コンパクトでおしゃれなデザインが多く、街中に映える「ミニベロ」。近所への買い物から通勤・通学、サイクリングまで用途によってさまざまなモデルが選べます。しかし、機能や装備がモデルによって異なるため、はじめて購入する方はどれを選んだらよいのか迷ってしまうことあるのではないでしょうか。

そこで今回は、タイプ別におすすめのミニベロをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ミニベロとは?

By: e-otomo.co.jp

ミニベロとはフランス語で「小さい車輪(MINIVERO)」を意味した自転車。一般的にタイヤサイズ20インチ以下の小径タイヤを装着しており、小柄な方でも乗り降りしやすく女性にも人気です。コンフォートタイプ・スポーツタイプ・折りたたみタイプ・電動アシストタイプなど、さまざまなモデルが販売されています。

コンパクトでかわいいモデルやおしゃれなデザインのモデルが多いのも魅力。カラーバリエーションも豊富で、街中で映える1台を探せます。モデルによって搭載されている機能が異なるため、用途やシーンを考慮して選ぶのが重要です。

ミニベロのメリット・デメリット

By: fujibikes.jp

ミニベロは小径タイヤを装着しているため、小回りが利くのが最大のメリット。住宅街や入り組んだ街中でも軽快に走行できます。漕ぎ出しも軽く、すばやく加速できるのも特徴。軽い車体でブレーキも利くので、信号が多い場所でキビキビと走れます。

折りたためるモデルも多く、電車やバスなど公共交通機関を使って移動したいときにも便利。サビつきや盗難、いたずらを防止する目的で自宅内の狭いスペースに保管したい場合にも重宝します。

小さいタイヤは多くのメリットがあるものの、衝撃吸収性に劣るのがデメリット。段差での衝撃がサドルやハンドルにダイレクトに伝わるため、乗り心地に影響します。また、漕ぐのを止めるとスピードが落ちやすく、長距離を高速で走り続けるシーンには向いていません。

ミニベロの種類

コンフォートタイプ

By: amazon.co.jp

快適な使用感を重視して設計されているタイプです。一般的なママチャリと同じような姿勢で運転でき、はじめてミニベロに乗る方でも違和感なく運転しやすい仕様。荷物の持ち運びに便利なカゴや泥除けが装備されているモデルもあるなど、高い利便性が魅力です。

長距離の走行には向いていないものの、買い物や通勤・通学など幅広いシーンに対応します。長距離を走行したい場合は、スプリング付きサドルなど乗り心地を向上させているモデルをチェックしてみてください。

スポーツタイプ

By: raleigh.jp

ロードバイクやMTB、クロスバイクなどに近いスポーティーなデザインのタイプです。軽量なフレームやドロップハンドルといったスポーツ仕様のハンドルを搭載しているなど、走行性を重視しています。

コンフォートタイプと比べて、長距離を走行しやすいのも特徴。多段数変速機を搭載した本格的なスポーティーモデルなら、こまめに切り替えてさまざまなシーンで快適な走行ができます。

折りたたみタイプ

By: e-otomo.co.jp

さまざまな自転車のなかでも、ミニベロは折りたためるモデルが多く販売されています。折りたたみ機構を搭載していれば、コンパクトな状態で車載したい場合におすすめ。旅行先でサイクリングを楽しみたいときに活躍します。

電車やバスなど公共交通機関での移動で輪行したい場合にも便利。軽量なモデルなら持ち運びも楽々です。サビつきや盗難、いたずらが心配な方や駐輪場を確保できないなど、屋内で保管したい場合にも適しています。玄関やベランダなど、屋内のちょっとしたスペースでの保管が可能です。

電動アシストタイプ

By: amazon.co.jp

補助的なモーターの力で足漕ぎをアシストするのが電動アシストタイプです。ひと漕ぎで進む距離が少ない小径タイヤ採用のミニベロの欠点を補って、軽快な走りを実現します。特に、上り坂でもスイスイと走行できるため、坂道の多い地域に住んでいるなら要チェックです。

長距離走行もしやすく、バッテリー容量の大きなモデルながら充電の手間を減らせます。重い荷物を乗せても軽い力で漕げるので、普段の買い物でも活躍。折りたたみタイプにも多く、車載して旅先でサイクリングを楽しんだり屋内で保管したりできるなど便利です。ただし、ミニベロのなかではもっとも価格が高くなる点に留意しておきましょう。

