アウトドアシーンを駆け回る際に活躍してくれる「マウンテンバイク」。通称“MTB”と称されるこの自転車は太めのタイヤや強靭なフレーム、衝撃を吸収するサスペンションなどを搭載しているのが特長です。

そこで今回はマウンテンバイクのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方についても解説するので、特に初めて購入を検討している方は事前にしっかりと確認しておきましょう。

マウンテンバイクの種類

マウンテンバイクは、走る条件や競技などにあわせていくつか種類に分類されています。たとえば、アップダウンのあるオフロードをなるべく早く走るための「クロスカントリー」。傾斜地を高速で下るための「ダウンヒル」。山道を風景を楽しみながら走る「トレイル」。似た用途で「フリーライド」や「オールマウンテン」と呼ばれるバイクもあります。

また、雪道や砂地を走るタイヤが太い「ファットバイク」など、まさにマウンテンバイクは多種多様。さらに、自転車の構造によっても以下のように分けられます。

フルサスペンション

本体の前後にモトクロスバイクのようなサスペンションが付いていいます。悪路をスピーディーに走る際の衝撃吸収性は抜群。車体が跳ね上がることなく、グリップ力があります。

また、ジャンプ競技にも着地時の衝撃をおさえるこのタイプがよく使われます。ただし、このモデルはサスペンションの分車体が重くなり、より複雑で微妙なメンテナンスと調整が必要になります。また、他のモデルと比較して価格も高めです。

ハードテイル

前輪にのみサスペンションが付いているタイプです。テイルと呼ばれる後輪にはサスペンションがなく、乗り心地が「固い=ハード」なので「ハードテイル」と呼ばれています。フルサスペンションより軽量でメンテナンスも比較的簡単です。平地や登りはフルサスペンションよりも走りやすいとされています。

フルリジッド

前後ともサスペンションがないタイプ。路面の状況がダイレクトに伝わるので分かりやすく、立て直しも迅速に行えます。軽くて構造がシンプルなのでメンテナンスも簡単です。

ただし、悪路でスピードを出すと衝撃をライダーがすべて受け止めなくてはならず、テクニックが必要。MTBの中では少数派となっていますが、このダイレクトな乗り心地と操作性が楽しいという方も多くいます。

マウンテンバイクの用途を確認する

By: riteway-jp.com

マウンテンバイクの楽しみ方は無限大。しかし、使用目的に合わせたモデルを選ばないと結局、使い勝手が悪かったり、性能を持て余してしまったりすることになります。そこで、マウンテンバイクを主な3つの用途別におすすめのモデルを紹介します。

街乗り・通勤

マウンテンバイクは通勤や通学、市街地での買い物や街探索などシティ・ユースにも楽しい乗り物です。ちょっとした段差や荒れた舗装路の凸凹など気にすることなく走れる走破性能の高さは大きなメリット。また、操作性もよく、ストレスなく快適に走れます。街乗りには、軽くて軽快に走れるフルリジッドタイプがおススメです。

ツーリング

ゆっくりと移り変わる景色を眺めながら走るツーリング。舗装路がメインで山道や未舗装路が少しであればフルリジッドタイプ。未舗装路をメインに走るトレイル・ツーリングには、衝撃をやわらげるフロントサスペンションを搭載し悪路も比較的簡単に走破できるハードテイルがおすすめです。

アウトドア・スポーツ

アップダウンのある山道をガシガシ走りたい方、マウンテンバイクの専用コースを走りたい方、レースに出場したい方には、それ相応のモデルが必要になります。初心者向けのコースを走るのであればハードテイル、中級以上のコースを走る場合には、フルサスペンションをおすすめします。

マウンテンバイクの選び方

By: cannondale.com

自分の用途に合わせてマウンテンバイクのタイプをフルサスペンション、ハードテイル、フルリジッドから選んだら、次はフレームの素材。これまでは「クロモリ(クロムモリブデン鋼)」が主流でしたが、より軽量化を図るために現在では「アルミ製」が増えています。また、耐腐食性と耐久性に優れた「チタン製」も登場していますが、こちらは高価です。

ホイールサイズは現在29インチが主流です。安定して効率的に走れます。細やかな操作性を求める方には27.5インチという選択肢もあります。さらに、テクニカルなコースを走る方や小柄な方には26インチがおすすめです。

