強い日差しや紫外線を防いで、車内の温度上昇を抑えられる車用の「サンシェード」。着替えや車中泊など外からの視線が気になるシーンでも活躍するアイテムです。しかし、さまざまな製品が販売されており、設置場所や取り付け方法などを考慮しながら選ぶ必要があります。

そこで今回は、タイプ別におすすめのサンシェードをピックアップしてご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

サンシェードの効果

By: amazon.co.jp

サンシェードは、太陽からの強い日差しを防ぐために使用します。フロントガラスやサイドガラスにセットすれば、車内の温度上昇を抑制。とくに、夏場に放置された車内の温度は50°を超える場合がありますが、サンシェードを使用すれば温度の上昇を抑えられます。

ドライブレコーダーやレーダー探知機などの機器類を暑さから守ったり、ハンドルやレザーシートなど内装を保護したりするときにも活躍。ハンドルやシートが触れないほど熱くなり、すぐに発進できない事態も防げます。エアコンで車内を冷やすまでの時間を短縮できるのもポイントです。

外から車内を見えなくできるのも便利。着替え・授乳・車中泊など、周囲の視線が気になる場面で役立ちます。また、防犯対策にも効果的。どんなモノが車内にあるのか確認できなくなり、車上荒らしのターゲットにされにくくなるといわれています。

サンシェードの選び方

タイプで選ぶ

長時間の駐車には「外付けタイプ」

フロントガラスを外側から覆うのが「外付けタイプ」。風で飛ばないように一部をドアに挟み込んでセットします。ガラスに日差しが直接当たるのを防げるため、優れた遮熱効果を発揮。長時間、屋外に駐車する場合に適しています。

太陽光はもちろん、雨・雪・砂ぼこりなどから車を守れるのもメリット。フロントガラスに霜が付いたり、凍結したりするのが気になる方にもおすすめです。

ただし、セットするのに時間を要するほか、汚れやすいのがデメリット。汚れが直接ガラスに付くのを防げるものの、サンシェード自体は汚れてしまうため、こまめなお手入れが必要です。また、中付けタイプと比べて種類が少ない点にも留意しておきましょう。

短時間なら「中付けタイプ」もおすすめ

By: amazon.co.jp

サンシェードで主流なのは「中付けタイプ」です。車の内側からセットするため、必要なときにサッと取り付けられるのが特徴。外付けタイプと違って汚れることがなく、使用後はそのまま車内に置いておけます。

さまざまな製品が販売されており、車種や好みに合ったタイプを選びやすいのも魅力。ただし、ガラスに日差しが直接当たってしまうため、遮熱効果は外付けタイプよりやや劣ります。

取り付ける位置に合ったモノを選ぶ

フロントガラス用

By: amazon.co.jp

フロントガラスに設置するサンシェードは、横幅と高さが大きめ。通常、サイドガラスには取り付けられないので、間違って購入しないよう注意が必要です。セットの仕方は、広げてサンバイザーに挟むように立てかけるだけ。吸盤でがっちりと固定できる製品も販売されています。

真ん中にへこみがある製品なら、バックミラーをフロントガラスに貼り付けた車にもセット可能。折りたためるタイプが主流で、使用しないときはコンパクトに収納できます。

スプリングワイヤーを内蔵し、ケースから取り出すだけでパッと開くモデルも便利。8の字に折りたたんで、ドアポケットやグローブボックスなど狭い場所に収納できます。ただし、折りたたむのにややコツが必要で、慣れるのに時間を要する場合がある点に留意しておきましょう。

サイドガラス用

By: amazon.co.jp

サイドガラスに貼り付けて使用するサンシェードも販売されています。吸盤式が主流で、手軽に取り付けや取り外しができるのが魅力。ただし、設置したままでは窓を開閉しにくくなる点に留意しておきましょう。また、運転席や助手席の窓にセットしたまま走行すると道路交通法違反になるため、注意が必要です。

窓の開閉に合わせて伸縮するスクリーンタイプの製品は、サンシェードを取り付けたまま窓を開閉できて便利。また、すき間なく完全に窓を覆いたいなら、カーテンタイプの製品に注目です。取り付けや取り外しの手間が不要で、休憩時や車中泊など人目が気になるシーンで活躍します。工具を使わず内蔵のマグネットで簡単に取り付けられる製品もあるので、チェックしてみてください。

