大切な思い出を高画質で記録できる「4Kビデオカメラ」。発売当初は高価で手が出しにくいアイテムでしたが、最近は価格も下がって購入しやすくなりました。一方、各メーカーからさまざまな製品が発売されており、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの4Kビデオカメラをご紹介。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

4Kとは?

By: amazon.co.jp

普段私たちが見ているテレビやモニターの画像は、色が付いた正方形の粒で構成されています。この正方形の粒を「画素」といい、1画面に集められた画素の個数が多いほど鮮明で色鮮やかな画像を映し出すことが可能です。

画素数によって「4K」や「フルHD」と呼び方が変わり、4Kは色の粒が横に3840個、縦に2160個並んだ約830万画素の構成。約200万画素を使ったフルHDの約4倍で、より鮮明かつ色鮮やかに映し出せるのが特徴です。

4Kビデオカメラは必要?

By: sony.jp

最近は、4K画質に対応するコンテンツが増えています。臨場感溢れる映像体験を楽しみたいなら、高精細な動画を記録できる4Kビデオカメラがおすすめです。

ビデオカメラは、4K画質に対応している一眼レフやミラーレスカメラと比べて、小型化・軽量化を実現しているのも特徴。持ち運びやすいため、運動会・発表会・旅行など、さまざまなシーンで高画質な映像を撮影できます。思い出を鮮明に記録したい方は、4Kビデオカメラを選んでみてください。

フルHDビデオカメラと比較した4Kビデオカメラのメリット・デメリット

メリット

高画質な映像を撮影できる

By: dji.com

4Kビデオカメラは、フルHDビデオカメラと比べて約4倍の画素数を有しています。高画質かつ高コントラストの映像を撮影できるのがメリットです。

4Kビデオカメラは解像度に優れているため、映像を拡大表示しても画質が劣化しにくい点も魅力。表情の移り変わりや動物が走り出す瞬間をズームで撮影するときも、高精細な映像に仕上がります。植物や昆虫などのディテールを美しく撮影できるのもポイントです。

高画質な静止画を切り出せる

By: gopro.com

4Kビデオカメラで撮影した映像を静止画として切り出す場合、フルHDビデオカメラよりも画質がよいのもポイントです。静止画として思い出を残したい方にもおすすめ。動画のなかから印象的なシーンを切り出して、SNSにアップロードしたり家族に共有したりできます。

ズームレンズを搭載しているカメラなら、被写体を強調した静止画撮影も可能です。

大画面で再生しても画質を保てる

4KビデオカメラはフルHDビデオカメラよりも解像力に優れているため、撮影した映像を大画面に映した場合にも高画質を保てるのが魅力です。運動会や旅行の動画をテレビに映して家族で視聴するなど、楽しみ方も広がります。

撮影した動画をモニターやプロジェクターに投影するときにも活躍。家庭用としてだけなく、ビジネスシーンでも活用できるおすすめのアイテムです。

デメリット

価格が高い

高性能な4Kビデオカメラは、HDビデオカメラと比べて価格が高い傾向にあります。年に数回程度しか使わない方や購入費用を抑えたい方には、動画性能に優れたフルHDのビデオカメラもおすすめです。

4Kビデオカメラは、最新シリーズや多機能なモノほど値段が高くなります。発売から時間が経過するほど価格が安くなりやすいので、頻繁に使用しない方は型落ちの製品も候補に入れてみてください。

データ量が大きくなる

4Kビデオカメラは、HDビデオカメラに比べて情報量が多いのが特徴。4K映像は内蔵メモリやSDカードの容量を圧迫するため、データを保管するなら外付けHDDやSSDの購入も検討しましょう。

データ量の大きい4K動画を編集するときは、パソコンのスペックも重要。ストレージの大きい製品や、処理速度を司るCPUの性能に優れた製品を使用するのがおすすめです。

4K対応の再生機器が必要

4Kの高画質を保ちながら動画を再生するためには、テレビやモニターが4Kに対応している必要があります。フルHDまでの解像度にしか対応していない場合、4Kの動画を再生すると解像度が落ちてしまうので注意しましょう。

