最近注目度が高まっている“シクロクロス”。もともとはロードレースの選手が冬のトレーニングで使っていた自転車ですが、現在はヨーロッパを中心に競技としても盛んです。

そこで今回は、シクロクロスバイクのおすすめモデルをご紹介。日本でも少しずつ認知され、国内での製品ラインナップも増えてきているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

シクロクロスとは?

By: cyclocross.jp

シクロクロスとは、人工的な障害物を設けられたオフロードの短いコースで周回数を競う自転車競技。コース内には、必ず下車して自転車をかつがなければならない部分や急坂、階段の障害物があったりするなど、かなり特徴的です。

そのため、シクロクロスバイクはトップチューブと呼ばれる、身体に一番近いフレームが水平なホリゾンタル形状のモデルが多く、安定性に優れています。また、タイヤ幅も太めのモノがほとんど。砂利の影響を受けにくいカンチブレーキを採用するなど、オフロードに特化した仕様の自転車です。

シクロクロスの特徴

By: rakuten.co.jp

ロードバイクと同じドロップハンドルを採用

シクロクロスバイクは、ロードバイクと同じく下方に大きく曲がった形状のドロップハンドルを採用しています。さまざまな乗車姿勢を取ることができ、力強いペダリングが可能。また、シクロクロスバイクはハンドルの幅が狭いため、狭い道や細かい操作など小回りが効くことも大きなメリットです。

泥の影響を受けにくいブレーキを搭載

シクロクロスバイクは泥道や林道などを走ることから、泥がつまりにくいカンチブレーキを主流としています。泥つまりに強い一方で、ワイヤーが露出していることもあり、サビになりやすいデメリットもあるので注意が必要。最近では、マウンテンバイクをはじめ車やオートバイにも使用されるディスクブレーキを採用したモデルも増えています。ディスクブレーキは雨や急勾配でも小さな力でブレーキが効き、泥がついても制動性が高いことが特長です。

持ち運びのしやすいフレーム設計

競技用のシクロクロスバイクはカーボンやクロモリなどの軽量な素材が主流ですが、価格が手頃なものはアルミが主流。アルミは、耐久性とコスト面に優れており、初心者にはおすすめです。

基本的にはロードバイクと同じ形状ですが、フレーム設計は上半身が前傾姿勢になりすぎないアップライトも可能。また、泥はねを考慮してブレーキや変速ケーブルがフレームに内蔵されているモデルが多いことも特徴です。

シクロクロスのおすすめメーカー

キャノンデール(CANNONDALE)

1971年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。自転車パーツやウェアなど幅広く手がけてはいますが、中でもキャノンデールの代名詞と言えるのが、アルミフレームのロードバイクやシクロクロスバイク。アルミフレームの製造技術に定評があり、カーボンフレーム変わらない軽量感や高剛性を誇ります。

特にアルミ加工技術の集大成とも言えるCAADシリーズは世界的に評価が高く、最高峰のモデル。カーボンやクロモリなどに比べてリーズナブルかつ丈夫なため、初心者にもおすすめです。

ビアンキ(Bianchi)

1885年に創業されたイタリアの老舗自転車メーカー。革新的な技術を施し、“チェレステカラー”と呼ばれる青緑色の独特なカラーリングが特徴です。

初心者をはじめ、競技者や女性からも幅広い人気を集めています。また、街乗り用のスポーツバイクにも力を入れており、シクロクロスバイクやクロスバイクなどラインナップも豊富。デザイン性に優れ、技術力にも申し分のないおすすめのメーカーです。

キャニオン(Canyon)

2002年に創業された競技用バイクを製造するドイツの総合自転車メーカー。確かな技術とおしゃれなデザインで競技者から愛されています。キャニオンのシクロクロスバイクはフルカーボン採用のモデルをラインナップ。形状や性能面では最新の技術が施されています。世界的にも各レースでキャニオンブランドを見ることが増えており、目が離せないメーカーです。

スペシャライズド(SPECIALIZED)

1974年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。1981年に販売された世界初の量産型のマウンテンバイク「ステップジャンパー」で知られています。マウンテンバイクの他、シクロクロスバイクや女性向けや子ども向けの自転車などを取扱うなど、バリエーションも豊富。また、フレームを初心者・中級者・上級者など階級に分けて開発しており、用途に応じて適切な自転車が選べるのが魅力です。

シクロクロスのおすすめモデル

キャノンデール(CANNONDALE) CAADX Tiagra

ディスクブレーキ搭載のアルミ製シクロクロスバイク。通勤や街乗りはもちろんのこと、レースにも使える万能モデルです。

キャノンデールの独自技術による「SPEED SAVEマイクロサスペンション」を搭載し、路面からの衝撃を抑えつつ坂道でもホイールが空転することなく、力を無駄なくタイヤに伝えることができます。

ビアンキ(BIANCHI) ZURIGO DISC

ディスクブレーキを搭載したアルミフレームのシクロクロスバイク。ビアンキの代名詞でもあるチェレステカラーを採用したおしゃれなモデルです。

フレームにはアルミとカーボンを使用することで軽量性と剛性を両立しており、シクロクロスレースにも使える汎用性の高さが魅力。通勤・通学はもちろん、さまざまなシチュエーションで楽しめるため初心者にもおすすめです。

キャニオン(Canyon) Inflite CF SLX

キャニオンのフルカーボン製シクロクロスバイク。競技での使用を前提にさまざまな点に工夫が施されており、特にトップチューブは緩やかな段差がつけられることで担ぎやすさを向上させた特殊な形状をしています。坂道などでも車輪が浮きにくく路面追従性が高い点も魅力。本格的にシクロクロスに取り組みたい方におすすめのモデルです。

スペシャライズド(SPECIALIZED) CRUX ELITE DISC X1

競技者向けのカーボン製シクロクロスバイク。フレームサイズごとに最適な素材を選ぶスペシャライズド独自の技術が用いられ、軽量性と耐久力に優れています。

担ぎやすいトップチューブの形状に加え、タイヤ周囲に8mmという大きめの空間を持たせることによる泥落ちのよさも魅力。本格的にシクロクロスに挑戦する方におすすめです。

コルナゴ(COLNAGO) PRESTIGE 105

フルカーボン製シクロクロスバイク。シクロクロス競技の世界チャンピオンである、ワウト・ファンアールトが開発に携わったモデルです。軽量性とパワーを伝達するレスポンス性にこだわっています。

本モデルはタイヤを細いモノに取り換えるだけで、砂利道も走れるロードバイクを指す「グレベルロード」に早変わり。汎用性の高いスタンダードモデルとしておすすめのシクロクロスバイクです。

センチュリオン(CENTURION) CROSSFIRE 2000

アルミフレームを採用し、軽量かつ高い耐久性を備えたシクロクロスバイク。競技レースにも対応できる高剛性のフレームながら、気軽な通勤やサイクリング用途でも乗りこなせます。ディスクブレーキを装備しているため制動性に優れ、高いハンドリングもできることから細かな操作が可能。初心者におすすめのリーズナブルなシクロクロスバイクです。