乗車時に子供を衝撃から守ってくれる「チャイルドシート」。安全性に大きく関わる製品のため、慎重に選びたくてもどんなアイテムを選ぶべきかわからず、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、チャイルドシートのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

チャイルドシートとは?

By: amazon.co.jp

チャイルドシートとは、子供の身体を座席に固定して安全を守るための装置です。道路交通法では、「チャイルドシートを使用せずに6歳未満の子供を乗せて自動車を運転してはならない」と定められています。

すべての自動車にはシートベルトやエアバックといった安全装置が備わっていますが、想定されている対象は大人です。小柄な子供の身体に対して、大人用のシートベルトでは固定が不十分なので注意する必要があります。大きな衝撃が加わった際には、シートベルトをすり抜けて身体ごと外へ飛び出し大怪我をしたり、最悪の場合は命を落としたりする危険性があるため、きちんと対策を講じましょう。

乗車している子供の危険性を考慮して作られたチャイルドシートは、シートベルトと同じ役割を果たす安全装置です。急停車や事故の際に、子供を危険から守ってくれます。6歳未満の子供を車に乗せるときは、必ずチャイルドシートを使いましょう。

チャイルドシートの種類

新生児~1歳ごろまでの赤ちゃんを守る「ベビーシート」

By: amazon.co.jp

新生児から1歳ごろまでの赤ちゃんを対象としたベビーシート。体重は約13kg未満、身長約70cm以下の乳児が対象とされています。

首が座っていない新生児でも利用できるように、子供を寝かせた状態で乗せるタイプが一般的。前方からの衝撃は身体全体で受け止めたほうがより安全と考えられているため、子供を後ろ向きで乗せるベビーシートがラインナップされています。

1~4歳前後の子供を守る「チャイルドシート」

By: amazon.co.jp

1~4歳前後の幼児を対象としたチャイルドシート。体重9〜18kg程度、身長100cm以下の幼児が対象です。子供を前向きに乗せるのが一般的ですが、前向きと後ろ向きの双方に対応したタイプも展開されています。

なお、新生児から4歳児前後まで使用できる、ベビーシートとチャイルドシートの兼用モデルも数多く販売されているので、長く使えるチャイルドシートを探している方はチェックしておきましょう。

4歳~10歳前後の子供を守る「ジュニアシート」

By: amazon.co.jp

4〜10歳前後の子供を対象としたジュニアシートは、体重15〜36kg程度、身長140m以下の子供に対応しています。

シートの部分に取り付けて使用するタイプが一般的ですが、背もたれがしっかり付いたモノや簡易的なモノもラインナップ。使用年数や予算に応じて、適したモデルを選んでみてください。

チャイルドシートの選び方

安全基準をチェック

By: amazon.co.jp

チャイルドシートは国土交通省によって安全基準が定められており、安全基準に適合したチャイルドシートだけが、型式指定あるいは型式認定マークを取得できます。認定マークの表示がない未認証のチャイルドシートは、安全基準を満たしていないと判断され、国土交通省が注意喚起しています。子供の安全を守るためも、型式指定や型式認定のマークがあるチャイルドシートを選びましょう。

なお、2006年10月に、国土交通省によって基準の見直しが行われています。2006年10月以降生産されたチャイルドシートは、新基準が適用されています。旧基準をベースとした製品も2012年6月30日まで生産されているので、できるだけ新しいモデルを選ぶと安心。とくに、古いチャイルドシートの使い回しを考えている方は注意しておきましょう。

チャイルドシートアセスメントをチェック

By: amazon.co.jp

国土交通省と独立行政法人「自動車事故対策機構」は、2001年度から市販のベビーシートおよびチャイルドシートについて、前面衝突試験と使用性評価試験を実施し、結果と評価をチャイルドシートの安全性能として公表しています。

前面衝突試験では、衝突時の頭部の移動量や頭部や胸部にかかる力、パーツの破損状況などをテスト。結果は、安全性の高い順に「優」「良」「普」「推奨せず」の4段階で評価されるのがポイントです。

使用性評価試験は、チャイルドシートが誤って使われることのないように配慮されているかをチェックします。車へしっかり取り付けできるかを試験する「固定の確実性」。そのほか、リクライニングや回転部の操作性を判断する「本体機構の安全性」や、取扱説明書の分かりやすさをテストする「取扱書等」など、さまざまな項目を試験します。結果は項目ごとに1〜5点で評価されているので、購入前に確認しておきましょう。