ミニベロの選び方

タイヤのサイズをチェック

By: cyclemarket.jp

ミニベロは20インチ以下のタイヤサイズを採用しています。なかには、コンパクトさを重視した8インチの超小径タイヤを装着しているモデルもあるのでチェックしてみてください。特に、設置場所のスペースに余裕がない場合や持ち運びたいときに便利です。

ただし、タイヤサイズが小さいほどコンパクトなものの、乗り心地は悪くなります。段差を乗り越える際の衝撃が大きいため、はじめて乗るなら18インチ、20インチあたりがおすすめです。

小径タイヤはひと漕ぎで進む距離が短いのも特徴。タイヤサイズが小さいほど高速で走行したいときや長距離を移動したい場合には向かないため、用途やシーンを考慮してタイヤサイズを選ぶことが重要です。

重量をチェック

By: pacific-cycles-japan.com

ミニベロの重量はタイヤサイズや素材など、モデルによって異なります。平均的な重さ14kgを目安としてチェックするのがおすすめです。車体が軽いほど、軽快に走れるのが特徴。持ち運びやすさや保管しやすさを重視したい方も要注目です。

なかには10kg以下の超軽量モデルがあるものの、モデルによっては耐久性に不安を感じる場合があります。また、軽量なモデルほど小径タイヤを採用しているケースが多く、乗り心地に影響するため注意が必要です。

変速機があると便利

By: amazon.co.jp

ギアを選択できる変速機を搭載しているモデルが便利です。漕ぎ出しは軽く、スピードが乗ってきたら重たいギアに切り替えるなど快適な走行をサポートします。特に、上り坂や重たい荷物を乗せている場合に負担を軽減できて便利です。

段数はモデルによって異なり、よりスポーティーな走りを求める場合は多段数モデルがおすすめ。こまめに切り替えれば、さまざまな状況で軽快に走れます。ただし、多段数で高品質な変速機を搭載したモデルほど高額になる傾向があるため、用途を考慮して選ぶのが重要です。

カゴや泥除けなどオプションパーツの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ミニベロはコンパクトな構造上、カゴ・ライト・スタンドなどを標準装備していないモデルがあります。荷物を乗せるカゴが必要な場合や夜間走行用のライトなど、必要になるパーツがオプションで用意されているかをチェックしてみてください。

また、チェーンガードや泥除けなど衣服の汚れを防止できるかも要チェック。特に、濡れた路面で泥除けがないと衣服を汚してしまいます。さらに、駐輪する際にはカギも必要です。スポーティータイプや折りたたみタイプは標準装備されているか、後付けできるかを確認しておきましょう。

用途や目的に合ったモデルを選ぼう

通勤・通学

By: fujibikes.jp

通勤・通学で使用するなら、車体重量の軽いミニベロがおすすめです。軽い車体ほど軽快に走行できるため、ある程度のスピードを求める場合には重さをチェックしてみてください。

ルートに坂道が多い場合や大きなカバンを乗せて走行するなら、変速機付きのモデルに注目。状況に合わせてギアを切り替えれば、快適に走れます。足漕ぎをアシストして軽い漕ぎ出しを可能にする電動アシストタイプも便利です。

リュックを背負うのではなく、手提げカバンを持っていくならカゴが必要。標準装備しているかをチェックするほか、後付けできるかも確認してみてください。

買い物

By: amazon.co.jp

買い物を目的としてミニベロ購入を検討しているなら、カゴは必須です。標準装備しているモデルを選択するのが望ましく、なかには後付けできないモデルもあるため注意しましょう。駐輪場に止める際に使用するスタンドも欠かせません。

街中を走行する場合は、小径タイヤを装着した小回りの利くモデルがおすすめです。大きな駐輪場内も移動しやすく、コンパクトなので駐輪する際に停めやすいため便利。必要以上に高性能な機能を求めないのであれば、街中に映えるデザイン性を重視するのも選択肢のひとつです。

サイクリング

By: amazon.co.jp

休日にサイクリングを楽しむのを目的とするなら、走行性能に優れているモデルがおすすめです。タイヤサイズは大きいほどスピードが出やすく乗り心地もよいため、20インチモデルをチェックしてみてください。

