アウトドアやスポーツシーンで用いられる「アクションカメラ」。激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。

そこで今回は、アクションカメラのおすすめモデルをご紹介。高機能なアイテムはもちろん、リーズナブルなエントリーモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、アウトドアスポーツ時などに臨場感のある撮影ができる小型カメラのこと。バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使うことから、「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれています。

アクションカメラは、通常のカメラと比較して防水性や耐久性に優れているのが特徴。なかには水中で撮影できるモデルもあるので、マリンスポーツをしている際の撮影にも対応可能です。

アクションカメラと普通のビデオカメラの違い

ビデオカメラの特徴

普通のビデオカメラの場合、被写体をモニターで確認しながらズーム機能で大きさを調節して撮影します。手ブレ機能があれば被写体を追いかけながらの撮影も可能ですが、基本的に派手に動き回ることはありません。

子供の成長を記録するのはもちろん、旅行や運動会といったイベントを撮影する際におすすめのカメラです。

アクションカメラの特徴

By: amazon.co.jp

アクションカメラは、過酷な撮影シーンに対応したビデオカメラです。堅牢性や耐水性、防水性に優れています。一方、機能面に関してはシンプルなモノが多く、ズーム機能は非搭載のモデルがほとんどです。

また、通常のビデオカメラと比べてコンパクトで軽量なのも特徴。自転車のハンドル部分やヘルメットの上部などに装着すれば、両手が自由になるというメリットがあります。

アクションカメラの選び方

 

装着方法をチェック

By: amazon.co.jp

アクションカメラは手持ちだけでなく、乗り物や自分の体の一部などのさまざまな場所に装着・固定して撮影できるのが魅力。「マウント」と呼ばれる部品を用いて取り付けますが、取り付ける場所によって装着方法が異なります。

アクションカメラを乗り物本体に取り付けた場合は臨場感のある映像を、ヘルメットに取り付けた場合は自分の見ている景色に近い映像を撮影できるのが特徴。撮りたい映像に合わせた装着方法に対応する製品を選びましょう。

画角と解像度をチェック

By: amazon.co.jp

「画角」とはカメラに映る範囲のこと。人間の場合は視野角と呼ばれ、両目で約180~200°が目安です。ビデオカメラに置き換えて考えると、画角が人間の視野角に近いほど、普段見えている視界と同等の映像を楽しむことが可能。レンズが広角であるほど広い範囲を撮れるほか、遠近感も出せるので、迫力ある映像を撮影できます。

アクションカメラは、100°以上の広角に対応しているモデルが多く製造されています。ハンディタイプの一般的なビデオカメラの場合は、広角側で70〜80°であることを考慮すると、よりダイナミックな動画を撮影したい場合は、広角仕様のカメラがおすすめです。

また、アクションカメラの解像度は、主に、HD(1270×720)・フルHD(1920×1080)・4K(3840×2160)があります。より高画質で記録したい方や動画編集で高度な編集をする方は、画質劣化の少ない4K対応モデルがおすすめです。

機能をチェック

撮影ミスを減らせる「手ブレ補正機能」

By: amazon.co.jp

手ブレ補正機能は、大きく分けると2種類に分けられます。ひとつはレンズの内部構造を動かすことでブレを抑える「光学式」。残像が少なく、画質に優れているのが特徴です。ただし、構造が複雑になるので本体のサイズが大きくなる傾向があります。

もうひとつは、センサーによって画像を自動的に補正する「電子式」。光学式と比べて画質がやや劣化してしまいますが、構造がシンプルなためカメラサイズを小さくすることが可能で、価格もリーズナブルです。画質にこだわりたい方は光学式、サイズやコストを重視する方は電子式を選びましょう。

