かつてムービー撮影と言えばビデオカメラ一択でしたが、最近はデジタルカメラでも十分クオリティの高い撮影ができるようになりました。また、カメラ分野全体のトレンドとしても、気軽に動画撮影をしたいというニーズが高まってきています。

そこで今回は動画撮影におすすめのデジタルカメラをご紹介。コンデジ・ミラーレス・一眼レフからそれぞれ製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

動画撮影に最適なデジタルカメラの選び方

センサーサイズと画素数をチェック

デジタルカメラを選ぶ際には、画素数の大きさで選ぶ方が多いですが、画質を決めるのはセンサー(撮像素子)のサイズです。いくら画素数が大きくても、描写範囲が小さければ取り込む光の量が少なくなってしまい、画質が低下してしまう恐れがあります。逆に大きいほど精細に描けるため、高画質での撮影が可能です。特にコンデジはセンサーサイズにバラつきがあるため、画素数と合わせてしっかりチェックしましょう。

フレームレートと解像度を確認

By: sony.jp

1秒間の撮影枚数を表しているのがフレームレートです。動画撮影は、枚数が少ないほど動作はカクつき、多いほどなめらかになります。動画撮影に適したデジタルカメラを選ぶ際には1秒間に何枚撮影できるかをチェックしましょう。

フレームレートの単位は「fps」で表され、1fpsであれば秒間1枚の撮影が可能です。つまり、30fpsであれば1秒間に30枚の撮影ができます。人の目で見た自然な動きやテレビのフレームレート「30fps」を基準にすると選びやすいですが、ハイスピード撮影でスローモーションを体感したい方は120fpsや1000fpsなどのハイフレームレートがおすすめです。

さらに、キメ細かな動画を撮るには解像度もチェックしましょう。HDは1280×720・フルHDは1920×1080・4Kは3840×2160で、大きいほど画像は繊細です。フレームレートや解像度が大きいほどデータ容量も増すので、保存や処理能力などのスペックも考慮して選びましょう。

手ブレ補正機能をチェック

By: amazon.co.jp

手持ち撮影を行う際に欠かせないのが手ブレ補正機能です。構え方によってある程度手ブレは抑えられますが、子どもの運動会やスポーツなど被写体の動作が激しいシーンほど、優秀な手ブレ補正機能が必要となります。

手ブレ補正機能が搭載されていない場合は、スタビライザーなどの動画撮影を安定させる機材を使用する方法もありますが、費用や持ち運び時の重量が増えるので注意が必要です。

ズーム機能をチェック

ズームには電子ズームと光学ズームがあります。電子ズームは撮影した写真を引き伸ばすズーム機能。ズームをした際に画質が落ちるのが難点ですが、比較的安価なのが魅力です。

一方、光学ズームは望遠鏡と同じようにレンズを調整するズーム機能。高画質のままズームができるので、高画質な動画を撮りたい方は光学ズームを採用しているデジタルカメラを選びましょう。

また、レンズの性能も重要です。特に焦点距離の数値が小さいほど広角、大きいほど望遠の撮影に向いています。

光学ズームのように焦点距離を変えられるレンズはズームレンズと呼ばれており、普段の生活で使う方には240mm程度までズームできるモノがおすすめです。400mm以上の超望遠のモノもありますが、手ブレを起こしやすいので注意しておきましょう。

オートフォーカスの精度をチェック

By: amazon.co.jp

オートフォーカスとは、自動で被写体を捉えてピントを合わせる機能のこと。AFと省略して呼ばれることもあります。AF機能が搭載されている製品のなかには顔認識やターゲット追尾など便利な機能が備わっているモデルもあるので、選ぶ際にはチェックしておきましょう。

なお、オートフォーカスの精度は製品によってさまざま。素早く動く被写体を撮影するには高速AFを謳っているモデルに注目しましょう。

連続撮影時間をチェック

By: sony.jp

デジタルカメラで動画を撮影する場合は、連続撮影時間に注意が必要です。ビデオカメラと違ってデジタルカメラの場合は連続撮影時間が決められています。

30分以上連続で撮影できるモノはビデオカメラ扱いとなりますが、コンデジ・ミラーレス・一眼レフでは29分程度撮影できるモノがほとんど。なお、発売から年月が経ったモデルの場合、10分程度しか動画撮影できないモデルもあるため注意が必要です。長時間動画を撮影したい方はしっかりと連続撮影時間をチェックしておきましょう。

