かつてドライブ中にお気に入りの音楽を聴く際はCDが主流でしたが、最近はBluetooth対応の「カーオーディオ」が普及。スマホやタブレットに集約している曲データをワイヤレスで接続することで、車内でのサウンド環境をより快適にできます。

そこで今回は、おすすめのBluetooth対応カーオーディオをピックアップ。おすすめメーカーや選び方もご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

カーオーディオの選び方

サイズをチェック

低価格でコンパクトな「1DIN」

By: jpn.pioneer

「DIN」とはドイツが制定した工業規格で、一部の車種を除いて多くの車で採用されています。通常、ダッシュボード内には2DINのスペースが設けられており、半分を使用して取り付けるのが「1DIN」タイプです。大きなディスプレイを搭載しておらず、CD・ラジオ・アンプなどを内蔵しています。

幅178×高さ50mmのコンパクトサイズで機能のシンプルなモデルが主流。比較的リーズナブルなモデルが多いのも魅力です。ダッシュボードの空いたスペースに、別のオーディオ機器を取り付けたい場合にも適しています。スマホをモニターとして利用できるモデルもあるので、チェックしてみてください。

モニター付きで映像も楽しめる「2DIN」

By: amazon.co.jp

ダッシュボード内にぴったり収まるのが「2DIN」のカーオーディオ。幅178×高さ100mmと、高さが1DINの倍のサイズで大画面ディスプレイを備えています。大きな文字で見やすく、タッチパネル式で操作も簡単。1DINタイプより多機能なモデルが販売されています。

モデルによってはCD・ラジオ・アンプにくわえて、DVDを再生できるのも魅力。大画面ディスプレイで迫力のある映像を楽しめ、子供と一緒の長距離ドライブでも役立ちます。スマホの地図アプリを活用して、カーナビ代わりに使えるモデルも便利です。

対応メディアをチェック

Bluetooth

By: amazon.co.jp

スマホやタブレットなどから音楽を流したい場合には、Bluetoothに対応したカーオーディオがおすすめ。Bluetoothは近距離無線通信規格の1つで、約10m以内の距離にある対応機器同士を接続して音声やデータをやり取りできるのが特徴です。

Bluetooth対応のカーオーディオを選ぶ際には、バージョンの確認も重要。バージョンは通信範囲や転送速度によって異なり、数字が大きいほど高い性能を備えています。

カーオーディオにおける主流は4.0以上のモデル。しかし、なかには2.0や3.0のバージョンを採用しているモデルもあります。バージョンが異なるBluetooth間では接続ができない場合もあるため、接続したい機器のBluetoothがどのバージョンを採用しているか確認してから選ぶようにしましょう。

SD/USB

SDカードやUSBメモリはコンパクトで持ち運びやすいのが特徴。容量と価格帯が比例するので汎用性が高いのもポイントです。なお、基本的には圧縮音源を利用するため、再生可能なフォーマットはしっかりとチェックしておきましょう。

CD

CDプレーヤーを選ぶときは、再生できるCDの種類を確認しておくのが基本。音楽CDだけでなく、CD-RやCD-RWなどに対応しているモデルなら、パソコンで作成したオリジナルの音源を再生できます。また、SDカードやUSBメモリと同様に、圧縮フォーマットへの対応状況もチェックしておきましょう。

AUX

By: amazon.co.jp

ステレオミニケーブルを接続する端子がAUXです。Bluetoothに対応していないオーディオ機器や携帯音楽プレーヤーを接続して、カースピーカーで再生できます。有線接続で音の劣化が少なく、高音質なのが特徴。ワイヤレス接続と異なり、音飛びや音切れなどのトラブルも軽減できます。ケーブルで接続するだけと、複雑な設定や手間もありません。

音質を重視するなら「ハイレゾ対応モデル」

By: jpn.pioneer

音質を重視するのなら、ハイレゾ対応のカーオーディオがおすすめ。CDの音質を約3倍上回る、高音質サウンドを楽しめます。ハイレゾ音源対応フォーマットのWAVやFLACファイルに対応しているかをチェック。ハイレゾ音源を収録できるUSBメモリやポータブルHDDを接続する、USBポートを備えているかも確認してみてください。