スポーティーな走りをサポートするドロップハンドルを搭載しているなど、本格的な仕様のミニベロも販売されています。多段数の変速機を搭載しているかも要チェック。坂道が多いルートを走行する際には、こまめなギアチェンジで軽快な走りを楽しめます。

ミニベロのおすすめメーカー

ビアンキ(Bianchi)

By: bianchi.com

イタリアで1885年に創業し、100年以上続く老舗自転車ブランドです。ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・ミニベロなど、さまざまな種類の自転車を発売しています。同社の車体にはイタリア語で天空を意味する「チェレステ」と呼ばれる、緑色に近い青色の塗装を施しているのが特徴です。

モーターの力で軽い漕ぎ出しを可能にする電動アシストタイプも展開。ボッシュ社の電動アシストユニット「LECCO-E BOSH」を搭載しており、上り坂での走行や重たい荷物を乗せている際にふらつかず走行できます。

ジャイアント(GIANT)

By: giant.co.jp

1972年に創業した台湾の自転車メーカーです。クロスバイク・マウンテンバイク・ロードバイク・ミニベロを生産。アルミフレームやカーボンフレームに独自工法を採用しているなど、高品質な製品を展開しています。

なかでも、フレームに上級グレードのアルミ素材「アラックスSL」を採用したミニベロに注目。独自工法のエアロ形状フレームやカーボンフォークの採用で軽量化を実現しており、ロードバイクのような高速走行も可能にしています。

ブルーノ(BRUNO BIKE)

By: brunobike.jp

「旅」をテーマに製品を開発しているスイスの自転車メーカー。ミニベロを専門的に扱っており、細身のフレームや優しい色使いのモダンな北欧デザインが魅力です。ミニベロ専用に設計されたモデルは、街乗りから長距離ツーリングまで楽しめる性能を有しています。

アルミやカーボンと比べてしなやかな「クロモリ」フレームを採用したモデルに注目。軽量化によって本格的なスポーツ走行を楽しめるほか、街中でも機動力を発揮します。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

By: louisgarneausports.com

カナダに拠点を置くスポーツ用品メーカーです。1983年にサイクルウェアの製造・販売からスタートしました。創業者のルイ・ガノー氏はもともと自転車のトラック競技選手であり、自転車関連の製品を豊富に手掛けているのが特徴。子供や女性に乗りやすいモデルを展開しています。

なかでも、前後のホイール間隔を長めに設定しているモデルをチェック。小径タイヤでもふらつきにくく、街中でも安心して走行できます。

ミニベロのおすすめモデル|普段使い

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) EASEL8.0

フロントカゴや荷台が標準搭載されており、多くの荷物が一度に運べる実用的なミニベロです。リアキャリアの耐荷重は27kg。フレーム一体型なので、重たいモノを載せても安定した乗り心地が体感できます。

本体重量は16kgと軽量。軽い踏み出しで加速できるので、信号や交差点におけるストップ&ゴーがスムーズに行えます。また、リアタイヤには両立スタンドが備わっており、荷物を載せたまま安定して停められるのもポイントです。

カラーはホワイト・ブラック・アメシストの3種類。いずれも落ち着いた色合いで、スタイリッシュな見た目も魅力です。機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたミニベロを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) マークローザ M7

20インチタイヤを装着している小柄な方におすすめのミニベロです。泥除けを標準装備しており、雨の日の通勤・通学時に衣服を汚しにくく安心。フレームには軽量なアルミニウムを採用し、10万回ものJIS耐久疲労テストをクリアしている安全設計も魅力です。

スポーティークッションサドルにより、長時間のペダリングでも疲れにくい仕様。ペダルひと漕ぎで進む距離が26インチタイプと同じで、長距離走行にも適しています。

ヴァクセン(WACHSEN) colot WBG-2001

リアキャリアに荷物を乗せられるカーゴバイクタイプのミニベロです。1本でつながったフレームが個性的でおしゃれな雰囲気を演出。機能性とスタイル性を両立しているおすすめモデルです。フロントキャリアにも荷物を乗せられるため、たくさんの荷物を運びたいときに重宝します。

シマノ6段変速機を搭載しており、たくさんの荷物で重たくなってもふらつくことなくスムーズな走行を実現。太めのタイヤを採用し、安定性に優れています。20インチタイヤは小回りが利きやすいほか、小柄な方でも乗り降りしやすいのが特徴。ワイヤー式リムブレーキのなかでも制動力に優れたVブレーキを搭載しています。

