自転車で旅行を楽しむ目的でつくられた「ランドナー」。ロードバイクのようなスポーティーな外観ながら、頑丈で長距離ツーリングに適している自転車です。荷物を収納できるバッグを装着できるため、通勤や通学用としても注目を集めています。

そこで今回は、ランドナーの選び方やロードバイクとの違いを解説。あわせて、おすすめモデルもご紹介するので参考にしてみてください。

ランドナーとは?

By: maruishi-cycle.com

ランドナーとは、フランス発祥のツーリング用自転車です。フランス語の「ランドネ(小旅行)」が名前の由来となっています。日帰りや2~3泊程度の旅行での使用を想定して開発されており、マウンテンバイクのような頑丈さが特徴。ロードバイクのような美しいフォルムも魅力です。

最近、健康を意識する方が増えたことによってランドナー人気が高まっています。頑丈で壊れにくくパンクにも強いなど、長距離ツーリングはもちろん普段使いとしても活躍。とくに、耐久性を重視して自転車を選びたい方の選択肢のひとつとしておすすめです。

ロードバイクとの違い

ランドナーはロードバイクと同じスポーツ自転車のひとつです。レースなどで使いたい方はロードバイク、旅行や通勤、通学で使いたい場合はランドナーがおすすめです。

ロードバイクは細いタイヤや軽いフレームを採用しており、高速で走行できるのがメリット。ただし、荷物を積むためのキャリアなどは装着できないモデルが主流です。一方、ランドナーは旅を楽しむ目的の自転車のため、荷物を積むキャリアやバッグを装着できるダボ穴が設けられています。

ハンドルの形状の違いにも注目。ロードバイクは前傾姿勢になることで空気抵抗を減らしやすい「フラットバーハンドル」を採用しています。一方、ランドナーのハンドルはグリップ部分が曲がっている「ドロップハンドル」を採用し、上部と下部、レバーの付け根と3通りの持ち方が可能です。ロードバイクと異なり走行中に体勢を整えやすく、長距離ツーリングでも疲れにくい快適な走りを楽しめます。

初心者向けロードバイクのおすすめはこちら

ランドナーの選び方

距離に合わせてタイヤの太さをチェック

長距離走行は太めのタイヤがおすすめ

数百kmの旅や日本一周など、長距離を走行する場合には太めのタイヤがおすすめです。長い道中はコンディションのよい道ばかりとは限りません。太めのタイヤなら、凹凸な路面からの衝撃を吸収して快適に走行できます。

とくに、何泊分もの荷物を積んで走行する場合には、太めのタイヤがサスペンション代わりとなって安定性が向上。空気圧を下げ目に調節すれば設置面積が大きくなり、乗り心地もよくなります。太いタイヤによってパンクしにくいのもメリットです。

通勤・通学などには細めでもOK

通勤・通学など、比較的短距離を走行する場合は細めのタイヤでも十分です。細いタイヤほど路面との設置面積が少なく抵抗が減るため、スピードが出やすくなります。細めとはいえ、ランドナーのタイヤはロードバイクと比較すれば太めです。舗装されていない道路でも快適に走行できます。

ランドナーのなかには、太いタイヤを装着できるモデルがあるため要チェック。たとえば、通勤・通学時用として不要となった際に太いタイヤやマウンテンバイクタイヤと交換すれば、オフロード走行を楽しめるようになります。

フレームの素材をチェック

旅行や長距離サイクリングなら「クロモリフレーム」

By: araya-rinkai.jp

フレームの素材によって全体の重さが変わるため、走行距離や用途を考慮して適切な素材を選びましょう。ツーリングや長距離サイクリングなら、鉄にクロモリとモリブテンをくわえた合金の「クロモリフレーム」がおすすめです。やや重めなものの強度に優れており、多くの荷物を運ぶのを想定して頑丈さを求める方に適しています。

クロモリフレームは衝撃に強いほか、溶接できる点にも注目。仮に転倒してフレームが破損した場合でも溶接して修復が可能で、お気に入りの1台を長く愛用したい場合にも重宝します。ただし、アルミフレームと比べるとやや耐腐食性に劣るのがデメリット。長期間屋外において保管しないのがおすすめです。