マウンテンバイクのおすすめメーカー・ブランド

By: cannondale.com

マウンテンバイクの人気ブランドとして名高いのは「GT」。独自の技術で高い走破性と耐久性、繊細な操作性を実現しています。その「GT」と並ぶ人気ブランドが「コナ」。軽さと頑丈さを兼ね備えたバイクは世界中のライダーに支持されています。

また、リーズナブルで高性能なMTBで知られる台湾メーカー「ジャイアント」、ブリヂストンのスポーツバイク・ブランドで日本人の身体にフィットすると評判の「アンカー」などなど、数多くのブランドが初心者からレーサーまで幅広く楽しめるマウンテンバイクを生産しています。

マウンテンバイクのおすすめ人気モデル

ジーティー(GT)

ジーティー(GT) アグレッサー エキスパート

ジーティーのオフロードも街乗りも両方に使える「アグレッサー」シリーズ。優れた操作性と頑丈な構造、そして快適な乗り心地を実現しています。軽量アルミフレームにフロント・サスペンションを組み合わせたハードテイル・タイプ。高い衝撃吸収性能と高強度を誇るフレームデザイン。さらに、雨でもしっかりと制動力を発揮する油圧式ディスクブレーキを採用。

これだけの高性能で価格は5万円台とコスパにも優れ、エントリーモデルとしてもおすすめです。

ジーティー(GT) パンテラコンプ

27.5インチのホイールに幅が広いタイヤを装着することで、安定した走破性能とハンドリングの良さを高い次元で両立させた「パンテラコンプ」。ペダリングの力を効率よく推進力に転換するハードテイル構造で、どんなコンディションの路面でも快適な乗り心地です。

アップダウンの激しいコースでこそ、その真価を発揮する初心者から上級者まで楽しめるマウンテンバイクです。

ジーティー(GT) ヴァーブコンプ

初めてのフルサスペンション・バイクとしておすすめなのが「ヴァーブ・コンプ」。フルサスタイプは走破性には優れていますが、初心者にとっては推進力をかけにくいのが難点でした。ヴァーブは、失速しにくく衝撃吸収力に優れたリアサスペンション・システム「iドライブ」を搭載。フルサス初心者でもアグレッシブな走りが可能です。

コナ(KONA)

コナ(KONA) ラナイ

By: konaworld.jp

コナのマウンテンバイク入門用にうってつけのモデルがこの「ラナイ」。街乗りから砂利道や里山などのオフロードまで走るフィールドを選ばないバイクです。ペダルの踏み出しの軽さとコントロール性のよさを両立したハードテイルの心地よさを最大限に引き出しています。

トレイルライドやMTBコースにチャレンジしたいという方におすすめの高い基本性能を持つマウンテンバイクです。

コナ(KONA) プロセス153 DL

By: konaworld.jp

コナの本格的なマウンテンバイクレース用モデル。特に急斜面の下りでの安定性は抜群でダウンヒルコースで圧倒的な速さを可能にします。ペダリングによるロスを極力減らして、下りはスムーズに登りは力強く、どんなコースでも最高のポテンシャルを発揮。本格レーサー仕様のマウンテンパイクです。

コナ(KONA) オペレーター DL

コナのダウンヒルレース用の最高峰マシン。荒れた岩場を流れるように走れる圧倒的に高い剛性と操作性のよさを両立しています。微妙な調整が走りに顕著に反映されるサスペンション・システム。堅牢さとトータルな機能性の高さのバランスが絶妙のハイスペックモデルです。ゆくゆくはダウンヒルレースで表彰台を目指したいという方にもおすすめの本格派マウンテンバイクです。

ラピエール(LAPIERRE)

ラピエール(LAPIERRE) エッジ227

創業1946年というフランスの老舗自転車メーカー「ラピエール」。ロードレーサーのイメージが強いブランドですが、実は元々はマウンテンバイクのメーカーとして創業しました。フランスではロードバイクと同等かそれ以上にMTBに人気があります。

エッジ・シリーズはあらゆるコンディションの路面に対応。俊敏な加速性能と前輪の衝撃吸収性を持つハードテイル・タイプ。マウンテンバイクの楽しさを知るためのエントリーモデルとしても最適な1台です。

ラピエール(LAPIERRE) DH World Champion

By: eastwood.co.jp

ラピエールではワールドカップのダウンヒルレースで過去10回の金メダルに輝く天才ライダー、ニコラ・ブイヨ氏を製作スタッフに加え、オリジナルのダウンヒル・バイクを研究してきました。その成果が実を結んだのがこの「DHワールドチャンピオン」。急傾斜の山道や岩場を駆けおりる大きな衝撃を吸収するフルサスペンションと高い剛性を誇るフレーム。

