頭部を保護しつつ機能的にバイクの運転をサポートする「システムヘルメット」。安全性はもちろん、機能面などをチェックし、ライディングスタイルに適したタイプを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、システムヘルメットの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったシステムヘルメットを選ぶための参考にしてみてください。

システムヘルメットとは?

By: amazon.co.jp

システムヘルメットはチンガードが可動するヘルメットです。チンガードを開ければ、ジェットヘルメットを装着したときのような解放感を得られるのがメリット。一方、チンガードを閉じれば、フルフェイスヘルメットを装着したときのような安全性を確保できます。

適切な場面で使い分ければフルフェイス・ジェットヘルメットのいいとこどりをできるのが、システムヘルメットの魅力です。

フルフェイスやジェットヘルメットとの違い

システムヘルメットのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

システムヘルメット最大のメリットは状況に合わせてチンガードを開閉できることです。チンガードを開ければ爽快感のあるライディングが、チンガードを閉じればより安全なライディングができます。また、ヘルメットをかぶったまま眼鏡の脱着、メガネをつけたままのヘルメットの脱着が容易にできるのも魅力。ほかのヘルメットだとメガネをかけにくいことがあります。

デメリットはチンガードの可動部分を搭載する必要があるので、ほかのヘルメットと比べて重くなること。短距離ならそれほど気になりませんが、長距離ライドをする場合は首周りへの負担が大きくなります。また、ヘルメット内部が窮屈なこと、壊れやすいことは留意しておきたいポイントです。

フルフェイスのメリット・デメリット

By: arai.co.jp

フルフェイスヘルメットのメリットは安全性が高いことです。バイクでの走行中に転倒した際の頭部や顔、首回りへの衝撃を抑えられます。また、防寒性や防風性に優れているのも特徴。特に冬場は高速走行中の寒さが気になりますが、フルフェイスヘルメットなら顔の大部分を覆われるので、寒さを感じにくいのも魅力です。

デメリットはヘルメット内部の熱気がこもりやすいことです。フェイスヘルメットは密閉性が高いので、特に夏場は呼吸や汗で内部が蒸れやすくなります。また、飲食やメガネの脱着をする際にヘルメットを外す必要があり、スムーズに行動しにくいのも気になる点です。

フルフェイスヘルメットについて詳しくはこちら

ジェットヘルメットのメリット・デメリット

By: wins-japan.com

ジェットヘルメットのメリットは解放感です。視野もほかのヘルメットと比べて広く感じるので、快適なライディングができます。また、メガネをかけたまま着脱可能なのも魅力です。飲食の際にヘルメットを脱ぐ必要がなく、スムーズに行動できます。

デメリットは安全性に欠けることです。ほかのヘルメットと比べて露出部分が多く、走行中の転倒や飛び石による被害が大きくなります。また、冷たい風がそのまま入ってくるので、寒さが気になるのも欠点。マフラーやネックウォーマーで口元を覆わなければ、冬場のライディングは厳しくなります。

ジェットヘルメットについて詳しくはこちら

システムヘルメットの選び方

重さをチェック

By: amazon.co.jp

ライディングにおける負担を抑えるためにも、重さをチェックするのが重要です。重量が重かったり、長距離走行など装着している時間が長くなったりするほど、首や肩などにかかる負担も増します。頭部や首などにかかる負担を抑えるには、重量が軽めのモデルを選ぶのがポイントです。

比較的重いモデルが多いシステムヘルメットにも、製品によって軽量化されたタイプが展開されています。走行する距離などの使用シーンに応じて、自分のスタイルに合った重さのシステムヘルメットを選びましょう。

サイズをチェック

システムヘルメットは自分の頭に合ったサイズを選ぶのも重要。サイズが小さすぎると窮屈で頭を動かしにくく、大きすぎると緩くて安定しにくくなります。自分の頭に合わないモノは、集中力低下の原因となる場合もあるため注意が必要です。

快適な運転のためにも、頭にフィットするサイズのシステムヘルメットを装着するのがポイント。メーカーによって、S・M・L・XLなど、幅広いサイズを展開しているモデルもあるので、頭の大きさに合わせてチェックしてみてください。