動画撮影用デジタルカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

コンデジとデジタル一眼カメラを展開している「ソニー」。特に最近はデジタルカメラのフルサイズモデルに注力しており、ハイエンドモデルには一眼レフに匹敵するほどの性能を有したモノもあります。ビデオカメラもリリースしていることもあり、動画撮影においても使い勝手は良好。デジタルカメラで本格的な撮影したい方におすすめです。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンのデジタルカメラはコンデジ・ミラーレス・一眼レフとジャンルを網羅しており、クラスもエントリー・ミドル・ハイエンドと幅広く製品を取り揃えています。また、交換レンズのラインナップが豊富なのもポイント。カメラ初心者が中級者、上級者へとステップアップしやすいのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

センサーサイズにマイクロフォーサーズを採用している「パナソニック」。ビデオカメラで培ってきた技術とノウハウをデジタルカメラの動画分野にもいかしています。同社のミラーレス一眼の現行モデルはほとんどが4Kに対応しており、クオリティの高い動画を撮影することができるのがポイント。なお、交換レンズに関してはドイツの有名カメラメーカー「ライカ」と提携しているのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

ミラーレス一眼でシェアを持つ「オリンパス」。シンプルかつクラシックなボディデザインが人気を集め、「カメラ女子」ブームの火付け役となったメーカーとしても認知されています。

ラインナップとしてはさまざまなコンセプトの製品をリリースしていますが、総じて手ブレ補正機構は優秀。また、砂埃や水滴に強い防塵防滴仕様のモデルが多いのも特徴です。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ

キヤノン(Canon) コンパクトカメラ PowerShot G7 X Mark Ⅱ

キヤノン(Canon) コンパクトカメラ PowerShot G7 X Mark Ⅱ

倍率4.2倍の大口径ズームレンズを搭載した高級コンパクトデジタルカメラです。スマホカメラの約4倍となる大きさの1型センサーを搭載しているのが特徴。画像処理エンジン「DIGIC 7」と開放F1.8〜2.8の大口径ズームレンズの相乗効果によって、暗い室内や夜景の撮影でもきれいな写真が撮影できます。

動画は最大でフルHD 60fpsでの記録に対応。動画撮影時はあらゆる種類の手ぶれをデジタル処理で補正する「ダイナミックIS」と、カメラの傾きを自動で補正する「自動水平補正」が機能するので、歩き撮りなど揺れが大きい場面でも違和感のない動画が撮影できます。

また、本体背面のホイールとレンズリングで撮影中でも絞りやISO感度などを任意に変更でき、撮影意図を柔軟に表現できるのもポイントです。加えて、画質を損なわずにズーム撮影が可能な「動画中光学ズーム」を搭載しているので、離れた被写体の撮影にも重宝します。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

映画のような美しい動画を簡単に撮影できるデジタル一眼カメラです。スマホカメラの約13倍となる大きさのAPS-Cセンサーを搭載しており、夜景やボケ表現も高画質に撮影が可能。また、高速かつ不規則に動くものも一瞬で捕捉できるAFシステムが搭載されているので、子どもやペットの撮影にもおすすめです。

動画は最大でフルHD 60fpsでの記録に対応しています。一眼レフはライブビュー時のAFが遅いのが難点ですが、液晶モニターを見ながらでも高速AFが可能な「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載しているため、動画撮影中でも快速なピント合わせが可能です。また、ミニチュア風やビンテージ風の動画表現が楽しめる「動画クリエイティブフィルター」も搭載しています。

キヤノンの一眼レフはレンズのラインナップが豊富なので、旅行時や花など目的や被写体に合ったレンズを選択して動画撮影を楽しめるのもポイント。特に、望遠レンズの種類が充実しているので、運動会やイベントの記録にも重宝します。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ|4K対応

ソニー(SONY) コンパクトカメラ RX100ⅤA

ソニー(SONY) コンパクトカメラ RX100ⅤA

動く被写体の撮影にも強い高級コンパクトデジタルカメラです。約299gの小型軽量ボディに1インチの大型センサーと倍率2.9倍で開放F値1.8〜2.8の大口径ズームレンズを搭載しています。

