バイクにスマートフォンを固定できる「バイク用スマホホルダー」。ハンズフリーでナビを確認したり音楽を聴いたりできる便利なアイテムです。最近ではクランプタイプやワンタッチタイプなど、さまざまなモデルが登場しています。

そこで今回は、おすすめのバイク用スマホホルダーをピックアップ。選び方についても解説しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

バイク用スマホホルダーの選び方

タイプで選ぶ

クランプタイプ

By: daytona.co.jp

クランプタイプのバイク用スマホホルダーは、スマートフォンを横や四方向から挟むように固定するのが特徴。街乗りからツーリングまで、あらゆるシチュエーションで活躍する汎用性が魅力です。

スマートフォンの着脱が簡単なので、初めてバイク用スマホホルダーを購入する方にもおすすめ。ただし、ほかのタイプよりもサイズの大きなモデルが多く、取り付けたときに目立ったり、視界の邪魔になったりしやすい点には注意が必要です。

ワンタッチタイプ

By: rakuten.co.jp

ワンタッチタイプのバイク用スマホホルダーは、スマートフォンとバイクの両方にマウントを取り付けるのが特徴。マウントを接合してスマートフォンとホルダーを固定するため、邪魔になりにくいコンパクトモデルが多いのが魅力です。

スマートフォンのサイドボタンを押下できるなど、操作性に優れているのもポイント。ただし、スマートフォンの裏側にもコネクターを取り付けるため、カバーの付け替えが必要な場合もある点には留意しておきましょう。

ポーチタイプ

By: amazon.co.jp

ポーチタイプのバイク用スマホホルダーは、ビニール製のポーチにスマートフォンを入れてバイクに固定するのが特徴。急な雨天時でもスマートフォンが濡れるリスクを軽減でき、ちょっとした小物も収納できるのが魅力です。

ただし、ポーチの上からだとスマートフォンが操作しにくいことや、夏場はポーチ内に熱がこもりやすいことには注意が必要。着脱に手間はかかりますが、スマートフォンの安全性を重視したい方におすすめです。

ハンドル径で選ぶ

By: amazon.co.jp

バイク用のスマホホルダーは、すべてのバイクに取り付けられる訳ではなく、ハンドルによって対応しているモデルが異なります。バイク用のスマホホルダーを選ぶ際には、愛車のハンドル径をあらかじめ確認しておくことが重要です。

ハンドル径には、主に外径が22.2mmのネイキッド系と、外径が25.4mmのアメリカン系の2種類があります。愛車のハンドル径を確認し、スマホホルダーを固定するパーツが、隙間なくハンドルを挟み込めるモノを選びましょう。

スマホサイズで選ぶ

バイク用スマホホルダーのなかには、対象機種が定められているモデルや対応サイズが決められているモノがあります。バイク用のスマホホルダーを選ぶ際には、スマートフォンの機種やサイズをあらかじめ確認しておきましょう。

また、最近では、スマートフォンの機種を問わずに使えるモデルや、サイズの調節ができるモデルも登場しています。スマートフォンの機種変更を行っても、同じスマホホルダーを使い続けられるのでおすすめです。

バイク用スマホホルダーのおすすめモデル

デイトナ(Daytona) バイク用スマートフォンケース リジットクランプ式 94805

幅広いiPhoneに対応しているポーチタイプのバイク用スマホホルダー。簡易な防滴機能や防塵機能が備わっており、さまざまな場所へのツーリングに適しています。大型のアタッチメントを搭載しているため、ケースの揺れを小さくできるのが魅力です。

タッチ操作がしやすいように、透明窓が大きく確保されているのが特徴。ケースに入れたままナビの操作や音楽の設定が行えます。また、熱がこもりにくい穴付きインナーパッドを採用しているので、夏場の使用も可能です。

クランプ部分はボルトでしっかりと固定するため外れにくい「リジット式」を採用。クランプとケースの結合部ははめ込み式で、簡単に着脱が行えます。

デイトナ(Daytona) バイク用スマートフォンホルダー3 クイックタイプ IH-1000D

デイトナ独自のロック機構を採用しているバイク用スマホホルダーです。さまざまなスマートフォンに対応しているのが特徴。3つ爪仕様でスマートフォンをガッチリとロックするので、スマートフォンの落下リスクを軽減できます。

押し込むだけでスマートフォンを固定できるほか、片手での取り外しも可能で着脱に手間がかからないのが魅力。素材には頑丈なアルミ合金を採用しており、耐久性も備わっています。

360°の回転機能が備わっているのもポイント。首振り機能も搭載されているので、スマートフォンを好みの角度に設定できます。強度が高く、自由度の高い製品が欲しい方におすすめです。

デイトナ(Daytona) スマートフォンホルダーWIDE IH-250D

幅広いスマートフォンに対応しているバイク用スマホホルダー。幅55~85mm、全長110~147mm以上のスマートフォンが取り付け可能です。上下左右4方向から固定する仕様で、高い安定感が備わっています。

