子供の頭や体を衝撃から守る「ジュニアシート」。車のシートベルトが首や顔にかかってしまう子供を乗せる際に役立ちます。ただし、背もたれの有無や機能、取り付け方法などの異なるさまざまなモデルが販売されており、はじめて購入する際は迷ってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、取り付け方法別におすすめのジュニアシートをピックアップ。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ジュニアシートが必要なのはいつまで?

By: amazon.co.jp

6歳未満の子供を車に乗せる際は、子供用補助装置の使用が義務付けられています。0歳から使えるベビーシートと1歳頃から使えるチャイルドシートにくわえて、3歳頃から11歳頃まで使えるのがジュニアシートです。体格の目安は身長100cm以上、体重15~35kg。年齢・身長・体重のいずれかが目安を超えたなら、チャイルドシートから切り替える時期になります。

通常、車のシートベルトは身長140cm以上を想定して開発されており、ジュニアシートなしで座って首や顔にシートベルトがかかる場合は要注意。義務ではない年齢であっても、安全のためにはジュニアシートの使用がおすすめです。

ジュニアシートの種類

ブースターシート

By: amazon.co.jp

背もたれのない、座面だけのジュニアシートが「ブースターシート」です。座面位置を高くできるため、シートベルトが顔や首にかからないように座れます。身長の目安は140cm程度まで。実際に車のシートにそのまま座り、シートベルトの位置を確認してみるのがおすすめです。

背もたれがない分、軽量コンパクトで持ち運びや保管に困らないのがポイント。脱着の手間もほとんどなく、利用する機会が少ない場合や車を乗り換えて使用する際に重宝するほか、安価なのも魅力です。ただし、背もたれがないため、子供が寝てしまうと姿勢が崩れてしまい、安全性に不安を感じる場合があります。

ハイバックタイプ

By: amazon.co.jp

背もたれ付きのジュニアシートで1歳頃から使えるタイプが主流です。メーカーによっては「チャイルド&ジュニアシート」と名付けており、小さい頃から使えるようハーネスベルトを搭載しています。

体を両側から包み込むように守り、寝てしまっても姿勢が崩れにくく安全性に優れているのが特徴。肩ベルトの位置調節も簡単で、子供の座高に合わせて適切に変更可能です。

背もたれを外してブースターシートとして使えるモデルなら、複数台の車で共有する場合の移動も簡単。細かな調節によって子供の成長に合わせて11歳頃まで使用できるため、買い替えコストを抑えられる点にも注目です。

フルサイズ ハイバックタイプ

By: amazon.co.jp

大きめのヘッドレストを備え、サイドの出っ張りが大きいジュニアシートが「フルサイズ ハイバックタイプ」です。余裕のあるサイズ感で、成長してからも使いやすいのが特徴。ハイバックタイプよりひと回り大きく、成長した子供の頭や胴体をしっかりと守れる設計です。

がっちりした設計で重量があるため、別の車に乗せ替える機会が多い場合には不向き。ハーネスベルトを搭載しておらず、車のシートベルトを使用するタイプが主流です。なかには、取り外し式ハーネスベルトを搭載して、シートベルトと使い分けできるモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

ジュニアシートの選び方

固定方式をチェック

安定性に優れた「ISOFIX式」

By: amazon.co.jp

車のシートベルトを使用せずに取り付けできるのが「ISOFIX式」です。車側の金具にコネクターを差して押し込むだけと、簡単に取り付けできる手軽さが魅力。確実に固定でき、取り付けミスで不意に緩む心配が少ないのもメリットです。ジュニアシートの購入がはじめての場合など、取り付けに不安を感じている方に適しています。

ただし、車側にISOFIX取り付け金具が装備されているのが前提。モデルによってはすべてのISOFIX取り付け金具に対応していない場合があり、取り付け確認車種リストや取り扱い説明書などで確認が必要です。

