頭部を保護しつつ機能的にバイクの運転をサポートする「システムヘルメット」。安全性はもちろん、機能面などをチェックし、ライディングスタイルに適したタイプを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、システムヘルメットの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったシステムヘルメットを選ぶための参考にしてみてください。

システムヘルメットとは?

システムヘルメットとは、チンガード(顎部分)が可動するタイプのヘルメットです。フルフェイスヘルメットのように安全性に配慮されているうえ、ジェットヘルメットのような開放感も併せ持っています。

また、タイプによってはインカムが搭載されていたりなど、利便性を高める機能を備えているのも魅力。用途や目的など、ライディングスタイルに応じて、快適な走行をサポートする機能を備えたタイプが選べます。

システムヘルメットのメリット・デメリット

メリット

By: ogkkabuto.co.jp

システムヘルメットは、フルフェイスとジェットヘルメットのよさを兼ね備えているのがメリット。フルフェイスのように、頭部全体を覆うことで安全性を確保しやすいほか、ジェットヘルメットのように前面を上げた状態にすれば、装着したままで飲食やメガネの着脱もできて便利です。

夏の暑い時期や、冬の寒い時期によって、フルフェイスとジェット型で使い分けができるのもポイント。また、デザイン性が高いモデルが多く、おしゃれに使用しやすいのも魅力です。

デメリット

システムヘルメットは充実した機能を備えているので、大型化しやすい傾向にあります。サイズが大きくなればその分重量も増すため、長距離走行で首や肩に負担がかかりやすくなるのがデメリットです。大きめのサイズにより、邪魔になったり携帯に不便だったりする場合もあります。

また、チンガードが可動や着脱できる仕組みにより、フルフェイスに比べて強度が劣る点にも注意が必要。とくに安価な製品などは安全性において不安な要素があるので、コストと強度のバランスを考慮して選びましょう。安全性を確認するポイントとして「安全規格」をクリアしているかが挙げられます。

さらに、可動部が備わっていることでフルフェイスより密閉性が劣り、風切り音が発生しやすいのも快適な走行の妨げになりやすい要因のひとつ。そのため、静音性に配慮されているのかもチェックのポイントです。

システムヘルメットの選び方

重さをチェック

ライディングにおける負担を抑えるためにも、重さをチェックするのが重要です。重量が重かったり、長距離走行など装着している時間が長くなったりするほど、首や肩などにかかる負担も増します。頭部や首などにかかる負担を抑えるには、重量が軽めのモデルを選ぶのがポイントです。

比較的重量が重めのモデルが多いシステムヘルメットにも、製品によって軽量化されたタイプが展開されています。そのため、走行する距離などの使用シーンに応じて、自分のスタイルに合った重さのシステムヘルメットを選びましょう。

サイズをチェック

システムヘルメットは自分の頭に合ったサイズを選ぶのも重要。サイズが小さすぎると窮屈で頭を動かしにくく、大きすぎると緩くて安定しにくくなります。自分の頭に合わないモノは、集中力低下の原因となる場合もあるため注意が必要です。

快適な運転のためにも、頭にフィットするサイズのシステムヘルメットを装着するのがポイント。メーカーによって、S・M・L・XLなど、幅広いサイズを展開しているモデルもあるので、頭の大きさに合わせてチェックしてみてください。

チンガードの構造をチェック

By: amazon.co.jp

システムヘルメットを選ぶ際は、チンガードの構造もチェックしましょう。システムヘルメットのチンガードは、フリップアップタイプと脱着式のシステムジェットの2種類があります。それぞれ特徴が異なるので、自分のスタイルに合ったタイプを選んでみてください。

フリップアップは、チンガードを上げてフェイスカバーの位置を調節できるのが特徴。高速道路走行時には下げて顔全面を覆ったり、飲み物を飲みたいときには上げた状態にしたりと操作がスムーズに行えます。

