最近注目度が高まっている「シクロクロスバイク」。もともとはロードレースの選手が冬のトレーニングで使っていた自転車ですが、現在はヨーロッパを中心に競技としても盛んです。

そこで今回は、シクロクロスバイクのおすすめモデルをご紹介。日本でも少しずつ認知され、国内での製品ラインナップも増えてきているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

シクロクロスバイクとは?

By: cyclocross.jp

シクロクロスバイクとは、人工的な障害物を設けられたオフロードのコースで周回数を競う自転車競技「シクロクロス」で用いられる自転車のこと。ロードバイク風のフレームに太めのタイヤを搭載しているのが特徴です。

元々オフロードで走ることを想定して作られているため、パンクなどのマシントラブルに強いのがポイント。ロードバイク初心者の方はもちろん、気軽に乗りを楽しみたいというカジュアル志向の方にもおすすめの自転車です。

シクロクロスバイクの特徴

ロードバイクと同じドロップハンドルを採用

By: rakuten.co.jp

シクロクロスバイクは、ロードバイクと同じく下方に大きく曲がった形状のドロップハンドルを採用しています。さまざまな乗車姿勢を取ることができ、力強いペダリングが可能。また、シクロクロスバイクはハンドルの幅が狭いため、狭い道や細かい操作など小回りが効くことも大きなメリットです。

泥の影響を受けにくいブレーキを搭載

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは泥道や林道などを走ることから、泥がつまりにくいカンチブレーキを主流としています。泥詰まりに強い一方で、ワイヤーが露出していることもあり、サビやすいというデメリットもあるので注意が必要。

なお、最近ではマウンテンバイクをはじめ車やオートバイにも使用されるディスクブレーキを採用したモデルも増えています。ディスクブレーキは雨や急勾配でも小さな力でブレーキが効き、泥がついても制動性が高いのが特徴です。

持ち運びのしやすいフレーム設計

By: amazon.co.jp

競技用のシクロクロスバイクはカーボンやクロモリなどの軽量な素材が主流ですが、価格が手頃なものはアルミが主流。アルミは、耐久性とコスト面に優れており、初心者にはおすすめです。

基本的にはロードバイクと同じ形状ですが、フレーム設計は上半身が前傾姿勢になりすぎないアップライトも可能。また、泥はねを考慮してブレーキや変速ケーブルがフレームに内蔵されているモデルが多いことも特徴です。

シクロクロスバイクとグラベルロードバイクの違い

By: amazon.co.jp

近年、新しいカテゴリーとして登場した「グラベルロードバイク」。「グラベル(gravel)」とは”砂利”という意味で、シクロクロスバイクと同じく未舗装路の走行を想定されたロードバイクのことです。定義はありませんが、シクロクロスバイクは短距離向けにカスタマイズされているのに対して、グラベルロードバイクは長距離向けに作られている傾向があります。

違いのひとつとして挙げられるのが「タイヤ幅」。シクロクロスバイクのタイヤ幅は、大会でも規定されている33mm以下が一般的です。しかし、グラベルロードバイクのなかには40mm以上の太めのタイヤを搭載しているモデルもあります。タイヤが太いと重くなってしまう一方で、安定感がアップ。パンクする確率も下がります。

シクロクロスバイクが速さと耐久性を両立したロードバイクであるなら、グラベルロードバイクは耐久性に重きを置いたロードバイクといえるでしょう。荷物を積んでツーリングしたいという場合は、グラベルロードバイクもおすすめです。

シクロクロスバイクの選び方

タイヤの種類をチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、タイヤの種類によって走り心地が大きく変わります。オフロードを中心に走りたい方におすすめなのが「ブロックタイヤ」。表面にゴツゴツとした出っ張りがあるタイヤで、耐久性が高いのが特徴です。ただし、オンロードではガタガタと振動するので、スピードを出したい方にはあまり向いていません。

