スマホやタブレットに、ワイヤレスイヤホンなどを接続する際に利用するBluetooth通信。モバイルデバイスの多くはBluetoothに対応していますが、デスクトップパソコンやテレビなどには非対応の製品も存在します。

Bluetoothトランスミッターを用いれば、非対応機器をワイヤレス接続できるようになるので便利。そこで今回は、Bluetoothトランスミッターのおすすめモデルをご紹介します。

Bluetoothトランスミッターとは?

By: rakuten.co.jp

Bluetoothトランスミッターは、Bluetooth非対応機器に取り付けることで、Bluetooth通信によるデータ伝送を可能にする機器です。

オーディオシステムにスマホなどを接続できるモデルや、複数機器との接続に対応したモデル、コンパクトで携帯性に優れたモデル、送信だけでなく受信も可能なモデルなど、さまざまな製品があります。

テレビやPS4にBluetoothトランスミッターを取り付ければ、簡単にワイヤレスイヤホンやヘッドホンに音声を伝送可能。ケーブルを煩わしく感じる方におすすめです。

Bluetoothトランスミッターの選び方

接続可能距離をチェック

By: taotronics.jp

Bluetoothトランスミッターの通信可能距離は、モデルごとに異なります。接続する双方の機器を身につけている場合や鞄に入れている場合は、通信距離が短いモデルで十分。自宅で使うのであれば、接続機器同士の距離が離れる可能性があるため、通信可能距離が10m以上の製品がおすすめです。

また、別の部屋へ移動した場合でも、機器同士の接続が途切れない製品が理想的。使用環境や用途にもよりますが、ワイヤレス接続の快適さを体感できる通信可能距離を確保することがポイントです。

対応するコーデックをチェック

Bluetoothは音声データを圧縮して無線伝送するため、圧縮方式である「コーデック」のチェックも重要です。一般的なコーデックは、標準音質の「SBC」。ほかのコーデックに比べて音質は高くありませんが、幅広い機器に対応しているのがメリットです。

iPhoneやiPadなどに使用する場合は「AAC」対応の製品を選択しましょう。「SBC」に比べると、音声の遅延が抑えられます。高音質で低遅延な製品を求めている方は「aptX」対応モデルがおすすめ。ゲームや映画に使用する場合は、「aptX」よりも音声の遅延が少ない「aptXLL」が適しています。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: creative.com

Bluetoothにはバージョンが存在しており、新しいバージョンに対応したBluetoothトランスミッターも販売されています。現状では3.0~5.0に対応した製品が一般的。バージョンが新しいほど安定した接続が可能で、通信速度も速くなります。

また、接続する機器が対応しているバージョンのチェックも重要。Bluetoothトランスミッターが最新のバージョンに対応している場合でも、接続する機器が古いバージョンにしか対応していない場合は古いバージョンでの接続になるので、注意しましょう。

接続端子の種類をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothトランスミッターを選ぶ際には、機器とどの端子で接続するかも要チェック。イヤホンジャックのアナログ端子を利用するモデルが一般的ですが、光デジタル端子やUSB端子に対応しているモデルも存在します。

接続機器が対応している端子にあわせて選択する必要がありますが、音質にこだわる方は光デジタル端子対応モデルがおすすめ。デジタル信号で音声を伝送するので、伝送の劣化がなくノイズが少ない音質に期待できます。

用途に合ったモデルを選ぼう

テレビ用

テレビと接続するBluetoothトランスミッターは、複数の機器を接続できるモデルがおすすめ。ワイヤレスイヤホンやヘッドホンを複数接続すれば、家族や友達と一緒にテレビ番組や映画を楽しめます。

また、光デジタル端子に対応しているテレビであれば、デジタル信号で音声伝送できる製品がおすすめ。「aptXLL」対応製品は、音声遅延が少なく音質も良好です。

PS4・Switch用

PS4やニンテンドースイッチ用としてBluetoothトランスミッターを使う場合は、音声の遅延が少ないモデルがおすすめ。テレビ用と同じく「aptXLL」対応モデルであれば、低遅延なだけでなく、高音質が期待できます。

