ドライブレコーダーは車のエンジン始動と同時に撮影を開始し、意識することなく運転中のできごとが録画できる便利なアイテム。事故などの決定的な瞬間はもちろん、最近では運転中に感動した風景を記録する方も増えてきています。

そこで今回は、ドライブレコーダーのおすすめモデルをピックアップ。購入にあたって、チェックしておくべきポイントや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ドライブレコーダーの選び方

画質はフルHD以上、画素数は200万画素以上がおすすめ

By: amazon.co.jp

事故の瞬間を捉えるべく動画や音声を記録するドライブレコーダーですが、もっとも重要なのが事故時に相手の車のナンバーを正確に読み取れるかどうか。ドライブレコーダーの画質は「解像度」と「画素数」を基準に判断しますが、解像度は1920×1080(フルHD)、画素数は200万画素以上のモデルを選びましょう。

また、より鮮明な映像を求めるのであれば、解像度2560×1440のWQHDモデルもおすすめ。周囲の信号の状態、通行人の状況などをしっかり記録したい場合に最適です。

暗所の撮影に強ければ夜間やトンネルも安心

夜間やトンネル内などの暗いところでの撮影は、搭載するレンズの性能が重要。簡単な見分け方としては、スペックのうち「F値」が小さいモノが、暗所に強いドライブレコーダーです。

なお、一部の上位機種には明るさを自動調節して明暗差を鮮明にするHDR(ハイダイナミックレンジ)や、WDR(ワイドダイナミックレンジ)と呼ばれる機能が搭載されています。

視野角が広いモデルならより広域を撮影可能

By: amazon.co.jp

車の事故は正面衝突だけでなく、右左折時や車線変更時、交差点直進時に発生するケースも少なくありません。ドライブレコーダーを選ぶ際には、できるだけ視野角が広いモノを選ぶのがおすすめです。

製品には視野角の目安として縦・横・斜めの数値が記載されていますが、もっとも重要なのは横の撮影範囲を表した「水平画角」。最低でも100°以上、万が一に備えたい方は120°以上がおすすめです。

なお、最近は360°撮影に対応したドライブレコーダーも登場しています。前後カメラだけではカバーできない、真横からの幅寄せも撮影することが可能。また、車内の状況も撮影できます。あらゆる事故の瞬間を捉えたい方はぜひチェックしてみてください。

モニター付きなら映像の確認も簡単

By: amazon.co.jp

本体にモニターが付いたタイプは、記録された映像をすぐに確認できるうえ、カメラを設置する際に位置調節や角度の確認が容易になります。また、Wi-Fi搭載モデルはスマートフォンに動画や写真を転送できるので便利です。

2カメラ・前後撮影可能なモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

最近では、2つのカメラが設置され、前後どちらも撮影できるモデルが販売されています。前方のみを記録するタイプの場合、後方から追突されたときや、煽られたときに撮影できません。さまざまな状況で起こり得る交通事故の対策として、前後撮影が可能なモデルがおすすめです。

しかし、ドライブレコーダーを2つ設置するのは余分な費用がかかるだけでなく、映像を確認したいときも不便。1台の本体にフロントカメラ、バックカメラを搭載しているセパレートモデルや、1台で前後の撮影が可能なモデルも販売されているので、チェックしておきましょう。

その他機能もチェック

イベント記録

ドライブレコーダーにおける「イベント」とは、車が走行中に大きな衝撃を受けたり、急なハンドル操作や急ブレーキが発生したりすること。これらをドライブレコーダーが検知すると、事故の可能性が高いと判断し、自動的に上書き禁止のデータとして保存してくれます。

GPS

GPS対応ドライブレコーダーのメリットは、映像の内容のみならず日時や場所などの情報を記録できることです。万が一事故に遭ってしまった場合でも、走行速度などを記録しているので証拠として活用できます。ただし、GPSを搭載しているモノは、その分価格も高くなるため留意しておきましょう。

駐車監視機能

駐車監視機能とは、駐車時に何らかの衝撃が加わった場合や動くモノを検知した場合に、ドライブレコーダーの内蔵バッテリーを使って記録をおこなう機能です。

記録時間は数分から数時間とさまざまですが、駐車中の当て逃げや車両荒らしなどの記録に役立ちます。走行時だけでなく、駐車時のトラブルにも備えておきたい方にもおすすめの機能です。

ドライブレコーダーのおすすめメーカー

ユピテル(YUPITERU)

