タウンユースが似合うおしゃれな自転車「ミニベロ」。気軽に街を走り抜ける”ポタリング”に最適とあって、ここ数年注目度の高い人気のアイテムです。ただ、本格志向のアイテムからチョイ乗りに最適なタイプまでさまざまなモデルがラインナップされているので、興味があってもどれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いはずです。

そこで今回は、ミニベロのおすすめのモデルをピックアップ。ブランド別にご紹介します。選び方も合わせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

ミニベロとは?

ミニベロとは、フランス語で「小さな自転車(mini vélo)」という意味。一般的にはタイヤのサイズが20インチ以下の自転車がミニベロと呼ばれています。

タイヤのサイズが20インチ以下であれば、折りたたみ自転車や電動アシスト付き自転車なども含まれ、ロードタイプやオフロードも走れるMTB(マウンテンバイク)タイプなど、さまざまなミニベロがラインナップされています。

ミニベロのメリット

By: wachsen.jp

ミニベロの魅力は、小さなタイヤとボディでハンドリングが簡単で小回りが利くところ。入り組んだ道でもスイスイと走ることができます。また、走り出してすぐにスビードが出るのもポイント。信号が多く、ストップ&ゴーの頻度が高い街乗りに最適な自転車です。

さらに、おしゃれな見た目もポイント。多くのメーカーから個性的なデザインやカラーリングのミニベロがリリースされています。自分にピッタリの1台を探すのも楽しみのひとつです。

ミニベロのデメリット

By: doppelganger.jp

ミニベロのデメリットとして挙げられるのが「悪路に弱い」という点です。シティサイクルやクロスバイクのような自転車は、フレームやタイヤの空気圧などによって衝撃をうまく吸収することが可能。一方、フレームもタイヤも小さなミニベロは衝撃が逃げにくいため、ちょっとした段差でも影響を受けてしまいます。

また、「スピードが落ちやすい」点もデメリット。タイヤの大きい自転車はスピードが乗ると少しの間ペダルを漕がなくても惰性で前に進み続けますが、ミニベロは漕ぐのをやめるとすぐにスピードが落ちてしまいます。ツーリングのように長距離を高速で走り続けるにはややストレスを感じるので、その点も注意しましょう。

ミニベロの選び方

用途で選ぶ

のんびりと街乗りを楽しみたいなら「コンフォートタイプ」

By: amazon.co.jp

コンフォートとは、「安心」や「快適」といった意味。いわゆるママチャリと同じような姿勢で漕ぐことができるので、初めてミニベロに乗る方も安心です。また、カゴや泥除けが付いているタイプが多いのもポイント。通勤・通学はもちろん、のんびりと街乗りを楽しみたい方におすすめです。

速さを求めるなら「スポーティータイプ」

By: bianchi.com

ロードバイクやMTBに近い、スポーティーなデザインを採用したミニベロです。フレームに軽量素材を使用したり、ドロップハンドルやブルホーンハンドルなどのスポーツ仕様のハンドルを搭載したりと、走行性能を重視しているのが特徴。街中を風のように颯爽と走りたい方におすすめのモデルです。

機能で選ぶ

折りたたみ機能

By: ternbicycles.jp

もともとミニベロはコンパクトサイズですが、折りたたみ機能を有したモデルはさらに小さくまとめることが可能。玄関やベランダといった限られたスペースにも収納できるので、駐輪場のない賃貸に住んでいる方にもおすすめです。

また、折りたたみタイプならば車に搭載したり、電車などに載せて輪行したりと、持ち運びに便利なのも魅力。観光地で愛車のミニベロに乗って、周辺地域を探索することができます。旅行好きな方にもおすすめの機能です。

電動アシスト機能

By: panasonic.jp

一部のミニベロには、電動アシスト機能を有したモデルがあります。モーターとバッテリーを搭載しているのが特徴で、坂道でもスイスイと漕ぐことが可能です。また、重い荷物を積んでいても軽い力で漕げるのもポイント。気軽に乗り回したい方におすすめの機能です。

サスペンション機能

By: amazon.co.jp

未舗装路を走ったり、段差を乗り越えたりしたい場合は、振動を吸収するサスペンション機能を有したモデルがおすすめです。前輪にのみ搭載したモデルを「ハードテイル」、前輪と後輪に搭載したモデルを「フルサスペンション」と呼びます。なかにはMTB並みに悪路走行が得意なモデルもあるので、乗り心地を重視している方は注目してみてください。

ミニベロのおすすめブランド

ジャイアント(GIANT)

