自転車のなかでも汎用性の高い「クロスバイク」。大きめのホイールと細いタイヤ、アップライトな乗車ポジションが特徴で、最近は使い勝手のよさから通勤に活用しているビジネスマンも増えてきています。

そこで今回は、おすすめのクロスバイクをご紹介。街乗りに便利なモデルをピックアップしたので、特に初めてクロスバイクの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

クロスバイクとは?

By: rakuten.co.jp

クロスバイクとは、自転車の種類ひとつで「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特徴を兼ね備えたスポーツ用自転車。マウンテンバイクほどハードなオフロードには適していませんが、ロードバイクのように舗装路のみでの使用目的ではないモデルです。ロードバイクのように前傾姿勢を取る必要もなく、シティサイクルに近い感覚で乗ることができます。

なお、クロスバイクにはその性質から、マウンテンバイクよりのモデルとロードバイク寄りのモデルがあり、ロードバイク寄りのモデルは「フラットバーロード」とも呼ばれます。

クロスバイクの主な用途

クロスバイクは、マウンテンバイクとロードバイクの中間的存在。両者のよい所を取った汎用性の高いスポーツバイクで、通勤や通学の移動に使えることはもちろん、オフロードにもおすすめです。

また、ロードバイクで言うところの”ツーリング”とは異なり、”ポタリング”と呼ばれるように気のままに走ったり、ダイエットとして使えたりとマルチに使える自転車としても人気。いきなりロードバイク・マウンテンバイクを購入するのは本格的すぎて気が引けるという方にもクロスバイクがおすすめです。

クロスバイクの魅力

コスパ良好でスポーツバイク入門にもぴったり

クロスバイクは5〜8万円程と比較的安価な価格帯で購入可能。マウンテンバイクやロードバイクに使用されているのと同じパーツが採用されていることもあり、今後それらに挑戦したい方の最初のステップとして最適です。

軽量で漕ぎやすい

シティサイクルの重量は20~30kg程度ですが、クロスバイクは10~15kg程度と軽量。さらに、一般的なシティサイクルと比べるとタイヤが細く、スピードを出しやすいのが特徴です。前かごや荷台など、走行に直接関係のないパーツが省かれているので、身体の力が伝わりやすく軽々と漕ぐことができます。

クロスバイクの選び方

用途で選ぶ

通勤・通学用途

毎日の通勤・通学でクロスバイクを使用する場合、ある程度軽量で扱いやすく、頑丈であることが重要です。通勤・通学での使用は停車・駐車をすることも多いため、車体が重過ぎるとちょっとした持ち運びに苦労します。軽量化を求めすぎる必要はありませんが、持ち運びと取り扱いが簡単に行える軽めの車体がおすすめです。

また、車体とタイヤは十分な強度を備えたものを選ぶことで、パンクなどのトラブルを避けられます。太すぎても重量が出てしまい運転に脚力を必要としてしまうため、細過ぎず太過ぎないタイヤがおすすめ。通勤・通学用途では、走りやすさや扱いやすさ、丈夫さをバランスよく兼ね備えたクロスバイクを選ぶことが大切です。

サイクリング用途

本格的にサイクリングをするためにクロスバイクを選ぶ場合は、何よりも走りの快適さを重視することが大切。車体は細めで、軽快に走れる細いタイヤを選びましょう。

また、長距離を走るサイクリング用途のクロスバイクであれば、疲れにくさも重要。振動を吸収し身体への衝撃を軽減してくれる車体、一定のスピードを保ち足への負担を軽減できるギアの多いものを選ぶのがおすすめです。

アウトドア用途

舗装されていない道、険しいオフロードなどのアウトドアシーンで利用するクロスバイクは、マウンテンバイクよりの機能を備えたものを選ぶことが大切です。過酷なシーンでも問題なく走れる、より頑丈な車体とタイヤを選ぶ必要があります。

タイヤは不安定な道でも安定した走りを保て、高いクッション性を発揮してくれる太めのものを選びましょう。また、振動を吸収できる柔らかくしなやかなフレームを選ぶことで、身体への衝撃を軽減できます。

