旅行中に携帯していると何かと重宝するアイテムがカメラです。撮影専用機としてのカメラが1台あると、スマホでは撮り切れないシーンもカバーできるようになるので、旅行先でもバラエティ豊富な写真が撮影できます。

今回は、タイプごとに旅行向けのおすすめのカメラをご紹介。旅行用カメラを選ぶ際におさえたいポイントも解説するため、選ぶ際の参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

どれがいい?旅行向けカメラの種類

ミラーレス

By: panasonic.jp

ミラーレスとは、内部構造に鏡を持たない一眼カメラのことです。一眼レフと違って鏡を省略できる分、本体をより小型軽量化できるのが特徴。携帯性のよさで人気が上昇しており、最近は旅行向けでも主力のカメラタイプになっています。

高画質で撮影できるのがミラーレスカメラのメリット。小型ボディながら一眼レフと同等の大きなイメージセンサーを搭載しているため、暗所でも鮮明に記録でき、豊かなボケ描写も手軽に得られます。本格的な作品撮りを軽快に楽しみたい方におすすめです。

一眼レフと同様、使用レンズを交換できるのもミラーレスカメラの魅力。目的の被写体やシーンに適したレンズに換装した状態で撮影に臨めます。スマホでは難しい望遠撮影や夜間撮影もレンズを交換するだけで柔軟に対応可能です。

コンデジ

By: sony.jp

コンデジとは、本体とレンズが一体化したデジタルカメラのことです。レンズを付け替える必要がないのが特徴。シンプルに使えて、機材も最小限に減らせるため、初心者や身軽さ重視の旅行者におすすめです。

撮影時以外にレンズを短く縮められる沈胴構造を採用しているモデルが多いのもコンデジのポイント。上着やズボンのポケットへの収まりも良好です。カメラを常に携帯できるので、旅行先でも突然のシャッターチャンスに備えやすくなります。

最近の主流は高級コンデジ。大きなイメージセンサーや明るいレンズを搭載しており、コンパクトながら高画質な撮影が楽しめます。また、アウトドアが主目的の旅行では防水コンデジも人気です。

アクションカメラ

By: gopro.com

アクションカメラとは、スポーツなどの動画撮影に特化した小型ビデオカメラのことです。操作性や機能が動画向けに設計されているのが特徴。旅行先でアクティビティを楽しむ様子を臨場感たっぷりの動画に記録したい方におすすめです。

耐候性に優れているのがアクションカメラのポイント。防塵・防水構造や耐衝撃構造を備えており、通常のカメラでは故障してしまう過酷なシーンでも録画の継続が可能です。山登りやマリンスポーツなどの撮影にも適しています。

装備や乗り物に装着して使えるのもアクションカメラの魅力。マウントでヘルメットやバイクなどにカメラを取り付ければ、迫力の一人称視点動画がハンズフリーで撮影できます。また、360度カメラなら、周囲を丸ごと記録する全天球撮影も可能です。

旅行向けカメラの選び方

軽量で持ち運びやすいコンパクトなモデルをチェック

By: nikon-image.com

持ち運びやすさは旅行用カメラ選びで最も重要なポイントです。どんなに高画質なカメラでも、重厚長大だと旅行での使用は困難。特に、街歩きや山登りなどで長距離を移動する場合は、体力の温存も考慮して軽量コンパクトなカメラを選びましょう。

携帯性を重視するなら、重量はコンデジで300g程度、アクションカメラで200g程度のモデルがおすすめ。ミラーレスカメラの場合は、装着するレンズを含めた総重量が1kg以下に収まるモデルを選ぶと、長距離移動でも重さを感じにくくなります。

コンパクトさも持ち運びに影響。カメラの寸法が旅行に持って行く手荷物バッグに収納できるかを確認しておきましょう。フラットデザインのミラーレスカメラや、沈胴構造を採用したコンデジもおすすめです。

Vlog目的なら動画撮影できるモデルもおすすめ

By: sony.jp

旅行先での主な目的がVlog撮影なら動画性能の充実したカメラが重宝します。最近では多くのカメラが動画撮影に対応していますが、機能はモデルによってさまざま。記録解像度・フレームレート・連続記録時間の3点に注目して選びましょう。

