです。

専用アプリ「LUMIX Sync」をインストールすると、スマートフォンとミラーレスカメラの連携が可能。撮影したデータをスマートフォンやタブレット端末に転送できるため、SNSへのアップロードもスムーズにおこなえます。また、「Bluetoothリモコン」に対応しているので、遠隔操作でシャッターを押せるのも魅力です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) ミラーレスカメラ Z 50

機能性と操作性に優れたDXフォーマットのミラーレスカメラです。ボタン配置にもこだわっており、片手で持ちながらシャッターを押せるのが特徴。ポーズをとりながら自撮り撮影を楽しめます。上下に可動するチルト式液晶モニターを採用しているので、映り方を確認しながら撮影できるのもポイントです。

動画撮影時には「電子手ブレ補正」がはたらくので、手持ちでも安定した動画を撮影できます。また、ドリーム・ポップ・サンデーなど、20種類の「Creative Picture Control」を搭載。フィルターを指定するだけで、クリエイティブな静止画や動画に仕上がります。専用アプリ「Snap Bridge」をインストールすると、スマートフォンやタブレット端末との連携も可能です。

▼撮影イメージ