ギアが1枚しかなく、変速に悩まなくて済むのが魅力の「シングルスピード」。パーツが少なく、スッキリとした見た目が特徴です。また、パーツが少ないからこそ、自分でカスタマイズできる面白さもあります。

そんなシングルスピードには、ピストやクロスバイクなどの種類があるため、どのモデルを選べばよいか迷いがちです。そこで、おすすめのシングルスピードをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーも紹介します。

シングルスピードとは?

By: osso-bike.com

「シングルスピード」とは、一般的なスポーツバイクなどに搭載されている変速機が搭載されていないバイクのこと。前後のギアが1枚しかなく、シンプルな見た目が特徴です。余計なパーツがなく、スマートな印象が与えられます。

ペダルの重さが常に一定なので、初心者の方にもおすすめ。また、搭載されているパーツが少ないからこそ、ホイールの交換やステッカーなどで個性が演出できます。誰も持っていない、自分だけの一台を手に入れたい方におすすめです。

シングルスピードのメリット・デメリット

By: rakuten.co.jp

シングルスピードのメリットは、故障やトラブルが少ないことです。自転車のなかでも酷使されやすいパーツが変速機。ワイヤーで力を加えるため、故障のリスクがあります。シングルスピードは変速機を搭載していないため、故障やトラブルは比較的少ないといえます。

また、変速機がなく、必要最低限のパーツしか搭載していないため、ほかのバイクと比較して安く手に入れられるのもポイント。加えて、メンテナンスがしやすいことや耐久性に優れていること、オリジナルの一台に仕上げられることも魅力です。

一方、シングルスピードのデメリットは、ほかのバイクと比較して走行性がやや劣ること。登り坂でペダルを軽くできないため、場合によっては降りて歩くケースもあります。加えて、下り坂での加速が難しい点にも留意しましょう。

シングルスピードの種類

ピスト

By: amazon.co.jp

「ピストバイク」とは、競技用に作られたバイクのことを指します。「ピスト」とは、イタリア語で「トラック」のこと。変速機やブレーキを搭載していないのが特徴で、スピードを追い求めたい方におすすめです。ただし、日本の道路交通法では、前輪と後輪にブレーキをつけることが義務付けられているので、街乗りをしたい方は十分注意しておきましょう。

また、ペダルから足を離しても回り続ける固定ギアを搭載しているモデルもあり、独特な乗り心地が体感できたりトリックを楽しんだりできるのもポイント。なお、近年では通勤や通学向けにブレーキやフリーギアを搭載したモデルも登場しています。

クロスバイク

「クロスバイク」とは、フィットネスやサイクリング、通勤通学といった普段使いまで、幅広い用途で使用できるバイクのこと。一般的なシティサイクルと比べて走行性が高く、優れた軽量性を備えているのが特徴です。

また、ロードバイクやマウンテンバイクよりも安いモデルが多く、スポーツバイクのなかでは比較的手に入れやすいのもポイント。初めてシングルスピードを購入する方にもおすすめです。

マウンテンバイク(MTB)

「マウンテンバイク」は、ピストやクロスバイクとは異なり、オフロードを走るのに適したバイクです。凹凸のある悪路や、勾配を走り抜けるのにもおすすめ。また、ほかのバイクよりも太いタイヤを搭載しているのが特徴です。

また、前輪もしくは前後輪の両方に衝撃を吸収するためのサスペンション機能が搭載されているのもポイント。加えて、ほかのバイクよりも幅の広いハンドルバーを採用しているモデルが多く、安定して運転できるのも魅力です。

シクロクロスバイク

「シクロクロスバイク」とは、舗装・未舗装の道が入り混じるコースを走破するレース「シクロクロス」用に作られた競技用のバイクです。スピードの出しやすさや制動性のよさから、近年では普段使い用に購入する方も増えています。

シクロクロスバイクの魅力は、水や泥に強いディスクブレーキを搭載していることです。幅広い天候下で活躍します。加えて、ドロップハンドルを採用していることや、35mm前後と太めのタイヤを搭載していることなども特徴です。

ビーチクルーザー

「ビーチクルーザー」は、海までの移動手段としてサーファー向けに作られた自転車のことです。幅広に設計されたハンドルや一般的な自転車よりも太めのタイヤ、流れるようなデザインのフレームを採用しているのが特徴です。

