日々の買い物から子供の送り迎えまで、多彩なシーンで重宝する「ママチャリ」。一口にママチャリといってもさまざまなモデルが販売されており、製品によって性能やデザインは大きく異なります。

そこで今回は、おすすめのママチャリをご紹介。価格相場や選び方もあわせて解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

そもそもママチャリってどんな自転車?

ママチャリとは、一般的に街中でよく見かける自転車「シティサイクル」を指します。またがるのが簡単で安定感もあり、乗りやすさを追求しているのが特徴。また、前カゴを搭載していたり、後輪に小さな荷台「リアキャリア」が付いていたりするモノも多く、日常生活のさまざまなシーンで活躍します。

さらに、比較的リーズナブルな価格帯の製品が多いため、必要になったタイミングで気軽に購入できるのも魅力のひとつです。

ママチャリの価格相場

3万円程度が一般的

ママチャリの一般的な価格相場は、3万円ほど。細かな仕様へのこだわりなどが特になければ、十分な性能のモデルを購入可能です。坂道の走行などに便利な「変速ギア」付きモデルも、たいてい3万円くらいの価格で販売されています。

また、製品のラインナップも豊富で、幅広いデザインやカラーから好みの1台を見つけられるのもポイントです。

高機能モデルは5万円前後するモノも

By: rakuten.co.jp

高性能なモデルは、5万円前後が相場。5万円程度の予算があれば、より快適な乗り心地を追求できます。

長距離の移動が多い方や、坂道の多いエリアに住んでいる方などに人気の「電動アシスト」付き自転車も、5万円程度から購入可能です。しかし、子供と2人乗り、もしくは3人乗りできるタイプの電動アシスト付き自転車は、10万円を超えるモデルがほとんどなので留意しておきましょう。

1万円以下のママチャリは避けよう

なかには、1万円以下と非常にリーズナブルなママチャリも販売されています。しかし、1万円以下のモデルは必要最低限のスペックしか備えておらず、全力で漕いでも推進力に変わりにくいので要注意です。

また、3万円前後のモデルに比べて故障や不具合の可能性が高いモノも。故障のたびにメンテナンス代がかかり、結果的に高くついてしまうこともあります。滅多に乗る機会がない方や、価格のみを重視している方以外、なるべく1万円以下のママチャリは避けておいたほうが無難です。

ママチャリの選び方

用途にあったモデルを選ぼう

通勤・通学

By: rakuten.co.jp

毎日の通勤・通学に使いたい方には、軽い踏み心地で走行できるママチャリがおすすめです。また、変速ギア付きのモデルを選んでおくと、坂道でも漕ぎやすく快適。学校や勤務先までの距離が長い場合は、26インチ以上のタイヤを搭載しているモデルがおすすめです。

さらに、耐久性も大切。チェーンの代わりに、メンテナンスがほとんど必要ない「ベルトドライブ」を採用していたり、錆びにくい素材を使っていたりすると、長く乗り続けられるので便利です。なお、帰りが遅くなる場合は、夜間走行に欠かせない点灯ライトが装備されているかもあわせてチェックしておきましょう。

買い物

By: asahi.co.jp

買い物で使用したい方は、荷物の載せやすさを要チェック。買い物袋がすっぽりと入る大きめの前カゴや、リアキャリアを搭載しているモデルは、たくさん買い物をしてもラクに載せられます。

また、安定性も重要なポイントです。重心の低いモノは、重い荷物を載せていても安定させやすく、快適に走行できます。さらに、ふらついてしまったときに備えて、すぐに足が地面に着くモノを選んでおくと安心です。

子供の送り迎え

By: rakuten.co.jp

子供の送り迎えに使用する場合は、チャイルドシートを標準装備しているママチャリがおすすめです。なかには、前後あわせて3人乗りができるモデルも販売されています。しかし、子供の体重によっては許容積載量をオーバーしてしまう恐れがあるので、何kgまで乗せられるかを確認しておきましょう。

また、安定性の有無も大切です。太いタイヤで、重心の低いモノを選ぶと、スムーズに走行できます。子供を乗せての運転は特に負担が大きいため、漕ぎ出しの軽さなどもチェックしておくと安心です。