回転式か固定式かをチェック

By: amazon.co.jp

チャイルドシートには座面が回転する回転式と、座面が固定された固定式があります。とくに、乳幼児用のベビーシートは回転式を採用したモデルが多いのが特徴です。

回転式は車内が狭くても、赤ちゃんを乗せおろししやすいのがメリット。ただし、固定式に比べて重く、サイズが大きくなるとともに高価になる傾向があります。車の大きさや使う頻度を考慮して選びましょう。

車との適合性をチェック

By: amazon.co.jp

チャイルドシートを設置する方式は、ISOFIX(アイソフィックス)タイプとシートベルト固定方式の2種類。ISOFIX固定タイプは、車の後部座席にある2個のISOバーに、チャイルドシートのコネクターを固定します。簡単かつ強固に固定できるため、取り付けミスを防げるのが大きなメリット。

2012年7月1日以降に発売された自動車には、ISOバーの装備が義務付けられています。ISOバーが装備された車を使用している方は、ISOFIX固定タイプがおすすめです。

シートベルト固定式はその名の通りシートベルトにベビーシートを固定するタイプで、シートベルト自体の性能に安全性が大きく関わります。選ぶ際は事前に設置方法を確認しておくと安心です。

なお、多くのメーカーは、モデルごとに取り付け可能な車種をホームページ上などで公表しています。チャイルドシートを購入するときは、自家用車に適合しているかをしっかりとチェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

安全性や利便性を重視しがちなチャイルドシートですが、デザインも大切なポイントです。カラーバリエーションが豊富であったり、ドットなどの柄が入っていたりと、チャイルドシートのデザインはさまざま。デザインに力を入れているメーカーもあるので、あわせてチェックしてみてください。

車のシートの色に近く、車内のイメージを崩しにくい黒は人気のカラーですが、直射日光などの熱を吸収しやすいといったデメリットもあります。男女ともに使いやすいカラーであれば、赤やベージュなどが人気です。

そのほか、横幅や高さなどのサイズ感も重要。チャイルドシートの隣に座って子供の世話をしたい場合には、横幅がすっきりした製品を選ぶのがおすすめです。車種によっても適切なサイズが変わるので、自家用車とチャイルドシートのサイズを事前に確認しておきましょう。

チャイルドシートのおすすめメーカー

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

育児器具メーカーのアップリカは、1949年からベビーカーを展開。1953年には、シートに風が通る構造を採用して特許を取得するなど、乳幼児の快適性を重視しているのがポイントです。

1997年にベッド型からイス型に変化して、新生児〜4歳児まで利用できるチャイルドシートを販売開始。2016年にはヨーロッパの新安全基準「UN-R129」に適合する回転式チャイルドシートをラインナップしています。

タカタ(takata)

By: amazon.co.jp

1933年創業のタカタは、シートベルトなどを世界の自動車メーカーに供給しているのが特徴。1977年に本格的なチャイルドシートを日本で初めて生産したことでも知られています。

国内メーカーとしては、早い時期から自社試験設備で安全性能テストを実施。各国の安全基準をはじめ、独自の社内基準を設けて厳しいテストを行っていることでも定評のあるメーカーです。

コンビ(combi)

By: amazon.co.jp

コンビは“豊かで夢のある生活文化を創造する”をコンセプトに、ベビー用品やおもちゃ、衣料など育児に関わるすべての人と赤ちゃんの暮らしをサポートする製品を数多く開発しています。

新生児期でも使えるタイプのチャイルドシートからコンパクトなジュニアシートまで、多彩なラインナップを揃えているため、幅広い年齢の子供に対応できるのが魅力です。

チャイルドシートのおすすめモデル

アップリカ(Aprica) クルリラ AC 2016313

アップリカ(Aprica) クルリラ AC 2016313

回転式のチャイルドシート。レバーを片手で操作して簡単にクルッと回転でき、狭い場所での赤ちゃんの乗せおろしに便利なモデルです。取り付け方法は確実に取り付けられて安全性の高いISOFIX方式のほか、ベルト固定式にも対応。古いタイプの車に取り付けたい場合にもおすすめです。

また、リクライニングは7段階と細かく調節できるのがポイント。赤ちゃんの成長に合わせて4歳ごろまで適切なポジションに調節できます。クッションはボリュームのある快適性を追求した仕様。とくに、ヘッド部にはやわらかい頭を安定させる「マシュマロGキャッチ」を搭載しており、安全性に優れています。

アップリカ(Aprica) ディアターン プラス 2022072

アップリカ(Aprica) ディアターン プラス 2022072

平らなベッド・後ろ向きイス・前向きイスの3ステップで、赤ちゃんの成長にあわせて使い分けできるチャイルドシートです。フルリクライニングでベビーシートとして使用できるのがポイント。頭と首を安定させて気道を圧迫しないため、腹式呼吸しやすい自然な姿勢を保てます。退院した赤ちゃんを乗せる際におすすめです。

