ツーリングなどの小旅行用に作られた自転車「ランドナー」。見た目はロードバイクのようにスタイリッシュですが、頑丈に作られているのが魅力です。ツーリングはもちろん、最近は通勤・通学用の自転車としても注目を集めています。

そこで、今回はランドナーの特徴や選び方についてご紹介。おすすめブランドの人気モデルもピックアップしているので、あわせてチェックしてみてください。

ランドナーとは?

By: louisgarneausports.com

ランドナーとは、フランス語で小旅行を意味する「ランドネ」に由来した自転車。その名の通り、2~3泊程度のツーリングを想定して、頑丈に作られているのが特徴です。ロードバイクのような美しいフォルムに、MTBのような頑丈さをあわせ持っています。

日本では1970年代のサイクリングブームに伴って流行。ブリヂストンをはじめとしたさまざまな有名自転車メーカーからリリースされていましたが、やがてブームが終焉を迎えると、ランドナーは徐々に衰退。市場からもほとんど姿を消してしまいました。

しかし、健康意識の高まりによって、再びランドナーに注目が集まっています。頑丈に作られているので長距離走行に適しており、パンクにも強いことから普段使いにもおすすめです。ロードバイクが欲しいけれど耐久性も重視したいという方は、ランドナーを検討してみてください。

ランドナーの特徴

フレーム

By: rakuten.co.jp

ランドナーは、鉄にクロムとモリブデンを加えた合金「クロムモリブデン鋼(クロモリ)」をフレームに採用していることが多いのが特徴。弾性に優れているため、衝撃に強く、長距離走行でも疲れにくいのが魅力です。

泥除け

By: maruishi-cycle.com

ロードバイクやクロスバイクには、タイヤが巻き上げた泥や小石などから身を守る「泥除け」が搭載されていません。後付けで装着することは可能ですが、フォルムも格好悪くなってしまうので、泥除け付けない場合がほとんどです。

一方、悪路を走ることを前提にして作られたランドナーは、泥除けを標準搭載しています。泥除けありきでフォルムが設計されているため、全体的に統一感があるのもポイント。実用性だけでなく、見た目にもこだわりたい方はランドナーがおすすめです。

キャリア

By: louisgarneausports.com

ランドナーは、前後にキャリア(荷台)が付いているのもポイント。前輪にカゴをつければ、通勤や通学はもちろん、日々の買い物にも便利です。また、サイドバッグを装着することでたくさんの荷物を搭載することが可能。ツーリングで大活躍します。

ロードバイクやクロスバイクは、荷物を搭載することを想定していないため、キャリアを装着できないモデルがほとんど。身軽になりたい方は、積載量の多いランドナーがおすすめです。

タイヤ

By: louisgarneausports.com

ランドナーは、ロードバイクと比べてやや太めのタイヤを使用しています。タイヤは細いほど路面抵抗が減るので速くなる一方、ぐらつきやすいのが特徴です。荷物の持ち運びを想定したランドナーでは、タイヤを太くすることで安定した走りを実現しています。

また、太いタイヤは振動吸収性が高いので、乗り心地も良好。さらに、パンク耐性も向上します。

ハンドル

By: rakuten.co.jp

ランドナーのハンドルは、グリップ部分が曲がっている「ドロップハンドル」を採用しているのがほとんど。棒状のフラットバーハンドルは走行中同じ体勢のため、長時間漕いでいると手に負担がかかってしまいます。

一方、ドロップハンドルは、ハンドルの下部分、レバーの付け根、そしてハンドルの上部と大きく分けて3通りの持ち方が可能。走行中も体勢を自由に変えられるので、長距離でも疲れにくいのが魅力です。

ランドナーの選び方

普段使い用の場合

By: louisgarneausports.com

通勤や通学など、普段使い用のランドナーを探しているのならば「アルミフレーム」がおすすめ。クロモリと比べて軽いので、少ない力で漕ぐことができます。振動吸収性が低いため、悪路には弱いですが、街中を走ることが多いのならば特に問題ありません。また、サビにくいというメリットもあります。

ツーリング用の場合

By: marinbikes.com

日帰りや数泊程度のツーリングに使う場合は、ギアをチェックしましょう。おすすめは、フロント部分にギアを3枚積んだ「フロントトリプル」。2枚積んだタイプと比べて登り坂に強いので、重い荷物を積んでも比較的ラクに登ることが可能です。

