オービスによる取り締まりポイントをドライバーに教える「レーダー探知機」。1万円弱で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから各種センサーを搭載した高性能なモノまで、さまざまなタイプがあります。

そこで今回は、おすすめのレーダー探知機をランキング形式でご紹介。また、レーダー探知機の基礎知識や選ぶ際の注意点、ポイントも解説しているので参考にしてみてください。

レーダー探知機とは?

By: amazon.co.jp

レーダー探知機とは、オービスなどの速度取り締まり装置から発せられるレーダー波を探知して教える装置のこと。レーダー波を感知すると、アナウンスやアニメーション、LEDの点灯などでドライバーに警告を促します。

元々はドライバーに安全運転を促すカーアイテムとして使われていましたが、最新のモデルはレーダー波だけでなく緊急車両の無線をキャッチしたり、事故の多いエリアを教えたり、車両の正確な情報をチェックしたり、さまざまな機能を搭載している製品が増えているのが特徴。

現在ではレーダー探知機としてだけでなく、車のインフォメーションツールとして活用する方も多くなっています。

レーダー探知機は必要?

普段から安全運転を心がけていても、予告看板に気づかずにスピードを出しすぎてしまっていることもあります。例えば、運転中に道が空いていたり、同乗者との会話に気を取られたりして無意識に加速してしまった場合でも、車にレーダー探知機がついていれば違反を未然に防ぐことが可能です。

加速をしてしまった場合に、オービスなどの速度取り締まり装置に撮影・測定されると、免許停止処分または免許取り消し処分になる可能性も。最悪の事態を回避するためにも、レーダー探知機を取りつけておくと安心です。

レーダー探知機の選び方

検知できるオービスの種類をチェック

レーダー式

レーダー探知機のなかでも古くから設置されているタイプです。固定式と移動式の2種類があり、走行している車にレーダー波を照射して跳ね返ってきた電波の波長の違いから速度を計測。速度超過していた車両を捉えると、搭載された赤外線方式のカメラで撮影します。

固定式がXバンドのレーダー波を利用するのに対し、Kバンドのレーダー波を採用しているのがレーダー式移動オービスです。固定式は設置場所さえ確認しておけばよい一方、移動式はいつどこで取り締まりを実施しているかわかりません。レーダー探知機を選ぶ際には、XバンドとKバンドの両方に対応しているかをチェックしておきましょう。

ループコイル式

道路に埋め込まれたループコイルで速度を計測するタイプです。6.9m間隔でループコイル道路に埋め込んであり、A〜B間、B〜C間を通過する時間から車速を計測。速度超過を検知すると、前方に設置されたカメラで撮影します。高速道路や大きな幹線道路に設置されているのが一般的です。

ループコイル式はレーダー式と比較して精度が高いうえ、レーダー探知機に妨害磁場を発生させるのが特徴。GPS搭載で自車位置を確認でき、あらかじめ設置位置をデータとして内蔵しているモデルでないと探知できません。固定式なので設置場所を覚えておけばよいと考えがちですが、設置場所を移動させている場合もあり注意が必要です。

Hシステム

白い板状のアンテナを備えているオービスがHシステムです。四角い形から通称「はんぺん」と呼ばれています。レーダー式と同じ電波の跳ね返りで速度を計測しているものの、より精度が高くレーダー探知機で検知しにくいのが特徴。照射パターンを変化させる「断続波」を採用しています。

速度測定を行う赤外線レーダーが本体についており、道路の左右には赤外線ストロボとCCDカメラを装備。レーダーが速度超過車を感知すると瞬時に撮影し映像データを転送します。

製造している三菱電機が2008年に製造中止。2019年3月には対応サービスを全て終了したため、撤去する動きが活発になっています。

LHシステム

ループコイル式とHシステムを組み合わせたタイプで、固定オービスのなかでも設置数の多いオービスです。ループコイル式の頭文字Lと、HシステムのHから名付けられています。

計測方法はループコイル式と同様ながら、高性能なデジタルカメラで速度超過車を撮影。精度も高く、あらかじめ設置場所データを内蔵したGPS搭載レーダー探知機でないと探知できません。

