太陽の日差しを遮ることで、車内の温度上昇を抑える「車用サンシェード」。特に、夏の暑い季節には欠かせないアイテムです。しかし、モデルによってタイプや付け方、効果が異なるので、どのモデルを選べばよいか迷ってしまうことも。

そこで今回は、車用サンシェードの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。ぜひ、購入する際の参考にしてみてください。

車用サンシェードの選び方

用途に合ったタイプチェック

長時間の駐車には「外付けタイプ」

By: amazon.co.jp

外付けの車用サンシェードは、フロントガラス全面を覆う形をしているのが特徴です。隙間なく覆えるので、車内の温度を抑える効果が高いとされています。特に、長時間駐車する際におすすめです。

サンシェード自体の汚れを落とす必要があったり、装着に手間がかかったりしますが、落ち葉やホコリ、雪がたまるのを防げるのもメリット。汚れ対策として年間を通して使用できるのも魅力のひとつです。

気軽に使える「中付けタイプ」

By: amazon.co.jp

中付けタイプの車用サンシェードは、車の内側に装着します。サイドや後部ガラスに装着するモデルもあり、チャイルドシート部分に取り付けたい方にもぴったりです。

日差しをカットするのはもちろん、車内が見えないよう、目隠しをしたいときにも便利。取り付けや収納が簡単なのもメリットです。

一方、外付けタイプよりも車内の温度が上がりやすいのがデメリット。短時間の駐車に利用するのがおすすめです。

遮光率90%以上のモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

車用サンシェードは、モデルによって遮光率が異なります。効果的に日差しをカットしたい場合には、遮光率が90%以上のモデルを選ぶのがポイントです。なかには遮光率が99%と非常に高いモノもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

車用サンシェードを購入する場合には、事前にサイズもチェックしておきましょう。サンシェードが小さいと、隙間から日差しが入ってきてしまい、十分な効果を得られない場合があります。

また、外付けタイプの場合、フロントガラスに対してサンシェードが小さすぎると装着できない可能性があるため、注意が必要。できるだけぴったりのモデルを購入したい場合には、車種専用のサンシェードを探してみるのもおすすめです。

固定方法をチェック

吸盤タイプ

By: amazon.co.jp

吸盤で取り付けるタイプの車用サンシェードは、窓ガラスがあれば気軽に取り付けられるのが魅力です。吸盤を窓に貼り付けることで、サンシェードを固定します。初心者でも扱いやすいのがおすすめポイントです。

窓にホコリが付いていると取れやすいため、事前に窓をきれいにしておく必要があります。また、長時間装着すると吸盤の跡が残るので、短時間での利用に向いているタイプです。

ドアに挟むタイプ

By: amazon.co.jp

フロントガラスを覆い、サンシェードの端をドアに挟み込んで取り付けるタイプは、しっかりと固定できるのがメリット。外側に取り付けるサンシェードの盗難が心配な方におすすめです。

取り付ける際はコツが必要ですが、マグネットが内蔵された安定性の高いタイプもあるため、チェックしてみてください。

サンバイザーに挟むタイプ

By: amazon.co.jp

サンバイザーに挟むタイプの車用サンシェードは、フロントガラスに広げて、サンバイザーを下ろすだけで装着ができるのが特徴です。急いでいるときでも、簡単に固定できるモデルを探している方におすすめ。なかには、吸盤とセットのモデルもあり、よりしっかりと固定させたい方にぴったりです。

ただし、サンバイザーの位置や製品のサイズによっては取り付けが難しい場合があるので、事前に確認しておきましょう。

静電気タイプ

By: amazon.co.jp

静電気タイプの車用サンシェードは、静電気を利用して取り付けるのが特徴。しっかりと取り付けられ、吸盤タイプに比べて窓が汚れにくいのが魅力です。

一方、雨の日や湿気が多い日には粘着しにくいのがデメリット。フロントガラス用のモデルが少ないため、サイドや後部座席用のモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

仕様をチェック

タッチアップ式

By: cretom.co.jp

車用サンシェードを選ぶ際は、未使用時の収納のしやすさをチェックしておくのもポイントです。なかでも、タッチアップ式の車用サンシェードは、薄くコンパクトに収納できるのが特徴。少しコツが必要ですが、ワンタッチで収納できます。

