ドライブレコーダーは車のエンジン始動と同時に撮影を開始し、意識することなく運転中のできごとが録画できる便利なアイテム。事故などの決定的な瞬間はもちろん、最近では運転中に感動した風景を記録する方も増えてきています。

そこで今回は、ドライブレコーダーのおすすめモデルをピックアップ。購入にあたって、チェックしておくべきポイントや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ドライブレコーダーの選び方

画質はフルHD以上、画素数は200万画素以上がおすすめ

By: amazon.co.jp

事故の瞬間を捉えるべく動画や音声を記録するドライブレコーダーですが、もっとも重要なのが事故時に相手の車のナンバーを正確に読み取れるかどうか。ドライブレコーダーの画質は「解像度」と「画素数」を基準に判断しますが、解像度は1920×1080(フルHD)、画素数は200万画素以上のモデルを選びましょう。

また、より鮮明な映像を求めるのであれば、解像度2560×1440のWQHDモデルもおすすめ。周囲の信号の状態、通行人の状況などをしっかり記録したい場合に最適です。

暗所の撮影に強ければ夜間やトンネルも安心

夜間やトンネル内などの暗いところでの撮影は、搭載するレンズの性能が重要。簡単な見分け方としては、スペックのうち「F値」が小さいモノが、暗所に強いドライブレコーダーです。

なお、一部の上位機種には明るさを自動調節して明暗差を鮮明にするHDR(ハイダイナミックレンジ)や、WDR(ワイドダイナミックレンジ)と呼ばれる機能が搭載されています。

視野角が広いモデルならより広域を撮影可能

By: amazon.co.jp

車の事故は正面衝突だけでなく、右左折時や車線変更時、交差点直進時に発生するケースも少なくありません。ドライブレコーダーを選ぶ際には、できるだけ視野角が広いモノを選ぶのがおすすめです。

製品には視野角の目安として縦・横・斜めの数値が記載されていますが、最も重要なのは横の撮影範囲を表した「水平画角」。最低でも100°以上、万が一に備えたい方は120°以上がおすすめです。

なお、最近は360°撮影に対応したドライブレコーダーも登場しています。前後カメラだけではカバーできない、真横からの幅寄せも撮影することが可能。また、車内の状況も撮影できます。あらゆる事故の瞬間をとらえたい方はぜひチェックしてみてください。

モニター付きなら映像の確認も簡単

By: amazon.co.jp

本体にモニターが付いたタイプは、記録された映像をすぐに確認できるうえ、カメラを設置する際に位置調整や角度の確認が容易になります。また、Wi-Fi搭載モデルはスマートフォンに動画や写真を転送できるので便利です。

2カメラ・前後撮影可能なモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

最近では、2つのカメラが設置され、前後どちらも撮影できるモデルが販売されています。前方のみを記録するタイプの場合、後方から追突されたときや、煽られたときに撮影できません。さまざまな状況で起こり得る交通事故の対策として、前後撮影が可能なモデルがおすすめです。

しかし、ドライブレコーダーを2つ設置するのは余分な費用がかかるだけでなく、映像を確認したいときも不便。1台の本体にフロントカメラ、バックカメラを搭載しているセパレートモデルや、1台で前後の撮影が可能なモデルも販売されているので、チェックしておきましょう。

その他機能もチェック

イベント記録

ドライブレコーダーにおける「イベント」とは、車が走行中に大きな衝撃を受けたり、急なハンドル操作や急ブレーキが発生したりすること。これらをドライブレコーダーが検知すると、事故の可能性が高いと判断し、自動的に上書き禁止のデータとして保存してくれます。

GPS

GPS対応ドライブレコーダーのメリットは、映像の内容のみならず日時や場所などの情報を記録できることです。万が一事故に遭ってしまった場合でも、走行速度などを記録しているので証拠として活用できます。ただし、GPSを搭載しているモノは、その分価格も高くなるので留意しておきましょう。

