自転車のなかでも汎用性の高い「クロスバイク」。大きめのホイールと細いタイヤ、アップライトな乗車ポジションが特徴で、最近は使い勝手のよさから通勤に活用しているビジネスマンも増えてきています。

そこで今回は、おすすめのクロスバイクをご紹介。街乗りに便利なモデルをピックアップしたので、特に初めてクロスバイクの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

クロスバイクとは?

By: trekbikes.com

クロスバイクとは、自転車の種類ひとつで「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特徴を兼ね備えたスポーツ用自転車。マウンテンバイクほどハードなオフロードには適していませんが、ロードバイクのように舗装路のみでの使用目的ではないモデルです。ロードバイクのように前傾姿勢を取る必要もなく、シティサイクルに近い感覚で乗ることができます。

なお、クロスバイクにはその性質から、マウンテンバイクよりのモデルとロードバイク寄りのモデルがあり、ロードバイク寄りのモデルは「フラットバーロード」とも呼ばれます。

クロスバイクの主な用途

By: trekbikes.com

クロスバイクは、マウンテンバイクとロードバイクの中間的存在。両者のよい所を取った汎用性の高いスポーツバイクで、通勤や通学の移動に使えることはもちろん、オフロードにもおすすめです。

また、ロードバイクで言うところの“ツーリング”とは異なり、“ポタリング”と呼ばれるように気のままに走ったり、ダイエットとして使えたりとマルチに使える自転車としても人気。いきなりロードバイク・マウンテンバイクを購入するのは本格的すぎて気が引けるという方にもクロスバイクがおすすめです。

クロスバイクの魅力

コスパ良好でスポーツバイク入門にもぴったり

クロスバイクは5〜8万円程と比較的安価な価格帯で購入可能。とはいえ、マウンテンバイクやロードバイクに使用されているのと同じパーツが採用されていることもあり、今後はこのいずれかに挑戦したい方にとっても最初のステップとして最適です。

軽量で漕ぎやすい

By: trekbikes.com

シティサイクルの重量は20~30kg程度ですが、クロスバイクは10~15kg程度と軽量。さらに、クロスバイクは一般的なシティサイクルと比べるとタイヤが細く、スピードを出しやすいのが特徴です。前かごや荷台など、走行に直接関係のないパーツがそぎ落とされているので、身体の力が伝わりやすく軽々と漕ぐことができます。

クロスバイクの選び方

用途で選ぶ

通勤・通学用途

By: tokyobike.com

毎日の通勤・通学でクロスバイクを使用する場合、ある程度軽くて扱いやすく、頑丈であることが必要です。

通勤・通学での使用は停車・駐車をすることも多いため、車体が重たすぎるとちょっとした持ち運びに一苦労します。軽量化を求めすぎる必要はありませんが、持ち運びと取り扱いが楽に行える軽めの車体がおすすめです。

また、車体とタイヤは十分な頑丈さを備えたものを選ぶことで、通勤時のパンクなどのトラブルを避けられます。細すぎるタイヤは避けましょう。

太すぎても重量が出てしまい運転に脚力を必要としてしまうため、細すぎず太すぎないタイヤがおすすめ。通勤・通学用途では、走りのよさや扱いやすさ、丈夫さをバランスよく兼ね備えたクロスバイクを選ぶことが大切です。

サイクリング用途

本格的にサイクリングをするためにクロスバイクを選ぶ場合は、何よりも走りの快適さを重視することが大切。車体は細めで、スムーズで軽快に走れる細いタイヤを選びましょう。

また、長距離を走るサイクリング用途のクロスバイクであれば、疲れにくいということも重要。振動を吸収し体への衝撃を軽減してくれる車体、一定のスピードを保ち足への負担を軽減できるギアの多いものを選ぶことがおすすめです。

アウトドア用途

舗装されていない道、険しいオフロードなどのアウトドアシーンで利用するクロスバイクは、マウンテンバイクよりの機能を備えたものを選ぶことが大切です。過酷なシーンでも問題なく活躍できる、より頑丈で丈夫な車体とタイヤを選ぶ必要があります。

タイヤはデコボコ道でも安定した走りを保て、高いクッション性を発揮してくれる太めのものを選びましょう。また、振動を吸収してくれる柔らかくしなやかなフレームを選ぶことで、体への衝撃を軽減できます。

体に合ったサイズを選ぶ

By: trekbikes.com

クロスバイクだけでなく自転車全般に言えることですが、体に合ったサイズを選ぶことは実は非常に重要です。

サイズが自分の体に合っていないクロスバイクは、乗っていて必要以上に疲れてしまいます。サイズの相違が大きければ大きいほど体への負担は大きく、酷い場合は体を痛めてしまうことがあるほど。

クロスバイクの場合は、フレームサイズで自分のサイズ選択をします。フレームサイズとは、サドルの下からペダルを取り付けている部分までの長さで、クロスバイクの股下のようなイメージです。

