カメラにおけるひとつのジャンルとして確立した「アクションカメラ」。アウトドアやスポーツシーンなど、激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。

そこで今回は、アクションカメラのおすすめモデルをご紹介。高機能なアイテムはもちろん、リーズナブルなエントリーモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、自分の目線から見た動画を撮るために特化した小型カメラのこと。バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使うことから、ウェアラブルカメラとも呼ばれています。

アクションカメラは、アウトドアやスポーツでの撮影にピッタリ。防水性と耐久性が高く、なかには水中で撮影できるモデルもあります。臨場感ある映像を手軽に撮影できるのが魅力です。

アクションカメラと普通のビデオカメラの違い

ビデオカメラの特徴

By: sony.jp

普通のビデオカメラの場合、被写体をモニターで確認しながらズーム機能を使って、大きさを調整しながら撮影します。手ブレ機能があれば被写体を追いかけながらの撮影も可能ですが、基本的に派手に動き回ることはありません。

子どもの成長を記録するのはもちろん、旅行や運動会といったイベントを撮影する際におすすめのカメラです。

アクションカメラの特徴

By: casio.jp

アクションカメラは、過酷な撮影シーンに対応したビデオカメラです。画質はもちろん、堅牢性や耐水性、防水性なども重視されています。一方、機能面に関してはシンプルなものが多く、ズーム機能は非搭載のモデルがほとんどです。

また、通常のビデオカメラと比べてコンパクトで軽量なのも特徴。自転車のハンドル部分やヘルメットの上部などに装着すれば、両手が自由になるというメリットがあります。

アクションカメラの選び方

解像度(画質)をチェック

By: amazon.co.jp

アクションカメラの解像度は、HD(1270×720)・フルHD(1920×1080)・4K(3840×2160)の3種類があり、フルHDが現在の標準的画質の基準となります。

より高画質で記録したい方や動画編集で高度な編集をする方は、画質劣化の少ない4K対応モデルがおすすめです。

画角(広角)の広さをチェック

By: amazon.co.jp

「画角」とはカメラに映る(写る)範囲のこと。人間の場合は視野角と呼ばれ、両目で約180~200°が目安です。これをビデオカメラに置き換えて考えると、画角が人間の視野角に近ければ近いほど、普段見えている視界と同等の映像を楽しむことが可能。レンズが広角であればあるほど、広い範囲を撮れるほか、遠近感も出せるので、迫力ある映像を撮影することができます。

アクションカメラは、100°以上の広角に対応しているモデルが多数ラインナップ。ハンディタイプの一般的なビデオカメラの場合は、広角側で70〜80°であることを考慮すると、よりダイナミックな動画を撮影したい場合は広角仕様のカメラに軍配が上がります。気になる方はしっかりとチェックしておきましょう。

撮影シーンをチェック

ダイビングやサーフィンをするなら「防水性」を重視

By: amazon.co.jp

アクションカメラを選ぶ上で、防水機能は重要なポイントです。製品としては本体に防水機能が備わっているタイプと、付属のハウジングを装着して防水に対応するタイプの2種類があります。

また、潜水深度も重要。水深3m程度のものから水深60mにも対応できるタイプまで幅広くあります。気軽に水辺で遊ぶ程度なのか、本格的な水中撮影で使うのかによって選ぶべき製品が異なってくるので、用途を考慮するようにしましょう。

バイクのツーリングなど長時間撮影をするなら「バッテリー性能」を確認

バイクツーリングのように長時間の撮影をする場合は、バッテリー容量も重要。1回のフル充電でしっかりと撮影時間を確保できるかどうかをしっかりとチェックしておきましょう。

なお、本体自体の連続使用時間が短い場合は、予備バッテリーを用意しておくと安心です。製品のなかにはモバイルバッテリーで充電が可能なモデルもあるので、購入する前に確認しておきましょう。

激しいスポーツを撮影するときは「フレームレート」に注目

By: shop.gopro.com

フレームレートとは、1秒間に記録できる静止画のコマ数のことを示します。フレームレートの数値が大きいほど被写体の動きが滑らかになるため、激しいスポーツの撮影に便利です。

