幅広い路面に対応できることから、最近注目度が高まっている「シクロクロスバイク」。もともとはロードレースの選手が冬のトレーニングで使っていた自転車ですが、現在はヨーロッパを中心に競技としても盛んです。

そこで今回は、シクロクロスバイクのおすすめモデルをご紹介。日本でも少しずつ認知され、国内での製品ラインナップも増えてきているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

シクロクロスバイクとは?

By: cyclocross.jp

シクロクロスバイクとは、人工的な障害物を設けられたオフロードのコースで周回数を競う自転車競技「シクロクロス」で用いられる自転車のこと。ロードバイク風のフレームに太めのタイヤを搭載しているのが特徴です。

本来オフロードで走ることを想定して作られているため、パンクなどのトラブルに強いのがポイント。ロードバイク初心者の方はもちろん、気軽に街乗りを楽しみたいカジュアル志向の方にもおすすめの自転車です。

シクロクロスバイクの特徴

ロードバイクと同じドロップハンドルを採用

By: canyon.com

シクロクロスバイクは、ロードバイクと同じく下方に大きく曲がった形状のドロップハンドルを採用しています。さまざまな乗車姿勢を取れるので、力強いペダリングが可能。また、シクロクロスバイクはハンドルの幅が狭いため、狭い道や細かい操作など小回りが利くのも大きなメリットです。

泥の影響を受けにくいブレーキを搭載

By: giant.co.jp

シクロクロスバイクは泥道や林道などを走ることから、泥が詰まりにくいブレーキを主流としています。一方で、ワイヤーが露出していることもあり、サビやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

なお、最近ではマウンテンバイクをはじめ、車やオートバイにも使用されるディスクブレーキを採用したモデルも増えています。ディスクブレーキは雨や急勾配でも小さな力でブレーキが効き、泥がついても制動性が高いのが特徴です。

持ち運びのしやすいフレーム設計

By: panasonic.com

競技用のシクロクロスバイクはカーボンやクロモリなどの軽量な素材が主流ですが、お手頃価格のモデルはアルミが主流。耐久性とコスト面に優れており、初心者におすすめのフレームです。

また、フレーム形状は基本的にロードバイクと同じ形状ですが、フレーム設計は上半身が前傾姿勢になりすぎないアップライトのモデルもラインナップされています。そのほか、泥はねを考慮してブレーキや変速ケーブルがフレームに内蔵されているモデルが多いのも特徴です。

シクロクロスバイクとグラベルロードバイクの違い

By: trekbikes.com

「グラベルロードバイク」は、シクロクロスバイクと同じく未舗装路の走行を想定されたロードバイクのことです。定義はありませんが、シクロクロスバイクが短距離向けにカスタマイズされているのに対して、グラベルロードバイクは長距離向けに作られる傾向にあります。

違いのひとつとして挙げられるのが「タイヤ幅」。シクロクロスバイクのタイヤ幅は、大会でも規定されている33mm以下が一般的です。しかし、グラベルロードバイクのなかには40mm以上の太めのタイヤを搭載しているモデルもあります。タイヤが太いと重くなってしまう一方で、安定感がアップするのがポイント。パンクする確率も下がります。

グラベルロードバイクは耐久性に重きを置いたロードバイクなので、荷物を積んでツーリングしたい場合などにおすすめです。また、速さと耐久性を両立したい場合は、シクロクロスバイクが適しています。

シクロクロスバイクの選び方

タイヤの種類をチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、タイヤの種類によって走り心地が大きく変わります。オフロードを中心に走りたい方におすすめなのが「ブロックタイヤ」。凹凸があるタイヤで、耐久性が高いのも特徴です。ただし、オンロードでは振動が気になるので、スピードを出したい方にはあまり向いていません。

一方、オンロードをメインに走りたい方におすすめなのが「スリックタイヤ」。表面に溝を掘り込んだタイプです。一般的なノーマルタイヤと見た目は似ていますが、軽くて路面に対する抵抗が少ないのもポイント。少ない力で漕ぎ進められるため、街乗り用の自転車を探している方におすすめです。

