事故やあおり運転の記録に役立つ「ドライブレコーダー」。万が一の事故に備えて、バイクにドライブレコーダーを装着することは大切です。多くのメーカーから、さまざまな機能を搭載したバイク向けのドライブレコーダーが発売されています。

今回は、おすすめのバイク用のドライブレコーダーをご紹介。バイク用のドライブレコーダーを選ぶ際のポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

バイク用のドライブレコーダーの必要性とは?メリットを解説

バイクにドライブレコーダーを設置しておけば、あおり運転の被害を受けたときや万が一の事故に遭ったときでも安心です。証拠として録画した映像を提出することで、自分に非がないことを証明できます。

また、自分が走った道を思い出として記録できるのも、ドライブレコーダーを設置するメリット。ツーリングの思い出も仲間と簡単に共有できます。

バイク用のドライブレコーダーのデメリット

By: amazon.co.jp

バイクにドライブレコーダーを設置することで見栄えが悪くなるのがデメリット。配線やドライブレコーダー本体が目立ってしまい、車両全体の印象を損ねることがあります。

また、電力が必要なのもバイクにドライブレコーダーを設置するデメリットです。ドライブレコーダーのみ設置する場合は、それほど心配ありません。しかし、ほかに電力を消費するものがついている場合はバッテリーが上がってしまう可能性があります。

バイク用のドライブレコーダーの選び方

取り付け場所をチェック

バイクの前後

By: amazon.co.jp

バイクの前後に取り付けるドライブレコーダーは、大きく分けて2種類あります。1つは前方のみ、もしくは後方のみを撮影するタイプ。もう1つは前後撮影に対応したタイプです。

前方のみ、もしくは後方のみを撮影するタイプのドライブレコーダーは手軽に取り付けられるのが特徴で、値段も比較的安いのが魅力的。ただし、前後の様子を撮影するためにはバイクの前後にそれぞれ設置する必要があります。

前後撮影に対応したドライブレコーダーは、前方と後方の両方向を同時に撮影できるタイプ。ただし、比較的高価格であることと、コードの取り付けなどに時間がかかるのが欠点です。

ヘルメットの前後

By: rakuten.co.jp

バイク本体ではなくヘルメットの前後に取り付けるタイプのドライブレコーダーもあります。コードが必要なくヘルメットに取り付けるだけなので簡単です。

ただし、画角が限られているのがヘルメットの前後に取り付けるドライブレコーダーのデメリット。撮影範囲も分かりにくいため、場合によっては事故の瞬間が映っていないこともあります。

充電方式をチェック

バイクのバッテリーから直接給電する直結型

By: rakuten.co.jp

日常的にバイクに乗る方には、バッテリーから直接給電する直結型のドライブレコーダーがおすすめ。充電が不要で、電池の残量も気にする必要ないのがメリットです。長時間のライディングにも向いています。

ただし、取り付けに手間がかかることがデメリット。ライディングの邪魔にならないように、適したポジションに取り付ける必要があります。また、比較的価格が高いのも留意点です。バイクから電力を供給するので、バッテリーが上がってしまう可能性もあります。

直結型のドライブレコーダーは長時間のライディングをする方におすすめです。

充電式・電池式の内蔵型

By: amazon.co.jp

充電式・電池式の内蔵型ドライブレコーダーは配線が不要なので、取り付け・取り外しが簡単なのが魅力的。また、小型で手軽に利用しやすく、比較的価格も安いのが特徴です。ドライブレコーダーの内部で電源供給が行われるため、バイクのバッテリーが上がってしまうトラブルを避けられます。

ただし、一定時間使うとバッテリーが切れてレコーディングできなくなるのがデメリット。そのため、長時間のライディングにはやや不向きです。また、直結型のドライブレコーダーと違い、定期的に充電や交換をする必要があります。

