極太のタイヤが印象的な「ファットバイク」。雪道、砂地、段差の多い悪路もラクに走破できるマウンテンバイクの発展形。走行性能の高さから、自然のなかを走るトレイルライドで大活躍します。迫力あるデザインなので、街乗り用としても人気です。

そこで今回はファットバイクの選び方や人気ブランドのおすすめモデルをご紹介します。

ファットバイクとは?

By: surlybikes.com

「ファットバイク」とは、タイヤ幅が4インチ前後の極太タイプを採用した自転車。もともと北米の寒冷地で開発されたモデルとして知られており、土や砂、雪など、あらゆる障害物を乗り越えることに特化しています。

自転車の仕様としてはマウンテンバイクと似ていますが、違いは衝撃吸収の方法。マウンテンバイクはフレームにサスペンションを取り付けて衝撃を吸収しますが、ファットバイクは一般的にタイヤのエアボリュームで路面からの衝撃をカバーします。

ファットバイクの魅力

By: konaworld.jp

ファットバイクは、一般的な自転車のなかでも太めのタイヤを装着するのが特徴。それに合わせてホイールやフォーク、フレームなどの各種パーツも強靭なモノを使用しています。

しかし、変速ギアやブレーキなどの仕様はマウンテンバイクと同様なので、スポーツバイクのなかではよりアクティブに乗り回せるのが魅力。悪路を難なく走破するため、タフに作られているのもポイントです。

ファットバイクの選び方

タイヤの太さで選ぶ

By: konaworld.jp

ファットバイクのタイヤ幅は大きく分けて4インチ以上と4インチ未満の2種類。4インチ未満のタイヤは走りやすく、季節を通して使えるため、初心者におすすめです。

太いタイヤの方がペダルの重さや機動性が気になりますが、悪路の走破性が高くなり、衝撃を吸収するサスペンション効果も上がります。雪道や走りにくい悪路での使用をメインに考えるなら、4インチ以上がおすすめです。

フレームの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ファットバイクではフレームの素材選びも重要です。ファットバイクに使用される主なフレーム素材は、クロモリ、アルミ、カーボンの3種類。スチール合金のクロモリは、耐久性が高く振動吸収性に優れているのでロングライドでも疲れにくいものの、重いのがデメリットです。

アルミフレームは軽くて丈夫かつ価格もリーズナブルですが、ほかの2つに比べ振動吸収性に劣ります。カーボンは3種類のなかで最も軽く振動吸収性も高いですが高価です。用途や予算を参考にして自分に合った素材を選択してみてください。

安価なファットバイクには要注意

山道や林道などの悪路を走破するファットバイクには高い剛性が求められます。一方で極太タイヤを装着したファットバイク風ながら、悪路を走るのに十分な剛性を備えていない、いわゆる「ファットバイクルック車」と呼ばれるモデルが販売されています。

「ファットバイクルック車」は街乗り程度なら問題ありませんが、悪路での走行は危険です。本来の使い方であるトレイルランのためにファットバイクを購入したい方は、目安として5万円以下の安価なファットバイクの購入は控えましょう。

ファットバイクのおすすめメーカー

サーリー(Surly)

By: surlybikes.com

ファットバイクブームの火付け役として知られるアメリカ・ミネソタ州発の自転車メーカーです。幅広いラインナップのなかでもファットバイクの元祖とされる「パグスレイ」はモデルチェンジを重ね、今も根強い人気のモデル。

頑丈で乗り心地のいいクロモリフレームを採用しており、過酷な環境でも気兼ねなく乗れるファットバイクです。

サルサ(Salsa)

By: salsacycles.com

「ADVENTURE BY BIKE」を合言葉に細部までこだわった高品質バイクを製造している「サルサ」は、MTBの世界では有名なアメリカのメーカーです。ラインナップも豊富でフレームにはアルミやチタン、カーボンなどを採用。堅牢で優れた走破性能を有するバイクをラインナップしています。

マングース(Mongoose)

By: amazon.co.jp

アメリカ生まれのサイクルスポーツ、バイシクルモトクロスの元祖とされるメーカー。80年代以降、マウンテンバイクの開発に取り組み、その延長線上にファットバイクがあります。

反応がよく、正確なステアリングでアクティブに乗れるファットバイクをラインナップしているのが特徴。世界で初めてBMXという悪路で遊ぶバイクを提案したブランドとしても有名です。

コナ(KONA)

By: konaworld.jp

1988年の創業以来、カナダのノースショアで良質なバイクを作り続けているメーカー。ロードからマウンテンまで、豊富なラインナップが揃っています。

ファットバイクは「WOZO」と「WO」の2モデルがあり、クッション性と路面をグリップするトラクション性によって高い走破性を実現。自転車ライフが楽しくなるファットバイクメーカーです。

