子供を車に乗せる際に安全を確保する「チャイルドシート」。年齢によって道路交通法で着用が義務づけられており、赤ちゃんや小さい子供を乗せる際に必要不可欠なベビー用品です。

しかし、年齢や体格に適応したモデルを選ぶ必要があり、どれを選んだらよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、チャイルドシートのおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

チャイルドシート着用義務は何歳まで?

By: amazon.co.jp

道路交通法では、6歳未満の幼児を車に乗せる際はチャイルドシートの着用を義務づけています。生まれたばかりの新生児が退院する際にもチャイルドシートが必要です。

チャイルドシートを着用せずに子供を乗せて運転すると「幼児用補助装置使用義務違反」となり、違反点数1点の罰則が科せられます。また、身長140cm以下ではシートベルトを安全に装着できないため、身長に対応したジュニアシートの装着が推奨されています。

チャイルドシートは対象年齢ごとに3種類ある

ベビーシート(0〜1歳の新生児・乳児)

By: amazon.co.jp

チャイルドシートには子供の年齢や身長、体重を目安に大きく分けて3種類のタイプがあります。0~1歳の新生児や乳児に対応しているのがベビーシートです。およそ生まれてから12ヶ月ほどまで使えます。

ベビーシートは赤ちゃんを寝かせるように設計されているのが特徴。赤ちゃんを乗せるベッドタイプと座席のようなシートタイプがあり、首がすわりきっていない赤ちゃんにはベッドタイプがおすすめです。

モデルによってはシート部を取り外してキャリーとして持ち運びできたり、ベビーカーとドッキングしたりできるモデルもあるのでチェックしてみてください。

ベビーシートについて詳しく知りたい方はこちら

チャイルドシート(1~4歳の幼児)

By: amazon.co.jp

1~4歳の幼児に適応しているのがチャイルドシートです。身長65~100cm、体重9~18kgくらいの子供を目安に設計されているのが特徴。授乳期を過ぎた1歳から4歳児に対応しています。

1歳を過ぎると子供はチャイルドシートをいやがる場合があるものの、体をしっかりと固定しないと危険です。子供の腰の高さに合わせて調節し、付属のベルトでしっかりと固定するようにしましょう。

ジュニアシート(4歳以上の学童)

By: amazon.co.jp

4歳の幼児から11歳ごろの小学生までを対象にしているのがジュニアシートです。車のシートベルトの位置に合わせて子供が座れるように設計されています。身長145cm以下、体重15~36kgが適応する目安です。背もたれのあるタイプと座面のみのブースタータイプが販売されています。

車にセットしたまま使用するなら、背もたれのあるモデルがおすすめです。ジュニアシートはサイズが大きいため、ほかの車と共用する場合は移動が大変。ブースターシートなら着脱が簡単で持ち運びしやすく、使用頻度が低い場合やほかの車と共用したい場合に便利です。

子供の成長に合わせて、背面タイプとブースターシートを切り替えできるモデルも販売されています。

ジュニアシートについて詳しく知りたい方はこちら

チャイルドシートの選び方

対象年齢・適応体重に合ったモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

チャイルドシートには対応可能な年齢にくわえて、目安の身長や体重が明記されています。選ぶ際は、乗せる子供に適応しているのかをしっかりとチェックしておくのが重要です。0~1歳の新生児ならベビーシート、1~4歳の幼児ならチャイルドシート、4~11歳ごろまではジュニアシートをチェックしてみてください。

年齢はあくまで目安であり、適応体重も要チェックです。ベビーシートは13kg以下、チャイルドシートは9~18kg、ジュニアシートは15~36kgが適応する目安。あわせて、目安になる身長も確認しておきましょう。

取り付け方法をチェック

シートベルト固定

By: amazon.co.jp

車に備えている3点式シートベルトで固定するチャイルドシートです。とくに車種を限定せず、ほとんどの車に取り付け可能。比較的、買い求めやすい安価なモデルが多いのも魅力です。

ただし、座席にしっかりと密着させて固定するのには少々コツが必要。また、シートベルトの解除ボタンを誤って押してしまうと、外れる点にも留意しておきましょう。

ISOFIX固定

By: amazon.co.jp

シートベルトを使用せずに設置できるのがISOFIX固定のチャイルドシートです。車に標準装備されているISOFIX取り付け金具を利用するのが特徴。チャイルドシート側の金具をカチッとはめ込むだけと、簡単に設置できます。

