ドライバーにオービスによる取り締まりポイントを教えてくれる「レーダー探知機」。1万円弱で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから各種センサーを搭載した高性能なモノまで、さまざまなタイプがあります。

そこで今回は、おすすめのレーダー探知機をランキング形式で紹介します。また、レーダー探知機の基礎知識や選ぶ際の注意点やポイントも解説しているので参考にしてみてください。

レーダー探知機とは?

By: yupiteru.co.jp

レーダー探知機とは、「オービス(速度違反自動取り締まり装置)」が発するレーダー波を受信して、ドライバーに取り締まりポイントを教えてくれる便利なカーアイテムです。レーダー波を感知すると、アラームやアナウンス、ランプの点滅などで警告を促し、スピードの出し過ぎによる速度違反を未然に防ぐことができます。

最近では、レーダー波を発しないオービス(ループコイル式・LHシステム)向けに、位置情報で取り締まりポイントを教えてくれる「GPS搭載モデル」や、車内システムと連動して燃費やエンジン状態のチェックができる「OBDII対応モデル」など、より便利な機能を搭載したレーダー探知機も登場しています。

オービスの種類

オービスには、スピードの測定方法や撮影方法の違いによってさまざまな種類があります。レーダー探知機を選ぶ際には、これらオービスの種類を知っておくことも重要なので、最初に各オービスの特徴をしっかりとチェックしておきましょう。

1. レーダー式

レーダー式は、国内で古くから稼働している一般的なオービスです。走行中の車に対して「レーダー波(Xバンド)」を照射し、そこから跳ね返る電波の波長の違いで車の速度を計測しています。速度違反を感知すると、本体側面に設置されているフラッシュが激しく点灯し、ドライバーの顔・違反車両のナンバーを瞬時に撮影します。

現在、国内ではデジタルカメラで記録する「新型」、アナログ式のカメラでフィルムに記録する「旧型」の2種類が稼働しており、どちらも道路上で常に電波を発しているので、ほとんどのレーダー探知機で検知することが可能。ちなみに、アナログ式のカメラで撮影する旧型は、フィルム切れを起こしてまれに撮影に失敗することがあると言われています。

2. ループコイル式

ループコイル式は、道路に埋め込まれた「磁場(ループコイル)」を使って車の速度を計測します。A・B・Cそれぞれ3つのループコイルが6.9mの間隔で道路に埋め込まれており、AとBの区間、BとCの区間の2回に分けて測定が行われます。

どちらの区間も速度超過だった場合のみ、ループコイルの先にあるカメラでドライバーの顔・違反車両のナンバーが撮影されます。精度も高いので、レーダー探知機での検知が難しく数あるオービスの中でもループコイル式には特に注意が必要です。

3. Hシステム

Hシステムは、国内で特に多く設置されているオービスです。白い大きな板が特徴的で、通称「はんぺん」とも呼ばれています。電波の跳ね返りで速度を計測するレーダー式と基本的な仕組みは同じですが、Hシステムには照射パターンを変える「断続波」が使われているので、レーダー式よりも検知するのが難しくなっています。

初期モデルはレーダー探知機で簡単に検知することが可能でしたが、現在主流の新型モデルはレーダー探知機で検知するのが難しいので、ループコイル式同様に注意が必要。ただし、サイズが大きく特徴的な形をしているので、注意して走行していればほとんどのHシステムは目視で簡単に見つけることが可能です。

4. LHシステム

LHシステムは、ループコイル式とHシステムを組み合わせた高性能なオービスです。基本的な計測方法はループコイル式と同じですが、車両を撮影するカメラにはフィルム切れがない最新のデジタルカメラが使われているので、LHシステムの設置場所でスピード違反をすると確実に出頭通知書が届きます。

また、自動車を利用した犯罪捜査や盗難車両の検挙を目的に設置されている「Nシステム」と見た目がほとんど同じなので、運転中にドライバーが目視で見つけにくいのも大きな特徴です。ちなみに、NシステムとLHシステムの違いは、カメラ側面に付いている赤いパトランプの有無でチェックすることができます。

5. 移動式

移動式は、ワンボックスカーのような大きな車両に小型のオービスを載せて取り締まりをしています。元から設置してあるオービスの先に設置されていることが多く、オービスを通過した後に再加速するドライバーを狙います。