システムジェットは、フリップアップと比較して可動域は狭くなるものの、必要に応じて着脱できるのが特徴です。取り外せば軽量化にも繋がり、ツーリングでの負担を抑えたり、街乗りで気軽に使ったりできるのも魅力。お手入れもしやすく、衛生面を保ちやすいのもメリットです。

安全規格をチェック

By: amazon.co.jp

システムヘルメットに限らず、日本国内で販売されるバイク用のヘルメットには「PSCマーク」の貼付けが義務化されています。そのため「消費生活用製品安全法」の安全規格をクリアした製品に付いている「PSCマーク」の有無をチェックして選びましょう。

また、より安全性の高い製品を選ぶ場合には、製品安全協会が定めた基準に適合した「SGマーク」や、産業標準化法に基づいた任意の資格「JISマーク」が付いているかをチェックするのがおすすめです。

通気性をチェック

By: amazon.co.jp

ライディングでの快適性を確保するためには、通気性をチェックしてシステムヘルメットを選びましょう。通気性をチェックする場合には、各所にベンチレーション(通気口)が備わっているかを確認するのがポイントです。

配置されているベンチレーションが通気性を高めるので、内部の蒸れを抑え不快感を軽減。とくに、夏の暑い時期や長距離などでの快適な走行をサポートします。

静音性をチェック

風切り音を抑えて使用したい方は、静音性をチェックして選ぶのがおすすめ。バイクで走行していると、ヘルメット内に響く風切り音が気になり、快適な走行の妨げとなる場合があります。

静音性に優れたシステムヘルメットを選ぶ際には、ノイズアイソレーターの搭載やシールドの密閉性を確認するのがポイント。ノイズアイソレーターや密閉性の高いシールドを備えたタイプは、風切り音などのノイズを軽減します。

インカムやメガネに対応しているかチェック

インカムに対応するモデルは、ツーリングなどでのコミュニケーションツールとして便利です。ヘルメットを装着したままで仲間や同乗者と会話が可能。1人で走行している際には、カーナビの音声を聴き取るのにも重宝します。

また、メガネをかけている方にはスリットが設けられたタイプがおすすめ。メガネのテンプル(つる)への圧迫を防ぎやすいうえ、スムーズにメガネの着脱がしやすいのも魅力です。

価格をチェック

システムヘルメットの価格もチェックのポイント。幅広い価格設定の製品がラインナップされているので、機能面とコストのバランスを考慮したうえで自分に合ったモデルを選びましょう。

コストを抑えたい場合には、1万円程度で展開されているモデルからでも選べます。ただし、安い製品を選ぶ場合には安全性や求めている機能が備わっているかをしっかりと確認しましょう。

また、コストを抑えつつ性能の高さも求める場合には2~3万円台のモデルが適しています。デザイン性や性能の高さにこだわって選びたい方には、5万円以上のハイスペックモデルを選ぶのがおすすめです。

システムヘルメットのおすすめメーカー

ショウエイ(SHOEI)

世界各国のライダーから高い人気と信頼を獲得しているヘルメットメーカー。厳しい安全基準を満たした安全性と優れた機能性を備えたハイスペックなヘルメットを幅広く展開しています。

また、デザイン性の高さも魅力で、ファッショナブルなヘルメットでおしゃれにバイクライフを満喫したい方にもおすすめのメーカーです。ショウエイが展開しているシステムヘルメットは、快適性と機能性の高さに加え、デザインの美しさも兼ね備える「NEOTEC」シリーズが人気を集めています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO)

高品質なヘルメットを手掛け多くのライダーから支持される日本のメーカー「オージーケーカブト」。高性能なうえリーズナブルな製品を豊富に取り揃え、幅広い層の方から親しまれています。

オージーケーカブトのシステムヘルメットは、軽量化による快適性を追求して開発された「RYUKI」シリーズが人気。コストを抑えて優れた性能を備えたシステムヘルメットを求める方におすすめのメーカーです。

システムヘルメットのおすすめ

ショウエイ(SHOEI) NEOTEC II

美しく洗練されたデザインがスタイリッシュなシステムヘルメット。操作性と保持力に優れたロックレバーを搭載しているのが特徴。グローブを着用したままでもスムーズにチンガードの開閉をしやすいのが魅力です。