内蔵型のドライブレコーダーは、バイクを使う頻度が比較的低い方におすすめです。

録画方式をチェック

常時録画タイプ

By: rakuten.co.jp

常時録画機能を搭載したドライブレコーダーはバイクのエンジンがかかると自動的に録画を開始します。録画忘れを防げるので、不意の事故があった場合にも確実に証拠を残せるのが魅力です。

常時録画機能はほとんどのドライブレコーダーに搭載されています。SDカードなど記憶媒体の容量がなるべく多いモノを選ぶのがおすすめです。

Gセンサー機能タイプ

By: amazon.co.jp

Gセンサーとは、ある一定以上の衝撃に反応する機能のことです。Gセンサー機能を搭載したドライブレコーダーは、バイクへの衝撃を自動的に感知して録画を残します。事故の前後数十秒間の映像を保存するのが特徴です。

常時録画と異なる記録媒体に保存する仕組みになっているモノが多く、大切なデータが消える心配がないのもポイント。事故の記録を確実に残したい方は、Gセンサー機能がついたドライブレコーダーを選びましょう。

画質はフルHD以上のモデルを

By: tk-kijima.co.jp

画質のよさもドライブレコーダーを選ぶ際のポイント。画質が悪いドライブレコーダーの場合、録画した映像が事故の証拠として役に立たない可能性があります。例えば、衝突してきた車のナンバープレートが読み取れないと事故の捜査に時間がかかってしまいます。

なので、ほかの車やバイクのナンバープレートをはっきり読み取れる程度の画質があるモノを選ぶのがポイント。基本的に、フルHD以上の画質に対応したモデルであれば十分です。

防水・防塵性能をチェック

防水・防塵性能もドライブレコーダーを選ぶ際の重要なポイント。バイク用のドライブレコーダーは雨やちり、ほこりに直接さらされます。外部からの影響を受ける分、壊れやすいため、防水・防塵機能がついたモデルが必須です。

防水・防塵性能を判断する際、「IPコード」が指標になるので確認してみてください。例えば、IPコードが「IP56」なら、防水性能が「6」、防塵性能が「5」になります。基本的に、IP55以上、つまり防水・防塵性能がともに5以上であれば安心です。

盗難防止機能をチェック

バイクは盗難やいたずらの被害を受けやすい乗り物です。ドライブレコーダーを盗難防止対策として使うなら、駐車監視機能を搭載したモデルもチェックしてみてください。エンジンを切ってバイクを駐車しているときにも、周囲の様子を録画できるのがメリットです。

駐車中の常時録画に加えて、タイムラプス録画できるモデルもあります。バイクが盗難されるリスクを少しでも軽減するなら、なるべく駐車監視機能がついたドライブレコーダーを選びましょう。

便利な機能をチェック

スマホ連動機能

By: amazon.co.jp

無線LAN接続することでドライブレコーダーとスマホを連動できる機能があると便利です。あらかじめスマホとドライブレコーダーを連動させておくことで、万が一の事故があったときに記録をすぐ確認できます。

ほかにも、スマホ連動機能があればツーリングの映像を保存し、SNSなどにアップロードしてバイク仲間と共有することも容易です。ドライブレコーダーを取り付けるときは、スマホで映像の見え方を確認しながらカメラを適した位置に調節できます。

GPS機能

By: rakuten.co.jp

ドライブレコーダーのなかには、GPS機能を搭載しているモノもあります。自分がバイクで走ってきた道が分かるので、ツーリングの記録を残すときに便利です。また、もしもの事故が起こったときにはGPSですぐに位置の確認ができます。正確な位置情報がわかれば、救急車や警察への連絡もスムーズです。

また、速度を記録する機能がついているGPSなら、事故が起きたときにスピード違反していないことを証明できます。

ループ録画機能

ループ機能を搭載したドライブレコーダーなら記憶媒体の容量がオーバーしたときに、古い動画を最新の動画に上書きできます。自動で行われるので、録画容量を気にする必要がないのがメリットです。

ただし、Gセンサー機能を搭載していない場合、事故の映像が必要なときに録画が消えてしまい確認できないリスクがあるのがデメリット。なかには、衝撃があった際の映像は上書きしないよう保護する機能を備えた製品も展開されているので、録画データの自動削除が気になる方はチェックしてみてください。

バイク用のドラレコはアクションカメラで代用できる?

