車に乗っている時に衝撃から子どもを守ってくれる「チャイルドシート」。安全性に関わる製品なので慎重に選びたいところですが、どんなアイテムがベストな選択なのかわからず、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はチャイルドシートのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

チャイルドシートの種類

新生児~乳児までが使用する「ベビーシート」

By: amazon.co.jp

新生児から1歳児までの乳児が使用するのがベビーシート。体重は13kgまで、身長70cmほどまでの乳児が対象となっています。

首が座っていない新生児でも利用できるように、子どもを寝かせた状態で乗せるタイプが一般的。一方、前方からの衝撃は身体全体で受け止めたほうが効果的と考えられているため、子どもを後ろ向きで乗せるベビーシートもラインナップされています。

約1~4歳の子が使用する「チャイルドシート」

By: amazon.co.jp

約1~4歳の幼児が使用するのがチャイルドシート。体重9〜18kg程度、身長65~100cmの幼児が対象です。子どもを前向きに乗せるのが一般的ですが、前向きと後ろ向きの双方に対応したタイプもリリースされています。

なお、新生児から4歳児前後まで使用できる、ベビーシートとチャイルドシートの兼用モデルも数多く揃っているので、長く使えるチャイルドシートを探している方はチェックしておきましょう。

約4歳以降の子が使用する「ジュニアシート」

By: amazon.co.jp

ジュニアシートは約4〜10歳の学童用の製品。体重15〜36kg程度、身長135cm以下の子どもに対応しています。背もたれがあるタイプと、お尻の下に敷くモノがあるのが特徴。基本的には専用ハーネスで身体を固定しますが、本体サイズが大きくなると車のシートベルトを使用する場合もあります。

なお、シートベルトを使用するジュニアシートの性能はシートベルト自体の性能に大きく関わると考えられているので、事前に確認しておきましょう。

チャイルドシートの選び方

安全基準をチェック

By: amazon.co.jp

チャイルドシートは国土交通省によって安全基準が定められており、安全基準に適合したチャイルドシートだけが、型式指定あるいは型式認定マークを取得できます。これらのマークの表示がない未認証のチャイルドシートは、安全基準を満たしていないと判断され、国土交通省が注意喚起しています。子どもの安全を守るためにも、型式認定マークがあるチャイルドシートを選びましょう。

なお、2006年10月に、国土交通省によって基準の見直しが行われています。2006年10月以降生産されたチャイルドシートは、新基準が適用されています。旧基準をベースとした製品も2012年6月30日まで生産されているので、できるだけ新しいモデルを選ぶと安心。特に、古いチャイルドシートの使い回しを考えている方は注意しておきましょう。

チャイルドシートアセスメントをチェック

By: amazon.co.jp

国土交通省と独立行政法人「自動車事故対策機構」は、2001年度から市販のベビーシートおよびチャイルドシートについて、前面衝突試験と使用性評価試験を実施。その結果と評価をチャイルドシートの安全性能として公表しています。

前面衝突試験では、衝突時の頭部の移動量や頭部・胸部にかかる力、そしてパーツの破損状況などをテスト。結果は、安全性の高い順に「優」「良」「普」「推奨せず」の4段階で評価されるのがポイントです。

使用性評価試験は、チャイルドシートが誤って使われることのないように配慮されているかをチェックします。車へしっかり取り付けできるかを試験する「固定の確実性」。そのほか、リクライニングや回転部の操作性を判断する「本体機構の安全性」や、取扱説明書の分かりやすさをテストする「取扱書等」など、さまざまな項目を試験します。結果は項目ごとに、1〜5点で評価されているので、購入前に確認しておきましょう。

回転式か固定式かをチェック

By: amazon.co.jp

チャイルドシートには座面が回転する回転式と、座面が固定された固定式があります。特に、乳幼児用のベビーシートは回転式を採用したモデルが多いのが特徴です。

車内が狭くても、赤ちゃんを乗せ降ろししやすいのがメリット。ただし、固定式に比べて重く、サイズが大きくなるとともに、高価になる傾向があります。車の大きさや、使う頻度を考慮して選びましょう。

