山岳地帯や荒野はもちろん、街乗りを楽しむ際に活躍する「マウンテンバイク」。MTBとも呼ばれ、路面からの衝撃を吸収するサスペンションなどを搭載しているのが特徴です。

製品を購入する際は、ハードテイルやフルサスペンションなどの種類で選ぶのも大切ですが、素材など細かい部分をチェックするのも重要。そこで今回は、マウンテンバイクのおすすめモデルをご紹介します。人気メーカーや選び方などもお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

マウンテンバイクの種類

初心者向けの「ハードテイル」

By: trekbikes.com

ハードテイルは、地面からの衝撃を吸収する「サスペンション」が前輪のみに搭載されているマウンテンバイク。シンプルな構造のため、軽量でメンテナンスをしやすいのが特徴です。

また、フルサスペンションのマウンテンバイクと比べるとリーズナブルなので、これからマウンテンバイクを始める初心者におすすめ。山道や荒れた路面よりは、街乗りに適しています。

上級者向けの「フルサスペンション」

By: trekbikes.com

フルサスペンションのは、サスペンションが前輪と後輪の両方に搭載されたマウンテンバイクです。ハードテイルのマウンテンバイクよりも、地面からの衝撃を吸収する力が優れており、荒れた路面や山道などの走行に向いています。

一方で、重量が重くメンテナンスにも手間がかかるのは難点。マウンテンバイクの扱いに慣れている上級者におすすめのモデルです。

マウンテンバイクの選び方

フレームの素材をチェック

By: trekbikes.com

マウンテンバイクのフレーム素材にはアルミやクロモリ、カーボンなどがありますが、多くのモデルに採用されているのはアルミです。アルミは軽量性に優れているうえに、強度もあるのが特徴。また、コストが低いという理由でも人気があります。

そのほか、ハイグレードモデルにはカーボンが使われていることもありますが、剛性としなやかさなどに優れている分、価格は高めの設定。そのため、初心者や街乗りを目的としている方であれば、アルミフレームがおすすめです。

ホイールサイズをチェック

By: trekbikes.com

マウンテンバイクホイールサイズは、大きく「26インチ」「27.5インチ」「29インチ」の3つに分けられます。なかでも、現在の主流は27.5インチと29インチの2つです。

それぞれの特徴を挙げると、まずホイールサイズが小さい26インチは、細かいハンドリングができるのがポイント。小回りが利くため、街乗りなどで狭い道を走る際にもおすすめです。

一方で、ホイールサイズが大きい29インチは、速度と走破性を重視したい方に適しています。安定性や推進力にも優れており、速度が落にくいため、長距離走行にもおすすめ。中間の27.5インチは、それぞれのいいとこ取りをしたサイズ。26インチタイヤに比べると加速性に優れ、29インチに比べると小回りが利くのが特徴です。

制動力の高い「ディスクブレーキ」搭載モデルがおすすめ

By: trekbikes.com

ディスクブレーキとは、車輪と一緒に回転する円盤型をしたブレーキのこと。古くからマウンテンバイクに使われているVブレーキに対し、泥などの影響を受けにくいため、高い制動力をもっているのが特徴です。

ディスクブレーキの種類は「油圧式」と「機械式」の2つに分けられます。2つの制動力に大きな違いはありませんが、油圧式は軽めの力でもしっかりとブレーキをかけられるのがメリット。一方で、機械式はトラブルが起きた際などメンテナンスをしやすいのが魅力です。

マウンテンバイクのおすすめメーカー

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

ジャイアントは、1972年に台湾で設立された自転車メーカーです。1990年代に契約したトップアスリートとの活躍によって注目が集まり、現在は世界トップクラスの自転車メーカーとして信頼を得ています。

日本国内での流通量が多く、街乗りに向いているモデルから山道などにおすすめのプロ向けモデルなど、ラインナップの多さも特徴。また、性能とデザイン共に優れていながらリーズナブルなので、コスパに優れたマウンテンバイクを探している方におすすめです。

ジーティー(GT)