電波の跳ね返りで速度を計測する「レーダー式」、光センサーを使って速度を計測する「光電管式」の2種類があり、そのどちらも脇道に車両を停車させ、警察官立会いのもと取り締まりを行います。

測定方法がレーダー式の場合は、ほとんどのレーダー探知機で検知できますが、光電管式はレーダー探知機で検知しにくいのが特徴です。ただし、移動式オービスの手前には、必ず「速度取り締まり中」という看板が出ているので、注意していればレーダー探知機がなくても簡単に見つけることができます。

6. 固定式中型オービス

固定式中型オービスは、ここ数年で登場した最新のオービスです。主に歩行者や自転車の安全な通行を確保する生活道路「ゾーン30」に設置されており、走行中の車にレーダー波を照射する「レーダー式」で速度を計測しています。装置のサイズが小さく取り付けスペースがいらないことから、多くの固定式中型オービスは電柱や道路標識と同化するように設置されています。

一般的なレーダー探知機であれば検知することができますが、見えにくい場所に設置されていることが多いので、ゾーン30を走行する際はくれぐれも注意が必要です。ちなみに、最近ではどこにでも設置ができるバッテリーを内蔵した「移動式中型オービス」や、さらにサイズの小さな「移動式小型オービス」も登場しています。

レーダー探知機の仕組み

By: amazon.co.jp

レーダー探知機には大きく分けて「GPS付きレーダー探知機」と「GPSなしレーダー探知機」の2種類があります。この2つは検知できるオービスの種類が全く違うので、レーダー探知機を選ぶ前にこれら2種類の違いや仕組みしっかりと理解しておきましょう。

GPSなしレーダー探知機

GPSなしレーダー探知機は、「レーダー波(Xバンド)」を検知して知らせてくれる一般的なレーダー探知機です。「レーダー式」「Hシステム」「移動式(レーダー式)」「固定式中型オービス」など、レーダー波を照射するオービスならほとんど検知することができます。

ただし、「ループコイル式」「LHシステム」「移動式(光電管式)」など、レーダー波を使用していないオービスは基本的に検知することができません。一部のオービスにしか対応していないため、レーダー探知機としての性能は低めですが、その分製品の価格が安いのでコストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

GPS付きレーダー探知機

GPS付きレーダー探知機は、本体に内蔵したGPSアンテナで自車位置を測定する高性能なレーダー探知機です。オービスの位置情報をあらかじめ本体に記録しておくことで、レーダー波を発しない「ループコイル式」や「LHシステム」も検知することができます。

もちろん、レーダー波(Xバンド)にも対応しているので、「レーダー式」や「Hシステム」などのオービスもこれ1台でしっかりと検知ができます。ただし、高性能がゆえに製品の価格が高いためコストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。あくまでも価格より性能を重視する方におすすめです。

レーダー探知機の選び方

形状・タイプをチェック

レーダー探知機には、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな形状・タイプの製品があります。大きく分けて、「ソーラー型」「一体型」「ミラー型」の3種類があるので、レーダー探知機を選ぶ際には自分に合った形状・タイプのモノを選ぶようにしましょう。

一体型

By: amazon.co.jp

一体型は、アンテナとディスプレイが一緒になったレーダー探知機です。ダッシュボード上に設置して使うタイプで、「案内が見やすい」「設置が簡単」「操作がしやすい」などのメリットがあります。製品のバリエーションが豊富なので、デザインや機能にこだわりたい方にもおすすめ。

数あるレーダー探知機の中でも一番オーソドックスなので、特にこだわりがなければ一体型タイプがおすすめです。

ソーラー型

By: amazon.co.jp

ソーラー型は、設置場所を選ばないコンパクトなレーダー探知機です。基本的に太陽の光が当たる場所であればどこにでも設置が可能なので、サンバイザーやダッシュボードなど好きな場所に設置ができます。設置するだけで使える手軽さも魅力なので、配線が面倒な方や機械が苦手な方にもおすすめです。

