アウトドアやスポーツシーンで用いられる「アクションカメラ」。激しい動きが伴う撮影をするときに役立つほか、誰でも気軽に迫力のあるシーンを撮れるのが特徴です。

そこで今回は、アクションカメラのおすすめモデルをご紹介。高機能なアイテムはもちろん、リーズナブルなエントリーモデルもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、アウトドアスポーツ時などに臨場感のある撮影ができる小型カメラのこと。バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に装着して使うことから、「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれています。

アクションカメラは、通常のカメラと比較して防水性や耐久性に優れているのが特徴。なかには水中で撮影できるモデルもあるので、マリンスポーツをしている際の撮影にも対応可能です。

アクションカメラと普通のビデオカメラの違い

By: amazon.co.jp

アクションカメラは普通のビデオカメラと違ってハンズフリー撮影にも対応できるのが特徴です。マウントなどのアクセサリーを駆使すればヘルメット・自転車・サーフボードなどにも取り付けが可能。両手が自由になった状態で撮影できるため、撮影者は目の前のアクティビティやイベントを満喫しつつ、その様子を1人称視点で臨場感たっぷりに記録できます。

優れた耐候性を備えているモデルが多い点も、普通のビデオカメラとは違ったアクションカメラの魅力。防塵・防水・耐衝撃などの性能が充実しているため、普通のビデオカメラでは撮影が困難な登山・サーフィン・スキーなどのハードな用途でも手軽に記録が残せます。自分が体験したスポーツやアクティビティの感動を共有したい方にもおすすめです。

ビデオカメラについて詳しく知りたい方はこちら

アクションカメラの選び方

装着方法をチェック

By: amazon.co.jp

アクションカメラは手持ちだけでなく、乗り物や自分の体の一部などのさまざまな場所に装着・固定して撮影できるのが魅力。「マウント」と呼ばれる部品を用いて取り付けますが、取り付ける場所によって装着方法が異なります。

アクションカメラを乗り物本体に取り付けた場合は臨場感のある映像を、ヘルメットに取り付けた場合は自分の見ている景色に近い映像を撮影できるのが特徴。撮りたい映像に合わせた装着方法に対応する製品を選びましょう。

解像度をチェック

フルHD

フルHDは「1920×1080」とも表記されており、画面内に1フレーム当たり約207万画素のピクセル数を持つ解像度のこと。現在では標準画質として最も一般的になっている解像度で、テレビの地上波デジタル放送やYouTube動画にも広く採用されています。

フルHD解像度でも通常用途には十分な高画質が得られるので、日常の記録や旅行の思い出を動画に残す場合に好適。また、動画ファイルの容量が比較的小さいため、長時間の動画もコンパクトに収められます。

フルHD対応のアクションカメラは価格が安いのも魅力。手頃な価格でアクティビティやイベントの撮影を始めたい方にもおすすめです。

4K

By: amazon.co.jp

4Kは「3840×2160」とも表記されており、画面内に1フレーム当たり約829万画素のピクセル数を持つ解像度のこと。最近では4Kに対応する新衛星放送が始まったほか、YouTubeでも4K解像度を採用する動画も徐々に増えてきています。

4K解像度はフルHDと比べて約4倍も高精細なのが特徴。風景の細部や人肌の質感などもよりリアルに再現できるため、画質を重視しつつより高い臨場感でアクティビティやイベントを記録したい方におすすめです。

ただし、4K対応のアクションカメラはやや高価になのが難点。加えて、4K動画はファイルのデータ容量が大きくなるので、長時間記録の際は大容量の記録メディアも必要になります。

画角をチェック

By: theta360.com

「画角」とは撮影時に視野のなかで映像として記録できる範囲のことで、角度の数値が大きくなるほどより広い範囲が動画に収められるのが特徴。加えて、画角が大きくなると遠近感も強調されるので、よりダイナミックな撮影が楽しめます。

普通のビデオカメラでは画角が広角側でも約70〜80°までのモデルが主なのに対し、アクションカメラでは100°以上の広大な画角に対応しているのが魅力。人間の両目に写る範囲は約180〜200°なので、普段の視野により忠実な画角で記録できます。

また、画角360°での記録が可能な全天球タイプのアクションカメラも存在。人間の視野を遥かに超えた画角が得られるので、周囲の風景も丸ごと動画に残したい場合におすすめです。

