本体にカーナビ機能を搭載せず、スマホアプリを利用して地図を表示する「ディスプレイオーディオ」。車向けスマホアプリの充実によって、急速に普及しつつあります。カーナビを搭載していない分、低価格で購入できるのが魅力です。

ただし、各メーカーからさまざまなモデルが販売されており、はじめて購入する際にどれを選ぶか迷ってしまうことも方も多いはず。そこで今回は、おすすめのディスプレイオーディオをピックアップしてご紹介します。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ディスプレイオーディオとは?

By: rakuten.co.jp

ディスプレイオーディオとは、いわゆる「AV一体式カーナビ」からカーナビ機能を取り除いたカーAVユニットのこと。カーナビ機能は、スマホに対応しているカーナビアプリと連携して使用します。

スマホと連携して保存している音楽を聴いたり、専用アプリを活用して動画をモニターに映し出したりできるのもポイント。また、拡張性が高く、好みのアプリやオプションを追加するなど自分好みにカスタマイズしやすいのも魅力です。

ディスプレイオーディオとカーナビとの違い

By: jpn.pioneer

AV一体式カーナビと異なり、ディスプレイオーディオは本体にカーナビ機能を搭載しておらず、スマホと連携してカーナビアプリを利用します。AV一体式カーナビでは内蔵しているカーナビが決まっている一方、ディスプレイオーディオでは好みのカーナビアプリを選択可能です。

カーナビアプリはアップデートや機能向上が早いのも魅力。また、カーナビ機能がない分、本体価格を抑えられるのもポイントです。ただし、カーナビアプリはスマホがなければ使えないため留意しておきましょう。

ディスプレイオーディオの選び方

ディスプレイオーディオの種類

CarPlay・Android Auto対応モデル

By: rakuten.co.jp

ディスプレイオーディオは、製品によって対応しているキャリアが異なる場合があります。iOSに適しているのは、「Apple CarPlay」対応のディスプレイオーディオです。音声アシスタント機能「Siri」が利用でき、画面をタッチして操作できない運転中に便利。地図アプリはもちろん、音楽再生や音声通話、メッセージの送受信なども可能です。

また、Androidスマホに適しているのは、「Android Auto」対応のディスプレイオーディオ。Googleが車用に開発したアプリで、通常のGoogleマップより車で操作しやすいのが特徴です。リアルタイムGPSや交通情報通知機能など機能が充実しています。

Android OS搭載モデル

By: amazon.co.jp

Android Autoがスマホをディスプレイオーディオの画面から制御するのに対し、ディスプレイオーディオ側で直接制御するのが「Android OS」を搭載したモデルです。ディスプレイオーディオユニットに、専用のタブレットをボルトオンするタイプも販売されています。

また、さまざまアプリを直接ダウンロードして動作させることが可能。Android AutoやCarPlayは対応しているアプリが限られるものの、Android OSなら多彩なアプリを使用できます。

取付形状をチェック

By: rakuten.co.jp

ディスプレイオーディオには通常のAV一体式ナビと同様、1DINタイプと2DINタイプがあります。1DINタイプは本体部が縦50×178mmnのコンパクトサイズで、ディスプレイがフローティング構造になっているタイプ。本体部は1DINスペースに収められるため、1DINしかない古い車種に取り付けたい場合に便利です。

フローティング構造はディスプレイの角度を大きく調節できるので、幅広い車種に対応しやすいのもポイント。上下・左右を調節できるモデルなら、ドライバーの見やすい位置に微調整が可能です。2DINタイプの車種で1DINCDプレーヤーなどと併用したい場合にも重宝します。

2DINタイプは縦100×横178mmのディスプレイ一体型タイプ。角度の調節幅は狭いものの、出っ張りが少なくすっきりと取り付けられるのが魅力です。

モニターサイズをチェック

By: jpn.pioneer

ディスプレイオーディオのモニターサイズはモデルによって異なります。6.8~9インチのモニターを搭載したモデルが主流。スマホアプリでナビ画面を表示する機会が多い場合は、なるべくモニターサイズの大きいモデルがおすすめです。

また、クレイドル型の専用タブレットをモニターとして使用するモデルも要チェック。タブレットを取り外して、自宅であらかじめ楽曲などをダウンロードしておけるため便利です。

接続方法をチェック

By: jpn.pioneer

ディスプレイオーディオとスマホの接続方法にはBluetooth接続やUSB接続、Wi-Fi接続などがあります。Bluetooth接続はわずらわしいケーブルを使わず、ワイヤレス接続できるのが魅力。おもに、ハンズフリー通話やスマホ内に保存している音楽再生時に使用します。

