ツーリングの際、荷物を運ぶのに便利なバイク用シートバッグ。身体の重心が崩れにくく、安定したバイクの操作が可能です。テールバッグやリアバッグと呼ばれることもあり、多くのメーカーが取り扱っています。

ただし、アイテムによって容量や特徴が異なるため、どのモデルを選べばよいか迷いがちです。そこで今回は、おすすめのバイク用シートバッグをピックアップ。選び方もあわせてご紹介します。

バイク用シートバッグの選び方

用途にあったサイズと容量をチェック

普段使いなら5L以下

By: amazon.co.jp

メインコンパートメントの容量が5L以下のバイク用シートバッグは、通勤や通学をはじめとした普段使いにおすすめ。容量が小さい分、本体サイズもコンパクトなモデルが多く、気軽に持ち運びできて便利です。

なかには、A5サイズのツーリングマップが入れられたり、長財布やモバイルバッテリーを収納できたりと、ポケットが複数搭載されているモデルもあります。一方で、収納できるモノが限られてしまう点には注意が必要です。

日帰りツーリングには5~20L

By: rakuten.co.jp

日帰りツーリングの場合は、ニーズによって必要なコンパートメントの容量が異なります。スマートフォンや財布、レインコートなど、必要最低限のモノだけを携行する場合は5L前後のモデルがおすすめです。

一方、デジタルカメラをはじめとしたアイテムを持っていく場合や、ツーリングの帰りにお土産を購入する場合は容量が20L前後あると快適。ツーリングのスタイルに合わせて容量を選択しましょう。

デイキャンプや1泊2日のツーリングなら25L以上

By: tanax.co.jp

メインコンパートメントの容量が25L以上あるモノは、1泊2日のツーリングに適しています。容量が25Lあれば、着替えや予備の服などが余裕を持って収納可能。レインコートも入れられるので、雨にも対応できます。

また、コンパクトサイズのテントやタープ、食料や調理器具なども入れられるのが特徴。デイキャンプにもおすすめです。帰りにお土産などを買って帰ることもできます。

キャンプや2泊以上のツーリングには40L以上

By: rakuten.co.jp

メインコンパートメントの容量が40L以上あるバイク用シートバッグは、連泊を伴うツーリングにおすすめです。2泊以上の着替えが余裕を持って収納できるほか、予備の着替えも入れられます。

また、テントやタープ、調理器具のほかに寝袋や寝袋用のマットも入れられるので、宿泊を伴うキャンプにも便利。なかにはトップパネルの上に追加で荷物が載せられるモデルもあります。

容量を変えられるものもおすすめ

By: amazon.co.jp

バイク用シートバッグのなかには、ファスナーを開閉することで容量を自由に変えられるモデルがあります。荷物が少ないときには本体サイズをコンパクトにできるのがポイント。荷物の量に応じて、快適なサイズに調節できます。

また、荷物が多いときには容量が増やせるので、旅行先でお土産を購入する際などにもおすすめ。日帰りのツーリングや泊まりがけのライディングまで、幅広いシチュエーションで活躍します。

固定方法と取り付けやすさをチェック

By: tanax.co.jp

バイク用シートバッグを購入する際、固定方法を事前にチェックしましょう。バイク用シートバッグの主な固定方法には、ベルトやゴムコードを用いたモノがあります。また、取り付けやすさもあわせて確認するのがおすすめです。

なお、なかにはタナックスの「Kシステムベルト」やゴールドウインの「Xベルトシステム」など、メーカーが独自に開発した固定方法を用いたモデルもあります。それぞれ着脱のしやすさに工夫が施されているのが特徴です。

持ち運びやすさをチェック

By: amazon.co.jp

トイレに立ち寄る際やサービスエリアで休憩する際、シートバッグを取り付けたままバイクを離れてしまうと盗難に遭う危険性があります。そのため、持ち運びやすさもチェックするのがおすすめです。

ボディ上部に持ち手が付いているモデルなら、簡単に持ち運びができます。また、携行用のベルトが付いているモデルは肩にかけて移動できるのがポイント。シートバッグとしてだけでなく、ショルダーバッグとしても活躍します。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

泊まりがけのツーリングを楽しみたい方や、天気の変わりやすい山道を通る機会が多い方は、防水性能の高さがポイント。防水性に優れたモデルは内部まで水が浸透しにくく、収納した荷物が濡れにくいのが魅力です。