普段使いには軽量な「アルミフレーム」

By: giant.co.jp

通勤・通学やお買い物など、普段使いで短距離を走行する場合にはアルミフレームのランドナーがおすすめです。軽量な素材で扱いやすいほか、スピードを出して軽快な走りを楽しめます。

また、サビに強いのもアルミフレームのメリット。長時間雨で濡れたり、屋外で保管したりする際も安心です。ただし、クロモリフレームが主流なので、製品数が少ない点は留意しましょう。

ギアは「フロントトリプルギア」がおすすめ

By: maruishi-cycle.com

長距離サイクリングやツーリングで使用するなら、フロント部分にギアを3枚搭載した「フロントトリプルギア」採用のランドナーがおすすめです。スポーツタイプの自転車に多く採用されており、パワーがあって登り坂に強いのが特徴です。

ギアが2枚のタイプより、重い荷物を積んだ状態でも比較的楽に登れます。坂道や山道で、少しでも快適に走行したい場合は要チェックです。変速数が増えるため、平地でもギア数が多いほうが快適に走行できます。スピードも出しやすく高性能なものの、価格が高くなる場合がある点に留意しておきましょう。

ランドナーのおすすめメーカー

アラヤ(ARAYA)

By: araya-rinkai.jp

1903年に日本ではじめて自転車のリムを生産したことで知られている自転車ブランドです。1946年からは高品質な「ツバメ自転車」を生産・販売。現在まで多くのラインナップを発表しており、第1回東京オリンピックでは競技機材としてロードバイクを販売しました。

ランドナーにおいては、リヤ10段シフトのシマノ製TIAGRA4600を搭載した高スペックモデルを展開。NITTO製キャンピーキャリアセットや前後フェンダー用ステーダルマネジセットなど、高品質なオプションパーツを用意している点にも注目です。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

カナダに拠点をかまえているスポーツ用品メーカーです。とくに自転車に力を入れており、自社ブランドのスポーツ自転車を展開。子供用や女性向けモデルなど、豊富なラインナップが魅力です。

ランドナーにおいてはリヤキャリアが標準で付属した、長距離ツーリングに理想的な自転車「BEACON9.0」を販売。特殊な形状のバタフライハンドル搭載でさまざまポジションを取りやすく、快適な長距離サイクリングをサポートします。

丸石サイクル

By: maruishi-cycle.com

埼玉県吉川市に本社を置く自転車と部品の製造・輸入を展開している企業です。120年もの歴史があり「Happy Cycle Lifeをすべての人に」の理念のもと、安心・安全な自転車を手がけています。

ランドナーにおいては、27インチのタイヤを装着したスポーティーなモデルをラインナップ。ハンドルにオリジナルのツーリングバーを採用しており、さまざまポジションを取りやすいのが魅力です。制動力に優れたブレーキを搭載しているなど、通勤・通学に適したモデルを販売しています。

ランドナーのおすすめモデル

アラヤ(ARAYA) TOURISTE TUR

26インチタイヤを装着しているおすすめのランドナーです。オールラウンドな走行性能により、長距離サイクリングはもちろん通勤・通学など普段使い用としてもおすすめ。本格的なツーリングに適した650×38Bのホイールを装着できるなど、カスタマイズ性にも優れています。

フレーム素材にはイタリアンカットラグで構成されるオールクロモリを採用。「トップチューブ水平ホリゾンタルフレーム」採用による、優れた振動吸収性も魅力です。コンポーネントにはシマノのCLARISを搭載しています。

ハンドルの低ポジションを防ぐため、ヘッドラグと同外径の15mmリングにロウ付け・面一加工を施している点にも注目。理想的なハンドルポジションが可能で、長距離サイクリングを快適にします。輪行仕様の「リテーナ脱落防止機能付きマイクロアジャストヘッドセット」を採用しているのもポイントです。

アラヤ(ARAYA) FEDERAL FED

By: araya-rinkai.jp

シンプルなデザインとベーシックな性能を凝縮しているランドナーです。ホイールサイズには日本の標準サイズとされている26×1-3/8を採用し、オールラウンドな走行性能を発揮。買い求めやすい手頃な価格設定のため、はじめてランドナーを購入する方におすすめのモデルです。

