車に乗せた赤ちゃんや子供を衝撃から守る「チャイルドシート」。装着を道路交通法で定められていることもあり、子供の安全性を確保するうえで欠かせません。ただ、多種多様なモデルがラインナップされているため、子供の年齢や身長、体重などの条件を考慮して慎重に選ぶ必要があります。

そこで今回は、子供の成長に合わせて選択できるおすすめモデルをピックアップ。種類や選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

チャイルドシートが必要な年齢は?

By: amazon.co.jp

道路交通法では6歳未満の幼児を車に乗せる際に、チャイルドシートもしくはジュニアシートの着用を義務づけています。車に装備されているシートベルトは大人の使用を前提に設計されており、小さな子供の体格に適していません。

子供は骨格が小さく発達途中であり、車のシートベルトを安全に使用できるのは身長135~140cm程度に成長してからとされています。したがって、6歳を超えてもシートベルトだけでは安全性が十分に発揮されないため注意が必要。シートベルトを使用できる身長や年齢に達するまでは、ジュニアシートに乗り換えるなどして使い続けるのがおすすめです。

チャイルドシートの種類

ベビーシート(乳児用)

By: amazon.co.jp

ベビーシートは新生児から1歳頃まで使用できる乳児用のチャイルドシートです。身長70cm以下、体重10~13kgまでが安全に使用できる目安。ベビーシートには水平状態にして赤ちゃんを乗せられる「ベッドタイプ」と、座席と同じ角度で座らせる「シートタイプ」があります。

首の座っていない赤ちゃんを車に乗せて移動するのであれば、より安全なベッドタイプがおすすめ。子供を後ろ向きで乗せるベビーシートも前方からの衝撃を受け止めやすいとされています。トラベルシステムを搭載した、キャリーやベビーラックとして使用できるタイプもあるのでチェックしてみてください。

チャイルドシート(幼児用)

By: amazon.co.jp

1~4歳頃の子供を対象としているのが幼児用のチャイルドシートです。身長65cm、体重9~18kg程度まで使用できるように設計されています。首が座って腰もしっかりし、支えずに1人で座れるようになったらベビーシートから移行しましょう。

身体をしっかりと固定できるため、急ブレーキ時の衝撃でケガする心配がなく安心。子供が自分でドアを開けてしまうトラブルも防げます。モデルによっては、新生児から使用できるベビーシートとチャイルドシート兼用のタイプもあるので要チェック。長く使用できるため、買い替えのコストを抑えられます。

ジュニアシート(学童用)

By: amazon.co.jp

ジュニアシートとは、4〜11歳頃までの子供に適合させたチャイルドシート。車の大人用シートベルトを装着しやすくなるように設計されています。身長145cm以下、体重15~36kgが使用の目安。背もたれのあるタイプと座面のみのブースターシートの2タイプがあるほか、背もたれを外せるタイプもあります。

乗車する機会が多く、車にセットしておくなら背もたれのあるタイプが最適。横方向からの衝撃に強く安全性に優れています。ブースタータイプは、車のシートベルトの位置に高さを合わせる目的で設計されているタイプ。車のシートベルト以上の性能は発揮できないものの、コンパクトでほかの車に載せ替えるときなどに便利です。

チャイルドシートの選び方

対象年齢で選ぶ

By: amazon.co.jp

チャイルドシートを購入する際は、対象年齢に適合するモデルを選択しましょう。新生児であれば、ベビーシートまたは新生児対応の幼児用チャイルドシートを選択。ベビーシートは1歳を過ぎたら買い替える必要がありますが、幼児用チャイルドシートなら4歳頃まで使用できます。

モデルによっては、7歳頃まで使用できるジュニアシート兼用タイプもあるので要チェック。4歳を過ぎたらジュニアシートに交換するタイミングです。11歳頃まで使用でき、ジュニアシートなしでもシートベルトできる身長になればチャイルドシートが不要になります。

取り付け方法で選ぶ

シートベルト

車のシートベルトを使って固定するタイプがシートベルト固定式です。3点式シートベルトに適合しており、ほとんどの車に取り付けできます。ただし、クラシックカーなど2点式シートベルトを使用している場合は取り付けできないため注意してみてください。

