自動車に設置して走行や事故の状況を録画できる「ドライブレコーダー」は、煽り運転の問題がメディアに取り上げられて以降、売れ行きが好調です。

この注意喚起はバイク乗りに関しても同様で、設置を検討しているバイカーも増えているとのこと。とはいえ、自動車のドライブレコーダーに比べて情報が少ないのが現状です。

そこで今回は、バイク用ドライブレコーダーのおすすめモデルをご紹介。耐衝撃性や防水性などバイカーならではのチェックポイントもあるので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

バイク用ドライブレコーダーの選び方

By: amazon.co.jp

防水性能で選ぶ

雨の中で運転することを考慮して、バイク用のドライブレコーダーは防水機能が必須の機能となります。バイク用として販売されている製品は基本的にどのモデルも防水機能が搭載されていますが、念のためしっかりチェックしましょう。

前後撮影の有無で選ぶ

走行中は前方から走ってくる車やバイクだけでなく、後方の車両に追突されるという可能性もあります。そのため、前後両方の映像を同時に記録できるドライブレコーダーを選ぶのがおすすめです。また、撮影できる範囲も確認をしましょう。画角が広ければ広いほどたくさんの範囲を撮れます。

バイクに車のドライブレコーダーは搭載可能?

By: amazon.co.jp

ドライブレコーダーの基本的な機能は車用・バイク用どちらもあまり変わりませんが、車用のドライブレコーダーは車の中で使うことを想定してるため、防水機能を備えていないモノがあります。車用のドライブレコーダーをバイク用に流用すること自体はできますが、防水機能をしっかり搭載していて、バイクの振動に耐えられるモノを選ぶのがおすすめです。

GoProなどのアクションカメラでも良いの?

By: amazon.co.jp

GoProなどのアクションカメラは屋外での使用を想定しているので、防水機能を搭載しているモデルが揃っています。専用のアタッチメントを使えば取り付けが容易にでき、ドライブレコーダーとしても十分に利用可能です。実際にロードバイクに取り付けて走行風景の動画を撮る方も多くいます。

ただし、GoProなどのアクションカメラは画質が高いので価格が高くなりがち。用途と照らし合わせて考えましょう。

バイク用レコーダーのおすすめモデル

アサヒリサーチ(Asahirisachi) Driveman BS-8

ドライブレコーダーメーカーとして知られているアサヒリサーチの製品。警視庁や大阪府警が採用しているモデルをベースにしています。ヘルメットに装着するタイプのため、ライダー目線で映像を録画可能です。両面テープと磁石でしっかり固定できるので、安心して使えます。付属の脱落防止ストラップで紛失を防げるのも魅力です。

フル充電の状態で約8時間の連続撮影ができます。防塵・防水設計のため雨の日も心配ありません。解像度は約200万画素フルHDと約100万画素HDの2種類が用意されており、利用シーンに合わせて切り替えられます。

Blueskysea ドライブレコーダー DV188

バイクの運転をしていると、前だけでなく後ろからも追突される危険があります。そこでおすすめなのが、ふたつのカメラを搭載しているこのドライブレコーダー。前後の様子を同時に録画するので、万が一後ろから追突されて事故が起きても記録をしっかり残せます。

記録はすべてmicroSDカードに保存。容量は最大64GBで、もしオーバーしても古い記録ファイルから自動的に上書きしてくれます。本体が衝撃を感知した場合は、データを自動でロック。事故発生時の記録が上書きされてしまうのを防げるため安心です。

エスジェイカム(SJCAM) スポーツアクションカメラ SJ5000X

アクションカメラとしてもバイク用のドライブレコーダーとしても使える高性能な製品。約170度の超広角レンズを搭載していて広い範囲を撮影可能です。手ブレ補正機能を備えているため、走行中の振動を吸収して安定した映像を残せます。使用時間はフル充電の状態で約80分と短めですが、モバイルバッテリーなどを用意すれば給電しながらの録画が可能です。

本体にはWi-Fiが内蔵されており、カメラが映している映像をスマホでチェックできます。防水機能を搭載しているため雨の日のドライブでも安心して使えるほか、マリンスポーツ時の撮影にも使用可能。ドライブレコーダーをはじめ、さまざまな用途に使える製品を探している方におすすめです。

ユピテル(YUPITERU) バイク専用ドライブレコーダー BDR-2

GPS機能を搭載しているドライブレコーダー。映像の記録はもちろん、付属の専用ソフトを使えば速度や走行ルートのログを記録できます。Googleマップにデータを取り込むことができるので、自分が走ったルートを地図上に表示して共有が可能です。

電源はバイクから供給。ドライブレコーダー本体のケーブルを繋げれば、エンジンのオン・オフに連動して録画してくれます。充電が切れてしまうという心配もありません。画質は1080P HD・1080P・720P・VGAの4種類が用意されているので、画質と録画時間のどちらを重視するのか考慮して選びましょう。

常に記録をしてくれる「常時記録機能」に加えて、「イベント記録機能」を搭載しているのがおすすめポイント。常時記録中にドライブレコーダー本体の録画ボタンを押すと、前10秒・後20秒あわせて30秒間の記録を別フォルダに保存して、データの上書きを防いでくれます。事故が起きた瞬間の記録をしっかり残したい方に最適の機能です。

Vemico アクションカメラ 4K

リーズナブルな価格でありながら4K映像の撮影ができる製品。アクションカメラとしてもドライブレコーダーとしても使える優れモノです。170度の広角レンズを搭載しているので、幅広い範囲を収められます。

4Kモードの場合、フル充電の状態で約60〜90分間の連続使用が可能です。予備のバッテリーを使えば使用時間を2倍に延ばせるほか、付属のUSBケーブルでモバイルバッテリーなどに繋げれば、充電しながら撮影ができます。

本体にWi-Fiが搭載されており、スマホに専用アプリをインストールしておけばワイヤレス録画が可能。コストパフォーマンスに優れているおすすめの製品です。

Tachograph 走行記録計 HD 720P

約69gの軽量ドライブレコーダー。防水機能を搭載しているので、バイク用ドライブレコーダーとして使うのはもちろん、アウトドアシーン全般で幅広く活躍してくれます。複数のアタッチメントが付属しているため、用途に合わせてしっかりと取り付けられて便利。連続使用時間は約2.5時間です。