事故や煽り運転の記録を残せる「バイク用のドライブレコーダー」。前後撮影に対応したモデルやGPS機能を搭載したモデル、衝撃を感知できるセンサーを内蔵したモデルなど、さまざまなタイプが販売されています。

そこで今回は、おすすめのバイク用ドライブレコーダーをご紹介。選び方やチェックすべき機能などもあわせて解説するので、ぜひぴったりの1台を見つけてみてください。

バイクにドライブレコーダーは必要?

By: thanko.jp

事故や煽り運転を抑止したり、巻き込まれた際の記録を残したりできるドライブレコーダーは、自動車と同様にバイクにも非常に有効なアイテムです。特に、事故の際の保険審査においては、自身の行動の正当性を示す有力な証拠になります。

また、走行の様子を動画に残し、後から見返したりSNSで共有したりといった楽しみ方も可能。ライディングを楽しむという意味でも、ドライブレコーダーの導入はおすすめです。

バイク用ドライブレコーダーの選び方

前後撮影が可能かチェック

By: amazon.co.jp

バイク用ドライブレコーダーを選ぶ際は、前後撮影が可能かどうかもチェックしましょう。前後撮影に対応していると、前方だけでなく後方の様子も映像に残せるため、煽り運転や追突事故といったトラブルの際にも有力な証拠を残せます。

前後撮影が可能なモデルは、2台のカメラがセットになっているので、前方のみのドライブレコーダーより取り付けに工夫が必要な場合がほとんど。また、価格もやや高価になる傾向にあります。

給電方式をチェック

車体のバッテリーから給電するタイプ

By: amazon.co.jp

多くのバイク用ドライブレコーダーは、車体のバッテリーから給電するタイプを採用しています。バッテリー切れの心配がないため、長時間のツーリングでも安心して使用できます。

一方、配線が必要なうえ、好みの位置にカメラを取り付けられない場合がある点がデメリット。設置に多少の知識や工夫が必要なタイプのバイク用ドライブレコーダーです。

USBなどで充電するバッテリー内蔵型

By: amazon.co.jp

バイク用ドライブレコーダーのなかには、バッテリーを内蔵しているモデルがあります。小型で軽量なモデルが多く配線が不要なため、取り付け位置の自由度が高い点がメリットです。ヘルメットに装着して使用できるモデルもあります。

もちろん、バッテリーが切れると使用できないので、長時間の使用には向かない点がデメリット。USB充電に対応しているモデルであれば、モバイルバッテリーから給電しながら使用できるモデルもあります。

防水性能をチェック

By: daytona.co.jp

車と違いバイクには屋根がないので、雨や雪が直接当たります。そのため、バイク用のドライブレコーダーは防水・防塵の機能が必要です。実際、多くのバイク用ドライブレコーダーが防水防塵に対応しています。

防水・防塵を示す指標のひとつが、IPコード。例えばIP67と表記されていた場合、防塵性能が6、防水性能が7であるということを表しています。数字が大きければ大きいほど高い防水防塵性能をもっているということなので、参考にしてみてください。

画質はフルHD以上のモデルがおすすめ

画質もバイク用のドライブレコーダーを選ぶ際の重要なポイント。特に解像度が高いモデルは、標識やナンバープレートまで鮮明に記録できる可能性が高くなります。フルHD以上の解像度であれば、高精細な映像を撮影可能です。

また、HDRやWDRに対応しているモデルもおすすめ。夜間やトンネルなど明暗差が大きい環境でも白飛びや黒潰れを軽減し、必要な情報を得やすい鮮明な映像を撮影できます。

画角をチェック

By: daytona.co.jp

バイク用のドライブレコーダーを選ぶ際は、画角にも注目しましょう。画角の広いモデルを選ぶと広範囲を撮影できるため、信号や標識はもちろん、場合によっては対向車線の様子や交差点で信号待ちしている車なども撮影でき、いざというときに役に立つ可能性があります。

一方で、画角が広いほど歪みが大きく、画質も低下しやすい点には注意が必要。バイク用のドライブレコーダーには、130~170°程度の画角に対応したモデル展開が多いので、好みに合わせて選んでみてください。

その他機能をチェック

駐車監視機能

駐車監視機能が搭載されているモデルもあります。バイクは駐車中でも目立ちやすく高価でもあるので、イタズラや盗難のターゲットになりがち。そのため、駐車監視機能が搭載されていると、イタズラや盗難への抑止効果が期待できます。

