フルHDの4倍もの高画質で撮影できる「4Kビデオカメラ」。子供の運動会や旅行など思い出に残しておきたいシーンを撮影するほか、日常的に子供の成長をきれいな画質で記録しておきたい場合にも活躍します。

そこで今回は、おすすめの4Kビデオカメラをピックアップ。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

4Kとは?

By: amazon.co.jp

画像は「画素」という色の粒が縦横に集まった数によって、画質が決まります。4KとはフルHDの約4倍もの画素数をもつ画質の名称。フルHDが1920×1080の約200万画素であるのに対して、3840×2160の約830万画素もの高画質を実現しています。

鮮明かつ美しい画像で記録できるため、子供の運動会や旅行など一生の思い出として残したいシーンの撮影に最適。被写体から離れた位置からズームしても画像が粗くなりにくく、大画面で映像を楽しむ際もくっきりとした高画質で視聴できます。

4Kビデオカメラのメリット

By: amazon.co.jp

4Kビデオカメラのメリットのひとつが、ズームしても画質の劣化が少ないこと。子供の運動会など離れた位置から撮影しても、きれいな映像を記録できます。パソコンで画像の一部を切り取って拡大する際にも、画質の劣化を抑えた編集が可能です。

4K画質は高精細な画像のため、自宅の大画面液晶テレビと接続して観る場合にも最適。画素数の少ない画像は粗が目立ちますが、4Kビデオカメラで撮影した映像なら大画面でもきれいな映像を楽しめます。

明るい質感で映像を記録できるのもメリットです。4Kは色を構成している情報も多いため、明るくクリアな映像で撮影できます。静止画がきれいなのも特徴。撮影した動画から静止画を写真として切り出す際にも活躍します。

4Kビデオカメラの選び方

用途に合ったタイプを選ぶ

ハンディカメラ

By: jvc.com

片手で持ちながら撮影できるタイプがハンディカメラです。手持ちで被写体を追いかけたり、ズームしたりといった操作がしやすいのが特徴。とくに、運動会など動き回っている子供を撮影したいときに活躍します。三脚にセットしての撮影もできるため、風景や子供の発表会など構図を決めて撮影するシーンでも便利です。

コンパクトながら多機能なモデルもラインナップされており、はじめてビデオカメラを使用する方でも簡単。内蔵ストレージで長時間撮影できるモデルも多く、録画時間の残量を気にせず撮影に集中しやすいのも魅力です。

アクションカメラ

By: amazon.co.jp

自転車などアウトドアアクティビティでの使用に最適なのがアクションカメラ。最近では、さまざまなモデルが登場しており、いずれもコンパクトで重さ80~120gと軽量なのが特徴です。モデルによっては便利なアタッチメントが豊富に用意されているのも魅力。自転車のハンドルやヘルメットに装着したり、胸部にセットしたりなどさまざまな使い方が可能です。

また、アウトドアでの使用を前提に開発されており、防水性や耐衝撃性に優れているモデルが多いのも特徴。スキーやサーフィン、釣りなど水辺でのアクティビティで撮影したいときにも活躍します。

アクションカメラについて詳しく知りたい方はこちら

ズーム性能をチェック

By: amazon.co.jp

被写体を離れた位置から撮影したい場合は、ズーム機能の性能も重要です。ズームには光学ズームとデジタルズームの2種類があります。光学ズームは、レンズ自体を動かして焦点距離を変化させて拡大する方式。デジタル処理をしないため、画質の劣化がありません。一方、デジタルズームはレンズを動かさない分コンパクトですが、デジタル処理で映像を引き伸ばすため、画像が劣化する傾向にあります。

そのため、鮮明な映像を撮影したい場合は、光学ズームを搭載したモデルがおすすめ。価格はデジタルズームより高めながら、画質の劣化のない高画質で撮影できます。運動会や旅行など、一般的な使用の場合で20倍ズームが目安。より高性能なモデルを求めるなら、30倍以上のズームを搭載したモデルや、デジタルズームと併用したタイプもおすすめです。

