ツーリング仲間とコミュニケーションが取れる「バイク用インカム」。長距離の会話に対応したモデルも登場し、需要が高まっています。しかし、最近では多くのバイク用インカムが発表されているので、どれを選べばよいか迷いがちです。

そこで今回は、おすすめのバイク用インカムをピックアップ。アイテムの選び方についても解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

バイク用インカムとは?

By: rakuten.co.jp

バイク用インカムとは、バイクに乗るときに耳へ装着して使用する通信機器のこと。インカム同士を接続すれば、仲間とコミュニケーションを取りながらツーリングを楽しむことが可能です。

バイク用インカムには1対1で通話ができるモデルや、4人以上同時に通話できるモデルがあります。接続方式は有線接続と無線接続の2種類。また、モデルによってスペックや搭載されている機能が異なります。

なお、バイク用インカムのなかにはラジオに対応しているモデルもあり、ニュース番組や天気番組などから情報を得るのに便利。そのため、ソロツーリングでの着用にもおすすめです。

バイク用インカムの選び方

同時通話人数でチェック

ソロやタンデムなら2人同時通話モデル

By: daytona-talk.com

ソロとは1人で行うツーリングのことであり、タンデムとは2人乗りで行うツーリングのことを指します。ソロやタンデムなら2人同時通話モデルがおすすめです。ソロの場合はラジオで情報が得られるか、音楽が楽しめるかを優先してアイテムを選びましょう。

タンデムの場合はバイクにあまり慣れていない方を乗せることも想定し、操作がシンプルなモデルを選ぶのがおすすめです。また、2人同時通話モデルには有線と無線の2種類が存在。有線は通話が途切れるリスクが少ないこと、無線はケーブルによる煩わしさがないことが魅力です。

複数なら4人以上同時通話対応モデル

By: amazon.co.jp

複数人でツーリングする場合は、4人以上での同時通話に対応したモデルを選ぶのがおすすめです。なかには6人以上で同時に通話できるアイテムも。また、通話相手を手動で切り替えるモデルと自動で切り替わるモデルの2種類があります。

手動で切り替えるモデルは自動で切り替わるモデルよりも安く手に入れられるものの、走行中だと上手く切り替えられないことがあるので注意が必要。そのため予算に余裕がある場合は、自動で切り替わるモデルを選ぶのがおすすめです。

通信可能距離をチェック

By: amazon.co.jp

バイク用のインカムを選ぶ際には、通信可能距離をチェックしておきましょう。ツーリングを行うシーンに応じて、適した通信可能距離が異なります。タンデムや街乗りで使用する場合は200m以上通信できるモデルがおすすめです。

また、走行スピードが100kmを超えることがある高速道路で使用する場合は、車間距離が大きく離れてしまうケースがあるので、通信可能距離が1km以上あるモデルを選びましょう。通信可能距離が1km以上あるモデルは、山などの通信が途切れやすい環境にもおすすめです。

連続使用時間をチェック

By: amazon.co.jp

長距離のツーリングを楽しむ場合は、連続使用時間を事前にチェックしておくのがおすすめです。街乗りをはじめとした走行距離の短いツーリングであれば、連続で3~4時間使用できるモデルを選んでも問題なく使用できます。

しかし、ロングツーリングの場合で連続使用時間の短いモデルを選ぶと、途中で電池が無くなり通話が途切れてしまう可能性があるので注意が必要です。1日中ツーリングを楽しむ場合は連続使用時間が8時間以上あるモデルを選びましょう。

防水性能をチェック

By: midlandradio.jp

梅雨の時期や雨の日にツーリングを楽しむ場合は、防水性能に優れたバイク用インカムを選びましょう。防水モデルを選べば、突然の雨に見舞われても使用できるのでおすすめ。防水機能が搭載されていないモデルを選ぶと、濡れた際に故障のリスクがあるので注意が必要です。

また、防水性能とあわせて防塵性能が備わっているかどうかも事前にチェックするのがおすすめ。防塵性能に優れたモデルを選べば、自動車やトラックが舞い上げる塵が多い場所でも快適に使用できます。