標準的なスペックのアクションカメラでは、30fpsのフレームレートが多用されています。高速な被写体の動きをより滑らかに表現したい場合は、60fpsに対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

また、アクションカメラのなかには種類は少ないものの、120fpsや240fpsなどのハイフレームレートに対応したモデルもあります。これらのフレームレートで撮影すると、編集でスローモーション動画を作ることが可能。利用シーンを踏まえた上で、自分にあったモデルを選びましょう。

機能をチェック

撮影ミスを減らせる「手ブレ補正機能」

By: amazon.co.jp

手ブレ補正機能は、大きく分けると2種類に分けることができます。ひとつはレンズの内部構造を動かすことでブレを抑える「光学式」。残像が少なく、画質に優れているのが特徴です。ただし、構造が複雑になるので本体のサイズが大きくなる傾向があります。

もうひとつは、センサーによって画像を自動的に補正する「電子式」。光学式と比べて画質がやや劣化してしまいますが、構造がシンプルなためカメラサイズを小さくすることが可能で、価格もリーズナブルです。画質にこだわりたい方は光学式、サイズやコスパを重視する方は電子式を選ぶようにしましょう。

直感的な操作が可能「タッチパネル」

アクションカメラのなかには、デジタルカメラのようにタッチパネルで操作できるモデルもあります。操作性に関しては電源のオン・オフや録画ボタンをチェックするのはもちろん、使用する季節によっては手袋を装着した状態でも撮影することが考えられるので、ボタンの押しやすさにも留意しておきましょう。

すぐSNSにシェアできる「Wi-Fi機能」

By: amazon.co.jp

アクションカメラのなかには、Wi-Fi接続に対応したモデルもあります。製品によってはSNSに投稿する機能を備えている機種もあるので、使用頻度が高い方におすすめです。

なお、アプリの使い勝手もポイント。撮影したデータが転送しやすいかはもちろん、リモコン代わりに遠隔操作が可能かどうかもチェックしておきましょう。

アクションカメラのおすすめ人気モデル

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO7 Black CHDHX-701-FW

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO7 Black CHDHX-701-FW

アクションカメラ人気の火付け役、GoProが販売する最上位モデルです。最大の特徴は、高性能な手ブレ補正機能。独自技術の「HyperSmooth(ハイパースムーズ)」を搭載し、カメラ本体にジンバルを装着したような、ブレの少ない動画が撮影できます。さらに、タイムラプス機能を使えば、滑らかな撮影機能を活かして、倍速再生させたような動画を撮ることが可能です。

動きながらカメラを操作するのに便利なのが音声コントロール機能。ビデオ撮影の開始など、16種類のコマンドに対応し、本体に話しかけるだけで手を使わずに扱えます。

「Super Photo(スーパーフォト)」機能を備え、被写体が逆光などの悪条件でも、自動で補正してきれいな写真を再現するため、写真をSNSに投稿する機会が多い方にもおすすめの製品です。

本体サイズは幅62.3×高さ44.9×奥行き33mmで、重量は約116g。スポーツ時から日常生活まであらゆるシーンで活躍できる、4K動画が撮影可能な高性能のアクションカメラです。

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO7 White CHDHB-601-FW

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO7 White CHDHB-601-FW

GoProのアクションカメラにおけるエントリーモデルです。動画はフルHDまで対応し、手軽に高画質な撮影を楽しみたい方におすすめ。静止画は10メガピクセルまで撮影可能で、SNSに公開するのに十分な画質を残せます。

本体サイズは上位機種と同じ、幅62.3×高さ44.9×奥行き33mmとコンパクトで、重量は約92.4gと軽量化を実現。普及型モデルですが水深10mまでの防水性能を備え、ダイビングなどのマリンスポーツにも問題なく使用できます。

搭載されたディスプレイはタッチパネルに対応し、撮影モードの設定が簡単です。さらに、14種類の音声コマンドに反応する機能があり、スポーツ中でも録画開始などの操作を本体に話しかけるだけでスムーズに行えます。

