幅広い路面に対応できることから、最近注目度が高まっている「シクロクロスバイク」。もともとはロードレースの選手が冬のトレーニングで使っていた自転車ですが、現在はヨーロッパを中心に競技としても盛んです。

そこで今回は、シクロクロスバイクのおすすめモデルをご紹介。日本でも少しずつ認知され、国内での製品ラインナップも増えてきているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

シクロクロスバイクとは?

By: cyclocross.jp

シクロクロスバイクとは、人工的な障害物を設けられたオフロードのコースで周回数を競う自転車競技「シクロクロス」で用いられる自転車のこと。ロードバイク風のフレームに太めのタイヤを搭載しているのが特徴です。

本来オフロードで走ることを想定して作られているため、パンクなどのマシントラブルに強いのがポイント。ロードバイク初心者の方はもちろん、気軽に街乗りを楽しみたいというカジュアル志向の方にもおすすめの自転車です。

シクロクロスバイクの特徴

ロードバイクと同じドロップハンドルを採用

By: rakuten.co.jp

シクロクロスバイクは、ロードバイクと同じく下方に大きく曲がった形状のドロップハンドルを採用しています。さまざまな乗車姿勢を取ることができ、力強いペダリングが可能。また、シクロクロスバイクはハンドルの幅が狭いため、狭い道や細かい操作など小回りが効くのも大きなメリットです。

泥の影響を受けにくいブレーキを搭載

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは泥道や林道などを走ることから、泥が詰まりにくいカンチブレーキを主流としています。泥詰まりに強い一方で、ワイヤーが露出していることもあり、サビやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

なお、最近ではマウンテンバイクをはじめ、車やオートバイにも使用されるディスクブレーキを採用したモデルも増えています。ディスクブレーキは雨や急勾配でも小さな力でブレーキが効き、泥がついても制動性が高いのが特徴です。

持ち運びのしやすいフレーム設計

By: amazon.co.jp

競技用のシクロクロスバイクはカーボンやクロモリなどの軽量な素材が主流ですが、価格が手頃なモデルはアルミが主流。耐久性とコスト面に優れており、初心者におすすめのフレームです。

また、フレーム形状は基本的にロードバイクと同じ形状ですが、フレーム設計は上半身が前傾姿勢になりすぎないアップライトのモデルもラインナップされています。そのほか、泥はねを考慮してブレーキや変速ケーブルがフレームに内蔵されているモデルが多いのも特徴です。

シクロクロスバイクとグラベルロードバイクの違い

By: amazon.co.jp

近年、新しいカテゴリーとして登場した「グラベルロードバイク」。「グラベル(gravel)」とは”砂利”という意味で、シクロクロスバイクと同じく未舗装路の走行を想定されたロードバイクのことです。定義はありませんが、シクロクロスバイクは短距離向けにカスタマイズされているのに対して、グラベルロードバイクは長距離向けに作られる傾向があります。

違いのひとつとして挙げられるのが「タイヤ幅」。シクロクロスバイクのタイヤ幅は、大会でも規定されている33mm以下が一般的です。しかし、グラベルロードバイクのなかには40mm以上の太めのタイヤを搭載しているモデルもあります。タイヤが太いと重くなってしまう一方で、安定感がアップするのがポイント。パンクする確率も下がります。

グラベルロードバイクは耐久性に重きを置いたロードバイクなので、荷物を積んでツーリングしたい場合などに最適です。また、速さと耐久性を両立したい場合は、シクロクロスバイクが適しています。

シクロクロスバイクの選び方

タイヤの種類をチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、タイヤの種類によって走り心地が大きく変わります。オフロードを中心に走りたい方におすすめなのが「ブロックタイヤ」。表面にゴツゴツとした出っ張りがあるタイヤで、耐久性が高いのが特徴です。ただし、オンロードでは振動が気になるので、スピードを出したい方にはあまり向いていません。

一方、オンロードをメインに走りたい方におすすめなのが「スリックタイヤ」。表面に溝を掘り込んだタイプです。一般的なノーマルタイヤと見た目は似ていますが、軽くて転がり抵抗が少ないのがポイント。少ない力で漕ぎ進められるため、街乗り用の自転車を探している方におすすめです。

ブレーキシステムをチェック

By: amazon.co.jp

シクロクロスバイクは、昔ながらの「カンチブレーキ」、もしくは制動力の高い「ディスクブレーキ」を搭載したモデルがほとんどです。カンチブレーキとは、ホイールの縁部分を押さえてブレーキをかけるタイプ。泥詰まりしにくいことからプロ選手にも選ばれています。ハードなコースを走る中~上級者におすすめです。