By: amazon.co.jp

ユピテルは、1970年創業の高周波・無線通信技術の専門メーカーです。レーダー探知機やエンジンスターター、カーセキュリティーなどの自動車用品をリーズナブルな価格で販売しています。

最近では、ポータブルカーナビやドライブレコーダーなどのラインナップも充実。リーズナブルで高機能なドライブレコーダーを探している方におすすめのメーカーです。

ユピテルのドライブレコーダーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コムテック(COMTEC)

By: amazon.co.jp

コムテックはドライブレコーダーでトップクラスの実績があるメーカーです。高画質フルHDや前後2カメラ対応モデルなど、高性能なモデルをラインナップ。リモコンエンジンスターターやレーダー探知機をはじめとした、自動車用電子精密機器の開発・製造もおこなっています。

2002年には自動車メーカーへ、リモコンスターターのOEM供給を開始。トヨタ自動車系列の大手自動車部品メーカーのデンソーをはじめ、自動車用品量販店のオートバックスやイエローハットなどとも取引実績が豊富な企業です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドは、JVCとケンウッドが合併して2008年に誕生したメーカーです。現在もそれぞれのブランド名で製品を販売。カーナビ・カーオーディオ・ドライブレコーダーなど、さまざまな製品をラインナップしており、そのなかでもドライブレコーダーは、高画質な製品が多いのが特徴です。

自動車メーカーへのOEM供給も豊富。ハイクオリティなカー用品を取り揃えているおすすめのブランドです。

ドライブレコーダーのおすすめモデル

ユピテル(YUPITERU) GPS機能 ドライブレコーダー WD310

ユピテル(YUPITERU) GPS機能 ドライブレコーダー WD310

フルHD200万画素のフロント用ドライブレコーダー。対角視野角は160°の広角レンズを搭載しているため、幅の広い車やフロントガラスの傾斜がきつい車でも真横方向をしっかりと記録できるモデルです。

また、GPSを内蔵しており位置情報の取得も自動修正。日時情報や走行記録を正確に記録したい方におすすめです。明るさを自動調節して明暗差を鮮明にするHDR(ハイダイナミックレンジ)を搭載しているのもポイント。トンネルなど明るいところから暗いところへ移動した際や、ヘッドライトの反射で発生する白とびを抑えて鮮明な映像を記録します。

ユピテル(YUPITERU) 2カメラ搭載ドライブレコーダー DRY-TW8500d

ユピテル(YUPITERU) 2カメラ搭載ドライブレコーダー DRY-TW8500d

フロントとリアにそれぞれドライブレコーダーをセットする2カメラ仕様の製品。前方の視野角は最大153°、後方は最大125°とワイドで、どちらともフルHDの高画質で録画できるのが特徴です。

G(加速度)センサーを搭載しており、衝撃を検知するとその前後の映像を記録することも可能。また、別途オプションとして駐車記録にも対応しているので、専用モードで監視することもできます。

なお、類似アイテムとして「DRY-TW8500dP」もラインナップされていますが、こちらはWeb専売モデル。同スペックながら、取扱説明書は同梱されておらず、公式HPから確認することになります。購入を検討している方はぜひ違いを把握しておきましょう。

ユピテル(YUPITERU) 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー WDT600

ユピテル(YUPITERU) 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー WDT600

By: yupiteru.co.jp

フロント・リアのそれぞれにカメラを設置できるドライブレコーダー。フロントとリアともにフルHD200画素の高画質で車のナンバーを鮮明に記録できるため、事故やトラブル時の証拠をしっかりと記録したい方におすすめです。

視野角はフロント最大153°・リア最大125°と広視野角なので、横方向の映像もしっかりと記録。オプションの駐車監視ユニットを接続すれば、駐車中のトラブルもしっかりと記録できるため便利です。

ユピテル(YUPITERU) 720° 全天球ドライブレコーダー Q-02c

ユピテル(YUPITERU) 720度 (360度+360度)全天球ドライブレコーダー Q-02c

By: yupiteru.co.jp

前後・上下全方向720°の記録を可能にしたドライブレコーダーです。面倒な配線や設置も不要。本機1台で従来のモデルでは対応できなかった範囲を記録できます。別売りオプションを接続すれば、駐車中も720°全方向を監視。最大で12時間記録できるため、買い物や旅行時の当て逃げや車上荒らしを監視したい方におすすめです。