なお、アクティビティでの利便性を重視したアクションカメラの場合、ズーム機能を搭載していないモデルもあるため注意が必要です。

手ブレ補正機能をチェック

By: amazon.co.jp

高精細な4K映像でも、映像がブレていると台無しになってしまうため、手持ち撮影に重要なのが、手ブレ補正機能です。とくに離れた被写体をズームで撮影するときに性能を発揮する機能で、電子式手ブレ補正と光学式手ブレ補正の2種類があります。

動きの少ない被写体を撮影するのに適しているのが電子式。映像を撮影してからコンピューターが電子的に補正します。一方、光の屈折を利用して手ブレ補正するのが光学式です。レンズや内部センサーが動くことにより映像のブレを補正するタイプで、激しい動きのある被写体の撮影に適しています。

電子式はあとから編集して手ブレを修正する仕組みで画質が劣化しやすいのに対し、光学式は補正による劣化がありません。光学式は高価格な上位モデルに搭載されているほか、電子式と光学式のハイブリッドタイプもあるのでチェックしてみてください。

連続撮影時間をチェック

By: jvc.com

大事なシーンの撮影中にバッテリーがなくなるトラブルを予防するためにも、連続撮影時間を把握しておきましょう。モデルや搭載しているバッテリーによっても異なり、2時間以下のモノから4時間以上の撮影が可能なタイプまでさまざまです。

撮影の途中で突然のバッテリー切れが心配な場合は、予備のバッテリーを準備しておくのがおすすめ。モデルによっては大容量バッテリーをオプションで用意しているモノもあります。

記録メディアと保存容量をチェック

By: amazon.co.jp

4Kビデオカメラには内蔵されたHDDなどのストレージに撮影データを保存するタイプや、SDカードなどの記録メディアを使用モデルがあります。どちらにも対応しているモデルがある一方、本体にHDDを内蔵していないタイプもあるため注意が必要です。

内蔵ストレージの容量やピットレートによって撮影できる時間が異なるほか、4K画質やフルHD画質など選択する撮影モードによっても変わってきます。64GBの保存容量の場合、4K画質モードで80分ほどが目安。フルHD画質の場合は160分ほどが目安になります。選択する画質モードを下げるほど長時間の撮影も保存できる一方、画質が劣化してしまうため注意が必要です。

4Kビデオカメラのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

白物家電をはじめ車載分野や映像機器など、幅広いジャンルの製品を展開している電機メーカーです。ビデオカメラにおいてはハンディカメラをラインナップ。とくに「ワイプ撮り」機能を搭載したモデルは、撮影者や別視点からの撮影を楽しめます。

また、ズーム機能が充実している点にも注目。手ブレを補正する「ボールO.I.S」や、環境に対応して自動補正する「アダプティブO.I.S」など、遠くの被写体をきれいに撮影できる機能を搭載したモデルを販売しています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

映像機器や音楽関連機器などを手掛けている日本の大手電機メーカー。ビデオカメラにおいても高性能なモデルを開発していることで定評があり、「ハンディカム」ブランドを展開しています。

4Kビデオカメラにおいては「空間光学手ブレ補正」機能を搭載しているモデルに注目。レンズとイメージセンサーを一体化したユニットを採用しており、不安定な状態でもブレを補正した高精細な映像を撮影できます。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: jvc.com

音響機器や映像機器を展開しているAV機器メーカーです。ビデオカメラにおいては「Everio」シリーズを展開。なかでも、アウトドアでの使用に最適なタフネス性能を誇る「Everio R」は防水や防塵、耐衝撃性などに優れており、水辺でのアクティビティで活躍するモデルです。

4K動画から静止画を切り取れる機能も便利。きれいな写真を残せるため、デジカメ代わりになるのも魅力です。長い時間をかけて移り変わるシーンを撮影した映像を短時間で再生できる「4Kタイムプラス撮影」など、楽しみながら撮影できる機能も充実しています。

