極太のタイヤがインパクト抜群のファットバイクは、雪道、砂地、段差の多い悪路もラクに走破できるマウンテンバイクの発展形。走行性能の高さから、自然のなかを走るトレイルライドで大活躍します。迫力あるデザインなので、街乗り用としても人気です。

そこで今回はファットバイクの選び方や人気ブランドのおすすめモデルをご紹介します。

ファットバイクとは?

By: surlybikes.com

「ファットバイク」とは、タイヤ幅が4インチ前後の極太タイプを採用した自転車。もともと北米の寒冷地で開発されたモデルとして知られており、土や砂、雪など、あらゆる障害物を乗り越えることに特化しています。

自転車の仕様としてはマウンテンバイクと似ていますが、違いは衝撃吸収の方法。マウンテンバイクはフレームにサスペンションを取り付けて衝撃を吸収しますが、ファットバイクは一般的にタイヤのエアボリュームで路面からの衝撃をカバーします。

ファットバイクの魅力

By: konaworld.jp

ファットバイクは、一般的な自転車のなかでも太めのタイヤを装着するため、それに合わせてホイールやフォーク、フレームなどの各種パーツも強靭なモノを使用しています。

しかし、変速ギアやブレーキなどの仕様はマウンテンバイクと同様なので、スポーツバイクのなかではよりアクティブに乗り回すことができるのが魅力。悪路を難なく走破するため、タフに作られているのもポイントです。

ファットバイクの選び方

タイヤの太さで選ぶ

By: konaworld.jp

ファットバイクのタイヤ幅は大きく分けて4インチ以上と未満の2種類。4インチ未満のタイヤは走りやすく、季節を通して使えるため、初心者におすすめです。

太いタイヤの方がペダルの重さや機動性が気になりますが、悪路の走破性が高くなり、衝撃を吸収するサスペンション効果も上がります。雪道や走りづらい悪路での使用をメインに考えるなら、4インチ以上がおすすめです。

フレームの素材で選ぶ

By: ride2rock.jp

ファットバイクではフレームの素材選びも重要です。ファットバイクに使用される主なフレーム素材は、クロモリ、アルミ、カーボンの3種類。スチール合金のクロモリは、耐久性が高く振動吸収性に優れているのでロングライドでも疲れにくいですが、重いのがデメリットです。

アルミフレームは軽くて丈夫かつ価格もリーズナブルですが、他の2つに比べ振動吸収性に劣ります。カーボンは3種類のなかで最も軽く振動吸収性も高いですが、高価なのがデメリット。用途や予算を参考にして自分に合った素材を選択してください。

安価なファットバイクには要注意

山道や林道などの悪路を走破するファットバイクには高い剛性が求められます。一方で極太タイヤを装着したファットバイク風でありながら、悪路を走るのに十分な剛性を備えていない、いわゆる「ファットバイクルック車」と呼ばれるモデルが販売されています。

「ファットバイクルック車」は街乗り程度なら問題ありませんが、悪路の走行は危険です。本来の使い方であるトレイルランのためにファットバイクを購入したい方は、目安として5万円以下の安価なファットバイクの購入は控えましょう。

ファットバイクのおすすめメーカー

サーリー(Surly)

By: surlybikes.com

ファットバイクブームの火付け役として知られているアメリカ・ミネソタ州発の自転車メーカー。幅広いラインナップのなかでもファットバイクの元祖とされる「パグスレイ」はモデルチェンジを重ね、今も根強い人気を誇っています。

頑丈で乗り心地のいいクロモリフレームを採用しており、過酷な環境でも気兼ねなく乗れるファットバイクです。

サルサ(Salsa)

By: ride2rock.jp

「ADVENTURE BY BIKE」を合言葉に細部までこだわった高品質バイクを製造している「サルサ」は、MTBの世界では有名なアメリカのメーカーです。ラインナップも豊富でフレームにはアルミ、チタン、カーボンなどを採用。堅牢で優れた走破性能を誇るバイクをリリースしています。

マングース(Mongoose)

By: mongoose.com

アメリカ生まれのサイクルスポーツ、バイシクルモトクロスの元祖とされるメーカー。80年代以降、マウンテンバイクの開発に取り組み、その延長線上にファットバイクがあります。

反応がよく正確なステアリングでアクティブに乗れるファットバイクをリリースしているのが特徴。世界で初めてBMXという悪路で遊ぶバイクを提案したブランドとしても有名です。

コナ(KONA)

By: konaworld.jp

カナダのノースショアで1988年の創業以来、30年に渡り良質なバイクを作り続けているメーカー。ロードからマウンテンまで、豊富なラインナップが揃っています。

ファットバイクは「WOZO」と「WO」の2モデルがあり、クッション性と路面をグリップするトラクション性によって高い走破性を実現。自転車ライフを楽しくしてくれるファットバイクメーカーです。

