幅広い路面に対応できることから、最近注目度が高まっている「シクロクロスバイク」。もともとはロードレースの選手が冬のトレーニングで使っていた自転車ですが、現在はヨーロッパを中心に競技用としても使用されています。

そこで今回は、シクロクロスバイクのおすすめモデルをご紹介。日本でも少しずつ認知され、製品ラインナップも増えてきているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

シクロクロスバイクとは?

By: giant.co.jp

シクロクロスバイクとは、障害物を設置したオフロードコースのレースである「シクロクロス」で使用するのに適した自転車のこと。舗装されていないコースを走行したり、斜面では担いで登ったりといった競技の要素に対応しやすいのが特徴です。

また、比較的価格が安いモデルが多く、幅広い用途に使えるのも魅力。競技用としてだけではなく、街乗りをはじめ、冬場のオフシーズンなどではトレーニング用にも使われています。

オンロードからオフロードまで対応しているのも嬉しいポイント。ブレーキの性能にも優れており、未舗装の道路や雨天時などコンディションの悪い路面でも安定した走行が可能です。

シクロクロスバイクとロードバイクの違い

By: giant.co.jp

見た目はロードバイクと似ているシクロクロスバイクですが、ロードレースに用いるロードバイクに比べ、シクロクロスバイクは舗装されていない路面を走行しやすいのが特徴。担いで持ち運びやすいのもポイントです。

また、シクロクロスバイクは、フレームとタイヤの間隔が泥詰まりを防ぐために大きく設計されています。ブレーキは、制動力の高いディスクブレーキを搭載しています。

シクロクロスバイクはロードバイクと比較し、採用されているタイヤが太めなのもポイント。ロードバイクに搭載しているタイヤの太さは23mm前後が一般的なのに対し、シクロクロスは主に太さ30mm以上のタイヤが使われています。そのため、優れたクッション性により負担を軽減するうえ、オフロードでの安定性の高い走行が可能です。

ロードバイクについて詳しく知りたい方はこちら

シクロクロスバイクの特徴

ロードバイクと同じドロップハンドルを採用

By: riteway-jp.com

シクロクロスバイクには、ロードバイクと同じく下方に大きく曲がった形状のドロップハンドルが採用されています。さまざまな乗車姿勢を取れるので、力強いペダリングが可能。また、シクロクロスバイクはハンドルの幅が狭いため、狭い道での細かい操作など小回りが利くのもメリットです。

泥の影響を受けにくいブレーキを搭載

By: giant.co.jp

シクロクロスバイクは泥道や林道などを走ることから、泥が詰まりにくいブレーキを搭載したモデルが主流。一方で、ワイヤーが露出していることもあり、サビやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

なお、最近ではマウンテンバイクをはじめ、車やオートバイにも使用されるディスクブレーキを採用したモデルも増えています。ディスクブレーキは雨や急勾配でも小さな力でブレーキが効きやすく、泥がついても制動性が高いのが特徴です。

持ち運びのしやすいフレーム設計

By: fujibikes.jp

競技用のシクロクロスバイクは、カーボンやクロモリなどの軽量な素材を採用しているのが一般的ですが、お手頃価格のモデルはアルミが主流。耐久性とコスト面に優れており、初心者におすすめのフレームです。

また、フレームは基本的にロードバイクと同じ形状ですが、フレーム設計は上半身が前傾姿勢になりすぎないアップライトのモデルもラインナップされています。そのほか、泥はねを考慮してブレーキや変速ケーブルがフレームに内蔵されているモデルが多いのも特徴です。

シクロクロスバイクとグラベルロードバイクの違い

By: fujibikes.jp

「グラベルロードバイク」とは、シクロクロスバイクと同じく未舗装路の走行を想定されたロードバイクのことです。明確な定義はありませんが、シクロクロスバイクが短距離向けにカスタマイズされているのに対して、グラベルロードバイクは長距離向けに作られる傾向があります。

違いのひとつとして挙げられるのが「タイヤ幅」。シクロクロスバイクのタイヤ幅は、大会でも規定されている33mm以下が一般的です。しかし、グラベルロードバイクのなかには40mm以上の太めのタイヤを搭載しているモデルもあります。タイヤが太いと重くなってしまう一方で、安定感がアップするのがポイント。パンクする可能性も低くなります。

