撮影した画像をパソコンやスマホなどに手軽に送れる「Wi-Fi対応デジタルカメラ」。出かけた先で撮った写真も即座にSNSにシェアできる便利なアイテムです。

そこで今回は、Wi-Fi対応デジタルカメラのおすすめモデルをコンデジ・ミラーレス一眼・一眼レフにわけてご紹介。選び方についても解説するので、チェックしてみてください。

Wi-Fi対応デジタルカメラのメリット

写真や動画を簡単にスマホやパソコンに転送できるのが、Wi-Fi対応デジタルカメラのポイントです。SDカードやUSBケーブルを使用する必要がないため、手間も時間もかかりません。

特にTwitterやInstagramなどのSNSに写真を投稿することが多い方にとっては大きなメリット。Wi-Fi対応デジタルカメラなら、出かけた先からでも、手早く簡単にデバイスに写真を送れます。

スマホをシャッターとして利用できるリモートシャッターも、Wi-Fi対応デジタルカメラならではの便利な機能。自撮りの際に、自分の好きなタイミングでシャッターが切れるので、セルフタイマーよりも使い勝手がよいのがポイントです。シャッターを切れるだけでなく、シャッタースピードや絞りそしてISO感度など各種設定をできるモデルもラインナップしています。

Wi-Fi対応デジタルカメラの選び方

種類で選ぶ

コンデジ

By: sony.jp

コンデジの一番のメリットは、「コンパクトデジタルカメラ」の名の通り、コンパクトであることです。そのため、街歩きや旅行などでも持ち運びやすく、気軽に写真撮影できます。さらに、比較的リーズナブルなモデルが多いことも大きな魅力です。

また、コンデジは用途に応じて、さまざまなタイプのカメラがラインナップしているのが特徴。携行性重視の軽量コンパクトタイプから、50倍といった高倍率ズームレンズを備えたモデル、さらには水中撮影用カメラなど多彩です。

その反面、コンデジはレンズ交換できないため拡張性に劣ります。さまざまな被写体を適した画角で撮影しにくい難点があるものの、広角〜超望遠ズーム機能を搭載したモデルを使用すれば、ある程度は欠点を補うことが可能です。

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼は、レンズ交換可能でサイズがあまり大きくない点が魅力です。カメラ本体に加えて、レンズもデジタル一眼よりコンパクト。そのためデジタル一眼に比べて、複数のレンズを持ち運ぶときの負担が少ないのがメリットです。

また、使い勝手や画質の面でも、デジタル一眼上位機に引けをとらない高性能なミラーレス一眼が登場しています。

ただし、ミドルクラス以下のミラーレス一眼は、ファインダー未搭載のモノが主流なので、ファインダーを覗きながら撮影したい方は注意しましょう。また、液晶パネルで確認しながら撮影するライブビュー撮影は、実物が画像として表示されるまでにタイムラグがあります。

なお、デジタル一眼に比べると、ミラーレス一眼用交換レンズのラインナップはやや少ないため注意しましょう。ミラーレス一眼を検討される方は、装着できるレンズをあらかじめ確認しておくと安心です。

一眼レフ

画質重視の方におすすめなのが一眼レフです。センサーが大きいため、高精細でコントラストが高い写真を撮影できます。連写性能もミラーレス一眼より優れているモデルが多いので、スポーツシーンなど高速連写をする方にもおすすめです。

さらに、ミドルクラス以上の一眼レフは、防水性や耐久性が高いモデルが多いのが特徴。アウトドアで使いやすいことに加え、長く愛用できるのが魅力です。

また、レンズが多く揃っていることもメリット。同じ焦点距離でも、高額のモノから、価格を抑えたモデルまで揃っているのが特徴です。

一眼レフは、ハイエンドモデルからエントリーモデルまで選択肢が豊富なため、自分に適したモデルを見つけにくい場合があります。安易に高級なレンズを買ってしまうと、他メーカーのカメラに買い換えた際にレンズが使用できなくなってしまうので注意が必要です。

ワイヤレスプリント機能の有無で選ぶ

ワイヤレスプリント機能を内蔵したデジタルカメラならデータの転送が便利です。USBケーブルやパソコンを介さずにカメラからダイレクトにプリントできるので、余計な手間が省けます。

撮影した画像をSNSにアップするだけ、あるいはパソコンで画像編集するといった方には必須の機能ではないですが、写真を頻繁に印刷することの多い方には便利な機能です。

リモートシャッター機能の有無で選ぶ

Wi-Fi対応のデジタルカメラの多くは、スマホやタブレットなどからカメラを操作できる「リモートシャッター機能」を有しています。スマホでシャッターを切れるので、手ブレが起こりにくいのがメリットです。