チンガードの構造をチェック

By: amazon.co.jp

システムヘルメットを選ぶ際は、チンガードの構造もチェックしましょう。システムヘルメットのチンガードは、フリップアップタイプと脱着式のシステムジェットの2種類があります。それぞれ特徴が異なるので、自分のスタイルに合ったタイプを選んでみてください。

フリップアップは、チンガードを上げてフェイスカバーの位置を調節できるのが特徴。高速道路走行時には下げて顔全面を覆ったり、飲み物を飲みたいときには上げた状態にしたりと操作がスムーズに行えます。

システムジェットは、フリップアップと比較して可動域は狭くなるものの、必要に応じて着脱できるのが特徴です。取り外せば軽量化にも繋がり、ツーリングでの負担を抑えたり、街乗りで気軽に使ったりできるのも魅力。お手入れもしやすく、衛生面を保ちやすいのもメリットです。

安全規格をチェック

By: amazon.co.jp

システムヘルメットに限らず、日本国内で販売されるバイク用のヘルメットには「PSCマーク」の貼付けが義務化されています。そのため「消費生活用製品安全法」の安全規格をクリアした製品に付いている「PSCマーク」の有無をチェックして選びましょう。

また、より安全性の高い製品を選ぶ場合には、製品安全協会が定めた基準に適合した「SGマーク」や、産業標準化法に基づいた任意の資格「JISマーク」が付いているかをチェックするのがおすすめです。

通気性をチェック

By: amazon.co.jp

ライディングでの快適性を確保するためには、通気性をチェックしてシステムヘルメットを選びましょう。通気性をチェックする場合には、各所にベンチレーション(通気口)が備わっているかを確認するのがポイントです。

配置されているベンチレーションが通気性を高めるので、内部の蒸れを抑え不快感を軽減。とくに、夏の暑い時期や長距離などでの快適な走行をサポートします。

静音性をチェック

風切り音を抑えて使用したい方は、静音性をチェックして選ぶのがおすすめ。バイクで走行していると、ヘルメット内に響く風切り音が気になり、快適な走行の妨げとなる場合があります。

静音性に優れたシステムヘルメットを選ぶ際には、ノイズアイソレーターの搭載やシールドの密閉性を確認するのがポイント。ノイズアイソレーターや密閉性の高いシールドを備えたタイプは、風切り音などのノイズを軽減します。

インカムやメガネに対応しているかチェック

インカムに対応するモデルは、ツーリングなどでのコミュニケーションツールとして便利です。ヘルメットを装着したままで仲間や同乗者と会話が可能。1人で走行している際には、カーナビの音声を聴き取るのにも重宝します。

また、メガネをかけている方にはスリットが設けられたタイプがおすすめ。メガネのテンプルへの圧迫を防ぎやすいうえ、スムーズにメガネの着脱がしやすいのも魅力です。

価格をチェック

システムヘルメットの価格もチェックのポイント。幅広い価格設定の製品がラインナップされているので、機能面とコストのバランスを考慮したうえで自分に合ったモデルを選びましょう。

コストを抑えたい場合には、1万円程度で展開されているモデルからでも選べます。ただし、安い製品を選ぶ場合には安全性や求めている機能が備わっているかをしっかりと確認しましょう。

また、コストを抑えつつ性能の高さも求める場合には2~3万円台のモデルが適しています。デザイン性や性能の高さにこだわって選びたい方には、5万円以上のハイスペックモデルを選ぶのがおすすめです。

システムヘルメットのおすすめメーカー

ショウエイ(SHOEI)

By: shoei.com

ショウエイは1959年に設立したヘルメットメーカーです。専門知識をもつ技術者と熟練したスタッフによる社内一貫体勢でヘルメットを生産。白バイや自衛隊でも使用されているほど、確かな性能と品質を提供しています。

アクシデントを未然に防ぐための快適性を高いレベルで提供しているのが特徴です。ヘルメットの各部に技術や知識を最大限活用して工夫を施しているので、ストレスフリーでツーリングを楽しめます。

