最近のデジタルカメラは小型化や軽量化が進んでいるのはもちろん、美肌モードなどユーザーにとって便利な機能も充実しているのが特徴です。また、暗い場所での撮影にも対応できる機種や手ブレもカバーできるモデルであれば、よりクオリティの高い自撮りにも対応することが可能。

そこで今回は、自撮りがしやすいデジタルカメラの選び方とおすすめ製品をご紹介します。スマホではイマイチ物足りないという方は、ぜひ購入を検討してみてください。

自撮りがしやすいデジタルカメラの選び方

液晶画面が回転できるか

By: amazon.co.jp

自撮りをするときは、液晶画面を回転させて実際に画面を見ながら撮影できる製品がおすすめです。画面を見ながら撮影することで、思い通りの構図で撮影しやすくなり、完成度が高まります。

液晶画面の回転方法には上下180°に回転する「チルト式」と呼ばれる製品と、上下左右に自由自在に動かせる「バリアングル式」の2種類があります。バリアングル式を採用したモデルだと、より躍動感にあふれた自撮り写真を撮ることが可能です。

また、フロント部分にシャッターボタンが付いている製品や、液晶画面を直接タッチして撮影可能な製品もおすすめ。自撮り撮影するときに、シャッターボタンが押しやすいかどうかもポイントです。

手ブレ補正があるとキレイに撮影可能

自撮りを行う際は、片手で支えるか、自撮り棒を使って撮影するケースがほとんどです。両手にカメラを持って撮影するときに比べると、ブレやすくなるため、手ブレ補正機能が搭載されているモデルを選びましょう。

最近のデジタルカメラには、ほとんど手ブレ補正機能が搭載されています。手ブレ補正機能は大きく分けて電子式と光学式の2種類があり、光学式は電子式より高価なものの、手ブレ補正効果は高め。

手ブレが起こりやすい自撮りには、光学式の手ブレ補正機能が搭載されているモデルを選ぶのがおすすめです。

サイズと重量もチェック

By: amazon.co.jp

自撮りは片手や自撮り棒で行うため、できるだけ小型で軽量なカメラを選びましょう。あまり大きなカメラを選ぶと、片手で上手くシャッターを押せなかったり、重さから手ブレが発生しやすくなるため注意が必要です。

片手へコンパクトにおさまるサイズで、なおかつ長時間持ち続けても手が疲れないタイプの製品を選びましょう。また、自撮り向けにシャッターボタンが2つあるWシャッター機能のある製品や、液晶画面をタッチするだけで撮影できる製品など、自撮り向けの機能が多い製品もおすすめです。

撮影機能をチェック

By: panasonic.jp

肌の明るさや輪郭のスリム化ができる美肌機能を搭載しているモデルであれば、よりキレイに自撮りができます。また、複数人で撮影することが多い方や自撮りするときも背景をしっかりと入れたいという方は、広い範囲を写せる広角レンズを搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。

そのほかにも、必要ない部分を消せる機能など、メーカーによって多彩な機能を備えています。理想通りの自撮りができるよう、機能面もチェックして選んでみてください。

スマホと連携できるか

By: nikon-image.com

自撮りした画像をすぐにSNSなどに投稿したい方は、Wi-FiやBluetoothに接続して、スマホへ自動的に画像を転送できるモデルが便利です。ケーブルを使ってそれぞれ写真を取り込む手間も省けます。

また、専用のアプリをダウンロードし、BluetoothやWi-Fiでスマホと接続することで、リモート撮影ができるモデルも多く発売されています。カメラを置いて、離れた場所からスマホを操作してシャッターが切れるので、自撮りや集合写真も手軽に行えるのが魅力です。

自撮り機能が優れたおすすめのメーカー

キヤノン(Canon)

By: cweb.canon.jp

キヤノンのデジタルカメラは圧倒的な人気を集めています。遠くの被写体をレンズでしっかり捉え、液晶モニターに鮮明に映し出す技術により、最高の瞬間を逃さずに撮影できるのが最大の特徴です。

キヤノンの製品は高倍率なレンズと高画質な液晶モニターが魅力。プリンターを手がけるメーカーでもあるため、鮮やかなカラーや肌を美しく表現する機能に優れています。

プロ用や業務用のカメラを手がける技術がデジタルカメラにも活かされているので、プロっぽい写真を簡単に撮りたい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