さらに、セルフタイマーやレリーズ機能と違って、絞りやシャッタースピードなどをスマホから設定できるのも大きな特徴。そのため、離れた場所から自分の思った通りの条件とタイミングで撮影可能です。動物などの被写体も自然な表情のままで撮影できます。

また、写真撮影しにくい狭い場所や低い位置からでも、カメラを設置さえできれば無理な姿勢をする必要がないのがメリット。写真だけでなく、動画もリモート撮影できるカメラもあるので、時間がかかることが多い動画撮影時にも便利です。

防水性や耐衝撃性で選ぶ

旅行や花見そして子供の運動会など、カメラをアウトドアで使用する機会はさまざまです。雨などによってカメラに水分が侵入してしまうと、作動不良になってしまうこともあります。

さらに、急激な温度変化による結露などでも、カメラ内部にカビが発生してしまうことがあるので注意が必要です。アウトドアシーンでの撮影が多い方は、もしものアクシデントを考慮して防水性のあるカメラを選んでおくと安心です。

デジタル一眼レフやミラーレス一眼は、レンズ交換時に水やホコリが侵入する場合もあるため、防水性のほかに防塵性もチェックしておきましょう。

Wi-Fi対応デジタルカメラのおすすめモデル|コンデジ

ソニー(SONY) Cyber-shot DSC-RX100M7

同社ミラーレス一眼の上位モデルと同等のAF性能を備えたコンパクトデジタルカメラです。AF/AE追随最高約20コマ/秒の高速連写に加え、最高約90コマ/秒の速度で静止画約7枚の連続撮影が可能。さらに、ブラックアウトのない連写も実現しているため、スポーツなど動きの速い被写体の撮影におすすめです。

動画撮影は30fpsの4K動画や960fpsのスーパースローモーションに対応。手ブレ補正アクティブモードにより、手持ちでもブレの少ない安定した撮影が行えるのもポイントです。撮影した写真や動画はWi-FiやNFC通信機能で、簡単にスマホやタブレットへ転送できます。

キヤノン(Canon) PowerShot G5 X Mark II

広角端F1.8、望遠端F2.8の明るいレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラです。暗い場所でも手ブレやノイズを抑えたシャープな描写が可能。1.0型の大型センサーと9枚羽根の虹彩絞りにより、美しく自然な丸ボケが表現できるのもおすすめのポイントです。

0.39型・約236万ドット・有機EL採用のEVF(電子ビューファインダー)を搭載。EVFが格納できるポップアップ式のため、約110.9×60.9×46mmとコンパクトで携帯性も良好です。写真や動画が撮影したその場で家族や仲間と共有できるWi-Fi機能や、スマホ操作によるリモート撮影や再生が行えるBluetooth機能も搭載しています。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ルミックス DC-TZ95

35mm判換算で24-720mm相当の光学30倍ズームを搭載したコンパクトデジタルカメラです。望遠時に被写体を見失っても、ズームアウトして素早く見つける「ズームバック機能」を搭載。雄大な景色や野生動物など1台で幅広いシーンに対応します。

4K動画に対応しており、きめ細やかで臨場感ある撮影が可能。4K非対応のテレビでも再生でき、解像度の高い映像が楽しめます。光学式手ブレ補正を搭載しているので、暗いシーンや動画撮影時も手ブレを抑えた撮影を行えるのがポイントです。

Wi-Fiのほか、Bluetooth機能も搭載。撮影前はBluetoothで省エネ接続、撮影中は高速転送が可能なWi-Fiに接続と自動で切り替えられるので、省電力で効率よく撮影できます。

リコー(RICOH) GR III

コンパクトなボディにAPS-Cサイズの大型センサーを搭載したデジタルカメラです。コンパクトデジタルカメラとしては珍しく、18mm(35mm換算28mm相当)の単焦点レンズを採用。さらに、絞り解放値F2.8の明るさと有効画素数約2424万の高画素により、ディテールまで高精細な描写が可能です。

「ハイコントラスト白黒」や「レトロ」など10種のイメージコントロールを搭載。それぞれ彩度やコントラスト、明瞭度など効果も調節できるので、思い通りのテイストに仕上げられます。Wi-FiやBluetooth対応でスマホとの連携も可能。描写力と表現力を兼ね備えたおすすめのデジタルカメラです。