アクションカメラのなかには、付属のマウントを使用してバイクに取り付けられるモデルもあります。アクションカメラの多くは、水中でも使用できるような防水に対応しており、頑丈に設計されているため、バイク用のドライブレコーダーとしても十分に活用可能です。

また、アクションカメラは、4Kのような高画質に対応しているモデルが多い点もメリット。一方で、高価格のモデルが多い点や、撮影データのファイルサイズも大きくなりやすい点はデメリットです。

なお、アクションカメラはバッテリー持ちがあまりよくないうえ、長時間使うと発熱してしまう可能性もあります。一時的な利用ではなく恒久的に使えるモノを探している方は、バイク用のドライブレコーダーを設置するのがおすすめです。

アクションカメラについて詳しく知りたい方はこちら

バイク用のドライブレコーダーのおすすめメーカー

ミツバサンコーワ(MITSUBA)

By: rakuten.co.jp

「ミツバサンコーワ」は東京都に本社を置く、カー用品やバイク用品などを扱うメーカーです。1994年に設立してから、技術力と信頼をベースに、カーライフ文化の発展への貢献を目指しています。

ミツバサンコーワが製造するドライブレコーダーは、常時録画と衝撃録画で事故の瞬間を確実に捉えるのが特徴。白飛びや黒つぶれを抑止し、色調とコントラストを補正することで、高い品質の映像を残します。高性能なドライブレコーダーが欲しい方におすすめのメーカーです。

デイトナ(DAYTONA)

By: rakuten.co.jp

「デイトナ」は静岡県に本社を置く、オートバイのパーツを扱うメーカーです。1972年に設立してから、バイクをよく知り愛する社員がユーザーに必要とされる製品を開発・販売し続けています。

デイトナのドライブレコーダーは、高感度センサーを使用することで明暗差があるときも黒つぶれや白飛びしにくいのが特徴。また、Wi-Fiを内蔵しており、スマホで専用のアプリと接続すればリアルタイムでの映像の確認や録画の保存が簡単にできます。スマホと連動することで気軽に録画を確認したい方におすすめのメーカーです。

ユピテル(YUPITERU)

By: yupiteru.co.jp

「ユピテル」は、東京都に本社を置く電子機器メーカーです。1970年に設立した歴史のあるメーカーで、高品質で独創的な製品の開発を行っています。映像技術やマイクロ波応用技術、無線通信技術といった3つのコア技術を活用しているのが特徴です。

ユーザーの細かい用途や目的に合わせた、さまざまな種類のドライブレコーダーを製造しているのが魅力。ITの最先端技術を取り入れたユピテルならではのモデルが揃っています。自分の希望に合わせてドライブレコーダーを選びたい方におすすめのメーカーです。

バイク用のドライブレコーダーのおすすめモデル

ミツバサンコーワ(MITSUBA) バイク専用ドライブレコーダー EDR-21α


前後2台の高性能カメラで事故の瞬間を確実に記録するドライブレコーダー。フルHDの画質と明暗に強いWDRを搭載しているため、さまざまなシーンで相手のナンバープレートがはっきりと確認できます。

ループ機能がついており、SDカードの容量がオーバーすると自動的に上書きするのが魅力。加えて、Gセンサー機能も搭載しているため、事故の瞬間を捉えた映像が消える心配もありません。

バイク本体から直接電源を供給するのも特徴。バックアップ電源も搭載しているため、突然の衝撃で電池が切れても事故の瞬間を記録可能です。外部にさらされるカメラはIP66とIP67程度の高い防水・防塵性能を備えています。