ファットバイクのおすすめモデル

サーリー(Surly) Pugsley

サーリー(Surly) Pugsley

タイヤ幅4.3インチと十分な太さがあるファットバイク。フレーム素材には耐久性と耐衝撃性に優れているクロモリを採用しており、ハードな路面も走行できるオフロード仕様に仕上がっているのが特徴です。

ギアの変速段数はリアのみの11段仕様。小物を入れるシートバッグやマウントバッグはもちろん、ボトルホルダーやラックマウントをセットすれば、ソロキャンプや自転車旅行にも対応できます。ファットバイクの元祖とも呼ばれている王道のおすすめモデルです。

サーリー(Surly) Ice Cream Truck

サーリー(Surly) Ice Cream Truck

タイヤ幅4.8インチと極太仕様のファットバイク。その名の通り、もともとは豪雪地帯も走破できるスノーバイクという位置付けでしたが、本モデルは従来モデルを見直し、よりトレイル志向となっています。

ギアの変速段数はリアのみの11段仕様で、フレームには耐久性や振動吸収性に優れるクロモリを採用。ハードな路面にも対応できるハイエンド仕様なので、満足度の高いファットバイクを探している方におすすめです。

サルサ(Salsa) BLACKBOROW GX EAGLE

サルサ(Salsa) BLACKBOROW GX EAGLE

リアタイヤの上部にラックマウントが備わっているファットバイク。3.8インチとファットバイクとしてはやや細身のタイヤを使用。ギアの変速はリアのみの12段階を採用しており、マウンテンバイクに近い乗り心地です。

フレームには軽量のアルミ素材を採用しており、同ジャンルの製品のなかでは比較的ロングライドに対応することも可能。キャンプや釣りなど、荷物が増えるアウトドアシーンでの使用におすすめのモデルです。

サルサ(Salsa) MUKLUK CARBON GX EAGLE

サルサ(Salsa) MUKLUK CARBON GX EAGLE

フレームに軽量なカーボン素材を採用したファットバイク。タイヤは幅4.8インチと極太で、軽さと路面からの耐衝撃性に優れているのが特徴です。

ギアの変速段数はリアのみの12段仕様。雪道や砂地、ぬかるみなどルーズな路面もスムーズに走行できます。ファットバイクとしては数少ないカーボンの仕様なので、ハイエンドモデルのファットバイクを探している方はぜひチェックしておきましょう。

マングース(Mongoose) ARGUS SPORT

マングース(Mongoose) ARGUS SPORT

アップダウンの激しい路面でも快適に走行できるタイヤ幅4インチのファットバイク。フレームには軽量で丈夫なアロイ(アルミ合金)を採用しているほか、ギアの変速段数はフロント3×リア9の27段仕様となっており、マウンテンバイクと同等レベルの性能を備えているのが特徴です。

フロントフォークの剛性が高いほか、タイヤのエアボリュームも大きいので、高い走破性を兼ね備えているのもポイント。汎用性の高いファットバイクを探している方におすすめです。

マングース(Mongoose) ARGUS COMP

マングース(Mongoose) ARGUS COMP

タイヤ幅4.5インチと極太タイプを採用し、フロント2×リア10の20段仕様変速ギアを備えたファットバイク。高いクッション性がありながらも、変速ギアに幅があるので、高い対応能力を備えているのが特徴です。

フレームには軽さと耐久性を兼ね備えたアロイを使用。タイヤのエアボリュームも十分なので、あらゆるシーンでもスピード感溢れる走行が可能です。トレイルライドだけでなく、段差の多い街乗りにもスムーズに対応できるファットバイクを探している方はぜひチェックしてみてください。

マングース(Mongoose) ARGUS EXPERT

マングース(Mongoose) ARGUS EXPERT

耐衝撃吸収能力に優れているファットバイク。タイヤ幅は4.5インチと極太ながら、マウンテンバイクに用いられるサスペンションをフロントフォークに追加しており、あらゆる路面を軽快に乗り越えることができます。

フレームは軽さと耐久性に優れているアロイを採用しており、ギアの変速段数はフロント2×リア10の20段仕様。剛性と柔軟性を兼ね備えたハイエンドモデルのファットバイクです。

コナ(KONA) WOZO

コナ(KONA) WOZO

ファットバイクとしてはやや細身のアルミフレームを採用したモデル。タイヤ幅は3.8インチとファットバイクとしてはスリムで、軽快に乗れるのが特徴です。

ファットバイクの多くはエアボリュームの高いタイヤを採用することでクッション性を確保するフルリジット仕様ですが、本モデルはマウンテンバイクに用いられるサスペンションを追加。ギアの変速段数はリアのみの11段仕様となっているので、汎用性の高さもポイントです。オールマイティに対応できるファットバイクを探している方はぜひチェックしておきましょう。

コナ(KONA) WO

コナ(KONA) WO

タイヤ幅4.8インチとファットバイクらしい極太仕様のモデル。フレームにはアルミ素材を採用しており、ギアの変速段数はリアのみの10段仕様とトレイルランから街乗りまで、幅広く対応できるのが特徴です。