サイズが大きくなるほど股下部分が長くなり、小さくなるほど短くなります。自分の股下のサイズにフレームサイズを合わせてサイズを選びましょう。

重量で選ぶ

By: tokyobike.com

クロスバイクは車体の重量によっても特徴が大きく異なります。重量が重ければ、持ち運びや扱いは大変になってしまいますが、その分頑丈でタフな走りをすることが可能です。

一方、軽ければ、軽さの分だけ加速が楽になり軽快で快適な走りを実現してくれます。ただし、扱いが難しくパンクやトラブルの恐れがあるため、注意しておきましょう。目安としては、通勤・通学用途なら11kg前後、サイクリング用途なら10kg前後、アウトドア用途なら12kg以上の重量がおすすめです。

フレームの素材で選ぶ

スチール

By: amazon.co.jp

自転車に使われるフレームのなかでも歴史の長い素材が、スチール。主成分は鉄で作られていることもあり、丈夫という特徴があります。また、ほかの素材と比べ価格が安いのも魅力です。

ただし、重量が重いという欠点があります。他のフレーム素材と比べてももっとも重く、クロスバイクなど軽量化を目指す自転車では使用されることが少ない素材です。

そのほか、錆びやすく、小さい傷などから水が侵入し徐々に錆びてしまうことで、見た目がボロく見えてしまいます。ある程度の機能性をクロスバイクに求めるのであれば、スチールはあまりおすすめできません。

クロモリ

By: amazon.co.jp

スチール素材に「クロム」と「モリブデン」を混合させて作られた合金素材です。クロモリの大きな特徴は、耐久性が高く振動吸収性に優れていること。

素材としての強度が高く、普段使用の自転車としてであれば長く愛用することができるフレーム素材です。また、しなやかな柔軟性を持っていることで走行中の振動を吸収するため、心地よい乗り心地を実現してくれます。

鉄が主成分であるため、アルミやカーボンと比べると重く錆びやすい点がクロモリの欠点です。しかし、強度の高さ、フレームの細さゆえのスタイリッシュな見た目など、それを補う魅力も十分に備えています。

比較的安い価格もクロモリが持つ魅力のひとつ。価格・機能性ともにバランスの取れたクロモリは、初心者におすすめです。

アルミ

By: trekbikes.com

現在、自転車のフレームの定番素材として使われているのがアルミ。軽さと耐久性を兼ね備えた扱いやすい素材です。

柔軟性はあまりないことから、振動の吸収性は他の素材に比べて劣ります。ただ、通勤・通学用途など、普段使いであればあまり気にする必要はありません。

素材の性質上、錆は発生しないため手入れがしやすい素材です。また、価格は非常に安いため、コストパフォーマンスにもっとも優れた素材といえます。

カーボン

By: amazon.co.jp

サイクリング用途など上級者向けの素材として人気を集めるのが、カーボン。軽量で快適、軽快な走りを実現してくれます。

しなやか素材でドライバーへの振動を吸収してくれるため、乗り心地は抜群。単純に走りよさという部分だけなら、間違いなくもっとも優れた素材です。

カーボンの欠点は、耐久性の低さ。特に、1箇所にピンポイントで強い衝撃が加わると簡単に割れてしまいます。非常にデリケートに扱う必要があり、街乗りや初心者にはおすすめできません。

また、他の素材と比べ値段が高いという特徴もあります。フレームの全体にカーボンが使われているクロスバイクであれば、は数十万円以上するものもあるほどです。

ギアの変速段数で選ぶ

By: trekbikes.com

クロスバイクに搭載されているギアの変速段数は、1から27程度までとモデルによってさまざまです。

ギアの変則段数がたくさんあるのは、足にかかる負荷を常に一定に保つため。坂道などさまざまな環境で変化するペダルの重さをギアの重さで調整することによって常に一定に保ち、疲労を軽減してくれます。

長距離を走行したり、時速30km以上で走行したりするためのクロスバイクを探している場合は、より快適に走るため多くのギアが付いたモデルを選ぶのがおすすめです。通勤・通学など普段乗りなら7~9前後の変速段数、サイクリング用途の場合なら21以上の変速段数のモデルを選びましょう。

タイヤの太さで選ぶ

タイヤは、太さによって大きく特徴が異なります。太ければ太いほど走行時の安定性を高めることが可能です。タイヤが太い分、多少の障害物があっても左右にぐらつきません。

また、太い分クッション性も高く乗り心地もよくなることも特徴のひとつです。ただその分、スピードが出しにくく加速のためには脚力を要するという欠点があります。

反対に、細ければ細いほど軽くなり、その分スピードが出やすく軽快な走りが可能です。しかし、細さゆえに車体を安定させることが難しくなります。また、空気圧などしっかりメンテナンスしておかなければ、軽い衝撃でもパンクしてしまうということも欠点のひとつです。