大手電機メーカーであるパナソニックは、世界で初めてミラーレス一眼を販売したメーカー。それよりも以前からデジタルカメラを手がけ、人気モデルを多数展開しています。

パナソニックのデジタルカメラは、ドイツの高級カメラメーカーであるライカと提携して生産する高品質なレンズが魅力。高速フォーカス機能に優れたデジタルカメラは高画質な動画撮影もできると評判です。スリムでおしゃれなデザインも人気の理由。

スタイリッシュなカメラを常に携帯したい方や、静止画だけでなく動画もキレイに自撮りしたい方におすすめのメーカーです。

自撮り機能付きデジタルカメラのおすすめモデル

キヤノン(Canon) PowerShot SX740 HS

キヤノン(Canon) PowerShot SX740 HS

光学40倍の高倍率ズームを搭載した小型・軽量のコンパクトデジタルカメラです。広角24mmから超望遠960mmまでの焦点距離がポケットサイズボディの中に収まっているので、日常はもちろん旅先での撮影でも幅広く活躍できます。

上側に180°可動するチルト式液晶モニターに加えて、自撮り専用の「自分撮りモード」も搭載。モニターを見ながら背景のボケ具合・美肌効果・明るさを調節できるため、自分好みの仕上がりでセルフィー撮影が簡単に楽しめます。

Wi-FiおよびBluetoothによるスマホとの連携機能も内蔵。重量は約299gと軽いので持ち運びやすく、高倍率モデルとしては価格が安いのも魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

アウトドアでも自撮りを楽しみたい方におすすめの高級コンパクトデジタルカメラです。一眼レフにも採用されているAPS-Cセンサーを搭載しているので、一眼レフと同等の画質を得られるのが特徴。さらに、本体の各所に防塵・防滴用のシーリング部材が採用されているため、登山やキャンプなどのアクティブなシーンでも使えます。

タッチ操作に対応したバリアングル液晶モニターを搭載しているのもポイント。「自分撮りモード」にも対応するので、反転させたモニターを見ながらボケ味や美肌効果を調節できます。

ズームレンズは広角24mmからのスタートなので多人数でのセルフィーや集合写真の撮影にも便利。開放F値がF2.8と明るいため夜景を背景にした写真もきれいに撮れます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS M200

キヤノン(Canon) EOS M200

初心者でも気軽に一眼画質での自撮り撮影が楽しめる小型・軽量のミラーレスデジタルカメラです。レンズ交換ができるモデルにも関わらず、重量が約299gとコンデジ並みに軽いのが特徴。対応レンズも小さく軽いモノが多いので持ち運びが苦になりません。

初心者に優しい操作性も特徴。各撮影モードの効果が作例画像やイラストでわかりやすく解説されている「ビジュアルガイド」や、タッチ操作で背景ボケ・明るさ・鮮やかさなどを直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」が搭載されています。

液晶モニターは上側に180°動かせるチルト式。「自分撮りモード」で構図を確認しながら仕上がりを簡単に調節できます。Wi-Fi・Bluetooth機能が搭載されているのも魅力です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX TZ95

パナソニック(Panasonic) LUMIX TZ95

光学30倍ズームを搭載したポケットサイズのコンパクトデジタルカメラです。30コマ/秒で高速連写した800万画素相当の静止画を4K動画から切り出す「4Kフォトモード」にも対応。運動会で子供が活躍する瞬間も高確率で狙えます。

タッチパネル液晶モニターは上側に180°開けるチルト式を採用。モニターを回転させると自動で切り替わる「自分撮りモード」も搭載しており、画面をタッチするとカウントダウンしてからシャッターが切れるので、ベストなタイミングでセルフィー撮影ができます。

多彩な自撮り機能が搭載されているのもポイント 。4Kフォトと組み合わせた「4Kセルフィー」や、広角24mmを生かした「広角4Kセルフィー」なども楽しめます。

▼撮影イメージ

By: 公式サイトで見る

パナソニック(Panasonic) LUMIX LX9

パナソニック(Panasonic) LUMIX LX9

美しい夜景を背景にした、高画質な自撮り撮影が楽しめる高級コンパクトデジタルカメラ。一般的なコンデジに搭載されているイメージセンサーよりも、4倍大きな1型センサーを搭載しているのがポイントです。