また、走行中にペダルを逆回転させることで減速できるコースターブレーキを搭載したモデルが多いのもポイント。加えて、なかにはサーフボードを抱えながら運転できるよう、ブレーキバーが片方しかないモデルがあるのも特徴です。

ミニベロ

By: job-cycles.com

「ミニベロ」とは、20インチ以下のホイールを搭載している自転車のことです。車体も小さなモデルが多く、小回りが利くのが特徴。買い物やサイクリングなど、普段使いや街乗りにおすすめです。

ミニベロの魅力は、コンパクトなので街中で駐輪しやすいことや、室内で保管しやすいこと。また、可愛らしい見た目やおしゃれなデザインのモデルが多く、個性が演出しやすいのもポイントです。

シングルスピードの選び方

ギアの種類をチェック

フリーギア

「フリーギア」は、一般的な自転車に搭載されているモノと同じギアのことです。漕ぐのを止めてもギアが回り続けて、前進するのが特徴。漕ぎ出しが楽なので、普段使いや街乗り用として気軽に運転できます。

また、カーブでも楽に操作できるのもポイント。乗り慣れている自転車と同じような感覚で運転できます。はじめてシングルスピードを購入する方や、運転にあまり自信がない方におすすめです。

固定ギア

「固定ギア」とは、ペダルとホイールの動きを一体化させるギアのことです。後輪のギアとクランク部に搭載されたチェーンリングを固定しているのが特徴。フリーギアとは違い、漕ぐのを止めると進むのも止まってしまいます。

また、ペダルを逆回転させることで、進行方向とは反対向きに進めるのもポイント。曲乗りを楽しむのにもおすすめです。慣れるまでに時間がかかることがあるものの、フリーギアとは違った独特な乗り心地が体感できます。

フリー・固定兼用タイプ

By: amazon.co.jp

フリー・固定兼用タイプのギアは、その名の通りフリーギアと固定ギアが切り替えられるギアのことです。リアハブの両面にスプロケットが付いており、ひっくり返すだけで簡単に切り替えられます。

普段使いとして使用する場合にはフリーに設定しておき、曲乗りをする際には固定に切り替えるなど、さまざまな楽しみ方をできるのがポイント。いきなり固定ギアに乗るのは怖いという初心者の方にもおすすめです。

ハンドルをチェック

ドロップハンドル

By: fujibikes.jp

「ドロップハンドル」とは、下向きに半円を描くように設計されたハンドルのことです。主にロードバイクやシクロクロスバイクといったスポーツバイクやミニベロに採用されています。

ドロップハンドルの魅力は、さまざまなポジションが取れることです。幅広い姿勢で運転ができるため、長時間でも快適にライドできます。また、前傾姿勢が取りやすく、スピードを出しやすいのもポイントです。

ブルホーンハンドル

By: rakuten.co.jp

「ブルホーンハンドル」とは、ハンドルバーの両端が牛の角のように突き出ているハンドルのこと。ドロップハンドルと同様、スポーツバイクに多く採用されています。

ブルホーンハンドルもドロップハンドルと同じく、前傾姿勢が取りやすいのでスピードを出せるのがメリットです。加えて、さまざまなポジションが取れるので、長時間のライドでも疲れを感じにくいのもポイントです。

フラットバーハンドル

By: fujibikes.jp

「フラットバーハンドル」とは、一般的な自転車にも多く採用されている一直線のハンドルのことです。クロスバイクやマウンテンバイクといったスポーツバイクに採用されていることもあります。

フラットバーハンドルのメリットは、緩いスピードで走行している時の操作性に優れていることです。ブレーキがかけやすく、ハンドル操作も容易に行えます。また、視界が広く取りやすく、安全運転がしやすいのもポイントです。

アップバーハンドル

「アップバーハンドル」は、ママチャリなどで採用されることの多いハンドルです。カマキリのハサミのように見える特徴的な見た目から「カマキリハンドル」と呼ばれることもあります。胸の高さでグリップを握るのがポイントです。

アップバーハンドルのメリットは、背筋を伸ばした状態でペダルを漕げること。街並みや景色を見ながら、ゆったりとサイクリングを楽しみたい方におすすめです。また、自転車にオリジナリティを持たせることもできます。