取り付けやすい「シートベルト式」

By: combi.co.jp

「シートベルト式」は、車に装備されているシートベルトを利用して取り付けるタイプです。ISOFIXのような金具が不要で、一部の特殊な車やクラッシクカーなどを除き、ほとんどの車種に取り付け可能。また、比較的手頃な価格のモデルが多いのもメリットです。

ただし、ISOFIX式と異なり体重を乗せながらしっかり締め付けるなど、取り付けにやや慣れが必要。締め付けが足りないと本来の安全性能を発揮できない場合があり、注意が必要です。万一誤ってシートベルトの解除ボタンを押してしまうと、簡単に外れてしまう点にも留意しておきましょう。

座面の広さと高さをチェック

By: amazon.co.jp

ジュニアシートは、モデルによって座面の広さや高さが異なります。車種に合わせてサイズをチェックしておかないと、乗り心地や安全面に影響する場合も。とくに、後部座席に2台のジュニアシートやチャイルドシートを設置する際は要注意です。車種に対してサイズが大きすぎると、3人座れないなど、定員通りに乗車できないケースがあります。

機能が多いハイグレードモデルほどサイズが大きくなる傾向があり、重さが増える場合も。また、コンパクトさを重視するなら、必要な機能を搭載しているかも要チェックです。天井までの高さが低い車種の場合、座面の高さも重要。子供が成長するにつれて窮屈な体勢にならないかを確認しておきましょう。

折りたたみできれば便利

By: amazon.co.jp

ジュニアシートを複数台の車で共有したいなど、乗せ替える機会が多い場合には重さや持ち運びやすさが重要です。ジュニアシートのなかには、折りたためるモデルが販売されているので要チェック。座面と背もたれ部分の境目から折りたたんでコンパクトな状態にできるモデルなら、シートから取り外して持ち出す際に便利です。

自宅内での保管や、未使用時にトランクへ収納しておきたい場合にも重宝します。

丸洗い可能なら衛生的

By: rakuten.co.jp

ジュニアシートは汗や皮脂、飲み物や食べこぼしで汚れています。常に清潔な状態を保つためには、カバーを取り外して洗えるモデルがおすすめです。ただし、頻繁な洗濯は生地を傷める可能性があり要注意。縮んでしまうと、元に戻せないトラブルもあり得るため、注意しなければなりません。

洗濯機を使用できるか、手洗いのみかなど、表示を確認しておきましょう。

ほかにも便利な機能たくさん

背もたれの取り外し

By: amazon.co.jp

ジュニアシートのなかには、背もたれを外してブースターシートとして使えるモデルが販売されています。子供の成長に合わせて長期間使えるのが魅力。ジュニアシートからブースターシートに買い替えるコストも軽減できます。

複数の車で共有したいなど、持ち運びやすさを重視したい場合にもおすすめ。パーツごとに持ち運ぶ手間はあるものの、それぞれの重さは軽く、負担をかけずに持ち出せます。

リクライニング

By: rakuten.co.jp

子供が寝てしまったときは、シートを倒せるリクライニング機能付きモデルが便利です。とくに、長距離ドライブなど子供が寝てしまいがちなシーンで役立ちます。大きなヘッドレストを搭載したモデルなら、リクライニングしても頭をしっかりと固定できて安心です。

ただし、リクライニング機能は本来、車のシートにフィットさせる目的で搭載されているため倒しすぎには注意が必要。シートベルトの腰を支える部分が機能せずに座面からずり落ちてしまう「サブマリン現象」が起こる可能性もあるため、留意しておきましょう。

ドリンクホルダー

By: amazon.co.jp

本体の脇にドリンクホルダーを備えているジュニアシートがあります。子供はジュニアシートに乗っている状態では自由が効かないため、夏場などこまめに水分補給したいシーンで便利です。使用しないときは収納できるモデルもあるので、チェックしてみてください。