ただし、「検知できるオービスの種類が少ない」「機能がシンプル」など、全体的な性能があまり高くないので、高性能なレーダー探知機が欲しい方には向いていません。

ミラー型

By: amazon.co.jp

ミラー型は、ルームミラーに直接取り付けて使うレーダー探知機です。パッと見た感じは普通のルームミラーと同じなので、他のレーダー探知機と違って目立たず車内に設置できます。レーダー探知機が欲しいけど車内にこれ以上モノを増やしたくないという方にもおすすめです。

ただし、製品の価格が高い、角度が限られるなどの欠点もあるため、コストパフォーマンスや使いやすさを重視する方にはあまり向いていません。

給電方法をチェック

レーダー探知機の給電方法には大きく分けて「シガーソケット」「ソーラーパネル」「OBDⅡアダプター」の3種類があります。レーダー探知機を選ぶ際には給電方法も重要なポイントなので、こちらもしっかりとチェックしましょう。

シガープラグ

By: amazon.co.jp

シガープラグは、ほとんどのレーダー探知機で採用している最も一般的な給電方法です。シガーソケットにプラグ差し込むだけで簡単に使えるので、機械が苦手な方や配線が面倒な方におすすめです。エンジンとレーダー探知機の電源が連動しているので、わざわざ電源をつけたり消したりする手間がないのもポイント。

ただし、使用中は常にシガーソケットにプラグが刺さっている状態になるため、どうしても車内の見栄えが悪くなってしまいます。また、シガーソケットから電源を取る他のカー用品が使えなくなるので、ドライブレコーダーやカーナビなどで既にシガーソケットを使っている方は注意が必要です。

ソーラーパネル

By: amazon.co.jp

ソーラーパネル式のレーダー探知機は、太陽の光を電気に変えて給電します。他のレーダー探知機と違って面倒な配線の必要がないため、手軽にレーダー探知機を使ってみたい初心者の方におすすめです。車のバッテリーから直接給電をしないため、バッテリー上がりを起こす心配がないのもポイント。

ただし、ソーラーパネルを採用したレーダー探知機は、電力の関係からシンプルな作りのモノが多いので、機能性を重視する方にはあまり向いていません。

OBDⅡアダプター

By: amazon.co.jp

「OBDⅡアダプター」は、車のコンピューターと通信する「OBDコネクター」にアダプターを差して電源を取ります。このOBDコネクターは、単に電源を供給するだけでなく、車両の正確な速度や移動距離をチェックすることもできるので、トンネル内や山岳地などGPSが測位できない所でも、自車位置を特定してオービスをしっかりと検知できます。

ただし、OBDⅡアダプターはレーダー探知機とは別売りなので、価格が5000〜7000円と高くコストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

レーダー探知機のおすすめメーカー

セルスター(CELLSTAR)

By: amazon.co.jp

セルスターは、神奈川県大和市に本社を置くカー用品メーカーです。主力商品はドライブレコーダーとレーダー探知機で、どちらも国内の三重工場で製造されています。製品のクオリティが高くアフターサポートも充実しているので、高品質なレーダー探知機が欲しい方におすすめ。GPSのデータの更新料が無料なのも魅力です。

コムテック(COMTEC)

By: amazon.co.jp

コムテックは、レーダー探知機からエンジンスターターまで、さまざまな製品を取り扱う大手カー用品メーカーです。製品のバリエーションがとにかく豊富なので、レーダー探知機の機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。購入後も安心して使える長期保証やGPSのデータ更新が無料で付いてくるのもポイントです。

ユピテル(YUPITERU)

By: amazon.co.jp

ユピテルは、東京都港区に本社を構える老舗のカー用品メーカーです。360°撮影できる全方位ドライブレコーダーや、アニメのキャラクターがアナウンスするレーダー探知機など、他メーカーとは少し違った個性的な製品が魅力。価格の安いレーダー探知機が充実しているので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。GPSデータの更新は有料ですが、更新頻度が高くGPS情報の登録件数も多いのがポイントです。

レーダー探知機のおすすめランキング

第1位 セルスター(CELLSTAR) GPS&レーダー探知機 一体型 AR-W83GA

セルスター(CELLSTAR)  GPS&レーダー探知機 一体型 AR-W83GA

3.7インチのタッチパネルモニターを搭載した一体型レーダー探知機。液晶画面の両サイドにLEDイルミネーションを内蔵しています。警告時には白く点滅するほか、車速やGセンサーの値によってLEDの色が変わるなど、警告のわかりやすさがメリットです。受信可能な衛星は、ガリレオ15基など6種76基。GPSデータは67種類の情報を17万件以上収録しています。

