海外旅行はもちろん、日帰り旅行でも楽しい思い出を残せる「カメラ」。最近はスマホカメラの性能も向上していますが、より画質・機能・操作性を求める方にとっては必要なアイテムといえます。

そこで今回は、旅行におすすめのカメラをご紹介。選び方についても解説します。コンパクトカメラから一眼レフまでさまざまなタイプのカメラをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ好みの1台を見つけてみてください。

旅行に適したカメラの選び方

軽量でコンパクトなモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

カメラはタイプやモデルによって、サイズ・重量に大きな違いがあります。コンパクトデジタルカメラやアクションカメラは、レンズも入れて100g台の軽量モデルもラインナップ。ミラーレス一眼は300〜500gほどのモデルが主流です。一眼レフはエントリーモデルでも本体だけで500gほど、上位機種ともなると1000g以上のモノもあります。

写真を撮ること自体が目的である撮影旅行などを除いては、軽量コンパクトなカメラがおすすめ。コンデジあるいはミラーレス一眼、一眼レフならエントリーモデルを中心にチェックしましょう。

自撮りに適した機能があると便利

By: amazon.co.jp

旅行の大切な思い出になる「自撮り」。旅先の観光スポットを背景にした自撮り写真をブログやInstagramなどのSNSにアップすることで、仲間と旅の楽しさをシェアできます。旅行用カメラ選びの際は、自撮りしやすい機能が搭載されているかもチェックしておきましょう。

自撮りしやすいのは、180°回転するチルト式あるいはバリアングル式の液晶モニターを搭載したカメラ。写り具合を確認しながら撮影できるのがメリットです。また、モニターを回転させることで自撮りモードに自動で切り替わるモデルもラインナップされています。

自撮りモードでは、背景をボカしてソフトな印象にする背景コントロールをはじめ、各種フィルター効果が利用可能。また、液晶モニターにセルフタイマーのカウントダウンを表示できるモデルもあり、表情やポーズなどをシャッターに合わせてタイミングよく撮影できます。

動画も高画質で撮れるモデルがおすすめ

By: olympus-imaging.jp

4K解像度での録画に対応したカメラを選べば、旅行先でもその場で高画質な動画を記録可能。撮影後にトリミングで画面の一部を切り取ったり、静止画を切り出したりしても高画質な状態を維持できます。

また、動画撮影のしやすさも重要なポイント。可動式モニターや手ブレ補正機能は、安定した見やすい動画を快適に撮影するのに欠かせません。初心者の方でも動画撮影が手軽に楽しめるVlogカメラも、旅行用の動画カメラとしておすすめです。

悪天候でも防水モデルなら安心

By: amazon.co.jp

旅行先ではカッパや小さな折りたたみ傘を使用することが多く、雨などを完全に防げないことがあります。精密機器であるカメラは、水に濡れると誤作動や故障を起こしかねません。そのため、カメラの防水性能も事前にチェックしておきましょう。

コンパクトデジカメ・ミラーレス一眼・デジタル一眼レフといったタイプやモデルを問わず、防水仕様のカメラは数多く発売されています。アウトドアなどで使用されるアクションカメラは、防水性能が高いのがポイントです。

Wi-FiやBluetoothでデータを共有できると便利

By: olympus-imaging.jp

Wi-FiやBuetoothでスマホとの連携できる機能を搭載しているモノなら、データ共有に便利です。撮影した写真や動画を手軽にスマホへ転送し、旅行先から家族・友人へ手軽に旅の様子をシェアできます。

高解像写真や動画など容量の大きなデータを送る際はWi-Fiが便利。また、Bluetoothは省電力でスマホと常時接続した状態を保てます。一度ペアリングするだけで撮影を終える度に自動でスマホへ写真を転送できるモノもおすすめです。

さらに、Wi-Fi・Bluetooth機能を活用すれば、スマホをリモコン代わりに使ってカメラを遠隔操作できるのも魅力。三脚と併用すれば手ブレを効果的に防げるので、旅行先で集合写真・夜景・星空などの撮影をする際に役立ちます。