テレビやモニターなどの大画面に投影するなら、あらかじめ4K対応モデルなのかをチェックしておくことが大切です。

4Kビデオカメラの選び方

用途に合ったタイプをチェック

手軽に手持ちで撮影できる「ハンディタイプ」

By: amazon.co.jp

ハンディタイプは、片手で持ちながら撮影を楽しめるビデオカメラです。コンパクトサイズながら機能性に優れているのが特徴。三脚を装着すれば、より安定した構図で撮影に臨めます。運動会・発表会・スポーツなどのシーンにもおすすめです。

多機能な撮影モードを搭載しているのもポイント。ズーム機能を活用すると、被写体をクローズアップしたインパクトのある映像表現を楽しめます。

手ブレ補正機能を搭載した製品も存在。手持ち撮影時に発生しやすい振動を低減するため、キレイな映像を撮影できます。また、人物の顔を認識してピントを合わせる機能は、動く被写体の表情を鮮明に捉えられるのが魅力。画質だけでなく、快適な撮影をサポートする機能も充実しています。

アクティブな撮影ができる「アクションカメラ」

By: gopro.com

アクションカメラは、耐久性や耐水性に優れているカメラです。身体や自転車などに装着しながらハンズフリーの撮影も可能。バイク・スノーボード・サーフィンなど、アクティブに動き回るシーンでも撮影を楽しめます。

アクションカメラのなかには、映像安定化アルゴリズムを搭載した製品が存在。カメラが激しく動いても画面を水平に保つので、高画質かつ臨場感たっぷりの映像を撮影できます。また、サウンド性能も追求しているため、現場の迫力を鮮明に伝えられるのも魅力です。

専用アプリをインストールして、スマホとアクションカメラの連携が可能なモデルも展開されています。撮影データをスマホに転送したり、自動編集ツールで動画制作をしたり、さまざまな機能を活用できるのが特徴です。

ズーム性能をチェック

By: sony.jp

遠くのモノを撮影する機会が多い方は、ズーム性能を要チェック。4Kビデオカメラのズーム機能には、大きく分けて光学ズームとデジタルズームの2種類が存在します。

光学ズームはビデオカメラのレンズ自体を動かすタイプ。レンズ自体を動かして拡大しているため、画質の劣化が少ないのが特徴です。一方、デジタルズームは価格の安さが魅力ですが、映像をデジタル処理で引き伸ばしているので、多少画質が劣化してしまいます。

ズーム性能の目安は、一般的な使用だとしても20倍は欲しいところ。なかには、30倍を超える高性能モデルや、光学ズームとデジタルズームの両方を備えたモデルもラインナップしているので、気になる方はチェックしてみてください。

手ブレ補正機能の性能をチェック

By: panasonic.jp

子供の学校行事で長時間手持ち撮影を行う方は、手ブレ補正機能の性能もチェックしましょう。手ブレ補正機能には、大きく分けて電子式手ブレ補正と光学式手ブレ補正の2種類が存在します。

電子式手ブレ補正とは、撮影した映像に電子的に処理を施してブレを修正する機能のこと。コンパクトかつ低価格帯のモデルに搭載されることが多いのが特徴ですが、映像自体を編集するため、画質が多少劣化してしまうのが懸念点です。

光学式手ブレ補正は、レンズや内部のセンサー自体を動かしてブレを修正する機能。電子式手ブレ補正のように映像に処理を施さないので、高画質のままブレを修正できるのが魅力です。

動きながら撮影するシーンなど手ブレが大きい場合は、光学式手ブレ補正がおすすめ。なかには、電子式と光学式の両方を兼ね備えたハイブリッド式もラインナップされています。

連続撮影時間をチェック

By: insta360.com

4KビデオカメラはフルHDのビデオカメラよりもバッテリーの消費が早いため、連続撮影時間も要チェック。連続撮影時間はバッテリー容量に比例し、バッテリー容量が大きいほど長時間の撮影が可能です。

子供の学校行事などで使用する場合は、最低でも2時間以上連続撮影できるモデルがおすすめ。なかには4時間以上撮影できるモノもラインナップされています。突然のバッテリー切れなどが不安な方は、予備のバッテリーを用意しておくと安心です。利用シーンに合わせて選んでみてください。