ワンレバーのアクションで回転操作も簡単。回転機能は90°ごとにロックがかかる仕組みで、乗せおろし時もドアの方向にしっかりと固定できます。全面衝突試験の乳幼児後ろ向き型において「優」を取得している、安全性の高いモデルです。

ジョイー(Joie) インファントカーシート juva 38512

ジョイー(Joie) インファントカーシート juva 38512

車に乗せるほか、ベビーカーとドッキングさせたりベビーキャリーとして使用したりできる便利なチャイルドシート。ゆりかごのように揺らすバウンサーとしても活用できるため、レストランやカフェのソファ席で赤ちゃんの場所を確保したいときにおすすめのモデルです。

固定はシートベルトで取り付けるほか、別売りの「I-Base」を使用すればISOFIXにも対応可能。さまざまな車種に対応できる便利なベビーシートです。

ジョイー(Joie) Arc360° 38606

ジョイー(Joie)  Arc360° 38606

シートが360°回転するタイプのチャイルドシート。狭い場所での赤ちゃんの乗せおろしに便利なモデルです。シートは前向きと後ろ向きでロックされる仕組み。操作はワンプッシュで赤ちゃんを抱いたまま片手でおこなえます。

新生児から4歳ごろまで、体重18kg以下の子供に使用可能。取り付けがシンプルで簡単なISOFIX式を採用しており、間違って取り付けてしまう心配がありません。本体のシートやパッド類は取り外して丸洗いできるため、常に清潔な状態で使用したい方におすすめのモデルです。

エールベベ サラット3ステップ クワトロST ALC246

エールベベ サラット3ステップ クワトロST ALC246

1歳から11歳ごろまでと、子供の成長にあわせて長期間使用できるチャイルドシート。肩のベルトで直接締め付けず、脚の上に衝撃吸収材「インパクトシールド」を使用して子供を固定するのが特徴。乗せおろしに便利なほか、ベルトの圧迫感が苦手な子供に使用する際におすすめです。

シート部やインパクトシールドには通気性に優れたメッシュ生地を採用。本体部に空けられた22個のエアホールの効果と相まって、ムレにくく汗をかきづらいため快適に過ごせます。

ネビオ ネムピットF NemPitF

ネビオ ネムピットF NemPitF

新生児から4歳ごろまで使用できるチャイルドシートです。ゆったりと座れるワイド設計で、前向きと後ろ向きのどちらでも取り付け可能。子供の成長にあわせて向きを選択できるため便利です。車への取り付けはベルト式で、子供の固定には5点式ハーネスベルトを採用しています。

EU安全企画安全基準に合格しているため、チャイルドシートの安全性が気になる方にもおすすめのモデルです。カバー類は取り外して手洗い可能ですが、洗濯機や乾燥機の使用は傷める可能性があるので注意しましょう。

タカタ(takata) チャイルドガード タカタ04 ビーンズ TKAMZ001

タカタ(takata) チャイルドガード タカタ04 ビーンズ TKAMZ001

本体重量4.3kgと軽量コンパクトなチャイルドシート。持ち運びや設置が簡単なので、カーシェアで使用したい方におすすめです。クッション性と通気性に優れた「ファイバーモールドクッション」や「3Dメッシュシート」を装備するなど、湿度の高い日本の環境下での使用にこだわって開発されています。

側面からの衝突から子供を守るサイドガードを採用しているなど、安全性の高さも特徴。安全性能評価試験「チャイルドシートアセスメント」の乳幼児モードで最高評価の「優」を獲得しており、安全性と信頼性の高いモデルです。

コンビ(Combi) ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH

コンビ(Combi) ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH

新生児から7歳ごろまで使用できる、ロングユースタイプのチャイルドシート。新生児から使用できるチャイルドシートの多くは4歳ごろに買い換える必要がありますが、当モデルならそのまま7歳まで使用できるため、コストが抑えられるのが魅力です。

シートへの取り付けはシートベルトで固定するタイプ。ベビーモード・チャイルドモード・ジュニアモードの3パターンで、子供の成長にあわせて設置できるため便利です。

また、たまごを落としても割れないほどの衝撃吸収性の高さが特徴の「エッグショック」を頭部に搭載しているのも魅力のひとつ。やわらかい赤ちゃんの頭を突然の衝撃から守ります。座面は低めに設計されており、乗せおろしも簡単。本体重量も5.6kgと軽量タイプで、頻繁にほかの車に乗せ替える機会が多い方におすすめです。