旅行におすすめのカメラ|ミラーレス一眼

オリンパス(OLYMPUS) OLYMPUS PEN E-P7

軽快に持ち歩けるおしゃれな旅行向けのミラーレス一眼カメラです。2000万画素のセンサーを搭載しながら、キットの標準ズームと組み合わせても約430gと軽量コンパクト。旅行先でもスタイリッシュに撮影が楽しめます。

約180°の下開き可能なタッチ式チルトモニターを搭載しており、さまざまなアングルの撮影が楽しめるのもポイント。また、手頃な価格ながら、優れた安定性を持つ「ボディー内5軸手ぶれ補正」や、Wi-Fi・Bluetoothによる連携機能も搭載しています。

撮影時に色合いやモノクロの仕上がりを自分好みにカスタマイズできる「カラー/モノクロプロファイル」機能を備えているのも魅力。簡単操作で写真の作品性を高められるため、旅行中のスナップ撮影でこだわりの作品を残したい方にもおすすめです。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) OM-D E-M5 Mark III

小型ボディに優れた機能性を備えた旅行向けのミラーレス一眼カメラです。重さ約414gの軽量なボディを採用。防塵・防滴・耐低温にも対応しているため、登山やキャンプなどアウトドアでの使用にもおすすめです。

動く被写体に対しても高い追従性を持つAFシステムを搭載しているのもポイント。コマ数をさかのぼって記録できる「プロキャプチャーモード」と併用すれば、初心者でも野鳥が飛び立つ瞬間などの撮影が手軽に楽しめます。

明るい日中でも撮影に集中できる高性能な有機ELファインダーを内蔵しているのも魅力。さらに、4K録画にも対応しており、バリアングルモニターや5軸手ブレ補正を活用すれば、手持ちでも安定した高画質動画が撮影可能です。

▼撮影イメージ

パナソニック(Panasonic) LUMIX G99

優れた動画性能を兼ね備える旅行向けのミラーレス一眼カメラです。高画質モードの4K 30pでも撮影可能時間の制限がないのが特徴。高画質な4K動画がビデオカメラ感覚で楽しめるため、旅行先でたくさんの動画を撮影したい方にもおすすめです。

本格的な動画機能を備えながら重さ約536gと持ち運びやすいのもポイント。また、本体前面には丈夫なマグネシウム合金を採用しており、防塵・防滴にも対応しているので、アウトドアシーンでも積極的に撮影が楽しめます。

さらに、バリアングルモニターを搭載しており、自撮りや多彩なアングルからの撮影が楽な姿勢で行えるのも魅力。星や花火の光跡を簡単に撮影できる「ライブビューコンポジット」や、味わい深いモノクロ写真が楽しめる「L.モノクロームD」も利用できます。

ニコン(Nikon) Z fc

クラシックカメラを彷彿とするデザインで人気の旅行向けのミラーレス一眼カメラです。1980年代に登場した名機「ニコンFM2」のデザインをモチーフに設計。レトロな外観に最新の撮影機能が充実しており、高画質な撮影が楽しめます。

本体上面に3つのダイヤルを搭載しているのもポイント。メカらしい手応えが味わえるほか、電源をオフにした状態でも主要な撮影設定を一目で確認が可能です。また、自撮りや動画撮影に重宝するバリアングルモニターも備えています。

人はもちろん、犬や猫の瞳にも瞬時にピントを合わせられる「瞳AF」「動物AF」を搭載しているのも魅力。旅行先での記念ポートレートや猫などの撮影が手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

富士フイルム(FUJIFILM) X-T30 II

レトロな外観で印象的な写真を撮影できる旅行向けのミラーレス一眼カメラです。重さ約378gの軽量ボディに、高画質なAPS-Cセンサーを搭載。高画質ながら手軽に持ち運べるため、軽快なフットワークで撮影が楽しめます。

