雪道や凍った路面を走行する際に欠かせない「スタッドレスタイヤ」。ただし、各メーカーからさまざまなモデルが発売されており、はじめて購入する際に迷ってしまうケースが少なくありません。

そこで今回は、おすすめのスタッドレスタイヤをピックアップ。あわせて選び方も解説するほか、ホイールとセットになったモデルも紹介します。購入を検討している方は参考にしてみてください。

スタッドレスタイヤとは?

By: bridgestone.co.jp

「スタッドレスタイヤ」とは、雪道の走行に特化したタイヤです。スパイクピンを搭載したスパイクタイヤが道路を削ってしまうとして禁止されたのを受けて、冬用タイヤとして一般的に普及しています。柔軟性に優れて低温に強く、サイプと呼ばれる深い溝が刻まれたトレッドパターンを備えているのが特徴です。

サイプの働きで滑りやすい雪上の水膜を除去し、しっかりとグリップ。豪雪地帯では、サマータイヤから履き替えたら冬の間装着したままにするのが一般的です。降雪がほとんどない地域に住んでいても、ウインタースポーツを楽しむべく山間部に出かける機会が多い場合に重宝します。

ただし、雪上では優れたグリップ力を発揮するものの、凍った路面では走行に十分な注意が必要。スタッドレスタイヤであってもアイスバーンでは滑りやすいため、寒冷地に出かける際はチェーンを携帯しておくのがおすすめです。

スタッドレスタイヤの寿命はどのくらい?

By: amazon.co.jp

スタッドレスタイヤの寿命は使い方によって変わるので一概にはいえないものの、一般的に3~4年が目安とされています。寿命に大きく関係するのが摩耗と経年劣化です。走行距離が多いほど摩耗が進んで寿命が縮みます。

摩耗の進み具合を確認するには、溝の深さを示すプラットフォームをチェック。溝の深さが新品の50%を超えて摩耗していたら冬用タイヤとして使用できません。摩耗をできる限り防ぐためには、急加速や急ブレーキに気を付けてタイヤに負荷をかけない走行を心がけましょう。

ただし、走行距離が少なくてもただ放置しておくだけで、環境や保管状況によっては経年劣化が進む場合も。劣化が進行すると、本来のグリップ力を発揮できないので要注意です。

ゴムが硬くなったと感じたり、表面にひび割れが発生したりを確認したら寿命の目安。できるだけ経年劣化を遅らせるためには雨や直射日光が当たる場所を避けて、屋内で保管するのがおすすめです。

スタッドレスタイヤの選び方

重要な性能をチェック

氷上性能

寒冷地では溶けた雪が凍ってしまうケースが多いため、スタッドレスタイヤの氷上性能をチェックしておきましょう。タイヤと路面の接地面積が多いほど、アイスバーンで高いグリップ力を発揮。なかには、コンパウンドの柔軟性を高めて氷上の凸凹に密着しやすく開発したモデルも発売されています。

温度低下によるゴムの劣化を軽減したり、ブロックやサイプのエッジに工夫をこらしたりしてグリップを向上させているモデルも。ゴムの凸凹構造の研究によってグリップ性能をより進化させているタイプもあります。氷上性能の高いモデルの購入を検討してみてください。

雪上性能

スタッドレスタイヤの雪上性能は、トレッドデザインが大きく関係します。トレッドパターンや溝の形状、大きさなどの調節によって路面にしっかりと密着。タイヤに微細な気泡や吸水ゲルなどを含ませて水膜を効率的に除去するなど、タイヤメーカー各社が工夫をこらして開発しています。

ゴム自体の性能や劣化具合も影響するため、品質と信頼性の高い製品なのかもチェック。あまり知られていないメーカーの安価なタイヤや製造年月日が古い場合、安全を担保できない恐れがあります。

