簡単に空気の充填ができ、ロードバイクのパンク修理に便利な「co2インフレーター」。パンクに素早く対応しやすいものの、購入する際は製品ごとの特徴をチェックしたうえで選ぶのがポイントです。

そこで今回は、co2インフレーターのメリット・デメリットやおすすめのモデルをご紹介。ぜひ自分に合ったco2インフレーター選びの参考にしてみてください。

co2インフレーターとは?

By: amazon.co.jp

co2ボンベ(カートリッジ)から、タイヤのチューブに二酸化炭素を注入するためのアイテムがco2インフレーターです。手動式の空気入れのようにポンピングの必要がなく、スピーディに空気充填が行えます。

ただし、co2ボンベの接続部にはネジ式とネジなしのタイプがあり、対応するco2インフレーターが異なるので注意が必要。また、米式や仏式といった、バルブの規格に対応しているかをチェックして選ぶのもポイントです。

co2インフレーターのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

ポンピングしなくても空気が入れられるので、体力を消耗せずに使用が可能。ロードバイクなどの自転車に空気を充填する場合にも活躍します。

また、スピーディに空気が注入できるのも魅力。ポンプを使用した場合のようにチューブが膨らむまで時間をかけずに済むため、サイクリングなどでパンク対応によるタイムロスを軽減できるのも大きなメリットです。

デメリット

By: amazon.co.jp

co2インフレーターは、携帯しているco2ボンベがなければ使えないのがデメリット。また、ボンベは空気量が決まっており、使い切りなので基本的には1本で1回の充填にしか対応できません。そのため、使用済みのモノは荷物を増やしてしまうことにも繋がります。

また、二酸化炭素はチューブから抜けやすい点にも留意しておきましょう。あくまでも緊急時の応急処置としての使用に適しています。さらに、使用時はボンベが急激に冷えるため、直接触れないよう注意が必要です。

co2インフレーターのおすすめ

トピーク(TOPEAK) マイクロ エアーブースター

コンパクトで手軽に使いやすいco2インフレーター。幅22×長さ46mmと小型サイズなうえ、本体の重量が15.5gと軽量なので、サイクリングなどへの携帯に便利です。

なお、co2ボンベは同社の16g・25gのネジ式、金口は米式と仏式に対応。また、co2スリーブが付属しています。荷物を極力軽量にしたい方や、使いやすさを重視する方におすすめのco2インフレーターです。

トピーク(TOPEAK) AirBooster Race Pod X

シャトルレバーがセットに含まれたco2インフレーター。バルブは米式と仏式の両方に対応しています。co2ボンベは、トピークのネジ式のモノを使用可能。空気圧は、700×20Cのタイヤを搭載したロードバイクで約9.6bar、26×1.95インチのタイヤを搭載したマウンテンバイクで約2.7barまで充填できます。

エアロシーポストに取り付けられるロングストラップが付属。セットをまとめて持ち運びできます。トライアスロンバイクに取り付けて携帯したい方におすすめのco2インフレーターセットです。

トピーク(TOPEAK) AirBooster G2

エアゲージを搭載したco2インフレーター。空気の充填と空気圧の測定を1台で行えます。手に収まるコンパクトなサイズなので、収納や持ち運びがしやすいのも魅力です。

空気圧は最大で160psiまで測定可能。co2ボンベは同社のネジ式の16gと25gに対応しています。利便性が高く汎用的なco2インフレーターとしておすすめのモデルです。

レザイン(LEZYNE) TRIGGER SPEED DRIVE CO2

スムーズに作業しやすいトリガータイプのco2インフレーター。差し込むだけで素早く空気充填が行えるため、作業効率のよさを重視する方におすすめです。

仏式のバルブに対応し、ネジ式のco2ボンベを取り付けられます。本体の重量は26gと非常に軽量なので携帯性は良好。購入時に16gのco2ボンベが1本付いています。さらに、凍結防止ジャケットも付属しているため、空気を注入する際に手を保護できるのもポイントです。

レザイン(LEZYNE) CONTROL DRIVE CO2 16G

ダイヤル調節機構を採用したco2インフレーター。バルブを回転させ、必要量の二酸化炭素をスムーズに充填できるのが特徴のモデルです。co2ボンベはネジ式に対応しています。