ゴープロ(GoPro)

By: amazon.co.jp

アクションカメラの火付け役として知られる、アメリカ・カリフォルニア州に本拠をかまえている人気ブランド。本格的なアクティビティはもちろん、旅行や気軽なレジャーでも扱いやすいとして高く評価されています。

豊富にアタッチメントやアクセサリーが用意されていることも人気の理由です。自転車に装着したりヘルメットに取り付けたりと、さまざまなアウトドアシーンで活躍します。ズーム機能は搭載していないものの、コンパクトで扱いやすいシンプルな操作性が魅力です。

4Kビデオカメラのおすすめモデル|ハンディカメラ

パナソニック(Panasonic) 4Kビデオカメラ HC-VZX992M

重さ約355gの軽量ボディが特徴の4Kビデオカメラ。光学式と電子式で5軸方向のブレを補正する「ハイブリッド手ブレ補正」により、動き回っている子供をブレのない高画質で記録できるおすすめモデルです。

専用アプリでスマホをリモコン代わりにして操作できるのも便利。撮影中の画像をスマホで確認できるほか、録画のオンオフやズームなどの操作をおこなえます。保存した動画をスマホへ転送することも可能。microUSB端子とmicroHDMI端子も備えており、自宅の液晶テレビやパソコンの大画面で視聴できます。

パナソニック(Panasonic) 4Kビデオカメラ HC-VZX2M

光学式と電子式のハイブリッド手ブレ補正機能を備えている4Kビデオカメラ。手ブレ補正用レンズで縦と横のブレを補正し、望遠時に余っているセンサーで上下左右のブレを補正します。

駆動時の摩擦を軽減する「ボールO.I.S.」により、細かい振動による手ブレ補正機能を改善。手ブレの特性やブレ幅などを解析する「アダプティブO.I.S.」で、撮影者の手ブレの傾向や撮影状況に応じて手ブレを補正します。ズームの扱いに慣れていない方でも、簡単にピントを合わせられるおすすめモデルです。

ライカカメラ社と共同開発した「広角25mm新ライカディコマーレンズ」を搭載しており、近い距離でも広い範囲を撮影できるのもポイント。旅行や誕生会など、家族全員を収めたいシーンで活躍します。

パナソニック(Panasonic) 4Kビデオカメラ HC-WZX2M

サブカメラを搭載しており、撮影している人の画像も記録できる「ワイプ撮り」に対応した4Kビデオカメラです。子供を撮影しながら、撮影中の親の映像も同時に記録可能。スマホで撮影した映像をWi-Fiで送信して画面に表示する「ワイヤレスワイプ撮り」にも対応しています。

広角レンズの採用により、狭い部屋でも広がりのある映像を撮影可能。センサーの搭載で暗い場所でも明るく鮮明な映像を撮影できます。連続撮影時間約2時間25分ものバッテリーが付属しているのもポイント。突然のバッテリー切れが心配な方におすすめのモデルです。

64GBの内蔵ストレージで約1時間50分の4K動画の記録が可能。SDカードスロットも用意されているので、内蔵ストレージの残量が少なくなったときに役立ちます。

パナソニック(Panasonic) 4Kビデオカメラ HC-X1500

4K60P・10bit記録の高画質で撮影できる4Kビデオカメラ。広角25mm、望遠600mmを誇るライカディコマーレンズを搭載したハイグレードモデルです。秒間60フレームでの4K撮影は、動きの激しい被写体もクリアかつスムーズに記録。高効率なHEVCコーデックで美しい色彩の映像記録も実現しているなど、最高レベルの高画質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

光学24倍ズームによる滑らかなズーム性能も魅力。光学24倍を超えてズームアップした際は「iズーム」に切り替わり、高解像度のまま4Kで32倍、フルHDで48倍ものズームアップが可能です。