ただし、最新の高性能なモデルほど高価格になる傾向があるため、使用頻度や住んでいる地域などを考慮して選ぶのが重要です。

ドライ・ウエット性能

By: amazon.co.jp

スタッドレスタイヤは雪上や氷上では優れたグリップ力を発揮するものの、乾燥した舗装道路や雪解けで濡れた路面での性能はサマータイヤに劣ります。柔軟性の高いゴムに極細溝を備えて氷や雪を捉えやすい反面、ドライな路面ではブロックが変形してグリップ力が低下。とくにウエットな路面では、硬いゴムを採用したサマータイヤと比較して滑りやすい傾向があります。

雪の少ない地域で降雪に備える場合やウインタースポーツを楽しむために装着するならば、優れたドライ・ウエット性能を謳うモデルがおすすめ。シーズンが終了したら、早めにサマータイヤに交換するのを忘れないよう心がけておきましょう。

燃費性能

スタッドレスタイヤはゴムの柔らかさや設置面積の広さによって、ころがり抵抗が異なります。ころがり抵抗が大きいと燃費に大きく影響する場合も。乾いた舗装道路や高速道路を走行する機会が多いのであれば、ころがり抵抗が少なく燃費のよさを謳ったモデルがおすすめです。

なかには、材質や構造の工夫によって燃費を向上させた、低燃費を謳うモデルも発売されています。ころがり抵抗を抑えながらも、氷上や雪上でのコントロール性能を確保するバランスのよさが魅力です。通勤や仕事でドライな路面を走るケースが多く燃費を重視したい場合には、チェックしてみてください。

愛車に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スタッドレスタイヤに限らず、タイヤには細かくサイズが定められています。サイズが合わないと取り付けできない場合があるほか、乗り心地にも影響が出るため注意が必要です。まずはタイヤの側面で幅をチェック。たとえば「175/65R15 84Q」とあった場合、先頭の175がタイヤの幅です。

65Rの部分が偏平率で、タイヤの断面積に対する断面の高さ。偏平率が低いほどスポーティーな印象になるものの、乗り心地が悪くなります。15の部分はリム径です。ホイールの幅ではなくタイヤがはまる部分の幅であり、車に合わないとホイールを取り付けできない恐れがあります。

心配な場合には、標準装備されているタイヤの数字に合わせて選ぶのがおすすめです。カーメーカーでは見た目はもちろん、燃費や乗り心地も考慮してサイズ設計されています。

速度レンジをチェック

By: amazon.co.jp

メーカーやモデルによって、スタッドレスタイヤの適切な速度レンジが異なるためチェックしておきましょう。欧州系メーカーでは高速走行を重視しているのが特徴。一方、国産メーカーは乾燥路面向きではないため、高速走行すると摩耗しやすい傾向があります。

また、高速性能に優れたモデルは排水能力に優れている点にも注目。水の膜で車をコントロールできなくなる「ハイドロプレーニング現象」に強いとされています。高速走行するほど摩耗が激しくなるのは避けられず、住んでいる地域や使用頻度を考慮して選ぶのがおすすめです。

ホイールとセットの製品もおすすめ

By: amazon.co.jp

スタッドレスタイヤ単体ではく、ホイールを組み込んだセット製品も発売されています。リーズナブルなモデルが多く、別途ホイールの購入を検討しているならセットがおすすめ。タイヤ単体の場合は専門業者に取り付けを依頼するのが一般的なのに対し、ホイールとセットなら自分で着脱することも可能です。

同じホイールにタイヤだけを脱着する作業を繰り返していると、タイヤにダメージを与える恐れがあります。また、タイヤだけを組み替える作業は時間がかかり工賃も高いのが難点。購入後の費用やメンテナンス性などを考慮してホイールとのセットも検討してみましょう。

スタッドレスタイヤのおすすめ

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX3 175/65R15 84Q

同社史上最高性能を謳っているスタッドレスタイヤです。氷上ブレーキ性能が従来モデルと比較して20%向上。摩擦性能も17%向上しているなど、なるべく長持ちさせたい方におすすめのモデルです。静音性にも優れており、快適な車内空間を実現します。