公道での走行にはブレーキが必要

By: fujibikes.jp

ピストバイクやビーチクルーザーなど、シングルスピードのなかにはブレーキを搭載していないモデルがあります。ブレーキのない自転車を公道で運転することは、道路交通法で禁止されているので注意が必要です。

仮に違反してしまった場合、5万円以下の罰金が課されることがあります。近年は街乗り用にブレーキを標準装備したピストバイクやビーチクルーザーも販売されているため、ブレーキを搭載したモデルを購入しましょう。

シングルスピードのおすすめメーカー

フジ(FUJI)

By: fujibikes.jp

「フジ」は、日本で誕生し、100年以上の歴史を誇る自転車ブランドです。現在はアメリカの「アドバンス・スポーツ」のブランドになっており、日本ではかつての名称である「日米富士自転車株式会社」の名前で知られています。

フジは、舗装された道を颯爽と走れるロードバイクから、悪路を走るのに適したシクロクロスバイク・マウンテンバイクまで、さまざまな自転車を取り扱っているのが特徴です。

シングルスピードのおすすめ

フジ(FUJI) シングルスピード FEATHER

フレームの素材に耐久性の高いクロモリを使用したシングルスピード。タイヤには700×25Cのモデルを採用しており、舗装された道を走るのに適しています。

フォークの素材にもクロモリを採用。衝撃吸収性に優れており、段差を乗り越える際に身体へかかる衝撃や負担を低減します。加えて、フジ独自のブレーキを搭載しており、しっかりと止まれるのも魅力です。

ハンドルにはドロップハンドルを採用。同じ姿勢になりにくいので、長時間疲れを覚えることなく漕ぎ続けられます。さらに、前傾姿勢が取りやすく、スピードを出しやすいのもポイント。ロングライドにおすすめのアイテムです。

フジ(FUJI) シングルスピード DECLARATION

By: fujibikes.jp

ハンドルにフラットバーハンドルを採用しているクロスバイク。優れた操作性が備わっているので、有事の際にハンドルを素早く切ったりブレーキをかけたりできます。加えて、視界が広く取りやすいのも特徴です。

17Tの「フリーコグ」と「固定コグ」の両方を標準装備しているのがポイント。フリーコグにすれば、普段乗っている自転車と同じ感覚でライドが楽しめます。固定コグにすれば、曲乗りを楽しんだり、独特な乗り心地を味わったりが可能です。

フレームには細身のスチールフレームを採用。優れた耐久性としなりの両方を同時に実現しています。ツーリングや街乗りなどにおすすめのアイテムです。

フジ(FUJI) シングルスピード TRACK ARCV

By: fujibikes.jp

トップチューブが前下がりになっている、パシュートジオメトリーフレームを採用したシングルスピード。ペダルに力が伝えやすいので、軽い漕ぎ出しが体感できます。なお、フレームの素材には軽量のアルミを採用。ストップアンドゴーが多い街乗りに適しています。

ギアにはフリーギアを標準装備。一般的な自転車と同じような乗り心地が体感でき、カーブでも楽に操作できます。また、ブレーキケーブルがフレームの中に内蔵されているため、走行の邪魔にならないのが魅力です。

ハンドルはドロップハンドルで、前傾姿勢を取りやすいのもポイント。疾走感あふれるライドを楽しみたい方にもおすすめです。加えて、さまざまなポジションが取れるので、長時間のライドでも疲れを覚えにくいこともメリットに挙げられます。

カーテルバイクス(CARTEL BIKES) AVENUE

トップチューブが地面と水平な、ホリゾンタルフレームを採用しているピストバイク。フレームスペースが広いため、フレームバッグやウォーターボトルなどが取り付けられます。スローピングフレームと比べて積載量が多いのが特徴です。

パイプの直径が1インチと細いのもポイント。クラシックかつスタイリッシュな見た目が楽しめます。また、素材にはクロモリを採用。優れた振動吸収性が備わっているため、やわらかな乗り心地が体感可能です。

ハンドルにはドロップハンドルを採用。前傾姿勢が取りやすいので、素早く加速できます。また、複数のポジションが取れるため、長時間のライドでも疲れを感じにくいのもポイント。初めてシングルスピードを購入する方におすすめのアイテムです。

