事故時の衝撃などから頭頂部や顔面を守る「フルフェイスヘルメット」。風や飛来物に対して高い防御力を有しており、バイク乗りに人気のアイテムです。

そこで今回は、フルフェイスヘルメットのおすすめモデルを厳選してご紹介。選び方のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

フルフェイスヘルメットの規格について

PSC規格

By: amazon.co.jp

フルフェイスヘルメットには、さまざまな安全規格が存在します。そのひとつが、消費生活用製品安全法により、消費者の生命や身体に危害を及ぼすおそれが多い製品について、取得が義務付けられているPSCマークです。

PSCマークを取得していないヘルメットで公道を走行した場合、取り締まりの対象となるため注意が必要。なお、2017年4月に安全基準が改正され、JIS規格と同等水準まで引き上げられています。

SG規格

By: amazon.co.jp

SG規格は、消費生活用製品に対して安全性を認証する制度。PSCマークと異なり任意ではあるものの、国内で流通するヘルメットの大半に表示されています。

SGマーク付き製品の欠陥によって事故が発生した場合、同協会が最高1億円の賠償措置を実施するのが特徴。保障面を重視する方は、チェックしてみてください。

JIS規格

By: amazon.co.jp

経済産業省が定めた任意の安全規格。衝撃吸収性や耐貫通性などの厳しい性能テストを行い、一定の基準をクリアした製品のみに付けられる目印です。1種と2種に区分されており、125cc以下用と排気量無制限向けの2種類が存在します。

SNELL規格

By: amazon.co.jp

アメリカの民間試験機関「SNELL財団」が定めたバイク用ヘルメットの規格。世界で最も厳しい安全基準といわれており、約5年ごとに規格の見直しを行っています。

安全面を重視する方は、SNELL規格をパスしているヘルメットを選ぶのがおすすめ。ただし、SNELL規格を取得した製品は価格がやや高い傾向にあります。用途や予算を考慮して、自分に合ったモノを選びましょう。

フルフェイスヘルメットの選び方

サイズは大きすぎず小さすぎないモノを

フルフェイスヘルメットを安全かつ快適に使用するためには、適切なサイズを選ぶことが重要です。

サイズが合わないフルフェイスヘルメットを使用した場合、事故の際に十分な保護性能を発揮できなかったり、圧迫感で運転に集中できなくなったりする可能性があります。

頭や顔の大きさに加え、形状には個人差があるため一概にはいえませんが、まずは自分の頭囲を基準にサイズを選ぶのがおすすめです。

重量をチェック

フルフェイスヘルメットを選ぶ際は、重量をチェックするのも大切です。重すぎると首に負担がかかって疲労に繋がるうえ、事故時に遠心力が強く働き、頭部に受ける衝撃が強くなるため注意が必要。

快適性に加え、安全性の観点からも重量2kg以下を目安に選ぶのがおすすめです。

通気性をチェック

フルフェイスヘルメットは、頭頂部からあご先までシェルで保護するため密閉性が高く、内部に熱がこもりやすい傾向にあります。

そのため、通気性に優れたベンチレーション機能付きのフルフェイスヘルメットを選ぶのがおすすめです。暑さや息苦しさが和らぎ、一年中快適に使用できます。

シールドの色をチェック

By: arai.co.jp

顔全体を覆うフルフェイスヘルメットは、視界が狭くなりやすいのがデメリット。そのため、夜間でも高い視認性を確保できる明るい色のシールドを選ぶのがおすすめです。

さらに、UVカット機能を有するモノなら紫外線から目を保護できるうえ、日焼け対策にも役立ちます。

デザインをチェック

By: arai.co.jp

フルフェイスヘルメットは、単色のシンプルなモノからカラフルなグラフィックモデルまで、デザインのバリエーションが豊富。また、バレンティーノ・ロッシをはじめとした一流ライダーのレプリカモデルも多数ラインナップしています。

見た目のよさにもこだわりたいという方は、バイクや服装との相性を考慮しつつ、自分好みのデザインを選んでみてください。

フルフェイスヘルメットのおすすめメーカー

アライ(ARAI)

By: arai.co.jp

オートバイおよび自動車競技向けの乗用ヘルメットメーカーとして知られる「アライ」。剛性と軽量化のバランスが評価され、モータースポーツで活躍する世界中のレーサーやライダーから愛されています。