また、市販のシクロクロスバイクで増えてきているのが「ディスクブレーキ」を搭載したタイプ。ホイールの軸側に設置したディスクを押さえてブレーキをかける方式で、泥の影響を受けにくいことから過酷なレースにも対応できます。軽い力でブレーキがかかるので、街乗りやツーリングにもピッタリ。これからシクロクロスバイクを探す場合は、ディスクブレーキがおすすめです。

カスタマイズ性をチェック

By: amazon.co.jp

初めてシクロクロスバイクを購入する場合、必ずチェックしたいのが「カスタマイズ性」。スポーティーな自転車は、少しでも車体を軽くするために、カゴや泥除けを付けないのが基本。市販の完成車でも付いていないモデルがほとんどです。

しかし、街乗りやツーリングとして使う場合、重さが増えたとしてもカゴや泥除けなどを付けた方が便利です。快適に乗り回したいという方は、カスタマイズ用のネジ穴が空いているかどうかをチェックしましょう。

シクロクロスバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: rakuten.co.jp

1885年に創業されたイタリアの老舗自転車メーカー。革新的な技術を製品に施しているほか、“チェレステカラー”と呼ばれる青緑色の独特なカラーリングが特徴です。

初心者をはじめ、競技者や女性からも幅広い人気を集めています。また、街乗り用のスポーツバイクにも力を入れており、シクロクロスバイクやクロスバイクなどラインナップも豊富。デザイン性に優れ、高性能なモデルを揃えたおすすめのメーカーです。

スペシャライズド(SPECIALIZED)

By: specialized.com

1974年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。1981年に発売された世界初の量産型のマウンテンバイク「スタンプジャンパー」で知られています。

マウンテンバイクのほか、シクロクロスバイクや子ども向けの自転車など、バリエーションも豊富。また、フレームを初心者・中級者・上級者向けに分けて開発しており、用途に応じて適切な自転車が選べるのが魅力です。

キャノンデール(CANNONDALE)

By: cannondale.com

1971年に創業されたアメリカの老舗自転車メーカー。自転車パーツやウェアなど幅広く手がけていますが、なかでもキャノンデールの代名詞と言えるのが、アルミフレームのロードバイクやシクロクロスバイク。アルミフレームの製造技術に定評があり、カーボンフレームとも変わらない軽量感や高剛性を有しています。

特にアルミ加工技術の集大成とも言えるCAADシリーズは世界的に評価が高く、同社のなかでも最高クラスのモデル。カーボンやクロモリなどに比べてリーズナブルかつ丈夫なため、初心者にもおすすめです。

キャニオン(Canyon)

By: canyon.com

2002年に創業された競技用バイクを製造するドイツの総合自転車メーカー。確かな技術とおしゃれなデザインで競技者から愛されています。キャニオンのシクロクロスバイクには、フルカーボンを採用したモデルが多数ラインナップされており、形状や性能面では最新の技術が施されているのも魅力のひとつ。世界的にも各レースでキャニオンブランドを見ることが増えており、目が離せないメーカーです。

シクロクロスのおすすめモデル

ビアンキ(Bianchi) ZURIGO APEX 2019

ビアンキ(Bianchi) ZURIGO APEX 2019

全体をマッドブラックカラー仕様に統一させたビアンキのシクロクロスバイク。バーコードのような柄がワンポイントとしてあしらわれており、デザイン性に優れている一台です。

コンポーネントには「SRAM APEX」などを採用。軽いギアが選択できるので急勾配の道やヒルクライムに適しています。小さめに作られたブラケットは握りやすく、手の小さな女性でも安定した走りが可能です。

ブレーキには制動力の高い「ディスクブレーキ」を搭載。異物が詰まりにくく、雨の日でもしっかり止まれます。ケーブルがトップチューブ上部に配置されており、トラブル時に肩で担げる仕様になっているのもポイント。万能型のシクロクロスモデルです。

スペシャライズド(SPECIALIZED) S-Works CruX

スペシャライズド(SPECIALIZED) S-Works CruX

56cmサイズでわずか900gの軽さを実現したフレームが搭載されている、スペシャライズドのシクロクロスバイクです。スペシャライズド独自の「Rider-First Engineered」を採用。どのサイズに乗車しても同じ乗り心地なのが魅力のひとつです。

肩で担ぎやすいように、スペースを広めに取ったトップチューブが特徴のひとつ。肩に負担がかからないようにチューブの下面をフラットに仕上げられている点にも注目です。

ブレーキ部には油圧式のディスクブレーキを搭載しているのもポイント。わずかな力でしっかりと減速できるので、女性やシクロクロス初心者でも容易に扱えます。軽量性と反応性を兼ね備えている一台です。

