自転車のなかでも汎用性の高い「クロスバイク」。高速走行が可能なロードバイクと、走破性が高いマウンテンバイクのいいとこ取りをした自転車で、最近は使い勝手のよさから通勤に活用しているビジネスパーソンも増えてきています。

そこで今回は、おすすめのクロスバイクをご紹介。街乗りに便利なモデルをピックアップしたので、とくに初めてクロスバイクの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

クロスバイクとは?

By: rakuten.co.jp

クロスバイクは自転車の種類のひとつで、「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特徴を兼ね備えたスポーツ用自転車です。ロードバイクのように舗装路を軽快に走りつつ、マウンテンバイクのようにちょっとした悪路や段差にも対応できます。ロードバイクほど前傾姿勢にならないので、シティサイクルに近い感覚で乗れるのが魅力です。

クロスバイクの主な用途

クロスバイクは、平地でスピードを出せる「走行性」と、多少の悪路でも走れる「走破性」を合わせ持った汎用性の高いスポーツバイク。中長距離を走行するツーリングをはじめ、街中を気ままに走るポタリング、そして通勤・通学にも対応できます。1台でさまざまな場所へ行きたい方におすすめです。

クロスバイクの魅力

コスパ良好でスポーツバイク入門にもぴったり

クロスバイクは3〜8万円程と、スポーツバイクとしては比較的安価な価格帯で購入可能。なかには、ロードバイクやマウンテンバイクに使用されているパーツと同じモノが採用されているモデルもあります。

安いモデルは形状だけクロスバイクに似せたモノで、街乗りなら可能ですが、ツーリングには不向き。スポーツとして本格的に乗りたい方は5万円以上のモデルがおすすめです。

軽量で漕ぎやすい

シティサイクルの重量は20kg前後ですが、クロスバイクは10kg程度と軽量。さらに、一般的なシティサイクルと比べるとタイヤが細く、スピードを出しやすいのが特徴です。前かごや荷台など、走行に直接関係のないパーツが省かれているので、身体の力が伝わりやすく軽々と走行できます。

クロスバイクの選び方

用途で選ぶ

通勤・通学用途

By: facebook.com

毎日の通勤・通学でクロスバイクを使用する場合、軽量化を求めすぎる必要はありませんが、ある程度のスピードを出したい場合は軽さが必要です。

また、車体とタイヤは十分な強度を備えたモノを選ぶことで、パンクなどのトラブルを抑えられます。太すぎると漕ぐ際にパワーを必要とするので、細過ぎず太すぎないタイヤがおすすめです。

サイクリング用途

本格的にサイクリングをするためにクロスバイクを選ぶ場合は、走りの快適さを重視することが大切。車体は細めで、軽快に走れる細いタイヤを選びましょう。

また、長距離を走るサイクリング用途のクロスバイクであれば、疲れにくさも重要。振動を吸収し身体への衝撃を軽減してくれるモデルや、一定のスピードを保ち、足への負担を軽減できるギアの多いモデルを選ぶのがおすすめです。

アウトドア用途

舗装されていない道や、険しいオフロードなどのアウトドアシーンで使用する場合は、マウンテンバイク寄りの機能を備えたモノを選ぶことが大切です。過酷なシーンでも問題なく走れる、より頑丈な車体とタイヤを選ぶ必要があります。

タイヤは不安定な道でも安定した走りを保てるかつ、高いクッション性を発揮する太めのモノを選ぶようにしましょう。また、振動を吸収できる柔らかくしなやかなフレームを選ぶことで、身体への衝撃を軽減できます。

体にあったサイズを選ぶ

クロスバイクだけでなく自転車全般にいえることですが、体にあったフレームサイズを選ぶことが重要です。フレームサイズとは、サドルの下からペダルを取り付けている部分までの長さを指します。

サイズが自分の体にあっていないクロスバイクは、必要以上に負担がかかるため危険です。クロスバイクを購入する際は、自分の体にあったフレームサイズの車体を選ぶようにしましょう。

重量で選ぶ

重量が重ければ持ち運びや扱いは大変ですが、その分頑丈でタフな走りをすることが可能です。一方、軽ければ加速がラクになり、軽快で快適な走りが楽しめます。目安としては、通勤・通学用途なら11kg前後、サイクリング用途なら10kg前後、アウトドア用途なら12kg以上の重量がおすすめです。

フレームの素材で選ぶ

スチール

By: asahi.co.jp

スチールは、自転車に使われるフレームのなかでもとくにメジャーな素材。鉄を主成分に作られていることもあり、強度が高いという特徴があります。また、ほかの素材と比べ価格が安いのも魅力です。

