マウンテンバイクとロードバイクの間にあたる「クロスバイク」。取り回しがしやすく、普段使いからサイクリングまで、幅広い用途に使えるのが魅力です。最近は、気軽に購入できる価格の安いクロスバイクもラインナップされています。

そこで今回は、安いクロスバイクのおすすめモデルを価格別にご紹介。選ぶ際のポイントやおすすめメーカーについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

安いクロスバイクの選び方

用途をチェック

買い物などの普段使い

近所の買い物など日常使いがメインであれば、そこまでスピードを出すこともないので、多少重い耐久性の高いモデルがおすすめです。

また、荷物を載せるカゴや駐輪場に停めておくためのスタンドなどがあると便利なので必要な方は準備しておきましょう。

通勤・通学

毎日の通勤や通学に使用するのであれば、疲れにくい軽量なモデルをおすすめします。タイヤは少し太めのモノを選んだ方が段差などを乗り越えやすく、取り回しがしやすいので便利です。また、パンクなどのトラブルも起こりにくいため安心できます。

ただし、太すぎるタイヤは漕ぎ出しが重く、信号などでの発進・停止で余分な力が必要になり疲れやすいので注意が必要です。

サイクリング


休日に思いっきりサイクリングを楽しみたいのであれば、できるだけ軽量で細めのタイヤが装着されたモデルを選びましょう。軽く漕げてスピードも出しやすいので、遠い場所へも快適に出かけられます。

また、長距離走行では路面からの振動による体の負担を軽減してくれる、振動吸収性に優れたモデルがおすすめです。

フレームの素材をチェック

クロムモリブデン鋼

スチール(鉄)の一種です。鉄に極微量のクロムとモリブデンを添加した合金で、略して「クロモリ」とも呼ばれています。丈夫で耐久性があり価格も安いのが魅力。また、素材自体に粘り気があるため、振動吸収性にも優れています。一方で他の素材に比べると重量は重めです。

アルミ

スポーティーなタイプの自転車ではよく使われている素材です。軽くて錆びにくく、耐久性のあるのが特徴。取り回しがしやすく、メンテナンスも簡単です。他の素材に比べ振動吸収性に劣りますが、普段使いがメインであれば気にするほどの差ではありません。 

カーボン

上級者向けの自転車によく使用される素材です。とても軽量で振動を吸収してくれるため、疲れにくく軽快に走れます。

ただし、衝撃には弱いので取り扱いには注意が必要です。軽量性重視の方はチェックしておきましょう。

タイヤの太さをチェック


太いタイヤは多少の段差も乗り越えやすく安定した走行ができます。クッション性が高いので乗り心地もいいのですが、走行抵抗が大きく加速に力が必要でスピードを出すには向いていません。

細いタイヤは走行抵抗が小さいため、漕ぎ出しが軽く軽快に走れスピードを出しやすいのが魅力です。その一方で、道路上の白線などわずかな凹凸でもハンドルを取られやすかったり、軽い衝撃でパンクしやすかったりするといった弱点もあります。

オプションパーツをチェック

By: pixabay.com

通常クロスバイクには、カゴやスタンド・泥除けといった装備は付属していません。そのため、普段の買い物などママチャリのような使い方がしたい方であれば、最初から必要な装備が装着されたモデルの購入をおすすめします。

また、後から必要なオプションパーツを購入し取り付けできるのもクロスバイクの魅力。ボトルゲージやLEDライトなど豊富なオプションパーツが販売されており、自分好みの快適なクロスバイクにカスタマイズしていくこともできます。

クロスバイクの安いおすすめメーカー

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

「ジャイアント」は1972年に設立された、台湾最大の自転車製造メーカーです。当初は他メーカーのOEM生産のみでしたが、現在では自社ブランド製品も手がけています。

主に低価格帯のクロスバイクやマウンテンバイク・ロードバイクを生産。手頃な価格の製品を展開していますが、アルミフレームやカーボンフレームの製造に関しては世界でも屈指の技術力を持っています。価格が安いだけでなく、高品質な製品を生産しているメーカーです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