変速機が付いていれば坂道もラクラク

By: cyclemarket.jp

坂道の多いエリアに住んでいる方には、変速ギア付きのママチャリがおすすめです。変速ギア付きのモデルは、ギアを変えることでペダルの重さを調節できます。

ペダルを軽くすれば、急な坂道でも重い荷物を載せていてもラクに走行が可能。ペダルを重くすれば、一度の踏み込みで進む距離が長くなります。

何段階の変速ができるかはモデルによって異なりますが、ママチャリの場合は3段階もしくは6段階が一般的。メンテナンスの手間を軽減したい方には3段階、地形などに応じてこまめに調節したい方には6段階で変速できるモデルがおすすめです。

BAAマークが付いたモノを

By: cyclemarket.jp

ママチャリを購入する際は「BAAマーク」の有無も要チェックです。BAAは「BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN) APPROVED」の略で、BBAマークは一般社団法人自転車協会が独自に定めた「自転車安全基準」をクリアした自転車に貼られています。

自転車安全基準には、ブレーキ制動やフレームなどの約90項目があり、テストに合格した自転車しかBAAマークはもらえません。そのため、安全性を重視したい方はBAAマーク付きのモデルを選ぶのがおすすめです。

電動アシスト自転車も人気

By: rakuten.co.jp

重い荷物を運んだり子供を乗せたりしたい方には、電動アシスト機能付きのママチャリが人気です。電動アシスト自転車は、踏み込む力を電動モーターの力で補えるのが特徴。漕ぎ出し時にふらつきにくく、追い風や登り坂でも楽々走行できます。

また、バッテリーの充電も簡単。車体から取り外し、専用充電器を使用することで自宅のコンセントから充電できます。価格帯は上がるものの、実用性重視の方はぜひチェックしておきたい機能です。

電動アシスト自転車について詳しく知りたい方はこちら

ママチャリのおすすめメーカー

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

By: rakuten.co.jp

国内トップクラスのタイヤメーカー「ブリヂストン」。タイヤのみならず、ママチャリからスポーツ用モデルまで、幅広い種類の自転車を展開しています。

同ブランドのママチャリはタフな設計のモノが多く、安全性を重視したい方におすすめです。また、ベルトドライブ搭載モデルを展開しているのも特徴。チェーンとは異なり、錆びたり外れたりする心配がないのでメンテナンスの手間を軽減したい方は要チェックです。

アサヒ(Asahi)

By: asahi.co.jp

「アサヒ」は、日本全国に自転車専門店を展開している自転車メーカー。通販店舗も構えており、ママチャリをはじめとするさまざまな種類の自転車を取り扱っています。

同メーカーのママチャリは、ラインナップの豊富さと機能性の高さが特徴です。また、通販店舗で購入した自転車を実店舗で受け取れるサービスがあるのも魅力。送料無料で受け取れるので、近隣に店舗がある方はぜひ利用してみてください。

サイマ(cyma)

By: cyclemarket.jp

サイマは、国内トップクラスの自転車通販サイト。ヤマハやパナソニックなどの人気メーカーの自転車から、自社オリジナルの自転車まで幅広く取り扱っています。

自社オリジナルの自転車は、高品質ながら手頃な価格で購入できるのが特徴。また、利用者の声をもとに機能性や乗り心地が追求されているのもメリットです。

【予算別】ママチャリのおすすめモデル|3万円以下

アサヒ(Asahi) シエロア

乗り降りのしやすさが特徴のママチャリです。車体中央部が低い「L型フレーム」を採用しているため、足を高く上げずにまたがれます。

また、積載能力も良好。前カゴの容量は大きめで、耐荷重18kgのリアキャリアも装備しています。さらに、スタンドはラクに立てられるL字形状なので、重い荷物を載せていても安定して駐輪可能です。

サドルはクッション性のある幅広タイプで、長時間の走行にもおすすめ。低速走行時も点灯する「LEDダイナモライト」や、一般的なリング錠も装備しています。

アサヒ(Asahi) カーグアクティブ

買い物用におすすめのママチャリです。本製品は、容量21Lと荷物がたっぷり入る前カゴを搭載。大容量ながらカゴの形状はスリムで、駐輪場でもスムーズに出し入れ可能です。また、チャイルドシートを取り付けられる、耐荷重27kgのリアキャリアも装備しています。

