ツーリングなどの小旅行用に作られた自転車「ランドナー」。見た目はロードバイクのようにスタイリッシュですが、とても頑丈に作られているのが魅力です。ツーリングはもちろん、最近は通勤・通学用の自転車としても注目を集めています。

そこで、今回はランドナーの特徴や選び方についてご紹介。おすすめブランドの人気モデルもピックアップしているので、あわせてチェックしてみてください。

ランドナーとは?

By: louisgarneausports.com

ランドナーとは、フランス語で小旅行を意味する「ランドネ」に由来した自転車。その名の通り、2~3泊程度のツーリングを想定して、頑丈に作られているのが特徴です。ロードバイクのような美しいフォルムに、MTBのような頑丈さをあわせ持っています。

日本では1970年代のサイクリングブームに伴って流行。ブリヂストンを初めとしたさまざまな有名自転車メーカーからリリースされていましたが、やがてブームが終焉を迎えると、ランドナーは徐々に衰退。市場からもほとんど姿を消してしまいました。

しかし、健康意識の高まりによって、再びランドナーに注目が集まっています。頑丈に作られているので長距離走行にピッタリ。パンクにも強いことから、普段使いにもおすすめです。ロードバイクが欲しいけれど耐久性も重視したいという方は、ランドナーを検討してみてください。

ランドナーの特徴

フレーム

By: rakuten.co.jp

ランドナーは、鉄にクロムとモリブデンを加えた合金「クロムモリブデン鋼(クロモリ)」をフレームに採用していることが多いのが特徴。弾性に優れているため、衝撃に強く、長距離乗っていても疲れにくいのが魅力です。

泥除け

By: marinbikes.com

ロードバイクやクロスバイクには、タイヤが巻き上げた泥や小石などから身を守る「泥除け」が搭載されていません。一応、後付けで装着することは可能ですが、フォルムも格好悪くなってしまうので、泥除けを採用する方はほとんどいません。

一方、悪路を走ることを前提にして作られたランドナーは、泥除けを標準搭載しています。泥除けありきでフォルムが設計されているため、全体的に統一感があるのもポイント。実用性だけでなく、見た目にもこだわりたい方はランドナーがおすすめです。

キャリア

By: louisgarneausports.com

ランドナーは、前後にキャリア(荷台)が付いているのもポイント。前輪にカゴをつければ、通勤や通学はもちろん、日々の買い物にも便利です。また、サイドバッグを装着することでたくさんの荷物を搭載することが可能。ツーリングでは大活躍します。

ロードバイクやクロスバイクは、荷物を搭載することを想定していないため、キャリアを装着できないモデルがほとんど。身軽になりたい方は、積載量の多いランドナーがおすすめです。

タイヤ

By: louisgarneausports.com

ランドナーは、ロードバイクと比べてやや太めのタイヤを使用しています。タイヤは細いほど路面抵抗が減るので速くなる一方、ぐらつきやすいのが特徴です。荷物の持ち運びを想定したランドナーでは、タイヤを太くすることで安定した走りを実現しています。

また、太いタイヤは振動吸収性が高いので、乗り心地も良好。さらにパンク耐性も向上します。砂利道を走ったり、段差を乗り越えたりしたい方におすすめです。

ハンドル

By: amazon.jp

ランドナーのハンドルは、グリップ部分が曲がっている「ドロップハンドル」を採用しているのがほとんど。棒状のフラットバーハンドルはずっと同じ体勢のため、長時間漕いでいると手に負担がかかってしまいます。

一方、ドロップハンドルは、ハンドルの下部分、レバーの付け根、そしてハンドルの上部と大きく分けて3通りの持ち方が可能。走行中も体勢を自由に変えられるので、長距離でも疲れにくいのが魅力です。

ランドナーの選び方

普段使い用の場合

By: louisgarneausports.com

通勤や通学など、普段使い用のランドナーを探しているのならば「アルミフレーム」がおすすめ。クロモリと比べて軽いので、少ない力で漕ぐことができます。振動吸収性が低いため、悪路には弱いのですが、街中を走ることが多いのならば特に問題ありません。また、サビにくいというメリットもあります。

ツーリング用の場合

By: marinbikes.com

日帰りや数泊程度のツーリングに使う場合は、ギアをチェックしましょう。おすすめは、フロント部分にギアを3枚積んだ「フロントトリプル」。2枚積んだタイプと比べて登り坂に強いので、重い荷物を積んでも比較的ラクに登ることが可能です。

国内一周or世界一周する場合

国内一周または世界一周のように、超長距離を走る場合は、タイヤをチェックしてください。おすすめは世界的に流通している「26インチサイズ」に対応したモデル。これ以外のタイヤは、地域によっては店頭に置いていない場合があります。また、パンクに強いMTBタイヤに対応したランドナーもおすすめです。

