高精細な映像を撮影できる「4Kビデオカメラ」。ハンディカメラとアクションカメラの2種類を展開しています。また、ハンディカメラとアクションカメラは、それぞれ機能性や使いやすさが異なるので、あらかじめ用途を明確にしておくことが大切です。

そこで今回は、4Kビデオカメラのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

「4K」とは?

By: panasonic.jp

「4K」とは、フルハイビジョンの4倍も高精細な表現ができる規格です。フルハイビジョンは「1920×1080=約200万画素」であるのに対し、4Kは「3840×2160=約800万画素」の高画質を実現します。

ビデオカメラの画質は、ハイビジョンからフルハイビジョンと進化してきました。近年では、ビデオカメラだけでなく、スマートフォンやテレビのなかにも4Kに対応した製品が存在します。

4Kビデオカメラのメリット・デメリット

4Kビデオカメラのメリット

By: sony.jp

4Kビデオカメラのメリットは、映像の美しさと汎用性の高さです。4Kは、ハイビジョンやフルハイビジョンよりも、高解像度かつ高精細な映像を撮影できます。被写体のディティールや風景の色合いなどを鮮明に伝えられるのもポイント。4Kビデオカメラを使って、本格的な映像表現をしたい方にも適しています。

4Kは、そのまま書き出すだけでなく、フルハイビジョンへダウンコンバートも可能です。ダウンコンバートした4K動画は、フルハイビジョンよりも情報量が多く、最初からフルハイビジョンで撮影するよりも精細感が増します。

画角の広い4Kで撮影しておくことで、編集時にズーム・パン・チルトなど、動きを加えられるのも魅力です。4Kビデオカメラなら、用途に合わせて、さまざまな表現を楽しめます。

4Kビデオカメラのデメリット

4Kビデオカメラのデメリットは、ハイビジョンやフルハイビジョンと比べて、データ量が大きくなることです。4K動画は映像内の情報量が多く、編集するときに時間がかかったりパソコンの動作が重くなったりします。アニメーションやエフェクトなどの特殊効果を加えるときは、スペックの高いパソコンが必要です。

また、ハイビジョンやフルハイビジョンカメラよりも本体価格が高くなる傾向があります。コストパフォーマンスを重視する方は、機能性だけでなく本体価格もチェックしましょう。

4Kビデオカメラの必要性

By: insta360.com

フルハイビジョンカメラと4Kビデオカメラの選択で迷っている方は、4Kビデオカメラがおすすめです。これまでは、4Kに対応するデバイスやプラットフォームが少なく、用途が限られていました。しかし、近年は4Kに対応するテレビやSNSが増えています。

プロモーション映像を撮影したり、VlogをSNSにアップロードしたり、本格的な映像表現するときは、4Kビデオカメラが必須です。

なお、4K対応のSNSに動画投稿するときは、4Kからフルハイビジョンへダウンコンバートする必要はありません。撮影後スムーズにSNSに動画をアップロードできます。

4Kビデオカメラの選び方

タイプで選ぶ

ハンディタイプ

By: amazon.co.jp

ハンディタイプとは、片手で持ちながら撮影する製品です。コンパクトサイズながら、手ブレ補正・ズーム・AFなど、動画撮影に特化した機能が充実しています。ズーム撮影時に手ブレを低減するモデルもあるため、運動会・コンサート・セミナーなど、遠くの被写体を大きく鮮明に撮影したいときにもおすすめです。

ハンディカメラのなかには、フォーカスとズームを細かくコントロールできる製品も存在します。手前から奥の被写体にフォーカスを合わせたり、ズームアップしたり、さまざまな映像表現が可能です。

アクションカメラ

By: gopro.com

アクションカメラとは、アウトドアやスポーツシーンの撮影に特化した小型のカメラです。小型軽量ながら、優れた耐久性と耐水性を実現。サーフィンやスノーボードなど、激しいシチュエーションで撮影をするときにもおすすめです。

アクションカメラは、頭に装着する「ヘッドマウント」や、胸に装着する「チェストマウント」など、さまざまなアクセサリーが存在します。専用アクセサリーを用意することで、ヘルメットや自転車のハンドル、サーフボードなどにも装着可能。身体に固定することで、アクションカメラを持つ必要はありません。