ループコイル式はシャッターを切られてもフィルム切れで記録されていない場合がある一方、LHシステムはデジタル式でフィルム切れしないのが特徴。撮影された画像は通信回線によってそのまま管轄の警察署へ伝送されます。

移動式(車載型)

ワンボックスカーの後部などにレーダー照射器とカメラを設置しているオービスです。小型で簡単に運搬でき、通常のオービスを設置できない生活道路や警察官の配置が困難な場所で使用されています。

また、幹線道路に設置されたオービス通過後に加速する車の探知にも使用。レーダー式とレーザー式があるほか、光センサーで速度を計測する「光電管式」もあります。レーザー式に対応しているレーダー探知機はあるものの、光電管式は電波を発しないため探知することが難しいとされています。

小型

主に住宅街の生活道路で歩行者や自転車の安全な走行を目的に定められた、最高時速30kmに制限する「ゾーン30」に設置されています。小型サイズで移動しやすく、電柱や標識の近くに設置されているのが一般的です。

レーダー波を使用しているため、通常のレーダー式探知機で検知可能。ゾーン30対応モデルなら、区間に進入すると音声やグラフィックの警報で知らせます。

形状・タイプをチェック

一体型

By: amazon.co.jp

一体型は、アンテナとディスプレイが一緒になったレーダー探知機です。ダッシュボード上に設置して使うタイプで、「案内が見やすい」「設置が簡単」「操作がしやすい」などのメリットがあります。製品のバリエーションが豊富なので、デザインや機能にこだわりたい方にもおすすめです。

数あるレーダー探知機のなかでも一番オーソドックスなので、悩んだら一体型タイプを選んでみてください。

ミラー型

By: amazon.co.jp

ミラー型は、ルームミラーに直接取りつけて使うレーダー探知機です。外観は普通のルームミラーと同じなので、ほかのレーダー探知機と違って目立たず車内に設置できます。レーダー探知機が欲しいけれど車内にモノを増やしたくない方にもおすすめです。

ただし、製品価格が高かったり、角度が限られたりといった欠点もあるため、コストの低さや使いやすさを重視する方にはあまり適していません。

給電方法をチェック

シガープラグ

By: amazon.co.jp

シガープラグは、ほとんどのレーダー探知機で採用している一般的な給電方法です。シガーソケットにプラグを挿し込むだけで簡単に使えるので、機械が苦手な方や配線が面倒な方におすすめです。エンジンとレーダー探知機の電源が連動しており、わざわざ電源をつけたり消したりする手間がないのもポイント。

ただし、使用中は常にシガーソケットにプラグがついた状態になるため、どうしても車内の見栄えが悪くなってしまいます。また、シガーソケットから電源を取るほかのカー用品が使えなくなるので、ドライブレコーダーやカーナビなどで既にシガーソケットを使っている方は注意が必要です。

ソーラーパネル

By: amazon.co.jp

ソーラーパネル式のレーダー探知機は、太陽の光を電気に変えて給電します。ほかのレーダー探知機と違って面倒な配線の必要がないため、手軽にレーダー探知機を使ってみたい初心者の方におすすめです。車のバッテリーから直接給電をしないので、バッテリー上がりを起こす心配がないのもポイント。

ただし、ソーラーパネルを採用したレーダー探知機は、電力の関係からシンプルな作りのモノが多いので、機能性を重視する方にはあまり向いていません。

OBDⅡアダプター

By: amazon.co.jp

「OBDⅡアダプター」は、車のコンピューターと通信する「OBDコネクター」にアダプターを挿して電源を取ります。このOBDコネクターは、単に電源を供給するだけでなく、車両の正確な速度や移動距離もチェックできるので、トンネル内や山岳地などGPSが測位できない所でも、自車位置を特定してオービスをしっかりと検知が可能。

ただし、OBDⅡアダプターはレーダー探知機とは別売りなので、レーダー探知機にプラス価格が5,000〜7,000円ほど追加されます。そのためコストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

GPS機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

GPSを搭載し、自車の位置を測定できるレーダー探知機があります。レーダー波を発しないループコイル式やLHシステムに対応できるのが魅力。本体にオービスの位置情報を記録しており、車が設置場所に近づくと警告画面と警報で知らせます。

