アウトドアシーンを駆け回る際に活躍してくれる「マウンテンバイク」。”MTB”とも呼ばれ、太めのタイヤや強靭なフレーム、衝撃を吸収するサスペンションなどを搭載しているのが特徴です。

そこで今回は、マウンテンバイクのおすすめモデルをご紹介します。種類や選び方についても解説するので、特に初めて購入を検討している方は、事前にしっかりと確認してお気に入りの1台を探してみてください。

マウンテンバイクの選び方

種類で選ぶ

上級者向けの「フルサスペンション」

By: amazon.co.jp

「フルサスペンション」タイプとは、フレームの前後に衝撃・振動を吸収してくれるサスペンションが付いているモデルです。悪路をスピーディーに走る際の衝撃吸収性は抜群。車体が跳ね上がることなく、グリップ力があります。

また、着地時の衝撃にも強いことからジャンプ競技にも使われます。サスペンション機能をロックすれば街乗りにもおすすめです。ただし、このモデルはサスペンションの分車体が重くなり、より複雑で微妙なメンテナンスと調整が必要になります。また、他のモデルと比較して価格も高めです。

初心者向けの「ハードテイル」

By: amazon.co.jp

「ハードテイル」は、フロント部分にのみサスペンションが付いているタイプです。テイルと呼ばれる後部にはサスペンションがありません。乗り心地が「固い=ハード」なために「ハードテイル」と呼ばれています。

フルサスペンションと比べると車体が軽量で、メンテナンスも比較的簡単です。また、平地や登りはフルサスペンションよりも走りやすいとされています。ちょっとした段差ならば簡単に乗り越えられるのも魅力。街乗りがメインの方におすすめのモデルです。

見た目重視の「マウンテンバイクルック車」

MTBルック車とは、見た目はマウンテンバイクなのに悪路を走れない自転車を指します。あくまで形だけを模したもので、性能は一般的なシティサイクルとほとんど変わりません。未舗装道路や登山道などを走ると壊れてしまう可能性があるため、「オフロードでは乗らないでください」と書かれたシールが貼られているのが特徴です。

MTBルック車であるかどうかの目安として挙げられるのが「価格」。マウンテンバイクとしての最低限の機能を有したエントリーモデルであっても5万円はするので、それ以下の価格帯は基本的にMTBルック車と考えてよいでしょう。

悪路を走りたい方には不向きですが、街乗りメインでちょっとした買い物やサイクリングなどに使うのならば特に問題はありません。マウンテンバイク風の自転車が欲しいけれど、高い性能は求めていないという方におすすめです。

フレームの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

マウンテンバイクを選ぶ際は、フレームの素材も重要です。これまでは「クロモリ(クロムモリブデン鋼)」が主流でしたが、より軽量化を図るために現在では「アルミ」製のモノが増えています。また、耐腐食性と耐久性に優れた「チタン製」も登場していますが、こちらはやや高価なため予算に余裕がある方におすすめです。

ホイールサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ホイールサイズもマウンテンバイク選びの重要なポイント。現在は、安定して効率的に走れる29インチのモノが主流です。細やかな操作性を求める方には27.5インチという選択肢もあります。さらに、テクニカルなコースを走る方や小柄な方には26インチがおすすめです。

制動力の高い「ディスクブレーキ」搭載モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ディスクブレーキとは、車輪の側面に付けられたディスクローターをブレーキパッドで挟むことによって停止させるブレーキシステムです。ホイールの外枠をパッドで押さえるリムブレーキは、泥などを巻き込んでしまうと制動力が落ちてしまいます。一方、ディスクブレーキは泥などの影響を受けづらい位置に装着されているため、悪路でもしっかりとブレーキを掛けることが可能です。

また、ディスクブレーキは雨天でも制動力が落ちづらいのが魅力。水が付着していても遠心力で吹き飛ぶため、ほとんど滑らずに安定してブレーキをかけることができます。自転車にとってブレーキの掛かりやすさは最も重要なポイントのひとつ。街乗りや通勤・通学用のマウンテンバイクを探している場合は、ディスクブレーキを搭載したモデルがおすすめです。

マウンテンバイクのおすすめメーカー・ブランド

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

1972年、台湾で設立された自転車メーカー「ジャイアント」。プロ向けの高性能な製品から、ビギナー向けのエントリーモデルまで幅広いラインナップを取り揃えているのが魅力です。性能やデザインに優れていながら価格もリーズナブル。コスパに優れたマウンテンバイクを探している方におすすめのメーカーです。

キャノンデール(Cannondale)

