かつてムービー撮影と言えばビデオカメラ一択でしたが、最近はデジタルカメラでも十分クオリティの高い撮影ができるようになりました。また、カメラ分野全体のトレンドとしても、気軽に動画撮影をしたいというニーズが高まってきています。

そこで今回は動画撮影におすすめのデジタルカメラをご紹介。コンデジ・ミラーレス・一眼レフからそれぞれ製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

動画撮影に最適なデジタルカメラの選び方

センサーサイズと画素数をチェック

By: amazon.co.jp

デジタルカメラを選ぶ際に、画素数の大きさで選ぶ方が多くいますが、画質を決めるのはセンサー(撮像素子)のサイズ。いくら画素数が大きくても、描写範囲が小さければ取り込む光の量が少なくなってしまい、色彩の再現度が低くなることで画質が低下してしまう恐れがあります。逆に大きいほど精細に描けるため高画質での撮影が可能です。特にコンデジはセンサーサイズにバラつきがあるため、画素数と合わせてしっかりチェックしましょう。

フレームレートと解像度を確認

By: sony.jp

1秒間の撮影枚数を表しているのがフレームレート。動画撮影はパラパラ漫画の仕組みで、枚数が少ないほど動作はカクつき、多いほどなめらかになりますです。動画撮影に適したデジタルカメラを選ぶ際には1秒間に何枚撮影できるかをチェックしましょう。

フレームレートの単位は「fps」で表し、1fpsであれば秒間1枚の撮影が可能。つまり、30fpsであれば1秒間に30枚の撮影ができます。人の目で見た自然な動きやテレビのフレームレート「30fps」を基準にすると選びやすいですが、ハイスピード撮影でスローモーションを体感したい方は120fpsや1000fpsなどのハイフレームレートがおすすめです。

さらに、キメ細かな動画を撮るには解像度もチェックしましょう。HDは1280×720・フルHDは1920×1080・4Kは3840×2160で、大きいほど画像は繊細です。フレームレートも解像度も大きいほどデータ容量が増すので、保存や処理能力など周辺機器のスペックも考慮して選びましょう。

手ブレ補正機能をチェック

By: olympus-imaging.jp

手持ち撮影を行う際に欠かせないのが手ブレ補正機能です。構え方によってある程度手ブレは抑えられますが、子どもの運動会やスポーツなど被写体の動作が激しいシーンほど、優秀な手ブレ補正機能が必要となります。

手ブレ補正機能が搭載されていない場合は、スタビライザーなどの動画撮影を安定させる機材を使用する方法もありますが、費用や持ち運び時の重量も増えるので負担になってしまいます。手ブレ補正の充実度はしっかりチェックしておきましょう。

ズーム機能をチェック

By: amazon.co.jp

ズームには電子ズームと光学ズームとがあります。電子ズームは撮影した写真を引き伸ばすズーム機能。ズームをした際に画質が落ちるのが難点ですが、比較的安いのが魅力です。

一方、光学ズームは望遠鏡と同じようにレンズを調整するズーム機能。高画質なままズームができるので、高画質な動画を撮りたい方は光学ズームを採用しているデジタルカメラを選びましょう。

また、レンズの性能にも注目。特に焦点距離は重要で、数字が小さいほど広角、大きいほど望遠の撮影に向いています。

光学ズームのように焦点距離を変えられるレンズはズームレンズと呼ばれており、普段の生活で使う方には240mm程度ズームできるモノがおすすめです。400mm以上の超望遠のモノもありますが、手ブレを起こしやすいので、その点は注意しておきましょう。

オートフォーカスの精度をチェック

By: amazon.co.jp

オートフォーカスとは、自動で被写体を捉えてピントを合わせる機能のこと。AFと省略して呼ばれることもあります。製品のなかには顔認識やターゲット追尾など便利な機能が備わっているモデルもあるので、選ぶ際にはチェックしておきましょう。

なお、オートフォーカスの精度は製品によってさまざま。素早く動く被写体を撮影するには高速AFを謳っているモデルを優先して検討していきましょう。

連続撮影時間をチェック

By: amazon.co.jp

デジタルカメラで動画を撮影する場合は、連続撮影時間に注意しましょう。ビデオカメラと違ってデジタルカメラの場合は連続撮影時間が決められています。

30分以上連続で撮影できるモノはビデオカメラ扱いとなりますが、コンデジ・ミラーレス・一眼レフでは29分程度撮影できるモノがほとんど。なお、発売から年月が経ったモデルの場合、10分程度しか動画撮影できないモデルもあります。長時間動画を撮影したい方はしっかりと連続撮影時間をチェックしておきましょう。