「ルイガノ」は1983年にサイクルウェアの製造販売からスタートした、カナダに拠点を構えるスポーツ用品メーカーです。創業者のルイ・ガノーが元自転車のトラック競技選手だったこともあり、特に自転車関連製品の品揃えが充実。また、スポーツモデルだけでなく、家族で一緒に楽しめる自転車も大切にしています。

子供や女性でも乗りやすい製品づくりを目指しており、自転車という生涯スポーツをファミリースポーツとして広げていきたい、と考えているメーカーです。日本では「株式会社あさひ」が商標使用許可を取得し、販売しています。

ビアンキ(Bianchi)

By: japan.bianchi.com

「ビアンキ」は1885年にイタリアで創業した、100年以上続く自転車ブランドです。現存する自転車メーカーの中では世界最古の老舗。ロードバイクやクロスバイク・マウンテンバイクなどをはじめ、さまざまな種類の自転車を販売しています。

ビアンキの車体は伝統的に、イタリア語で天空を意味する「チェレステ」と呼ばれる、緑色に近い青色で塗装されているのが特徴です。

クロスバイクの安いおすすめモデル|1万円台

ネクスタイル(NEXTYLE) NX-7021

ネクスタイル(NEXTYLE) NX-7021

クロスバイクでは定番とも言える、700×28Cサイズのタイヤを装着したモデルです。大口径なのでスピードが出しやすく、ロードバイクなどのタイヤに比べると太めで安定した走りと乗り心地のよさが魅力。フレーム素材はスチールですが、13.5kgと軽いこともあり、取り回しのしやすいモデルです。

シマノ製21段変速機を搭載しており、アップダウンのある道も軽快に走れます。フレームカラーは、ホワイト・レッド・マットブラック・スカイブルーの4色をラインナップ。フレーム色に合わせたカラーグリップを採用しているのもおしゃれです。

適応身長が155cm以上なので女性も乗ることができます。1万円台で購入できるリーズナブルながらコスパも高く、初心者にもおすすめです。

スペア(SPEAR) クロスバイク

スペア(SPEAR) クロスバイク

フレーム素材にスチールを使用した、安い価格が魅力のクロスバイクです。フレームはスチール製ながら、ハンドルバーやハンドルステム・シートポストにはアルミ素材を採用し、約13.5kgという軽い車体重量を実現。700×28Cという大口径タイヤを装着していることもあり、とても軽快に走れるモデルです。

レース用自転車の機構部品では世界最大のシマノ製7段変速機を搭載しており、多少の坂道であれば気にすることなく登れます。

前後にはママチャリなどに付いているいわゆる「カンチブレーキ」に比べ、より強い制動力が高い「Vブレーキ」を搭載。雨の日など天気に左右されず、しっかり止まってくれるので安心感があります。通勤や通学にも使える安いクロスバイクを探している方におすすめです。フレームカラーは、レッド・アイボリー・ホワイト・ブラックなど全8色がラインナップされているため、男女問わず好みに合った色が選べます。

レイチェル(Raychell) CR-7007R

レイチェル(Raychell) CR-7007R

シンプルでおしゃれな、飽きのこないデザインが特徴のクロスバイクです。1万円台で購入できる安いモデルにも関わらず、シマノ製の7段変速機を搭載。上り坂や下り坂など、変化に富んだ街中を軽快に駆け抜けられます。また、口径の大きな700×28Cサイズのタイヤを装着しており、スピードに乗った走りも可能です。

強力な制動力を得られるVブレーキを装備しているのもポイント。雨天でも安定した制動力が期待でき、安全なライディングをサポートしてくれます。スチール製のフレームを採用した車体は、13.4kgと軽量なので取り回しも楽です。

クッション製の高いサドルと、ズボンの裾がクランクに巻き込まれるのを防止するガードもついており、通勤や通学にもおすすめ。夜間走行に必要な高輝度LEDライトも付属しているなど、普段使いのできる安いクロスバイクを探している方におすすめです。