体に合ったサイズを選ぶ

クロスバイクだけでなく自転車全般に言えることですが、体に合ったフレームサイズを選ぶことが重要です。フレームサイズとは、サドルの下からペダルを取り付けている部分までの長さを指します。

サイズが自分の体に合っていないクロスバイクは必要以上に負担がかかり危険です。サイズの相違が大きければ大きいほど負担は大きく、酷い場合は体を痛めてしまう恐れもあります。クロスバイクを購入する際は、自分の体に合ったフレームサイズの車体を選びましょう。

重量で選ぶ

クロスバイクは車体の重量によっても特徴が大きく異なります。重量が重ければ、持ち運びや扱いは大変ですが、その分頑丈でタフな走りをすることが可能です。

一方、軽ければ加速がラクになり軽快で快適な走りを実現してくれます。ただし扱いが難しく、パンクなどトラブルの恐れがあるため、注意しておきましょう。目安としては、通勤・通学用途なら11kg前後、サイクリング用途なら10kg前後、アウトドア用途なら12kg以上の重量がおすすめです。

フレームの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

スチール

スチールは、自転車に使われるフレームのなかでも特にメジャーな素材。鉄を主成分に作られていることもあり、強度が高いという特徴があります。また、ほかの素材と比べ価格が安いのも魅力です。

ただし、重いのが欠点。ロードバイクやクロスバイクなどでは使用されることが少ない素材です。そのほか、錆びやすいのも懸念点。機能性よりも価格を重視したい方に適した素材です。

クロモリ

スチール素材に「クロム」と「モリブデン」を混ぜて作られた合金素材です。クロモリの大きな特徴は、耐久性が高く振動吸収性に優れている点。普段使いであれば長く愛用することができます。また、高い柔軟性を備えているのもポイント。走行中の振動を吸収するため、快適な乗り心地が楽しめます。

スチールと同じく鉄が主成分であるため、アルミやカーボンと比べると重く錆びやすいのがクロモリの欠点。しかし、強度の高さ、フレームの細さゆえのスタイリッシュな見た目が魅力です。また、価格も比較的安価なので、機能性とのバランスに優れた初心者にもおすすめの素材です。

アルミ

現在、自転車フレームの定番素材として採用されているのがアルミ。軽さと耐久性を兼ね備えた扱いやすい素材です。柔軟性に乏しいことから、振動の吸収性はほかの素材に比べて劣りますが、通勤・通学用途など、普段使いであればそこまで気にする必要はありません。

素材の性質上錆が発生しないため、手入れもしやすい素材です。また、非常に安価でコストパフォーマンスに優れた素材と言えます。

カーボン

サイクリング用途など上級者向けの素材として人気を集めているのがカーボン。軽量で軽快な走りを実現してくれます。ドライバーへの振動を吸収してくれるため、乗り心地は抜群です。

カーボンの欠点は耐久性の低さ。特に、1箇所にピンポイントで強い衝撃が加わると簡単に割れてしまいます。慎重に扱う必要があり、街乗りや初心者にはおすすめできません。また、他の素材と比べ価格が高いのも特徴。フレームの全体にカーボンが使われているクロスバイクの場合、数十万円以上するモデルもあります。

現在クロスバイクを使用していて、より快適な走行が可能な上級者モデルが欲しい方におすすめの素材です。

ギアの変速段数で選ぶ

By: amazon.co.jp

クロスバイクに搭載されているギアの変速段数はモデルによってさまざまです。ギアの変則段数が多いのは、足にかかる負荷を常に一定に保つため。坂道などさまざまな環境で変化するペダルの重さをギアの重さで調整することによって疲労を軽減してくれます。

長距離を走行したり、時速30km以上で走行したりするためのクロスバイクを探している場合は、より快適に走るため多くのギアが付いたモデルを選ぶのがおすすめです。通勤・通学など普段乗りなら7~9前後、サイクリング用途なら21以上の変速段数を備えたモデルを選びましょう。