By: riteway-jp.com

GTバイシクルズは、アメリカを代表するマウンテンバイクのメーカーです。質と剛性の高いフレームに定評があり、BMXレースのスポンサーも務めています。

アメリカ国内では、マウンテンバイクのフレームにアルミ素材を使用した先駆け的存在になるなど、さまざまな先端技術で多くの人を魅了。技術力の高さや、独自のトリプルトライアングルフレームなどでも人気のあるメーカーです。

トレック(TREK)

By: trekbikes.com

アメリカに本社と工場を置くトレックは、マウンテンバイクやロードバイクなどを発売するメーカー。通勤・通学に使えるモデルから、レースで活躍するプロ向けモデルまで、さまざまな製品がラインナップされています。

また、超軽量なカーボン成型技術の導入など、技術力の高さにも定評があります。 傘下には、フレームメーカーやパーツメーカーを保有。性能の高さから日本でもファンの多いマウンテンバイクメーカーです。

ビアンキ(Bianchi)

By: bianchi.com

ビアンキは、イタリアの自転車メーカーです。設立から120年以上の歴史を持つ老舗ですが、最大で80%の振動を抑える技術を共同開発するなど、革新的なスタイルもあわせ持っています。

また、ビアンキといえば、鮮やかな空色をした「チェレステカラー」でも有名。バイクの本体やフレームにチェレステカラーが採用されており、おしゃれにこだわりのある方からも人気があります。

マウンテンバイクのおすすめモデル

ジャイアント(GIANT) ATX

軽量なアルミフレームが採用された初心者向けのマウンテンバイクです。ホイールは主流の27.5インチ設計。前輪部分には、衝撃を吸収する100mmトラベルサスペンションフォークを搭載しています。

タイヤは市街地だけでなく、悪路などの走行もサポートするセミブロックタイヤを採用。ブレーキの役割を果たすディスクブレーキは、扱いやすいワイヤー式です。そのほか、フレームに直付けされたキックスタンドなど、街乗りにも配慮されています。

ジャイアント(GIANT) FATHOM 2

山道の上りにも下りにも対応できるハードテイルのマウンテンバイク。ヘッドチューブと地面の角度を表すヘッド角は緩めの67°なので、安定感のある走行が可能です。

フレームには、軽量高剛性ALUXX SLアルミフレームが採用されています。手元部分には、シートの高さを調節できる油圧式ドロッパーピラーを搭載。走行状況に合わせて手軽にシートの高さを変えられるのも魅力です。

ホイールサイズは27.5インチで、2.6インチ幅のタイヤに対応。タイヤはグリップ性とブレーキ性に優れた高性能タイヤを採用しています。そのほか、落ち着いたデザインも魅力的なおすすめのマウンテンバイクです。

ジャイアント(GIANT) TEMPT 3

ジャイアント(GIANT) TEMPT 3

里山などのオフロードデビューにぴったりな女性向けのマウンテンバイク。ハードテイルモデルで、サスペンションにはロック機能が付いているため、平らな道を走行する際のパワーロスを抑えられます。

フレームには、軽量かつ剛性の高い新型アルミフレームを採用。ギアは24段階で調節可能です。内蔵式ケーブルなので、スタイリッシュな外観も魅力のモデルです。

ジャイアント(GIANT) TRANCE 3

ジャイアントを代表する走破性に優れたトレイルマウンテンバイク。サスペンションの作動量を表すトラベル量は前150mm、後140mmです。

フルサスペンションモデルで、フレームには軽量かつ高剛性のアルミ素材が使われています。手元部分にはシート高を調節できるレバーを搭載。走行状況に合わせてスムーズに高さを変えられます。ホイールサイズは27.5インチです。

ブラックを基調にしたスタイリッシュなデザインも魅力。国内でトレイルを楽しみたい方におすすめのマウンテンバイクです。

ジャイアント(GIANT) TRANCE E+ PRO

500Wの大容量バッテリーを搭載したフルサスペンションのマウンテンバイク。最大トルク80Nmのパワフルさが特徴です。

ヤマハと共同開発したモーターには、パワフルかつ自然なアシストを実現する「6センサーテクノロジー」を搭載。本体の前後には、業界屈指のスペシャリスト達が作った「FOXエアサスペンション」を採用しています。

