極太のタイヤが印象的な「ファットバイク」。雪道や砂地、段差の多い悪路もラクに走破できるマウンテンバイクの発展形で、その走行性能の高さから、自然の中を走るトレイルライドで大活躍します。迫力あるデザインなので、街乗り用としても人気です。

そこで今回は、ファットバイクの人気ブランドやおすすめモデルをご紹介します。選び方についても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ファットバイクとは?

By: surlybikes.com

ファットバイクとは、幅4インチ前後の極太タイヤを採用した自転車のこと。もともと北米の寒冷地で開発されたモデルとして知られており、土や砂、雪などさまざまな障害物を乗り越えることに特化しています。

自転車の仕様としてはマウンテンバイクと似ていますが、違いは衝撃吸収の方法。マウンテンバイクはフレームにサスペンションを取り付けて衝撃を吸収する一方で、ファットバイクはタイヤのエアボリュームで路面からの衝撃を緩和します。

ファットバイクの魅力

By: konaworld.jp

ファットバイクは、一般的な自転車のなかでも太めのタイヤを装着しているのが特徴。それに合わせてホイールやフォーク、フレームなどの各種パーツも強靭なモノを使用しています。

しかし、変速ギアやブレーキなどの仕様はマウンテンバイクと同様なので、スポーツバイクのなかではよりアクティブに乗り回せるのが魅力。また、悪路を難なく走破するため、タフに作られているのもポイントです。

ファットバイクの選び方

タイヤの太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ファットバイクはタイヤ幅によって性能が変わるので、しっかりと確認しておくことが大切。3〜5インチまで、さまざまなタイヤを採用したモノがラインナップされています。3インチのタイヤは走りやすく、操作性に優れているのが特徴です。

操作性だけでなく、安定性も両立させたい場合は4インチのタイヤがおすすめ。性能のバランスがよく、初心者にも適しています。

険しい道で活躍するようなモデルを探している方は、5インチのタイヤを備えているファットバイクを要チェック。タイヤからの衝撃が少なく、より安定感に優れています。

フレームの素材で選ぶ

By: salsacycles.com

ファットバイクではフレームの素材選びも重要です。ファットバイクに使用される主なフレーム素材は、クロモリ・アルミ・カーボンの3種類。スチール合金のクロモリは振動吸収性に優れているかつ、耐久性が高いのが魅力です。

アルミフレームは軽くて丈夫かつ、価格もリーズナブルなのが特徴。また、カーボンは軽く、衝撃吸収性に優れています。用途や予算を参考にして、自分に合った素材を選択してみてください。

安価なファットバイクには要注意

山道や林道などの悪路を走破するファットバイクには高い剛性が求められます。一方、極太タイヤを装着したファットバイク風ながら、悪路を走るのに十分な剛性を備えていない、いわゆる「ファットバイクルック車」と呼ばれるモデルも存在。「ファットバイクルック車」は街乗り程度なら問題ありませんが、悪路での走行は危険です。

本来の使い方であるトレイルランのためにファットバイクを購入したい方は、安価なファットバイクの購入は控えるようにしましょう。

ファットバイクのおすすめメーカー

サーリー(Surly)

By: surlybikes.com

「サーリー」は、ファットバイクブームの火付け役として知られる、アメリカ・ミネソタ州発の自転車メーカー。幅広いラインナップのなかでも、ファットバイクの元祖とされる「パグスレイ」はモデルチェンジを重ね、今も根強い人気を有するモデルです。

頑丈で乗り心地のよいクロモリフレームを採用しているのもポイント。過酷な環境でも気兼ねなく乗れるファットバイクを探している方はチェックしてみてください。

サルサ(Salsa)

By: salsacycles.com

「ADVENTURE BY BIKE」を合言葉に細部までこだわった高品質バイクを製造している「サルサ」は、MTBの世界では有名なアメリカのメーカーです。ファットバイクはラインナップが豊富で、フレームにはアルミやチタン、カーボンなどを採用しているのが特徴。堅牢で優れた走破性能を有するバイクを展開しています。

マングース(Mongoose)