さらに、安定感に優れているのもポイント。剛性の高いハシゴ型フレームを採用しているのに加え、タイヤも太めなので、ふらつきにくく安定して走行できます。スタンドはL字形状であるほか、駐輪時にハンドルが回るのを防ぐ「ハンドルロック機能」も搭載しているため、駐輪時の安定感もばっちりです。

後輪にはリング錠を装備しており、防犯に役立ちます。6段階の変速ギア付きなので、状況に応じて細かくペダルの重さを調節することも可能です。

ツーワン ルピナス LP-266UA-KNRJ

子供の送迎用におすすめの、コスパに優れたママチャリです。安い価格帯ながら、リアキャリアに取り付けられるチャイルドシートが付属しています。チャイルドシートはヘッドレスト付きで、子供の頭部までしっかりサポート可能です。

また、ライトは暗くなったら自動点灯するため、夜道でも安心して走行できます。さらに、6段階の変速ギア付きなので、地形や疲れ具合に応じてこまめにペダルの重さを調節可能です。

サドルはやわらかな座り心地で、長時間の走行でも負担になりにくいのが魅力。そのほか、ワンタッチで施錠できるロック機能も備わっています。フレームのカラーは、ブラックやグリーンなどの計4色から選択可能です。

グラフィス(GRAPHIS) シティサイクル26 6SP

ユニークな折りたたみ式のママチャリです。本体の中央部で折りたたみ、コンパクトに持ち運べるため、普段使いはもちろんアウトドアシーンでも使えます。

タイヤのサイズは、一般的なママチャリと同じ26インチ。6段階の変速ギアを備えており、風が強い日や坂道での走行も快適です。また、前カゴは大きめなので、買い物をたくさんする方にもおすすめ。安い価格ながら便利に使える、コスパに優れた人気モデルです。

【予算別】ママチャリのおすすめモデル|5万円以下

ブリヂストン(BRIDGESTONE) カジュナ

デザイン性の高さが魅力のママチャリです。フレームはフェミニンなパステルカラーで、かわいい自転車を探している方におすすめ。また、前カゴはおしゃれなラタン風バスケット仕様であるほか、サドル側面にはクリスタルカットのスタッズをあしらっています。

本製品はパンクに強いタイヤを装備しているため、凹凸の多い路面でも走行可能。タイヤサイズは26インチで、3段階の変速ギアを搭載しています。さらに、ライトは暗くなると自動点灯するので暗い夜道でも安心です。

アサヒ(Asahi) コアラ203 LCX203

安定感に優れたママチャリです。タイヤは幅と厚みがあるため、小さな段差があってもスムーズに走行できます。また、3段階の変速ギア付きなので坂道も快適です。

さらに、幼児2人同乗可能で、BAA基準に対応しているのもポイント。前後に別売りのチャイルドシートを取り付けることで、3人乗りができます。

自動点灯ライトを搭載しており、夜道の走行も安心です。シリンダーリング錠付きなので、別途カギを購入する必要もありません。買い物用や子供の送迎用におすすめのママチャリです。

サイマ(cyma) CONFITURE コンフィチュール

女性の声を詰め込んで開発された、かわいらしいママチャリです。本製品は、横幅37cmと大きめの前カゴを搭載。カバー付きの編みカゴは取り外し可能で、買い物シーンで便利に活用できます。

両足スタンドタイプなので、自転車を停めたまま重い荷物を載せても安心。また、低床フレームで乗り降りも簡単にできます。さらに、耐荷重27kgのリアキャリアを装備しており、チャイルドシートを取り付けることも可能です。

6段階の変速ギア付きで、坂道の負担を軽減できるのも魅力。サドルはふかふか素材かつ大型なので、乗り心地も快適です。夜道に便利なLEDオートライトも搭載しています。

サイマ(cyma) Mixte City ミキストシティ

車体中央部が低く、乗り降りしやすい「ミキストフレーム」を採用したママチャリです。本製品は重量17.4kgの軽量仕様。6段変速ギアを装備しており、坂道などのアップダウンにもスムーズに対応できるため通勤・通学用におすすめです。

