大切な思い出を高画質で記録できる「4Kビデオカメラ」。発売当初は価格が高く手が出しにくいアイテムでしたが、最近では価格も低下しお手頃に購入できるようになりました。ただ、各メーカーからもさまざまなラインナップがあり、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの4Kビデオカメラをご紹介。選び方はもちろん、4K対応アクションカメラのおすすめモデルもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

フルHDより高画質な4Kビデオカメラが人気

By: amazon.co.jp

4Kビデオカメラは、従来のフルHDより高画質な撮影ができるアイテム。フルHDが1920×1080画素の解像度に対して、4Kはその約4倍の3840×2160画素の解像度を誇ります。

4Kビデオカメラは保存できる情報量が多いため、影などの暗めの色や光などの明るい色までしっかり記録可能。屋外での撮影でもフルHDより明るい質感の動画を残せます。思い出を高画質で記録したい方はぜひチェックしてみてください。

4Kビデオカメラのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

4Kビデオカメラの最大のメリットは、解像度の高さ。解像度が高いと映像を引き伸ばしてもきれいに映し出せるので、テレビの大画面で動画を鑑賞したい方にもおすすめです。また、ズームで映像を拡大しても画質が劣化しにくのも魅力のひとつ。運動会など遠くのモノを撮影するシーンにも適しています。

一方、4K画質の映像を視聴するためには、4Kに対応した機器が必要。せっかく4K画質で撮影しても、フルHDまでしか対応していない機器で再生するとフルHDの解像度でしか再生できないため注意しましょう。

4Kビデオカメラの選び方

ズーム性能をチェック

遠くのモノを撮影する機会が多い方は、ズーム性能を要チェック。4Kビデオカメラのズーム機能には大きく分けて、光学ズームとデジタルズームの2種類が存在します。

光学ズームはビデオカメラのレンズ自体を動かしてズームするタイプ。レンズ自体を動かして拡大しているため、画質の劣化が少ないのが特徴です。一方、デジタルズームは価格の安さが魅力ですが、映像をデジタル処理で引き伸ばしているので、多少画質が劣化してしまいます。

ズーム性能の目安は、一般的な使用だとしても最低でも20倍ズームは欲しいところ。なかには、30倍ズームを超える高性能モデルや光学ズームとデジタルズームの両方を備えたモデルもラインナップしているので、気になる方はチェックしてみてください。

手ブレ補正機能の性能をチェック

By: panasonic.jp

運動会など子供の学校行事で長時間手持ちの撮影が多い方は、手ブレ補正機能の性能もチェックしましょう。手ブレ補正機能には大きく分けて、電子式手ブレ補正と光学式手ブレ補正の2種類が存在します。

電子式手ブレ補正は、撮影した映像に電子的に処理を施してブレを修正する機能のこと。コンパクトかつ低価格帯のモデルに搭載されることが多いのが特徴ですが、映像自体を編集するため、多少画質が劣化してしまうのが懸念点です。

光学式手ブレ補正は、レンズや内部のセンサー自体を動かしてブレを修正する機能。電子式手ブレ補正のように映像に処理を施さないので、高画質のままブレを修正できるのが魅力です。

動きながら撮影するシーンなど手ブレが大きい場合は光学式手ブレ補正がおすすめ。なかには、電子式と光学式の両方を兼ね備えたハイブリッド式もラインナップされています。

連続撮影時間をチェック

By: panasonic.jp

4KビデオカメラはフルHDのビデオカメラよりもバッテリーの消費が早いため、連続撮影時間も要チェック。連続撮影時間はバッテリー容量に比例し、バッテリー容量が大きいほど長時間の撮影が可能です。

子供の学校行事などで使用する場合は、最低でも2時間以上連続撮影できるモデルがおすすめ。なかには4時間以上撮影できるモノもラインナップされています。また、突然のバッテリー切れなどが不安な方は予備のバッテリーを用意しておくと安心。利用シーンに合わせて選んでみてください。

保存容量や記録メディアをチェック

どれだけ撮影できるかは、バッテリー容量だけでなく保存容量も大きく関わります。特に4K画質の映像はフルHD画質の映像よりデータサイズが大きいため、しっかりと確認が必要です。