また、車への衝撃を感知した際の映像を保存するイベント記録中に便利なのが「マルチトリガー機能」。2回目以降の衝撃も1つのファイルとして連続記録できるため便利です。

ユピテル(YUPITERU) 夜間特化型 GPS非搭載 ドライブレコーダー WD250S

ユピテル(YUPITERU) 夜間特化型 GPS非搭載 ドライブレコーダー WD250S

By: yupiteru.co.jp

夜間や暗い場所でも人や車を鮮明に記録する「スタービス機能」を搭載したドライブレコーダー。自動で感度を調節して昼夜を問わず鮮明な映像を記録できるため、夜の運転が多い方におすすめのモデルです。

エンジンのオンオフに連動して自動で記録の開始・終了するのも便利。古い映像を上書きしながら記録し続けるため、わずらわしい操作は必要ありません。映像と合わせて音声も記録できるほか、バックアップ機能も搭載。バッテリーがあがった際など電源の供給ができない状況でも、記録中の映像の破損を防いでくれるため便利です。

コムテック(COMTEC) 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026

コムテック(COMTEC) 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR026

フロント・リアそれぞれにカメラを設置する2カメラドライブレコーダーです。フルHDの約1.8倍もの高精細な画像を記録できるWQHDカメラをフロント・リアともに搭載。370万画素もの高画質によって車のナンバーや信号の色、通行人の状況を鮮明に記録したい方におすすめのモデルです。

また、フロント・リアともに「スタービス」を搭載したソニー製CMOSセンサーを搭載。夜間やトンネル内でも明るい画像の記録を可能にしています。「後続車接近お知らせ機能」も便利。後方から接近する車両を検知し自動で録画も可能です。

コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー ZDR-022

コムテック(COMTEC) ドライブレコーダー ZDR-022

1カメラのシンプルなドライブレコーダー。エンジンのオンオフで自動的に記録を開始し、衝撃を受けた際に映像を自動保存します。また、任意のタイミングでの映像記録も可能です。レンズは水平画角118°、垂直画角59°、F値2.2の仕様。基本性能を備えた、リーズナブルな価格のモデルを探している方におすすめです。

明るさを自動調節して明暗差を鮮明にするHDRによって白とびや逆光に強いのが特徴で、車のナンバーも高画質で記録します。また、全国のLED信号機に対応。東日本と西日本の周波数の異なる信号の色も鮮明に記録できます。

コムテック(COMTEC) 360°全方向対応ドライブレコーダー HDR360G

コムテック(COMTEC) 360度全方向対応ドライブレコーダー HDR360G

360°全方向の記録に対応しているドライブレコーダー。前方だけでなく後方・側面も撮影できるため、幅寄せや追突などが心配な方におすすめのモデルです。垂直視野角は240°と広視野角が特徴。上方向の信号機もしっかりと記録します。

液晶モニターは前後2分割録画機能を搭載しているため便利。専用ビューワーソフトを使用しなくても映像を確認できるので、事故にあった際にその場ですぐ見られます。専用の配線コードを接続すれば駐車中の監視も可能。駐車中に衝撃を受けた際、最大で10時間映像の上書きせずに保存できます。

JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー DRV-340

JVCケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー DRV-340

フルHD撮影に対応したドライブレコーダー。HDRも搭載しており、逆光時など明暗差の激しい状況でも鮮明な映像を記録します。従来モデルからブランケットの形状や取り付け位置を変更。フロントガラスとレンズの距離が近くなるように最適化されており、ダッシュボードなどの映り込みを防いでいます。

本製品はバッテリーを内蔵しているのが特徴。駐車場などに車を停止してから最大約25分間の衝撃を記録できるため、買い物中の当て逃げやいたずらなどを記録した場合におすすめです。また、別売りの専用ケーブルを接続すれば24時間の監視も可能になります。

JVCケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

JVCケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

フルハイビジョンの約1.8倍もの高画質で映像を記録できるWQHDを搭載したドライブレコーダー。事故やトラブル時にナンバープレートのナンバーをしっかりと記録できる、高精細な解像度の映像を記録できるモデルを探している方におすすめです。

また、記録モードを選択できるのもポイント。WQHDのほか、3M・フルHD・HDの4つの記録モードから選択できるため、保存するマイクロSDカードの残量が気になる場合に便利です。さらに、マイクロSDカードスロットを2つ搭載しており、WQHDモードで最大約21時間もの長時間録画を実現しています。

パパゴ(PAPAGO) オールインワン ドライブレコーダー GoSafe S36GS1

パパゴ(PAPAGO) オールインワン ドライブレコーダー GoSafe S36GS1

フロント・リアにカメラを設置する2カメラタイプのモニター一体型のドライブレコーダー。リアカメラは視野角180°の広角レンズを搭載しているのが特徴。また、F値1.8のレンズにより夜間の映像も鮮明に記録します。

