山道などの荒れた道を走行するのに必要な「オフロードヘルメット」。オンロードヘルメットとは違い、オフロードを安全に走行するために特化した設計が特徴です。

しかし、ショウエイ・アライなどさまざまなメーカーから製品が販売されているので、購入の際は迷ってしまう場合も。そこで今回は、オフロードヘルメットの選び方とおすすめ製品のご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

オフロードヘルメットとは?

By: amazon.co.jp

オフロードヘルメットとは、走行時に息苦しさを感じないように口元が伸びた形状を採用したバイク用ヘルメット。荒れた道のバイク走行は運動量が多く、オンロードヘルメットだと息苦しさを感じる場合があります。オフロードを快適に走行するために開発されたのがオフロードヘルメットです。

また、前方を走る車両から飛んでくる泥や砂埃などから、目を守るための長く伸びたバイザーを備えているのもポイント。オンロード・オフロード両方で使えるバイザーが短めに設計された、デュアルパーパスヘルメットも販売されています。

オフロードヘルメットの選び方

用途に合わせてタイプをチェック

オフロードに適したシールドなしタイプでゴーグルを着けよう

By: amazon.co.jp

オフロードの走行を本格的に楽しむなら、シールドのないヘルメットにゴーグルを装着するのがおすすめです。オフロードの走行は、息が荒くなるほど激しいもの。呼吸によりシールドが曇ってしまい視界が悪くなる場合があります。

シールドなしタイプなら、別途自分に合ったゴーグルを装着することで通気性を確保可能です。また、曇りにくいため視界も良好で快適なライディングを楽しめます。

街乗りするならシールドありタイプ

By: rakuten.co.jp

通勤通学や街乗りなど、普段乗りに使用したい場合はシールド付きのヘルメットがおすすめです。ゴーグルが不要で、メガネやサングラスを付けたままでも着用できるのが魅力。雨や風など飛来物から顔を守るため、快適に走行できます。

ゴーグルと併用するタイプのヘルメットに比べて、空気がこもりやすいため、ベンチレーション機能を搭載したアイテムがおすすめ。ヘルメット内部の空気や湿気を逃し、快適な走行を楽しめます。

帽体のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

激しさを伴うオフロードの走行は、しっかりと自分の頭に合ったサイズのオフロードヘルメットを選ぶのが重要。サイズが大きすぎると、衝撃などでヘルメットが外れてしまえ場合もあり、十分に性能を発揮できません。

小さすぎるのモノだと着用できたとしても息苦しさを感じたり、首や頭部へ負担がかかったりします。快適に走行を楽しむためにも、自分の頭にしっかりフィットするオフロードヘルメットを選びましょう。

軽量なモデルをチェック

オフロードヘルメットは首に負担のかからない、軽量のモノがおすすめです。オフロードで使用するヘルメットは、荒れた道での安全性を高めるため、大きく重くなりがち。重いヘルメットを長時間付けていると、首や体へ負担がかかり、快適に走行を楽しめません。

負担のかからないように軽量化されたオフロードヘルメットを選ぶことがポイント。オフロードヘルメットは、1kg〜3kg程度の重さで展開されています。軽量性を重視する場合は、2kg以下を目安に選ぶのがおすすめです。

規格や認定マークをチェック

By: amazon.co.jp

オフロードヘルメットを選ぶ際は、安全性を確認するのもポイントです。安全性を確認するのに目安になるのが、規格や認定マーク。いくつか種類があるため、しっかり確認したうえで購入しましょう。

国内規格の「SG」や「JIS」、消費者保護のための「PSC」、海外規格の「SNELL」「DOT」「ECE」など、公道で使用できる基準を満たしたマークが付いているモノがおすすめです。

また、日本モーターサイクルスポーツが主催するレースに出場するには「MFJ」認定マークがついたヘルメットを選びましょう。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

オフロードヘルメットは手入れのしやすいモノがおすすめ。悪路の走行で跳ねた泥などにより外側が汚れやすいので洗いやすさもチェックしてみてください。

また、ヘルメットをきれいに保つには、激しい走行でかいた汗により汚れた内装の手入れも必要。吸汗速乾機能がある素材のモノや、内装が取り外せるタイプのモノがおすすめです。