キュウゾウ(KYUZO) KZ-107 GUNGNIR

キュウゾウ(KYUZO) KZ-107 GUNGNIR

フレームにスチール素材を使用した、リーズナブルなクロスバイクです。車体重量は約13.8kgと比較的軽量で、身長155~185cmの方に適応するため、女性から男性までライディングを楽しめます。シマノ製の6段変速機を搭載しており、多少アップダウンがある道でも軽い力で漕げて便利です。

タイヤのチューブに英式バルブを採用しているのもポイント。普段ママチャリなどで使用している空気入れがそのまま使えます。タイヤは26インチと若干小径ですが、その分漕ぎ出しが軽く、小回りも効くので普段使いにおすすめです。

また、スポーティーな外観のサドルは、お尻が痛くなりにくいセンターホール付きコンフォートタイプなので座り心地も抜群。ママチャリ代わりに使える、おしゃれで安いクロスバイクが欲しい方におすすめです。

アニマト(ANIMATO) SURFY A-20

アニマト(ANIMATO) SURFY A-20

シマノ製の7段変速機を搭載した、街乗りを重視したクロスバイクです。フレーム素材にスチールを使用し、安い価格が魅力。口径の小さな26インチサイズのタイヤを装着しており、軽く漕げる上小回りがしやすいため街乗りには最適です。重量も13.6kgと比較的軽量なので、駐輪場などでの取り回しも楽に行えます。

前後輪には雨天でも安定した制動力の得られるVブレーキを採用。価格が安いだけでなく、安全性にも配慮したモデルです。スポーツ自転車に搭載されているクイックリリースも装備しているので、メンテナンスをしたり車に積み込んだりする際にとても重宝します。

また、タイヤチューブに採用している英式バルブは、家庭で使用しているママチャリ用の空気入れがそのまま使えて便利です。フレームカラーはマットカーキーの他にも、ホワイト・マットブラック・ダークベージュ・フェスタローズなど、全部で7色をラインナップしているので好みの色が選べます。

クロスバイクの安いおすすめモデル|3万円台

21テクノロジー(21Technology) クロスバイク GT700

21テクノロジー(21Technology) クロスバイク GT700

アルミ素材のフレームを使用したクロスバイクです。ハンドルステムやハンドルポストにも、軽量で丈夫な鋳造加工のアルミ材を使用。価格の安いアルミ製クロスバイクを探している方におすすめです。

前後輪にディスクブレーキを搭載しているのも本モデルの特徴。雨の日でもしっかりとした制動力が得られ、見た目もスポーティーです。フロントに3段、リアに7段のシマノ製21段変速機を搭載しており、アップダウンの多い道でも軽快に走れます。また、700×28Cと大口径ホイールのタイヤはスピードのある走りもしやすく、長い距離のライディングにも対応可能です。

ボトルゲージが2個装着できるので、サイクリングなどでも重宝します。反射鏡や片足スタンド・ベルなど街乗りに欠かせない装備も充実。普段は通勤や通学の足として、週末にはサイクリングなど遠出も可能な安いクロスバイクが欲しい方にもおすすめです。

リグ(LIG) MOVE

リグ(LIG) MOVE

大阪に本社を構える会社「オオトモ」が展開する、シティライドに焦点を当てたクロスバイクです。高級感のあるブラックとゴールドのカラーリングが特徴。後輪のホイールに採用した、ゴールドのカラーリムもおしゃれです。

フレームの素材にはアルミを使用し、車体重量は12kgと軽量。タイヤはホイール径の大きな700×28Cサイズのものを装着しています。スピードが出しやすいだけでなく太めでボリュームがあるため、パンクしにくく乗り心地がよいのも魅力です。さらに、シマノの7段変速機を搭載しており、街中のアップダウンくらいであれば軽快に走れます。

