幅広い路面に対応できることから、最近注目度が高まっている「シクロクロスバイク」。もともとはロードレースの選手が冬のトレーニングで使っていた自転車ですが、現在はヨーロッパを中心に競技としても盛んです。

そこで今回は、シクロクロスバイクのおすすめモデルをご紹介。日本でも少しずつ認知され、国内での製品ラインナップも増えてきているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

シクロクロスバイクとは?

By: cyclocross.jp

シクロクロスバイクとは、人工的な障害物を設けられたオフロードのコースで周回数を競う自転車競技「シクロクロス」で用いられる自転車のこと。ロードバイク風のフレームに太めのタイヤを搭載しているのが特徴です。

本来オフロードで走ることを想定して作られているため、パンクなどのマシントラブルに強いのがポイント。ロードバイク初心者の方はもちろん、気軽に街乗りを楽しみたいカジュアル志向の方にもおすすめの自転車です。

シクロクロスバイクの特徴

ロードバイクと同じドロップハンドルを採用

By: canyon.com

シクロクロスバイクは、ロードバイクと同じく下方に大きく曲がった形状のドロップハンドルを採用しています。さまざまな乗車姿勢を取れるので、力強いペダリングが可能。また、シクロクロスバイクはハンドルの幅が狭いため、狭い道や細かい操作など小回りが利くのも大きなメリットです。

泥の影響を受けにくいブレーキを搭載

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは泥道や林道などを走ることから、泥が詰まりにくいブレーキを主流としています。泥詰まりに強い一方で、ワイヤーが露出していることもあり、サビやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

なお、最近ではマウンテンバイクをはじめ、車やオートバイにも使用されるディスクブレーキを採用したモデルも増えています。ディスクブレーキは雨や急勾配でも小さな力でブレーキが効き、泥がついても制動性が高いのが特徴です。

持ち運びのしやすいフレーム設計

By: amazon.co.jp

競技用のシクロクロスバイクはカーボンやクロモリなどの軽量な素材が主流ですが、価格が手頃なモデルはアルミが主流。耐久性とコスト面に優れており、初心者におすすめのフレームです。

また、フレーム形状は基本的にロードバイクと同じ形状ですが、フレーム設計は上半身が前傾姿勢になりすぎないアップライトのモデルもラインナップされています。そのほか、泥はねを考慮してブレーキや変速ケーブルがフレームに内蔵されているモデルが多いのも特徴です。

シクロクロスバイクとグラベルロードバイクの違い

By: trekbikes.com

「グラベルロードバイク」は、シクロクロスバイクと同じく未舗装路の走行を想定されたロードバイクのことです。定義はありませんが、シクロクロスバイクが短距離向けにカスタマイズされているのに対して、グラベルロードバイクは長距離向けに作られる傾向があります。

違いのひとつとして挙げられるのが「タイヤ幅」。シクロクロスバイクのタイヤ幅は、大会でも規定されている33mm以下が一般的です。しかし、グラベルロードバイクのなかには40mm以上の太めのタイヤを搭載しているモデルもあります。タイヤが太いと重くなってしまう一方で、安定感がアップするのがポイント。パンクする確率も下がります。

グラベルロードバイクは耐久性に重きを置いたロードバイクなので、荷物を積んでツーリングしたい場合などにおすすめです。また、速さと耐久性を両立したい場合は、シクロクロスバイクが適しています。

シクロクロスバイクの選び方

タイヤの種類をチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、タイヤの種類によって走り心地が大きく変わります。オフロードを中心に走りたい方におすすめなのが「ブロックタイヤ」。表面にゴツゴツとした出っ張りがあるタイヤで、耐久性が高いのが特徴です。ただし、オンロードでは振動が気になるので、スピードを出したい方にはあまり向いていません。

一方、オンロードをメインに走りたい方におすすめなのが「スリックタイヤ」。表面に溝を掘り込んだタイプです。一般的なノーマルタイヤと見た目は似ていますが、軽くて転がり抵抗が少ないのがポイント。少ない力で漕ぎ進められるため、街乗り用の自転車を探している方におすすめです。

ブレーキシステムをチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、制動力の高い「ディスクブレーキ」を搭載したモデルが多くラインナップされています。ホイールの軸側に設置したディスクを押さえてブレーキをかける方式で、泥の影響を受けにくいことから過酷なレースにも対応できます。軽い力でブレーキがかかるので、街乗りやツーリングにもピッタリ。これからシクロクロスバイクを探す場合は、ディスクブレーキを搭載したモデルがおすすめです。