By: cannondale.com

「キャノンデール」は1971年にアメリカ合衆国で創業した自転車メーカー。現在はカナダに本社を置くドレル社傘下のブランドとして展開されています。ロードバイクで有名ですが、いち早くマウンテンバイクの開発を始めたことで有名。世界で初めて後部にサスペンションを搭載したほか、フロントフォークが左側にしかないLEFTYを開発するなど、現在もなお自転車業界のイノベーターとして第一線を走り続けています。

ジーティー(GT)

By: amazon.co.jp

「GTバイシクルズ」は、1979年にアメリカ合衆国で設立されたメーカー。現在はキャノンデールと同じく、ドレル社傘下のブランドのひとつとして展開されています。日本ではマウンテンバイク人気の火付け役となったブランドとして有名。また、技術力が高いことでも知られており、独自のトリプルトライアングルフレームをはじめ、剛性と強度の高いフレームを開発しています。パワフルなライドを楽しみたい方におすすめです。

マウンテンバイクのおすすめ人気モデル

ジャイアント(GIANT) ATX

ジャイアント(GIANT) ATX

価格と性能を両立したジャイアントのマウンテンバイク「ATX」。エントリーモデルのなかでも特に価格が安いのが特徴です。フレームには軽量のアルミ素材を採用。また、シティサイクルと比べてひと回り大きい27.5インチのホイールを搭載しています。

タイヤには、厚みのあるセミブロックタイヤを採用。アスファルトから荒れ地まで幅広く対応することが可能です。フロント部分には100mmトラベルサスペンションフォークを搭載しており、地面からの衝撃を吸収してくれます。

さらに、制動力の高い「ディスクブレーキ」を採用しているのもポイント。雨の日でもしっかりとタイヤを止められます。メンテナンスが簡単な機械式ディスクブレーキなので初心者も安心。通勤や通学、街乗りなど、日常使いにおすすめのマウンテンバイクです。

キャノンデール(Cannondale) HABIT 6

キャノンデール(Cannondale) HABIT 6

キャノンデールの「HABIT」は、市街地から山道までオールラウンドに乗り回せるマウンテンバイクです。フレームには軽量かつ剛性の高いアルミ合金を採用。荒れた地面でも快適に走ることができます。

ホイールは世界的に流行している27.5インチ。スピードと小回りを両立したサイズで、シーンを選ばずにさまざまなコースに対応できます。また、フロントとリアの両方にサスペンションを搭載。120mmのストロークによって、振動をしっかりと吸収してくれます。

油圧式のディスクブレーキを搭載しているのもポイント。機械式と比べて軽い力でブレーキを掛けることができます。スピーディーな判断が求められるダートにピッタリなパーツといえるでしょう。一台でどんなコースも走りたいという方におすすめのマウンテンバイクです。

ジーティー(GT) アバランチェコンプ

ジーティー(GT) アバランチェコンプ

「アバランチェ」は、GTバイシクルズを代表するロングセラーのマウンテンバイク。フロント部分にのみサスペンションを搭載したハードテイルバイクで、登りも下りもオールマイティーに楽しめるモデルです。

フレームは、ブランド伝統のトリプルトライアングルデザインを採用。一般的なフレームと比べて溶接ポイントを2倍にすることで、高い強度を実現しています。素材には軽量アルミ素材を使用しており、耐久性と同時に軽さも両立しているのもポイントです。

また、ブレーキシステムには、制動力の高いシマノ製油圧式ディスクブレーキを搭載。軽い力でもしっかりとブレーキを掛けることができます。雨や泥の影響を受けにくいので、悪路でも安心して走ることが可能。これからマウンテンバイクをはじめる方におすすめです。

ジーティー(GT) アグレッサーエキスパート

ジーティー(GT) アグレッサーエキスパート

数多くのマウンテンバイクをリリースしているGTバイシクルズのなかで、入門用に位置するモデル「アグレッサー」。フロント部分にサスペンションを搭載したハードテイルバイクであり、オンロードにもオフロードにも対応可能です。

フレームには、耐久性に優れたトリプルトライアングルデザインを採用しています。軽量素材のアルミを使っているのもポイント。また、トップチューブを曲げることによって足を地面に着きやすくしているので、信号でストップすることの多い街乗りに便利です。

世界的に有名な自転車部品メーカー・シマノのパーツを採用しているのもポイント。耐久性が高く、メンテナンスも簡単なことから初心者も安心して乗ることができます。街乗りメインのマウンテンバイクを探している方におすすめです。