また、PS4とニンテンドースイッチは、共にUSB-A端子を備えているので、USBケーブルで接続できるモデルもおすすめです。

車用

By: elecom.co.jp

車内でBluetooth機器などのワイヤレス接続環境を作りたい場合は、FMトランスミッターがおすすめ。特に、ワイヤレス接続でカーオーディオを楽しみたい方にぴったりです。

スマホやタブレットに保存してある曲はもちろん、音楽ストリーミングサービスを利用する場合でも、ワイヤレス接続で簡単にカーナビやカーオーディオに伝送可能。

また、シガーソケットから給電できる製品であれば、バッテリー切れの心配をせず車内で手軽に音楽を楽しめます。

FMトランスミッターについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

Bluetoothトランスミッターのおすすめ|テレビ用

アンカー(ANKER) Soundsync

USB充電器やモバイルバッテリーでも人気のアンカーが販売する、Bluetoothトランスミッターです。Bluetooth 5.0に対応しており最大10mの範囲で接続が可能。2台のデバイスと同時にペアリングができます。映画や音楽などお気に入りのコンテンツをカップルで視聴するのにもおすすめです。

レシーバー機能を搭載しているのもポイント。スマホに保存してある音楽を家庭用のステレオシステムで楽しめます。本体にはリチウムポリマーバッテリを内蔵しており、トランスミッタモードなら最大20時間、レシーバーモードなら最大17時間使用できるので便利です。

Wsky Bluetoothトランスミッター レシーバー BT-B10

AUX端子を搭載した、テレビやパソコンの音声を手軽に飛ばせるBluetoothトランスミッターです。Bluetooth 5.0に対応しており、最大10mの範囲でワイヤレス接続が可能。また、2台のヘッドホンやスピーカーなどの機器と同時にペアリング可能です。

コーデックは「aptX HD」にも対応。機能性だけでなく、音質にもこだわりたい方におすすめのモデルです。

タオトロニクス(TaoTronics) トランスミッター TT-BA09 Pro

620mAhの大容量バッテリーを搭載した製品です。約2時間の充電で最大24時間の連続使用が可能。自宅はもちろん、外出先などで使いたい方にもおすすめのBluetoothトランスミッターです。テレビや音響システムとはSPDIFもしくはAUX端子で接続します。

高音質で遅延の少ないコーデック「aptXLL」にも対応。目まぐるしく展開するスポーツ番組やアクション映画も、快適に視聴可能です。本体にはインジケーターを搭載しており、接続しているデバイスやコーデックの状況が一目で確認できます。

レシーバー機能も備えているため、自宅のオーディオ環境をワイヤレス化したい方はぜひチェックしてみてください。

タオトロニクス(TaoTronics) トランスミッター TT-BA07

携帯性に優れたBluetoothトランスミッターが欲しい方におすすめのモデルです。本体サイズは22×9×60mmとコンパクト。重さも約10gと非常に軽量なため、シャツやズボンのポケットに入れて気軽に持ち歩くことが可能です。リチウムイオン電池を内蔵しており、約6時間連続で使用できます。

小型の製品ながら、トランスミッター・レシーバーの2つのモードを搭載しているのも特徴。モードの切り替えは、スイッチ1つで簡単に操作可能です。

コーデックは「aptXLL」に対応しており、3.5mmのオーディオジャックに挿すだけで、ハイクオリティなステレオサウンドが楽しめます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) Bluetooth Audio Transmitter BT T100

ドイツの大手音響機器メーカーである、「ゼンハイザー」のBluetoothトランスミッターです。Bluetoothペアリング専用ボタンを押すだけで、最大2台までBluetooth接続が可能。また、2色のLEDライトにより、接続状況が一目で確認できるのが特徴です。

コーデックは「aptXLL」に対応しており、低遅延でテレビやゲームなどを楽しめます。ポートは複数備えているため、さまざまな機器に接続可能。USBケーブル・光ケーブル・3.5mmオーディオケーブルが付属しています。

外見がシンプルかつスタイリッシュで、インテリアなどにも溶け込むデザインです。デザイン性を重視する方や音質にこだわりたい方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetooth送信機・受信機 400-BTAD008