Made in Japanのブランドとして40ヵ国以上に輸出するなど、ワールドワイドに展開。世界のプレミアムヘルメット市場で高いシェアを維持し続けています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO)

By: ogkkabuto.co.jp

オージーケーカブトは1982年に設立してから40年以上ヘルメットを作り続けてきたメーカーです。万が一のリスクに備えてさまざまな条件下で安全試験を行い、データを収集・分析。日本だけでなく、世界の安全基準をクリアするヘルメットを作っています。

市場のニーズに応えつつ、プロ仕様から小さな子ども向けまで、幅広い製品を展開しているのが特徴。イベントやモニター、販売店でのヒアリングによってユーザーの声を聞くことも欠かさず行います。また、日常的に装着するヘルメットとしてデザインにもこだわっているのも魅力です。

リード工業(LEAD)

By: amazon.co.jp

リード工業は1949年に設立してから、オートバイ需要の高まりとともに事業規模を拡大してきたメーカーです。ヘルメットやアクセサリー、グローブなどのライディンググッズまでバイク乗りが使用するアイテム全般を製造。

リード工業が作るヘルメットには安全な製品であることを示す「SGマーク」と「PSCマーク」がついています。さらに、無作為抽出による抜き打ち検査も実施するなど、厳格な品質管理のもと製品を作っているのが魅力です。

システムヘルメットのおすすめ

ショウエイ(SHOEI) ヘルメット Neotec II

機能と技術を集約したシステムヘルメット。なめらかな曲線による造形美がデザインの先進性を感じさせます。

グローブをつけたままでもカバーを操作しやすいようにロックレバーを搭載。高効率のベンチレーション性能を備えており、ヘルメット内の熱気のこもりが抑えられるのも魅力です。

内部の生地にもこだわっており、顔の各パーツに対して適切な生地を使用することで、ソフトな被り心地と快適性を実現。専用コミュニケーションシステム取り付け機構を搭載しているため、ツーリング時に重宝します。

予算が十分にあって、デザイン性や機能性にこだわりがある方におすすめのシステムヘルメットです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) バイクヘルメット システム RYUKI

パーツレイアウトや装飾処理を見直すことで、軽重量を実現したシステムヘルメット。まぶしさを抑える開閉可能なサンシェード、赤外線・紫外線をカットするシールドを搭載するなど、ライダーにとってうれしい機能が盛り込まれています。

インカムを取り付ける専用のスペースもあるので、ツーリング中のコミュニケーションも快適。メガネやサングラスをスムーズにかけられるチークパッドを採用しているのも魅力です。製品安全協会が定めた基準に適合した「SGマーク」がついているので、安全性も確保されています。

サイズはS・M・L・XLの4種類です。カラーが豊富なので、好みに合わせて色を選べるのも魅力。これから本格的にライドをはじめるにあたって高性能なシステムヘルメットが欲しい方や、長距離ライドを考えている方におすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) バイクヘルメット システム IBUKI

フルフェイスに匹敵する空力性能を実現したシステムヘルメット。独自の空力デバイス「ウェイクスタビライザー」を搭載しており、揚力や空気抵抗を低減します。

XS・S・M・L・XL・XXLの6種類と、非常に幅広い頭のサイズに対応しているのが魅力。高速走行におけるヘルメットの安定感を高められるので、長距離ライドの疲労も抑えられます。

ベンチレーションを3ヵ所に搭載しており、通気性は良好。メガネ用のスリットも搭載しています。性能バランスのよいシステムヘルメットが欲しい方におすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) バイクヘルメット システム RYUKI ENERGY

スポーティーでアグレッシブなデザインが魅力のシステムヘルメット。紫外線と赤外線をカットするシールドを採用しており、日焼けや日射熱による温度上昇を抑制する効果があります。サイズはS・M・L・XLの4種類です。

メガネ対応チークパッドを搭載しているので、メガネやサングラスをベストなポジションで使用可能。ブレスガードを大型にすることで、換気性能の効率アップと共に視界の明るさも確保しているのが特徴です。内装はすべて取り外すことができるので、清潔に使い続けられます。