Bluetooth接続でハイレゾ音源を再生したい場合は、高音質コーデック「LDAC」に対応しているかに注目。ソニーがBluetooth接続用に開発した音声圧縮コーデックで、ハイレゾ音源の高音質なワイヤレス再生が可能です。

カーオーディオのおすすめメーカー

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは、アンプやスピーカーなどで評価が高い老舗のオーディオメーカー。カーオーディオ分野においては「カロッツェリア」ブランドを展開しており、人気があります。

製品ラインナップはリーズナブルなモノからハイエンドモデルまで、バランスよく取り揃えているのもポイント。なお、会社としては2015年に国内オーディオメーカーの「オンキヨー」が吸収。双方のブランドは維持したまま、製品を展開しています。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドはカーオーディオ分野で人気の高いメーカー。1DIN、2DINタイプともにラインナップが豊富で、カーナビも数多く展開しています。

高音質なのはもちろん、操作性に優れているのもポイント。特にBluetooth接続対応でハンズフリー通話機能が搭載したモデルは使い勝手良好です。

カーオーディオのおすすめモデル|1DIN

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DMH-SF700

ディスプレイにフローティング構造を採用しているBluetooth対応カーオーディオです。1DINタイプながら、9インチの大画面を実現。操作性に優れているほか、大迫力の映像を楽しめるおすすめモデルです。DVDやCDプレーヤーを内蔵しておらず、すべてスマホとの連携で機能します。

スマホ内の音楽ファイル再生はもちろん、Wi-FiテザリングでWebブラウザとのワイヤレス接続も可能。ケーブルを使用しなくても、お気に入りのサイトを閲覧できます。スマホの地図アプリを大画面に映し出し、カーナビとして使えるのも便利です。

AIアシスタント「Amazon Alexa」に対応しているのも魅力。音声入力でさまざまな操作を可能にします。高音質コーデックLDACにより、ハイレゾ音源の再生にも対応。原音に忠実な高音質サウンドを楽しめます。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア MVH-7500SC

iPhoneやAndroidスマホとワイヤレス接続できる、Bluetooth対応カーオーディオです。クレイドルを内蔵し、スマホをモニターとして利用できるのが特徴。クレイドルは角度を調節できるほか、フロントパネルを取り外せば収納もできます。

スマホに収録している音楽の再生やハンズフリー通話にくわえて、カーナビとしても活躍。使い慣れているスマホを存分に活用したい方におすすめのモデルです。高性能DSPを搭載している点にも注目。明確な音像定位を設定できる「タイムアライメント」や、好みの音質に調節できる「13バンドグラフィックイコライザー」を搭載しています。

音量バランス調節やラウドネスの音質調節など、各操作をスマホの画面上で簡単にできるのが便利。USBポートを備えており、WAV・WMA・FLACなど高音質フォーマットに対応可能です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DEH-6600

スマホとカーオーディオがリンクする「スマートフォンリンク」機能搭載のBluetooth対応カーオーディオ。スマホにインストールしているカーナビアプリや音楽アプリを、Bluetooth接続でワイヤレス再生できます。CDプレーヤーにくわえて、USBポートも搭載。さまざまな音楽フォーマットに対応可能です。

音声入力によって曲の選択や目的地設定も可能。ハンズフリー通話できるほか、メッセージの読み上げもカースピーカーで再生できます。高性能DSPにより、音質を自分好みにカスタマイズできるのも魅力。まるで目の前で演奏しているような音像定位を実現する「タイムアライメント」や、「13バンドグラフィックイコライザー」を搭載しています。

ネットワークモードに切り替えれば「マルチアンプ・マルチスピーカー+サブウーファーシステム」に対応。本格的なカーオーディオシステムを構築できる1台です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DEH-970

理想的な高音質を追求した、ハイグレードなBluetooth対応カーオーディオです。正確なクロック波形を生成する「サウンドマスタークロック」をはじめ、ハイエンドオーディオで採用されている高品質パーツをふんだんに使用しています。

独自の音質補正技術「アドバンスド・サウンドレトリバー」により、MP3など圧縮音源をCD並みの高音質で再生可能。スマホに保存しているお気に入りの曲を高音質サウンドで楽しみたい方におすすめのモデルです。