By: mongoose.com

「マングース」はアメリカ生まれのサイクルスポーツ、バイシクルモトクロスの元祖とされるメーカー。80年代以降、マウンテンバイクの開発に取り組み、その延長線上にファットバイクがあります。

反応がよく、正確なステアリングでアクティブに乗れるファットバイクをラインナップしているのが特徴。世界で初めてBMXという悪路で遊ぶバイクを提案したブランドとしても有名です。

コナ(KONA)

By: konaworld.jp

「コナ」は1988年の創業以来、カナダのノースショアで良質なバイクを作り続けているメーカー。ロードからマウンテンまで、豊富なラインナップが揃っています。

ファットバイクは「WOZO」と「WO」の2モデルがあり、クッション性と路面をグリップするトラクション性によって高い走破性を実現。自転車ライフが楽しくなるファットバイクメーカーです。

ファットバイクのおすすめモデル

サーリー(Surly) ファットバイク ICE CREAM TRUCK

凸凹道や雪道、砂地などの悪路でもスムーズに走行できるのが魅力のファットバイクです。100mmリムに26×4.8インチの極太タイヤを装着しています。長いトップチューブ、短いシートステイを採用しているのも特徴です。

また、シンプルな見た目ながら、ファットバイクならではの迫力があるのもおすすめポイント。フレームの素材には、クロモリ鋼を使用しており、振動吸収性に優れています。さらに、耐久性も高いので、長く使用し続けられるモデルを探している方にもぴったりです。

サーリー(Surly) ファットバイク WEDNESDAY

タイヤのサイズが26インチ、幅は3.8インチと、安定性に優れているのが魅力のファットバイクです。タイヤは4.6インチの極太タイヤに交換できるため、シーンに応じてタイヤを使い分けたい方に向いています。

フレーム・フォームの素材には、クロモリ鋼を採用。耐久性と耐衝撃性に優れているので、壊れにくいのもおすすめポイントです。また、軽量化を図るためにシートポストクランプにはステンレスを使用しています。

オフロードの走行からツーリングまで対応できるファットバイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

サルサ(Salsa) BEARGREASE CARBON NX EAGLE

ボトルホルダーやキャンプアイテムなどを配置できるマウントが備わっているのが魅力のファットバイクです。タイヤのサイズは27.5×3.8インチ。大型ながら操作性と安定性のバランスのよい太さなのがメリットです。

初心者にはもちろん、オフロードから街乗り、ロングライドやアウトドアシーンでの使用など幅広いシーンで乗りこなしやすいモデルを探している方に向いています。

また、フレームに加え、フォークにも軽量性・耐久性の高いカーボン素材を採用しているので、軽快かつ安定性の高い走行が可能。走行中の振動を吸収しやすいのもおすすめポイントです。走行中の負担が少なく、快適なライディングを楽しめます。

サルサ(Salsa) MUKLUK SX EAGLE

フォークの素材には軽量かつ耐衝撃性に優れたカーボンを、フレーム素材には優れた強度を有する6066-T6アルミニウムを採用しているファットバイクです。

扱いやすく、故障しにくいモデルを探している方におすすめ。タイヤのサイズは26インチです。また、タイヤ幅は4.6インチと比較的太めなので、悪路でも安定した走行ができます。初心者が乗りやすいのもメリットです。

タイヤは、29×3インチや27.5×4インチに変更することも可能。カスタマイズ性を重視したい方にも向いています。さらに、12段の変速ギアが搭載されているのもポイント。素早くシフトチェンジが可能です。

サルサ(Salsa) BLACKBOROW GX EAGLE

リアタイヤにラックマウントが搭載されているのが特徴のファットバイクです。釣具やキャンプ道具などの荷物を載せて移動したい方におすすめのモデル。タイヤ幅は3.8インチあるので、安定性・操作性に優れています。

また、フレームにはアルミ素材を採用。軽量で耐久性に優れているのもメリットです。さらに、リアには12段変速ギアが搭載されているため、路面状況に合わせて快適に走行できます。

サルサ(Salsa) MUKLUK CARBON GX EAGLE

12段のギア変速機が付いているため、路面やスピードに応じて適したギアをセットすることが可能なファットバイクです。タイヤの幅は4.8インチと太いので、操作性・安定性に優れています。