また、画面の約65%をカバーする像面位相差AFセンサーによる高速AFと、AF・AE追随かつ最高約24コマ/秒で最大233枚までの連続撮影が可能な高速連写も特徴。近距離から中距離にかけてのスポーツ撮影にも対応できます。

さらに、最大で4K 30fpsでの全画素読み出しによる動画記録に対応。4K動画に必要な画素数の約1.7倍の豊富な情報量を凝縮して出力するオーバーサンプリング効果により、画質劣化の少ない高品位な4K動画を撮影可能です。

また、フルHD 120fpsのほか、最大で960fps(40倍)のスーパースローモーション撮影が可能なのも魅力。動画撮影中に約1700万画素の高精細な写真も同時に記録できるのもポイントです。

ソニー(SONY) ミラーレスカメラ α6400

ソニー(SONY) ミラーレスカメラ α6400

先進のAF機能を搭載し、動画撮影にも優れた性能を持つミラーレス一眼カメラです。有効約2420万画素のAPS-Cセンサーを搭載しています。

画面のほぼ全域をカバーする世界最速クラス0.02秒の超高速AFが特徴。さらに、動きのあるポートレート撮影でも簡単・確実にピントを合わせ続けられる「リアルタイム瞳AF」や、アップデートでの実装が予定されている「動物瞳AF」により、動きものの撮影が快適に楽しめます。

最大で4K 30fpsでの全画素読み出しによる動画記録に対応。さらに、動画撮影中でも常用ISO感度が最高32000まで対応するので、暗い室内や夜間などの高感度撮影時にもノイズの少ない高画質な4K動画を撮影できます。

液晶モニターが上方向に180°回転できるので自撮り写真やセルフィー動画も簡単に撮影が可能。加えて、動画制作をサポートする機能が充実しているので、YouTubeなどの動画投稿者にもおすすめです。

キヤノン(Canon) ミラーレスカメラ EOS Kiss M

キヤノン(Canon) ミラーレスカメラ EOS Kiss M

簡単操作で写真も動画も高画質に撮れるミラーレス一眼カメラです。初心者やファミリー層から高い人気のある一眼レフ「Kiss」のミラーレス版。有効約2410万画素のAPS-Cセンサーと新開発の画像処理エンジン「DIGIC 8」の搭載により、肌の質感や色のグラデーションも繊細に表現できます。

29種類のシーンを自動で判別するフルオート撮影機能のほか、カメラ操作に不慣れな方の撮影をサポートする機能も充実。写真やイラストを交えて操作方法を表示してくれる「ビジュアルガイド」や、背景のボケ味や明るさをスライドで直感的に操作できる「クリエイティブアシスト」などが搭載されています。

動画は最大で4K 24fpsでの記録に対応。レンズ内光学補正とボディ内電子補正を組み合わせた「コンビネーションIS」により、歩き撮りでも手ぶれの少ない安定した構図の動画が撮影できます。カメラ内の操作で4K動画から写真を切り出せるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX TX2

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX TX2

広角から望遠まで幅広いレンジの撮影が可能な高級コンパクトデジタルカメラです。約340gの小型軽量ボディには有効約2010万画素の1型センサーを採用。さらに、15倍の光学ズームが可能な高倍率ズームレンズを搭載しているので、旅先でもあらゆるシーンの撮影に対応できます。

動画は最大で4K 30fpsでの記録に対応。「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で手ぶれを効果的に抑えつつ、顔・瞳認識AFや追尾AFを使うことで、高画質な4K動画が軽快に撮影できます。

動画記録を応用した特殊機能も充実。4K動画から約800万画素の写真を切り出す「4K PHOTO」を始め、4KからフルHDに変換する際にパンやズーミングの処理を加えられる「4Kライブクロップ」などが搭載されています。

また、2秒や4秒などの短いクリップ動画を撮影できる「スナップムービー」も魅力。撮影した動画はスマホアプリで簡単に編集できるので、写真とは違うスタイルで旅の思い出を残せます。

パナソニック(Panasonic) ミラーレスカメラ LUMIX G8

パナソニック(Panasonic) ミラーレスカメラ LUMIX G8

優れたコスパと高い機動力が魅力のミラーレス一眼カメラです。有効約1600万画素のフォーサーズセンサーを搭載しており、ミラーレス一眼ならでは高画質や豊かなボケ味が楽しめます。標準ズームレンズとのキットが約8万円で購入できるので、趣味としてこれから本格的に写真や動画を始めたい方にもおすすめです。