ジーティー(GT) パロマーアロイ

ジーティー(GT) パロマーアロイ

「パロマーアロイ」は、GTバイシクルズの伝統を取り入れつつも、ルック車並みの価格で手に入れられる入門用マウンテンバイクです。M・Lサイズのフレームには、耐久性の高いトリプルトライアングルデザインを採用。また、フレームやパーツに軽量のアルミ素材を使用しているので、軽快に走れるのが魅力です。

ホイールには、スピードと操作性のバランスに優れた27.5インチホイールを採用。また、ブレーキシステムには信頼性の高いVブレーキを搭載しています。ディスクブレーキと比べてシンプルな作りなので、初心者でもメンテナンスしやすいのが魅力です。

低価格でありながらマウンテンバイクとして最低限のスペックを兼ね備えているので、オンロードはもちろん、ちょっとした未舗装路や段差にも対応できます。通勤・通学、街乗りがメインの方におすすめのエントリーモデルです。

コナ(KONA) CINDER CONE

コナ(KONA) CINDER CONE

マウンテンバイクで有名なアメリカの自転車ブランド「コナ」。シンダーコーンは、アルミフレームを採用したハードテイルタイプの人気MTBシリーズです。街乗りから山道まで、幅広いコースにチャレンジできるエントリーモデルとなっています。

最大の特徴は、上位モデルにも搭載されてるいフロントシングルを採用している点。フロントホイールのギアを変えられないようにすることで、ギアチェンジ時のマシントラブルを減らしています。気軽に乗り回したいときにピッタリです。

また、ブレーキシステムには制動力に優れた油圧式ディスクブレーキを採用。軽い力でもしっかりとブレーキがかかるので、雨天時はもちろん、荒れた地面でも安心して走ることができます。本格的にマウンテンバイクを始めたい方におすすめです。

アンカー(anchor) XNC7 EQUIPE

シンプル&クラシックなデザインの「XNC7 EQUIPE」。ボディはマウンテンバイクが大流行した80年代風のレトロデザインである一方、コンポーネントには近代でも通用する高性能なパーツを採用。外見と中身のアンバランスなところが魅力的なマウンテンバイクです。

フレームには、耐久性に優れたクロモリ素材を使用しています。アルミやカーボンは強い衝撃を受けると割れてしまうのですが、クロモリはせいぜい曲がる程度。少しぐらい曲がってしまったとしても簡単に修理できるため、長く乗り回したいという方にピッタリです。

また、フレームカラーを35色の中から選べる「アンカーオーダーシステム」に対応。コーティングやロゴも選択することもできるので、街乗りしている際にほかのサイクリストと被ることはほとんどありません。デザインにこだわりたい方にもおすすめのマウンテンバイクです。

アンカー(anchor) XG6 SPORT

アンカー(anchor) XG6 SPORT

ブリヂストンのスポーツバイクブランド「アンカー」。「XG6 SPORT」は、走破性と安定性が高い27.5インチホイールを採用したマウンテンバイクです。上位モデルと同じフレームを採用しているのが特徴で、エントリーモデルの価格帯でありながら、振動吸収性の高いXG6ジオメトリーを体験できます。

フロントサスペンションは、ストロークの長い140mmを採用。ちょっとした段差を登ったり下ったりするのはもちろん、丸太越えにもチャレンジすることが可能です。街乗りだけではなく、未舗装路や山道を走行したい方にピッタリです。

日本のメーカーだけあって日本人の身体にフィットしやすいようにデザインされているのも魅力。また、全体的に基本スペックが高いので、パーツをいくつか交換すれば上位モデルにアップグレードすることもできます。トレイルライダー入門者におすすめのマウンテンバイクです。

メリダ(MERIDA) MATTS 6.10-MD

メリダ(MERIDA) MATTS 6.10-MD

台湾の自転車メーカー・メリダのマウンテンバイクのなかでも、街乗りに適した「MATTS」。特徴は、小回りが利きやすい26インチのホイールを採用している点。世界的には27.5インチが流行していますが、信号の多い日本の都市部では、スタートが早い26インチサイズもおすすめです。

フレームには、軽量でサビにくいアルミ素材を採用。また、制動力に優れたディスクブレーキシステムを搭載しているので、雨天でもしっかりとブレーキを掛けることができます。

本格的なオフロード走行はスペック的に難しいのですが、障害物を登ったり、未舗装の道を勢いよく下ったりするようなハードな乗り方をしなければ特に問題ありません。街乗りをはじめ、通勤・通学などのシティユースがメインの方におすすめモデルです。