かっこいいモデルがほしいならデザインも忘れずに

By: amazon.co.jp

機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい場合はデザインをチェック。気兼ねなく着用できる、シンプルなデザインのオフロードヘルメットや、カラフルで目を惹く個性的なデザインのモノなど、さまざまなオフロードヘルメットがメーカーから販売されています。

自分の気に入ったデザインのヘルメットを選ぶことで、よりライディングを楽しめるのもポイント。サイズを考慮しながら選んでみてください。

オフロードヘルメットのおすすめメーカー

ショウエイ(SHOEI)

By: amazon.co.jp

「ショウエイ」は、バイク用ヘルメットを取り扱う日本のメーカーです。日本だけでなく、欧州・北南米・オセアニア・アジアなど世界60カ国以上でシェアを獲得しています。

安全性・快適性・ファッション性に加えて、ユーザーからのニーズに応え続けることで多くのユーザーから愛用されています。ショウエイの高い技術力で開発されたクオリティの高いオフロードヘルメットは、初心者から上級者までおすすめです。

フォックスレーシング(FOX RACING)

By: .amazon.co.jp

キツネのマークが印象的なメーカー「フォックスレーシング」。回転衝撃から脳組織を保護するMIPSを搭載し安全性に優れたヘルメットを展開しています。ヘルメットの各所にエアーダクトを設けた通気性にも優れているのが特徴です。

オフロードヘルメットのほか、モトクロス用のジャージやグローブ・ブーツ・ゴーグルなど幅広く販売。トータルコーディネートもできるメーカーです。

アライ(ARAI)

By: amazon.co.jp

プロテクションの進化を追求し続ける「アライ」。さまざまな厳しい要件をクリアしなければ取得できないスネル規格を、ほぼ全てのモデルでクリアしています。ライダーの安全を護るためにこだわりを持ってオフロードヘルメットの開発をするメーカーです。

衝撃はできる限りかわすという考えを基本とし、曲率半径75mm以上の連続した凸曲面で構成された「R75 SHAPE」を全てのモデルで採用。安全性にこだわったオフロードヘルメットを展開しているため、安全性重視の方にもおすすめです。

オフロードヘルメットのおすすめ

ショウエイ(SHOEI) フルフェイスヘルメット オフロード ホーネット

デザイン性、性能ともにハイクオリティのオフロードヘルメットです。後頭部のスポイラー形状と、ウェッジシェイプタイプのV-460バイザーの空力性能を向上。走行風を後方にうまく逃し、走行時の疲労を軽減する効果が期待できます。

また、バイザー中央と前頭部にはベンチレーションシステムを搭載。走行時、空気を効率的にヘルメット内部に取り込みライディングを快適にします。

フォックスレーシング(FOX RACING) 2019 V1 MOTIF HELMET


大人が使用するオフロードヘルメットの機能はそのままに、子供の骨格に合わせて設計されたモデルです。SG規格適合で、MFJ公認レースでも使用可能。しっかりした子供用のオフロードヘルメットを探している方におすすめです。

また、万が一の際にマグネット着脱式バイザーが外れて衝撃を軽減するMVRSを搭載。ケガの予防が期待できます。ほかにも、9つの吸気口と4つの排気口をそれぞれ備えており、ヘルメット内部の熱気を上手に逃しライディングを快適にします。

内部のコンフォートライナー・チークパッドは取り外し可能。洗濯できるので清潔に保てます。

アライ(ARAI) オフロード V-CROSS4


ライダーの集中力を妨げない機能を追求した本格的オフロードヘルメットです。アイポート側部にゴーグルを固定するためのゴーグルロケーターを搭載。ゴーグルとヘルメットが密着しないように隙間をつくり通気性を確保しています。

飛来物から頭を保護するバイザーは、サイドに角度をつけた形状で泥はけも良好。また、シェルの外側に配置されたマウスカバーは、万が一の際に外れる構造です。

さらに、内装はすべて取り外し可能。お手入れも気軽にできるので、清潔に保ちたい方にも適しています。

RS TAICHI オフロードヘルメット CS-MXⅡソリッド HJH102


快適にライディングを楽しめるオフロードヘルメット。ヘルメットの頭頂部には走行時の風を後頭部へ流し、ヘルメット内の熱気を効率よく排出するのが特徴です。口元はエアインテークから走行風を取り込むため、息苦しさを軽減する効果が期待できます。