ドアポケットをはじめ、狭い場所にも収納しておけるのが魅力。収納時のサイズが記載されているモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

折りたたみ式

By: amazon.co.jp

折りたたみ式の車用サンシェードは簡単にまとめられるため、車用サンシェードを扱い慣れていない方におすすめ。一方で、タッチアップ式に比べると収納時のサイズが大きく、収納スペースが必要なのがデメリットです。収納する場所と折りたたんだときのサイズを事前にチェックしておきましょう。

車用サンシェードのおすすめ

QcoQce サンシェード

表面にアルミ箔を使用した、外付けタイプの車用サンシェード。4層構造で、耐久性・断熱性・防水性に優れているのが魅力です。

フロントガラスを覆い、サンシェードの端をドアに挟み込んで取り付けるタイプなので、しっかり固定できるのもおすすめのポイント。さらに、磁石が3個内蔵されているため、風に吹き飛ばされにくいのもメリットです。付属の防風ロープは盗難防止にも役立ちます。

サイズは183×118cm。折りたたむと35.1×25.2cmとノートパソコンほどのコンパクトサイズに収まります。年間を通して使用できるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

QcoQce 車用サンシェード

扇子の様に折りたためる車用サンシェードです。フロントガラスの端に吸盤を取り付けるだけで固定できます。端に付けたまま使用でき、毎回取り外す作業が必要ないのがポイントです。

また、蜂の巣のようなハニカムデザインを採用しているのもメリット。断熱性や遮光率が高いので、快適に使用できます。さらに、本モデルは使用するガラスのサイズに合わせてカットできるのも魅力。軽自動車やSUVなど、幅広い車種に対応します。サイズは、S・Mの2種類から選択可能です。

メルテック キルトシェード DX PBK

キルト生地を使用している車用のサンシェードです。高級感のあるキルトと、光を跳ね返すシルバーのリバーシブルタイプ。使用用途に応じで使い分けられるのが魅力です。

また、空気層を2層設けており、断熱効果を高めているのもおすすめのポイント。サンバイザーで挟むだけで簡単に取り付けられるため、初心者にも向いています。

さらに、両面に酸化亜鉛・酸化銀を吹き付けており、消臭・抗菌効果が期待できるのもメリット。清潔に使用し続けたい方にもぴったりです。サイズは、S・M・L・LLから選べます。

メルテック ブロックシェード

清潔に使用できる車用サンシェードを探している方におすすめのモデル。消臭・抗菌加工が施されているのがポイントです。

また、2重構造のため、断熱効果が高いのも魅力。サンバイザーで挟んで固定するタイプですが、吸盤も付属しており、好みの方法で固定できます。サイズは、LLサイズで約高さ90×幅160cm。ほかにも、さまざまなサイズがラインナップされています。

クレトム(cretom) 遮光フロントシェード

自動車用品の企画・製造・発売を行う「クレトム」の車用サンシェードです。中付けタイプで、サンバイザーに挟むことで固定可能。ガラスに跡が残らないモデルを探している方にぴったりです。

また、遮光率が99%と高いのも魅力。サイズは、S・M・L・LLの4種類がラインナップされており、使用する車のフロントガラスに合わせて選べます。

さらに、タッチアップ式なので、すぐに小さくたためるのもメリットのひとつ。ドアポケットに入れておけるほどのコンパクトサイズに収まります。付属の収納袋は、ハンドルカバーにも使用可能です。

ナポレックス(NAPOLEX) サンシェードL

ディズニーの人気作品「カーズ」がモチーフになったサンシェード。特に、子供がいる家庭におすすめのアイテムです。

吸盤で取り付けるタイプなので、初心者でも簡単に固定できるのがメリット。アルミコーティングシートによって、車内の温度上昇やダッシュボード・装着品の劣化を抑えます。また、中央部はU字にカットされているため、フロントガラスにミラーが付いていても取り付け可能です。

使用時のサイズは、高さ70×幅130cm。折りたたみが可能で、収納に便利なゴムベルトも付属しています。カラーは、ブラック・ブレー・イエロー・レッド・ブルーの5種類から選択可能です。

スパイス(SPICE) くるりん折りたたみカーサンシェード

幅広いジャンルの雑貨を取り扱う「スパイス」の車用サンシェードです。かわいいデザインが特徴で、見た目にこだわりたい方におすすめのアイテム。デザインは、ジオメトリック・チェックブルー・トロピカルなど数種類がラインナップされています。