動画性能を重視するなら、4K 30fps以上に対応するカメラがおすすめ。FHDよりも高画質、かつ、動きのあるシーンも見やすい表示で録画可能です。街歩きや登山などのVlogで長回しする場合は、連続記録時間ができるだけ長いカメラが役立ちます。

最近は、Vlog撮影に特化したコンデジやミラーレスカメラも人気。録画ミスを防ぐ機能に加えて、背景ボケやピント位置を簡単操作で切り換えられる機能も備えています。初心者でも扱いやすいので、これから旅行Vlogを始める方にもおすすめです。

自撮りに適した機能があると便利

By: sony.jp

旅行先で自撮りを積極的に楽しみたい方には、レンズ側に回転できる「180°可動式モニター」を搭載したカメラがおすすめ。構図を確認しつつ楽な姿勢で自撮りが可能です。アクションカメラの場合は前側にもモニターが付いたモデルも重宝します。

「顔・瞳認識AF」もあると自撮りに便利。顔や瞳に素早く合焦できます。ピンボケなどの失敗を防げるので、初心者でも目にしっかりピントの合ったシャープな自撮りが可能です。

「美肌効果」も人気。顔の小じわ・シミ・くすみなどを目立たなくしつつ、肌を明るく滑らかに補正できるため、印象的で美しい自撮りが手軽に楽しめます。録画時も有効なカメラは旅行先でのVlog撮影にもおすすめです。

悪天候でも防水モデルなら安心

By: gopro.com

天候の変化が激しい地域へ旅行する場合はカメラに防水構造が採用されていると安心。内部への浸水を防ぐため、多少の水滴や雨がカメラにかかっても故障を心配することなく使い続けられます。

カメラなど電子機器が持つ防水性能は「IP保護等級」で確認可能。雨の日の散策や山登りなどに使う場合は、IPX3以上の防水性能を持つカメラがおすすめです。水に浸かる可能性がある場合は、最高等級のIPX8に対応するモデルを選びましょう。

水中でも使いたい場合は「潜水深度」にも注目。シュノーケリングでは水深15m程度まで対応可能な防水性能を持つカメラが適しています。ダイビングでより深く潜りたい場合は、専用の防水プロテクターが用意されたカメラがおすすめです。

Wi-FiやBluetoothでスマホにデータ共有できると便利

By: nikon-image.com

旅行先で撮影した画像や動画をすぐに共有したい場合はスマホ連携機能を搭載したカメラがおすすめです。Wi-FiやBluetoothでスマホと連携し、ワイヤレスで画像の転送が可能。パソコンを使わずにスマホだけで編集や共有も完結できます。

また、「リモート撮影」などの機能が利用できるのもWi-FiやBluetoothの魅力。カメラの設定変更やシャッター操作がスマホから遠隔で行えます。三脚と併用すれば手ブレを効果的に抑えられるので、夜景や集合写真の撮影にもおすすめです。

旅行におすすめのカメラ|ミラーレス

ニコン(Nikon) Z 50

ニコン(Nikon) Z 50 2019

一人旅でも手軽に持ち運べるAPS-Cミラーレスカメラです。ボディ素材に堅牢な金属を採用しながら、重さ約450gと軽量コンパクト。右手だけで操作を完結できるUIも備えているので、旅行先でアクティブに撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

個性的な表現が楽しめる「Creative Picture Control」も本カメラで人気の機能。独特な色合いを持つ20種類の仕上がりが選択でき、効果の強さも調節可能です。動画撮影時も仕上がりを適用できるため、旅行先でも多彩な映像表現に挑戦できます。

4K 30fps動画をフルフレームで記録できるのもポイント。広角レンズの画角をそのまま活かせるので、世界遺産などの絶景もダイナミックに表現できます。また、本カメラはWi-FiとBluetoothを内蔵しており、多彩なスマホ連携機能も利用可能です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS R50

キヤノン(Canon) EOS R50 2023

手のひらサイズで初心者にも優しいAPS-Cミラーレスカメラです。握りやすいグリップやバリアングルモニターを搭載しながら、重さ約375gと小型軽量。持ち運びが簡単なので、家族旅行やファミリーキャンプにもおすすめです。

