最近の「デジタルカメラ」には、小型軽量モデルはもちろん、美肌モードなど自撮りに便利な機能が充実したモデルも多く存在します。また、暗い場所での自撮りにも対応できるモデルや、手ブレをカバーできるモデルなら、よりクオリティの高い自撮りに対応することが可能です。

そこで今回は、自撮り機能付きデジタルカメラの選び方とおすすめ製品をご紹介します。スマホではイマイチ物足りない方は、ぜひ購入を検討してみてください。

自撮りがしやすいデジタルカメラの選び方

液晶画面が回転できるかどうかで選ぶ

By: nikon-image.com

自撮りをするときは、液晶画面を回転させて実際に画面を見ながら撮影できる製品がおすすめです。画面を見ながら撮影することで、思い通りの構図で撮影しやすくなり、完成度が高まります。

液晶画面の主な回転方法は、上下180°に回転する「チルト式」の製品と、上下左右へ自由に動かせる「バリアングル式」の2種類。バリアングル式を採用したモデルは、より躍動感にあふれた自撮り写真を撮ることが可能です。

また、自撮り撮影するときに、シャッターボタンが押しやすいかどうかも大切なポイント。フロント部分にシャッターボタンが付いている製品や、液晶画面を直接タッチして撮影可能な製品もおすすめです。

手ブレ補正があるかどうかで選ぶ

自撮りを行う際は、片手で支えるか、自撮り棒を使って撮影するケースがほとんどです。両手にデジタルカメラを持って撮影するときに比べるとブレやすくなるため、手ブレ補正機能が搭載されているモデルを選びましょう。

最近のデジタルカメラは、手ブレ補正機能を搭載したモノが一般的。手ブレ補正機能には、大きく分けて「電子式」と「光学式」の2種類があります。光学式のモノは電子式のモノより高価ですが、手ブレ補正効果は高いのが特徴です。

手ブレが起こりやすい自撮りには、光学式の手ブレ補正機能を搭載したモデルが適しています。

サイズや重量で選ぶ

By: canon.jp

自撮りは主に片手や自撮り棒で行うため、できるだけ小型軽量のデジタルカメラを選びましょう。あまり大きなモデルを選ぶと、片手で上手くシャッターを押せなかったり、重さで手ブレが発生しやすくなったりするので、注意が必要です。

片手におさまるコンパクトサイズで、かつ長時間持ち続けても手が疲れないタイプの製品がおすすめ。また、自撮り向けにシャッターボタンが2つある「Wシャッター機能」を搭載した製品や、液晶画面をタッチするだけで撮影できる製品など、自撮り向けの機能が多い製品も多くラインナップされています。

機能で選ぶ

By: panasonic.jp

肌の明るさや輪郭のスリム化ができる美肌機能を搭載しているモデルなら、よりキレイに自撮りができます。また、複数人で撮影することが多い方や自撮りするときも背景をしっかりと入れたい方は、広い範囲を写せる広角レンズが搭載されたモデルを選ぶのがおすすめです。

そのほか、必要ない部分を消去できる機能など、製品によって多彩な機能を備えています。理想通りの自撮りができるよう、機能面もチェックして選んでみてください。

スマホと連携できるかどうかで選ぶ

By: panasonic.jp

自撮りした画像をSNSなどに投稿したい方は、Wi-FiやBluetoothに接続して、スマホへ自動的に画像を転送できるモデルがおすすめ。ケーブルを使って写真を取り込む手間が省けて便利です。

また、専用のアプリをダウンロードし、BluetoothやWi-Fiでスマホと接続することで、リモート撮影ができるモデルも多く発売されています。カメラを置いて、離れた場所からスマホを操作してシャッターが切れるので、自撮りや集合写真も手軽に行えるのが魅力です。

ミラーレス一眼かコンデジかで選ぶ

ミラーレス一眼

By: rakuten.co.jp

自撮りにおすすめのデジタルカメラには、主に「ミラーレス一眼」と「コンデジ」の2種類があります。ミラーレス一眼の特徴は、レンズ交換が可能なこと。撮影したい被写体やシーンに応じて自由にレンズを換装できるので、レンズ固定式のコンデジよりも高い対応力を持っています。

背景をぼかしたり、夜景をバックに撮ったりしたい場合は「大口径レンズ」、背後の風景を広く取り込みたい場合は「広角レンズ」という使い分けが可能です。

コンデジと比較すると、交換レンズの分だけやや重くかさばるのが難点。同じレンズ交換式の「一眼レフカメラ」と比べると小型軽量ですが、携帯性ではよりコンパクトなコンデジにかないません。ミラーレス一眼は、自撮りにこだわって多彩な表現を取り入れたい方におすすめです。

コンデジ

By: rakuten.co.jp

コンデジの特徴は小型軽量で持ち運びが簡単にできること。電源をオフにするとレンズが折り畳まれる沈胴構造を採用した機種が多いので、ポケットやバッグへ楽に収納できます。重さもミラーレス一眼と比べて一回り以上軽いため、長時間持ち歩いて自撮りを楽しんでも疲れにくいのがポイントです。