保存容量や記録メディアをチェック

どれだけ撮影できるかは、バッテリー容量だけでなく保存容量も大きく関わります。特に、4K画質の映像はフルHD画質の映像よりデータサイズが大きいため、しっかりと確認が必要です。

一般的に、保存容量は内蔵されたHDDやSDカードなどの記録メディアで決まります。4K映像を撮影する場合、最低でも64GB以上の容量は欲しいところ。64GBの容量で4K映像を約1.5〜2時間ほど撮影できます。たくさん保存したい方は、128GBや256GBの大容量の記録メディアを選んでみてください。

また、4KビデオカメラがSDカードやMicroSDカードなど、どの記録メディアに対応しているのかもあわせてチェックしておきましょう。

カメラ本体のサイズと重量も忘れずチェック

By: amazon.co.jp

長時間手持ちで撮影する機会が多い方は、カメラ本体のサイズや容量もチェック。手持ち撮影する場合、重いモノを選んでしまうと腕や肩に負担が大きくかかってしまうため、できるだけ軽量なモデルがおすすめです。目安として400g以下のモデルであれば快適に撮影できます。

自分の手に無理なく収まるモノを選ぶのもポイント。軽量でコンパクトなモデルは機能が限られる点に注意しつつ、自分に合った製品を選んでみてください。

4Kビデオカメラのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは東京の港区に本社を置く1946年創業の総合電機メーカーです。1985年からビデオカメラを手掛けている老舗としても有名。最近はフルサイズミラーレス一眼のαシリーズや、Vlog撮影に特化したVLOGCAMでも人気が上昇しています。

ソニーは「Handycam」というブランド名で4Kビデオカメラを展開。自社開発の高性能なイメージセンサーや、ドイツの名門レンズメーカーであるカールツァイスと共同開発したレンズを搭載しており、高画質で定評があります。

レンズとイメージセンサーが一体となってユニット全体で手ブレを補正する、「空間光学手ブレ補正」の採用もおすすめのポイント。子供やペットを追い掛けながら手持ち撮影しても、安定した画面の見やすい映像が撮影可能です。

パナソニック(Panasonic)

By: sony.jp

パナソニックは大阪の門真市に本社を置く1917年創業の総合電機メーカーです。優れた動画機能で定評のあるミラーレス一眼のLUMIXシリーズでも人気。ビデオカメラ事業には1985年から携わっており、4割を超える第1位の市場シェアを持っています。

パナソニックは「デジタルビデオカメラ」という名称で4Kビデオカメラを展開。ドイツの高級カメラメーカーであるライカと共同開発したレンズや、強力な「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載しており、初心者でも高画質で動画を撮影できます。

ビデオカメラで録画中の画面に、スマホカメラで撮影中の映像を重ねる「ワイヤレス ワイプ撮り」機能も人気。運動会などで望遠と広角の両方で撮影したい場合や、横でショーを見ている子供も記録したい場合におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

JVCケンウッドは神奈川の横浜市に本社を置く電機メーカーです。前身の1つとなった日本ビクターは、2003年に世界初となる家庭用デジタルハイビジョンビデオカメラを発売したことでも有名。現在はイヤホンやスピーカーなども手掛けています。

JVCケンウッドは「Everio R」というブランド名で4Kビデオカメラを展開。防水・防塵・耐低温・耐衝撃などの優れた耐候性を採用しており、アウトドアシーンに強いため、キャンプや水辺でのレジャーなどで動画撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

長時間の駆動が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのも、JVCケンウッドの4Kビデオカメラが持つ特徴。加えて、モバイルバッテリーを使った給電にも対応するので、電源の確保が難しい野外でも安心して使用できます。

4Kビデオカメラのおすすめモデル

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX45A

初心者でも使いやすいエントリーモデルの4Kビデオカメラです。軽量かつコンパクトなボディに、広角端26.8mmから始まるカールツァイスの光学20倍ズームレンズを搭載。4K記録時はデジタルズームの併用によって最高30倍まで利用できます。

レンズとイメージセンサーが一体になって、ユニット全体で手ブレを抑える「空間光学手ブレ補正」を採用。ズームしたり動きながら撮影したりしても安定した映像が撮れるため、運動会や体育祭などの撮影にもおすすめです。