飲み物以外に、ちょっとした小物やおもちゃの置き場としても活躍。長時間のドライブで子供が飽きてしまうようなシチュエーションで役立ちます。

安全基準のチェックも忘れずに

By: amazon.co.jp

ジュニアシートを選ぶ際は、安全基準のチェックが重要です。現行の安全基準に適合するモデルには「Eマーク(ECE-R44欧州基準)」が添付。適合する体重の範囲や認可した国番号、チャイルドシートの種類などが記載されています。

2016年に制定された安全基準「R129」に適合したモデルにも注目。従来の「R44」で定められていた前後試験に「側面衝突試験」が加わっており、ドア側からの衝撃性に優れています。

ジュニアシートのおすすめブランド

コンビ(Combi)

By: amazon.co.jp

東京都台東区に本社を構えるベビー用品メーカーです。安全で高品質なベビー用品の開発・販売をおこなっているとして、国内外より高い人気を得ています。ジュニアシートにおいては、衝撃吸収素材「エッグショック」搭載のモデルに注目。優れた衝撃吸収性により、万が一の事故の際に子供への衝撃を和らげる効果が期待できます。

背もたれの頭部が上下したり肩幅に合わせたりなど、フィット感の調節ができる機能を搭載したモデルをラインナップ。子供の成長に合わせて、ジュニアモードとブースターモードを切り替えられるモデルも発売しています。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

1947年に創業した老舗ブランド。ベビーカーやチャイルドシート、ベビーベッドなどを手掛けています。

ジュニアシートにおいては、さまざまなモデルをラインナップ。吸収素材「マシュマロGキャッチ」は衝撃から子供をしっかりと守ります。背もたれを取り外しできるモデルは、ブースターシートとしても使えて便利です。

グレコ(GRECO)

By: amazon.co.jp

60年以上もの長い歴史を有するアメリカの育児ブランドです。徹底した品質管理や試験の実施による高い品質と信頼性が魅力。日本のSG基準やアメリカのASTM基準、ヨーロッパのUN規制など厳しい安全基準をクリアした製品は、世界80もの国から高く評価されています。

ジュニアシートにおいては、フルサイズハイバックタイプやブースターシートを中心にラインナップ。人気キャラクターとのコラボモデルなど、小さな子供が喜ぶモデルを多く展開しています。

ジュニアシートのおすすめモデル|ISOFIX固定

アップリカ(Aprica) フォームフィット ISOFIX セーフティープラス

ドア側からの衝撃を軽減する「サイドシールド」搭載のジュニアシートです。頑丈なプロテクターで子供を保護可能。安全基準「R129」に適合しており、安全性を重視したい方におすすめのモデルです。

ヘッドレストの左右には衝撃吸収材「マシュマロGキャッチ」を内蔵し、大切な頭を守れる仕様。また、ヘッド部分のレバーを上下するだけで高さと横幅を調節できる手軽さも魅力で、1~10歳頃まで長く愛用できます。

日本育児 チャイルドシート ハイバックブースターEC Fix

1~12歳頃までと、長く愛用できるハイバックタイプのチャイルドシート。ヘッドレストと肩ハーネスの両方をワンアクションで調節できるのが便利。7段階調節式により、子供の成長に合わせてフィット感を調節しやすいのもポイントです。

確実な取り付けを可能にするISOFIX式にくわえ、3点式シートベルトでの取り付けにも対応。さまざまな車種で使用でき、古い車種から新車に乗り換える予定がある場合にもおすすめのモデルです。左右のどちらにも取り付けできるカップホルダーを備えています。

チャイルドガード(Child Guard) ジュニアシート CGDJ001

ワンタッチ折りたたみ機構を搭載したジュニアシートです。背もたれをレバーで倒せば、簡単に折りたたみ可能。別の車に乗せ替える際や未使用時にトランクに収納しておけるなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

ISOFIX式でしっかりと固定できるほか、コネクターを収納してシートベルトでの固定も可能。古い車種やミニバンの3列目シートで使用したい場合に対応できます。シートベルトの使用中に外れにくいショルダーガイドを備えているのも便利です。