高性能で幅広いシーンに確実に対応できるドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

ミツバサンコーワ(MITSUBA) バイク専用ドライブレコーダー EDR-22


バイク全体の印象を損いにくいドライブレコーダー。カメラとドライブレコーダー本体がコンパクトであることに加えて、それぞれ分離しているため、バイクに装着しても目立ちません。

バイクの前後に2台のカメラを取り付けることで、前方・後方が同時に録画できます。バイク本体から電源を供給するタイプなので、バッテリーが切れる心配もありません。カメラ・本体ともに、IP66とIP67の高い防水・防塵性能を備えています。

無線LANでスマホと専用のアプリを連動すれば、録画した映像のダウンロードやドライブレコーダー本体の設定も容易です。64GBのmicroSDカードも付属しているため、取り付けるだけですぐにドライブレコーダーが使えます。

雨やちりに強く目立たない、高性能なドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

ミツバサンコーワ(MITSUBA) バイク専用ドライブレコーダー 1カメラ EDR-11α


前後どちらか一方向のみを撮影するドライブレコーダー。バイクの前後に2台のカメラを装着するドライブレコーダーと比べて、取り付ける手間が少なく価格も安いのが魅力です。

対角162°の広い視野角とフルHDの高画質を備えており、広範囲の映像を鮮明に記録します。常時録画に加えて、Gセンサー機能による衝撃録画や手動での録画も可能です。

振動加速度試験10Gをクリアするほど振動に強いのも魅力。加えて、ドライブレコーダー本体はIP55、カメラはIP66とIP67の強靭な防水・防塵性能を備えています。

安価でコンパクトなドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

デイトナ(DAYTONA) バイク用 ドライブレコーダー MiVue M777D


特別なセンサーと大口径レンズの組み合わせにより、夜道を走っていても十分に明るい映像を残せるドライブレコーダー。フルHDでナンバープレートをはっきりと確認できる映像を残せるだけでなく、白飛びや黒つぶれにも強いのが特徴です。

バッテリーを内蔵しており、カメラ単体でも撮影できるのが魅力。バイクから降りて手持ちで撮影することはもちろん、ヘルメットの前後に取り付けることも可能です。カメラ・本体・スイッチはすべてIP67相当の高い防水・防塵性能を備えています。

256GBのメモリーカードを利用すれば、低品質モードで最大約65時間続けて録画可能です。また、ループ録画機能によって、古い録画は最新のモノに自動的に上書きされます。

夜道を走るのが好きな方におすすめのドライブレコーダーです。

ユピテル(YUPITERU) バイク専用ドライブレコーダー BDR-2

By: yupiteru.co.jp

無線LAN接続により専用アプリと連動させることで、スマホからさまざまな操作が行えるドライブレコーダー。記録した映像の確認はもちろん、解像度の変更や本体の設定もスマホで簡単に行えます。

常時録画機能と、録画ボタンを押すことでトラブル発生前後の映像を記録するイベント記録機能を搭載。イベント記録は常時録画とは別のフォルダにデータを保存するため、必要な映像が消えてしまう心配がありません。

GPS機能を搭載しているのも魅力。走行速度や日時、加速度やログの記録と確認できます。また、IP55相当の防水・防塵性能を備えているため、悪路や雨が降っている状況下での走行も安心。ドライブレコーダーの設定に手間をかけたくない方におすすめです。

トランセンド(Transcend) 二輪車用ドライブレコーダー DrivePro 20 TS-DP20A-32G


コンパクトでヘルメットにも取り付け可能なドライブレコーダー。バッテリー内蔵型で、最大2.5時間連続で使えるのが特徴です。

暗い場所でもフルHDで鮮明に録画できるのが魅力。IP68の高い防水・防塵性能に加えて、米軍落下試験規格相当の衝撃耐性を備えているため、さまざまなシーンに対応できます。

