ビデオカメラのように、クオリティの高い動画が撮影できるようになった「デジタルカメラ」。写真も動画も高品質で楽しめるため便利です。また、カメラ分野全体のトレンドとしても、気軽に動画を撮影したいというニーズが高まってきています。

そこで今回は、動画撮影におすすめのデジタルカメラをご紹介。ミラーレス一眼とコンデジからそれぞれ製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

動画撮影に最適なデジタルカメラの選び方

センサーサイズと画素数をチェック

デジタルカメラを選ぶ際、画素数の大きさ以外に、センサー(撮像素子)のサイズもチェックしましょう。

いくら画素数が大きくても、描写範囲が小さければ取り込む光の量が少なくなってしまい、画質が低下してしまう恐れがあります。大きいほど精細に描けるため、高画質での撮影が可能です。特にコンデジはセンサーサイズにバラつきがあるため、画素数と合わせてしっかり確認してみてください。

フレームレートと解像度を確認

By: sony.jp

1秒間の撮影枚数を表しているのがフレームレートです。動画撮影は、枚数が少ないほど動作はカクつき、多いほど滑らかになります。動画撮影に適したデジタルカメラを選ぶ際には1秒間に何枚撮影できるかをチェックしましょう。

フレームレートの単位は「fps」で表され、1fpsであれば1秒間に1枚の撮影が可能。つまり、30fpsであれば1秒間に30枚の撮影ができます。自然な動きの動画を撮影したい場合、30fpsを基準にして選ぶのがおすすめです。

さらに、キメ細かな動画を撮影するには解像度もチェック。HDは1280×720、フルHDは1920×1080、4Kは3840×2160と、サイズが大きいほど画像が繊細です。ただし、フレームレートや解像度が大きいほどデータ容量も増すので、保存や処理能力などのスペックも確認して選びましょう。

手ブレ補正機能をチェック

By: sony.jp

手持ち撮影を行う際に欠かせないのが手ブレ補正機能。構え方によってある程度手ブレは抑えられますが、子供の運動会やスポーツなど被写体の動作が激しいシーンほど、優れた手ブレ補正機能が必要です。

手ブレ補正機能が搭載されていない場合は、スタビライザーなどの動画撮影が安定する機材を使用することも可能。しかし、重量が増える点には留意しましょう。

ズーム機能をチェック

By: nikon-image.com

ズームにはデジタルズームと光学ズームの2種類があります。電子ズームは撮影した写真を引き伸ばすズーム機能。ズームをした際に画質が落ちますが、比較的安価なのが魅力です。

光学ズームは、望遠鏡と同じようにレンズを調節することで焦点距離を変化させるズーム機能。優れた画質をキープしたままズームできるので、高画質な動画を撮りたい方は光学ズームが採用されたデジタルカメラを選びましょう。

また、レンズの性能も重要で、特に焦点距離の数値が小さいほど広角、大きいほど望遠の撮影に向いています。光学ズームのように焦点距離を変えられるレンズはズームレンズと呼ばれており、普段の生活で使う方には240mm程度までズームできるモノがおすすめです。400mm以上の超望遠のモノもありますが、手ブレを起こしやすい点は留意しておきましょう。

オートフォーカスの精度をチェック

By: olympus-imaging.jp

オートフォーカスとは、自動で被写体を捉えてピントを合わせる機能のこと。「AF」と省略して呼ばれることもあります。AF機能が搭載されている製品のなかには、顔認識やターゲット追尾など便利な機能が備わっているモデルもあるので、選ぶ際にはチェックしておきましょう。

なお、オートフォーカスの精度は製品によってさまざまです。素早く動く被写体を撮影するには、高速AFを謳っているモデルに注目しましょう。

連続撮影時間をチェック

By: sony.jp

デジタルカメラで動画を撮影する場合は、連続撮影時間に注意が必要です。ビデオカメラと違ってデジタルカメラの場合は連続撮影時間が決められています。

30分以上連続で撮影できるモノはビデオカメラ扱いですが、コンデジとミラーレスでは29分程度に連続撮影可能な時間が制限されているモノがほとんど。長時間動画を撮影したい方は、しっかりと連続撮影時間をチェックしておきましょう。

動画撮影用デジタルカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、コンデジとデジタル一眼カメラのほか、さまざまな電化製品を製造している世界的に人気のメーカーです。特に最近は、ミラーレス一眼のフルサイズモデルに注力しており、ハイエンドモデルには高性能を有したモノもあります。

また、ビデオカメラも展開していることもあり、動画撮影においても使い勝手が良好。デジタルカメラで本格的な撮影したい方におすすめのメーカーです。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、カメラやビデオをはじめ、プリンタや複合機などを製造する精密機器メーカーです。なかでも、デジタルカメラはコンデジ・ミラーレス共に、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広く製品を取り揃えています。