バイク用インカムのおすすめ

デイトナ(Daytona) WIRELESS INTERCOM DT-01

高速道路をツーリングするのにおすすめ

同時通話が可能なバイク用インカムです。DT-01同士であれば最大6台、他社のインカムでも最大4台まで同時に話せます。最大1km先までの通話が可能なので、高速道路をツーリングするのにおすすめ。また、通話が切れてしまっても、通信可能圏内に戻ると自動的に復帰するのが特徴です。

充電式電池が採用されており、連続通話時間は最大約12時間。バックグラウンドミュージック機能付きで、音楽やナビ案内を聴きながら通話できます。また、ミュージックプレーヤーの音楽を2人でシェアできるのもポイントです。

Gセンサーを搭載しており、本機やヘルメットを叩くだけで音楽の再生・停止が可能。電話着信の対応も行えます。また、IP67相当の防水防塵仕様で、突然の雨に見舞われても使用可能。直感的な操作で使用できるアイテムです。

デイトナ(Daytona) WIRELESS INTERCOM DT-E1

iPhoneと接続することでSiriが使える

メインスイッチが大きく、分かりやすい位置に搭載されているバイク用インカムです。ボリュームもグローブをしたまま簡単に操作可能。また、マイクには走行による風切り音を低減するノイズキャンセリングマイクが用いられています。

IP6X相当の防塵仕様で、トラックや自動車が巻き上げる埃に強いのが特徴。IPX7相当の防水性能も備わっているので、急な雨に降られても使い続けられます。また、充電式の電池が用いられており、連続通話時間が最大約12時間とスタミナも良好です。

通信可能距離は約800mあり、最大4人と同時に通話が可能。万が一通話が途切れても自動で復帰します。また、iPhoneと接続することでSiriが使えるのもポイント。直感的に使用できるので、初めての方にもおすすめのアイテムです。

デイトナ(Daytona) WIRELESS INTERCOM DT-KIKUDAKE

ワイヤレスで音楽を聴きながらツーリングが楽しめる

単4電池1本で、最大約12時間の連続使用が可能なバイク用インカム。ロングツーリングでも電池切れの心配なく使用できます。仮にツーリング中に電池が切れても、電池を入れ替えるだけですぐ使い始められるのが特徴です。

BluetoothでiPhoneやAndroidスマートフォンと接続が可能。ワイヤレスで音楽を聴きながらツーリングが楽しめます。また、FMラジオを受信する機能が備わっているのも特徴です。

マルチペアリングに対応しているので、Bluetooth対応の周辺機器が最大2台まで接続できるのもポイント。IP67相当の防水・防塵性能が備わっているので、梅雨の時期でもツーリングが楽しめます。ソロツーリングにおすすめのアイテムです。

デイトナ(Daytona) COOLROBO WIRECOM 73766

わずらわしい設定を必要とせず、タンデム会話が楽しめる有線接続式のバイク用インカム。ミュージックプレーヤーやレーダーの音声などがシェアできます。また、ボリューム調節をライダーと同乗者別で設定できるのが特徴です。

連続通話時間は約25時間あるので、ロングツーリングにおすすめ。電池の残量を気にすることなく使用できます。また、同乗者用コードを抜けば1人で音楽が聴けるのもポイント。ソロツーリングにもおすすめのアイテムです。

セナ(sena) Bluetoothヘッドセット 50S

最適な接続相手を自動で見つけて接続する「MESH2.0」対応のバイク用インカム。通話方法はオープンメッシュやグループメッシュなど3種類あります。オープンメッシュでは、通話範囲内の人と通話が可能です。条件次第では8kmまでの通信距離が確保できます。また、グループメッシュでは最大24人のグループが作成可能です。

音声操作に対応しており、話しかけるだけで本体機能がコントロールできます。また、SiriやGoogleアシスタントの起動も可能。専用のアプリをインストールすれば、スマートフォンからも設定が行えます。

セナ(sena) Bluetoothヘッドセット 30K

本体上部のボタンをタップするとオープンメッシュモードが起動するバイク用インカム。2km以内にいる30Kを装備した仲間と人数の制限なく接続できます。ペアリングを必要とせず、途切れにくい会話を楽しめるのが魅力です。

Bluetoothを使えば、30Kを装備していない仲間にも接続が可能。最大4人と2km離れたところから通話が楽しめます。また、専用アプリを使えば、スマートフォンからBluetoothの切り替えやラジオの設定などが行えるのもポイントです。