車に合わせて音場を調節する「オートタイムアライメント」を採用。車内のさまざまな要因による、音響特性の乱れを自動調節します。USBポートを2つ設けており、iPhoneとiPadを同時接続できるのも便利。再生しながらの充電も可能です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DEH-7100

操作しやすさを追求して開発されたカーオーディオです。検索機能「ミュージックブラウザ」を活用すれば、接続したデバイスに対応して楽曲を自動的にリスト化。日本語表示で楽曲の検索もスムーズで、機器の操作が苦手な方でも聴きたい曲を簡単に探しやすいおすすめモデルです。

Bluetooth接続に対応し、スマホや携帯音楽プレーヤーとワイヤレス接続可能。保存しているお気に入りの曲を面倒なセッティングなしで再生できます。ハンズフリー通話にも対応しており、イヤホンを装着したり2台の携帯電話を使い分けたりする必要もなく便利です。

CDやCD-R/RWをはじめ、さまざまなメディアやフォーマットに対応している点にも注目。iPhoneやiPodはもちろん、Androidスマホも接続できます。USB入力端子を備えているほか、AUX入力端子も搭載。有線タイプの機器を接続したい場合に役立ちます。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DEH-4600

フロント部にUSB入力端子を備えているカーオーディオです。iPhoneやiPod、Androidスマホと有線接続が可能。有線接続ならではの、音質のよさにこだわりたい方におすすめのモデルです。接続中はデバイスに給電できるため、充電切れを気にせず安心して音楽再生を楽しめます。

周波数ごとにレベルを調節できる、5バンドグラフィックイコライザーを搭載しているのもポイント。車室内の状況や好みに合わせて音質を補正したい場合に役立ちます。AUX入力端子を備えており、ミニジャックケーブルで外部オーディオ機器との接続も可能です。

スマホにカーオーディオの情報を映し出せる「マルチディスプレイモード」を搭載。専用アプリをインストールするだけで、楽曲情報やジャケット写真などをスマホ画面に表示します。スマホからの詳細な設定や選曲操作ができるのも便利です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア DEH-380

WMA・MP3・WAVのフォーマットに対応しているカーオーディオです。パソコンに保存している楽曲をCD-R/RWに保存して再生可能。CDプレーヤーを中心に、お気に入りの曲をドライブ中に楽しみたい方におすすめのモデルです。

買い求めやすい手頃な価格設定ながら、ロータリーボリュームや操作キーなどパーツの細部にまでこだわって設計されたデザインも魅力。フロント部にはAUX入力端子を備えており、携帯音楽プレーヤーと有線接続できます。

独自のアルゴリズムで圧縮オーディオをCD並の音質で再生する「アドバンス・サウンドレトリバー」にも注目。圧縮時に音質を損なわず、高音質なサウンドを楽しめます。音質を細かく調節できる5バンドグラフィックイコライザーにより、車室空間や好みに合わせて設定可能です。

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetoothカーオーディオ U381BT

CDプレーヤーを内蔵したBluetooth対応カーオーディオです。高音質コーデックAACに対応。iPhoneやAndroidスマホ内に収録している音楽をワイヤレスで転送できます。オーディオ本体で楽曲の再生・一時停止などを操作ができる、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

従来のハンズフリープロファイルより、広帯域の音声通話を可能にした「HFP ver1.7.1」対応のハンズフリーマイクを搭載。話し相手の声がクリアに聞こえる、高音質ハンズフリー通話を実現しています。本体左上部に搭載した「ハンズフリーボタン」により、音楽再生中でも着信通話が可能です。

Amazon Alexaを搭載しているのも注目ポイント。本体に備えたボタンを押して話しかけるだけで、音楽を流したりニュースを聞いたりできて便利です。

アルパイン(Alpine) 9型フローティングビッグDA ディスプレイオーディオ DAF9

フローティング構造の9インチ大画面ディスプレイを搭載したBluetooth対応カーオーディオ。1DINスペースにセットでき、幅広い車種に対応。角度を-20~45°の範囲で調節できるのも魅力です。

iPhoneとAndroidそれぞれに対応したカーアプリを活用して、さまざまな連携操作が可能。地図アプリをカーナビ代わりとして使えるほか、目的地設定の音声入力にも対応しています。シルバーベゼル採用のスタイリッシュな外観も魅力です。