一方、オンロードをメインに走りたい方におすすめなのが「スリックタイヤ」。表面に溝を掘り込んだタイプです。一般的なノーマルタイヤと見た目は似ていますが、軽くて転がり抵抗が少ないのがポイント。少ない力で漕ぎ進められるため、街乗り用の自転車を探している方におすすめです。

ブレーキシステムをチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、昔ながらの「カンチブレーキ」、もしくは制動力の高い「ディスクブレーキ」を搭載したモデルがほとんどです。カンチブレーキとは、ホイールの縁部分を押さえてブレーキを掛けるタイプ。泥詰まりしにくいことからプロ選手にも選ばれています。ハードなコースを走る中級者~上級者におすすめです。

最近、市販のシクロクロスバイクで増えているのが「ディスクブレーキ」を搭載したタイプ。ホイールの軸側に設置したディスクを押さえてブレーキをかける方式で、泥の影響を受けにくいことから過酷なレースにも対応できます。軽い力でブレーキがかかるので、街乗りやツーリングにもピッタリ。これからシクロクロスバイクを探す場合は、ディスクブレーキがおすすめです。

カスタマイズ性をチェック

By: amazon.co.jp

初めてシクロクロスバイクを購入する場合、必ずチェックしたいのが「カスタマイズ性」。スポーティーな自転車は、少しでも車体を軽くするために、カゴや泥除けを付けないのが基本。市販の完成車でも付いていないモデルがほとんどです。

しかし、街乗りやツーリングとして使う場合、カゴを付けた方が荷物を載せられるうえに、泥除けを付ければ泥や砂利で服を汚さずに済むため、重さが増えたとしても付けた方が便利です。快適に乗り回したいという方は、カスタマイズ用のネジ穴が空いているかどうかをチェックしましょう。

シクロクロスバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: rakuten.co.jp

1885年に創業されたイタリアの老舗自転車メーカー。革新的な技術を製品に施しているほか、“チェレステカラー”と呼ばれる青緑色の独特なカラーリングが特徴です。

初心者をはじめ、競技者や女性からも幅広い人気を集めています。また、街乗り用のスポーツバイクにも力を入れており、シクロクロスバイクやクロスバイクなどラインナップも豊富。デザイン性に優れ、技術力にも申し分のないおすすめのメーカーです。

スペシャライズド(SPECIALIZED)

By: specialized.com

1974年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。1981年に販売された世界初の量産型のマウンテンバイク「ステップジャンパー」で知られています。

マウンテンバイクのほか、シクロクロスバイクや女性・子ども向けの自転車など、バリエーションも豊富。また、フレームを初心者・中級者・上級者など階級に分けて開発しており、用途に応じて適切な自転車が選べるのが魅力です。

キャノンデール(CANNONDALE)

By: cannondale.com

1971年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。自転車パーツやウェアなど幅広く手がけていますが、なかでもキャノンデールの代名詞と言えるのが、アルミフレームのロードバイクやシクロクロスバイク。アルミフレームの製造技術に定評があり、カーボンフレームとも変わらない軽量感や高剛性を誇ります。

特にアルミ加工技術の集大成とも言えるCAADシリーズは世界的に評価が高く、最高峰のモデル。カーボンやクロモリなどに比べてリーズナブルかつ丈夫なため、初心者にもおすすめです。

キャニオン(Canyon)

By: canyon.com

2002年に創業された競技用バイクを製造するドイツの総合自転車メーカー。確かな技術とおしゃれなデザインで競技者から愛されています。キャニオンのシクロクロスバイクには、フルカーボンを採用したモデルが多数ラインナップされており、形状や性能面では最新の技術が施されています。世界的にも各レースでキャニオンブランドを見ることが増えており、目が離せないメーカーです。

シクロクロスのおすすめモデル

ジャイアント(GIANT) TCX SLR 2

ジャイアント(GIANT) TCX SLR 2

シクロクロス向けに開発された「TCX」シリーズ。フレームには、剛性と振動吸収性に優れたSLRアルミを採用しています。SLRアルミはジャイアントのなかで最上級の素材であり、カーボンモデルに匹敵するほどの軽さが魅力です。