トレイラー(TRAILER) BGC-F20

ワイヤーバスケットを標準装備しているミニベロ。ワイヤーロックやLEDライトなども標準装備しており、低価格ながら装備の充実したおすすめモデルです。タイヤサイズには、通勤・通学や買い物などさまざまなシーンに対応しやすい20インチを採用しています。

指先で変速できるサムシフターを搭載しているのもおすすめポイント。6段ギアの効率的な操作を可能にしており、路面状況に応じた快適な街乗りを楽しめます。

オオトモ(otomo) Raychell FB-206R

天面に向かって口の広がっている大型のフロントバスケットを標準装備したミニベロです。スタンドやLEDフロントライト、盗難防止に不可欠なシートポストワイヤー錠なども標準装備。通勤・通学や買い物など、日常使いにおすすめのモデルです。

シマノ6段変速機を搭載し、状況に応じてギアを切り替えれば快適な走行をサポート。コンパクトに折りたためるため、車載してサイクリングを楽しみたいときに便利です。フロントに滑らかな効き具合のキャリパーブレーキを搭載。リアには、濡れた路面に強く制動力に優れたリアハンドブレーキを採用しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファスター FDB206

シマノ6段変速機を搭載したコンフォートタイプのミニベロ。上り坂や荷物が多いときなど、スムーズな漕ぎ出しを可能にします。鉄製カゴが標準装備しており、通勤・通学や買い物に便利なおすすめモデルです。フロントライトの点灯・消灯は、手元のオン・オフレバーで簡単に操作できます。

スプリング付きサドルで地面からの衝撃を軽減。工具なしで折りたためるため、輪行や屋内での保管時に重宝します。自転車安全基準「BAA」に適合しているのもポイント。くわえて、JIS荷重試験に合格したハンドルステムを搭載しているなど、安定性を確保できる1台です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コンタナ FDB206

自転車関連製品メーカー「OGK」のコンテナバスケットを標準装備しているミニベロです。取り付け工具不要で前後キャリアのどちらにもセット可能。使用しないときは折りたたんで保管しておけるなど、使い勝手に優れているおすすめモデルです。

優れた安定感の両立スタンドを標準装備し、後ろに重たい荷物を積んでも倒れにくくなっています。信頼性の高いシマノ6段変速機を搭載しており、快適な走行をサポート。またぎやすい低床フレームの採用により、小柄な方でも乗り降りしやすい仕様です。

サイマ(cyma) Michikusa

By: cyclemarket.jp

本体重量が12.3kgと、コンパクトにまとめられている普段使いにおすすめのミニベロです。軽量かつ細身のフレームが用いられているのが特徴。加速や踏み出しの際にエネルギーが少なく済み、坂道が楽に登れることが魅力です。

タイヤには20インチのスリックタイヤを採用。ストップ&ゴーに優れているので、信号や交差点における停止や発進がスムーズに行えます。また、スポーツタイプにも用いられるVブレーキを搭載しており、制動性に優れるのもポイントです。

片足スタンドやボトルホルダー取り付け用の台座、アルミ製の泥除けなど、普段使いに役立つオプションを標準搭載。ワンタッチで変速可能な6段シフターも備わっています。ホワイト・グリーン・ブラックの3色展開で、デザイン性にも優れるアイテムです。

サイマ(cyma) ComO’rade

By: cyclemarket.jp

シマノの6段変速機が標準搭載されている普段使いにおすすめのミニベロ。上り坂が楽に走れるほか、スピードに応じてギアの重さを調節できるのが魅力です。シマノのグリップシフトを採用しており、ハンドルを握ったまま変更できます。

2灯LEDライトや反射板が備わっているので、夜間や明かりの少ない道でも安全に走行可能。授業や仕事が遅くまである方におすすめです。また、フロントカゴや荷台付きで、たくさんの荷物も携行できます。

片足スタンドやチェーンカバーなど、通勤や通学に便利なオプションが備わっているのもポイント。簡単にロックや解除が行えるGORINのリング錠付きで、防犯性も良好です。カラーはブラック・ホワイト・レッドの3色から選択できます。

ミニベロのおすすめモデル|スポーツタイプ

ジャイアント(GIANT) IDIOM 0

フレームに上級グレードのアルミ素材「アラックスSL」を採用したミニベロです。独自工法のエアロ形状フレームにより、高剛性と軽量化を両立。軽量で振動吸収性に優れたカーボン製フォークの採用も相まって、重量9kgの軽さを実現しているおすすめモデルです。