Gセンサー機能を搭載しており、事故の記録を確実に保存可能。静止状態が5分間続くとパワーセーブモード、さらに5分間続くと自動的に電源オフになるため、無駄な電力消費も抑えられます。

通勤通学に使いやすい小型のドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

マックスウィン(MAXWIN) 2カメラウェアラブルドライブレコーダー BDVR-A001-SET1


バイク本体だけでなく、ヘルメットにも取り付け可能なドライブレコーダー。コンパクトなサイズで取り付けも簡単なのが魅力です。リチウム電池内蔵で、最大で約2.5時間連続動作します。

フロントカメラとリアカメラはともにフルHD対応。前後の映像を鮮明に録画可能です。ヘルメットに装着すれば、一人称視点で臨場感のある映像を撮影できます。

駐車監視機能がついているのも特徴。駐車中の常時録画に加え、タイムラプス録画が可能です。バイクを駐車していても周囲の状況を記録するため、盗難やいたずらの対策になります。Gセンサー機能もついているので、事故の証拠となる映像が消えてしまう心配はありません。

コンパクトで比較的安価なドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

キジマ(Kijima) ドライブレコーダー 1080J


バイク乗りのために製造されたドライブレコーダー。IP67相当の高い防水・防塵性能を備えたレンズカメラが、バイクの前後を同時に録画します。フルHDの高画質なので、ナンバープレートも鮮明に記録可能です。

Gセンサーで感知する衝撃の強さを5段階に設定できるのが特徴。ちょっとした衝撃でGセンサー機能が働いて録画することを防げるため、容量を無駄に消費してしまう心配がありません。

防水仕様の外部コントローラーを標準で搭載しており、手元で簡単にドライブレコーダーを操作できるのも魅力的。また、セッティングにパソコンが必要ないので、外出先でも各種設定やフレーミングの調節が行えます。

日常のライディングで使いやすいドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

アキーヨ(AKEEYO) ドライブレコーダー AKY-958N


AIノイズリダクション機能を搭載するドライブレコーダー。風切り音など、周囲の環境ノイズを低減するため、記録した映像の音質がクリアに聞こえます。

本体とカメラが分離しており、取り付けしやすいのが魅力。本体はIP65、前後カメラはIP67相当の高い防水・防塵性能を備えています。

ループ録画機能・Gセンサー機能を搭載。スマホと無線で連動すれば、映像のダウンロードやチェックがさまざまな場所から行えます。

コスパのよいドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

ブルースカイシー(Blueskysea) バイク用 ドライブレコーダー A12


多機能かつ頑丈なドライブレコーダー。本体・前後カメラはともにIP67の高い防水・防塵性能を備えています。GPS機能やスマホ連動機能を搭載しているため、速度や時刻、映像の確認も簡単です。

ループ録画機能により、容量を管理する必要はありません。Gセンサー機能も搭載しているので、事故の瞬間を確実に記録できます。

駐車監視機能がついているのも魅力。バイクのエンジンを切っているときも周囲の映像を録画できるため、盗難やいたずらのリスクを減らせます。

便利な機能が豊富なドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

アサヒリサーチ(Asahirisachi) バイク用レコーダー Driveman BS-10


警視庁と共同開発したドライブレコーダー。ヘルメットに装着するタイプで、フル充電の場合約8時間連続して撮影可能です。

状況に合わせて、画質をHD・フルHD・2Kに切り替えられるのが特徴。相手のナンバープレートはもちろん、ツーリングの映像も高画質で鮮明に記録できます。

IP56相当の防水・防塵性能を備えているのも魅力。スマホ連動機能やGPS機能も搭載しています。

ヘルメットにつけるタイプで、綺麗な映像を残せるドライブレコーダーが欲しい方におすすめです。

バイク用のドライブレコーダーの売れ筋ランキングをチェック

バイク用のドライブレコーダーのランキングをチェックしたい方はこちら。