フルフェイスヘルメットが販売の主力。走行風をヘルメット内部へ取り込むベンチレーション機構を採用するなど、着用中の不快感を軽減する工夫が随所に施されています。また、独自の安全規格を採用し、高度な安全性を追求しているのも魅力です。

ショウエイ(SHOEI)

By: shoei.com

東京都台東区に本社を構えるヘルメットメーカー。国産ブランドならではの丁寧な作りやデザイン性の高さが魅力です。世界各国の安全規格をクリアした同社のヘルメットは、世界中のライダーから人気を集めています。

また、インカムメーカーのSENAと共同開発を実施。インカムをスマートに収められるヘルメットも手がけています。

エージーブイ(AGV)

By: amazon.co.jp

「エージーブイ」は、イタリア発のヘルメットメーカーです。1948年にオートバイ用ヘルメットの製造を開始。海外ブランドらしいシャープかつアグレッシブなデザインが目を引きます。

バレンティーノ・ロッシやジャコモ・アゴスチーニなどの一流ライダーが同社のヘルメットを着用したことでも有名です。

フルフェイスヘルメットのおすすめモデル

アライ(ARAI) RAPIDE NEO

1980年代を彷彿とさせるクラシックかつシンプルなデザインが特徴のフルフェイスヘルメット。SNELL規格に対応しており、安全面を重視したいという方にもおすすめのモデルです。

シールド取付け位置を下げることで、衝撃エネルギーを分散しやすい滑らかなフォルムを実現。また、繊維密度の高いグラスファイバーを強靭かつ粘りのある樹脂で作り上げる「PB-cLc2帽体」を採用しているのもポイントです。

さらに、走行風の負圧を使用してヘルメット内部の熱気を排出する新機構「エアフローライナ・ベンチレーション」を搭載。抗菌・消臭効果を謳う多機能性繊維素材を内装に用いており、一年中快適に使用できます。

アライ(ARAI) RX-7X

シールドの取り付け位置を下げつつ開閉を可能にする「VASシールドシステム」を採用。曲率半径75mm以上の球面を連続させたフォルムにより、衝撃をかわす性能を高めたフルフェイスヘルメットです。

空気を取り入れる吸気開口部は、全開と半開の選択が可能。また、高効率ベンチレーションを実現する排出孔によりシールド内側の曇りを低減し、クリアな視界を確保します。

レーシングモデルと同等の機能素材を内装に採用しているのもポイント。世界で最も厳しい安全基準といわれるSNELL規格を取得しており、安心して使用できるモデルです。

ショウエイ(SHOEI) GT-Air ll

インナーバイザーを備えた「GT-Air」の後継モデルとして誕生。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、車両や服装のジャンルを問わないおすすめのフルフェイスヘルメットです。

開閉可能なインナーバイザーは長さが5mmほど伸びており、視界に入る隙間を軽減。さらに、防曇性能を備えたハードコートが施されており、雨天時や冬場も安心して走行できます。

内装の一部には、吸湿速乾性に優れた最新素材「HYGRAR」を採用。汗のベタつきを防ぎ、ヘルメット内を快適な状態に保ちます

シールドは、従来モデル同様の「CNS-1」を搭載。メーカー独自のマイクロラチェットシステムを採用したチンストラップを備えており、グローブを装着したままでもラクラク操作できます。

ショウエイ(SHOEI) Z-7

軽量かつコンパクトなフォルムに多彩な機能を盛り込んだ「Z-7」。XS〜XXLの全6サイズをラインナップしており、頭の大きさに合うモノを探せます。

空力性能を追求したエアロフォルムデザインのシェルを使用。密閉性を高めたシールドシステムや脱着可能なイヤーパッドを備えており、長距離走行時の疲労に繋がる風切り音の発生や侵入を抑制します。

自然かつクリアな視界を実現するシールド「CWR-1」を採用しているのもポイント。雨天時などに発生しやすいシールドの曇りを抑えるピンロックシートも標準搭載しており、快適に使用できます。

ショウエイ(SHOEI) EX-ZERO

1980年代に登場したEXシリーズのクラシカルなオフロードスタイルを取り入れた「EX-ZERO」。自然でクリアな視界を確保する「CJ-3」シールドを搭載しているのが特徴です。

シールドは、顔の形状や鼻の高さに応じて3段階の位置調節が可能。バブルシールドを模した形状により、メガネやサングラスなどの干渉を避けながら巻き込み風を最小限に抑えます。

