スマホやタブレットなどをワイヤレス接続する際に利用する機会の多いBluetooth通信。モバイルデバイスの多くはBluetoothに対応していますが、デスクトップパソコンやテレビなどは、非対応モデルも存在しています。

「Bluetoothトランスミッター」を用いれば、Bluetooth非対応機器をワイヤレス接続できるようになるので便利ですが、さまざまな製品が販売されており、どれを購入したらよいか迷いがち。そこで今回はおすすめのBluetoothトランスミッターをご紹介します。

Bluetoothトランスミッターとは?

By: amazon.co.jp

「Bluetoothトランスミッター」は、Bluetooth非対応機器と有線接続することで、Bluetooth通信を可能にする機器です。オーディオシステムにスマホなどを接続できるモデルや、複数機器の接続に対応したモデル、コンパクトで携帯性に優れたモデル、送受信可能なモデルなど、さまざまな製品が製造されています。

テレビやPS4にBluetoothトランスミッターを接続すれば、簡単にワイヤレスイヤホンやヘッドホンに音声伝送可能。ケーブルを煩わしく感じる方におすすめです。

Bluetoothトランスミッターの選び方

接続可能距離をチェック

By: taotronics.jp

Bluetoothトランスミッターの通信可能距離は、モデルごとに異なります。接続する双方の機器を身につけている場合や鞄に入れている場合は、通信距離が短いモデルで十分。自宅で使うのであれば、接続機器同士の距離が離れる可能性があるので、通信可能距離10m以上の製品がおすすめです。

別の部屋へ移動した場合でも機器同士の接続が途切れない製品が理想。使用環境や用途にもよりますが、ワイヤレス接続の快適さを体感できる通信可能距離の確保がポイントです。

対応するコーデックをチェック

Bluetoothは音声データを圧縮して無線伝送するため、圧縮方式である「コーデック」のチェックも重要です。一般的なコーデックは、標準音質の「SBC」。音声が優れているわけではありませんが、Bluetoothを受信する機器比較的リーズナブルな製品でも対応しているのがメリットです。

iPhoneやiPadなどに使用する場合は「AAC」対応の製品を選択しましょう。「SBC」に比べると、音声の遅延が抑えられます。高音質で低遅延な製品を求めている方は「aptX」対応モデルがおすすめ。ゲームや映画に使用する場合は、「aptX」よりも音声の遅延が少ない「aptXLL」が適しています。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: taotronics.jp

Bluetoothにはバージョンが存在しており、新しいバージョンに対応したBluetoothトランスミッターが発売されています。現状では3.0~5.0に対応した製品が一般的。バージョンが新しいほど安定した接続が可能で、通信速度も速くなります。

また、接続する機器が対応しているバージョンのチェックも重要。Bluetoothトランスミッターが最新のバージョンに対応している場合でも、接続する機器が古いバージョンにしか対応していない場合は低バージョンでの接続になるので、注意しましょう。

接続端子の種類をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothトランスミッターを選ぶ際には、機器とどの端子で接続するかも要チェック。イヤホンジャックのアナログ端子を利用するモデルが一般的ですが、光デジタル端子やUSB端子に対応しているモデルも存在します。

接続機器が対応している端子にあわせて選択する必要がありますが、音質にこだわる方は光デジタル端子対応モデルがおすすめ。デジタル信号で音声を伝送するので、高い音質が期待できます。

用途に合ったモデルを選ぼう

テレビ用

テレビと接続するBluetoothトランスミッターは、複数の機器を接続できるモデルがおすすめ。ワイヤレスイヤホンやヘッドホンを複数接続すれば、家族や友達と一緒にテレビ番組や映画を楽しめます。

また、光デジタル端子に対応しているテレビであれば、デジタル信号で音声伝送できる製品がおすすめ。「aptXLL」対応製品は、音声遅延が少なく音質も良好です。

PS4・Switch用

PS4やニンテンドースイッチ用としてBluetoothトランスミッターを使う場合は、音声の遅延が少ないモデルがおすすめ。テレビ用と同じく「aptXLL」対応モデルであれば、低遅延なだけでなく、高音質が期待できます。