国内一周or世界一周する場合

国内一周または世界一周のように、超長距離を走る場合は、タイヤをチェックしてみてください。おすすめは世界的に流通している「26インチサイズ」に対応したモデル。これ以外のタイヤは、地域によっては店頭に置いていない場合があります。また、パンクに強いMTBタイヤに対応したランドナーもおすすめです。

ランドナーのおすすめメーカー

アラヤ(ARAYA)

By: araya-rinkai.jp

「アラヤ」は、1919年に設立された日本の自転車メーカー。日本で初めて自転車用のリムを生産し始めたことや、第1回東京オリンピックの競技機材としてロードバイクを販売したことで有名な企業です。

クラシックとモダンの展開がコンセプトで、ロールフォーミング技術と表面処理技術が使われています。高い耐食性があることや指紋が目立ちにくいこと、洗浄しやすいことが魅力です。

丸石サイクル

By: maruishi-cycle.com

「丸石サイクル」は、1972年に設立された自転車および部品の製造メーカー。「Happy Cycle Life をすべての人に」を理念としており、スポーツバイクからファミリー向けまで、幅広いモデルを扱っています。

丸石サイクルが手掛けるランドナーは、握るポイントが多いドロップハンドルバーを採用しているのが特徴。フロントバッグを取り付けたり、リラックスしたポジションを取ったりするのに便利です。

また、フレームの素材に長時間のライディングでも疲労が蓄積しにくいクロモリを採用しているのもポイント。ひとつのモデルを長く愛用し続けたい方におすすめです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

「ルイガノ」は、カナダに拠点を構えているスポーツ用品メーカー。特に自転車や自転車に関する製品に力を入れているのが特徴です。「Smart」という言葉を大切にしており、使い勝手やデザインに至るまで、スマートさ重視した製品を展開しています。

ルイガノのランドナーは、特殊な形状をしたバタフライハンドルを搭載しているのが特徴。さまざまなポジションを取れるのが魅力です。また、リアキャリアを標準装備しているのもポイント。荷物を載せて走るのにおすすめです。

安いランドナーのおすすめモデル

ミヤタ(MIYATA) Freedom Plus

650B×45Cと太めのタイヤを備えたランドナー。チェーン落ちを低減するナローワイドのチェーンリングを搭載しているのが特徴です。トラブルの少ない安定した走りが楽しめます。

ブレーキ部には、メカニカルディスクブレーキとセンターロック式のディスクローターを採用。高い制御性を誇り、軽い力でしっかりとスピードが落とせます。雨の日でも安心して乗れるのが魅力です。

フレームには細身かつスタイリッシュな仕上がりのクロモリフレームを採用。軽量性・堅牢性・しなやかさの3つを兼ね備えています。コストパフォーマンスに優れ、舗装された道にもオフロードにもおすすめのアイテムです。

ミヤタ(MIYATA) Eiger

メンテナンス性の高い26インチタイヤを搭載しているランドナー。旅先でトラブルに見舞われても交換できるのが魅力です。フレームには荷物を多く載せられるクロモリフレームを採用しているので、外泊を挟むロングライドにも適しています。

ブレーキには高いコントロール性を誇るカンチブレーキを採用。泥つまりを防ぐ構造で、オンロードでもオフロードでも快適に走れます。価格が安く、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングコンダクター

By: maruishi-cycle.com

27インチ相当の700B×38Cホイールを採用しているランドナー。さまざまな場所をスポーティーに走り抜けられます。ハブには高級感のあるハンマードアルミフェンダーラージハブを採用。クラシカルな雰囲気が演出できます。

ハンドル部には丸石サイクルオリジナルのツールリングバーを採用。さまざまなポジションが取れるため同じ姿勢になりにくく、長時間の走行におすすめです。また、ブレーキにはしっかり止まるPROMAX CB-105を搭載しています。

フレームにはラグ式ダブルバテッドオールクロモリを採用。軽量性と耐久性を同時に実現しており、長く愛用できます。また、泥除けに蝶ネジで止められる分割式モデルが搭載されていているのも魅力です。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) BEACON9.0