クロモリフレームを採用した耐久性の高さも魅力。万が一破損しても補修しやすく、長期間愛用できます。メンテナンス性に優れたシマノ製コンポーネントを搭載している点にも注目。また、安定した制動操作が可能なカンティブレーキを採用しています。

ギアクランクには、4アームデザインの「SR-SUNTOUR XCTチェーンホイール」を採用してグレード感をアップ。輪行時に役立つチェーンフックを備えているのも便利です。

アラヤ(ARAYA) DIA ARAYA Diagonale

By: araya-rinkai.jp

スポーティーなサイクリングに適した700Cホイールを採用したランドナーです。ツーリングに必要な装備を見直して、快適な走行性を追求したおすすめの1台。一般的なロードバイクより太めのタイヤで安定感に優れており、本格的な長距離ツーリングで快適な走りをサポートします。

変速・駆動・制動系部品は、シマノのコンポーネントで統一。デュアルコントロールレバーの採用により、快適な高速巡航を実現しています。また、前後にフェンダーを備え、濡れた路面での泥はねを予防。毎日の通勤・通学用としても適しています。

チェーンフックをシートステーとチェーンステーの2カ所に搭載しているなど、輪行しやすい工夫をこらしているのも魅力です。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) BEACON9.0

リヤキャリアを標準搭載しているランドナーです。多くの荷物を載せてのツーリングや、長距離サイクリングにおすすめの1台。センタースタンドを搭載しており、荷物を載せたまま安心して駐輪できるのも便利です。

ハンドルに特殊な形状のバタフライハンドルを採用している点にも注目。握る場所が多いため、適切なポジショニングが可能です。メインコンポーネントにはシマノ「DEORE LX30スピード」を搭載。的確なシフトチェンジを可能にし、さまざまな路面状況に対応します。

チューブバルブに仏式ではなく、米式バルブを採用しているのもポイント。一般的な空気入れで充填できるため、旅先の自転車屋で空気入れを借りたい場面で重宝します。

丸石サイクル エンペラー ツーリングコンダクター

By: maruishi-cycle.com

スポーツタイプのなかで一般的な700Cサイズのホイールを装着したランドナーです。重く頑丈なオールクロモリフレームを採用しながらも、重さ約12.2kgと軽量な点が魅力。力に自信のない方にも扱いやすいおすすめモデルです。

高級感のあるハンマードアルミフェンダーラージハブを採用した、クラシックなスタイルも魅力。また、適切なポジションを取りやすいオリジナルツーリングバーにより、長距離ツーリングを快適にサポートします。さらに、蝶ネジで止める仕組みの「分割式ドロヨケ」を備えているのもおすすめポイントです。

丸石サイクル エンペラー ツーリングプレイヤー

十分なスペックを持ちながらも、買い求めやすい手頃な価格設定を実現しているランドナーです。低価格ながら3×8段変速ギアを搭載しているなど、コスパのよさを求めている方におすすめのエントリーモデル。はじめてランドナーを購入する方の1台としても適しています。

26×1-3/8タイヤを装着し、スポーティーな走行をサポート。アーレンキーで簡単に分解できるオリジナルヘッドパーツを採用しており、輪行する機会が多い場合に重宝します。高級感のあるハンマードアルミフェンダーを採用しているのも魅力です。

フレームカラーはエンジとネイビーの2カラーから選択可能。オプションでフロントとリヤ用のキャリアを用意しているので、チェックしてみてください。

ミヤタ(MIYATA) Freedom Plus

よりオフロード走行に適したグラベルタイプのランドナーです。650B×45Cの太めなタイヤを装着しており、凹凸な路面状況でも安定した走行が可能。チェーン落ちを低減させるナローワイドチェーンリングを搭載しているなど、トラブルをなるべく防ぎたい方におすすめのモデルです。

ブレーキには高い制動力を有するメカニカルディスクブレーキを搭載。ロック式ディスクローターの採用と相まって、軽い力でスピードを制御しやすく雨天時のサイクリングでも安心です。

フレームには頑丈なクロモリフレームを採用し、太めのタイヤとの相乗効果でしなやかな乗り心地を実現。シマノの外装9段変速機を搭載しており、的確なシフトチェンジでさまざまな路面状況に対応します。