駐車監視機能

駐車監視機能とは、駐車時に何らかの衝撃が加わった場合や動く物を検知した場合に、ドライブレコーダーの内蔵バッテリーを使って記録をおこなう機能です。

記録時間は数分から数時間とさまざまですが、駐車中の当て逃げや車両荒らしなどの記録に役立ちます。走行時だけでなく、駐車時のトラブルにも備えておきたい方にもおすすめの機能です。

ドライブレコーダーのおすすめメーカー

ユピテル(YUPITERU)

By: amazon.co.jp

ユピテルは、1970年創業の高周波・無線通信技術の専門メーカーです。レーダー探知機やエンジンスターター、カーセキュリティーなどの自動車用品をリーズナブルな価格で販売しています。

最近では、ポータブルカーナビやドライブレコーダーなどのラインナップも充実。リーズナブルで高機能なドライブレコーダーを探している方におすすめのメーカーです。

ユピテルのドライブレコーダーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コムテック(COMTEC)

By: amazon.co.jp

コムテックはドライブレコーダーでトップクラスの実績があるメーカー。高画質フルHDや前後2カメラ対応モデルなど、高性能なモデルをラインナップしています。リモコンエンジンスターターやレーダー探知機など自動車用電子精密機器の開発・製造もおこなっています。

2002年には自動車メーカーへ、リモコンスターターのOEM供給を開始。トヨタ自動車系列の大手自動車部品メーカーのデンソーをはじめ、自動車用品量販店のオートバックスやイエローハットなどとも取引実績が豊富な企業です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドはJVCとケンウッドが合併して2008年に誕生したメーカーです。現在もそれぞれのブランド名で製品を販売。カーナビ・カーオーディオ・ドライブレコーダーなど、さまざまな製品をラインナップしており、そのなかでもドライブレコーダーは、高画質な製品が多いのが特徴です。

自動車メーカーへのOEM供給も豊富。ハイクオリティなカー用品を取り揃えているおすすめのブランドです。

ドライブレコーダーのおすすめモデル

ユピテル(YUPITERU) GPS搭載ドライブレコーダー DRY-ST3000P

ユピテル(YUPITERU) GPS搭載ドライブレコーダー DRY-ST3000P

200万画素の高画質に対応した、モニター一体型のドライブレコーダー。死角を少なくする148°広角レンズや、明暗差のある場所でも鮮明な撮影が可能なHDR機能を搭載しています。多機能なモデルにもかかわらず、リーズナブルに購入できるコスパのよさも魅力です。

GPSを内蔵しており、位置・日時・速度などの情報を映像と一緒に記録できるため、専用ソフトを使用すればパソコンで走行軌跡の確認が可能です。

また、記録方式を3種類から選択できるのも便利なポイント。エンジンの始動・停止時に連動する「常時録画」、衝撃を感知したときのみ自動で録画する「Gセンサー記録」、録画中に残した映像を手動でフォルダに保存する「ワンタッチ記録」から選べます。

ユピテル(YUPITERU) 夜間特化型ドライブレコーダー SN-SV70C

ユピテル(YUPITERU) 夜間特化型ドライブレコーダー SN-SV70P

日中をきれいに撮影できるだけでなく、夜間や暗い場所でも鮮明な映像を記録できるモニター一体型のドライブレコーダーです。画素数は200万画素。フルHDで撮影できるうえ、ソニーの裏面照射型技術である新機能「STARVIS」が、高感度・高画質撮影を可能にしています。

超広角レンズが搭載されており、画角は最大174°を実現。死角が少ないため、左右からの衝突などを記録できる可能性が高く、万が一のときに安心です。また、ダイナミックレンジで表示できる技術「HDR」にも対応しており、逆光下や明暗差のあるような場所でも鮮明な映像が記録できます。

当モデルは、Wi-Fi機能が搭載されているのもポイント。録画した動画をスマートフォンへ転送できるため、事故の状況をすばやく確認できます。さらに、スマホで本体の設定やリモート操作も可能。さまざまな機能を搭載したおすすめのモデルです。