ホイールの太さは「28C(=mm)」という単位で記載します。初心者など通勤・通学用途におすすめなのは、太めの28C。より太い32Cは、グリップ力が高く坂の上りや下りが楽になるので、アウトドア用途におすすめです。

拡張性の高さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

クロスバイクの楽しみとして、自分なりにカスタマイズできることが挙げられます。利用するシーンや目的に応じて機能、パーツを拡張できるのかなど、拡張性の高さも重要な要素です。

通勤・通学用途であれば雨対策の泥除け、駐車を楽にしてくれるスタンドなどがあるとより便利。また、サイクリングやアウトドア用途では、水分補給のためのボトルケージや速度、走行距離などを計れるサイクルコンピューターを取り付けたりすることもあります。

より快適にクロスバイクを楽しむためには、こういったオプションパーツを取り付けられる規格になっているのか、また広く使われて流通している規格なのかを確認することも大切です。

クロスバイクのおすすめ人気モデル

ビアンキ(BIANCHI) クロスバイク Camaleonte-1

ビアンキ(BIANCHI) クロスバイク Camaleonte-1

ビアンキは1885年イタリアで誕生した、現存する中では世界最古の名門自転車ブランド。世界中に愛用者が存在するビアンキが、マウンテンバイク的な走りを想定して作った人気のクロスバイクです。

本製品は、タイヤ幅が28Cと安定感のある走りを楽しめるのが特徴。通勤・通学の普段使いでもアウトドアシーンでも利用が可能です。アルミ素材のフレームはオフロードでも抜群の耐久性で安心。

また、フレームとサドルの設計にも工夫がされており、より高い衝撃吸収性を発揮することも大きな特徴のひとつといえます。ビアンキ伝統カラー「チェレステカラー」のおしゃれな雰囲気も、人気の理由です。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX 3

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX 3

1972年台湾創業のジャイアントは、コストパフォーマンスが評判な初心者から特に人気のブランド。他のメーカーで6〜7万円する品質の商品でも、ジャイアントなら同じレベルの品質で4〜5万円で購入できるなど、低価格と高品質が大きな魅力です。

本製品は、ジャイアントの人気シリーズESCAPE RXシリーズ。フレームはアルミ素材を使用し、重量は10.4kgと普段使いなら十分に扱いやすい軽さです。タイヤの太さは28Cで、街乗りにおいて快適な走りを実現してくれます。

また、耐久性の高さも兼ね備えており、通勤・通学時のトラブルも起きにくく安心。走りの快適性、頑丈さを兼ね備えながら、低価格を実現しており、クロスバイク初心者の方や通勤・通学用途におすすめです。

トレック(TREK) Dual Sport 4

トレック(TREK) Dual Sport 4

1976年創業のアメリカを代表するブランド。最先端技術をうまく取り入れた性能の高い自転車を生み出すトレックの万能クロスバイクです。

街中での走行や長距離のサイクリング、アウトドアシーンでの走行、いかなるシーンでも対応できる万能な機能を備えています。トレックが誇る高機能なアルミをフレームが、耐久性の高さと軽さを実現。

また、前輪にサスペンションを搭載することで大きな衝撃も吸収し、ドライバーに負担がかかりません。ラック・キックスタンド・フェンダー・ライトなどを簡単に取り付けられる、拡張性の高さも特徴のひとつ。

価格は少し高くなりますが、サイクリングもアウトドアも楽しみたいというアクティブな方にぴったりなモデルです。

ジオス(GIOS) クロスバイク AMPIO

ジオス(GIOS) クロスバイク AMPIO

1948年に創業されたイタリアの老舗ブランド。「ジオスブルー」と呼ばれる青いカラーがブランドの象徴として知られています。

アンピーオはジオスを代表するクロスバイクで、クロモリ素材のフレームを使用した細身な車体が魅力。イタリアブランドらしいスタイリッシュなデザインです。

衝撃吸収性に優れたクロモリ素材は、長時間の走行でも苦になりません。また、タイヤは25Cの太さで、スピードが出やすく軽快で快適な走りを楽しめます。サイクリングなど長距離のツーリングにおすすめです。

キャノンデール(Cannondale) BAD BOY 3

キャノンデール(Cannondale) BAD BOY 3

キャノンデールは、1971年アメリカコネティカット州にて創業。アルミフレームの性能の高さが有名な、アメリカを代表するブランドです。

なかでも人気のバッドボーイシリーズは、その名前の通り全てを黒で統一した男らしくクールなデザインが魅力。エレガントさとストリート感を兼ね備えた、現代的な見た目のクロスバイクです。

タイヤ太さは40Cとかなりの太さで、どんなアウトドアシーンでも高い安定性とクッション性を発揮。また、見た目からも分かるタイヤの太さは、デザイン面でも無骨さをプラスしています。

ほかのクロスバイクにはないおしゃれなデザインは、アウトドアシーンだけでなく都会を走り回るクロスバイクとしてもおすすめです。