シートベルト固定式のように緩んでしまう心配や誤って外れてしまうトラブルもなく、より安全に子供を乗せられるのも魅力。なお、現在販売されている車にはISOFIX取り付け金具の装備が義務づけられており、2012年7月以降に販売を開始した車種なら備えているのでチェックしてみてください。

クッション性や通気性をチェック

By: amazon.co.jp

子供をより安全かつ快適に乗せるには、シートのクッション性を確認しておきましょう。各メーカーでは衝撃吸収性に優れたシートを採用しているので、とくに子供の頭部をしっかりと守れるかに注目。側面からの衝撃を緩和する、サイドクッションを備えたモデルも販売されています。

小さい子供は体温調節がうまくできないため、通気性のよさも要チェックです。長時間座り続けてもムレにくいメッシュや吸水速乾性に優れた素材を採用したモデルなら、汗をかきやすい時期のドライブでも快適に過ごせます。

回転式なら乗せ降ろしが簡単に

By: amazon.co.jp

シート部が360°回転し、子供の乗せ降ろしが簡単なチャイルドシートも販売されています。シートを回転させてドア側に向けられるため、抱っこしたまま乗せ降ろしする際に便利なポイント。チャイルドシートは1歳ごろまで後ろ向きに設置する必要もあり、回転式なら自由に向きを調節できます。

ただし、回転する機構を搭載している分重いのが難点。常時シートにセットしておくなら問題ないものの、ほかの車と共用したい場合にはあまり適していません。また、軽自動車など後部座席の狭い車種の場合は、なるべくコンパクトなモデルを選択するのがおすすめです。

安全基準「Eマーク」付きのモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

国土交通省の安全基準に適合しているチャイルドシートには「Eマーク」が添付されています。子供の安全をしっかりと確保するためにも、しっかりチェックしておきましょう。また、海外のモデルの場合は、欧州の場合は「ECE R44/03」、アメリカの場合は「FMVSS No.213」等の基準マークが設けられているため、併せて確認してみてください。

なかには、ISOFIX取り付けに対応した、もっとも新しい安全基準R129に適合したモデルも販売されています。

チャイルドシートのおすすめメーカー

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

東京都台東区に本社を置く、1957年に誕生したベビー用品メーカーです。「赤ちゃんを育てることが、楽しく幸せだと思える社会」をコンセプトに製品を開発しており、数多くのベビー用品を手がけています。

チャイルドシートにおいては、赤ちゃん用のベビーシートから成長した子供用のジュニアシートまで幅広くラインナップ。なかでも、超衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載した、赤ちゃんの頭をしっかり守れるモデルに注目です。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社を置く、1947年創業の育児・ベビー用品メーカーです。チャイルドシートにおいては、2016年に新しい安全基準に適合した回転式チャイルドシートの販売を開始しています。

ベビーシートからジュニアシートまで幅広く製品を展開。衝撃吸収素材「マシュマロGキャッチ」や、厚みのある「肉厚まも~るクッション」採用のモデルは、子供の体を包み込むように守ります。

ジョイー(joie)

By: amazon.co.jp

イギリスのベビー用品ブランドです。愛知県に本社を置き、ベビー用品の製造企画・小売・卸売を手がける「カトージ」が取り扱っています。チャイルドシートでは赤ちゃん用のベビーシートからジュニアシートまでさまざまモデルをラインナップ。かわいらしいデザインが多いのも魅力です。

なかでも、片手で楽々360°回転するモデルが魅力。子供の成長に合わせて前向きや後ろ向きなど、自由に切り替え可能です。

エールベベ(AILEBEBE)

1966年に創立された老舗チャイルドシートブランドです。カー用品メーカー「カーメイト」が展開しているブランドであり、日本の自社工場で生産される製品は高い信頼性を得ています。

チャイルドシートにおいては、新生児から使えるモデルから11歳頃まで対応可能なモデルまで豊富にラインナップ。なかでも、3段階でリクライニングできるチャイルドシートは子供が寝やすい体勢を取りやすく、快適な座り心地を実現します。