また、交換レンズのラインナップが豊富なのもポイント。カメラを本格的に始めたい方にもおすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪府に拠点を置く総合電機メーカー。ビデオカメラで培ってきた技術とノウハウをデジタルカメラの動画分野にも活かしているのが特徴です。

4K撮影に対応したモデルを多く製造しており、クオリティの高い動画を撮影できるのがポイント。なお、交換レンズに関してはドイツの有名カメラメーカー「ライカ」と提携しているのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)

オリンパスは、内視鏡などの医療機器や顕微鏡、デジタルカメラなどを扱う日本の光学機器メーカーです。ミラーレス一眼は、シンプルかつクラシックなボディが特徴。軽量で、持ち運びに適したモデルを多くラインナップしています。

手ブレ補正に優れたモデルを多く製造しているのも魅力。また、砂埃や水滴に強い防塵防滴仕様の製品が多いのも特徴です。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ|ミラーレス一眼

ソニー(SONY) デジタル一眼カメラ α6400

優れたコスパで人気のある動画向けAPS-Cミラーレス一眼です。AIを活用した先進の被写体追尾AFシステム「リアルタイムトラッキング」を動画撮影時にも使用できるのが特徴。動き回る子供やペットも簡単操作で撮影できます。

最高記録解像度は4K 30fpsですが、6K相当の情報量を4Kに凝縮して出力しているのでワンランク上の高画質が得られるのも特徴。動画の仕上がりを変更できる「クリエイティブスタイル」や、遅回しや早回し撮影を可能にする「スロー&クイックモーション」などの機能にも対応しています。

重さ約403gの軽量ボディには、アングル変更や自撮りが手軽に行える180°チルト可動式モニターを搭載。また、パソコンとUSB接続することでウェブカメラとしても活用が可能です。

キヤノン(Canon) ミラーレスカメラ EOS Kiss M2

家族旅行や運動会の撮影におすすめの動画向けAPS-Cミラーレス一眼。初心者やファミリー層から人気の一眼レフ「EOS Kiss」シリーズのミラーレス版です。初めてミラーレス一眼を使う方でも簡単操作で満足のいく動画が撮影できます。

動画撮影中でも動く被写体を追い続ける「動画サーボAF」に加えて、ピンポイントで人物の瞳に合焦する「瞳AF」が使用可能。最高記録解像度は4K 25fpsで、カメラを縦にするだけでスマホ再生に適した縦位置構図動画も撮影できます。

重さ約388gの軽量コンパクトな本体にはバリアングルモニターを搭載。操作方法が視覚的にわかる「ビジュアルガイド」や、タッチ操作で各種項目を直感的に変更できる「クリエイティブアシスト」など、初心者向けのサポート機能も充実しています。
▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX G100

初心者でも手軽にVlog撮影が始められるマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。モニターを回転させて「自撮りモード」にするだけでぴったりな明るさやピントで簡単に撮影が可能。撮影時はモニターの周囲が赤枠で囲まれるため、カメラが回っていなかったなどの撮影ミスを防げます。

「ノキア」と共同開発した高音質・高精度なマイクシステム「OZO Audio」を搭載しているのもポイント。顔・瞳認識AFとも連動しつつマイクの指向性をシーンに応じて最適な方式に自動で切り替えるので、外付けマイクがなくても聴き取りやすい音声が収録できます。

最高記録解像度は4K 30fps。電子式の手ブレ補正機能に加えて、ミニ三脚としても使えるハンドグリップが付属するので、手持ちでも安定した見やすい構図の動画が撮影できます。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX G99

本格的な映像制作にも挑戦できるマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。プロモデルに迫る高性能な動画機能を備えており、最高記録解像度の4K 30fpsでも時間制限なしで長回しが可能。長時間のインタビュー動画やワンカット映画の撮影にもおすすめです。

光学式のボディ内手ぶれ補正機構を搭載。さらに、対応レンズと組み合わせると、より高精度に手ブレを抑える「Dual I.S.2」が使用できるので、手持ちでのドキュメンタリー撮影などにも活躍します。

動画撮影時に絞りやシャッター速度を任意で変えられる「クリエイティブ動画モード」によって、撮影意図を忠実に反映したこだわりの映像制作も可能。ボディの重さは約536gと軽く、強力な防塵・防滴性能を持つのでアウトドアシーンの撮影でも重宝します。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼カメラ OLYMPUS PEN E-PL10

シネマティックな表現で日常の記録を残せるおしゃれなマイクロフォーサーズミラーレス一眼です。優美なデザインの小型ボディはキットレンズと合わせても、重さが500mlペットボトルより軽いのが特徴。普段のお出かけでも気軽に持ち歩けます。