カスタマイズ性をチェック

By: amazon.co.jp

初めてシクロクロスバイクを購入する場合、必ずチェックしたいのが「カスタマイズ性」。スポーティーな自転車は、少しでも車体を軽くするために、カゴや泥除けを付けないのが基本。市販の完成車でも付いていないモデルがほとんどです。

しかし、街乗りやツーリングとして使う場合、重さが増えたとしてもカゴや泥除けなどを付けた方が便利です。快適に乗り回したい方は、カスタマイズ用のネジ穴が空いているかどうかをチェックしましょう。

シクロクロスバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: bianchi.com

1885年に創業されたイタリアの老舗自転車メーカー。革新的な技術を製品に施しているほか、“チェレステカラー”と呼ばれる青緑色の独特なカラーリングが特徴です。

初心者をはじめ、競技者や女性からも幅広い人気を集めています。また、街乗り用のスポーツバイクにも力を入れており、シクロクロスバイクやクロスバイクなどラインナップも豊富。デザイン性に優れ、高性能なモデルを揃えたおすすめのメーカーです。

スペシャライズド(SPECIALIZED)

By: specialized-onlinestore.jp

1974年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。1981年に発売された世界初の量産型のマウンテンバイク「スタンプジャンパー」で知られています。

マウンテンバイクのほか、シクロクロスバイクや子供向けの自転車など、バリエーションも豊富。フレームを初心者・中級者・上級者向けに分けて開発しており、用途に応じて適切な自転車が選べるのが魅力です。

キャノンデール(CANNONDALE)

By: cannondale.com

1971年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。自転車パーツやウェアなど幅広く手がけていますが、なかでもキャノンデールの代名詞と言えるのが、アルミフレームのロードバイクやシクロクロスバイク。アルミフレームの製造技術に定評があり、カーボンフレームとも変わらない軽量感や高剛性を有しています。

特にアルミ加工技術の集大成とも言えるCAADシリーズは世界的に評価が高く、同社のなかでも最高クラスのモデル。カーボンやクロモリなどに比べてリーズナブルかつ丈夫なため、初心者にもおすすめです。

キャニオン(Canyon)

By: canyon.com

2002年に創業された競技用バイクを製造するドイツの総合自転車メーカー。確かな技術とおしゃれなデザインで競技者から愛されています。

キャニオンのシクロクロスバイクには、フルカーボンを採用したモデルが多数ラインナップされており、形状や性能面では最新の技術が施されているのも魅力のひとつ。世界的にも各レースでキャニオンブランドを見ることが増えており、目が離せないメーカーです。

シクロクロスのおすすめモデル

ビアンキ(Bianchi) シクロクロスバイク ZOLDER PRO DISC

シクロクロス世界選手権に出場するチームに使用された実績もある、本格仕様のシクロクロスバイクです。従来モデルのアルミフレームからフルカーボンフレームに仕様変更し、フォークにもカーボンを採用しています。

コンポーネントには最適化された操作性とギア構成、堅牢な構造が特徴のシマノの最新グラベルアドベンチャー用コンポ「GRX600」を採用。最上級の走りを楽しみたい方や、本格的にシクロクロスレースへ参戦したい方におすすめのモデルです。

スペシャライズド(SPECIALIZED) シクロクロスバイク CRUX ELITE

フレームに独自の「Rider-First Engineered」テクノロジーを採用しているシクロクロスバイクです。フレームサイズごとに適したカーボンチューブとレイアップを使用。どのサイズを選択しても、同じ性能を発揮するおすすめモデルです。

高剛性なカーボンフレームは、56サイズでおよそ900gと軽量。フォークにもカーボンを採用しています。荒れた路面を確実に捉える「Tracer Pro 700×33mm」のチューブレスレディタイヤを装着。両サイドに8mmのクリアランスを設けており、マッドコンディションでの泥はけのクリアランスを確保しています。

ブレーキには制動力に優れた油圧式ブレーキを搭載。ウェットな路面コンディションでも安定したコントロール性を発揮します。

キャノンデール(CANNONDALE) シクロクロスバイク CAADX 105

フレームにアルミを採用した、手頃な価格が魅力のシクロクロスバイクです。コンポーネントを従来モデルのシマノ・ティアグラから105にグレードアップした、コスパのよさが魅力。アドベンチャーバイクとしてはもちろん、日常の通勤用としてもおすすめのモデルです。