ドライ・ウエット性能のよさも魅力。乾いた路面で快適に走れるほか、濡れた路面でも高いグリップ力を発揮します。コーナリング性能にも優れているため、凍った道で曲がる際に安心です。水流をコントロールするトレッドパターンを採用。滑りを抑制すると同時にブロック剛性が強化されており、長持ちしやすさに貢献しています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK DM-V3 225/65R17 102Q PXR01631

SUV専用として開発されたスタッドレスタイヤです。路面の水膜を積極的に除去する「アクティブ発泡ゴム2」を搭載。氷上でのブレーキ性能に優れており、重たい大型SUVに乗っている方におすすめのモデルです。従来モデルと比較して、氷上での停止距離が9%短縮していると謳われています。

トレッドゴムのポリマーに、粒を小さくしたシリカを配合しているのもポイント。ポリマーとの結合によって粘りを発揮します。また、ラグ溝を増やした「マルチアングルグループ」とあいまってグリップ力を大幅に向上させているのも特徴です。

ダンロップ(DUNLOP) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 03 155/65R13 73Q

氷とタイヤの密着力を向上させる「ナノ凸凹ゴム」を採用したスタッドレスタイヤです。すばやく水膜を除去して滑りを防止。雪上や氷上でしっかりと止まれるモデルを探している方におすすめです。パターン設計の工夫により、摩擦が生じても優れたパターン効果を維持します。

ゴムと軟化剤の2面性を持つ「液状ファルネセンゴム」を採用し、低温下でも密着力とゴムの柔らかさをキープ。時間が経過しても氷上性能が低下しにくく、溝が減っても安心して走行できる効果が期待できます。

ダンロップ(DUNLOP) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 WM02 205/60R16 92Q 325409

山岳路での雪や氷に強さを発揮するSUV車用スタッドレスタイヤです。シャーベット状の雪や深雪、圧雪などさまざまなシーンで対応可能なおすすめモデル。従来モデルと比較して氷上ブレーキ性能14%、氷上コーナリング性能が11%向上していると謳われています。

水膜をすばやく除去して密着面を最大化する「ナノ凸凹ゴム」により、優れた氷上性能を実現。「液状ファルネセンゴム」配合で柔らかさを維持しており、より長持ちする効果が期待できます。

ミシュラン(MICHELIN) スタッドレスタイヤ X-ICE SNOW 205/55R16 94H XL

アイスブレーキング性能が、従来モデルと比較して約9%向上していると謳われているスタッドレスタイヤです。サイプの長さを28%増加させたトレッドパターンによってエッジ効果を強化。Vシェイプのトレッドパターン採用とあいまって、シャーベット路面やウエット路面で安定したグリップ力を発揮するおすすめモデルです。

接地面をキープして優れたアイスグリップ性を実現する「VTSサイプ」を搭載。3Dサイプの「クロスZサイプ」との組み合わせにより、雪上や氷上でもしっかりとグリップします。また、ポリマーベースの材質にコンパウンドを配合した「EverWinterGripコンパウンド」を採用。高いブロック剛性と長持ちしやすいロングライフ性能を両立しているのも魅力です。

ミシュラン(MICHELIN) スタッドレスタイヤ X-ICE XI3 185/70R14 92T XL 035250

3つの技術でグリップ力を高めた「トリプル・エフェクト・ブロック」搭載のスタッドレスタイヤです。効果的な水膜の除去と「クロスZサイプ」により、強力なグリップ力を発揮。ブロックエッジに独自のカッティングを施した「ZigZagマイクロエッジ」でエッジ効果を高めているなど、走りにくい雪道やシャーベット路面で安心して走行しやすいおすすめモデルです。

サイプの底の形状を丸くした「ティアドロップ」を採用し、高速走行時の高い耐久性も実現。ブロックの大きさや形状、配置を調節した「周波数コントロール&サイレントアイ」によってタイヤノイズが軽減され、静音性が高いのも魅力です。