タイヤは、レースの規定に準ずる33mm幅。形状の異なるブロックを採用することで、オフロードでのグリップ性能を上げつつ、オンロードでの転がり抵抗を軽減したオールコンディションモデルとなっています。道を選ばずに走れるおすすめのシクロクロスバイクです。

ビアンキ(Bianchi) Zurigo Sram Apex1

ビアンキ(Bianchi) Zurigo Sram Apex1

マットな質感がオシャレなビアンキのシクロクロスバイク。フロントにシングルギアを使用した「ワンバイイレブン」を採用しているのが特徴です。前輪のシフト操作から解放されるので、操縦に集中することが可能。また、マシントラブルも減るので初めての方にもおすすめの仕様となっています。

また、フレームの後部にはリアキャリアを装備するための「ダボ穴」を搭載しているのもポイント。街乗りはもちろん、長距離ツーリングにも対応できます。万能型のシクロクロスバイクを探している方におすすめです。

スペシャライズド(Specialized) CruX Elite X1

スペシャライズド(Specialized) CruX Elite X1

「CruX Elite X1」は、レースに特化したシクロクロスバイク。フレームにはスペシャライズドで最高級グレードに位置付けられるFACT 11rカーボンを使用しており、56cmサイズで900gという軽さを実現しています。

世界トップレベルのパーツメーカーであるSRAM社製のコンポーネントを搭載。マシントラブルの少ないフロントシングル仕様のため、初めての方も安心して操縦することができます。レースに出場したい方はもちろん、オンロードからオフロードまで走れる万能タイプの自転車を探している方におすすめのシクロクロスバイクです。

キャノンデール(CANNONDALE) CAADX TIAGRA SE

キャノンデール(CANNONDALE) CAADX TIAGRA SE

キャノンデールを代表する名作ロードバイク「CAAD」シリーズから、シクロクロスバージョンが登場しました。最大の特徴は、37mmという太めのタイヤを採用しているところです。レース用バイクというよりは、ツーリング向けのグラベルロード寄りのモデルとなっています。

オンロードはもちろん、一般的なロードバイクでは走れなかったような不整地ルートにも気兼ねなくチャレンジできるのがポイント。カラーリングもシンプルなため、オンでもオフでも利用することができます。街乗り用のおしゃれなシクロクロスバイクを探している方におすすめのモデルです。

キャニオン(Canyon) INFLITE CF SLX 9.0 RACE

キャニオン(Canyon) INFLITE CF SLX 9.0 RACE

即レースに参戦できる本格仕様のシクロクロスバイクです。オンロードとオフロードに対応した「インフライト」シリーズの最上級モデル。軽さと強度を兼ね備えたフルカーボン仕様で、平均重量940gという軽量化を実現しています。

スポーツバイクとしては奇抜なデザインとなっていますが、トップチューブを曲げることによって肩や腕を入れやすくしているのがポイント。自転車を担ぐシーンの多いシクロクロスレースに特化したモデルといえるでしょう。過酷なコースにも対応できるおすすめのシクロクロスバイクです。

コルナゴ(COLNAGO) PRESTIGE 105

コルナゴ(COLNAGO) PRESTIGE 105

コルナゴの「PRESTIGE 105」は、シクロクロス世界大会の優勝者であるワウト・ファンアールト選手が開発に携わったモデルです。フレーム素材には、軽量性と柔軟性に優れたカーボンを使用。さらに、悪路でも制動性の高いディスクブレーキを搭載するなど、ハイスペックなシクロクロスです。

駆動系には、信頼性の高いシマノのパーツを使用しています。また、フレーム内に変速ワイヤーやブレーキホースを収納することで、見た目をスッキリさせているのもポイント。レース志向の方はもちろん、街乗り用のシクロバイクとしてもおすすめです。

メリダ(MERIDA) MISSION CX 400

メリダ(MERIDA) MISSION CX 400

メリダの「MISSION CX 400」は、価格と軽さのバランスがよいアルミフレームを採用したシクロクロスバイクです。上位モデルにも採用されているフルカーボンフォークを採用。金属素材と比べて振動吸収性に優れているのが特徴で、凹凸のあるコースでも快適に走ることが可能です。