直径22~29のハンドルへの設置に対応。クランプ部分は留め具で固定するクイックタイプで、簡単に着脱が行えるので、バイクを複数台所有している方におすすめです。また、滑り止めになるクランプシートも付属しています。

ボディは360°回転可能で、スマートフォンの角度を自由に設定できるのもポイント。左右への首振り機能も備えているので、自分に合った位置に調節してナビの情報を容易に視認できます。自由度の高いバイク用のスマホホルダーを探している方におすすめです。

カエディア(Kaedear) バイクスマホホルダー KDR-M8

60~90mmの間で横幅を変更できるクランプタイプのバイク用スマホホルダー。サイズの異なるスマートフォンに機種変更しても継続して使えます。固定方法にはダイヤルを用いた手動開閉式を採用。軽い力でロックできるのが特徴です。

スマホホルダーをバッテリーに接続することで、USBによるスマートフォンの高速充電に対応。長時間ナビを使用しても電池が長持ちします。また、360°回転するボールマウントが搭載されており、ナビの情報を視認しやすい角度への調節が可能。IP66の防塵・防水性能を有しており、雨天での使用にも対応できます。

カエディア(Kaedear) QUICKHOLD QI+USB KDR-M11A

スマートフォンを置くだけでしっかりと固定できる、クランプタイプのバイク用スマホホルダー。リリースハンドルを握るだけでスマートフォンが取り外せるなど、簡単に着脱できるのが特徴です。また、360°回転のポールマウントで、角度の調節も行えます。

側面が丸みを帯びているケースを装着していてもしっかりと固定が可能。ボディの素材にはアルミ合金を採用しており、高い耐久性が備わっています。また、IP66の防塵・防水規格に対応しているため、突然の雨に対応できるのも魅力です。

USB充電やQi充電に対応しており、スマートフォンに電気を供給しながら固定できるのがポイント。ナビを使って遠出する際に活躍します。また、装着したままでもサイドボタンが使えるなど、操作性も良好です。

オックスフォード(OXFORD) CLIQR OX850

正方形の3M粘着マウントを採用した、ワンタッチタイプのバイク用スマホホルダーです。デュアルクリックシステムを搭載しており、縦向き・横向きのどちらでも設置できるのが特徴。用途に応じて設置方法を変更できます。

22mm径のハンドルに対応しており、M5ボルトで締め付け確実にロックできるのが魅力。高い安定性が備わっています。価格が安いので、コストパフォーマンスに優れたバイク用スマホホルダーを探している方におすすめのアイテムです。

タナックス(Tanax) デジケースマウントAC-M MF-4735

走行中の風でスマートフォンを冷やす「エアクールシステム」を採用したポーチタイプのバイク用スマホホルダーです。等間隔の穴が空いた振動軽減スポンジを搭載。ケース内には熱がこもりにくく、夏場でも使用できます。

ダブルボールジョイントステーを搭載しており、スマートフォンの情報を視認しやすい角度に調節できるのもポイント。また、ロック機能付きのスライダーにより、防犯性も良好。機能性に優れたバイク用スマホホルダーを探している方におすすめです。

ウミネコ(Umineko) スマホホルダー NEKO-SHELL01

iPhoneとAndroidどちらのスマートフォンにも対応している、ポーチタイプのバイク用スマホホルダー。防塵性・防水性・防汚性の3つを兼ね備えており、急な雨にも対応できます。また、スマートフォンだけでなく、カードなどの小物も収納可能です。

万力構造とゴムベルトが備わったホルダーを搭載しており、ハンドルにしっかりと固定できるのがポイント。360°回転可能で、好みの角度に調節できます。また、透明度の高いフィルムを採用しているため、高い視認性と操作性があるのも魅力です。

バルサ堂(Barsado) バイクスマホホルダー Ba2156

急速充電に対応したUSB端子を付属しているクランプタイプのバイク用スマホホルダー。ナビを使用しながら、遠出するのに適しているのが魅力です。また、エンジンをかけていないときの通電をOFFにするスイッチを搭載しています。

ラバーグリップを付属しており、しっかりとスマートフォンを固定できるのが特徴。ぐらつきが少なく、高い安定性が備わっています。また、横幅が4~10cmまで調節可能で、幅広いスマートフォンに対応しているのもポイントです。

リード工業(LEAD) iMMER KS-257A

横幅が60~90mmの間で調節できるラウンドアーム型のバイク用スマホホルダー。幅広いスマートフォンに対応しているので、機種変更をしても継続して使用できます。

クランプ部にはボールジョイントを搭載。スマートフォンの情報が視認しやすい角度へ自由に調節できます。価格が安く設定されているので、コストパフォーマンスに優れるバイク用スマホホルダーを探している方におすすめです。

バイク用スマホホルダーのAmazonランキングをチェック

バイク用スマホホルダーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。