カメラにおけるひとつのジャンルとして確立した「アクションカメラ」。アウトドアやスポーツシーンなど激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特長です。

そこで、今回は人気のアクションカメラのおすすめモデルをご紹介。高機能な製品はもちろん、リーズナブルなエントリー機種もピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、自分の目線から見た動画を撮るために特化した小型カメラのこと。バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使うことから、ウェアラブルカメラとも呼ばれています。

アクションカメラは、アウトドアやエクストリームスポーツでの撮影にピッタリ。防水性と耐久性が高く、なかには水中で撮影できるモデルもあります。普通のカメラでは真似できない、臨場感ある映像を撮影できるのでおすすめです。

アクションカメラと普通のビデオカメラの違い

ビデオカメラの特徴

By: sony.jp

普通のビデオカメラの場合、被写体をモニターで確認しながらズーム機能を使って、大きさを調整しながら撮影します。手ブレ機能があれば被写体を追いかけながらの撮影も可能ですが、基本的に派手に動き回ることはありません。お子さんの成長記録をはじめ、旅行や運動会といったイベント撮影におすすめのカメラです。

アクションカメラの特徴

By: casio.jp

アクションカメラは、過酷な撮影シーンに対応したビデオカメラ。画質はもちろんですが、堅牢性・耐水性・防水性なども重視されます。一方、機能面に関してはシンプルなものが多く、ズーム機能は非搭載のモデルがほとんどです。

また、通常のビデオカメラと比べてコンパクト・軽量なのも特長。自転車やサーフボード、ゴーグルなどに装着すれば、両手が自由になるというメリットがあります。

アクションカメラの選び方①
解像度(画質)と画角で選ぶ

解像度(画質)をチェック

By: amazon.co.jp

アクションカメラの解像度は、HD(1270x720)、フルHD(1920×1080)、4K(3840×2160)の3種類があり、フルHDが現在の標準的画質の基準。

今後、パソコンやテレビの高品位化を視野に入れて高画質で記録したい方、動画編集で高度な編集をする方は、画質劣化の少ない4K対応モデルがおすすめです。

画角(広角)の広さをチェック

▼ 広角120度と広角170度の比較

By: sony.jp

人間の視野角は、両目で約180~200度と言われています。広角170度のレンズを搭載したモデルならば、自分の目で見ているかのような光景を記録することが可能。ダイナミックな動画を撮影したい方におすすめです。

ただし、画角が広いとブレやすくなるので、動きが激しいシーンでは画角を狭くするなど、シーンに応じて使い分けるようにしましょう。

アクションカメラの選び方②
撮影場所や使う用途で選ぶ

水中や水に触れる場所で撮影したい

By: amazon.co.jp

アクションカメラを選ぶ上で、防水機能は重要なポイントです。本体に防水機能が備わっているタイプと、付属のハウジングを装着して防水に対応するタイプの2種類があります。

また、潜水深度も重要。水深3m程度のものから、水深60mにも対応できるタイプまで幅広くあります。気軽に水辺で遊ぶ程度なのか、本格的な水中撮影で使うのか、利用シーンに応じて決めましょう。

長時間撮影

By: photo-ac.com

バイクツーリングのように長時間の撮影をする場合、バッテリーのスタミナが重要なポイント。1回のフル充電で可能な撮影時間をしっかりチェックしましょう。

長時間の撮影を快適にするためにも予備バッテリーが入手しやすいタイプ、またはモバイルバッテリーから充電が可能なアクションカメラがおすすめです。

アクションカメラの選び方③
機能で選ぶ

手ブレ補正機能

▼ 手ブレ補正機能ON/OFFでの画像比較

手ブレ補正機能は大きく分けると2種類に分けることができます。ひとつはレンズ等の構造を動かすことでブレを打ち消す「光学式」。残像が少なく、画質に優れているのが特長です。ただし、構造が複雑になるので本体のサイズが大きくなる傾向があります。

もうひとつは、センサーによって画像を自動的に補正する「電子式」。光学式と比べて画質がやや劣化してしまうのですが、構造がシンプルなため、カメラサイズを小さくすることが可能です。また、価格がリーズナブルというのもポイント。

画質にこだわりたい方は光学式、サイズやコスパを重視する方は電子式がおすすめです。

タッチパネル

アクションカメラには、カメラだけのモデルのほか、デジタルカメラのようにタッチパネルを搭載したモデルも登場しています。細かな設定も直感的に操作することが可能。アクティビティの最中でも気軽に設定を変えられるのが強みです。

タッチパネル非搭載のモデルであっても、スマホとWi-Fi連携できるモデルならば、スマホを通して簡単に設定できるのでおすすめです。

Wi-Fi

By: amazon.co.jp

最新のアクションカメラは、スマホとWi-Fiで接続することが可能です。スマホ画面で画像の確認ができるだけでなく、SNSに投稿する機能を備えているモデルもあります。アクションカメラをフル活用する上で、Wi-Fi機能は欠かすことができない重要な機能。しっかりおさえてほしいポイントです。

2018年版|アクションカメラのおすすめ人気モデル

APEMAN アクションカメラ A66

アクションカメラの中でもコストパフォーマンスの高い商品です。価格が安いながらも機能面が充実しています。フルHDの1080Pに対応。170度の広角レンズを搭載しているため、背景も含めたダイナミックの映像を撮影することができます。