ファットバイクのおすすめモデル

サーリー(Surly) ファットバイク Pugsley

ファットバイクの元祖として知られるオールラウンドモデルです。タイヤ幅は4.3インチで、フレームには耐久性と耐衝撃性に優れたクロモリを採用。本格的なオフロード走行を楽しみたい方におすすめです。

11段変速ギアを搭載しており、路面状況に応じて走行をサポート。さまざまなアタッチメントを装着できるパックマウントをフォークやダウンチューブ、シートチューブに搭載しており、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

サーリー(Surly) ファットバイク Ice Cream Truck

雪や砂地も走行できる本格的なファットバイク。100mmリムに26×4.8インチの極太タイヤを装着しており、ハードな路面状況に対応できるモデルを探している方におすすめです。フレームは優れた耐久性と耐衝撃性が特徴のクロモリを採用。安定したオフロード走行を楽しめます。

ギアはリアのみに搭載した11段変速で、坂道の多い場所でも快適な走行をサポート。フレームにあしらったロゴのクールなデザインも魅力の1台です。

サーリー(Surly) ファットバイク WEDNESDAY

26×3.8インチと比較的細めのタイヤを装着したファットバイク。オフロードからツーリングまでこなせる汎用性に優れたおすすめモデルです。4.6インチの極太タイヤに交換することが可能で、ハードなオフロード走行も楽しめます。

フレームとフォークには耐久性と耐衝撃性に優れたクロモリを採用。シートポストクランプにはステンレスを使用して軽量化を図っています。

サルサ(Salsa) BLACKBOROW GX EAGLE

リヤタイヤに搭載されたラックマウントが印象的なファットバイク。キャンプや釣りなど荷物を載せて移動したいシーンにおすすめのモデルです。タイヤは3.8インチのやや細めのタイプを装着。リアに12段変速ギアを搭載しており、路面状況に対応した快適な走行をサポートします。

フレームは軽量で耐久性に優れたアルミ素材を採用。オフロードはもちろん、長距離のツーリングも楽しめる1台です。

サルサ(Salsa) MUKLUK CARBON GX EAGLE

軽量で衝撃吸収性に優れたカーボンフレームを採用しているファットバイク。幅4.8インチ極太タイヤを装着することで耐衝撃性に優れており、本格的なオフロード走行を楽しみたい方におすすめのハイグレードモデルです。

リアに12段変速ギアを搭載しており、さまざまな路面状況に対応。雪道や砂地など、一般的なバイクでは走行できない路面も難なくこなす走破性を実現しています。

サルサ(Salsa) MUKLUK SX EAGLE

26×4.6インチタイヤを装着したファットバイクです。フレームに優れた強度を誇る6066-T6アルミニウムを採用しているほか、フォークには軽量で衝撃吸収性に優れたカーボン素材を使用。軽量で剛性の高い本格的なモデルを求めている方におすすめです。

12段変速ギアの搭載により、シャープなシフトチェンジを実現。タイヤサイズを29×3.0インチや27.5×4.0インチに変更できるカスタム性の高さも魅力です。

コナ(KONA) ファットバイク WOZO

フレームに軽量で耐久性に優れた6061アルミニウムを採用しているファットバイク。幅3.8インチの細めのタイヤを装着しており、本格的なオフロードからシングルトラックまでこなせる汎用性の高いおすすめモデルです。

タイヤクリアランスを増やすためにチェーンステーヨークを改良しているほか、専用レバーでサドルの調節が可能なドロッパーポストを追加。坂の登り降りを頻繁に繰り返すコースを走行する際に役立ちます。

コナ(KONA) ファットバイク WO

コナ初のファットバイクであり、代表的な1台。80mmリムに4.8インチのラバータイヤを装着した仕様で、オフロード走行を楽しみたい方におすすめのモデルです。フレームには軽量で頑丈な6061アルミニウムを採用。12速にグレードアップしたドライブトレインにより、さまざまな路面状況に対応します。

本格的なモデルのなかでは手頃な価格も魅力。はじめてファットバイクの購入を検討している方に最適な1台です。

ガノー(GARNEAU) ファットバイク GROS LOUIS 24

24×4.0インチのタイヤを装着したファットバイク。砂場やジャリ、雪道など不安定な路面状況でもしっかりとグリップできるモデルです。24Tのコンパクトなチェーンリングを採用しており、極太タイヤながら軽い漕ぎ出しが特徴。短いチェーンステーの採用で加速性にも優れているなど、街乗りでも使いたい方におすすめです。

安価なVブレーキと比べて濡れた路面で制動力が落ちにくい、メカニカルディスクブレーキを採用。タイヤに泥が詰まってしまうようなシチュエーションでも安心して走行を楽しめます。

ブロンクス(BRONX) ファットバイク BRONX TRX

信頼性の高いシマノの24速ギアを搭載したファットバイクです。4.7インチ極太タイヤの装着でオフロード走行を楽しめるほか、こまめなギアチェンジで平地から坂道まで路面を選ばず走行しやすいのが特徴。MTBに近い感覚で手軽に乗れるおすすめモデルです。