リアキャリアが標準装備された、外泊を伴うロングライドにもおすすめランドナー。ボディに備わっているセンタースタンドは高い安定性を誇るので、荷物を搭載したままでも安心して駐輪できます。

ハンドルには特殊な形状をしたバタフライハンドルを採用。握るポイントが多く、さまざまなポジションが取れます。また、チューブバルブには米式モデルが採用されているので、簡単に空気を入れられるのが特徴です。

ギアにはシマノのDEORE FC-T611を採用。アルマイト仕上げで、高級感のある見た目が魅力です。タイヤには26インチ相当のモデルが搭載されており、10段階の変速仕様でさまざまな道を快適に走行できます。

ラレー(RALEIGH) Radford Traditional

クロモリのスチームフレームを採用したランドナー。独特の乗り心地と美しいデザインが楽しめます。また、内蔵マウントにより幅広い拡張性を兼ね備えているのが特徴です。

タイヤにはSCHWALBEの700B×28C MARATHON GREEN GUARDを採用。高い耐久性と弾力性を兼ね備えているのが特徴です。また、ブレーキにはシマノのBR-R353を搭載。天候や路面状況に左右されずしっかりと制御できます。

初心者向けランドナーのおすすめモデル

アラヤ(ARAYA) Federal

メンテナンス性を重視して制作された初心者向けのランドナー。8段仕様のALTUSリヤが搭載されているのをはじめ、全体的にハイグレードな仕上がりです。また、輪行時などに役立つチェーンフックも備えているので、旅行にも適しています。

ブレーキにはシクロクロスバイクにも用いられるシマノのカンチブレーキを採用。ハンドル上部にはセーフレバーが配されているので、安定した制動操作が可能です。

ギアクランクには4アームタイプのSR-SUNTOUR XCTを搭載。タイヤには26インチ相当のモデルが採用されているため、長距離の走行におすすめです。また、価格が安くエントリーモデルとしても人気なので初心者の方は検討してみてください。

アラヤ(ARAYA) Touriste

タイヤにDELI 26×1-3/8 F/Vを採用している初心者向けのランドナー。26インチよりもやや大きめに作られており、短い距離のツーリングから外泊を伴うロングライドまで、オールラウンドに走行できるのがポイントです。

フォークにはハイエンドモデルにも用いられるクロモリのロストワックスクラウンを搭載。650B×38Cと太めのタイヤに換装できるなど、互換性に優れます。また、チェーンステーに搭載されたチェーンフックが輪行を考慮した作りなのも魅力です。

フレームには競技用バイクにも用いられるダブルバテッド仕様のラグフレームを採用。ブレーキにはケーブルアジャスター機能が付いたDIA-COMPEのモデルが搭載されており、高い耐久性と安定性を兼ね備えています。

マリン(MARIN) FOUR CORNERS

オンロードとオフロードの両方に対応している初心者向けのランドナー。フレームにはクロモリ製のモデルを搭載しており、ロングライドでも高い安定性が体感できます。

フレームにはフォークダボ穴が備わっているのでバイクパッキングにおすすめ。泊まりがけのツアーライドにも適しています。また、ドリンクホルダーも取り付けられるので、水分補給が簡単に行えるのも特徴です。

グリップテープにはゲルが内蔵されているため、ハンドルの握り心地は良好。長時間の走行でも手に負担がかかりにくいのが魅力です。また、27段変速と700B×42Cのタイヤで、坂道もラクに登れます。

マリン(MARIN) NICASIO

700B×30Cと標準的なサイズのタイヤを搭載した初心者向けのランドナー。650B×47Cの太いモデルも装着できるので、オンロードとオフロードどちらも楽しみたい方におすすめです。

リアギアにはカセットフリーで、かつ8段変速仕様の11-32Tモデルを採用。フロント部分にはギアが2枚積まれているので、登り坂もラクに登れます。また、しっかりと体重を受け止めるので、重いギアで漕ぎたい方にもおすすめです。

フレームにはクロモリのSeries 1 Double Butted CrMo Beyond Roadを採用。しなやかで耐久性が高く、衝撃をしっかりと吸収します。通学・通勤用や、最初の1台としてもおすすめのモデルです。

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングプレイヤー

By: maruishi-cycle.com

国内で多く流通している26×1-3/8のタイヤを採用している初心者向けのランドナー。ヘッドには丸石サイクルオリジナルのパーツが採用されており、フォーク抜き輪行に対応可能です。