バイザーは3カ所に設置されたスクリューで角度の調節が可能。シーンに応じて、泥や小石などの飛来物から目を保護可能です。また、ヘルメットのサイドから後頭部にかけて施されたリブ形状は、ゴーグルのバンドがずれるのを予防します。

帝都産業(THH) インナーサンバイザー オフロードヘルメット TX-27


PSC・SG規格に認証されたオフロードヘルメットです。バイザーは着脱可能で、取り外すと見た目のイメージがガラッと変わります。また、サングラスいらずのインナーバイザーを搭載。日光から目を守り、安心・快適にツーリングを楽しめるのが魅力です。

走行風を取り込み、ヘルメット内部の空気を循環させて不快感を軽減するマウスシャッターとベンチレーションを搭載。また、チンカーテンは標準装備されているので冬でも隙間風を予防し、寒い中のライディングも快適にします。

ホンダ(Honda) Honda × Arai TOUR CROSS 3 0SHGKRT1A


グラフィックデザイナーのアルド・デュルディー氏によってデザインされた、ホンダとアライのコラボモデルです。日本の国家規格のJISと、安全基準に適合したスネルを獲得しているオフロードヘルメット。TXピンロックブローシールドを標準装備し、シールドの曇りを軽減する効果が期待できるのがポイントです。

また、FCSシステムを搭載。顎全体を包み込むフィット感でかぶり心地の良さも魅力です。カラーはブラックとレッドの2色を展開。かっこいいデザインのオフロードヘルメットを求める方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) オフロードヘルメット YX-6 ZENITH


シンプルかつスマートなデザインのオフロードヘルメット。内装の生地には、速乾性や抗菌性に優れたSUPERCOOLを採用しているので、内部が蒸れやすい時季にも快適に使えるのが魅力です。

また、大型ベンチレーションシステムを搭載しているので通気性も良好。長時間走行の疲れを考慮した低重心設計が、オフロードでのライディングをサポートします。

特に本製品の魅力は、着脱可能なバイザーとシールドにゴーグルを組み合わせることで、バイクに合わせて5通りのスタイルを選べる5Wayシステム。持っているバイクに合わせて見た目を変えて楽しみたい方におすすめです。

オニール(Oneal) Sierra Flat V.22 モトクロスヘルメット


ドロップダウン式のサンバイザー内蔵したシールド付きのオフロードヘルメットです。ヘルメットシールドは高さの調節が可能。ヘルメットの安全規格のDOTとECEの基準をクリアしており、安全性にも優れているのが魅力です。

本体はクールでかっこいい印象のマットな仕上げ。機能面はもちろんのこと、デザイン性も重視する方におすすめのオフロードヘルメットです。

ジーロット(ZEALOT) MadJumperⅡ マッドジャンパー2 CARBON HYBRID STD MJC0011/S


安全規格のSG・MFJを取得しているオフロードヘルメットです。帽体にはカーボンとFPRのハイブリッド製法を採用。リブ加工を細部に施されており、万が一の転倒時にも強度を発揮する安全性が魅力です。

内装のセンターパッド・チークパッド・ベルトサポートは着脱可能。ツーリングからレースまで幅広く対応できるので、初心者にも上級者にもおすすめのオフロードヘルメットです。

ハンドルキング(HANDLE KING) フルフェイスヘルメット ダブルバイザー NEO VINTAGE SERIES VT-5X


シンプルなデザインとフォルムでレトロ感のあるオフロードヘルメットです。70〜80年代の感じを、ライダーたちに蘇らせることをコンセプトにしています。絶版車やアメリカンなど、車種やスタイルを選ばず使いやすいのが魅力です。

日本工業規格が定めた安全基準のSG・PSC規格を取得。開閉可能なクリアシールドとインナースモークを標準装備しているのもポイントです。また、内装のセンターパッドや、イヤーパッドは着脱可能。水洗いで洗濯できるので清潔に保ちやすいのも魅力です。

オフロードヘルメットの売れ筋ランキングをチェック

オフロードヘルメットのランキングをチェックしたい方はこちら。