ランドナーのおすすめモデル|ジャイアント

「ジャイアント」は1972年に台湾で設立された自転車メーカー。ロードバイクやクロスバイク、MTBなど、数多くのモデルをリリースしています。

幅広い製品をラインナップしているだけでなく、比較的コスパが良好なモデルが揃っているのもポイント。スポーツタイプのランドナーを探しているユーザーはぜひチェックしておきたいブランドです。

ジャイアント(GIANT) GREAT JOURNEY

ジャイアント(GIANT) GREAT JOURNEY

前後のタイヤに荷物をセットできるキャリアとツーリングバッグが付属しているランドナー。トップチューブはサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様で、低重心を意識しているのが特徴です。

フレームには軽量なアルミ、フォークには耐久性の高いクロモリを採用しており、軽さと強度のバランスを取っているのもポイント。車体サイズはXS・S・Mの3種類をラインナップしており、Sサイズの重さは13.9kgです。

タイヤサイズは26インチで、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様。宿泊をはさむロングライドのツーリングに最適なおすすめのランドナーです。

ランドナーのおすすめモデル|ルイガノ

「ルイガノ」 は1983年にスタートしたカナダのスポーツ用品メーカー。創業者がもともと自転車のトラック競技選手だったこともあり、サイクリング製品を豊富に取り扱っています。

自転車の種類としてはシティサイクルから電動アシスト自転車、スポーツバイクなど、さまざまなモデルをラインナップ。ヘルメットやライト、スタンドなどオプションパーツが充実しているのもポイントです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) BEACON 9.0

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) BEACON 9.0

特殊な形状のバタフライハンドルを採用しているランドナー。グリップポジションが多いので、疲れ具合や路面状況に合わせて握りを変えられるのが特徴です。

トップチューブはサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様で低重心を意識。フレームやフォークは耐衝撃性に優れたクロモリを採用しています。車体サイズは4種類をラインナップしており、420mmサイズは重さ15.1kg。タイヤサイズは26インチで、ギアの変速段数はフロント3×リア10の30段仕様です。

軽い操作感で制動できるディスクブレーキを採用しているほか、荷物を搭載したままでも安心して駐車できるセンタースタンドが付属しているのもポイント。タフに乗りこなせるランドナーを探している方におすすめのモデルです。

ランドナーのおすすめモデル|丸石サイクル

老舗の自転車メーカーとして知られている丸石サイクル(MARUISHI)。同社のランドナー「エンペラー」は1973年誕生以来のロングセラーシリーズで、現行では3機種をラインナップしています。

各製品はドロップハンドルや変速ギアはもちろん、泥除けも標準装備。クラシカルなデザインを採用しており、レトロ感があるのもポイントです。

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングマスター

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングマスター

同社を代表するロングセラーモデルのランドナー。フレームとフォークには耐久性と耐衝撃性に優れているクロモリを採用しており、長く愛用できるのが特徴です。

フレーム形状はトップチューブが水平になっているホリゾンタルフレームを採用。フレーム内角の三角形が大きく取れているため乗りやすく、ロングライドでも疲れにくい仕様となっています。

車体サイズは3種類をラインナップしており、490mmサイズで重さは13kg。タイヤサイズは26インチに相当する650×38Aで、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段なので、平地から坂道までスムーズに乗りこなせます。

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングコンダクター

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングコンダクター

26インチよりもやや大きいタイヤサイズ700C×35Cを採用したランドナー。同サイズのタイヤはクロスバイクなどもスポーツサイクルに採用されるタイプで、軽快に走行できるのが特徴です。

フレームとフォークには丈夫なクロモリを採用しており、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様。車体サイズは3種類をラインナップしており、重さは510mmサイズで12.2kgと軽量なのもポイントです。

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングプレイヤー

丸石サイクル(MARUISHI) エンペラー ツーリングプレイヤー

同シリーズにおけるエントリーモデル。フレームとフォークには耐久性の高いクロモリ、タイヤサイズは26インチ、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様と、他シリーズのモデルと同等のスペックを持ち合わせていながらも、価格10万円以下とリーズナブルなのが特徴です。

なお、電車旅で自転車を持ち出す「輪行」をランドナーで行う際には前輪を外す、いやゆる”フォーク抜き”が必要となりますが、本モデルはアーキレンチ(六角レンチ)で前輪を分解できるオリジナルヘッドパーツを採用しており、スムーズに着脱できます。

車体サイズは520mmと550mmの2種類で、重さは13g。電車を駆使して遠方でのツーリングを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

