事故時の衝撃などから頭頂部や顔面を守る「フルフェイスヘルメット」。風や飛来物に対して高い防御力を有しており、バイク乗りに人気のアイテムです。

そこで今回は、フルフェイスヘルメットのおすすめモデルを厳選してご紹介。選び方のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

フルフェイスヘルメットの規格について

PSC規格

By: amazon.co.jp

フルフェイスヘルメットには、さまざまな安全規格が存在します。そのひとつが、消費生活用製品安全法により、消費者の生命や身体に危害を及ぼすおそれが多い製品について、取得が義務付けられているPSCマークです。

PSCマークを取得していないヘルメットを乗車用ヘルメットとして販売することは、法律で禁止されているので注意が必要。なお、2017年4月に安全基準が改正され、JIS規格と同等水準まで引き上げられています。

SG規格

By: amazon.co.jp

SG規格は、消費生活用製品に対して安全性を認証する制度。PSCマークと異なり任意ではあるものの、国内で流通するヘルメットの大半に表示されています。

SGマーク付き製品の欠陥によって事故が発生した場合、同協会が最高1億円の賠償措置を実施するのが特徴。保障面を重視する方は、チェックしてみてください。

JIS規格

By: amazon.co.jp

経済産業省が定めた任意の安全規格。衝撃吸収性や耐貫通性などの厳しい性能テストを行い、一定の基準をクリアした製品のみに付けられる目印です。1種と2種に区分されており、125cc以下用と排気量無制限向けの2種類が存在します。

SNELL規格

By: amazon.co.jp

アメリカの民間試験機関「SNELL財団」が定めたバイク用ヘルメットの規格。世界で最も厳しい安全基準といわれており、約5年ごとに規格の見直しを行っています。

安全面を重視する方は、SNELL規格をパスしているヘルメットを選ぶのがおすすめ。ただし、SNELL規格を取得した製品は価格がやや高い傾向があります。用途や予算を考慮して、自分に合ったモノを選びましょう。

フルフェイスヘルメットの選び方

サイズは大きすぎず小さすぎないモノを

フルフェイスヘルメットを安全かつ快適に使用するためには、適切なサイズを選ぶことが重要です。サイズが合わないフルフェイスヘルメットを使用した場合、事故の際に十分な保護性能を発揮できなかったり、圧迫感で運転に集中できなくなったりする恐れがあります。

頭や顔の大きさに加え、形状には個人差があるため一概にはいえませんが、まずは自分の頭囲を基準にサイズを選ぶのがおすすめです。

重量をチェック

フルフェイスヘルメットを選ぶ際は、重量をチェックするのも大切です。重すぎると首に負担がかかって疲労に繋がるうえ、事故時に遠心力が強く働き、頭部に受ける衝撃が強くなるため注意が必要。

快適性に加え、安全性の観点からも重量2000g以下を目安に選ぶのがおすすめです。

通気性をチェック

フルフェイスヘルメットは、頭頂部からあご先までシェルで保護するので、密閉性が高く、内部に熱がこもりやすい傾向があります。

そのため、通気性に優れたベンチレーション機能付きのフルフェイスヘルメットを選ぶのがおすすめです。暑さや息苦しさが和らぎ、一年中快適に使用できます。

シールドの色をチェック

By: arai.co.jp

顔全体を覆うフルフェイスヘルメットは、視界が狭くなりやすいのがデメリット。そのため、夜間でも高い視認性を確保できる明るい色のシールドを選ぶのがおすすめです。さらに、UVカット機能を有するモノなら、目への負担軽減や日焼け対策にも役立ちます。

デザインをチェック

By: arai.co.jp

フルフェイスヘルメットは、単色のシンプルなモノからカラフルなグラフィックモデルまで、デザインのバリエーションが豊富。また、バレンティーノ・ロッシをはじめとした一流ライダーのレプリカモデルも多数ラインナップしています。

見た目のよさにもこだわりたいという方は、バイクや服装との相性を考慮しつつ、自分好みのデザインを選んでみてください。

フルフェイスヘルメットのおすすめメーカー

アライ(ARAI)

By: amazon.co.jp

オートバイおよび自動車競技向けの乗用ヘルメットメーカーとして知られる「アライ」。剛性と軽量化のバランスが評価され、モータースポーツで活躍する世界中のレーサーやライダーから愛されています。

フルフェイスヘルメットをメインに展開。走行風をヘルメット内部へ取り込むベンチレーション機構を採用するなど、着用中の不快感を軽減する工夫が随所に施されています。また、独自の安全規格を採用し、高度な安全性を追求しているのも魅力です。

ショウエイ(SHOEI)

By: amazon.co.jp

東京都台東区に本社を構えるヘルメットメーカー。国産ブランドならではの丁寧な作りやデザイン性の高さが魅力です。世界各国の安全規格をクリアした同社のヘルメットは、世界中のライダーから人気を集めています。

また、インカムメーカーのSENAと共同開発を実施。インカムをスマートに収められるヘルメットも手がけています。

エージーブイ(AGV)