グラベルロードバイクは耐久性に重きを置いたロードバイクなので、荷物を積んでツーリングしたい場合などにおすすめ。速さと耐久性を両立したい場合は、シクロクロスバイクが適しています。

シクロクロスバイクの選び方

タイヤの種類をチェック

By: riteway-jp.com

シクロクロスバイクは、タイヤの種類によって走り心地が大きく変わります。オフロードを中心に走りたい方におすすめなのが「ブロックタイヤ」。凹凸があるタイヤで、耐久性が高いのも特徴です。ただし、オンロードでは振動が気になるので、スピードを出したい方にはあまり向いていません。

一方、オンロードをメインに走りたい方におすすめなのが「スリックタイヤ」。表面に溝を掘り込んだタイプです。一般的なノーマルタイヤと見た目は似ていますが、軽くて路面に対する抵抗が少ないのがポイント。少ない力で漕ぎ進められるため、街乗り用にぴったりのタイヤです。

ブレーキシステムをチェック

By: giant.co.jp

シクロクロスバイクには、制動力の高いディスクブレーキを搭載したモデルが多くラインナップされています。ホイールの軸側に設置したディスクを押さえてブレーキをかける方式で、泥の影響を受けにくいことから過酷なレースにも対応可能。軽い力でブレーキがかかるので、街乗りやツーリングにもおすすめです。

カスタマイズ性をチェック

By: bscycle.co.jp

初めてシクロクロスバイクを購入する場合、必ずチェックしたいのが「カスタマイズ性」。スポーティーな自転車は、少しでも車体を軽くするために、カゴや泥除けを付けないことが一般的。市販の完成車でも、付いていないモデルがほとんどです。

しかし、街乗りやツーリングとして使う場合、重さが増えたとしてもカゴや泥除けなどを付けた方が便利。快適に乗り回したい方は、カスタマイズ用のネジ穴が空いているかどうかをチェックしておきましょう。

シクロクロスバイクのおすすめメーカー

スペシャライズド(SPECIALIZED)

By: specialized.com

1974年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。1981年に量産型のマウンテンバイク「スタンプジャンパー」を発売したことで知られています。

マウンテンバイクのほか、シクロクロスバイクや子供向けの自転車など、バリエーションも豊富。初心者・中級者・上級者向けに分けてフレームを開発しており、用途に応じて使いやすい自転車が選べるのが魅力です。

キャノンデール(CANNONDALE)

By: cannondale.com

1971年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。自転車パーツやウェアなど幅広く手がけていますが、なかでもキャノンデールの代名詞といえるのが、アルミフレームのロードバイクやシクロクロスバイク。アルミフレームの製造技術に定評があり、カーボンフレームと変わらない軽量感や高剛性を有しています。

特にアルミ加工技術の集大成とされる「CAAD」シリーズは世界的に評価が高く、同社のなかでも注目のモデル。カーボンやクロモリなどに比べてリーズナブルかつ丈夫なため、初心者にもおすすめです。

シクロクロスのおすすめモデル

スペシャライズド(SPECIALIZED) シクロクロスバイク CRUX ELITE

主にレースで走りたい方におすすめ

シクロクロスの世界選手権で幾度も優勝者に使用されたことで知られる、人気のハイスペックモデル。フレームには軽量化したカーボンを採用しており、サイズ56cmのタイプで重量が900gと非常に軽いのも特徴です。

シートクランプは低めに配置され、シートポストは露出部が長めに設計されているため、路面から受ける衝撃に対し高い振動吸収性能を備えているのもポイント。負担を和らげ、快適な走行をサポートします。

タイヤの両サイドには泥よけ用のクリアランスが設置されており、泥の付着による負荷を軽減。主に、レースで走りたい方におすすめのシクロクロスバイクです。

キャノンデール(CANNONDALE) シクロクロスバイク CAADX 2

価格が比較的安く、初心者にもおすすめ

SmartForm C2アルミフレームとフルカーボンフォークの融合により、軽量性・剛性・反応性に優れたシクロクロスバイク。最大で37mmまでのワイドタイヤに対応するほか、ディスクブレーキの搭載による安定した走行と制動性の高さを実現しているのが魅力です。

走行中の振動を吸収する独自設計の「SAVEマイクロサスペンション」も嬉しいポイント。また、トップチューブが平らな形状なので、斜面を登る際に担ぎやすいのも特徴です。通勤・通学などの街乗りにも使いやすく、オフロードやレースでも快適に走れます。