取り付け方で選ぶ

手軽に着脱できる「吸盤式」

By: amazon.co.jp

ワンタッチで手軽に取り付けられる「吸盤式」は、サイドガラス用によく使われるタイプ。製品によって使用する吸盤の個数が異なります。汚れがついていると粘着力が落ちて外れやすくなるので、こまめにお手入れしましょう。

また、同じ場所に長期間貼り付けたままにしておくと、取り外したときに吸盤の跡が残ることがあります。気になる方は、少しずつ貼り付ける場所をずらすなどの工夫をしてみてください。

しっかり固定できる「ドア挟み式」

By: amazon.co.jp

フロントドアに挟み込んで固定するタイプが「ドア挟み式」のサンシェードです。両端をしっかりと挟んで固定できるため、簡単に外れないのが特徴。磁石を搭載し、ボンネットと合わせて3点で固定できる製品なら、風でめくれ上がるのを防げて便利です。

外付けタイプに採用されており、サイドミラーまで覆えるモノもあります。遮熱効果が高く、ガラスが汚れるのを防ぎやすいものの、設置にやや時間がかかるのが難点。頻繁に取り付けたり外したりする方や、手軽さを求めている方には不向きです。

ガラスに跡を付けたくないなら「静電気式」

By: amazon.co.jp

ガラス窓に発生する静電気を利用するタイプが「静電気式」のサンシェードです。ガラスに跡が付くのが気になる方におすすめ。窓にぴったり密着して安定しやすいほか、吸着させた部分にホコリや汚れがたまりにくいのが特徴です。

大きなサイズのモノを支える力に乏しいため、コンパクトな製品が主流。窓が汚れていたり濡れていたりすると、うまく貼り付かない場合があります。

遮光率をチェック

できるだけ効率的に熱や日差しをカットしたいなら、遮光率を確認しておきましょう。遮光率が優れた製品ほど、車内の温度上昇を抑制する効果が大きくなります。具体的には、遮光率90%以上を目安にしてみてください。

後部座席に座る小さな子供用に設置する場合は、UVカット率も要チェック。日差しや紫外線が多い季節のドライブ時に、日焼け・肌への影響・目へのダメージが気になる方に適しています。

自分の車に合ったサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

サンシェードはさまざまな車に合わせやすい汎用品が主流。購入する前に、車のガラスにフィットするサイズかチェックしてみてください。すき間ができると、遮光効果や遮熱効果を十分に発揮できない恐れがあります。

ぴったりなサイズが見つからない場合は、やや大きめの製品を選択するのがおすすめ。外から見られないようプライバシーを重視するならば、すき間ができないモノを選びましょう。ただし、大きすぎるとうまく設置できない場合があるので注意が必要。なかには、好みの大きさにカットして使える製品も販売されているので、チェックしてみてください。

サンシェードのおすすめ|フロントガラス用

メルテック(meltec) フロント キルトシェードDX PBK

おしゃれで機能的なキルト生地と空気層の2層構造

キルト生地を採用した、高級感あふれるフロントガラス用サンシェードです。キルト生地と空気層の2層構造により、断熱効果と紫外線カット効果を発揮。おしゃれな雰囲気も魅力で、機能性とデザイン性の両方に優れています。

シート両面に強化亜鉛と酸化亜鉛を吹き付けた、消臭抗菌加工を施しているのもポイント。中央部分にへこみを設けており、バックミラーをフロントガラスに貼り付けている車種にも設置できます。

メルテック(meltec) フロントサンシェード PBW

ダブル断熱構造により、強力な遮熱効果を発揮

折りたたみ式のシンプルなフロントガラス用サンシェードです。サイズ約160×90cmのLLサイズで、ミニバンやSUVなど大型車に設置したい方におすすめ。そのほか、S・M・Lサイズもラインナップしています。

ダブル断熱構造により、強力な遮熱効果を発揮。酸化チタンによる光触媒効果で、イヤなニオイ対策にも役立ちます。中央部にU字型のへこみを設けており、バックミラーをフロントガラスに貼り付けてある車種にも設置可能です。

メルテック(meltec) 遮光マジカルシェード PMS

ワンタッチで広がりコンパクトに折りたためる

スプリングワイヤー入りのフロントガラス用サンシェードです。ワンタッチで広がる手軽さだけでなく、8の字にひねってコンパクトに折りたためるのが特徴。ドアポケットやグローブボックスに難なく収められます。

専用の収納袋をハンドルカバーとして使用できるのも便利。真ん中にくぼみを設けており、フロントガラスにバックミラーを貼り付けてある車種や、ドライブレコーダー設置車にもセット可能です。遮光率99%を謳う高性能も魅力。車内温度の上昇を軽減できるほか、ハンドルやシートの日焼けも防げます。