車との適合性をチェック

By: amazon.co.jp

チャイルドシートを設置する方式は、ISOFIX(アイソフィックス)タイプとシートベルト固定方式の2種類があります。

ISOFIX固定タイプは車の後部座席にある2個のISOバーに、チャイルドシートのコネクターを固定します。簡単に、しかも強固に固定できるため、取り付けミスを防げるのが大きなメリット。2012年7月1日以降に発売された自動車には、ISOバーの装備が義務付けられています。ISOバーが装備された車を使用している方は、ISOFIX固定タイプを選ぶとよいでしょう。

シートベルト固定式はその名の通りですが、シートベルト自体の性能に安全性が大きく関わります。選ぶ際は事前に設置方法を確認しておくと安心です。

なお、多くのメーカーは、モデルごとに取り付け可能な車種をホームページ上などで公表しています。チャイルドシートを購入する時は、自家用車に適合しているかしっかりとチェックしておきましょう。

チャイルドシートのおすすめメーカー

アップリカ

By: amazon.co.jp

育児器具メーカーのアップリカは、1949年からベビーカーをリリース。1953年には、シートに風が通る構造を採用して特許を取得するなど、早くから乳幼児の快適性を重要視しているのがポイントです。

1997年に、ベッド型からイス型に変化して、新生児〜4歳児まで利用できるチャイルドシートを販売開始。2016年には、ヨーロッパの新安全基準「UN-R129」に適合する回転式チャイルドシートを、日本で初めてリリースしています。

レカロ

By: rakuten.co.jp

1906年に設立されたレカロは、自動車や航空機用シートで名高いメーカー。チャイルドシートは1998年からリリースしています。安全性はもちろん、デザイン性の高さや直感的な操作性なども好評。ラインナップが豊富で、子どもの成長に合わせて製品を選べるのも魅力です。

タカタ

By: amazon.co.jp

1933年創業のタカタは、シートベルトなどを世界の自動車メーカーに供給しているのが特徴。1977年に本格的なチャイルドシートを日本で初めて生産したことでも知られています。

国内メーカーとしては、早い時期から自社試験設備を備えて、安全性能テストを実施。各国の安全基準をはじめ、独自の社内基準を設けて厳しいテストを行っていることでも定評あるメーカーです。

チャイルドシートのおすすめモデル

コンビ(combi) ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-800

「卵すら傷つけない」というコンセプトで開発された衝撃吸収材、「エッグショック」を使用したコンビの360°回転式チャイルドシート。新生児から4歳まで利用できます。従来に比べて背面のエッグション面積を拡大。さらに、頭部エッグションパッドが20mmへ増量されたことにより、安全性がより向上しています。

UVカット率99%・遮光率99.9%の生地を使用した、大型の「スリープシェル」を備えているのがポイント。車内に射し込む光をカットするほか、走行音などの騒音も軽減します。電動式ファンの「すーすーファン」を搭載しているのもポイント。暑い時期の車内でも、汗をかきやすい赤ちゃんのために快適な環境を整えられます。

指1本でらくらく360°ターンできる、操作性の高さもメリット。サイズとしてはコンパクトなのでスムーズに設置できるほか、後部座席の同乗者もゆったりできます。

アップリカ(Aprica) フラディア グロウ 360°セーフティ

新生児から利用できる、平らなベッド型回転式チャイルドシートです。頭と首が安定するので、赤ちゃんの呼吸を妨げにくいのが特徴。首がすわる3〜24ヶ月までは後ろ向きで利用します。15ヶ月~4歳頃までは前向きで利用可能です。

両サイドにはプロテクター「サイドシールド」と「全身マモールクッション」で、赤ちゃんを360°全方位からガードできます。

ショルダーハーネスとヘッドレストはレバーひとつで調整可能。また、赤ちゃんを乗せたまま360°回転できるため、乗せおろしもラクラクです。シートは取り外して洗えます。使い勝手も良好な、安全性の高いチャイルドシートです。

タカタ(takata) チャイルドガードジュニア ISOFIX CGDJ001

ドイツの安全性能試験機関で高評価を受けたチャイルド・ジュニア向けシート。体重15〜36kgの子どもの使用が推奨されています。

シート素材には独自開発の「AIRPAD」を使用。空気を含んだウレタンを、エアバッグに採用されている強く柔らかい素材で縫製しています。衝突時には内部の空気を逃がし、衝撃を吸収できるのがメリットです。

「フレキシブルサイズ調整機能」を備えており、背もたれの高さ・幅などを同時に調整できます。スケールウィンドウに身長の目安が表示されるので、調整もラクラク。常に最適な位置で使用可能です。