駆動系にはコントパフォーマンスに優れたシマノ105を採用しています。また、制動性が落ちづらいディスクブレーキを搭載しているため、悪天候でも安心。シクロクロスバイクとしてはもちろん、グラベルロードとしても使えるおすすめのモデルです。

フジ(FUJI) FEATHER CX+

フジ(FUJI) FEATHER CX+

オンとオフを問わずに使えるシンプルなフォルムが魅力のFUJI。「FEATHER CX+」は、同ブランドで人気のフェザーシリーズをベースに、シクロクロス用にカスタマイズしたモデルとなっています。耐久性と衝撃吸収性に優れたクロモリフレームを使用。さらに、オフロード向けの35mm幅のタイヤを搭載しているので、過酷なコースでも安心して走ることができます。

また、カスタマイズ性が高いのもポイント。前後にキャリア(カゴ)を搭載するためのダボ穴が空いているので、通勤や通学をはじめ、ちょっとしたショッピングにも対応できます。別売りのチェーンリングガードを付ければ裾汚れを防ぐことも可能。オールラウンドに乗り回せるおすすめのシクロクロスバイクです。

トレック(TREK) Crockett 5 Disc

トレック(TREK) Crockett 5 Disc

「Crockett 5 Disc」は、シクロクロスの入門用モデルです。フレーム素材には、トレックの最上級素材である300シリーズAlphaアルミを採用。カーボン並みに軽いのが特徴で、重量は56cmサイズで8.96kgとなっています。価格と軽さを両立したい方にピッタリです。

フロントの変速機を撤廃したワンバイイレブン仕様。チェーン脱落などのマシントラブルが少ないので、初心者の方も安心して乗ることができます。レースから通勤・通学まで、オールラウンドに使えるおすすめのシクロクロスバイクです。

フェルト(FELT) F5X

フェルト(FELT) F5X

フェルトの「F5X」は、シクロクロスレースを想定してデザインされたモデルです。ミドルグレードのカーボン素材「UHC Advanced」と、F1や航空機などに使用される最先端素材「TeXtreme Carbone」を組み合わせたフレームを採用。高い耐久性を維持したまま、軽量化を実現しています。

また、ドイツ製のハイエンドタイヤを搭載しているのもポイント。重量370gと軽量なので、ロードバイク感覚で乗り回すことができます。悪路でもしっかりと止まるディスクブレーキを採用。街乗りやロングライドにもおすすめのシクロクロスバイクです。

ガノー(GARNEAU) GARIBALDI G3

ガノー(GARNEAU) GARIBALDI G3

日本ではカジュアルブランドの「ルイガノ」が有名ですが、本家「ガノー」は高性能なスポーツバイクをリリースしているのが特徴。なかでも、グラベルロードバイクとして展開されているのがガリバルディシリーズです。

2018年モデルは太めの35mmタイヤだったのに対して、2019年モデルは32mmタイヤを採用。幅が狭まったことでシクロクロスバイクに近いデザインとなっています。フルカーボンフォークやディスクブレーキを搭載するなど、同価格帯と比べて充実したスペック。コスパのよいシクロクロスバイクを探している方におすすめです。

ジーティー(GT) GRADE ALLOY COMP

ジーティー(GT) GRADE ALLOY COMP

GTのグラベルロードバイク「GRADE ALLOY COMP」。トップチューブとシートチューブを溶接することで、振動吸収性を高めているのがポイントです。タイヤ幅は32mmとグラベルタイプにしてはやや細め。シクロクロスに近いデザインとなっています。

ハンドルは、「ハ」の字に曲がっているフレアドロップバーを採用。オンロードはもちろん、オフロードでもハンドリングしやすいのが魅力です。信頼性の高いシマノ製パーツを使用していたり、制動力の高いディスクブレーキを搭載していたりとコスパ良好。初心者におすすめのシクロクロスバイクです。