子供を車に乗せる際に安全を確保する「チャイルドシート」。年齢によっては道路交通法で着用が義務づけられており、赤ちゃんや小さい子供を乗せる際に必要不可欠なベビー用品です。

しかし、年齢や体格に適応したモデルを選ぶ必要があり、はじめて購入する場合はどれを選んだらよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、チャイルドシートにフォーカスしておすすめモデルをご紹介します。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

チャイルドシート着用義務は何歳まで?

By: amazon.co.jp

道路交通法では、6歳未満の幼児を車に乗せる際はチャイルドシートの着用を義務づけています。生まれたばかりの新生児が退院する際にもチャイルドシートが必要です。

チャイルドシートを着用せずに子供を乗せて運転すると「幼児用補助装置使用義務違反」となり、違反点数1点の罰則が科せられます。また、身長140cm以下ではシートベルトを安全に装着できないため、身長に対応したジュニアシートの装着が推奨されています。

チャイルドシートは対象年齢ごとに3種類ある

ベビーシート(0〜1歳の新生児・乳児)

By: amazon.co.jp

チャイルドシートには子供の年齢や身長、体重を目安に大きく分けて3種類のタイプがあります。0~1歳の新生児や乳児に対応しているのがベビーシートです。およそ生まれてから12ヶ月ほどまで使えます。

ベビーシートは赤ちゃんを寝かせるように設計されているのが特徴。赤ちゃんを乗せるベッドタイプと座席のようなシートタイプがあり、首がすわりきっていない赤ちゃんにはベッドタイプがおすすめです。

モデルによってはシート部を取り外してキャリーとして持ち運びできたり、ベビーカーとドッキングしたりできるモデルもあるのでチェックしてみてください。

ベビーシートについて詳しく知りたい方はこちら

チャイルドシート(1~4歳の幼児)

By: amazon.co.jp

1~4歳の幼児に適応しているのがチャイルドシートです。身長65~100cm、体重9~18kgくらいの子供を目安に設計されているのが特徴。授乳期を過ぎた1歳から4歳児に対応しています。

1歳を過ぎると子供はチャイルドシートを嫌がりがちになるものの、体をしっかりと固定しないと危険です。子供の腰の高さに合わせて調節し、付属のベルトでしっかりと固定するようにしましょう。

ジュニアシート(4歳以上の学童)

By: amazon.co.jp

4歳の幼児から11歳ごろの小学生までを対象にしているのがジュニアシートです。車のシートベルトの位置に合わせて子供が座れるように設計されています。身長145cm以下、体重15~36kgが適応する目安です。背もたれのあるタイプと座面のみのブースタータイプが販売されています。

車にセットしたまま使用するなら、背もたれのあるモデルがおすすめです。ジュニアシートはサイズが大きいため、ほかの車と共用する場合は移動が大変。ブースターシートなら着脱が簡単で持ち運びしやすく、使用頻度が低い場合やほかの車と共用したい場合に便利です。

子供の成長に合わせて、背面タイプとブースターシートを切り替えできるモデルも販売されています。

ジュニアシートについて詳しく知りたい方はこちら

チャイルドシートの選び方

対象年齢・適応体重に合ったモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

チャイルドシートには対応可能な年齢にくわえて、目安の身長や体重が明記されています。選ぶ際は、乗せる子供に適応しているのかをしっかりとチェックしておくのが重要です。0~1歳の新生児ならベビーシート、1~4歳の幼児ならチャイルドシート、4~11歳ごろまではジュニアシートをチェックしてみてください。

年齢はあくまで目安であり、適応体重も要チェックです。ベビーシートは13kg以下、チャイルドシートは9~18kg、ジュニアシートは15~36kgが適応する目安になります。あわせて、目安になる身長も確認しておきましょう。

取り付け方法をチェック

シートベルト固定

By: amazon.co.jp

車に備えている3点式シートベルトで固定するチャイルドシートです。とくに車種を限定せず、ほとんどの車に取り付け可能。比較的、買い求めやすい安価なモデルが多いのも魅力です。