縦向きの動画撮影にも対応し、Wi-Fi機能で直接Instagramのストーリーなどに公開可能。4Kのような高画質動画は求めず、GoProブランドの高機能なアクションカメラを使ってみたいという方におすすめです。

ソニー(SONY) ウエアラブルカメラ アクションカム HDR-AS300

ソニー(SONY) アクションカム HDR-AS300

ロードバイクのハンドルに取り付けて、風景の動画を撮りたいと考えている方におすすめのアクションカメラです。自転車動画を撮影する場合に必須の手ブレ補正機能は、ハンディカムにも搭載されている高度な空間光学方式を採用。地面から伝わる振動を検知してブレを抑制するので、滑らかな動画を楽しめます。

本製品は、IPX4相当の防滴ボディなので雨に濡れても安心です。また、付属の防水ハウジングを使えば、水中での撮影が可能。-10℃までの耐低温性もあるので、スノーボードなどのウィンタースポーツにも最適です。

バッテリー駆動は、フル充電の状態で最大135分間の連続撮影が可能。別売のモバイルバッテリーを用意すれば、付属のmicroUSBケーブルを接続して長時間の撮影もできます。

本体サイズは幅29.4×高さ47.0×奥行き83.0mmと手持ち撮影がしやすい大きさで、重量は約109gと軽量設計です。レンズはツァイスの「テッサー」を採用し、広角レンズ特有の画面周辺部の歪みを軽減。手ブレに強く、動きが激しいシーンでの利用におすすめのアクションカメラです。

ニコン(Nikon) アクションカメラ KeyMission 170 BK

ニコン(Nikon) アクションカメラ KeyMission 170 BK

高性能一眼レフデジカメを販売するニコンのアクションカメラです。f値2.8の明るいNIKKORレンズを搭載し、迫力ある描写を再現。電子式手ブレ補正機能に加えて、170°の超広角レンズが高精細な4K動画を撮影できます。

無料アプリ「SnapBridge」を利用すれば、撮影した静止画をスマートフォンに自動で転送可能。SNSを更新する頻度が高い方におすすめの機能です。

本製品には、サイズが縦40×横60×厚さ13.8mmの小型リモコンが標準で付属しています。ヘルメットなどにアクションカメラを設置したときに、遠隔操作で動画や静止画の撮影が可能。カメラ本体の底面にあるマウントが三脚穴なので、通常の三脚をそのまま活用できるのもポイントです。

本体サイズは幅66.4×46.8×42.7mmで、重量が約134.5g。丸いレンズフードが特徴的なデザインは、2017年度に「グッドデザイン賞」を獲得しています。高性能でデザイン性が高いおすすめのアクションカメラです。

リコー(RICOH) 360度カメラ THETA SC

リコー(RICOH) 360度カメラ THETA SC

目の前に広がる上下左右の景色をすべて撮影できる「全天球カメラ」を搭載したアクションカメラ。シャッターボタンを押せば簡単に360°パノラマ映像を残せます。

本体に内蔵しているストレージは約8GBで、一度の動画撮影で最大5分間の映像を記録可能。HDの解像度なら合計で約171分まで録画できるので、旅行先の風景を多く残せます。

本製品は、無料のアプリを使用することでスマートフォンで簡単な動画編集が可能。パソコンを使わなくても不要部分のカットなどができるほか、Wi-Fi機能を搭載しているため、撮影したユニークな動画をすぐにSNS投稿できます。

本体サイズは幅45.2×高さ130.6×奥行き22.9mmのスティック状デザインで、重量は約102gと軽量です。ボディカラーはピンク・ブルー・ベージュ・ホワイトの4色から選択可能。通常のカメラとはひと味違う風景動画を手軽に撮れる、おすすめのアクションカメラです。