カトージ(KATOJI) ハイバックブースター トレバー

ハイバックタイプのジュニアシートです。確実に取り付けできるISOFIX式を採用しており、取り付けも簡単。コネクターを車側の固定バーに差し込むだけで設置完了です。ヨーロッパの安全基準「R44」に適合し、安心して使いやすい安全性を確保しています。

ドア側からの衝撃を吸収する「ガードサラウンドセーフティパネル」を備えているのもポイント。くわえて、ヘッドレストも分厚く、子供の体全体を衝撃から守ります。正しくシートベルトを装着できるよう、肩ベルトガイドと腰ベルトガイドを備えているのも便利です。

cybex ソリューションS i-フィックス

ワイドなシートサイズ設計のジュニアシート。子供が成長しても窮屈さを感じにくい、快適な乗り心地を実現しています。ISOFIX式で簡単かつ確実に取り付け可能。背もたれの角度は調節でき、車のシートにフィットしやすいのもポイントです。

ヘッドレストは12段階で細かく変更できるのが特徴。子供の成長に合わせて長く愛用できるおすすめモデルです。座面と背もたれにベンチレーションシステムを搭載しており、通気性に優れています。

ブライタックス レーマー(Britax Romer) KIDFIX 3S BRX32379

メルセデスベンツなど、高級自動車メーカーの純正チャイルドシートに採用されているブランドのジュニアシートです。独自の優れた側面衝突保護性能「SICT」を採用し、側面からの衝撃に強いのが特徴。特殊形状の衝撃吸収肩パッド「XP-Pad」を備えているなど、万が一の衝撃から子供を保護できるおすすめモデルです。

従来モデルと比較して約20%座面の広さが拡大。人間工学に基づいた設計と相まって、長時間のドライブでも姿勢を保ちやすい快適な座り心地を実現できるのもポイントです。

ジュニアシートのおすすめモデル|シートベルト固定

コンビ(Combi) ジュニアシート ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH

エッグショック搭載の成長に合わせて長く使えるジュニアシート

衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載したジュニアシートです。ヘッドレスト部に内蔵しており、万が一の際の衝撃から子供を守ります。「ベルトジャストフィッター」で肩幅も調節できるなど、子供の成長に合わせて長く愛用できるおすすめモデルです。

背もたれ部を取り外せば、ブースターシートとしても使用可能。左右のどちらにも取り付けできる大型ドリンクホルダーを備えています。3Dメッシュシートを採用し、通気性と快適性に優れているのもおすすめポイント。洗濯機で丸洗いできるため、清潔な状態を保ちやすいのも魅力です。

コンビ(Combi) ジュニアシート ジョイトリップ エアスルー GH

1~11歳頃まで使える長く使用したい方におすすめのモデル

適用体重9~36kg以下で、1~11歳頃まで使えるジュニアシートです。景色が見やすく視界が広がりやすい形状の「広々ワイドビューシート」を採用し、子供の肩幅が広くなってもゆったりと座れます。

成長に合わせてチャイルドモード・ジュニアモード・ブースターモードの3ステップで使い分けでき、長く使用したい方におすすめのモデルです。

ヘッドサポートの位置は上下に可動し、高さ調節も簡単。座面には点で支えるクッションを内蔵しており、快適な座り心地を実現しています。省スペース設計で重さ5.3kgと軽量なのもポイント。別の車に乗せ替える機会が多い場合に重宝します。

コンビ(Combi) ジュニアシート ジョイキッズ FK

3歳頃から使用できるジュニアシートです。背もたれ付きでヘッドレストを5段階で調節できるなど、子供の成長に合わせて使えるおすすめモデル。背もたれを外せば座面のみのブースターシートになり、11歳頃までと長く使えます。

側面衝突など、横方向の衝撃から子供の頭を守る「サイドプロテクションα」を搭載。車のシートベルトを利用して取り付けるタイプで、幅広い車種に対応可能です。

立体メッシュシート採用の「エアスルーシート」により、通気性に優れているのもポイント。夏のドライブや長時間の移動など、汗をかきやすいシチュエーションで快適な座り心地をサポートします。

