アウトドアやスポーツシーンで用いられる「アクションカメラ」。激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。

そこで今回は、アクションカメラのおすすめモデルをご紹介。高機能なアイテムはもちろん、リーズナブルなエントリーモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラとは?

By: amazon.co.jp

アクションカメラとは、アウトドアスポーツ時などに臨場感のある撮影ができる小型カメラのこと。また、バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使えるモデルは「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれています。

アクションカメラは、通常のカメラと比較して防水性や耐久性に優れているのが特徴。なかには水中で撮影できるモデルもあるので、マリンスポーツをしている際の撮影にも対応可能です。

アクションカメラと普通のビデオカメラの違い

By: amazon.co.jp

アクションカメラは普通のビデオカメラと違って、ハンズフリー撮影にも対応できるのが特徴。マウントなどのアクセサリーを駆使すればヘルメット・自転車・サーフボードなどにも取り付けが可能です。

両手が自由な状態で撮影できるため、撮影者は目の前のアクティビティやイベントを満喫しつつ、その様子を1人称視点で臨場感たっぷりに記録できます。

優れた耐候性を備えているモデルが多い点も、普通のビデオカメラとは違ったアクションカメラの魅力。防塵・防水・耐衝撃などの性能が充実しているため、普通のビデオカメラでは撮影が困難な登山・サーフィン・スキーなどのハードな用途でも、手軽に記録が残せます。

自分が体験したスポーツやアクティビティの感動を共有したい方にもおすすめです。

ビデオカメラについて詳しく知りたい方はこちら

アクションカメラの選び方

解像度をチェック

スタンダードな「フルHD」

By: canon.jp

フルHDは「full high definition television」の略称で、解像度は「1920×1080」ピクセルです。フルHDは標準画質として馴染みがあり、テレビやカメラの規格にも使われています。

フルHD画質でも十分に鮮明な映像を撮影できるため、日常の記録や旅行の思い出をカメラにおさめたいときにもおすすめです。

4Kと比べて画質は劣るものの、データの負担が少ないのがポイント。撮影データを編集したり、スマートフォンに転送したりもスムーズにおこなえます。また、比較的リーズナブルな製品が多いのも特徴です。価格を重視している方は、フルHDモデルのラインナップからチェックしてみましょう。

より高画質で録画したいなら「4K」

By: amazon.co.jp

4Kの解像度は「3840×2160」です。フルHDと比べて約4倍の画素数を持つため、より高精細かつリアルな映像を楽しめます。見たままの映像を届けられるので、風景の色合いや人肌の質感を忠実に表現できるのもポイント。日常の記録だけでなく、本格的な映像制作をする現場にもおすすめです。

YouTubeなどの動画共有サービスは4K画質に対応しているので、誰でも簡単に高画質の映像を投稿できます。また、4Kのアクションカメラのなかには、専用アプリやHDMIケーブルを介してテレビに撮影データを映せる製品も存在。大画面で迫力のある映像を楽しめます。

ちなみに、4KはフルHDと比べてデータ量が大きいため、大容量のデータに対応する記録メディアが必要です。長時間撮影するときは、あらかじめ記録メディアの容量を確保しておきましょう。

手ブレ補正の性能が高いモデルがおすすめ

By: insta360.com

動きの激しいシチュエーションで撮影をするときは、手ブレ補正機能を搭載した製品がおすすめです。手ブレ補正の性能が高いモデルは、わざわざジンバルを用意する必要がなく、シームレスに手持ち撮影をおこなえます。撮影時に発生しやすいブレを低減するため、高画質かつ滑らかな映像表現が可能です。

アクションカメラのなかには動画撮影時のみ手ブレ補正機能が作動する製品もあるので、あらかじめ仕様をチェックしておきましょう。

長時間録画するなら連続撮影時間をチェック

By: amazon.co.jp

長時間録画するなら、連続撮影時間の長いモデルを選びましょう。連続撮影時間が長いほど時間制限を受けずに使いやすいのが特徴。インタビューやドキュメンタリー映像を撮影するときにも活躍します。