全18種類のフィルム効果を再現した独自の仕上がり機能「フィルムシミュレーション」を搭載しているのもポイント。フィルムカメラのような記憶に残る仕上がりが手軽に得られるので、色彩や質感にこだわって撮影したい方におすすめです。

フィルムシミュレーションを適用した高画質な4K動画が撮影できるのも魅力。また、Bluetooth機能付きで、旅行先で撮影した写真をすぐに共有できます。

旅行におすすめのカメラ|コンデジ

ソニー(SONY) Cyber-shot RX100VII

多彩な機能で人気の旅行向けの高級コンパクトカメラです。重さ約302gの小型ボディに暗所でも高画質な1型センサーを搭載。加えて、8.3倍の高倍率ズームレンズで幅広い焦点距離をカバー可能なため、1台で旅行先のさまざまなシーンに対応できます。

コンパクトながら優れた動体捕捉性能を備えているのもポイント。AIを被写体の検出に活用した自動追尾AF「リアルタイムトラッキング」や、人だけではなく動物の瞳にも有効な「リアルタイム瞳AF」など先進のAFシステムを採用しています。

4K画質や40倍スーパースローモーションなどが撮影できるプロ仕様の動画機能を搭載しているのも魅力。別売りのシューティンググリップと組み合わせれば、旅行先でも高性能なVlog用カメラとして活躍できます。

ソニー(SONY) VLOGCAM ZV-1G

初心者でもVlog撮影が手軽に楽しめる旅行向けのコンパクトカメラです。重さ約294gの軽量ボディに1型センサーと2.7倍標準ズームレンズを搭載。カメラの扱いに不慣れな方でも簡単に動画撮影が可能なため、これから旅行Vlogを始める方にもおすすめです。

背景のボケ具合を調節できる「背景ぼけ切り換え」機能を搭載しているのもポイント。背景をくっきり映して旅行先の様子をわかりやすく伝えたり、背景をぼかして自分の顔を引き立たせたりなどの切り換えが、カメラに詳しくなくてもワンタッチで行えます。

自撮りに便利なバリアングルモニターを搭載しているのも魅力。手持ち撮影時に安定性を高めるシューティンググリップや、風の強い屋外でもクリアな音声を録音できるウインドスクリーンなどが付属します。

富士フイルム(FUJIFILM) X100V

唯一無二の撮影体験が味わえる旅行向けの高級コンパクトカメラです。光学式と電子式両方の長所を併せ持った独自の「ハイブリッドビューファインダー」を搭載。レバー1つで見え方を切り換えられるので、シーンに応じてファインダーを使い分けられます。

全17種類の「フィルムシミュレーション」に対応するのもポイント。階調が出にくい部分に深みを加える「カラークロームエフェクト」や、自然な粒状感を演出できる「グレインエフェクト」と組み合わせれば、よりフィルムに近い仕上がりが楽しめます。

APS-CサイズのセンサーとF2の大口径広角レンズを搭載しながら、重さ約478gと持ち運びやすいのも魅力。旅行先でスナップ撮影に没頭したい方におすすめです。

キヤノン(Canon) PowerShot G1 X Mark III

一眼レフのサブカメラとしても活躍する旅行向けの高級コンパクトカメラです。重さ約399gの軽量ボディに高画質なAPS-Cサイズのセンサーを搭載。携帯性に優れながら高画質が得られるため、旅行先でも本格的な作品撮りが楽しめます。

使用頻度の高い画角をカバーできる3倍の標準ズームレンズを搭載しているのもポイント。広角側は開放F2.8と明るいので夜景も鮮明に撮影が可能です。また、最短10cmからのマクロ撮影も可能なので、旅行先で料理や花を撮影する場合にも重宝します。

高速・高精度なピント合わせが可能な「デュアルピクセルCMOS AF」を採用しているのも魅力。また、防塵・防滴仕様のため、アウトドアシーンでの撮影にもおすすめです。