ナポレックス(Napolex) サンシェードL カーズ DC-55

人気キャラクターを絵柄に採用したフロントガラス用サンシェードです。手軽に使えるだけでなく、シンプルに折りたたんで収納したい方におすすめ。サンバイザーで挟んでセットできるほか、付属の吸盤でしっかり貼り付けることも可能です。収納時に便利なゴムベルトが付属しています。

アルミコーティングを施し、日差しをしっかりブロック。長時間駐車している間の車内温度上昇を軽減できるほか、ダッシュボードやハンドルの日焼けも防げます。中央部にU型のへこみを設けており、フロントガラスにバックミラーを貼り付けてある車種でも設置可能です。

クレトム(Cretom) 遮光フロントシェード SA

パッと広げるだけで使えるフロントガラス用サンシェードです。使わないときは、サッと丸めてコンパクトになるのが特徴。専用の収納袋が付属しており、ドアポケットやグローブボックスなど邪魔にならない場所に保管できます。

遮光率99%と謳っており、強い日差しをしっかりとカット。ダッシュボードやハンドルが異常に熱くなるのを防いだり、日焼けで変色したりするのを防ぎたい場合に活躍します。ミニバンなど大型車にぴったりなLLサイズにくわえ、車の大きさに合わせてS・M・Lサイズからも選択可能です。

ディー.エー.ディー(D.A.D) サンシェード HA582

高級感のあるカーアクセサリーで知られる「D.A.D」のサンシェードです。日光の反射率を高める効果があるホワイトをベースに、ロゴをあしらったおしゃれな製品。インテリアを同社のカーアイテムで揃えたい方におすすめです。

光沢のないマット仕上げを施しているのが特徴。ワンタッチで取り付けや取り外しができる吸盤が付属しており、しっかり固定できます。真ん中にへこみを設けた仕様で、バックミラーをフロントガラスに貼り付けてある車種にもセット可能です。

ボンフォーム(BONFORM) サンシェード ぎっしりミニオン

ミニオンのイラストがぎっしり描かれたフロントガラス用サンシェードです。エアー発泡ミラーコートシートにより、強い日差しをしっかりカットして車内の温度上昇を軽減。使用しないときはコンパクトに折りたためます。シンプルで使いやすい製品を求めている方におすすめです。

フロントガラスの大きさ約110~135cm、高さ50~65cmの車種に対応しており、軽自動車にぴったり。簡単に取り付けや取り外しができる吸盤が付属しており、しっかり固定できます。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) サンシェード

アルミニウムコーディングを施したフロントガラス用サンシェードです。厚さ2mmで日光の反射率が高いシルバーカラーのシートにより、日差しをしっかりとブロック。UVカット率も優れており、車内温度上昇を軽減し、内装の日焼けも防ぎます。

使用しないときはコンパクトに折りたたみ可能。左右2カ所に吸盤が付属しており、サンバイザーを使用しなくても設置できます。

通販のトココ サンシェード

フロントガラスの外側から覆う外付けタイプのサンシェードです。日差しをしっかりカットして車内の温度上昇を防ぎたい方はもちろん、冬場に霜が付くのを防ぎたい方にもおすすめです。

柔らかい素材で、自由に折りたためるのが便利。フロントドアに挟み込んでセットするドア挟み式を採用しており、風で飛んだり盗まれたりする心配がありません。約150×70cmの小~中型車に適したサイズ。大型車に設置する場合は、フロントガラスの上下にすき間ができることがあるので注意が必要です。

SUPTEMPO 車用パラソル フロントサンシェード

折りたたみ傘と同じ構造のフロントガラス用サンシェードです。傘のように開いたらダッシュボード上に置くだけで簡単にセット可能。コンパクトなサイズに収納でき、高級感のあるレザー収納バッグに保管できます。ドアポケットやグローブボックスなどに収納しやすい製品がほしい方におすすめです。

日光が当たる面はチタンシルバー接着剤でコーティングを施し、高い遮熱効果を発揮。UVカット機能も備え、紫外線で車内の内装が日焼けするのを防げます。骨組みに高強度グラスファイバーを採用した耐久性の高さが魅力。プラスチック保護カバーでフロントガラスを傷つけないように工夫をこらしているのもポイントです。

Mosave 自動伸縮フロントサンシェード

横方向にスライドさせて伸縮するフロントガラス用サンシェードです。使用しないときは、本体をセットしたまま折りたためるので便利。車中泊や休憩中に外の様子を確認したいときに重宝します。余分な部分をカットでき、サイズをぴったり合わせたい方におすすめのモデルです。

