バイクに乗る際、安全のために着用したいバイクブーツ。なかでも「レーシングブーツ」は安全性に優れ、高い強度を備えているのが特徴です。サーキットを走行する際の着用にも適しています。

近年では、さまざまなメーカーがレーシングブーツを手掛けているので、どのモデルを選べばよいか迷ってしまいがちです。そこで今回は、レーシングブーツの選び方や、おすすめのレーシングブーツをご紹介します。

レーシングブーツとは?

By: rakuten.co.jp

レーシングブーツは、バイクブーツのなかでも安全性や耐久性に優れているアイテムです。主にサーキットでバイクに乗る際に着用することが多く、優れた強度が備わっています。

つま先やかかと、足首など接触の多い部分にプロテクトパーツが配されているのがポイント。また、捻挫をはじめとしたアクシデントを防げるよう、横や斜め方向の可動域に制限が設けられているのが特徴です。

レーシングブーツの選び方

サイズ選びが重要

By: rakuten.co.jp

レーシングブーツを選ぶ際、サイズに着目するのが重要です。レーシングブーツは、さまざまなプロテクトパーツを搭載しており、一般的なシューズと同じ感覚で選ぶと、着用時に違和感を覚える場合があります。

また、レーシングブーツはフィット感を高める作りになっているモノが多く、メーカーやモデルによってサイズ感が微妙に異なるので注意が必要。そのため、普段履いている靴よりも0.5cm程度大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

レーシングブーツを選ぶ際は、重さも事前にチェックしておくのがおすすめ。レーシングブーツは高い強度や耐久性が備わっている分、基本的にほかのバイクブーツよりも重量感があるのが特徴です。

あまりに重量のあるモデルを選んでしまうと、ライド中に上手く扱えないことがあるため注意しましょう。なかには、メイン素材にマイクロファイバーを採用し、耐久性と軽量性を両立したモデルもあるので、チェックしてみてください。

防水性をチェック

レーシングブーツを選ぶ際、防水性をチェックしておくのがおすすめ。防水性に優れたモデルはブーツの内部にまで浸水しにくく、路面状況が悪い日や雨の日でも着用できるのが魅力です。

ただし、空気の通り道がないほどに気密性が高いモデルを選ぶと、蒸れやすいので注意が必要。そのため、通気性も併せて確認しましょう。なかには、防水性と通気性を両立する素材を用いているモデルもあります。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

バイクに乗る以上、転倒による打ち身や出血などの外傷のリスクが付きまといます。そのため、外部からの衝撃を緩和するパーツが備わっているか確認しましょう。かかとやつま先など、接触の多い部分を見ておくのがおすすめです。

また、外傷以外にも、捻挫や骨折といったアクシデントの危険性があることにも留意しなければなりません。横や斜め方向、後方への可動域が制限されているかどうかもチェックしておきましょう。

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

快適に長く着用するために、レーシングブーツの機能や見た目にかかわるデザインをチェックするのもおすすめ。ボディサイドにファスナーが大きく設けられている仕様のモデルはスムーズに着用でき、素早く脱げるのが魅力です。

また、なかにはフィット感が細かく調節できるメーカー独自の機能を用いたモノや、ダイヤルを回すだけでホールド感が変えられる便利なモデルも登場しています。

また、素材やパーツのカラーリングによって印象が異なるため、自身の所有するバイクのデザインにあわせて選ぶのもおすすめです。

レーシングブーツのおすすめ

シディ(SIDI) MAG-1

機能性と保護性能に優れたレーシングブーツ

シディ独自の技術「TECNO3 マグネティッククロージャーシステム」が用いられているレーシングブーツ。フィット感を細かく調節できます。ブーツの内部には、カーボンファイバーを使用したブレースシステムを採用。左右の動きが制限されるので、捻挫をはじめとした怪我のリスク低減が期待できます。

足首付近にはTPUバンドを2か所搭載。マグネティッククロージャーシステムとの組み合わせにより、足が前後方向へスムーズに動かせます。機能性と保護性能に優れたレーシングブーツを探している方におすすめです。

シディ(SIDI) ST

さまざまな衝撃から足をプロテクトする

コーナーリング中につま先を保護するスカッフパッドが設けられているレーシングブーツ。スネを守るシンガードや、ふくらはぎを守るバックプロテクションも備わっています。さまざまな衝撃から足をプロテクトするのが特徴です。

くるぶし部にはアンクルサポートを搭載。捻挫をはじめとした怪我のリスクを低減します。また、各種プロテクションは脱着や交換が可能。一部が摩耗したり破損したりしてもブーツ全体を買い替える必要がないのが魅力です。