内装表面には、ソフトな被り心地を提供する起毛生地を採用。内装は全て取り外しできるため、お手入れも簡単にできます。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめモデルです。

エージーブイ(AGV) K1 WARMUP

ブラック×レッドのスポーティーな配色が目を引くグラフィックモデル。空気力学に基づいて設計されたリアスポイラーを採用しており、高速走行時のブレを抑えて安定性を高めます。

全5ヶ所の通気孔に加え、あご中央部に配置されたレバー操作でシールドを開閉して風を取り込む「マイクロオープニングシステム」を搭載。ヘルメット内部の換気を促し、帽体内に滞留する熱気や蒸れを軽減します。

内装は脱着式になっており、汚れたら取り外して洗濯が可能。さらに、オプションのチークパット等を組み合わせることで、フィット感を自分好みに調節できます。見た目のおしゃれさに加え、快適性を求める方におすすめのフルフェイスヘルメットです。

エージーブイ(AGV) K-3 SV

太陽光やへッドライト等の眩しさを低減するサンバイザーを標準搭載。優れた防曇効果を発揮するレンズを同梱しており、さまざまなシチュエーションでクリアな視野を確保するおすすめモデルです。

ワンタッチでシールドをわずかに開閉できる「マイクロオープニングシステム」を搭載。ヘルメット内部を微量の風で換気し、熱気がこもりやすい夏場も快適に走行できます。

合わせる服装や車両の種類を選ばないシンプルなデザインも魅力。製品の欠陥によって人身損害が生じた場合、賠償措置が講じられるSG規格に対応しており、安心して使用できるフルフェイスヘルメットです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) KAMUI3

紫外線に加え、赤外線をカットする熱線遮蔽素材をシールドに用いたフルフェイスヘルメット。照り返しや強い日差しから目を守るインナーサンシェードを搭載しており、クリアな視界をキープしながらヘルメット内部を快適に保ちます。

パーツのレイアウトや装飾処理の見直しにより軽量化を実現。また、インカムやカメラの装着を考慮し、専用の取り付けスペースを左右に確保しているのも魅力です。

帽体付近の気流をコントロールする空力デバイス「ウェイクスタビライザー(PAT.)」を採用しているのもポイント。直進時に加え、後方確認時も高い安定性を維持できます。快適性を高める工夫が随所に施されたおすすめモデルです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) AEROBLADE5 GO

安全性に加え、同シリーズの基本コンセプトである軽量・コンパクト・空力性能・静粛性を追求して開発されたフルフェイスヘルメットです。

走行中に発生する帽体付近の気流を整え、ライダーの負荷を軽減する「ウェイクスタビライザー」を搭載。FEM構造解析の導入と高強度複合素材帽体の採用により、軽量化と強度の向上を同時に実現しています。

さらに、シールド内面やメガネの曇りを抑えるとともに、息苦しさを低減させる「フレッシュエアコントロール」機能を備えているのもポイント。取り外して洗える内装には、肌触りのよい「COOLMAX」生地を使用しており、長時間ツーリングも快適に楽しめます。

ヤマハ(YAMAHA) YF-9 ZENITH

脱着可能なインナーバイザーを搭載。時間帯を問わず快適に走行できるおすすめモデルです。シンプルかつシャープなデザインで服装や車両の種類を問わず、トータルコーディネートを楽しめます。

帽体には、強靭なポリカーボネイト複合素材を使用。ヘルメット内部を効率的に換気する大型のベンチレーションシステムを備えており、一年中快適に使えます。

内装には、優れた吸汗速乾性と抗菌性を併せ持つ生地を採用。メガネやサングラスの装着を容易にするスリットが施されているのもポイントです。また、紫外線から目を守るUVカットシールドも搭載。比較的リーズナブルな価格ながら、必要十分な機能を備えたおすすめモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) YF-1C RollBahn

1984年の誕生以来、多くのライダーに愛されているロングセラーモデル。レトロな雰囲気を好む方におすすめのフルフェイスヘルメットです。日本人の頭に合わせた帽体設計を採用。フィット感に優れており、長時間ツーリングも快適に楽しめます。

大型のベンチレーションシステムを採用しているのもポイント。ヘルメット内の通気性を高め、不快な蒸れや暑さを和らげます。シールドは、ワンタッチで取り外しが可能。別売でスモークやミラータイプなども展開しており、用途に合わせて使えます。