シートの高さは手元のレバーで調節可能です。本体カラーには特殊ペイントが施されており、角度によってブルーからパープルに変化して見えるのも魅力。山道など、オフロードの走行を本格的に楽しみたい方におすすめのマウンテンバイクです。

トレック(TREK) Roscoe 7

トレック(TREK) Roscoe 7

爽やかなアロハグリーンカラーが魅力的なハードテイルのマウンテンバイクです。ホイールサイズは27.5インチで、タイヤは通常の規格よりも太めのプラスタイヤを採用。安定性に優れているため、初心者にもおすすめのモデルです。

フレームには高強度のアルミ素材が採用されています。また、パワフルな油圧ディスクブレーキ、コーナーや下りで自由にサドルを下げられる「ドロッパーポスト」もポイントです。

カラーはアロハグリーンのほか、重厚な存在感のあるブラックを展開。デザイン面でも人気のあるおすすめのマウンテンバイクです。

トレック(TREK) X-Caliber 7

軽量なパーツが採用されたハードテイルマウンテンバイクです。長距離を速く走りたい方におすすめ。フレームには軽くて丈夫なアルミ素材が使われています。

ブレーキには、少ない力でブレーキをかけられる「油圧ディスクブレーキ」を採用。また、瞬時にサドルを下げられるドロッパーポストに対応するため、体勢や目線を大きく変えずにレースなどの走行に集中できるのもポイントです。

そのほか、鮮やかで存在感のあるレッドカラーも魅力。走るのを楽しみたい方におすすめのマウンテンバイクです。

トレック(TREK) Marlin 6

オンロードからオフロードまで幅広いシーンで活躍するマウンテンバイクです。サスペンションロック機構が搭載されており、平らな道を効率よく走りたいときにも便利。キックスタンドも設置できるため、通勤や通学にも使えるマウンテンバイクが欲しい方におすすめです。

ホイールサイズは27.5と29インチの2種類。フレームには、軽量かつスマートな外観のアルミ素材が採用されており、リーズナブルな価格も魅力です。また、フレームにケーブルが内蔵されているのもポイント。スッキリとしたシンプルなデザインが好きな方にもおすすめのマウンテンバイクです。

トレック(TREK) Marlin 7 Women’s

トレック(TREK) Marlin 7 Women's

大きく湾曲したトップチューブが特徴的なハードテイルマウンテンバイク。身長が低い方でも乗りやすいため、小柄な方や子供にもおすすめのモデルです。

ブレーキには、強い力をかけなくてもコントロールしやすい「油圧ディスクブレーキ」が採用されています。サスペンションはロック可能なため、凸凹のある道でも、平らな道でも走行可能。レースに出られるほどの性能を有しながらも、比較的リーズナブルな価格で購入できるおすすめのマウンテンバイクです。

トレック(TREK) Fuel EX 5

トレック(TREK) Fuel EX 5

フルサスペンションマウンテンバイクのエントリーモデルです。安定性と反応性に優れており、オフロードでの確実な操作をサポートします。変速はシンプルな1×10速のため、チェーントラブルを避けたい方にもおすすめです。

サスペンションの作動量は140mmと130mm。シートの高さは、ハンドル部分に搭載された専用レバーのみで調節可能です。フレームにはアルミ素材を採用。ホイールサイズは27.5と29インチの2種類です。

ブラックとグレーのシンプルで落ち着いたデザインも魅力。入門モデルながら、十分な性能を備えたおすすめのマウンテンバイクです。

トレック(TREK) Roscoe 7

トレック(TREK) Roscoe 7

やや厚めのタイヤが特徴的なハードテイルのマウンテンバイクです。トレイル向けのモデルですが、サスペンションはロック可能なため、オンロードの平らな道の走行も楽しめます。

27.5+のホイールと、スムーズに動くサスペンションフォークなどにより、安定性に優れているのもポイント。初心者にもおすすめの1台です。

また、変速とブレーキケーブルが内蔵されているため、スッキリとしたデザインに仕上がっているのも魅力。フレームには、強度の高いアルミ素材が採用されています。

トレック(TREK) Procaliber 9.6

トレック(TREK) Procaliber 9.6

トレイルの振動を軽減する「IsoSpeed テクノロジー」を備えたカーボン製のマウンテンバイク。レース向けモデルのなかでは、低価格なカーボンが採用されています。

ギアは12段階で調節可能です。カラーにはシンプルで重厚感のあるチャコールを採用。シングルトラックを効率的に走りたい方おすすめのマウンテンバイクです。

ジーティー(GT) PALOMAR ALLOY

ジーティー(GT)  PALOMAR ALLOY

通勤や通学など、日常使いにおすすめのマウンテンバイクです。フレームには、耐久性に優れたアルミ合金を採用。レース用さながらのハードな環境にも耐える頑丈さも特徴です。