アップリカ(Aprica) エア ライドAC

取り外しや取り付けが簡単なコンパクト設計

コンパクト設計で取り外しや取り付けが楽なジュニアシート。車内で余裕をもって設置できる設計により、コンパクトカーに取り付けたい場合におすすめのモデルです。ブースターシートとしても使用でき、3~11歳頃まで対応します。

背もたれの角度は2段階調節式で、車のシートに合わせてフィット感を変更できるのも便利。ヘッドサポートは子供の成長に合わせて5段階で適した位置に調節できます。

サラサラメッシュを採用した「ふかふか座面クッション」は厚みがあり、長時間ドライブで快適な座り心地を実現。通気性に優れ、汗をかきやすい季節でも快適に座れます。

また、シートカバーは簡単に取り外して洗えるのも魅力。「Eマーク」適合モデルのため、安心して使いやすいのもおすすめポイントです。

アップリカ(Aprica) チャイルド&ジュニアシート エアグルーヴ プレミアム AD

長く愛用したい方におすすめのモデル

1歳頃から使えるチャイルド&ジュニアシートです。深く包み込むようなフィット感で子供をしっかりと保護。腰の位置を安定させる「ランバーサポート」により、快適な姿勢を保てます。5段階ヘッドサポートで頭を適した位置に調節しやすく、ブースターシートとしても使えるなど、長く愛用できるおすすめモデルです。

吸収素材「マシュマロGキャッチ」を採用し、万が一の際の強い衝撃から頭を守れる仕様。また、背もたれは2段階で調節でき、車のシートに合わせてフィットさせやすいのも便利です。

アップリカ(Aprica) チャイルド&ジュニアシート エアグルーヴ AC

「3Dサポートクッション」で体全体を衝撃から守る

頭・肩・腰を「3Dサポートクッション」で支えるジュニアシートです。深いヘッドサポートで、大切な頭をすっぽりと包み込むように保護。肩や腰を両側から包み込むシート形状により、体全体を衝撃から守れるおすすめモデルです。

背もたれを取り外してブースターシートとして使用可能なのも便利。ハーネスベルトは取り外せるため、成長に合わせて臨機応変に使えます。丸洗いもできるため、清潔に使いやすい点も魅力です。

グレコ(GRECO) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタン 67170

ペットボトルやおもちゃ置き場として役立つカップホルダー付き

子供の成長に合わせて、3~11歳頃まで使えるジュニアシートです。ヘッドサポートの高さは6段階、アームレストは2段階で調節可能。背もたれを外せばブースターシートとしても活躍するなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

左右に取り付けできるカップホルダーを備えており、ペットボトルやおもちゃ置き場として役立ちます。シートベルトを通す位置がわかりやすく、取り付けも簡単。「肩ベルト調節クリップ」により、シートベルトを体にフィットしやすいのもうれしいポイントです。

グレコ(GRECO) ジュニアシート ジュニアプラスDX マイメロディ 67399

サンリオキャラクター「マイメロディ」とのコラボモデルです。リボンとたれ耳がキュートで、かわいらしいデザインのジュニアシートを探している方におすすめ。ヘッドサポート部にはESPフォームとウレタンクッションの二重衝撃吸収機構を採用し、側面からの衝撃を和らげます。

ヘッドサポートは6段階で調節でき、子供の成長に合わせてフィットさせやすいのもポイント。背もたれを取り外してブースターシートとして使用できるほか、別の車へ乗せ替えたいときに便利です。シートは取り外して洗えるため、衛生面が気になる方も安心して使えます。

グレコ(GRECO) ジュニアシート エアポップ 2036316

子供の成長に合わせて3段階で使用できるジュニアシートです。5点シートベルトでしっかりと体を固定するチャイルドシートモードなら、1歳頃から使用可能。成長したらジュニアシートモードやブースターシートモードでも使えるなど、長く愛用できるモデルを求めている方におすすめです。