USB接続は、おもにカーナビアプリを接続する際に使用。直接ディスプレイオーディオとスマホを接続するため、常に安定した接続が可能です。

Wi-Fiはお気に入りのWebコンテンツを見たりYouTubeを視聴したりする際に使用します。また、ビデオカメラを接続できるHDMI端子を備えたモデルもあるのでチェックしてみてください。

スマホとの連携をチェック

By: kenwood.com

ディスプレイオーディオとスマホを連携させるには、スマホアプリが必要です。契約しているキャリアによって使えるアプリが異なり、iOSに対応しているのが「Apple CarPlay」。Siriによる音声操作機能にも対応しているため、タッチ操作できない運転中などに便利です。地図アプリのほか、音楽再生や音声通話、メッセージの送受信もできます。

Androidスマホに対応しているのが「Android Auto」。Googleが開発したアプリであり、Googleマップと比べてより車での操作がしやすいのが特徴です。リアルタイムGPSや交通情報通知機能などの機能も使用できます。

外部スロットをチェック

By: kenwood.com

CDやUSBなど外部スロットを搭載しているかをチェックしておきましょう。メディアに好みの音楽を保存しておけば、スマホを使用せずともスロットに差し込むだけで音楽を楽しめます。DVDを使用できるモデルなら、子供とのドライブでお気に入りのアニメDVDを再生できるため便利です。

USBメモリに保存した音楽を楽しむ際には、対応フォーマットも要チェック。MP3やAAC、WVAが主流ですが、ハイレゾ音源を再生したい場合には、FLACやWAVなどの高音質フォーマットに対応しているかを確認してみてください。

その他機能をチェック

By: jpn.pioneer

ディスプレイオーディオはスマホアプリを活用してハンズフリー通話が可能です。SiriやGoogleアシスタントなど音声操作に対応していれば、音声で電話をかけたりメッセージを読み上げたりと運転中に役立ちます。

また、グラフィックイコライザーやタイムアライメントなど、豊富なサウンド調節機能を備えているモデルも販売されているので、あわせてチェックしてみてください。

ディスプレイオーディオのおすすめメーカー

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

東京都に本社を構えている電機メーカーです。カーナビや地図サービス、PC用ドライブなどの事業を展開。とくに、カーオーディオブランド「カロッツェリア」が人気です。ディスプレイオーディオにおいては、1DINタイプと2DINタイプをラインナップしています。

なかでも、フローティング構造のディスプレイを採用したモデルは、好みに合わせて角度を調節できて便利。Android OS搭載の専用タブレットとセットで使うモデルにも注目してみてください。

アルパイン(Alpine)

By: amazon.co.jp

アルプスアルパイングループの、カーオーディオブランドです。カーナビ・ドライブレコーダー・カーオーディオ・カーモニターなどを手がけています。ディスプレイオーディオにおいては、フローティング構造のモデルをラインナップ。7インチカーナビの約1.8倍の大画面を実現しています。

EQプリセットやグラフィックEQ、タイムコレクションなどサウンドチューニング機能が充実しているのもポイント。FLAC形式のハイレゾ音源に対応しており、音質を重視したい方も要チェックです。

ケンウッド(KENWOOD)

By: kenwood.com

JVCケンウッドが展開しているオーディオブランドです。カー用品を中心にさまざまな製品を手がけており、カーオーディオやカーナビ、ドライブレコーダーを展開。ディスプレイオーディオにおいては、Apple CarPlayとAndroid Autoの両方に対応したモデルを販売しています。

幅広いメディアやフォーマットに対応しているのも魅力。CDやDVDはもちろん、USBデバイスに保存している映像や音楽、画像データを再生可能です。

ディスプレイオーディオのおすすめ|CarPlay・Android Auto対応

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア FH-8500DVS

さまざまメディアやフォーマットに対応しているディスプレイオーディオです。Apple CarPlayとAndroid Autoの両方に対応しており、スマホに保存した音楽を再生できます。USBデバイスやポータブルHDDを接続して動画を視聴したり、DVDやCDを再生したりなど、多彩な楽しみ方ができるおすすめモデルです。

ハイレゾ音源に対応しており、原音に忠実なサウンドを再現するのも魅力。1920×1080のフルHD動画の再生にも対応しています。Bluetooth接続によって、ワイヤレスでメインユニット側の操作ができるほか、ハンズフリー通話にも対応。スマホをカバンのなかに入れたまま通話できて便利です。