駐車監視機能とは、エンジンが切れている状態でも映像を記録できる機能のこと。常時撮影ではなく、内蔵されたセンサーを活用して衝撃を感知した場合のみ撮影を開始できるタイプであれば、消費電力も抑えられます。

GPS機能

バイク用のドライブレコーダーに搭載されていると便利な機能のひとつが、GPS機能。GPS機能に対応していると、動画だけではなく自身が走行したルートも細かく記録できるので、万が一トラブルに巻き込まれた場合にも、より説得力のある証拠を提出できます。

トラブルに遭った場合だけではなく、ツーリングの記録用としても便利な機能です。過去のツーリングで立ち寄った場所と日時を、後から振り返って楽しめます。一方、GPS機能搭載モデルはやや高価なモデルが多くなります。

バイク用のドラレコはアクションカメラで代用できる?

アクションカメラのなかには、付属のマウントを使用してバイクに取り付けられるモデルもあります。アクションカメラの多くは、水中でも使用できるような防水に対応しており、頑丈に設計されているため、バイク用のドライブレコーダーとしても十分に活用可能です。

アクションカメラは4Kのような高画質に対応しているモデルが多い点もメリット。一方で高価格のモデルが多い点や、撮影データのファイルサイズも大きくなりやすい点がデメリットです。

アクションカメラについて詳しく知りたい方はこちら

バイク用ドライブレコーダーのおすすめメーカー

デイトナ(DAYTONA)

By: daytona.co.jp

デイトナとは、静岡県に本社を置く日本のメーカー。カスタムパーツやライディングウェア、メンテナンス用品など、幅広いバイク関連のアイテムを販売しています。また、キャンプ用品やバイク用のガレージなどを手掛けている点も特徴です。
 
デイトナのバイク用ドライブレコーダーは、高性能なイメージセンサーとレンズを採用しています。夜間やトンネルでも鮮明な映像を撮影できるため、画質にこだわる方におすすめです。

アサヒリサーチ(Asahirisachi)

By: amazon.co.jp

アサヒリサーチは、東京都に本社を構える日本のメーカーです。ビデオライトのOEM製品の供給や自社ブランドのドライブレコーダーを展開。ドライブレコーダーに関連した複数の特許も取得しています。

アサヒリーチは、主にヘルメットに装着するドライブレコーダーを販売。品質の高さに定評があり、警察仕様がベースになっている製品です。ヘルメットに装着するタイプのドライブレコーダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アキーヨ(AKEEYO)

By: akeeyo.co.jp

アキーヨは、慕晟株式会社によって展開されているブランド。バイクや車のドライブレコーダーのほか、バイクの外装セットも販売しています。また、防犯カメラや静電容量無接点方式のキーボードなど、カー用品以外のジャンルを手掛けている点も特徴です。

アキーヨのバイク用ドライブレコーダーは、頑丈かつ高級感があります。また、Wi-Fiを利用してスマートフォンと連携する機能にも対応しているので、撮影した動画をSNSで共有したい方にもおすすめです。

バイク用ドライブレコーダーのおすすめモデル

ミツバサンコーワ(MITSUBASANKOWA) 二輪車用ドライブレコーダー EDR-21Gα

広範囲を撮影できる、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。カメラと本体が分離したセパレートタイプを採用しているため、自由な位置に取り付けられます。車体のバッテリーから給電できるので、バッテリー切れを気にしなくてよい点も魅力です。

前方だけではなく後方も撮影可能。カメラの画角は162°で、広い範囲を記録に残せます。Gセンサーを内蔵しており、衝撃を感知した場合に前後15秒の動画を別ファイルに保存する機能にも対応するため、事故の瞬間もしっかりと記録可能です。衝撃録画のほか、常時録画と手動録画にも対応しているため、シーンに合わせて使用できます。

GPS機能に対応している点も特徴のひとつ。録画データと一緒に日時と位置情報を記録できるので、事故の際の重要な証拠として活用可能です。

カメラはIP66とIP67、本体部分はIP55の防水防塵に対応。悪天候でも安心して使用可能です。

デイトナ(Daytona) バイク専用ドライブレコーダー Mivue M760D 17100

暗い場所でもきれいに撮影できる、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。高性能なイメージセンサーを内蔵しており、暗い環境でもノイズの少ない鮮明な映像を撮影可能です。レンズの絞り値もF1.6と明るく、効率的に光を取り込めます。