一般的に保存容量は内蔵されたHDDやSDカードなどの記録メディアで決まります。4K映像を撮影する場合、最低でも64GB以上の容量は欲しいところ。64GBの容量で4K映像を約1.5〜2時間ほど撮影できます。たっぷり保存したい方は、128GBや256GBの大容量の記録メディアを選んでみてください。

また、4KビデオカメラがSDカードやMicroSDカードなど、どの記録メディアに対応しているのかもあわせてチェックしておきましょう。

カメラ本体のサイズと重量も忘れずチェック

By: amazon.co.jp

長時間手持ちでの撮影が多い方は、カメラ本体のサイズや容量もチェックしましょう。手持ちで撮影する場合、重いモノを選んでしまうと腕や肩に負担が大きくかかってしまうため、できるだけ軽量なモデルがおすすめです。目安として、400g以下のモデルであれば、負担がかかりにくく快適に撮影できます。

また、自分の手のサイズに合っているかも重要なポイント。快適に撮影するためにも、自分の手に収まるサイズのモノを選ぶようにしましょう。ただし、軽量でコンパクトなモデルは機能が限られるので注意が必要です。

最近はアクションカメラも人気

By: rakuten.co.jp

最近はコンパクトでアクティブな撮影ができるアクションカメラも人気。4K画質に対応しているモデルもラインナップしており、選択肢のひとつとして検討するのもおすすめです。

アクションカメラのなかでも一般的なのが「GoPro」。小型・軽量ボディながら、スポーツなどの激しい条件での撮影にも対応できます。アクションカメラは基本的に防水・防塵・耐衝撃などに優れたモデルが多いのが特徴。超広角レンズを備えたモデルなら、広い範囲の撮影や臨場感たっぷりの撮影ができます。

4Kビデオカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは、1946年に日本で創業した大手総合電気機器メーカーです。テレビやオーディオ機器をはじめ、数多くの製品を製造しており、日本の技術力を活かした品質が魅力。国内はもちろん、世界でも高い人気とシェアを誇っています。

ビデオカメラに関しては、独自の「HANDYCAM」というブランド名で製造。優れた補正効果が期待できる「空間光学手ブレ補正」などの機能を搭載しているのが特徴です。比較的高価なモデルをラインナップしていますが、品質や機能性などを重視したい方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは大阪に本社を置く1917年創業の大手電機メーカーです。洗濯機や冷蔵庫、テレビなどの大型家電をはじめ、幅広い生活家電を手掛けているのが魅力。ビデオカメラに関しては、お手頃なモノからプロ向けのハイエンドモデルまで幅広くラインナップしています。

機能面では、メインカメラとサブカメラで撮影した映像を同時に記録できる「ワイプ撮り」や、撮影者の手ブレ傾向・撮影状況・撮影条件などを解析して適した補正効果を施す「5軸ハイブリッド手ブレ補正」などを搭載しているのが特徴。利用シーンや価格などに合わせて適したモノを選びやすいおすすめメーカーです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: jvc.com

JVCケンウッドは、神奈川県に本社を置く2008年創業のオーディオ機器メーカー。イヤホンやヘッドホンなどのオーディオ機器で知られていますが、ビデオカメラやドライブレコーダーなども手掛けています。

ビデオカメラに関しては、「Everio R」というブランド名で製造。防水・防塵・耐低温・耐衝撃からなる4種類の保護性能「QUAD PROOF」を備えたモデルなどが人気です。また、大容量バッテリーを内蔵しているので、4K画質でも長時間の撮影が楽しめます。

4Kビデオカメラのおすすめモデル

ソニー(SONY) ビデオカメラ Handycam FDR-AX45

初心者でも4Kの高画質映像を手軽に撮影できるビデオカメラです。手持ちでの撮影でも手ブレを抑えて安定した映像を撮影できるソニー独自の「空間光学手ブレ補正」を搭載しているのが特徴。画質の劣化もないので、あとで高画質で見返せます。

また、20倍の光学ズームに加えて、4K撮影時で30倍ズームが可能。光学式ズームのため、ズームしても人物や風景の画質をきれいなまま保てます。

高感度マイクカプセルを搭載し、クリアな音質で記録できるのもポイント。動く被写体にピントが合う「ロックオンAF」も備えています。高性能ながら本体重量わずか約510gと軽量設計なので、長時間の撮影にもおすすめです。

