自転車を効率よく走らせる際に必要となる「ビンディングシューズ」。よりラクに、より高速に走りたいユーザーから支持されているアイテムです。

しかし、ラインナップとしては海外メーカーの製品が多く、素材や仕様の違いがあっても、どれがベストバイアイテムなのかわかりにくいもの。そこで今回は、ビンディングシューズのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ビンディングシューズとは?

ビンディングシューズとは、自転車を効率的に漕ぐために開発されたアイテム。クリートという留め具によってペダルとシューズを固定する仕様で、踏み込み時にパワーをダイレクトに伝えられるのが特徴です。

また、普通の靴と違ってペダルを引っ張り上げることも可能なので、パワーのロスも抑えられます。長距離・高速走行を求めるユーザーはぜひチェックしておきましょう。

ビンディングシューズの種類

2穴タイプ(SPD)

By: amazon.co.jp

ビンディングシューズの裏に2つのネジ穴がついているタイプは、別名「SPD」と呼ばれています。ロードバイクへの使用も可能ですが、ほかのタイプに比べると固定力が低めで着脱が簡単にできることから、乗り降りを頻繁にするクロスバイクやマウンテンバイクに向いているタイプです。

また、2穴タイプのクリートは靴底に隠れる程度の大きさ。歩く時にクリートを気にせずに歩けるのも魅力です。

3穴タイプ(SPD-SL)

By: amazon.co.jp

3穴タイプはシューズの裏に3つ穴が空いており、別名「SPD-SL」と呼ばれています。ロードバイクで使用するビンディングシューズの多くは3穴タイプで、3つのネジ穴に留め具を付けられるので、2穴タイプよりしっかりペダルに固定できるのがポイントです。

高速走行でも安心して使用できるため、本格的にロードバイクで走行したい人におすすめ。一方、クリートが大きく、靴底からはみ出る形になるため、歩行する際は注意しましょう。

4穴タイプ・5穴タイプ

By: rakuten.co.jp

4穴タイプは留め具が多い分、よりしっかりと足とペダルを固定することが可能です。その分歩きにくい場合があるため、注意しておきましょう。また、5穴タイプは、2穴タイプと3穴タイプの両方に対応できるのが特徴です。

ロードバイクだけでなく、クロスバイクやマウンテンバイクにも乗りたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

ビンディングシューズの選び方

留め具の種類で選ぶ

ベルクロタイプ

By: amazon.co.jp

ベルクロタイプは、マジックテープと同じ要領で締め込むビンディングシューズ。手軽に脱着できるのがメリットで、エントリーモデルに多く採用されています。

製品ラインナップとしては、ベルクロが前後2本のタイプと3本のタイプの2種類が存在。2本タイプはシューズ内で足が動きやすく、3本タイプはよりしっかりと締められます。

バックルタイプ

By: amazon.co.jp

締め込みができるラチェット式のバックルを配置したタイプ。走行中の操作はしにくいものの、しっかりと固定できるのが特徴です。

基本的にベルクロタイプと併用することが多く、足先2本がベルクロで、足首近くにバックルがセットされた3本仕様がほとんど。ミッドレンジのビンディングシューズに多く見られる仕様です。

ダイヤルタイプ

By: amazon.co.jp

ダイヤルでワイヤーを巻いて締め付けを調節するタイプ。脱着がしやすいほか、走行中でもスムーズにセッティングできるのが特徴です。

ベルクロタイプやバックルタイプと併用されることも多く、より複雑な構造を採用しているモデルはしっかりと締め付けられます。

シューレース・紐タイプ

By: amazon.co.jp

名前の通り、靴紐でフィッティングを調節するタイプ。脱着には手間がかかるものの、締め具合を変えやすいのが特徴です。

ほかのタイプと併用されていることが多く、フォット感が高いのもポイント。スニーカーと同じ要領で履けるモデルや、サッカーのスパイクに似たスタイリッシュなモデルなどがラインナップされています。

ソールの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ビンディングシューズのソールに採用されている素材は、大きく分けて樹脂製・カーボン+樹脂・フルカーボンの3種類。軽量かつペダリングの力を伝えやすいカーボンはハイエンドクラスのビンディングシューズに多く、耐久性の高いカーボンと樹脂の混合タイプはエントリーモデルで見られます。また、樹脂製で多いラバータイプはスニーカータイプのビンディングシューズに採用されており、普段使いできるのが特徴です。