高性能なオートフォーカス機能「4KハイプレシジョンAF」でピンボケを対策しているのもポイント。さらに、「顔検出/追尾AE&AF」で激しく動いている被写体もすばやいフォーカスでピント外れを防ぎます。約5時間20分撮影できる長時間バッテリーにより、充電の残量を気にせず撮影に集中できるのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX45

専用開発の「ZEISSバリオ・ゾナーT」を搭載した4Kビデオカメラです。広い範囲を収められる最大広角26.8mmレンズにより、幼稚園や教室など狭い場所や被写体と距離をとれない状況にも対応可能。運動会や発表会で全景を広く撮影したい場面でも活躍します。

ズームしてもブレない「空間光学手ブレ補正」を搭載しており、子供が動き回っているシーンを撮影したいときに便利。さらに、HD撮影時に「インテリジェントアクティブモード」を選択すれば、ワイド撮影時でもブレにくい安定した撮影できます。

MP4動画の同時記録でショートムービーを簡単に作れるのも魅力。切り替え効果やBGMをくわえて自動編集するので、手軽にムービー編集を楽しみたい方にも適しています。

64GBのストレージを採用しており、約2時間の4K動画の記録が可能。画質を落としたモードを選択すれば最長約15時間50分間撮影できるため、ストレージが残り少ない状況でも重宝します。

ソニー(SONY) 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX60

ズームしてもブレを軽減できる「空間光学手ブレ補正」を搭載した4Kビデオカメラ。レンズとセンサーを一体化することで、カメラが動いてもバランスを保ちやすい仕様です。動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」でピンボケにならず、運動会や子供が動き回っているシーンの撮影にも適しています。

「ビューファインダーマニュアルレンズリング」による優れた操作性もおすすめポイント。フォーカスやズームの確実な調節を可能しているほか、撮影後の映像チェックもおこなえます。

MP4動画の同時記録にも対応しており、指定したポイントから最適な場面の自動抽出が可能。「ハイライトムービー作成ボタン」で切り替え効果やBGMをくわえたショートムービーを自動編集します。

ソニー(SONY) 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX100

本格的な4K動画が撮影できるビデオカメラです。高感度の「1.0型Exmor R CMOSセンサー」や、4K撮影用にチューニングされた大口径レンズ「ZEISSバリオ・ゾナーT」を搭載。高画質技術の組み合わせによって最高レベルの画質を実現しており、一生の思い出になるシーンをリアルな映像で残しておきたい方におすすめのモデルです。

画像処理エンジン「BIONZ」によって、手ブレ発生前後のフレーム解析処理を融合した「光学式手ブレ補正」機能を搭載。ワイド撮影時で約10倍もの手ブレ補正を実現しており、子供を追いかけながらの撮影やズーム撮影時に滑らかな撮影を可能にしています。

独自形状のマイク「5.1chサラウンドサウンドマイクロホン」を搭載しているのも魅力のひとつ。高密度のクリアな音質で記録できるため、5.1chサラウンド環境で再生すれば臨場感あふれるサウンドを楽しめます。

ソニー(SONY) 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX700

機能性と操作性に優れたソニー4Kビデオカメラのフラッグシップモデルです。高密度な273点像面位相差AFセンサーを採用したイメージセンサーを搭載。動きの速い被写体を高い精度で撮影できるため、目の前を猛スピードで駆け抜ける列車や車の撮影に最適です。

独自開発のレンズには薄型非球面レンズを組み込んだ「ZEISSバリオ・ゾナーT」を搭載。高精細な4K画像撮影を実現しています。プロ用機材に採用される「4KHDR」に対応しているのも注目ポイント。広いダイナミックレンジのハイレベルな動画撮影を楽しみたい方におすすめのハイグレードモデルです。

4K動画撮影で遅回しや早回し撮影ができる「スロー&クイックモーション」も便利。撮影フレームレートを1~30fpsの6段階で調節でき、4K画質で最大30倍ものクイックモーションと最大1.25倍のスローモーション撮影も可能です。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4Kビデオカメラ Everio R GZ-RY980