カメラとレンズ両方の手ぶれ補正機構を組み合わせる「Dual I.S.2」を搭載。ボディ側だけでは補正しきれない望遠域での撮影でも効果的に手ぶれを抑えられます。また、各所にシーリング構造による防塵・防滴設計が採用されているので、場所や天候を問わず撮影できるのも魅力です。

動画は最大で4K 30fpsでの記録に対応。さらに、連続撮影時間が無制限なので、一時中断することなく動画撮影が続けられます。「クリエイティブ動画モード」に設定すれば、動画撮影中の露出をマニュアルで制御可能なので、撮影意図を忠実に反映したこだわりの動画が撮影できるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) ミラーレスカメラ LUMIX GH5

パナソニック(Panasonic) ミラーレスカメラ LUMIX GH5

プロユースの本格的な映像制作にも対応できるミラーレス一眼カメラです。解像度を高めるローパスフィルターレス設計を採用した有効約2033万画素のフォーサーズセンサーを搭載。新開発の画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」との相乗効果で写真も動画も高画質に撮影できます。

動画は最大で4K 60fpsでの記録に対応。また、HLG(ハイブリッドログガンマ)方式での4K HDR動画記録により明暗の細かな階調を同時に表現が可能なので、肉眼で見る光景に迫る映像美の動画を撮影できます。

通常のデジタルカメラで撮影した動画ファイルは記録できる色や階調の情報が限られるので、過度な動画編集を行うと画質が破綻してしまうのが難点です。しかし、本機は大量の色情報を記録できる「4:2:2 10bit出力」に対応しています。

さらに、別売のアップグレードソフトウェアキーを追加すれば、より豊富な階調の記録が可能な「V-Log撮影」にも対応。Log記録した動画ファイルは編集時に色や明るさを大きく変えても破綻が起こりにくいので、自由度の高い映像制作が楽しめます。

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトカメラ Tough TG-5

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトカメラ Tough TG-5

タフ性能と高画質を両立した防水コンパクトデジタルカメラです。広角側で開放F2.0の大口径ズームレンズ(倍率4倍)により、水中や暗い所で動物を撮る場合でも速いシャッター速度で被写体をぶらさずに撮影できます。

また、耐久性の高さも特徴です。水中プロテクターなしでも水深15mまで対応できる防水性能や、高い気密性で砂やホコリの侵入を防ぐ防塵性能、-10℃でも動作する耐低温性能、2.1mからの落下にも耐える耐衝撃性能などを搭載しています。

さらに、「フィールドセンサーシステム」により、緯度・経度、温度、標高(水深)などのフィールド情報も写真と同時に記録し、スマホアプリに取り込んで活用できるのもポイント。ウォータースポーツはもちろん、アウトドアなどの過酷な環境でも重宝します。

動画は最大で4K 30fpsでの記録に対応。また、フルHD 120fpsやHD 240fpsでのハイスピードムービー撮影も可能なので、スローモーション再生も楽しめます。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレスカメラ OM-D E-M10 Mark Ⅲ

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレスカメラ OM-D E-M10 Mark Ⅲ

手軽に高画質な撮影が楽しめるコンパクトなミラーレス一眼カメラです。レンズ込みでも同クラスの一眼レフと比べて1回り以上小型軽量なので、旅先にも軽快に持ち運びが可能。加えて、有効約1600万画素のフォーサーズセンサーを搭載しているので、きれいな夜景写真も背景のボケた動画も簡単に撮れます。

ボディ内には「5軸手ぶれ補正」を搭載。すべてのレンズであらゆる種類の手ぶれを効果的に抑えられるので、手ぶれが目立ちやすい4K動画も高精細に撮影できます。

また、チルト式の液晶モニターを搭載しているので、ローアングルやハイアングルからでも無理のない体勢で撮影できるのもポイント。液晶モニターは「タッチAF」にも対応しているので直感的にピント合わせができます。

動画は最大で4K 30fpsでの記録に対応。デジタルフィルター機能の「アートフィルター」を使えば、幻想的でソフトな写りの「ファンタジックフォーカス」やしっとりとした渋みのある写りの「ブリーチバイパス」など、全15種類の特殊効果を加えた動画も簡単に楽しめます。