レカロ(RECARO)

By: recaro-kids.jp

ドイツの自動車・鉄道・航空機関連製品の製造企業です。チャイルドシートも手がけており、新生児から使用できるモデルから12歳頃までが目安のジュニアシートまで展開しています。

理想的な着座姿勢にこだわって開発しているのがポイント。ヘッドサポートと肩ベルトが一緒に上下する独自の「HEROハーネスシステム」を搭載したモデルは、子供の体格に合わせて頭や肩ベルトの位置をワンタッチで調節可能です。

チャイルドシートのおすすめモデル|ベビーシート

アップリカ(Aprica) スムーヴ TS インファント カーシート


軽量のチャイルドシートを探している方に

新生児から12ヶ月までが目安のベビーシートです。重さわずか2.6kgと軽量なのが魅力。赤ちゃんを乗せたまま持ち運びたい際にもおすすめです。自然な姿勢をとりやすく設計しているのもポイント。内角130°のゆったりした角度で赤ちゃんを寝かせられます。

シートベルト取り付けタイプながら、別売りのカーシートベースを用意すればISOFIX取り付けにも対応可能。また、別売りの対応3輪ベビーカーを使用することで、5通りの使い方ができます。チャイルドシート・ベビーカー・チェア・ロッキングチェア・キャリーとして使用可能。

車から降ろしてそのまま持ち運んだり、ベビーカーに乗せ替えたりしたいシーンにおすすめのモデルです。シートは取り外して洗えるため、清潔な状態を保てます。

アップリカ(Aprica) エアキャリー 2160904


安全性の高いおすすめのモデル

マルチに使えるおすすめのベビーシート。重さ2.8kgの軽量モデルで持ち運びも楽々です。別売りの回転式ベースを用意すれば、さらに取り付けや乗せ降ろしがスムーズになります。

側面衝突試験などにより、さまざまな視点から安全性を検証しているのもポイント。安全規則R129に適合しており、安心して赤ちゃんを乗せられます。3層の衝撃吸収材を使用した「マシュマロGキャッチ」の採用で、赤ちゃんの頭をしっかり保護。インナーシートにオーガニックコットン、肩ベルトカバーにメリノウール混紡生地など、赤ちゃんに配慮した素材を使用しています。

ジョイー(joie) ベビーシート アイ・スナグ 38006


紫外線を防ぐおすすめのモデル

3層レイヤー構造「トリプロテクトヘッドレスト」を採用している、おすすめのベビーシートです。赤ちゃんの体をしっかり支える「インテリフィットフォーム」とあいまって、高い保護性能を発揮。安心して赤ちゃんを乗せられるモデルを探している方におすすめです。また、ボディサポートの高さを調節できるクッションが付属しています。

対応のベビーカーと組み合わせれば、車から直接自宅に運んだり、ベビーカーに乗せたりできるトラベルシステムに対応。赤ちゃんを連れて車で移動する際に重宝します。人間工学に基づいて設計されたハンドルは3段階で調節可能。UPF50+の生地を使った開閉式幌を備えており、紫外線を防ぐ効果が期待できます。

ジョイー(joie) ベビーシート ジェム 38835

赤ちゃんを連れて移動しやすいおすすめのベビーシートです。対応の別売りベビーカーの乗せられるトラベルシステムにより、赤ちゃんをシートから降ろさず持ち運び可能。自宅ではゆらゆらと揺らすバウンサーとしても活躍し、赤ちゃんをあやしたいときにも便利なおすすめモデルです。

撥水加工とUPF50+の幌を備えており、日差しの強い日や雨の日でも使いやすいのが特徴。インナークッションは丸洗いでき、清潔な状態をキープできます。車のシートベルトで簡単に取り付けできるほか、別売りのベースを使えばワンタッチで簡単に装着が可能。安全基準ECE R44/04に適合しています。

マキシコシ(MAXI-COSI) ベビーシート ぺブルプロアイサイズ

新しいヨーロッパの安全基準R129に適合しているベビーシートです。高い安全性で安心して赤ちゃんを乗せられるモデルを求めている方におすすめ。シートベルト固定とISOFIX固定の両方に対応しています。