また、レインカバーが付属しているモデルを選べば、急な雨に見舞われても対応可能。なお、容量可変式のバイク用シートバッグを選ぶ際には注意しましょう。レインカバーが容量可変式に対応しているかをあわせて確認するのがおすすめです。

デザインも重要

By: amazon.co.jp

バイク用シートバッグはモデルによってデザインもさまざま。バイクの塗装に合わせてカラーを選べば統一感を出せるのでおすすめです。なかには、複数のカラーをラインナップしたモデルもあります。

また、荷物を収納する以外の用途でも活躍。トップパネルを開くことでテーブルに変形するモノもあるなど、デイキャンプをする機会が多い方におすすめです。

バイク用シートバッグのおすすめ|コンパクト

デイトナ(DAYTONA) HenlyBegins シートバッグ DH-708 95741

オートバイ用のカスタムパーツを取り扱う日本のメーカー「デイトナ」のオリジナルブランド「Henlybegins」が展開するバイク用シートバッグ。低めに設計されたシャープなデザインがスタイリッシュで、スポーツバイクの外観を崩しにくいのが魅力です。

素材には合皮を用いており、シックな雰囲気の質感もおしゃれ。高さが抑えられているので、乗降時の妨げになりにくいのもポイントです。容量は4Lのため、通勤通学などでの普段使いに適しています。A5ツーリングマップ・500mlペットボトル・長財布・純正工具・スマホ・モバイルバッテリーなどの収納が可能です。

また、付属のイージーリングベルトによりスムーズな着脱をサポート。ベルトをシートに巻き、バックル4ヶ所でしっかりと固定できます。おしゃれなうえ手軽に使いやすい、おすすめのバイク用シートバッグです。

クリーガ(Kriega) ドライパック US-5

素材に防水性の高い「420D Cordura Lite」を採用した、100%ウォータープルーフのバイク用シートバッグ。レインカバーが不要で、悪天候時や急な雨のときでも安心して使いやすいのが魅力です。

容量は5Lで、サイズも幅18×奥行き10×高さ29cmとコンパクトなため、通勤や通学などで手軽に使いやすいのもポイント。そのうえ、サイドや底部にはポケットも搭載されており収納力を高めます。

また「YKK止水ファスナー」を採用したサイドポケットにより、防水性も向上。さらに、底部のポケットに採用しているラバーメッシュ素材は、滑りを抑えやすく安定感にも優れています。防水性の高さと使い勝手のよさを兼ね備えた、おすすめのバイク用シートバッグです。

アールエスタイチ(RS TAICHI) スポーツ シートバッグ.10 RSB312

容量10Lで、日帰りツーリングでの荷物を持ち運ぶのにおすすめのバイク用シートバッグ。開口部が大きく、スムーズに荷物の出し入れがしやすくて便利です。内部は仕切りが設けられた2気室仕様なので、整理して収納しやすいのも魅力。仕切りは取り外しができ、荷物の大きさや量に応じて使い分けができます。

また、車体固定用のベルトも付属されており、簡単な固定方法で取り付けがしやすいのも特徴。中央にリングが配置されたオクタフレックスベルトにより、取り付け位置の変更も可能です。さらに、急な雨にも対応しやすい、レインカバーも付いています。

サイズは、幅25×奥行き33×高さ17cmと比較的コンパクトなので、バイクのイメージを崩さずおしゃれに使いやすいのもポイントです。

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ シェルシートバッグ MT MFK-238

スポーティなハードシェル形状がスタイリッシュなバイク用シートバッグ。エアロ形状により、走行時の空気抵抗を和らげやすいのも特徴です。上面の素材にはハードで耐衝撃性に優れたポリカーボネートを採用。下面はソフトで荷物を収納しやすい「1680Dポリエステル」を採用しています。

サイズは、幅25.6×奥行き32.6×高さ19.4~26.4cm。高さが調節できるので、荷物の量に応じて容量を10~14Lまで変えられます。本体上部には持ち手も搭載されており、バイクを離れる場合などでも持ち運びが可能。また、独自の「Kシステムベルト」により、固定方法や着脱が簡単なのも魅力です。

シートを外してベルトを挿し込み、元に戻したシートをベルトで締めて固定し、バックルをバッグに取り付けるだけでセッティングできます。取り付けがしやすいうえ固定力も高く、安定感の高さにおいてもおすすめのバイク用シートバッグです。