本モデルから新たに搭載された機能が「逆走警告」。高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、そして料金所のないインターチェンジ出口などで逆走した時に警告を発します。また、逆走しやすいポイントをあらかじめ警告することも可能です。

さらに、Wi-Fi機能を備えているのもポイント。クラウド上で共有された、最新の取り締まり情報などを画面上に表示できます。

第2位 コムテック(COMTEC) GPS&レーダー探知機 ZERO 105L

コムテック(COMTEC)  GPS&レーダー探知機 ZERO 105L

奥行き86×幅64×高さ14mmとコンパクトで、55gと軽量なレーダー探知機です。モニターレスのシンプルなタイプなので、サンバイザーにも取り付けできます。車内の雰囲気を妨げないためコンパクトカーなどにおすすめのモデル。さらに、価格が1万円台と安いのもメリットです。

取り締まりデータは6万件以上を収録。準天頂衛星みちびきやガリレオをはじめとして、75基の衛星を受信可能です。

また、住宅街などでの速度を時速30kmに制限する新交通規制「ゾーン30」に対応しているのもポイント。該当エリア付近に近づくとアナウンスで警告してくれるので安心です。また、生活道路で設置されることの多い、可搬式小型オービスなど3種の小型オービスに対応しています。

第3位 ユピテル(YUPITERU) GPS&レーダー探知機 ミラー型 SUPER CAT A530

ユピテル(YUPITERU) GPS&レーダー探知機 ミラー型 SUPER CAT A530

ミラー型のレーダー探知機です。受信対応衛星数は75基。GPSデータは14万件以上、取り締まり情報も5万件以上と豊富です。国土交通省が指定した、全国500ヶ所以上の「要注意踏切」も新たに収録しています。

本モデルのポイントは、警告が見やすいこと。滑らかな映像で見やすい「アラートCG」や「実写警報」などにより、要注意エリアが分かりやすくなっています。なお、警報文字サイズが従来モデルの1.5倍となったことにより、細かい情報が見やすくなっているのも魅力です。

第4位 ユピテル(YUPITERU) ソーラー型レーダー探知機 一体型 A1

ユピテル(YUPITERU) ソーラー型レーダー探知機 一体型 A1

ソーラー型としては最小クラスのレーダー探知機。サイズは奥行き83×幅57×高さ20mm、重さも80gと軽量です。受信方式は精度の高いスイープオシレーター式を採用しており、より遠くの取り締まり機を感知できます。また、後方からのレーダー波も感知可能です。

モニターは搭載していませんが、レーダー波を感知した際にLEDと警告音で知らせてくれる仕様。取り締まり機に近づくと、警告音がテンポアップして注意を促すのがポイントです。また、レーダー受信が30秒以上続くと、LEDがライトダウンするとともに、警告音も小さくなります。バッテリーは、ニッケル水素電池を内蔵しており、最大約30時間の連続使用が可能です。

取り付け方法は、付属のマジックテープで本機をダッシュボードに接着するだけと簡単。価格も5000円前後と安いので、手軽に設置できるレーダー探知機です。

第5位 ユピテル(YUPITERU) GPS&レーダー探知機 セパレートタイプ SUPER CAT A730

カー用品の老舗メーカー・ユピテルがリリースする、レーダー探知機のハイエンドモデルです。ワイド3.6インチフルカラー液晶モニターとアンテナ部分の2ピースからなるセパレートタイプ。設置場所を自由に選べるのがポイントです。

本モデルの特徴は、警報がわかりやすい点。レーダー波を探知した時や、取り締まり装置から1km以内に接近すると、クルマと取り締まり装置の位置を自動表示します。付近のエリアでの注意ポイントや施設の位置関係、および走行速度と制限速度も簡単に確認可能です。

ガリレオやみちびきをはじめとして、75基の衛星受信に対応。収録データは、GPSデータ数が約14万、取り締まりデータが5万超と豊富です。別売りの安全運転支援オプションを利用すれば、わき見や居眠りなどの危険な運転を警告してくれます。