動画撮影用デジタルカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: www.sony.jp

コンデジとデジタル一眼カメラを展開している「ソニー」。特に最近は後者のフルサイズに注力しており、ハイエンドモデルには一眼レフに匹敵するほどの機能を搭載したモノもあります。ビデオカメラもリリースしていることもあり、動画撮影においても使い勝手は良好。デジタルカメラで本格的な撮影したい方におすすめです。

キヤノン(Canon)

By: store.canon.jp

キヤノンのデジタルカメラはコンデジ・ミラーレス・一眼レフとジャンルを網羅しており、クラスもエントリー、ミドル、ハイエンドと幅広く製品を取り揃えています。また、交換レンズのラインナップが豊富なのもポイント。カメラ初心者が中級者、上級者へとステップアップしやすいのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

センサーサイズにマイクロフォーサーズを採用している「パナソニック」。製品ラインナップとしてはビデオカメラもリリースしているので、これまで培ってきた技術とノウハウをデジタルカメラの動画分野にもいかしています。同社のミラーレス一眼の現行モデルはほとんどが4Kに対応しており、クオリティの高い動画を撮影することができるのがポイント。なお、交換レンズに関してはドイツの有名カメラメーカー「ライカ」と提携しているのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼でシェアを持つ「オリンパス」。シンプルかつクラシックなボディデザインが人気を集め、「カメラ女子」ブームの火付け役となったメーカーでもあります。

ラインナップとしてはさまざまなコンセプトの製品をリリースしていますが、総じて手ブレ補正機構は優秀。また、砂埃や水滴に強い防塵防滴仕様のモデルが多いのも特徴です。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ

キヤノン(CANON) PowerShot G7 X Mark II PSG7X MARKII

高い処理性能のある映像エンジンDIGIC7を搭載しているデジタルカメラです。高性能なエンジンによりノイズを抑制する性能が高く、解像度の高い動画が撮影できます。

広角24mmから望遠100mmまで4.2倍のズーム機能を搭載。スナップショットなどにおすすめです。CMOSセンサーの画像情報からブレの量を判断し除去する「デュアルセンシングIS」とジャイロセンサーで、手の震えや呼吸によるブレを補正します。

レンズには5群ズームレンズを備えたF1.8~2.8の明るい大型レンズを採用。暗いシーンでもブレやノイズを抑えられるため、室内での撮影にも適しています。

さらに、本製品は8種類のピクチャースタイルを搭載。被写体やシーンによって色味やシャープネスなどを細かく調整できます。幅広い表現が手軽に楽しめるモデルです。

キヤノン(CANON) PowerShot SX720 HS PSSX720HS

高性能なレンズを搭載しているデジタルカメラです。24~960mm、40倍ズームが可能。「動画中光学ズーム」機能を搭載しているため、画質が劣化しにくいのもポイントです。

また、有効画素数約2030万画素の高感度CMOSセンサーを搭載しており、暗いシーンでも鮮明な映像を撮影することが可能。さらに動画撮影に優れた映像エンジンDIGIC6や5軸の手ブレ補正機能を搭載しており、アクティブなシーンでも活躍してくれます。

人物やシーンの明るさを自動で判断する「こだわりムービー」機能を搭載しているのも魅力。21シーンの中から自動で判別し、最適な設定に調整してくれるのは便利です。使い勝手のよいモデルを探している方はぜひチェックしておきましょう。

キヤノン(CANON) PowerShot SX620 HS PSSX620HS

2020万画素の高感度CMOSセンサーを内蔵したコンデジ。高性能な映像エンジンDIGIC4+との組み合わせにより、クリアな映像が撮影できるのが特徴です。

25~625mmの光学25倍ズーム機能を搭載。プログレッシブファインズームを採用しているため画像処理能力が高く、約50倍までズームしても高い解像度を維持できます。

さらにオートズーム機能も搭載。被写体の数を自動で判断し、レンズを向けるだけで適切な大きさになるよう自動で調整します。カメラ初心者の方にも扱いやすくおすすめです。

なお、動画はフルハイビジョン対応。サイズは幅96.9×高さ56.9×奥行27.9mmと薄型で、重さも182gと軽量です。持ち運び重視で動画撮影ができるデジタルカメラを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

オリンパス(OLYMPUS) E-PL8 EZ ダブルズームキット

レンズマウントがマイクロフォーサーズのミラーレス一眼カメラ。焦点距離14〜42mm、F値3.5〜5.6の標準ズームレンズと、焦点距離40〜150mm、F値4.0〜5.6の望遠ズームレンズが付属しているお得なキット。2本のレンズを使い分けることで、さまざまなシーンで最適な撮影ができます。

ISO感度は最大約25600まで対応し、暗所での撮影に優れているのも魅力です。「タッチセルフィー」機能を搭載しているのもポイント。液晶を下開きにして画面をタッチするだけで楽にセルフィーすることが可能。また、手ブレ補正が搭載されているので、片手で操作する際も手ブレを軽減できます。ファッション性の高いモデルなので、女性にもおすすめです。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9