なお、土踏まずをサポートするインソールも重要なポイント。形状が合わないと、次第に足に力が入らなくなり、ケガの原因にもなるので、しっかりと確認しておきましょう。

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ビンディングシューズは各製品によって重さが異なるだけでなく、同製品内であってもサイズによって重さが異なってくるので、選ぶ際は足のサイズだけでなく、重さもチェックしましょう。

重さの目安は片脚250〜300g。100g台のモデルであれば非常に軽量です。なお、重さはアッパー素材やソール素材と大きく関わってくる部分なので、軽さと耐久性のバランスを考慮することも重要です。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ビンディングシューズはサイクリングに用いるアイテムなので、スタイリッシュなデザインが基本。なお、タイプとしては細身のレギュラータイプと幅広のワイドタイプに分かれています。

カラーもシンプルな白・黒などから、蛍光色などのカラフルなモデルや色鮮やかなグラデーションが施されたモデルまで揃っているのもポイント。なお、デザインが気に入っても足に合わなかったり、同じメーカーでもモデルや使っている素材によってサイズが変わったりするので、その点は注意しておきましょう。

ビンディングシューズのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

日本人の手によって設計・開発されている「シマノ」。日本ブランドながら欧州の自転車競技選手にも供給されており、世界的な信頼度の高さが魅力のメーカーです。

ハイエンドクラスはもちろん、ミドルクラスやエントリーモデルの製品に関しても品質が高いため安心して使用できます。ユーザーのレベルに合わせてアイテムが選べるのもポイントです。

ジロ(GIRO)

By: amazon.co.jp

自転車用ヘルメットで有名なアメリカのメーカー「ジロ」。斬新なプロダクツに定評があり、その系譜はビンディングシューズにも受け継がれています。

シューレース仕様による締め付け調節システムを採用しているのもポイント。種類の豊富なアッパー素材をモデルによって使い分けている点も注目されています。

フィジーク(FIZIK)

By: amazon.co.jp

「フィジーク」は自転車のサドルに注力しているブランド。シューズラインナップは2010年からスタートし、トッププロの競技選手からサイクリング愛好家の一般ユーザーまで、多くの方に支持されています。

熟練の職人による品質の高さもポイント。ビンディングシューズの購入を検討している方はぜひおさえておきましょう。

シディ(SIDI)

By: rakuten.co.jp

1970年代から続くイタリアの老舗ブランド。多くの欧州プロレーサーの足元を支えてきた経験とノウハウがあり、今も現場からのフィードバックを忠実に受け止め、反映させているのが特徴です。

製品ラインナップには通常のカラーだけでなく、マット仕様のカラーを採用しているのもポイント。また、足が幅広の日本人にも合わせやすいワイドサイズの「MEGA」シリーズを展開しているのも魅力です。

DMT

By: amazon.co.jp

1978年に創業したイタリアのブランド。名前の由来は、デザイン(Design)・素材(Material)・技術(Technology)からそれぞれの頭文字を用いています。

マイクロファイバーやニットなど、時代に合った技術や素材を採用しているのも特徴。製品クオリティはもちろん、デザインセンスに優れているのも魅力です。

ビンディングシューズのおすすめ

シマノ(SHIMANO) RC9

科学的に最適化されたアッパー素材を配置することで、高いフィット感と優れたペダリングパフォーマンスを両立できるビンディングシューズです。留め具はダイヤル式で、2つのロープロファイルのBOALi2ダイヤルを採用。広範囲で細かい調節が可能です。

また、ソールとアッパーが一体となったサラウンドラップ構造を採用しているのもおすすめポイント。丸みを帯びたかかと部分やスリムなトーボックスなどによって、さまざまな足の形に対応しています。

さらに、ヒールカップがかかとをしっかりと固定するため、足のねじれを予防できるのも人気の理由。急加速をしても、適したフットポジションを維持することが可能です。

シマノ(SHIMANO) RP1

5穴タイプのため、2穴・3穴タイプの両方に対応できるビンディングシューズです。ロードバイクとクロスバイク・マウンテンバイクを乗り分ける機会が多い方に相性がよいモデル。アッパーにはパンチング加工が施された合成レザーとメッシュ素材が使用されているため、軽量かつ快適性に優れています。

また、ソールにベンチレーションを施したグラスファイバーコンポジットナイロンを採用しているため、適度なしなりがあるのもポイントです。さらに、ヒールカップにはリフレクトプリントが施されているので、視認性が高いのも人気の理由。品質の高さと機能性どちらも兼ね備えたモデルです。