長時間の撮影は連続撮影時間をチェック

By: amazon.co.jp

「連続撮影時間」とは録画をスタートしてから記録が継続できる最長の時間のこと。連続撮影時間が長くなるほど時間制限が緩和されるので、1つの動画ファイルでより長時間の記録が残せます。

連続撮影時間が短いと撮影の途中で強制的に記録が終わってしまうことがあるのが難点。撮影を再開できるまでに一定のクールタイムも必要になるため、時間制限を気にせずアクティビティやイベントを撮影したい場合は、なるべく連続撮影時間が長いモデルを選ぶのがおすすめです。

記録解像度の高さに応じて連続撮影時間が変わる点にも注意。フルHDよりも4Kの方が連続撮影時間は短くなるので、4Kモードで撮影する場合は特に気を付けましょう。

機能をチェック

撮影ミスを減らせる「手ブレ補正機能」

By: amazon.co.jp

手ブレ補正機能は、大きく分けると2種類に分けられます。ひとつはレンズの内部構造を動かすことでブレを抑える「光学式」。残像が少なく、画質に優れているのが特徴です。ただし、構造が複雑になるので本体のサイズが大きくなる傾向があります。

もうひとつは、センサーによって画像を自動的に補正する「電子式」。光学式と比べて画質がやや劣化してしまいますが、構造がシンプルなためカメラサイズを小さくすることが可能で、価格もリーズナブルです。画質にこだわりたい方は光学式、サイズやコストを重視する方は電子式を選びましょう。

直感的な操作が可能な「タッチパネル」

By: amazon.co.jp

アクションカメラのなかには、タッチパネルで操作できるモデルもあります。直感的に操作できるので、スムーズに動画を撮影したり、確認したりすることが可能。

また、操作性に関しては、電源のオン・オフや録画ボタンをチェックするのはもちろん、使用する季節によっては手袋を装着した状態でも撮影することが考えられるので、ボタンの押しやすさにも留意しておきましょう。

すぐSNSにシェアできる「Wi-Fi機能」

By: theta360.com

アクションカメラのなかには、Wi-Fi接続に対応したモデルもあります。製品によってはSNSに投稿する機能を備えている機種もあるので、SNSへの投稿頻度が高い方におすすめです。

また、アプリの使い勝手もポイント。撮影したデータが転送しやすいかはもちろん、リモコン代わりに遠隔操作が可能かどうかもチェックしておきましょう。

撮影シーンをチェック

ダイビングやサーフィンをするなら「防水性」を重視

By: amazon.co.jp

アクションカメラを選ぶうえで、防水機能は大事なポイントです。製品としては本体に防水機能が備わっているタイプと、付属のハウジングを装着して防水に対応するタイプの2種類があります。

また、潜水深度も重要。水深3m程度のモノから水深60mにも対応できるタイプまで幅広くあります。気軽に水辺で遊ぶ程度なのか、本格的な水中撮影で使うのかによって選ぶべき製品が異なってくるので、用途を考慮して選びましょう。

バイクのツーリングなど長時間撮影をするなら「バッテリー性能」を確認

バイクツーリングのように長時間の撮影をする場合は、バッテリー容量も重要。1回のフル充電でしっかりと撮影時間を確保できるかをチェックしておきましょう。

なお、本体自体の連続使用時間が短い場合は、予備バッテリーを用意しておくと安心です。製品のなかにはモバイルバッテリーで充電が可能なモデルもあるので、購入する前に確認しておきましょう。

激しいスポーツを撮影するときは「フレームレート」に注目

By: dji.com

フレームレートとは、1秒間に表示できる静止画のコマ数のことを示します。フレームレートの数値が大きいほど被写体の動きが滑らかになるため、激しいスポーツの撮影などに便利です。

標準的なスペックのアクションカメラでは、フレームレートは30fps程度。高速な被写体の動きをより滑らかに表現したい場合は、60fpsに対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