同じくシマノ製のサムシフターは、親指の操作で簡単にギアチェンジができるので、スポーティーで安いクロスバイクを探している初心者にもおすすめです。

カノーバー(CANOVER) CAC-028

カノーバー(CANOVER) CAC-028

フレームにアルミ素材を使用したクロスバイクです。3万円台で購入可能な、安いアルミ製モデルを探している方におすすめ。車体重量も13kgと軽量なため、取り回しがしやすいのも魅力です。スピード走行と乗り心地のよさを両立する、700×28Cサイズのタイヤが装着されており、快適な走りが楽しめます。

変速機にはシマノ製21段タイプを搭載。急な上り坂でも楽に登れ、平坦な道路では軽い力でスピードを出すことが可能です。また、シフターにはMTBの上位機種にも採用されているシマノの「ラピッドファイヤ」を搭載。正確でスムーズなギアチェンジができるため、変速操作に気をとられることなく、安全に乗り回すことができます。

サイドスタンドやLEDライトが標準装備されており、購入後すぐに街乗りで使うことが可能です。前後にディープリムを採用したスタイリッシュな外観もおしゃれ。毎日の通勤・通学から長距離ツーリングまで対応できる、安いクロスバイクが欲しい方にもおすすめです。

ルノー(RENAULT) CRB7006S

ルノー(RENAULT) CRB7006S

フランスを代表す「ルノー」のクロスバイクです。スリムなパイプでフレームを造るため、素材にはスチールを採用。スタイリッシュで安いモデルを探している方に最適です。

口径の大きな700×28Cサイズのタイヤを装着しており、外観だけでなく走りもスタイリッシュで軽快。シマノの6段変速機とグリップシフトは、路面のアップダウン状況に合わせ、スムーズにギアチェンジをしながら走れます。タイヤチューブに採用した英式バルブは、ママチャリ用の空気入れが使えるので便利です。シートピンのクイックレバーもサドル高さが簡単に調節でき、重宝します。

街乗りで役立つアルミ製スタンドも標準で装備。フレームはボトルゲージを取り付け可能な構造になっているため、長距離を走るサイクリングなどにも対応できます。安い価格で購入できるクロスバイクを探している方におすすめです。

カノーバー(CANOVER) CAC-027-DC ATENA

カノーバー(CANOVER) CAC-027-DC ATENA

アルミ製のフレームを採用したクロスバイクです。車体重量は12.9kgと軽く、街中での取り回しも楽で扱いやすいのが特徴。安いアルミ製モデルを探している方におすすめです。

700×28Cサイズのタイヤを装着しており、スピードが出しやすく乗り心地もいいのが魅力。シマノの21段変速機を搭載しているため、アップダウンの激しい道でも適切なギアが選びやすく、少ない力で快適に走れます。サイドスタンドが標準装備されており、駐輪の際便利です。前輪にはディスクブレーキを採用。雨の日でも強力な制動力でしっかりと止まれます。

価格が安いだけでなく、安全性も考慮したセットアップがされているモデルです。高輝度LEDフロントライトを搭載。常時点灯とフラッシュの切り替えも可能で、夜間の安全な走りをサポートしてくれます。

クロスバイクの安いおすすめモデル|5万円台

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) SETTER 8.0

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) SETTER 8.0

カナダに拠点を持つ「ルイガノ」が販売するクロスバイク。ルイガノが手がけるモデルのなかでは、低価格帯のシリーズになります。フレーム素材には6016アルミを採用しており、12.1kgととても軽量で扱いやすく、初心者の方にもおすすめです。タイヤサイズは700×32Cと、一般的なクロスバイクよりも太めのものをセットアップ。

エアーボリュームがあり路面からの振動を吸収してくれるので、長距離を走っても疲れにくいのが魅力です。また、パンクをする可能性が低いといったメリットもあります。変速機には24段式のシマノ「アルタス」を搭載。アップダウンの激しい道でも最小限の力で走ることができ、体力の消耗を抑えられます。毎日の通勤・通学から週末のサイクリングまで、幅広い用途で活躍するモデルです。

