ドライブレコーダーは、主に交通事故発生時において周囲がどのような状況だったのか、責任の所在を明確にするために使われるアイテムです。さらに、ドライブ中の映像を動画投稿サイトやSNSへ配信するなど、観光娯楽の面でも活用され始めています。

需要の高まりと共に、メーカー各社より機能が充実した機種も数多く発売されていて、選ぶのも一苦労。そこで、今回はドライブレコーダーを購入するにあたって押さえておかなければいけないポイントと選び方について触れつつ、おすすめの機種をランキング形式でご紹介します。

ドライブレコーダー購入時のポイント

ポイント1:画素数や解像度が高いこと

By: amazon.co.jp

ドライブレコーダーの撮影素子は200~400万画素が主流となっています。一方、解像度は1920×1080のFull HDが標準スペック。画素数や解像度が大きいとナンバープレートがくっきりと写り、事故時の証拠映像として活用できます。

ポイント2:暗いところの撮影に強いこと

夜間やトンネル内などの暗いところでの撮影は、搭載するレンズの性能が重要。簡単な見分け方としては、スペックのうち「F値」が小さいモノが、暗所に強いドライブレコーダーです。

なお、一部の上位機種には明るさを自動調節して明暗差を鮮明にするHDR(ハイダイナミックレンジ)や、WDR(ワイドダイナミックレンジ)と呼ばれる機能が搭載されています。

ポイント3:視野角が広いこと

車の事故は、正面衝突だけではなく右左折時や車線変更時、交差点直進時に発生するケースが多く、そのため、ドライブレコーダーもできるだけ視野角が広いモノを選ぶのがポイント。現在は水平100~110°が主流なので、価格やその他の機能と比較しつつ選ぶようにしましょう。

ポイント4:記録映像が容易に確認できること

ドライブレコーダーの記録媒体にはmicroSDHC/microSDXC(以下microSD)を使う場合がほとんどですが、録画映像を再生する場合にmicroSDを取り出すか、本体ごと取り外してPCと接続する必要があります。

そんな手間を省くために、Wi-Fiを搭載している製品がおすすめ。スマホやタブレットに専用アプリをインストールすることで映像の読み出しができ、録画映像をすぐに確認できます。

ドライブレコーダーの選び方

モニターが付いているモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

モニター付きのドライブレコーダーなら、記録した映像をすぐに確認できるのはもちろん、カメラの設置位置の確認・位置調整も容易です。せっかく購入しても、設置位置が悪く肝心の映像が記録できなくては意味がありません。初めてドライブレコーダー設置する方は、モニター付きのモノがおすすめです。

イベント記録ができるモノを選ぶ

ドライブレコーダーにおける「イベント」とは、車が走行中に大きな衝撃を受けたり、急なハンドル操作や急ブレーキが発生したりすること。これらをドライブレコーダーが検知すると、事故の可能性が高いと判断し、自動的に上書き禁止のデータとして保存してくれます。

GPSが付いているモノを選ぶ

GPS対応ドライブレコーダーのメリットは、映像の内容のみならず日時や場所などの情報が特定できることです。万が一事故に遭ってしまった場合でも、走行速度などを記録しているので証拠として活用できます。ただし、GPSを搭載するとその分価格も高くなるので、予算に余裕がある方におすすめの機能です。

駐車監視機能の使いやすさで選ぶ

駐車時に何らかの衝撃が加わった場合や動く物を検知した場合に、ドライブレコーダーの内蔵バッテリーを使って記録を行う機能です。

記録時間は数分から数時間とさまざまですが、駐車中の当て逃げや車両荒らしなどの記録に役立ちます。走行時だけでなく、駐車時のトラブルにも備えたい方におすすめの機能です。

ドライブレコーダーのおすすめメーカー

ユピテル(YUPITERU)

By: amazon.co.jp

ユピテルは1970年創業の高周波・無線通信技術の専門メーカーです。レーダー探知機やエンジンスターター、カーセキュリティーなどの自動車用品をリーズナブルな価格で販売しています。

最近は、ポータブルカーナビゲーションやドライブレコーダーなどの商品ラインナップも充実。リーズナブルで高機能なドライブレコーダーを探している方におすすめのメーカーです。

ユピテルのドライブレコーダーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

ケンウッドはJVC・ケンウッドの主力のブランド。カーナビゲーションやカーオーディオ、ドライブレコーダーなどを中心とするオートモーティブ分野の事業が売上高の多くを占めます。