ハイフレームレートで撮影すると、編集でスローモーション動画を作ることが可能。利用シーンを踏まえたうえで、自分に合ったモデルを選びましょう。

アクションカメラのおすすめ人気モデル

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO9 Black

アクションカメラの代名詞であるゴープロの2020年に発売されたモデルです。4K 60fpsのほか、5K 30fpsでのより高解像な録画も可能。手ブレ補正機能「HyperSmooth 3.0」は新たに水平補正にも対応したので、アクロバティックな動きのなかでも安定した見やすい動画が撮影できます。

背面に大型タッチパネルを搭載しており、スマホ感覚で直感的な操作が可能。さらに、前面にもカラー液晶を備えるので、自撮り動画の撮影をする際にも簡単にフレーミングが可能です。8倍スローモーションやタイムラプスなどの特殊な撮影モードも備えています。

モジュール交換機構に対応しており、アクセサリーを追加することで用途に応じた機能カスタマイズができるのもポイント。新しい「Maxレンズモジュラー」では強力な手ブレ補正を有効にしつつ、画角155°の超広角撮影が楽しめます。

ゴープロ(GoPro) アクションカメラ HERO8 Black

リーズナブルながら優れた機能性を備えた人気のアクションカメラです。4K 60fpsでの高解像度録画とフルHD 240fpsでの8倍スローモーション撮影に対応。コストを抑えつつアクティビティの様子を魅力的に伝えたい方におすすめです。

自由度の高いカスタマイズが可能なモジュール交換機構に対応しているのも特徴。LEDライト・マイク・ディスプレイなどを撮影目的に応じて追加が可能です。また、本体の底部には豊富なマウントアクセサリーと直接合体できる機構も内蔵しています。

高精度な手ブレ補正機能「HyperSmooth 2.0」や、夜間でも美しいタイムラプスが撮影できる「ナイトラプスビデオ」などの機能も搭載。水深10mまでの防水性能を備えているのもポイントです。

ゴープロ(GoPro) 全天球アクションカメラ MAX

3種類の撮影スタイルが楽しめる全天球アクションカメラです。6K 30fpsで360°全天球撮影が可能。前後のカメラは片方だけを使っての録画も行えるので、通常の広角アクションカメラや自撮りアクションカメラとしても使い分けられます。

全天球撮影に最適化された「Max HyperSmooth」を手ブレ補正に採用しているのもポイント。水平維持機構も備えているので、マウンテンバイクレースなどの激しい動きでも見やすい動画を記録可能です。全天球モードでも滑らかなハイパーラプス撮影が楽しめる「Max TimeWarp」も搭載しています。

6基の内蔵マイクによる立体音響録音「360度オーディオ」に対応するのも特徴。水深5mまでの防水性能を備えているため、さまざまなシーンでの撮影に対応できます。

ソニー(SONY) デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS50

手頃な価格で安定した長時間撮影が楽しめるアクションカメラです。価格の安いエントリーモデルながら上位モデルにも採用される高精度な電子式手ブレ補正機能を搭載。動きの激しいシーンでも見やすい動画が撮影できるので、自転車やバイクなどツーリング撮影にもおすすめです。

記録解像度は初心者にも使いやすいフルHD 60fps。MP4形式のほか、低圧縮のXAVC S形式での動画記録にも対応するため、圧縮ノイズを抑えた美しく滑らかな動画が記録できます。

最長で約165分の連続撮影が可能な大容量バッテリーを採用しているのもポイント。付属の防水ハウジングを装着すれば水深60mでも30分まで耐えられると謳っているので、長時間のダイビング撮影にも活躍します。

ソニー(SONY) デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX0 II DSC-RX0M2

小型堅牢ボディに高画質性能を凝縮した高級アクションカメラです。通常モデルよりも面積の大きい1インチセンサーを搭載。光量の少ないシーンでもノイズの少ない高画質な撮影が可能なので、夜景や薄暗い室内での本格的な動画撮影にもおすすめです。

最高記録解像度は4K 30fps。4K動画に必要な画素数の約1.7倍の豊富な情報量を凝縮して4K録画できるため、一眼カメラと比べても遜色ない画質で記録できます。また、電子手ブレ補正機能を搭載しているのもポイントです。

防塵・10m防水・2m落下耐性などの優れた耐候性を備えるのも魅力。連続撮影時間は約29分ですが、1回のフル充電で合計約60分の録画が可能です。また、多彩なアングルからの撮影が楽しめるチルト液晶モニターも備えています。