20インチの小径タイヤを装着し、普段使いから輪行までさまざまなシーンで機動力を発揮。タイヤの太さ28mmで走行性と安定性のバランスに優れており、ロードバイクのような高速走行も可能です。軽量スポーツサドルの採用で、クッション性に優れた乗り心地を実現しています。

ブルーノ(BRUNO BIKE) MINIVELO 20 ROAD DROP

フレーム素材にコロンバス社のクロモリチューブを使用しているスポーツタイプのミニベロ。金属疲労で折れることが少なく、長く愛用できます。また、クラシカルな見た目が楽しめるのも魅力です。

本体重量は10.2kgと軽量。踏み出しの際に力があまり必要なく、軽快な漕ぎ心地が体感できます。さらに、持ち運びやすく保管しやすいのもポイント。ツーリングやサイクリングにおすすめのアイテムです。

ラレー(RALEIGH) RSP RSW Special

カスタムメイドに迫る仕上がりが魅力のミニベロです。小径タイヤ搭載ながら、フルサイズモデルに匹敵する走行性能を実現したフレーム設計を採用。伝統的なマース型ドロップハンドルを搭載しているなど、本格的なスポーツ走行を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ポリッシュ加工を施したオリジナルデザインのステムやラレー型マッドガードなど、クラシカルな雰囲気も魅力。トップマウントレバーを標準装備しており、アップライトなポジションでの制動コントロールを可能にしています。

ターン(Turn) Surge ROJI

ドロップハンドルを搭載しているスポーツタイプのミニベロ。精悍な雰囲気のモデルで、451規格の20インチホイールがよりスポーティーさを強調しています。通常のミニベロよりステアリングのヘッド位置が高いのも特徴。ミニベロ特有のハンドリング時のふらつきを軽減し、安定してコーナリングできるおすすめモデルです。

エアロ形状フレームの採用でダイナミックな乗り心地を実現。綿密に設計されたトップチューブにより、乗り降りしやすくなっています。フレームのすべてにデカールをあしらっており、夜間走行時の安全を確保しているのもポイントです。

ジオス(GIOS) PANTO 105

カーボンフォークやクロモリフレームを採用しており、長時間の走行に適しているスポーツタイプのミニベロ。コンパクトながらも、ロードバイクに匹敵する疾走感を味わえるのが魅力です。

シマノの11段変速機が標準搭載されており、軽い踏み出しで加速がスタートさせられるのもポイント。スピードに応じた重さ調節も行えます。カラーは爽やかなブルーで、スタイリッシュに走り抜けられるアイテムです。

ジオス(GIOS) PANTO TIAGRA

本体重量が10kgと軽量で、軽い踏み出しで加速できるスポーツタイプのミニベロ。20インチのディープホイールが標準搭載されているので小回りが利きやすく、小柄な方でも乗り降りしやすいのが特徴です。

トップチューブが地面と水平なホリゾンタル仕様で、高い振動吸収性が備わっています。また、さまざまなポジションが取れるドロップハンドルが採用されており、長時間のライドに適しているのもポイント。クラシカルなデザインと機能性が魅力のアイテムです。

ミニベロのおすすめモデル|折りたたみ

ダホン(DAHON) SUV D6 BAT061

折りたたみしやすさはそのままに、フレーム強度を約3倍にアップするテクノロジー「デルテック」採用のミニベロです。柔軟なケーブルが「第2のダウンチューブ」を形成し、フレームの強度を高めているのが特徴。安心して乗れる、耐久性を重視したい方におすすめのモデルです。

タイヤサイズ20インチで適応身長145~190cmと、小柄な方から大柄な方まで乗り降りしやすい仕様。ハンドルの高さはライディングポジションに合わせて簡単に調節可能です。

ヴァクセン(WACHSEN) WeiB BA-101

ホワイトとブラックでコントラストを強調したデザインのミニベロ。シンプルながらインパクトのあるデザインで、アルミフレームには特殊パール塗装を施しています。52T大型チェーンリング搭載により、小径タイヤながら力強いペダリングを可能にするおすすめモデルです。