ハイスペックで汎用性の高いモデルながら、価格が比較的安いため初心者にもおすすめのシクロクロスバイクです。

コナ(KONA) シクロクロスバイク MAJOR JAKE

全米選手権やワールドカップで表彰台に立つ選手も使用しているシクロクロスバイク。軽量なフルカーボンフレームとフォークを採用し、傾斜面や障害物も軽快にクリアできます。

コンディションが悪い道路でも高い制動性を発揮する、油圧ディスクブレーキを搭載しており、安定感のある操作が可能。フレームサイズは6種類展開しており、身長163~188cmの方まで幅広く対応します。

また、グリップ力の高さが魅力の「Maxxis All Terrane」タイヤや、変速の動作性に優れている「SRAM Rival 1x ドライブトレイン」、さらに、衝撃を軽減する「Velo 耐衝撃バーテープ」を搭載。購入してすぐに乗りたい方や、初心者にもおすすめのシクロクロスバイクです。

コナ(KONA) シクロクロスバイク JAKE THE SNAKE

タフなレースから、快適な街乗りでの使用にも幅広く対応する「JAKE THE SNAKE」の2021年モデル。カゴやリアキャリアの取り付けができるネジ穴があり、カスタマイズする際も便利です。

タイヤにはUCI基準を満たす33mm幅のMaxxis All Terraneを採用しており、スピーディな走行と高い安定感を備えているのも特徴。さらに、内装式のケーブルのほか、油圧ディスクブレーキも搭載しています。天候による路面条件の変化に対応可能です。

街乗りやグラベルロードの走行、オフロードでのレースなど、幅広いシーンで快適に乗りこなしたい方におすすめのシクロクロスバイクです。

ジェイミス(JAMIS) シクロクロスバイク RENEGADE S3

メインチューブの素材にクロモリが使用されているシクロクロスバイクです。高い衝撃吸収性が備わっており、自転車本体やユーザーを支えます。加えて、優れた耐久性も備えているので、長く愛用しやすいのも特徴です。

フォークの素材には優れた振動吸収性が備わっているカーボンを採用。道路にある段差もスムーズに乗り越えられます。さらに、舗装されていない道を走るのにもおすすめです。

ブレーキには樹脂パッド付きの油圧ディスクブレーキを採用。制動性が高く、濡れた路面でもしっかりとブレーキをかけられます。また、ボディに3つのウォーターボトルアイレットを搭載しているのもポイントです。

ジェイミス(JAMIS) シクロクロスバイク RENEGADE S4

520ダブルバテッドクロモリメインチューブにシマノの変速機を組み合わせたシクロクロスバイクです。軽量性に優れており、平坦な道はもちろん、勾配のある道もスムーズに進めます。また、ブロックタイヤ採用で、オフロードにもおすすめです。

フォークに3つのウォーターボトルアイレットを搭載しています。ペダルを漕ぎながら給水ができるので、長距離のライドにもぴったり。また、フレームにもアイレットを設けているため、カスタマイズ性の高さも良好です。

フォークの素材にはカーボンを採用しており、振動吸収性に優れているのもポイント。段差を乗り越える際にかかる負担を低減します。加えて、ブレーキにはフラットマウントディスクブレーキを採用しており、制動性が高いのも魅力です。

ネスト(NESTO) シクロクロスバイク CLAUS

By: nestobikes.com

コンディションに左右されにくい油圧ディスクブレーキを搭載しているシクロクロスバイクです。天候に関係なく、しっかりとブレーキがかけられます。制動性が高く、レースにおすすめです。

フォークにはフルカーボンフォークを使用。振動吸収性に優れているため、段差を乗り越える際、身体にかかる衝撃や負担を低減します。加えて、タイヤに耐久性の高いブロックタイヤを搭載しているのもポイントです。

フレームには軽量性に優れたアルミフレームを採用。耐久性にも優れているので、より長く愛用できます。また、11段階に変速できるコンポネントを装備しており、勾配に応じてペダルの重さを細かく調節できるのも魅力です。

フェルト(FELT) FX Advanced GRX600

フレームとフォークの素材に「UHC Advanced+TeXtreme カーボン」を用いたシクロクロスバイクです。軽量性に優れているので、スムーズな漕ぎ出しが可能。加えて、フレームが程よくしなるため、身体にかかる負担を低減します。