フレームはアルミニウムで、フォークには合金成分を添加することで強度を上げたハイテン鋼を採用。前後にメカニカルディスクブレーキを搭載しており、濡れた路面や泥地でも安全に走行できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファットバイク 20インチ ビーチクルーザー

20インチの小径タイヤを装着したファットバイク。小回りのよさと安定性に優れており、街乗りや子供用としておすすめのモデルです。フレームにはアルミニウムを採用しており、軽量なのも特徴。エルゴグリップは握りやすく操作性にも優れています。

シマノラビットファイヤー7段変速ギアで快適な走行をサポートするほか、ブレーキには前後とも制動力に優れたディスクブレーキを搭載。スタンドも標準装備しており、駐輪時に便利です。

レインボー(Rainbow) BRONX 20BRONX ファットバイク

20インチの小径タイヤを装着しているファットバイク。幅4.0インチの極太タイヤを装着した頑強な外観ながら取り回しやすく、女性や子供用としてもおすすめのモデルです。チェーンガードを搭載しており、服を巻き込んだり汚したりする心配が少ないのも特徴。サドルにはクッション性が高いタイプを採用しています。

フロントブレーキには制動力に優れたディスクブレーキを採用。リアブレーキにはコースターブレーキを搭載しており、ぺダルを逆回転させることでブレーキがかかる仕組みです。駐輪に便利なスタンドも標準装備しています。

レインボー(Rainbow) ビーチクルーザーファットバイク GREASE 3.5

カラフルなカラーリングがおしゃれなファットバイクです。タイヤには26×3.5インチの細めのスピードタイヤを装着。アルミニウムフレームの採用と相まって、軽快な走行を実現しています。外装8段変速ギアで坂道の多い状況でも走りやすいなど、街乗りにもおすすめのモデルです。

前後のブレーキには制動力の高いディスクブレーキを搭載。濡れた路面やタイヤに泥が詰まってしまう場面でも安心して走行できます。

ハマー(HUMMER) ファットバイク TANK3.0

26×3.0インチのファットバイクとしては細いタイヤを装着しているモデルで、身長155cm以上に対応しています。インパクトのある外観でカジュアルなファッションとの相性も良好。安定感に優れた乗り心地で、街乗りを重視する方におすすめです。

フレームに安価なスチールを採用しているほか、ブレーキにはVブレーキを搭載してコストを抑えた仕様。本格的なモデルと比較するとオフロードでの走破性は劣るものの、低価格が魅力のモデルです。

トリンクス(TRINX) ビーチクルーザー

極太4.0インチタイヤを装着したファットバイクです。ディンプル加工されたアルミホイールの迫力のある見た目が印象的。フレームにも軽量なアルミニウムを採用しているほか、シマノの7段変速機を搭載しているなど低価格ながら充実した機能が魅力のおすすめモデルです。

衝撃吸収性に優れたサドルダンパーを搭載しているほか、お尻が痛くなりにくい肉厚サドルを採用しています。フロントタイヤはクイックリリース式で取り外しでき、車で運搬したいときに便利です。前後とも制動力の高いディスクブレーキを搭載しており、安全性にも優れています。

キントーン(KINTONE) ファットバイク

By: kintone.mobi

電動アシスト機能を搭載したファットバイクです。4~6時間の充電で約25~40km走行可能。オフロード走行を楽しむのはもちろん、普段使いとしても活躍するおすすめモデルです。高性能なサスペンションを搭載しているのも注目ポイント。段差のあるオフロードで軽快な乗り心地を実現しています。

シマノの21段変速ギアの搭載で、坂道の多い場所で軽快な走行をサポート。滑りにくく握りやすいハンドルにより、操作性にも優れています。高性能な油圧ディスクブレーキの搭載で、濡れた路面での走行も安心です。

JARONOON 折りたたみ電動自転車 ファットバイク

折りたたみ式の電動アシスト機能を搭載しているファットバイク。1000Wブラシレスモーターを搭載しており、さまざまな路面状況下で安定した走行をサポートします。幅100×高さ93cmのコンパクトな状態に折りたためるため、車載して旅先で走行を楽しみたいときにおすすめのモデルです。

人間工学に基づいたサドルは長時間の走行でも快適。フル充電で約60~90km走行できるため、頻繁に充電する手間を省ける使いやすさも魅力です。前後に泥除けを施しているのもポイント。濡れた路面を走行する際の水跳ねを防止できます。

Shengmilo 電動ファットバイク XXCY R5 PLUS

1000Wブラシレスモーターの電動アシスト機能を搭載したファットバイクです。約3~7時間のフル充電で約55~100kmの走行が可能。ペダル走行モードを選択すれば、モーターを使用せずに走行することも可能です。

シマノの21段変速ギアを搭載しているほか、サスペンション機能付きアルミ合金フロントフォークで乗り心地のよさも特徴。山道での走行はもちろん、通勤や通学など普段使いでも活躍するおすすめモデルです。