防水・防塵・耐衝撃・耐低温性を備えている4Kビデオカメラです。雨や砂ぼこりに強く、落下させても壊れにくいのが特徴。子供の運動会や部活などの記録はもちろん、釣りや海水浴など水辺でのアクティビティでも安心して使えるおすすめモデルです。

フルHDの4倍もの高画質で撮影できるほか、4K動画から800万画素以上の静止画を切り取ることも可能。きれいな高画質写真を残せる、デジカメの代わりとしても活躍します。

長い時間をかけて移り変わるシーンを撮影できる「4Kタイムプラス撮影」にも注目。花のつぼみが開く様子など、長時間撮影した映像を短時間で再生して楽しめます。

4Kビデオカメラのおすすめモデル|アクションカメラ

ソニー(SONY) ウエアラブルカメラ アクションカム FDR-X3000

自転車やヘルメットなど、さまざまな場所に取り付けて撮影できる4Kビデオカメラ。「空間光学ブレ補正」を搭載。激しい動きで発生するブレを補正できるため、サイクリングなどスピード感のあるアクティビティにおすすめのモデルです。

IPX4相当の防滴ボディを採用しており、雨の日や水辺のアクティビティでも安心。水深60mで連続30分使用できる防水ハウジングも付属しています。本体に三脚用ネジ穴を設けているなど、豊富な専用アクセサリーで拡張できるのも魅力です。

ゴープロ(GoPro) HERO8 Black CHDHX-801-FW

アクションカメラの火付け役として知られるブランドのモデル。重さ約126gの軽量コンパクトボディながら、4K60pの高精細な映像を記録できる4Kビデオカメラです。水深10mの完全防水仕様により、アグレッシブなアクティビティでの使用におすすめ。14種類の音声コマンドでハンズフリー操作も可能です。

撮影速度を自由に調節できる「TimeWarp」機能や、スクリーンショットを抜き出せる「LiveBurst」も便利。撮影前後1.5秒を90枚の静止画として記録するほか、3秒間の4Kビデオクリップも作成可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO ACTION

最先端のスタビライザー技術により、高精度のブレ補正を実現している4Kアクションカメラです。電子式映像ブレ補正と複雑なアルゴリズムを組み合わせることで、激しい動きでも安定したブレのない撮影を可能にしています。

-10℃の低温に対応しているほか水深11mの防水性を備えているなど、タフな状況下で撮影したい方におすすめです。多彩なアクセサリーも充実しており、さまざまな場所に取り付けて撮影を楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) OSMO POCKET

重さわずか116gのコンパクトな4Kアクションカメラです。手持ち型のポケットサイズながら、最高4K60pの高精細な映像の記録が可能。高性能な手ブレ補正を実現する3軸スタビライザーを内蔵しており、動く被写体を追いかけながら撮影したいシチュエーションにおすすめです。

モニターをタップするだけで動いている被写体にピントを合わせられる「アクティブトラック」や、暗い場所で高画質な動画撮影を可能にする「ナイトショット」など機能も充実。自撮り棒として活用できる延長ロッドや水深60m防水ケースなど、豊富なアクセサリーで拡張して楽しめるのも魅力です。

リコー(RICOH) THETA V 910725

360°全天球イメージの静止画と動画を撮影できる4Kアクションカメラ。高画質と高精度な処理技術により、リアルで自然な360°全天球映像を実現しています。4chマイクも搭載しており、動画撮影時に4方向からの音を独立して記録。4K動画と360°空間音声による臨場感あるVR動画を作成できるおすすめモデルです。

専用編集アプリ「THETA+」を使用すれば、映像の編集も簡単。加工した動画はSNSに投稿できるほか、360°画像専門共有サイト「theta360.com」にアップすれば全世界に向けて公開することも可能です。