ユピテル(YUPITERU) 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー DRY-TW7500dP

ユピテル(YUPITERU) 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー DRY-TW7500dP

By: yupiteru.co.jp

前後2カメラがセットになった、モニター一体型のドライブレコーダーです。画素数はフロントが200万画素のフルHD、リアカメラが100万画素。画角はフロントが153°、リアカメラが125°と死角の少ない撮影が可能です。リアカメラと接続するケーブルは9mの長さがあるため、ミニバンやSUVなど大型車にも対応します。

明暗差のある場所で効果を発揮するHDRや衝撃を感知するGセンサー、GPS機能を搭載しているなど多機能な点も特徴。駐車記録オプションを利用した際は、駐車監視も可能です。

コムテック(COMTEC) 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015

コムテック(COMTEC) 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015

車の前後を同時に撮影できる、前後2カメラドライブレコーダーです。フロントカメラ、リアカメラともに200万画素と高画質。対角画角はフロント145°、リアカメラは140°と、死角を最小限に抑えられるのも特徴です。

録画方法は3種類。エンジンのオン・オフに連動する「常時録画」、衝撃を感知した際に自動録画する「衝撃録画」、任意のタイミングで録画できる「マニュアル録画」から選択できます。

エンジンをかけた直後に録画を開始する「高速起動システム」を搭載しているほか、映像を保存するSDカードが破損していた場合にLEDで異常を表示する「SDカードチェック」を搭載。万が一の瞬間を逃しにくい、おすすめモデルです。

コムテック(COMTEC) 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026

コムテック(COMTEC) 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026

前後2カメラがセットになった、モニター一体型のドライブレコーダー。フロントカメラとリアカメラともにWQHD370万画素のカメラを搭載しており、万が一のトラブルを鮮明に記録。

後続車が接近した際に音声やアラームで知らせてくれる機能や、安全運転支援機能として先行車発進・先行車接近・前方信号検出・車線逸脱検出・車速アラーム・ドライブサポートなど、多くのお知らせ機能を搭載しています。

また、別売りオプションの専用配線コードを接続することで駐車監視機能が作動し、駐車中の衝撃を感知。前後の映像を記録するため、当て逃げ事故にも対応できます。

コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー HDR-352GHP

コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー HDR-352GHP

最大200万画素の記録が可能なモニター一体型のドライブレコーダーです。水平画角が136°と広角なのが特徴。さらに、駐車監視機能を標準搭載。最大で12時間、駐車中の録画ができるため、当て逃げやイタズラなどの証拠映像を鮮明に記録します。

1/2.7型イメージセンサーが搭載されており、夜間の通勤や子どもの送り迎えの機会が多い方におすすめです。また、コムテック製のレーダー探知機と相互通信できるのも当モデルの魅力。レーダー探知機のGPSから情報を取得して、撮影場所の確認や走行速度、日時情報などの記録・設定・補正をおこないます。

コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー ZDR-012

コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー ZDR-012

200万画素のフルHD撮影ができるドライブレコーダーながら、比較的安価に購入できるモデルです。「高速起動システム」の搭載により、エンジン始動から約1秒で録画を開始。一瞬も撮り逃がしません。

また、緊急録画停止機能も備えています。大きな衝撃を受けた事故などの際に自動で録画を停止し、車をレッカーしたり工場に持ちこんだりした場合に重要な映像を上書きしてしまうのを防ぐ便利な機能です。

2.3インチの液晶モニターを搭載しているのもポイント。記録映像をそのまま確認できるほか、録画中も映像を表示できるため、設置の際の角度調整も簡単です。

JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー DRV-340

JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー DRV-340

フルHDで鮮明な映像記録ができるモニター一体型のドライブレコーダーです。フルHD搭載モデルながら、比較的購入しやすい価格も魅力。水平画角は100°なので、トラブルの記録用や、景色やドライブの思い出を高画質で撮影したい方にもおすすめです。