ピレリ(PIRELLI) スタッドレス ASIMMETRICO PLUS 205/55R16 91Q

「デュラブルソフトコンパウンド」で性能の持続性を向上させているスタッドレスタイヤです。より長持ちしやすいモデルを求めている方におすすめです。

「3Dバタフライサイプ」によって接地面積を拡大させている点にも注目。カーブを曲がる際に優れたコントロール性能を発揮します。3つのエッジポケットを備えた「スノートラップ」により、雪上で安心して走行しやすいのも特徴です。

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA) スタッドレスタイヤ iceGUARD6 iG60 195/65R15 91Q R2754

氷上で優れたグリップ力を確保できるほか、ウエット性能も向上しているスタッドレスタイヤです。非対称パターンの進化とプレミアム吸水ゴム採用によって、氷上性能が15%向上していると謳われています。3つの溝が交差する箇所に三角スポットを採用した「トライアングルスポット」により、雪道でパワフルなトラクション性を発揮するおすすめモデルです。

ピラミッド状に重ねて剛性を高めた「クワトロピラミッドディンプルサイプ」を採用。摩擦が進んでも高い剛性があるため、エッジ効果が持続します。従来モデルと比較してころがり抵抗が2%低減しているのも魅力。低発熱ベースゴムが採用されており、ウエット性能を高めながらも低燃費を実現しています。

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA) スタッドレスタイヤ iceGUARD SUV G075 225/65R17 R1570 R1570

氷上性能に優れたスタッドレスタイヤです。氷表面の水を吸う「スーパー吸水ゴム」に加え、最大30倍の大きさになる「エボ吸水ホワイトゲル」を採用。氷にしっかりと密着して吸水し、優れた氷上性能を発揮するおすすめモデルです。低温時でも柔らかい状態を保ちやすく、長期間にわたって性能をキープします。

5つのパターン技術を組み合わせたトレッドパターンで、高い接地性とエッジ効果を実現。高いブレーキ性能やコントロール性能により、雪道走行をサポートします。また、ころがり抵抗が従来モデルと比較して5%低減しており、低燃費性能に優れているのも魅力です。

トーヨータイヤ(TOYO TIRES) スタッドレスタイヤ OBSERVE GIZ2 175/65R14 4本セット

コンパウンドに「鬼クルミ殻」配合の「吸着クルミゴム」を採用しているスタッドレスタイヤです。氷を直接ひっかいてグリップ力を発揮するのが特徴。コンパウンドを柔らかく保つ持続性密着ゲルでさらに効果を高めているなど、性能低下を抑制して高いグリップ力を発揮するおすすめモデルです。

接地性を高める「3本主溝非対称パターン」により、優れたコントロール性能を実現。2つの大型ブロックをかみ合わせるように支え合う構造のため、高い制動性能とコーナリング性能を実現しているのも魅力です。また、新品時でもすぐに高いグリップ効果が期待できる「ファーストエッジ加工」を施しています。

トーヨータイヤ(TOYO TIRES) スタッドレスタイヤ Winter TRANPATH TX 215/65R16 タイヤ4本セット

制動時に高いエッジ効果を生み出す「3Dダブルウェーブグリップサイプ」採用のスタッドレスタイヤです。ブロック壁面の凸凹が支え合う構造でサイプの倒れ込みを抑制。3種類のコンパウンドを組み合わせた「トリプルトレッド構造」とあいまって、優れた氷上性能と操縦安定性を両立しているおすすめモデルです。

横方向のボディ剛性を向上させる「高剛性ボディ・スーパーハイターンアップ」搭載もポイント。背の高いハイト系車種に装着した際のふらつきを軽減し、安全な走行をサポートします。適応タイヤサイズ155~235と、幅広い車種にセット可能です。

グッドイヤー(GOODYEAR) スタッドレスタイヤ ICE NAVI CARGO 175R14 6PR

バン専用として開発されたスタッドレスタイヤです。ワンボックスカーやトラックなど、商用車に適した安心感と経済性を実現しているおすすめモデル。氷上での優れたブレーキ性能と長持ちしやすいロングライフ性能を備えた、バランスのよさが魅力です。