アクションカメラのなかには、スローモーション・タイムラプス・夜間モードなど、クリエイティブな撮影モードを搭載した製品が存在します。モードを設定するだけで、誰でも簡単に印象的な動画撮影をおこなえるのが魅力です。

ズーム性能で選ぶ

By: sony.jp

遠くの被写体を大きく撮影したいときは、ズーム機能を搭載した製品がおすすめです。ズーム性能は倍率で示しており、倍率が高いほど遠くの被写体を撮影できます。

ビデオカメラのズームは、主に「光学ズーム」と「デジタルズーム」の2種類です。「光学ズーム」は、レンズを動かすことで焦点距離を変化させ、被写体を拡大する仕組みを採用。ズームしても画質が劣化しにくいのが特徴です。

「デジタルズーム」は、画像の一部を拡大することで被写体の大きさを変えています。一部を補完拡大する仕組みは、ズーム後に画質が劣化しやすいので注意しましょう。

手ブレ補正機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

手持ちでも安定した映像を撮影したい方は、手ブレ補正機能を搭載した製品がおすすめです。手ブレ補正機能の種類は、「光学式手ブレ補正」と「電子式手ブレ補正」の2種類です。

「光学式手ブレ補正」は、カメラ内部のレンズなどを機械的に動かすことでブレを補正する仕組みを採用しています。一方で、「電子式手ブレ補正」は、映像の結果を活用して電子的にブレを補正する仕組みです。

「電子式手ブレ補正」よりも「光学式手ブレ補正」の方が、機能性が優れているといわれています。しかし、光学式は駆動装置を内蔵しているため、本体サイズが大きくなったり消費電力が増えたりするので、携帯性を重視している方は注意しましょう。

また、両方の手ブレ補正を備えたハイブリッド式の製品も存在するため、併せてチェックしてみてください。

連続撮影時間で選ぶ

By: rakuten.co.jp

運動会・コンサート・スポーツシーンなど、長時間撮影するときは、連続撮影時間をチェックしましょう。連続撮影時間を決める要素は、主にバッテリー容量です。小型軽量のビデオカメラはバッテリーが小さく、連続撮影時間も短い傾向があります。

電源を確保しにくいアウトドアシーンで使用するなら、あらかじめ予備バッテリーを準備しておきましょう。

保存容量で選ぶ

By: sony.jp

4Kビデオカメラで動画撮影するときは、microSDカードを用意する必要があります。microSDカードは、製品ごとに容量が異なるので、あらかじめ用途に適した保存容量を選ぶことが大切です。

保存容量の単位は「GB」で示します。64GB・128GB・256GBなどがあり、数値が大きいほど多くのデータを保存可能です。大容量タイプのmicroSDカードは便利ですが、価格が高くなる傾向があります。

サイズ・重量で選ぶ

By: dji.com

4Kビデオカメラは、製品ごとに本体サイズや重量が異なります。アウトドアシーンでアクティブに撮影をするなら、携帯性に優れたアクションカメラがおすすめ。一方で、本体サイズだけでなく、撮影性能もこだわりたい方は、ハンディカメラが適しています。

高性能なビデオカメラほど、本体サイズや重量がアップするので、用途に合わせて選ぶことが大切です。

4Kビデオカメラのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、一般家庭向けの家電からエレクトロニクス分野まで、幅広い製品を開発している電機メーカーです。

パナソニックの4Kビデオカメラは、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を採用しています。電子式と光学式のメリットを併せ持っており、強力な手ぶれ補正を発揮。手持ちでも安定した映像を撮影できます。

また、ノイズを低減する「ウインドシールドマイク」を備えるなど、サウンド性能にこだわっているのも特徴です。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは、デジタルカメラの開発事業や映像制作ソリューション事業などを手がける総合電機メーカーです。

ソニーの4Kビデオカメラは、エントリー向けからプロフェッショナル向けまでラインナップが豊富です。被写体を検出して追求する「AF」や、好みの作風に仕上げる「ピクチャーエフェクト」などの便利機能を搭載しています。

さらに、4Kビデオカメラとスマートフォンを連携する専用アプリを利用可能。その場で撮影データを転送したり、スマートフォンを使ってリモート撮影したり、さまざまな機能を活用できます。

4Kビデオカメラのおすすめ|ハンディタイプ

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX2MS

撮影状況に合わせて自動で手ブレ補正

ライカとの共同開発で誕生した「LEICA DICOMAR」レンズ搭載の4Kビデオカメラです。F値1.8の明るさを実現。高解像度かつ高精細な描写を得られます。4Kでは32倍のズームをおこなえるため、遠くから被写体の表情を大きく捉えたいときにもおすすめです。