付属の防水ケースを装着することで水没の危険性を防げるのはもちろん、水深30メートルまでの撮影に対応できる高機能のアクションカメラです。

また、A66はバッテリーの持ちがよく、最大6時間の連続撮影ができます。バッテリーは取り外しできるので、充電しやすいのもポイント。旅行はもちろん、バイクなど長時間のツーリングをする時などにおすすめのアクションカメラです。

Victure アクションカメラ AC200

いわゆる中華アクションカメラです。画質はフルHDの1080Pに対応。170度の広角レンズを搭載しているため、広範囲で撮影したい方にもピッタリ。格安ですが、基本的な機能はしっかりと備えています。

また、付属品が充実しているのも魅力のひとつです。計25個のアクセサリが付いており、これを組み合わせることで、バイク・自転車・スキー・サーフィンなど、さまざまなアウトドアシーンに対応できます。

最近では、車にドライブレコーダーを取り付ける方が増えていますが、本製品もドライブレコーダーとして使用することが可能。シガーソケットから給電するだけで、自動的に録画が開始されます。被写体が動いたときに録画を開始する「動体検知機能」を備えているので、防犯用グッズとしてもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ウェアラブルカメラ HX-A1H

重さわずか45gの軽量アクションカメラです。サイズも全長83mm、直径26mmと小型のため、装着時に場所を取ることがありません。特に雪山や水中では装着のしやすさが重要。ハンズフリーで気軽に撮影することができます。

最大の特長は、肉眼で見えないほど暗い場所でも撮影できる「0ルクスナイトモード」。同梱品のナイトモード用ガラスカバー、市販品の赤外線ライト、別売りのツインマウントを使えば、ナイトビジョンカメラとして使用できます。

また、水深1.5mの環境でも30分の連続撮影が可能です。例えば、プールでの撮影はもちろん、海水浴、シュノーケリング、サーフィンなどのマリンスポーツを撮影したいときにピッタリ。アクティブな方におすすめのアクションカメラです。

ソニー(SONY) ウエアラブルカメラ アクションカム ベーシックモデル HDR-AS50R

高性能なカメラをリリースしているソニーの本格アクションカメラです。フラッグシップモデルと同等のブレ補正機能を搭載。バイクや自転車などに装着した際にブレを軽減してくれるので、鮮明な映像を撮影できます。

また、付属品として、従来のサイズよりも30%小さくなった新ライブビューリモコン「RM-LVR3」がついてくるのもポイント。カメラの電源ON/OFF、録画のスタート/ストップ、撮影モードの設定など、さまざまな操作を手元で行えます。

また、耐久性の高さも魅力として挙げられます。特に防水性能に優れており、付属の防水ハウジングを使えば水深60mでの撮影も可能。また、水だけではなく、砂やホコリなどの侵入も防ぐことができます。過酷な自然環境で撮影したい方におすすめです。

2018年版|4Kアクションカメラのおすすめ人気モデル

ゴープロ(GoPro) ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

4Kビデオ対応の本格アクションカメラ。2インチのタッチディスプレイを搭載しており、画像のプレビュー、トリミング、設定の変更など、さまざまな操作を直感的に行うことが可能です。

本製品は、電子式手ブレ補正機能を搭載。臨場感をそのままに滑らかな映像を撮影することができます。ハウジングをつけなくても10mまで防水できるので、水中での撮影も可能です。

また、シャッターボタンを押すだけで電源がONになり、撮影がスタートするのもポイント。7ヵ国語のボイスコントロールにも対応しているので、ハンズフリーで操作できます。スポーツに集中したい方におすすめです。

MUSON(ムソン) アクションカメラ JP-MC2-MU

4K撮影を可能にした格安アクションカメラです。低価格ながら機能が充実しており、2インチ液晶ディスプレイや170 度広角レンズ、Wi-Fi機能など、さまざまな機能を有しています。

また、水深30メートルでの撮影も可能。シュノーケリングやサーフィンなど、マリンスポーツでの撮影を楽しみたい方におすすめです。

付属品が充実しているのもポイント。収納ケースや防水ケース、延長アームなど、必要なパーツは一式揃っています。バッテリーが本体とは別にもう1個付いてくるので、いざというときも安心。長時間の連続撮影にも対応できるおすすめのアクションカメラです。

APEMAN アクションカメラ 4K A80

高性能なCMOSイメージセンサーを搭載したアクションカメラです。2000万画素のウルトラHD4K画質に対応。170度広角レンズによって、背景を含めた迫力のあるシーンを高画質で撮影することができます。

また、手ブレ補正を搭載しているので、自転車やスキーなどのハイスピードなスポーツでも、ブレを抑えることが可能です。30m防水のため、マリンスポーツの撮影にもおすすめ。さまざまなアクティビティに対応できるおすすめのアクションカメラです。

YI Technology 4K アクションカメラ 90049

ソニーのイメージセンサーを搭載した高性能アクションカメラです。解像度は4K/1080p/720pに対応。タイムラプスやスローモーションなど、さまざまな撮影モードを搭載しているため、演出にこだわりたい方にピッタリです。

また、小さなボディに電子式ブレ補正機能を搭載。カメラが動いたり、揺れたりすると画像を自動的に修正してくれます。動きが激しいスポーツやアクティビティを撮影したいときに便利です。

専用アプリ「YIカメラアプリ」を使用すれば、パソコンを使わずに、ビデオの確認・編集・共有が簡単にできます。多機能ですが操作は簡単。プロはもちろん、パソコン操作が苦手な方にもおすすめです。

アクションカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アクションカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。