純正カーオーディオをはじめとして、自動車メーカーへのOEM供給の実績も豊富です。ハイクオリティなカー用品で定評のあるブランド。ドライブレコーダーも商品ラインアップが充実したおすすめのメーカーです。

コムテック(COMTEC)

By: amazon.co.jp

コムテックはドライブレコーダーでトップクラスのシュアを誇る企業です。ドライブレコーダーのほかに、リモコンエンジンスターターやレーダー探知機など自動車用電子精密機器の開発・製造を行っています。

2002年には自動車メーカーへもリモコンスターターのOEM供給を開始しています。トヨタ自動車系列の大手自動車部品メーカーのデンソーをはじめ、自動車用品量販店のオートバックスやイエローハットなどとも取引実績が豊富な企業です。

ドライブレコーダーのおすすめランキング

第1位 ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー 全方位720° Q-01c

業界初、水平360°、垂直360°を実現したユピテルの全方位型ドライブレコーダー。前後、左右、そして上下を1台で記録できる実力派です。交通事故の約7割がクルマの側面や後方からの衝突。そんな事態でも確実に記録できるのがメリットです。

事故などで衝撃を検知した際の映像は専用フォルダに記録します。事故時の証拠映像が上書きされないので安心です。また、複数の衝撃が加わった時に一つのファイルとして記録できる「マルチトリガー機能」搭載。続けさまの衝突の状況をしっかり記録します。

カメラ部は角度調整が可能で、フロントガラスの角度に応じて最適な位置に取り付けられるのもメリット。録画方式は「常時録画」、「イベント記録」、そして手動で録画する「ワンタッチ録画」を備えています。GPSを搭載しているので、自車位置、速度や加速度を専用ビューアソフトで確認することも可能です。

第2位 JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー Wide Quad HD DRV-830

microSDカードスロットを2つ搭載して、128GBのmicroSDカード2枚を使えば最長約300時間まで録画可能なケンウッドのハイエンドドライブレコーダーです。モニターは大画面3.0型を採用。

フルハイビジョンの約1.8倍の高解像度のWQHDで高精細な映像が記録できます。ナンバープレートの番号もクリアな品質で確認しやすいのがメリット。

トンネルの出入り口や逆光時などの明暗差が大きい場合も、ハイダイナミックレンジ対応なので、「白とび」や「黒つぶれ」を軽減して、見やすい映像で録画可能です。広視野角レンズを採用して、水平132°、垂直70°、対角144°の広い画角を実現しています。

前のクルマとの車間距離を測って、画面表示と警告音で知らせる「前方衝突警告」をはじめ、「車線逸脱警告」、「発進遅れ警告」などの運転支援機能も充実したおすすめのハイクオリティドライブレコーダーです。

第3位 JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー 無線LAN対応 DRV-W630

ケンウッドのWi-Fi対応ドライブレコーダー。録画した映像をスマホで手軽に確認でき、SNSなどにアップすれば、ドライブレコーダーの楽しみが広がるのがメリットです。高解像度のWQHDも魅力。フルハイビジョンの約1.8倍の情報量です。

録画モードも充実。「常時録画」はエンジンをかければ録画を自動で開始して、エンジンを切れば録画を停止するので撮り忘れがありません。万が一の際にも安心です。

衝撃、速度やターンの急激な変化を検知すると、「イベント記録」が作動。自動で緊急録画領域に録画します。イベント検知5秒前、検知15秒後までを記録して「常時録画」モードに戻る仕様です。

別売りのドライブレコーダー用車載電源ケーブルを接続すれば「駐車監視録画」にも対応可能。「衝撃検知」と「動体検知」のダブルで異常を検知して前後20秒を録画します。手軽に使えて基本性能が高いドライブレコーダーです。

第4位 ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー Wi-Fi内蔵 DRY-WiFiV5c

簡単にスマホと連携できるWi-Fi機能を搭載したユピテルのドライブレコーダーです。スマホでのリモート操作や、スマホにドライブレコーダーのデータを手軽にダウンロードできます。

モニターは1.5型TFTカラー液晶を搭載。小型モニターながら、2304×1296画素の3メガフルハイビジョン録画と高解像度なのがポインです。カメラの最大記録画角は水平115°、垂直60°と広め。ハイダイナミックレンジにも対応して見やすい映像がメリットです。

カメラレンズ部は可動式で、ほとんどのクルマに取り付けられます。記録中の映像のバックアップ体制も充実。非常用電源「スーパーキャパシタ」と「内蔵充電池」でしっかり保存してくれます。ルームミラーの死角に設置すれば、ほとんど邪魔にならないコンパクトさも魅力のドライブレコーダーです。