レンズシステム内のドライブ部には「ボールO.I.S.機構」を内蔵しています。駆動時の摩擦が低減して、ズーム時の手ブレをおさえられるのが魅力です。

光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載。上下・左右・回転軸・縦回転・水平回転の手ブレを低減します。ハイアングルやローアングル、風の有無など、撮影状況に合わせて自動で手ブレ補正するのも特徴です。

効果的にノイズや風切音をおさえる「ウインドシールドズームマイク」を採用しています。屋外でも高音質のサウンドを収録可能です。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX992MS

スマートフォンと4Kビデオカメラを連携できる

約355gの軽量化を実現した4Kビデオカメラです。片手で持ちやすく、長時間でも快適に撮影できる設計。運動会・発表会・スポーツなどのシーンでぴったりです。また、光学ズームは20倍、iAズームは4Kで25倍、フルHDで40倍のズーム撮影に対応しています。遠くの被写体を大きく撮影したいときにもおすすめです。

加えて、専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすると、スマートフォンと4Kビデオカメラを連携可能。スマートフォンを使ってリモート撮影したり、ビデオカメラで撮影している動画をスマートフォンの画面でチェックしたりなど、さまざまな便利機能を利用できます。

撮影データは、SDカード・ブルーレイディスク・DVD・外付けハードディスクなど、お好みの方法で保存可能です。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AX700

本格的な映像制作をする方にもおすすめのモデル

映像美を追求したプロフェッショナル向けの4Kビデオカメラです。信号処理速度に優れた「1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサー」を採用しています。4Kならではの高精細かつ美しいボケ感も表現可能。低照度環境下でもノイズの少ない映像を届けます。本格的な映像制作をする方にもおすすめです。

さらに、高速かつ高精度な「ファストハイブリッドAF」を内蔵。すばやいレスポンスにより、動きの速い被写体も瞬時に捉えます。ピント合わせをある程度カメラに任せられるのがポイントです。フォーカスエリア設定は、ワイド・ゾーン・中央/スポットの3種類から指定できます。

フォーカスとズームを調節するレンズリングを搭載。手前から奥の被写体にフォーカスを移動させたり、フレーミングに合わせてズームアップしたり、さまざまな表現を楽しめます。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AX60

ズームしてもブレにくい「空間光学手ブレ補正」を採用した4Kビデオカメラです。カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保ちます。手持ちでもブレの少ない安定した映像を撮影可能です。

また、HDモードでは「インテリジェントアクティブモード」がはたらき、ワイド撮影時に約15倍の手ブレ補正を発揮します。運動会やスポーツなどのシーンにもおすすめです。

レンズは専用開発の「ZEISSバリオゾナーT レンズ」を採用しています。ワイド端26.8mmの広角撮影を実現。狭い室内や目の前に広がる風景も、画面内におさめられます。フォーカスやズームを調節するレンズリングを備えており、こだわりの表現を楽しめるのも魅力です。

専用アプリ「Imaging Edge Mobile」をインストールすることで、スマートフォンとの連携が可能。データを共有したり、ハンディカム本体をリモート操作したり、さまざまな機能を活用できます。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AX45A

4K動画撮影用の「Exmor R CMOSセンサー」を搭載した4Kビデオカメラです。夜間や夕暮れなど、低照度環境下でもノイズの少ない映像を撮影できます。

レンズには独自開発の「AAレンズ」を内蔵。レンズの周辺部まで高い描写性能を発揮します。また、レンズに施した「T コーティング」は、ゴーストやフレアなどをおさえられるのがポイントです。

本製品は、トイカメラ・ポップカラー・レトロフォト・ハイコントラストモノクロなど、全7種類の「ピクチャーエフェクト」を搭載しています。好みのエフェクトを指定するだけで、簡単に印象的な撮影が可能です。ライブビューでエフェクト効果を確認しながら撮影を楽しめます。

加えて、撮影後の映像を自動でショートムービーに仕上げる「新・ハイライトムービーメーカー」を採用。カメラが場面を自動抽出して、BGMをつけながら1本の動画を制作します。動画はMP4形式のため、モバイル機器との互換性も良好です。