対象年齢の目安は、0ヶ月から15ヶ月までなのが魅力。チャイルドシートとして使用するのはもちろん、ベビーチェアやバウンサー、ベビーキャリーとしてマルチに活躍するのも魅力です。

チャイルドシートのおすすめモデル|チャイルドシート

コンビ(Combi) チャイルドシート THE S ISOFIX エッグショック ZC-690

4歳頃までが目安のチャイルドシートです。セパレート構造を採用し、安全性と使いやすさにこだわって開発されているのがポイント。ベース部を取り付けてからシートを置いて回すだけで設置できる、慣れていない方でも安全かつ簡単に取り付けしやすいおすすめモデルです。

掃除したいときにシートを取り外せば、広い場所でお手入れできて便利。夏場で車内の温度が気になる場合には、あらかじめ涼しい場所で保管しておく使い方も可能です。後ろ向きで赤ちゃんを乗せられる仕様で、0ヶ月の生まれたばかりの赤ちゃんにも対応。衝撃吸収材「エッグショック」搭載の3層サイドプロテクション構造によって、包み込むようにしっかり守ります。

コンビ(Combi) ウィゴー ロング HI

新生児〜7歳頃までが目安のチャイルドシートです。装着義務のある6歳未満まで長く使いたい方におすすめ。3ステップモードチェンジにより、ベビーモード・チャイルドモード・ジュニアモードと、子供の成長に合わせて調節できます。低座面設計により、子供の乗せ降ろしもスムーズです。

通気性に優れた3Dメッシュシートを採用しているのもポイント。汗っかきの赤ちゃんが快適に過ごすのをサポートします。シートを洗濯機で丸洗い可能で、清潔な状態をキープしやすいのも魅力です。

アップリカ(Aprica) フォームフィット ISOFIX セーフティープラス 213964

子供の成長に合わせて縦と横部がのびるチャイルドシートです。「ぐんぐん成長レバー」搭載で体格に応じてフィットしやすく、月齢15ヶ月頃~10歳頃までを目安として使用可能。ジュニアシートとしても使えるモデルで、長く愛用したい方におすすめです。

ヘッドレストの左右には、赤ちゃんのやわらかい頭を守るのに活躍する衝撃吸収材「マシュマロGキャッチ」を搭載。ドア側からの衝撃に耐えるべく両サイドに備えたプロテクター「サイドシール」とあいまって、しっかりと赤ちゃんを守ります。

シートには、速乾性に優れたメッシュを採用して通気性を確保。シートをリクライニングさせると座席が前に動く「ムービングシート」により、快適性を高めているのも魅力です。

アップリカ(Aprica) クルリラ プラス

シートが回転するチャイルドシートです。新生児から18ヶ月頃までを目安に後ろ向きに乗せられるタイプ。安全基準R129に適合しており、前後にくわえてドア側からの衝撃にも対応しています。

「肉厚まも~るクッション」により、自然で安定した姿勢を保ちやすいのもポイント。優れた通気性を備えた「三次元スプリング構造体ブレスエアー」との組み合わせで、長時間のドライブでも快適な乗り心地を実現します。

ジョイー(joie) ボールド 38009

1歳頃〜12歳頃までを目安に使える、おすすめのチャイルドシートです。子供の成長に合わせて、インナークッション付きチャイルドモードとチャイルドモード、ジュニアモードの3つの固定方法で取り付け可能。1台で長く愛用できるモデルを探している方におすすめです。

シートベルトとトップテザーベルトにくわえて、ISOFIX取り付けでしっかりと固定できるのもポイント。大きなサイドインパクトプロテクションとサラウンドセーフティシールドの組み合わせにより、頭部からお尻まで保護します。3段階のリクライニング機能と11段階の高さ調節機能を搭載し、快適なフィット感に調節できるのも便利です。

エールベベ(AILEBEBE) スイングムーン プレミアム S

3段階でリクライニングできるチャイルドシートです。レバーを引くだけの簡単操作でリクライニングを調節可能。120°までリクライニングでき、子供が快適に寝やすいモデルを求めている方におすすめです。シート幅380mmで1~7歳頃を目安にゆったりと座れます。