操気密性の高いシールド設計により、雨や風などの侵入を防ぎやすいのもポイント。極限まで歪みが抑えられているため、鮮明な視界も確保します。

さらに、ノイズアイソレーターとイヤーパッドが搭載され、風切り音などの不快なノイズを軽減できるのも魅力。デザインと性能の高さを追求した、ハイスペックなモデルを愛用したい方におすすめのシステムヘルメットです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) RYUKI

パーツレイアウトと装飾処理の見直しにより軽量化されたシステムヘルメット。首や肩に負担をかけにくいうえ、後方確認などの動作もスムーズに行いやすいのが魅力です。

また、大型化したエア吹き出し面とブレスガードが、換気性能を向上しているうえ、視界の明るさを抑制します。さらに、ロックレバーの操作によってチンガードのオープンができる「チン・オープンシステム」を採用。フリップアップタイプで、チンガードの開閉もスムーズに行えます。

そのほか、遮光に効果的な開閉式のインナーサンシェードや、通気性を高める3ヶ所のベンチレーションを搭載。軽快かつ快適なライディングをサポートするシステムヘルメットとしておすすめのモデルです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) RYUKI ENERGY

スポーティなフォルムと、カモフラージュのカラーがスタイリッシュなシステムヘルメット。インカムの取り付けに対応したスペースも設けられており、コミュニケーションを取りながらツーリングを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

また、素材に高性能サーモプラスチックを採用しており、耐衝撃性に優れているのも特徴。「SG規格」をクリアした製品で、安全性に配慮されているのもポイントです。

さらに、紫外線と赤外線をカットすると謳われているシールドを搭載しており、日除け対策も可能。そのほか、内装は取り外して丸洗いできるので、お手入れも簡単に行えます。

ネオライダース(NEORIDERS) ULTIMATE Wシールド フリップアップ フルフェイス ヘルメット FX8

ダブルバイザータイプのシステムヘルメット。インナーシールドには、UVカット・ハードコート加工が施されています。内装にはスリットが設けられているので、メガネをかけていても装着しやすく、着脱もスムーズに行えるのが魅力です。

重量が約1.7kgと軽量のため、長距離走行時にも負担が少なく、頭部を動かしやすいのも特徴。チンガードはボタンの操作でオープンにできる構造なので、状況に応じて簡単に位置調節が可能です。また、内装が取り外せるため、お手入れも簡単に行えます。

さらに「PSCマーク」と「SGマーク」が付いており、安全性に配慮されているのもポイントです。

リード工業(LEAD) REIZEN モジュラーヘルメット

走行時の空気抵抗を抑えるエアロダイナミクス設計を採用したシステムヘルメット。安定性を高め、スムーズな走行をアシストします。フロントベンチレーションやリアダクトにより、通気性を確保し快適さを保ちやすいのも特徴です。

また、チンガードの内側に設けられたリリーススイッチの操作で、片手でも簡単に開閉できます。インナーシールドも備わっているので、チンガードをオープンにして走行する際にも便利です。

「PSC」と「SG」の安全規格もクリアしており、利便性や快適性に加え、安全性に配慮されている点も魅力。重量も約1.7kgと軽量で、負担を極力抑えて使いたい方にもおすすめのシステムヘルメットです。

ノーラン(NOLAN) システムヘルメット N40-5GT

状況に応じてチンガードやバイザーが着脱できるシステムジェットタイプ。チンガードを取り外せば軽量化でき、手軽に使いやすいのが魅力です。

内装は取り外し可能で、お手入れもしやすいため、衛生面に配慮して使用できます。また、シェルの素材には、高強度のポリカーボネートを採用。耐衝撃性に優れ、頭部の保護性を高めています。

