カメラにおけるひとつのジャンルとして確立した「アクションカメラ」。アウトドアやスポーツシーンなど激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。

そこで今回は人気のアクションカメラのおすすめ製品をご紹介。高機能なアイテムはもちろん、リーズナブルなエントリーモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、自分の目線から見た動画を撮るために特化した小型カメラのこと。バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使うことから、ウェアラブルカメラとも呼ばれています。

アクションカメラは、アウトドアやスポーツでの撮影にピッタリ。防水性と耐久性が高く、なかには水中で撮影できるモデルもあります。臨場感ある映像を手軽に撮影できるのがおすすめポイントです。

アクションカメラと普通のビデオカメラの違い

ビデオカメラの特徴

By: sony.jp

普通のビデオカメラの場合、被写体をモニターで確認しながらズーム機能を使って、大きさを調整しながら撮影します。手ブレ機能があれば被写体を追いかけながらの撮影も可能ですが、基本的に派手に動き回ることはありません。子どもの成長を記録するのはもちろん、旅行や運動会といったイベントを撮影する際におすすめのカメラです。

アクションカメラの特徴

By: casio.jp

アクションカメラは、過酷な撮影シーンに対応したビデオカメラ。画質はもちろん、堅牢性や耐水性、防水性なども重視されています。一方、機能面に関してはシンプルなものが多く、ズーム機能は非搭載のモデルがほとんどです。

また、通常のビデオカメラと比べてコンパクトで軽量なのも特徴。自転車のハンドル部分やヘルメットの上部などに装着すれば、両手が自由になるというメリットがあります。

アクションカメラの選び方

解像度(画質)をチェック

By: amazon.co.jp

アクションカメラの解像度は、HD(1270x720)、フルHD(1920×1080)、4K(3840×2160)の3種類があり、フルHDが現在の標準的画質の基準となります。

より高画質で記録したい方や動画編集で高度な編集をする方は、画質劣化の少ない4K対応モデルがおすすめです。

画角(広角)の広さをチェック

広角120°と広角170°の比較

By: sony.jp

人間の視野角は、両目で約180~200°と言われています。広角170°のレンズを搭載したモデルならば、自分の目で見ているかのような光景を記録することが可能。ダイナミックな動画を撮影したい方におすすめです。

撮影シーンをチェック

ダイビングやサーフィンをするなら「防水性」を重視

By: amazon.co.jp

アクションカメラを選ぶ上で、防水機能は重要なポイントです。製品としては本体に防水機能が備わっているタイプと付属のハウジングを装着して防水に対応するタイプの2種類があります。

また、潜水深度も重要。水深3m程度のものから水深60mにも対応できるタイプまで幅広くあります。気軽に水辺で遊ぶ程度なのか、本格的な水中撮影で使うのかによって選ぶべき製品も異なってくるので、用途を考慮するようにしましょう。

バイクのツーリングなど長時間撮影をするなら「バッテリー性能」を確認

バイクツーリングのように長時間の撮影をする場合はバッテリーのスタミナも重要。1回のフル充電でしっかりと撮影時間を確保できるかどうかはしっかりとチェックしておきましょう。

なお、本体自体の連続使用時間が短い場合は、予備バッテリーを用意することで補填することができます。製品のなかにはモバイルバッテリーで充電が可能なモデルもあるので、購入する前に確認しておきましょう。

激しいスポーツを撮影するときは「フレームレート」に注目

By: shop.gopro.com

動画は1秒間に何十枚もの静止画が連続して出力されることで表示されますが、フレームレートとは1秒間に記録できる静止画のコマ数のことを示します。fpsという単位が使われ、例えば「FHD60fps」はフルHD画質で毎秒60コマの静止画からなる動画が撮影できることを示しています。

フレームレートの数値が大きいほど被写体の動きが滑らかな動画となるため、激しいスポーツの撮影に有利。標準的なスペックのアクションカメラでは30fpsのフレームレートが多用されていますが、高速な被写体の動きをより滑らかに表現したい場合は60fpsに対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

また、種類は少ないものの、アクションカメラのなかには120fpsや240fpsなどのハイフレームレートに対応したモデルもあります。これらのフレームレートで撮影した動画は、編集でスローモーション動画が作れるので、気になる方は候補として検討しておきましょう。

機能をチェック

撮影ミスを減らせる「手ブレ補正機能」

・手ブレ補正機能ON/OFFでの画像比較

手ブレ補正機能は大きく分けると2種類に分けることができます。ひとつはレンズの内部構造を動かすことでブレを抑える「光学式」。残像が少なく、画質に優れているのが特徴です。ただし、構造が複雑になるので本体のサイズが大きくなる傾向があります。

もうひとつは、センサーによって画像を自動的に補正する「電子式」。光学式と比べて画質がやや劣化してしまいますが、構造がシンプルなためカメラサイズを小さくすることが可能で、価格もリーズナブルです。画質にこだわりたい方は光学式、サイズやコスパを重視する方は電子式を選ぶようにしましょう。