ソニー(SONY) ビデオカメラ Handycam FDR-AX60

ワイド幅26.8mmの広角撮影が可能な高性能ビデオカメラです。手持ち撮影時やズームをしてもブレにくいソニー独自の「空間光学手ブレ補正」を搭載しているのが特徴。動く被写体にピントが合う「ロックオンAF」機能を搭載しているのも魅力です。

また、屋外でも見やすいビューファインダーを搭載しているのもポイント。日差しなどでモニターが見えにくいシーンでも、ピント位置や構図の確認がスムーズに行えます。

さらに、撮影した映像にBGMや効果を加えて自動でショートムービーを作成する「新・ハイライトムービーメーカー」を搭載。ドルビーデジタル5.1chのサラウンド記録もできるので、対応機器で再生すればその場にいるかのような臨場感を体感できます。

ソニー(SONY) ビデオカメラ Handycam FDR-AX700

映像制作などにも使えるプロ仕様の4Kビデオカメラです。撮影エリアの約84%をカバーすると謳われるAFセンサーを備え、動きの速い被写体も安定して捉え続ける「ファストハイブリッドAF」を採用しているのが特徴。手前から奥へとフォーカスを移動できる「レンズリング」も備えています。

ハイコントラストで色鮮やかな撮影ができる「有機ELファインダーTru-Finder」を採用しているのも魅力のひとつ。3.5型タッチパネル式ワイドエクストラファイン液晶を搭載することで、タッチでピントを合わせたり、撮影した映像の確認ができたりします。

メディアに同時記録ができるデュアルスロットを備えているのもポイント。本格的な撮影がしたい上級者の方におすすめのビデオカメラです。

ソニー(SONY) ビデオカメラ Handycam FDR-AX100

ワンランク上のリアルな高画質映像を撮影できる4Kビデオカメラです。従来品より約4.9倍の受光面積を持った「大型1.0型 Exmor R CMOSセンサー」を搭載しているのが特徴。背景ボケを活かした動画や暗い場所の動画もきれいに撮影できます。

ワイドかつ約10倍のズームが可能な光学式手ブレ補正を備えているのも魅力のひとつ。動きながらの撮影でもブレのない安定した撮影ができます。

また、臨場感あふれるサウンドを記録できる「5.1chサラウンドサウンドマイクロホン」を有しているのもポイント。マニュアル撮影をサポートする機能も充実しているおすすめのビデオカメラです。

パナソニック(Panasonic) ビデオカメラ HC-VX992M

スマホと接続できるWi-Fi機能を搭載した4Kビデオカメラです。スマホアプリ「Panasonic Image App」と接続することで、スマホをビデオカメラのリモコン代わりにできるのが特徴。離れた場所でも録音のオン・オフや、ズームなどの操作ができます。

光学式と電子式を組み合わせた「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を備えているのも魅力のひとつ。動きながらの撮影でも、ブレを自動で補正するため、安定感のある映像を残せます。本体重量わずか約398gと軽量設計なので、手軽に持ち運べるのもポイント。長時間の撮影でも疲れにくく快適に使用できます。

パナソニック(Panasonic) ビデオカメラ HC-WX2M

便利機能を多数搭載した4Kビデオカメラです。高機能ながら本体重量は約438gと軽量設計を実現しており、長時間の撮影や持ち運びしやすいのが特徴。ライカカメラ社と共同開発した光学24倍ズームを採用し、遠くの被写体も鮮明に撮影できます。

広角25mmレンズを搭載しているのも魅力のひとつ。ワイドな画角でお誕生日会などの集合撮影もしっかりとこなせます。「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を備えており、動きながらの撮影でも安定した映像を残せるのもポイント。動きのある被写体に対してピントを合わせるオートフォーカスにも対応しています。

「ワイプ撮り」が可能なサブカメラを内蔵。2つのカメラを使って、同時に別の映像を撮影できます。機能的かつ高性能なビデオカメラを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビデオカメラ HC-X1500

本格的な映像が撮影できる高性能なビデオカメラです。広角25mmから光学24倍ズームまでカバーできる、ライカカメラ社と共同開発したレンズを搭載しているのが特徴。さまざまなシーンを4K 60fpsのハイフレームレートで記録できます。