本格的なオフロードで使用できるモデルを探している方にぴったりです。フレームの素材にはカーボンを採用しているため、軽量かつ衝撃吸収性に優れています。

マングース(Mongoose) ファットバイク ARGUS 26 SPORT

トップチューブを伸ばし、ステムを短くデザインしているのが特徴のファットバイクです。安定性に優れているのが特徴。また、タイヤ幅は4.8インチと太めなので、地面からの衝撃を吸収しやすいのもメリットです。

本格的なオフロードシーンでの使用を想定している方に向いています。タイヤのサイズは26インチです。さらに、「TectonicT2アルミニウム」を採用しているため、軽量かつ耐久性に優れているのもおすすめポイント。ブレーキには油圧式のディスクブレーキを採用しており、制動力も高いモデルです。

コナ(KONA) WOZO

ミッドファットのMaxxisタイヤを採用しているファットバイクです。タイヤのサイズは27.5インチ。チェーンステーヨークを改良しており、タイヤの回転をよりスムーズにしているのがポイントです。

タイヤの幅は3.8インチ。操作性・安全性を兼ね備えているので、初心者にも向いています。サイズはS・M・L・XLをラインナップ。悪路でも快適な走り心地を得られるファットバイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コナ(KONA) ファットバイク WO

フレームの素材に、軽量かつ耐久性に優れた「KONA 6061アルミニウムバテッド」を採用しているファットバイクです。カスタムバテッド加工によってパイプの厚みを最適化しているのが特徴。パイプの厚みを可能な限り薄くすることで、軽快な走りをサポートします。

また、シンプルかつメタリックなデザインも魅力です。11段のギア変速機が付いており、スピードを出したい方や坂道を楽に登りたい方に向いています。

タイヤのサイズは26インチ。タイヤ幅は4.8インチと太めです。荷物をたくさん載せたまま険しい道を走行しても、快適な乗り心地を得られます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファットバイク208


キャンプアイテムを提供する人気ブランド「キャプテンスタッグ」が提供するファットバイクです。おしゃれな見た目のモデルを探している方におすすめ。フレーム・リムの素材にはアルミを採用しています。軽量ながらも耐久性に優れているのが魅力です。

8段変速が付いており、路面状況や街乗りなどシーンに応じて快適に走行できます。タイヤサイズは20×4.0インチ。反射板が付いているため、夜間でも視認されやすいのもメリットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファットバイク268 YG-1405


基本性能が充実したファットバイクです。26×4インチの極太タイヤを採用しており、操作性と安定性を両立しているのが特徴。アルミパーツを多用することで、軽量化を実現しているのも大きなポイントです。

組立サイズは約横幅60×長さ187×高さ106cmで、重量は約19.2kg。リアとフロントにはディスクブレーキを搭載しています。

角度調節が可能なエルゴデザインのリングロックグリップを採用しているほか、グリップを握ったまま指先で変速できる「SHIMANO ラピッドファイアープラス変速レバー」を装備しており、使い勝手も良好。駐輪時に便利なキックスタンドが付いているのも魅力のひとつです。

GSジャパン Jeep JE-267FT


極太タイヤを装着したジープのファットバイクです。タイヤのサイズは26インチ。幅は4インチのため、安定性と操作性を兼ね備えています。初心者にもおすすめのモデルです。

ブレーキにはディスクブレーキを採用しており、坂道や雨天時でも高い制動性を発揮します。 また、JEEPのロゴがおしゃれを演出しているのもポイントです。カラーはオリーブとサンドの2種類がラインナップされています。

ハマー(HUMMER) ファットバイク TANK3.0


人気自動車メーカー「ハマー」が提供するファットバイクです。6段ギア変速機が付いているので、街乗り用のモデルを探している方にも向いています。ブレーキには、ワイヤー式ブレーキのなかでも制動力の高いVブレーキを採用。タイヤのサイズは26インチです。

タイヤ幅は3インチあるため、操作性に優れているのもおすすめポイント。カラーはブラックとイエローの2色がラインナップされています。

ブラックのモデルにはウェザリング塗装が施されており、おしゃれかつ汚れや傷が目立ちにくいのが魅力です。見た目にこだわりたい方にもぴったり。使い込むことでヴィンテージのような風合いが増すのもメリットです。