また、PS4とニンテンドースイッチは、共にUSB-A端子を備えているので、USBケーブルで接続できるモデルもおすすめです。

車用

By: elecom.co.jp

車とBluetooth機器を接続したい場合は、FMトランスミッターがおすすめです。特に、ワイヤレス接続でカーオーディオを楽しみたい方に適しています。スマホやタブレットに保存してある曲はもちろん、音楽ストリーミングサービスを利用する場合でも、ワイヤレス接続で簡単にカーナビやカーオーディオに伝送できます。

また、シガーソケットから給電できる製品であれば、バッテリー切れの心配をせず、車内で手軽に音楽を楽しめます。

FMトランスミッターについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

Bluetoothトランスミッターのおすすめ|テレビ用

Agedate Bluetooth トランスミッター BT-B9

Agedate Bluetooth トランスミッター BT-B9

通信可能距離10mを有したBluetoothトランスミッターです。通信可能距離が長いため、据え置きの家電と接続して、自宅での使用に適しています。送信機モードでテレビやゲーム機と接続すれば、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンでサウンド再生が可能です。

本体にアナログ接続用のケーブルが搭載しているのもポイント。テレビの3.5mmステレオミニプラグ端子に挿し込むだけで簡単に接続できます。Bluetoothバージョンは4.1、コーデックはAACやSBCに対応。本製品をスピーカーに接続し、受信機モードで使用すれば、iPhoneの音楽をスピーカーから再生できます。比較的リーズナブルな価格で購入できる点も魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) BT T100

ゼンハイザー(SENNHEISER) BT T100

有名オーディオ機器メーカーが製造するBluetoothトランスミッターです。ヘッドホンやイヤホンなど、高品質なオーディオ機器で有名なゼンハイザーが製造。SBC・aptX・aptXLLに対応しているので、高音質で低遅延な音声伝送が期待できます。

本体前面にLEDライト付きのペアリングボタンを搭載しているので、ワイヤレス接続も簡単。テレビとの接続は、ステレオミニ端子や光デジタル端子を使用できます。付属品として、オプティカルケーブル・オーディオケーブル・USBパワーケーブルが同梱されている点も魅力です。

アンカー(ANKER) Anker Soundsync AK-A3341011

アンカー(ANKER) Anker Soundsync AK-A3341011

送信機と受信機の機能を兼ね備えたBluetoothトランスミッターです。Bluetoothのバージョンは5.0に対応。Bluetooth4.2に比べて、約2倍のデータ送信速度を有しており、接続の安定性も向上しています。最大10mの範囲で通信可能。部屋を移動しながら音声を楽しむ場合にも最適です。

送信機モードでは最大で2台の機器と接続可能。家族や友達と一緒にテレビ鑑賞が行えます。AUXやRCA、光デジタルなどの端子を備えており、幅広い機器に対応できるのもポイント。本体にはリチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、送信機モードで最大20時間、受信機モードで最大17時間バッテリー駆動します。電源のない場所での一時的な使用や、外出先でトランスミッターを利用したい方におすすめのモデルです。

タオトロニクス(TaoTronics) トランスミッター TT-BA09 PRO

タオトロニクス(TaoTronics) トランスミッター TT-BA09 PRO

コスパに優れた人気のBluetoothトランスミッターです。Bluetooth5.0に対応しており、コーデックはaptXやaptXLLに対応。高音質で低遅延な音声伝送を安定した接続で行えます。コンパクトなサイズながら、最大24時間のバッテリー駆動が可能。約2時間でフル充電できるのもポイントです。

通信可能距離は13mを有しており、充電しながらの使用も可能。2台のワイヤレス対応機器を同時接続した場合でも、aptXLLコーデックでの音声伝送が行えます。接続面では、光デジタル端子やAUX端子を備えており、RCA変換ケーブルも付属。リーズナブルな価格ながら、高い性能を備えたおすすめの製品です。

