交通事故の時に車内で子供の安全を守ってくれるチャイルドシート。エアバッグは大人を守ってくれますが、身体が未発達の子供はエアバッグが膨らんだ時の衝撃でケガをしてしまうことも。そのため6歳未満の子供はチャイルドシートの使用が義務付けられています。

今回は、選び方がむずかしいチャイルドシートのチェックポイントをわかりやすく説明します。さらに信頼できるメーカーの人気モデルをご紹介。いずれも国土交通省の型式指定を受けた安心できるチャイルドシートです。

チャイルドシートの種類

新生児~乳児までが使用する「ベビーシート」

By: recaro-cs.com

首が座っていない新生児から乳児までを寝かせた状態で使用するのがベビーシート。乳児の場合は前方衝突した時の衝撃を背中で受け止めた方が安全とされるので後ろ向きタイプが主流です。年齢的には新生児~約1歳までが対象。ベビーシートに適合する乳児の体格は体重10kg未満で、身長70cm以下が目安です。

約1~4歳の子が使用する「チャイルドシート」

By: recaro-cs.com

首が座ってきた幼児用のチャイルドシートは、子供を寝かせるのではなく座らせて使用するのが一般的です。チャイルドシートを前向きに取り付けるタイプと前向き後ろ向き兼用タイプがラインナップ。対象年齢は約1~4歳なので、体重9〜18kg前後、身長65~100cmの体格に対応しています。

約4歳以降の子が使用する「ジュニアーシート」

By: recaro-cs.com

4歳から10歳くらいまでの子供が使用するジュニアーシートは学童用シートとも呼ばれます。ジュニアーシートは背もたれがあるタイプとお尻の下に敷くことによって座高をあげるタイプがあるのが特徴です。

小さい頃は専用ハーネスで身体を固定しますが、大きくなるとハーネスを取り外し大人同様に自動車のシートベルトで固定して衝突時の衝撃に備えます。体重は15~36kg、身長は135cm以下が目安です。

6歳以上の児童の場合チャイルドシート使用は義務付けられてはいませんが、身体はまだ成長途中。万が一の時に備えて、チャイルドシートを使うことをおすすめします。

兼用タイプ

By: recaro-cs.com

チャイルドシートには、幅広い年齢の子供に対応できる兼用タイプのチャイルドシートがあります。長い期間使用できるので人気が高く、製品ラインナップも豊富です。

新生児から約4歳児まで使えるのが乳幼児兼用タイプ。首が座った1歳児から10歳前後まで使える幼児学童兼用タイプなどが主流です。しかし、メーカーやモデルによって異なるので、対応年齢や体重そして身長の目安などを参考にして選んでください。

10年など長い期間使えるチャイルドシートはプラスチックやクッションそしてハーネスなど素材の劣化などに注意して使用することがポイントです。

チャイルドシートの選び方のポイント

安全基準をチェック

チャイルドシートは、車内で子供の安全を守る自動車の保安装置です。そのため国土交通省が安全基準を定めています。この安全基準を満たしたチャイルドシートだけが国土交通省の型式認定を受けているので、型式認定マークが付いているモデルを選びましょう。

ここで注意したいのはシートベルト補助装置。シートベルトの位置や高さを調整して子供でも自動車のシートベルトが着用できるようにしたモノです。しかし、チャイルドシートの代わりにはならない点には注意が必要。6歳未満の場合はチャイルドシート使用義務違反になってしまいます。必ず安全基準を満たした正式なチャイルドシートを選んでください。

チャイルドシートアセスメントをチェック

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構はチャイルドシートの安全性についてテストを行い、安全性能の評価を公表しています。これがチャイルドシートアセスメント。テスト内容は前面衝突試験と使用性評価試験です。

前面衝突試験はダミー人形を使って前面衝突時の安全性を実験しています。55km/hで衝突した時のダミー頭部・胸部への影響をチェック。その結果を「優」「良」「普通」「推奨せず」の4段階で評価しています。

使用性評価試験は、主にチャイルドシートの誤った使用を防ぐ配慮がなされているかを確認する試験です。試験項目は「取扱説明書等の記載内容」「本体表示内容」「機構の性能」「座席への取付け」「着座性」。結果は点数で評価しています。