コンパクトながら高度なマニュアル操作ができる二連リングを備えているのも魅力のひとつ。さまざまな機能を自由に割り当てて好みにカスタマイズできます。大容量バッテリーを内蔵し、4K 60fpsで撮影しても約5時間20分バッテリーが持続。屋外での使用でも、バッテリー残量を気にせず撮影できます。

Wi-Fi接続を行うことでSNSや動画サイトなどにダイレクトで接続できるのもポイント。ライブストリーミング機能を使用することで、ライブ配信なども可能です。

JVCケンウッド(KENWOOD) ビデオカメラ Everio R GZ-RY980

環境に左右されず撮影できる4Kビデオカメラです。防水・防塵・耐衝撃・耐低温の4つの保護性能を備えた「QUAD PROOF」を搭載しているのが特徴。4Kモードで約4.5時間連続撮影できる大容量バッテリーを内蔵しているので、バッテリー残量を気にせず使用できます。

ダブルSDカードスロットを備えているのも魅力のひとつ。片方のSDカードの容量を使い切っても、もう片方のSDカードに自動で切り替わるため、連続で長時間の撮影ができます。タイムラプスやスローモーションなどの撮影ができるのもポイントです。

無線LANアダプターに接続することで、SNSや動画配信サイトにライブ配信できます。機能性に優れていながら安価で購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

キヤノン(CANON) ビデオカメラ XA40

小型かつ軽量ながら本格的な高画質映像を撮影できる業務用の4Kビデオカメラです。光学20倍ズームレンズを搭載し、遠くの被写体も鮮明に記録可能。1/2.3型4K CMOSセンサーを備えており、4K/30pの撮影にも対応しています。

コントラストAFと外部位相差AFを組み合わせた「ハイブリッドAF」を搭載しているのも魅力のひとつ。暗い場所での撮影でも、被写体に素早く正確にピントを合わせられます。光学式と電子式の手ブレ補正機構を有しているのもポイント。動きながらの撮影でも、自然で安定した映像を残せます。

機能性に優れているだけでなく、カスタマイズ性も高いので、映像制作などを目的とする上級者の方におすすめです。

4K対応アクションカメラのおすすめモデル

ゴープロ(GoPro) HERO9 Black CHDHX-901-FW

アクションカメラの先駆けとなった「GoPro」の高性能モデルです。4K画質での撮影はもちろん、4Kより高画質の5K撮影に対応しているのが特徴。前面ディスプレイを搭載しているので、セルフィやライブプレビューが可能です。

カメラ内ホライゾンレベリングにより、優れた手ブレ補正を実現しているのも魅力のひとつ。激しいシーンでの撮影でも、安定した自然な映像を残せます。タイムラプスや8倍スローモーションなどさまざまな撮影モードを備えているのもポイントです。

豊富なモジュラーやカメラマウントに対応しているため、利用シーンに応じて自由にカスタマイズできます。汎用性の高い高性能なアクションカメラを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) アクションカメラ FDR-X3000

ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」機構を搭載したアクションカメラです。アクティブな撮影で発生するブレを自動で補正するため、安定した鮮明な映像を記録できるのが特徴。サイクリングやサーフィン、スノーボードなどさまざまなシーンで使用できます。

また、IPX4相当の防滴仕様で、雨や水しぶきから本体を保護。加えて水深60mまでの防水を実現するハウジングが付属しているので、水中での撮影にも対応できます。

小型のリモコン「RM-LVR3」も付属しており、液晶モニターを見ながらリモート操作が可能。利便性に優れたアクションカメラを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) アクションカメラ OSMO POCKET

コンパクトかつ軽量設計のため、ポケットに入れて持ち運べるアクションカメラ。「3軸スタビライザー」を搭載しており、手ブレを補正してスムーズな映像を撮影できるのが特徴です。

FPVモード・アクティブトラック・3×3パノラマ・モーションプラスなど、さまざまな機能を搭載しているのも魅力のひとつ。コンパクトながら4K 60fpsの高精細映像も撮影できます。

持ちやすいユニークなデザインでポケットから取り出してすぐに使用できるので、スマホ感覚で高画質動画を残したい方におすすめです。