シマノ(SHIMANO) CT5

カジュアルなスニーカーデザインなので、普段使いできるビンディングシューズを探している方におすすめのモデルです。着脱しやすい2穴タイプに対応しているため、クロスバイクやマウンテンバイクに乗る方におすすめ。ソールの中間層にシャンクプレートが内蔵されていることによって、ペダリングの力を効率よく伝えられます。

また、ソールにはナイロンが使用されており、滑りにくい仕様なのもポイント。ミッドソールには、衝撃を吸収するEVA素材が採用されているため、歩行時の快適さを維持しやすいビンディングシューズです。

シマノ(SHIMANO) RP9

「RP9」はしなやかなマイクロファイバーの合成皮革が使用されているため、足によくフィットします。さらにパンチング加工が施されているので、通気性にも優れたビンディングシューズです。重量は26.5cmモデルで224g。ロングライドでもシューズ内が蒸れるのを防ぎます。

また、アウトソールに軽量カーボンを配合しており、適した硬さを維持できるのもおすすめポイント。カーブした外付のヒールカップを採用することで、足とかかとの安定感を確保しているのも人気の理由です。

なお、留め具はベルクロタイプ。ダイヤルタイプのワイヤーも採用しているので、瞬時にフィット感を微調整できます。

シマノ(SHIMANO) XC7

快適性と機能性を兼ね備えた、オフロード用のビンディングシューズです。丈夫かつ軽いカーボンファイバーをミッドソールに使用しているのが特徴。ペダリングの力を伝えやすいので、初心者にもおすすめです。アッパー素材にはしなやかな合成皮革をすることで、優れた通気性と高いフィット感を両立させています。

また、ダイヤル式の留め具を採用しており、素早い微調整が可能なのもポイント。高密度のデュアルラバーコンパウンドが走行時のグリップ力と柔軟性を確保しています。ハードな状況下でのライディングにも耐えうる強化スパイクマウント仕様を採用しているのも、当モデルの特徴です。

シマノ(SHIMANO) RP4 SH-RP400

フィット感と通気性を追求した高密度のシンセティックレザーが使用されているシマノのビンディングシューズです。長時間使用しても蒸れにくいため、ロングライドに適しています。3穴タイプに対応しており、ソールには軽量グラスファイバーコンポジットナイロンが使われているので、耐久性が高いのもおすすめポイントです。

また、ヒールパッドは丈夫で幅広なため、歩きやすいのも魅力のひとつ。アッパーの締め付けはBOAダイヤルとストラップを使用することで、細かな調節が可能です。さらに、2つのオフセットストラップは位置をずらすことで圧力を分散できます。簡単に締め付け調節が行えるので、初めてビンディングシューズを買う方にもおすすめのアイテムです。

シマノ(SHIMANO) RC7

履き心地とペダリング性能を両立させたシマノのビンディングシューズです。アッパーの素材には、穿孔換気機能付きの柔軟な高密度合成レザーを使用しており、足を包み込むようにフィットします。

また、独立したBOAのL6ダイヤルによって細かな調節が可能なのもおすすめポイント。パワーゾーンワイヤーガイドによって、前足部をしっかり固定できます。ソールにはカーボン素材が使用されているので、軽量かつペダリングの力を伝えやすいのも魅力のひとつです。

なお、3穴タイプのため、本格的にロードバイクに乗りたい方はぜひ購入を検討してみてください。

シマノ(SHIMANO) XC9

「XC9」はオフロード向けのビンディングシューズです。クロスカントリーMTBやシクロクロスなどを行う方におすすめ。サラウンドラップ構造を採用しており、かかと部分は丸く、足の先端部分はスリムに設計されています。足によくフィットする上にペダリングのパワーが効率的に伝わるのがポイントです。

また、左右非対称のアイステイパターンを採用しているのも特徴です。フルスピードでペダリングをする際の足のねじれを防止することが可能。ソールにはカーボンが使用されているので、軽くて丈夫なモデルを探している方にもおすすめです。

なお、デュアルBOAのIP1ダイヤルで締め付けの調節ができます。Silvadurの特許取得済み高耐性シルバーイオンインテリジェントテクノロジーによって抗臭機能も高いため、快適に履き続けられるモデルです。