カーテルバイクス(CARTEL BIKES) AVENUE LO MATTE BLACK

トップチューブのスローピングが特徴のシングルスピード。前傾姿勢が取りやすく、軽い漕ぎ出しを体感できるのが特徴です。チューブやフレームの素材にはクロモリを採用。柔軟性に優れ、ダイレクトな乗り心地が味わえます。

ハンドルにはブルホーンハンドルを搭載。さまざまなポジションが取れるため、長時間のライドに適しています。また、ツノ部を握れば前傾姿勢が取りやすくなるのもポイント。ダンシングをしたり、スピードを上げたりするときに活躍します。

タイヤには700×23Cのモデルを搭載。普段使いはもちろん、曲乗りを楽しみたい方にもおすすめのアイテムです。

チネリ(CINELLI) Tutto Plus

ハンドルにフラットバーハンドルを搭載した、シングルスピード仕様のシクロクロスバイク。ハンドルが操作しやすく、視界も広く取れます。また、素早くブレーキをかけたりハンドルを切ったりと、危険を回避しやすいのも特徴です。

チューブの素材にはクロモリを採用。程よくしなるため、ダイレクトな乗り心地が体感できます。加えて、フォークの素材にスチールを採用し、優れた軽量性と耐久性を同時に実現しているのもポイント。長く愛用できます。

タイヤには700×35Cの「KENDA-KWICK-TRAX」を搭載。表面に凹凸を設けているため、オフロードを走るのにも適しています。また、フレームに複数のダボ穴を設けているのも魅力。カスタマイズできるシングルスピードを探している方にもおすすめです。

チネリ(CINELLI) Gazzetta

ハンドルにライザーバーを搭載しているシングルスピード。優れたハンドリング性が備わっているため、有事の際に素早くハンドルを切って危険を回避できます。また、視界が広く取りやすいことや、背筋が伸びた状態で運転できるのも魅力です。

フレームとフォークの素材には、やわらかな乗り心地が体感できるようクロモリを採用しています。振動吸収性に優れ、地面からの衝撃を緩和するのが特徴。加えて、ダウンチューブに大胆なグラフィックを施しているため、見た目も楽しめます。

本体の総重量が9.5kgと軽量なのもポイント。パンクなどのトラブルに見舞われても、担いで移動できます。機能性とデザイン性の両方を兼ね備えている、ハイエンドモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ジオス(GIOS) VINTAGE PISTA

By: job-cycles.com

フリーギアを搭載しているシングルスピード。一般的な自転車と同じ感覚で運転できるため、初めてシングルスピードを購入する方にもおすすめです。ギア比は44T×16T。軽い漕ぎ心地が体感でき、ストップアンドゴーもスムーズに行えます。

フレームにはジオスのオリジナルモデルを採用。素材には程よくしなるクロモリが使われているため、ダイレクトな乗り心地が体感できます。加えて、フォークの素材にもクロモリを用いており、地面からの衝撃が伝わりにくいのも特徴です。

ハンドルにはドロップハンドルを採用。さまざまなポジションが取れるため、長時間のライドにも適しています。また、サドルにはスポーツサドルを搭載しているため、スピードを出しやすいのもポイント。スマートでお洒落なモデルを探している方におすすめです。

ジオス(GIOS) FELUCA PISTA

By: job-cycles.com

フレームの素材にクロモリを採用した、シングルスピード仕様のミニベロ。程よくしなるため、ダイレクトな乗り心地が体感できます。加えて、フォークの素材にもクロモリを使用しており、地面からの衝撃を緩和するのも特徴です。

ハンドルにはドロップハンドルを搭載。同じ姿勢になりにくく、さまざまな姿勢がとれるため、長時間のライドにも適しています。さらに、スポーツタイプのサドルを搭載しているため前傾姿勢が取りやすく、スピードに乗りやすいのも魅力です。

タイヤには20インチのモノを標準装備。小回りが利くほか、高い操作性も備わっています。通勤や通学はもちろん、普段使わない路地に入るなど、街中を散策するのにもおすすめのアイテムです。

アニマト(ANIMATO) ミニベロ CYCLOPS

本体総重量がわずか11kgと軽量なシングルスピード仕様のミニベロ。漕ぎ出しが軽く、軽快なライドが楽しめます。また、ハンドルにはフラットバーハンドルを採用。優れた操作性が備わっており、ブレーキをかけやすいのが特徴です。