キャノンデール(CANNONDALE) SUPERX GRX

キャノンデール(CANNONDALE) SUPERX GRX

レバーが独特の形状をしているキャノンデールのシクロクロスバイク。悪路や悪天候でも握りやすく、しっかりコントロールできる仕様です。ブレーキにはシマノのGRX-油圧式ディスクブレーキを搭載。滑り止めが付いており、凹凸のある地形でもしっかりスピードがコントロールできます。

変速は、ギアの変動が少なく扱いやすい11速変のフロントシングル。リア部のディレイラーにはスタビライザーが付いているので、舗装されていない道でディレイラーが揺れてチェーンが外れることを防いでくれます。

また、シートステーには幅の広いパイプを採用。しなりを生み出すことによりライダーへの衝撃を軽減する作りになっているのがポイントです。33Cスリックタイヤの両サイドにあるクリアランスが泥づまりを防ぎます。防汚性と吸収性に優れたシクロクロスバイクです。

キャニオン(Canyon) Inflite AL SLX

キャニオン(Canyon) Inflite AL SLX

フレームがユニークな形をしていることが特徴なのがキャニオンのシクロクロスバイク「Inflite AL SLX」です。トップチューブを屈曲させることでトライアングルのスペースを大きく取り、担ぎやすくしています。

フレームの素材には軽量なアルミニウムを採用。フレームのみでわずか940gという軽さを実現しています。柔らかくしなるので、衝撃を吸収でき、ライダーを守ることが可能です。

ブレーキにはロードバイクにも用いられるフラットマウントタイプのディスクブレーキを採用。ブレーキキャリパーが外へ大きく飛び出さないので十分なクリアランスが確保できます。入門モデルと同じほどのリーズナブルな価格設定ながら、プロ用バイク並みの性能を有するコスパに優れたアイテムです。

JAMIS(ジェイミス) RENEGADE EXILE 2019年モデル

JAMIS(ジェイミス) RENEGADE EXILE 2019年モデル

36Cの太いタイヤを履いているシクロクロスバイク。舗装されていない悪路など、あらゆる路面をラクに走れます。フレームの素材はアルミなので、軽快に走れるのもポイントです。ブレーキにはTEKTROのメカニカルディスクブレーキキャリパーを搭載。下り坂でもラクに減速でき、メンテナンスの手間が少ないことがメリットです。

キャリアなどのオプションを取り付けられるダボを標準搭載しているのもポイント。カスタマイズ性にも優れます。バッグなどを積んで泊まりがけのロングランに出かけたり、テントを積んでキャンプに出かけたりと楽しみ方に幅を持たせられるのも魅力です。

エントリーモデルながらも、異なるフレームサイズでも同じ乗り心地が体験できる設計になっている点も魅力のひとつ。整備が簡単でコスパに優れたモノを探している方はチェックしてみてください。

メリダ(MERIDA) MISSION CX 400

メリダ(MERIDA) MISSION CX 400

あらゆるサイクルスポーツ統括する団体「UCI」承認済みのアルミニウムフレームを採用しているシクロクロスバイク。軽量性に優れていて扱いやすく、レースを想定して肩に担ぎやすい設計になっているのが特徴です。

コンポーネントにはシマノ105を採用。動きが正確かつスムーズで、パーツが軽量なのが特徴です。軽いタッチでディレイラーを扱うことができ、ライダーに負担をかけにくいのでロングランに適しています。

ブレーキ部には機械式のディスクブレーキを搭載しているのもポイント。悪路でもしっかり減速でき、メンテナンスが容易におこなえます。全体的に扱いやすく、シクロクロス初心者が購入するエントリーモデルとしておすすめです。

フェルト(FELT) F30x

フェルト(FELT) F30x

2016-17シーズンのシクロクロスでワールドチャンピオンに輝いたレーサーが使用したモデル。さまざまな悪路を走破できる剛性と軽量性を同時に実現したシクロクロスバイクです。マットネイビーのボディカラーも美しく、デザイン性も兼ね備えています。

フレームには何度も試行錯誤を重ねて完成させた「FLite Alloy Frame」を搭載。軽さと高い振動吸収性を実現しており、長時間のライドでも疲れにくい仕様です。

ブレーキには油圧式のディスクブレーキを採用。わずかな力で減速できるなど操作性に優れ、初心者でも容易に扱えます。見た目にも機能性にも優れ、コストパフォーマンスがよいバイクを探している方におすすめです。