ただし、座席にしっかりと密着させて固定するのには少々コツが必要。また、シートベルトの解除ボタンを誤って押してしまうと、外れる点にも留意しておきましょう。

ISOFIX固定

By: amazon.co.jp

シートベルトを使用せずに設置できるのがISOFIX固定のチャイルドシートです。車に標準装備されているISOFIX取り付け金具を利用するのが特徴。チャイルドシート側の金具をカチッとはめ込むだけと、簡単に設置できます。

シートベルト固定式のように緩んでしまう心配や誤って外れてしまうトラブルもなく、より安全に子供を乗せられるのも魅力。なお、現在販売されている車にはISOFIX取り付け金具の装備が義務づけられており、2012年7月以降に販売を開始した車種なら備えているのでチェックしてみてください。

クッション性や通気性をチェック

By: amazon.co.jp

子供をより安全かつ快適に乗せるには、シートのクッション性を確認しておきましょう。各メーカーでは衝撃吸収性に優れたシートを採用しているので、とくに子供の頭部をしっかりと守れるかに注目。側面からの衝撃を緩和する、サイドクッションを備えたモデルも販売されています。

小さい子供は体温調節がうまくできないため、通気性のよさも要チェックです。長時間座り続けてもムレにくいメッシュや吸水速乾性に優れた素材を採用したモデルなら、汗をかきやすい時期のドライブでも快適に過ごせます。

回転式なら乗せ降ろしが簡単に

By: amazon.co.jp

シート部が360°回転し、子供の乗せ降ろしが簡単なチャイルドシートも発売されています。シートを回転させてドア側に向けられるため、抱っこしたまま乗せ降ろしする際に便利。チャイルドシートは1歳ごろまで後ろ向きに設置する必要もあり、回転式なら自由に向きを調節できます。

ただし、回転する機構を搭載している分重たいのが難点。常時シートにセットしておくなら問題ないものの、ほかの車と共用したい場合にはあまり適していません。また、軽自動車など後部座席の狭い車種の場合は、なるべくコンパクトなモデルを選択するのがおすすめです。

安全基準「Eマーク」付きのモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

チャイルドシートの安全基準に適合しているモデルには「Eマーク」が添付されています。子供の安全をしっかりと確保するためには、しっかりチェックしておきましょう。国土交通省が未認証モデルを検証したところ、国の安全基準を満たしていなかった結果が出ているので注意が必要です。

なかには、ISOFIX取り付けに対応した、もっとも新しい安全基準「R129」に適合したモデルも販売されています。

チャイルドシートのおすすめメーカー

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

東京都台東区に本社を置く、1957年に誕生したベビー用品メーカーです。「赤ちゃんを育てることが、楽しく幸せだと思える社会」をコンセプトに製品を開発しており、数多くのベビー用品を手がけています。

チャイルドシートにおいては、赤ちゃん用のベビーシートから成長した子供用のジュニアシートまで幅広くラインナップ。なかでも、超衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載した、赤ちゃんの頭をしっかり守れるモデルに注目です。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社を置く、1947年創業の育児・ベビー用品メーカーです。チャイルドシートにおいては、2016年に新しい安全基準に適合した回転式チャイルドシートの販売を開始しています。

ベビーシートからジュニアシートまで幅広く製品を展開。衝撃吸収素材「マシュマロGキャッチ」や、厚みのある「肉厚まも~るクッション」採用のモデルは、子供の体を包み込むように守ります。

ジョイー(joie)

By: amazon.co.jp

イギリスのベビー用品ブランドです。愛知県に本社を置き、ベビー用品の製造企画・小売・卸売を手がける「カトージ」が取り扱っています。チャイルドシートでは赤ちゃん用のベビーシートからジュニアシートまでさまざまモデルをラインナップ。かわいらしいデザインが多いのも魅力です。