もちろん、レーダー波で速度を計測するレーダー式オービスにも対応。さまざまなタイプのオービスに対応できるモデルを求めるなら、GPS搭載のレーダー探知機がおすすめです。

レーダー探知機のおすすめメーカー

ユピテル(YUPITERU)

By: amazon.co.jp

ユピテルは、東京都港区に本社を構える老舗のカー用品メーカー。360°撮影できる全方位ドライブレコーダーや、アニメのキャラクターがアナウンスするレーダー探知機など、ほかメーカーとは少し違った個性的な製品が魅力です。

価格の安いレーダー探知機が充実しているので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。GPSデータの更新は有料ですが、更新頻度が高くGPS情報の登録件数も多いのがポイントです。

コムテック(COMTEC)

By: amazon.co.jp

コムテックは、レーダー探知機からエンジンスターターまで、さまざまな製品を取り扱う大手カー用品メーカーです。製品のバリエーションが非常に豊富なので、レーダー探知機の機能やデザインにこだわりたい方におすすめ。購入後も安心して使える長期保証やGPSのデータ更新が無料で付いてくるのもポイントです。

セルスター(CELLSTAR)

By: amazon.co.jp

セルスターは、神奈川県大和市に本社を置くカー用品メーカーです。主力商品はドライブレコーダーとレーダー探知機で、どちらも国内の三重工場で製造されています。製品のクオリティが高くアフターサポートも充実しているので、高品質なレーダー探知機が欲しい方におすすめ。GPSのデータの更新料が無料なのも魅力です。

レーダー探知機のおすすめランキング

第1位 ユピテル(YUPITERU) SUPER CAT LS700

ユピテルの人気シリーズ「SUPER CAT」の上位モデル。レーザー光の受信性能を高めた同社独自の「エスフェリックレンズ」を採用しており、遠方から発せられて微弱になったレーザー光もしっかりと検知が可能です。

新型レーダー式移動オービスから発せられる周波数帯「新Kバンド」の受信に対応しているのも大きなポイント。1台あればさまざまなタイプのオービスをしっかりと検知できます。

そのほか、レーダー波の誤警報を自動でキャンセルする「iキャンセル」や、対象エリアに近づくと実写で警告する「REAL PHOTO」、住宅密集地域での安全走行を促す「ゾーン30警報」など、使い勝手のよい便利な機能が充実しているのも魅力です。

第2位 セルスター(CELLSTAR) レーダー探知機 AR-W86LA

基本性能が充実したレーダー探知機です。広い範囲のレーザー受信が可能な光学フィルターや、独自の判定アルゴリズムによるレーザー識別機能を搭載しており、遠く離れたオービスの存在もいち早く検知ができます。

GPS・グロナス・ガリレオ・みちびきの計4つの衛星電波を受信することで、都心部の高層ビル街や山間部などの測位精度が悪い場所でも正確な自車位置測位が可能。オービスに近づくと、リアルなCG画像を表示する「リアルCG警告」に対応しているのもうれしいポイントです。

機能面では、逆走を検知してドライバーに警告する「逆走警告」、大きな文字・標識で警告内容を見やすくする「新警告、安全運転モード」、災害・危機管理通報サービス「災危通報」などに対応しています。

第3位 コムテック(COMTEC) レーザー&レーダー探知機ZERO 709LV

超広角レーザー受信に対応したレーダー探知機。GPSに登録されていないレーザー式オービスにも対応しています。GPSデータは20万件以上、取締・検問データは7.2万件以上も記録しており、さまざまなオービスに対応しています。

超広角レンズと4基の「クアッドセンサー」を搭載しているため、従来モデルより広い角度でレーザー受信できるのがポイントです。オービスから発せられるレーダー波「Kバンド」の受信感度も高く、従来モデルよりもオービスから離れた場所で警報します。

また、Kバンドと、自動販売機などほかの機器で使用されているレーダー波との識別が可能なため、誤警報を大幅に低減できるのも魅力。ゆとりを持って警報してほしい方におすすめのレーダー探知機です。

