タウンユースが似合うおしゃれな自転車「ミニベロ」。気軽に街を走り抜ける、いわゆる“ポタリング”に最適とあって、ここ数年注目度の高い人気のアイテムです。

ただ、本格志向のアイテムからチョイ乗りに最適なタイプまでラインナップ製品はさまざまで、興味があってもどれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いはずです。そこで今回は、ミニベロの基礎知識から選び方、おすすめのモデルをご紹介します。

ミニベロとは?

By: doppelganger.jp

ミニベロとは、フランス語で「小さな自転車(mini vélo)」という意味。定義には諸説ありますが、一般的にはタイヤのサイズが20インチ以下の自転車がミニベロと呼ばれています。

タイヤのサイズが20インチ以下であれば、折り畳み式自転車や電動アシスト付き自転車なども含まれ、ロードタイプやオフロードも走れるMTB(マウンテンバイク)など、さまざまなミニベロがラインナップされています。

ミニベロの魅力

By: wachsen.jp

ミニベロの魅力は、小さなタイヤとボディでハンドリングが簡単で小回りがきくこと。また、軽いので走り出してすぐにスビードが出るのも、ストップ&ゴーの頻度が多い街乗りに最適です。

さらにおしゃれな見た目もポイント。多くのメーカーから個性的なデザインやカラーリングのミニベロがリリースされています。自分にピッタリの1台を探すのも楽しみのひとつです。

ミニベロの選び方

By: amazon.co.jp

ミニベロは、大きく分けて①アーバンバイク、②ロードバイク、③MTBバイクの3タイプがあります。「アーバンバイク」はデザイン性が高く、街を散策するボタンリングに最適のモデルです。「ロードバイク」は軽量素材のフレームに細身のスリックタイヤやレースタイヤを採用して走行性能を重視したモデル。「MTBバイク」は強靭なフレームにオフロード用のブロックタイヤ、フルサスペンションなどを採用して性能を追求したモデルです。

さらに、ハンドルの形状やタイヤのサイズ、フレームの素材、折りたたみ式、電動アシスト付きなど、バリエーションも多数。また、価格帯も数万円から100万円超までとさまざまです。購入する際は予算と性能、そしてデザインを検討して、ベストな1台を見つけてください。

ミニベロのおすすめモデル

ダホン(DAHON) Route 7speed 折りたたみ自転車 2017年モデル 17TOUYBL00

アメリカの折りたたみ式自転車専門メーカー「ダホン」。その中でもコストパフォーマンスに優れたエントリーモデルが本製品です。

街乗りに便利な7段変速で、濡れた路面での走行をケアするマックガードを標準装備。また、折りたたみは3ステップで誰でも簡単にできて、軽量かつコンパクトなので、旅先に持ち込む際にも活躍してくれるおすすめモデルです。

ジオス(GIOS) ミニベロ FELUCA PISTA GIOS BLUE 480mm

イタリアのロードレーサーの名門ブランド「ジオス」のミニベロです。フレームはクロムモリブデン鋼、いわゆる“クロモリ”を採用。振動吸収性が高いので乗り心地は良好で、耐久性にも優れています。

すっきりとしたデザインで、車体は約9.5kgと軽量。街中を爽快に走り抜けるミニベロでありつつも、高い走行性能を求める方におすすめのモデルです。

モンタナ(Montana) M2 R ミニヴェロ 18-SPEED

「モンタナ」の人気モデル。ホイールサイズは20インチで、セミドロップ型のハンドルを採用しています。ドロップハンドルより緩やかな前傾姿勢で走りやすいのが特長です。

ボディカラーは写真のブルーグラスのほかにホワイトパール、マゼンタキャンディの3色をラインナップ。洗練されたデザインと本格的な走行性能を兼ね備えたおすすめミニベロです。

ターン(tern) ヴァージュ Verge X11 451 17VRX11CHBK

高級スポーツ自転車ブランド「ターン」を代表するフレームシリーズがこの「ヴァージュ」。11段階のワイドギアとディスクブレーキで爽快な走りを体感できます。

フレームのジョイント部分からN字型に折りたたむ独自の構造でコンパクトになり、持ち運びにも便利。美しいデザインと高い機能性を兼ね備えた、折りたたみ式ミニベロのハイエンドクラスとも言うべき1台です。