フォークにはカーボンを採用しており、軽量化を実現。ブレーキには制動力に優れ、あらゆる状況下で安定したコントロール性を誇る、シマノ製油圧式ディスクブレーキを採用しています。はじめてシクロクロスバイクの購入を検討している方にも適した1台です。

キャニオン(Canyon) シクロクロスバイク Inflite CF SL 6.0

ドイツの競技用バイクメーカー「キャニオン」のシクロクロスバイクのエントリーモデルです。2020年シクロクロス世界選手権の男女エリートダブル制覇を果たした、トップモデル「Inflite CF SLX」と同フレーム形状を採用。手頃な価格ながら、剛性も同レベルで設計されているおすすめモデルです。

トップチューブは湾曲した独特の形状で、担ぎやすいのが特徴。カーボンフレーム・フォークを採用しているほか、シフト・ブレーキに「SRAM Rival 1コンポ」を搭載している本格的な1台です。パワーメーターを装着できるQuargクランク仕様で、シクロクロスレースに挑戦したい方にも適しています。

ARAYA シクロクロスバイク CXG Muddy Fox CX Gravel claris

フレームとフォークに軽量なクロモリを採用したグラベルバイク。トップチューブにケーブルを設けていないタイプで、シクロクロスバイクとしても使えるおすすめモデルです。M字に曲がったフレアドロップハンドルは、荒れた砂利道や下りで安定感に優れているのが特徴。舗装道路を走行する街乗り用としても扱いやすいモデルです。

ブレーキには制動力と安定性に優れたディスクブレーキを搭載。天候や路面の状況に左右されないコントロール性を実現しています。ワイドタイヤへ交換できるのもポイント。さまざまな用途で使用できるボトル台座をダウンチューブ裏とフォークブレードに備えています。

MERIDA ロードバイク メリダ ミッション CX 400

シクロクロスの頂点を争う「UCIレース」で使用できる、UCI承認済みのMERIDA製アルミフレームを採用したシクロクロスです。MERIDAの長い歴史のなかで、はじめてアルミ製造技術が投入されたモデル。コンポーネントにシマノ105を搭載しているなど、シクロクロスのみならずグラベルバイクやコミューティングバイクとしてもおすすめです。

シャープなルックスは、街乗り用として溶け込みやすいのも魅力。タイヤには、マッドコンディションに対応するブロックタイヤを採用しています。

ジャイアント(GIANT) シクロクロスバイク TCX SLR 2

SLRテクノロジーによる軽量かつ高剛性なアルミフレームを採用しているシクロクロスバイクです。振動吸収性に優れたカーボン製「D-FUSEピラー」を採用。ブレーキにはワイヤーで油圧キャリパーを制御する「CONDUCTディスクブレーキ」を搭載しているなど、コントロール性に優れたおすすめモデルです。

コンポーネントはフロントシングル×リア11速のスラム・APEX 1を採用。タイヤはマキシスの全天候型チューブレスレディ33Cを装着しており、さまざまな路面状況に対応できます。

ジャイアント(GIANT) LIV シクロクロスバイク BRAVA SLR

GIANTの女性ブランド「Liv」のシクロクロスバイクです。トップチューブにスローピングデザインを採用しており、足つきがしやすいのが特徴。振動吸収性に優れたシートポストを備えているなど、小柄な方でも乗りこなしやすいおすすめモデルです。

軽量・高剛性なSLRアルミフレームとカーボンフォークを採用しており、重さ9.2kgと担ぎやすいのもポイント。荒れたコースでもラインをトレースしやすい、大口径ヘッド規格を採用しています。快適性を高めるD型カーボンシートピラーを設けているうえ、チューブレスレディタイヤを標準装備しているなどコスパのよさも魅力です。

前後ブレーキには油圧式ディスクブレーキを搭載。優れた制動力で荒れた路面でもコントロールしやすく、しっかりとグリップします。

TREK シクロクロスバイク Crockett 5 Disc

軽量な「300シリーズAlpha」アルミフレームを搭載したシクロクロスバイク。フォークには軽量かつ高い振動吸収性を有したカーボン製「IsoSpeed」を採用。縦方向への柔軟性を高める形状でホイールベース長を最適化し、快適性と安定性を高次元で実現しています。

ブレーキにはディスクブレーキを採用しており、さまざまな路面状況でもグリップの効くブレーキ性能を発揮。シクロクロスレースから通勤用まで、オールラウンドに使用できるおすすめモデルです。