録画・編集したDVD-R/RWを再生できるのもポイント。地上デジタル放送や、BSデジタル放送を録画したディスクを視聴可能です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DMH-SF700

9インチディスプレイを搭載したディスプレイオーディオです。Apple CarPlayとAndroid Autoの両方に対応し、SiriやAndroidスマホの音声認識機能を利用可能。目的地設定や音楽再生、ハンズフリー通話などを快適に操作できるおすすめモデルです。

専用アプリでお気に入りのWebサイトを登録しておけば、YouTubeなどの動画を車内で再生可能。スマホから本体に転送してスライド・タッチするだけで、簡単に操作できます。1DINサイズながらフローティング構造を採用しており、大画面で視聴できるのも魅力です。

FLACとWAVファイルのハイレゾ音源の再生に対応しているのもポイント。そのほか、USBポートやAV入力端子、HDMI端子を備え、さまざまな機器と接続できるのも便利です。

アルパイン(Alpine) 9型フローティングビッグDA ディスプレイオーディオ DAF9

フローティング構造の9インチ大画面ディスプレイを搭載した、1DINタイプのディスプレイオーディオです。7インチカーナビの約1.8倍の画面サイズで、視認性に優れているのが魅力。ボタン表示も大きく、スムーズに操作しやすいおすすめモデルです。ディスプレイは、位置や角度を調節できます。

スマホでの音楽再生や地図アプリ使用時はUSBケーブルで接続する仕様で、Apple CarPlayとAndroid Autoの両方に対応。ワイヤレス再生の音質劣化が気になる方に適しています。Bluetooth接続により、ハンズフリー通話を利用できるのもポイント。付属のマイクを使用すれば、スマホの音声認識機能にも対応可能です。

EQプリセットやグラフィックEQ、タイムコレクションなど、サウンドチューニング機能も充実。FLAC形式のハイレゾ音源に対応しており、音質を重視したい方にもぴったりの1台です。

ケンウッド(KENWOOD) 2DINモニターレシーバー DDX5020S

Apple CarPlayとAndroid Autoの両方に対応しているディスプレイオーディオです。本体への画面表示はもちろん、音声コントロール機能も利用できます。Androidスマホなら動画配信サービスなどの動画コンテンツをモニターに表示できるため、とくにAndroidユーザーにおすすめのモデルです。

Bluetooth接続に対応しており、スマホに保存した音楽をワイヤレスで転送できるのも魅力。また、高音質なハンズフリー通話機能を搭載しているので、スマホをバッグに入れたままでも通話できます。さまざまなメディアやフォーマットに対応しているのもポイント。CDやDVDほか、USBデバイスに保存している映像や音楽、画像データを再生可能です。

そのほか、歪みが少なく、より原音に近い音楽再生を実現する24bitDACを内蔵。13バンドグラフィックイコライザーやクロスオーバー設定、デジタルタイムアライメントなど、サウンド調節機能も充実しています。

ATOTO F7 SE カーステレオレシーバー F7TYC7SE

IPSパネルを採用したディスプレイオーディオ。視野角が178°と広く、色変化も少ないので、画面を見やすいのがポイントです。本製品はApple CarPlayとAndroid Autoに対応。Bluetooth接続した場合は、ハンズフリー通話をしたりストリーミング音楽サービスを利用したりできます。

また、最大512GBのmicroSDカードや、最大2TBの外付けSSDを使用可能です。記録しておいたさまざまな音楽や動画データも快適に楽しめます。リーズナブルなモデルを探している方におすすめのモデルです。

ディスプレイオーディオのおすすめ|Android OS

パイオニア(Pioneer) FH-7600SC + SDA-700TAB

Android OSを搭載した専用タブレットをセットして使うタイプのディスプレイオーディオです。タブレットは押すだけで簡単に着脱できます。自宅やWi-Fiスポットで動画や音楽をタブレットにダウンロードしてから車内で楽しむなど、多彩な使い方ができるおすすめモデルです。

充実したオーディオ調節機能にも注目。13バンドグラフィックイコライザーを搭載し、好みのサウンドに調節可能です。各スピーカーの音圧レベルを均一に調節できるほか、目の前で音が鳴っているような感覚を楽しめるタイムアライメントも搭載されています。