直感的な操作が可能な「タッチパネル」

アクションカメラのなかには、タッチパネルで操作できるモデルもあります。直感的に操作できるので、スムーズに動画を撮影したり、確認したりすることが可能。

また、操作性に関しては、電源のオン・オフや録画ボタンをチェックするのはもちろん、使用する季節によっては手袋を装着した状態でも撮影することが考えられるので、ボタンの押しやすさにも留意しておきましょう。

すぐSNSにシェアできる「Wi-Fi機能」

By: amazon.co.jp

アクションカメラのなかには、Wi-Fi接続に対応したモデルもあります。製品によってはSNSに投稿する機能を備えている機種もあるので、SNSへの投稿頻度が高い方におすすめです。

なお、アプリの使い勝手もポイント。撮影したデータが転送しやすいかはもちろん、リモコン代わりに遠隔操作が可能かどうかもチェックしておきましょう。

撮影シーンをチェック

ダイビングやサーフィンをするなら「防水性」を重視

アクションカメラを選ぶうえで、防水機能は大事なポイントです。製品としては本体に防水機能が備わっているタイプと、付属のハウジングを装着して防水に対応するタイプの2種類があります。

また、潜水深度も重要。水深3m程度のモノから水深60mにも対応できるタイプまで幅広くあります。気軽に水辺で遊ぶ程度なのか、本格的な水中撮影で使うのかによって選ぶべき製品が異なってくるので、用途を考慮して選びましょう。

バイクのツーリングなど長時間撮影をするなら「バッテリー性能」を確認

バイクツーリングのように長時間の撮影をする場合は、バッテリー容量も重要。1回のフル充電でしっかりと撮影時間を確保できるかをチェックしておきましょう。

なお、本体自体の連続使用時間が短い場合は、予備バッテリーを用意しておくと安心です。製品のなかにはモバイルバッテリーで充電が可能なモデルもあるので、購入する前に確認しておきましょう。

激しいスポーツを撮影するときは「フレームレート」に注目

By: amazon.co.jp

フレームレートとは、1秒間に表示できる静止画のコマ数のことを示します。フレームレートの数値が大きいほど被写体の動きが滑らかになるため、激しいスポーツの撮影などに便利です。

標準的なスペックのアクションカメラでは、フレームレートは30fps程度。高速な被写体の動きをより滑らかに表現したい場合は、60fpsに対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

ハイフレームレートで撮影すると、編集でスローモーション動画を作ることが可能。利用シーンを踏まえたうえで、自分に合ったモデルを選びましょう。

アクションカメラのおすすめ人気モデル

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO9 Black CHDHX-901-FW

GoProのHEROシリーズにおいて、ハイクラスのアクションカメラです。日常の動画撮影に適した解像度の1080pから、5Kの高画質撮影まで可能。静止画も20MPの写真を撮影できるため、画質にこだわりたい方におすすめです。

本製品は本体の前面と背面にディスプレイを搭載しているのが特徴。前面ディスプレイはセルフィーの際にフレーミングが容易にできます。また、背面ディスプレイはタッチパネルに対応しているので、素早く直感的な操作が可能です。

手ブレ補正については「HyperSmooth 3.0」によって激しい動きに対応。カメラを自転車などに取り付けて振動が加わっても、滑らかな映像を撮影できます。アクションカメラで通常のビデオカメラ並みの高精細な動画を撮りたい方におすすめです。

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black CHDHX-801-FW

GoProのHEROシリーズで、コンパクトなおすすめのアクションカメラ。本体サイズが幅6.63×高さ4.86×奥行き2.84cmで重量が約126gと、持ち運びやすい大きさです。常に持ち歩いておけば、動画の撮影チャンスを逃しません。

視野角は狭角・リニア・広角・SuperViewの4種類から撮影シーンに合わせて選択可能。操作はタッチパネルに対応した背面のディスプレイで素早く行えます。

本製品は別売のモジュラーを簡単に取り付けられる点もポイント。アクションカメラ本体にマイク・フラッシュ・スクリーンを目的に応じて装着でき、自分だけのカスタマイズを楽しめるのでおすすめです。