イメージ通りの走りを実現してくれる高いスペックはまさに本格派! ダウンヒルを極めたい方におすすめです。

ビアンキ(Bianchi)

ビアンキ(BIANCHI) KUMA 27.3 Matt

青空を意味するカラー「チェレステ」がおしゃれと評判のイタリアの自転車メーカー「ビアンキ」のマウンテンバイクです。軽くて丈夫なアルミフレームに安定した走行が得られる27.5インチのホイール。山遊びからシティユースまで幅広く楽しめます。これまで数々の世界的なレースで実績を上げてきたビアンキ独自のテクノロジーが詰め込まれた信頼できる1台です。

アンカー(ANCHOR)

アンカー(ANCHOR) XG6 SPORT

ブリヂストンのスポーツバイク・ブランド「アンカー」のマウンテンバイク「XG6」。27.5インチの走破性と安定性が高いホイールを採用。衝撃吸収力の高いフロントサスペンションを備えたハードテイルで加速性に優れ、さらに自在なハンドリングも可能にしています。日本人の身体にフィットするデザインは操作しやすく疲れにくいとトレイルライダーに定評があります。

サヴァーン(SAVANE)

サヴァーン(SAVANE) チタンフレーム マウンテンバイク

中国の自転車メーカー「サヴァーン」の軽量で耐腐食性に優れたチタン合金フレームのマウンテンバイク。重さは約12.6kgという軽さ。ギアは信頼の高いシマノ社製の30段変速を備えています。前後共に油圧式ディスクブレーキ採用で制動力も抜群です。山遊びから街乗りまで楽しく快適に走れるおすすめモデルです。

メリダ(MERIDA)

メリダ(MERIDA) マウンテンバイク MATTS 6.10-MD マットブラック/グレー(EK56) BM610468 46cm

台湾の自転車メーカー「メリダ」のマウンテンバイクの定番モデルがMATTSシリーズ。26インチなので小回りが効く操作性の高さが魅力です。軽量なアルミフレームで加速性能に優れたハードテイルモデルなので初心者でも快適。本格的なオフロードから通勤・通学などのシティユースまで実用性の高いおすすめモデルです。

フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ(Ferrari) FB2612G-ALTA

あのフェラーリが作り上げたハイスペックなマウンテンバイクです。軽量なアルミフレームにシマノ社製24段変速ギアを搭載。前後ともに高い制動力があるディスクブレーキを採用しています。

26インチホイールでハンドリングがラク。フルサスペンションでクロスカントリーやダウンヒル、トレイルなどの山遊びはもちろん、シティユースにもおすすめ。このカラーリングは街乗りで目立つことうけ合いです。

ハマー(HUMMER)

ハマー(HUMMER) フルサスペンション DH2618-E

ハマーらしい迫力あるオリジナルデザインのマウンテンバイクです。極太のアルミフレームにフルサスペンション搭載で衝撃吸収性能に優れています。

シマノ社製18段変速ギアを採用し快適な走行を実現。砂利道やオフロードも走れますが、本格的なマウンテンバイクコースを走るための仕様ではなく、おしゃれな街乗りマウンテンルック・バイクとしておすすめします。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) オフロードスタイルバイク X-ROUNDシリーズ 902-WH dozer

若者を中心に人気のドッペルギャンガーのオフロードスタイルバイク。26インチホイールで小回りが効き、高い操作性能を発揮します。コンディションを問わず強い制動力を発揮するディスクブレーキを前後に搭載。段差や凸凹道をものともせず走破できるフロントサスペンションを採用しています。街乗りをメインにちょっとしたオフロードも走行可能なおしゃれなマウンテンルック・バイクとしておすすめです。

カノーバー(CANOVER)

カノーバー(CANOVER) ファットバイク CAFT-051-DD 20インチ

アメリカ北部のミネソタで「雪道でも走れるバイク」をコンセプトに開発されたファットバイク。極太のタイヤは空気圧が少なくフワフワとした独特の乗り心地で雪道はもちろん、オフロードや砂地も走れます。20インチホイールと小径モデルで女性やお子さんでもOK。シマノ社製7段変速ギアと前後にディスクブレーキを搭載。自然の中で大活躍する楽しいバイクです。