シートベルト固定式は取り付け方がやや特殊で慣れが必要。特に、しっかりとテンションをかけて設置しないと走行中に緩む場合があります。本体に体重をかけるなど案外重労働なため、手軽に取り付けたい場合には不向きなタイプです。

ISOFIX

By: amazon.co.jp

シートベルトを使用せず簡単にチャイルドシートを取り付けできるのがISOFIX式です。車の座席に装備されている「ISOFIX取り付け金具」を利用できるのがポイント。チャイルドシート側をISOFIXバーにカチッとはめるだけで設置できます。

外れたり緩んだりする心配がなく、脱着も簡単。ほかの車に載せ替えたいときにも便利です。2012年7月以降に生産された車種は ISOFIXバーの設置が義務づけられており、あらかじめISOFIXアンカー金具が設置されています。

古い車種の場合は対応していない可能性もあるため、事前に確認が必要。モデルによっては、ISOFIX式とシートベルト式のどちらにも対応しているタイプもあるのでチェックしてみてください。

チャイルドシートの向きで選ぶ

前向き

By: amazon.co.jp

車の進行方向に向けて設置するのが前向きで固定するチャイルドシート。大人と同じ方向に座らせてルームミラーで子供の顔を確認できるほか、前席から振り返れば子供の様子をチェックしやすいのがメリットです。

ただし、前方からの衝撃に弱いため、首の座っていない赤ちゃんを乗せるには不向き。通常、体重が10kgを超えてから前向きで使用するのが一般的です。子供の成長具合によりますが、およそ10ヶ月から1歳前後が前向きで使用できる目安になります。

後ろ向き

By: amazon.co.jp

進行方向と反対に向けて使用するのが後ろ向きタイプのチャイルドシートです。生まれたばかりの新生児でも、道路交通法によりチャイルドシートに乗せることが義務付けられています。新生児は首が座っていないため、前からの衝撃に強い後ろ向きのチャイルドシートを選択しましょう。

通常、子供の体重が10kgまでは後ろ向きで使用するのが一般的。ただ、欧州の最新安全基準「i-Size ECE R 129」では、できるだけ長く後ろ向きで使用するのを推奨しています。子供の成長が予想より早く、足がつかえてしまうなど不具合がない限りは後ろ向きで使用するのがおすすめです。モデルによっては、平らなベッド型にできるタイプもあるのでチェックしてみてください。

回転式

By: amazon.co.jp

回転式のチャイルドシートは前向き、後ろ向きのどちらでも使用できるのがメリット。新生児から使用できる幼児用チャイルドシートや乳児用のベビーシートは、多くのモデルで回転式を採用しています。回転させて車のドアに向けて固定できるため、子供を乗降させやすいのが特徴。軽自動車など車内のスペースが狭い場合にも便利です。

ただし、固定式タイプより重たくサイズも大きいため、モデルによっては窮屈になってしまいます。価格も比較的高めで、使用頻度や車の大きさなどを考慮したうえで選択するのがおすすめです。

チャイルドシートのおすすめブランド

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

ベビーカーやチャイルドシートをはじめ、高品質なベビー用品の開発・販売を行っているメーカーです。チャイルドシートは新生児から使えるタイプから長く使えるジュニアシートまで幅広くラインナップ。子供の成長に合わせて適切なタイプを選択できます。

なかでも、指1本で簡単に360°回転できる「ぽちっとターン」を採用したモデルに注目。赤ちゃんを抱っこしたままでも操作できるため、楽に乗せ降ろしできます。子供の成長に合わせてヘッドレストを24段階で調節できるモデルも販売されており、頭の位置や身長にフィットさせやすく便利です。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

1947年に育児器具製品の開発と販売を開始した、東京に本拠をかまえている老舗ベビー用品総合ブランド。チャイルドシートやベビーカー、抱っこひもなどを手掛けており、赤ちゃんの安全性と快適性にこだわった製品は高く評価されています。

チャイルドシートにおいては、ベビーシートからジュニアシートまで多くのモデルを展開。1歳頃から使えるチャイルドシートとジュニアシート兼用モデルも販売しています。平らなベッド型からイス型へ3ステップで変化するモデルは、新生児から4歳頃まで急激に成長する赤ちゃんに対応可能です。

