かつてムービー撮影と言えばビデオカメラ一択でしたが、最近はデジタルカメラでも十分クオリティの高い撮影ができるようになりました。また、カメラ分野全体のトレンドとしても、気軽に動画撮影をしたいというニーズが高まってきています。

そこで今回は動画撮影におすすめのデジタルカメラをご紹介。コンデジ・ミラーレス・一眼レフからそれぞれ製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

動画撮影に最適なデジタルカメラの選び方

センサーサイズと画素数をチェック

デジタルカメラを選ぶ際には、画素数の大きさで選ぶ方が多いですが、画質を決めるのはセンサー(撮像素子)のサイズです。

いくら画素数が大きくても、描写範囲が小さければ取り込む光の量が少なくなってしまい、画質が低下してしまう恐れがあります。逆に大きいほど精細に描けるため、高画質での撮影が可能です。特にコンデジはセンサーサイズにバラつきがあるため、画素数と合わせてしっかりチェックしましょう。

フレームレートと解像度を確認

By: sony.jp

1秒間の撮影枚数を表しているのがフレームレートです。動画撮影は、枚数が少ないほど動作はカクつき、多いほど滑らかになります。動画撮影に適したデジタルカメラを選ぶ際には1秒間に何枚撮影できるかをチェックしましょう。

フレームレートの単位は「fps」で表され、1fpsであれば秒間1枚の撮影が可能です。つまり、30fpsであれば1秒間に30枚の撮影ができます。人の目で見た自然な動きやテレビのフレームレート「30fps」を基準にすると選びやすいですが、ハイスピード撮影でスローモーションを体感したい方は、120fpsや1000fpsなどのハイフレームレートがおすすめです。

さらに、キメ細かな動画を撮るには解像度もチェック。HDは1280×720、フルHDは1920×1080、4Kは3840×2160と大きいほど画像は繊細です。フレームレートや解像度が大きいほどデータ容量も増すので、保存や処理能力などのスペックも考慮して選びましょう。

手ブレ補正機能をチェック

By: amazon.co.jp

手持ち撮影を行う際に欠かせないのが手ブレ補正機能です。構え方によってある程度手ブレは抑えられますが、子供の運動会やスポーツなど被写体の動作が激しいシーンほど、優れた手ブレ補正機能が必要となります。

手ブレ補正機能が搭載されていない場合は、スタビライザーなどの動画撮影を安定させる機材を使用する方法もありますが、費用や持ち運び時の重量が増えるので注意が必要です。

ズーム機能をチェック

ズームには電子ズームと光学ズームがあります。電子ズームは撮影した写真を引き伸ばすズーム機能。ズームをした際に画質が落ちるのが難点ですが、比較的安価なのが魅力です。

一方、光学ズームは望遠鏡と同じようにレンズを調節するズーム機能。高画質のままズームができるので、高画質な動画を撮りたい方は光学ズームを採用しているデジタルカメラを選びましょう。

また、レンズの性能も重要で、特に焦点距離の数値が小さいほど広角、大きいほど望遠の撮影に向いています。光学ズームのように焦点距離を変えられるレンズはズームレンズと呼ばれており、普段の生活で使う方には240mm程度までズームできるモノがおすすめです。400mm以上の超望遠のモノもありますが、手ブレを起こしやすいので、その点は注意しておきましょう。

オートフォーカスの精度をチェック

By: amazon.co.jp

オートフォーカスとは自動で被写体を捉えてピントを合わせる機能のこと。「AF」と省略して呼ばれることもあります。AF機能が搭載されている製品のなかには顔認識やターゲット追尾など便利な機能が備わっているモデルもあるので、選ぶ際にはチェックしておきましょう。