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ ミニフィールドシートバッグ MFK-100

本体の両側に備わっているファスナーの開閉により、容量が19~27Lまで調節できるバイク用シートバッグ。デイキャンプや1泊2日程度のツーリングで使用する荷物を持ち運ぶのに適しています。容量可変式なので、お土産の購入など荷物が増えた場合にも便利です。

また、両サイドのポケットや2ヶ所のドリンクホルダーも搭載。小物類を整理して収納したり、水分補給のためにペットボトルを携帯したりできるのもポイントです。さらに「Kシステムベルト」を採用しているため、簡単な固定方法で着脱もスムーズに行えます。

なお、ブラック・アクティブオレンジ・アーバンブルーなどのカラーも展開。愛車に合わせたカラーで選びたい方にもおすすめのバイク用シートバッグです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ターポリンデイパック DBT420

熱圧着固定されたターポリン素材を採用し、高い防水性を備えたバイク用シートバッグ。ロールトップ形状のため、入り口部分からも水が浸入しにくく、より防水性を高めています。荷物の出し入れをスムーズに行いやすいのも特徴です。

また、同モデルには着脱式のショルダーベルトが付いているので、バックパックのように背負っての使用も可能。容量は20Lで、日帰りのツーリングやキャンプなどでの手軽な使用に適しています。背面にはメッシュ素材が採用されており、汗で蒸れにくく快適に背負いやすいのもポイントです。

さらに、空気の排出ができるエアバルブも搭載されているので、圧縮バッグにも活用できます。衣類などのかさばる荷物を運ぶのにも便利です。そのうえ、価格が安いのも魅力。コストを抑えて多機能なバイク用シートバッグを選びたい方におすすめのモデルです。

ゴールドウイン(GOLDWIN) シートバッグ32 GSM27901

1気室のシンプルな構造で使いやすいバイク用シートバッグ。サイズは、最小で幅28×奥行き32×高さ17cmとコンパクトながら、幅が最大62cmまで広げられ、容量が約14~32Lに調節できます。

幅を広げた際にはサイド面からの出し入れも可能で、長さのある荷物を収納するのにも便利です。また、固定方法はメーカー独自の「Xベルトシステム」を採用。X型装着ベルトによってスムーズな着脱をサポートします。シート下にベルトを挟み、バックルをバッグに取り付けて長さを調節するだけで固定完了です。

さらに、本体上部には持ち手が備わっているので、持ち運びがしやすいのも特徴。使い勝手のよさを重視して選びたい方におすすめのバイク用シートバッグです。

ゴールドウイン(GOLDWIN) X-OVER シートバッグ17 GSM27905

普段使いもしやすい、カジュアルでスタイリッシュなデザインが魅力のバイク用シートバッグ。デジタルデザート・ブラック・オリーブのカラー展開があり、好みやバイクの質感に合わせて選びやすいのもポイントです。ショルダーベルトも付いているため、肩から掛けた状態でも持ち運べます。

また、X型装着ベルトにより着脱がしやすいのも魅力です。サイズは、幅26×奥行き38×高さ17~22cm。縦方向への拡張により、容量が約15~17Lまでに調節できます。ツーリングからタウンユースまでおしゃれに使いたい方におすすめのバイク用シートバッグです。

バイク用シートバッグのおすすめ|大容量

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ ミドルフィールドシートバッグ MFK-233

可変式で、容量が29~40Lまでに調節可能なバイク用シートバッグ。着替えなど多くの荷物も収納しやすく、2泊以上のキャンプやツーリングでの使用にも対応できます。サイズは、幅52~68×奥行き28×高さ23cmと、大容量ながらローフォルムで乗降時の妨げになりにくいのも特徴です。

また、開口部が大きめの構造で、荷物が出し入れしやすくて便利。サイドオープンも可能なので、荷物を本体上部に積んだ状態でも横からスムーズに荷物が出し入れできます。

さらに、上部収納袋と両サイドポケットも備わっており、小物やロードマップなどを整理して収納しやすいのも魅力。容量の大きさと収納のしやすさを考慮して選びたい方におすすめのバイク用シートバッグです。