なかでも、片手で楽々360°回転するモデルが魅力。子供の成長に合わせて前向きや後ろ向きなど、自由に切り替え可能です。

チャイルドシートのおすすめモデル

コンビ(Combi) チャイルドシート ホワイトレーベル THE S エッグショック ZB-690

ベースとシートが2つに分かれているセパレート構造を採用したチャイルドシートです。簡単に取り付けできるのがポイント。360°回転タイプで乗せ降ろしもしやすく、扱いやすいモデルを求めている方におすすめです。

リクライニング機構によって、寝かせた状態で使用できるのも特徴のひとつ。赤ちゃんを退院させるときに役立ちます。超衝撃吸収素材「エッグショック」搭載で赤ちゃんの頭をしっかりと保護。また、吸水速乾性素材「COOL MAX」採用のインナークションで、ムレを防いで快適な状態を保ちます。

メッシュ窓付きで風通しのよい大型スリープシェルにも注目。UVカット生地を採用しており、紫外線や日差しの強い日のドライブでも安心です。

コンビ(Combi) チャイルドシート クルムーヴスマート ISOFIX エッグショック JN-570

同社史上最小クラスのコンパクトさが特徴のチャイルドシートです。軽自動車など後部座席が狭めの車種に取り付けたい場合におすすめ。常時設置しておいても、車内をゆったり広々使えるのが魅力です。

指1本で簡単に360°回転する「ぽちっとターン」を搭載。赤ちゃんを抱っこしながら乗せ降ろしする際に重宝します。3段階リクライニングによって、前後の向きにかかわらず快適な姿勢に調節可能です。衝撃吸収素材エッグショックで、頭部・背面・座面をしっかりとサポートします。

子供の頭の位置や身長に合わせて、ヘッドレストを8段階で調節できる「イージームーブレスト」にも注目。子供の成長に応じて快適かつ安心して乗せられるポジションに調節できます。3Dメッシュシートと通気孔のエアゲート構造により、優れた通気性を実現しているのも魅力です。

コンビ(Combi) チャイルドシート プロガード ISOFIX エッグショック RK

新安全基準R129に適合しているチャイルドシートです。側面衝突時の横からの衝撃に強い3層構造のサイドプロテクションを採用。超衝撃吸収素材エッグショック搭載と相まって、生まれたばかりの赤ちゃんの頭部をしっかりと守れるおすすめのモデルです。

空気を含む独自パッドを使用した「エアプロテクター」にも注目。万が一の衝突時に、パッド内部の空気を逃がしながら衝撃を吸収します。セパレート構造のベースとシートを採用しているほか、ISOFIX固定式で取り付けも簡単。慣れていない方でも確実に装着できます。

マグネット付き差し込みタング採用の「ラクピタベルト」も便利。差し込みタングを近づけるだけでくっつくため、赤ちゃんの乗せ降ろしの際に役立ちます。

コンビ(Combi) チャイルドシート クルムーヴ スマート ISOFIX EG JL-590

従来モデル比25%の厚みがあるクッション採用のチャイルドシートです。両サイドの厚みを大幅に増やしたヘッドクッションと座面クッションにより、赤ちゃんの体を包み込むように快適な状態を保ちます。

ヘッドガード部も大幅にボリュームアップしており、赤ちゃんの頭部をしっかりと保護。超衝撃吸収素材エッグショックを搭載し、柔らかい赤ちゃんの頭を守れます。瞬時に汗を吸収する「1枚タオル」と吸水速乾素材「COOL MAX」で、ムレを防いで快適性を確保。立体メッシュシート採用のエアスルーシステムによる、優れた通気性も魅力です。