ハマー(HUMMER) FDB206FAT-BIKE

持ち運びしやすいファットバイクを探している方におすすめのモデルです。フレームとハンドルがコンパクトに折りたためるのが特徴で、公共交通機関を利用する際の持ち運びや保管にも便利。シマノの6段変速ギアが搭載されているため、路面状況や街乗りなどシーンに応じて快適に走行できます。

また、グリップシフターを採用しているのもおすすめポイント。ハンドルから手を離さずに、手元でスムーズにギアチェンジが行えます。前輪と後輪には優れた制動力を備えるVブレーキを配置しており、悪天候時も安心して走行しやすいのもメリットです。タイヤのサイズは20×3インチ。軽快に走行しやすく、操作性にも優れています。

アイゼル(Eizer) ファットバイク F120


タイヤのサイズが20×4インチと、操作性・安定性のバランスに優れているのが魅力のファットバイクです。衝撃吸収性の高いモデルを探している方におすすめ。半分程度までタイヤの空気圧を抑えることで、サスペンション効果が向上するのが特徴です。

また、前輪と後輪にメカニカルディスクブレーキを搭載しているのもポイント。軽量さと優れた制動力によって、軽快かつ快適なブレーキ操作をサポートします。さらに、シマノの7段変速ギアが搭載されているのもメリット。状況に応じた走行性能を発揮できます。

サドル高は約63~78cm。耐荷重は約80kgです。反射材が付いており、夜間走行における周囲からの視認性も良好。安全性に配慮されているのも人気の理由です。

アイゼル(Eizer) ファットバイク


タイヤ幅が広いのが魅力のファットバイクです。舗装されていない悪路を走行するのにおすすめ。サドルダンパーも付いており、石畳や段差が多い街乗りにも向いています。フレームにはアルミを使用。軽量かつ耐久性に優れているのもポイントです。

また、ハンドル幅が71cmと広いので衝撃を受けやすいシーンでも押さえ込みがきき、コントロールしやすいのもメリット。制動力に優れたディスクブレーキを採用しています。

さらに、厚みのある3Dサドルを採用しているため、お尻の負担を軽減できるのも特徴です。7段のギア変速機も付いています。

ジャックポット湘南 fivecard‐bike MONSTER FOOT


BMXとファットバイクを融合させたデザインが魅力のモデルです。ハイライズのBMXハンドルが特徴。おしゃれな見た目のファットバイクを探している方におすすめです。

また、タイヤ幅が約4インチと広いので、安定感があり初心者にも向いています。軽い力で制動しやすいディスクブレーキを前後に採用しているのもポイント。さらに、7段のギア変速機が付いているため、シーンに応じた走行性能を発揮できます。

トリンクス(TRINX) ファットバイク T100


適応身長が約140cmからと、子供から大人まで乗れるのが魅力のファットバイクです。タイヤは20インチ。ディスクブレーキを採用しているので、下り坂や雨天時でも、ブレーキ性能が保たれやすいのがメリットです。

また、シマノ製の7段変速ギアが搭載されているのもおすすめポイントです。路面やスピードに応じて適したギアをセットすることが可能。マウンテンバイクの構造を踏襲しているため、初心者が乗りやすいのも特徴です。

さらに、ディンプル加工アルミマイトカラーを採用しており、見た目がおしゃれなのも人気の理由。カラーは、ブラック/ブルー・マットグレーの2色がラインナップされています。

ブロンクス(BRONX) BRONX 24DD

By: bronx-cycles.com

街乗り用としても使用できるファットバイクを探している方におすすめのモデル。タイヤのサイズは24インチのため、大人だけでなく、子供でも乗りやすいのが魅力です。

フレームの素材は、軽くて丈夫なハイテン鋼。タイヤ幅は4.8インチあり、地面からの衝撃を軽減します。また、ハンドルがBMXタイプなのも特徴。おしゃれなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもぴったりです。