ジロ(GIRO) PROLIGHT TECHLACE

アッパーに日本の繊維メーカー「帝人」のTPU溶接補強材を使用しているビンディングシューズ。軽量かつ耐久性の高い「TeXtreme」のカーボンソールを採用していることから、軽量構造と優れたペダリング性能を兼ね備えているのが魅力です。

また、靴紐でフィッティングを調節するシューレースタイプのため、締め具合を変えやすくフォット感を高められるのもおすすめポイント。さらに、強度が必要な箇所にTPUフィルムによる溶接補強を施した特殊合成素材を使用しているので、しなやかかつ引っ張りや摩擦に強く、経年劣化しにくいのも魅力です。

フィジーク(FIZIK) TEMPO POWERSTRAP R5

太いベルクロストラップが特徴的なのがフィジークの「TEMPO POWERSTRAP R5」です。広いプレッシャーポイントで圧迫感を感じにくく、足を包み込むようなフィット感を得られるのが魅力。シンプルでスタイリッシュな見た目でありながらもしっかりと固定することが可能です。

また、アウトソールにはナイロン素材を、ソール部分にはカービン強化ナイロンを使用。軽量かつ快適性を保ちながらもペダリングのパワーを効率的に伝えられます。

フィジーク(FIZIK) X5 TERRA

人工皮革のマイクロテックス素材をアッパーに使用しているのが特徴のビンディングシューズです。耐久性や防水性に優れているので、オフロードレースにも対応可能。締め付けはBOAダイヤルのほかに、先端付近はベルクロも備わっているので、幅広い足の形に対応できます。

また、クロスカントリー競技からトレイルライドまで幅広く使用できるのもおすすめポイントです。ソールには、軽量かつペダリングの力を伝えやすいカーボン素材が使用されています。なお、2穴タイプなので、固定力が低く着脱が簡単にできるモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

フィジーク(FIZIK) TEMPO R5 OVERCURVE

あらゆる路面でパフォーマンスが発揮しやすいような設計を施したビンディングシューズです。人間工学に基づいて、足の解剖学的構造に合うように非対称構造が採用されています。また、かかとから上の部分を包み込むデザインなので、快適な履き心地を維持できるのも魅力のひとつです。

締め具合はダイヤルで調節ができるため、走行中でもスムーズにセッティング可能。なお、本モデルは3穴タイプなので、高速走行でも安心して使用できるモデルを探している方におすすめです。

フィジーク(FIZIK) X1 INFINITO BOA

土踏まず部分のフィット感を高めるために、ダイナミックアーチサポート構造を採用しているビンディングシューズです。ワイヤータイプのBOAダイヤルが備わっているため、フィット感が高いのが魅力。走行中でもセッティングできます。主に、クロスカントリーやトレイルライディングをしたい方に向いているモデルです。

また、ソールにはラバースタッド付きのUDフルカーボンを使用していたり、通気性とクッション性に配慮したインソールを採用したりと、快適性に優れているのもおすすめポイント。フィット感や履き心地、軽量性などいずれもハイレベルなのが人気の理由です。

フィジーク(FIZIK) R1 INFINITO KNIT BOA

ニット素材が使われているのが特徴のビンディングシューズです。有名な自転車競技選手も愛用しているハイエンドモデル。通気性・フィット感に優れているため快適なペダリングをサポートします。

また、「インフィミート・ボリュームコントロール」と「ダイナミックアーチサポート」2つのBOAダイヤルを備えているので、さまざまな足の形に対応できるよう配慮されているのも魅力です。本格的にロードバイクに乗ろうと検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

シディ(SIDI) WIRE 2 MATT

ストラップとワイヤー構造で足に固定する「ソフトインステップ」を採用しているビンディングシューズ。より自然な締め付けが可能になるため、快適性に優れたモデルを探している方におすすめです。

また、「テクノ3プッシュシステム」を採用しているのも魅力。ボタンの赤い部分を押すだけでワイヤーの巻き取り用レバーが起き上がるので、簡単に着脱できます。さらに、「ヴェントカーボンソール」を採用することで、ペダリングの力をスムーズに伝えられるのもおすすめポイントです。

そのほか、「ヴェント・エアインテーク」の搭載により、シューズ内に取り込める空気の量を調節できるのも特徴。トップ部分にエンボス加工を施すことによってスタイリッシュな見た目を実現しているのも人気の理由です。