素材には、オックスフォード織りのポリエステルを使用。ワイヤー入りなので、ワンタッチで簡単に広げて装着できます。未使用時は丸めてコンパクトに収納でき、持ち運びしやすいモデルを探している方にもぴったり。

大型車用・普通車用と異なるサイズが展開されているため、使用する車に合わせて選べます。

DIZA100 フロントカバー

しっかりと固定できる車用サンシェードを探している方におすすめのモデルです。車のドアに挟むタイプで、サイドミラーを固定用の耳で覆うことでより安定性を高められます。

また、上下合計8ヶ所に磁石が内蔵されており、風で飛ばされにくいのも魅力。磁石は内部に付いているので、車が傷付きにくいのもポイントです。

表面には撥水加工が施されており、冬の寒い時期に凍結しにくいのもメリット。サイズは155×125cmで、軽自動車からSUVまで対応できると謳われています。

SWEKA フロントガラスサンシェイド

高品質な素材を使用した車用サンシェードです。耐久性に優れているので、長い期間使用できます。

さらに、折りたたむと10分の1のサイズに収まり、保管場所を取らないのもおすすめポイント。サンバイザーに挟むタイプで、誰でも簡単に取り付け可能です。BMWなどに対応しています。

メイホウ(MEIHO) サンシェード ムーミン

人気キャラクター「ムーミン」の車用サンシェードです。車の中に付けるタイプなので、短時間の駐車に向いています。付属の吸盤で取り付けられるため、初心者が扱いやすいのもおすすめポイントです。

サイズは高さ70×幅130cm。ゴムが付属しているので、収納時にすっきりまとめられるのも魅力です。かわいいデザインのモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Canplus 車用サンシェード

価格が安いモデルを探している方におすすめの車用サンシェードです。中付けタイプで、サンバイザーに挟むことで固定できます。また、幅広い車種に対応できるよう、吸盤が付属しているのも魅力です。

タッチアップ式で、小さく丸めて収納できるのもおすすめポイント。。耐久性にも優れているので、長い期間使用できます。

LPXUN 車用サンシェード

シルバー反射材料を採用した車用サンシェード。表面と裏面に加工が施されており、効率よく紫外線を軽減可能です。

また、中付けタイプで、サンバイザーに挟むだけで固定できます。初心者が扱いやすいのもおすすめポイントです。付属の吸盤を使用すれば、よりしっかりと固定できます。北欧風のデザインなので、見た目がおしゃれなモデルを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

ニコット ミッフィー パタパタサンシェード

人気キャラクター「ミッフィー」の車用サンシェードです。かわいい見た目のモデルを探している方におすすめ。柄はアニマル・ドットの2種類をラインナップしています。

中付けタイプなので、短時間の駐車にぴったり。また、吸盤で取り付けるタイプのため、初心者でも簡単に取り扱いできます。サイズは約高さ60×幅130cm。折りたたむとコンパクトになるので、未使用時に車内に収納しておくことも可能です。

HOPOPRO 車用日除けシート

断熱性に優れたアルミ遮熱シートを採用している車用サンシェードです。日差しを遮るのはもちろん、車内が見えないよう目隠しとしても使用できます。

サンバイザーに挟むだけで簡単に固定でき、扱いやすいモデルを探している方にもおすすめ。コンパクトにまとめられるので、未使用時に邪魔にならないのもメリットです。

また、使用する車のフロントガラスに合わせてカットできるのも魅力のひとつ。さらに、サンシェードとしてはもちろん、アウトドア用のマットとして使用できるのもポイントです。

エマーソン(Emerson) スジガネ入りサンシェード

フロントガラスに取り付ける車用サンシェード。スジガネ入りで、使用し続けてもよれにくく、長い期間使用できるモデルを探している方にぴったりです。また、サンバイザーで挟むだけで取り付けられるため、初心者でも楽に扱えます。

サイズはM・L・XL・MLから選択可能。使用する車のフロントガラスのサイズに合わせて選べるのが魅力です。

fenglv 車用サンシェード

傘のようなデザインを採用している車用のサンシェードです。簡単に設置ができるため、サンシェードを使い慣れていない方にも向いています。収納時は36×12×12cmとコンパクトで、ドアポケットに入れておくことも可能です。