▼撮影イメージ

オリンパス(OLYMPUS) Tough TG-6

優れた耐候性で人気の旅行向けの防水コンパクトカメラです。約253gと軽いので持ち運びや収納が簡単。防塵・防水15m・耐衝撃2.1m・耐低温-10℃などのタフ性能が充実しているため、アウトドアシーンでの過酷な撮影にも重宝します。

深度合成や顕微鏡など4種類のマクロモードを搭載しているのもポイント。旅行先で遭遇した自然の草花や昆虫を大迫力で撮影が可能です。また、5種類の水中モードも備えており、カメラに不慣れな方でも簡単操作で印象的な水中撮影が楽しめます。

別売りの専用防水プロテクターを装着すると、水深45mまで対応できるのも魅力。本格的なダイビングの記録用としてもおすすめです。加えて、現在地の位置情報・温度・標高などを記録できる「フィールドセンサーシステム」にも対応しています。

▼撮影イメージ

旅行におすすめのカメラ|アクションカメラ

ゴープロ(GoPro) HERO10 Black

高速性能と使いやすさを向上させた旅行向けのアクションカメラです。5.3K 60fpsや4K 120fpsでの動画撮影に対応。ハイフレームレートで撮影できるため、素早い動きもより滑らかに記録できます。進化したブレ補正・水平維持機能「HyperSmooth 4.0」を搭載しているのもポイントです。

また、夜間撮影に対応したハイパーラプス撮影「TimeWarp 3.0」や、2.7Kでの8倍スローモーション撮影にも対応。旅行先でのアクティビティをより印象的に撮影したい方におすすめです。

カメラ単体で水深10mまで潜れる優れた防水性能も魅力。専用の外部マイクやLEDライトを取り付けられるモジュラーシステムを採用しているほか、30点以上のマウントとアクセサリーも用意されているため、多彩なアクション撮影に対応できます。

ゴープロ(GoPro) MAX

3種類のスタイルで活用できる旅行向けの全天球アクションカメラです。前後のレンズを併用することで6Kの360°全天球動画が撮影可能。移動やアクティビティの様子を周囲の風景ごと切り取れるので、高い没入感の旅行動画を撮影したい方におすすめです。

前カメラ単体で伝統的なHEROスタイルのアクション動画を撮影したり、後カメラで自撮りVlogを撮影したりなども可能。また、ブレ補正・水平維持機能「Max HyperSmooth」によって、激しい動きでも安定した360°動画やVlogが撮影できます。

本体には6基のマイクが内蔵されているため、360°動画にふさわしい立体音響を録音できるのも魅力。水深5mまでの防水性能を備えているほか、フルHDでのライブストリーミング機能も搭載しています。

インスタ360(Insta360) Insta360 ONE X2

ポケットサイズに創造的な撮影機能を備えた旅行向けの全天球アクションカメラです。5.7Kの360°全天球動画に対応。高性能な手ブレ補正「FlowState」や水平維持機能を搭載しており、高解像で見やすい動画を記録できます。

撮影に使う自撮り棒を動画から消せる処理機能を備えているのもポイント。ドローンで撮影者の周囲を旋回しながら空撮したような「バレットタイム撮影」も手軽に楽しめます。ハイパーラプス・フリーズフレーム・マルチビューなどの高度な撮影テクニックも活用できるため、多彩な表現の旅行動画を撮影したい方におすすめです。

カメラ単体で水深10mまでの防水性能を搭載しているのも魅力。また、アクティビティの種類ごとに豊富なアクセサリーが用意されています。

インスタ360(Insta360) Insta360 ONE RS ツイン版

自由な表現が楽しめる旅行向けのレンズ交換式アクションカメラです。レンズユニット・モニターコア・バッテリーベースの3パーツで構成。レンズを交換することで異なる画角や画質の動画が撮影できるので、1台のカメラで旅行中の多彩なシーンを撮影したい方におすすめです。