フレームには堅牢性に優れるダブルバテッドクロモリTIGフレームを採用。耐久度も高いため、ひとつのモデルを長く愛用したい方におすすめです。また、パイプやラグが美しく、デザイン性にも優れています。

ギアクランクにはシマノのFC-TX801を採用。歯数構成が48-38-28Tかつ8段階に変速が可能なので、平坦な道から急な坂道まで幅広い道をスムーズに走行できます。エントリーモデルとしてもおすすめのモデルです。

中~上級者向けランドナーのおすすめモデル

アラヤ(ARAYA) Diagonale

リムにアラヤ独自のTX-733を搭載しているランドナーです。耐久性の高いダブルウォール構造を採用していながらも700B×28Cと26インチ相当の低さを実現。長距離の走行に適し、長く愛用できるのが魅力です。

ブレーキにはシマノのBR-R451キャリパーブレーキを搭載。デュアルピボットデザインで軽量性と耐久性を同時に実現しています。また、コントロールしやすく、レスポンスにも優れるなど高い制動性を誇るのもポイントです。

ディレイラーとハブにはSHIMANO CLARISを採用。また、8段変速11-32Tカセットギアとギアガード一体型の50-34Tチェーンを組み合わせることで、幅広い変速比率を実現しています。ツーリングやロングライドにおすすめです。

ビアンキ(Bianchi) ORSO

タイヤに700B×38CのKENDA ALLUVIUMを採用している中~上級者向けのランドナー。舗装された道から厳しいコンディションの道まで、あらゆる道に対応しています。世界中を走り回りたい方におすすめです。

ギアクランクにはSHIMANO FC-R3000 50-34Tを採用。リアギアにはカセットフリーのSHIMANO CS-HG400 11-34Tが搭載されており、組み合わせ次第でギア比が1:1になるのが特徴。急な坂道でも快適に登れます。

ブレーキにはSHIMANO BR-RS305を採用。メカニカルディスク仕様なので、雨の日でもしっかりと制御できます。また、フレームにはスチールを採用しており、丈夫で壊れにくいのも魅力です。

MASI SPECIALE RANDONNEUR ELITE

タイヤに650B×47Cと太めのWTB Horizon Tubelessを採用しているランドナー。高い安定性を感じながら走れるのが魅力です。また、サドルにはアンティーク調のデザインが特徴的なMasi Classic Rivetが搭載されています。

本体の前後にはフェンダーを標準装備。舗装されていない道でも快適に運転できます。また、ライトには自動点灯式のハブダイナモ式モデルを採用しているので、夜道も安心です。

ブレーキには高い制御性を誇るTRP製のディスクブレーキを採用。軽い力でしっかりスピードが制御できます。ハイエンドなモデルを探している方におすすめのです。

ジャイアント(GIANT) GREAT JOURNEY

ボディ前後にツーリングバッグが2つ載せられるキャリーが付いた中~上級者向けのランドナー。通学・通勤用にも適したモデルです。

タイヤには26インチのMAXXIS OVERDRIVEを採用。日本一周や世界一周などのロングライドに適しています。また、ギアクランクにはフロントトリプルのSHIMANO M361 28/38/48T/CGが搭載されているので、荷物が多くても坂道を快適に登れます。

フレームにはジャイアント独自のALUXX-Grade Aluminumを採用。剛性と軽量性を同時に実現しており、錆びにくいのが魅力です。本格的なロングライドを楽しみたい方におすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

トレック(TREK) 520 Disc

フレームにクロモリスチールフレームを採用した中~上級者向けのランドナー。耐久性に優れており、長期間に渡って安定した走りが楽しめます。また、内蔵マウントによりキャリーやフェンダーが追加できる汎用性の高さも魅力です。

タイヤには26インチサイズ相当の700B×38Cを採用。流通量が多いので、旅先でトラブルが発生しても簡単に交換できます。また、ホイールは耐久性の高い36穴モデルで、荷物を多く積んでも安定して走行できるのが魅力です。

ブレーキにはメカニカル式のディスクブレーキを搭載。天候や路面に左右されることなく、安定した制御性を発揮します。外泊を挟むロングライドや、世界一周などにおすすめのモデルです。