直感的な操作が可能「タッチパネル」

アクションカメラには、デジタルカメラのようにタッチパネルで操作できるモデルもあります。操作性に関しては電源のオンオフや録画ボタンをチェックするのはもちろん、使用する季節によっては手袋を装着した状態でも撮影することが考えられるので、ボタンの押しやすさにも配慮しておきましょう。

すぐSNSにシェアできる「Wi-Fi機能」

By: amazon.co.jp

アクションカメラはWi-Fi接続に対応したモデルもあります。製品によってはSNSに投稿する機能を備えている機種もあるので、使用頻度が高い方にとってはあると便利な機能です。

なお、アプリの使い勝手もポイント。撮影したデータが転送しやすいか否かはもちろん、リモコン代わりに遠隔操作が可能かどうかもチェックしておきましょう。

アクションカメラのおすすめ人気モデル

APEMAN アクションカメラ A66

リーズナブルな価格帯の入門者向けアクションカメラ。撮影画質は最大でFHD30fpsと控えめながら、付属のバッテリーで連続120分の動画撮影が可能です。また、1200万画素の静止画撮影にも対応しています。

レンズは170°の画角に対応した広角レンズを搭載。周囲を一望するときの人間の視野に近い景色を臨場感たっぷりに撮り収められます。電子式の手ブレ補正機能が搭載されているため、ブレを抑えた高精細な動画が撮影可能です。

付属品が充実しているのもポイント。同梱の防水ケースは水深30mまでの潜水に耐えられるので、本格的なダイビングの撮影にも対応できます。また、自転車のハンドル部分に装着すれば、迫力のある走行動画の撮影も可能です。

動画の画質や滑らかさは全体的にそれほど高くはないものの、コスパは良好。初めてのアクションカメラを試してみたい方におすすめです。

Victure アクションカメラ AC400

Wi-Fi内蔵の格安アクションカメラです。最大でFHD30fpsの動画撮影に対応。2インチの大型LCDモニターが搭載されているので、操作や撮影画像の確認がしやすいのが特徴です。

レンズは170°の画角を撮影できる広角レンズを搭載。また、自動露出補正機能が搭載されており、画像の明暗が自動的に最適化されます。明るい屋外でも暗い場所でも使い勝手は良好です。

本製品にはWi-Fi機能が内蔵されており、専用アプリを使用すればスマホからでも遠隔操作が可能で、撮影画像を転送するのもスムーズです。

バッテリーは大容量1050mAhのものが2個付属。2個のバッテリーを使用すれば最長で240分の録画が可能です。また、26個のアクセサリーが同梱するので、バイク・スキー・ダイビングなどさまざまなスポーツでアクション撮影が楽しめます。

Crosstour アクションカメラ CT7000-NEW

長時間撮影に対応した格安のアクションカメラです。1050mAhと大容量バッテリーが2個付属しているのがポイント。最長で合計3時間の動画撮影が可能なので、スタミナは十分です。

動画の撮影画質は最大でFHD30fpsに対応。170°の広い撮影画角に対応した広角レンズも搭載されているので、臨場感のある映像を撮影できます。

本機はWi-Fi機能を内蔵。専用アプリを使用すれば、撮影した動画や画像を転送することはもちろん、10m範囲内であればスマホやタブレットで遠隔操作することも可能です。

価格がリーズナブルなのも魅力。水深30m対応の防水ケースやバイク、ヘルメットなどにアクションカメラを搭載できるアクセサリーも同梱されているので、手軽にスポーツ撮影が楽しめます。

DBPOWER アクションカメラ4K

格安アクションカメラです。一応4K動画の撮影にも対応。ただしその場合はフレームレートが25fpsと低いので、4Kでスポーツシーンを撮影するのは及第点と考えておきましょう。

また、4K撮影に必須な手ブレ補正機能が非搭載のため、FHDまたは1440pでの使用がメインとなります。なお、FHDでは60fpsでのハイフレームレート撮影が可能なため、動きの激しい被写体でも滑らかな映像が撮影できます。

本機はループ録画機能を搭載。撮影中にSDカードの容量が一杯になっても自動的に上書きして記録できます。また、大容量バッテリーが2個付属し、ループ録画と合わせて長い録画時間を確保できるので、植物の開花する瞬間の撮影などにも対応できます。

15mの遠隔操作が可能なリモコンと水深30mまで対応する防水ケースが同梱。ダイビングやスキーでのアクション撮影にもおすすめです。

アクションカメラのおすすめ人気モデル|4K対応

Vemico アクションカメラ4K

4K動画の撮影が可能な格安4Kアクションカメラです。最大で4K30fpsの撮影に対応。画質はそれほど高くはありませんが、バッテリーの持続時間が長く、4Kモードでも60〜90分の連続撮影が可能です。バッテリーは2個付属するので、最長3時間の長時間撮影も可能。

170°の超広角レンズを搭載しているので、ハイキングやトレッキングで登山中の風景をダイナミックに撮影するのにも適しています。また、本機にはタイムラプス撮影の機能も搭載。定点撮影した雲や星などの風景を圧縮することで時間の流れによる変化を動画に記録できるので、旅行での撮影に便利です。