必要に応じた自動での画像合成でより高品質に仕上げる「アドバンスA+」も便利。さらに、スマホライクなタッチ操作でプリセットや色合いなどを直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」も使えます。

AIを活用した被写体検出機能「EOS iTR AF X」も人気。被写体を人物・動物・乗り物からカメラが自動判別して検出し続けるため、子供やペットの撮影にも重宝します。Vlog向けの機能も充実。スマホとは有線・無線の両方で接続可能です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-E10

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-E10 2021

動画初心者にも人気のあるVlog特化型のAPS-Cミラーレスカメラです。高画質ながら重さ約343gと持ち運びが簡単。録画中に赤枠が表示されるバリアングルモニターなどミスを防ぐ機能も備えているので、これから旅行Vlogを始める方にもおすすめです。

初心者の撮影をサポートする機能も充実。ボタン1つで背景のボケ具合を変えられる「背景ぼけ切換機能」や、顔と手前に置いた商品と間で素早くピント移動できる「商品レビュー用設定」が利用可能です。さらに、肌を明るく撮影できる「美肌効果」も適用できます。

上質な4K 30fps録画が可能なのも魅力。FHDでは「S&Qモード」を有効にすることで、最高5倍のスローモーション表現も楽しめます。カメラ本体にはマイク端子とヘッドホン端子も用意。外部マイクを接続することでより高音質な録画も可能です。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α6400 ILCE-6400

ソニー(SONY) α6400 ILCE-6400 2019

旅行用としても初心者に人気のAPS-Cミラーレスカメラです。暗所でも高画質が得られ、豊かなボケ描写も楽しめます。重さ約403gと軽いので、身軽さを重視する旅行者にもおすすめです。

AIを活用した被写体追尾機能「リアルタイムトラッキング」も便利。加えて、動物の瞳にも有効な「リアルタイム瞳AF」も使用可能です。旅行先ではしゃぐ家族や友人はもちろん、街角で出会った猫も簡単操作で表情を記録できます。

上方向に180°回転できるチルトモニターも用意。自撮りも構図を確認しながら楽しめます。防塵・防滴に配慮した設計が採用されているのもポイントです。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX G100D DC-G100D

パナソニック(Panasonic) LUMIX G100D DC-G100D 2024

一眼画質が軽快に楽しめる初心者向けの4/3型ミラーレスカメラです。スマホのモノよりも大きな4/3型センサーを内蔵しながら、重さ約346gと軽量コンパクト。高画質が手軽に得られ、持ち運びも簡単なので、旅行用としてもおすすめです。

タッチ対応のバリアングルモニターも便利。カメラが初めての方でもスマホ感覚で操作でき、顔・瞳認識AFと併用すれば自撮りも手軽に可能です。加えて、安い価格ながら、高精細なファインダーも備えています。

Vlog向けの機能が充実しているのもポイント。シーンに応じてマイクの指向性を調節できる「OZO Audio」も搭載しており、カメラ単体で音声も高品質で記録できます。Wi-FiとBluetoothを利用したスマホ連携機能も利用可能です。

オーエムシステム(OM SYSTEM) OM-5

オーエムシステム(OM SYSTEM) OM-5 2022

アウトドアにも活躍する旅行者に人気の4/3型ミラーレスカメラです。強い雨にも耐えるIP53の防塵・防滴性能に加えて、-10℃でも動作可能な耐低温性能も完備。カメラ本体が重量約414gと軽いので、登山や長期の一人旅にもおすすめです。

強力な補正効果を発揮するカメラ内手ブレ補正機構を内蔵しているのもポイント。動画撮影時も有効で、暗いシーンや三脚禁止の観光地でも手持ちでシャープに撮影可能です。4K 30fpsでも記録時間が無制限なのも魅力。スマホでの再生に適した縦位置動画の記録にも対応しており、Vlogカメラとしても重宝します。

「コンピュテーショナルフォトグラフィ機能」も人気。本来はパソコンでの処理を必要とする多彩な高等技法がカメラ単体で手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