また、頑丈な10本の傘骨を採用しており、耐久性が高いのもメリット。長く愛用したい方におすすめです。サイズは2種類から選択できるので、車に合わせて選んでみてください。

セイワ(SEIWA) 楽らくマグネットカーテン

カーアイテムを取り扱う「セイワ」の車用サンシェードです。カーテンの上部にマグネットが内蔵されているので、車窓へ簡単に固定できます。吸盤を使わないため、跡が残らないのも魅力のひとつです。

また、紫外線カット率が約99.8%と謳われているのもポイント。隙間なく固定できるため、車内が見えないよう目隠しをするのにも便利です。

未使用時は、コンパクトにしまっておけるのもメリット。Lサイズは高さ52×幅80cmで、ほかにもMサイズが用意されています。

ナポレックス(NAPOLEX) ぱっシェード

ワイヤーが入っており、折りたたみが簡単な車用サンシェードです。車の窓に吸盤で取り付けることが可能。サイズは高さ36.5×幅44.5cmなので、サイドや後部座席用のサンシェードに向いています。

また、ディズニーのキャラクターをモチーフにしているのも魅力。デザインは、ミッキー・ミニー・スティッチ・ツムツムから選べます。かわいい見た目の車用サンシェードを探している方は、要チェックです。

ニューイング(NEWING) ロールフィットスクリーンプラス

ロール式の車用サンシェードのため、車に取り付けたまま、必要なときに使用できるモデルです。収納場所を取らないので、保管場所に困っている方にもぴったり。両面テープで固定するだけのため、誰でも簡単に取り付けることが可能です。

また、フックを窓にかけるだけで窓の開閉にスクリーンが連動するのもおすすめポイント。窓を閉めるとサンシェードが開き、開けるとサンシェードが収納されます。UVカットに優れた素材を使用しているのもメリット。窓の大きさに合わせてカットできるのも魅力です。

Uarter 車用サンシェード

丁寧な裁縫で作られた車用サンシェードです。車内からは外の景色を見られるのが特徴。窓に直接被せるタイプなので、窓を開閉できるのもポイントです。吸盤の跡が気になる方にも適しています。

サイド・後部座席の車用サンシェードを探している方におすすめ。セダンやSUVなど幅広い車種で使用できますが、大きな窓には対応していないため注意しましょう。

Ovege 車用サンシェード

14個の磁石が内蔵されている車用サンシェードです。ドアフレームやウィンドウフレームに取り付けるだけなので、簡単に着脱できます。カーテンのように開け閉めでき、使うたびに取り外しする必要がないのもポイントです。

車内への紫外線を軽減するのはもちろん、目隠しとしても機能するので、車中泊にもぴったり。カラーは、ブラックとブルーの2色がラインナップされています。

TFY 車用サンシェード

サイドウィンドウに取り付けるのに適した車用サンシェードです。吸盤で取り付けるタイプなので、サンシェードを使ったことがない方でも簡単に取り付けできます。また、一点を中心にして回転する2重デザインなのも特徴。日差しの強さによって使い分けが可能です。

さらに、軽量なメッシュ素材を使用しているのため、外の景色を楽しむことも可能。コンパクトサイズなので、保管場所にも困りません。

Fincy Palmoo 車用サンシェード

素材に高密度なメッシュ生地を採用した車用サンシェード。中付けタイプでサイズは高さ31×幅51cmなので、サイドや後部座席に使用するモデルを探している方におすすめです。

また、静電気を利用して取り付けるタイプのため、簡単に取り付けられるのもポイント。さらに、タッチアップ式でコンパクトに折りたためるので、収納場所に困りません。持ち運びに便利な、収納袋も付属しています。

SaiEL サンシェード

車体を傘のように覆える車用サンシェードです。リモコン操作で自動で開くため、操作が簡単。バッテリーは内蔵されており、シガーソケットで充電ができます。

また、鉄ワイヤー入りのベルトが付属しており、盗難を防止できるのもおすすめポイント。ドアの取っ手やミラー部分にフックをかけることで、風で飛ばされにくいのも魅力です。

さらに、車と接する部分はすべてゴムパッドが付いているのもポイント。車の上部を覆えるサンシェードを探している方はチェックしてみてください。

車用サンシェードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

車用サンシェードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。