ブーツ内部には高い機動性とフィット性が備わった伸縮性のあるスリットを搭載。さらに、開閉式のエアーベンチレーションが蒸れを軽減し、長時間快適に履き続けられます。充実の機能が備わったレーシングブーツを探している方におすすめです。

アルパインスターズ(ALPINESTARS) SMX PLUS v2 BOOT 2221019

軽量性と高い耐久性を同時に実現

メイン素材にマイクロファイバーを採用したレーシングブーツ。重量感を覚えにくい軽量性と高い耐久性を同時に実現しています。また、トゥースライダーは着脱式で、摩耗しても交換できるのが魅力です。

ボディ側面には足首まで拡張したヒールカウンターを装備。衝撃吸収性に優れたパッドとアンクルプロテクターが組み合わされています。高性能なパーツによる通気性と耐衝撃性の高さがポイントです。

アッパーとアキレス腱部には人間工学に基づいて設計されたシャーリングを採用。コントロール性と伸縮性に優れているので、スムーズな足の動きをサポートします。ほかにも、ラチェット式トップクロージャーでフィット感が調節できるのもポイントです。

ガエルネ(Gaerne) GP-1 EVO

ガエルネ独自の「フローティングシステム」が用いられているレーシングブーツです。足の操作性を高めるために「センターウィッシュボーンフレーム」を浮かせて配置しているのが特徴。また、剛性のフレームがねじれを制限するので、捻挫をはじめとした怪我のリスク低減が期待できます。

ダイヤルを回すことで調節が行える「BOAクロージャーシステム」を採用。ナチュラルなフィット感が覚えられます。さらに、ダイヤルはワンタッチでリリース可能。素早く緩められ、着脱しやすいのもポイントです。

ほかにも、ラバーガードやスライダー、ヒールショックアブソーバーと、外傷や衝撃からガードするパーツが多く備わっています。高いグリップ力のオリジナルソールを内蔵しているのも魅力です。

ガエルネ(Gaerne) G-RW

高い操作性を実現する「フローティングピボットシステム」を搭載したレーシングブーツ。転倒をはじめとした不測の事態で、横方向やねじれ方向への可動域を制限します。

ボディサイドにはソール近くまで伸びたファスナーが備わっており、着用時に大きく開くので、スムーズにエントリーが可能。また、ストレッチ構造が用いられたベルクロ部分により、フィット感を幅広く調節できます。

さらに、耐震動性に優れた、ガエルネ独自のラバーソールを採用。柔軟性に優れ、幅広いステップワークに対応します。グリップ性も高く、雨の日でも着用できるのが魅力。安全性と操作性を同時に実現したおすすめのアイテムです。

エックスピーディー(Xpd) レーシングブーツ XP3-S

スライダーベースと一体成形のトゥガードを搭載しているレーシングブーツ。高い運動性とフレキシブル性が備わっており、足での操作をサポートするのが魅力です。また、横方向への剛性が高く、捻挫などのリスク軽減が期待できます。

エックスピーディー独自の樹脂成形インソールを使用しており、安全性を高めているのもポイント。高い性能が備わったレーシングブーツを探している方におすすめのアイテムです。

エックスピーディー(Xpd) レーシングブーツ XP9-R

エックスピーディー独自のアングルガードシステム「AGS3」を採用したレーシングブーツです。インナー着脱式で、操作性と安全性を同時に実現。打撲や出血といった外傷から足首を守ります。

スライダーベースと一体成形のトゥガード設計を採用し、フレキシブル性・運動性・横方向への剛性の3つを同時に実現しています。動きの激しいライドなど、幅広いニーズに対応するレーシングブーツを探している方におすすめのアイテムです。

フォーマ(FORMA) ICE PRO FLOW

マイクロファイバー製のアッパーを採用したレーシングブーツ。ブーツ全体にはパンチング加工が施されており、高い柔軟性を実現しています。また、軽量性にも優れ、重さを感じにくいのもポイントです。

バイクに触れる側のヒールには、グリップ性を向上させるためにラバーが設けられています。また、外側面にはエアーインテークが配されているので、通気性の高さも良好。フィット性と操作性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

フォーマ(FORMA) FRECCIA

マイクロファイバー製の外皮が用いられたレーシングブーツ。耐久性に優れ、破れにくく、長く愛用できます。さらに、軽量性と柔軟性も高く、快適な履き心地を実現しているのが魅力です。

ボディにはシンプロテクターを搭載。転倒時をはじめとする衝撃からスネを守ります。また、斜め方向の動きに強い3Dヒールカップ構造が採用されているのも特徴です。

アウトソールには運動性や耐油性に優れたラバーソールを採用。抗菌インナーソールも備えており、快適性が考慮されています。心地よい着用をサポートするおすすめのアイテムです。

レーシングブーツのAmazonランキングをチェック

レーシングブーツのAmazon売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。