旅行におすすめのカメラ|コンデジ

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2 2023

Vlog用カメラとして人気のコンデジです。1.0型センサーを搭載しており、暗所でも安心して記録可能。約292gと軽量コンパクトながらバリアングルモニターを備えているので、旅行先で自撮りVlogを楽しみたい方にもおすすめです。

広角18mmから始まる光学約2.7倍ズームも便利。複数人で自撮りをする際も画面内に皆が収まります。本カメラでは「背景ぼけ切換機能」「商品レビュー用設定」「S&Qモード」など動画制作者に人気の各種機能も利用可能です。

「シネマティックVlog設定」の搭載もポイント。5種類のLookと4種類のMoodを組み合わせるだけで、映画のような仕上がりの旅行Vlog撮影が初心者でも手軽に楽しめます。また、外部マイクの使用も可能です。

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100VII DSC-RX100M7

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100VII DSC-RX100M7

高画質で旅行の思い出を残せる人気の高級コンデジです。重さ約302gの小型軽量ボディに、1.0型センサーと24〜200mmの高倍率ズームレンズを搭載。レンズは沈胴構造によってカメラ内に小さく収納できるため、常に持ち歩きたい方におすすめです。

AIを活用したAFシステムを採用しているのもポイント。「リアルタイムトラッキング」や「リアルタイム瞳AF」も利用可能です。さらに、積層型センサーで処理速度を上げることで、秒間20コマの高速連写にも対応。旅行先で動物やスポーツなどの動く被写体を撮影する場合にも活躍します。

上方向に180°回転できるチルトモニターで自撮りも簡単。カメラ上部にポップアップ式の有機ELファインダーを内蔵しているので、日射しの強いシーンでも構図を確認できます。プロユースの動画性能を備えているのも魅力です。

▼撮影イメージ

コダック(Kodak) PIXPRO WPZ2

コダック(Kodak) PIXPRO WPZ2 2024

安い価格ながら旅行でも役立つ防水コンデジです。約176gの小型軽量ボディに、水深約15m対応の防水性能、IP6Xの防塵性能、落下耐性約2mの耐衝撃性能を搭載。登山やマリンスポーツにも使える高コスパなカメラを求める方におすすめです。

使用頻度の高い画角をカバーする光学4倍ズームの採用も特徴。最短5cmの接写にも対応するので、風景から花や料理まで記録可能です。低価格なカメラながら顔認識機能も用意。瞬きの警告も表示でき、子供のベストな表情が捉えやすくなっています。

Wi-Fiによるスマホ連携にも対応。蓋を開けてSDカードを取り出す必要がないため、カメラが濡れた状態でも内部への浸水を心配することなく画像の転送が可能です。

ペンタックス(PENTAX) WG-90

ペンタックス(PENTAX) WG-90 2023

全天候仕様で設計された旅行向けの防水コンデジです。防水14m・耐衝撃1.6m・耐寒-10℃・耐荷重100kgfという優れたタフネス性能を搭載しています。

カメラ一体型のレンズは光学5倍ズームに搭載しており、至近距離まで接近できる「1cmマクロモード」にも対応。レンズ周辺の6灯LEDを使うことで接写時にカメラの影が写り込むのを防止可能です。観察時に便利なマクロスタンドが付属します。

周囲の明るさに合わせて画面を見やすく調節できる「アウトドアモニター」も便利。水中撮影用の設定を含む25種類の撮影モードも使用可能です。本カメラは釣果を手軽に記録できる「魚拓フィルター」も備えており、旅行先で行う釣りの楽しさも向上します。

▼撮影イメージ

オーエムシステム(OM SYSTEM) Tough TG-7

オーエムシステム(OM SYSTEM) Tough TG-7 2023

アウトドアシーンにぴったりな高性能な防水コンデジです。防水15m・防塵IP6X・耐衝撃2.1m・耐低温-10℃・耐結露・耐荷重100kgfの性能を完備。寒冷地への旅行や冬季登山にもおすすめです。

開放F2から始まる明るい光学4倍ズームを採用しているのもポイント。室内や水中などの暗いシーンでも鮮明に記録でき、被写体の動きも写し止められます。本カメラは最短1cmでの接写にも対応。4種類のモードと別売りの2種類の専用アクセサリーを組み合わせることで、花や昆虫などのネイチャー撮影で多彩なマクロ表現が楽しめます。