By: amazon.co.jp

「エージーブイ」は、イタリア発のヘルメットメーカーです。1948年にオートバイ用ヘルメットの製造を開始。海外ブランドらしいシャープかつアグレッシブなデザインが目を引きます。

バレンティーノ・ロッシやジャコモ・アゴスチーニなどの一流ライダーが同社のヘルメットを着用したことでも有名です。なお、海外メーカーの製品のため、購入前にPSC規格を満たしているかを特に確認しておきましょう。

フルフェイスヘルメットのおすすめモデル

アライ(ARAI) RAPIDE-NEO

クラシックなスタイルながら、高い機能性・快適性を備えたフルフェイスヘルメットです。シールド取り付け部分を低めに設定することで、衝撃をかわす性能を高めています。

また、素材にはアライ独自の「スーパーファイバー」を採用しており、耐衝撃性に優れているのもポイント。さらに、一点に集中するような衝撃を受けても破損しにくいよう、20種類以上の部材を重ね合わせています。

そのほか、頭部の3ヶ所に排出孔を設け、効率の高いベンチレーションを実現させているのもメリット。内部に熱がこもるのを防ぎます。サイズは54cm・55〜56cm・57〜58cm・59〜60cm・61〜62cmから選択可能。SNELL・JIS規格をクリアしています。

アライ(ARAI) RX-7X

機能性に優れたフルフェイスヘルメットを探している方におすすめのモデルです。後方の乱気流を抑える「エアロ・フィン」を採用しているので、ヘルメットのグラつきを軽減し、高い安定性を保ちます。

また、ヘルメット内部の換気性能を向上させるエアーコントロールシステムを採用しているのもポイント。シールド内に滞留している空気を、効率よく排出するため、シールドの曇りを軽減可能です。

さらに、新鮮な空気を左右のこめかみ方向へ誘導するインナーサイドダクトによって、耳上部を冷やし、全体をクールダウンする効果も期待できます。より快適な被り心地を維持したい方におすすめです。

ショウエイ(SHOEI) GT-Air II

機能性だけでなく、デザイン性も重視したい方におすすめのフルフェイスヘルメットです。ベンチレーションと一体になった、前方から後頭部へ流れるようなシェルデザインを採用しているのが特徴。インカムの取り付け機構も備えています。

また、インナーサンバイザーを搭載しているのも魅力のひとつ。レバー操作で素早く開閉ができるため、トンネル進入時をはじめとした急な視界状況の変化にスムーズに対応できます。防曇性能を備えたハードコートが施されているうえ、高い光学性能があるのもメリットです。

さらに、汗をかきやすい頬・額部分には吸湿速乾性に優れた素材を使用。ヘルメット着脱時のこすれを和らげる起毛生地も使われており、快適に着用したい方におすすめです。

ショウエイ(SHOEI) X-Fourteen

高速走行時の空力性能に優れたフルフェイスヘルメットです。強く前傾したライディングポジションをベースに設計されているのが特徴。ヘルメット前頭部から後頭部、レーシングスーツ背面へ流れる走行風を科学的に解析し、シェルデザインがつくられています。

また、部位に応じて曲率や厚みを最適化することで、光学特性を高めたポリカーボネイト製シールドを採用しているのもポイント。自然でクリアな視界を確保するうえ、剛性を高め、高速走行時のたわみやよじれを軽減します。

ベンチレーションは、フロントとアッパーの2ヶ所に設置。効率的に熱気を排出するため、快適な被り心地を維持できます。重量はソリッドカラーの場合Mサイズで1624g。グラフィックモデルの場合は1644gです。

ショウエイ(SHOEI) Glamster

By: shoei.com

デザイン性と機能性を持ち合わせたシェルデザインが特徴の、フルフェイスヘルメットです。シールドベース周りにリブ形状を採用することで、安全性も保ちつつ、コンパクトなデザインを実現しています。クラシックかつモダンな雰囲気のロゴデザインも魅力です。

シールド開閉時に、シールドと窓ゴムが干渉しにくいのもポイント。スムーズな操作が可能です。さらに、シールド全閉時はタブのフックがシールドロックベースにかかる設計のため、シールドの不意な開放を防げます。

2ヶ所のエアインテークホールによって、走行風をヘルメット内へ取り込み、首元から排気されるので、快適な被り心地を維持できるのもおすすめポイント。JIS規格をクリアしているため、安心して使用できます。

エージーブイ(AGV) PISTA GP RR

レース用ヘルメットとして、より厳しい性能基準クリアしているピュアレーシングモデルです。フルカーボンファイバーを使用し、軽量かつ強固なシェル構造を採用しているのが特徴。おしゃれでかっこいいデザインもポイントです。

また、多くの空気を効率的に取り込む新形状のエアベンチレーションシステムを搭載。さまざまなシチュエーションで視界を確保するシールドを採用しているのも、魅力のひとつです。さらに、ハイドレーションシステムも標準搭載されています。

日本人の頭に合うように設計されているので、違和感なく着用しやすいフルフェイスヘルメットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エージーブイ(AGV) K6 AGV MINIMAL GUNMET/BLACK/YELLOW FL