ホイールは、取り回し・スピード・走破性に優れた27.5インチ。バランスに優れているため、街乗りはもちろん、山道まで幅広い走行をサポートします。また、アスファルトだけでなく、未舗装の道にも対応する幅広のタイヤもポイントです。

ブレーキには、軽い力でも高い制動力を発揮する「Vブレーキ」を使用。価格もリーズナブルなので、初めてのマウンテンバイクにもおすすめです。

ジーティー(GT) AGGRESSOR EXPERT

ジーティー(GT) AGGRESSOR EXPERT

街乗りに映えるスタイリッシュなデザインのハードテイルマウンテンバイクです。オフロードにも対応する堅牢さと快適さを兼ね備えています。

メインフレームには、軽さと頑丈さを兼ね備えたアルミ素材を採用。本体上部分のトップチューブは、軽いカーブを描いており、街中でもオフロードでも足付きのよい快適な乗り心地を楽しめます。

ホイール・タイヤサイズは主流の27.5インチ。加速に優れている点も魅力です。ブレーキには楽な力で制動できる油圧式を採用。コスパの高いマウンテンバイクを探している方にもおすすめのモデルです。

ジーティー(GT) AVALANCHE COMP

ジーティー(GT) AVALANCHE COMP

明るいデザインが特徴のハードテイルマウンテンバイクです。カラーは鮮やかなレッドと、落ち着きのあるディープティールの2色展開。デザインを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

また、GTブランドの名車「ザスカー」の弟分といわれるほど高スペックな点も魅力。フレームには、高品質アルミ素材が採用されています。ホイール・タイヤサイズは27.5インチ。プレミアムな1台が欲しい方におすすめのマウンテンバイクです。

ジーティー(GT) SENSOR COMP

ジーティー(GT) SENSOR COM

スッキリしたのフォルムに、オフロードに馴染むモスグリーンカラーが特徴的なマウンテンバイク。サスペンションには、GTの伝説的なサスペンションプラットフォーム「LTS」を搭載。走破性・路面追従性・ブレーキ性能に優れているのが特徴です。

ホイールはスピード性能に優れた29インチですが、27.5インチまで対応可能。対応するタイヤの幅は、最大で29×2.35、27.5×2.8です。登りと下りともに、アグレッシブな走行を楽しみたい方におすすめのマウンテンバイクです。

ビアンキ(Bianchi) MAGMA

ビアンキ(Bianchi) MAGMA

By: bianchi.com

ビアンキらしいチェレステカラーが特徴的なマウンテンバイクです。街乗りに適したモデルで、初めてのマウンテンバイクにおすすめ。リーズナブルな価格も魅力です。

ホイールは27.5インチのタイヤに対応しており、優れたハンドリングと走破性、巡行性能を楽しめるのも特徴。ブレーキには、軽い力で高い制動力を発揮する「油圧ディスクブレーキレバー」が採用されています。

カラーはチェレステのほかに、ブラックを基調としたモデルも展開。デザイン重視の方にもおすすめのおしゃれなマウンテンバイクです。

ビアンキ(Bianchi) KUMA 27.3

ビアンキ(Bianchi) KUMA 27.3

太めのタイヤが特徴のマウンテンバイク。堅牢なアルミフレームが採用されており、初めてオフロードを楽しみたい方におすすめのエントリーモデルです。

安定感に優れているため、凸凹のある道など、段差が多い街中の走行も楽しめます。ホイールは27.5インチ。カラーはマットネイビーのほか、マットチェレステ、ブラックなどを展開。重厚感のあるデザインも魅力的なおすすめのマウンテンバイクです。