ジャイアントは、1972年に台湾で設立された世界的に有名な自転車メーカーです。高性能のスポーツバイクをリーズナブルな価格でリリースしているのが特徴。入門者向けからプロ向けまで、幅広いモデルがラインナップしています。取扱店舗が多く、修理などのサポートを受けやすいのも魅力です。

ジャイアント(GIANT) IDIOM 2

ジャイアント(GIANT) IDIOM 2

ベストセラーのミニベロ「イディオム2」。フレームには軽量で剛性に優れたアルミパイプを使用しており、軽い力でスムーズに漕ぐことが可能です。タイヤは、クッション性の高い28mm幅を採用。街乗り用のロードバイクやクロスバイクにも採用されているタイヤ幅で、スピードを維持しながら快適な走りを楽しめます。

また、ハンドル部分に折りたたみ機能が搭載されているのもポイント。室内保管がしやすいのはもちろん、自動車に積んだり、電車などで輪行したりと、輸送時にも役立ちます。普段使いから旅行まで、あらゆるシーンに対応できるおすすめのミニベロです。

ビアンキ(Bianchi)

1885年にイタリアで創業したビアンキ。現存するなかでは最も歴史の古い自転車ブランドです。長年ノウハウを培ってきたこともあって、ロードバイクをはじめ、マウンテンバイクやミニベロなど、いずれの自転車も高い評価を受けています。

ビアンキといえばイタリアの空を表した「チェレステ」カラーが有名で、その年によって微妙に色合いが変わるのがおしゃれ。ファッション性の高いミニベロを探している方にもおすすめのブランドです。

ビアンキ(Bianchi) MINIVELO-10

ビアンキ(Bianchi) MINIVELO-10

ビアンキのミニベロのなかでも最上位モデルに位置する「MINIVELO-10」。18年モデルはスポーティーなドロップハンドルを採用していたのに対して、19年モデルは取り回しがしやすいフラットバーを採用しているのが特徴です。シティサイクル感覚で街乗りを楽しめます。

細身のハイテン(鉄)フレーム、上出しのブレーキアウターといったクラシカルデザインを採用。遠目からでもビアンキと分かるチェレステカラーもおしゃれです。走行性能はもちろん、見た目にもこだわりたい方におすすめのミニベロです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

ルイガノは、カナダに拠点を置くスポーツ用品メーカーです。創立者は、オリンピックにも出場した元プロのサイクリストであるルイ・ガノー氏。自転車を中心にウェアやヘルメットなど、さまざまなアイテムをリリースしています。

「GARNEAU」と「LOUIS GARNEAU」の2つのブランドを展開しており、後者はカジュアル仕様の自転車が数多くラインナップされているのが特徴。デザインもおしゃれで、男性はもちろん、女性からも人気を博しています。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) EASEL 9.0

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) EASEL 9.0

「EASEL 9.0」は、初心者でも操縦しやすいフラットバーハンドルを採用したミニベロです。高級スポーツ自転車にも使われている油圧式ディスクブレーキを搭載。雨の日でも制動力が落ちづらいので安心して乗ることできます。

フロント部分にサスペンションを採用しているのもポイント。走行時に衝撃を吸収してくれるので乗り心地も快適です。また、フロント部分にはキャリアマウントを装備しているため、カゴも装着可能。普段使いとしてはもちろん、ちょっとしたツーリングにも対応できる高性能なミニベロです。

ブルーノ

ブルーノは、ミニベロやツーリングバイクを中心に展開しているスイスのブランドです。「旅」をテーマに設計されているのが特徴で、街乗り用から長距離ツーリング用まで、さまざまなシーンに対応した自転車がラインナップされています。おしゃれな北欧風デザインのミニベロも多く、性別を問わずおすすめのブランドです。

ブルーノ VENTURA

ブルーノ VENTURA

ドロップタイプのオリジナルハンドルバーを搭載した「VENTURA」。一般的なハンドルと比べてワイドに設計されているので、楽にグリップすることが可能です。フレームには振動吸収性に優れた「columbusチューブ」を採用。ロングライドでも疲れにくいのが魅力です。

また、耐久性を維持しながら重量に配慮されているのもポイント。厳選された素材・パーツを使用することで、完成車でありながら9.9kgを実現しています。工具一本でサドルとハンドル部分を下げてコンパクトにまとめられるので、普段使いとしてはもちろん、輪行にもおすすめのミニベロです。

ダホン(DAHON)