さらに、アヘッドステムを採用しているため、ハンドルのカスタマイズも可能。ブレーキは、フロント・リアともに制動力に優れたディスクブレーキを採用しています。

ブロンクス(BRONX) BRONX 4.0 DD


クルーザーバイクを扱うRAINBOW CRUISERSが展開するモデルブランド「ブロンクス」のファットバイク。フレームとフォークの素材にハイテン鋼を採用しています。耐久性に優れているため、長い期間使用できるモデルを探している方にぴったりです。

また、7段のギア変速機が搭載されているので、路面状況に合わせて快適に走行できるのもメリット。前後にメカニカルディスクブレーキを搭載しています。

タイヤのサイズは26インチで幅は4インチと広いため、操作性・安定性ともに優れているのがおすすめポイント。初心者にも向いています。カラーは、マットグレー/レッドリムをはじめ、数種類をラインナップしています。

ブロンクス(BRONX) ファットバイク 26BRONX-TRX


26×4.7インチの極太タイヤを採用したファットバイク。変速がラクに行えるラビッドファイヤーシフターを採用しているので、ファットバイク初心者でも安心して走行できます。本体サイズは全長約1900×全幅約700mm、車体重量は約17kgです。

チェーンガードをあえて外すことで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのもポイント。ストレートアルミハンドルバーは手軽に調節が可能なので、自分好みにカスタマイズして楽しみたい方にもおすすめです。

ブロンクス(BRONX) ファットバイク BUGGY-20

さまざまなシチュエーションで活躍する電動タイプのフィットバイクです。約300Wのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、1回の充電で約55kmの電動アシスト走行が可能。アシストレベルは1~5段階で調節が可能なので、通勤・通学からレジャーまで幅広く使えます。

タイヤは20×4インチで、リア・フロントには制動力に優れたメカニカルディスクブレーキを搭載。雨の日やオフロードも安心して走行できます。

軽快な走りを実現するマイクロシフトの8段変速など、基本装備も充実。シートを付属のロングシートに変更すれば、ゆったり安定した走行が楽しめるのも魅力です。

Shengmilo ファットバイク


電動アシストが付いているファットバイクです。フレーム素材には軽量かつ耐久性に優れているアルミを使用しています。高強度のフロントサスペンションフォークとリアサスペンションによって、地面からの衝撃を吸収し快適な乗り心地を得られるのが魅力です。

また、7段のギア変速機が付いているため、路面状況や街乗りなどシーンに応じて快適に走行できます。タイヤは20インチで幅は約4インチあるので、耐摩耗性があり、安定感があるのもおすすめポイントです。

液晶パネルには速度・バッテリー残量・移動距離などが表示されます。さらに、折りたたみが可能なのも特徴。収納時は約75×95×37cmとコンパクトに収まります。車に積んで旅行先で使用できるモデルを探している方にもぴったりです。

チャリンクス バンバリ


価格と性能のバランスに優れたファットバイクです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しながら、制動性に優れたVブレーキや、快適性を重視したスポーツサドルを採用。ファットバイク初心者から上級者まで幅広く使えます。

タイヤのサイズは26インチで、タイヤ幅は3インチ。走行中のスムーズなギアシフトが可能な、シマノの6段変速機を採用しているのも嬉しいポイントです。

ほかにも、工具不要で調節できるクイックリリース式のシートクランプや、使い勝手のよい片足スタンドなど便利な装備が充実。本製品はホワイトを基調としたスタイリッシュなデザインを採用しているので、ファットバイクの見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

京の洛スク グランビート


機能性とデザイン性を兼ね備えた電動タイプのファットバイクです。走破性に優れた20×4インチの極太タイヤと、制動力に優れたテクトロのディスクブレーキを搭載。安定して走行できます。

バッテリー容量は7.8Ah・13Ahの2種類をラインナップしており、1回の充電で7.8Ahなら約40km、13Ahなら約60kmの電動アシスト走行が可能。本製品は折りたたんでコンパクトに収納できるため、未使用時も邪魔にならず保管できます。

人間工学に基づき設計されたエルゴノミックサドルと、路面からの衝撃吸収性に優れたダブルサスペンションを採用することで、乗り心地も良好。また、全5種類のカラーバリエーションも魅力です。