ブレーキシステムをチェック

By: fujibikes.jp

シクロクロスバイクは、制動力の高い「ディスクブレーキ」を搭載したモデルが多くラインナップ。ホイールの軸側に設置したディスクを押さえてブレーキをかける方式で、泥の影響を受けにくいことから過酷なレースにも対応できます。軽い力でブレーキがかかるので、街乗りやツーリングにもおすすめです。

カスタマイズ性をチェック

By: bscycle.co.jp

初めてシクロクロスバイクを購入する場合、必ずチェックしたいのが「カスタマイズ性」。スポーティーな自転車は、少しでも車体を軽くするために、カゴや泥除けを付けないのが基本。市販の完成車でも付いていないモデルがほとんどです。

しかし、街乗りやツーリングとして使う場合、重さが増えたとしてもカゴや泥除けなどを付けた方が便利。快適に乗り回したい方は、カスタマイズ用のネジ穴が空いているかどうかをチェックしておきましょう。

シクロクロスバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: bianchi.com

1885年に創業されたイタリアの老舗自転車メーカー。革新的な技術を製品に施しているほか、“チェレステカラー”と呼ばれる青緑色の独特なカラーリングが特徴です。

初心者をはじめ、競技者や女性からも幅広い人気を集めています。また、街乗り用のスポーツバイクにも力を入れており、シクロクロスバイクやクロスバイクなどラインナップも豊富。デザイン性に優れ、高性能なモデルを揃えたおすすめのメーカーです。

スペシャライズド(SPECIALIZED)

By: specialized-onlinestore.jp

1974年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。1981年に発売された世界初の量産型のマウンテンバイク「スタンプジャンパー」をリリースしたことで知られています。

マウンテンバイクのほか、シクロクロスバイクや子供向けの自転車など、バリエーションも豊富。フレームを初心者・中級者・上級者向けに分けて開発しており、用途に応じて適切な自転車が選べるのが魅力です。

キャノンデール(CANNONDALE)

By: cannondale.com

1971年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。自転車パーツやウェアなど幅広く手がけていますが、なかでもキャノンデールの代名詞と言えるのが、アルミフレームのロードバイクやシクロクロスバイク。アルミフレームの製造技術に定評があり、カーボンフレームとも変わらない軽量感や高剛性を有しています。

特にアルミ加工技術の集大成とも言えるCAADシリーズは世界的に評価が高く、同社のなかでも注目のモデル。カーボンやクロモリなどに比べてリーズナブルかつ丈夫なため、初心者にもおすすめです。

キャニオン(Canyon)

By: canyon.com

2002年に創業された競技用バイクを製造するドイツの総合自転車メーカー。確かな技術とおしゃれなデザインで競技者から人気を集めています。

キャニオンのシクロクロスバイクには、フルカーボンを採用したモデルが多数ラインナップされており、形状や性能面では最新の技術が施されているのも魅力。世界的にも各レースでキャニオンブランドを見ることが増えており、話題性もあるメーカーです。

シクロクロスのおすすめモデル

ビアンキ(Bianchi) 2020 ZOLDER PRO DISC

シクロクロスワールドカップ仕様のハイスペックな1台です。フレームはフルカーボン製で、軽量かつ耐久性にも優れています。また、ケーブル類はすべてフレームに内蔵されているため、悪路での泥はね対策もばっちりです。

自転車の主要パーツ群であるコンポーネントには、「SHIMANOGRX600」を搭載。堅牢な構造で安定性が高く、指をかけやすいレバー形状でスムーズに操作できます。

ブレーキシステムには「ディスクブレーキ」を採用しており、軽い力でブレーキをかけられるのも魅力です。荒れた山道やロングライドにも対応できる、本格的にシクロクロスへ挑戦したい方におすすめの1台です。

スペシャライズド(SPECIALIZED) CRUX ELITE

フレームとフォークに軽量かつ高剛性のカーボン素材を使用したモデルです。シートポストを固定する「シートクランプ」の位置を低めに設計することで、高い振動吸収性を備えています。

また、フレームにはブランド独自の「Rider-First Engineered」テクノロジーを採用。どのサイズに乗ってもすべて同じ性能を発揮できるよう、フレームのサイズごとに適したチューブとレイアップが搭載されています。さらに、フロント周りはシャープに仕上げることで、コーナーでも路面状況に左右されず安定した走行が可能です。