ARAYA(アラヤ) MUDDY FOX CX GRAVEL

ARAYA(アラヤ)  MUDDY FOX CX GRAVEL

フレームの素材にクロモリを採用しているシクロクロスバイク。耐衝撃性に優れ、多少の衝撃では割れないことが魅力です。ペダルを踏み込んだときに感じるバネのような独特の乗り心地を体験できます。

ブレーキには機械式のディスクブレーキを搭載。悪路や悪天候の際にも制動力に影響が少なく、油圧式のモノと比べてメンテナンスが容易な点がメリットです。走行中にトラブルが起きてもワイヤーの調節でリカバーできます。

フロントフォークにはダボ穴を標準装備。さまざまな荷物を積んでロングライドに出かけられます。リーズナブルな価格設定になっており、エントリーバイクとしておすすめのモデルです。

トレック(TREK) Crockett 5 Disc

トレック(TREK) Crockett 5 Disc

ロードバイクにも使用される「300シリーズAlphaアルミ」をフレームに採用しているシクロクロスバイク。軽量性・剛性・振動吸収性の3つを同時に実現しています。ワイヤーがフレームの中に収納されており、担いだ際に肩へ食い込みにくいのもポイントです。

ブレーキ部には油圧式のディスクブレーキを搭載。悪路や悪天候などの条件下でもしっかり制動でき、わずかな力でしっかりスピードコントロールがおこなえます。正確な反応性も魅力のひとつです。

フロントギアにはシクロ仕様のSRAM1×11ドライブトレインを搭載。変速した際の衝撃が少なく、チェーンが脱落しにくいのが特徴です。必要なものだけを備えた、オールラウンドなバイクが欲しい方におすすめのモデルです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ANCHOR CX6D EQUIPE 2019

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ANCHOR CX6D EQUIPE 2019

ボトムブラケット周りの剛性に優れているシクロクロスバイク。推進力があり、低速からトップスピードへ短い時間で加速します。軽く踏み込んだだけでスイスイと漕ぎ進められるのが魅力のひとつです。

ブレーキには制動性に優れたシマノの機械式ディスクブレーキを搭載。舗装されていない道や雪が積もった悪路などでもしっかりスピードダウンし、タイヤに付着した泥がフレームへ入り込むのを防げます。

フレームには耐久性の高いアルミを採用しているので軽量性は良好。フロントフォークの素材にはカーボンを採用しており、ライダーを衝撃から守ります。俊敏に加速し、しっかりと減速するユーティリティなアイテムです。

コルナゴ(COLNAGO) PRESTIGE 105

コルナゴ(COLNAGO) PRESTIGE 105

フラットマウントディスクブレーキと160mmのディスクローターが高い制動力とブレーキコントロールを実現しているシクロクロスバイク。開発にシクロクロスバイクの世界大会で優勝した経験を持つワウト・ファンアールト氏が携わったモデルです。

ワイヤーやブレーキホースがフレーム内に収納されているのが特徴のひとつ。スッキリとした目でデザイン性にも優れます。また、肩に担いだ際にワイヤーが食い込まないこともポイントです。

フレームの素材にはカーボンを採用。軽量性やハンドリングに優れ、強く踏み込まなくてもスピードが出せます。大会用としてはもちろん、普段使いにも適している一台です。

リブ(Liv) BRAVA SLR

リブ(Liv) BRAVA SLR

トップチューブがサドル側へ斜めに傾けられた、スローピングデザインを採用している女性向けのシクロクロスバイクです。足着きがよく、乗り降りしやすい設計が魅力。振動吸収性のあるシートポストが快適な乗り心地を提供してくれるのも特徴のひとつです。

フレームには軽量性と高い剛性を兼ね備えたSLRアルミフレームを採用。耐泥性に優れており、40Cまでのタイヤが装着できます。オンロードにもオフロードにも対応できることも魅力のひとつです。

前後ブレーキには油圧式のディスクブレーキを搭載。制動力は良好で、悪路でもわずかな力でスピードがコントロールできます。シクロクロスはもちろん、グラベルやタウンユースにもおすすめのモデルです。

キューブ(CUBE) CROSS RACE C:62 SLT

キューブ(CUBE) CROSS RACE C:62 SLT

は、シクロクロスレーサーのために軽量性を追求して作られた一台です。フレームにはカーボンでできた「C:62カーボンフレーム」を採用。総重量わずか8.0kgという軽さを実現しています。

地面と平行な扁平形状にすることで振動吸収性を高めたトップチューブやシートステーが特徴のひとつ。長時間のライドでも疲れにくく、オフロードや悪路でも難なく進めます。

ブレーキにはフラットマウント仕様のディスクブレーキを搭載。雨の日でもしっかりと減速でき、軽い力でスピードをコントロールできます。本格的なシクロクロスが欲しい方におすすめのモデルです。