また、フォークが振動吸収性に優れているので、オフロードや段差のある道も快適に走れます。ブレーキにはシマノの油圧式ディスクブレーキを採用。勾配のある下り坂や濡れた路面でも軽い力でブレーキをかけられます。

さらに、泥に強く詰まりにくいのもポイント。さまざまなシーンで活躍するおすすめのモデルです。

メリダ(MERIDA) シクロクロスバイク GRAN SPEED 100-D

フラットハンドルバー仕様のシクロクロスバイクです。制動性の高い油圧ディスクブレーキ「Shimano BR-MT200」を標準装備しているのも特徴。高い安定性が備わっており、操作性に優れています。

フロント3速のシマノのドライブトレインを搭載しているのもポイント。勾配のある道から平坦な道まで、さまざまな路面でスムーズに進めます。また、タイヤにはスリックタイヤが用いられているので、舗装された道を走るのにもおすすめです。

フォークにはフルカーボンフォークを採用。高い振動吸収性が備わっているので、歩道にある段差も難なく走り抜けられます。加えて、軽量性と剛性に優れたアルミフレームが用いられているのもポイントです。

リブ(LIV) シクロクロスバイク BRAVA SLR

女性や背の低い方にも使いやすいシクロクロスバイク。スローピングデザインを採用したトップチューブにより、足つき性を確保しているのが特徴です。また、軽量で剛性の高い「SLRアルミフレーム」と、独自の大口径ヘッド規格の採用により、障害の多いオフロードコースでも安定して走行できます。

そのほか、路面から受ける衝撃を和らげ、ペダリングの快適性を向上させる「D型断面形状カーボンシートピラー」を搭載。オフロードコースでも、軽快な走行が可能なモデルです。

アンカー(anchor) シクロクロスバイク RACING LINE CX6 105 MODEL

優れた振動吸収性を備えたカーボン製のフォークを採用しているシクロクロスバイク。バウンドの多い路面の走行における衝撃を和らげ、ライダーへの負担を軽減します。

雨天などの悪条件下においても高い制動力を発揮する、ディスクブレーキを搭載。また、頑丈で拡張性の高いスルーアクスルとフラットマウントを採用しています。路面の状況に関係なく快適な走行を楽しみたい方におすすめのシクロクロスバイクです。

ジャイアント(GIANT) シクロクロスバイク TCX SLR 2

軽量性と剛性に優れたアルミフレームと、衝撃を軽減し快適な走行をサポートする「D-FUSEカーボンピラー」を採用したシクロクロスバイク。また、ワイヤーにより油圧キャリパーの制御を行う「CONDUCTディスクブレーキ」を搭載し、繊細なバイクコントロールを実現します。

タイヤには幅33mmのMaxxis All Terraneを採用。高いグリップ力で幅広い路面のコンディションに対応し、安定感のある走行を可能にします。操作性と安定性の高さを重視する方におすすめのシクロクロスバイクです。

ジャイアント(GIANT) シクロクロスバイク TCX ADVANCED PRO

高い剛性を損なうことなく、非常に軽量なフルカーボンフレームとフォークを搭載したシクロクロスバイク。新開発の「D-FUSEシートポスト」の採用により高い振動吸収性を備え、オフロード走行でのライダーの負担も軽減します。

また、ディスクブレーキの搭載と幅45mmもの太さに対応するタイヤクリアランスによって、多様な条件下の走行で安定した操作性を確保。優れたコントロール性能を備え、本格的なレースや街乗りなど、さまざまなシーンで活用したい方におすすめのモデルです。

フジ(FUJI) シクロクロスバイク CROSS1.3

高性能なスポーツバイクを取り扱うメーカーとして人気を集める「FUJI」が販売するシクロクロスバイク。独自開発した「A6-SLアルミニウム」をフレームに採用しているのが特徴です。通常のアルミニウムと比較し35%高い強度を備えていると謳われているほか、軽量なのも嬉しいポイント。

ケーブル内蔵のカーボンフォークやディスクブレーキを採用しています。また、ハイクオリティなレース用タイヤ「Challenge タイヤ」を搭載しており、快適なツーリングから本格的なレースに臨みたい方にもおすすめのシクロクロスバイクです。

シクロクロスバイクの売れ筋ランキングをチェック

シクロクロスバイクのランキングをチェックしたい方はこちら。