本機には豊富な付属品が同梱していることをも魅力。水深40mの潜水に対応する防水ケースを装着すれば、サーフィンはもちろん、シュノーケリングやダイビングの撮影も楽しめます。リーズナブルな4K対応のアクションカメラを探している方におすすめです。

ムソン(MUSON) 4Kアクションカメラ MC2

1万円前後で購入できる4Kアクションカメラ。最大4K30fpsでの撮影が可能ですが、動画の仕上がりは色が暗く薄めで、画質はそれほどよくはありません。とはいえこの価格帯で、気軽に4K動画の撮影が楽しめるのは魅力です。

本機は170°の広角レンズを搭載。周囲を見渡すときの人間の視野角に近い範囲を撮影できるので、スポーツ撮影で迫力のある動画が撮影できます。2インチのLCDモニターとWi-Fi機能も内蔵しているので、撮影動画の確認やスマートフォンへの転送もその場で簡単に可能です。

付属品が充実していることも魅力。15m圏内の遠隔操作が可能な腕時計型のリモコンをはじめ、各種アダプターやアームが同梱されているので、アクセサリーを別途購入しなくてもすぐに多彩なスポーツ撮影が楽しめます。コスパ良好の4Kアクションカメラを求めている方におすすめです。

ゴープロ(GoPro) 4Kアクションカメラ HERO7 BLACK

「HyperSmooth」を搭載して徹底的にブレを抑えた撮影が可能なアクションカメラ。4K60fpsの動画や1200万画素の静止画撮影、さらには8倍スローモーションにも対応しており、いずれもハイクオリティな映像が撮影できます。

また、本機には「TimeWarpビデオ」を搭載しており、長時間の動画をコンパクトかつクールな映像に仕上げることができます。さらにFacebook、Twitch、YouTubeの各サービスでライブ配信にも対応することが可能。より現場状況をリアルタイムで伝えたい方にとっては便利な機能です。

ハウジングなしでも優れた耐久性と10mの防水性を備えているほか、音声コントロールにも対応。一歩先行くアクションカメラを求めている方は要チェックです。

ゴープロ(GoPro) 4Kアクションカメラ HERO6 Black

アクションカメラの人気機種。あらゆるスポーツのアクション撮影に対応できる高機能を備えながらも、発売当初から価格が落ち着きたので、お得感の高いモデルです。

動画の撮影画質は最大で4K60fpsに対応。動きの激しい被写体を4K画質でも滑らかに表現できます。また、FHD画質では240fpsのハイフレームレート撮影も可能なので、スローモーション動画の制作にも有効です。

防水ケースなしでも水深10mの防水耐性を備えることに加え、専用ケースを使用すれば水深60mまで対応できます。スキーやサーフィンはもちろん、本格的なダイビングの撮影にもおすすめです。

本機の特徴は音声コマンドへの対応。「GoPro 連写」などと声をかけるだけで、操作ができます。なお、別途の専用リモコンを使用すれば、10m離れた場所からも音声コマンドが使用可能です。満足度の高いアクションカメラを求めている方は要チェックです。

ソニー(Sony) 4Kアクションカメラ FDR-X3000

4K対応の高画質アクションカメラ。同社はビデオカメラも開発していますが、これまで培ってきた技術とノウハウを反映しており、特に「空間光学手ブレ補正」機構は優秀で、ハイスピード撮影時でも十分な補正効果が期待できます。

動画の撮影画質は最大で4K30fpsに対応。また、プロも使用する「XAVC S形式」での録画も可能です。約100Mbpsのハイビットレート記録ができるため、圧縮ノイズの少ない滑らかな映像で撮影ができます。

レンズはドイツの名門メーカーである「カールツァイス」の製品を採用。170°の広角レンズでありながら、画面周辺部の歪みを軽減し、光の乱反射も抑制するので、クリアな高画質が楽しめます。

なお、防水ケースやリモコンなどは別売り。とはいえ、本体単体でもIPX4の防滴性能を持つので、ある程度の水しぶきであれば十分使用できます。とことん画質にこだわってアクション撮影をしたい方におすすめです。

オリンパス(Olympus) STYLUS TG-Tracker

水深30mまでの防水性能をはじめ、スキー場や冬山に耐えうる耐寒性能、砂やホコリを防ぐ防塵性能が備わっているなど、ハードなアクティビティに対応できる4K対応アクションカメラ。

GPSをはじめ気圧、温度、方位、加速度、水中検知など各種フィールドセンサーを内蔵。方位や水深など、さまざまな情報をビデオカメラの液晶ディスプレイで確認できるのも魅力です。特に高度(推進)と位置情報はスマホやタブレットと連動して同時に表示することもできるので便利です。

4K30fpsの撮影に対応。204°の撮影画角に対応する超広角レンズと、電子式の5軸手ブレ補正機構も備えているので、ダイナミックなスポーツ撮影が高画質に記録できます。

同梱の防水ケースを装着すれば水深30mまでの潜水が可能のほか、2.1mからの落下にも耐える耐衝撃性能、-10℃でも動作可能な耐低体温を備えているのもポイント。とにかくタフなアクションカメラを求めている方におすすめです。

アクションカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アクションカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。