ジョイー(joie)

By: amazon.co.jp

イギリスで誕生したベビー用品ブランド。シンプルでおしゃれなデザインと機能性に優れたチャイルドシートやベビーカーを展開しており、手頃な価格でリーズナブルな点も人気です。欧州の最新安全基準「i-Size ECE R 129」に適合したモデルは安全性にも優れています。

コンパクトながら、新生児から4歳頃まで長く使えるモデルが便利。軽自動車やコンパクトカーに取り付けたい場合に重宝します。ベビーカーにも取り付けできる1台5役のベビーシートも要チェック。チャイルドシート・ベビーカー・キャリー・バウンサー・チェアと、さまざまなシーンで活躍します。

エールベベ(AILEBEBE)

By: amazon.co.jp

チャイルドシートとベビーカーを手掛けているベビー用品ブランドで、マタニティグッズやカーグッズも取り扱っています。チャイルドシートにおいては、回転式チャイルドシートやジュニアシートを展開。なかでも「クルットシェリール」は、リモコンで操作できる電動サンシェードを搭載した便利なモデルです。

静音設計の「サイレントターン」機能にも注目。静かに回転させて、寝ている赤ちゃんをやさしく乗せ降ろしできます。多くのモデルにISOFIX式を採用しており、簡単かつ安全に取り付けできるモデルを探している方にもおすすめのメーカーです。

チャイルドシートのおすすめ|ベビーシート(乳児用)

コンビ(Combi) チャイルドシート EX COMBI グッドキャリー YW

ベビーシートとしての使用のほか、ベビーキャリーやロッキングチェア&ラックにも使える1台3役のチャイルドシートです。寝ている赤ちゃんを起こさないように移動したいときはキャリーとして、自宅ではゆりかごとしてなど、さまざまなシチュエーションで使用できます。

インナークッション「ダッコシートα」で、赤ちゃんの自然で安定した姿勢を確保。ヘッドサポートに衝撃や振動を大幅にカットする「エッグショック」も付いているため安心です。角度計を備えており、車のシートに取り付ける際に最適な角度を確認できるのも便利。はじめて取り付ける方にも簡単に設置できるおすすめモデルです。

コンビ(Combi) チャイルドシート クルムーヴ スマート ISOFIX EG JL-590

新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートです。赤ちゃんの成長に合わせてヘッドレストを8段階で調節できる「イージームーブレスト」を搭載。平らな状態にもセッティングできるため、生まれたばかりの赤ちゃんのベビーシートとしてもおすすめのモデルです。

指1本で360°ターンできる「ぽちっとターン」を採用した回転式で、赤ちゃんをサッと乗せ降ろしできるのも魅力。後ろ向きと前向きのどちらでも固定できるため、子供の成長に合わせて調節できます。

ヘッド部と座面のクッションの厚みが従来モデルより約25%増量しているのもおすすめポイント。赤ちゃんを包み込むようにやさしく守ります。立体メッシュシートと本体に通気孔を設けた「エアゲート構造」により、高い通気性も確保。シート類はすべて洗濯機で丸洗いできるため、常に清潔な状態で使えます。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート ディアターンプラスISOFIX AB 2107741

ISOFIX式で取り付けるため、緩んだり外れたりする心配のないチャイルドシート。平らな状態で頭と首を安定させやすく、生まれたばかりの赤ちゃんのベビーシートとして活躍するおすすめモデルです。1歳頃になったら前向きでも使用できる3ステップタイプ。座面の奥行を調節できるため、楽な姿勢を保ちやすいのも特徴です。

360°の回転式で赤ちゃんを乗せ降ろしするときも楽々。レバーひとつの調節でヘッドレストの高さを調節できるため、子供の成長に合わせて最適な位置にセッティングできます。腰とおしり部分に速乾性に優れたメッシュシートを採用しているのもポイント。熱がこもりにくく、快適な状態で座れます。