Bluetoothトランスミッターのおすすめ|PS4・Switch用

Nuodun Nintendo Switch用 Bluetooth ワイヤレス オーディオアダプター

Nuodun Nintendo Switch用 Bluetooth ワイヤレス オーディオアダプター

スリムなデザインが特徴的なBluetoothトランスミッターです。厚さ約5mmなので、ニンテンドースイッチのUSB Type-Cポートに挿しても邪魔になりにくいのがメリット。ワイヤレスイヤホンやヘッドホン、スピーカーでゲームサウンドが楽しめます。

Bluetoothコーデックは、低遅延なaptXLLに対応。2台のBluetooth対応機器と同時接続できるのも魅力です。ニンテンドースイッチだけでなく、PS4やパソコンでも使用可能。ドライバーのインストールも必要なく、挿し込むだけで簡単に接続できるので、ワイヤレス接続機器に詳しくない方にもおすすめです。

オーキー(Aukey) bluetooth トランスミッター BT-C1

オーキー(Aukey) bluetooth トランスミッター BT-C1

コンパクトで携帯性に優れたBluetoothトランスミッターです。本体サイズは約55x25x12mm。接続用のアナログケーブルは本体に収納できるので、持ち運びに便利です。

内蔵のバッテリーで駆動し、連続使用時間は7時間ながら、1.5時間ほどでフル充電できるのもポイント。充電用のUSBケーブルも同梱されています。PS4やニンテンドースイッチのイヤホンジャックに本製品のケーブルを挿し込み、ボタンをクリックするだけで簡単に使用できる点もおすすめです。

タオトロニクス(TaoTronics) トランスミッター TT-BA09 Pro

タオトロニクス(TaoTronics) トランスミッター TT-BA09 Pro

aptXLLに対応したBluetoothトランスミッターです。PS4やニンテンドースイッチのイヤホンジャックに、付属の3.5mmオーディオケーブルで接続。標準音質のSBCはもちろん、aptXLLに対応しているので、ゲームサウンドの遅延が気になる方におすすめです。

本体サイズは約60×60×19mmと比較的コンパクトなので、携帯用としても最適。外出先でゲーム機と接続したい場合にも便利です。送信機としてだけでなく、受信機としても使用可能。スピーカーと接続して、スマホやタブレットの音楽を楽しみたい場合にも便利です。

2台のBluetooth対応イヤホンやヘッドホンと接続すれば、友達や家族と共にゲームプレイが可能。リーズナブルな価格で購入できる点もおすすめです。

クリエイティブ(Creative) BT-W2

クリエイティブ(CREATIVE) Creative BT-W2

USBポートに挿し込むだけで使えるBluetoothトランスミッターです。PS4やニンテンドースイッチはもちろん、WindowsパソコンやMacなどともUSB接続可能。コーデックは、SBC・aptX・aptXLLに加えて、低遅延なFastStreamに対応しているのもポイントです。

USBポートに挿し込めば、ドライバーのインストールは必要なく、簡単に接続可能。ポケットやペンケースに入れて持ち歩けるコンパクトなサイズ感も魅力です。

REIYIN WT-04

REIYIN WT-04

USBメモリ型の使いやすいBluetoothトランスミッターです。aptX・aptXLLに対応しており、高音質で低遅延な音声伝送が可能。ゲームサウンドの音声ズレを予防できるので、敵の足音や銃声を正確に聴きとる必要があるFPSやTPSにもおすすめです。

PS4やニンテンドースイッチのUSBポートに挿し込むだけで使用できるので、初めてBluetoothトランスミッターを購入する方にも最適。Windowsパソコン・iOSデバイス・Androidデバイス・PS3・PS4・PS4 Pro・ニンテンドースイッチなど、幅広い機器に対応している点も魅力です。