グラフィックイコライザーやクロスオーバー、タイムコレクション対応など音響チューニング機能も充実。ワイヤレスでも高音質を実現するFLACフォーマットにも対応しています。

TOWOTO Bluetoothカーオーディオ

レトロなデザインが印象的なBluetooth対応カーオーディオです。Bluetooth接続でスマホに保存している音楽ファイルをワイヤレス再生できるほか、AUX端子での有線接続も可能。ワイヤレス再生時の音切れや、音質の劣化が気になる場合におすすめのモデルです。

買い求めやすい低価格も魅力。仕事用の作業車や営業車にカーオーディオを搭載していない場合にも適しています。マイク内蔵でハンズフリー通話も可能です。USBポートとSDカードスロットを搭載し、WAVやFLACなどさまざまな音楽ファイルを再生できるのもポイント。FMラジオには18の放送局をプリセットできます。

マックスウィン(Maxwin) Bluetoothカーオーディオ

本体にスピーカーを内蔵しているBluetooth対応カーオーディオです。スピーカーを搭載していない車種や旧車におすすめ。スピーカー出力端子を備えているため、最大7台のカースピーカーとも接続可能です。Bluetooth接続により、スマホに保存している音楽ファイルを再生できます。

SDカードスロットとUSBポートを備えているほか、AUX入力も設けてさまざまな機器に対応。USBポートはスマホの充電にも活用できます。CLASSIC・POP・ROCK・JAZZの4つのイコライザーモードで音質をカスタマイズできるのも魅力。小音量時に高音・低音を補うラウドネス機能も搭載しています。

カーオーディオのおすすめモデル|2DIN

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア FH-8500DVS

さまざまなメディアやフォーマットに対応しているBluetooth対応カーオーディオです。CD・DVDプレーヤーを搭載し、DVD-R/RWの再生も可能。自宅で録画した番組を視聴できるため、ロングドライブの休憩中にまとめて見たい方におすすめです。

USBポートを備え、USBデバイスやポータブルHDDの接続も可能。iPhoneでは音楽再生アプリの再生も「Appソース」として認識し、簡単にソース切り替えできます。リアAUX入力端子とAV入力端子を設けており、さまざまな外部機器の接続に対応可能です。

FLACフォーマットに対応し、ハイレゾ音源の再生を楽しめるのも魅力。フルHD動画の再生もできるなど、高音質・高画質にこだわりたい方にも適しています。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア FH-4600

スマホとカーオーディオがリンクする「スマートフォンリンク」機能搭載のBluetooth対応カーオーディオ。専用アプリ「Pioneer Smart Sync」をインストールすれば、ユニット側からスマホの操作が可能です。ペアリングもアプリ画面の手順に従うだけと、簡単に設定できます。

大きく操作しやすい「ハードキー」により、アプリをダイレクトに起動。メッセージを読み上げるロータリーキーをはじめ、ナビキーや電話キーを操作しやすい位置に配置しており、使いやすさを重視して設計されているおすすめモデルです。

スマホのジャイロセンサーを活用し、衝突を検知したら自動で通報する「衝突検知機能」にも注目。衝突を検知して一定時間操作がない場合、登録した電話番号へメッセージを送信します。高音質DSP内蔵で自分好みに音質をカスタマイズできるのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア FH-6500DVD

CD・DVDプレーヤーを搭載しているBluetooth対応カーオーディオです。USBポートやAUX端子も備え、さまざまな機器の接続に対応。ポータブルHDDに収録したフルHD画像も再生できます。Bluetooth接続により、スマホ内に保存した音楽のワイヤレス再生も可能です。

6.8インチ液晶ディスプレイを採用し、タッチ・スライド・フリック操作が可能。使い慣れたスマホと同じような直感的な操作が可能なおすすめモデルです。メニューや設定画面も日本語でわかりやすく表示します。

カーオーディオ専門ブランド「カロッツェリア」ならではの高品質パーツを採用している点にも注目。徹底的なチューニングを施しており、高音質にこだわりたい方も満足できる仕様です。