Tacx ツーリングバッグ TAX927

カジュアルかつスポーティなデザインで、タウンユースやアウトドアなどにも汎用的に使いやすいバイク用シートバッグ。持ち手が設けられているうえショルダーベルトも付いているので、ハンドバッグ・バックパック・ショルダーバッグのような使い方もできます。

容量は48Lと多くの荷物が収納できるため、2泊以上のキャンプやツーリングにも対応。また、継ぎ目がない構造で、PVCの防水素材を採用しているため水の侵入を防ぎやすいのもポイントです。

さらに、反射素材マークの搭載により、夜間走行時に周囲への視認性も高めます。そのうえ、価格が比較的安いのも魅力で、コスパの高さにこだわって選びたい方にもおすすめのバイク用シートバッグです。

IRON JIA’S 多機能キャリアバッグ

PVC素材の採用により撥水性が高いうえ、縫い目がない構造で水の侵入も防ぎやすいバイク用シートバッグ。非常に優れた防水性を備えているため、悪天候時のツーリングや急な雨にも対応しやすいのが特徴のモデルです。

また、容量が40Lと収納力も高く、連泊に必要な着替えをはじめキャンプ用のアイテムやヘルメットなども収納できます。ショルダーストラップも付いているので、バイクから取り外しての持ち運びにも便利。さらに、開口部も広く、スムーズに荷物を出し入れしやすいのもポイントです。

蛍光色のカジュアルでおしゃれなデザインも魅力で、イエロー・グリーン・ピンクなどのカラーも展開。多機能でデザイン性の高さも併せ持つ、おすすめのバイク用シートバッグです。

ロックブロス(ROCKBROS) ツーリングバッグ

約55Lと大容量で、キャンプや2~3泊を想定したツーリングにおすすめのバイク用シートバッグ。ウェア類をはじめ、テント・グランドシート・折りたたみチェア・エアーマット・寝袋・ヘルメットなども収納できます。

また、ロールトップ式なので、荷物の量に応じて先端部分を折りたたみ、容量の調節も可能。素材には撥水性が高いPVC生地を採用しているため、防水性に優れているのも特徴です。

さらに、ショルダーベルトも付属されており、ショルダーバッグ・リュック・ボストンバッグとしても使用できます。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) キャンプツーリングシートバッグ DBT523-BK

6点固定によりズレを防ぎやすいバイク用シートバッグ。本体の前面と後面には3mm厚のPEボードが3枚内蔵されており、固定用バックルと接続されているため、ベルトの張力でシートに密着し走行時の安定性向上に貢献します。

容量は通常時で60Lで、ツーバーナーコンロにアウトドアテーブルといったキャンプ道具も余裕をもって収納可能。さらに、両サイドの拡張で容量が最大で80Lまで増やせます。

本体上部にも積荷スペースを配置。内部に入らない荷物も固定できます。収納力が高く安定して多くの荷物を運びやすい、おすすめのバイク用シートバッグです。

デイトナ(DAYTONA) HenlyBegins ツーリングシートバッグ BASIC DH-724 97980

両サイドに備わっている可変ファスナーの開閉で、容量53~70Lまで調節できるバイク用シートバッグ。大容量で多くの荷物が持ち運べるうえ、お土産購入などで増えた荷物の収納にも対応できます。さらに、サイドポケットとドリンクホルダーもそれぞれ2カ所搭載。より収納力を高めます。

また、広い設計の開口部に加え、両サイドのオープンもできる仕様。荷物のスムーズな出し入れもサポートします。大容量で、小物類なども整理して収納しやすい、おすすめのバイク用シートバッグです。

LASIEYO 66L大容量ツーリングバッグ

66Lの大容量で、折りたたみにより収納力の調節もできるバイク用シートバッグ。隙間をなくしたシームレス構造で水の侵入を防ぎやすく、素材にはPVC生地を採用しているため、高い防水性を備えているのも特徴です。

なお、開口部を大きく開ける仕様で、荷物を出し入れするのにも便利。また、本体には反射材が配置されているので、夜間走行時に周囲への視認性が向上し、安全性に配慮して使えるのもポイントです。

さらに、ショルダーストラップが付属しており、手持ちや肩掛けでの持ち運びも可能。収納力が高く、汎用性にも優れたおすすめのバイク用シートバッグです。

バイク用シートバッグの売れ筋ランキングをチェック

バイク用シートバッグのランキングをチェックしたい方はこちら。