自転車のなかでも汎用性の高い「クロスバイク」。大きめのホイールと細いタイヤ、アップライトな乗車ポジションが特徴で、最近は使い勝手のよさから通勤に活用しているビジネスマンも増えてきています。

そこで今回は、おすすめのクロスバイクをご紹介。街乗りに便利なモデルをピックアップしたので、特に初めてクロスバイクの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

クロスバイクとは?

By: tokyobike.com

クロスバイクとは、自転車の種類ひとつで「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特長を兼ね備えたスポーツ用自転車。マウンテンバイクほどハードなオフロードには適していませんが、ロードバイクのように舗装路のみでの使用目的ではないモデルです。ロードバイクのように前傾姿勢を取る必要もなく、シティサイクルに近い感覚で乗ることができます。

なお、クロスバイクにはその性質から、マウンテンバイク寄りのモデルとロードバイク寄りのモデルがあり、ロードバイク寄りのモデルは「フラットバーロード」とも呼ばれます。

クロスバイクの主な用途

By: trekbikes.com

前述のようにクロスバイクは、マウンテンバイクとロードバイクの中間的存在。両者のよい所を取った汎用性の高いスポーツバイクで、通勤や通学の移動に使えることはもちろん、オフロードにもおすすめです。

また、ロードバイクで言うところの“ツーリング”とは異なり、“ポタリング”と呼ばれるように気のまま走ったり、ダイエットなどマルチに使える自転車としても人気。いきなりロードバイク・マウンテンバイクを購入するのは本格的すぎて気が引けるという方にもクロスバイクがおすすめです。

クロスバイクの魅力

By: tokyobike.com

コスパ良好でスポーツバイク入門にもぴったり

クロスバイクは2~3万円程度からの比較的安価な価格帯で購入可能。とはいえ、マウンテンバイクやロードバイクに使用されているのと同じパーツが採用されていることもあり、今後はこのいずれかに挑戦したい方にとっても最初のステップとして最適です。

軽量で漕ぎやすい

シティサイクルの重量は20~30kg程度ですが、クロスバイクは10~15kg程度と軽量。さらに、クロスバイクは一般的なシティサイクルと比べるとタイヤが細く、スピードが出やすいのが特長です。前かごや荷台など、走行に直接関係のないパーツがそぎ落とされているので、身体の力が伝わりやすく軽々と漕ぐことができます。

クロスバイクの選び方

クロスバイクを選ぶには、まず使用目的を明確にしておくことが大切。クロスバイクは機能性の他にも、フレームの素材やブレーキなどの種類によっても乗り心地が大きく異なります。

①クロスバイクの種類で選ぶ

舗装路向けのクロスバイク

ロードバイクに使用されているパーツをメインに構成し軽量化したクロスバイク。平均走行を上げるため、摩擦の少ない細いタイヤを使用し、トップスピードを維持できるような設計になっています。タイヤサイズは主に幅23mm~を採用しているのも特徴です。

未舗装路向けのクロスバイク

サスペンションやディスクブレーキなどを搭載したマウンテンバイク寄りのクロスバイク。歩道の段差やちょっとした未舗装路でも快適に走行出来るよう設計されています。

シティサイクルと比較して安定感と振動が抑えられ快適な走行をすることができ、低速でもブレにくいのんびりとした走行が可能。タイヤサイズは安定した走りができる幅32mm~を採用しています。

②素材で選ぶ

自転車に使用される素材は主にスチール・アルミニウム・クロモリ・カーボンの4つ。この素材によってクロスバイクの性能を大きく左右すると言っても過言ではありません。

スチール

簡単に言えば「鉄」で、主にシティサイクルのフレームに使用される素材です。加工がしやすい上に頑丈なのがメリット。一方、重量があるのがデメリットで、最近はクロスバイクではあまり使用されない素材です。

アルミニウム

強度で加工性に優れたアルミニウム。価格を抑えられて重量も軽いのが特長です。しかし、アルミニウムは金属としてのしなやかさに欠けるため、振動吸収性が劣ります。そのため、長時間乗った場合に振動からくる疲労負担が増える欠点も。

クロモリ

クロモリはスチールにクロムとモリブデンを混ぜた合金で、金属としての“しなやかさ”があります。そのおかげで、振動吸収性能に優れており、反発力を活かした加速が可能。また、剛性も高い上に振動吸収も高いため、心地よい走行を楽しめます。

カーボン

アルミニウムの軽さとスチールの強度、クロモリの振動吸収性能を併せ持つのがカーボン。まさに理想の素材ですが、加工が難しいため高価になるというデメリットがあります。

③コンポーネントのグレードで選ぶ

コンポーネントとは、ディレイラー(変速機)、ブレーキや変速のレバー、ギアなどのパーツの総称。主なメーカーはシマノ・カンパニョーロ・スラムの3社ですが、現在はシマノが大きなシェアを占めているため、シマノ社のグレードを把握しておけば問題ありません。