4つのポートを備え、さまざまな送受信モードが選べるBluetoothトランスミッターです。Bluetooth5.0に対応しており、最大通信距離は100mとパワフル。広い空間で使うのにも向いています。テレビやスピーカーはもちろん、オーディオプレーヤーやゲーム機など、幅広い機器の接続に対応しているのが特徴です。

コーデックは低遅延の「aptXLL」のほか、ハイレゾに相当する高音質の「aptX HD」にも対応しています。LEDライトにより、接続中のコーデックが分かりやすい仕様。切り替えスイッチで、簡単にコーデックを切り替えできます。

また、ペアリングは2台同時にできるのもポイント。送信モードの場合、2台のヘッドホンやイヤホンでテレビを楽しめます。低遅延・高音質にこだわりたい方や、音声や音楽を楽しみたい方などにおすすめです。

ジェイピーライド(JPRiDE) Bluetoothトランスミッター&レシーバー JPT1

ハイクオリティなサウンドと手頃な価格のイヤホンで人気の、「JPRiDE」が販売しているBluetoothトランスミッターです。「aptXLL」に対応した高音質・低遅延が魅力。Bluetoothに対応していないテレビやデスクトップパソコンを、簡単にワイヤレス化することが可能です。

装着しているヘッドホンなどに音声を伝送できるので、深夜に映画を視聴したいシーンなどでも気がねなく楽しめます。小型ながら、250mAhのバッテリーを内蔵しているのもポイント。13時間の連続稼働が可能なため、長編映画や連続ドラマでもバッテリー切れを心配する必要はありません。

Bluetoothトランスミッターのおすすめ|PS4・Switch用

クリエイティブ(Creative) BT-W2 HP-BTW2

USB Type-Aポートに装着する、小型のBluetoothトランスミッターです。同ポートを搭載するパソコンをはじめPS4でも利用できます。スタンダードのSBCに加え、高音質の「aptX」や「aptXLL」コーデックにも対応。本体のボタンを長押しするだけで、簡単に相手機器とペアリングできます。専用ドライバーのインストールなど、面倒な作業は不要です。

同ブランドの対応デバイスであれば、マイクが使えるのも特徴。仲間とボイスチャットで連携しながらプレイができるため、ゲームを有利に進められます。ワイヤレスヘッドセットでプレイを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

クリエイティブ(Creative) BT-W3 HP-BTW3

ゲーム機のサウンドをワイヤレスで聞くだけでなく、ボイスチャットも楽しみたい方におすすめのモデルです。USB Type-C端子を搭載しているため、ニンテンドースイッチならダイレクトに装着でき、PS4の場合は付属のUSB Type-A変換アダプターを使用して装着できます。

同梱のアナログマイクをニンテンドースイッチ本体やPS4のコントローラーに接続し、ペアリングすれば準備は完了。「aptXLL」に対応しており、遅延時間も30〜40msと短いので、音声の遅れはほとんど気になりません。仲間とコミュニケーションを取りながら連携してゲームを進められます。

1Mii オーディオ Bluetooth USBトランスミッター B10

データ転送速度の速いBluetooth 5.0規格に対応したモデルです。音声の遅延をなるべく抑えたい方におすすめ。デバイスとのペアリングは本体のボタンを押すだけと簡単です。

31×17×7.3mmと非常にコンパクトなため、装着した状態でも邪魔になりません。2台の機器との同時接続に対応しているのもポイントです。家族や友達と一緒にゲームが楽しめるので重宝します。

Petasonien Bluetoothオーディオアダプター

USB Type-C端子を搭載したBluetoothトランスミッター。ニンテンドースイッチのポートに、直接取り付けることが可能です。厚さ約5mmのスリムなデザインを採用しているため、操作の邪魔にならずゲームに集中できます。

同時に2台のデバイスとペアリングができるのもポイント。友達や家族と一緒にワイヤレスイヤホンを利用して遊べるので便利です。「aptXLL」コーデックに対応しているため、ゲーム音声の遅延もほとんど気になりません。