Shenzhen Arashi Vision アクションカメラ Insta360 GO 2

気軽に身に付けられる小型アクションカメラです。重さ26.5g、幅5.29cmと軽量コンパクトなのが特徴。付属の磁気ストラップで胸元に固定したまま120°の広大な画角で撮影できるので、1人称視点で旅行やアクティビティの撮影をするのにおすすめです。

最高記録解像度は2K 50fpsで、連続撮影時間は最長15分。高精度な光学手ブレ補正機構「FlowState」や水平維持機能も備えるので、安定した見やすい状態の動画が撮影可能です。水深4mまでの防水にも対応します。

付属の充電ケースは急速充電によってわずか30分の充電で最長150分の撮影が可能。リモコンやミニ三脚としても使用できるほか、別売のアクセサリーを使えば、車・ドローン・楽器・ペットなどに固定した状態での撮影も楽しめます。

Shenzhen Arashi Vision 全天球アクションカメラ Insta360 ONE X2

高度な撮影テクニックが初心者でも手軽に楽しめる全天球アクションカメラです。5.7K 30fpsの高解像で360°動画が撮影できるのが特徴。強力な補正効果を有する光学式手ブレ補正機構「FlowState」を搭載しているので、動きの激しいアクティビティでも安定した見やすい動画が撮影できます。

フロントレンズだけを使用して通常のアクションカメラのように撮影も可能。また、別売の見えない自撮り棒を活用することで、ドローンで撮影したような効果が得られる「バレットタイム 3.0」や「フライスルー」などの高等テクニックも簡単に使えます。

本体は水深10mまでの防水性能を搭載。別売の潜水ケースを使えば水深45mまで対応できるので、本格的なダイビング撮影にもおすすめです。また、スポーツの種目ごとにバンドルアクセサリーも用意されています。

Shenzhen Arashi Vision モジュール交換式アクションカメラ Insta360 ONE R ツイン版

多彩なシーンで活躍できるモジュール交換型のアクションカメラです。独自の脱着機構によって2種類のモジュールを取り付けできるのが特徴。シーンに応じて最適な撮影ツールを使い分けられるので、アクション表現にこだわる本格派の方にもおすすめです。

異なる特性を持つ2種類のモジュールが同梱。360°モジュールでは5.7K 30fpsの高解像で360°全天球撮影が可能です。また、暗所にも強い大型の1インチセンサーを搭載した4K広角モジュールでは4K 60fpsでの高画質なアクション撮影も楽しめます。

光学手ブレ補正「FlowState」や水深5mまでの防水機能のほか、自撮りにも対応するタッチモニターも搭載。アップル製品との親和性も高く、Apple Watchで遠隔操作ができるほか、AirPodsで音声操作も行えます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) アクションカメラ Osmo Action

優れたコスパで人気を集めているアクションカメラです。軽量コンパクトなボディの両面には、タッチ操作が可能なデュアルスクリーンを搭載。各種操作がスマホ感覚で直感的に行えるほか、自撮りポジションでの動画撮影も手軽に楽しめます。

手頃な価格ながら、最高記録解像度は4K 60fpsに対応しているのも特徴。電子式手ブレ補正機能「RockSteady」を有効にすれば、動きの激しさに関係なくブレを抑えて撮影できます。240fpsでの8倍スローモーション撮影やタイムラプス撮影が楽しめるのも魅力です。

水深11mまでの防水性能と、-10℃でも難なく動作できる耐寒性能を備えるので、水辺や雪原でのスポーツでも活躍が可能。Wi-FiやBluetoothによる動画転送や遠隔操作が行えるほか、音声操作にも対応します。

コダック(Kodak) 半天球アクションカメラ PIXPRO SP360

手頃な価格で360°のアクティビティ撮影が始められる半天球アクションカメラです。普段使いに十分な画質を備えるコスパの優れたアクションカメラを探している方にもおすすめです。

記録解像度はフルHD 30fpsで、水平360°・垂直方向214°の半天球撮影が可能。ライムラプス撮影や、120fpsでの4倍スローモーション撮影にも対応します。さらに、カード容量がいっぱいになると上書きしながら録画を継続する「ループ録画」も可能です。