シティライド・ツーリング・スポーツライディングと、汎用性を追求して開発されたフルフェイスヘルメット。シェルにはカーボンとアラミド繊維が使用されており、優れた保護性能を備えているのがメリットのひとつです。

また、額とチンガードに付いているベンチレーションは、手袋をしていても簡単に調節可能。内部を快適な状態に維持できます。本製品は国内仕様モデルで、サイズはM・L・XLがラインナップ。さまざまなシチュエーションで被れるモデルを探している方におすすめです。

エージーブイ(AGV) K3 SV AGV JIST TOP MPLK Asia Fit – 5 CONTINENTS

人気メーカー「エージーブイ」の機能性に優れたフルフェイスヘルメットです。内側にドロップダウン式サンバイザーが付いているのが特徴。PSC・SG基準を満たしており、安心して着用できます。

また、耐久性に優れているので、長い期間使用し続けられるモデルを探している方にぴったりです。さらに、前面5ヶ所、背面に2ヶ所ベンチレーションが付いているのもおすすめポイント。内部を快適な状態に保つことが可能です。

長い時間快適に使用できるよう、日本人の頭の形に合わせてデザインされているのもメリット。個性的なグラフィックデザインで、おしゃれなフルフェイスヘルメットを探している方におすすめです。

エージーブイ(AGV) K3 SV AGV JIST TOP MPLK Asia Fit – ROSSI WINTER TEST 2016

初心者向けのオールマイティーなフルフェイスヘルメットです。ベンチレーションが合計7ヶ所付いているので、ヘルメット内の蒸れを対策できます。

また、シェルには耐久性の高いサーモプラスチックを使用しているため、破損しにくいのもおすすめポイント。バイザーには、特許取得済みのエクストラクイックリリースシステムを採用しています。

さらに、日本人の頭の形に合わせてデザインされているのもメリットのひとつ。長時間の着用でも違和感なく、快適に使用可能です。2016年シーズンに向けたウィンターテストにおいて、バレンティーノ・ロッシが使用したグラフィックデザインも魅力。個性的なモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アールエスタイチ(RS TAICHI) HJC CS-15 ソリッド

スピーカーを収納できるスペースを確保したフルフェイスヘルメットです。耳まわりの窮屈さや不快感を軽減しているのが魅力。インナーライナー・チークパッドは取り外して手入れできるため、清潔に保てます。

また、シールドにはUVカット機能があるので、紫外線が気になる方にもおすすめ。サイズはS・M・L・XLから選択できます。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) KAMUI-3

内部の温度上昇を抑制する「UV&IRカットシールド」を採用したフルフェイスヘルメットです。ベンチレーションは合計4ヶ所に設けられ、効率よく冷気を導入するので、快適な被り心地を維持できます。

眼鏡やサングラスをよりスムーズに装着できる眼鏡対応チークパッドや、カバーレス・シールド交換システムを採用するなど、機能性に優れているのも魅力。さらに、JIS規格をクリアしているのもポイントです。サイズはXS〜XLまでの5種類から選択できます。

リード工業 RX-200R

比較的価格が安いため、買い求めやすいモデルを探している方におすすめのフルフェイスヘルメットです。PSC・SG規格をクリアしています。

シールドには、視認性に優れた立体成形ポリカーボネイトを使用。内装は着脱式なので、簡単に手入れ可能です。また、シンプルでクラシックな見た目も魅力のひとつ。重量は約1400gで、カラーはホワイト・ブラック・オレンジの3色から選べます。

ワイズギア(Y’S GEAR) YF-9 ZENITH

ポリカーボネイト複合素材を使用しており、耐久性に優れたフルフェイスヘルメットです。JIS規格をクリアしているのが魅力。内装には、吸汗速乾性に優れ、かつ殺菌効果が期待できると謳われる素材が使用されています。

また、低重心設計なので、長時間走行でも疲れにくいのがポイント。シールドはUVカット仕様で、紫外線が気になる方におすすめです。

ワイズギア(Y’S GEAR) YF-1C Roll Bahn

ヤマハ発動機グループのアクセサリー専業会社である「ワイズギア」のロングセラーモデル。日本人にフィットするよう設計されているのがポイントです。シンプルな見た目ながら、ワンタッチシールド交換システムや大型ベンチレーションを備えています。

JIS規格やSG規格をクリアしているので、安心して装着できるのも魅力。サイズはM〜XLの3種類あり、カラーはホワイト・ブラック・シルバーの3色展開です。

マルシン工業 M930

軽量・小型化にこだわって設計された人気のフルフェイスヘルメットです。1440gと軽いのが嬉しいポイント。ワンタッチで着脱できるビルトインメカシールドを採用しているので、風切り音を大幅に軽減できるのも特徴です。

また、内装は取り外して水洗いできるため、清潔に使用できるのも魅力。ベンチレーションは6ヶ所に配置されており、空気量を調節して快適に使用できます。価格が安いので、コストパフォーマンスを重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

フルフェイスヘルメットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フルフェイスヘルメットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。