印象的なデザインのシステムヘルメットが欲しい方におすすめです。

リード工業(LEAD) バイク用 インナーシールド付き システムヘルメット REIZEN

スタイリッシュなデザインのシステムヘルメットです。サイズはM・L・LLを展開。Mサイズなら約1700g、L・LLサイズでも約1850gという軽重量を実現しています。

通気性に優れており、前頭部の大型ベンチレーションが走行風を取り込み、ヘルメット内部の熱を軽減します。「PSCマーク」と「SGマーク」がついているため、安全性が高いのも魅力です。

風切り音をシャットアウトするアウターシールドを搭載しているので、静かなライディングが可能。加えて、スライドレバー開閉型のスモークインナーシールドを搭載しています。眩しい日差しがさしかかる時間や夜間、トンネル内の走行でも適切な明るさを保てます。

軽いシステムヘルメットを安い価格で手に入れたい方や、はじめてシステムヘルメットを使う方におすすめです。

リード工業(LEAD) バイク用 インナーシールド付き レディース システムヘルメット reise

リード工業と女性バイク専門誌「ガールズバイカー」がコラボしたシステムヘルメット。女性向けモデルで、サイズはS・Mサイズの2種類が用意されています。Mサイズの重量が約1700gと軽量なので、長距離ライドでも快適。「PSCマーク」「SGマーク」がついていて安心です。

走行風によるヘルメットのリフトを抑えるエアロダイナミクス設計が特徴。風切り音をシャットアウトする新設計のホルダーレスシールドを搭載するなど、静音性が高いのが魅力です。また、前頭部と顎部にエアベンチレーションを搭載しており、内部の熱やムレを低減できます。

メイク汚れが目立たないブラウンの着脱式内装を採用しているのもポイント。スタイリッシュなデザインが好きな女性の方におすすめのシステムヘルメットです。

ヤマハ(YAMAHA) バイクヘルメット システム YJ-21 ZENITH サンバイザーモデル

快適性とフルフェイスヘルメットのような見た目を両立したシステムヘルメットです。システムヘルメット特有の凹凸をなくすことで、フルフェイスヘルメットのようなスタイリッシュな見た目を実現しています。サイズはS・M・L・XLと幅広く用意されています。

サンバイザーがカバーする範囲が広いのが特徴です。口元と頭部にベンチレーションが搭載されているので、通気性も良好。左右どちらの手でもシールドの開閉ができるのも魅力です。

メガネスリットを搭載しているので、メガネやサングラスをスムーズに装着できるだけでなく、装着時の圧迫感も軽減できます。比較的リーズナブルなので、コスパのよいシステムヘルメットが欲しい方にもおすすめです。

ウインズジャパン(WINS JAPAN) システムヘルメット MODIFY X

ゆったりサイズで街乗りやツーリングを快適に行えるよう設計されたシステムヘルメット。L・XL・XXLと大きめのサイズが用意されています。ゆったりとしたかぶり心地のシステムヘルメットが欲しい方におすすめです。

衝撃吸収ライナーをワンサイズにしており、内部交換のみでサイズを変更できるのが魅力。ヘルメットを買った後にサイズが合わない場合でも、簡単に調節できます。側面のレバーをスライドさせることで、すばやくインナーバイザーの出し入れが可能。日差しが強いとき、突然の逆光が差し込んできたときでも落ち着いて運転できます。

「PSCマーク」「SGマーク」もついているので安心。アクセサリーパーツを組み合わせれば、システム・システムジェット・ジェットの3通りのスタイルを楽しめます。その日の気分やバイクによってヘルメットのフォームを変更したい方にもぴったりのシステムヘルメットです。

ネオライダース (NEORIDERS) Wシールド フリップアップ フルフェイス ヘルメット FX8

安価ながら十分な性能を備えているシステムヘルメット。フリップアップタイプで、ボタン操作でチンガードを上げてフェイスカバーの位置を調節可能です。M・L・XLサイズがあります。

重さはMサイズで約1700gと軽め。内装を取り外して、部品ごとに洗濯できるのも嬉しいポイントです。安全規格の「PSCマーク」「SGマーク」がついており、安全性にも配慮されています。