連続撮影時間はバッテリー性能だけでなく、カメラ性能によって変わる点も注意しましょう。なかには1回の充電で、最大5時間録画を続けられる製品も存在します。

動きの激しい動画を撮るならフレームレートにも注目

By: insta360.com

フレームレート(fps)とは、1秒間に表示できるコマ数を表す単位のことです。フレームレートが高いと1秒間に入るコマ数が増えるため、滑らかな映像に仕上がります。

アクションカメラのように動きの激しい動画を撮影するなら、24fps・30fps・120fpsに対応したモデルがおすすめです。特に120fpsで撮影した動画は、編集時にスローモーション表現がしやすく、印象的な映像を楽しめます。

ただし、フレームレートが高いほど動画の転送に時間がかかったり、保存容量を圧迫したりするので注意しましょう。スローモーションの表現をするときだけハイフレームレートに設定するなど、用途に合わせてフレームレートを切り替えることも大切です。

広角レンズモデルならより広い範囲を撮影できる

By: insta360.com

広角レンズを搭載したアクションカメラは、標準レンズよりも広範囲を撮影できるのが特徴。人間の視野を超えるダイナミックな表現を楽しめます。

広角レンズは被写界深度が深く、画面中央から周辺部にかけてシャープな描写が可能。全体にピントが合いやすいので、風景や集合写真を撮影するときに便利です。

アクションカメラのなかには、360°全方位を撮影できる製品も存在。周囲の風景や人物をすべて画角におさめられます。現場の臨場感を伝えやすいので、マリンスポーツやスカイスポーツなどのシチュエーションにおすすめです。

用途やシーンに合わせた機能をチェック

水辺や水中撮影には「防水性能」が高いモデルを

By: amazon.co.jp

水辺や水中撮影をするときは、防水性能が高いアクションカメラを選びましょう。防水性能は「IPX」に続く数値で表されており、数値が大きいほど優れた防水性能を発揮します。

アクションカメラは、本体に防水性能を備えているモデルと、専用の防水ハウジングを装着することで水辺での撮影に対応するモデルの2種類が存在。あらかじめ、どちらのタイプなのか確認しておくことが大切です。

また、水中撮影をおこなうときは、どのくらいの深さまで対応できるのかチェックしておきましょう。シュノーケリングやダイビングなら、水深10m以上の防水性能を搭載した製品がおすすめです。

バイクや自転車の車載撮影なら「水平維持機能」があると便利

By: insta360.com

バイク・自転車・車など振動の影響を受けやすい環境で撮影するなら、「水平維持機能」を搭載した製品がおすすめです。

「水平維持機能」は、カメラの向きが変わっても画角を水平に保てるのが特徴。傾きを検知して自動補正するため、振動が加わりやすいシチュエーションでも見やすい映像を届けられます。

また、撮影中に画角をチェックする手間がかからないのもポイント。バイクやヘルメットなど、ハンズフリー撮影を快適におこなえます。

夜間撮影には「夜間モード」搭載モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

夜間撮影をおこなうなら、暗所でも鮮明な写真や動画を撮影できる製品を選びましょう。アクションカメラのなかには、「夜景モード」を搭載した製品が存在します。星空・夜景・夕暮れなど、光量の少ない環境でも低ノイズかつシャープな描写が可能です。

「夜景モード」以外にも、夜間撮影で発生しやすいノイズを低減して適正露出に仕上げる機能があります。製品ごとに呼び名や機能性が異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。

自撮り撮影がメインなら「前面モニター」があるモデルを

By: insta360.com

自撮り撮影を頻繁におこなう方は、前面モニターを搭載した製品がおすすめです。前面モニターは、別名フロントスクリーンとも呼ばれています。利用することで、自撮り撮影時に画角をチェックしやすいのが特徴。また、Vlogや集合写真などのシチュエーションにも活用できます。

なかには、フロントスクリーンとリアスクリーンの2つを搭載した「デュアルスクリーン」モデルも存在。撮影状況や用途に合わせてスクリーンを使い分けられます。

その他の機能をチェック

「Wi-Fi機能」があれば映像の確認や転送が可能

By: canon.jp

アクションカメラのなかには、 Wi-Fi接続に対応した製品もあります。Wi-Fi対応モデルは、専用アプリを介して撮影データをスマートフォンに転送可能。家族や友人にデータを共有したり、リアルタイムでSNSを投稿したり、さまざまな機能を活用できます。