シマノ6段変速機を搭載し、さまざまな状況で軽快な走りを実現。白色LEDライトとワイヤーロックを標準装備しているほか、フェンダーは着脱式になっています。

ルノー(RENAULT) PLATINUM LIGHT6

軽量パーツをふんだんに採用して、重量6.8kgと軽量化にこだわって開発されているミニベロです。JIS規格の2倍のフレーム耐震試験に合格したアルミパテッドフレームを採用。メタリックカラーでスタイリッシュさも演出しており、デザイン性と高剛性を両立しているおすすめモデルです。

47T-11Tシングルスピードの搭載で軽快な漕ぎ出しが可能。ハンドルステムは鍛造式で強度に優れているほか、高さを自由に調節できます。アルミペダルは着脱式で利便性に優れているのも特徴。55×65cmのコンパクトサイズに折りたためるので、移動や保管に便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) AL シングルスピード

フレームやパーツにアルミニウムを採用した、重量約9.9kgのミニベロ。片手で楽に折りたためる構造で、持ち運びや保管しやすさを重視したい方におすすめのモデルです。小径の16インチタイヤを装着しており、ストップ&ゴーの多い街中での走行に適しています。

ブレーキには高い制動力を発揮するV型ブレーキを搭載。シマノのパワーモジュレーター搭載により、ブレーキをコントロールしやすくなっています。サドルはスプリング付きで優しい乗り心地を実現しているのもポイントです。

Pacific Cycles Japan CarryMe

By: pacific-cycles-japan.com

直径約20cmの超小径8インチタイヤを装着しているミニベロです。小さくかわいらしいので、デザイン性を重視したい方におすすめ。街中でのちょい乗りに適しています。エアタイヤ仕様、重量約8.6kgの超軽量モデルで持ち運びも簡単。折りたたみ式により、屋内に保管する際の移動に便利です。

シートチューブをワンタッチで着脱できるフォールディングロック機構を採用。30秒かからずに折りたたみできると謳っています。折りたたんだ際はA4用紙サイズのコンパクトさで、縦長のロッカーにも収納可能。付属のキャスターで転がしながら移動できるなど、利便性に優れた1台です。

ミニベロのおすすめモデル|電動アシスト

ビアンキ(Bianchi) LECCO-E Bosch Active Line Plus

ビアンキのブランドカラー「チェレステカラー」が街中に映えるミニベロです。ボッシュの電動アシストユニット「LECCO-E BOSH」を搭載しており、スムーズな漕ぎ出しをアシスト。上り坂での走行や重たい荷物を乗せている際、ふらつかず走行できるおすすめモデルです。

小型バッテリーを搭載しながら、エコモード時約100kmの走行が可能。前後に泥除けを備えているため、濡れた路面でも衣服の汚れを気にせず安心して走行できます。

パナソニック(Panasonic) オフタイム BE-ELW073A

外装7段変速機を搭載しているミニベロです。路面状況に合わせてギアを切り替えれば、軽快な走りが可能。電動アシストタイプで、上り坂や荷物が多いときに漕ぎ出しを軽くできるおすすめモデルです。リフレクター一体式の「リトルLEDビームランプ2」搭載で夜間走行でも安心。バッテリー脱着と同じカギで施錠・開錠できるワイヤー錠を標準装備しています。

折りたたみ時高さ67×長さ88×幅49cmと、コンパクトサイズに折りたためるのも便利。サビつきや盗難・いたずら防止を目的に屋内で保管したい場合に重宝します。また、電動アシストタイプながら重さ20.6kgと、軽量で持ち運びしやすいのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 電動アシスト自転車 グリッター ELGL033-F

フロントに「トールバスケット」を標準装備したミニベロです。バスケットに深さがあるため、多少長さのあるモノを入れても飛び出しにくいのが特徴。買い物など普段使いにおすすめのモデルです。内装3段変速ギアを備えているので、街中を軽快に走れます。

大容量のバッテリーを搭載しているのも本モデルの特徴。パワーモードで約42km、ロングモードなら約75km走行できます。やや大きめのワイドテリーサドルを採用しており、乗り心地も良好です。

また、「サドルガードマン」を備えているのもポイント。サドルが容易に抜き取られない構造のため、駐輪中の盗難が防げます。

パナソニック(Panasonic) 電動アシスト自転車 ベロスターミニ ELVS072

スポーティーな走行が楽しめるミニベロを探している方におすすめのモデルです。外装7段変速ギアを搭載しているのが特徴。アップダウンの激しい道でも、適切なギアを選んで快適に走行できます。