チャイルドシートは子供の安全に関わるアイテム。選ぶ時はチャイルドシートアセスメントを参考にすることをおすすめします。

回転式か固定式かをチェック

By: amazon.co.jp

乳幼児用チャイルドシートにはシートを左右に回転できるタイプがあります。外にドアを開けるヒンジ式ドアの自動車でも子供をシートに乗せやすくて便利です。ただし、構造が複雑になるので、チャイルドシートが重くなりサイズも大きくなります。

後部座席のスペースが狭い軽自動車やコンパクトカーの場合は注意が必要。これに対して固定式は利便性に劣りますが、軽量コンパクトで価格も安いのがメリットです。

自動車との適合性をチェック

自動車によって車内空間の広さやシートサイズはさまざまです。そのため、チャイルドシートはサイズや自動車シートへの取り付け方法の違いによって設置できない場合があります。メーカーホームページでは、製品ごとに取り付け可能な車種を掲載した車種別適合表を公開しているので、必ず事前にチェックしてください。

自動車シートへの取り付け方法をチェック

By: amazon.co.jp

自動車シートに取り付ける方法によってチャイルドシートには2つのタイプがあります。1つは自動車のシートベルトをチャイルドシートの背面などに通して固定するタイプです。この方法は誤って取り付けてしまうことが多く、チャイルドシート本来の性能を発揮できない可能性があります。また取り外しに時間にかかるのがデメリットです。

この欠点を解消したのが、自動車のISOバー(共通取り付け具)に取り付けるタイプのISOFIXチャイルドシート。取り付け方が簡単でチャイルドシートをより確実に固定できるのがメリットです。

2012年7月以降に販売された乗用車にはISOバーが装備されていますが、それ以前の自動車でも対応している車種もあります。ISOFIXチャイルドシートを検討されている方はマイカーにISOバーが装備されているか確認しておきましょう。

チャイルドシートのおすすめメーカー

コンビ

By: amazon.co.jp

コンビは国内ベビー用品業界のリーディングカンパニー。1957年に医療器械および医療補助品の製造会社として設立されました。1961年にはベビー用品業に進出、ベビーラックや哺乳瓶などの製造をしています。

ベビーカーは1977年から、チャイルドシートも1985年から製造販売開始。現在ではベビー用食器やオーラルケア用品そしてトイレトレーニンググッズなど育児用品全般を取り扱っています。

タカタ

By: amazon.co.jp

タカタは1933年創業の自動車安全装置メーカーです。特にシートベルト分野では1960年に2点式シートベルトを日本で初めて製造し、その後F1マシンにも供給するなど高い実績があります。

1977年に日本初となる本格的チャイルドシートをリリース。タカタのチャイルドシートはすべて日本国内の自社工場で生産されて信頼性が高いのがメリットです。

アップリカ

By: amazon.co.jp

アップリカは1947年に設立された育児器具メーカー。1949年にはベビーカーを自社開発しています。現在はベビーカーやチャイルドシートをはじめ、ベビーベッドなどベビー幼児向け製品を数多く開発・販売。2008年からはGRACOブランドでも営業展開しています。

アップリカは研究開発熱心なことで定評が高い企業。自社内にチャイルドシート衝撃試験場を完備し、センサーと関節を備えた2.5kg新生児ダミーを使って赤ちゃんにかかる衝撃や負荷を測定するなどしてチャイルドシートの安全性を向上させています。

チャイルドシート着用義務の年齢は?

6歳未満の子供を自動車に乗車させる場合はチャイルドシートを使用する義務があります。チャイルドシートを使用しないと、法律によってドライバーは罰せられるので注意してください。

もちろん新生児も対象、後部座席でお母さんが抱っこしても子供の安全は守られないのでチャイルドシート使用義務を果たしたことにはなりません。赤ちゃんが生まれて産婦人科医院退院時に自動車で帰宅する場合でも乳児用チャイルドシートが必要になるので、あらかじめ準備しておいてください。

チャイルドシートのおすすめランキング

第1位 コンビ(combi) ジョイトリップ エッグショック S GG

1歳児から約11歳まで約10年間、長く使える人気の高いチャイルドシートです。シートが洗濯機で丸洗い可能で、いつでも清潔な状態が保てます。

ヘッドサポート部には衝撃吸収素材の「エッグショック」を採用。側面部も20mmの厚さのエッグショックで子供の頭部を守ります。快適性の面では、空気が循環する構造の「ココチエアー」を搭載して熱がこもりにくいのがメリットです。