なかには、2.4GHzの周波数を利用することで、リモート撮影ができる製品も存在。バンジージャンプ・パラグライダー・サイクリングなど、カメラ操作が難しい状況でも快適に撮影をおこなえます。

「タッチパネル」なら操作や設定も簡単

By: amazon.co.jp

使いやすさにこだわるなら、タッチパネルを搭載した製品がおすすめです。指先の操作だけでカメラ設定をしたり、撮影モードを変更したりできるのが特徴。スマートフォンと同じ感覚で操作できるため、使いやすさは良好です。

また、タッチパネルを採用した製品なら、フロントスクリーンとリアスクリーンの切り替えをスムーズにおこなえます。

「専用アプリ」で編集ができるモノも

By: insta360.com

アクションカメラのなかには、専用アプリを介してスマートフォンと連携できる製品が存在。撮影データを転送したり、動画編集をしたりと、さまざまな便利機能を使用できます。

音源や映像エフェクトのテンプレートが充実しているアプリは、初心者でもクオリティの高い動画を作れることが可能。なかには、Instagram・Twitter・YouTubeなど、SNSに適したアスペクト比で書き出せるアプリもあります。

ちなみに、メーカーごとに専用アプリの機能性は異なるので、あらかじめ用途をチェックしておきましょう。

アクションカメラのおすすめメーカー

ゴープロ(GoPro)

By: gopro.com

「ゴープロ」は、アマチュアからプロまで使えるウェアラブルカメラを手がけているメーカーです。「GoPro」シリーズは、コンパクトサイズながら優れた撮影性能を発揮します。

ゴープロのアクションカメラは、本格的な撮影性能と使いやすさを追求しているのが特徴。なかには、5.3K・60fpsの高精細な動画撮影を実現した製品も存在します。また、タイムラプス・デュレーションキャプチャー・LiveBurstなど、撮影ツールが充実しているのもポイントです。設定画面から好みの撮影モードを選択するだけで、簡単にクリエイティブな撮影を楽しめます。

専用アプリ「GoPro Quik」をインストールすれば、スマートフォンとの連携が可能。撮影データを使って動画編集をしたり、データを転送したり、さまざまな機能を活用できます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は、デジタルカメラ・記録メディア・スマートフォン周辺機器など、幅広い製品を手がけている総合電機メーカーです。

ソニーのアクションカメラは、コンパクトサイズのボディに本格的な撮影性能を搭載しているのが特徴。ハイスピード撮影・タイムラプス撮影・モーションショットLEなど、さまざまな撮影モードを活用できます。

なかには、扱いやすい軽量モデルも存在。ヘッドマウントや自転車のハンドルに装着するなど、撮影のバリエーションも広がります。

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

By: dji.com

「ディー・ジェイ・アイ」は、カメラドローン・スタビライザー・アクションカメラなどの製品を手がけているメーカーです。

ディー・ジェイ・アイのアクションカメラは、堅牢性や防水性に優れているのが特徴。水深10m前後までの防水性を備えた製品は、シュノーケリングやサーフィンなどのシチュエーションでも撮影をおこなえます。

専用アクセサリーの種類も豊富。延長ロッドや磁気ヘッドバンドなどを装着することで、さまざまな環境で使用できます。

アクションカメラのおすすめ|人気・定番モデル

ゴープロ(GoPro) HERO10 Black SPBL1B

5.3K・60fpsの高精細な動画撮影を実現したアクションカメラです。コンパクトサイズかつ軽量ながら、高解像度を発揮します。タイムラプスやスローモーションなど、クリエイティブな撮影を楽しめるのがポイントです。

手ブレを強力にサポートする「HyperSmooth4.0」を搭載。ブレを補正しながら画角を水平に維持するため、激しいアクションシーンでも見やすい映像を撮影できます。また、水深10mまでの防水性能を備えているので、シュノーケリングやサーフィンなどのアウトドアシーンでも使用可能です。