なお、オートフォーカスの精度は製品によってさまざま。素早く動く被写体を撮影するには高速AFを謳っているモデルに注目しましょう。

連続撮影時間をチェック

By: sony.jp

デジタルカメラで動画を撮影する場合は、連続撮影時間に注意が必要です。ビデオカメラと違ってデジタルカメラの場合は連続撮影時間が決められています。

30分以上連続で撮影できるモノはビデオカメラ扱いとなりますが、コンデジ・ミラーレス・一眼レフでは29分程度撮影できるモノがほとんど。なお、発売から年月が経ったモデルの場合、10分程度しか動画撮影できないモデルもあるため注意が必要です。長時間動画を撮影したい方はしっかりと連続撮影時間をチェックしておきましょう。

動画撮影用デジタルカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

コンデジとデジタル一眼カメラを展開している「ソニー」。特に最近はミラーレス一眼のフルサイズモデルに注力しており、ハイエンドモデルには高性能を有したモノもあります。

また、ビデオカメラも展開していることもあり、動画撮影においても使い勝手は良好。デジタルカメラで本格的な撮影したい方におすすめです。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンのデジタルカメラはコンデジ・ミラーレス・一眼レフとジャンルを網羅しており、クラスもエントリー・ミドル・ハイエンドと幅広く製品を取り揃えています。

また、交換レンズのラインナップが豊富なのもポイント。カメラ初心者が中級者、上級者へとステップアップしやすいのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

センサーサイズにマイクロフォーサーズを採用している「パナソニック」。ビデオカメラで培ってきた技術とノウハウをデジタルカメラの動画分野にも活かしています。

同社のミラーレス一眼の現行モデルはほとんどが4Kに対応しており、クオリティの高い動画を撮影できるのがポイント。なお、交換レンズに関してはドイツの有名カメラメーカー「ライカ」と提携しているのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)

By: rakuten.co.jp

ミラーレス一眼が人気の「オリンパス」。シンプルかつクラシックなボディを採用しており、「カメラ女子」ブームの火付け役となったメーカーとしても認知されています。

ラインナップとしてはさまざまなコンセプトの製品をしていますが、総じて手ブレ補正機構は良好。また、砂埃や水滴に強い防塵防滴仕様のモデルが多いのも特徴です。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-WX500

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-WX500

手のひらにすっぽり収まる小型・薄型ボディが特徴のコンデジです。レンズには信頼性の高い「ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ」を採用。24mmの広角レンズのため、ワイドな画角で撮影が可能です。ズームは光学30倍、全画素超解像ズームなら最大60倍までズームできます。

また1920×1080、フレームレート60fpsのフルHDで動画撮影ができるのも魅力。高画質記録の「XAVC S」フォーマットを採用しているので、画面の細部に至るまで高解像度で動画が撮影できます。連続撮影時間は最大で20分。独自のフレーム解析技術を駆使した「インテリジェントアクティブモード」を搭載しているので、手ブレも抑えます。

ボディの背面には180°可動式液晶モニターを搭載し、セルフィーにもしっかり対応。液晶画面を確認しながら構図を検討できて便利です。動画も静止画も手軽にオールマイティーに撮影したい方におすすめの1台です。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D EOS80D

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D EOS80D

便利な操作性が特徴のデジタル一眼レフカメラです。タッチ操作可能な液晶モニターは、縦横比3:2のワイド・3.0型、約104万ドットの「クリアビュー液晶II」を採用。「ファイナルイメージシミュレーション」が搭載されているので、クリアな液晶画面で撮影後のイメージを事前にライブビュー映像で確認できて便利です。

また「オールクロス45点AF」により、俊敏で小さな被写体の動きも思い通りに捉えることが可能。イメージセンサーはAPS-Cサイズの約2420万画素CMOSセンサーを搭載しているので、優れた解像感と階調表現を体感できます。

動画は1920×1080、フレームレート60fpsでフルHDムービーが撮影可能。一眼レフのボケ味を活かした映像を高画質で鮮やかに撮影できます。約3~10倍の動画デジタルズームで遠くの被写体にも迫れます。手ブレ補正機能はありませんが、ズームする際などには三脚などを使用すると手ブレを防げて便利です。