防塵・防滴・耐低温・耐衝撃などの耐候性を備えるのもポイント。防水ケースやマウントなどのアクセサリーも豊富に用意されています。

コダック(Kodak) 半天球アクションカメラ PIXPRO SP360 4K

4K録画にも対応できる、カスタマイズ性の高い半天球アクションカメラです。最高4K 30fpsで、水平360°・垂直方向235°の半天球撮影が可能。設置するだけでほぼ全てのシーンを逃すことなく高画質で記録できます。

4K解像度でも連続撮影時間が最長55分と長いのもポイント。さらに、タイムラプスや4倍スローモーションのほか、画角内に動く物体が入ると自動で録画を開始する「動体検知」にも対応します。野生動物などの定点撮影にもおすすめです。

優れた耐候性も備えるので、マリンスポーツやウィンタースポーツでの使用にも好適。多彩なマウントアダプターと組み合わせてカスタマイズできるのも魅力です。

コダック(Kodak) 全天球アクションカメラ PIXPRO 4KVR360

1台で水平・垂直方向の360°動画が4K記録できる全天球アクションカメラです。画角の異なる2種類のレンズを搭載することで、全方向に死角のない撮影が可能。また、最高4K 24fpsでの録画にも対応するため、迫力のアクティビティを高画質で記録する場合にもおすすめです。

背中合わせに搭載された2種類のカメラは片方だけの使用も可能。画角235°のフロントカメラのみを使えば、通常のアクションカメラとして4K 30fps撮影も行えます。また、付属リモコンやスマホの専用アプリからの遠隔撮影も可能です。

防塵・防滴・耐低温・耐衝撃などの耐候性も充実。別売ですが、水深30mまで対応できる専用防水ケースや、自転車のハンドルバーやヘルメットに固定できるマウントなども豊富に用意されています。

ガーミン(GARMIN) 全天球アクションカメラ VIRB 360

アクティビティの感動をより豊富な情報量で振り返られる全天球アクションカメラです。撮影動画にGPS・気圧・速度・標高などのログデータを表示できる「G-Metrixデータオーバーレイ」機能を搭載。登山やサイクリングのトレーニングなどにもおすすめです。

4K 30fpsの解像度による全天球撮影に対応。加えて、撮影後にパソコンでのスティッチ編集が必要になりますが、5.7K 30fpsの全天球動画素材も録画できます。本体には4基のマイクを備えているので、立体音響によるサウンド録音も可能です。

水深10mまでの防水性能を備えているので、水辺での撮影も可能。最長で約1時間の連続録画が可能なバッテリーを搭載しています。3つのモードが選択できる手ブレ補正機能「4Kスフィリカルスタビライゼーション」も備えています。

リコー(RICOH) 全天球カメラ THETA SC2

リーズナブルな価格で360°動画の撮影が始められる全天球アクションカメラです。連続撮影時間は約3分と短いですが、360°動画をクリップ感覚で記録できるのが特徴。旅行やレジャーの記録用として人気があります。

最高記録解像度は4K 30fps。一度のフル充電で最長約60分の動画記録が可能です。本体自体は防塵・防水には非対応ですが、水深30mまで対応できる別売の水中ハウジングケースを装着すればダイビング撮影も楽しめます。

顔・夜景・車窓からモードを選ぶだけで、シーンに最適な設定で撮影できるプリセット機能を搭載しているのもポイント。細かな設定操作が苦手な方でも手軽に扱えるので、初心者の方にもおすすめです。スマホへの動画転送もWi-FiとBluetoothの併用でスムーズに行えます。

リコー(RICOH) 全天球カメラ THETA V

映像も音声も高品質で記録できる全天球アクションカメラです。4K 30fpsによる高画質な360°動画が撮影可能。さらに、本体に4基のマイクを搭載しており、立体音響による録音にも対応するため、360°動画に相応しい音響効果で音声も記録できます。

連続撮影時間はフルHD時で最大25分、4K時で最大5分。USB接続時は4K解像度での360°ライブストリーミングにも対応します。滞在中の観光地での感動を友人やフォロワーに共有したい場合などにおすすめです。

内蔵バッテリーは1回のフル充電で最長約80分の動画撮影が可能なのもポイント。水深30m対応の水中ハウジングケースなどの別売アクセサリーも充実しています。

アクションカメラのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アクションカメラのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。