ランドナーのおすすめモデル|マリン

「マリン」は1986年に誕生したアメリカの自転車ブランド。製品はシティ・ツーリング・マウンテン・キッズなどにジャンル分けされており、数多くのモデルをリリースしています。

なお、2011年よりINTERNATIONALモデル(本国モデル)とSEモデル(日本限定モデル)を展開。INTERNATIONALモデルはおもにマウンテンバイクを揃えており、SEモデルはストリートを意識したクロスバイクをラインナップしています。製品名の語尾にSEと付いているモデルがそれに該当するので、購入を検討する際は確認しておきましょう。

マリン(MARIN) FOUR CORNERS

マリン(MARIN) FOUR CORNERS

ギアの変速段数がフロント3×リア9の27段仕様と平地から坂道までスムーズに対応できるランドナー。トップチューブはサドル側に向けて斜めに下がるスローピング仕様で、低重心を意識しているのが特徴です。

フレームとフォークの素材には耐久性の高いクロモリを採用。また、軽い操作感でスピードをコントロールできるディスクブレーキ仕様なので、悪路でも安心して走行できます。

バイクパッキングに必要なキャリア用のダボ穴が付いているのも魅力。車体サイズはXS・S・Mの3種類で、XSとSは26インチ相当の650B、Mはやや大きい700Cを装着しています。シーンを問わず自転車旅を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ランドナーのおすすめモデル|アラヤ

「アラヤ」は銅管などを製造している「新家工業」の自転車ブランド。同社は1903年に国内で初めてホイールの外枠にあたるリムに木を採用したことで知られており、自転車用リムにおいては国内最大手のメーカーとなっています。

また、1982年には国内メーカー初のマウンテンバイクを販売したことでも有名。製品ラインナップは全体的にレトロな装いで、ランドナーに関してもクラシックデザインのモデルをリリースしています。

アラヤ(ARAYA) SWALLOW Randonneur

アラヤ(ARAYA) SWALLOW Randonneur

クラシカルなデザインのランドナー。フレームには丈夫で重厚感のあるクロモリを採用しているほか、ハンドルやサドルも含め、細部までレトロな仕様にまとまっているのが特徴です。

フレーム形状にはトップチューブが水平になっているホリゾンタルフレームを採用。フレーム内角の三角形が大きく取れているため乗りやすく、ロングライドでも疲れにくい仕様となっています。

タイヤサイズは650×38Bと26インチ相当で、ギアの変速段数はフロント3×リア10の30段仕様。サイズは550mmの1サイズのみで、重さは10.9kgと軽量です。ロードバイクに近い感覚で走行できるハイエンドモデルのランドナーを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

アラヤ(ARAYA) ARAYA Touriste

アラヤ(ARAYA) ARAYA Touriste

10万円前後とランドナーのなかではミドルレンジの価格に位置するモデル。フレームやフォークの素材は丈夫なクロモリを採用し、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様なので、耐久性と機動力を兼ね備えているのが特徴です。

タイヤサイズは26インチよりも若干大きい、いわゆる「ハチサン」仕様。サイズは3種類あり、重さは約13kgです。フレーム形状はトップチューブが水平になっているホリゾンタルフレームを採用しており、耐衝撃性に優れているのもポイント。コスパ良好のランドナーを探している方におすすめです。

アラヤ(ARAYA) ARAYA Federal

アラヤ(ARAYA) ARAYA Federal

ランドナーのなかでは比較的リーズナブルなモデル。フレームには広く使われている丈夫なクロモリを採用しつつも、フォークには安価なハイテン・ユニクラウンを素材としており、コストを抑えているのが特徴です。

ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様で、タイヤサイズは26インチよりも若干大きい「ハチサン」タイプ。サイズは3種類あり、重さは約13kgと、ワンランク上のモデルと同等です。価格重視でランドナーを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ランドナーのおすすめモデル|ビアンキ

「ビアンキ」はイタリアの老舗自転車メーカー。1885年に小さな自転車店からスタートし、現存する自転車ブランドのなかでは世界最古として知られています。

イタリア語で”青い空”を意味する淡いライトグリーンの「チェレステ」をイメージカラーとしているのもポイント。街乗りでも映えるランドナーを探している方におすすめです。

ビアンキ(Bianchi) Ancora

ビアンキ(Bianchi) Ancora

同ブランドを象徴するチェレステカラーのランドナー。ギアの変速段数はフロント3×リア10の30段仕様、タイヤサイズは26インチより若干大きい700x28Cと、ロードバイクに近い仕様となっているのが特徴です。

フレームとフォークには耐衝撃性に優れているクロモリを採用し、サイズは3種類をラインナップ。ドロップハンドルやサドルなど細部に高級感があるモデルなので、スタイリッシュなランドナーを求めている方におすすめです。