安くて使いやすいシステムヘルメットが欲しい方や、バイク初心者の方にもおすすめです。

ノーラン(NOLAN) バイク用ヘルメット システム N40-5GT

チンガードが脱着可能なシステムジェットタイプのシステムヘルメット。チンガードを取り外すことで軽量化でき、ツーリングや長距離走行での首負担が抑えられます。

お手入れもしやすく、快適な衛生状態を保ちやすいのも魅力。サイズはS~XLまで用意されているため、自分に合った大きさを選べます。

「イタリアデザイン」を採用しているのも特徴。人と被らない見た目のシステムヘルメットが欲しい方におすすめです。

エルエスツー(LS2) システムヘルメット VALIANT

90°可動するのが一般的なチンガードが、180°後方まで可動する独特なデザインのシステムヘルメット。

独自の調合軽量素材「KPA」を採用しているのが特徴です。KPAは耐衝撃性が高く柔軟性を持つ素材で、エネルギーの吸収・分散を効率よく行えます。S・M・L・XL・XXLサイズと非常に幅広いサイズを用意しているのも魅力です。

94%UVカット使用のシールドを採用しているため、日差しの強い日のライディングでも安心。メガネスリットを搭載しており、メガネやサングラスの装着もスムーズに行えます。

個性的でかっこいいデザインのシステムヘルメットが欲しい方におすすめです。

エージーブイ(AGV) ヘルメット SPORTMODULAR

イタリアのメーカーが作る、フリップタイプのシステムヘルメット。日本人の頭の形に合わせて「アジアンフィット」デザインを採用しているのが特徴です。頭頂部がリバーシブル構造のパッドになっており、季節に合わせて裏返すことで温度調節もできます。安全規格の「SGマーク」がついていて安心です。

人間の目と同じ水平190°の視野を実現するデザインにより、快適なライディングが可能。静音性が高いので、風切り音も気になりにくいのがポイントです。カーボンファイバー製の特殊な構造により、軽量化を実現。長距離ライドでも負担を抑えて着用できます。

サイズはS・M・L・XLの4種類。高機能でフィット感の高いシステムヘルメットが欲しい方におすすめです。

エイチジェイシーヘルメット(HJC HELMETS) システムヘルメット i90 HOLLEN HJH190

国内でのシェアを広げている韓国メーカー「HJC」のシステムヘルメット。「SGマーク」と「JISマーク」がついており、安全性に配慮された製品です。快適な被り心地を追求した、日本人向けのオリジナル内装を採用しています。

サイズはS・M・L・XLの4種類。フリップアップ型で、重量はLサイズで約1820gです。3種類のカラーで構成されたデザインがおしゃれ。スピーカーホールを搭載しているので、インカムの装着も簡単にできます。

個性的なデザインと高い機能性を求める方におすすめのシステムヘルメットです。

ルーフ(ROOF) システムヘルメット BOXER V8

フランスを代表するメーカー「ROOF」が作るクールなデザインのシステムヘルメット。通常、フリップアップヘルメットのチンガードは頭頂部付近までしか上がりませんが、本製品は後頭部付近の230°まで回転するのが特徴です。

サイズはSM・M・L・XL・XXLの5種類。Lサイズでも約1650gと軽量なので、長距離ライドでも疲労感を抑えられます。頭頂部とチンガードにベンチレーションを搭載しており、通気性も良好。日本のSG規格とEUのCE規格に対応しています。

見た目のよいシステムヘルメットが欲しい方におすすめのシステムヘルメットです。

フリードコン(FreedConn) システムヘルメット BM2-S

Bluetoothと大容量バッテリー搭載のインカム対応システムヘルメット。高音質のヘッドホンとノイズキャンセリングマイクを内蔵しており、ツーリング中の会話が可能です。

M・L・XLサイズが用意されています。アメリカ標準の安全規格「DOT」を満たしているので安心です。

友達と会話しながら長時間のツーリングを楽しみたい方におすすめのシステムヘルメットです。

システムヘルメットのAmazon・Yahoo!ランキングをチェック

システムヘルメットのAmazon・Yahoo!の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。