樹脂製のオリジナルチェーンケースを搭載しているのも本モデルの特徴。パンツの裾が油で汚れるのを心配せずに漕げるので便利です。また、前後に泥除けがついているため雨上がりの日でも安心して走れます。

ヤマハ(YAMAHA) PAS CITY-V

内装5段変速採用のアシスト制御機構「S.P.E.C.5」搭載の電動アシストタイプのミニベロ。スムーズな加速によるスポーティーな走りを実現しており、普段使いからサイクリングまで幅広く快適に乗れるおすすめモデルです。

優れた操作性と制動力を発揮する「モジュレーター付きVブレーキ」を搭載し、安全性に優れている点にも注目。雨天時や濡れた路面で強力なブレーキを発揮します。レトロ調サドルや革巻き風グリップなど、ネオレトロなデザインコーディネートを採用しているのも魅力の1台です。

ヤマハ(YAMAHA) PAS CITY-X

小径20インチタイヤを装着した、電動アシストタイプのミニベロ。アシスト制御機構「S.P.E.C.3」でギアポジションに適したアシスト走行を可能にしているなど、さまざまな状況に対応できるおすすめモデルです。

小径タイヤ装着モデルながら、ギア比の設定によって進む距離が長いのもポイント。ひと漕ぎで26インチモデルと同じ距離を進むため、長距離走行したいときに活躍します。走行時の抵抗が少ないセミスリックタイヤの採用もスポーティーな走りに貢献。バスケットやリアキャリアなどのオプションを利用して、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

カノーバー(CANOVER) 電動アシスト自転車 FR-Z1

ヨーロッパで使用率の高いとされる、電動アシストユニット「BAFANGシステム」搭載のミニベロです。ホイール一体型ユニットを採用しているのが特徴。カジュアルな印象のフォルムで、おしゃれな1台を探している方におすすめのモデルです。

14T-28Tのワイドレシオのシマノ6段変速機を搭載。こまめに切り替えれば、さまざまな状況に合わせた走行が可能です。シンプルで使いやすいスイッチパネルを採用し、はじめての方でも操作しやすくいのもポイント。また、外部USB端子を備えており、スマホを充電できるので便利です。

ハリー クイン(HARRY QUINN) 折りたたみ電動アシスト自転車 88210

独特のドルフィン型フレームに電動アシストユニットのバッテリーを内蔵しているミニベロ。バッテリーの存在を感じさせないスタイリッシュなデザインが印象的なおすすめモデルです。容量7Ahの小さめのバッテリーを搭載しているため、街乗り用として適しています。

コンパクトに折りたためて重さ約12.9kgと、電車やバスで移動したいシーンで活躍。リアキャスター搭載で後輪を折りたたんだ状態で転がせるため、リアキャリアに荷物を乗せたまま移動したいときに重宝します。

ペルテック(PELTECH) 電動アシスト自転車 TDN-206

日本電産のモーターを搭載している電動アシストタイプのミニベロです。容量6Ahのリチウムバッテリーを搭載。最大30kmのアシスト走行ができるほか、発熱量が少なく、安全で長寿命な設計を採用しています。

小径20インチタイヤを採用しており、曲がり角が多い街中での走行におすすめ。アシストモードは強・標準・エコの3つから、路面状況やバッテリー残量などに合わせて切り替え可能です。シンプルなコントローラーの搭載ではじめての方でも操作は簡単。コントローラーでオン・オフできるLEDライトを標準装備し、夜間走行で安心です。

ホールドオン(Holdon) 電動アシスト自転車 HoldOn Q1J

シンプルでスタイリッシュなデザインのミニベロです。バッテリーをメインフレーム内に収納する構造を採用しているのが特徴。おしゃれな製品を求める方におすすめのモデルです。

フル充電で最大100km走れるため、頻繁に充電する手間がないのもポイント。休日に長距離のサイクリングを楽しむのにもピッタリです。また、USB出力ポートを搭載しているのも本モデルの特徴。モバイルデバイスへの充電ができるので、スマホのナビを利用しながら走行するようなシーンで重宝します。

折りたたみ式のため、車のトランクに積み込んでドライブに持ち出すことも可能です。さらに、重さは約16.5kgと電動アシストモデルとしては軽量。自宅やオフィス内へも容易に持ち運べます。さまざまなシーンで活躍するモデルなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。