基本的には ISOFIXタイプのシートですが、本体のISOコネクターを収納すれば、ISOバーのない座席でも使用できます。汎用性が高いチャイルド・ジュニアシートを探している方はぜひチェックしておきましょう。

タカタ(takata) takata04-i fix ISOFIX KIFX005

チャイルドシートアセスメントにおいて、乳児用・幼児用の両分野で最高評価を獲得した、固定式のスタンダードモデルです。

0〜4歳児が対象。ISOFIXに対応しており、取り付けは約15秒とスマートに対応できます。子どもを乗せおろしする時のハーネス操作も片手でスムーズに行えるので、操作性に優れたモデルです。

シート背面には通気通水性に優れた、東洋紡製ブレスエアーを採用。空気の層を作り、蒸れた空気を排出するので、蒸れにくいのがメリットです。また、シートの3Dスプリング構造体は体圧分散能力に優れており、体を支えながら快適な姿勢を維持できます。ベース部分とシートは分離可能なため、小型車への脱着も容易なチャイルドシートです。

アップリカ(Aprica) エア ライド AB

3〜11歳までの子どもが利用できる、リーズナブルなチャイルドシートです。15〜36kgの体重の子どもに対応。車のシートベルトに固定して使用します。

子どもの頭・肩・腰を守る「ヘッド&3Dサポートクッション」を採用しているのが特徴。深いヘッドサポートによって頭をすっぽり覆うとともに、両側のシートが肩や腰をしっかり包み込みます。子どもが寝ている時のカーブ走行時などでも姿勢が崩れにくいシートです。

シートの背もたれ・座部および側面部には、空気を通しやすいメッシュシートを使用。ロングドライブ時の使用にも配慮しています。

重量は4.9kgと軽量かつサイズもコンパクトなので、車内空間を有効利用できます。セパレートボディ構造を採用しているため、取り外しが容易なのもポイントです。

コンビ(combi) ホワイトレーベル クルムーヴ スマート エッグショック シートベルト固定タイプ JJ-550

新生児~4歳まで利用できる、ミドルクラスのモデル。本体に通気孔を備えているとともに、立体メッシュシートを使用したことにより、通気性に配慮しているのが特徴です。

また、2段階調節が可能な電動式ファンを搭載しているのもポイント。発汗量が大人の2倍と言われる赤ちゃんでも、蒸れにくい仕様となっています。シートには吸水性抜群の「1秒タオル」を採用。1cm角に切った場合、1秒で水に沈むという吸水力の高さがメリットです。

衝撃吸収素材は、ウレタンより吸収力に優れたメーカー独自「エッグショック」を使用。頭部・背面、そして座面に使用されており、子どもをサポートします。新生児の時は、後ろ向きの姿勢で利用するのが特徴。衝撃を分散して背中全体で受け止められます。

ヘッドレストは背面レバーをスライドするだけで、8段階調整可能。シートベルトに固定するスタンダードなチャイルドシートとしておすすめのモデルです。

グレコ(GRACO) ジュニアプラス メトロポリタン

3〜11歳頃まで利用できるジュニアシート。価格6000円前後とリーズナブルなのが特徴です。ヘッドレストは6段階、そしてアームレストは2段階で調整可能。さらに、背もたれを取り外せば、座面だけでも使用できます。子どもの成長に合わせて使えるのがポイントです。

シートはウォッシャブル仕様。取り外して洗えるので、いつも清潔な状態で利用できます。また、収納式ドリンクホルダーを備えており、ロングドライブでも使いやすいのも魅力です。

カーメイト(CARMATE) エールベベ サラットハイバックジュニア クワトロ

ヘッドレスト・背もたれ、そして座面部に22個の通気孔「サラットホール」を備えた、チャイルド・ジュニアシート。広範囲にメッシュを使用しているため、通気性がよいのが特徴です。

対象年齢は約3〜11歳児まで。側面衝突への安全性を考慮して、ヘッドレストのクッションを強化してあるのがポイントです。

背もたれは、自動車に合わせて5~20°までリクライニング可能。座面は、前方をふくらませた形状を採用しており、前方へズレることを軽減しています。取り付けはシートベルトをベルトガイドに通すだけと容易。設置もスムーズで、約15秒で固定できるのも便利な点です。