アンカー(anchor) シクロクロスバイク CX6

ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「アンカー」のモデル。世界で戦ってきた経験を活かして開発された、軽量アルミフレーム採用のシクロクロスバイクです。カーボンフォークを採用しており、振動吸収性にも優れているのが特徴。レーススタイルのカラーリングを取り入れているなど、本格的なレースに参戦したい方におすすめのモデルです。

スルーアクスル+フラットマウントの採用により、高剛性と拡張性も確保。カラーオーダーシステムにも対応しており、32色のフレームカラーから選択できるのも魅力です。ワイヤーホルダーを最小限まで削減することで、過酷なレースでの泥づまりやトラブルを予防するほか、担ぎやすさや握りやすさも実現しています。

フェルト(FELT) シクロクロスバイク FX ADVANCED GRX600

多くのシクロクロスレーサーが使用し優勝を手にしている「FXシリーズ」のシクロクロスバイクです。シリーズのエントリーグレードであり、本格的なレースに挑戦してみたい方におすすめ。高度な分析と検証を重ねて開発されている、信頼性の高い1台です。

フレームには軽量で高い耐久性の「TeXtremeカーボン」を採用。コンポーネントはシマノ製最新アドベンチャー用「GRX600」で、ブレーキには制動力とコントロール性に優れた油圧式ディスクブレーキを搭載しています。

ボーマ(BOMA) シクロクロスバイク D.OLA ドーラ L-570

By: boma.jp

カーボン繊維商社を前身とする、ASK TRADINGのオリジナルブランド「ボーマ」のシクロクロスバイクです。欧米のハイエンドモデルも扱っている、高度な生産技術と品質管理を行っている世界トップクラスの工場で生産。カーボン素材と最先端テクノロジーを駆使して開発された1台です。

手頃な価格も魅力で、初心者がはじめて購入するモデルとしておすすめ。ブレーキには走破性と制動力に優れたディスクブレーキを搭載しており、高いコントロール性を実現しています。

コルナゴ(COLNAGO) シクロクロスバイク PRESTIGE 105

世界大会で優勝経験をもつワウト・ファンアールト氏が開発に参加したシクロクロスバイク。フラットマウントディスクブレーキや160mmディスクローターを搭載しており、高い制動力とブレーキコントロール性能を実現しています。

ワイヤーやブレーキホースをフレームに内蔵しているすっきりとした外観も魅力のひとつ。肩にワイヤーが食い込まないため、担ぎやすいのもポイントです。フレームにはカーボン素材を採用しており、軽量性と操作性に優れているのも特徴。大会用としてはもちろん、街乗りとしてもおすすめのモデルです。

フジ(FUJI) シクロクロスバイク FEATHER CX+ 19FEACGR43

日本で誕生した老舗メーカー「フジ」のシクロクロスバイク。100年以上の長い歴史をもつメーカーであり、機能性の高さや優れたデザイン性は多くのファンに支持されています。低価格ながら軽量で耐久性に優れたクロモリを採用。クロモリの特性である、スムーズな走りも楽しめます。

コンポーネントには信頼性の高いシマノ製を採用。ディスクブレーキやブロックタイヤを標準装備しているなど、コスパのよさが魅力のおすすめモデルです。ロングツーリングから街乗りまで幅広く対応できるのもポイント。高剛性で前後にキャリアを搭載してカスタマイズできるため、バイクパッキングにもおすすめの1台です。

フジ(FUJI) シクロクロスバイク CROSS 1.3

軽量アルミフレームを採用した、フジの定番シクロクロスバイクです。ケーブル内蔵のカーボンフォークの採用で、すっきりとした外観が特徴。手頃な価格ながら油圧式ディスクブレーキや各所にOVALパーツを採用しているなど、はじめて大会に出場してみたい方におすすめのモデルです。

コンポーネントにはアメリカの自転車パーツメーカー「SRAM」を採用。頑丈で固定力に優れたスルーアスクルやレーシングタイヤブランド「Challenge」のタイヤを装備しているなど、こだわりのスペックも魅力です。

コナ(KONA) シクロクロスバイク MAJOR JAKE

おしゃれなブルーカラーが印象的なシクロクロスバイクです。フレームとフォークはカーボン仕様で、路面からの振動を感じにくいのが特徴。障害物の多いコースでの走破性に優れています。700×33Cのオールテレーンタイヤや油圧式ディスクブレーキを搭載しているなど、すぐにレースで使えるおすすめモデルです。

11段階変速ギアをこまめに調節すれば、足に掛かる負担を減らせるのでアップダウンの多いコースも楽々。快適な乗り心地と優れた安定性で、街乗りでも走行を楽しめます。