アルミシートや遮光材などによる3層構造で日差しをしっかりとブロック。付属の吸盤で簡単に取り付けられます。室内のブラインドとしても使える汎用性の高さも魅力です。

QcoQce カーフロントカバー

フロントガラスの上からセットする外付けタイプのサンシェードです。サイドミラーまで覆えるのが特徴。太陽光をカットするのはもちろん、雪や霜の付着を防ぐのにも役立つ製品です。4層構造の生地により、日差しや紫外線を強力にブロックします。

ドア挟み式で盗難されてしまう心配がないのがポイント。内蔵の磁石でボンネットに固定でき、風でめくれ上がってしまうのを防げるので便利です。柔らかい素材で、自由に折りたたんで収納できます。

DANESI ムーミン ミイ サンシェード

ムーミンのキャラクターをデザインしたフロントガラス用サンシェードです。柔らかいオックスフォード生地を採用。片側にゴムベルトが付属しており、簡単に折りたたんで収納できます。シンプルで使いやすいモデルを求めている方におすすめです。

裏面には高品質なアルミ箔材を使用し、高い遮熱効果で車内温度の上昇を軽減。紫外線をカットする性能も備えており、内装の日焼けやひび割れなどを防ぎます。

Kinder Fluff フロントガラスサンシェード

2つのリングを大きな一体型パネルに収めた構造のフロントガラス用サンシェード。使わないときは、ドアポケットやグローブボックスなどに収納できます。専用ポーチが付属しており、小型車で保管場所に困っている場合に重宝する製品です。

アルミニウムフィルムを採用したシルバーコーティングにより、日差しの反射率を高めているのが特徴。夏場の異常な車内温度の上昇を軽減できます。優れたUVカット効果で、内装の日焼けやひび割れを防げるのもポイントです。

エマーソン(Emerson) 防犯断熱サンシェード

ドライブレコーダー搭載車とアピールできるフロントガラス用サンシェードです。犯罪抑止にも役立つ、独特のデザインが特徴。盗難やイタズラを防ぎたい方におすすめです。

スジガネが入っており、長く使用しても疲弊しにくいのがポイント。吸盤がなくサンバイザーに挟むだけの、シンプルな使い勝手も魅力です。ガラスを傷つけたりケガしたりしないよう、スジガネが飛び出しにくい安心設計。一般的なシルバータイプもあるので、チェックしてみてください。

Anesty サンシェード

独特の連結構造を採用したフロントガラス用サンシェードです。本体に設置したフックをスライドさせ、横幅を110~136cmの範囲で調節できるのが特徴。さまざまな車種に設置でき、車を買い替えた場合もそのまま使えます。

自動伸縮式で、フロントガラス下部に設置したまま使用できるのも便利。ワンタッチで開閉でき、休憩時や車中泊に外の様子を確認したいときに役立ちます。設置は、付属の吸盤と固定用S字フックで取り付けるだけと簡単です。

ヒッポ(Hippo) 車用遮光サンシェード

ワイヤースプリングを内蔵しているフロントガラス用サンシェードです。袋から取り出すと瞬時にパッと広がって、すぐセットできるのが便利。収納時にはコンパクトに折りたたんで、ドアポケットやグローブボックスなど狭い場所で保管できます。

日差しを反射しやすいシルバーカラーにより、車内温度の上昇を抑制。車中泊や休憩時など、外からの視線が気になるときにも役立ちます。サンバイザーで挟み込むように押さえるだけと、簡単に設置できる手軽さも魅力です。

サンシェードのおすすめ|サイドガラス用

メルテック(meltec) フィルムシェード CPR

コンパクトに収納できるサイドガラス用サンシェードです。両手で角を持って8の字に曲げるように折りたたむと、ドアポケットに入る大きさで邪魔にならず保管できます。静電気式で、吸盤を使わずピタッと取り付けられる点も注目です。

2枚使えば、リアガラスに設置できるのも便利。吸盤を使用しないので跡がつかないほか、付属のマイクロファイバークロスで汚れを拭き取ることもできます。さまざまなサイズがあるので、車種に合ったモデルを選んでみてください。

メルテック(meltec) アシストシェード 運転席・助手席用 PAS

2枚重ねでしっかりと太陽光をカットできるサイドガラス用サンシェードです。フロントとリアのサイドガラスに対応しており、優れた断熱効果で車内の温度上昇を抑制します。「酸化チタン」を採用しているのもポイント。悪臭や細菌の増殖が気になる方にも適しています。