ジョイー(joie) ベビーシート ジェム エンバー 38835

ベビーカーにも取り付けできる1台5役のベビーシート。チャイルドシート・ベビーカー・キャリー・バウンサー・チェアと、さまざまなシーンで活躍するおすすめモデルです。ベビーシート使用時はシートベルトで取り付ける仕様。別売りのISOFIX対応「I-Base」を使用すれば、ワンタッチで車にしっかりと取り付けできます。

新生児から18ヶ月、体重13kgまでが使用の目安。インナークッションはふわふわで快適に座れるほか、丸洗いできるため常に清潔な状態で使用できます。対応のベビーカーに装着すれば、トラベルシステムとして利用できるのも便利。車で赤ちゃんが寝てしまっても、そのままベビーカーに乗せて移動できます。

エールベベ(AILEBEBE) チャイルドシート クルット シェリール BF900

電動サンシェードを搭載しているチャイルドシートです。リモコンで操作でき、急な強い日差しにワンプッシュで対応。運転中に子供の様子が気になったときや、寝てしまったときなどリモコン操作で開閉可能です。

ふわふわホワイトクッションと衝撃吸収ホワイトクッションの「Wホワイトクッション」で、生まれたばかりの赤ちゃんの頭をしっかりと保護。抱っこの姿勢を再現する角度で赤ちゃんの気道やお腹を圧迫しないように配慮されているなど、新生児用のベビーシートとしておすすめのモデルです。

回転式で狭いスペースでも楽な姿勢で乗せ降ろしやすいほか、静音設計の「サイレントターン」を採用しているのも注目のポイント。静かな回転で寝ている赤ちゃんを起こさずに乗せ降ろしできます。「らくらく3段階リクライニング」により、子供が大きく重たくなっても片手で楽に操作できるのも便利です。

チャイルドシートのおすすめ|チャイルドシート(幼児用)

コンビ(Combi) セイブトレック ISOFIX エッグショック TA

1歳頃から使用できるISOFIX対応のチャイルドシートです。2012年7月以降に生産されたISOFIXを装備した車種に取り付け可能。トップデザーフックをバーに引っ掛けてベルトを締めるだけで取り付けしやすく外れる心配もないなど、機能性と安全性を重視したい方におすすめのモデルです。

ヘッドレストを9段階で細かく調節できるのも便利。子供の身長が伸びても安心して使用できます。4段階リクライニングで子供が寝てしまったときにレバーひとつで簡単に角度を調節可能。本体シート内部にソフトクッションを搭載しており、快適な座り心地も実現しています。

本体左右に設けたエアホールで通気性に優れているのもポイント。シートは取り外して丸洗いできるため、衛生面が気になる方にも適しています。

コンビ(Combi) チャイルドシート ウィゴー ロング

新生児から7歳頃まで使えるチャイルドシート。シートベルト固定式でコストを抑えており、機能性に優れながらも手頃な価格が魅力のおすすめモデルです。サイドプロテクションにより、側面からの衝撃に強いのが特徴。厚み20mmの超衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載しているなど、子供の頭部をしっかりと保護します。

24段階で調節できる「ぱぱぴたヘッドレスト」は、子供の成長に合わせてぴったりとフィット。後ろ向きと前向きに対応しており、リクライニングは3段階で調節できます。国土交通省と自動車事故対策機構が実施する安全性能評価事件で最高評価「優」を獲得しているなど、安全性に優れているのも魅力です。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート フォームフィットAB 2089888

1~11歳頃までが使用目安のロングユースが魅力のチャイルドシート。なるべく長く愛用して買い替えコストを抑えたい方におすすめのモデルです。ISOFIX式で簡単に車のシートへ取り付け可能。ヘッドレストに衝撃吸収素材採用の「マシュマロGキャッチ」を搭載しており、子供の頭をしっかりと守ります。

シートをリクライニングすると座面が前に動く「ムービングシート」で快適な姿勢を確保。一体型ボディで耐久性にも優れ、万が一の衝撃から子供を保護します。汗をかきやすい部分には速乾性のあるメッシュシートを採用し、ムレにくく快適。シートは取り外して丸洗いできるため、清潔な状態を保てます。

