タウンユースが似合うおしゃれな自転車「ミニベロ」。気軽に街を走り抜ける”ポタリング”に最適とあって、ここ数年注目度の高い人気のアイテムです。ただ、本格志向のアイテムからチョイ乗りに最適なタイプまでさまざまなモデルがラインナップされているので、興味があってもどれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いはずです。

そこで今回は、ミニベロの基礎知識から選び方、おすすめのモデルをご紹介します。選び方も合わせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

ミニベロとは?

By: doppelganger.jp

ミニベロとは、フランス語で「小さな自転車(mini vélo)」という意味。一般的にはタイヤのサイズが20インチ以下の自転車がミニベロと呼ばれています。

タイヤのサイズが20インチ以下であれば、折りたたみ自転車や電動アシスト付き自転車なども含まれ、ロードタイプやオフロードも走れるMTB(マウンテンバイク)など、さまざまなミニベロがラインナップされています。

ミニベロの魅力

By: wachsen.jp

ミニベロの魅力は、小さなタイヤとボディでハンドリングが簡単で小回りがきくこと。また、軽いので走り出してすぐにスビードが出るため、ストップ&ゴーの頻度が多い街乗りに最適です。

さらにおしゃれな見た目もポイント。多くのメーカーから個性的なデザインやカラーリングのミニベロがリリースされています。自分にピッタリの1台を探すのも楽しみのひとつです。

ミニベロの選び方

By: amazon.co.jp

ミニベロは大きく分けて、「アーバンバイク」「ロードバイク」「MTBバイク」の3タイプがあります。アーバンバイクはデザイン性が高く、街を散策するポタリングに最適のモデルです。ロードバイクは、軽量素材のフレームに細身のスリックタイヤやレースタイヤを採用して走行性能を重視したモデル。MTBバイクは、強靭なフレームにオフロード用のブロックタイヤ、フルサスペンションなどを採用して性能を追求したモデルです。

さらに、ハンドルの形状やタイヤのサイズ、フレームの素材、折りたたみ式、電動アシスト付きなどバリエーションも豊富。また、価格帯も数万円から100万円超のものまでさまざまです。購入する際は予算と性能、そしてデザインを検討してベストな1台を見つけてください。

ミニベロのおすすめモデル

ジオス(GIOS) ミニベロ MIGNON

イタリアのトリノに本拠地を置く自転車フレームメーカー「ジオス」。ミグノンはミニベロシリーズのなかで、最も価格がリーズナブルなモデルです。タイヤサイズはやや大きめの510mm。扱いやすいフラットハンドルを採用しているので、初めての方にピッタリです。

フレームはクラシックなホリゾンタルデザインを採用。強度に優れたスティール製なので、壊れにくいのも魅力です。重さも約10kgと軽すぎず、重すぎない丁度よい重量感。コスパの高いエントリーモデルにおすすめです。

ジオスといえば鮮やかな”ジオスブルー”が定番ですが、気軽に街乗りを楽しみたいという方は、ファッションを選ばないブラックやホワイトもおすすめです。

ダホン(DAHON) Route 折りたたみタイプ

折りたたみ自転車に定評があるダホンのベストセラーモデル。「Route」は、世界中の折りたたみ自転車で採用されているDFSシステムを採用したミニベロです。わずか3ステップで小型化できるのが特徴で、玄関などの限られたスペースでも収納しやすいのが魅力。クルマや電車に載せて、移動先で自転車を楽しみたいという方にもおすすめです。

フレーム素材には、軽いアルミを採用。濡れた路面を走った際に水の跳ね上がりを防ぐ「マッドガード」、衣服とチェーンの接触や巻き込みを防ぐ「チェーンリングガード」、いつでも自転車を停められる「キックスタンド」など、必要な装備が一式揃っているのもポイントです。

また、普段使いに便利な7段変速を採用。ホイールは20インチと一般的なシティーサイクルと比べると小さめですが、ギアを切り替えればスイスイと進むことができます。ちょっとした街乗りはもちろん、近距離の通勤・通学にもおすすめのミニベロです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) ミニベロ MV 5FS

カジュアルな街乗り向けモデルで有名なブランド「ルイガノ」。MV 5FSは、コンパクトサイズのミニベロならではの可愛さと、MTBのワイルドさが同居した遊び心満載のモデルです。リモートロックアウト機能を搭載しているので、サスペンションを固定すれば舗装路も快適に走ることができます。

また、制動力に優れた油圧ディスクブレーキを採用。一般的なVブレーキと比べて雨の日もブレーキがかかりやすいので安心して走行することができます。段差を気にせずに街をスムーズに走りたい方におすすめのミニベロです。

マジィ(MASI) MINI VELO FIXED

ロードバイクやピストバイクで有名なイタリアの老舗ブランド「マジィ」。MINI VELO FIXEDはギアが固定されているので足を止めてもペダルが回り続けるのが特徴。漕げば漕ぐほど推進力に変わるため、自転車と一体になったような体験ができます。一般的な自転車と同じフリーギアに変更することも可能。固定ギアが苦手な方も安心です。

ハンドルにはシルエットが美しいブルホーンバーを採用。また、フレームにはしなやかな乗り心地が特徴のダブルバテッドクロモリチューブを採用しています。ロングライドでも疲れにくいので、街乗りはもちろん、通勤・通学にもおすすめのミニベロです。

ビリオン(billion) lionel-10

価格を抑えつつ、性能に妥協しない硬派なミニベロ専門ブランド「ビリオン」。本製品は、コンパクトボディでありながら、20段変速に対応したロードタイプのミニベロです。小さなタイヤからは想像できないスピードを出すことも可能。ロードバイクのように颯爽と街を走り抜きたい方におすすめです。

ブレーキと変速レバーを統合した「デュアルコントロールレバー」を搭載。ハンドルから手を放さずにスムーズにシフトチェンジすることができます。衝撃吸収性に富んだクロモリフレームにより、長距離ライドにも対応可能。走行性能を重視している方におすすめのミニベロです。