使い勝手のよいAPS-Cの一眼レフカメラ。オートフォーカスは9つの測距点を搭載しており、被写体が中央からズレていてもピントを合わせることができます。

独自のシーン解析システムによって明るさやホワイトバランスを適切に設定できるのもポイント。さらに、高画質を保ったまま1秒間に最高5コマの連写が可能で、運動会などのシーンでも活躍します。可動式の液晶モニターの角度を変えることで子どもの視線に合わせたローアングル撮影が可能です。

動画に関しては4K対応ではないものの、フルハイビジョン60p動画によって動きがある被写体も滑らかに撮影できます。特に夜景撮影は優秀で、低ノイズでクリアに撮影できるのが魅力。センサーサイズの大きい一眼レフのメリットを十分いかせます。オールマイティに撮影ができるデジタルカメラを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ|4K対応

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX100VI DSC-RX100M6

焦点距離24~200mmまでカバーしているコンデジ。交換レンズは品質のよさで評価の高いドイツのメーカー「カールツァイス」の「バリオ・ゾナーTレンズ」を採用しており、F2.8~4.5の明るさで細部までクリアに撮影できます。12群15枚のレンズを搭載していますが、コンパクトで持ち運びに便利です。

画像処理エンジンBIONZ Xと高速フロントエンドLSIにより、AF検出速度も優秀。「ファストハイブリッドAF」機能では0.03秒の高速AFで、素早く動く被写体も確実に捉えます。

「高密度AF追従テクノロジー」を搭載しており、複雑に動く被写体も正確に撮影可能。瞳を自動検出する「瞳AF」も搭載しており、人物の撮影にもおすすめです。4Kの動画撮影中もファストハイブリッドAFなどの機能を使用できるため、高速で移動する被写体にもスマートに対応。さらに、960fpsのスーパースローモーション撮影なども可能なので、満足度の高いデジタルカメラを求めている方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX10IV DSC-RX10M4

24~600mmの大口径高倍率ズームレンズを装備しているデジタルカメラです。画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載しており、被写体の質感までリアルに撮影できます。距離感に関わらずさまざまなシーンで活躍するモデルです。

AFは0.03秒と高速。超望遠撮影モードでも、高速で動く被写体を正確に捉えられます。24コマ/秒の高速連写にも対応しており、最高249枚までの連続で撮影できます。

高性能なAFセンサーは動画モードでも活躍。ピンボケしすい4K動画撮影でも高精度に追尾します。最高960fpsのスーパースローモーション撮影もでき、スポーツの撮影にもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトデジタルカメラ Tough TG-5

耐久性の高いコンパクトデジタルカメラ。防水15m、防塵・耐衝撃21m、耐荷重100kgf、耐低温-10℃とかなりタフに仕上がっているのが特徴です。

F2.0の明るいレンズのほかに高速AFと高性能画像処理エンジンを備えているため、暗所での撮影にも適しています。光学4倍ズーム機能を搭載しており、さまざまな距離から手軽に撮影できるモデルです。

また、カメラ内に各種センサーを内蔵。撮影時の緯度や経度、標高などのデータを記録できます。スマホアプリと連動させることで、手軽に写真を共有できるのもポイントです。

4K動画に対応しているほか、ハイスピードムービー機能も搭載。素早い動きもスローモーション再生できます。アウトドアシーンでも使いやすいモデルを求めている方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) LUMIX TZ85 DMC-TZ85

リーズナブルな価格ながら、焦点距離24~720mmの広域をカバーする光学30倍ズームと4Kフォト・動画機能を搭載したコンデジ。超解像iAズームを使用すれば高い解像感で60倍までズームできるので、風景やポートレート、野生動物の撮影など幅広いシーンを1台でカバーできるのが特徴です。

動画撮影は4K動画/30fps、フルHD/60fpsに対応しており、なめらかな映像の記録が可能。HDでは120fpsのハイスピード撮影により、スローモーション再生も楽しめます。

ISO感度3200や描写力に優れたライカの「LEICA DC VARIO-ELMARレンズ」を採用しているのもポイント。コスパ良好のおすすめモデルです。

ニコン(Nikon) COOLPIX P1000

見た目は一眼レフカメラのようですが、24~3000mm相当の超望遠光学125倍ズーム機能を備えたコンデジです。F8の明るい大口径レンズを採用しており、高画質な超望遠撮影が楽しめます。