ジョイー(joie) チャイルドシート Stages ISOFIX

幌付きで新生児から7歳頃、体重25kgまで使用できるチャイルドシートです。日差しの強い日やエアコンの風を直接子供に当てたくないときにおすすめ。寒い日の冷気を遮る効果もあります。ISOFIX式で簡単に取り付けできるほか、外れる心配がなく安心です。

高さを6段階で調節できるため、子供の成長にも対応。横にも伸びるので、大きくなっても快適な座り心地を維持します。シートは回転しないものの、前向きと後ろ向きにも固定可能。新生児を乗せたいときにも活躍します。

側面からの衝撃に強いのも特徴。サイド部に3層構造を採用しており、側面から衝突されたときに衝撃を分散・吸収して子供をしっかりと守ります。

SmartAngel チャイルドシート ターン・レジェFIX-ST

赤ちゃんや幼児用具を幅広く取り扱っている「西松屋」のオリジナルチャイルドシート。ISOFIXとシートベルトの2WAY固定式で、しっかりと取り付けできるおすすめモデルです。360°回転式で狭いスペースでの子供の乗せ降ろしも楽々。前向きと後ろ向きを子供の成長に合わせて選べます。

肩ベルトを子供の成長に合わせて10段階で細かく調節できるのも魅力。インナークッションが肌触りのよいニットと、通気性に優れたメッシュシートのリバーシブル仕様になっているのも注目のポイント。季節や状況に合わせて使い分けできます。リクライニングは5段階で調節できるほか、ヘッドサポートと肩ベルト連動式で調節しやすく便利です。

チャイルドシートのおすすめ|ジュニアシート(学童用)

コンビ(Combi) チャイルドシートジョイトリップ エアスルー GH

1〜11歳頃まで使えるチャイルドシートで、適応体重36kgと大きくなった子供のジュニアシートとしてもおすすめのモデルです。成長に合わせて高さ調節できるヘッドサポートを搭載。約95~110°で調節できるリクライニング機能により、車のシートにフィットさせやすくなっています。

コンパクトサイズで車内のスペースが少ない場合にもゆったりと座れて快適。重さ5.3kgの軽量設計で扱いやすく、取り付けや取り外しも楽々です。5点式ハーネスベルトを搭載しており、新生児タイプからの移行もスムーズ。左右のどちらにも取り付けできるドリンクホルダーを備えているのも便利です。

コンビ(Combi) ジュニアシート ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH

背もたれ部分を取り外してブースタータイプとしても使えるジュニアシート。3~11歳頃まで使用できるため、長く使って買い替えコストを抑えたい方におすすめのモデルです。ブースター使用時でも肩ベルトを調節できる「ベルトポジショナー機能」を搭載しています。

3Dメッシュシートの採用により、通気性と快適性に優れているのもポイント。シートは取り外して洗濯機で丸洗いできるため、お手入れも簡単です。超衝撃吸収素材「エッグショック」も搭載しており、子供の頭部をしっかりと守ります。

アップリカ(Aprica) ジュニアシート マシュマロジュニアエアー サーモAB 2079117

ブースタータイプのジュニアシート。重さ1.5kgの軽量コンパクトサイズで脱着の手間がなく、ほかの車に載せ替える機会が多い場合に便利なおすすめモデルです。オールメッシュシートとベンチレーション機能で通気性に優れており、子供の体温調節機能をサポートします。

柔らかいクッションと、おしりや太ももにフィットしやすい立体座面を採用しているのもポイント。長時間座っても疲れにくく、快適な乗り心地を実現しています。シート部は取り外して洗濯機で洗えるほか、シートカバーは手洗い可能です。

エールベベ(AILEBEBE) ジュニアシート サラットハイバックジュニア クワトロ

3~7歳、体重15~25kg以下に適合するジュニアシートです。背もたれは取り外してブースタータイプとしても使用可能。子供の成長に合わせてスタイルを変更できるおすすめモデルです。

座面部分には約4mm厚のウレタンフォームを封入しており、疲れにくく快適。前方に膨らみを設けた形状により、座りズレが少ないのも特徴です。ヘッドレストはサイドプロテクト構造で子供の頭部をしっかりと保護。背もたれ部分が大きくカーブした形状で、さまざまな子供の体型にフィットします。