ミヤタ(MIYATA) ランドナー EIGER AYEG526

メンテナンス性に優れた26インチタイヤを装着しているランドナーです。頑丈なクロモリフレームを採用し、重たい荷物を載せてサイクリングを楽しみたいシーンにおすすめ。5本のらせん状内部補強リブで剛性を強化した、乗り心地のよさも魅力の1台です。

下部がハの字に広がっている形状のドロップハンドルを採用。本格的な長距離ツーリングで疲れにくさを発揮します。オフロード走行時の泥つまりを防ぐ構造のカンチブレーキを搭載している点にも注目。制動力とコントロール性にも優れており、悪路や雨天時でも安心して走行可能です。

マリン(MARIN) FOUR CORNERS

オンロード30%、オフロード70%の走りを想定した開発されたランドナー。マウンテンバイク要素を多く盛り込んだ仕様は、悪路を走行する機会が多い方におすすめです。

ダブルバテッドクロモリフレームと短めのクロモリフォークの組み合わせにより、長距離サイクリングで安定した走りを実現。ジェル入りグリップテープを採用した、快適な握り心地も魅力です。パイクパッキング対応フレームとフォークダボ穴を備え、多くの荷物を持ち運びたい場合に役立ちます。

ラレー(RALEIGH) Radford Traditional

By: raleigh.jp

クラシックなデザインながら、性能の高さが魅力のランドナーです。頑丈なクロモリフレームを採用し、安定感のある走りを実現しています。

高い制動力を発揮するシマノのハイドロリックディスクブレーキを搭載しており、濡れた路面でも安全。クラシックカラーサイドタイヤは耐パンク性に優れているため、長距離ツーリングでも安心して走行できます。クラブグリーン・アガトブルー・キャニオンレッドから好みのカラーを選択可能です。

MASI SPECIALE RANDONNEUR ELITE

650B×47mmの極太タイヤを採用したランドナーです。圧倒的な走破性で未舗装路を走る際も安心。TRPのディスクブレーキを搭載しており、軽い力で強力な制動力を発揮するため、握力に自信のない方にも扱いやすいおすすめモデルです。

前後にフェンダーを搭載して雨天時の泥はねを予防。電池不要で自動点灯するハブダイナモ式ライトを搭載しており、夜間に走行する機会が多い場合に役立ちます。ダウンチューブの裏にも取り付けダボを備えている点に注目。多くの荷物を持ち運びたいときに便利です。

コンポーネントには信頼性の高いシマノのモデルを採用。11段変速を的確に切り替えて走行すれば、さまざま路面状況に対応できます。

トレック(TREK) 520 Disc

路面状況をスムーズに把握しやすい、クロモリスチールフレーム採用のランドナーです。ワイドなギア比の27速ドライブトレインを搭載し、重たい荷物を載せて走行したいシーンにおすすめ。フロントとリヤにラックを標準で搭載しており、多くの荷物を載せられます。

シマノのSoraブレーキレバーやシフターなど、信頼性の高いパーツを数多く採用しているのも魅力。悪天候時に安全な走行をサポートする機械式ディスクブレーキを搭載しています。耐パンク性タイヤを装着し、長距離ツーリングでも安心です。

ジャイアント(GIANT) GREAT JOURNEY

軽量でサビに強いアルミフレームを採用しているランドナーです。独自のアルミ工学に基づいた「ALUXXアルミニウム」を採用。上体の起きたアップライトな姿勢をとりやすく、快適に効率良く1日中ぺダリングし続けられます。

26インチタイヤ採用で、日本一周など長距離ツーリングに適した仕様。ギアクランクにはフロントトリプルのシマノ「M361」を搭載しており、荷物が多いときや登り坂を走行する際の走行をサポートします。

パナソニック(Panasonic) FSS7

大陸横断も可能にすると謳う、長距離ツーリングに特化したランドナーです。フレームサイズやパーツ、カラー、デザインから選択して組み合わせできるカスタムオーダーモデル。好みや用途に合わせて、自分だけの1台を手に入れたい方におすすめです。

トップ・ダウン・シートの各チューブには、ダブルバテッド加工を施しているのもポイント。力のかかる両端を厚く中央部を薄くする仕様で、軽さ・高強度・高剛性のバランスに優れています。ドロヨケやフォークを外せばコンパクトになり、輪行バッグに詰めやすいのも魅力です。