第5位 コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー HDR-352GHP 200万画素 Full HD

2.7型フルカラーTFT液晶を搭載して、フルHDで記録可能なコムテックのドライブレコーダーです。最大の特徴は、水平136°、垂直70°、そして対角168°というカメラ画角の広さ。今まで狭い画角のドライブレコーダーを使っていた方にもおすすめのモデルです。

録画方式も「常時録画」、「イベント記録」、そして「マニュアル録画」に対応。最大12時間録画できる「駐車監視機能」も搭載。さらに「緊急録画停止機能」も備えています。事故などで大きな衝撃を検知すると、録画を停止。事故時の貴重な映像を上書き消去することを防げて安心です。

安心の日本製で、製品保証が3年間と長いのもメリット。さらに、登録から1年間有効の補償サービスもついていて、万が一の事故の時には一律2万円が補償されます。GPSも搭載したフルスペックの機能とサービスが充実した、おすすめのドライブレコーダーです。

第6位 ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー 動体検知記録 WD300

ユピテルのリーズナブルなドライブレコーダーです。安くても加速度を計測するGセンサーとGPSを搭載して、「常時録画」、「イベント記録」、「ワンタッチ録画」の録画方式に対応。

モニターは2.0型フルカラーTFT液晶で、映像は1920×1080画素のフルHDで記録できます。最大記録画角は水平95°、垂直50°、対角130°。ハイダイナミックレンジ搭載で逆光のなかでも強いのがメリットです。「白とび」や「黒つぶれ」を抑えた鮮明な映像を記録できます。

音声も記録可能で、ON/OFFを切り替え可能。また、記録したデータは、Windowsパソコンなら専用ソフトを使うことなくWindows Media Playerで再生できます。

動体検知機能を搭載しており、別売りオプションを購入すれば「駐車記録機能」も利用できるので、リーズナブルながら基本性能がしっかりしたドライブレコーダーです。

第7位 JVCケンウッド(KENWOOD) 3メガフルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-410

フルハイビジョンを超える2304×1296画素の3メガフルハイビジョンで記録できるケンウッドのドライブレコーダーです。フルハイビジョンの約1.5倍の画素数で高精細な映像がメリット。ハイダイナミックレンジ対応で、画像の「白とび」や「黒つぶれ」も軽減して記録します。

注目の機能は「スーパーキャパシタ」。車両の電源が喪失しても、予備電源が作動して、記録中のファイルの破損を防いでくれます。万が一の際にも安心の機能です。

録画方式も「常時録画」、「イベント記録」、「駐車録画」、そして「手動録画」と充実しています。しかも、GPSを装備しているので、速度や緯度などの位置情報も記録。無料の専用ソフトで走行記録を表示できます。リーズナブルながら、ハイスペックなケンウッドのドライブレコーダーです。

第8位 JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー コンパクト DRV-230

ケンウッドのコンパクトなスタンダードドライブレコーダーです。モニターは2.0型フルカラーTFT液晶なので、コンパクトカーなどでも運転の邪魔にならないのがメリット。

ケンウッド従来モデルから約20%のコンパクト化を実現しています。モニターは小型でも水平100°、垂直52°、対角111°の広い画角で記録できるので安心です。

録画モードは「常時録画」をはじめとして、「イベント記録」、「駐車録画」と充実。手動で録画することも可能です。解像度は1920×1080画素のフルHDで録画できます。

露出の異なる画像を複数合成記録する「ハイダイナミックレンジ」対応なので、明暗差が大きいシーンでも見やすい映像で記録できるのも魅力。リーズナブルな価格のドライブレコーダーをお探しの方におすすめのモデルです。

第9位 コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー 200万画素 Full HD HDR-751G

幅66×高さ92×奥行き43.2mmとコンパクトな、GPS搭載のドライブレコーダーです。コンパクトながら、水平136°、垂直70°、対角168°と超広角レンズを採用しているのが魅力。

モニターは2.4インチフルカラーTFT液晶で200万画素のフルHD。「常時録画」、「イベント記録」、「マニュアル録画」の3つの録画ができます。ハイダイナミックレンジ対応で、逆光でも見やすい映像を記録可能。

また、急な加減速や急ハンドルを知らせる「運転支援機能」も搭載しています。さらに、「速度監視路線警報機能」を新たに装備。自動速度取締機の1km、500m手前に来ると警報で知らせてくれます。

オプションの直接配線コードを接続すれば、「駐車監視機能」も追加可能。日本製、3年間のメーカー保証、補償サービス付きで安心のドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドライブレコーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。