ミラーレス一眼と違ってレンズを交換できないのが難点。1本のレンズだけで全ての被写体やシーンを撮影しなければいけないので、状況の対応力では劣ります。ただし、大型センサーや大口径レンズを搭載した高級コンデジなら、ミラーレス一眼に匹敵する画質を得られるのがポイント。画質と携帯性を両立したい方にもおすすめです。

自撮り機能付きデジタルカメラのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: canon.jp

「キヤノン」のデジタルカメラは、世界中から高い人気を集めています。遠くの被写体をレンズでしっかり捉え、液晶モニターに鮮明に映し出す技術により、撮りたい瞬間を逃さず撮影しやすいのが特徴です。

キヤノンの製品は、高倍率なレンズと高画質な液晶モニターが魅力。プリンターを手がけるメーカーでもあるため、鮮やかなカラーや肌を美しく表現する機能に優れています。

プロ用や業務用のカメラを手がける技術がデジタルカメラにも活かされているので、プロのような写真を簡単に撮りたい方にもおすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

大手電機メーカーの「パナソニック」は、世界で初めてミラーレス一眼を販売したメーカー。以前からデジタルカメラを手がけ、人気モデルを多数展開しています。

パナソニックのデジタルカメラは、ドイツの高級カメラメーカー「ライカ」と提携して生産する高品質なレンズが魅力です。高速フォーカス機能に優れたデジタルカメラは、高画質な動画も撮影できると評判。スリムでおしゃれなデザインも人気の理由です。

スタイリッシュなカメラを探している方や、静止画だけでなく動画もキレイに自撮りしたい方におすすめのメーカーです。

自撮り機能付きデジタルカメラのおすすめモデル

キヤノン(Canon) EOS M200

キヤノン(Canon) EOS M200

コンパクトで携帯しやすい、かわいらしいミラーレス一眼です。大型のAPS-Cセンサーを搭載しながら重さが約299gと軽量コンパクトなので、片手でも楽に扱えて持ち運びが簡単。また、合計10種類の専用フェイスジャケットが別売りで用意されており、洋服と合わせたコーディネートも楽しめます。

液晶モニターには、上方向に180°回転可能なチルト式を採用。タッチ操作に対応しているため、ピント合わせや各種設定の調節も直感的に行えます。

さらに、各撮影モードの効果を写真やイラストを交えて視覚的に表示する「ビジュアルガイド」機能も搭載。ミラーレス一眼を使うのが初めての方でも、親しみながらカメラを操作できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss M

キヤノン(Canon) EOS Kiss M

旅行やイベントで幅広く活躍できるミラーレス一眼。初心者やファミリー層から人気を集める、「EOS Kiss」シリーズのミラーレス版です。バリアングルモニターと電子ファインダーを搭載しながら重さが約390gと軽いので、外出先でも軽快に撮影を楽しめます。

バリアングルモニターには、タッチパネルを内蔵。背景のボケ具合や明るさ、鮮やかさなどをスライド操作で直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」機能を搭載しているため、自撮りの際もイメージに近い写真を撮影できます。

レンズ側の補正ユニットと連携して、高精度に手ブレを補正する「デュアルセンシングIS」にも対応。補正ユニットを内蔵するレンズが別途必要ですが、自撮り時の失敗を効果的に抑えたい方におすすめです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX GF10

パナソニック(Panasonic) LUMIX GF10

おしゃれなデザインと自撮りに特化した機能が魅力のミラーレス一眼です。サテン調フレームに合皮素材があしらわれた、エレガントで上質なデザインが女性を中心に人気。重さも約270gと軽量コンパクトなので、気軽に持ち運べます。

液晶モニターは上方向に180°チルトが可能です。モニターを反転させると「自分撮りモード」に自動で移行。「Wシャッター」構造によって本体左側の「Fn3」ボタンがもう1つのシャッターボタンに変わるため、右手でも楽に自撮りができます。

撮影時はカウントダウンが表示されるので、グループ自撮りの際もタイミング合わせが簡単。また、「夜景セルフィーモード」や「広角4Kセルフィー」「美肌効果モード」など、自撮りに特化した機能も充実しています。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-PL10

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-PL10

多彩なフィルター効果で印象的な自撮りが楽しめるミラーレス一眼です。金属フレームに革調素材を配した高品位なデザインは、普段使い用のカメラとしても人気。重さは約380gと軽量小型なので、旅行でもかさばらず快適に扱えます。

液晶モニターは下方向に180°回転可能なチルト式。タッチ操作とスライド操作にも対応しているため、スマホ感覚でピント合わせや各種設定の変更が行えます。また、ボディ内に手ぶれ補正機能を備えているので、さまざまなレンズでブレにくい安定した写真を撮影可能です。

Instagramのような芸術的なフィルター効果が楽しめる、16種類31タイプの「アートフィルター」も魅力。新機能「ファインチューン」を使えば、フィルターのかかり具合を自由に調節できます。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M5 Mark III