ビデオカメラで撮影した4K動画から、数タップでBGM付きショートムービーを自動作成できる「ハイライトムービーメーカー」機能も人気。作成したショートムービーはWi-Fiでスマホに転送可能なので、家族や友人とも簡単にシェアできます。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX60

使いやすさが向上した4Kビデオカメラです。本体後部に高精細な電子ビューファインダーを搭載。日差しが強い状態でも構図やピントの確認が正確に行えるので、家族旅行や運動会など野外で使うことが多い方にもおすすめです。

空間光学手ブレ補正を内蔵した光学20倍ズームレンズの先端に、「マニュアルレンズリング」を備えているのもポイント。フォーカス・ズーム・露出・ホワイトバランスなどの細かな操作がリングで行えるため、自分好みの設定で撮影したいときに重宝します。

64GBの内蔵メモリに加えて、SDカードの使用にも対応。また、暗闇でもライトを点けずに撮影できる「ナイトショット」や、スポーツ動作の確認に活用できる「ゴルフショット」などの機能も搭載しています。

ソニー(SONY) デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam FDR-AX700

本格的な映像作品も撮影できる高性能な4Kビデオカメラです。一般的なビデオカメラのモノと比べて面積が約4倍の1型センサーを搭載。薄暗いシーンでも鮮明に撮影できるほか、ボケ表現も手軽に楽しめるため、画質にこだわりのある方にもおすすめです。

カールツァイスと共同開発した、広角29mmから始まる光学12倍ズームレンズを搭載しているのもポイント。さらに、2種類のAF方式を併用する「ファストハイブリッドAF」を採用しており、ピント合わせも高速かつスムーズに行えます。

明るい環境でも目的とするシャッター速度が得やすくなる、NDフィルターを内蔵。見た目に近い明るさで撮影できる4K HDR記録や、遅回しや早回しの撮影が手軽に行える「スロー&クイックモーション」にも対応します。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX992MS

軽快に手持ち撮影が楽しめる4Kビデオカメラです。ライカの光学20倍ズームレンズを搭載しながらも、同梱バッテリーパック使用時の重さは約398gと軽量。コンパクトサイズのため、片手で長時間撮影しても疲れにくいおすすめモデルです。

光学式と電子式の両方を組み合わせた「5軸ハイブリッド手ブレ補正」と、水平を維持する「傾き補正」を搭載しているのもポイント。また、独自のAF機能「4KハイプレシジョンAF」で、子供の素早い動きにも追従して滑らかにピントを合わせられます。

価格の安いエントリーモデルながら、小画面にスマホで撮影中の映像を重ねられる「ワイヤレス ワイプ撮り」に対応しているのも魅力。「あとから補正」も初心者に人気の機能で、4K撮影後にアングルの微調整やモーション効果の追加などが簡単に行えます。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-VX2MS

高機能ながら軽量の4Kビデオカメラです。広角25mmから始まるライカの光学24倍ズームレンズを搭載。4K録画ではデジタルズーム併用で最大32倍までズーム可能なほか、同梱バッテリーパック使用時の重さも約473gと軽いので、機動性を重視する方にもおすすめです。

撮影者の手ブレ傾向や撮影状況などに応じて、自動で最適な補正効果に調節する「アダプティブOIS」を採用。「5軸ハイブリッド手ブレ補正」や「傾き補正」と組み合わせることで、登山などの複雑な動きにもしっかり追従できます。

高品質な「ウインドシールドズームマイク」を内蔵しているのも魅力。シーンに応じた録音設定が選べるほか、野外撮影で起こりやすい不快な風切り音も低減できます。「ワイヤレス ワイプ撮り」にも対応しており、ワイプなし映像の同時録画も可能です。

パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-X1500

編集も視野に入れつつ、本格的な映像制作を行いたい方におすすめの4Kビデオカメラです。広範囲に合焦可能な1/2.5型センサーと、ライカの光学24倍ズームレンズを搭載。さらに、4K 60fpsのハイフレームレート撮影や、色情報の豊富な10bit記録にも対応します。

「4KハイプレシジョンAF」に加えて「顔検出/追尾 AE&AF」を搭載しており、ドキュメンタリー撮影に適しているのもポイント。また、「5軸ハイブリッド手ブレ補正」のほか、ズーム撮影時の細かな振動を補正する「ボールO.I.S.機構」も備えています。