マキシコシ(MAXI-COSI) ツーウェイパール QNY8790721140

マキシコシ(MAXI-COSI) ツーウェイパール QNY8790721140

子供の成長にあわせて前向きと後ろ向きの2WAYで使用できるチャイルドシートです。股バックルからベルトを外せば自動的に肩ベルトが跳ね上がる「ウィングハーネス」を採用。加えて、ボタンやレバーで操作せずにハーネスの長さを調節できる「スプリングロッチ機構」搭載しているため、乗せおろしの簡単なモデルを探している方におすすめです。

子供が寝てしまったままの体勢でリクライニングの角度を調節できるのも便利。別売りのサンキャノピーを取り付ければ、日差しのまぶしさから守れます。

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス

1歳から4歳ごろまで使用できるチャイルドシート。軽量コンパクトなタイプで、軽自動車で使用したい方におすすめです。折りたたんで持ち運びできるのもポイント。座面を折りたためば片手で持ち運びできるほか、スーツケースに収納できるため旅先で使用したいときも便利です。

新形状ベルトロックの採用で装着も簡単。テコの原理を応用しており、すばやく設置できます。シートには通気性に優れた3Dメッシュシートを採用するなど快適性も良好。カバーは外して洗濯できるため常に清潔な状態で使用できます。

アップリカ(Aprica) エアライドAB 2049066

アップリカ(Aprica) エアライドAB 2049066

子供の成長にあわせて長く使用できるジュニアシート。背もたれを外すことによって3歳ごろから11歳ごろ、体重36kgまで使用できるモデルです。ヘッドサポートの高さが調節できる「エアライド」を装備。5段階で調節できるため、常に頭を適切な位置に固定するのをサポートします。

座面裏にはすべり止め加工を施したラバーを装着しており、シートがずれずしっかりと体をホールド。通気性に優れたメッシュシートの採用で熱がこもりにくく快適性にも優れています。重さは4.5kgと軽量で、ほかの車への乗せ替えも簡単。使い勝手のよいモデルを探している方におすすめです。

グレコ(GRACO) ジュニアプラスDX 67402

グレコ(GRACO) ジュニアプラスDX 67402

アメリカで長い歴史をもつ育児ブランド「グレコ」のチャイルドシート。アメリカ・日本・ヨーロッパなどの厳しい安全基準をクリアした信頼性の高いモデルです。耐衝撃性を向上させるため、頭部と座面の素材を強化しています。

また、ヘッドサポート部には側面からの衝撃から守るESPフォームと、ウレタンクッションの2重構造を採用しており、安全性の高いモデルを探している方におすすめです。本体両サイドにポケット装備しているのもポイント。ドリンクホルダーとしてはもちろん、おもちゃなどを入れられるため便利です。

ネビオ ジュニアシート ポップピット

ネビオ ジュニアシート ポップピット

1歳から11歳ごろまで使用できるチャイルドシート。ヘッドレスト8段階、肩ベルトは3段階で調節でき、チャイルドモード・ジュニアモード・ブースターモードの3つから子供の成長にあわせて選択可能です。EU安全規格の「ECC-44」に合格し、国土交通省から公認されているため安心して使用できます。

安全性や機能性だけでなく、デザインにこだわって開発されているのも特徴です。カラーバリエーションは9種類と豊富にラインナップ。シンプルな色や柄模様など、車の内装や好みにこだわって選びたい方におすすめのモデルです。

リーマン ロングフィット3

リーマン ロングフィット3

チャイルドシートアセスメントの幼児専門カテゴリーで「優」を獲得しているチャイルドシート。チャイルドモード・ハイバックモード・ブースターモードの3タイプを、成長にあわせて1歳から11歳まで使い分けられます。買い替えずに使い続けたい方におすすめのモデルです。

側面から空気が出入りして熱がこもりにくい「エアフリーシート」や、体温やムレを逃しやすい「ベンチレーション3Dメッシュ」を採用しており、子供が快適に乗りやすい配慮がされているのもポイント。また、カバーやパッド類はすべて取り外して丸洗いできるなど、常に清潔な状態で使用できるのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジュニアシート

アイリスプラザ ジュニアシート

子供の成長にあわせて調節できるチャイルドシートです。シートの調節でジュニアシートとしても使用できるため、1歳から12歳ごろまで長く使用できるモデル。背中・ヘッドパッド・ランバーサポートに通気性のよいメッシュ生地を採用しており、通気性がよくムレにくいのが魅力です。

シートへの設置はシートベルトを利用するタイプで、カチッとはめるだけと簡単。本体重量は3.8kgと軽いため、女性でも簡単に乗せ替えできるモデルを探している方におすすめです。