キャノンデール(Cannondale) フーリガン2

アメリカの自転車メーカー「キャノンデール」の人気ミニベロが「フーリガン2」。強靭で軽いアルミフレームに9段ギア仕様で、街乗りに最適です。

個性的なフレームデザインとおしゃれなカラーリングが評判。ハンドルはフラットで視界が広く、街を散策しながら走るポタリングにおすすめのモデルです。

ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) ミニベロ クエロ CF2516

「ブリヂストングリーンレーベル」がリリースするおしゃれなデザインのクエロリーズのミニベロ。20インチのタイヤに細身のクロモリ製フレームを採用しており、安定した走りと操作性能の高さが特長。女性にも乗りやすい1台です。

フジ(FUJI) ヘリオン 17HELNBL44

100年を超える老舗自転車ブランド「フジ」の定番ミニベロ「ヘリオン」。軽快な走りを約束してくれるクロモリ製フレームにフラットハンドルで操作性にも優れています。8段変速に対応しており、使い勝手は良好。洗練されたデザインもポイントなので、おしゃれに自転車を乗りこなしたい女性におすすめのミニベロです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) インテルラゴス 550

コストパフォーマンス良好の「ドッペルギャンガー」の人気ミニベロ「インテルラゴス」。ミニベロの弱点でもある直進の安定性を高めるために、前後のホイールの間隔を長めにした独自のフレームを採用。軽量なアルミフレームにディスクブレーキも相まって、充実した機能を備えています。

カラーリングもホワイトをベースにゴールドのパーツを配しているものポイント。実勢価格が3万円台とリーズナブルなので、エントリーモデルを探している方におすすめのミニベロです。

ヴァクセン(WACHSEN) Stra BV-207

「進化」をコンセプトに革新的でコスパに優れた自転車を生み出している「ヴァクセン」の人気ミニベロ。軽量なアルミフレームを採用したシンプルデザインでありながら、路面の抵抗を抑えるスリックタイヤによるスムーズな操作性がポイントです。

レバーを開閉するだけでタイヤの脱着が可能なクイックレリーズハブによって、パンクやタイヤ交換、車に積む際などにも便利。自分の好みにカスタマイズできるミニベロとしてもおすすめです。

21テクノロジー(21Technology) ミニベロ クロスバイク CL20

福岡の自転車メーカー「21テクノロジー」の大人気ミニベロです。後輪のリムカラーが目をひく洗練されたシンプルなデザイン。シマノ社製の6段変速ギアを搭載しており、走りは軽快です。

サイドスタンドと夜間走行の安全性を高める後部反射板も標準装備。基本的な性能をしっかりとカバーしつつも、実勢価格は1万円台とリーズナブル。ミニベロを仲間と共有したいと考えている方たちにおすすめのモデルです。

デイトナ ポタリングバイク(Daytona Pottering Bike) 電動アシスト自転車DE01

クラシックスタイルがおしゃれな電動アシスト付きミニベロ。軽くて丈夫なアルミフレームを採用しつつも、簡単に折りたたんでコンパクトに収納できるのがポイントです。

小型のリチウムイオンバッテリーをシート下のレザーボックスに搭載しており、電動アシストで約50km走行できます。坂道もストレスなく軽快に走行できるので、街中のチョイ乗りに最適なミニベロです。

パナソニック(Panasonic) イーゼット ELZ032-G

「パナソニック」のモトクロスタイプの「イーゼット」。丈夫なアルミ合金製のフレームはワイルド感あふれる独創的なデザインで、インパクトがあります。小型で大容量のバッテリーを搭載し、ロングモードで約52km走行することが可能です。

サドルを盗難から守る機能も搭載。デザインはMBXですが、普段の街乗りにも便利なおすすめのモデルです。

ストライダ(STRIDA) STRIDA LT CREAM

個性的なトライアングルフレームを持つ「ストライダ」。軽量なアルミフレームでシングルスピードと無駄を極力省いた設計で、街に出かけるのが楽しくなる16インチのミニベロです。前後ディスクブレーキを採用しており、安定した走行が可能。折りたたむと軽量・コンパクトに収納できます。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) アーバン フラミンゴ 105

「ドッペルギャンガー」の16インチ折りたたみ式自転車「アーバンフラミンゴ」。折りたたんでコンパクトに収納できるので、車内に積むのも容易なモデルです。

また、場所を取らないので室内での保管にも対応。独自のフレームデザインと大型のフロントチェーンリング、そして6段変速ギア仕様の快適な乗り心地もポイントです。

ナノー(NANOO) ナノー 12インチ

イタリアブランドの「ナノー」。本製品は組み立てや折りたたみは、慣れれば15秒程度でできるほど容易なモデルです。シマノ社製の8段変速ギアを装備しており、12インチタイヤとは思えない快適な走行が特長。自転車を旅先で楽しむのはもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍が期待できるおすすめのミニベロです。