専用のプロファイルとパターンにより、氷上性能を高めているのもポイント。「NAVIブレード」によりエッジ成分も向上しているのも特徴です。従来モデルより接地面積が拡大しており、氷上での密着性が向上しています。

グッドイヤー(GOODYEAR) スタッドレスタイヤ ICE NAVI SUV 225/65R17 102Q

SUV用として開発されたスタッドレスタイヤです。しなやかさのあるゴムや高剛性なブロック構造により、SUVの重たいボディをしっかりと支える氷上性能を実現。氷上ブレーキ性能が従来モデルと比較して22%アップしているなど、大型SUVにおすすめのモデルです。

「ICE NAVI SUV専用パターン」により、雪上性能が向上。また、低発熱アクアフィラーによってゴムの発熱を抑制する点にも注目。摩耗しにくく長持ちする効果が期待できます。

スタッドレスタイヤのおすすめ|ホイールセット

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレス タイヤ・アルミホイール 4本セット BLIZZAK VRX2 155/65R14

シンプルな10本スポークのアルミホイールがセットになったスタッドレスタイヤです。スポークがリムエンドまで伸びるスタイリッシュな外観が魅力。リム全体を薄く均一にできるSMCS製法で軽量化も実現しており、低燃費が期待できるおすすめモデルです。

さまざまな冬の路面に対応可能なバランスのよさも魅力。氷上でのブレーキング性能やコーナリング性能にも優れており、雪道での安全な走行をサポートします。また「非対称サイド形状」によって高い直進安定性と応答性を実現し、ふらつきを軽減するのも特徴。乾いた路面を走行する機会が多い方にも適しています。

ダンロップ(DUNLOP) スタッドレス タイヤ・アルミホイール 4本セット WINTER MAXX WM02 155/65R14

ブラックスチールホイールがセットのバン用スタッドレスタイヤです。アルミ製より安価なホイールでコストを抑えられるのがポイント。商用車などコストを重視したい場合におすすめのモデルです。

氷上性能を重視して開発されているのが特徴。サイプを3段に重ねた「トリプルピラミッドサイプ」によって、ドライ・ウエット路面でも優れたグリップ力を発揮します。また、低発熱ゴム採用でころがり抵抗を低減している点にも注目。燃費改善によって経費節減効果が期待できます。

ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA) スタッドレスタイヤ ホイール4本セット iceGUARD 7 iG70 225/60R17 99Q

1ピース構造のアルミ製ホイールがセットになったスタッドレスタイヤです。メタリックブラックリムポリッシュを採用したデザインが魅力。スタイリッシュな見た目にこだわりたい方におすすめのモデルです。交換時にタイヤを組み替えて、ホイールのみをサマータイヤ用としても利用できます。

氷上発進15%、氷上旋回が7%向上している性能の高さもポイント。アイスガード史上最大の接地面積とブロック剛性を実現していると謳われており、優れた雪上・氷上性能で冬の走行をサポートします。

スタッドレスタイヤの保管方法

スタッドレスタイヤを長持ちさせるために、適切な保管方法を確認しておきましょう。ゴムが劣化する原因のひとつが直射日光や熱。カバーもせず屋外に放置しておくのは厳禁です。雨の当たる場所や湿度の高いところも、ゴムの変質を早めてしまいます。

まず、タイヤに付着した融雪剤や汚れを落としたら乾燥させましょう。ひび割れを防ぐためにも、紫外線に当たらず高温にならない屋内で保管するのがおすすめです。ホイールに装着したままで保管する際は、空気を抜いて内圧を弱めておくのがポイント。ホイールから外してタイヤのみで保管する場合は重ねずに、縦置きにすれば変形するリスクを軽減できます。

スタッドレスタイヤの楽天市場ランキングをチェック

スタッドレスタイヤの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。