シートはすべて取り外して洗濯機で丸洗いできるので便利。飲み物や食べこぼしで汚れがちなシートを常に清潔な状態に保ちます。

コンビ(Combi) チャイルドシート ウィゴー エッグショック LH

超衝撃吸収素材エッグショック採用のチャイルドシートです。側面衝突による横からの衝撃を吸収する「サイドプロテクションα」とのダブルプロテクトにより、赤ちゃんをしっかりと守れるおすすめモデルです。インナークッションに内蔵したエッグショックは、シート頭部へ付け替えられます。

3Dメッシュ素材の「エアスルーシート」を頭部・背面・座面に採用。優れた通気性を実現しており、長時間ドライブで汗をかいても安心です。洗濯できるウォッシャブルシートを採用し、常に清潔な状態を保てます。

低重心低座面設計で乗せ降ろしも楽々。前向きの状態でリクライニングを3段階で調節できるほか、広々したワイドシートでゆったりと座れます。信頼性が高く安心して使用できる日本製モデルです。

アップリカ(Aprica) 回転式チャイルドシート クルリラ AD

新生児から体重18kgまでの子供が目安のチャイルドシートです。衝撃吸収素材「マシュマロGキャッチ」で赤ちゃんの頭をしっかり保護。厚みのある「肉厚まも~るクッション」の採用と相まって、子供を包み込むように守れるおすすめのモデルです。安全基準「Eマーク」付きで安心して使えます。

背中と座面部分に通気性とクッション性に優れた「シルキーエアー」を採用。体圧分散性もあり、長時間座りっぱなしのドライブでも快適です。ワイド幅のシートで体が大きくなってもゆったり座れます。

ISOFIX固定とシートベルト固定の両方に対応しているのもポイント。幅広い車種に取り付け可能です。フットステップを備えており、子供が大きくなっても足を乗せられるため、安定した姿勢を保てます。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート クルリラ ライト

ドア側の衝撃を軽減する「サイドシールド」搭載のチャイルドシートです。本体両サイドに頑丈なプロテクターを内蔵し、横からの強い衝撃に対応。頭部から足先まで守る「全身マモールクッション」を採用し、赤ちゃんを包み込むように保護できます。

マグネット搭載の「スムーズベルトホルダー」によってベルトを開いた状態にキープでき、赤ちゃんの乗せ降ろしも楽にできます。ISOFIX固定式により、慣れていない方でも取り付けが簡単。また、コンパクトなデザインを採用しており、車内が狭めの車でも子供を世話するスペースを確保しやすいモデルです。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート クルリラ プラス 360°セーフティー AB

新安全基準「R129」に適合しているチャイルドシートです。頑丈なプロテクターを内蔵した「サイドシールド」や、全身を包み込むように守る「全身マモールクッション」を搭載。万が一衝撃を受けた際の安全性を重視したい方におすすめのモデルです。

優れた衝撃吸収性を誇る「マシュマロGキャッチ」を採用し、柔らかい赤ちゃんの頭をしっかりと保護。内角130°にリクライニングを調節でき、首やおなかへの負担を和らげながら座れます。

紫外線カット率99%以上と謳う「すっぽりまも~るシェード」にも注目。強い紫外線や日差しから、皮膚が薄く弱い赤ちゃんの顔や体をカバーします。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート フラディア グロウ ISOFIX 360°セーフティー プレミアム AB 

子供の成長に合わせて快適な姿勢に調節できるチャイルドシートです。フラットな状態にもセットでき、赤ちゃんの退院時にも活躍。後ろ向きにセットする際、座面のデプスアジャスターで快適な姿勢を保ちやすい仕様です。

360°回転する機構により、車内で赤ちゃんの世話をしたいときに便利。ISOFIX固定で慣れていない方でも確実に設置できるなど、はじめて購入する1台としておすすめのモデルです。ベンチレーションを設けているほか、シェードにメッシュ窓を2カ所備えて通気性を確保しています。