シンプソン(SIMPSON) Model30

熱狂的なファンが多い「シンプソン」のフルフェイスヘルメット。1970年代に登場し、当時のライダーを魅了した「M30」の復刻モデルです。

シールドの開閉位置を自由に固定できる機能を搭載。取り外し可能な内装には、吸汗速乾性に優れた「COOLMAX」生地を使用しており、ヘルメット内を快適かつ清潔に保ちます。

オリジナルのイメージを守りつつも、SG規格といった日本の安全基準をクリア。安心して使用できるおすすめモデルです。

エイチジェイシー(HJC) CL-Y ソリッド

女性ライダーや子供に適したコンパクトサイズのフルフェイスヘルメットです。一般的なアクリルに対し、約200倍の衝撃強度を持つといわれるポリカーボネイト製のシェルを採用。JIS・SG規格に加え、財団法人日本モーターサイクル協会(MFJ)が定めた安全基準をクリアしており、安心して使用できます。

空力特性を活かしたベンチレーション機能を上頭部に配置。ヘルメット内部の熱気を効率よく排気し、快適に保ちます。あご紐には、子供が誤って触れても外れにくいDリング方式の留め具を採用。内装は取り外して洗濯できるため、いつでも清潔に保てます。

また、紫外線から目を守るUVカットシールドを備えているのもポイント。使い勝手のよいおすすめのフルフェイスヘルメットです。

シャーク(SHARK) SPARTAN HOPLITE

1929年に設立されたフランスの老舗メーカー「シャーク」が手がけるフルフェイスヘルメット。個性的なグラフィックが全面に施されており、ストリートで注目を集めたいライダーにおすすめのモデルです。

ワイド設計の格納式サンバイザーに加え、シールドの曇りを抑えて走行時のクリアな視界をキープするピンロックシートを標準搭載。後頭部には、ヘルメットの浮き上がりを抑えるダブルスポイラーを配置するなど、充実した機能を備えています。

マルシン(MARUSHIN) M930

手頃な価格で購入できるにも関わらず、クオリティや性能の高さに定評がある「マルシン」のフルフェイスヘルメット。フォルムや構造の適正化により、軽量かつコンパクトに仕上げられています。

頭囲およそ57~60cmの方に適したフリーサイズのみ展開。ワンタッチで脱着できる「ビルトインメカシールド」を搭載しており、不快な風切り音の発生を抑えます。

また、取り込む空気の量を調節できる可動式ベンチレーション機構を備えているのもポイント。コスパのよいフルフェイスヘルメットを探している方におすすめです。

ネオライダース(NEO-RIDERS) MA14

飽きのこないシンプルなデザインで長く愛用できるフルフェイスヘルメットです。UVカットおよびハードコート加工が施されたクリアシールドを標準搭載。あご紐には、ワンタッチ方式の留め具を採用しており、ラクラク着脱できます。

内装には、メガネの装着を容易にするスリットを採用。また、汚れたら取り外して洗濯できるため、いつでも清潔に保てます。PSC・SG規格に適合しており、安心して使用できるおすすめモデルです。

リード工業(LEAD) RX-200R

1980年に発売されたリード工業のフルフェイスヘルメット「RX-200」を再現したモデル。内装にサテンキルティングを用いるなど、当時のイメージを残しつつ現代風にアレンジしています。

ヘッドマークとリアマークには、旧タイプのロゴを採用。剥がせる仕様になっており、付属のPVCステッカーで自分好みにカスタムも可能です。開閉式シールドには、日焼けなどを防ぐUVカット加工に加え、汚れやキズから表面を守るハードコート加工が施されており、美しさが長持ちします。

洗濯可能な着脱式内装を採用しているのもポイント。また、ワンタッチバックル方式のあご紐を採用しており、容易に着脱できるのも魅力です。

南海部品(NANKAI) ZEUS NAZ-105

モーターサイクル関連用品の専門店を全国に展開する「南海部品」オリジナルのフルフェイスヘルメット。日差しなどの眩しさから目を守るインナーバイザーを搭載しており、さまざまな環境に対応可能です。

カラーは、パールホワイト・パールブラック・マットブラックの3種類を展開。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、幅広いテイストのバイクや服装とコーディネートを楽しめます。

ヘルメット内部の熱気を排出する大型ベンチレーションを頭部の前後に配置。あご紐には、ワンタッチで操作できるバックルを採用しており、使い勝手も良好です。