セナ(sena) Bluetoothヘッドセット 20S EVO

8人グループで最長2kmの通信が行えるバイク用インカム。本体を振るとインターコム同士がペアリングでき、複雑な操作を必要としないのが魅力です。また、別売りのリモコンを使えば、ハンドルから手を離さずに操作が行えます。

音声操作に対応しており、マイクに話しかけるだけで操作や設定が行えるのもポイントです。また、音楽やナビ案内、ラジオの音がクリアに聞けるのも特徴。グループはもちろん、タンデムやソロツーリングにもおすすめのアイテムです。

サインハウス(SYGN HOUSE) B+COM SB6X

サインハウス独自の「聴きトーク」機能が搭載されているバイク用インカム。お気に入りの音楽を聴きながら仲間とコミュニケーションが取れます。また、ナビも同時に起動でき、切り替え操作を必要とせずツーリングを楽しめるのが魅力です。

B+COM独自のプレミアムサウンド「B+COM SOUND SYSTEM」を搭載。パワフルな音圧を実現しています。

連続使用時間は最大18時間で、6人まで同時に通話可能。複雑な操作を必要とせず、約30秒でペアリングが完了します。また、専用のアプリがあれば、だれか1人の操作でメンバー全員のペアリングが可能。ハイエンドモデルを探している方におすすめです。

サインハウス(SYGN HOUSE) B+COM ONE

相手側のユニバーサル通話機能からペアリングが受けられる「ユニバーサルインターコール・レシーブ機能」が備わっているバイク用インカム。スマートフォンとの接続をキープしつつ、他社インカムとの通話が行えます。

ユニバーサル通話機能を持たないインカムとも通話できる「ユニバーサルインターコール機能」も搭載。幅広いインカムと接続できます。また、通話していない時にはスマートフォンの音楽を聴きながらツーリングを楽しむことが可能です。

バッテリーには650mAのリチウムポリマーバッテリーを採用。最大約14時間の連続使用時間を誇ります。電池残量を気にせずに使用できるバイク用インカムを探している方におすすめです。

カルド(cardo) PACKTALK SLIM JBL

最大15人まで同時に接続できるバイク用インカム。他社のBluetoothバイク用インカムとも接続できます。連続通話時間は最大13時間で、充電しながらの使用も可能。音楽やFMを再生させながら通話を楽しめるのが特徴です。

最大通信距離は1対1の場合で最長1.2km。高速道路でのツーリングにもおすすめです。また、IP67相当の防水・防塵性能が備わっているので、梅雨の時期にも使用できます。本体の厚さが6.5mmと、スリムに装着できるアイテムです。

freedconn バイク用インカム TCOM-SC

最大800mの通信距離を誇るバイク用インカム。同時接続は最大3人、同時通話は最大2人まで対応しています。また、高い互換性があり、スマートフォンやiPodなどのBluetooth対応機器とも接続可能。音楽を聴きながらツーリングが楽しめます。

待ち受け時間が約300時間、通話時間が最大10時間と高いスタミナが備わっているのも特徴。ボディに搭載された液晶ディスプレイからバッテリーの残量が一目で確認できます。また、ペアリングなど、設定状況を確認できるのもポイントです。

IPX5相当の防水性能が備わっているので、梅雨の時期にも使用可能。また、FMラジオ機能が備わっているので、天気の移り変わりや渋滞状況などの情報が得られます。少人数でのツーリングにおすすめのアイテムです。

ミッドランド(MIDLAND) BT MESH R

パブリックグループモード使用時で、最大10人同時に会話ができるバイク用インカム。通話ができる最大距離は約3kmで、高速道路をツーリングするのにおすすめです。また、グループの分裂や離脱も自由に行えるため、マスツーリングにも適しています。

最大連続通話時間はBluetoothインカム通信時で最大20時間。高いスタミナが備わっており、バッテリー切れを心配することなく使用できます。また、IPX6に準拠した防水性能が備わっているので、梅雨の時期でも使用可能です。

高音質のHi-Fiスピーカー搭載で、音楽を聴きながらツーリングが楽しめるのもポイント。音楽はタンデム間でシェアできます。ハイエンドモデルを探している方におすすめのアイテムです。

バイク用インカムのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バイク用インカムのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。