「GoPro Quik」アプリをインストールすると、スマートフォンと連携可能。撮影データをスマートフォンに転送したり、フィルターやテーマを活用して動画編集をしたり、さまざまな機能を使用できます。撮影性能だけでなく、使いやすさにこだわっているのも魅力です。

ゴープロ(GoPro) HERO9 Black CHDHX-901-FW

5Kの動画撮影を楽しめるアクションカメラです。フロントスクリーンを搭載しているので、自撮り撮影も気軽におこなえます。Vlogなどのシチュエーションにおすすめです。

リアスクリーンはタッチ式を採用しており、簡単に操作できます。堅牢性と耐水性に優れたボディのため、環境の変化を受けやすいアウトドアシーンでも使用可能です。

HindSight・LiveBurst・デュレーションキャプチャーなど、撮影をサポートする機能が豊富。「HindSight」はシャッターを押す瞬間の最大30秒前までさかのぼって撮影するので、決定的瞬間を逃しません。撮影状況や用途に合わせて便利機能を使い分けられます。

TimeWarp 3.0やスローモーションなど、クリエイティブな撮影モードを搭載。あらかじめ撮影設定を切り替えるだけで、印象的な映像を撮影できるのも魅力です。

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS50

コンパクトサイズのボディに本格的な撮影機能を搭載したアクションカメラです。バッテリーを含む本体重量は約83g。軽量モデルなので、ヘッドマウントや自転車のハンドルに装着するなど、さまざまな用途で活用できます。

専用アクセサリーを組み合わせることでハンズフリーの撮影も可能。スリムな形状を採用しているため風圧の影響を受けにくく、安定した撮影を楽しめます。

ハイスピード撮影・タイムラプス撮影・モーションショットLEなど、さまざまな撮影モードを搭載。初心者でも簡単にクリエイティブな表現を楽しめます。また、ライブ配信に対応しているのも魅力です。

「Imaging Edge Mobile」をインストールすると、撮影データをスマートフォンにすばやく転送できます。家族や友人にデータを共有したり、SNSにアップロードしたりと、使いやすさに優れているのもポイントです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) DJI ACTION 2 CP.OS.00000197.01

コンパクトサイズのボディにパワフルな撮影機能を搭載したアクションカメラです。素材に軽量アルミニウム合金製を採用しており、美しくて高級な印象を与えます。機能性だけでなく、デザイン性にこだわりたい方におすすめです。

持ち運びやすいサイズ感なので、旅行やアウトドアシーンなど、さまざまなシチュエーションで撮影を楽しめます。

4K・120fpsの高精細かつ滑らかな動画撮影が可能。日常生活を撮影するだけでなく、本格的な映像制作の現場でも活躍します。155°の超広角撮影にも対応しており、壮大な風景を画角におさめたいときに便利です。超広角の深い被写界深度を活かすことで、シャープな描写に仕上がります。

耐衝撃性・防塵性・防水性に優れているのも特徴。堅牢性の高いボディのため、外部衝撃が加わりやすい環境でもアクティブに活用できます。また、防水ケース・延長ロッド・磁気ヘッドバンドなど、アクセサリーも豊富です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OZMO ACTION CP.OS.00000020.01

撮影性能と使いやすさを追求したアクションカメラです。デュアルスクリーンを搭載しており、自撮り撮影も快適におこなえます。リアスクリーンはタッチ対応なので操作性も良好です。

手ブレを強力にサポートする「RockSteady」を搭載。振動の影響を受けやすいアウトドアシーンでも、高精細かつ滑らかな映像を撮影できます。また、水深11mまでの防水性を備えているため、シュノーケリングやサーフィンなどのシチュエーションでも使用可能です。

専用アプリ「DJI Mimo」をインストールすると、スマートフォンとの連携が可能。動画や静止画をスマートフォンに転送したり、テンプレートを選択して動画編集したり、さまざまな用途で使用できます。