4Kビデオカメラのおすすめ|アクションカメラ

ゴープロ(GoPro) HERO11 Black アクションカメラ

4K 120fpsの高画質撮影を実現したアクションカメラです。圧倒的な描写性能を発揮するので、アクションカメラを使って本格的な映像制作をしたい方にも適しています。

スローモーション・タイムラプス・ライトトレイルなど、クリエイティブな撮影モードを内蔵。モードを設定するだけで、誰でも簡単に印象的な動画撮影を楽しめます。また、手ブレを強力に低減する「HyperSmooth5.0」を搭載しているのも魅力です。

本製品は、本体前面と背面に液晶を備えた「デュアルLCDスクリーン」を採用。前面のスクリーンを活用することで、気軽に自撮り撮影を楽しめます。VlogやYouTube撮影するときにもおすすめです。さらに、「デュアルLCDスクリーン」は応答性に優れており、タッチするだけでスムーズに操作をおこなえます。

ゴープロ(GoPro) HERO10 Black アクションカメラ

描写性能と使いやすさを追求したアクションカメラです。4K 120fpsの動画撮影と23MPの静止画撮影を実現。動画と静止画どちらも高精細な描写が可能です。また、動画から19.6MPの静止画を切り取れます。

本製品は、シャッターボタンを押す瞬間から、最大30秒前までさかのぼって撮影する「Hindsight」を搭載。人物のリアクションや、サッカーのゴールシーンなど、決定的瞬間を逃しません。

また、動画撮影の時間を予約する「スケジュールキャプチャー」や、録画時間の長さを指定する「デュレーションキャプチャー」などの便利機能も備えています。

そのほか、専用アプリ「GoPro Quik」をインストールすると、スマートフォンとの連携が可能です。撮影データをトリミングしたり、映像にBGMを挿入したり、さまざまな機能を活用できます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) DJI Action 2 Dual Screenコンボ 4Kアクションカメラ

最大4K 120fps以上のハイフレームレート撮影を楽しめるアクションカメラです。被写体のディティールを保ちながら、滑らかな映像を撮影できます。さらに、155°の超広角撮影を実現。目の前に広がる風景をダイナミックに表現したり、建物の立体感を伝えたりするときにもおすすめです。

加えて、カメラの振動を検知してリアルタイムで映像を水平補正する「HorizonSteady」を搭載。ゴーカート・オフロードバイク・スケートボードなどの激しいシチュエーションでも安定した映像を届けます。

耐衝撃性と防塵性に加えて、最大10mまでの防水性を内蔵。専用アクセサリーを組み合わせることで、シュノーケリングやサーフィンなどのシチュエーションでも使用できます。また、本体はマグネット着脱式デザインです。用途に合わせて、アクセサリーの着脱をスムーズにおこなえます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) DJI POCKET 2 小型ジンバルカメラ

ポケットに入れて気軽に持ち運びできるコンパクトサイズのアクションカメラです。携帯性に優れており、片手ですぐに取り出して撮影を始められます。旅行やVlogなどのシチュエーションにもおすすめです。

被写体を検出してピントを合わせ続ける「ActiveTrack 3.0」を搭載。カメラにピント合わせを任せられるため、ピンぼけなどの撮影ミスを減らせます。また、93°の画角を採用しており、広範囲を画角におさめられるのもポイントです。レンズを撮影者に向けることで、簡単に自撮り撮影を楽しめます。

なお、撮影データにトランジションや音楽を組み合わせる「AI編集」を採用。クオリティの高い動画を自動編集します。価格が比較的安いので、コスパ重視の方にもぴったりです。

Insta360 Insta360 X3 アクションカメラ

360°撮影を実現したアクションカメラです。撮影時に自撮り棒が見えなくなるので、ドローンのような第三者視点の映像に仕上がります。簡単にクリエイティブな映像表現が可能です。

被写体のディティールを鮮明に捉える「アクティブHDR」を搭載しています。厳しい照明条件下でも、ハイライト部分やシャドウ部分をくっきり映し出せるのが魅力です。

また、2.29インチのタッチスクリーンを採用。屋外でも写真や動画を鮮明に表示します。耐久性に優れた強化ガラスを備えており、アウトドアシーンでもアクティブに活用できるのもポイントです。

4Kビデオカメラの売れ筋ランキングをチェック

4Kビデオカメラのランキングをチェックしたい方はこちら。