さまざまなアングルからの撮影をサポートするバリアングル液晶モニターを搭載しているのもポイント。垂直方向に270°、水平方向に175°動かせて便利です。比較的安く、一眼レフ初心者にもハイアマチュアの方にもおすすめの1台です。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-PL8

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-PL8

初心者向けのおしゃれカメラとして人気の、オリンパス「PEN」シリーズのミラーレス一眼カメラです。厚さ38.4mmで、重量が約374gと比較的コンパクト。華奢なサイズながらグリップやボディの質感など、部にもこだわりが見られます。

モニターは180°後方に回転するチルト式モニターを採用。モニターをくるっと回して簡単に撮影ができます。また、液晶パネルに肌補正機能や1秒後に撮影するシャッターボタンが表示されるのもポイント。至近距離での自撮りも難なくこなせて便利です。

動画は1920×1080、フレームレート30fpsのフルHDで撮影が可能。連続撮影時間は最大約29分です。動画撮影時の手ブレ補正には「M-IS」を備えています。また「PEN」シリーズ特有のアートフィルターが動画に使えるのも魅力です。

ダブルズームキット付属の望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」は、小型で軽量ながら35mm判換算で300mmのズームが可能。静止画も動画もスタイリッシュに撮りたい方におすすめの1台です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

小型・軽量ボディが特徴のデジタル一眼レフカメラです。タッチパネルとバリアングル画像モニター搭載をしており、さまざまなアングルからモニターをタッチするだけで撮影が可能。初心者に優しい操作性が魅力です。

また、Bluetooth接続機能が搭載されているので、撮影後の画像管理も便利。スマホへの画像転送もスムーズです。機能の充実もさることながら、イメージセンサーには2416万画素CMOSセンサーを、画像処理エンジンには「EXPEED 4」を搭載。静止画も動画も鮮明に表現します。

動画は1920×1080、フレームレート60fpsのフルHDムービーが撮影可能。被写体の速い動きも滑らかに再現します。連続撮影時間は最大29分59秒。動画撮影時にはハンドスタビライザーなどを使用すると手ブレを抑えられて便利です。

なお、タイムラプス動画機能を搭載しているので、定点カメラのように変化する被写体の動きをコマ送りで再現することも可能。難しい操作は苦手だけど高画質動画や静止画をスマホのように直感的に操作したいといった、一眼レフ初心者におすすめの1台です。

▼撮影イメージ

動画撮影におすすめのデジタルカメラ|4K対応

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

シリーズ7代目となる、高画質・高解像度4K動画が撮影できる高級コンデジ。コンパクトなサイズで約302gと軽量ながらも最高約90コマ/秒で撮影可能なモデルです。

積層型CMOSセンサーをイメージセンサーに採用し、画像処理エンジンには「BIONZ X」を搭載。また24-200mmのズームが可能なレンズは、信頼度の高い「ツァイス バリオ・ゾナーT*」を採用しています。

最大60回/秒のAF/AE演算処理により、被写体の俊敏な動きにも高精度な追随が可能。大切なシャッターチャンスを逃すことなく撮影できます。また最高約20コマ/秒の「ブラックアウトフリー連続撮影機能」により、まるで肉眼で目前の被写体を捉えているような連続撮影ができます。

高画質・高解像度が自慢の4K動画はフレームレート30fps、またフルHDムービーはハイフレーム設定時に960fpsで撮影ができます。連続撮影時間は最大約29分。4K動画撮影時には手ブレ補正「アクティブモード」により、手持ちであっても手ブレの少ない動画が撮影できて便利です。

また、背面の液晶モニターが180°回転するので自撮りをする際にも便利。価格はやや高価ですが、高画質・高性能・高機能がポケットサイズに凝縮しており、ユーチューバーからも人気のある1台です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D780