アップリカ(Aprica) チャイルドシート ディアターン プラス ISOFIX AB

シートの角度を平らにできるチャイルドシートです。新生児を安全に乗せたい場合におすすめ。360°回転する機構により、子供の成長に合わせて自在に調節できます。

ISOFIX固定で取り付けに慣れていない方でも確実な設置が可能。差し込むだけで取り付けでき、誤って外れてしまう心配もありません。腰とお尻部には速乾性に優れたメッシュ生地を採用して優れた通気性を実現。足の動きを妨げずにゆったりとしたスペースを確保する「レッグルーム」を備えています。

ジョイー(joie) チャイルドシート チルト

新生児から4歳ごろまでが目安のチャイルドシートです。4段階のリクライニング機構により、子供の成長に合わせて座り心地を調節可能。コンパクトなサイズで軽自動車に設置した場合におすすめのモデルです。

ポップなデザインと高品質なファブリックの組み合わせも魅力。また、肌触りのよいシートで快適に座れるほか、肉厚なソフトパッド採用で衝撃から赤ちゃんを保護します。ヨーロッパの安全基準ECE R44/04に適合しており、安心して使える1台です。

ジョイー(joie) 回転式チャイルドシート Arc360° GT

360°回転するチャイルドシートです。子供の成長に合わせて前後の向きを切り替え可能。横向きにもできるため、車内で子供の世話をしたいときに便利なおすすめモデルです。後ろ向きにセットした場合は新生児から使用でき、前向きでは4歳ごろまでを目安に使えます。

ドア側の衝撃を吸収する「ガードサラウンドセーフティパネル」と、サイドプロテクト付きで頭や体をしっかりと保護。また、片手でヘッドレストを6段階で調節できる、使い勝手のよさも魅力です。

ジョイー(joie) チャイルドシート Arc360°

新生児から4歳ごろ、体重18kgまでが目安のチャイルドシートです。ヘッドレストを調節すると、連動して肩ベルトの長さが調節される点に注目。3分割できるインナークッションで子供の成長に合わせてカスタマイズできるなど、優れた機能性が魅力のおすすめモデルです。

扱いやすいコンパクトサイズで、後部座席が狭い車内にも設置可能。片手で360°回転でき、チャイルドシートのとなりで赤ちゃんの世話をする際に重宝します。

ジョイー(joie) チャイルドシートARC360° Signature

豪華さとクッション性を兼ね備えた、キルティング生地採用のチャイルドシートです。通気性に優れたメッシュサマーシートも付属しており、季節に合わせて切り替えできるのが特徴。ヘッドレストとベルトに触り心地のよい生地を採用しているなど、快適さを追求しているおすすめモデルです。

片手でスムーズに360°回転し、子供の成長に合わせて前後のどちら向きにも設置可能。5段階でリクライニングして姿勢を調節できるほか、ヘッドレストと肩ベルトが連動する「Grow Togetherシステム」を採用しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) チャイルドシート 4571303934065

ISOFIX固定に対応したチャイルドシートです。車側の固定金具と連結させるだけと、慣れていない方でも取り付けが簡単。カチッと音がするまでしっかり差し込めば、誤って外れる心配がありません。はじめてでも手軽に扱えるモデルを探している方におすすめです。

3点式シートベルトの取り付けにも対応しており、古い車種に取り付けたい場合に便利。買い求めやすい価格ながら、EU安全基準ECE-R44をクリアしている安全性の高さも魅力です。ジュニアモードに切り替えれば、10歳ごろまでを目安に使えるのもポイント。買い替えせずに長期間愛用できます。

チャイルドガード(Child Guard) チャイルドガード s120

新生児から4歳ごろまでを目安に使えるチャイルドシートです。クッション性と通気性を両立させた「ファイバーモールドクッション」を搭載。ベビー用敷き布団に使用されている通気性に優れた固綿素材を採用し、ムレやすい時期でも快適に座れるおすすめのモデルです。

シートベルト固定式で、緩みにくい独自のロックオフ機能によって取り付けをサポート。常時シートに取り付けたまま使用したい方に適しています。また、リーズナブルな価格も魅力です。