2台のカメラで前方と後方の両方を撮影可能。上書きをしないイベント録画機能を手動で素早く起動できるほか、衝撃の前5秒と後15秒を自動的に専用ファイルに保存する機能にも対応しています。万が一の事故の際も、大事な証拠をしっかりと保存可能です。

Wi-Fiに対応している点も特徴のひとつ。専用のアプリをインストールしたスマートフォンと連携すると、撮影した動画を素早くスマートフォンに転送したり、SNSで共有したりできます。走行ルートや日時を記録できるGPSを内蔵している点も魅力です。IP67相当の防水防塵にも対応しています。

アサヒリサーチ(Asahirisachi) ヘルメット装着型バイク用ドライブレコーダー Driveman BS-8a

警察でも活用されているバイク用ドライブレコーダーです。両面テープで金属のブラケットをヘルメットに貼り付け、本体に内蔵されたマグネットで固定する仕組みを採用。脱落防止ストラップも付属するので、落下のリスクも軽減できます。

画質はフルHDとHDの2種類から選択可能。27.5fpsに対応しているため全国のLED信号機も鮮明に記録できるので、信頼性の高い映像を残せます。LEDライトも搭載されているため、暗い夜道でも明るく撮影可能です。

電源はバッテリータイプ。HD画質に設定した場合は、最大で8時間連続で撮影可能です。一定時間動作がない場合は自動でスリープし、動きを検知すると起動する機能も搭載されているので、消費電力を抑えながら効率的に使用できます。

動作状況をひと目で把握できるインジケーターも搭載。配線の手間がかからない、おすすめのバイク用ドライブレコーダーです。

 

サンコー(THANKO) バイク用前後ドライブレコーダー SGPMCWDR

モニターを搭載した便利なバイク用ドライブレコーダー。30分間水中に沈めても耐えられる、IP67に準拠した防水防塵に対応しています。雨に当たっても、土埃をかぶっても故障のリスクが少ない高性能なモデルです。

約150°の広範囲を撮影できる、広い視野角も特徴のひとつ。前後カメラなので、正面のトラブルだけでなく、追突事故のような背後のトラブル時にも活躍します。また、本体にはモニターも搭載されているため、録画データをその場で確認可能です。

Gセンサーを内蔵しているので、衝撃を感知した際に、事故の瞬間を含む前後の上書きを防ぎ、自動でデータを保護できます。また、マイクの搭載もポイント。映像だけではなく音声も記録できるため、煽り運転やドライバーとのトラブル時にも活用可能です。

静止画の撮影にも対応。多機能で便利な、おすすめのバイク用ドライブレコーダーです。

Blueskysea バイク用ドライブレコーダー A12

4種類の録画機能に対応した、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。カメラや有線リモコンなどのパーツはすべてIP67に準拠した防水防塵に対応しています。ケーブル接続端子も水が浸入しにくい設計なので、雨の日でも安心して使用可能です。

画角が約150°のため、広範囲を鮮明に撮影できます。付属のブラケットは角度調節にも対応しているので、取り付け位置に合わせて最適な角度で使用可能。WDRにも対応し、黒潰れや白飛びを軽減した見やすい映像を撮影できます。

常時録画・ループ録画・衝撃録画・駐車録画の4種類の録画機能を搭載。エンジンと連動させて撮影を開始・停止したり、駐車中でもセンサーが衝撃を感知すると自動で撮影を開始したり、用途やシーンに合わせた柔軟な使い方が可能です。GPS機能にも対応。SDカードは最大128GBまでサポートしています。

Blueskysea バイク用ドライブレコーダー DV988

タッチパネルを搭載したバイク用ドライブレコーダー。4インチのタッチパネルにより、直感的な操作が可能です。本体はIP66、カメラはIP67の防水防塵に対応しているので、急な天候の変化にも慌てずにすみます。

フルHDの高画質な撮影に対応している点が魅力。画角が約140°と広いほか、HDR機能にも対応するため、トンネルや街灯などの影響により明暗差が大きい場合でも鮮明な映像を記録可能です。GPSモジュールを接続すれば、速度やルートなども記録できます。