本製品は運転をサポートしてくれる機能が充実しているのもポイントです。制限速度標識を認識する「速度制限標識警告」や、車線をはみ出したときに警告する「車線逸脱機能」などを搭載。映像を記録するだけでなく、多機能なモデルの購入を検討している方におすすめです。

HQBKiNG ドライブレコーダー WiFi

HQBKiNG ドライブレコーダー WiFi

丸みを帯びたデザインが特徴的なドライブレコーダー。独特のフォルムを生かして360°回転するのが特徴です。車外の景色を録画したり座席に座っている家族や友人たちを撮影したりと、思い出づくりにも活用できるおすすめモデルです。

Wi-Fiを内蔵しているのもポイント。撮影した動画や写真をスマートフォンにダウンロードできるため、友人とシェアして楽しめます。また、暗い場所で威力を発揮する「スーパーWDR暗視機能」を搭載。夜間でもナンバープレートの数字を鮮明に記録できます。

Aisea 3カメラ ドライブレコーダー

Aisea 3カメラ ドライブレコーダー

フロント・リアのほか車内カメラを搭載した3カメラドライブレコーダーです。フロントカメラに車内カメラがビルトインされており、車外の記録と同時に車内の撮影も可能。事故やトラブル時の記録や駐車場での車内監視のほか、ドライブの思い出づくりにも活用できるおすすめモデルです。

モニター一体型で4.0インチの液晶モニターを搭載しているのもポイント。フロントガラスに設置しても邪魔にならず、トラブル時にそのままモニターで記録を確認できるため便利です。また、動体検知機能を搭載した待機モードでは、カメラが動きを感知して自動で録画を開始します。

セルスター(Cellstar) ドライブレコーダー CSD-630FH

セルスター(Cellstar) ドライブレコーダー CSD-630FH

GPSを内蔵したミラー型のドライブレコーダーです。ミラー部はバックミラーにそのまま被せるように設置。カメラはセパレート式を採用しているため、フロントガラスの視野を広く確保できるモデルを探している方におすすめです。また、カメラは別売りコードを使用してダッシュボードやリア部にも設置できます。

ソニー製CMOSセンサー「Exmoir」を搭載しているのもポイント。ノイズの少ない鮮明な映像の記録が可能です。さらに、内蔵のGPSは5種類59基の衛生に対応しているため、位置情報や走行状況を正確に記録します。

DuDuBell ドライブレコーダー MC100

DuDuBell ドライブレコーダー MC100

ミラー型のドライブレコーダーで4.3インチのタッチパネル式液晶モニターを内蔵しています。フロントカメラのほかリアカメラも付属。「バックナビ機能」も搭載しており、バックで駐車する際にサポートしてくれるため便利です。

リーズナブルな価格ながら機能が充実しているのもポイント。衝撃を受けた際に記録をロックする「Gセンサー」や、ロックしたファイルを省いて自動的に上書きする「ループ録画機能」を搭載しています。また、駐車中に振動を感知した際に電源が入る「駐車監視機能」も搭載しているなど、コストパフォーマンスに優れたおすすめモデルです。

カーメイト(CARMATE) ドライブレコーダー DC5000

カーメイト (CARMATE) ドライブレコーダー DC5000

さまざまなカーアクセサリーを販売している「カーメイト」のドライブレコーダー。前後左右360°の撮影に対応したモデルなので、事故や幅寄せ、あおり運転などトラブルの決定的瞬間を逃したくない方におすすめです。

撮影した映像はスマートフォンで確認できるのも特徴。専用アプリをダウンロードすれば、記録の確認をはじめリアルタイム映像の視聴やビューモードの切り替え、VR再生などもできるので便利です。

セイワ(SEIWA)360EYE ドライブレコーダー ピクシーダ PDR650SV

セイワ(SEIWA)360EYE ドライブレコーダー ピクシーダ PDR650SV

超広角カメラを搭載した360°撮影可能なドライブレコーダー。前後左右全方向の記録ができるため、後方や側面からの衝突もしっかりと事故の証拠として残したい方におすすめのモデルです。

モニター一体型で大型5インチの静電タッチパネル式モニターを搭載しているのもポイント。映像を見やすいうえ、操作はタッチ式で簡単に操作できます。また、専用のPCビューワーソフトを使用すれば、PC上でさまざまアングルから映像確認も可能です。