ツイン版には1/2型センサーによる高画質な4K 60fps動画を撮影できる「4Kブーストレンズ」と、5.7Kの全天球動画が撮影できる「360度レンズ」が同梱。さらに、暗所でも高画質な広角動画が撮影できる、ライカと共同開発の「1インチ広角レンズ」も別売りで用意されています。

カメラ全体で水深5mまでの防水性能を備えており、耐久性でも優れているのも魅力。また、見えない自撮り棒やFlowState手ブレ補正など、Insta360独自の技術も多く搭載されています。

ディージェイアイ(DJI) DJI Action 2

小型ボディで多彩な使い方が楽しめる旅行向けのアクションカメラです。画角155°の超広角カメラを搭載しており、4K 120fpsのハイフレームレート撮影に対応。ミニマムサイズで移動の邪魔にならないため、ツーリングでの一人旅にもおすすめです。

磁気ロック設計を採用しており、アクセサリーやマウントの交換が素早く行えるのもポイント。専用の自撮り棒や三脚にワンタッチで取り付けられるほか、磁気を活用したヘッドバンドやストラップを活用すれば、ウェアラブルカメラとしても使えます。

モニターを搭載した同梱の「フロントタッチ画面モジュール」を取り付ければ、自撮りしながらのVlog撮影も簡単。また、水深10mまでの防水性能を備えており、多彩なタイムラプスや8倍スローモーションなどの撮影も手軽に楽しめます。

番外編:旅行におすすめのカメラバッグ

ハクバ(HAKUBA) Chululu カメラトート SCH-CTT

おしゃれに持ち歩ける旅行向けのトート型カメラバッグです。本体にはカジュアルなデニム調のツイル生地を主に使用。ハンドルや底面には高級感のある革調素材を採用されているため、旅行先でもスタイリッシュに撮影を楽しみたい方におすすめです。

メイン収納スペースには、レンズ付きのミラーレス一眼や交換レンズ1本に加えて、財布などの小物が収納可能。着脱式の中仕切りで自由にレイアウトを変更できるほか、側面には小型タブレットやメモ帳を収納できるスリーブポケットも備えています。

バッグの開口部はファスナーでしっかり閉じられるので、旅行先での移動中でも収納物の落下や盗難を防げるのも魅力。また、付属のショルダーベルトを取り付ければ、ショルダー型のカメラバッグとしても使用が可能です。

ロープロ(Lowepro) スリングショット SL250 AW III

小型ながら速写性と収納力に優れた旅行向けのスリング型カメラバッグです。前面と側面から開ける「QuickDoorシステム」を採用。背負った状態からでも機材へのアクセスが素早くできるため、旅行先で観光しながらスナップ撮影する場合にもおすすめです。

収納部が上下に分かれた2気室タイプなのもポイント。下部の機材収納スペースには、レンズ付きミラーレス一眼と、2〜3本の交換レンズまたは小型ドローンが収納可能です。上部には携行品を収納でき、小物の整理に便利なポケットも搭載されています。

背面に11インチ程度のタブレットを収納できるスペースが用意されているのも魅力。また、底部には専用のレインカバーが格納されており、急な天候の変化に見舞われても大切なカメラ機材をしっかりと保護できます。

エンデュランス(Endurance) カメラバッグ ExtII

高機能と利便性を追求した旅行向けのリュック型カメラバッグです。プロカメラマンが監修した人気モデルにさらなる改良を追加。コンパクトながらカメラシステム一式を快適に持ち運べるので、撮影が主目的の旅行にもおすすめです。

正面のジッパーを開閉することで奥行きを約5.5cm拡張できる「エキスパンドシステム」を採用しているのもポイント。大三元レンズとバッテリーグリップを装着したフルサイズミラーレスが収納可能です。加えて、可変間仕切りを活用することで600mmクラスの超望遠レンズも収納できます。

2気室構造の上部はロールトップタイプを採用しているのも魅力。荷物量に合わせて上部気室のスペースを拡張可能です。背面には蒸れを軽減するメッシュクッションと、スーツケースのハンドルに装着できるストラップを備えています。