ドイツ名門のライカ社と共同開発した光学3倍の大口径ズームと組み合わせることで、夜景や暗い室内など光量の乏しい場所でもノイズの少ない写真の撮影が可能。また、ボケさせた花やイルミネーションを背景に生かしたセルフィー撮影も簡単に楽しめます。

上側に180°回転できるタッチ操作対応のチルト式液晶モニターを搭載。「自分撮りモード」にも対応しており、「美肌効果」と「スリムモード」を使うことで、理想の自分に近い1枚を撮影できるのも魅力です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX GF10

パナソニック(Panasonic) LUMIX GF10

自撮り撮影に特化した機能が充実しているミラーレスデジタルカメラです。GFシリーズは上質で高品位なデザインが女性に人気ですが、キットのズームレンズ込みの重量が約337gと軽いのが特徴。軽快なフットワークを生かして一眼画質の撮影が楽しめるので普段使いにもおすすめです。

「Wシャッター」機能に対応するのもポイント。液晶モニターを上方向へ180°回転させると本体左側の「Fn3」ボタンがシャッターボタンに自動で切り替わるので、いつもと同じように右手でもセルフィーが撮影できます。

「夜景セルフィーモード」の搭載も特徴。高速連写した夜景とフラッシュ撮影した人物をカメラ内で合成することで、見た目に近い明るく鮮やかな夜景セルフィーが楽しめます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100 III

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100 III

優れたコスパで高画質な自撮りが楽しめる高級コンパクトデジタルカメラです。小型・軽量・高画質と3拍子揃っていることで人気がある「RX100」シリーズの3代目。暗所に強い1型センサーやボケを生かしやすい大口径ズームなど、必要十分な機能を備えていながらリーズナブルなので、気軽に入手できるのが魅力です。

液晶モニターは上側180°・下側45°まで調節可能なチルト式。「個人顔登録」に対応しているのもポイントで、事前に登録した人物の顔を最大8人まで検出して、最適な明るさや色合いに自動調節して撮影できます。家族や友人など、特定の人物と自撮りする機会が多い方におすすめです。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α6100

ソニー(SONY) α6100

動きのある自撮り撮影も快適に楽しめるミラーレスデジタルカメラです。比較的価格が安いエントリーモデルでありながら、上位機種にも搭載される高速・高精度なAFシステムが搭載されています。

目玉機能が「リアルタイム瞳AF」。撮影対象の人物が動いても瞳を検出してピントを合わせ続けられるので、旅先の観光名所などで頻繁に構図を変えながら行うセルフィー撮影にも重宝します。ピントを合わせる目は左右の選択が可能なのもポイントです。

また、瞳AFは動物の瞳にも有効なのでペットとの自撮りにもおすすめ。タッチ操作対応の液晶モニターは上側180°・下側74°まで調節できるチルト式を採用しています。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-PL10

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-PL10

フィルター効果を生かした印象的な自撮りが簡単に楽しめる、ミラーレスデジタルカメラです。シンプルで洗練されたスタイリッシュなデザインも魅力。下側に180°回転できるタッチ操作対応のチルト式液晶モニターが搭載されているので、セルフィー撮影も手軽に楽しめます。

インスタグラムのような印象的なフィルター効果を加えられる「アートフィルター」機能もポイント。柔らかな印象の「ファンタジックフォーカス」やレトロ感漂う「ネオノスタルジー」など、全部で16種類・31タイプから効果が選択できます。

また、新機能の「ファインチューン」によってアートフィルター効果の具合をスライド操作で好みに調節できるのも魅力。自撮り時に活用すれば独創的な仕上がりが楽しめます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X-A7

富士フイルム(FUJIFILM) X-A7

フィルムを忠実に再現したあたたかな色合いで自撮りを楽しめる、ミラーレスデジタルカメラです。本機には富士フイルムが80年以上にわたって製造してきた銀塩フィルムのノウハウが活用されています。

印象的な鮮やかさの「Velvia」や柔らかな印象の「ASTIA」など、8種類の仕上がりを選べるのが特徴。色合いや明るさはタッチパネル液晶モニターを使ってスライド操作で調節できるため、仕上がりを自分好みにカスタマイズできます。

液晶モニターはバリアングル式を採用。顔・瞳認識AFを搭載しているので、構図のなかで顔の位置を変えても滑らかに追従しつつピント合わせができます。価格が比較的安く、気軽に入手できるのも魅力です。

▼撮影イメージ