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ GoPro MAX CHDHZ-201-FW

本体の前面と背面の両方にレンズを搭載し、通常の動画に加えて臨場感あふれる360°の映像を撮影できるアクションカメラ。ほかとは違った個性的な動画をSNSなどに公開したい方におすすめです。

本製品は、静止画についても画角が270°と、ワイドなパノラマ写真を撮影可能。超広角レンズで撮っても歪みがなく、自然に表現できます。動画だけでなく高品質なサウンドもおすすめのポイント。6つのマイクを内蔵し、臨場感あふれる音声を録音できます。

本体サイズは幅6.4×高さ6.9×奥行き2.4cmで重量が154gとコンパクトな設計。通常の動画撮影だけでなく、さまざまな表現方法を楽しみたい方におすすめのアクションカメラです。

ソニー(SONY) アクションカム FDR-X3000R

ソニーのアクションカメラシリーズのなかでも、ハイクラスのモデルです。ビデオカメラの「ハンディカム」に搭載している「空間光学ブレ補正」機能を採用し、手ブレを大幅に抑えています。自転車に取り付けて車載動画を楽しみたい方におすすめです。

画質は高精細な4K動画を撮影可能。高性能な手ブレ補正を活かして、激しく動いても鮮明な映像を再現できます。

さらに、小型のリモコン「RM-LVR3」が付属。液晶モニターを見ながら電源のオン・オフや画角の設定などを変更可能です。カメラに触れずにリモート操作ができます。

本体サイズは幅2.94×高さ4.7×奥行き8.3cmで重量が約114g。IPX4相当の防滴性能があるので、水回りでの撮影にもおすすめのアクションカメラです。

ソニー(SONY) アクションカム HDR-AS50

ソニーのアクションカメラシリーズのなかでは、低価格なベーシックモデルです。83gと軽量で、ヘルメットなどに装着して撮影しても気になりにくいのがポイント。本体サイズもスリムなデザインで、風の抵抗を受けにくくおすすめです。

スポーツの練習に役立つのが「モーションショットLE」。シャッターを押すだけで連続8枚の画像を撮影し、1枚の画像にできる機能です。ゴルフや野球などのフォームを確認するのに使えます。

本製品には防水ハウジングが付属し、水深60mの水中で最大30分間の撮影が可能。サーフィンやスキューバダイビングなど、マリンスポーツでの撮影に使いたい方におすすめのアクションカメラです。

ニコン(Nikon) アクションカメラ KeyMission 170 BK

一眼レフカメラのメーカーとして定評のあるニコンが製造したアクションカメラです。170°の超広角レンズを採用し、迫力あるワイドな映像を4Kの高画質で再現。ケースなしでも水深10mまでの防水機能が備わり、水中でも本格的な動画を撮影できます。

本体サイズは幅6.64×高さ4.68×奥行き4.27cmで重量が約134.5g。グッドデザイン賞を受賞した、画質だけでなくデザイン性にも優れたおすすめのアクションカメラです。

リコー(RICOH) THETA Z1

360°カメラとして定評があるTHETAシリーズのハイクラスモデルです。4K画質に対応し、動画を高画質で撮影可能。広大な風景を豊かな表現方法で撮影したい方におすすめのアクションカメラです。

また、搭載されている「1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー」により、暗い場所でのノイズ低減を実現。夜景や薄暗い室内でもきれいな動画を再現できます。

ボディにはマグネシウム合金を採用。耐久性の向上と同時に高級な質感を実現したアクションカメラです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) アクションカメラ OSMO POCKET 2

ドローン製造会社DJIが発売したアクションカメラです。3軸ジンバルを搭載しており、撮影中の手ブレを滑らかに補正。上下に激しく動くランニングなどの撮影でも、スムーズな映像を再現します。

セルフィーをしてSNSなどに動画を公開している方に便利な機能が「ActiveTrack 3.0」。被写体となる自分の顔を一度認識すると、被写体の動きを追いかけてフレーム内に収めます。