スーパーEDレンズで色彩も鮮やかで高画質。デュアル検知光学VRによる補正効果5.0段で手ブレしにくいのもポイントです。

なお、動画も超望遠で撮影可能。4KUHDで被写体の細部までクリアに撮れます。最長撮影時間も29分と長く、ステレオ音声付き動画の撮影が可能です。

外部マイク端子を搭載しているのもポイント。HDMIケーブルにも対応しています。汎用性の高いデジタルカメラを求めている方は要チェックです。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS Kiss M レンズキット

カメラ初心者の方におすすめのミラーレス一眼です。各撮影モードの効果を写真やイラストで説明し、クリエイティブな撮影も専門用語ではなく画面を確認しながら操作が可能。ダイヤルやボタンを右側に配置しているので操作性も良好です。

APS-Cの大型センサーとISO感度は最大25600の高感度で、キレイなボケや精細な描写力を活かした4K動画が楽しめます。フルHDは60fps、HDでは120fpsのハイフレームレートに対応し、目では捉えきれない一瞬をスローモーションで再生が可能です。

パナソニック(Panasonic) LUMIX GH5 DC-GH5-K

4K HDR動画撮影が可能なミラーレス一眼カメラ。リアルな質感と立体感のある撮影が可能なモデルです。フォトスタイルにハイブリッドログガンマが追加されているのもポイント。シャープネスやノイズリダクション・彩度・色相の調整が可能です。

4K動画は60fpsで、動作の激しいシーンでもなめらかな映像が撮影でき、高精細・高画質に記録します。2033万画素の「Live MOSセンサー」を採用でおり、読み出しスピードが速く、高速に動く被写体の撮影に発生しがちなローリングシャッター現象による歪みを抑制。フルHDでは180fpsでよりハイスピードな撮影を可能にし、ドラマチックなスローモーション動画も楽しめます。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX DMC-GH4

「空間認識AF」によりAF合焦速度0.07秒と高速でピントが合うミラーレス一眼カメラ。さらに、12コマ/秒の高速連写と7コマ/秒の追従連写で、軽快にシャッターが切れます。16M Live MOSセンサーと新マルチプロセスNRの搭載により写真の解像・質感を維持しつつノイズを抑制しているのもポイントです。

4K動画は30fpsで撮影可能。再生中に一時停止してお気に入りのシーンを選択すれば高精細な静止画として切り出せます。さらに、設定した時間間隔で、連続してシャッターを切り動画を作成するインターバル撮影にも対応。発売から年月は経っていますが、根強い人気のある1台です。

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼カメラ X-T20

APS-Cのミラーレス一眼です。イメージセンサーの有効画素数は2430万で、銀塩フイルムの粒子配列からヒントを得た独自配列の「X-Trans CMOS Ⅲ」を採用。描写力に優れた色彩表現を気軽に楽しめる1台です。

本製品はフィルムを選択するように色調や階調をコントロールできる「フィルムシミュレーション」が特徴。芯のある高彩度の「Velvia」や、柔らかさと高彩度を両立した「Astia」など、往年の名フィルムの色味が仕上がりモードを変えるだけで簡単に楽しめます。

また、フィルムシミュレーションの色彩を活用した4K動画の撮影も可能。フルオート機能が充実していますが、前後にコマンドダイヤルを備えているので、上達した後も細かな設定が快適に行えます。大きく広々とした電子ファインダーと高精細なチルト式液晶で撮影に没頭できるのも魅力。こだわりのある撮影を気軽に行いたい方におすすめです。

ソニー(SONY) α7 Ⅲ ズームレンズキット ILCE-7M3K

フルサイズのデジタル一眼カメラ。描写力の高さが魅力で、高感度かつ低ノイズを実現し光量の少ない環境でも高画質の撮影が行えます。

さらに、広ダイナミックレンジに加え、ディテールリプロダクションとエリア分割ノイズリダクションにより、被写体の持つ質感やディテールを損なわずに見たままの印象で表現が可能です。色再現性が向上し、肌の色や鮮やかな花の色などもリアルに描写します。

動画撮影では、高い解像力で高画質なフルサイズの4K動画が味わえるのがポイント。ファストハイブリッドAFにも対応しているので、動きの激しい被写体もしっかり捉え続けることができます。満足度の高い1台を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500 18-140 VR レンズキット

フルHDは60fps、4K UHD動画は30fpsに対応したデジタルカメラ。高速処理能力と人肌再現力に優れたEXPEED 5とNIKKORレンズの高い描写力で精細な映像を撮影できます。4KとフルHDに対応したタイムプラス動画はカメラ内で自動生成可能なため編集不要。撮影中にボケのコントロールができ、表現力豊かな映像が作れます。

また、フルHDとHD動画にアクティブD-ライティングが適用できるので、白とびと黒つぶれの軽減や明暗差の大きい環境での撮影に効果的。ミドルクラス機でありながらリーズナブルな価格のため、コスパ重視の方や長く使いたい初心者の方におすすめです。