1982年にアメリカで設立されたダホン。環境にやさしい新たな移動手段として、Dr.DAVID HONが折りたたみ自転車を開発したのが始まりです。折りたたみ機構に関する数々の特許を有しているなど、高い技術力を持っています。

コンフォートタイプからスポーティータイプまで、ラインナップも充実。折りたたみ式のミニベロを探している方におすすめのブランドです。

ダホン(DAHON) K3

ダホン(DAHON) K3

「K3」は、3段変速を搭載した折りたたみ式のミニベロです。多くの折りたたみ自転車に使われているダホンの技術「DFS テクノロジー」を採用しているのが特徴。工具を使わずに、3ステップでコンパクトにまとめられます。

トップチューブとボトムブラケットをワイヤーで繋ぐことで、フレームの耐久性を高めているのもポイント。本体重量も7kg台と軽いので、輪行や車載にも対応できます。ツートンカラーのデザインもおしゃれ。ダホンの技術力が詰まったおすすめのミニベロです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、1918年に設立された日本の総合家電メーカー。子どもから大人まで幅広いニーズに応えた自転車をラインナップしているのが特徴です。たとえば学生向けモデルは性能以外にもおしゃれさも重視していたり、親子向けモデルには子どもを乗せて走りやすいように工夫されていたりと、細かな点に配慮が見られます。

また、高い技術力を生かして電動アシスト機能付きの自転車をリリースしているのも特徴。タイヤ径の小さなミニベロでも軽い力でスイスイと進むことができます。高品質な電動アシスト付きミニベロを探している方におすすめのブランドです。

パナソニック(Panasonic) グリッター

パナソニック(Panasonic) グリッター

「グリッター」は、小型大容量バッテリーを搭載した電動アシスト機能付きのミニベロ。バッテリー容量は12.0Ahで、走行距離の目安はパワーモードでは約42km、ロングモードでは約75kmとなっています。

フロント部分に大型のカゴを搭載しているのがポイント。通常のカゴと比べて高さを設けてあるので、走行中に荷物が飛び出しにくいようになっています。通勤や通学はもちろん、毎日の買い物にも対応できるおすすめのミニベロです。

ヤマハ(YAMAHA)

楽器や自動車部品などのメーカーとして知られるヤマハ。1955年に同社の二輪部門から独立したのが「ヤマハ発動機」です。1993年には、電動アシスト自転車を世界で初めて開発。以来、25年以上にわたって利便性と快適性に優れた自転車を次々とリリースしてきました。

電動アシスト機能を有したロードバイク・クロスバイク・ミニベロなど、ほかのブランドではなかなか見かけないモデルをラインナップしているのも魅力。アシストによる快適な走りを楽しみたい方におすすめのブランドです。

ヤマハ(YAMAHA) PAS CITY-X

ヤマハ(YAMAHA) PAS CITY-X

スタイリッシュなXフレームを採用した電動アシスト機能付き自転車「PAS CITY-X」。ワイヤーハーネスなどをフレームに内蔵することで、スッキリとした見た目になっています。性能だけではなく、細部にもこだわって作られたミニベロです。

タイヤは一般的なミニベロと同じ20インチサイズを採用。ただし、ギア比を変えているため、ペダル一回転で進む距離は26インチの自転車とほぼ同等です。電動アシスト機能も相まって、小型ながらパワフルに進むことができます。高低差などを気にせず、街中をスイスイと走りたい方におすすめのミニベロです。

ラレー(RALEIGH)

ラレーは、1887年にイギリスで生まれた老舗ブランド。なお、現在日本で流通しているラレーの自転車は、英国ラレーが製造・販売しているものではく、日本の新家工業というメーカーが正式にライセンスを得て、企画から販売まで行っています。

新家工業は、タイヤのリム製造における国内最大手メーカー。もともと自転車も製造していたこともあって技術力は高く、自転車ファンからも日本のラレーは高く評価されています。また、スペックや装備と比べて、コスパに優れているのもポイント。ミニベロ入門者にもおすすめのブランドです。

ラレー(RALEIGH) RSS RSW Sport

ラレー(RALEIGH) RSS RSW Sport

クラシカルなホリゾンタルトップチューブデザインを採用した「RSS RSW Sport」。スポーティータイプのミニベロで定番化されている451規格の20インチタイヤを採用しているのが特徴です。406規格のものと比べて外径が大きいので、より速度を出すことができます。

泥を防いでくれるマッドガードをはじめ、スリップを防止するラバー付きペダル、どこでも自立させられるスタンドなど、装備も充実。通勤や通学、街乗り用の自転車としてすぐに使えるおすすめのミニベロです。