▼撮影イメージ

Wi-Fi対応デジタルカメラのおすすめモデル|ミラーレス一眼

ソニー(SONY) α6600 ILCE-6600M

約0.02秒の高速AFで動く被写体をスピーディーに捉えるミラーレス一眼カメラ。425点の像面位相差AFセンサーとコントラストAFにより、撮像エリアの広範囲をカバーします。高精度で安定した追随に加え、AF/AE追随最高約11コマ/秒の高速連写が可能。スポーツやペットなど動きが速く不規則な被写体の撮影におすすめです。

約120×66.9× 69.3mmの小型ボディに光学式5軸ボディ内手ブレ補正を搭載。手持ち撮影や暗所での撮影時に生じやすい「角度ブレ」や「回転ブレ」、マクロ撮影時に目立ちやすい「シフトブレ」を補正します。

Wi-Fiのほか、BluetoothやNFCにも対応。スマホやタブレットにその場で転送できるので、SNSにリアルタイムでアップロードできます。

キヤノン(Canon) EOS M200

約108.2×67.1×35.1mm、約299gの軽量コンパクトなミラーレス一眼カメラ。ボディの凹凸を抑えたシンプルかつスタイリッシュなデザインが魅力です。表面にホールド感を高めるためにレザーパターンを採用。滑りにくく手に馴染みやすいので安定した撮影が行えます。

上約180°まで可動するチルト式モニターの搭載により、確認しながらの自撮りが可能。子供やペットの目線に合わせたローアングルなど、スマホでは撮りにくい視点での撮影も楽しめます。Wi-Fi機能にも対応しており、専用アプリの利用でスマホやタブレット、PCに撮影した画像の自動転送が可能です。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M5 Mark III

フィルム時代のカメラをモチーフにしたレトロなデザインが魅力のミラーレス一眼カメラ。本内サイズ約125.3×85.2×49.7mm、重量約414gと小型かつ軽量ながら、過酷な環境下での使用に耐えうる防塵・防滴・耐寒性を備えています。

ハイエンドモデルにも採用されている像面位相差AF対応の「20M Live MOSセンサー」と、高速なAF演算が可能な画像処理エンジン「TruePic VIII」を搭載。暗い場所やコントラストの低い被写体、動きの速い被写体へのAF精度が高いのも魅力です。

表現の幅が広がる22種類のシーンモードや16種類のアートフィルターを搭載。BluetoothによるWi-Fi接続にも対応しており、撮影した画像がスマホに自動転送できます。

▼撮影イメージ

Wi-Fi対応デジタルカメラのおすすめモデル|一眼レフ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10i

入門者向けカメラとして高い人気を誇る「EOS Kissシリーズ」の一眼レフカメラです。約2410万画素、APS-Cサイズの大型CMOSセンサーと、処理能力に優れた映像エンジン「DIGIC 8」を搭載。暗いシーンでもシャッタースピードが落ちにくく、ノイズを抑えてディテールまで精細に描写します。

最大45点の測距点を広範囲に配置しているため、被写体が中央から外れてもピントを合わせ続けられるのがポイント。人物の顔を検知する「EOS iTR AF(顔優先)」も搭載しているので、お子さんの運動会やスポーツの大会など、一瞬の表情を逃したくない大切なシーンにおすすめです。

Wi-Fi経由でスマホやタブレット、PCに画像が転送できるほか、専用アプリを利用すればBluetooth経由でカメラに位置情報が送信できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D7500

高感度と高速性能を兼ね備えた一眼レフカメラです。有効画素数2088万画素のニコンDXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」により高画質を実現。常用感度ISO100~51200と暗所に強く、ノイズの少ないシャープな描写が得られます。

さらに、最高約8コマ/秒の高速連続撮影に加え、14ビット記録のロスレス圧縮RAWで約50コマ、JPEGでは約100コマまでの連続撮影が可能。上下に可動するチルト式モニターはタッチパネルを採用しているため、タッチAFやタッチシャッターなど直感操作が行えます。

専用アプリがインストールされたスマホやタブレットであれば、内蔵Wi-Fiで直接接続できるため、画像の高速転送やカメラのリモート操作も可能です。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) PENTAX K-70

キャンプや登山などアウトドアシーンにおすすめの一眼レフカメラです。防塵・防滴性に加え、−10℃の厳しい環境下でも動作するタフな構造ながら、価格が安いのが魅力。天候や場所を気にせず使用できるので、フィールドが広がり本格的なアウトドア撮影が楽しめます。

約2424万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載。最高ISO102400の高感度撮影を可能にしており、光の少ない屋内や夜間など暗いシーンでも、ノイズを抑えて美しく描写します。

Wi-Fi機能ににより、スマホやタブレットなどモバイル端末と連携が可能。撮ったその場で写真を転送して、家族や仲間と共有したり、リアルタイムでSNSなどにアップロードしたりできます。