一方、重いのが欠点。クロスバイクなどでは使用されることが少ない素材です。そのほか、錆びやすいのも懸念点。機能性よりも価格を重視したい方に適した素材です。

クロモリ

By: amazon.co.jp

スチール素材に「クロム」と「モリブデン」を混ぜて作られた合金素材です。クロモリの大きな特徴は、耐久性が高く振動吸収性に優れている点。普段使いであれば長く愛用できます。また、高い柔軟性を備えているのもポイント。走行中の振動を吸収するため、快適な乗り心地が楽しめます。

スチールと同じく鉄が主成分なので、アルミやカーボンと比べると重く錆びやすいのがクロモリの懸念点。しかし、価格も比較的リーズナブルで機能性とのバランスに優れているため、初めてクロスバイクに乗る方にもおすすめの素材です。

アルミ

By: giant.co.jp

最近、自転車フレームの定番素材として採用されているのがアルミ。軽さと耐久性を兼ね備えた扱いやすい素材です。振動の吸収性はほかの素材に比べて劣りますが、通勤・通学用途など、普段使いであればそこまで気にする必要はありません。

素材の性質上錆が発生しにくいため、手入れもしやすいのがポイント。性能の割に安価でコストパフォーマンスに優れているのも特徴です。

ギアの変速段数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

クロスバイクの乗り心地を左右するのがギア。段数が多いと、坂道などの環境で変化するペダルの重さを平均化できるので、体力のロスを抑えることができます。

長距離を走行したり、時速30km以上で走行したりするためのクロスバイクを探している場合は、多くのギアが搭載されたモデルを選ぶのがおすすめです。通勤・通学など普段乗りなら7~9前後、サイクリング用途なら21以上の変速段数を備えたモデルを選ぶようにしましょう。

タイヤの太さで選ぶ

By: giant.co.jp

タイヤが太いほど障害物にもグラつかず、走行時の安定性を高められます。また、太い分クッション性も高く、乗り心地がよいのも特徴のひとつ。一方、スピードが出しにくく、加速のために脚力を必要とするのが欠点です。

反対に、細ければ細いほど軽くなり、その分スピードが出やすく軽快な走りが可能。しかし、細さゆえに車体を安定させることが難しくなります。さらに、しっかりとメンテナンスしなければ、軽い衝撃でパンクしてしまうのも欠点のひとつです。

ホイールの太さは「C(=mm)」という単位で記載します。通勤・通学用途におすすめなのは太めの28C。より太い32Cは、グリップ力が高く坂の上りや下りがラクになるので、アウトドア用途におすすめです。

拡張性の高さで選ぶ

By: facebook.com

クロスバイクの楽しみとして、自分なりにカスタマイズできることが挙げられます。使用するシーンや目的に応じて機能やパーツを取り付けられる、拡張性の高さも重要な要素です。

通勤・通学用途であれば、雨対策の泥除けや駐車をラクにするスタンドなどがあると便利。また、サイクリングやアウトドア用途では、水分補給のためのボトルケージや速度・走行距離などを計れるサイクルコンピューターを取り付けるのもおすすめです。

より快適にクロスバイクを楽しみたい場合は、オプションパーツを取り付けられる規格に対応しているかも確認しておきましょう。

クロスバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: bianchi.com

「ビアンキ」はイタリアの老舗自転車メーカー。1885年に小さな自転車店からスタートし、現存する自転車ブランドのなかでは世界最古として知られています。

イタリア語で「青い空」を意味する、淡いライトグリーンの「チェレステ」をイメージカラーとしているのもポイント。ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロなど、さまざまなタイプの自転車を数多く展開しています。

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

「ジャイアント」は1972年に台湾で設立された自転車メーカー。自転車生産量は世界一といわれており、幅広い製品をラインナップしています。これまで培ってきた技術とノウハウを活かしており、クオリティも良好。コストパフォーマンスの高さにも定評があります。

なお、2010年からは女性向けの自転車ブランドとして「Liv(リブ)」を展開しているのも特徴。女性の体格や乗りやすさを考慮しているのはもちろん、小柄な方でも無理なく乗れるモデルの生産にも力を入れています。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

「ルイガノ」 は、1983年にスタートしたカナダのスポーツ用品メーカー。創業者がもともと自転車のトラック競技選手だったこともあり、サイクリング製品を豊富に取り扱っています。