キャノンデール(CANNONDALE) SuperX 2

フレームやホイールなどがすべてカーボン製のシクロクロスバイク。ブランド独自の「バリステックカーボン」で軽量かつ耐久性に優れており、スピードを求める方におすすめです。

また、前輪付近の設計も特徴的。ハンドルは身体に近づけ、フロントホイールは身体から遠ざける設計「アウトフロントジオメトリー」を採用することで、下り坂やコーナリング時も安定した走行が可能です。

そのほか、フレームとタイヤの隙間は十分に確保されており、40mm幅のタイヤまで装着できるのもポイント。シクロクロスバイクとしてのみならずグラベルロードバイクとしても活用できる、競技用にぴったりの1台です。

キャノンデール(CANNONDALE) CAADX 2

比較的安い価格帯ながら実用的で、入門機におすすめのシクロクロスバイクです。アルミフレームとフルカーボン製のフォークを組み合わせており、軽量かつ丈夫で反応性にも優れています。

フレームと変速機を繋ぐ「リアエンド」の剛性も高いため、車体をコントロールしやすく力強い走行が可能。ブレーキに関しては軽い力でスピードのコントロールができるディスクブレーキを採用しています。

さらに、ハンドルは身体に近づけ、フロントホイールは身体から遠ざける設計「アウトフロントジオメトリー」を採用しているのもポイント。キレのあるハンドリングを実現しつつ、下り坂でも安定して走行できます。

そのほか、フレームとタイヤの隙間は最大37mm幅まで確保。35mmのワイドタイヤで段差にも強く、オフロードから市街地まで対応できる1台です。

キャニオン(Canyon) Inflite CF SL 6.0

エントリーモデルながら、同社のハイエンドモデル「Inflite CF SLX」と同じフレーム形状を採用した1台です。シクロクロス専用の「Cross Pro」ジオメトリーで、俊敏かつ安定したハンドリングが可能。また、トップチューブは屈曲しているため、自転車を担いだ際に重量バランスが取りやすいのも魅力です。

ハンドルと前輪を繋ぐ「フォーク」とフレームにはカーボン素材を用いており、軽く耐久性にも優れています。さらに、本体とサドルを繋ぐ「シートポスト」は低い位置に設計されているので、凸凹道でも柔軟に走行できるのもメリットです。

ブレーキには制動力の高いディスクブレーキを搭載しており、泥の影響を受けにくいのも魅力。タイヤには、駆動力が高くコーナリングも快適な「Schwalbe X-Oneチューブレスレディタイヤ」を搭載しています。コスパ重視の方は要チェックのシクロクロスバイクです。

アンカー(anchor) RACING LINE CX6

By: bscycle.co.jp

制動性の高いディスクブレーキを搭載しているシクロクロスバイク。軽い力でブレーキをかけられるのが特徴です。また、フォーク部分にはカーボン素材を用いているので、振動吸収性にも優れています。

タイヤには、泥道や雪道にも対応できるブロックタイヤ「MAXXIS RAZE」の33mmサイズを搭載。なお、ホイールやペダルなどは一部有料で上位パーツにカスタマイズ可能です。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

フジ(FUJI) FEATHER CX+

By: fujibikes.jp

競技のみならず、ツーリングや街乗りなどにも使えるシクロクロスバイクです。フレームの素材には、丈夫な「クロモリ」を採用しています。クロモリは、しなやかで弾性に優れているのが特徴。長距離でも安定して走行できます。

ブレーキシステムには、制動性の高いディスクブレーキを搭載。また、35mmのブロックタイヤを標準装備しており、悪路に対応できるのもメリットです。価格帯も比較的リーズナブルなので、コスパに優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) FCXTD01

フレームに、しなやかなチタン素材を採用したシクロクロスバイク。ペダルひと踏みで軽くスムーズに加速でき、ストップ&ゴーが多いコースも快適に走行できます。

また、ヘッド部分はチューブ径の大きい「インテグラルヘッド」を採用。剛性が高く、下り斜面やコーナーでも思いどおりの走行ラインを描きやすいため、安心して攻められます。さらに、ブレーキには、制動性の高いディスクブレーキを搭載しているのも魅力です。