エイプマン(APEMAN) アクションカメラ A66S

エイプマン(APEMAN) アクションカメラ A66S

低価格でおすすめのアクションカメラ。リーズナブルな上に、フルHD動画と手ブレ補正機能に対応しています。付属品も豊富で、アタッチメントはクリップ式やカメラの三脚用など、あらゆるタイプの自転車に設置可能です。Wi-Fiなどの通信機能は搭載していませんが、撮影したデータは別売のmicroSDカードに保存することでパソコンなどに転送できます。

付属の防水ケースに入れれば、水深40mまで水中撮影を楽しめます。また、本体を守るための保護カバーとしてもおすすめです。本体にはボタンが4つだけでシンプルな操作が可能。設定モードは2インチの広い液晶ディスプレイに見やすく表示できます。

本体サイズは幅60.0×高さ42.0×奥行き25.0mmで、重量は約58gと軽量設計です。自転車での事故に備えて、走行時の記録を残すためのドライブレコーダーとしてもおすすめ。一般に「中華アクションカメラ」と呼ばれる製品ですが、コスパに優れているため価格重視の方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ウエアラブルカメラ アクションカム FDR-X3000R

ソニー(SONY) ウエアラブルカメラ アクションカム FDR-X3000R

映像美と補正機能が優秀なアクションカメラ。室内外を問わず、明るさ・ノイズ感・精細感はハイクオリティで、満足度の高い撮影ができるのが特徴です。

4K30pの動画撮影に対応し、記録画素数は約1200万画素。ZEISSテッサーレンズやExmor R CMOSなどを搭載し、あらゆるシーンで活用できるのも魅力です。

また、手ブレ補正に空間光学式を採用し、安定した撮影ができるのもポイント。自転車などのブレが発生しやすい撮影下でも、ハイスピード撮影がスムーズに行えます。

防滴・防塵・耐衝撃・耐低温もカバーしており、アウトドアシーンにも対応。ハウジングを装着することで水深60mまでのダイビング撮影も可能です。

なお、本製品はライブビューリモコンが付属。どのように撮影しているのかをリアルタイムでチェックできます。トータルバランスに優れた製品を探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

ガーミン(GARMIN) VIRB ULTRA 30

4K30pの動画撮影に対応するアクションカメラ。自然に近い色味で、昼間・夜間を問わず、明るく撮影することができるのが特徴です。

また、GPS機能「G-Metrix」を搭載しているのもポイント。位置情報はもちろん、スピードや温度、位置情報、エンジン回転数、冷却水温度、心拍数などアクティビティ別にデータを取得することができます。

記録したデータは専用アプリ「GARMIN VIRB」や専用ソフトウェア「VIRB Edit」によって編集や管理が可能。データは動画に重ねて表示することができるので、自身のパフォーマンス状況を確認する際に便利です。スポーツシーンでアクションカメラを活用したい方は、ぜひ候補として検討してみてください。

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

鮮明でなめらかな動画が撮影できるアクションカメラ。フレームレートは4K60pで、それまで弱点と指摘されていた手ブレ補正機能も大幅に改善されているのが特徴です。

ハウジングなしでも水深10mまでの防水性能を備え、日常生活程度の水や、川などのちょっとしたレジャー程度であれば、本体のみで撮影が可能。また、本格的なダイビングの使用では、付属のハウジングを使えば60mまでの水深に耐えられます。

写真や動画をスマホなどに素早くデータ転送できるのもポイント。カスタマイズできるアクセサリーも豊富で、30種類以上のアイテムが取り揃っているのも魅力です。

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO5 Black CHDHX-502

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO5 Black CHDHX-502

音声操作の「ボイスコントロール」に対応したアクションカメラ。フレームレートは4K30pで、30fps連写やタイムラプス機能などが備わっているのも特徴です。

本体は水深10mまでの防水機能がついているので、ハウジングなしでもさまざまなレジャーシーンに対応。電子式手ブレ補正やGPS機能、タッチディスプレイ機能などもカバーされています。リリースからやや年数は経過していますが、シンプルな操作性と高い機能性で人気です。価格帯も発売当時と比べて下がってきているので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

アクションカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アクションカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。