タイヤには20インチのモノを搭載。小回りが利くほか、優れた操作性が備わっているのも魅力です。また、前輪には「クイックリリースハブ」を搭載しているため、工具を使わずに素早く取り外し可能。 街乗りにおすすめのアイテムです。

スピードワールド(SPEED WORLD) ピストバイク YS-CBTG700

フレームに新設計のトラックダイヤモンドフレームを採用しているシングルスピードです。素材にはクロモリを使用。地面からの衝撃や振動を緩和するので、やわらかな乗り心地が体感できます。加えて、軽量性に優れるのも特徴です。

フリーギアと固定ギアの両方が選択できる「Wコグ仕様」もメリット。フリーにすれば一般的な自転車と同じ乗り心地が体感でき、固定にすれば独特な乗り心地が楽しめます。途中で簡単に切り替えられるのがポイントです。

ピストバイクながらブレーキを備えており、デュアルピボットキャリバーブレーキを搭載。優れたコントロール性と制動性を同時に実現しています。加えて、ドロップハンドル採用で、同じ姿勢になりにくいのも魅力。ちょっとした街乗りやツーリングにおすすめのアイテムです。

コナ(KONA) UNIT

By: konaworld.jp

フレームの素材にクロモリを使用している、シングルスピード仕様のマウンテンバイクです。フォークにはリジットフォークを採用。構造がシンプルで、機械的なトラブルに見舞われることが少ないのが特徴です。

タイヤには29インチの「WTB Ranger TCS」を搭載。表面に細かな凹凸を設けており、グリップ力に優れるため、悪路でもスムーズに走破できます。さまざまな天候に対応できるのが魅力です。

スライディングドロップエンドを交換することで、変速機が取り付けられるのもポイント。加えて、フレームやフロントにギアマウントを装備しているため、ウォーターボトルなどが取り付けられます。自分なりにアレンジしたい方におすすめのアイテムです。

あさひ(ASAHI) コーストラインサーフ 200-J

ボトムブラケットをシートチューブよりも前に配置している、シングルスピード仕様のビーチクルーザー。自然と背筋が伸びるため、楽な姿勢でペダルが漕げます。加えて、路面からの衝撃を緩和する大きめのサドルを搭載しているのも特徴です。

タイヤには太めの20インチタイヤを採用。凹凸のある道もスムーズに進めます。さらに、ハンドル・クランク・チェーンにサビにくい素材を使用していることや、路面が濡れていても優れた制動性を発揮するローラーブレーキを搭載しているのも魅力です。

ビーチクルーザーのデザインを損なわない砲弾型のLEDライトを標準装備しているのもポイント。夜道でもしっかりと視界が確保できます。街並みや景色を楽しみながら、ゆったりとサイクリングがしたい方におすすめのアイテムです。

オッソ(OSSO) R100-CR

フレームにクロモリのジオメトリーフレームを採用したピストバイクです。フォークの素材にもクロモリを使用。ダイレクトな乗り心地が体感できます。加えて、振動吸収性に優れ、地面からの衝撃を低減するのも魅力です。

後ハブの左右にギアが付いたダブルコグ仕様で、フリーギアと固定ギアの両方を選択できるのが特徴。フリーギアに設定すれば、一般的な自転車と同じ乗り心地が体感できます。固定ギアに設定すると、曲乗りを楽しむことが可能です。

ハンドルには前傾姿勢が取りやすく、加速しやすいドロップハンドルを搭載。さまざまなポジションが取れるので、長時間のライドにも適しています。さまざまなシーンで活躍するシングルスピードを探している方におすすめのアイテムです。

マジィ(MASI) FIXED UNO RISER

フレームの素材にクロモリを採用しているピストバイク。やわらかな乗り心地が体感でき、地面からの衝撃を緩和するのが魅力です。また、フレームにはダボ穴を設けているため、フェンダーやキャリアなどが取り付けられます。

ハンドルにはライザーバーを採用。極端な前傾姿勢になりにくく、楽な体勢で運転できます。また、視界が広く取れるので、安全運転を心がけやすいのもポイント。通勤や通学、街乗りなどにおすすめのアイテムです。