メリダ(MERIDA) MISSION CX 400

台湾発の自転車ブランド「メリダ」のシクロクロスバイクです。フレームには、国際自転車競技連合「UCI」公認レースに対応したアルミニウムフレームを使用しています。

また、変速機・ブレーキ・レバーなどのコンポーネントには「Shimano 105」を採用。スムーズな反応で操作性がよく、体力の消耗を抑えられるため、長距離のライドが多い方におすすめです。ブレーキはディスクブレーキ仕様なので、軽い力でブレーキをかけられます。

タイヤは、泥はけのよいオープントレッドデザインを施した「Maxxis Mud Wrestler」を装備。スタイリッシュなデザインで、シクロクロスレースはもちろん通勤・通学などにも使える1台です。

メリダ(MERIDA) MISSION CX 5000

シクロクロスバイクとしてのみならず、グラベルロードバイクとしても使える1台です。泥除けを取り付けるための穴「フェンダーマウント」を搭載しており、シーンや路面状態に応じてカスタマイズができます。また、ケーブル類はフレームに内蔵されているのもメリットです。

フレーム・フォークともに、軽量なカーボン素材を採用しています。さらに、フロント変速機がない「フロントシングル」仕様なのもポイント。外観がクリーンであるのに加え、フロント部分のチェーントラブルのリスクも軽減可能です。

タイヤには、あらゆるコンディションでスピードと安定感を確保できる「Maxxis All Terrane」の33mmサイズを装備。汎用性の高いおすすめのモデルです。

ジャイアント(GIANT) TCX SLR 2

剛性・振動吸収性を有する、軽量アルミフレームを採用したシクロクロスバイクです。サドルの支柱「シートピラー」とフォークには、カーボン素材を採用。シートピラーは断面をD型に加工することで、路面からの衝撃を和らげて快適なペダリングが可能です。

ブレーキは前輪後輪ともにディスクブレーキを搭載しており、泥の影響を受けにくいのも魅力。タイヤは、さまざまなコンディションでスピードと安定感を確保する「MAXXIS ALL TERRANE」の33mmサイズを搭載しています。

リブ(LIV) BRAVA SLR

女性用の自転車を開発しているブランド「リブ」のシクロクロスバイク。トップチューブの後ろをやや下げた「スローピングデザイン」を採用しており、足を地面につけやすいので低身長の方も安心です。

フレームには、軽量かつ剛性の高いアルミ素材を採用。また、ヘッド部分の口径を大きくすることで、ハンドリングの安定性が確保されているのもポイントです。

シートピラーは断面がD型に加工されているため、路面からの衝撃が和らぎ快適にペダルを漕ぐことが可能。タイヤには、コンディションに関わらずスピードと安定感をもたらす「MAXXIS ALL TERRANE」の33mmサイズを装備しています。シクロクロスレースにチャレンジしたい方は要チェックのモデルです。

コナ(KONA) ローブ エスティー

街乗りがメインの方におすすめのシクロクロスバイクです。本製品は、幅広い路面に対応できるセミスリックタイヤ「WTB Venture」を装備。軽くなめらかな転がりと安定感を併せもっているため、オンロードもオフロードも快適に楽しめます。

また、フレームとフォークには丈夫なクロモリ素材を採用。ブレーキシステムには、高い制動性を有したディスクブレーキ「TRP SPYRE C」を搭載しています。

コルナゴ(COLNAGO) A1-r CX 105

悪路を前提としたフレーム設計で、安定感のある走行ができるシクロクロスバイク。ブレーキシステムにはディスクブレーキを採用しており、軽い力でブレーキをかけられるのでツーリングなどにもおすすめです。

また、チェーンステー部分の隙間を大きめに設けているのも特徴。泥詰まりを軽減できるのに加え、最大40mmのタイヤを装着できます。さらに、フレームには、剛性の高いアルミ素材を採用しているのもポイントです。

ヘッドチューブは上下で太さが異なる「異径」仕様。ハンドリングの安定感にも優れたおすすめのモデルです。