最高記録解像度は4K 30fps。液晶モニターはタッチ操作に対応するので、各種設定がスマホ感覚で行えます。さらに、下方向に180°チルトすることで自動的に「自撮りモード」に変わるので、旅行先でのVlog撮影などでも活用が可能です。

16種類・31タイプの芸術的な仕上がりがワンタッチで動画にも追加できる「アートフィルター」も魅力。また、新機能「ファインチューン」を使えばフィルター効果の強弱を微調整できるので、より自分好みの動画作品に仕上げられます。

▼撮影イメージ

動画撮影におすすめのデジタルカメラ|コンデジ

ソニー(SONY) デジタルカメラ VLOGCAM ZV-1G

これからYouTuber活動を始めたい方におすすめのVlog特化型コンデジです。重さ約294gの小型軽量ボディには、スマホのカメラより4倍大きな1型センサーと、汎用性の高い2.7倍大口径標準ズームを搭載。初心者でも手軽に本格的なVlog撮影が楽しめます。

ボタン1つで背景を「ぼけ」と「くっきり」に切り替えられる機能や、室内から野外へ移動する場合でも顔を一定の明るさに保てる機能などが充実。操作に不慣れな方でもカメラ任せで見やすい高品質な動画が撮影できます。

小物などをカメラに近づけると自動でピント位置を切り替える「商品レビュー用設定」を使えば、製品レビュー動画の撮影も簡単。バリアングルモニターや光学式手ブレ補正機構を備えるほか、ミニ三脚としても使えるハンドグリップが付属します。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX100VI

家族旅行から運動会の動画撮影まで1台でこなせる人気の動画向けコンデジです。重さ約301gの軽量コンパクトなボディには1型センサーと8倍の高倍率ズームを搭載。広角から望遠までカバーしているので、多彩なシーンの動画撮影で活躍できます。

2種類のAF方式を併用した高速・高精度なAFシステム「ファストハイブリッドAF」も特徴。動画撮影時でも画面の広範囲でピント合わせができるので、動きの速いスポーツ撮影でも自由な構図と安定したピントで記録が残せます。

6K相当の情報量を凝縮した高画質な4K 30fps動画記録が可能です。チルトモニターを上方向に180°回転すれば自撮り動画も簡単。さらに、40倍のスーパースローモーションやHDR動画などハイクオリティな映像表現も楽しめます。

キヤノン(Canon) コンパクトデジタルカメラ PowerShot G7 X Mark III

YouTubeでのライブ配信が簡単操作で行える「ライブ配信サービス」対応のコンデジです。2種類の配信方法が用意されており、「今すぐ配信」を選べばカメラをWi-Fi接続するだけで配信がスタート。「イベント」では事前にYouTube上で公開内容を登録しておくことで、任意の設定でバンド演奏やトークショーなどを配信できます。

重さ約304gの小型軽量ボディには、1型センサーと4.2倍の大口径標準ズームを搭載。また、常用感度で最高ISO12800まで使用できるので、薄暗い室内や夜景の撮影でもクリアで鮮明な動画が撮影可能です。

最高記録解像度は4K 30fps。HDR動画やフルHD 120fpsのハイフレームレート動画も記録できます。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) コンパクトカメラ LUMIX TX2

あらゆる被写体を1台でカバーできる動画向けコンデジです。重さ約340gの軽量コンパクトなボディには、ドイツの名門カメラメーカー「ライカ」と共同開発した15倍の超高倍率ズームを搭載。広角24〜超望遠360mmまで使用でき、花や雑貨などの接写もできるので、旅行先で遭遇する多彩な被写体を動画に収める用途にもおすすめです。

優れた暗所耐性を持つ1型センサーを内蔵。さらに、レンズ内に光学式手ブレ補正機構を搭載しているため、夕暮れや室内でも手持ちで見やすい安定した構図の動画が撮影できます。

最高記録解像度は4K 30fps。カメラ内で4K素材をフルHDに変換する際にパンやズームなどのフレーム効果を追加できる「4Kライブクロップ」機能を使用できるのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトデジタルカメラ Tough TG-6

アクションカメラとしても活用できる防水コンデジです。重さ約253gと携帯性に優れ、防水15mや防塵、耐低温-10℃などタフな性能を備えているのもポイント。登山やキャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、本格的なダイビング撮影にも活用できます。

最高記録解像度は4K 30fps。また、マクロ撮影や水中撮影のサポート機能が充実しているのも魅力です。

動画と同時に位置情報・温度・水深などのログデータを記録できる「フィールドセンサーシステム」も搭載。移動ルートの振り返りや分析などにも活用できます。
▼撮影イメージ