メリダ(MERIDA) ビッグセブン20-MD

メリダ(MERIDA) ビッグセブン20-MD

軽量かつ優れた加速性が特徴のマウンテンバイクです。機械式ディスクブレーキが採用されており、雨天でも安定した制動力を発揮するのが特徴。価格が比較的リーズナブルなため、初心者におすすめのモデルです。

また、塗装品質にこだわった「MERIDA製アルミフレーム」が使用されているのも魅力。スッキリとしたスマートなデザインのため、通勤・通学時も違和感なく使えます。

ホイールは街乗りもオフロードも楽しめる27.5インチ。マウンテンバイクを気軽に楽しみたい方におすすめのモデルです。

スペシャライズド(Specialized) PITCH EXPERT 27.5

スペシャライズド(Specialized) LGS-M9.0

安定性と機敏さに優れたトレイル用のマウンテンバイクです。短めのホイールベースと、寝かせたヘッドアングルが特徴。フレームには、丈夫で軽い高品質なアルミ素材が採用されています。

ギアは10段階で調節可能。扱いやすい仕様のため、素早く静かな操作が可能です。ブレーキには、弱めの力でも制動できる「油圧ディスクブレーキ」を採用されています。

そのほか、シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。飽きのこないデザインのマウンテンバイクが欲しい方におすすめのモデルです。

スペシャライズド(Specialized) ROCKHOPPER SPORT 29

スペシャライズド(Specialized) ROCKHOPPER SPORT 29

高品質なアルミニウムフレームが採用されたマウンテンバイクです。ブレーキには、パワフルな制動力を有する「油圧ディスクブレーキ」を採用。しっかりとしたスピード調節と安定感を与えます。

また、ケーブルが内蔵されているのもポイント。マウンテンバイクならではの性能を持ちながら、スッキリとしたデザインに仕上がっています。比較的リーズナブルな価格も魅力。コスパに優れた製品が欲しい方にもおすすめのマウンテンバイクです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) LGS-M9.0

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) LGS-M9.0

身長145cmの方から乗れるモデルも展開されているマウンテンバイクです。路面からの衝撃を吸収するフロントサスペンションモデルで、オンオフ問わず走行できます。

ブレーキには高性能油圧ディスクブレーキを採用。ギアは24段階で調節可能です。カラーはグリーンのほか、ホワイトとブラックを展開。ゴツくないカジュアルなデザインのため、街乗りにもおすすめのマウンテンバイクです。

カノーバー(CANOVER) CAMT-042-DD ORION

カノーバー(CANOVER ) CAMT-042-DD ORION

機械式のディスクブレーキが採用されたマウンテンバイクです。雨の日でも制動力に影響が少ないのが魅力。また、価格がリーズナブルなため、初めてマウンテンバイクを購入する方にもおすすめです。

ギアは21段階で調節できるため、平地だけでなく、坂道でも快適な走行が可能。タイヤは段差や悪路にも対応する「オフロードスタイル」になっており、雨の日なども滑りにくいモデルを探している方にもおすすめです。

そのほか、軽量でコンパクトな「シリコンLEDフロントライト」もポイント。夜間の走行にも配慮されているなど、コスパに優れたおすすめのマウンテンバイクです。

レイチェル(Raychell) MTB-2618RR

レイチェル(Raychell) MTB-2618RR

街乗りに特化したフルサスペンションのマウンテンバイク。強度の高いスチールフレームや、18段階の変速ギアなど、機能面も充実しています。ブレーキには「Vブレーキ」が採用されており、下り坂や激しい段差などに強いのもポイントです。

また、泥ハネなどによる汚れを防ぐ「フェンダー」が施されているのも特徴。雨の日などの走行もしっかりとサポートします。そのほか、スポーツタイプの形状を元にしたサドルを採用するなど、クッション性と快適性の高い乗り心地も魅力です。

コナ(KONA) UNIT

コナ(KONA) UNIT

クロモリフレームが採用されたマウンテンバイクです。ホイールは速度と走破性のある29インチ。変速機非搭載のシングルスピードですが、多段変速用のツールを装着することで、好みのセットアップが可能です。

また、優れたハンドリング性と快適性もポイント。シンプルで美しいボディで、トレイルを楽めるマウンテンバイクです。