たとえば、グレードが上がるとギアの段数が増え、ブレーキの制動力が高くなります。初級から最上級までのグレードがありますが、初心者向けのクロスバイクとしては初級から中級グレードがおすすめです。

クロスバイクのおすすめメーカー・ブランド

ジャイアント(Giant)

By: giant.co.jp

1972年創業の台湾ブランド。他メーカーと同程度の性能と比較すると、リーズナブルな価格で購入できます。また、クセのないオーソドックスなモデルとしても人気で、初心者の方にもおすすめです。

中でも「エスケープシリーズ」は人気のモデル。コスパが高く、初心者から上級者まで幅広く支持されています。

トレック(TREK)

By: trekbikes.com

1976年創業のアメリカを代表する大手スポーツサイクルブランド。トレックの特徴は最先端技術をいち早く取り入れた性能と初心者から上級者に愛されている点です。

中でも「FXシリーズ」は安定感のある走りが魅力。金額やカラーのバリエーションも豊富なことから初心者にもおすすめです。

ビアンキ(BIANCHI)

By: bianchi.com

1885年創業のイタリア老舗ブランド。クロスバイクのみならず、マウンテンバイクやロードバイクなど取り扱う種類も豊富です。ビアンキの特徴は、“チェレステカラー”と呼ばれる独特な青緑色のボディ。エメラルドグリーンにも近いおしゃれなカラーで個性に溢れるデザインです。

中でも、「カメレオンシリーズ」と「ROMAシリーズ」が人気で、デザイン性にもこだわりたい層から支持されています。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

1983年創業のカナダブランド。豊富なカラーバリエーションと優れたデザインで、女性からも人気なメーカーです。キッズ用自転車も人気があり、創業者の「ルイ・ガノー」はサイクリストで乗り手目線での製造を心がけています。

人気シリーズの「シャッセ」は、ファッション性を重視するサイクリストから絶大な人気を誇る人気モデルです。

トーキョーバイク(TOKYO BIKE)

By: tokyobike.com

「東京を走るために」というコンセプトで生まれた自転車ブランド。信号や坂道の多い東京を気持ちよく走るためにどうすればよいかを考えて作られており、通勤や通学などにおすすめです。

スピードを出すことよりも、漕ぐときの軽さや上り坂を楽に上れる気持ちよさを実感。多くの人に愛されるようスタイリッシュなデザインを取り入れており、実用性を追求した自転車です。

クロスバイクのおすすめ人気モデル

ジャイアント(Giant) ESCAPE RX3

ジャイアントのクロスバイクの中でも走行性に優れた定番シリーズ「エスケープ RX3」。ジャイアントが開発した「ALUXX SL」という高性能アルミフレームが軽さ・強度・剛性を最適化し、スピードと快適性を両立しています。

安定性にも優れ、高い技術をリーズナブルな価格で体験できることから初心者におすすめ。通勤や通学、フィットネスまで幅広い目的に対応します。

トレック(TREK) FX3

長距離の走行でも疲れにくいパーツ構成のクロスバイク。カーボンフォーク採用で振動吸収性にも優れ、未舗装路でも使用できます。また、ハンドルグリップには「ISO ZONEバー」を採用しており、人間工学に基づいた疲れがたまりにくいモデルです。さらに、FX3シリーズは女性モデルも用意されています。

ビアンキ(BIANCHI) カメレオンテ1

カメレオンテシリーズのエントリーモデル。フレームは軽量のアルミフレームで、タイヤ幅は28mmと細すぎないサイズのため初心者でも乗りやすく、バランスが取れています。

また、トップチューブと呼ばれるフレーム上部のパイプは緩やかなカーブを描き、デザイン性も高いモデル。おしゃれな雰囲気を演出してくれるクロスバイクとしておすすめです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) シャッセ LGS-CHASSE

アルミフレームを採用したルイガノのエントリーモデル。タイヤ幅28mmとやや太めのモノを採用しており、初心者の方でも安心して乗れます。

ルイガノらしいカラフルなバリエーションも用意され、カジュアルにクロスバイクを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

トーキョーバイク(TOKYO BIKE) SPORT9s

信号や坂道などが多い東京でもスムーズに走れるよう、こぎ出しの軽さや加速のよさを重視したモデル。デザインもスタイリッシュかつシンプルであることにこだわっています。また、狭い道にも対応するよう設計されており、通勤や通学でもストレスを感じることなく走ることができます。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) D-MODUSシリーズ D6 ASPHALT

2万円台と非常にリーズナブルな価格で購入できるクロスバイク。しかし、「色を加えないカラーリング」にこだわり、徹底的に白と黒のモノトーンを追求した高級感のあるモデルです。軽量なアルミフレームと21速の多段変速の組み合わせにより、心地よい走行を気軽に体験できます。