ボディに18個のエアホールを設けた、通気性の高さもポイント。サラッとした座り心地のメッシュシート採用とあいまって、汗をかきやすい子供の快適なドライブをサポートします。座面部分にやわらかいウレタンクッションを搭載した、座り心地のよさも魅力です。

軽量コンパクト設計で、小さめの車種にもぴったり。5段階で高さを調節できるヘッドサポートを採用しており、眠った状態でもしっかりと頭を支えます。

エールベベ(AILEBEBE) サラット3ステップ クワトロST

脚の上に衝撃吸収材を置く「インパクトシールド」採用のジュニアシートです。肩ベルトで子供を直接締め付けないため、圧迫感が気になる場合におすすめ。インパクトシールドを乗せてシートベルトを通すだけと、取り付けや子供の乗せ降ろしも簡単です。

22個もの大径エアホールを設けており、優れた通気性を確保。サラサラメッシュ生地の採用と相まって、ムレやすいおしりや太ももに汗をかきにくくなります。日本国内で設計・開発されている安全の高さも魅力です。

レカロ(RECARO) ジュニアシート ジェイスリー RK270.551

スポーツカーのレーシングシートで人気の「レカロ」のジュニアシートです。座面には体圧を効果的に分散させる「高密度クッションパッド」を採用し、長時間ドライブでも快適な乗り心地をキープ。エルゴノミック形状で正しい姿勢を保ちやすいのも魅力です。

熱やムレを防ぐ「通気ホール」と「エアメッシュカバー」の採用により、通気性に優れているのも特徴。子供の汗かきが気になる場合におすすめのモデルです。ヘッドレストは5段階で高さを変えられるほか、ブースターシートとしても使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) チャイルドシート 88-902

1~10歳頃までと、長く使えるジュニアシートです。本体の肩ベルトと股ベルトを利用するチャイルドモードと、車のシートベルトで取り付けるジュニアモード、背もたれを外して使うブースターモードの3WAYモデル。子供の成長に合わせて、長く愛用したい場合におすすめです。

買い求めやすい価格ながら、子供の安全を守る機能が充実しているのがポイント。頭を守る大型ヘッドサポートを搭載しているほか、無段階で調節できるヘッドレストでベストなポジションをキープできます。

背中・腰・ヘッドパッドに、通気性の高いメッシュ生地を採用。快適な乗り心地を実現します。カバーは取り外して丸洗いでき、清潔な状態を保てるのも魅力です。

アップリカ(Aprica) ブースタージュニアシート マシュマロジュニアエアー サーモ AB

快適性を重視したい場合におすすめのブースターシート

背もたれのないブースターシート。柔らかいクッションを採用し、快適な座り心地を実現します。おしりや太ももがフィットする立体座面を採用しているなど、快適性を重視したい場合におすすめ。適用年齢の目安は3~11歳頃までです。

シートカバーは立体メッシュシートで通気性に優れた仕様。取り外して洗えるため、衛生面が気になる方でも安心して使えます。

重さ1.5kgと、ブースターシートならではの軽さも魅力。複数台の車で共有しながら使用したい場合に役立ちます。

グレコ(GRECO) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール 67151

丸洗いできる「ウォッシャブルシート」採用のブースターシート。よだれや食べ残しなど、衛生面が気になる方におすすめのモデルです。3~11歳頃まで使えるロングユース設計も魅力。アームレストを子供の成長や体格に合わせて2段階で調節できます。

収納式カップホルダーを備えているのも便利。左右両サイドそれぞれに備えており、ペットボトルやおもちゃの置き場として役立ちます。6色から選択できるカラーバリエーションの豊富さもポイント。アニメキャラクターをあしらったカラーもラインナップしています。

ジュニアシートの売れ筋ランキングをチェック

ジュニアシートのランキングをチェックしたい方はこちら。