Wi-Fiに対応しており、アプリをインストールしたスマートフォンと連携が可能。撮影したデータをスマートフォンから閲覧したり、SNSで共有したりできます。また、駐車監視機能にも対応しており、駐車中に衝撃を感知すると自動で録画を開始可能です。

駐車中の撮影に対応したドライブレコーダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

ミツバサンコーワ(MITSUBASANKOWA) バイク専用ドライブレコーダー EDR-11

シンプルで使いやすい、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。車両から電源を供給できるため、充電の手間がかからずバッテリー切れの心配もありません。バックアップ電源も搭載され、万が一電源が途切れても途切れる瞬間までのデータを安全に保存できます。

約162°の広い画角とフルHDの高画質が特徴。高性能なイメージセンサーを搭載しており、夜間でもノイズの少ない映像を撮影できるほか、WDR対応により明暗差の大きい場所でも鮮明な映像を残せます。全国のLED信号に対応しているのもポイントです。

無線LANにも対応。スマートフォンにアプリをインストールすると、スマートフォンから本体の設定を変更したり、撮影したデータを再生したりできます。

カメラも本体もコンパクトに設計されているので、バイクの外観を損なわずに取り付け可能。防水防塵にも対応しているため、天候を気にせず使用できます。

SAMEUO バイク用ドライブレコーダー Q1-1440P

低価格で導入しやすい、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。2種類の電源供給方式に対応している点が魅力です。降圧ケーブルでバイクのバッテリーに接続して給電できるほか、USBケーブルでも給電できるので、環境に合わせて使用できます。

2Kの高解像度に対応しており、高精細かつ鮮明な映像を残せます。また、Wi-Fiに対応している点も魅力。スマートフォンで撮影した映像を再生できるのはもちろん、データをダウンロードしてSNSで共有できます。

3種類の取り付け方法にも対応。付属のブラケットを使用してバイクのハンドル部分に取り付けられるほか、バイクのフロントカバーやヘルメットにも取り付けられます。バイクの形状や好みに合わせた運用が可能です。

低価格も魅力のひとつ。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのバイク用ドライブレコーダーです。

キジマ(Kijima) ドライブレコーダー 1080J

前方と後方の映像を撮影できるおすすめのバイク用ドライブレコーダー。デュアルカメラを採用しており、前後を同時に録画可能です。前方の事故やトラブルはもちろん、信号待ちの間の追突や煽り運転など後方のトラブルにも対応できます。

逆光に強い高品質なレンズを搭載。トンネルの前後や夜間など明暗差の大きい場所でも白飛びや黒潰れを抑えながら撮影できます。フルHDの高解像度で撮影できる点も魅力のひとつ。標識やナンバープレートも鮮明に記録できます。

Gセンサーの内蔵もポイント。衝撃を感知した瞬間の映像を上書きしないようにロックできるため、トラブル時の証拠を安全に保存できます。感知する衝撃のレベルを5段階で調節できるので、意図しないロックを避けながら使用可能です。

マイクも搭載されているため、音声の録音にも対応。ドライバーとのトラブルの際もしっかりと証拠を残せます。

Motocam バイク用ドライブレコーダー D6RL

鮮明な映像を撮影できる、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。エンジンのオン・オフに合わせて録画を開始・停止できる常時録画に対応しています。SDカードの容量がいっぱいになると自動で上書きできるループ録画も利用可能です。

衝撃を感知できるGセンサーを内蔵。衝撃を感知すると、感知したタイミングの動画がロックされて上書きを防ぎ、証拠を残せます。また、カメラはIP67に準拠した防水防塵にも対応しています。

前後両方のカメラがフルHDの撮影に対応。標識やナンバープレートなども鮮明に記録します。また、HDR機能にも対応しているので、トンネルの前後や夜間のような明暗差の激しい場所でも鮮明な映像を撮影可能です。

スマートフォンとWi-Fiで接続すれば、データを素早くSNSでシェアできます。画質にこだわる方におすすめのバイク用ドライブレコーダーです。

アキーヨ(AKEEYO) ドライブレコーダー AKY-958N

ノイズリダクション機能を搭載した、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。周囲の雑音を最大で12dB低減して撮影できます。風切り音やエンジンによるノイズなど、さまざまな騒音に対応可能。

画角は約130°で、25fpsのフレームレートに対応しています。ジャイロセンサーが内蔵されている点も特徴のひとつ。バイクの傾きを検出し、約45°を超えると自動でデータをロックできるので、転倒時の映像を上書きしてしまう心配がありません。