ヘルメットやライト、スタンドなど、オプションパーツが充実しているのもポイント。なお、日本では株式会社あさひが商標使用許可を得て販売をしています。

クロスバイクのおすすめ人気モデル

ビアンキ(Bianchi) C・SPORT 2

ビアンキの人気クロスバイク「カメレオンテ」の後継車種にあたる「C・SPORT」シリーズの上位モデルです。軽量なアルミ製フレームに38mm幅のタイヤを採用。地面からの突き上げを軽減し、快適な乗り心地を提供します。

雨天時でも制動力が落ちにくい油圧ディスクブレーキを搭載。少ない力で操作できるため、握力が弱い方やロングライドを楽しみたいという方にも適しています。

ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様で、さまざまな道路環境に対応が可能。高い走行安定性と操縦性を両立するおすすめのクロスバイクです。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX2

走りの軽さと快適な操作性で人気のクロスバイク。スポーティでありながら、長く乗り続けても疲れにくいのが特徴です。フレームには軽量アルミ素材の「アラックスSL」を採用し、ブレーキにはシマノ製のVブレーキを搭載。的確なスピードコントロールと、しっかりとしたブレーキングが可能です。

ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様。カラーはマットイエローとマシーングレイの2色をラインナップしています。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX DISC

制動性とコントロール性に優れる、シマノ製の油圧ディスクブレーキを搭載したクロスバイク。軽い操作感で、減速や急停止をスムーズに行えるのが特徴です。また、水にも強く、雨天時でも安定して走行できます。

フレームには、軽量アルミ素材の「アラックスSL」を採用。ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様で、坂道の多い街中でも爽快に駆け抜けられます。高性能ながら、比較的安価な価格設定でコスパも良好。カラーはマットブラックとシルバーをラインナップしています。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX 3

初めてクロスバイクの購入を検討している方におすすめのモデル。クロスバイクのなかでは手を出しやすい価格に設定されており、気軽にサイクリングを楽しめます。

フレームには、軽量アルミ素材で剛性も高い「アラックスSL」を採用。やや厚みのあるサドルやそれを支えるシートピラー「D-FUSE」は、路面からの衝撃をしっかりと緩和するので乗り心地も安定しています。

ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様。カラーはブルー・レッド・ホワイト・ブラックの4色をラインナップしています。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

ロングセラーモデルとして知られているクロスバイク。サドル下のシートステイがしっかりとベンドしており、路面からの衝撃を軽減してくれるのが特徴です。フレームには、軽量なアルミ素材の「アラックス」を採用。ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様で、ブレーキはVブレーキを採用しています。

機能面が充実していながら、リーズナブルなのも魅力。カラーはオーシャングリーン・マンゴー・ブルー・ホワイト・ブラックトーンの5色をラインナップしています。トータルバランスに優れているので、エントリーモデルのクロスバイクを探している方はチェックしておきましょう。

ジャイアント(GIANT) CROSTAR

初心者用クロスバイクとして人気のESCAPE R3と比べて、軽量性に優れた「CROSTAR」。重量が9.7kgと同価格帯のクロスバイクでは最軽量クラスで、ジャイアントの新たなエントリーモデルとして注目が高まっています。

ESCAPE R3との最大の違いはフォーク部分。ESCAPE R3はクロモリ製のベンドフォークなのに対して、CROSTARはアルミ製のストレートフォークを採用しています。素材のぶん軽くなっており、クイックな操作が可能です。

タイヤの太さは、走行性と走破性を両立した28C。駆動系にはシマノの2×8コンポーネントを採用しており、平地から急な坂まで快適に走れます。街中でアグレッシブに乗り回したい方におすすめのクロスバイクです。

ジャイアント(GIANT) Liv ESCAPE R3 W

女性向け自転車シリーズ「Liv」のクロスバイク。各種パーツを女性の体型にあわせて最適化しているのが特徴です。

フレームには軽量なアルミ素材の「アラックス」を採用。ペダルはパンプスなどでも滑りにくく、靴底を痛めないように配慮されています。また、サドルは女性の骨盤にあわせた専用設計。ギアの変速段数は、フロント3×リア8の24段仕様です。

カラーはパールミント・マットマゼンタ・パールホワイト・サファイアブラックの4色をラインナップ。通勤・通学はもちろん、エクササイズとしてクロスバイクを取り入れたい女性にもおすすめです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) MULTIWAY 27.5

ちょい乗りにおすすめのクロスバイク。ギアの変速段数はリアのみの7段仕様で、パンクしにくい太めのタイヤを採用しているのが特徴です。

フレームには軽量で丈夫なアロイ(アルミ合金)を採用。位置が低く設定されているので、跨ぎやすい仕様になっています。ブレーキは前後に装備したフィン付きのローラーブレーキを搭載。常時点灯式のLEDライトが付属しているのも魅力です。