Insta360 Insta360 ONE RS CINRSGP/A

高精細な撮影を実現する、4800万画素1/2インチセンサーを搭載したアクションカメラです。持ち運びやすいコンパクトサイズかつ軽量モデルながら、4K・60fpsの動画撮影をおこなえます。連続撮影時間は、最大約75分。撮影性能だけでなく、バッテリー性能に優れているのもポイントです。

スローモーション・タイムラプス・ループ録画などのクリエイティブな撮影モードを搭載しているので、さまざまな映像表現を楽しめます。また、手ブレを強力にサポートする「FlowState」により、本体を激しく動かしても高画質かつ滑らかな映像を撮影できるのも魅力です。

「Insta360」アプリをインストールすると、スマートフォンから各種操作が可能。自動編集ツールで動画を制作したり、撮影データをSNSに共有したり、さまざまな機能を使用できます。

Insta360 Insta360 ONE X2 CINOSXX/A

5.7K・360°の動画撮影を楽しめるアクションカメラです。撮影者を中心とした全方位の撮影が可能。一般的なアクションカメラでは難しいクリエイティブな表現を楽しめます。「フライスルー」モードを起動することで、FPVドローンのような臨場感溢れる映像に仕上がるのも魅力です。

バレットタイム3.0・タイムシフト・フリーズフレームなど、さまざまな撮影モードを搭載。アプリ画面から設定を変更するだけで、簡単に印象的な撮影をおこなえます。本格的な映像制作だけでなく、Vlog撮影などの用途にもおすすめです。

360°カメラで撮影した映像をアプリから簡単に編集できます。残像分身・フライラプス・電撃ウォークなどのテンプレートの種類も豊富。作成した動画は、YouTubeやInstagramなどのSNSにすばやく共有できます。

Insta360 Insta360 ONE RS 1-Inch 360 CINRSGP/D

ライカとの共同開発で誕生したアクションカメラです。優れた光学設計を採用しており、高精細な描写を実現しています。ライブ配信やオンライン会議のウェブカメラとしても使用可能です。

6K・360°の動画撮影にも対応。撮影者を中心とした全方位をカバーできるため、臨場感たっぷりの表現を楽しめます。360°モードでは自撮り棒が隠れるので、ドローンのような第三者視点映像を届けられるのも魅力です。

「Insta360アプリ」を活用することで、スマートフォンからリフレームが可能。キーフレーム・ディープトラック2.0・オートフレームなどの機能では、被写体を追従したり好みの視点に切り替えたり、さまざまな機能を使用できます。

Insta360 Insta360 GO 2 CING2XX/A

手ブレを強力にサポートする「FlowState」を搭載したアクションカメラです。映像のブレを低減しながら画角を水平に保つので、動きの激しいシチュエーションでも滑らかな映像に仕上がります。充電ケースは、リモコンや三脚としても使用可能です。

ハイパーラプス・タイムラプス・スローモーションなど、さまざまな撮影モードを搭載。好みの撮影モードを設定するだけでクリエイティブな表現を楽しめます。また、IPX8の防水性を備えており、水中撮影も可能です。「AquaVision」モードを起動すると、水中撮影に適したカメラ設定に切り替わります。

「Insta360アプリ」により、スマートフォンとアクションカメラの連携が可能。スマートフォンからリアルタイムプレビューをしたり、動画編集をしたりと、さまざまな機能を活用できます。SNSに適したアスペクト比で描き出せるのも魅力です。

リコー(RICOH) RICOH THETA SC2

電源を入れてから約1.5秒で撮影を始められるアクションカメラです。クイックレスポンスのため、撮りたい瞬間を逃しません。独自の屈曲光学系を採用しており、スタイリッシュなボディを実現。手に馴染みやすく、気軽に持ち運びできます。

高画質かつ精度の高い360°撮影が可能。静止画と動画のどちらにも対応しているので、用途に合わせて使い分けられるのも魅力です。顔・夜景・車窓などのプリセットを搭載しており、簡単にクリエイティブな表現を楽しめます。使いやすさと撮影性能を兼ね備えているのがポイントです。

専用アプリ「THETA+」をインストールすると、スマートフォンで簡単に動画編集をおこなえます。また、高速なワイヤレス転送を実現しているのも特徴。各種SNSにもスムーズに共有できます。