プラケットを装着したサイズは幅61×高さ93×奥行き32mmとコンパクトで、設置した際の目立ちにくさもポイントです。また、別売りの車載電源ケーブルを接続できるため、最長24時間の駐車監視機能も使えます。

JVCケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

JVCケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

地上デジタル放送で知られるフルハイビジョンの約1.8倍もの高解像度で映像を記録できる、WQHDに対応したドライブレコーダーです。車のナンバーもくっきり鮮明に撮影できるため、万が一の事故時などに正確な証拠を確保できます。

また、撮影モードは切り替え可能。最長20時間映像を記録できる「WQHD記録モード」や最長53時間記録できる「HD記録モード」、「3M記録モード」や「Full HD記録モード」の4種類から選択できます。

広視野角レンズを搭載しているのもポイント。水平画角132°、対角画角144°と比較的幅広い範囲を鮮明に記録可能です。

パパゴ(PAPAGO) オールインワン ドライブレコーダー GoSafe S36GS1

パパゴ(PAPAGO) オールインワン ドライブレコーダー GoSafe S36GS1

前後2カメラ式でモニター一体型のドライブレコーダーです。夜間の撮影で効果を発揮するソニー製センサーを搭載。リアカメラはIPX7の防水設計で、外付け可能。雨に強いので、車載動画の撮影時も安心です。

本体は熱がこもりにくい「ハイエアフロー設計」になっており、車内の過酷な環境にも耐えられます。さらに、レンズにはキズや熱に強く、耐用年数の長さが特徴の「オールガラスレンズ」を採用。プラスチック製レンズより耐久性に優れているため、おすすめです。

HQBKiNG ドライブレコーダー WiFi

HQBKiNG ドライブレコーダー WIFI

コンパクトな丸いフォルムが印象的なドライブレコーダー。Wi-Fiを内蔵しており、動画や写真をスマートフォンにダウンロードすることが可能です。170°もの超広角レンズを搭載しており、5車線幅の道路でも死角の少ない映像が記録できます。

フロントガラスに取り付けるマウント部分は3段階で調整可能です。また、本体のレンズは360°回転できるため、車外のさまざまな方向の景色を撮影したいシーンで活躍できるのも魅力のひとつ。さらに、暗い場所を明るく補正する「スーパーWDR暗視機能」を搭載し、夜間でもナンバープレートの数字を鮮明に記録します。

Aisea 3カメラ ドライブレコーダー

Aisea 3カメラ ドライブレコーダー

前方170°、後部140°の2つのレンズに加え、車内撮影用に120°のレンズを搭載した、3カメラドライブレコーダーです。車内撮影用レンズは、ドライブの楽しい思い出を記録するのにおすすめ。また、駐車時の車内監視やタクシーに設置するという使い方もできます。

画素数は1920×1080のフルHD画質。さらに、WDR・HDR機能を搭載しており、逆光や明暗差のある場所でもくっきりとした映像記録が可能です。

セルスター(Cellstar) ドライブレコーダー CSD-630FH

セルスター(Cellstar) ドライブレコーダー CSD-630FH

GPS内蔵のミラー型ドライブレコーダーです。ミラー部は簡単にバックミラーに取り付けられるほか、カメラはセパレート式を採用。フロントガラスの視界を狭くしたくない方におすすめです。カメラは別売りコードを使用すれば、フロントガラス以外のダッシュボードやリア部にも設置できます。

ソニー製のCMOSセンサー「Exmor」を搭載しており、ノイズの少ない鮮明な映像を記録可能。また、5種類59基の衛星受信に対応しており、正確な位置情報や走行速度、走行軌跡が記録できます。

DuDuBell ドライブレコーダー MC100

DuDuBell ドライブレコーダー MC100

ミラー型のドライブレコーダー。300万画素のフルHDで映像を記録できるのが魅力です。録画モードは「フロントカメラのみ」「フロントカメラ+右上バックカメラ」「フロントカメラ+バックカメラの並列表示」「バックカメラのみ」の4モードに対応。4.3インチのタッチパネルで簡単に操作できます。