「Wサポートクッション」によって子供の頭と体をやさしくガード。最大50mmの2層ウレタンクッション「フルコンフォートクッション」を搭載し、長時間のドライブでも快適な座り心地を実現します。蒸れにくいメッシュ生地を採用した「さらっとエアカバー」による、優れた通気性もポイントです。

レカロ(RECARO) ジェイワン ネオ

1歳から12歳頃までを目安に使えるチャイルドシート。子供の成長に合わせて、快適な座り心地が期待できるおすすめモデルです。

ヘッドサポートと肩ベルトが一緒に上下する独自の「HEROハーネスシステム」を搭載しているのが特徴。子供の体格に合わせて、頭や肩ベルトの位置をワンタッチで調節できます。座面部に「高密度ウレタンパッド」を採用し、長時間のドライブでも快適な座り心地をサポート。メッシュ素材の採用や通気孔の装備など、通気性も追求しています。

チャイルドシートのおすすめモデル|ジュニアシート

コンビ(Combi) ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH

3歳頃〜11歳頃まで使える、おすすめのチャイルドシートです。背もたれを備えているほか、頭部の高さを調節できる「ぱぱぴたヘッドレスト」を搭載。子供の成長に合わせて、高さを適切な位置に調節しやすいおすすめモデルです。肩幅の位置に合わせて調節できるベルトアジャスターも搭載しています。

座面のみのブースターシートとして使えるのもポイント。ブースター使用時でも肩ベルトを調節できる、ベルトポジショナー機能も便利です。シートを洗濯機で丸洗いできるため、手洗いよりも手間を減らしながら清潔な状態を保てます。

アップリカ(Aprica) エア ライド AC 210794

深いヘッドとボディサポートを備えたチャイルドシートです。体全体を包み込んでサポートしやすいのがポイント。ヘッドサポートの高さを5段階で簡単に調節できるなど、子供の成長に合わせて適切なポジションを取りやすいおすすめモデルです。

背もたれの角度を2段階で調節できる点にも注目。車のシートに合わせやすく、しっかりと固定できます。厚みのあるクッションとサラサラなメッシュを採用した「ふかふか座面クッション」により、長時間のドライブも快適です。

ジョイー(joie) ジュニアシート トレバー コール 38906

ISOFIXで簡単に取り付けできるジュニアシートです。安全かつ簡単に装着できるモデルを求めている方におすすめ。車のISOFIXコネクターに固定バーを差し込むだけと、セッティングが簡単です。子供の成長に合わせて、3歳〜12歳頃までを目安に長く使えます。

多くの国で採用されている、安全基準ECE R44/04に適合しているのも魅力。厚みのあるヘッドレストや「ガードサラウンドセーフティパネル」によって、ドア側からの衝撃にも強く子供の頭をしっかりとガードします。リクライニングを2段階で調節可能。くわえて、ヘッドレストの高さを7段階で調節できます。

エールベベ(AILEBEBE) サラット ハイバック ジュニア クアトロ ALJ20

安全性と快適性を両立しているジュニアシートです。ヘッドプロテクションによって子供の頭をやさしくガード。成長に合わせてフィットしやすい「ラウンドハイバック」や、座りズレを軽減する「グリップシート」搭載など、快適で安全な座り心地が期待できるおすすめモデルです。

背もたれ部を取り外せば、ブースターシートとしても使用可能。シート全体に設けた22個の「サラットホール」やメッシュ生地の採用により、通気性に優れた快適な乗り心地を実現します。汗をかきやすい頭部の対策として、ヘッドレストに大きな開口を設けているのもポイントです。

レカロ(RECARO) ジェイスリー ネオ

体圧を効果的に分散させる「体圧分散クッション」採用のジュニアシートです。適度な硬さで座りやすいのがポイント。長時間のドライブでも、快適な座り心地を期待できるおすすめモデルです。

メッシュ素材を使用しており、通気性も確保。サイドと座面に通気孔を設けているなど、通気性を徹底的に追求した構造が魅力です。カバーは3つに分かれており、着脱しやすくお手入れも簡単。ヘッドサポート位置を5段階で調節でき、身長140cm頃を目安に長く使えます。

チャイルドシートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

チャイルドシートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。