タイヤの太さで選ぶ

By: giant.co.jp

タイヤが太いほど障害物にもグラつかず、走行時の安定性を高めることが可能。また、太い分クッション性も高く、乗り心地がよいのも特徴のひとつです。ただその分スピードが出しにくく、加速のために脚力を必要とする欠点があります。

反対に細ければ細いほど軽くなり、その分スピードが出やすく軽快な走りが可能です。しかし、細さゆえに車体を安定させることが難しくなります。また、しっかりとメンテナンスしなければ、軽い衝撃でパンクしてしまうのも欠点のひとつです。

ホイールの太さは「28C(=mm)」という単位で記載します。通勤・通学用途におすすめなのは太めの28C。より太い32Cは、グリップ力が高く坂の上りや下りがラクになるので、アウトドア用途におすすめです。

拡張性の高さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

クロスバイクの楽しみとして、自分なりにカスタマイズできることが挙げられます。利用するシーンや目的に応じて機能やパーツを取り付けられる拡張性の高さも重要な要素です。

通勤・通学用途であれば雨対策の泥除け、駐車をラクにしてくれるスタンドなどがあると便利。また、サイクリングやアウトドア用途では、水分補給のためのボトルケージや速度、走行距離などを計れるサイクルコンピューターを取り付けるのもおすすめです。

より快適にクロスバイクを楽しみたい場合は、こういったオプションパーツを取り付けられる規格に対応しているか、を確認することも大切です。

クロスバイクのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: amazon.co.jp

「ビアンキ」はイタリアの老舗自転車メーカー。1885年に小さな自転車店からスタートし、現存する自転車ブラントのなかでは世界最古として知られています。

イタリア語で”青い空”を意味する淡いライトグリーンの「チェレステ」をイメージカラーとしているのもポイント。大手としてロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロなど、さまざまなタイプの自転車を数多くリリースしています。

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

「ジャイアント」は1972年に台湾で設立された自転車メーカー。自転車生産量は世界一と言われており、幅広い製品をラインナップしています。これまで培ってきた技術とノウハウを活かしており、クオリティも良好。コストパフィーマンスの高さにも定評があります。

なお、2010年からは女性向けの自転車ブラントとして「Liv(リブ)」をリリース。女性の体格や乗りやすさを考慮しているのはもちろん、小柄な方でも無理なく乗れるモデルの生産にも力を入れています。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

「ルイガノ」 は1983年にスタートしたカナダのスポーツ用品メーカー。創業者がもともと自転車のトラック競技選手だったこともあり、サイクリング製品を豊富に取り扱っています。

ヘルメットやライト、スタンドなどオプションパーツが充実しているのもポイント。なお、日本では株式会社あさひが商標使用許可を得て販売をしています。

クロスバイクのおすすめ人気モデル

ビアンキ(Bianchi) Roma 3 Disc

ビアンキ(Bianchi) Roma 3 Disc

ビアンキの定番クロスバイク「Roma」シリーズのディスクブレーキ搭載モデル。ディスクブレーキシステムは、ブレーキの制動力や安定性が高く、悪天候や悪路でもスムーズに対応できるのが特徴です。

フレームには軽量で丈夫なアロイ(アルミ合金)を採用しており、ロードバイクに近い感覚で乗り回せるのもポイント。ギアの変速段数はフロント2×リア8の16段仕様です。

安定性と高速走行性を両立しているので、街乗りはもちろん、通勤・通学などでクロスバイクを使いたい方におすすめ。カラーはチェレステ・マットミニタリーグリーン・マットブラック・マットブラックピンクの4色をラインナップしています。

ビアンキ(Bianchi) Roma 4

ビアンキ(Bianchi) Roma 4

Vブレーキ仕様のクロスバイク。前後に設置された2本のアームが台座上で固定されるので、少ない力で制動できるのが特徴です。フレームは上位モデルと同様のアロイ(アルミ合金)採用しており、軽量かつ頑丈。ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様です。

カラーはチェレステ・マットブラック・マットブラックピンク・ネイビーブルー・ホワイトの5色をラインナップ。デイリーユースで乗り回せるクロスバイクを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX2