吸盤式で取り付けが簡単。使用しないときはコンパクトに折りたたんで収納できます。運転席にも設置できますが、運転時は取り付けたままにしないよう注意が必要です。

メルテック(meltec) 遮熱マグネットカーテン CM

強力なマグネットで取り付ける、カーテンタイプのサイドガラス用サンシェードです。吸盤で取り付けるタイプだと跡が気になる方におすすめ。内蔵されている6個のマグネットを自由に移動できる構造で、さまざまな場所に取り付け可能です。

メッシュタイプで、生地に消臭・抗菌加工を施しているのが特徴。熱を遮断するアルミ繊維によって日差しをしっかりブロックします。UVカット率約90%と謳っており、紫外線による内装の日焼けやひび割れを防げるのも魅力です。

ナポレックス(Napolex) ぱっシェード

ディズニーキャラクターをデザインしたサイドガラス用サンシェードです。かわいらしい絵柄で、小さい子供がいる場合にぴったり。サイズ44.5×36.5cmの吸盤式で、手軽に取り付けられます。

ワイヤーを内蔵しており、瞬時にパッと開いて使いやすいのが魅力。収納時はコンパクトに折りたたみが可能です。サイドポケットやグローブボックスなど、狭いスペースで保管したいときに重宝します。

ナポレックス(Napolex) ディズニー 車用カーテン

メッシュカーテンと遮光カーテンの2重構造を採用したサイドガラス用サンシェードです。それぞれ別々に開閉でき、メッシュカーテンのみ使用する際は車外が見えるのが便利。使い勝手のよい製品を求めている方におすすめです。

吸盤4個を使用して取り付けるタイプで、設置が簡単。遮光率99%、UVカット率98%と謳っており、強い日差しと紫外線を防いで快適に過ごせます。ディズニーキャラクターをあしらった絵柄のかわいさも魅力です。

セイワ(SEIWA) 楽らくマグネットカーテン Z87

カーテンタイプのサイドガラス用サンシェードです。5つのマグネットを備えており、レールや工具などを使わずに取り付けられるのが魅力。UVカット率約99.8%を謳った遮光生地を採用し、紫外線を強力にブロックします。車内の温度上昇を抑制する、優れた遮熱効果も特徴です。

窓枠にぴったりと設置でき、すき間なく取り付けられるのもポイント。車中泊や休憩時に外部からの視線を遮り、プライバシーを確保したいシーンに役立ちます。

ニューイング(NEWING) ロールフィットスクリーンプラス

フックを使って設置するスクリーンタイプのカーシェードです。窓の開閉にスクリーンが連動する構造で、窓を開けても使用できるほか、ロール式ですっきりと収納可能。設置も、両面テープで固定するだけと簡単です。

幅73cmで大型車に設置可能。幅52cmと幅65cmの製品もラインナップしているので、車種や取り付けるガラスの寸法に合ったモデルを選んでみてください。

TFY 遮光サンシェード

車のアシストグリップに取り付けるサイドガラス用サンシェードです。吸盤を使用せずがっちり固定したい方におすすめ。濃さが異なる黒色のシェードが可動する2重構造になっており、日差しの強さによって使い分けられます。

コンパクトなサイズで、シートバックポケットなど狭い場所に収納できるのが便利。アシストグリップへの取り付けはマジックテープを使用するため、工具は必要ありません。

GULUGULU 車用サンシェード

静電気式のサイドガラス用サンシェードです。吸盤の跡が気になる方や、粘着力が低下して外れてしまうのを防ぎたい場合におすすめ。フレームを内蔵した構造で、収納した状態から取り出すだけでパッと開き、そのまますぐに取り付けられる手軽さが魅力です。

約90%のUVカット率を謳うメッシュ生地を採用。日差しをブロックするほか、ハンドル・レザーシート・ダッシュボードなど、内装を保護するのにも役立ちます。

アールエル(Rl) 簡単取り付けカーテン

4個の吸盤で簡単にセットできるカーテンタイプのカーシェード。吸盤の跡が気になる方は、専用フックを使って取り付けることもできます。90×55cmのワイドサイズで、ミニバンやSUVなど大型車のリアガラスに設置したい方におすすめです。

UVカット率99%と謳っており、日差しをカットするだけでなく、内装の日焼けやひび割れも予防。2枚セットなので、左右のリアガラスに設置したい場合に重宝します。

車用サンシェードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

車用サンシェードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。