カゴやハンドル、泥除けにはサビにくいステンレス素材を採用しており、きれいに長く使えるのもメリット。さらに、自動点灯ライトや音が鳴りにくいローラーブレーキ、簡単に施錠できるリング錠など、あると嬉しい機能が充実しています。

サイマ(cyma) Punk Rock

パンクに強い、便利なママチャリです。通常のタイヤより肉厚な耐パンクタイヤを装備しているため、段差や凹凸の多い道でも走行できます。また、6段階の変速ギア付きで、坂道もラクに走行可能です。

前カゴは高さがあるのに加え、底が細かいメッシュ仕様なので荷物が落下しにくいのもポイント。さらに、耐荷重18kgのリアキャリアも標準装備しています。

暗くなると自動点灯するLEDオートライトを搭載しており、夜道も安心です。両足スタンド式で安定感に優れているため駐輪しやすいのも魅力。通勤・通学におすすめの、タフに使えるママチャリです。

武田産業(Takeda Sangyo) CHACLE ST

パンクしない次世代タイヤ「TANNUS」を装備したママチャリです。チューブがないためパンクの心配がなく、空気入れも不要なのでメンテナンスの手間を大きく軽減できます。

6段変速ギアを搭載しており、ペダルの重さをこまめに調節できるのも魅力。さらに、前カゴに加えて耐荷重27kgのリアキャリアを標準装備しており、積載能力も良好です。

暗くなると自動点灯するLEDオートライトを搭載しているうえに、チェーンカバーには光るシールが貼られているので夜道でも安心。防犯に欠かせないリング錠も装備しています。BAAマークも取得しており、安全性重視の方におすすめのママチャリです。

ママチャリのおすすめモデル|電動アシスト付き

ブリヂストン(BRIDGESTONE) イルミオ IL4B49 E.XBK

買い物用におすすめのママチャリです。本製品は幅45cmと大きめの前カゴを搭載。重い荷物を載せてもふらつきにくいタフフレーム仕様なので、安定して走行できます。

電動アシストは、エコモード・オートモード・パワーモードの3パターンで切り替えが可能。手元のボタンで簡単に切り替えられます。また、走行中にモーターが発電して自動充電されるのもポイント。自宅での充電回数を減らせるため、乗車頻度が高い方にもおすすめです。さらに、ブレーキングのアシスト機能も備わっており、長い下り坂もスピードを抑えられます。

ベルトドライブ式なので、メンテナンスがラクなのも嬉しいポイント。ハンドルの手前にはインナーバスケットを装備しており、飲み物などを収納できるのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) PAS Kiss mini un SP PA20KSP

楽器や音響機器で知られるメーカー「ヤマハ」のママチャリです。本製品は、子供を包み込むような安心形状のチャイルドシートを標準装備。シート内は広々としているうえに、肩当てクッションなどが付いているので乗り心地も快適です。

また、走行シーンに応じてアシスト力が自動で調節されるのも特徴。漕ぎ出しはなめらかにアシストし、平坦な道や下り坂では自動でバッテリーを節約します。そして上り坂ではパワフルにアシストするため、どんなシーンでも快適に走行可能です。

夜になると自動点滅するテールランプや、3段階の変速ギアを搭載。リアキャリアにも別売りのチャイルドシートを取り付けられるほか、チャイルドシートをすべて取り外せば通常の電動アシスト自転車としても活用可能です。

パナソニック(Panasonic) ギュット・クルーム・EX BE-ELFE032

前乗せ用のチャイルドシートを標準装備した、電動アシスト付きママチャリです。チャイルドシートは日よけ付きなので、日差し対策が可能。別売りの後ろ乗せ用チャイルドシートを取り付ければ、3人乗りもできます。

電動アシストは、パワーモード・オートマチックモード・ロングモードの3パターンで切り替えが可能。切り替えは、手元のボタンから楽々操作できます。さらに、電源を入れるだけで、後輪のサークル錠が自動で開錠されるのもポイントです。

前輪のビームランプは反射板と一体型でワイドに照らせるほか、後輪のライトは暗くなると自動点滅するので夜道も安心。そのほか、安心のBAAマークも取得しています。

ママチャリのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ママチャリのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。