アクションカメラのおすすめ|安い低価格モデル

キヤノン(Canon) アソビカメラ iNSPiC REC FV-100

使うたびに気分が上がるポップなデザインを採用したアクションカメラです。コンパクトサイズかつ軽量なので、取り回しやすいのも特徴。本体はカラビナ設計のため、リュックやベルトループに装着して持ち運びできます。

動画撮影と静止画撮影は、本体のダイヤルから操作可能。シチュエーションに合わせてすばやく切り替えられます。動画撮影時のみ手ブレ補正機能が作動し、ブレの少ない滑らかな映像を撮影できるのもポイントです。

専用アプリ「Canon Mini Cam」をインストールすることで、スマートフォンとの連携が可能。カメラ設定を変更したり、撮影データを転送したりできます。また、Wi-Fiを利用することでリモート撮影も可能です。

Andoera SJCAM C100

低価格ながら撮影性能に優れたアクションカメラです。2K・30fpsの動画撮影に対応しているので、高精細かつ滑らかな映像表現を楽しめます。ポケットに収まるほどのコンパクトサイズのため持ち運びも便利。アウトドアシーンだけでなく、オンライン会議やライブ配信用カメラとしても活用できます。

専用の防水ケースを装着することで、水深30mまでの防水性能を発揮。シュノーケリング・サーフィン・カヤックなどのマリンレジャーにもおすすめです。また、自転車やヘルメットに取り付けてハンズフリー撮影もおこなえます。

専用アプリをインストールすることで、スマートフォンとの連携が可能。撮影データの共有や動画編集など、さまざまな便利機能を活用できます。

青木製作所 4K防水・防振アクションカメラ AMEX-D01

4Kの超高画質で鮮明に記録できるアクションカメラ。防水・防振構造を採用しており、さまざまなシーンで活用できるのが特徴です。120fpsに対応しているため、ヘルメットなどに取り付ければ疾走感のある映像も撮影できます。

豊富なステーを標準同梱しているのも魅力。フォークリフトやヘルメット、ポール、ロープ、汎用の三脚ネジなどに取り付けて使用できます。アクティビティの撮影だけでなく、施工現場の定点カメラやロードサービスの作業記録などにも便利です。

専用のアプリを使用すればスマホ連携も可能。リアルタイムでの映像確認や、録画の開始・停止・設定変更などが簡単に行えます。比較的安い価格ながらも使い勝手に優れたおすすめの製品です。

Drift Ghost X アクションカメラ

フルHDの動画記録に対応したアクションカメラです。専用のアクセサリーを活用することで、自転車やヘルメットなどに装着可能。ハンズフリーの撮影を楽しめます。

4軸EIS手ブレ補正機能を搭載。手ブレを低減できるため、高画質かつ滑らかな映像を撮影できます。また、バッテリー性能に優れており、1回の充電で最大約5時間の連続録画を続けられるのも魅力です。バッテリー残量は本体の液晶モニターから確認できます。

広角レンズの角度は、90°・115°・140°の3段階で調節可能。広範囲を画角におさめられるので、風景や集合写真を撮影するときに活躍します。

AKASO アクションカメラ Brave7 LE

低価格ながら4Kの高画質撮影を実現したアクションカメラです。高解像度で臨場感溢れる鮮やかな映像を撮影できます。デュアルディスプレイを搭載しているので、自撮り撮影も簡単です。

6軸ジャイロスコープ設計を利用した「EIS2.0手ぶれ補正」を搭載。移動しながらでも手ぶれの少ない滑らかな映像を撮影できます。動きの激しいアクションシーンにもおすすめです。また、2.4Gワイヤレスリモコンの操作にも対応しており、離れた場所からシャッターを押せます。

専用アプリ「AKASO GO」をインストールすることで、スマートフォンとの連携が可能。撮影データをすばやく転送できます。また、HDMIポートを利用することで、テレビやモニターなどの大画面に映せるのも魅力です。

アクションカメラの売れ筋ランキングをチェック

アクションカメラのランキングをチェックしたい方はこちら。