高精細な電子ビューファインダーや内蔵NDフィルターなど、晴れた日の野外撮影で役立つ機能が充実しているのも魅力。加えて、4K 60fpsでも最長で約5時間20分の駆動が可能なので、バッテリー残量を気にすることなく撮影可能です。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4Kメモリームービー Everio R GZ-RY980

耐候性に優れたアウトドア仕様の4Kビデオカメラです。防水・防塵・耐衝撃・耐低温に対応。過酷な環境でも故障を心配せずに使えるので、登山・キャンプ・マリンレジャーの撮影にもおすすめです。

4Kモードで約4.5時間の連続撮影が可能な大容量バッテリーを内蔵。野外で残量が心もとなくなってもモバイルバッテリーで給電できます。また、「ダブルSDカードスロット」によって2枚での連続記録や同時記録も可能です。

バッテリーとグリップベルトを含む重さは約620g。光学10倍ズームレンズと電子手ブレ補正を採用しています。補正エリアの広い「パワードアクティブモード」で、動きながら撮影しても安定した映像が撮影可能です。加えて、晴れた日の雪原でも見やすい「反射低減液晶モニター」も搭載しています。

4K対応アクションカメラのおすすめモデル

ゴープロ(GoPro) 4K対応アクションカメラ HERO11 Black

GoPro HEROシリーズの最新モデルとして登場した4K対応アクションカメラです。4K 120fps録画に加えて、より高解像度の5.3K 60fps録画や2.7K 240fpsの8倍スローモーション録画にも対応。水深10mまでの防水機能を備えるほか、撥水レンズカバーも付属するので、サーフィンやシュノーケリングの撮影にもおすすめです。

最小限のクロップで優れた補正効果を発揮する、電子ブレ補正「HyperSmooth 5.0」を搭載しているのもポイント。新たに追加された「水平ロック機能」によって、カメラが360°回転しても水平が維持できるため、スカイダイビングの撮影にも活躍します。

マウントやモジュールなど、40種類以上の対応アクセサリーが用意されているのも魅力。加えて、充電中に撮影コンテンツをクラウドに自動アップロードする機能や、自動作成したハイライトビデオをスマホに転送する機能も搭載しています。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) 4K対応アクションカメラ Osmo Action 3

優れたコスパで人気が上昇している4K対応アクションカメラです。画角155°の超広角で4K 120fps録画に対応。リーズナブルな価格ながら電子ブレ補正「RockSteady 3.0」と傾き補正「HorizonSteady」を搭載しており、安定して見やすいスポーツ動画が撮影できます。

水深16mまで潜れる防水性能に加えて、-20℃までの耐寒性も備えているのもポイント。寒冷地でも最長150分の連続撮影が可能なバッテリーを採用しているほか、急速充電機能も備えているので、ウインタースポーツや冬山登山での使用にもおすすめです。

カメラをアクセサリーに素早く取り付けられる「クイックリリース設計」を採用しているのも魅力。横位置から縦位置への切り替えもスムーズのため、スマホ向けの縦向き動画もスムーズに撮影可能です。また、自撮りに便利なデュアルタッチスクリーンも搭載しています。

インスタ360(Insta360) レンズ交換式4K対応アクションカメラ Insta360 ONE RS

3種類のスタイルで撮影が楽しめるレンズ交換式の4K対応アクションカメラです。付属のレンズユニットにより、4K 60fpsでの超広角撮影が可能。さらに、別売りのレンズユニットと交換することで、5.7Kでの360°全天球撮影や、1型センサーによる高画質な低照度撮影もできます。シーンに応じて使い分けを楽しみたい方におすすめです。

高性能な電子手ブレ補正「FlowState」と水平維持機能を備えており、どのレンズユニットでも安定した撮影が可能なのもポイント。撮影に使用した自撮り棒は記録時の処理で消せるので、ドローンで撮影したような仕上がりも楽しめます。

独自の構造設計によって、レンズ交換式ながら水深5mまでの防水性能を備えているのも魅力。また、専用スマホアプリの機能も充実。AI編集を活用することで、初心者でも高品質な動画が手軽に作成できます。