5種類の水中撮影モードを搭載しているのも魅力。別売りで水深45m対応の防水プロテクターも用意されているので、ダイビング目的の旅行にもおすすめです。また、縦位置動画記録にも対応。Wi-FiとBluetoothに加えて、GPSも利用可能です。

▼撮影イメージ

旅行におすすめのカメラ|アクションカメラ

ゴープロ(GoPro) HERO12 Black

ゴープロ(GoPro) HERO12 Black 2023

旅行者にも人気のアクションカメラです。水深10m対応の防水性を搭載。加えて、5.3K 60fpsで70分、FHD 30fpsなら2.5時間以上の連続録画を実現しています。低温環境にも強いので、スキーなども含む旅行先でのアクティビティの撮影におすすめです。

エミー賞を受賞したビデオブレ補正「HyperSmooth 6.0」も便利。水平ロック機能も含まれており、ツーリングなどカメラが大きく傾くシーンでも安定した画面で収録可能です。また、「デュアルLCDスクリーン」で自撮りも楽しめます。

タイムコード同期に対応するのもポイント。複数台の本カメラを使ったマルチカメラ映像が手軽に作成できます。50種類以上の専用アクセサリーが使えるのも魅力。「Maxレンズモジュラー2.0」を装着すれば、超広角177°で一人称視点撮影も可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Osmo Action 4

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Osmo Action 4 2023

リーズナブルに入手できる旅行向けのアクションカメラです。重さ145gの軽量ボディに1/1.3インチのイメージセンサーを搭載。超広角155°かつ4K 120fpsの高画質なアクティビティ動画が手軽に撮影できるので、コスパ重視の旅行者にもおすすめです。

独自の「マグネットクイックリリース設計」を採用しているのもポイント。さまざまな専用アクセサリーにワンタッチで装着可能です。縦向き撮影もできるため、スマホ向け縦動画の制作にも重宝します。

水深18m対応の防水性を備えているのも魅力。カメラ単体でも水中撮影が積極的に楽しめます。連続撮影時間は2.5時間以上と長く、雪山などの低温環境でも長時間の使用が可能です。Wi-Fiやスマホのホットスポット機能を介して旅行先からライブ配信も行えます。

インスタ360(Insta360) Insta360 Ace

インスタ360(Insta360) Insta360 Ace 2023

旅行先での楽しみ方が広がるアクションカメラです。最高で4K 120fpsまたは6K 30fpsでの録画に対応。水深10m対応の防水性能や、強力な「FLOWSTATE 手ブレ補正」も備えており、アクティビティを臨場感あふれる映像に残せます。

上方向に180°回転できる2.4型フリップ式タッチモニターの搭載も特徴。自撮りが快適に楽しめるほか、サイクリング撮影に使う場合も映像の確認が素早く行えます。バイクなどの電源と連動する機能も備えているので、車載カメラとしてもおすすめです。

ガーミンのデバイスやApple Watchと連携できるのもポイント。取得したGPSや速度などのデータを動画上に表示可能です。AIを活用したカメラ内編集機能も搭載しており、初心者でも上質なアクティビティ動画が簡単に仕上げられます。

インスタ360(Insta360) Insta360 X4

インスタ360(Insta360) Insta360 X4 2024

旅行で訪れた風景を全方位で記録できる360度アクションカメラです。4K 100fpsと5.7K 60fpsに加えて、8K 30fpsでも全天球撮影に対応。視聴者が絶景やアクティビティの様子を空間ごと追体験できる旅行Vlogを制作したい方におすすめです。

撮影に使用したスティックを映像から消せる「見えない自撮り棒」も人気の機能。ドローンを使ったような迫力のアングルで記録可能です。片方のレンズだけで撮影する「シングルレンズモード」にも対応。通常のアクションカメラとしても使用でき、超広角170°で4K 60fps録画が行えます。

強化ガラスで保護された2.5型のタッチスクリーンも便利。ジェスチャー機能との併用で自撮りも手軽に楽しめます。カメラ単体の防水性能は10m。専用の潜水ケースで水深50mまで対応できるので、ダイビング撮影にも活用可能です。