パイオニア(Pioneer) カーオーディオ カロッツェリア FH-3100

2DINサイズならではの存在感が印象的なカーオーディオです。大型のボリュームノブと操作キーをセンターに配置し、スムーズな操作性を実現。パーツの形状にもこだわっており、細部にまで丁寧に作り込まれたデザインと質感が魅力のおすすめモデルです。

専用パネルが付属しており、200mmワイド車にもすっきりと取り付け可能。広視野角と低残存感を実現したディスプレイにより、曲名やソースを確認しやすくなっています。CDやCD-R/RWの再生のほか、フロントUSB端子搭載でスマホも接続可能。さまざまなデバイスやフォーマットに対応しています。

5バンドグラフィックイコライザー搭載で、好みに合わせて音質を調節できるのもポイント。同社のパワーアンプやサブウーファーを追加して、カスタマイズできる点にも注目です。

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetoothレシーバー DDX4190BT

6.2インチワイドTFT液晶ディスプレイ搭載のBluetooth対応カーオーディオです。鮮やかでメリハリのある高画質を実現する「クリア抵抗膜パネル」を採用。高輝度ホワイトLEDバックライトとの組み合わせによって、視認性に優れた画面表示を可能にします。

高音質コーデック「AAC」対応で、スマホに保存した音楽をワイヤレス再生可能。ユニット側で再生や一時停止を操作できるのも便利です。高音質ハンズフリーマイクが付属しており、クリアな音声通話が可能。AM番組をFM放送で聴けるワイドFMにも対応しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) 2DINカーオーディオ DPX-U750BT

Amazon Alexa搭載のBluetooth対応カーオーディオです。ヘッドユニットに話しかけるだけで音楽を流したりニュースを聞いたり、天気予報を確認したりできて便利。手が離せない運転中に快適なドライブをサポートする、おすすめモデルです。

高音質コーデックAACに対応し、iPhoneやAndroidスマホに収録した音楽ファイルをワイヤレス再生可能。ヘッドユニット側からも再生や一時停止の操作ができるなど、使い勝手にも優れています。高音質マイクが付属しており、クリアな音声でハンズフリー通話できるのも魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetoothレシーバー DDX5020S

iPhoneやAndroidスマホのアプリに対応したBluetooth対応カーオーディオ。地図アプリを活用してナビとして使用できるほか、音声認識機能で通話や音楽再生できるなど、快適な使い心地を実現しています。

高精細WVGA液晶パネルと高輝度ホワイトLEDバックライトの組み合わせにより、鮮やか映像を再現。静電容量式タッチパネルとスマートフラットキーの採用で、軽快な操作を実現しています。CDとDVDの再生にくわえてUSBメモリも接続できるなど、さまざまなコンテンツを車内で楽しめるのも魅力の1台です。

JVCケンウッド(KENWOOD) カーオーディオ DPX-U530

CDをはじめ、USBメモリに保存した音楽ファイルや携帯音楽プレーヤー内の曲を再生できるカーオーディオです。iPhoneやiPodを一発で呼び出せるiPodキーを搭載。すばやくiPodソースの切り替えができるなど、iPhone・iPodユーザーにおすすめのモデルです。

フロント部に備えたUSB端子とAUX端子には、ホコリの侵入を防ぐスライドカバーを搭載。イルミネーション付きで、夜間に端子の位置を確認しやすいので便利です。また、Androidスマホなど、マスストレージ接続できない端末を接続できるAndroid用アプリ「KENWOOD Music Play」に対応しています。

青木製作所 スマホランチャー AMEX-SL01

Android 10を搭載したディスプレイ付きのカーオーディオ。AndroidスマホとBluetoothで連携することにより、スマホ内の音楽や、YouTubeなどの動画を再生できるのが特徴です。本体にもメモリを内蔵しており、Google Playストアからアプリをダウンロードして使うこともできます。

オーディオイコライザで自分好みのサウンド環境を実現できるのが魅力。8種類のプリセットパターンから選択できるだけでなく、スライダーを好みの位置に動かしながら調節できるので便利です。

DVDやCDなどからの外部入力にも対応。ワイドFMラジオも聴けるため、車内で多彩なコンテンツを楽しめます。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

カーオーディオのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カーオーディオのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。