バルブは、米式・仏式兼用。また、空気注入の際に手を保護できる凍結防止ジャケットに加え、16gのco2ボンベが1本付いているのもポイントです。使い勝手がよく、安全性に配慮して作られたモノを選びたい方に適しています。

レザイン(LEZYNE) RAP II 25 Co2

工具類とco2インフレーターが一体化したマルチツール。六角レンチやドライバー類など16機能を搭載しており、さまざまなアクシデントに対応しやすい便利なアイテムです。co2インフレーターとして使う場合には、自転車のバルブは仏式に対応します。

また、多機能を搭載しながら、重量は183gと比較的軽量なのも便利なポイント。必要な道具をコンパクトにまとめて持ち運びたい方におすすめのco2インフレーターです。

レザイン(LEZYNE) PRESSURE DRIVE CFH 57-4332000001

ハンドポンプとco2インフレーターを兼用できるモデル。サイズは190mm、重量は108とコンパクトかつ軽量なのが特徴です。ブラックとシルバーを組み合わせたクールなデザインを採用しています。

カートリッジは、付属のバンドで本体に括り付けることが可能。バッグの中で荷物をまとめておきたい方に適しています。空気圧は120psiが上限。ロード用のコンパクトかつ汎用性の高いモデルを探している方におすすめです。

ティーエヌアイ(TNI) CO2 インフレーター ボンベセット

L字型でバルブへの接続がしやすいco2インフレーター。角度があるため、垂直に取り付けずに空気充填ができ、スムーズな作業をサポートします。使用できるco2ボンベはネジ式のタイプ。接続してレバーの部分を回すと空気を注入できます。

16gのco2ボンベが4本付属しており、スペアとして備えておくのに便利。ボンベに装着できるクッションも付いているので、空気を注入する際に直接手を触れずに使用できます。利便性の高いco2インフレーターを選びたい方におすすめのモデルです。

エアボーン(air bone) デュアルファンクションポンプ CO2ボンベ16g5本付 ZT-726-6

co2インフレーターも兼ねる携帯ポンプ。シチュエーションによって使い分けができます。付属のアダプターにより、米式と仏式のバルブに対応可能。また、16gのco2ボンベが5本付いているのもポイントです。

サイズは21×36×124mm、重量は68gとコンパクトかつ軽量なので持ち運びにも便利。別途携帯ポンプを持ち運ぶ必要がないうえ収納もしやすいので、荷物を減らしたい方にもおすすめです。

ロックブロス(ROCKBROS) カートリッジ式 コンパクト空気入れ

片手でも操作しやすいレバーを備えたco2インフレーター。ヘッドをバルブに接続してカートリッジを取り付けた後、レバーを反時計回りにゆっくりと回すだけでスムーズに空気が注入できます。充填後はレバーをcloseの位置に戻せば空気入れは完了です。

対応バルブは米式と仏式。また、ネジ接続部が安定しているうえOリングも備わっているので密閉度が高く、co2ガスの漏れ軽減できるのもポイントです。さらに、ストレージキャニスターも付いており、co2ボンベに直接触れずに使用でき、保存にも重宝します。

操作のしやすさと使い勝手のよさにこだわって選びたい方におすすめのco2インフレーターです。

ヴィアッジオプラス(Viaggio+) 自転車用 CO2インフレーター

レバーを搭載したco2インフレーター。操作がしやすく二酸化炭素の量を調節して充填が行えます。レバーは折りたたみができて便利。安全ホルダーが付いており、co2ボンベをセットした状態で携帯できます。

本体の重量は約30g。米式と仏式のバルブに対応しており、co2ボンベはネジ式のモノを使用可能です。また、スポンジカバーが付属しているので空気注入時に手を保護しながら使えます。操作性と携帯性の高いco2インフレーターを探している方におすすめのモデルです。

Asura 2sec co2タイヤインフレータ

コンテナ付きでco2ボンベをカバーして使用できるco2インフレーター。ボンベに直接触れずに空気注入を行えるのが特徴です。

co2ボンベは、16gのネジなしタイプに対応。本製品には4本のco2ボンベが付属しています。さらに、バイクフレームマウントが付いているのもポイント。co2インフレーターのスターターキットを探している方におすすめの製品です。