持ちやすい独特なデザインで、日常のなかにある動画チャンスを逃したくない方におすすめのアクションカメラです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) アクションカメラ OSMO Action

デュアルスクリーン搭載のアクションカメラです。前面ディスプレイはセルフィーのフレーミングに便利で、タッチパネルに対応した背面ディスプレイは素早く操作できます。

手ブレ補正については、独自のテクノロジー「RockSteady」を搭載。安定したブレの少ない映像を残せるので、激しく動きながら撮影したい方に適しています。

水深11mまでの防水性があり、陸上からマリンスポーツまで幅広く使えるおすすめのアクションカメラです。

Insta360 アクションカメラ ONE R ツイン版

レンズ部分を交換して組み立てられる、ユニークなアクションカメラです。ブロックのような形をした360°撮影用と4K広角撮影用のモジュールは、取り換えることで、シーンに合わせた動画を楽しめます。

手ブレ補正については「FlowState」技術により、ジンバルを使用したような滑らかな映像を再現。IPX8の防水規格を備えているのでマリンスポーツの撮影におすすめです。

Insta360 アクションカメラ Insta360 GO

手ブレ補正付きで、重量約18.3gと非常に軽量なアクションカメラ。カバンに入れておいても邪魔になりにくく、毎日アクションカメラを持ち歩きたい方におすすめです。

磁気ストラップを首からかけると、胸の位置にアクションカメラを装着可能。目線に近い位置から、一瞬のチャンスを逃さずに撮影できます。超小型ながら、標準・インターバル撮影・タイムラプス・ハイパーラプス・スローモーションと、撮影メニューが多彩なのも嬉しいポイントです。

コダック(Kodak) アクションカメラ PIXPRO 4KVR360

ボディの前後に2つのレンズを搭載したアクションカメラです。一度の撮影で死角のない360°の映像を撮影可能。一般的なアクションカメラと比べて、動画の表現方法が広がります。

専用アプリを使えば、手軽にSNSへアップロードできるので、ユニークな作品を友人に自慢したい方におすすめです。本製品は防滴性・防塵性・耐久性に優れているのも特徴。アウトドアなどの過酷なシーンでも活躍します。

APEMAN アクションカメラ A87

低価格で高画質を撮影できるおすすめのアクションカメラです。低価格ながら4Kに対応し、電子式手ブレ補正機能によりきれいな動画を楽しめます。

付属の防水ケースを使えば、水中で最大40mの深さまで撮影が可能。趣味がマリンスポーツの方にもおすすめです。

背面の2インチディスプレイはタッチパネルに対応しているので、動きながらでも直感的に操作できます。アクションカメラを試してみたい方におすすめです。

ムソン(MUSON) アクションカメラ Pro3

アクセサリーが豊富なアクションカメラです。さまざまなタイプのマウントや防水ケースがあり、持ち運びや収納に便利な専用のハードケースも付属しています。

コンパクトながら手ブレ補正機能付きで、ブレを抑えながら高画質な動画を撮影可能。さらに、小型のリモコンを使った遠隔操作もできます。

予備バッテリーが付属しており、途中で取り換えれば長時間の撮影に対応できるのも魅力。豊富なアクセサリーでさまざまなシーンに活用できる、コスパに優れたアクションカメラです。

Victure アクションカメラ AC800

4K動画を撮影できる、価格が安いアクションカメラです。手ブレ補正機能があり、スポーツ時の撮影にも対応可能。さらに、外部マイクが付属しているので、画像だけでなく音声もクリアに集音できます。

アクセサリーが豊富で、付属のリモコンで遠隔操作が可能。本体にはWi-Fi機能が搭載されており、アプリをダウンロードすればスマートフォンでも操作できます。撮影した動画をSNSへシェアしやすいのも嬉しいポイントです。

アクションカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アクションカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。