Gulikit Route Air Pro Bluetooth ワイヤレスオーディオアダプター NS07 Pro

ニンテンドースイッチを使っている方におすすめのモデルです。USB Type-C端子を備えているため、ゲーム機本体に直接装着できます。L字型をした、USB Type-C to Type-A変換アダプターを同梱しているのが特徴。「Nintendo Switchドック」のUSBポートに挿せるので、TVモードで遊びたいときに重宝します。

Bluetoothスピーカーに接続し、迫力あるサウンドでプレイすることも可能です。パソコンなどでも使えるため、気になる方は一度チェックしてみてください。

REIYIN Bluetooth5.0 トランスミッター WT-04

USB Type-Aポートに装着するタイプのコンパクトなBluetoothトランスミッターです。パソコンやPS4のワイヤレス音声転送におすすめのモデル。「aptXLL」コーデックに対応しているため、遅延の少ない快適な環境でプレイできます。

ドライバーのインストールなど面倒な作業は必要ありません。USB Type-Cへの変換プラグが付属しているので、ニンテンドースイッチで利用することも可能です。操作の妨げにならないようスマートに装着できるため、プレイに集中できます。

ラディウス(radius) Bluetoothオーディオトランスミッター RK-BT100C

スリム形状のBluetoothトランスミッター。接続するコーデックによってLEDインジケーターのカラーが変わる仕様で、目視しやすいのが特徴です。コーデックによる色は「SBC」が赤、「aptX」が青、「aptXLL」が緑で点灯。対応する端末はDUAL STREAM機能により、オーディオ機器2台までとなっています。

また、ボイスチャット機能により、本製品経由でユーザー同士の会話ができるのもポイント。ただし、PS4では非対応なほか、ゲームやアプリによっては使用できない場合もあるので留意しておきましょう。

本体カラーはブラックとレッドの2色をラインナップ。なお、本製品はUSB Type-Cですが、USB Type-Aのモデルも用意されています。単品購入はもちろん、端子別に買い揃えるのもおすすめです。

REIYIN Bluetooth 5.0 トランスミッター WT-03

本体サイズが31×8×21mmのコンパクトなモデルです。重さも約30gと非常に軽量なため、ポケットに入れて容易に持ち歩くことが可能。携帯性に優れたBluetoothトランスミッターを求める方におすすめです。

本製品にはUSB Type-C端子を搭載しており、ニンテンドースイッチに直接接続できます。低遅延の「aptXLL」コーデックに対応しているので、いわゆる「音ゲー」などにぴったりです。

なお、マイク機能は搭載しているものの、ニンテンドースイッチやPS4といったゲームデバイスでの動作はサポートされていません。パソコンでの通話用途に限られるため、留意しておきましょう。

Bluetoothトランスミッターのおすすめ|車用

エレコム(ELECOM) Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBTB04BK

スマホやタブレットの充電にも対応したFMトランスミッター。12V車と24V車に対応しており、自家用車やトラックなどさまざまな車種で使用できるのが特徴です。Bluetoothでスマホやタブレットを接続すれば、好きな音楽を楽しみながらドライブできます。

コンテンツ保護規格である「SCMS-T」に対応しているのも魅力。ワンセグ音声も視聴できます。また、重低音モードを搭載しているのもポイント。音楽再生時の低音にこだわりたい方も安心です。

送信周波数は4chから選択が可能。「ラストメモリ機能」により、最後に使用した周波数を記録できるため、エンジンを切っても再度設定する必要がありません。車の中でも気軽に使えるトランスミッターを探している方におすすめです。

ジャパンアベニュー(JAPAN AVE.) FMトランスミッター JA996

国内使用に適した電波チューニング済のFMトランスミッター。Bluetooth5.0に対応しており、途切れにくく安定した接続を行えるのが魅力です。

4種類の音響エフェクト機能を備えているのが特徴。ノーマル・ポップ・ジャズ・ベースから自分の好みに合わせて選択できるため、サウンドにこだわりたい場合にも便利です。独自開発の音楽アプリも付属しており、快適に音楽を再生できます。

車種は12Vと24Vに対応。音楽を再生しながら3台までのスマホやタブレットを充電できる急速充電ポートを備えているため、長時間でも安心して使用できます。ドライブ中もクリアで高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

BluetoothトランスミッターのAmazonランキングをチェック

BluetoothトランスミッターのAmazon売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。