また、オプションの車載用Wi-Fiルーターを活用すれば、車内で通信料を気にせずオンラインコンテンツを楽しめて便利。そのほか、ギアをバックに入れると自動的に画面が切り換わる、専用のバックカメラユニットも別売りされています。

ATOTO AndroidカーナビゲーションAVシステム A6

Android OSを搭載したディスプレイオーディオです。銀メッキ銅線を使用した、ウルトラ外部Wi-Fiアンテナを搭載しているのが特徴。安定したWi-Fi通信を実現しており、スマホと同レベルの受信性能を期待できるおすすめモデルです。

7インチディスプレイの静電タッチスクリーンによる、快適な操作性も魅力。また、最大4×45Wのプリアンプを内蔵しており、高音質なサウンドを楽しめます。Googleストアの300以上ものアプリに対応しているのもポイント。Bluetooth接続によるハンズフリー通話や、音声メッセージの送信も可能です。

FM・AMラジオチューナーを内蔵しているのもメリット。災害情報などを受信したいときに役立ちます。そのほか、USBインターフェイスとAUXオーディオ入力を搭載し、バックカメラとの接続も可能。ただし、Android Autoとスマホ用のAndroidゲームには対応していない点に、留意しておきましょう。

XTRONS ディスプレイオーディオ

7インチモニターを搭載した、2DINタイプのディスプレイオーディオです。Android OS10.0を搭載しており、Wi-FiとBluetooth経由でインターネットを利用可能。GoogleマップやYouTubeなど、好みのアプリをダウンロードしたい方におすすめのモデルです。

64GBの大容量メモリにより、快適に使える性能と電力効率を実現。専用アプリをインストールすれば、iPhoneやAndroidスマホの画面を表示でき、音声のコントロールも可能です。USBポートとSDスロットを備えているほか、バックカメラを接続できるビデオ入力端子も備わっています。

そのほか、HDMI出力端子も搭載しており、後部座席に外部モニターを取り付けたいときに便利。ミラーリング機能を活用すれば、スマホ側のゲームや映像などをモニターに映し出すことも可能です。

XTRONS ディスプレイオーディオ TQ100

Android OSを搭載した、2DINタイプのディスプレイオーディオです。フローティング構造のディスプレイを搭載しており、角度を前方最大45°、後方20°に調節可能。ドライバーから見やすい位置に調節しやすい、おすすめモデルです。

Wi-FiテザリングとBluetoothテザリングの両方に対応しているのもポイント。GoogleマップやYouTubeなど好みのアプリをダウンロードできます。スマホのミラーリングに対応しているほか、USBポートやSDスロット、HDMI出力など端子を豊富に備えているのも特徴です。

流線型デザインのスタイリッシュな外観も魅力。2.5Dガラスとピアノブラックのカラーリングを組み合わせて、高級感を演出しています。使用頻度の多いボタン類を画面上部に設置した、操作性のよさもメリットです。

XTRONS ディスプレイオーディオ TSD100L

10インチディスプレイを搭載した、2DINタイプのディスプレイオーディオです。DSP機能を搭載し、30バンドグラフィックイコライザーによって好みのサウンドに調節できるのが特徴。6種類の音場から選択して好みのリスニング環境を構築できる、音質を重視したい方におすすめのモデルです。

また、Wi-Fiを利用して地図アプリや好みのアプリをダウンロード可能。USBデバイスやSDカード内の音楽・動画を楽しめるのも魅力です。ミラーリング機能を活用すれば、スマホ側のゲームや映像をディスプレイに映し出して楽しめます。

Bluetooth5.0に対応しており、ハンズフリー通話ができるのもポイント。アイコンが大きく見やすいほか、マルチタッチスクリーンを採用しているので、操作性にも優れています。

青木製作所 スマホランチャー AMEX-SL01

Android 10を搭載したディスプレイオーディオです。専用アプリを使用すれば、AndroidスマホとiPhoneともに接続可能です。また、Wi-Fi・Bluetooth・USB・有線接続に対応しています。ナビアプリを利用できるほか、YouTubeを大画面で視聴したりハンズフリー通話したりも可能です。

音楽はスマホアプリからはもちろん、USBメモリから取り込んだ音楽データも楽しめます。さらに、イコライザ機能を備えており、8種類のプリセットパターンを選べるのがポイント。各スライダーを自分好みに調節して、音楽を聴けます。

そのほか、Wi-Fi接続時にはGoogleアシスタントを利用可能。欲しい情報を音声で検索できるので便利です。