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D780

フルフレームで4K動画が撮影可能なフルサイズ一眼レフカメラです。画像処理エンジンには「EXPEED 6」を搭載し、強化された「51点AFシステム」により動体追尾性能と被写体検出性能が向上。より確実で正確なピント合わせが可能です。

また、常用感度ISOが51200のため、光量が少ない場面での撮影も楽々。シャープネス調節のための「ピクチャーコントロールシステム」を採用し、3種類用意されたパラメーターで「輪郭強調」「明瞭度」「ミドルレンジシャープネス」などのコントロールが可能なのもポイントです。

4K動画はフレームレート30fps、フルHDムービーは120fpsで撮影が可能。連続撮影時間は最大29分59秒です。4K動画撮影時には「電子手ブレ補正」機能により、上下、左右など撮影レンズを中心とする3方向の手ブレを軽減できて便利です。

使用電池にはLi-ionリチャージャブルバッテリー「EN-EL15b」を採用。低消費電力設計のため、静止画なら1回の充電で最大約2260コマ、動画なら合計95分の撮影が可能です。コマ数の多いインターバルタイマー撮影やタイムラプス動画撮影時には非常に便利。フルサイズの一眼レフで本格的な撮影を楽しみたい方におすすめの1台です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタルカメラ PowerShot G7 X Mark III PSG7X MARKIII

ニコン(Nikon) デジタルカメラ PowerShot G7 X Mark III PSG7X MARKIII

重量が約304gと軽量で、クロップなしのフル画角4K動画撮影が楽しめるコンデジです。光学4.2倍ズーム、プログレッシブファインズームで最大約8.4倍までズームが可能。コンパクトなサイズながらも、イメージセンサーには1.0型積層型CMOSセンサーを搭載し、映像エンジンには「DIGIC 7」を搭載しています。

静止画撮影では約30コマ/秒の高速連写が可能。動きの速い被写体などの決定的瞬間を逃さず撮影ができ便利です。またドライブモードを利用すれば、AF固定で最高約20コマ/秒、AF追従でも最高約8.3コマ/秒での連続撮影が可能です。

4K動画はフレームレート30fps、フルHDムービーは120fpsで撮影が可能。連続撮影時間は最大約29分です。動画撮影時には「5軸手ブレ補正」機能により、大小さまざまな手ブレの影響を軽減できて便利です。

さらには撮影した映像をYouTubeにアップロードできるライブ配信サービスといった機能も搭載。PCやスマホを経由せずカメラからリアルタイムで配信できます。静止画撮影も4K動画も、コンパクトに便利に楽しみたい方におすすめの1台です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ90 DC-TZ90

パナソニック(Panasonic) コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ90 DC-TZ90

180°チルト式タッチモニター搭載で、セルフィーも4Kで撮影できるコンデジです。レンズには広角24mm、光学30倍ズームのライカ社製DCレンズを採用。「超解像iAズーム」を使えば解像度を保った状態で60倍までズームできます。高倍率レンズを搭載しながらも厚さ約41.2mmで重量約322gと、比較的軽量でコンパクトなサイズです。

イメージセンサーには「20.3M 1/2.3型 高感度MOSセンサー」、また画像エンジンには「ヴィーナスエンジン」を搭載。ノイズを抑え、高画質で撮影できます。また「4Kフォトモード」を備え、秒間30コマの連写が可能。例えば噴水の水しぶきが舞っている瞬間の撮影などに効果的です。

キメ細やかさが魅力の4K動画はフレームレート30fps、フルHD動画は60fpsで撮影が可能。連続撮影時間は最大29分59秒です。「光学式手ブレ補正」を搭載しており、動画はもとより静止画の手ブレも防ぎます。

また、設定した時間間隔で自動的に撮影するインターバル撮影機能も搭載。流れていく雲や、花が開花する様子など時間を追った撮影ができる点もおすすめです。