カラーはマットダークオレンジ・LGホワイト・LGブラックの3色をラインナップ。シティサイクルに適したモデルを探している方はチェックしてみてください。

トレック(TREK) FX 1 Disc 2020年モデル

アメリカの自転車ブランド、トレックのクロスバイク「FX 1 Disc」。独自製法のAlpha Goldアルミニウムフレームを採用しているのが特徴で、負荷のかかる部分は厚く、強度がそれほど必要ない部位を薄くすることにより、剛性と軽量性を両立しています。

タイヤはやや太めの35Cを採用。クロスバイクとしては安価な価格帯でありながらディスクブレーキを搭載しており、雨天などの滑りやすい状況でも高い制動性を実現しています。悪天候でも安定した走行が可能です。

2019年モデルはフレームの外側にケーブルが配線されていた一方、2020年モデルからはフレームに内蔵されているのもポイント。見た目がスッキリするほか、ケーブルを引っ掛けて断線するといったリスクも抑えられます。クロスバイク初心者にもおすすめのモデルです。

キャノンデール(CANNONDALE) Quick 5 2021年モデル

キャノンデールのクロスバイクのうち、エントリーモデルに位置する「Quick 5」。クロモリフォークと機械式ディスクブレーキを採用することで、コストを下げているのが特徴です。2020年モデルから大きな変更点はありませんが、ロゴがシンプルになっています。

フレームには、衝撃吸収性が高い「SAVEマイクロサスペンション」システムを採用。また、前輪をやや前方に配置することでスムーズなハンドリングを実現するなど、キャノンデールの高度な技術力が生かされています。コスパに優れたおすすめのクロスバイクです。

フジ(FUJI) TALAWAH 2021年モデル

2021年から新しくFUJIのSports Utility Bikeとしてラインナップされた「TALAWAH」。しなやかで丈夫なクロモリフレームのほか、27.5×1.75サイズの太めのタイヤを採用することで、快適な走りを実現しています。

また、シマノの油圧ディスクブレーキを搭載。雨の日でも制動性が高いので、毎日の通勤通学にも対応できます。スポーティ過ぎないシンプルなデザインのため、ファッションの自由度が上がるのもポイント。シーンを問わずに乗れるおすすめのクロスバイクです。

ジオス(GIOS) MISTRAL

イタリアのトリノを拠点とする「ジオス」のクロスバイクです。フレームにはアルミニウムを採用しており、耐久性と軽量性に優れています。また、フォークにクロモリを採用しており、衝撃吸収性に優れているのもポイントです。

ブレーキにはシマノ製のVブレーキを採用。ホイールをしっかりとはさんで減速するため、制動性が高いのも魅力です。ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様。シティサイクルからの乗り換えを考えている方はチェックしてみてください。

ジオス(GIOS) AMPIO

フロント2×リア8の16段ギアを搭載したクロスバイク。重量は約9.7kgと軽量かつ、25Cの細いタイヤを採用しているので軽快な走行が楽しめます。

フレームとフォークは、路面からの衝撃吸収性に優れたクロモリ素材を採用。フレームは470〜570の4サイズがラインナップしており、身長155〜190cmに対応しています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) TB1 TB420

通学や通勤に便利な機能を搭載したクロスバイクです。フレームの素材には、10万回のJIS耐久疲労テストに合格したアルミを採用しています。タイヤは、低空気圧走行に強い仕様の「ロングレッド」を採用。チューブの摩耗や、パンクのリスクを抑えられるのが特徴です。

ライトは電池がいらないハブダイナモ発電式で、暗くなると自動で点灯します。うっかりライトをつけ忘れるといった心配を軽減できるのがポイント。本製品には、泥除けやサイドスタンドが標準装備されているので、シティサイクルのように気軽に乗れます。

また、オプションでフロント・リヤキャリヤを付けることも可能。ギアの変速段数は7段なので、通学や通勤など普段乗りに適しています。カラーラインナップが豊富で、自分好みのモノを選べるのも魅力です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) シルヴァFR16

ブリヂストンが「街乗りスポーツバイク」として位置付ける、シルヴァシリーズのスタンダードモデル。スポーティな走行が可能な基本性能を備えていることに加え、配色など、デザイン性に配慮されているのがポイントです。