フレームカラーは、オレンジ・グリーン・ブラック・ホワイト・ラベンダーの5色をラインナップ。安い価格で手軽にクロスバイクを楽しみたい方におすすめです。

 

ジャイアント(GIANT) GRAVIER

ジャイアント(GIANT) GRAVIER

「ジャイアント」が販売する安価なクロスバイク。フレームにはアルミ素材を使用していますが、本メーカー独自の溶接・成形技術で製造された「ALUXX」を採用しており、高い剛性を確保しながらも、11.2kgと軽いのが特徴です。

タイヤは27.5×1.75インチサイズのものを装着。一般的なクロスバイクに装着されている700×28Cに比べると、ほぼ同等のホイール径でながら、かなり太めのサイズが特徴です。スピードを出すこともできる上、ボリュームがあるので路面からの振動を吸収してくれ、快適な乗り心地が得られます。

また、握りやすくクッション性の高いシリコングリップを採用。ハンドルから伝わる振動を軽減し、長距離のライディングでも疲労を抑えてくれます。毎日の通勤・通学からサイクリングまで幅広く対応可能なモデルです。安い価格で購入できる、老舗ブランドのクロスバイクを探している方におすすめします。

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

ジャイアント(GIANT) ESCAPE R3

台湾の大手自転車メーカーであるジャイアントのベストセラーモデルです。ジャイアント独自技術で製造される、軽量アルミ素材を使用した「ALUXX」フレームを採用。車体重量は10.7kgと、5万円台で購入可能な安い製品の中でも特に軽量なモデルです。

変速機は24段式のシマノ「アルタス」を搭載。アップダウンの激しい道路も適切なギアが選びやすく快適に走れます。また、初心者でも変速操作がしやすいのも魅力です。トップチューブを地面からの振動吸収性に優れた扁平構造にするなど、長距離を快適に走るための工夫が施されています。

フレームカラーは、マットエメラルド・ブラックトーン・ブルートーン・レッド・ホワイトの5色が準備されており、好みの色を選べるのも魅力。価格の安い軽量でおしゃれなクロスバイクが欲しい方におすすめです。

カノーバー(CANOVER) CAC-021 VENUS

カノーバー(CANOVER) CAC-021 VENUS

カノーバーブランドが販売するクロスバイクのフラッグシップモデルになります。本ブランドの上位モデルながら、5万円台という安い価格で購入できるのが魅力です。フレームにはアルミ素材を使用。接合部分を熟練工の手により滑らかに成形した、おしゃれなフォルムが特徴です。

アルミ製の車体は11.2kgと軽量で、シマノの21段変速機を搭載しているため、上り坂や向かい風でも楽にペダルが漕げます。タイヤは700×25Cと大口径で太めのものをセットアップ。スピードが出しやすく乗り心地がいいため、毎日の通勤・通学から週末のサイクリングまで、多目的に楽しめます。

前後輪にクイックリリース機構を搭載しているのもポイント。工具を使わなくても車輪が簡単に外せるので、輪行などの自転車旅行にも便利です。ボトルゲージ用の台座がついており、市販品を後付けすることもできます。普段使いから休日まで、さまざまな用途に使える高品質で安いクロスバイクを探している方におすすめです。

メリダ(MERIDA) CROSSWAY 100-R

メリダ(MERIDA) CROSSWAY 100-R

台湾の自転車メーカー「メリダ」のクロスバイク。生産は台湾ですが、設計はドイツのR&Dセンターで行われています。本モデルはアルミ製フレームを採用しており、11.9kgと軽いのが特徴です。

シマノの24段変速機を搭載しているため、上り坂や下り坂の多いエリアでも軽快に走れます。パンクのリスクが低く乗り心地のいい、700×28Cサイズのタイヤを装着。毎日の通勤・通学にも安心して使える、安いクロスバイクを探している方におすすめです。

サイドスタンドを標準装備しているため、街中での使い勝手も良好。カラーはマットブラック・メタリックブルー・レッド・シルクチタンの4色をラインナップしています。