「SG規格」をクリアしているのもポイント。スタイルに合わせてオンロードやオフロードでも使える、クロスオーバーモデルとしておすすめのシステムヘルメットです。

ヤマハ(YAMAHA) YJ-21 ZENITH

シールドベースの周辺がフラットに設計されたシステムヘルメット。スッキリとしたスマートなフォルムがスタイリッシュで、デザイン性に優れているのが魅力のモデルです。空気抵抗を軽減するエアロダイナミクス機能の向上にも貢献しています。

また、大型のマウスベンチレーションを配置することで、通気性を確保し、より快適な走行をサポートします。そのほか、内装に採用された「SUPERCOOL」により、吸汗速乾性が高いのもポイントです。

シェルには耐衝撃性に優れたポリカーボネート複合素材を採用。「JIS2種」や「SG規格」もクリアしているおすすめのシステムヘルメットです。

スピードピット(SPEEDPIT) システムヘルメット PT-2

マットな質感と、シンプルなデザインがスタイリッシュなシステムヘルメット。UVカット加工が施されたシールドを搭載し、ライディング時の紫外線対策にも有効なモデルです。

開閉式のインナーシールドが内蔵されているので、時間帯や状況に応じて使い分けができます。また、内装は取り外せる仕様で、お手入れがしやすく衛生的な状態を保って使いやすいのもポイントです。

リーズナブルでおしゃれなシステムヘルメットを求める方はチェックしてみてください。

エルエスツー(LS2) VALIANT

チンバーが後頭部まで、180°可動するシステムヘルメット。シーンに応じて使い分けができます。インナーバイザーも搭載されているため、フルフェイスとしてはもちろんジェットヘルメットとして使う場合にも便利です。

また、シェルには耐衝撃性と柔軟性に優れる「KPA」素材を採用。「SG規格」をクリアし、安全性に配慮されているのも魅力です。内装は取り外し可能。お手入れがしやすいので、衛生的に使用したい方にも適しています。

さらに、94%UVカットのシールドが備わっているため、日除け対策にも有効。歪みを抑えたシールドにより、明瞭で広い視界を確保して走行しやすいのもおすすめのポイントです。

エルエスツー(LS2) VORTEX

多層構造のカーボンファイバーシェルを採用したシステムヘルメット。軽量なうえ丈夫なシェルにより、負担が少なく耐衝撃性に優れているのが特徴のモデルです。「SG規格」をクリアしており、安全性にも配慮されています。

また、内装には吸湿性が高く低刺激な生地を採用。不快感が少なく快適にライディングできるのもポイントです。

内装パーツは取り外して洗濯ができるので、お手入れもしやすく便利。衛生面にこだわって使用したい方にもおすすめのシステムヘルメットです。

エージーブイ(AGV) SPORTMODULAR AGV JIST SOLID – GLOSSY CARBON

シェルの素材にカーボンファイバーを100%採用したシステムヘルメット。カーボン特有の美しい模様や、高級感のある艶やかな質感がおしゃれなモデルです。日本人の頭に合いやすい形状に設計されており、多くの方に心地よくフィットしやすく、快適なライディングをサポートします。

また、通気性に優れている「RITMOファブリック」と、肌触りのよい「SHALIMARファブリック」を頭頂部のパッドに採用。取り外し可能なため、お手入れも簡単に行えます。衛生的な状態を保ちやすいのもポイントです。

さらに、前頭部や後頭部などに配置されたベンチレーションにより、通気性を高めます。ライディングでの快適さにこだわる方におすすめのシステムヘルメットです。

SOMAN システムヘルメット SM955

高密度なABS樹脂製を採用し、耐久性や耐衝撃性に優れているシステムヘルメット。国際CE安全認証やECE22.05安全規格を満たし、安全性に配慮されているのが特徴です。軽量で負担を抑えやすく、頭部のスムーズな動作もサポートします。

また、フロントや頭頂部など各所にベンチレーションが配置され、走行時の通気性も良好です。内装パーツは取り外し可能なので、お手入れの際も便利。臭いの発生を防ぎ、衛生的に使いやすい構造です。

比較的リーズナブルな価格のため、コストを抑えて購入したい方もチェックしてみてください。

システムヘルメットのAmazonランキングをチェック

システムヘルメットのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。