第4位 コムテック(COMTEC) レーダー探知機 ZERO 808LV

超広角レンズと高感度センサーを搭載したレーダー探知機です。従来モデルと比較して受信性能が約150%向上。18万件ものGPSデータを内蔵しており、さまざまなオービスの受信に対応可能なおすすめモデルです。常に正確な車両情報を取得できる「OBDⅡ」の接続にオプション対応しています。

従来モデルでは探知できなかったレーザー式オービスにも対応。小型のレーザー式移動オービス「LSM-310」の受信警報も確認済みです。超速CPUを搭載し、GPS更新速度が250%アップ。より精度の高い警告が可能なほか、スピードメーターなどの表示速度の高速化も実現しています。

第5位 コムテック(COMTEC) レーザー&レーダー探知機 ZERO 909LS

設置場所を選ばないセパレートタイプのレーダー探知機。付属の金属ステーを使用すれば、ハンドル脇やセンターコンソール、ダッシュボードステーなど、車内のさまざまな場所に取りつけて使えます。

薄さ11.9mmのコンパクトなサイズを実現しながらも、従来のレーダー探知機で受信しにくかったレーザー式移動オービスに対応。位置情報による警告が可能なGPSデータにも対応しているので、どんなタイプのオービスもしっかりと検知できます。

別売オプションの「無線LAN内蔵SDHCカード」を使えば、最大1km手前からリアルタイムな取り締まりポイントを確認できるのも特徴です。

第6位 コムテック(COMTEC) レーダー探知機 ZERO 307LV

便利な機能が充実したコムテックの人気モデルです。最高速度が切り替わる地点を警告する「速度警戒ポイント警報」や、GPSが受信できない場所にあるオービスを警報する「Gシステム」、一般道・高速道を自動で判別する「オートモード」を搭載。

レーザー受光部に凸レンズを採用することで、受信するのが難しいレーザー式移動オービスをしっかりと検知できるのも魅力です。パソコンとmicroSDHCカードがあれば、新設オービスなどの新しい取り締まり情報を無料でアップデートできます。

第7位 セルスター(CELLSTAR) セパレートミラーレーダー AR-6

車内にスッキリ設置できるミラー型のレーダー探知機です。本体とレーザー受信部は別々になっており、好みの場所に自由に設置が可能。ダッシュボード上に設置をしたくない方や、運転中の視界を妨げたくない方におすすめのモデルです。

逆走を検知して警告する「逆走警告」をはじめ、制限速度を常時表示する「制限速度テロップ表示」、走行状態に合わせた警告を行う「インテリジェント安全運転評価」など、機能面も充実。

別売りのオプション「OBDⅡアダプター」を使えば、山間部やトンネル内など正確なGPS測位ができない場所でも、高精度な警告が可能です。

第8位 コムテック(COMTEC) GPSレシーバー ZERO 108C

シガーソケットに挿すだけ使えるシンプルなレーダー探知機。重量はわずか64.5gと軽量で、取りつけや持ち運びが簡単。家族や友人とシェアして使ったり、レンタカーやカーシェアで使ったりするのにおすすめです。

手頃な価格を実現しながら、最高速度30kmエリアを警告する「ゾーン30」や、正確な自車位置を素早く測位できる6種類の衛星受信に対応。無料の最新データダウンロード更新で、新設オービスなどの新しい取り締まり情報をチェックできるのも特徴です。

オービス・取り締まりエリアなどの情報は、LEDの点滅と音声で分かりやすく警告されるため、運転中でも視野を妨げることなく警告内容を確認できます。

第9位 ユピテル(YUPITERU) レーダー探知機 SUPER CAT GS203

独自設計の「エスフェリックレンズ」で広い探知範囲を実現したレーダー探知機です。特殊なレンズで微弱なレーザー光を集約し、水平約40°の広い範囲を探知できます。角度調節してもレーザー光を探知しやすく、運転席から見やすい場所に設置できるモデルを求めている方におすすめです。

従来モデルと比較して約3倍もの探知距離を実現。すばやくオービスの位置を探知して安全運転をサポートします。レーザー光のオービスに対応しているほか、新Kバンド採用のレーダー式移動オービスも受信可能。GPSとのW対策により、設置場所がわかりにくいオービスをいち早く探知して知らせます。