シディ(SIDI) ERGO 5 MEGA

柔らかく熱整形されたフィット感の高いストラップ「SOFT INSTEP4」を搭載することで、全面を均一な力で締め付けられ、快適な履き心地を維持できるビンディングシューズ。ペダリングの際に足を適した位置に保つヒールカップも備わっているので、大きな力がかかった際に変形を防げるのもおすすめポイントです。

また、テクノ3プッシュを備えているのも魅力のひとつ。調節レバー真ん中の赤いボタンを押すだけでレバーが立ち上がるため、走行中でもアッパーの締め付けを行えます。操作性が高いモデルを探している方にもおすすめです。

さらに、通気性を確保するために、トップ素材にはパンチング加工が施されています。ロングライドでもシューズ内を快適に保てるのも人気の理由です。なお、見た目がシンプルかつスタイリッシュなので、おしゃれなビンディングシューズを履きたい方もぜひチェックしてみてください。

シディ(SIDI) SHOT MATT

ヒールカップ上部を補強し、くるぶしやかかとのフィット感を高める「アジャスタブル・ヒールテンション・システム」が搭載されているビンディングシューズです。急な上り坂や、高速走行する際にも、ヒールカップが横にずれるのを防げます。ネジを使えば、左右の微調整が可能なので足の形に合わせて調節できます。

また、パンチングとメッシュ加工が施されたアッパーと開閉機能を備えた「ヴェント・カーボンソール」を採用しているのもポイント。ペダリングのパワーの伝達性を高めるだけでなく、暖かい気候でのライディングでもシューズ内部を快適に保てます。

さらに、「ヴェント・エアインテーク」により、シューズ内に空気を取り込むことも可能。生態力学的に設計され、ハンドメイドで作られているソールには適度なしなりがあり、ロングライドにもおすすめです。

DMT KR1

当モデルは、イタリアで著名なトップスプリンターであるエリア・ヴィヴィアーニ氏と共同開発されました。アッパーに3Dニットを使用しており袋縫い仕様とすることで、アッパーを一枚で完成させているのが特徴のビンディングシューズ。縫い目や生地の重なり部分をなくすことで、軽さとしなやかさを両立させています。

また、薄手のニットアッパーの中で補強材をクロスさせているのも特徴です。タン部分の中央部は厚めに作られており、快適な履き心地をサポートしています。さらに、足首周りに靴下のようなニット生地を使用していたり、シューズの内側にインサートを備え縫い目が直接当たるのを防いだりと、細かな工夫がされているのも人気の理由です。

機能性に優れたモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

DMT D5

比較的価格が安いビンディングシューズを探している方におすすめなモデルです。ソール部分には、耐久性の高いナイロンとグラスファイバー組み合わせた素材を採用。BOAダイヤルが1個ついており、フィット感を簡単に調節することが可能です。また、アッパーの素材には、マイクロファイバーを使用。調節しやすくフィット感に優れたモデルとして人気があります。

なお、カラーはブラック・ホワイト・ピンク・イエローなど複数から選択可能。サイズ展開も豊富です。3穴タイプで初心者向けのモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

リンタマン(Lintaman) ADJUST ROAD COMP

ダイヤル式の留め具が備わっており、横方向だけでなく、縦方向にも調節できるビンディングシューズです。かかと部分にダイヤルが設けられているのが特徴。さまざまな足の形に合わせて調節ができます。

また、高い耐久性があり、適度にしなるグラスファイバー強化ナイロンソールを採用しているので、ロングライドする際に疲れにくいのもおすすめポイント。さらに、かかととつま先部分にラバーソールが配置されているため、歩く際に滑りにくいのも魅力のひとつです。

そのほか、伸縮性と通気性に優れたメッシュをつま先部に採用しているのもポイント。5穴タイプで、2穴、3穴どちらにも対応したエントリーモデルです。

サンティック(SANTIC) ビンディングシューズ

コスパに優れているビンディングシューズです。アッパーには複数の通気口があり、通気性が確保されているので、長時間のライディングでもシューズないを快適に保つことが可能。光沢のある素材とマット仕上げの組み合わせによって、高級感のある見た目に仕上がっています。

また、ソールには軽量グラスファイバー・コンポジットナイロンを使用。初心者が履いても疲れにくい上に、軽量かつ耐久性に優れているのもおすすめポイントです。さらに、インソールは人間工学によって設計されているので、長時間使用しても疲れにくく、快適な履き心地を維持できます。

なお、留め具は、ベルクロタイプと締め込みができるラチェット式のバックルタイプを採用しているため、手軽かつしっかりと固定することが可能です。