ギアの変速段数はフロント2×リア8の16段仕様。坂道が多い場所でも快適に走れます。ズボンの裾の巻き込みを防ぐギヤガードも搭載しているので、通勤用としても安心して使用可能。品質・デザイン・価格のバランスが取れたおすすめのクロスバイクです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) マークローザ7S

By: bscycle.co.jp

通勤通学などの街乗り用に適した、ブリヂストンのクロスバイク。LEDライトや泥除けフェンダー、チェーンガート、鍵など、普段使いに必要なモノが標準で備わっています。また、スポーティクッションサドルを採用しており、乗り心地も快適。シティサイクルやママチャリからのステップアップに最適です。

アルミフレームはスタッガードタイプで、跨ぎやすさに配慮されているのもポイント。さらに、抵抗が少なく走りやすいセンタースリックタイヤを採用しているため、走行性能にも優れています。リーズナブルな価格も魅力のクロスバイクです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) オルディナF8B

By: bscycle.co.jp

錆びにくく、ほぼメンテナンスフリーのカーボン製ベルトドライブを採用したクロスバイクです。リアはVブレーキ、フロントには雨の日でも制動力が落ちにくいディスクブレーキを搭載しています。

また、タイヤには32Cサイズの「パンクガード付リベルクタイヤ」を採用。パンクのリスクが少なく、乗り心地に優れているのがメリットです。日常的に安心して使えるクロスバイクを探している方はチェックしてみてください。

リグ(LIG) LIG MOVE

比較的リーズナブルな価格のクロスバイク。フレーム素材にアルミを採用し、軽量化に配慮されているのが特徴です。

ギアの変速段数はリアのみの7段仕様で、やや太めのタイヤを採用。ブレーキは従来ロードバイクに多用されている「デュアルピポットキャリパーブレーキ」を搭載しており、しっかりとスピードを制動できます。

また、ブラックやホワイト、スカイブルーなど、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。コスパ重視でクロスバイクを選びたい方におすすめの1台です。

マセラティ(MASERATI) AL-CRB7021

耐久性に優れた「アルミダイヤモンドフレーム」を採用しており、高い剛性を有しているのが特徴。通勤・通学からアウトドアでの起伏のある路面まで、幅広い走行シーンに対応可能です。

また、スポーツバイクに使用される「クイックリリース」仕様なのもポイント。工具を使わず車輪を外せるので、パンクなどのトラブルに遭遇したときでもスピーディに修理可能です。

ギアの変速段数は、フロント3×リア7段のシマノ製21段仕様。汎用性の高いクロスバイクを探している方はチェックしてみてください。

コルベット(CORVETTE) AL-CRB7006

制動力に優れた「キャリパーブレーキ」を搭載したクロスバイクです。的確にスピードをコントロールできるのが特徴。前輪・後輪のリムとハブにはアルマイト加工が施されているため、全体的に高級感が感じられるのも魅力です。

また、前後ホイールは着脱しやすい構造になっているので、パンクなどの突然のトラブルの際に修理対応しやすいのもポイントです。メンテナンスしやすく長期間愛用したい方は、候補として検討してみてください。

21Technology CL266

細いフレームがスタイリッシュな印象のクロスバイク。前輪はクイックリリースレバーで簡単に取り外せるので、車内に積んで、旅先でもクロスバイクでの走行を楽しめます。

サドルはクッション性に優れており、長時間の走行でも疲れにくく、通勤や通学中でも快適です。ボトルゲージ取付用ホルダーが搭載されているため、ボトルゲージを設置すれば水分補給も容易にできます。

マイパラス(MYPALLAS) クロスバイク26インチ M-605

シンプルなフレームデザインがおしゃれなクロスバイクです。エアロリムを採用しているため、空気抵抗を抑えて走行しやすくなるのが特徴です。フレームの素材はスチールを使用しており、価格が抑えられています。

前輪は、工具なしで素早くホイールを外せるクイックレリーズ仕様なので、メンテナンス時にスムーズに分解や組立が可能です。本製品はシマノ製6段ギアを搭載しており、街乗りに適しています。リーズナブルなモデルを探している方におすすめです。

フェルト(FELT) ベルザスピード40(Verza Speed 40) 2020年モデル

レース用のロードバイクを数多く手がけている「フェルト」のクロスバイク。これまで培ってきた技術を本製品にも採用しており、スピーディーに走行できるのが特徴です。

太めながら軽さのあるアルミフレームと衝撃に強いフロントフォークを採用しており、軽快さと走行の安定性に優れているのもポイント。ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様となっています。長距離走行にもしっかりと対応できるので、通勤通学用としても趣味用としてもおすすめの1台です。