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX2

走りの軽さと快適な操作性で人気のクロスバイク。スポーティでありながら、長く乗り続けても疲れにくのが特徴です。フレームには軽量アルミ素材の「アラックスSL」を採用し、ブレーキにはシマノ製のVブレーキを搭載。的確なスピードコントロールとしっかりとしたブレーキングが可能です。

ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様。カラーはマットイエローとマシーングレイの2色をラインナップしています。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX DISC

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX DISC

制動性とコントロール性に優れるシマノ製の油圧ディスクブレーキを搭載したクロスバイク。軽い操作感で、減速や急停止をスムーズに行えるのが特徴です。また、水にも強く、雨天時でも安心して走行することができます。

フレームには軽量アルミ素材の「アラックスSL」を採用。ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様で、坂道の多い街中でも爽快に駆け抜けることができます。高性能ながら比較的安価な価格設定でコスパも良好。カラーはマットブラックとシルバーをラインナップしています。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX 3

ジャイアント(GIANT) ESCAPE RX 3

初めてクロスバイクの購入を検討している方におすすめのモデル。クロスバイクのなかでは手を出しやすい価格に設定されており、気軽にサイクリングを楽しむことができます。

フレームには軽量アルミ素材で剛性も高い「アラックスSL」を採用。やや厚みのあるサドルやそれを支えるシートピラー「D-FUSE」は路面からの衝撃をしっかり緩和してくれるので、乗り心地も安定しています。

ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様。カラーはブルー・レッド・ホワイト・ブラックの4色をラインナップしています。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

ロングセラーモデルとして知られているクロスバイク。サドル下のシートステイがしっかりとベンドしており、路面からの衝撃を軽減してくれるのが特徴です。フレームには軽量なアルミ素材の「アラックス」を採用。ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様で、ブレーキはVブレーキを採用しています。

機能面が充実しているものの、リーズナブルなのも魅力。カラーはオーシャングリーン・マンゴー・ブルー・ホワイト・ブラックトーンの5色をラインナップしています。トータルバランスに優れているので、エントリーモデルのクロスバイクを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ジャイアント(GIANT) Liv ESCAPE R3 W

ジャイアント(GIANT) Liv ESCAPE R3 W

女性向け自転車シリーズ「Liv」のクロスバイク。各種パーツを女性の体型に合わせて最適化しているのが特徴です。

フレームには軽量なアルミ素材の「アラックス」を採用。ペダルはパンプスなどでも滑りにくく、靴底を痛めないように配慮しています。また、サドルは女性の骨盤に合わせた専用設計。ブレーキは85mmアームを採用したミニVブレーキで、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段仕様です。

カラーはパールミント・マットマゼンタ・パールホワイト・サファイアブラックの4色をラインナップ。通勤・通学はもちろん、エクササイズとしてクロスバイクを取り入れたい女性にもおすすめです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) MULTIWAY 27.5

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) MULTIWAY 27.5

ちょい乗りにおすすめのクロスバイク。ギアの変速段数はリアのみの7段仕様で、パンクしにくい太めのタイヤを採用しているのが特徴です。

フレームには軽量で丈夫なアロイ(アルミ合金)を採用。位置が低く設定されているので、跨ぎやすい仕様になっています。ブレーキは前後に装備したフィン付きのローラーブレーキを搭載。常時点灯式のLEDライトも用意されているので、別途購入する必要がないのも魅力です。

カラーはマットダークオレンジ・LGホワイト・LGブラックの3色をラインナップ。シティサイクルに適したモデルを探している方はぜひチェックしておきましょう。

リグ(LIG) LIG MOVE

リグ(LIG) LIG MOVE

比較的リーズナブルな価格のクロスバイク。フレーム素材にアルミを採用し、軽量化されているのが特徴です。

ギアの変速段数はリアのみの7段仕様で、やや太めのタイヤを採用。ブレーキは従来からロードバイクに多用されている「デュアルピポットキャリパブレーキ」を搭載しており、しっかりとスピードを制動できます。

カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップ。価格に似合わぬポテンシャルを発揮するので、コスパ重視でクロスバイクを選びたい方におすすめの1台です。