第10位 セルスター(CELLSTAR) レーダー探知機 AR-36LC

レーザー式オービスに対応しているレーダー探知機です。レーザー光の受信能力に優れ、取り締まり機から離れた場所や広角で受信できる光学フィルターを搭載。すばやくオービスの場所を探知して、安全運転をサポートするおすすめモデルです。

独自の判定アルゴリズムにより、自動ドアなど赤外線やレーザー光使用の機器を識別。誤報を防いでストレスなく使えます。GPSを搭載し、GPS警告とレーザー受信によるW警告でさまざま種類のオービスに対応可能。4種81基の衛星受信によって、測位が不安定な都心部の高層ビル街や山間部でも安定して使用できます。

第11位 コムテック(COMTEC) レーダー探知機 CB-R02

1台2役の多機能レーダー探知機です。本体前面に最大200万画素のカメラを搭載しており、レーダー探知機としてだけでなくドライブレコーダーとしても使用可能。カメラには「HDR/WDR機能」がついているので、夜間映像でもクッキリとした鮮明な映像が記録できます。

機能面では、最高速度が切り替わる地点を知らせる「速度警戒ポイント警報」、制限速度30kmエリアを警告する「ゾーン30」、Xバンドと小型オービスのKバンドをそれぞれ識別して専用のグラフィックで警報する「レーダー波識別」に対応。

超高感度トリプルエンジンで、常に正確な自車位置を測位できるのも魅力のひとつです。

第12位 ユピテル(YUPITERU) SUPER CAT GWR503sd

価格と性能のバランスに優れたレーダー探知機。3.6インチの大画面液晶を採用しており、道路標識や制限速度などの警告内容が見やすいのが特徴です。待受画面は11種類から選択できるほか、待受画面を表示しないOFF設定や、1分間隔のローテーション表示にも対応。

独自のGPSデータで、レーザー式固定オービスがしっかりと検知できるのも大きなポイントです。自動ドアなどの誤警報を防ぐ「i キャンセル」や、常に最新の仕様で使える「ファームウェア自動チェック」など、機能面も充実。

付属の「ボールジョイントブラケット」を使えば、レーダー探知機を見やすい高さに調節して使えます。

第13位 セルスター(CELLSTAR) ソケットタイプGPSレシーバー GR-91

ソケットタイプのレーダー探知機。配線が不要で、シガーソケットにワンタッチで挿すだけで使えます。GPSデータは28種類、3.3万件以上を収録。重さは65g、寸法は45.5×23.5×56mmと軽量コンパクトで、車内でも場所を取りません。

また、フルカラーLEDを搭載しており、光と音でオービスや取り締まりポイントなどを警告します。速度取締機が赤、新型取締機設置ポイントが黄、ゾーン30が緑など、警告内容に合わせて光の色が変わるのがポイントです。

ほかにも、microSDとスマートフォンアプリ、もしくはパソコンを使い、最新のGPSデータを無料で更新可能。検問の目撃場所や新規で設置されたオービスの場所などもチェックできます。カーシェアをよくする方や、レーダー探知機を持ち運びたい方におすすめのモデルです。

第14位 コムテック(COMTEC) レーダー探知機 ZERO 609LS

液晶ディスプレイとアンテナユニットが分かれているセパレートタイプのレーダー探知機です。ダッシュボード上に設置する一体型モデルと異なり、さまざま場所に液晶ディスプレイを設置可能。ハンドル付近やセンターコンソール付近など、好みの位置に設置したい方におすすめのモデルです。

アンテナユニットには超広角レンズと複数のセンサーを搭載。従来モデルと比較して広い範囲のレーザー受信を実現し、レーダー式モデルでは受信できないレーザー式オービスにも対応可能です。生活道路やゾーン30に設置される小型オービスも探知して安全運転をサポートします。

第15位 ユピテル(YUPITERU) レーダー探知機 A1

ソーラーパネルを搭載したコンパクトなレーダー探知機。太陽光が当たる場所に設置すれば、面倒な配線不要ですぐに使えます。万が一充電がなくなった場合には、シガープラグコード経由で直接充電して使えるのもうれしいポイントです。

さらにステルス識別や、新Hシステムに対応した超高感度識別を可能にするほか、より遠くの取り締まりを検知する機能を搭載。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しており、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめの1台です。