シートは子供の身体を点で支えるクッションなので、座り心地も良好。さらにドリンクホルダーが付いているので、ノドが渇きやすい車内で便利です。

第2位 タカタ(takata) 04ビーンズ チャイルドシート

新生児から4歳児までを対象としたタカタのシンプルなチャイルドシートです。体格の目安は体重18kg、身長100cm以下。本体サイズは幅450×奥行き530×高さ615mmで重量4.3kgと軽量コンパクトです。軽自動車などの狭い車内でも取り付けや取り扱いが簡単で持ち運びも容易です。本体構造がシンプルなのでシートベルトをスムーズに通せて少ない力でしっかり固定できます。

安全性も高く、チャイルドシートアセスメントにおいて乳児モードで最高評価の「優」を獲得。バックルは小型軽量のボタン式で押しやすく、赤ちゃんのお腹を圧迫しにくいのがメリット。メインシートの「ファイバーモールドクッション」はベビー用敷き布団にも用いられる素材で通気性も良好です。

長く使える乳児幼児兼用タイプでも実勢価格1万円前後とリーズナブル。安全性と使い勝手、コスパに優れた人気の高いチャイルドシートです。

第3位 レカロ スタート J3

スポーティかつ安全性が優れた自動車シートで世界的に評価が高いレカロのチャイルドシートです。対象は体重15〜36kgの約3〜12歳児。子供の成長に合わせて背もたれを5段階で調整できます。操作はヘッドサポート部裏のレバーを握るだけと簡単です。

子供の頭部を囲むような大型のサラウンドヘッドサポートクッションを採用。さらに、側面のオーバーハングサイドプロテクションも大型タイプで衝撃や揺れに強いのがメリットです。小物を収納できるコンビニボックスとカップホルダが付いて子供が使いやすいチャイルドシートです。

第4位 コンビ(combi) ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600

クルムーヴはチャイルドシートアセスメントでISOFIXチャイルドシートとして初めて乳児用そして幼児用ともに「優」評価を獲得した安全性の高いチャイルドシートです。体重18kg以下の新生児〜4歳児用スタンダードモデル。後ろ向きと前向き双方で設置できます。赤ちゃんを乗せ降ろししやすい360°回転式。指1本で回転できて抱っこしていてもラクラクです。

サイドプロテクションが高く横の衝撃や揺れに強い構造。さらに背面の衝撃吸収材「エッグション」背面を前モデルより広くし、頭部パッドも厚さ20mmへ増量して安全性が向上しています。

音や光に敏感な幼児のために、足元まで覆えるUVカット率99%の大型サンシェードを搭載。また、頭部クッションには吸水性が高い「1秒タオル」を使用し、汚れたら取り外して洗濯機で丸洗いできます。価格は6万円台とやや高価ですが、子供が快適に眠れるおすすめチャイルドシートです。

第5位 タカタ(takata) 312アイフィックスジュニア

3〜12歳向けの長い期間使用できるチャイルドシートです。体重は15〜36kg、身長100〜150cmが目安。自動車のISOバーに取り付けるISOFIXタイプですが、チャイルドシートのコネクターを収納すればシートベルトにも取り付けられる2way方式です。

サイズ調節する時に便利な機能が「スケールウィンドウ」。身長目安が表示されて、100〜150cmの間で5cm刻み11段階で調節できます。子供の成長に合わせたベストポジションに調整しやすい便利な機能です。また、「フレキシブルサイズ調整機能」を搭載しているので、背もたれの高さや幅そしてショルダーベルトガイドを一度に調節できます。

側面衝突に備えるサイドガード付きなので幅450×奥行き480×高さ690mmとやや大型ですが、背もたれレバーで簡単に折りたためるのがメリットです。使わない時はトランクルームなどに収納しておけます。約10年間使えるモデルでありながら2万円台という価格も魅力のおすすめチャイルドシートです。

第6位 アップリカ フラディア グロウ プレミアム

車内でも自宅と同じように赤ちゃんを快適に寝かせてあげたいという方におすすめのアップリカチャイルドシートです。体重18kg以下の新生児から約4歳の幼児までに対応。1歳くらいまでは後ろ向きで、それ以降は前向きで使用します。

一番の特徴は平らなベッド型である点です。首が坐っていない新生児の頭と首を支えてラクに呼吸ができます。さらに、サンシェードを搭載しているので光や音が入りにくく赤ちゃんの眠りを妨げないのもポイントです。

回転式で赤ちゃんの乗せ降ろしもしやすいチャイルドシート。自動車での外出が多い方、あるいは帰省などで長時間の家族ドライブをする方に最適なチャイルドシートです。