有名海外メーカーのモデルながら比較的安価なのもポイント。トップブランドにこだわりがありつつも、コストはなるべく抑えたいという方におすすめのファットバイクです。

ガノー(GARNEAU) GROS LOUIS 2

ガノー(GARNEAU) GROS LOUIS 2

トップチューブやシートチューブをサドル近くでクランクさせることによって耐衝撃性に優れたファットバイク。エアボリュームのある幅4.8インチの極太タイヤも相まって、高いクッション性を備えているのが特徴です。

フレームには軽さと耐久性のあるアロイを採用しており、ギアの変速段数はリアのみの10段仕様。冬の雪道や夏の山道など、シーンを問わずあらゆる路面を安心して走破できるおすすめのモデルです。

ガノー(GARNEAU) GROS LOUIS 24

信頼度が高い有名海外メーカーの製品ながら、価格10万円以下と比較的安価に購入できるファットバイク。タイヤ幅は4インチで、フレームには丈夫なアロイを採用し、ギアの変速段数はリアのみの9段仕様と、十分な機能が備わっています。

カラーは街乗りでも映えるエメラルドグリーンを採用。これまでファットバイクに興味がありつつも、価格がネックで手が出しづらいと思っていた方はぜひ検討してみてください。

ブロンクス(BRONX) BRONX TRX

ブロンクス(BRONX) BRONX TRX

マウンテンバイクに近い仕様のファットバイク。タイヤ幅4.7インチと極太ながら、ギアの変速段数はフロント3×リア8の24段となっており、平地から坂道までさまざまなシーンをカバーできるのが特徴です。

フレームには軽量なアルミを採用。トップチューブは傾斜がついた「スローピングフレーム」仕様によって跨ぎやすく、走行が安定する低重心に設計されています。10万円以下と同ジャンルのなかでは比較的リーズナブルな価格帯もポイント。気軽に乗れるおすすめのファットバイクです。

キントーン(Kintone) E-Cruiser

タイヤ幅4インチのファットバイクながら電動アシスト機能を搭載したモデル。電動アシストによる走行可能距離は25〜40km、充電時間は4〜6時間で快適に走れるのが特徴です。

トップチューブはやや太めで、タウンチューブにバッテリーを搭載しています。フレーム素材には軽さと耐久性に優れたアルミ合金を採用。また、フロントフォークにはサスペンションを搭載しており、クッション性能が高く悪路もしっかりと対応できます。

ギアの変速段数はフロント3×リア7の21段仕様。利便性の高いファットバイクを探している方はぜひ検討してみてください。

キャノンデール(CANNONDALE) FAT CAAD 1

キャノンデール(CANNONDALE) FAT CAAD 1

クッション性の高いファットバイク。タイヤ幅4インチと太めながら、フロントフォークにサスペンション機能を搭載しており、路面からの衝撃をしっかりと軽減してくれるが特徴です。

ギアの変速段数はリアのみの12段仕様で、フレームには軽量で丈夫なアロイを採用。ダウンチューブには厚みがるものの、シートチューブ周辺はやや細身で、全体的にスリムな形状にまとまっています。

なお、製品ラインナップとしては弟分の「FAT CAAD 2」もありますが、こちらはフロントフォークにサスペンション機能がなく、変速段数もリアのみの11段仕様なっています。比較する際は確認しておきましょう。

キャニオン(CANYON) DUDE CF 8.0 TRAIL

キャニオン(CANYON) DUDE CF 8.0 TRAIL

軽量なカーボン素材を採用したファットバイク。タイヤ幅4インチ、ギアの変速段数はリアのみの12段仕様で、オールマイティに乗りこなせるのが特徴です。

フロントフォークにはサスペンション機能が搭載されており、高いクッション性で段差をカバーできるのもポイント。ハードなシーンでもしっかりと衝撃を軽減してくれます。

なお、本モデルはミドルクラスのモデルで、上位モデルにはより軽量化を図った「DUDE CF 9.0 TRAIL」、スタンダードモデルにはサスペンション機能がない分、タイヤ幅を4.8インチとしてエアボリュームをアップさせた「DUDE CF 8.0」もラインナップ。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

スペシャライズド(SPECIALIZED) Fatboy Comp Carbon

スペシャライズド(SPECIALIZED) Fatboy Comp Carbon

フレームに軽量さと丈夫さを兼ね備えたカーボン素材を採用しているファットバイク。タイヤ幅は4インチ、ギアの変速段数はリアのみの12段仕様となっており、マウンテンバイク並に軽快な登り降りができるのが特徴です。

全体的にスッキリとしたシルエットにまとまっているので、ファットバイクのなかでもよりスリムなモデルを探している方におすすめ。なお、同シリーズにはフレームにアルミを採用したタイヤ幅4.6インチの「Fatboy」もラインナップされているので、より耐久性の高いファットバイクを求めている方はそちらも検討してみてください。