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M5 Mark III

長期旅行やアウトドアシーンでも積極的に自撮りを楽しみたい方におすすめのミラーレス一眼です。剛性が強化された軽量素材をボディに採用することで、約414gの軽さを実現。また、防塵・防滴・耐低温の耐候性を備えているので、さまざまな環境で故障しにくく撮影に集中できます。

液晶モニターには、自在に回転が可能なバリアングル式を採用。さらに、最大5.5段分の補正が可能な「ボディ内5軸手ぶれ補正機構」を搭載しているため、自撮りなどのカメラがブレやすいシーンでも失敗を避けやすいのが魅力です。

そのほか、上位モデル譲りの高速かつ高精度なAFシステムによって、ピント合わせも快速。また、Wi-FiとBluetoothを内蔵しているので、スマホとの連携もスムーズに行えます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X-A7

富士フイルム(FUJIFILM) X-A7

レトロで優しい色合いの自撮り写真が楽しめるミラーレス一眼。富士フイルムの、80年以上に及ぶ色彩表現のノウハウが凝縮されています。「フィルムシミュレーション」機能を使用すれば、フィルム独自の彩美を手軽に再現可能です。

液晶モニターには、アングルが自在に変更できるバリアングル式を採用。タッチパネル操作で、明るさや鮮やかさ、背景のボケ具合、美肌効果の強弱などを直感的に調節できます。

人物の顔や瞳を検出してピントを合わせる「顔・瞳オートフォーカス」も搭載。被写体が動いた場合もAFが滑らかに追い続けるため、積極的に構図を変えながら自撮りを楽しめます。また、暗い室内でもAFが駆動するので、パーティー会場での自撮りにもおすすめ。クラシックカメラがモチーフの、洗練されたデザインも魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot SX740 HS

キヤノン(Canon) PowerShot SX740 HS

自撮りにも使える、コスパに優れた高倍率モデルのコンデジです。重さ約299gの小型軽量ボディに、汎用性の高い倍率40倍の高倍率ズームレンズを搭載。「デュアルセンシングIS」にも対応するので、望遠でも手ブレを抑えた高精細な写真が撮影できます。

液晶モニターには、上方向に180°回転可能なチルト式を採用。表情や構図をリアルタイムで確認しながら、楽な姿勢で自撮りが楽しめます。

モードダイヤルに「自分撮りモード」が搭載されているのも特徴。明るさや美肌効果を画面のスライド操作で調節しつつ、キレイに自撮りできます。また、連写した2枚の画像を合成処理することで、背景ボケを再現する機能が搭載されているのもポイントです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G7 X Mark III

キヤノン(Canon) PowerShot G7 X Mark III

高画質な自撮りを軽快に楽しめる、高級コンデジです。重さ約304gの軽量ボディながら、高性能な「1.0型 積層型CMOSセンサー」とズームレンズを搭載。高級スマホを凌駕する画質と、美しいボケ味の写真が手軽に撮影できます。

液晶モニターには、上方向に180°、下方向に45°まで回転可能なチルト式を採用。イメージに近い写真が直感的に再現できる「クリエイティブアシスト」や、簡単操作で魅力的な自撮りができる「自分撮りモード」も搭載されています。

4K動画の撮影に対応しているのも魅力。さらに、Wi-Fiと接続すれば、直接YouTubeでリアルタイム配信できる「ライブ配信サービス」も使用可能です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

画質に強いこだわりのある、本格派の方におすすめの高級コンデジです。重さ約399gの軽量コンパクトなボディには、ミラーレス一眼にも採用される大型のAPS-Cセンサーと、大口径ズームレンズを搭載。ミラーレス一眼と同等以上の高画質を実現可能です。

液晶モニターには、アングルが自在に変えられるバリアングル式を採用。「自分撮りモード」も搭載しているので、ボタンやダイヤルの操作が苦手な初心者でも、直感的に高画質な自撮りを楽しめます。

事前登録した人物の顔を検出して、優先的にピントと明るさを合わせる「個人認証」機能を搭載しているのもポイント。グループ旅行やホームパーティにもおすすめです。また、防塵・防滴構造を採用しているため、アウトドアシーンでも活躍できます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX TZ95

パナソニック(Panasonic) LUMIX TZ95

自撮りに特化した機能が充実している、高倍率モデルのコンデジです。重さ約328gの軽量コンパクトなボディには、倍率30倍の高倍率ズームレンズを搭載。風景や人物、乗り物、動物などの幅広い被写体に対して1台で対応できるので、旅行用としてもおすすめです。

チルト式の液晶モニターを上方向に180°回転させると、自動的に「自分撮りモード」に移行するのが特徴。各種操作がタッチパネルで行えるほか、カウントダウン表示・撮影枚数の指定・美肌効果の適用ができるため、自撮りが手軽に楽しめます。

また、多彩な自撮り機能もポイント。30コマ/秒で高速連写して瞬間の表情を切り取る「4Kセルフィー」をはじめ、風景の広い範囲を背景に取り込める「広角4Kセルフィー」や「自分撮りパノラマ」機能などが搭載されています。

▼撮影イメージ