Wi-Fiにも対応。アプリをインストールしたスマートフォンから、撮影した動画や静止画を確認しダウンロード可能です。また、本体はIP65の防水防塵にも対応。素材に放熱性に優れたアルミニウムが採用されている点も特徴です。

日本語のマニュアルも付属。音声にもこだわりたい方におすすめのバイク用ドライブレコーダーです。
 

ニコマク(NikoMaku) バイク用ドライブレコーダー

見やすい大画面を搭載したおすすめのバイク用ドライブレコーダー。3インチの大画面を搭載しており、録画したデータをパソコンやスマートフォンを使わずに確認できます。わかりやすいボタンも搭載されており、本体の設定も直感的に操作可能です。

カメラには高品質な6層のレンズを採用。画角は約140°と広く、明るい日中はもちろん夜中や悪天候時にも鮮明な映像を保存できます。専用のホルダーを使用すると左右360°、前後90°回転させられるほか、振動も抑制可能です。

衝撃感知機能を搭載している点も魅力。衝撃を感知すると自動的に録画データをロックして上書きを防止し、証拠を残します。また、リモコンを使用すれば手動でデータのロックや、録画の開始・停止を操作可能です。

モニターはIP65、カメラはIP67の防水防塵に対応。画面付きのバイク用ドライブレコーダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

VSYSTO バイク用ドライブレコーダー

明るく鮮明な映像を撮影できる、おすすめのバイク用ドライブレコーダー。フルHDの撮影に対応した高品質なイメージセンサーを搭載しています。6層のレンズを採用し、F1.8の明るさを実現。画角も約150°と広いので、広範囲を撮影できます。

HDRとWDRにも対応。夜間やトンネルなど明暗差がハッキリとした環境でも、黒潰れや白飛びを最小限に抑え、鮮明な映像を撮影可能です。また、27.5fpsのフレームレートに対応しているため、全国のLED信号機もしっかりと撮影できます。

衝撃を検知できるGセンサーも内蔵。衝撃を検知すると自動で録画をスタートできるほか、衝撃前の動画ファイルを保護ファイルとして保存します。また、専用のアプリを使用すると、スマートフォンから映像のダウンロードや削除などが可能です。

頑丈かつ放熱性に優れた金属製の本体も特徴。IP65の防水防塵により、悪天候時にも対応します。

アキーヨ(AKEEYO) バイク用ドライブレコーダー AKY-610L

スマートフォンとの連携にも対応した、おすすめのバイク用ドライブレコーダーです。両面テープ・面ファスナー・ハンドル取り付けの3種類のマウント方法に対応。本体に内蔵されたバッテリーで動作するほか、USB経由で給電しながらの使用も可能です。

フルHDの高画質で録画できる点が魅力のひとつ。古い動画を自動で上書きして常時撮影できるドライブレコーダーモードのほか、容量の上限に達すると撮影が停止するアクションカメラモードも搭載しており、用途に合わせた使い方が可能です。

ドライブレコーダーモードでは、エンジンの始動に合わせて自動で録画できます。Wi-Fiにも対応しており、スマートフォンとも連携可能。録画や撮影、保存した動画の再生や保存、削除などの操作は、スマートフォン側から行えます。

全国のLED信号にも対応しており、証拠を残す用途にもぴったり。使いやすいおすすめのバイク用ドライブレコーダーです。

Apexcam アクションカメラ M80 air

バイクに取り付けてドライブレコーダーとしても活用できるアクションカメラ。付属のアタッチメントを利用してバイクに取り付け可能です。1050mAhの専用バッテリーが2個付属するため、入れ替えれば長時間の撮影にも対応できます。

4Kの高画質な映像を撮影できる点が魅力。画角も170°と広いので、広範囲を効率的に撮影できます。通常の動画撮影だけではなく、「静止画」や時間の経過を表現できる「タイムラプス」、連写などにも対応しており、記録以外にもクリエイティブな撮影を楽しめます。

HDMI出力に対応。テレビやパソコンなどに接続して、撮影したデータを大画面で視聴可能です。また、専用アプリをインストールしたスマートフォンとWi-Fiで接続できるため、撮影した動画を素早くSNSで共有できます。

海でも使用できる強力な防水性能も魅力。アクションカメラタイプのバイク用ドライブレコーダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。