車体に予期しない振動があった場合には駐車時でも自動で録画し、その映像が上書きされないようロックをかける「Gセンサー」「駐車監視」機能を搭載。突然の事故にも対応できます。そのほかにも、バックナビ機能や動体検知機能など、さまざまな便利機能を網羅。ドライブレコーダーに多機能を求める方におすすめです。

コムテック(COMTEC) 360°全方向対応ドライブレコーダー HDR360G

コムテック(COMTEC) 360°全方向対応ドライブレコーダー HDR360G

前後左右、360°全方位の映像を記録できるドライブレコーダー。リアカメラを装着しにくい車種に取り付けられるドライブレコーダーを探している方におすすめです。360°映像を半分ずつ並べた、2分割録画機能を搭載。専用ビューワーソフトを使用せずに、前後左右の映像を確認できます。

フロントガラスに直接設置できるため、取り付けも簡単。専用ビューワーソフトを使用すれば、パソコンからでも映像を確認できます。「ラウンド」「16:9」「パノラマ」の3種類から表示を切り替えられるのもポイントです。

また、撮影された映像を保護するバックアップ機能を搭載。事故で電源が遮断された場合でも、ファイルを破損させず記録した映像が消えてしまうのを防ぎます。

カーメイト(CARMATE) d’Action 360s DC5000

カーメイト(CARMATE) d’Action 360s DC5000

レンズを2つ搭載することで前方・左右・後方の360°を録画できるドライブレコーダー。従来では撮影が難しかったあおり運転・幅寄せ・強引な割込みなど、ドライバーの状況も含めて当時の状況を録画することができます。

明るさを自動的に調整してくれる「WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能」を搭載。逆光でも白飛びや黒つぶれなどを抑制できるので、より鮮明な映像を残すことができます。

また、3種類の駐車監視モードにも対応。「常時録画モード」は最大30分間、前後に衝撃を受けた際に録画する「前後録画モード」は最大16時間、後部に衝撃を得桁際に「後録画モード」ならば最大2週間の監視を続けられます。ドライブ中はもちろん、駐車時のトラブルにもしっかりと備えたい方におすすめのドライブレコーダーです。

ユピテル(YUPITERU) marumie Q-01

ユピテル(YUPITERU) marumie Q-01

水平画角360°と垂直画角360°の合わせて720°を記録できる全天球ドライブレコーダー。1台で前後・左右・上下の広範囲をカバーできるので、トラブルに遭遇した際、より確実に周囲の状況を保存することができます。

専用ビューアソフトによって、全方位の映像を自由に拡大・縮小することが可能。事故当時を詳しくチェックできるのが魅力です。また、「Gセンサー」を搭載しているのもポイント。衝撃を検知すると事故前後の一定時間を専用フォルダに保存されるので、誤って上書きされてしまうのを防げます。

12V/24V車に対応しているのもポイント。通常の乗用車はもちろん、大型トラックにも搭載することができます。全方位録画なので、搭載位置が高くてもしっかりと録画できるので安心。死角を少しでも減らしたい方におすすめのドライブレコーダーです。

セイワ(SEIWA) PIXYDA PDR650SV

セイワ(SEIWA) PIXYDA PDR650SV

1台の超広角カメラで水平360°を撮影できるドライブレコーダーです。画像補正機能によって、FHD画質の球面映像を平面状に補正。5インチディスプレイに前方・左・右・車内の4画面を表示することができます。

別売りのオプションを追加すれば、簡単に機能を拡張できるのがポイントです。「リアカメラ」を取り付ければ後部の撮影にも対応可能。後ろからの追突はもちろん、あおり運転などもしっかりと撮影できます。

また、オプションで「常時接続ケーブル」を装着すれば駐車監視モードにも対応。衝撃を検知すると自動的に録画がスタートするので、車上荒らしや当て逃げなどの防犯効果が期待できます。必要な機能だけ後付したい方におすすめのドライブレコーダーです。